USB紛失問題…尼崎市「損害賠償」検討へ 委託業者の“無断”で再委託は『契約違反』

 兵庫県尼崎市で全市民46万人分の個人情報が入ったUSBメモリが一時紛失した問題で市から委託を受けた業者が無断で別の業者に再委託していたことがわかりました。  6月21日、新型コロナ給付金の支給事業を尼崎市から委託されていた業者の関係者が、46万人分の個人情報が入ったUSBを一時紛失しました。  市によりますと、業者は当初、紛失したのは協力会社の社員だとしていましたが、6月26日になって協力会社が再委託した会社の社員だったと訂正したということです。  業者が業務を再委託する場合には市の許可が必要ですが、一部の業務を無断で別の業者に再委託していました。  市長は契約違反だとして損害賠償を検討するとしています。

News Related
  • 【速報】15歳も... 千葉・君津市 4人刺され1人死亡 “口論”のあとで2階から出火か 親族10人住む家で...

    【速報】15歳も… 千葉・君津市 4人刺され1人死亡  “口論”のあとで2階から出火か 親族10人住む家で… 千葉・君津市の住宅で、男性4人が刺され1人が死亡する事件が発生しました。 現場では、事件直後に火事も起きていて、親族間のトラブルが原因とみられています。
    See Details: 【速報】15歳も... 千葉・君津市 4人刺され1人死亡 “口論”のあとで2階から出火か 親族10人住む家で...
  • ソーラーでいつのまにか充電されるワイヤレスイヤホン

    ソーラーでいつのまにか充電されるワイヤレスイヤホン 全ガジェット共通で1番悩ましいのが充電。 使おうと思った時に充電されていないあの絶望感と、昨日への自分への怒り…。それを少しでも解決できるのが、太陽光による充電機能を搭載したUrbanistaの新ワイヤレスイヤフォン「Phoenix」です。 Urbanistaといえば、昨年、ソーラー充電対応のワイヤレスヘッドフォン「Los Angeles」をリリースしています。スウェーデンの光発電企業Exegerが開発する太陽電池材料Powerfoyleを、ヘッドバンドに搭載。屋外での太陽光はもちろん、室内の鈍い光(デスク照明などでもOK)でも充電可能として大きく話題になりました。 Phoenixは、Los Angelesのイヤフォン版。ただ、Powerfoyleを搭載しているのはイヤフォンではなく、ケースの方なのですが。ヘッドフォンと違い、ケースはカバンやポケットの中にあることが多いので、光発電するチャンスがどれほどあるかはユーザーの意識しだいになりますね。 バッテリーもちは、イヤフォン単体で8時間、充電ケースでプラス24時間。どれほど光に当てられるかによっては永遠…。充電方法は光以外にも当然あって、USB-Cで充電可能。アクティブノイキャンあり、複数端末接続あり、耐水IPX4。 Phoenixは149ドル。今年後半にリリース予定で、現在、公式サイトからはメールお知らせ登録が可能です。 Source: Urbanista
    See Details: ソーラーでいつのまにか充電されるワイヤレスイヤホン
  • 女子アマ世界一に輝いた馬場咲希「服部道子さんから当時の話、たくさん聞きたい」【一問一答】

    トロフィーを掲げる馬場(AP) ◇14日 全米女子アマゴルフ最終日(米ワシントン州、チェンバーズベイGC)  馬場咲希(17)=日本ウエルネス高2年=が決勝(マッチプレー、36ホール戦)でモネ・チュン(21)=米ミシガン大=を11&9(9ホール残して11アップ)で破って優勝、女子アマ世界一に輝いた。日本人のこの大会優勝は、1985年の服部道子以来、37年ぶり2人目となった。一問一答は次の通り   ◇  ◇  ◇  ―勝因は  馬場「パターがよく入ってくれた。心の中ではずっと『勝つ、勝つ』と考えていた。1番を取れて、流れがいいなと思った。とにかく全部逃げないように、ピンを狙って行こうと。でも、まさかこんな感じで終わるとは。終わったときは、えっ? て思いました」  ―大会前から勝てると思っていた? 「来る前は、アメリカのアマチュアの人たちのレベルが分からなかった。大学生も出るから、すごくレベルが高いと思っていた。本当に、まさか優勝できるとは思わなかった」  ―トロフィーをもらって、サインもした  「こんなに書くの?と思ったけれど、そこで優勝したんだなと実感がじわじわと沸いてきました」  ―米国での試合で学んだことは  「コースが全部、日本にあるようなコースじゃなかった。外国にこんなコースがあるんだとか、こんなグリーンがあるんだというのを知った。外国の選手の飛距離やショットの精度を知り、何が強いか分かった。試合前にお祭りもあったし、ギャラリーの盛り上がり方も全然違う」  ―来年のメジャーに出られる  「優勝すれば全米女子オープンと全英女子オープンに出られると聞いていたので、そこだけを目指して頑張ってました。だからヤバい。特に来年の全米女子はペブルビーチ(カリフォルニア州)でやるので、すごく出たかった」  ―これからも米国に来たい?  「そう思っています。て言うか、出たい。来たい。大学に行きたい気持ちはあるけれど、ツアーも出たい。帰りたくないです、今」  ―服部道子さんとお話ができたら  「えー。そうしたら全米女子アマの話をたくさんしたい。当時の話もたくさん聞きたいです」  ―今後のスケジュールは  「20日から世界アマ(フランス)に行く。その後は何も…。日本のレギュラーツアーに出られるかもしれない。いつプロになるかは、分かんない。来年のプロテストは受ける予定です」   ◇  ◇  ◇  ◆最近の日本勢女子の活躍 2019年AIG全英女子オープンで渋野日向子が優勝し、42年ぶりに日本人女子がメジャー制覇して以来、世界を舞台にした活躍が続く。21年は梶谷翼がオーガスタナショナル女子アマで日本人として初優勝。全米女子オープンは笹生優花と畑岡奈紗の日本人同士のプレーオフの末に笹生が勝ち、東京五輪で稲見萌寧が銀メダルを獲得した。今年は古江彩佳がスコットランド・オープンで米ツアー初優勝を挙げ、翌週のAIG全英女子オープンで渋野が最後まで優勝を争った。
    See Details: 女子アマ世界一に輝いた馬場咲希「服部道子さんから当時の話、たくさん聞きたい」【一問一答】
  • 【甲子園】明豊の“神曲チャンテ”を断ち切った愛工大名電の堅守

    ハイタッチで勝利を喜ぶ愛工大名電ナイン ◆第104回全国高校野球選手権大会第10日▽3回戦 愛工大名電5―2明豊(15日・甲子園)  明豊(大分)の2017年以来の8強入りはならなかった。  1―5の劣勢から反撃に転じたのは7回表。1死から途中出場の1番・森山塁投手(2年)が三塁打を放つと、一塁アルプスの応援のボルテージが一気に上がった。  この試合で初めて南こうせつ作曲の校歌をアレンジしたチャンステーマが流れるなか、2番・宮崎元哉三塁手(3年)が放った痛烈なゴロは二塁ベースの右側へ。抜けるかに見えたが、愛工大名電の市橋昂士二塁手(3年)がバックハンドで捕球し、体を回転させながら一塁へジャンピングスローする超ファインプレーでアウトにした。三塁走者は生還したものの流れが断ち切られ、2―5で敗れた。  明豊の川崎絢平監督は「守備の球際の強さは、さすがだなと。あのようなプレーがこの舞台で出来るのは、練習のたまものでしょう」と脱帽していた。
    See Details: 【甲子園】明豊の“神曲チャンテ”を断ち切った愛工大名電の堅守
  • 沖縄、特攻機眠る海底で祈り 慰霊続けるダイバー、米軍艦も

    米軍艦に特攻した旧日本軍機のエンジンに花を手向ける杉浦武さん=15日午後、沖縄県今帰仁村の古宇利島沖  沖縄県今帰仁村・古宇利島沖の海底で15日、地元ダイバーが太平洋戦争末期の沖縄戦で米軍艦に特攻した旧日本軍機のエンジンに花を手向け、慰霊した。付近には特攻を受けた米軍掃海艦「エモンズ」も沈む。日米双方の戦死者を悼み、今ある平和への感謝の思いをささげた。  潜ったのは、約20年前のエモンズ発見当初から調査や慰霊を続ける嘉手納町のダイビング店代表杉浦武さん(55)。水深約45メートルの海底に膝をつき、エンジンに日本酒や花を供え、手を合わせた。慰霊を終え「あの戦争から得た教訓が、未来につながることを願いたい」と語った。
    See Details: 沖縄、特攻機眠る海底で祈り 慰霊続けるダイバー、米軍艦も
  • 第5子妊娠中のダルビッシュ聖子さん、長男が夕飯を作ってくれたことを報告「美味しかった」

    ダルビッシュ聖子さん  大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手の妻で元レスリング世界女王・山本聖子さんが15日までにブログを更新。長男の手作り料理を公開した。  現在、自身5人目の子どもを妊娠中の聖子さん。「今日も一生懸命一日を過ごしました 休める時休んで 動く時動く 特に週末は学校ないからね(平日のようには休めないけどね)」とつづり、子どもたちはプールで遊んだり、野球の練習に行ったことなど報告した。続けて「長男が夕飯を作ってくれました」として「美味しかった」「ありがとう」とご飯に肉やにんじん、じゃがいもがルーがかかった手料理の写真を公開。「朝ごはんは今まで何度も頼んでたけど 夕飯は餃子以外は初」だったとつづり、「分からない分からない言ってたけどルーの箱の後ろ見たら絶対作れるから大丈夫!」とだけアドバイスしたという。  41歳の聖子さんは6月22日にブログで「新しい家族が増えます」と妊娠中であることを公表している。
    See Details: 第5子妊娠中のダルビッシュ聖子さん、長男が夕飯を作ってくれたことを報告「美味しかった」
  • 閣僚らの靖国神社参拝、中韓は強く反発 「国際秩序への挑発」

    中国外務省の汪文斌副報道局長=中国外務省のウェブサイトから  日本の閣僚らの靖国神社参拝に対し、中国と韓国は強く反発した。  中国外務省の汪文斌副報道局長は、15日の定例会見で「靖国神社は日本の軍国主義による侵略戦争の象徴だ。日本の政府要人らによるマイナスの動きは、歴史問題に対する日本の誤った姿勢を反映している」としたうえで、日本側に厳正な申し入れを行ったと明らかにした。  中国は最近、台湾への関与を強める日本側の動きに対し、「侵略の歴史」を持ち出して批判を強めている。汪氏は「日本の一部の政治家は歴史を美化し、台湾の中国への返還を定めたカイロ宣言などにも背いているが、戦後の国際秩序に対する重大な挑発だ」と批判。日本側に「軍国主義を断ち、アジアの隣国と国際社会から信頼を失わないよう」求めた。  在日中国大使館報道官も同日、談話を発表。「靖国神社は軍国主義による侵略戦争の象徴であり、罪を負うべきA級戦犯をまつり、第2次世界大戦の誤った歴史観を宣伝している」としたうえで、「日本が靖国神社問題でマイナスの動きを見せるのは、アジアの被害国の尊厳と感情にかかわる。日本が過去の侵略の歴史を正しく認識し、深く反省してこそ、アジアの隣国と国際社会から真に信頼される」と強調した。  韓国外交省も同日、「深い失望と遺憾の意を表する」とのコメントを発表。靖国神社について「日本の過去の侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀(ごうし)した」と指摘し、日本の政治指導者らに対して「歴史を直視し、歴史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で示すことを促す」と訴えた。(北京=冨名腰隆、ソウル=鈴木拓也)
    See Details: 閣僚らの靖国神社参拝、中韓は強く反発 「国際秩序への挑発」
  • タリバン復権から1年 アフガニスタン各地をBBC特派員が取材

    タリバン復権から1年 アフガニスタン各地をBBC特派員が取材 リズ・ドゥセット主任国際特派員(カブール) アフガニスタンのカブール国際空港に着いてまず目にするのは、茶色のスカーフと黒い長衣に身を包んだ女性たちが、パスポートにスタンプを押す姿だ。 1年前にはこの国から逃げ出そうとする人々の波でパニックに陥っていたこの空港も、現在はずいぶん静かできれいになった。 過激派組織「タリバン」の白い旗が連なって、夏の風に吹かれている。かつて著名人の顔が描かれていた看板は塗りつぶされている。 タリバンに掌握され、すべてがひっくり返ってしまったアフガニスタンは、今どうなっているのだろうか。 「男性に仕事を明け渡せ」と命令される女性たち(首都カブール) アフガニスタンの女性たちからのメッセージは、控えめに言ってもぞっとするものだ。 ある女性は、「仕事を兄弟に渡すよう言われた」と、メッセージサービスで書いている。 「私たちは経験と教育があってこの仕事をしていた。(中略)この命令を受け入れるのは、自分たちを裏切るのと同じです」と、別の女性は記す。 私は、こうしたメッセージを共有してくれた、財務省で働いていた女性公務員数人と面会した。 彼女たちは、60人以上の女性からなるあるグループの一員だ。多くは税務庁出身で、昨年8月に就業をやめて自宅に帰るよう命令された後、グループを結成した。 女性たちは、タリバンの職員にこう言われたという。「各自の仕事に応募できるような男性の親族の履歴書を送れ」。 「これは私の仕事です」と、1人が言った。この女性は、グループのメンバー全員と同様、身元を隠すことを希望している。 「この職を得るために17年以上も苦労してきて、修士の学位も取った。それが今ではゼロになってしまった」 この会合には、アフガニスタン国外からアミナ・アフマディー元税務庁長官が電話で参加した。 アフマディー氏は同国を離れることができたが、それは解決策となっていない。 「私たちはアイデンティティーを失いつつある。アイデンティティーを保てる場所は自分の国だけです」 このグループには「アフガニスタンの女性リーダーたち」という壮大な名前がついており、それが彼女たちに力を与えている。仕事を得ることが、グループとしての目標だ。 この女性たちは、旧タリバン政権がアメリカ主導の軍によって倒されてから20年の間に、新たに生まれた教育や雇用の機会を活用してきた。 現タリバン政権は、女性たちは今も働いていると言う。その大半は医療従事者や教育関係者、空港などの警備員だ。こうした場には、女性の姿がある。 また、かつては政府職員の4分の1を占めていた女性たちは、従来の給与のほんのわずかではあるものの、今でも給与が支払われていると強調する。 ある元公務員は、頭を覆うヒジャブ(スカーフ)をしっかりと着けていたにもかかわらず、タリバンの警備員にとがめられたことがあると話した。 「ヒジャブよりも、もっと大事な解決すべき問題があるはず」と、その女性はやり返したという。 これもまた、女性がイスラム世界で権利のために闘う決意を新たにした一場面だ。 農村地帯に迫る飢餓の恐怖(中部ゴール) 一見のどかな風景に思える。人里離れたアフガニスタン中部の高地で、金色の麦穂が夏の太陽に照らされている。牛の低いいななきも聞こえる。 18歳のヌール・モハマドさんと25歳のアフマドさんが、残った麦を鎌で刈っている。 「干ばつのせいで去年より麦が獲れなかった」と、汗とほこりまみれの顔でヌールさんは話す。「でもこの仕事しか見つけられなかった」。 私たちの後ろには、収穫の終わった畑が遠くまで広がっている。若い盛りの男性2人が腰を痛めながら、2ドル(約270円)相当の日給のために10日間働いた結果だ。 「電気工学を勉強していたが、家族を支えるためにやめなくてはならなかった」と言うヌールさんからは、後悔の念がにじみでている。 アフマドさんも、同様の苦労を抱えている。 「イランに行こうとバイクを売ったが、仕事が見つからなかった」 アフガニスタンのこうした最貧州では、隣国イランでの季節労働に活路を見いだす人が多かった。だが、イランでも雇用難が起きている。 ヌールさんは、「タリバンのきょうだいを歓迎しているが、機会をくれる政府が必要です」と語った。 我々はヌールさんたちに会う前に、タリバンのアフマド・シャー・ディン・ドスト州知事や、ターバンを巻いたゴール州政府の閣僚らと、つややかなマツ材のテーブルを囲んだ。 戦時中は影の副知事を務めていたディン・ドスト知事は、不機嫌そうに悩みを打ち明けた。 貧困や整備されていない道路、病院へのアクセスの悪さ、きちんと運営されていない学校などを挙げ、「こうした全ての問題のせいで悲しくなる」と話した。 戦争が終わったことで、これまで対象外だった地域にも支援当局の手が伸びてきた。今年初めには、ゴール州の最遠隔地域で飢餓の状況調査が行われた。 しかしディン・ドスト知事にとってこれが終わりではない。同知事は、アメリカ軍によって投獄され、拷問されたと語った。 「これ以上私たちに痛みを与えないでほしい。西側からの助けは要らない」 「どうして西側はいつも介入してくるんだ? 私たちは、西側の国が女性や男性をどう扱おうと問題視しない」 この数日後、我々はディン・ドスト知事のチームと共に学校と栄養失調の診療所を訪問した。 大学出身の若いアブドゥル・サタル・マファク保健相は「アフガニスタンに注目を集めたい」と、より現実的な対応ぶりを感じさせる口調で話した。 「我々は人命を救いたい。そこに政治は関係ない」 私は麦畑で聞いたヌール・モハマドさんの言葉を思い出した。 「貧困と飢餓は、銃撃戦よりも大きな戦いです」 教室から締め出された優等生(西部ヘラート) 18歳のソハイラさんは、興奮でワクワクしていた。 かつてはオープンな文化や科学、創造性で知られた古都ヘラートで、私は女性専用バザールの地下に降りていくソハイラさんについていった。 ...
    See Details: タリバン復権から1年 アフガニスタン各地をBBC特派員が取材
  • 【甲子園】海星は46年ぶりの8強ならず 宮原が山田に痛恨の満塁被弾

    タリバン復権から1年 アフガニスタン各地をBBC特派員が取材 リズ・ドゥセット主任国際特派員(カブール) アフガニスタンのカブール国際空港に着いてまず目にするのは、茶色のスカーフと黒い長衣に身を包んだ女性たちが、パスポートにスタンプを押す姿だ。 1年前にはこの国から逃げ出そうとする人々の波でパニックに陥っていたこの空港も、現在はずいぶん静かできれいになった。 過激派組織「タリバン」の白い旗が連なって、夏の風に吹かれている。かつて著名人の顔が描かれていた看板は塗りつぶされている。 タリバンに掌握され、すべてがひっくり返ってしまったアフガニスタンは、今どうなっているのだろうか。 「男性に仕事を明け渡せ」と命令される女性たち(首都カブール) アフガニスタンの女性たちからのメッセージは、控えめに言ってもぞっとするものだ。 ある女性は、「仕事を兄弟に渡すよう言われた」と、メッセージサービスで書いている。 「私たちは経験と教育があってこの仕事をしていた。(中略)この命令を受け入れるのは、自分たちを裏切るのと同じです」と、別の女性は記す。 私は、こうしたメッセージを共有してくれた、財務省で働いていた女性公務員数人と面会した。 彼女たちは、60人以上の女性からなるあるグループの一員だ。多くは税務庁出身で、昨年8月に就業をやめて自宅に帰るよう命令された後、グループを結成した。 女性たちは、タリバンの職員にこう言われたという。「各自の仕事に応募できるような男性の親族の履歴書を送れ」。 「これは私の仕事です」と、1人が言った。この女性は、グループのメンバー全員と同様、身元を隠すことを希望している。 「この職を得るために17年以上も苦労してきて、修士の学位も取った。それが今ではゼロになってしまった」 この会合には、アフガニスタン国外からアミナ・アフマディー元税務庁長官が電話で参加した。 アフマディー氏は同国を離れることができたが、それは解決策となっていない。 「私たちはアイデンティティーを失いつつある。アイデンティティーを保てる場所は自分の国だけです」 このグループには「アフガニスタンの女性リーダーたち」という壮大な名前がついており、それが彼女たちに力を与えている。仕事を得ることが、グループとしての目標だ。 この女性たちは、旧タリバン政権がアメリカ主導の軍によって倒されてから20年の間に、新たに生まれた教育や雇用の機会を活用してきた。 現タリバン政権は、女性たちは今も働いていると言う。その大半は医療従事者や教育関係者、空港などの警備員だ。こうした場には、女性の姿がある。 また、かつては政府職員の4分の1を占めていた女性たちは、従来の給与のほんのわずかではあるものの、今でも給与が支払われていると強調する。 ある元公務員は、頭を覆うヒジャブ(スカーフ)をしっかりと着けていたにもかかわらず、タリバンの警備員にとがめられたことがあると話した。 「ヒジャブよりも、もっと大事な解決すべき問題があるはず」と、その女性はやり返したという。 これもまた、女性がイスラム世界で権利のために闘う決意を新たにした一場面だ。 農村地帯に迫る飢餓の恐怖(中部ゴール) 一見のどかな風景に思える。人里離れたアフガニスタン中部の高地で、金色の麦穂が夏の太陽に照らされている。牛の低いいななきも聞こえる。 18歳のヌール・モハマドさんと25歳のアフマドさんが、残った麦を鎌で刈っている。 「干ばつのせいで去年より麦が獲れなかった」と、汗とほこりまみれの顔でヌールさんは話す。「でもこの仕事しか見つけられなかった」。 私たちの後ろには、収穫の終わった畑が遠くまで広がっている。若い盛りの男性2人が腰を痛めながら、2ドル(約270円)相当の日給のために10日間働いた結果だ。 「電気工学を勉強していたが、家族を支えるためにやめなくてはならなかった」と言うヌールさんからは、後悔の念がにじみでている。 アフマドさんも、同様の苦労を抱えている。 「イランに行こうとバイクを売ったが、仕事が見つからなかった」 アフガニスタンのこうした最貧州では、隣国イランでの季節労働に活路を見いだす人が多かった。だが、イランでも雇用難が起きている。 ヌールさんは、「タリバンのきょうだいを歓迎しているが、機会をくれる政府が必要です」と語った。 我々はヌールさんたちに会う前に、タリバンのアフマド・シャー・ディン・ドスト州知事や、ターバンを巻いたゴール州政府の閣僚らと、つややかなマツ材のテーブルを囲んだ。 戦時中は影の副知事を務めていたディン・ドスト知事は、不機嫌そうに悩みを打ち明けた。 貧困や整備されていない道路、病院へのアクセスの悪さ、きちんと運営されていない学校などを挙げ、「こうした全ての問題のせいで悲しくなる」と話した。 戦争が終わったことで、これまで対象外だった地域にも支援当局の手が伸びてきた。今年初めには、ゴール州の最遠隔地域で飢餓の状況調査が行われた。 しかしディン・ドスト知事にとってこれが終わりではない。同知事は、アメリカ軍によって投獄され、拷問されたと語った。 「これ以上私たちに痛みを与えないでほしい。西側からの助けは要らない」 「どうして西側はいつも介入してくるんだ? 私たちは、西側の国が女性や男性をどう扱おうと問題視しない」 この数日後、我々はディン・ドスト知事のチームと共に学校と栄養失調の診療所を訪問した。 大学出身の若いアブドゥル・サタル・マファク保健相は「アフガニスタンに注目を集めたい」と、より現実的な対応ぶりを感じさせる口調で話した。 「我々は人命を救いたい。そこに政治は関係ない」 私は麦畑で聞いたヌール・モハマドさんの言葉を思い出した。 「貧困と飢餓は、銃撃戦よりも大きな戦いです」 教室から締め出された優等生(西部ヘラート) 18歳のソハイラさんは、興奮でワクワクしていた。 かつてはオープンな文化や科学、創造性で知られた古都ヘラートで、私は女性専用バザールの地下に降りていくソハイラさんについていった。 ...
    See Details: 【甲子園】海星は46年ぶりの8強ならず 宮原が山田に痛恨の満塁被弾
  • 玉串料奉納に韓国「失望と遺憾」=靖国参拝、中国も抗議

    タリバン復権から1年 アフガニスタン各地をBBC特派員が取材 リズ・ドゥセット主任国際特派員(カブール) アフガニスタンのカブール国際空港に着いてまず目にするのは、茶色のスカーフと黒い長衣に身を包んだ女性たちが、パスポートにスタンプを押す姿だ。 1年前にはこの国から逃げ出そうとする人々の波でパニックに陥っていたこの空港も、現在はずいぶん静かできれいになった。 過激派組織「タリバン」の白い旗が連なって、夏の風に吹かれている。かつて著名人の顔が描かれていた看板は塗りつぶされている。 タリバンに掌握され、すべてがひっくり返ってしまったアフガニスタンは、今どうなっているのだろうか。 「男性に仕事を明け渡せ」と命令される女性たち(首都カブール) アフガニスタンの女性たちからのメッセージは、控えめに言ってもぞっとするものだ。 ある女性は、「仕事を兄弟に渡すよう言われた」と、メッセージサービスで書いている。 「私たちは経験と教育があってこの仕事をしていた。(中略)この命令を受け入れるのは、自分たちを裏切るのと同じです」と、別の女性は記す。 私は、こうしたメッセージを共有してくれた、財務省で働いていた女性公務員数人と面会した。 彼女たちは、60人以上の女性からなるあるグループの一員だ。多くは税務庁出身で、昨年8月に就業をやめて自宅に帰るよう命令された後、グループを結成した。 女性たちは、タリバンの職員にこう言われたという。「各自の仕事に応募できるような男性の親族の履歴書を送れ」。 「これは私の仕事です」と、1人が言った。この女性は、グループのメンバー全員と同様、身元を隠すことを希望している。 「この職を得るために17年以上も苦労してきて、修士の学位も取った。それが今ではゼロになってしまった」 この会合には、アフガニスタン国外からアミナ・アフマディー元税務庁長官が電話で参加した。 アフマディー氏は同国を離れることができたが、それは解決策となっていない。 「私たちはアイデンティティーを失いつつある。アイデンティティーを保てる場所は自分の国だけです」 このグループには「アフガニスタンの女性リーダーたち」という壮大な名前がついており、それが彼女たちに力を与えている。仕事を得ることが、グループとしての目標だ。 この女性たちは、旧タリバン政権がアメリカ主導の軍によって倒されてから20年の間に、新たに生まれた教育や雇用の機会を活用してきた。 現タリバン政権は、女性たちは今も働いていると言う。その大半は医療従事者や教育関係者、空港などの警備員だ。こうした場には、女性の姿がある。 また、かつては政府職員の4分の1を占めていた女性たちは、従来の給与のほんのわずかではあるものの、今でも給与が支払われていると強調する。 ある元公務員は、頭を覆うヒジャブ(スカーフ)をしっかりと着けていたにもかかわらず、タリバンの警備員にとがめられたことがあると話した。 「ヒジャブよりも、もっと大事な解決すべき問題があるはず」と、その女性はやり返したという。 これもまた、女性がイスラム世界で権利のために闘う決意を新たにした一場面だ。 農村地帯に迫る飢餓の恐怖(中部ゴール) 一見のどかな風景に思える。人里離れたアフガニスタン中部の高地で、金色の麦穂が夏の太陽に照らされている。牛の低いいななきも聞こえる。 18歳のヌール・モハマドさんと25歳のアフマドさんが、残った麦を鎌で刈っている。 「干ばつのせいで去年より麦が獲れなかった」と、汗とほこりまみれの顔でヌールさんは話す。「でもこの仕事しか見つけられなかった」。 私たちの後ろには、収穫の終わった畑が遠くまで広がっている。若い盛りの男性2人が腰を痛めながら、2ドル(約270円)相当の日給のために10日間働いた結果だ。 「電気工学を勉強していたが、家族を支えるためにやめなくてはならなかった」と言うヌールさんからは、後悔の念がにじみでている。 アフマドさんも、同様の苦労を抱えている。 「イランに行こうとバイクを売ったが、仕事が見つからなかった」 アフガニスタンのこうした最貧州では、隣国イランでの季節労働に活路を見いだす人が多かった。だが、イランでも雇用難が起きている。 ヌールさんは、「タリバンのきょうだいを歓迎しているが、機会をくれる政府が必要です」と語った。 我々はヌールさんたちに会う前に、タリバンのアフマド・シャー・ディン・ドスト州知事や、ターバンを巻いたゴール州政府の閣僚らと、つややかなマツ材のテーブルを囲んだ。 戦時中は影の副知事を務めていたディン・ドスト知事は、不機嫌そうに悩みを打ち明けた。 貧困や整備されていない道路、病院へのアクセスの悪さ、きちんと運営されていない学校などを挙げ、「こうした全ての問題のせいで悲しくなる」と話した。 戦争が終わったことで、これまで対象外だった地域にも支援当局の手が伸びてきた。今年初めには、ゴール州の最遠隔地域で飢餓の状況調査が行われた。 しかしディン・ドスト知事にとってこれが終わりではない。同知事は、アメリカ軍によって投獄され、拷問されたと語った。 「これ以上私たちに痛みを与えないでほしい。西側からの助けは要らない」 「どうして西側はいつも介入してくるんだ? 私たちは、西側の国が女性や男性をどう扱おうと問題視しない」 この数日後、我々はディン・ドスト知事のチームと共に学校と栄養失調の診療所を訪問した。 大学出身の若いアブドゥル・サタル・マファク保健相は「アフガニスタンに注目を集めたい」と、より現実的な対応ぶりを感じさせる口調で話した。 「我々は人命を救いたい。そこに政治は関係ない」 私は麦畑で聞いたヌール・モハマドさんの言葉を思い出した。 「貧困と飢餓は、銃撃戦よりも大きな戦いです」 教室から締め出された優等生(西部ヘラート) 18歳のソハイラさんは、興奮でワクワクしていた。 かつてはオープンな文化や科学、創造性で知られた古都ヘラートで、私は女性専用バザールの地下に降りていくソハイラさんについていった。 ...
    See Details: 玉串料奉納に韓国「失望と遺憾」=靖国参拝、中国も抗議
  • DeNA“ハマスタ12連勝”へ今永昇太16日先発 中田翔に警戒「セーフティーリードじゃなければ」

    タリバン復権から1年 アフガニスタン各地をBBC特派員が取材 リズ・ドゥセット主任国際特派員(カブール) アフガニスタンのカブール国際空港に着いてまず目にするのは、茶色のスカーフと黒い長衣に身を包んだ女性たちが、パスポートにスタンプを押す姿だ。 1年前にはこの国から逃げ出そうとする人々の波でパニックに陥っていたこの空港も、現在はずいぶん静かできれいになった。 過激派組織「タリバン」の白い旗が連なって、夏の風に吹かれている。かつて著名人の顔が描かれていた看板は塗りつぶされている。 タリバンに掌握され、すべてがひっくり返ってしまったアフガニスタンは、今どうなっているのだろうか。 「男性に仕事を明け渡せ」と命令される女性たち(首都カブール) アフガニスタンの女性たちからのメッセージは、控えめに言ってもぞっとするものだ。 ある女性は、「仕事を兄弟に渡すよう言われた」と、メッセージサービスで書いている。 「私たちは経験と教育があってこの仕事をしていた。(中略)この命令を受け入れるのは、自分たちを裏切るのと同じです」と、別の女性は記す。 私は、こうしたメッセージを共有してくれた、財務省で働いていた女性公務員数人と面会した。 彼女たちは、60人以上の女性からなるあるグループの一員だ。多くは税務庁出身で、昨年8月に就業をやめて自宅に帰るよう命令された後、グループを結成した。 女性たちは、タリバンの職員にこう言われたという。「各自の仕事に応募できるような男性の親族の履歴書を送れ」。 「これは私の仕事です」と、1人が言った。この女性は、グループのメンバー全員と同様、身元を隠すことを希望している。 「この職を得るために17年以上も苦労してきて、修士の学位も取った。それが今ではゼロになってしまった」 この会合には、アフガニスタン国外からアミナ・アフマディー元税務庁長官が電話で参加した。 アフマディー氏は同国を離れることができたが、それは解決策となっていない。 「私たちはアイデンティティーを失いつつある。アイデンティティーを保てる場所は自分の国だけです」 このグループには「アフガニスタンの女性リーダーたち」という壮大な名前がついており、それが彼女たちに力を与えている。仕事を得ることが、グループとしての目標だ。 この女性たちは、旧タリバン政権がアメリカ主導の軍によって倒されてから20年の間に、新たに生まれた教育や雇用の機会を活用してきた。 現タリバン政権は、女性たちは今も働いていると言う。その大半は医療従事者や教育関係者、空港などの警備員だ。こうした場には、女性の姿がある。 また、かつては政府職員の4分の1を占めていた女性たちは、従来の給与のほんのわずかではあるものの、今でも給与が支払われていると強調する。 ある元公務員は、頭を覆うヒジャブ(スカーフ)をしっかりと着けていたにもかかわらず、タリバンの警備員にとがめられたことがあると話した。 「ヒジャブよりも、もっと大事な解決すべき問題があるはず」と、その女性はやり返したという。 これもまた、女性がイスラム世界で権利のために闘う決意を新たにした一場面だ。 農村地帯に迫る飢餓の恐怖(中部ゴール) 一見のどかな風景に思える。人里離れたアフガニスタン中部の高地で、金色の麦穂が夏の太陽に照らされている。牛の低いいななきも聞こえる。 18歳のヌール・モハマドさんと25歳のアフマドさんが、残った麦を鎌で刈っている。 「干ばつのせいで去年より麦が獲れなかった」と、汗とほこりまみれの顔でヌールさんは話す。「でもこの仕事しか見つけられなかった」。 私たちの後ろには、収穫の終わった畑が遠くまで広がっている。若い盛りの男性2人が腰を痛めながら、2ドル(約270円)相当の日給のために10日間働いた結果だ。 「電気工学を勉強していたが、家族を支えるためにやめなくてはならなかった」と言うヌールさんからは、後悔の念がにじみでている。 アフマドさんも、同様の苦労を抱えている。 「イランに行こうとバイクを売ったが、仕事が見つからなかった」 アフガニスタンのこうした最貧州では、隣国イランでの季節労働に活路を見いだす人が多かった。だが、イランでも雇用難が起きている。 ヌールさんは、「タリバンのきょうだいを歓迎しているが、機会をくれる政府が必要です」と語った。 我々はヌールさんたちに会う前に、タリバンのアフマド・シャー・ディン・ドスト州知事や、ターバンを巻いたゴール州政府の閣僚らと、つややかなマツ材のテーブルを囲んだ。 戦時中は影の副知事を務めていたディン・ドスト知事は、不機嫌そうに悩みを打ち明けた。 貧困や整備されていない道路、病院へのアクセスの悪さ、きちんと運営されていない学校などを挙げ、「こうした全ての問題のせいで悲しくなる」と話した。 戦争が終わったことで、これまで対象外だった地域にも支援当局の手が伸びてきた。今年初めには、ゴール州の最遠隔地域で飢餓の状況調査が行われた。 しかしディン・ドスト知事にとってこれが終わりではない。同知事は、アメリカ軍によって投獄され、拷問されたと語った。 「これ以上私たちに痛みを与えないでほしい。西側からの助けは要らない」 「どうして西側はいつも介入してくるんだ? 私たちは、西側の国が女性や男性をどう扱おうと問題視しない」 この数日後、我々はディン・ドスト知事のチームと共に学校と栄養失調の診療所を訪問した。 大学出身の若いアブドゥル・サタル・マファク保健相は「アフガニスタンに注目を集めたい」と、より現実的な対応ぶりを感じさせる口調で話した。 「我々は人命を救いたい。そこに政治は関係ない」 私は麦畑で聞いたヌール・モハマドさんの言葉を思い出した。 「貧困と飢餓は、銃撃戦よりも大きな戦いです」 教室から締め出された優等生(西部ヘラート) 18歳のソハイラさんは、興奮でワクワクしていた。 かつてはオープンな文化や科学、創造性で知られた古都ヘラートで、私は女性専用バザールの地下に降りていくソハイラさんについていった。 ...
    See Details: DeNA“ハマスタ12連勝”へ今永昇太16日先発 中田翔に警戒「セーフティーリードじゃなければ」
  • 副環境相2氏 旧統一教会の関連会合やイベントに出席

    タリバン復権から1年 アフガニスタン各地をBBC特派員が取材 リズ・ドゥセット主任国際特派員(カブール) アフガニスタンのカブール国際空港に着いてまず目にするのは、茶色のスカーフと黒い長衣に身を包んだ女性たちが、パスポートにスタンプを押す姿だ。 1年前にはこの国から逃げ出そうとする人々の波でパニックに陥っていたこの空港も、現在はずいぶん静かできれいになった。 過激派組織「タリバン」の白い旗が連なって、夏の風に吹かれている。かつて著名人の顔が描かれていた看板は塗りつぶされている。 タリバンに掌握され、すべてがひっくり返ってしまったアフガニスタンは、今どうなっているのだろうか。 「男性に仕事を明け渡せ」と命令される女性たち(首都カブール) アフガニスタンの女性たちからのメッセージは、控えめに言ってもぞっとするものだ。 ある女性は、「仕事を兄弟に渡すよう言われた」と、メッセージサービスで書いている。 「私たちは経験と教育があってこの仕事をしていた。(中略)この命令を受け入れるのは、自分たちを裏切るのと同じです」と、別の女性は記す。 私は、こうしたメッセージを共有してくれた、財務省で働いていた女性公務員数人と面会した。 彼女たちは、60人以上の女性からなるあるグループの一員だ。多くは税務庁出身で、昨年8月に就業をやめて自宅に帰るよう命令された後、グループを結成した。 女性たちは、タリバンの職員にこう言われたという。「各自の仕事に応募できるような男性の親族の履歴書を送れ」。 「これは私の仕事です」と、1人が言った。この女性は、グループのメンバー全員と同様、身元を隠すことを希望している。 「この職を得るために17年以上も苦労してきて、修士の学位も取った。それが今ではゼロになってしまった」 この会合には、アフガニスタン国外からアミナ・アフマディー元税務庁長官が電話で参加した。 アフマディー氏は同国を離れることができたが、それは解決策となっていない。 「私たちはアイデンティティーを失いつつある。アイデンティティーを保てる場所は自分の国だけです」 このグループには「アフガニスタンの女性リーダーたち」という壮大な名前がついており、それが彼女たちに力を与えている。仕事を得ることが、グループとしての目標だ。 この女性たちは、旧タリバン政権がアメリカ主導の軍によって倒されてから20年の間に、新たに生まれた教育や雇用の機会を活用してきた。 現タリバン政権は、女性たちは今も働いていると言う。その大半は医療従事者や教育関係者、空港などの警備員だ。こうした場には、女性の姿がある。 また、かつては政府職員の4分の1を占めていた女性たちは、従来の給与のほんのわずかではあるものの、今でも給与が支払われていると強調する。 ある元公務員は、頭を覆うヒジャブ(スカーフ)をしっかりと着けていたにもかかわらず、タリバンの警備員にとがめられたことがあると話した。 「ヒジャブよりも、もっと大事な解決すべき問題があるはず」と、その女性はやり返したという。 これもまた、女性がイスラム世界で権利のために闘う決意を新たにした一場面だ。 農村地帯に迫る飢餓の恐怖(中部ゴール) 一見のどかな風景に思える。人里離れたアフガニスタン中部の高地で、金色の麦穂が夏の太陽に照らされている。牛の低いいななきも聞こえる。 18歳のヌール・モハマドさんと25歳のアフマドさんが、残った麦を鎌で刈っている。 「干ばつのせいで去年より麦が獲れなかった」と、汗とほこりまみれの顔でヌールさんは話す。「でもこの仕事しか見つけられなかった」。 私たちの後ろには、収穫の終わった畑が遠くまで広がっている。若い盛りの男性2人が腰を痛めながら、2ドル(約270円)相当の日給のために10日間働いた結果だ。 「電気工学を勉強していたが、家族を支えるためにやめなくてはならなかった」と言うヌールさんからは、後悔の念がにじみでている。 アフマドさんも、同様の苦労を抱えている。 「イランに行こうとバイクを売ったが、仕事が見つからなかった」 アフガニスタンのこうした最貧州では、隣国イランでの季節労働に活路を見いだす人が多かった。だが、イランでも雇用難が起きている。 ヌールさんは、「タリバンのきょうだいを歓迎しているが、機会をくれる政府が必要です」と語った。 我々はヌールさんたちに会う前に、タリバンのアフマド・シャー・ディン・ドスト州知事や、ターバンを巻いたゴール州政府の閣僚らと、つややかなマツ材のテーブルを囲んだ。 戦時中は影の副知事を務めていたディン・ドスト知事は、不機嫌そうに悩みを打ち明けた。 貧困や整備されていない道路、病院へのアクセスの悪さ、きちんと運営されていない学校などを挙げ、「こうした全ての問題のせいで悲しくなる」と話した。 戦争が終わったことで、これまで対象外だった地域にも支援当局の手が伸びてきた。今年初めには、ゴール州の最遠隔地域で飢餓の状況調査が行われた。 しかしディン・ドスト知事にとってこれが終わりではない。同知事は、アメリカ軍によって投獄され、拷問されたと語った。 「これ以上私たちに痛みを与えないでほしい。西側からの助けは要らない」 「どうして西側はいつも介入してくるんだ? 私たちは、西側の国が女性や男性をどう扱おうと問題視しない」 この数日後、我々はディン・ドスト知事のチームと共に学校と栄養失調の診療所を訪問した。 大学出身の若いアブドゥル・サタル・マファク保健相は「アフガニスタンに注目を集めたい」と、より現実的な対応ぶりを感じさせる口調で話した。 「我々は人命を救いたい。そこに政治は関係ない」 私は麦畑で聞いたヌール・モハマドさんの言葉を思い出した。 「貧困と飢餓は、銃撃戦よりも大きな戦いです」 教室から締め出された優等生(西部ヘラート) 18歳のソハイラさんは、興奮でワクワクしていた。 かつてはオープンな文化や科学、創造性で知られた古都ヘラートで、私は女性専用バザールの地下に降りていくソハイラさんについていった。 ...
    See Details: 副環境相2氏 旧統一教会の関連会合やイベントに出席
  • 【漫画】感情グチャグチャ…“女装男子”との幼少時代のエピソードに反響「なんとも形容し難い後味」

    タリバン復権から1年 アフガニスタン各地をBBC特派員が取材 リズ・ドゥセット主任国際特派員(カブール) アフガニスタンのカブール国際空港に着いてまず目にするのは、茶色のスカーフと黒い長衣に身を包んだ女性たちが、パスポートにスタンプを押す姿だ。 1年前にはこの国から逃げ出そうとする人々の波でパニックに陥っていたこの空港も、現在はずいぶん静かできれいになった。 過激派組織「タリバン」の白い旗が連なって、夏の風に吹かれている。かつて著名人の顔が描かれていた看板は塗りつぶされている。 タリバンに掌握され、すべてがひっくり返ってしまったアフガニスタンは、今どうなっているのだろうか。 「男性に仕事を明け渡せ」と命令される女性たち(首都カブール) アフガニスタンの女性たちからのメッセージは、控えめに言ってもぞっとするものだ。 ある女性は、「仕事を兄弟に渡すよう言われた」と、メッセージサービスで書いている。 「私たちは経験と教育があってこの仕事をしていた。(中略)この命令を受け入れるのは、自分たちを裏切るのと同じです」と、別の女性は記す。 私は、こうしたメッセージを共有してくれた、財務省で働いていた女性公務員数人と面会した。 彼女たちは、60人以上の女性からなるあるグループの一員だ。多くは税務庁出身で、昨年8月に就業をやめて自宅に帰るよう命令された後、グループを結成した。 女性たちは、タリバンの職員にこう言われたという。「各自の仕事に応募できるような男性の親族の履歴書を送れ」。 「これは私の仕事です」と、1人が言った。この女性は、グループのメンバー全員と同様、身元を隠すことを希望している。 「この職を得るために17年以上も苦労してきて、修士の学位も取った。それが今ではゼロになってしまった」 この会合には、アフガニスタン国外からアミナ・アフマディー元税務庁長官が電話で参加した。 アフマディー氏は同国を離れることができたが、それは解決策となっていない。 「私たちはアイデンティティーを失いつつある。アイデンティティーを保てる場所は自分の国だけです」 このグループには「アフガニスタンの女性リーダーたち」という壮大な名前がついており、それが彼女たちに力を与えている。仕事を得ることが、グループとしての目標だ。 この女性たちは、旧タリバン政権がアメリカ主導の軍によって倒されてから20年の間に、新たに生まれた教育や雇用の機会を活用してきた。 現タリバン政権は、女性たちは今も働いていると言う。その大半は医療従事者や教育関係者、空港などの警備員だ。こうした場には、女性の姿がある。 また、かつては政府職員の4分の1を占めていた女性たちは、従来の給与のほんのわずかではあるものの、今でも給与が支払われていると強調する。 ある元公務員は、頭を覆うヒジャブ(スカーフ)をしっかりと着けていたにもかかわらず、タリバンの警備員にとがめられたことがあると話した。 「ヒジャブよりも、もっと大事な解決すべき問題があるはず」と、その女性はやり返したという。 これもまた、女性がイスラム世界で権利のために闘う決意を新たにした一場面だ。 農村地帯に迫る飢餓の恐怖(中部ゴール) 一見のどかな風景に思える。人里離れたアフガニスタン中部の高地で、金色の麦穂が夏の太陽に照らされている。牛の低いいななきも聞こえる。 18歳のヌール・モハマドさんと25歳のアフマドさんが、残った麦を鎌で刈っている。 「干ばつのせいで去年より麦が獲れなかった」と、汗とほこりまみれの顔でヌールさんは話す。「でもこの仕事しか見つけられなかった」。 私たちの後ろには、収穫の終わった畑が遠くまで広がっている。若い盛りの男性2人が腰を痛めながら、2ドル(約270円)相当の日給のために10日間働いた結果だ。 「電気工学を勉強していたが、家族を支えるためにやめなくてはならなかった」と言うヌールさんからは、後悔の念がにじみでている。 アフマドさんも、同様の苦労を抱えている。 「イランに行こうとバイクを売ったが、仕事が見つからなかった」 アフガニスタンのこうした最貧州では、隣国イランでの季節労働に活路を見いだす人が多かった。だが、イランでも雇用難が起きている。 ヌールさんは、「タリバンのきょうだいを歓迎しているが、機会をくれる政府が必要です」と語った。 我々はヌールさんたちに会う前に、タリバンのアフマド・シャー・ディン・ドスト州知事や、ターバンを巻いたゴール州政府の閣僚らと、つややかなマツ材のテーブルを囲んだ。 戦時中は影の副知事を務めていたディン・ドスト知事は、不機嫌そうに悩みを打ち明けた。 貧困や整備されていない道路、病院へのアクセスの悪さ、きちんと運営されていない学校などを挙げ、「こうした全ての問題のせいで悲しくなる」と話した。 戦争が終わったことで、これまで対象外だった地域にも支援当局の手が伸びてきた。今年初めには、ゴール州の最遠隔地域で飢餓の状況調査が行われた。 しかしディン・ドスト知事にとってこれが終わりではない。同知事は、アメリカ軍によって投獄され、拷問されたと語った。 「これ以上私たちに痛みを与えないでほしい。西側からの助けは要らない」 「どうして西側はいつも介入してくるんだ? 私たちは、西側の国が女性や男性をどう扱おうと問題視しない」 この数日後、我々はディン・ドスト知事のチームと共に学校と栄養失調の診療所を訪問した。 大学出身の若いアブドゥル・サタル・マファク保健相は「アフガニスタンに注目を集めたい」と、より現実的な対応ぶりを感じさせる口調で話した。 「我々は人命を救いたい。そこに政治は関係ない」 私は麦畑で聞いたヌール・モハマドさんの言葉を思い出した。 「貧困と飢餓は、銃撃戦よりも大きな戦いです」 教室から締め出された優等生(西部ヘラート) 18歳のソハイラさんは、興奮でワクワクしていた。 かつてはオープンな文化や科学、創造性で知られた古都ヘラートで、私は女性専用バザールの地下に降りていくソハイラさんについていった。 ...
    See Details: 【漫画】感情グチャグチャ…“女装男子”との幼少時代のエピソードに反響「なんとも形容し難い後味」
  • トヨタ新型クラウン9月1日発売 第1弾「クロスオーバー」

    タリバン復権から1年 アフガニスタン各地をBBC特派員が取材 リズ・ドゥセット主任国際特派員(カブール) アフガニスタンのカブール国際空港に着いてまず目にするのは、茶色のスカーフと黒い長衣に身を包んだ女性たちが、パスポートにスタンプを押す姿だ。 1年前にはこの国から逃げ出そうとする人々の波でパニックに陥っていたこの空港も、現在はずいぶん静かできれいになった。 過激派組織「タリバン」の白い旗が連なって、夏の風に吹かれている。かつて著名人の顔が描かれていた看板は塗りつぶされている。 タリバンに掌握され、すべてがひっくり返ってしまったアフガニスタンは、今どうなっているのだろうか。 「男性に仕事を明け渡せ」と命令される女性たち(首都カブール) アフガニスタンの女性たちからのメッセージは、控えめに言ってもぞっとするものだ。 ある女性は、「仕事を兄弟に渡すよう言われた」と、メッセージサービスで書いている。 「私たちは経験と教育があってこの仕事をしていた。(中略)この命令を受け入れるのは、自分たちを裏切るのと同じです」と、別の女性は記す。 私は、こうしたメッセージを共有してくれた、財務省で働いていた女性公務員数人と面会した。 彼女たちは、60人以上の女性からなるあるグループの一員だ。多くは税務庁出身で、昨年8月に就業をやめて自宅に帰るよう命令された後、グループを結成した。 女性たちは、タリバンの職員にこう言われたという。「各自の仕事に応募できるような男性の親族の履歴書を送れ」。 「これは私の仕事です」と、1人が言った。この女性は、グループのメンバー全員と同様、身元を隠すことを希望している。 「この職を得るために17年以上も苦労してきて、修士の学位も取った。それが今ではゼロになってしまった」 この会合には、アフガニスタン国外からアミナ・アフマディー元税務庁長官が電話で参加した。 アフマディー氏は同国を離れることができたが、それは解決策となっていない。 「私たちはアイデンティティーを失いつつある。アイデンティティーを保てる場所は自分の国だけです」 このグループには「アフガニスタンの女性リーダーたち」という壮大な名前がついており、それが彼女たちに力を与えている。仕事を得ることが、グループとしての目標だ。 この女性たちは、旧タリバン政権がアメリカ主導の軍によって倒されてから20年の間に、新たに生まれた教育や雇用の機会を活用してきた。 現タリバン政権は、女性たちは今も働いていると言う。その大半は医療従事者や教育関係者、空港などの警備員だ。こうした場には、女性の姿がある。 また、かつては政府職員の4分の1を占めていた女性たちは、従来の給与のほんのわずかではあるものの、今でも給与が支払われていると強調する。 ある元公務員は、頭を覆うヒジャブ(スカーフ)をしっかりと着けていたにもかかわらず、タリバンの警備員にとがめられたことがあると話した。 「ヒジャブよりも、もっと大事な解決すべき問題があるはず」と、その女性はやり返したという。 これもまた、女性がイスラム世界で権利のために闘う決意を新たにした一場面だ。 農村地帯に迫る飢餓の恐怖(中部ゴール) 一見のどかな風景に思える。人里離れたアフガニスタン中部の高地で、金色の麦穂が夏の太陽に照らされている。牛の低いいななきも聞こえる。 18歳のヌール・モハマドさんと25歳のアフマドさんが、残った麦を鎌で刈っている。 「干ばつのせいで去年より麦が獲れなかった」と、汗とほこりまみれの顔でヌールさんは話す。「でもこの仕事しか見つけられなかった」。 私たちの後ろには、収穫の終わった畑が遠くまで広がっている。若い盛りの男性2人が腰を痛めながら、2ドル(約270円)相当の日給のために10日間働いた結果だ。 「電気工学を勉強していたが、家族を支えるためにやめなくてはならなかった」と言うヌールさんからは、後悔の念がにじみでている。 アフマドさんも、同様の苦労を抱えている。 「イランに行こうとバイクを売ったが、仕事が見つからなかった」 アフガニスタンのこうした最貧州では、隣国イランでの季節労働に活路を見いだす人が多かった。だが、イランでも雇用難が起きている。 ヌールさんは、「タリバンのきょうだいを歓迎しているが、機会をくれる政府が必要です」と語った。 我々はヌールさんたちに会う前に、タリバンのアフマド・シャー・ディン・ドスト州知事や、ターバンを巻いたゴール州政府の閣僚らと、つややかなマツ材のテーブルを囲んだ。 戦時中は影の副知事を務めていたディン・ドスト知事は、不機嫌そうに悩みを打ち明けた。 貧困や整備されていない道路、病院へのアクセスの悪さ、きちんと運営されていない学校などを挙げ、「こうした全ての問題のせいで悲しくなる」と話した。 戦争が終わったことで、これまで対象外だった地域にも支援当局の手が伸びてきた。今年初めには、ゴール州の最遠隔地域で飢餓の状況調査が行われた。 しかしディン・ドスト知事にとってこれが終わりではない。同知事は、アメリカ軍によって投獄され、拷問されたと語った。 「これ以上私たちに痛みを与えないでほしい。西側からの助けは要らない」 「どうして西側はいつも介入してくるんだ? 私たちは、西側の国が女性や男性をどう扱おうと問題視しない」 この数日後、我々はディン・ドスト知事のチームと共に学校と栄養失調の診療所を訪問した。 大学出身の若いアブドゥル・サタル・マファク保健相は「アフガニスタンに注目を集めたい」と、より現実的な対応ぶりを感じさせる口調で話した。 「我々は人命を救いたい。そこに政治は関係ない」 私は麦畑で聞いたヌール・モハマドさんの言葉を思い出した。 「貧困と飢餓は、銃撃戦よりも大きな戦いです」 教室から締め出された優等生(西部ヘラート) 18歳のソハイラさんは、興奮でワクワクしていた。 かつてはオープンな文化や科学、創造性で知られた古都ヘラートで、私は女性専用バザールの地下に降りていくソハイラさんについていった。 ...
    See Details: トヨタ新型クラウン9月1日発売 第1弾「クロスオーバー」

OTHER NEWS

〝敵役〟日本を「自由守る同志」へ転換 尹大統領演説、実践は難しく

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

「終戦の日」英霊に祈り 福岡県護国神社

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

トランプ邸捜索で脅迫拡大 FBI警告、連邦職員に

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

さらに846万円収賄容疑、横浜市技官を再逮捕

兵庫県警本部=神戸市中央区 横浜市の救急相談センターの業務を巡る贈収賄事件で、兵庫、神奈川両県警の合同捜査本部は15日、さらに現金計約846万円の賄賂を受け取ったとして、収賄の疑いで横浜市医療局の救急医療技官、六車(むぐるま)崇容疑者(50)=東京都世田谷区=を再逮捕した。 贈賄容疑で大阪市北区の人材派遣会社「エールスタッフ」社長、北瀬真之亮容疑者(48)=大阪市平野区=も再逮捕した。 六車容疑者の再逮捕容疑は令和元年12月~4年2月、エ社が受託した横浜市の救急相談センター業務で、エ社に便宜を図った謝礼として、北瀬容疑者から現金計約846万円を受け取ったとしている。 エ社は令和元年度から毎年度約2億5千万円でセンターの業務を随意契約で受託し、電話相談員の派遣など運営業務全般を担っていた。兵庫県警によると、六車容疑者は、同センターの業務に関して指導や助言をする立場にあったという。 神戸地検は15日、計約188万円相当を受け取るなどしたとして、収賄罪で六車容疑者を起訴。北瀬容疑者は贈賄罪で起訴した。 Read more »

日華(台)親善友好慰霊訪問団が福岡県護国神社を参拝

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

100万円モデルは実質幻?――「Ryzen Threadripper PRO 5000WX」が登場!

「Ryzen Threadripper PRO 5000WX」の価格表  お盆シーズンの自作街で目立っていった新製品は、AMDの新CPU「Ryzen Threadripper PRO 5000WX」シリーズだ。2021年3月に登場した「Ryzen Threadripper PRO 3000WX」シリーズの後継で、アーキテクチャがZen 2からZen 3に切り替わったが、ソケット形状は同じSocket sWRX8となる。ラインアップは次の通りだ。 ●最上位の「5995WX」は103.6万円 ただしどこも未入荷  昨今の円安の影響もあり、最上位の「5995WX」は100万円を超える価格となっている。ただし、週末の段階で最上位を入手しているショップは見られなかった。「5975WX」と「5965WX」がごく少数出回っている状況だ。  某ショップは「組み込み用では3月から出回っていますが、単品販売用の流通量はそもそも相当限られているようです。最上位は国内に一切入っていないというウワサもありますからね」と話していた。  5000WXシリーズと同時に対応マザーボードも登場している。ASRockのE-ATXモデル「WRX80 Creator」で、価格は16万5000円前後(税込み、以下同様)だ。PCIe 4.0 x16スロットを7基備え、PCIe Gen 4 x4接続のM.2スロットと、Thunderbolt 4端子を各2基搭載する。  その他、U.2(PCIe Gen 3 x4)ポートやデュアル有線LAN(10GbE対応)、Intel製のWi-Fi 6E+Bluetoothチップなども装備している。 ... Read more »

【甲子園】明豊・川崎監督「このチームは江藤と片岡が作った」結束力築いたリーダー2人たたえる

<全国高校野球選手権:愛工大名電5-2明豊>◇15日◇3回戦◇甲子園 明豊(大分)は3点差が遠く、試合巧者愛工大名電の前に力尽きた。 川崎絢平監督(40)は「名電さんの守備での球際の強さに、さすがだなと感じました。大舞台で力が発揮できる。練習のたまもの」と、相手の堅守に脱帽した。指揮官は最後に「このチームは私ではなく、江藤と片岡(快)が作ったチームです」と言った。惜しくも16強で終わったが、エースと学生コーチ兼記録員という2人のリーダーが築いた結束力の強さをたたえていた。 ▽明豊・牧野太一内野手(3年=相手エースを攻略できず)「有馬投手のピッチングに翻弄(ほんろう)されました」 ▽明豊・鈴木蓮捕手(3年=3回戦敗退に)「すべてを出しきって負けたので、後悔はなく終われました」 ▽明豊・嶽下(たけした)桃之介外野手(3年=2回1死二、三塁の三塁走者でけん制死)「ホッとして、警戒が薄れていました」 ▽明豊・森山塁投手(2年生ながら3試合に登板)「一番自信があるフォークで三振が取れ、真っすぐは内角を強気に攻められた。今後はスタミナをつけて、先発の軸として投げられるよう頑張っていきたい」 明豊対愛工大名電 明豊の先発・江藤(撮影・和賀正仁) Read more »

東・西日本、猛暑続く=16日も前橋、熊谷39度予想

 東・西日本では15日、太平洋高気圧に覆われて晴れた所が多く、東海と西日本で35度以上の猛暑日になる所が相次いだ。気象庁によると、兵庫県豊岡市で38.0度、愛媛県西条市で37.9度、大分県豊後大野市で37.4度を観測した。  16日も東・西日本の太平洋側を中心に厳しい暑さが続くとみられ、最高気温は前橋市と埼玉県熊谷市で39度、大分市で37度と予想される。同庁は熱中症を防ぐよう呼び掛けている。  15日の主要都市の最高気温は、東京都心(千代田区)34.0度、大阪36.3度、名古屋と福岡35.2度だった。  Read more »

震災の教訓伝える「ぼうさいこくたい」 320団体が出展 10月に神戸で関西初開催

人と防災未来センター=神戸市中央区脇浜海岸通1  10月22、23日に人と防災未来センター(神戸市中央区)などで開かれる国内最大級の防災イベント「防災推進国民大会」(ぼうさいこくたい)について、内閣府は、延べ320団体が出展すると発表した。  ぼうさいこくたいは2016年から毎年開催され、今年は開設から20年を迎えた同センターがあるHAT神戸が拠点。関西では初めての開催となり「未来につなぐ災害の経験と教訓~忘れない、伝える、活かす、備える~」のテーマでプログラムを展開する。  内閣府によると、320団体はセッションやワークショップ、プレゼンテーション、屋外展示など10種類の出展方法で参加。兵庫県内の関連団体では、県災害医療センターや県立舞子高校、市民らでつくる「神戸復興塾3・11支援集会」、ボランティア団体「神戸大学学生震災救援隊」などが名を連ねている。 Read more »

【阪神】島田海吏に大活躍の予感…神宮、東京Dは好相性 現在代役1番で5戦連続安打中

阪神島田海吏外野手(26)は今回のヤクルト、巨人の東京遠征6連戦に大活躍の予感が漂う。 今季の神宮は打率4割2分9厘、東京ドームも3割3分3厘の好相性だ。1番を担ってきた中野や近本が新型コロナ感染の影響で離脱し、10日のDeNA戦(横浜)から代役を任された。その1番で全5試合連続安打と役割を果たしている。まずは勝負の神宮3連戦で、打線を活気づけたい。 島田海吏(2022年8月7日撮影) Read more »

奇跡の42歳、熊切あさ美 プールで水着&シャネル姿に「超激可愛すぎ」「普通に20代」

熊切あさ美  タレント・熊切あさ美(42)が15日、夏休みを満喫する姿をSNSで公開した。  インスタグラムでは「朝からプライベートプールでのんびり」と花柄のビキニ姿でプールにいることを報告。ツイッターでは高層階にあるプールで黒いビキニで脚を水につけている写真を投稿した。  その後もインスタにシャネルのサングラス&イヤリング、水着の上にキャミソールかキャミワンピをはおった姿で、シャンパンを手にした写真を投稿。「映画か観てると成功してる方ってシャンパンから飲む方多いの あれ気になる 運気が上がるのかな?なんて考えながらマネしてみた笑 乾杯」とつづった。  フォロワーからは、セレブ感あふれる夏休み写真に「かわいさ満点」「可愛いしかない」「超激可愛すぎる」「普通に20代並み」「この美しさと肌の美しさで四十路?!」など悶絶の声があがっている。 Read more »

お盆過ぎても猛暑 関東は「災害級の暑さ」北日本は再び「災害級大雨」に警戒

 15日は記録的な暑さと大雨で日本列島が二分されています。東京では猛暑に迫る暑さとなり、被災地は大雨となり始めています。  3年ぶりの規制のないお盆は厳しい猛暑になりました。  15日は西日本を中心に気温が上昇。  15日も20府県に熱中症警戒アラートが発表されています。16日は関東でも災害級の暑さとなる恐れもあります。  一方、東北や北陸には災害級の雨が、また…。  15日朝、すでに雨が降り始めていたのは新潟県村上市。村上市の小岩内地区では3日の記録的な大雨で土石流が発生、複数の家が倒壊したばかりです。  その復旧工事の最中に容赦なく降り注ぐ雨。15日もまだ多くのがれきが残され、家の玄関は泥だらけです。  昼すぎから雨が強まった秋田市では、雨に加えて風も…。  激しい横殴りの雨に木々も大きく揺れます。片付けもままならない状態に、また再び降ってくる雨。 Read more »

【速報】葉梨法務大臣も“接点” 改造内閣で8人目 旧統一教会系雑誌から取材受ける

 岸田改造内閣で旧統一教会と関係があった大臣が8人となりました。  葉梨康弘法務大臣は15日の会見で、2008年ごろに旧統一教会系の雑誌のインタビューを受けて記事が掲載されたことを明らかにしました。  「旧統一教会と関係があると認識したうえでインタビューに応じたものではない」と説明しています。  葉梨大臣は10日の就任会見で、旧統一教会について「知り得る限り関係はない」と表明していて、その時点では事実確認中だったということです。 Read more »

66歳の私は、10歳年下の妻が62歳までの6年間しか加給年金額をもらえない? なぜですか?

年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。今回は、妻が62歳までしか加給年金額が加算されないケースについて、専門家が回答します。 老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。 今回は、妻が62歳までしか加給年金額が加算されないケースについてです。 Q:妻が62歳になると、加給年金は停止といわれました。なぜ妻が65歳になるまでもらえないの? 「私(夫)は現在、60代後半で配偶者加給年金額をもらっています。妻は56歳で働いています。年金事務所で妻が62歳になると、私の加給年金は停止するといわれました。なぜ私は、妻が65歳になるまで、加給年金をもらえないのですか?」(匿名希望) A:配偶者の厚生年金加入期間などが理由かもしれません 配偶者加給年金額は、配偶者が65歳になると支給停止になりますが、配偶者が65歳になる前であっても、配偶者が障害年金を受けられるときや、老齢厚生年金(加入期間が20年ある等の場合)を受給する権利がある等の場合は、支給停止になります。 相談者が年金事務所で「妻が65歳になる前に、夫の加給年金額が支給停止になる」と案内されたのは、妻の厚生年金加入期間が20年以上ある等で、60代前半でもらえる「特別支給の老齢厚生年金」を受給できると思われたためではないでしょうか。 しかし、62歳から特別支給の老齢厚生年金を受給できる女性は、1960年(昭和35年)4月2日から1962年(昭和37年)4月1日生まれの女性になります。2022年(令和4年)時点における年齢は、60歳から62歳の女性になります。 相談者の妻は2022年(令和4年)時点で56歳とのこと。もし妻が1966年(昭和41年)4月1日までの生まれである場合は、64歳にならないと、特別支給の老齢厚生年金を受給することはできません。また1966年(昭和41年)4月2日以降の生まれである場合は、特別支給の老齢厚生年金は受給できません。つまり妻が62歳の段階では、特別支給の老齢厚生年金は受給できないので、加給年金が停止されない可能性があります。 もう一度、加給年金が停止される時期について、年金事務所で確認してみてはいかがでしょうか。 監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー) 都市銀行や保険会社、保険代理店での業務経験を通じて、CFP、証券外務員の資格を取得。相談業務やマネーセミナーの講師、資格本の編集等に従事。日本FP協会の埼玉支部においてFP活動を行っている。 Read more »

紀藤正樹弁護士“反統一教会弁護士”の名指し批判に「彼らが追い詰められたってこと」

日本テレビ社屋  全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士が15日、日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」(月~金曜1・55)に出演。「反統一教会弁護士」と名指しで批判されたことに対してコメントした。  世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の友好団体「天宙平和連合」が12日に韓国で行ったイベントで、紀藤弁護士は「反統一教会の弁護士」と名指しで批判された。これに対し、紀藤弁護士は「彼らが追い詰められたってことで、これを言うしかないってことで私の名前とか出してですね」とコメント。  旧統一教会側が、脱会を求める家族らによる信者への脱会を促す行動を「拉致・監禁」という表現で批判していることについては「私が担当した家族側で拉致・監禁って言われて裁判を起こされた件、2件両方とも勝訴です」とした上で、「ところが2件私が担当したとしか(旧統一教会が出した文章には)書いていなくて。統一教会側が(裁判で)負けたとは書いていないんですよ。極めてミスリーディングで」と語った。 Read more »

仲代達矢 “弟子”役所広司からの贈り物「毎年おいしい時期に大きいのを2つ持って来る…何十年も」

俳優の仲代達矢  俳優の仲代達矢(89)が15日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)にゲスト出演。主宰の「無名塾」や、同塾出身の俳優・役所広司(66)とのエピソードを語った。  俳優座養成所に第4期生として入所し、俳優活動70周年。1975年には亡き妻の宮崎恭子さんと「無名塾」を創立して後進の養成を開始した。「女房が亡くなってもう27年になります。もともと無名塾は彼女が中心となって始めて、遺言に『私が死んでも無名塾だけはやってくださいね』と残している。それでがんばってはきましたけど…」と仲代。「初めは若者を育てるので一生懸命がんばっていましたけど、今は若者たちに支えられてがんばっております」と語った。  “生涯現役”をモットーに自宅兼稽古場でのエクササイズや、発声練習をしながらの外でのウォーキングを実践しているが、健康でも大変なことがあるという。「年とともにセリフ覚えが大変。だから若い時と比べると10倍ぐらい努力しないとセリフが入ってきません」とし、「昔は比較的、早く覚えたほうなんですが…最近は書いています。筆でセリフを書いてそれを読んで、そうすると体の中にセリフが入ってくるような感じがして…」と秘策を明かした。  公開中の映画「峠 最後のサムライ」では、役所広司と23年ぶりに共演。弟子について「一緒にやっていて、こんなにうまくなりやがったな!と。昔から才能はあったんですけど、こんなに大きな主役を立派にやっているのはえらいことになったなと…俺も負けちゃいられないぞ!と思いますけど、もう追い越されましたね」と柔らかな笑みを浮かべて称賛。さらに役所からの“恒例の贈り物”について、「毎年、スイカのおいしい時期に大きいのを2つ持って来るんですよ。ずっ~とですよ。それをおいしくいただいているんですけど。何十年もスイカをもらっています。今年も…先ほど食べてきました」と明かした仲代。  司会の黒柳が、なぜスイカなのか?と問うと、「まだ無名塾にいるとき、故郷から送ってきたスイカを塾へ持ってきたくれたのを(自分が)“うまいな”と言ったのを覚えてたんですね。それでずっと持ってきて…ね。役所さん、ありがとうよ」と、飛びっきりの笑顔でお礼を述べた。 Read more »

「投資で資産を5倍にする」1億円貯まる人には見えて普通の人には見えない"相場暴落"の予兆

※写真はイメージです 資産を大きく増やすには、相場の暴落時にどう行動するかが重要になる。ファイナンシャルプランナーの藤川太さんは「お金持ちが実行している投資法を誰でも再現できる方法があります」という――。 普通の人は「チャンスの扉」が開いても気付かない 前回の記事では、短時間でお金を増やすには、国際分散よりも集中投資が有利であることを紹介しました。とはいえ、集中投資すればいつでも大儲けできるわけではありません。タイミングが重要です。 1億円の資産を築くような人は、チャンスの扉が開いたことをいち早く見つけて、それをくぐることでお金持ちになっていくのです。チャンスの扉は誰の前にも開きます。しかし、普通の人はそれに気づきません。扉の存在を知らないので、扉をくぐることもできないのです。 景気は良くなったり悪くなったりします。景気が良いときは、モノがたくさん売れて企業の利益も増えるので、結果的に株価が上がります。逆に景気が悪くなると、企業は設備投資を控え個人は消費を抑えますから、モノが売れなくなり企業の業績が悪化、株価も下がります。 お金持ちは暴落のバーゲンセールを待っている つまり、景気が良くなって企業が儲かるときに投資すれば利益が得られるのですが、多くの人は出遅れてしまいます。ニュースで好景気であることが取り上げられて、周囲からも「あの会社の買った」といった声が聞こえるようになってから投資をしたのでは、遅すぎる可能性が高いのです。 逆に景気が悪くなりはじめたら株式を売却し現金の比率を高め、暴落に備えます。この暴落こそ、チャンスの扉が開くときです。普通の人は暴落を恐れていますが、お金持ちは「暴落はバーゲンセール」と考えて「いまか、いまか」と待っているのです。 誰でも簡単に景気の波に乗ってお金が増やせる お金を短期間で増やすには、景気のサイクルを見極めて、多くの人が行動する前に動く必要があるのです。ただ、普通の人がチャンスの扉が開くのを見極めるのは簡単ではありません。そこで試していただきたいのが、当社が無料で提供する資産運用ツール「ふくろう倶楽部」の相場監視ロボット「みまもる君」です。 「みまもる君」は、暴落局面の影響を小さくしつつ、世界経済の成長の恩恵を得るために開発されたロボットです。暴落するときには資産を守り、相場が上昇に転じたら積極投資で資産を増やす――。お金持ちの投資行動に近い運用が可能になります。 「みまもる君」は、日々変動する株式市場と為替市場を監視しています。株式市場のトレンドを判断するシステムがメインシステムです。また、①急落を検知し回避するシステムと、②為替市場のトレンドを判断するシステムをサブシステムとして組み合わせいます。 国際分散投資の限界を超える運用を目指す 株式システムが「攻め」の時期には株式の比率を高めリターンを追求し、「守り」の時期には株式の比率を低くしリスクを小さくします。一方で為替システムが「攻め」の時期には為替ヘッジ比率を小さくし為替でも利益を追求し、「守り」の時期には為替ヘッジ比率を高め為替変動の影響を小さくします。 一般的にはリスクを小さくしようとすると、リターンも小さくなります。ローリスクとローリターン、ハイリスクとハイリターンはセットになっていますが、みまもる君は、リターンをできるだけ減らさずに暴落の影響を小さくすることで国際分散投資の限界を超えることを目指しています。投資で成果を出せない大きな原因の一つは、感情的に行動をしてしまうことです。特に暴落するときには、感情的になって失敗しがちです。相場の状況が変化し、みまもる君の判断が変更になった際には、サイト上の表示が変更されますし、登録されたメールアドレスに変更通知メールが届きます。ロボットのアドバイスを参考にすることで、冷静に判断ができるようになるでしょう。 アセット・アロケーションやお勧め商品を参考に投資するだけ また、相場状態に適したアセット・アロケーションやお勧め商品も提案されますので、それを参考に投資配分の変更ができます。アセット・アロケーションは、相場状態だけでなく、ご自身の運用の希望やリスク許容度によっても変わります。 事前にサイト内の「投資家タイプ診断」をすると、①安定型、②安定成長型、③成長型、④積極成長型、⑤積極型、⑥超積極型の6つから最適な運用コースが選択され、それに合わせたアセット・アロケーションが提案されます。 たとえば、2022年8月6日時点の相場判断は「株式=注意」「為替=攻め」です。運用コースが「積極型」の人の資産配分は、 ・先進国株式為替ヘッジなし 16.4% ・先進国株式為替ヘッジあり 25.3% ・先進国債券為替ヘッジなし 58.3% です。 資産配分の調整だけで資産は10年で5倍以上に 図表1はみまもる君の運用シミュレーションです。あくまでも過去の相場データを使ったバックテストの結果なので、将来も同じような投資成果が再現できるとは限りませんが、みまもる君の特徴を知ることができます。 グラフの背景の色分けは、みまもる君の株式市場の相場判断を示しています。攻めの期間は「水色」、注意の期間は「黄色」、守りの期間はピンクです。 為替市場の相場判断はグラフ下部の帯で攻めの期間は「濃い緑」、守りの期間は「薄い緑」です。 そして、赤の折れ線グラフはみまもる君の相場判断に基づいて、アセット・アロケーションを調整した場合、グレーの折れ線グラフは調整せずに攻めの期間と同じ運用(攻めのポジション)を続けた場合のリターンです。 2003年1月を0%として運用状況を見ると、2022年8月2日時点でみまもる君のリターンは約409%になりました。100万円を投資していれば約20年で503万円に増えた計算です。対して攻めの運用を続けた場合のリターンは235%です。100万円の投資資金は335万円の増加にとどまっています。 ... Read more »

西粟倉村 2年ぶり盆の成人式 夢に向けて思い新たに

仲間を前に謝辞を述べる林さん(左)  岡山県内で唯一、盆に行っている西粟倉村の成人式が15日、同村影石のあわくら会館で開かれた。対象の13人(男3人、女10人)のうち7人が出席し、将来の進路や夢に向けて思いを新たにした。  青木秀樹村長が「経験や知見を村にどう生かすか目標の一つにしてほしい。感謝を忘れず、精いっぱい羽ばたいて」と激励した。  新成人は一人一人が近況報告。代表して関西外国語大2年林央華さん(19)=大阪府枚方市=が謝辞を述べ、「自分の意見に責任を持ち、アクションを起こせる人になりたい」と誓った。  式後、仲間と記念撮影し、恩師と歓談した。徳島大2年の男性(19)=徳島市=は「多くの人が関わってくれた村の良さを改めて感じた。エンジニアになって社会貢献していきたい」と話した。  成人年齢の引き下げに伴い、「二十歳のつどい」として実施。昨年度は新型コロナウイルス禍を受けて今年1月に延期しており、盆開催は2年ぶり。 Read more »

奇跡の42歳、熊切あさ美 プールで水着、シャンパン&シャネル姿に「超激可愛すぎ」「20代」

熊切あさ美  タレント・熊切あさ美(42)が15日、夏休みを満喫する姿をSNSで公開した。  インスタグラムでは「朝からプライベートプールでのんびり」と花柄のビキニ姿でプールにいることを報告。ツイッターでは高層階にあるプールで黒いビキニで脚を水につけている写真を投稿した。  その後もインスタにシャネルのサングラス&イヤリング、水着の上にキャミソールかキャミワンピをはおった姿で、シャンパンを手にした写真を投稿。「映画か観てると成功してる方ってシャンパンから飲む方多いの あれ気になる 運気が上がるのかな?なんて考えながらマネしてみた笑 乾杯」とつづった。  フォロワーからは、セレブ感あふれる夏休み写真に「かわいさ満点」「可愛いしかない」「超激可愛すぎる」「普通に20代並み」「この美しさと肌の美しさで四十路?!」など悶絶の声があがっている。 Read more »

敵艦に体当たり、特攻艇が配備された島…今は朽ち果てるばかりの戦争遺跡

竹やぶに覆われた貯水槽とみられる構造物  三重県鳥羽市安楽島町の伊射波(いさわ)神社の裏手から、海岸まで山道を歩くと、貯水槽のようなコンクリートの構造物や、人工の洞窟に突き当たる。戦時中、敵艦に体当たり攻撃をした特攻艇「震洋」が配備された基地の跡だ。終戦から77年たち、この戦争遺跡は朽ち果てる一方。「失ってはいけない」と危機感を持つ人も多い。(増実健一)  旧海軍は、空から体当たり攻撃を行った神風特攻隊と同様に、海からの特攻も計画した。震洋は、ベニヤ板で作られ、250キロの爆薬を備え付けた小型モーターボート。1945年、フィリピン攻防戦や沖縄戦で実戦投入された。  安楽島に置かれた通称・加布良古(かぶらこ)基地は、米軍の伊勢湾侵攻に備えて戦争末期に築かれた。鳥羽市の他の地区や志摩市にも同様の基地が数多く整備されたが、実際に震洋が配備されたのは、加布良古基地が数少ない例だ。結果的に伊勢湾は侵攻されず、震洋は出撃しないまま終戦を迎えた。  1970年頃、別荘地として売り出されたこともあったが、ほとんど、人の手が加えられることがなかった。基地跡は竹やぶや樹木に埋もれ、海岸にはペットボトルや発泡スチロールのごみが大量に打ち上げられている。往時の姿は見る影もない。  鳥羽市教育委員会文化財専門員の野村史隆さん(74)は数年前、当時の基地の姿を模型で復元した。「原爆ドームのように実物が残っていれば、戦争の実相を伝えられる。でも、加布良古基地は、このままだと本当に消えてしまう」と心配している。  約10年前に保存を求める声が上がり、当時現地を視察した中村欣一郎市長は、7月の定例記者会見で「基地跡を残せればいいのだが、実際は難しいと思う」と述べた。この場所が私有地であり、しかも別荘地として売り出された際に所有権がバラバラになり、かなり複雑になっているためだ。  ただ、保存の道がないわけでもない。基地跡の周辺の土地を、地元・鳥羽市の不動産会社が昨年、取得したのだ。社長は「今のところ、具体的な開発計画はない。もし、市が基地跡の保存を望むのなら、協力できるかもしれない」と話す。  市が、しっかりとした保存計画を立てて同社に提案すれば、貴重な戦争遺跡を後世に残せる可能性が出てきた。中村市長は取材に対し、「これを機に、地元の人たちと、保存に向けた話をしてもいいかもしれない」と語った。 Read more »

HIKAKIN接触の不審者は「パスチェックゲート以外を突破」運営委託ディスクガレージも謝罪

人気YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)が、14日に都内で出演したイベントで、ステージに突如上がった不審な人物から首に手を回されるなどされた事案について、HIKAKINのマネジメントとイベント共催を担うUUUM(東京・港区)が15日、不審者の会場への侵入方法などを調査したとする文面を公式サイトに掲載した。 同文書でUUUMは、不審者の侵入が「チケットを所持され建物内に入場済みのお客様を利用する形で行われ、その方法が相当に特殊であったことが判明」したと報告した。また、運営委託先のプロモーター、ディスクガレージ(東京・渋谷区)もコメントを掲載し、侵入は「想定外のケース」だったとして、謝罪と、再発防止を徹底するとしたコメントを発表した。 HIKAKINはゲーム実況のインフルエンサーらが集まる14日のイベント「オールスター大運動会@代々木競技場」出演時、ステージにあがった傘をさす不審な男性から首に手を回され、ピンマイクを奪われるなどした。出演後にはツイッターで無事を報告。UUUMも同日、公式サイトで、侵入者を複数スタッフで取り押さえ、所轄の代々木署に引き渡したこととともに、出演者やスタッフにけがなどはなかったことを報告していた。 ▽以下15日のUUUM発表文 8月14日、国立代々木競技場第一体育館にて、UUUM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:梅景匡之)が共同開催した「オールスター大運動会@代々木競技場」第二部において発生した不審者侵入事件について、あらためて経緯と、今後の対策方針についてご報告いたします。 <会場建物への侵入方法について> 本イベント運営に際し、当社および運営委託先である株式会社ディスクガレージ、株式会社ポニーキャニオンと協議の上、当該会場で実施される大多数のイベントと同等の警備体制を敷いておりました。従って、チケットを所持せずに会場建物に立ち入ることができない導線設計を確立しておりました。 しかしながら、当該不審者の会場建物への侵入が、チケットを所持され建物内に入場済みのお客様を利用する形で行われ、その方法が相当に特殊であったことが判明しており、この点については、運営委託先各社と重要な課題として喫緊の対策が必要と考えております。 <会場建物侵入以降について> 会場建物内の警備体制については、一般のお客さまが立ち入り可能なエリアと、イベント関係者のみ立ち入り可能となるエリアが、通行パスによって明確に切り分けられておりました。 当該不審者が会場建物内に侵入後、ステージまで到達してしまった経緯については、パスチェックゲート以外の箇所を突破した事実が判明しており、この点については、ディスクガレージ社における体制が十分でなかったとのコメントをいただいております。 ▽ディスクガレージ社によるコメント 「弊社としては基本的な使命として、出演者・スタッフ及び来場者の安全を確保することを大前提と考えております。また、日頃その点に留意して警備体制を構築・運用してまいりました。この度のような想定外のケースに関しましては、各会場の構造や導線を再確認し、再発の防止に努めてまいります。関係各位に多大なるご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。」 当社は、今後開催するイベントに関し、改めて出演者、来場者およびスタッフの安全確保を最優先として、委託先各社とともに、運営警備体制の強化・改善に取り組んでまいります。 HIKAKIN(2022年6月撮影) Read more »

【中日】立浪監督スカウト業進出意欲「鶴岡東の捕手。ヤクルト村上の弟も楽しみ」戦力補強見据え

中日立浪和義監督(52)が15日、スカウト業進出を明かした。阪神に3連勝したチームは16日からの広島3連戦に備えて大阪から広島へ移動。敵地で行った若手らの練習を見守ると、10月20日ドラフト会議の話題を向けられ「極力、テレビをつけるようにしている。高校野球とか注目されている選手とか見るようにしている。戦力補強も先を見据えたプランでやっていかないと」と意欲を燃やした。 すでにPL学園時代に春夏連覇した夏の甲子園大会にも、画面越しに目を光らせていた。「本塁打2本打った鶴岡東の捕手。ヤクルト村上の弟も楽しみ」。具体的に鶴岡東(山形)土屋奏人捕手(3年)、九州学院(熊本)村上慶太内野手(3年)の名前を挙げ、「二松学舎大付の1年生右打者もすごい。将来楽しみ」と片井海斗内野手(1年)にも注目した。右打者では、高校の先輩、83年の清原和博以来39年ぶりに「1年生4番アーチ」の姿をインプットした。 スカウト登録も申請した立浪監督は「(遠征で)東京に行ったときに試合があれば見てみたい」と語り、巨人戦、ヤクルト戦の合間に神宮球場での大学野球視察にも前向き。甲子園期間中の編成会議は12日に終わったが、「そのうち出る」ときっぱり。来季を見据え“立浪スカウト”が積極的に動き出す。【伊東大介】 ○…立浪監督が敵地マツダスタジアムで若手野手に向けた座学を開講した。室内練習場で行われた指名練習では岡林、郡司らと車座になって訴えかけた。「もっと意識を高めろと。直さないといけないところは本気で変えようと思わないと変わらない。もっと練習しないとレギュラーとの差は埋まらない」。コロナ禍でベテラン大島らが戦列を離脱しており、意識改革を促した。 指名練習で座学をする中日立浪監督 Read more »

生理用品無償提供法が施行 英スコットランド、世界初

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

ホテル稼働率9割、百貨店売上高3倍 懸念は物価高

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

不戦の決意新たに 終戦77年、戦没者追悼式

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

Vice President Harris to attend state funeral for Abe in September

U.S. Vice President Kamala Harris speaks while meeting with Nevada state legislators to discuss reproductive rights on Aug. 10 in Las Vegas. (AP Photo) WASHINGTON–Japan and the United States are ... Read more »

Yoon restates his will to mend ties with Japan on Liberation Day

South Korean President Yoon Suk-yeol speaks during a ceremony to celebrate Korean Liberation Day from Japanese colonial rule in 1945 at the presidential office square in Seoul on Aug. 15. ... Read more »

Tokyo logs 1st week-on-week rise in COVID-19 cases in 10 days

A hospital in Tokyo’s Katsushika Ward is strained as it needs to treat patients requiring emergency care while dealing with surging COVID-19 cases. (Yuichiro Yoneda) Tokyo confirmed 23,135 new COVID-19 ... Read more »

高市早苗氏「留任した方がいいと申し上げた」 ツイート巡り説明

高市早苗経済安保相  高市早苗経済安全保障担当相は15日の閣議後記者会見で、自身の入閣についてツイッターで不満を漏らしていたことについて問われ、「いろんな意味で、つらい思いはあるが、お役を頂いた限りは全力で働く」と述べ、入閣への複雑な思いを再び口にした。  高市氏は自身のツイッターに14日夜、「組閣前夜に岸田総理から入閣要請のお電話を頂いた時には、優秀な小林鷹之大臣の留任をお願いするとともに、21年前の掲載誌についても報告を致しました。翌日は入閣の変更が無かったことに戸惑い、今も辛(つら)い気持ちで一杯です」と投稿した。高市氏は10日の記者会見で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)関連の「世界日報」が発行する月刊誌に対談が掲載されていたことを認めていた。  高市氏はこの日の会見で、安倍晋三元首相から以前に内閣改造について「全くすべての役を外されることはないように思うので、高市さん、岸田さんから頼まれたことは絶対に断らずに受けなければいけないよ」「人事とはそういうものだよ」と助言を受けていたことを紹介。しかし、岸田文雄首相から、担当が経済安保担当相と聞き、「小林大臣が一生懸命やってきたことなので、留任した方がいいと考えていると申し上げた」と経緯を説明した。  一方、高市氏は12日に、予定していた小林前担当相らからの引き継ぎ式を中止し、内閣府職員へのあいさつ式を欠席したことについて、「何度か大臣を務めてきたが、私が相手に引き継ぐ場合、相手の負担を減らしたいと思っていた」などと釈明した。【平塚裕介】 Read more »

アニソン歌手春奈るなデビュー10周年での事務所退社、独立を発表「前向きにこのような決断を」

アニソン歌手の春奈るな(30)が15日、ツイッターを更新。所属のスペースクラフトエージェンシーを退社したと発表した。 「私、春奈るなは、11年に渡りお世話になった所属事務所スペースクラフトを退社したことをご報告させていただきます。今年でデビュー10周年。そして30歳という節目のタイミングで、前向きにこのような決断をさせていただきました」 春奈は12年5月にアニメ「Fate/Zero」第2期エンディングテーマ「空は高く風は歌う」でデビューし、「ソードアート・オンライン」「<物語>」「冴えない彼女の育てかた」といった、人気シリーズを中心に、多くのアニメ作品のテーマソングを担当。21年には中国の短文投稿サイト微博(ウェイボ)で活躍し、中国で大きな影響力を持つ日本人、日本企業などを表彰する「WEIBO Account Festival in Tokyo 2020」でアニソンシンガー賞を受賞するなど、国内外で人気を集めている。 また、16年からウェディングドレスブランド「LUNAMARIA」のデザインプロデュースを手掛け、6月30日に都内で第7弾の新作ドレス5着を発表したばかりだった。その際、自身がウエディングドレスを着る時期について聞かれ「果てしなき先まで、見えないですね。アニメやゲームが好きなので、その世界では何度も結婚はしているのですが、3次元では予定はないですね」などと語っていた。 春名は「デビュー当時、緊張や不安でいっぱいだった私を家族のように温かく迎えてくださり そしてどんな時も支えてくださり、今日この日まで歩いて来ることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝した。その上で 「これからも私は春名るなとして、私らしく、前を向いて邁進して行きます! 新しい道を歩む決断を応援してもらえたら嬉しいです。これからも、いつまでも、一緒にるな充しようね! 春名るな」 とつづった。 関係者によると、今後は独立して活動していくという。 自らがデザインしプロデュースしたウエディングドレス「LUNAMARIA」第7弾新作発表会に臨んだアニソンアーティスト、春奈るな(2022年6月撮影) Read more »

坂口杏里さん、結婚2カ月で離婚発表した元女性の夫と「まともな話し合いしたことない」

元タレントの坂口杏里さん(31)が15日夕方、インスタグラムのストーリーズを更新。この日、6月8日に結婚を報告してから、わずか2カ月で離婚したことを明らかにした。元女性の夫と、話し合いが出来ていなかったと訴えた。 「何度も話し合いしようって言ってたけど まともな話し合いしたことないかも」 「dmで、杏里ちゃんが話し合いしようって行ってるのに、話し合いならないですね…ってめっちゃくるけど今考えるとそうだね!」 などと、皮肉めいた言い回しで、元夫を批判。その上で 「あ! 後で素敵な写真載っけます」 と、何らかの写真を投稿する考えを示した。 坂口さんは6月8日に「坂口杏里 この度ご結婚いたしました! 先程入籍しました。お互い31歳にて 幸せな結婚生活を、お送りして行きたい毎日です!」と報告。お相手については「一般人の、おなべです!」と、写真とともに紹介し、「そこに私は偏見もなく とにかく愛してくれる大切な方です!偏見も何もありません とにかく愛してる2人です!」とつづっていた。 ただ、結婚後はインスタグラムなどで不満を相次いで吐露。「そろそろ世間の印象くずしたろっか 黙ってることに我慢の限界 まじでいい旦那アピールやめなぁ」と書き出した。7日には金銭トラブルも告白。 「誕生日もおわり、離婚も成立したし(中略)これで終わりです! ただお金返してもらわないと美容院もなにもできないです」 などとつづった。 そして15日に 「ちなみに離婚は成立しました せめて彼の誕生日が終わるまで仲直り夫婦でいる事、我慢していました」 と離婚を明らかにしていた。 坂口さんと元女性の夫は、前日14日に大阪市内で行われた元世界3階級制覇王者で「3150FIGHT」亀田興毅ファウンダー(35)が手がけたボクシングの興行に行った旨、ともにストーリーズに投稿していた。 坂口杏里さん(22年7月17日撮影) Read more »

【ソフトバンク】石川柊太が必勝宣言「勝つというシンプルなマインド」首位奪回へ16日西武戦先発

ソフトバンク石川柊太投手(30)が首位奪回へ向け、16日からの西武3連戦(ベルーナドーム)の「初戦必勝」を誓った。 先発を翌日に控えた15日はペイペイドームで調整。「(初戦は)絶対に取りたい。うまくやろうとか変な邪念なく、しっかり勝負したらいい。勝ちたいとかじゃなく、勝つというシンプルなマインド」。普段は慎重な男が珍しく強気に言い切った。 相性はいい。今季4勝どまりながら、西武戦は2戦2勝、計14回2/3を投げ、失点はなく対戦防御率は0・00。前回対戦した7月3日は森にヒットを許しただけで、2年ぶりに完封勝利を飾った。山川、中村ら破壊力ある打線にも「攻め」の姿勢は崩さないつもりだ。「1発を警戒したらいい。1発を警戒しての配球というより、攻めの投球をして打たれたら次々と前を向いて投げていけばいい」。首位西武とは1・5ゲーム差。首位奪取のためには初戦勝利が必定。先陣を切る石川が有言実行の快投を約束した。 練習中、笑顔いっぱいの石川柊太(撮影・梅根麻紀) Read more »

関連雑誌に記事掲載と法相 08年時、旧統一教会問題

 葉梨康弘法相は15日の閣議後記者会見で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と関係が深いとされる月刊誌「ビューポイント」のインタビュー取材を受け、2008年ごろ記事が掲載されたことがあったと明らかにした。これまでは、旧統一教会とは関係がないと説明していた。  葉梨氏によると、旧社会保険庁のずさんな年金記録管理が問題になっていた当時、旧社保庁の労働組合の「ヤミ専従」に関し、インタビューに応じていた。  葉梨氏は、10日の法相就任時点では旧統一教会との関わりはないとしていたが、その後判明したと説明した。 Read more »

記録的大雨の秋田、被害が16市町村に拡大

裏手の斜面が13日に崩れ、壁を突き破って土砂が流れ込んだ民家の室内=14日、秋田県由利本荘市赤田(秋田県提供) 断続的な記録的大雨となっている秋田県で15日、県災害対策本部会議が開かれ、被害が延べ16市町村に拡大したことが報告された。河川の氾濫は、羽根山沢川(北秋田市)や引欠川(大館市)など延べ10河川にのぼった。 これまで確認された建物被害は、住宅の一部損壊2棟、床上浸水117棟、床下浸水210棟、農作業小屋など非住戸220棟。土砂災害は12カ所で、由利本荘市では崩れた斜面の土砂が民家に流れ込んだ。水田や畑1537ヘクタールが泥水に漬かり、養鶏施設2棟、農業施設25カ所、林地や林道108カ所が損壊した。 秋田県内では8日の降り始めから15日正午までに鹿角市で384ミリを記録するなど、県北、県央を中心に平年の8月1カ月分を超える降雨量となっている。 Read more »

U.S. Congress members meet Taiwan leader amid China anger

In this photo released by the Taiwan Ministry of Foreign Affairs, from left, U.S. Democratic House member Alan Lowenthal from California, Democratic House members John Garamendi, Donald Yu-Tien Hsu, Director-General, ... Read more »

Angry China stages more drills near Taiwan as U.S. lawmakers visit

In this photo released by Xinhua News Agency, aircraft of the Eastern Theater Command of the Chinese People’s Liberation Army (PLA) conduct a joint combat training exercises around the Taiwan ... Read more »

東京駅の券売機で「操作手伝う」と声かけ、残高20円のICカードとすり替え…同様被害相次ぐ

警視庁  新幹線の切符購入を手伝うふりをして他人の交通系ICカードを盗んだとして、警視庁丸の内署が住所不定、無職の男(75)を窃盗容疑で逮捕していたことがわかった。現場の券売機では6月以後、同様の被害が他に4件あり、丸の内署が関連を調べる。  捜査関係者によると、男は6月14日夕、JR東京駅の東海道新幹線南乗り換え口の券売機前で、30歳代女性に「操作を手伝う」と声をかけ、約8000円入りの女性の交通系ICカードと残高が20円のカードをすり替えて盗んだ疑い。逮捕は今月13日。「現場に行ったが盗んだ記憶はない」と容疑を否認している。  所持品からは、JR東海やJR西日本などの交通系ICカード計8枚が見つかったという。 Read more »

兵庫県警 男性警部が“泥酔” 路上で寝込み捜査資料紛失 個人情報400人分記載

 路上で寝込んだ男性警部(49)が捜査資料を紛失。事件関係者の延べ400人分の個人情報が記載されていました。  個人情報を紛失したのは兵庫県警の男性警部。捜査資料を入れたかばんをなくしたのです。  その顛末(てんまつ)は驚くべきものでした。  12日夜、兵庫県西宮市の居酒屋で同僚2人と飲酒したという男性警部。午後11時ごろに同僚と別れます。  問題は自宅へ向かう道中で起きました。  阪急電鉄の西宮北口駅の近くの歩道で寝てしまったのです。  日の出間近の13日午前5時ごろに男性警部がようやく目覚めると、捜査資料が入ったかばんがなくなっていることに気付いたと言います。  なくなった捜査資料2通には容疑者の氏名や電話番号など事件関係者の個人情報、延べ400人分が記載されていました。  資料は、いまだ見つかっていません。  兵庫県警は「再発防止のための指導を徹底して参ります」とコメントしています。 Read more »

刃物で1人死亡3人負傷、千葉 君津市の住宅、親族同士か

 15日午前3時40分ごろ、千葉県君津市の住宅から「長男が親族にナイフで刺された」と女性が119番した。千葉県警によると、住人の15~43歳の男性4人に刃物で刺されたような痕があり、病院に搬送された。このうち職業不詳坂上卓さん(40)が死亡。県警は現場の状況などから、坂上さんが親族3人を刺した可能性があるとみており、トラブルの有無を調べている。  県警や消防によると、3人のうち2人は重傷だが、命に別条はない。通報で駆け付けた際、現場の住宅では火災が発生していたことから関連を捜査する。坂上さんは負傷した兄(43)の家族9人と暮らしていた。兄の妻が119番した。 Read more »

読テレ解説委員長 宮根の代理アナから見解聞かれ咎める「マスコミが政治家何なんだは言い過ぎ」

高岡達之氏  15日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、宮根誠司の代理で司会を務めた読売テレビの西山耕平アナウンサーが、高岡達之読売テレビ解説委員長に意見を求め、咎(とが)められる場面があった。  この日から宮根は5日間の夏休みに入ったが、同番組では、旧統一教会と自民党政治家の関係について放送した。テーマとなったのは、萩生田政調会長。先週水曜の会見で、旧統一教会の関連団体のイベントに出席したことを認めていた。しかし実際には2014年に教会本体が主催したイベントに出席していたことが明らかになっている。  それについて萩生田氏は、「音楽・芸術に関する活動をされていた地元支援者から『人が集まるから顔を出して』と口頭で依頼があり、出席した」「会場に行くまで宗教的なイベントとは知らず、会の冒頭で一般的なあいさつをして退散した」「式次第に名前が載っていたことも、何年か後に報道で初めて知った」と返答したことが放送された。  西山アナは「初めて知ったという言い方が最近多い気がするが、高岡さんはどう思いますか?」と高岡氏に見解を問うた。それに対して、高岡氏は「あの、いくつか分けて、僕は、この番組もそうですけど、報道するときにもちゃんと、政治家の側の説明も僕は流した方がいいと思いますけどね」と注文をつけた。  続けて「萩生田さんこうやって言っていることを今、あなたは『どう思いますか?』って僕に聞きましたけど、質問に対してこれを受け入れるかは有権者やテレビをご覧になるみなさんが決めること。(萩生田氏)ご自身としては、調べた結果をきちっと言ってはおられると思います」と話した。  その上で、「問題は現実に被害にあっている人がいて、そういう人たちに『不用意でした』と謝罪とまではあれですけど、そういうことがあるのかないのか、ということは、今まで頻繁に報道をしてこなかったマスコミの側が『政治家は何なんだ』というのはちょっと言い過ぎなんじゃないか。追及してこられた人は別。追及してこなかったマスコミが政治家の発言一つ一つをとらえて、真摯(しんし)か真摯じゃないかを言うのはおこがましい」と語った。  長年、教会の問題を取材してきたジャーナリストの鈴木エイト氏は「明らかに本体のイベント。関連団体と言ったことはかなり問題」と萩生田氏について指摘した。 Read more »
Top 35 Must-Visit Historical Places & Landmarks in the Philippines15 Best Things to Do in Framingham10 Things You Should Never Do in Hawaii15 Things to Do in Jeju for a Different Kind of Island GetawayMy 7 Favorite Wineries In California To Sip ChardonnayMy 5 Favorite Luxurious Experiences At Scottsdale’s Top ResortsThe Perfect 3-Day Visit To Beautiful Évora, Portugal7 Reasons To Explore Stunning Peggy’s Cove, Nova ScotiaRetirement Diaries: Diane Says Start Your Planning EarlyWhy I Love These 5 Campsites In France More Than Any HotelWe Have 21 Airline And Hotel Credit Cards, Here’s What We Love About Each OneThe 15 Most Beautiful Places To See Fall Foliage In 2022Top 15 Best Things to Do in Stockton, CaliforniaAnne Frank Museum Releases Videos Detailing Last Six Months Of Her LifeFarmers’ Almanac Predicts Unseasonably Cold Winter For Canada, Urges One Region To HibernateThis Is The Only Country On Earth That Sits Entirely Above 3,280 Feet, And You Can Ski There Right NowHow To Start A Freelancing Business From Scratch10 Things You Should Know Before Quitting Your Job To TravelBournda National Park: South Coast NSW’s Best Kept SecretThe Best Multi-Day Hiking Trips in CanadaFrom Bunbury to Margaret River, Here’s What Not To MissWhere To Find The Best Free Camping in TasmaniaAustralian Bushfires: Here’s What You Can Do To HelpOur AmazingCo Mystery Picnic in Queensland’s Atherton TablelandsHow To Plan A Sedona Girls Weekend Trip25 Of The Best Things To Do In Port Douglas, AustraliaPlatia Ammos Beach in Kefalonia (+ the Perilous Hike Down in Flip Flops!)From Corporate Stooge to Professional Travel BloggerWhy Choose Full Time RV Living Over Van Life?7 Handy Camping Hacks For Your Next Wilderness TripThe Best Spots For Eyre Peninsula Camping in South AustraliaGold Coast Hot Air Ballooning: A Bucket List Experience You Didn’t Know You NeededFitzroy Island or Green Island: Which is Better?A Zhangjiajie Hiking Adventure In The Avatar MountainsThings To Do On An Eyre Peninsula Road TripThings To Do On The Esperance To Perth DriveBunyeroo Gorge & Brachina Gorge: A Flinders Ranges Scenic Drive You CAN’T Miss!Duke of Orleans Bay: My 35th Birthday Adventure!Things To Do In Mount Gambier & Limestone Coast, South AustraliaHow This Woman Quit Her Job To Travel Europe Full-Time in a Motorhome10 Things I Wish I Knew Before Buying A CaravanCelebrating Boxing Day on a Captain Cook Sydney Harbour Cruise5 Adventurous Weekend Road Trips From DenverHow To Land Scuba Diving Instructor Jobs Around The WorldWhy You Don’t Need A Work And Travel Program Like Remote Year To Become A Digital NomadHow To Tell Your Parents You’re Quitting Your Job To TravelPerth to Esperance: The Ultimate Road Trip ItinerarySpeed Hiking: What It Is & What Gear You Need For ItWhat To Do When Sh*t Hits The Fan On Your Trip3 Days in Melbourne: A Melbourne 3 Day ItinerarySapphire Coast NSW: From Whales to Red RocksEssential Hiking Gear for Beginners: 5 Items You Absolutely Need For Your First HikeWhy This Grad Student Decided To Move Abroad Instead Of Getting A JobThe Best Fleurieu Peninsula BeachesNakie: The Best Traveler Hammock (That’s Also Eco-Friendly!)The Best Beaches in Kefalonia (+ Other Must-Dos)The Best Things To Do In Sydney Harbour7 Things To Know Before Your Overnight Or Day Trip To Rottnest IslandLawn Hill National Park: A Hidden Gem in Outback QueenslandBradleys Head to Chowder Bay Walk + Balmoral | Sydney Harbour WalkOrmiston Gorge: A Beach in Outback Australia!What To Do in Paris For 4 Days: A 4 Day Paris ItineraryOutdoorsy Things To Do In Noosa, An Aussie Adventure ParadiseWhy Quitting Your Job To Travel Isn’t As Scary As It SeemsThings To Do In Crete: A Crete Road Trip Itinerary15 Little Things You Can Do To Save Money For TravelKu-ring-gai Chase National Park: Sydney’s Hidden GemThings To Do In Esperance: The Best Walks, Campsites, & Beaches In Esperance, Western AustraliaVisiting Meteora: Clifftop Monasteries With A View In GreeceThe 15 Best Day Trips From CairnsHighlights Of A Great Ocean Road TripThe Best Boho Picnic Rugs For Outdoor AdventuresRenting Camera Gear For Travel: Save Money, Save MemoriesThe Best Sydney Weekend GetawaysCar Next Door Review: Using Car Sharing in AustraliaWhat the FAQ is Van Life? Everything You Want To Know About Full Time Van LivingThe Best Hikes In The Blue MountainsA Sydney Harbour Scenic Flight With Sydney SeaplanesThis Couple Quit Their Jobs & Sold Everything To Travel Europe Full-TimeThat Time ALL THE SIGNS Told Me To Buy Tony Robbins TicketsHow Much Money Do You Need To Save Before You Quit Your Job To Travel?15 Best Things to Do in Malden8 Unique Ways To Spend A Few Hours In The South Of France7 Authentic Aboriginal Experiences In Australia’s Northern Territory10 Best Hiking Trails In Flagstaff According To The Locals21 FUN Cancun Day Trips that you’ll love!The Unique Culinary Tour Not To Miss In Jerusalem18 BEST Things to do in Valparaíso, Chile7 New And Unique Things To Do On The Las Vegas StripPalwa Ride and More Adventures at Santabucks Eco-Adventure ParkClear Testing New Curb-To-Gate Premium Service At This Popular AirportCollette Unveils New Montana Cruise Tour Featuring Stops In Two Popular National ParksTop 15 Best Things to Do in Riverside, California8 Reasons To Visit Italy This FallI Booked A Trip To France This Summer For $5.60 Using Points, Here’s What I LearnedThe Exhilarating Experience Not To Miss In Canada’s Jasper National ParkI Tried Glamping At An Australian Crocodile Safari Camp And It Was Incredible16 Scenic Stops Along The Beautiful Cape Cod Rail TrailWorrowing Jervis Bay: A Winter Getaway From SydneyBest Beaches in Crete: The 10 Crete Beaches You Must VisitThe 20 Best Beaches in Western AustraliaWhat I Wish I Knew Before Moving From USA To Australia30 Things To Do in Albany, Western Australia & South Coast WAHiking Sydney: The 15 Best Hikes in Sydney, AustraliaThe Best Hikes in Grand Staircase Escalante National MonumentNew UAE Passport: How to Get Your New Emirati Passport?NATAS 2022 Singapore Travel Fair: What to Expect7 of the best things to do in Phuket on a budget15 Best Things to Do in WalthamU.S. Begins Testing Online Passport Renewals, How You Can ParticipateTop 7 Must-See Attractions At The Newly Renovated Air And Space MuseumFAA Considers Increasing The Size Of Airline Seats, But It Has Nothing To Do With ComfortEat Your McDonald’s Before You Get On The Plane15 Best Things to Do in HaverhillYosemite Reopens Its Beautiful Mariposa Grove To Visitors8 Signs You Need for a Salary Raise & How to Talk to Your Boss About ItMy 7 Favorite Restaurants In Beautiful Dripping Springs, Texas13 Tips For Hiking Jenny Lake In Grand Teton National Park 14 Budget-Friendly Ways To Entertain Your Elementary-Aged Grandkids According To A Retired TeacherTop 15 Best Things to Do in Huntington, New York12 Reasons This Lesser-Known Malta Town Will Transport You To 1950s Italy15 Best Things to Do in RevereParts Of This National Park Closed Because Of A BearSeveral Caribbean Islands Dealing With Record Amounts Of Seaweed, The Problems It’s Causing For Tourists And Residents7 of the best things to do in Hoi An on a budgetLOOK: Philippine Tarsier Spotted in Tacloban City for the First Time EverA Guide to the Best Staycation Hotels in Manila6 Fabulous Reasons To Take A Side Trip To Croatia When You’re Visiting Italy7 Reasons You Should Visit Canada’s Beautiful Georgian Bay6 Reasons To Explore Concord, California On Your Next Visit To San Francisco9 Key Tips For Hiking To Gorgeous Ta-Taki Falls In Okinawa, JapanTop 15 Best Things to Do in Islip, New YorkHawaii County Follows Maui’s Lead, Decides To Ban These Types Of SunscreensUnique Sign In New Mexico Had Highway Drivers Doing Double-Takes15 Best Things to Do in AberdeenIt Now Costs $250 To See A Real-Life Dragon, Here’s WhyHeavy Rains Cause Extremely Rare 1,000-Year Event In Death Valley15 Best Things to Do in Havre de Grace15 Best Things to Do in Elkton11 Best Beaches in Vietnam You Must Know About11 Money Tips If You’re Not Earning Well Enough to Build a Travel Fund7 Fantastic Hotels For A California Summer ExperienceThe Houseboat Getaway Near Ottawa Perfect for the Whole Family22 Amazing Outdoor Adventures I Loved In New Zealand5 Fantastic Stops On A Missouri Road Trip From St. Louis To St. JosephFolks Are Flocking To New Mexico For A High Flying Milestone This October15 Best Things to Do in New CarrolltonSurprising Shark Discovery Found Thousands Of Miles From Its HomeWhat You Need To Know About Road Closures At This National ParkThird-Culture Kid Blues: My Experience as an Indonesian Who Grew Up in MalaysiaA Guide to Ukay-Ukay Shopping in and Near Metro Manila7 Historic French Brasseries You Must Visit In Paris7 Amazing Outdoor Activities To Experience In Big Sky, Montana In The SummerTop 8 Questions To Ask Before Moving To Costa RicaEverything You Need To Know About Visiting Qatar¡Felices fiestas! A guide to Spain’s best annual events17 Amazing Things To Do In Beautiful Austin, TexasFancy Feast Isn’t Just For Felines, Where You Can Dine On Cat-Inspired Cuisine Why October Is The Best Time To See Elk In This StateBorobudur Temple – The World’s Largest Buddhist TempleMantigue Island: Camiguin’s Little Jewel | LakwatseroThe Wave of Utah and Arizona: Where “Amazing” is Understatement | LakwatseroMonad ShoalHow to Get to Luna ApayaoTales From Sadanga: The Trek to Fowa-as Falls | LakwatseroAbout BatadHow to Commute to 21 Kilometers Coffee and Back#13 Himalayan Mountain Range (Nepal)NATAS Travel Fair 2022: Best Travel and Tour Package Deals!Batanes: Sweet Rendezvous With My Playground | LakwatseroNaked IslandThe GreeneryBalabac Sojourn: Immersion in Bugsuk Island | Lakwatsero1. Chocolate HillsHow To Get to BulalacaoSurprises in Naujan | LakwatseroNatnat BeachScuba Diving in Mantigue Island: Revisiting Underwater HomeLubang: En Route to Big Surprises | LakwatseroAbout Cuyo1. Fortune Island (Nasugbu, Batangas)Climbing Mount MitsutogeWaterfalls of Mount Romelo: Buruwisan, Batya-Batya & MoreSurigao: Scuba Diving in Mabua | LakwatseroRooms and RatesBud Bongao: The Revered Mountain of Tawi-Tawi | LakwatseroHow to Get to CoronGoing In and Out of PokharaVisita Iglesia in Manila: Nine Churches to VisitA Day Trip to Seven Falls of Lake Sebu | LakwatseroBataan: Dunsulan Falls, Ambon-Ambon Falls & Limutan FallsHow to Get to MoalboalHow to Get to Kansalakan Enchanted RiverDetour to Mainland Sablayan | LakwatseroWaterfalls in Real, Quezon: Cawayan, Balagba & Noknok FallsRuwanwelisaya StupaSan GabrielColibra Island: Dasol’s Island Hideaway | LakwatseroHow to Get to Malamawi IslandHow to Get to Maosonon IslandBalabac Sojourn: Bugsuk Island Stole My Heart | LakwatseroAttractions in Igorot Stone KingdomNacpan & Calitang: The Twin Beaches of El Nido | LakwatseroCalinawan CaveClimbing Mount Fuji: Frequently Asked Questions1. Tropical Four SeasonsMasasa Beach Travel RequirementsPacsafe Toursafe Wheeled Duffel: The Ultimate Urban Adventure Buddy | LakwatseroHow to Get to Mount KitadakeKiltepan View Deck (Sagada, Mountain Province)A Solo DIY Trek to Kawah Ijen of Indonesia | LakwatseroFirst Time in NAIA Terminal 1: Seriously, It’s Not As Bad As You Think! | LakwatseroHow to Get to Mount Cayabu and MaynobaTagbilat Falls: The Curtain Falls of Zamboanga SibugayHow to get to Quitinday Falls and Underground RiverPaoay Church: UNESCO World Heritage Site in Ilocos NorteThe Island in FocusBicycle Diary: Kaybiang Tunnel Loop | LakwatseroSelf Guided 6D/5N Annapurna Base Camp TrekA Weekend of Ultimate Adventure in Baler | LakwatseroHow to Get to Camotes IslandsHail to Hulugan FallsIloilo: Where to Indulge in the City of LoveIntroducing SibaltanHow to Get to Kabutongan FallsHow to Get to Calinawan CaveAbout CaramoanHow to Get to Cabagnow Cave PoolFive Hours in Jakarta: A Walk in the Old Batavia (And Misadventures in Jakarta) | LakwatseroRacuh a Payaman (Marlboro Hills)Machu Picchu HouseAbout LubangHow to Get to Nagpatong Rock by Public Transport:A Glimpse of Manila Metropolitan Theater | LakwatseroAbout LunaAbout Capul IslandAlalum Falls: Shared Majesty of Sumilao and Impasug-ongSnake IslandZunsibarPico de Loro Frequently Asked Questions (FAQs)Tulay na Bato Falls48 Hours in Brisbane: A Quick Guide & ItineraryAbout BiriTales of a True Wanderer: The Joys and Pains of Solo Travel | LakwatseroWelcome to Surigao del SurMt. Palay-Palay  National ParkAbout PagudpudFive Levels of Aguinid FallsIntroducing San Pascual, MasbateMount Manmanoc ItineraryAdventures in Fortune Island of Nasugbu | LakwatseroNext Level Mobile Photography with Sony Xperia XZ1 | LakwatseroScuba Diving in Siargao: Discovering the Underwater Treasures of Daku Island | LakwatseroAbout Davao CityHow to Get to AndaJanuary: Cebu & IloiloHow to Get to Mines View ParkKamay ni Hesus: Pilgrimage Site in Lucban | LakwatseroPoon Hill: Three Days of Himalayan AdventureCalvary Hill Cemetery of SagadaHow to Get to TambobongMilford SoundTen Things To Do in Sagada: Bucket List for NewbiesDahoyhoy FallsPilot for a Day: The Ultra Light Aircraft Experience | LakwatseroReal Coffee and Tea Cafe of Boracay | LakwatseroGhorepani Poon Hill TrekAbout Maniwaya IslandHow to Get to Binanga FallsPalo Alto Falls of Baras, Rizal | LakwatseroExplore Moscow: Best Things to Do in the City | LakwatseroStairway to HeavenMount Guiting-Guiting Overnight Trek Complete ItineraryCape Melville LighthouseLa Cathedral Café: Restaurant with a View in IntramurosKapurpurawan Rock Formation: White and BeautifulDay Hike ItineraryThe Sandbox at AlvieraHow to go to Mararison IslandA Weekend of Adventures in South Cebu and DumagueteCalayan Island: A Virtual Diary of Our Epic Journey | LakwatseroFaro de Isla Jintotolo (Jintotolo Island Lighthouse)Low’s PeakAbout Taal VolcanoHow to Get to Mag-aso Falls of BoholSamar: Biri Rock Formations Up Close | LakwatseroBonbon BeachIntroducing Jomalig IslandAbout Cotabato CityAbout TabukLeyte Landing Memorial: A Memorial for a Fulfilled Promise | LakwatseroSilyang Bato, Mount MaramiPanimahawa Ridge and Cedar Falls Day Hike ItineraryFun in the World’s Best IslandSample Albay ItinerariesMagpupungko Beach and Tidal Pools6 Tips for Living in the Philippines | LakwatseroDaraga Church: The Nuestra Señora dela Porteria ChurchTulgao Rice TerracesCape Melville Lighthouse (Faro del Cabo Melville)Canyoneering to Kawasan FallsLake FewaLong Weekend: Five-Day Suggested Itineraries in Luzon | LakwatseroAbout CaponesThe Wichcraft Café of Zamboanga City | LakwatseroHow to Get to GuiuanAll-Female FloorHow to Get to Neri’s VilleDiotay’s EateryShort but Sweet Melaka Getaway | LakwatseroHow to Get to Tinuy-An FallsOslob: The Lost Grandeur of Tumalog Falls | LakwatseroIlocos ItineraryDitumabo Falls: The Mother Falls of San Luis, Aurora!Biking in Kalinga: Trek and Bike to TabukParadise Garden: A Haven for Sea TurtlesSiargao: Magpupungko Beach and Tidal Pools | LakwatseroAbout Bucas GrandeCoral GardenSagadaA Walk in Sangay Siapo Island Before it is Gone? | LakwatseroAmbaguio-Akiki ItineraryCorregidor Island Lighthouse (Faro dela Isla de Corregidor)Faro de Punta de Malabrigo (Malabrigo Point Lighthouse)About CulionNaidi Hill LighthouseBoquete IslandHow to Commute to Temple of LeahCatanduanes: The Heritage Church of Bato | Lakwatsero1. White Water Rafting or KayakingMount Fuji Overnight Climb ItinerarySip & Gogh Paint Studio: Unleash Your Inner Van Gogh | LakwatseroBatanes ItineraryHow to Get to Quitinday HillsAbout Callao CaveDiscover LakawonBiking to Taal: A Fun Ride to Batangas’ Heritage TownAntique Blooming: The Rafflesia of San RemigioMalasimbo Lights and Dance FestivalBacolod ItineraryPoon HillAttractions in Mirador Heritage and Eco ParkHulhumale Public BeachRomblon Island: Bonbon Beach, Tiamban Beach & MoreAdventure in Sabah: White Water Rafting in Padas River | LakwatseroHow to Get to Hinakpan Mystical HillsWelcome to Lake SebuAbout CasiguranAbout BuscalanHow to Go to Kalanggaman IslandFaro de Cabo Bojeador (Cape Bojeador Lighthouse)Backpacking Maldives: Budget Itinerary, Expenses & TipsHow to Get ThereOffbeat Bohol Itinerary: 3D/2N of AdventuresHow to Get to Tawi-TawiAlona BeachPangilatan Falls: The Forgotten Gem of Tapaz, CapizWorld War I: SMS Cormoran II3D/2N Taiwan Itinerary: Taipei – Yehliu – ShiffenLaos for Backpackers: Getting There on a BudgetBasic RequirementsHow to Get to Antong FallsCathedral CaveHow to Go to Gubat, SorsogonAbout SadangaHow to Get to Bugui Point LighthouseHow to Get to Cabra Island LighthouseCebu Itinerary: Three-Day Adventures in the SouthAbout AndaLuna: A Day in the Show Window of Apayao | LakwatseroMargues Blue LagoonFinding Palaui’s Cape Engaño Lighthouse | LakwatseroHow to Get to Mantayupan Falls of Barili, CebuHow to Get to MaligcongLinapacan Islands: Between Paradise | LakwatseroKLIA to KLCCHow to Get to JomaligBanaug ShoalEspadang Bato – Payaran Falls Day Hike Itinerary10 Remarkable Philippine Destinations for Solo TravelMiagao Church: A UNESCO World Heritage Site in IloiloAbout Carbin ReefAbout Parola IslandCabra WreckageCobra Falls: Ozamiz City’s Best Kept SecretBasco: The Chapel on the Hill of Tukon | LakwatseroBack in Kathmandu’s Lovely Mess | LakwatseroHimalayan Adventure: Kathmandu to Pokhara Overland | LakwatseroItineraryChinatown Vancouver (Stop #23)Situbo Falls: Tampilisan's Awesome SurpriseHow to Get to Inambakan FallsTuasan Falls: Another Camiguin’s Charmer | LakwatseroHow to Get to Lake SebuMarinduque Loop: Biking in the Heart of the Philippines1. Batanes: A Piece of HeavenMe Gusta Sunzibar Tacloban! | LakwatseroHitachi Seaside Park: Quick Guide from Tokyo and NaritaBeautiful Islands and BeachesSunzibarTrekking NotesSnapshot: In Love with Batulao | LakwatseroPalaui IslandHow to Get to Mount PinatuboBicycle Diary: The Ride to Infanta | LakwatseroSwimHow to Get to Osmeña PeakDaranak Falls of Tanay Rizal | LakwatseroHow to Get to Stobosa Hillside Homes ArtworkSurf or Learn to SurfDIY Solo and Self-Guided Trek to Annapurna Base CampBatanes by Bike: North Batan Tour | LakwatseroThe BeachSta. Cruz Grande IslandBasilica de San Martin de ToursBaguio Budget Stay: Upstairs Bed & Bath | LakwatseroBiking in Batanes: Batan Island Loop | LakwatseroCandaba Bird SanctuaryCape EngañoAbout HungduanIligan Tourism Triangle: Mimbalut, Tinago & Maria CristinaAbout Jose PanganibanCadapdapan Rice TerracesHow to Get to Casaroro FallsKiltepan: Sagada’s Best Sunrise | LakwatseroBeguet: Colorado Falls of Tuba | LakwatseroFollow the Call of the Great Outdoors: Go Out & Get More | LakwatseroSanga-Sanga ReefMasbate City: Where to Eat in the City | LakwatseroAbout Carabao IslandRain Vortex at the Jewel of ChangiPacsafe Venturesafe 65L GII Travel PackIrakoWhere to Stay in CarmenHow to Get to Tangadan FallsHow to Get to Samal IslandEverest Base Camp Trek: Into the Dream ZoneTop Things To Do in Gangwon-do: Korea’s Adventure ProvinceJomalig: The Golden Sand of Salibungot Beach | Lakwatsero1. Tubbataha Reefs (Cagayancillo, Palawan)IitineraryAbout Anini-yNacpan BeachAbout Legazpi CityHow to Get to Shifen FallsScuba Diving in Pearl Island of Guiuan, Eastern SamarHow to Get to Nagtabon BeachSiargao Travel RequirementsHow to Go to TanayHow to Get to Garin FarmDay 1: Paoay and San Nicolas (Ilocos Norte)Nueva Vizcaya Weekend ItineraryHow to Climb Mount HamiguitanHow to Get to Santa Cruz IslandMount TalamitamHow to Get to Sambawan IslandBacuit Grill12 Places to Satisfy Your Affogato Cravings in the MetroLion’s RockVictoria HarbourCoronPicture Perfect: The White Island of Camiguin | LakwatseroPanglao: Alona’s Allure | LakwatseroSecrets of the Lakeside: The Waterfalls of Laurel & TalisayMiyaru FaruMemorial Temple of Lord BaoHotel Siesta ShibuyaHow to Get to Tinago FallsSimunul Island: The Birthplace of Islam in the Philippines | LakwatseroBalabac: Onuk Island, Pink Beach & Melville LighthouseBike Diary: Bike and Trek to Buscalan (Mount Polis – Bontoc – Buscalan) | LakwatseroTagaytay (Cavite)Yearend Adventure with Pacsafe Venturesafe 25L GII | LakwatseroFavorite Beach: Punta Sebaring of Bugsuk Island, BalabacWelcome to Apo Reef & Pandan Island!The Ruins of A FamosaHow to Get to Canyoneering SitePacsafe Ultimatesafe Z28, My Newest Ultimate Travel Buddy | LakwatseroPulangbato Falls: The Red Waterfalls of ValenciaLocationSpider House: Boracay’s Chill Corner | LakwatseroThe 10,000 Roses Café of Cordova, Cebu’s Newest CrazeHow to Get to Asik-Asik FallsHow to Get to Dao FallsWelcome to Concepcion1. First Single-Aisle Aircraft to Fly Non-Stop from the Philippines to AustraliaHow to Get to Casino PeakMaadhoo Finolhu (Picnic Island)Cagbalete Travel RequirementsNacpan and Calitang BeachesThe RockiesBalabacPagbilao: Iringan, Malicboy, Bahay-Pagi & Katapang FallsPetronas Twin TowerSta. Fe, Bantayan IslandEverest Base Camp Trek Primer: Frequently Asked QuestionsTaraw Cliff: See the Best View of El Nido | LakwatseroHow to Get to Elephant MountainAbout MandalaySpelunking Rate in Capisaan Caves