USB紛失は「協力会社の委託先の社員」 市の委託業者、説明に誤り

 兵庫県尼崎市の全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが一時紛失した問題で、市から業務委託を受けた情報システム大手「BIPROGY(ビプロジー)」は26日、メモリーを紛失したのを「協力会社の社員」と説明してきたのが、「協力会社の委託先の社員」の誤りだったと発表した。 【写真】データの移管について「運び方や破棄などの確認に甘さがあった」と、23日の定例会見冒頭で市民に謝罪する稲村和美・兵庫県尼崎市長。再発防止策を進めるという=同市役所  BIPROGYは24日の記者会見で、紛失したのは協力会社の40代男性社員だったと、企業名も挙げた上で説明していた。BIPROGYは「協力会社から聞き取る中で認識を誤った」としている。  BIPROGYによると、尼崎市との契約書では、業務の一部を委託する際は市の許可を取ると記載していた。BIPROGYが今回の業務を協力会社に委託し、協力会社がさらに別の会社に委託していたことについて尼崎市は「紛失発覚後に初めて知った」と説明している。  USBメモリーは21日、データ移管作業後にUSBメモリーを持ったままBIPROGY関西支社の社員と大阪府吹田市内で飲酒した男性が、帰宅時に路上で寝込んでかばんごと紛失。24日に同市内で見つかった。メモリーには約46万人分の名前、住所、生年月日のほか、住民税額や、児童手当と生活保護の受給世帯の口座情報などが入っていた。(小川聡仁、中塚久美子)

朝日新聞社

News Related
  • 高校野球改革「大谷頼みだけでは」 津田俊樹

    引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。
    See Details: 高校野球改革「大谷頼みだけでは」 津田俊樹
  • ベランダの下着盗もうとした疑い 防犯カメラ設置し警戒中、モニターに姿 建設作業員の男逮捕

    尼崎南署庁舎=尼崎市昭和通2  ベランダに干してあった下着を盗もうとしたとして、兵庫県警尼崎南署は8日、窃盗未遂の疑いで尼崎市の建設作業員の男(37)を現行犯逮捕した。  逮捕容疑は同日午後6時すぎ、同市内の集合住宅1階のベランダから女性用下着を盗もうとした疑い。「間違いありません」と容疑を認めているという。  同署によると、1カ月ほど前から、この住宅に住む女性の下着がベランダから盗まれる被害が数回あり、防犯カメラを設置して警戒していた。  この日、女性と同居する男性がベランダをのぞき込む男を室内のモニターで確認。「何してるんだ」と声を掛けると、男が走って逃げようとしたため取り押さえたという。  同署はこれまでの被害との関連についても調べる。
    See Details: ベランダの下着盗もうとした疑い 防犯カメラ設置し警戒中、モニターに姿 建設作業員の男逮捕
  • NHK朝ドラ「ちむどんどん」10日第88回あらすじ 良子(川口春奈)と賢秀(竜星涼)は説得に失敗…暢子(黒島結菜)が準備した料理は

    暢子(黒島結菜) (C)NHK 故郷の沖縄料理に夢をかけるヒロインとその兄妹らの家族愛を描くNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・0)。10日に放送される第88回のあらすじを紹介する。 朝ドラ通算106作目となる同作は、本土復帰から50年の節目を迎える沖縄が舞台のオリジナル作品で、「ちむどんどん」は「心がわくわく、ドキドキする」という意味の方言。女優の黒島結菜がヒロイン・比嘉暢子を演じ、脚本は「マッサン」の羽原大介氏、語りはタレントのジョン・カビラが務める。主題歌は沖縄県出身の歌手、三浦大知が今作のために書き下ろしたオリジナル曲「燦燦(さんさん)」。 ★第88回「しあわせのアンダンスー」あらすじ 重子(鈴木保奈美)を訪ねた良子(川口春奈)と賢秀(竜星涼)。暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の結婚に賛成するように説得をするつもりが、思うように進まず終わってしまった。暢子は重子を再びフォンターナに招待する。暢子が重子に出したのは、房子(原田美枝子)のアドバイスのおかげで作れた、重子にとって懐かしいとある料理の数々だった。果たして重子は…。
    See Details: NHK朝ドラ「ちむどんどん」10日第88回あらすじ 良子(川口春奈)と賢秀(竜星涼)は説得に失敗…暢子(黒島結菜)が準備した料理は
  • 『工場の積み荷待ち』でトラック絶えず苦情相次ぐ…迷惑駐車トラックを一斉取り締まり

    『工場の積み荷待ち』でトラック絶えず苦情相次ぐ…迷惑駐車トラックを一斉取り締まり  8月8日朝、大阪府八尾市の国道で違法駐車していたトラックの一斉取り締まりが行われました。  8日の午前8時ごろ、大阪府八尾市の国道にずらりと並んだトラック。警察によりますと、数年前からこの場所では、近くの工場からの積み荷を待つなどの目的で路肩に違法駐車するトラックが絶えず、地域住民らから「見通しが悪く危ない」などと苦情が相次いでいたということです。  (トラック運転手に声をかける警察官)  「苦情も出ていますので、それだけわかっておいてください」  警察は一斉取り締まりを実施してトラックに移動するよう警告したほか、違法駐車していたドライバー1人を摘発したということです。
    See Details: 『工場の積み荷待ち』でトラック絶えず苦情相次ぐ…迷惑駐車トラックを一斉取り締まり
  • 島崎遥香、結婚生活最後はハグでお別れ。涙する佐野岳に「笑って終われたら嬉しい」

    8月5日(金)に「ABEMA SPECIALチャンネル」で放送されたABEMAオリジナルの結婚モキュメンタリー番組『私たち結婚しました 3』。 最終回となる第10話では、佐野岳と島崎遥香夫婦の結婚生活最終日の模様を放送した。 島崎遥香、結婚生活最後はハグでお別れ。涙する佐野岳に「笑って終われたら嬉しい」 自身主催の個展を訪れた島崎に、佐野は「1枚だけぱるちゃんに描いた絵がある」というサプライズを用意。 鏡を絵の中に取り入れて自分の姿が絵の中に映る作品で、「お花もきれいだけど、(鏡を見て)お花よりもっと綺麗な人見つけた、みたいな…」と照れくさそうに島崎を褒めながら作品を紹介。島崎は「やっぱり芸術肌。すごい感動した」と嬉しそうな表情を見せる。 島崎遥香、結婚生活最後はハグでお別れ。涙する佐野岳に「笑って終われたら嬉しい」 さらに、北海道旅行で作ったビールグラスが自宅に到着。夫婦最後のデートとして、島崎の提案で手作りグラスでお酒を飲むために酒蔵へ向かうことに。 ビール好きの佐野のために手作りグラスにビールを注いだ島崎。夫婦で最後の乾杯を交わし、おいしそうにビールを飲み干す佐野の様子を、島崎は妻らしい優しい目で見つめる。 島崎遥香、結婚生活最後はハグでお別れ。涙する佐野岳に「笑って終われたら嬉しい」 すると帰り際、突然島崎が「私からプレゼント」と話し、佐野に紙袋を手渡す。驚いた様子の佐野が袋を開けると、島崎が手作りした絵の具が入っていた。 島崎はアート好きの佐野のために、事前に一人で絵の具を作りに行き、手書きのハートのイラストも添えたプレゼントを用意していた。「これね、一緒に行きたかったの。すっごい楽しかった」と語る島崎。 島崎遥香、結婚生活最後はハグでお別れ。涙する佐野岳に「笑って終われたら嬉しい」 一方で叶わぬデートのお誘いや、プレゼントを用意してもらった嬉しさに、佐野は言葉に詰まって涙をこらえながらも、「ありがとう、これで絵描くわ」と宣言。さらに「こんな思いになるんだな」と妻からの愛情をかみしめ、夫婦生活最後のプレゼントを大事そうに見つめていた。 ◆佐野岳、涙ながらに本音告白「結構ぱるちゃんにくらってた」 そして夫婦のお別れの場所として、島崎が好きな橋を訪れた2人。夕暮れの景色を眺めながら別れを惜しみ、感謝の気持ちをお互いに述べる。 島崎は「お互いの人生の中で、貴重な印象に残る思い出、経験になったんじゃないかな」と、結婚生活への満足感を表す。 一方の佐野は「時間が足りないなって思った」と正直な気持ちを告白。結婚生活の始まりに感じていた不安も打ち明けながら、「こんなに嬉しいって思うことも想像してなかったから、自分でもびっくり。俺、結構しっかり、ぱるちゃんにくらってたんだなって」と、夫婦としての気持ちの変化を涙を浮かべながら正直に吐露した。 ◆島崎遥香、両手を広げて夫婦初の“ハグ&背中ポンポン” 本音を伝え合ったあと、島崎は「笑って終われたら嬉しい」と涙する佐野に声を掛ける。そして島崎から両手を広げ、「また。元気でね」と夫婦初のハグをする。 島崎遥香、結婚生活最後はハグでお別れ。涙する佐野岳に「笑って終われたら嬉しい」 さらに、佐野の背中をポンポンして感謝の言葉をかけた島崎。別れを惜しみつつ離れると、佐野は「もう一回」とおかわりハグをした。 島崎遥香、結婚生活最後はハグでお別れ。涙する佐野岳に「笑って終われたら嬉しい」 「じゃあまたいつか。元気でね」とお互いに手を振り、それぞれ別の方向へ歩いていく。少し歩いた後、島崎が振り返って「おーい!またねー!元気でねー!」と大きな声で叫び、笑顔で大きく手を振る場面も。 意外な行動に、佐野は振り返って手を振り返すものの、また涙をこらえる表情に。相反する表情に見えつつも、お互いを思いやったバランスの良い夫婦関係を締めくくった。
    See Details: 島崎遥香、結婚生活最後はハグでお別れ。涙する佐野岳に「笑って終われたら嬉しい」
  • ケイファクトリー Z900RS SE(カワサキZ900RS SE)ユーザーに夢を見せて実現してもらうために【Heritage&Legends】

    ヘリテイジ&レジェンズ 公式サイト メーカー製カスタムを元に提案するストリート仕様 話題を呼ぶニューモデルがリリースされるとすぐにフルカスタムのデモバイクを製作するケイファクトリー。最近のモデルでもスズキKATANA、同じくHayabusa。ホンダ・レブル1100、そしてカワサキZ900RS。このZ900RSは、2022年1月に発売されたZ900RS SEもベースとした。 ところで、ケイファクトリーの各デモバイクにはひとつの特徴がある。自社の製品や開発中のパーツはもちろん、他社パーツも適材適所で使って、カスタムファンがひと目で「このパーツを使うと、雰囲気はこうなる」が分かる仕様としていることだ。この車両もその例に漏れず、そうした仕立てになっている。 画像1: メーカー製カスタムを元に提案するストリート仕様 「こうしたバイクをほしがる世代の中心は50〜60歳代、私たちと同じ世代だと考えています。本当にほしいものは、よほどのプレミアムバイクでもない限り、入手できる余裕のある方は多い。その上で、乗りやすくなるなら、またさらに格好よくなるなら、カスタムにも抵抗を感じない。 一方で、私たちが若い時には、新車が出てくると同時に各パーツメーカーがフルカスタムのデモバイクを競うように発表したものでしたが、今はマフラー・メーカーなら対応マフラーのみが付いたそれ、サス・ブランドなら自社製サスペンションを装着したそれ、という具合にしか作らなくなった。けっして批判する気もありませんが、それだけだとユーザーも“夢”を想像しにくいかなあと。せめてウチぐらいは、とカラ元気で張り切って、各社の協力もいただきつつお見せするんです(笑)。 私たち世代はこの先何年もは大きなバイクに乗れないでしょうから、『来年すればいいかな』はない。すぐに自分の考える最良の仕様を作りたいでしょうし」と、ケイファクトリー・桑原さん。 画像2: メーカー製カスタムを元に提案するストリート仕様 前述したように、話題の車両が出てくればすぐ、デモバイクを製作してみる。Z900RS SEにも早速、同車の特徴となるイエローボールカラー、ゴールドカラーホイールをベースとしたなら、こんなパッケージが仕立てられるというイメージをしっかり投影してくれる。 このケイファクトリー・Z900RS SEカスタムは、初代火の玉カラーベースの時には気が付かなかったカラーバランスや各パーツの魅力も、新たに見つけ出すことができるはずだ。 ▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら! Detailed Description 詳細説明 画像1: Detailed Description 詳細説明 オーリンズFGRT倒立フォークをクランプするステムまわりは撮影時点では試作品。ハンドル切れ角も調整しつつ、セパハン化の提案も行う。 画像2: Detailed Description 詳細説明 ハンドルバーはケイファクトリーの可変式クイックハンドルキットで、低めのセパレートタイプに変更してカスタムライクな印象を高めている。 画像3: Detailed Description 詳細説明 フロントマスターシリンダーは Z900RS SE純正のニッシン・ラジアルでリザーバーキャップやフォールディングタイプのレバー、またレバーガードやバーエンドなどがケイファクトリー製ビレットパーツ(いずれも市販品)に変更される。質感や操作性も高まっている。 画像4: Detailed Description 詳細説明 フロントフォークは純正に同じゴールドアウター/倒立ながらオーリンズ製に変更、フロントブレーキキャリパーもブレンボM4.32から同.484に変更。フロントディスクは鉄インナー+5本ピン+φ300mmディスクがSEではアルミインナー+10本ピン+ブレンボφ300mmディスクになっているが、ここを左右色違いのケイファクトリーロゴ入りピン+サンスターディスクに変更、フロントフェンダーもカーボン化した。 画像5: Detailed Description 詳細説明 リヤショックはZ900RS SE純正採用品のオーリンズS46(リモートアジャスタータイプ/ダブルリップダストシール仕様)をそのまま装着する。 画像6: ...
    See Details: ケイファクトリー Z900RS SE(カワサキZ900RS SE)ユーザーに夢を見せて実現してもらうために【Heritage&Legends】
  • 日テレ・岩田絵里奈アナがコロナ陽性で2日連続で「スッキリ」を欠席

    岩田絵里奈アナ 日本テレビの岩田絵里奈アナウンサー(26)が9日、MCを務める同局系「スッキリ」(月~金曜前8・0)を欠席した。岩田アナは前日8日に体調不良を訴えて同番組を欠席。PCR検査を受けた結果、新型コロナウイルスの陽性判定が出たという。MCを務めるお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(53)が「発熱はしていないんだけど、PCRやったら新型コロナに感染していたということでお休みです」と状況を説明した。
    See Details: 日テレ・岩田絵里奈アナがコロナ陽性で2日連続で「スッキリ」を欠席
  • 良子と賢秀の説得不発、暢子は重子を再びフォンターナに招待/ちむどんどん10日あらすじ

    黒島結菜(25)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)。沖縄本土復帰50年の節目に、沖縄から東京へと料理人の夢を追う比嘉暢子と、その家族の絆を描きます。 第18週「しあわせのアンダンスー」 暢子(黒島結菜)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のおかげで、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行おうと決意する。しかし、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、妹の結婚のために動きだすことに。重子に直談判しに行くが…。 ◆第88回のあらすじ◆ 重子を訪ねた良子と賢秀(竜星涼)。暢子と和彦の結婚に賛成するように説得をするつもりが、思うように進まず終わってしまった。暢子は重子を再びフォンターナに招待する。暢子が重子に出したのは、房子のアドバイスのおかげで作れた、重子にとって懐かしいとある料理の数々だった。果たして重子は…。 連続テレビ小説「ちむどんどん」ロゴ
    See Details: 良子と賢秀の説得不発、暢子は重子を再びフォンターナに招待/ちむどんどん10日あらすじ
  • 大政絢、“美人×激辛ラーメン”撮影を忘れて完食に「もしお見かけしたら、美しさに見惚れて麺が伸びそうです」

    黒島結菜(25)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)。沖縄本土復帰50年の節目に、沖縄から東京へと料理人の夢を追う比嘉暢子と、その家族の絆を描きます。 第18週「しあわせのアンダンスー」 暢子(黒島結菜)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のおかげで、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行おうと決意する。しかし、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、妹の結婚のために動きだすことに。重子に直談判しに行くが…。 ◆第88回のあらすじ◆ 重子を訪ねた良子と賢秀(竜星涼)。暢子と和彦の結婚に賛成するように説得をするつもりが、思うように進まず終わってしまった。暢子は重子を再びフォンターナに招待する。暢子が重子に出したのは、房子のアドバイスのおかげで作れた、重子にとって懐かしいとある料理の数々だった。果たして重子は…。 連続テレビ小説「ちむどんどん」ロゴ
    See Details: 大政絢、“美人×激辛ラーメン”撮影を忘れて完食に「もしお見かけしたら、美しさに見惚れて麺が伸びそうです」
  • 「ちむどんどん」オルゴール破壊…ニーニー&良子、重子“土下座説得”も怒号兄妹ゲンカ!暢子結婚どうなる

    黒島結菜(25)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)。沖縄本土復帰50年の節目に、沖縄から東京へと料理人の夢を追う比嘉暢子と、その家族の絆を描きます。 第18週「しあわせのアンダンスー」 暢子(黒島結菜)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のおかげで、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行おうと決意する。しかし、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、妹の結婚のために動きだすことに。重子に直談判しに行くが…。 ◆第88回のあらすじ◆ 重子を訪ねた良子と賢秀(竜星涼)。暢子と和彦の結婚に賛成するように説得をするつもりが、思うように進まず終わってしまった。暢子は重子を再びフォンターナに招待する。暢子が重子に出したのは、房子のアドバイスのおかげで作れた、重子にとって懐かしいとある料理の数々だった。果たして重子は…。 連続テレビ小説「ちむどんどん」ロゴ
    See Details: 「ちむどんどん」オルゴール破壊…ニーニー&良子、重子“土下座説得”も怒号兄妹ゲンカ!暢子結婚どうなる
  • 職質受けマンションへ、1時間後に心肺停止で発見…死亡の男を覚醒剤使用容疑で書類送検

    黒島結菜(25)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)。沖縄本土復帰50年の節目に、沖縄から東京へと料理人の夢を追う比嘉暢子と、その家族の絆を描きます。 第18週「しあわせのアンダンスー」 暢子(黒島結菜)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のおかげで、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行おうと決意する。しかし、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、妹の結婚のために動きだすことに。重子に直談判しに行くが…。 ◆第88回のあらすじ◆ 重子を訪ねた良子と賢秀(竜星涼)。暢子と和彦の結婚に賛成するように説得をするつもりが、思うように進まず終わってしまった。暢子は重子を再びフォンターナに招待する。暢子が重子に出したのは、房子のアドバイスのおかげで作れた、重子にとって懐かしいとある料理の数々だった。果たして重子は…。 連続テレビ小説「ちむどんどん」ロゴ
    See Details: 職質受けマンションへ、1時間後に心肺停止で発見…死亡の男を覚醒剤使用容疑で書類送検
  • 米中緊張「恐るるに足らず」の楽観論が出る背景…軍事的緊張関係による冷戦構造が狙いの見方も(姫田小夏)

    黒島結菜(25)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)。沖縄本土復帰50年の節目に、沖縄から東京へと料理人の夢を追う比嘉暢子と、その家族の絆を描きます。 第18週「しあわせのアンダンスー」 暢子(黒島結菜)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のおかげで、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行おうと決意する。しかし、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、妹の結婚のために動きだすことに。重子に直談判しに行くが…。 ◆第88回のあらすじ◆ 重子を訪ねた良子と賢秀(竜星涼)。暢子と和彦の結婚に賛成するように説得をするつもりが、思うように進まず終わってしまった。暢子は重子を再びフォンターナに招待する。暢子が重子に出したのは、房子のアドバイスのおかげで作れた、重子にとって懐かしいとある料理の数々だった。果たして重子は…。 連続テレビ小説「ちむどんどん」ロゴ
    See Details: 米中緊張「恐るるに足らず」の楽観論が出る背景…軍事的緊張関係による冷戦構造が狙いの見方も(姫田小夏)
  • 米大統領、中国軍の圧力強化「懸念」 海軍艦艇が台湾海峡通過へ

    黒島結菜(25)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)。沖縄本土復帰50年の節目に、沖縄から東京へと料理人の夢を追う比嘉暢子と、その家族の絆を描きます。 第18週「しあわせのアンダンスー」 暢子(黒島結菜)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のおかげで、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行おうと決意する。しかし、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、妹の結婚のために動きだすことに。重子に直談判しに行くが…。 ◆第88回のあらすじ◆ 重子を訪ねた良子と賢秀(竜星涼)。暢子と和彦の結婚に賛成するように説得をするつもりが、思うように進まず終わってしまった。暢子は重子を再びフォンターナに招待する。暢子が重子に出したのは、房子のアドバイスのおかげで作れた、重子にとって懐かしいとある料理の数々だった。果たして重子は…。 連続テレビ小説「ちむどんどん」ロゴ
    See Details: 米大統領、中国軍の圧力強化「懸念」 海軍艦艇が台湾海峡通過へ
  • 「ヘイト犯罪」問われ白人親子終身刑 米南部の黒人射殺

    黒島結菜(25)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)。沖縄本土復帰50年の節目に、沖縄から東京へと料理人の夢を追う比嘉暢子と、その家族の絆を描きます。 第18週「しあわせのアンダンスー」 暢子(黒島結菜)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のおかげで、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行おうと決意する。しかし、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、妹の結婚のために動きだすことに。重子に直談判しに行くが…。 ◆第88回のあらすじ◆ 重子を訪ねた良子と賢秀(竜星涼)。暢子と和彦の結婚に賛成するように説得をするつもりが、思うように進まず終わってしまった。暢子は重子を再びフォンターナに招待する。暢子が重子に出したのは、房子のアドバイスのおかげで作れた、重子にとって懐かしいとある料理の数々だった。果たして重子は…。 連続テレビ小説「ちむどんどん」ロゴ
    See Details: 「ヘイト犯罪」問われ白人親子終身刑 米南部の黒人射殺

OTHER NEWS

11日にかけ大雨の恐れ 北日本や北陸、災害注意

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

中国、対台湾経済圧力を抑制=景気悪化考慮か

台湾北部の基隆港=2019年7月22日(EPA時事)  【北京時事】ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発し、台湾を包囲する形で軍事演習を実施した中国は、経済面でも台湾に圧力をかけた。ただ、半導体など基幹産業への直接的な「制裁」には踏み込んでおらず、対応は抑制気味だ。厳格な新型コロナウイルス対策の長期化で景気が悪化する中、国内経済への影響を考慮している可能性もある。  「あらゆる必要な措置を取り、断固として国家主権と領土的一体性を守り抜く」。中国外務省は2日深夜、ペロシ氏の台北到着を受けて声明を出し、こう警告した。中国は翌3日に台湾への天然砂輸出を停止。台湾産のかんきつ類や一部海産物の輸入禁止にも踏み切った。  もっとも、天然砂はフィリピンなどからも調達でき、台湾は輸入先の切り替えで対応が可能。かんきつ類などが台湾の輸出総額に占める割合も小さい。中国の世界シェアが高いレアアース(希土類)の対台湾輸出停止や、米国への経済面での具体的な対抗措置は公表されておらず、「あくまで象徴的な対応」(北京のエコノミスト)にとどまっている。  上海市のロックダウン(都市封鎖)などで中国経済は低迷しており、さらなる落ち込みを招く可能性がある対外関係の緊張を避けたいのが、中国当局の本音とされる。  日本総研の関辰一主任研究員は、対米感情の悪化で米国製品の不買運動が起きる可能性があると指摘。一方で、貿易や投資環境の悪化を招く対外制裁措置の導入に、当局は「慎重になっている」との見方を示した。  Read more »

日本テレビ・岩田絵里奈アナ、新型コロナ陽性…MC務める「スッキリ」で発表

日本テレビ・岩田絵里奈アナウンサー  日本テレビの岩田絵里奈アナウンサーが新型コロナウイルスに感染したことが9日、分かった。同日、MCを務める同局系「スッキリ」(月~金曜・午前8時)の番組内で、報告された。  番組冒頭で杉原凜アナウンサーが「岩田アナウンサーが新型コロナウイルスに感染のため、今日は私、杉原が担当いたします」と説明。MCの極楽とんぼ・加藤浩次は「のどが痛いと。発熱はしていないんだけど、PCR(検査)やったら新型コロナに感染していたということでお休みです」と続けて症状を説明し、自宅療養しているとした。  岩田アナは、8日に体調不良で番組を欠席していた。 Read more »

台湾海峡の現状変更に「口実」=米議長の訪問利用、弱腰見せられず―中国

中国の習近平国家主席=6月30日、香港(AFP時事)  【北京時事】ペロシ米下院議長の台湾訪問を阻止できず「メンツ」を失った中国の習近平政権は、これを逆に「口実」として利用し、台湾を取り巻く前代未聞の陣形で軍事演習に踏み切った。海上封鎖や有事を想起させる4~7日の演習は、「結託する米台を震え上がらせる」(中国国防省)のが狙い。台湾海峡の現状は変更され、軍事的威嚇行動の常態化が懸念されている。  習国家主席(共産党総書記)は台湾対岸の福建省勤務が長く、思い入れが強い台湾統一に向け武力行使も辞さない姿勢を取る。バイデン米大統領との7月28日の電話会談では、台湾問題で「火遊びをすれば必ず焼け死ぬ」と警告。ペロシ氏に訪台を断念させるため、説得するよう要求したとみられる。  だが、その直後にペロシ氏は訪台を決行。中国のインターネット交流サイト(SNS)には落胆の書き込みがあふれた。習氏の3期目入りが懸かる党大会を秋に控える「政治の季節」を迎え、習指導部は弱腰姿勢を見せられない。今回の演習は国内向けに軍事力をアピールし、国威発揚を図った面も否めない。  中国人民解放軍国防大学の孟祥青教授(少将)は国営中央テレビで、演習について「わが軍史上、空前の台湾島包囲」と誇示。中国軍機が台湾海峡で「『中間線』を徹底的に打破した」とも主張した。  ブリンケン米国務長官は5日、プノンペンでの記者会見で、中国の演習が「新たなレベルの危険行為」だと指摘。ペロシ氏訪台を「挑発行動の口実に利用してはならない」と中国を批判した。  これに対し、中国国防省は8日の報道官談話で「米側は危機をつくりながら、危機をコントロールする必要があると言う。誤った言動や挑発の口実を探している」と反論。ブリンケン氏の発言を逆手に取って非難した。  ただ、中国は米中両軍高官の対話中止などの対抗措置に出たものの、台湾への威嚇を強めたのと比べると、対米圧力は抑え気味だ。党大会を前に、国内外の「安定」を優先させたいという思惑も垣間見える。  中国は4日の演習初日、弾道ミサイルを発射。中国メディアによれば、使用したのは「東風15B」など短距離弾道ミサイルが中心だった。米軍艦を念頭に開発した「空母キラー」と呼ばれる対艦弾道ミサイル「東風21D」「東風26」を発射した形跡はない。  Read more »

米、対中批判を抑制=台湾海峡危機回避に躍起

カービー米戦略広報担当調整官=4日、ワシントン(AFP時事)  【ワシントン時事】ペロシ米下院議長の台湾訪問をきっかけに強まった中国の軍事的挑発に対し、米国の批判は控えめなものにとどまっている。軍事衝突のリスクを抑えるのが狙いだが、中国の軍事力増強を背景に、1995~96年の台湾海峡危機と比べても米軍の対応は抑制的だ。  「われわれは危機を望んでいない」「緊張を緩和したい」。米ホワイトハウスのカービー戦略広報担当調整官はペロシ氏の訪台以降、記者会見で何度も強調した。事態がエスカレートするのを避けるため、沈静化に躍起となっている。  米軍は実際、先週予定していた大陸間弾道ミサイルの定期的な発射実験を「誤解を招くリスクがある」として延期。これまで対中批判を繰り返してきたバイデン大統領も、台湾情勢への言及を避けている。台湾海峡周辺では、横須賀を母港とする米空母「ロナルド・レーガン」を中心とする打撃群を展開させるにとどめている。  台湾の李登輝総統(当時)の訪米をきっかけとした95~96年の台湾海峡危機で、米軍は空母2隻を派遣。このうち空母「ニミッツ」に台湾海峡を悠々と航行させ威圧した。当時のペリー国防長官は「西太平洋で最強の軍事力を持つのは米国だ。誰もがそれを知るべきだ」と、力の差を誇示し中国をけん制した。  しかし、状況はその後、大きく変化した。中国は90年代以降、質・量共に軍備を増強し、今年6月には3隻目の空母が進水。米国防総省は2021年11月に公表した中国の軍事動向に関する報告書で、中国海軍が約355隻の艦艇を保有し「世界最大」だと指摘している。  米シンクタンク「ハドソン研究所」のパトリック・クローニン・アジア太平洋安保部長は「今回はより大きく、攻撃的な中国が相手となるため、より対処しにくい危機になるかもしれない」と分析。米政府は、中国が今後も軍事的威嚇を継続するとの見方を示しているが、大規模な対抗措置を取る姿勢は見せていない。  Read more »

米、台湾周辺の演習非難=バイデン氏、中国の動きを「懸念」

8日、米東部デラウェア州ドーバーで、記者団の取材に応じるバイデン大統領(左)(AFP時事)  【ワシントン時事】バイデン米大統領は8日、記者団に対し、中国が台湾周辺で軍事演習を続けていることについて、「懸念している」と表明した。カール国防次官(政策担当)は記者会見で「中国は台湾支配を目指している」として、演習を非難。数週間以内に米艦艇を台湾海峡で航行させ、中国側の動きに対抗する構えを示した。  バイデン氏は、中国の軍事的圧力が強まる台湾に関しては「心配はしていない」と強調。「(中国軍が)さらに何かするとは思っていない」とも述べ、中国側が情勢を一層悪化させる行動には踏み込まないとの認識を示した。  Read more »

ロシア兵死傷者8万人か 米、ウクライナに1350億円追加支援

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

堂安律にフライブルク監督が辛口評価!2戦連発もピッチ外の問題点指摘

堂安律 写真:Getty Images SCフライブルク所属の日本代表MF堂安律(23)は、ブンデスリーガ開幕戦でゴールをあげるなど好スタートを切っている。そんな堂安律に対して、SCフライブルク率いるクリスティアン・シュトライヒ監督はさらなる改善を求めているようだ。8日、ドイツの公共放送局『南西ドイツ放送』が伝えている。 堂安律は先月5日、エールディビジ(オランダ1部)のPSVアイントホーフェンからSCフライブルクへ完全移籍。9日の練習試合・ザンクト・ガレン(スイス1部)戦でデビューすると、鮮やかなミドルシュートから移籍後初ゴールをマーク。プレシーズンから好調ぶりをアピールしていた。 そして先月31日のDFBポカール1回戦・FCカイザースラウテルン戦では、1-1で迎えた延長後半の111分にフリーキックから決勝ゴールをあげて勝利に貢献。今月6日のブンデスリーガ開幕節・アウクスブルク戦では3-0で迎えた78分に、ペナルティエリア手前から左足を振りぬき、鮮やかにゴールネットを揺らしている。 同選手は『南西ドイツ放送』のインタビューで、シュトライヒ監督について聞かれると「交渉の段階ですぐに好感触を得ましたよ。彼の情熱と姿勢が好きです。彼のために勝ちたいですね」とコメント。指揮官の考え方などがSCフライブルク加入決断を後押ししたと明かしている。 一方で指揮官は堂安律に対して「もう少しドイツ語を勉強してもらおうかな」と語学面の改善を要求。『南西ドイツ放送』は「謙虚さ、才能、そして闘争心。堂安律はSCフライブルクを構成するすべての要素を持っているが、シュトライヒ監督は辛口評価だ」と伝えている。 なおSCフライブルクのキャプテンであるDFクリスティアン・ギュンター(29)は堂安律について「このチームにとって絶対的な存在だよ。ハングリー精神に満ちあふた選手で、決して悪い選手ではない」と高く評価している。今季開幕から2試合つづけてゴールを挙げた堂安律は、早くもチームメイトから信頼を寄せられている。 Read more »

小川菜摘 夫・浜田雅功とスーパーで…親交ある俳優が目撃「ちっちゃなことでもめてんな、って」

小川菜摘  女優でタレントの小川菜摘(69)が8日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。夫の「ダウンタウン」浜田雅功(59)と繰り広げたスーパーでの夫婦ゲンカを明かした。  この日は、40年来の付き合いだという俳優の渡辺徹がVTRでコメント。渡辺は「近所のスーパーに妻の郁恵と買い物に行ってたんですけど、肉を買うのにもめてたんです。赤身の肉にするか、脂身の多い肉にするかって、“しょうがない。折れて赤身にするか”って収まりかけていたら、商品棚の反対側のほうから夫婦がもめている声がしたんです。ちょっと回ってみたら、浜ちゃんと菜摘ちゃん。“マンゴープリンを買う!”“やめとけ!”ってもめてたんです。ちっちゃなことでもめてんな、お互い!って感じで」と近所のスーパーで見かけた浜田夫妻のやりとりを暴露した。  スタジオでVTRを見ていた小川は大笑い。「マンゴープリンを買う」と言ったのは意外にも浜田だそうで「男の人ってスーパーに買い物にいくと、勝手にカゴ入れない?冷蔵庫の中にプリンとかゼリーとかあるのに、カゴに入れて“買わねーよ!”って棚に戻した」と斬り捨てた。  渡辺とはかつて「文学座の研究生だった時に同期だった」そうで、「今でも家が近い」こともあり、家族ぐるみの付き合いだという。 Read more »

NHK鈴木奈穂子アナ、浴衣姿を披露「久しぶりでテンションMAX」

鈴木奈穂子アナウンサー NHKの鈴木奈穂子アナウンサー(40)が8日、MCを務める情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)の公式インスタグラムで夏の楽しみを明かした。「先日仕事で浴衣を着ました。実に5,6年ぶり…ずいぶん久しぶりでテンションMAXに!このまま夏祭りに行きたかった…。大人可愛い浴衣を選んでいただきました」と笑顔。同インスタグラムは「ちなみに、鈴木アナは夏祭りでヨーヨー釣りをしたいそうです。『ヨーヨーをぽよんぽよんしながら歩くのが好き』だそう」と報告していた。 Read more »

米ボーイング787、数日中に納入再開 安全性基準満たす

米ボーイング787、数日中に納入再開 安全性基準満たす [ワシントン 8日 ロイター] – 米連邦航空局(FAA)は8日、米ボーイングの中型機「787ドリームライナー」の納入が数日以内に再開されるとの見通しを明らかにした。必要な検査・修正が行われ、安全性認証基準が満たされたため。 消息筋によると、再開後初めて787が納入されるのはアメリカン航空。FAAが8日遅くか9日に納入を承認し、早ければ10日に引き渡しが行われる。FAAの検査官が問題を見つければ、納入が遅れる可能性もある。 FAAは2020年9月、787の一部機体で製造上の欠陥を調査していると発表。またFAAが検査方法に懸念を示したため、ボーイングは21年5月に787の納入を停止した。 Read more »

NHK鈴木奈穂子アナ、私物のサングラスを公開「はぁ~暑いわ」

鈴木奈穂子アナウンサー NHKの鈴木奈穂子アナウンサー(40)が8日、MCを務める情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)公式インスタグラムのストーリーズで、私物のサングラスを公開した。「毎日、日差しが強いですね。皆さん、サングラスって使いますか?」と呼びかけると、実際にサングラスをかけ、「はぁ~暑いわ」と日差しを遮るポーズを決めていた。 Read more »

滝沢眞規子、鰻寿司弁当披露で「タキマキ弁当、食べたいです」「レシピ本出して下さい」の声

滝沢眞規子のインスタグラム(@makikotakizawa)より  モデルでタレントの滝沢眞規子が8日に自身のインスタグラムを更新し、手作り弁当を公開した。  この日「おはようございます 昨日は少々疲れ果て 買い物をサボったため冷凍してあった鰻に助けられました 撮影現場で暑くて 酢飯のご飯を頂くと あー美味しいなと思うので 今日も鰻寿司にしときました。ご飯には鰻と大葉 山椒の実 生姜と茗荷 胡麻が入ってます」とつづり、手作りの鰻寿司弁当を披露。ハッシュタグで「#タキマキ弁当 #お弁当」と続けた。  この投稿にフォロワーからは、「タキマキ弁当、食べたいです」「豪華だ」「レシピ本出して下さい」「今日も美味しそうです」などのコメントが寄せられている。 Read more »

上場企業より多い!6000以上ある投資信託からどう選ぶべきか、3つのポイントをFPが解説

上場企業より多い!6000以上ある投資信託からどう選ぶべきか、3つのポイントをFPが解説 投資信託は、失敗しない資産形成のための3原則「長期・積立・分散」投資を実現する最も有効な金融商品のひとつです。しかし、実際何を選んだら良いのか迷ってしまう人も少なくありません。 今回は、投資信託を選ぶ際の3つのアプローチをご紹介します。 金融機関の「お勧め」を買わない 投資信託協会によると、2021年12月末の公募投資信託の本数は5,923本だそうです。これは上場している日本の株式会社数3,832社(日本取引所グループ2022年8月更新)をはるかに上回る数です。これだけ数が多いと「どれを選んで良いのかわからない」となってしまうのも十分理解できます。 しかし、投資信託を購入する際は、金融機関の窓口で絶対に「お勧めはなんですか?」と聞いてはいけません。なぜかと言うと、投資信託は金融機関それぞれが「売りやすいものを仕入れ、儲けやすいものを売り」、その手数料を儲けとする仕組みなので、どうしても「金融機関にとってのお勧め」を紹介されがちになるのです。 これは上場している会社の株の取引と比較するともっとわかりやすいかもしれません。前述した上場株式3,832社は、どこの証券会社を通しても売買が可能です。従って、証券会社にしてみれば、どこの株を投資家が買っても儲けは同じになります。 しかし、投資信託約6,000本をすべて扱っている金融機関はありません。有名ネット証券であっても、2,800本程度が限界ですし、銀行等になると100本以下というところもあります。つまり口座を開いた金融機関によって選択肢が違うということを知った上で取引を行わないと、思った様な運用ができなくなります。金融機関の窓口で親切にアドバイスをしてくれることはとても心強いことではありますが、儲けのロジックを知った上でつきあいましょう。 投資信託は、運用を投資のプロに託す分、投資家は手数料を負担しなければなりません。投資信託には、買う時に販売手数料が、保有している間ずっと信託報酬が、売却時には信託財産留保額がかかります。なお、商品によって手数料がかからないものや、率も異なります。 例えば、同じ投資信託であっても、購入する金融機関によって販売手数料が異なることがあります。購入金額が一定以上であるために、販売手数料が下がるということであれば、それなりに納得感があるかもしれませんが、同じ購入額であっても手数料が違うということは、シンプルに投資家利益を損なうことになります。つまり投資信託選びは、金融機関選び、すなわち「誰から買うか」もポイントです。必要に応じて、金融商品を販売しないファイナンシャルプランナーなどのアドバイスも活用したいところです。 つみたてNISA基準で選ぶ 金融庁が長期運用に適した投資信託のみをセレクトしたつみたてNISA専用の投資信託は、徹底的にコストにこだわった商品と言えます。 例えば販売手数料はすべての商品がゼロ円です。これは通常3%以上に設定されることが多いアクティブファンドであっても例外を許さず、全商品ゼロ円です。前述した通り、販売手数料を積立の度に負担するということは、それだけで投資効率が下がりますから、投資家としてはコストはできるだけ排除したいものです。 また信託報酬も、国内資産を対象とするインデックスファンドであれば0.5%以下、海外資産を対象とするインデックスファンドであれば0.75%以下と決まっています。つまり、これが長期資産形成におけるスタンダードと心得、たとえ課税口座での購入であったとしてもこの信託報酬を基準に選ぶ目安とするべき、ということです。 一方で同じ指数をベンチマークとするインデックスファンドであっても、その信託報酬に結構差があることもあるので注意が必要です。それはつみたてNISAに設定されているものの中でもあります。 例えば、日本の株式市場に投資をする投資信託でベンチマークがTOPIXまたは日経225に連動するものであれば、最も信託報酬が安いもので0.14%、最も信託報酬が高いもので0.55%と0.41%も開きがあることがわかります。 MSCIコクサイに連動する外国株式インデックスファンドであっても、信託報酬が最も低いものが0.1%であるのに対し、最も高いものは0.66%です。長期視点で考えると、この0.56%や先ほどの0.41%という開きは、決して小さいとは言えないでしょう。 市場の動きに連動する運用を目指すインデックスファンドであれば、ファンドのパフォーマンスに差がつきにくく、結果、信託報酬が高ければその分投資家利益が少なくなることを意味します。特に設定から時間が経った投資信託の信託報酬は高い傾向があります。 最近は、指数に連動してわかりやすい、低コストで運用ができるとインデックスファンドが人気傾向にありますが、インデックスファンドだから低コストなのだと思い込むのは良くありません。 独立系資産運用会社の理念で選ぶ 金融庁が発表した「資産運用業高度化プログレスレポート2022」によると、アクティブファンドにおいては、大手資産運用会社よりも独立系の資産運用会社の方が、選択と集中が功を奏し、良好な運用成果を上げている傾向があると指摘されています。 独立系の資産運用会社の特徴として、投資先の公開や対話内容を投資家向けにわかりやすく開示したり、さらに理解を深めるためにコミュニケーションをとったりする活動があげられます。 筆者は、独立系の資産運用会社の勉強会で、長期運用を目的とすると、企業経営のサステナビリティの評価は非常に重要で、結果的にESG(環境・社会・ガバナンス)投資になるのだ、という話を伺い、なるほどと思った経験があります。大手資産運用会社はその性質上、短期での運用成績が重要視されていると言われていますから、長期の資産形成を目指す私たちにとっては自分の目的と運用会社の目的が同じかどうかを見定めるという視点も必要です。 ESG投資については、金融庁レポートでも、「アクティブ型で信託報酬が高く設定されているものが多く、また運用の評価も十分ではない」と指摘している点も考えると、資産運用会社の理念を知ることの方が、安易に「ESG」と冠を掲げた投資信託を選ぶより重要に思います。 投資とは、そもそも明日はもっと良くなると信じ、努力する姿に共感し応援するものです。具体的に新しいサービスや技術の提供となるかもしれませんが、根底は社会的な課題の解決で、そこに価値を見いだすからこそ、大切な資金を提供しその企業を応援している訳です。しっかり腰を据え企業を支えその成長の恩恵を受けることが長期の資産形成と考えると、その行為を代行している資産運用会社の理念は、むしろ投資家である私たちが最初に学ぶべきところとも言えるでしょう。 以上投資信託を選ぶ際の3つのアプローチをご紹介しました。投資信託を選ぶ際は、「どこに」「いつ」投資をするかばかりを気にする方も少なくありませんが、「誰から」「コストは」「目的は」も重要なポイントです。 Read more »

中国、謎の再使用型宇宙船を地球周回軌道に打ち上げか

中国が2年ぶり2度目となる再使用型の試験宇宙船を打ち上げ、地球周回軌道に乗せたことを、国営通信社の新華社が報じている。 新華社の報道によると、現地時間8月4日にゴビ砂漠にある酒泉衛星発射センターから試験宇宙船が「長征2F」ロケットで打ち上げられた。試験宇宙船は一定時間軌道を飛行し、技術試験が実施されたのち、地球へと帰還する。 新華社は多くの情報を提供していないが、長征2Fのペイロードを考えれば、これが米宇宙軍の再使用型宇宙船「X-37B」と同等のサイズであった可能性をSpaceNewsは報じている。X-37Bのサイズは全長8.8mで、そのミッションは公開されていないが、すでに800日以上もの飛行を達成している。 中国は2020年9月にも再使用可能な宇宙船を打ち上げている。同ミッションでは宇宙船は2日間飛行し、地上へと落下する前に軌道上で小さなペイロードを放出した。 酒泉衛星発射センターで打ち上げられた長征2F(出典:CCTV+) Read more »

米歳出歳入法案、インフレ抑制や財政赤字削減効果=格付け大手

米歳出歳入法案、インフレ抑制や財政赤字削減効果=格付け大手 [ワシントン 8日 ロイター] – 格付け機関のムーディーズ・インベスターズ・サービスとフィッチ・レーティングスは8日、米上院が7日に可決した歳出・歳入法案について、中期的にインフレ率を引き下げ、財政赤字を削減するとの見方を示した。 米上院は7日、4300億ドル規模の「インフレ抑制法案」を可決した。気候変動対策、薬価引き下げ、一部の法人税引き上げなどが盛り込まれており、民主党が今年の中間選挙で議会の多数維持を目指す中、バイデン大統領にとって大きな勝利となった。 ムーディーズの上級副社長マダビ・ボキル氏は法案について「今年や来年」にインフレを引き下げるものではないと指摘。法案により生産性の向上が見込めるが、2─3年先になるとの見方を示した。 フィッチのシニアディレクター、チャールズ・セビル氏は、インフレ抑制効果があると指摘した上で、「ただインフレへの影響は比較的小さく、中長期的には悪化し始める」と述べた。 ボキル氏は財政赤字への影響については、高齢者向け公的医療保険「メディケア」コストの削減と税制変更により、歳出削減になるとの見方を示した。 Read more »

自己評価は異常に高いが、支持率は「0%」…旧統一教会の名称変更当時の文科相・下村博文の“野心”とは

 この数年、私は下村博文先生を熱烈に推してきました。最近になって下村ウォッチの醍醐味が広がりつつあるようで嬉しい。  まず、政治家・下村博文の“魅力”をあげます。 〈「清和会(安倍派)の実行部隊のように見える」 「その割には発言がフラフラしてあまり自分の立場をわかってなさそう」 「しかし自己評価はとてつもなく高い」〉  いかがでしょうか、下村先生にちょっと興味がわいてきませんか? 「旧統一教会の名称変更当時の文科相」  最近の話題で言うなら下村氏が「旧統一教会の名称変更当時の文科相」だったことが注目されています。教団は1997年に名称変更を相談したが却下され、2015年になって申請したら認められた。  この点についての下村発言を追うとたまりません。7月21日に記者団の取材に「(自身は)まったく関わっていない」と強調。それでいて文化庁の担当者から「事前」も「事後」も報告があったと発言。8月4日には「今となれば責任を感じる」と語った一方で「当時は名称変更もほとんど報道されなかった」と開き直る。ああ、期待を裏切らない博文先生。  ちなみに名称変更当時に文科審議官だった前川喜平氏は「何らかの政治的な力が働いたとしか考えられない」と野党ヒアリングで証言(8月5日)。  同じ日に末松信介文科相は「要件を満たした申請書が提出されたため、受理し、認証の決定をした」と説明。つまり正しく揃った申請書を拒めば訴訟リスクがあったことを受理の理由に挙げた。これに対し前川氏は「リスクがあったとしても、この名称変更はすべきではないというのがあるべき政策決定だった。その決定をどう法的に正当化するか考えるべきだったのでは」と反論(8月5日毎日新聞)。 安倍派の集票力は「文教&宗教」  私は以前に自民党の集票力について詳しい記者に聞いたことがある。昭和の時代からだいたい「宏池会(岸田派)は大企業、竹下派(現・茂木派)は業界団体、清和会(安倍派)は文教&宗教」だと言っていた。今まさに注目されているのが安倍派の「文教&宗教」なのである。  だから、安倍派の醜聞が出てくる度に文科省の「中の人」だった前川氏が発言する流れにここ数年なっている。なるほど安倍派にとっては厄介な人物なのです。  文化庁の宗務課担当者は、2015年になって旧統一教会から名称変更の申請があった理由は「教団側のタイミングだ」と述べている。このタイミングは下村大臣だったからというより第二次安倍政権だから満を持して申請したのではないか? そう考えると下村氏個人が今もフワフワした言動なのは理解できる。 「新国立競技場問題」でも注目が…  さて、2015年には別の大問題もありました。「新国立競技場の建設費問題」である。ここでも下村博文先生が注目を浴びていたのを思い出してほしい。  膨れあがった建設費用に批判が強くなり、下村文科相は舛添要一東京都知事との会談で500億円の負担を求めたが反発された。そのあと下村氏は「一貫して明確な責任者がどこなのか、よくわからないまま来てしまった」と言い放った。すごすぎる博文節。とにかく明るい安村ならぬ、とにかくずさんな下村。  しかしこれも「下村博文よりエライ人」の動きをみると興味深いのだ。当時の毎日新聞の社説は、事業主体である日本スポーツ振興センター(JSC)の河野一郎理事長、監督する立場にある下村博文文科相の責任は問われなければならないと書きつつ、 《その背景には関係者が「重鎮」に配慮し、河野氏の諮問機関に過ぎない有識者会議が重要事項を決定する機関となっていた実態がある。》(社説『新国立検証報告 無責任ぶり確認された』2015年9月25日)  と指摘している。  有識者会議は2012年3月にスタート。メンバーは日本ラグビー協会の要職にある森喜朗氏をはじめ、超党派のスポーツ議員連盟に所属する政治家、日本オリンピック委員会や日本体育協会、サッカーなど競技団体の幹部や著名作曲家ら「各界の重鎮」が並び、 《会議は利益代表者による陳情の場と化していた。》(同前)のである。  開閉式の屋根を備えた8万人収容のスタジアムという基本構想は有識者会議から生まれ、総工費は膨れあがった。言うまでもなく森喜朗は清和会と文教族のドンであり、有識者会議スタートの2年後には東京五輪組織委員会の会長に就任している。  こんな時期に下村博文は文科相だったのである。清和会の実行部隊として使い勝手が良かったのだろうが、2015年に勃発した建設費問題では右往左往し、森氏や安倍首相が慌てて動いてザハ案は白紙撤回となった。この年はいろんなことがあった。今話題になっている旧統一教会の名称変更問題と併せて「2015年の下村博文」がどこを向いていたか、あらためて検証するべきなのです。 自己評価が異常に高い  そんなガキの使い感がすごい下村先生ですが、自己評価は異常に高いのも魅力。こんな記事があった。 『安倍派継承 息巻く下村氏』(信濃毎日新聞7月24日)  安倍氏亡きあと下村氏は派閥のトップの座に意欲を示しているというが、その性急な動きが反発を招いているという。下村氏は安倍氏の通夜直後から岸田首相に「清和会をないがしろにするな」とテレビ番組で発言。これに対し、 ... Read more »

米新興メディアが身売り アクシオス、老舗に

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

オリガルヒの航空機に押収令状 120億円相当、米当局

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

タコテンヤ楽し 三重・迫間浦出船

釣り上げたタコを手に上野さん  今やタコ釣りの主流はタコエギだが、7月22日は三重県南伊勢町迫間浦出船の仕立船で釣友2人とタコテンヤの手釣りに挑戦してきた。初挑戦の釣友もタコをゲットしてニコニコだった。  午前6時、上野隆二さん(79)と合栄の桟橋に到着。長松院忠さん(64)は既に来ていた。すぐに出船。上野さんはタコテンヤに初挑戦だ。右舷に上野さん、左舷に私と長松院さん。私はミヨシ側後ろ向きに座った。  船頭からタコテンヤとアジの一夜干しが配られた。そのアジを結束バンドで取り付ける。私と上野さんはテンヤの上30センチに赤銀のスズメ脅しを数本縛って集寄とした。数メートル先へ投げ、誘いながら引っ張ってくる。水深6メートルで海底は岩場。タコはなかなか乗らない。  30分後、上野さんがテンヤを手繰っている。船上にタコを一気に抜き上げた。前アタリのような感触の後、重くなったという。何と2杯目も上野さん。10分後、今度はタコを2連発だ。タコテンヤ初挑戦の人は大抵タコと目が合った瞬間にバラすものだが見事だ。  重みを感じたので合わせたが上がってこない。根掛かりだ。思い切り道糸を引っ張って外そうとしたがダメ。船頭が船を旋回する反対方向へ移動した時に外れた。長松院さんもタコを乗せ、私だけ取り残された。ここで奥の手を出す。豚バラ肉のトッピングだ。上野さんも付けた。  私はヒイカも持参していたが、過去に豚バラ肉で実績があったのだ。すると、トッピングなしの長松院さんにタコが顔見せ。皮肉なものだ。それでも諦めずに投げていると何か重たい。一応合わせると、タコが乗っていた。ボウズは免れた。  やがて長松院さんが3杯目。操船の合間に船頭が大型タコを上げているのが見えたが、3回ほど失敗したのも見た。船頭でも最後の取り込みに失敗する釣りなのだ。11時に納竿。船頭がカンコから11杯のタコを出して締め、分配した。重量は0・2〜1・7キロだった。仕立料金3人2万5000円。(問)合栄=(電)0599(64)3153  (中日釣ペン・小池辰雄) Read more »

ベトナム省庁幹部に贈賄容疑=富山の会社代表ら書類送検―兵庫県警など

 ベトナムの省庁幹部らに罰金や追徴課税の減免などの見返りに賄賂を渡したとして、兵庫、宮崎、富山各県警は8日までに、不正競争防止法違反(外国公務員贈賄)容疑で、富山県南砺市の化学工業会社代表の男(75)=同市=と同社ベトナム現地法人の社長だった男(71)=兵庫県西宮市=ら3人を書類送検した。いずれも容疑を認め、「相手側に持ち掛けられた」などと話している。  送検容疑は2017年8月末ごろ、ベトナムの文化・スポーツ・観光省の幹部に、罰金減免の見返りに40万円相当の現金を現地通貨で提供。20年3月下旬ごろには、追徴課税を減免するなどしてもらった対価として、同国財務省幹部に350万円相当の現地通貨を渡した疑い。  兵庫県警によると、ベトナム側の監査で、同社が不正にコピーしたソフトウエアを使用していたことが発覚。その際、同観光省の幹部から「行政違反に対する罰金を減額する」などと言われ、賄賂を要求されたという。  Read more »

小林清志さん死去=「ルパン三世」次元役の声優、89歳

小林清志さん(俳協提供)  アニメ「ルパン三世」の次元大介役などで知られる声優の小林清志(こばやし・きよし)さんが7月30日午前7時6分、肺炎のため東京都内の自宅で死去した。89歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻芳枝(よしえ)さん。後日、お別れの会を開く予定。  劇団泉座などを経て声優に。ルパン三世シリーズではルパンの仲間、次元の声を1971年の放送開始から昨年10月まで半世紀にわたって担当。他に「妖怪人間ベム」の主人公ベムなど多数の役を演じた。  外国映画やドラマの吹き替え、ニュースやバラエティー番組のナレーションでも活躍。映画「大脱走」「荒野の七人」のジェームズ・コバーン、「逃亡者」のトミー・リー・ジョーンズらの吹き替えなどで親しまれた。  Read more »

最盛期タチウオ 静岡・吉田沖

1メートルのタチウオを手に笑顔の増子さん  今季はGW明けから釣れだした本場・駿河湾のタチウオが夏本番とともに最盛期に入っている。7月24日、静岡・吉田沖に乗合船で出船。速い潮のため難敵に苦労しつつも絶妙かつ風情あふれる釣趣を味わってきた。食味も絶品の同湾のタチウオはこれから、メーター級も多く交じって楽しめるだろう。 (中日釣ペン・向井直)  午前2時すぎ、静岡県焼津市の大井川港から海政丸に7人が乗り込んで出た。20分ほどで吉田沖に到着すると、なぎの海上に多くの船のいさり火が見えた。早速、流し釣りの開始となり、図の仕掛けにサンマの切り身の餌を付けて左舷胴の間から下ろした。指示棚30〜10メートルを電動スロー巻き上げで誘った。  3時までは竿先を眺めるばかりだったが、指示棚が40〜20メートルのポイントに移り、右隣・左舷ミヨシの静岡市の増子昇さん(58)がライトタックル=図=で85センチ級タチウオを連続して上げた。当たり棚は40メートルと教えてもらった。潮が速いので巻き上げ速度をそれまでより遅いS社電動リール「2」で誘うと40メートルでアタリが出て35メートルで食い込んだ。大きく合わせてからハイスピードで巻いた。竿を大きくしならせてタチウオが水面で輝いた。90センチだった。掛かるまでの駆け引きと強い突っ込みが魅力だ。  右舷で操舵(そうだ)室の横から竿を出していた船長がメーター超のタチウオが上がったとアナウンス。増子さんはほぼ入れ掛かりで、私も辺りが薄明るくなった4時半ごろまで12打数10ヒットで80〜95センチを上げた。  周囲には多くの船、雲の上には富士山もぼんやりと見えてきた。指示棚60〜40メートルのポイントに移動。増子さんが次々とタチウオをヒットさせ、1メートルも上げたが、私はトモ側の人とのオマツリで道糸が切れ、仕掛け一式と時間をロス。  予備の竿、リールを使ったが、指示棚80メートル前後のポイントでまたオマツリ。7時を回ると、増子さんと同様の仕掛けで90センチ級タチウオを2匹追加して8時に沖上がり。竿頭は増子さんで80センチ〜1メートルを31匹。私は80〜95センチ12匹で3番目。少ない人で同型6匹。タチウオはすべて抱卵し、脂がビッシリだった。  乗合料金1万1000円、餌1パック、氷付き。バッテリー、ロッドホルダー持参。(問)海政丸=(電)090(8337)6701  【仕掛け考】近年、関東のタチウオ釣りはライトタックルが流行。竿頭の増子さんは東京湾にも遠征していたという。細身の竿、細い道糸でタチウオの微妙なアタリを取りやすいアドバンテージがあり、特にこの日のような潮況では威力を発揮する。軽量なので体力的にも楽で、私のような高年層向きでもある。仕掛けのタコベイトなしは近年、関東では標準仕掛けで、増子さんは水中ライトも付けない。餌はサンマの切り身は皮が軟らかくて取られやすいので、コノシロ、サバがお勧めとのことだ。参考にしたい。 Read more »

ホステスプロ安田祐香は体調整えて優勝を目指す! 小祝さくらは連覇を狙うが、今季も悪天候の予報…?

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇9日◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6679ヤード・パー72> 国内女子ツアー今季第23戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」は、長野県の軽井沢72ゴルフ北コース(6679ヤード・パー72)で8月12日から3日間の日程で開催される。昨年大会は悪天候のため2日目は中止、最終日は9ホールのみとなり、27ホールの短縮プレーで行われた。 「AIG女子オープン」最終日を終えた直後の渋野日向子のインタビューが届きました!【動画】 そんな短期決戦を果たしたのは小祝さくら。「64」のロケットスタートで初日首位に立つと、最終日の9ホールはフェアウェイキープ0回のなか、ボギーなしの2バーディ「34」と忍耐強いプレーを発揮。トータル10アンダーで、ツアー通算5勝目を勝ち取った。今季1勝を挙げている小祝は、連覇に挑む。 今大会の主催であるNECグループの所属プロとして、原江里菜と安田祐香がホステス優勝を目指して参戦する。安田は2週間前の「楽天スーパーレディース」で優勝争いに名乗りをあげていたが、第3ラウンド開始前に熱中症の症状が治まらずに棄権。前週の「北海道meijiカップ」も体調不良により欠場と体調が心配されるが、期待せずにはいられない。アマチュアとして安田の姉・美祐(みゆう)も出場予定。 前週にルーキー勢として盛り上げ、2位タイで終えた櫻井心那(ここな)、トップ10に入った岩井明愛(あきえ)、千怜(ちさと)姉妹らの、昨年プロテスト合格組にも注目。そして今季最後の海外メジャー「AIG女子オープン」(全英)を終え、全英組も国内復帰を果たし、フィールドがより厚くなりそうだ。15位タイでフィニッシュした堀琴音、惜しくも予選落ちを喫した勝みなみ、高橋彩華、藤田さいきがエントリーしている。 今年の予報は現時点で雨、曇りの予報。短縮となる天候にならないことを祈るばかりだが…。 ホステスプロの安田祐香と左に今回アマチュアとして出場する安田の姉・美祐(みゆう)(撮影:佐々木啓) Read more »

ロシア大統領、制裁下の銀行に為替業務の一部停止認める

ロシア大統領、制裁下の銀行に為替業務の一部停止認める [モスクワ 8日 ロイター] – ロシアのプーチン大統領は8日、西側諸国の制裁により外貨資金を凍結されたロシアの銀行に対し、当該通貨に関する法人顧客向け業務の停止を認める大統領令に署名した。 ロシア当局は、ウクライナ侵攻を理由に対ロ制裁を科した「非友好国」通貨の使用を減らす取り組みを強化してきた。 大統領令によると、今回の措置は外貨取引を損なう制裁が解除されるまで維持される可能性がある。 西側の制裁でロシアの多くの銀行は国際送金・決済システムのSWIFT(国際銀行間通信協会)から排除されたほか、米アップルと米グーグルはロシアでデジタル決済サービスの利用を制限し、ロシア人は海外でマスターカードとビザのクレジットカードを使えなくなっている。 銀行は現金で保有する外貨がすでに少なく、国内の資本規制や海外で資金が凍結されるリスクから外貨を運用する選択肢もほぼない状態。このため、手数料を導入する銀行も出ていた。 Read more »

運搬や配膳、ロボットにまかせて 川重、国内初の実証試験を公開 23年度から販売へ

自らドアを開けて会議室に入ってくる「ニョッキー」=明石市川崎町  川崎重工業(神戸市中央区)は8日、ロボットがオフィスのドアを開け、飲み物を配膳する国内初の実証試験を公開した。実証は自社開発の双腕型自走式ロボット「ニョッキー」を使い、開発拠点の明石工場(明石市)で実施。2023年度からパートナー企業に販売し、飲食店や屋内配送、警備・案内などサービス分野への導入を目指す。人口減少が進む国内の労働力不足に対応したい考えだ。  ニョッキーは身長1・5メートル、体重75キロ。最大重量6キロを持ち運べ、最高時速6キロで走る。顔の位置にある画面には表情を映し出す。21年春に開発され、社外でエレベーターの乗降や荷物の運搬、配膳の実証試験に取り組んできた。  今回の実証では、飲み物とトレーを載せたニョッキーが記憶した地図を頼りに、指定された会議室の前まで移動。頭部のカメラでドアを示す目印を読み取り、両腕と台車を駆使してドアを開けて入室した。  実証は7月25日~8月12日に実施。特にドアは一つ一つ重さや形状などが異なるため、ロボットが開けるのは非常に難しいという。  実証を公開後、ロボットディビジョン先進技術部の掃部雅幸部長は「大きな一歩を踏み出せた」と手応えを強調。日本でロボットを導入している産業は国内総生産(GDP)に占める割合が3割にとどまるといい、「普及していないあらゆる業種に市場参入する」と意気込む。同社は25年までに屋内、30年までに屋外で活躍するロボットを投入する計画だ。(大島光貴) Read more »

宮崎宣子 10歳年下パイロットの夫「昇格後初フライト」に搭乗 「もう少し優しくしてあげようと…」

宮崎宣子公式インスタグラム(@miyazaki_nobuko)から  元日本テレビアナウンサーでフリーの宮崎宣子(42)が9日までに自身のインスタグラムを更新。パイロットである夫が操縦するフライトに搭乗したことを明かした。  宮崎は昨年12月に10歳年下の夫とに再婚を発表。今月には都内ホテルで披露宴を行ったことも報告していた。この日のインスタでは「先日、長崎へ行ってきました。旦那さんの昇格後初フライトということで、弾丸で行くことに」と書き出した。  JALの長崎行に搭乗する様子や、タラップ越しに見えたコックピット内の夫の画像を公開。「朝7時30分発が、雷がひどく、貨物の搬入がストップし、出発が遅れどうなることかと思いましたが、何とか飛んでくれました 激疲れて機内ではほぼ爆睡でしたが、初フライトということで、機長が、旦那さんに機内アナウンスを変わってくれたそうで、機内で話すのを初めて聞きました 左手に大阪湾が見えますと言われたけども、どれが大阪湾が分からず」と苦笑。さらに「長崎到着後、旦那さんは45分後にまた羽田へ戻るのですが、せっかく晴れの長崎だし、来たばかりだし、次の便で帰ろうと思っていたら、2時間後の飛行機が来ず、4時間長崎空港で過ごすことに…五島うどん食べて、カステラ食べて、お土産買っても、まだ時間があり、マッサージ室で、マッサージ受けながら爆睡 長崎空港を隅から隅まで制覇し、東京戻れたのは夕方でした…とにかく初フライト お疲れ様でした」と夫をねぎらった。「飛行機って片道乗るだけで気圧で何か身体が疲れるのに、それを1日で3便も乗って帰ってきていることを考えたらもう少し優しくしてあげようと思いました」とつづった。  フォロワーからは「もう少し優しくしてあげようって笑いました」「お祝いに一緒に搭乗する宣子ちゃんは優しい奥様」などとコメントが寄せられた。 Read more »

知花くらら、11歳当時の“競泳水着”ショットに反響「スタイル抜群!」「すでに美しさの片鱗が」

知花くらら  モデル・タレントの知花くららが7日、自身のインスタグラムを更新。11歳の頃に、競泳水着姿をしている自身の写真を公開した。  知花は、満面の笑みで写った当時の写真とともに「11歳頃の私。競泳水着しか着たことなかった水泳大好きな女子でした」と紹介。  この投稿に、ファンからは「健康的な美しさですね!」「この頃から脚が長いですね」「スタイル抜群でかわいい」「すでに美しさの片鱗が!」「存在感ありますね!」などといった感想が相次いで寄せられている。  知花は2006年にミス・ユニバース日本代表に選ばれ、世界2位を獲得。その後は、モデル、女優、キャスターと幅広く活躍する一方、グローバルな社会活動にも熱心に取り組んでいる。 Read more »

米ノババックス、通年見通し大幅下方修正 コロナワクチン需要低迷

米ノババックス、通年見通し大幅下方修正 コロナワクチン需要低迷 [8日 ロイター] – 米バイオ医薬品会社ノババックスは8日、自社で開発した新型コロナウイルスワクチンの需要低迷を受け、通年の売上高見通しを大幅に下方修正した。世界的にワクチンの供給過剰感が強まる中、米国では年内に新規売り上げは見込めないとした。 2022年の売上高は20億─23億ドルになると予想。従来の40億─50億ドルから下方修正した。 これを受け、取引終了後の時間外取引で株価は32%下落している。 米疾病対策センター(CDC)は7月、ノババックス製ワクチンの18歳以上への使用の推奨すると発表。ノババックスのワクチンは従来型の「組み換えタンパク」型ワクチンで、「メッセンジャーRNA(mRNA)」のような新技術を利用するワクチンに懐疑的な人たちの間で接種が進む可能性があると当局は期待していた。 ただ米政府のデータによると、米国でのノババックス製ワクチンの接種回数は7381回にとどまっている。 同社の発表によると、第2・四半期(6月30日まで)は300万回分のワクチンを販売し、売上高は5500万ドルとなった。第1・四半期の5億8600万ドルから急減した。 幹部らは電話会見で米国への参入が遅かったと認めた。 同社はまた、年内にワクチン共有の国際的枠組み「COVAX(コバックス)」からの受注は見込んでいないとした。 Read more »

77年目の「長崎の鐘」 色あせない永井隆博士のメッセージ

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

ボーイング787納入再開 数日以内、安全基準満たす

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

いま求められる英国の指導者像 日本大学教授・松本佐保

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

水素内燃エンジンがディーゼル並みの出力…2026年度にトラック市販めざす

東京都市大学は8月8日、水素内燃エンジンがディーゼルエンジン並みの出力を達成した、と明らかにした。環境省の2021年度「水素内燃機関活用による重量車等脱炭素化実証事業」に採択された、「既販中型重量車の水素エンジン化事業性検証プロジェクト」によるもの。 プロジェクトは、「走行距離が長く、需要量も大きい重量車(トラックなど)」の脱炭素化に向けた取り組みだ。既存の車両を水素内燃エンジン車に改造し、その実用性の確保と環境性・経済性を評価する。プロジェクトは東京都市大学とフラットフィールド、トナミ運輸、北酸、早稲田大学アカデミックソリューションが共同で提案し、環境省の事業に採択され、2021年8月20日に始動した。 水素内燃エンジンはディーゼルエンジンと比較して出力不足が弱点となる。このプロジェクトの成果により、2022年6月15日時点で排気量当たりの出力は、既存のディーゼルエンジン並みの出力まで到達した。今年度後半には実用化に向けて耐久試験を実施する予定だ。 車両については、水素タンクを装備することから積載量の確保も課題だ。プロジェクトではベース車両の70%以上の積載量をめざす。事業化に向けては、経済性を重視する観点から、水素化部品のキット化を含めたコスト削減策を検討する。車両は今後、富山県において環境性・経済性を確認する実証試験を行ない、貨物事業における実用性や耐久性も評価した上で、2026年度の社会実装(販売開始)を意図している。 Read more »

硫黄島近くで噴火活動あいつぐ “瞬間”写真入手

 太平洋戦争の激戦地として知られる硫黄島の近くの海で去年から続く噴火の様子が分かってきました。  先月31日午後2時半ごろ、硫黄島南部の海岸で撮影された海の様子。波は少し高いですが、この2秒後、海面にとつじょ黒い水柱が立ちました。  さらに、4秒後には2倍ほどの高さまで達しました。  気象庁によりますと、去年8月以降に南部の翁浜の沖合で相次ぐ小規模な噴火によるもので、この時の水柱は20から30メートルほどの高さまで吹き上がったということです。  また、地殻変動も続いていて、先月は5センチ以上の隆起も確認されています。  硫黄島には一般人は住んでいませんが、気象庁は「噴火警報も出ているので、噴火しやすいところには近付かないで」と話しています。 Read more »

【鳥谷敬VS児玉芽生】「行き詰まった時は感情を文章に」陸上女子短距離エースの苦悩に鉄人は…

<鳥谷敬×パリ五輪の星:後編> 阪神、ロッテで活躍した鳥谷敬氏(41=日刊スポーツ評論家)がアスリートに迫る「鳥谷敬VSパリ五輪の星」。第4回は陸上女子短距離界のエース格、児玉芽生(23=ミズノ)との白熱マインド対談だ。7月のオレゴン陸上世界選手権では、400メートルリレーで11年ぶりの日本記録を更新しながら予選敗退。「世界との差」を埋めるため、心身両面で必要なピースとは-。【取材・構成=佐井陽介】     ◇    ◇    ◇ (前編から続く) 鳥谷 以前、ハンマー投げの室伏広治さんと一緒に練習させてもらったことがあります。「五輪は4年に1回しかなくて、その瞬間しか輝ける時がない。気持ちの持っていき方が難しい」と言っていました。 児玉 はい。どんなにアップで調子が良くてスタートラインで自信があっても、11秒のレースで力を発揮するには精神状態も影響してくる。苦しいこともたくさんある4年間を一瞬に懸けるのは難しいです。スタートが決まる、決まらないでも精神状態が全然違う。突然横の選手に前に出られて頭が真っ白になることもあります。私は今年スタートで乱れるレースが多い。同じ歩数でもその日の状態で気持ち悪かったりもあるので、感覚を忘れないように練習を続けています。 鳥谷 メンタルの比重もだいぶ大きいのですね。 児玉 私は精神面に左右されがちで(苦笑い)。 鳥谷 心を整える方法は持っていますか? 読書が好きだと聞きましたが。 児玉 本屋が好きで。小説もアスリートの方が書かれた本も読みますね。 鳥谷 じゃあ休日はカフェで本を読んだりとか? 児玉 はい。行き詰まった時とかは(照れ笑い)。試合前とか結果が悪い時は、頭の中で整理がつかなくなったりする。ゆっくりできる場所で自分の感情を言葉にして文章を書いて、いろいろ整理したりします。 鳥谷 後で読み返したりもするんですか? 児玉 はい。日本選手権の前にどうしても冷静になれない時だったら、前年の日本選手権の時の言葉を読み返して、気持ちの乱れ方や落ち着かせ方を見返したりしています。野球選手もメンタルコントロールは重要ですよね? 鳥谷 野球の場合、超一流でも打てる確率が3割で7割は失敗。失敗をどう受け入れられるか、生かすかを考えられる人が長くプレーできていますね。もちろん、ズバ抜けた身体能力で勝負する選手も中にはいますが。あとは…心配性の方が長くやれている印象があります。「オレは大丈夫」と自信満々な人はダメになった時にもろいんです。 児玉 面白いですね。 鳥谷 だから不安になって悩んだり自分を見つめ直すのは、すごく大事なことだと思います。不安はしっかり準備できている証しですから。きっと今のままで素晴らしい未来が待っているはず。これからも活躍を楽しみにしています! 児玉 ありがとうございます! 頑張ります!  (この項、終わり) ◆陸上女子400メートルリレー 日本は7月の陸上世界選手権に5大会ぶり出場。児玉は3走を任され43秒39の日本新記録も、1組7着に予選敗退した。2大会ぶり出場となった昨夏の東京五輪は43秒44で1組7着の予選敗退。児玉は2走を務めた。 ◆児玉芽生(こだま・めい)1999年(平11)6月8日、大分県臼杵市生まれ。姉の影響で小学1年から陸上クラブへ。大分雄城台高校3年でインターハイ、国体で100メートル優勝。福岡大3年時の日本インカレ100メートルで日本歴代3位(現役1位)の11秒35を記録した。21年は日本選手権100メートル、200メートルで2冠。22年は日本選手権200メートルで優勝。21年東京五輪、22年陸上世界選手権で女子400メートルリレー日本代表。今春ミズノ入社。160センチ。 鳥谷氏(左)と対談する児玉(撮影・岩下翔太) Read more »

とにかく音質&バッテリーっ。ゼンハイザーが最新フラッグシップ「MOMENTUM 4 Wireless」発表

Image: Sennheiser ついに来た。 「本当に無線なの?」と疑われるほどの高音質が高い評価を得る、ゼンハイザーの「MOMENTUM(モメンタム)」シリーズ。 4月に発表されたイヤホン型の「MOMENTUM True Wireless 3」に続き、ヘッドホン型の「MOMENTUM 4 Wireless」が発表されました。 ゼンハイザーが誇るフラッグシップ機だけあって、スペックも全方位型でかなりの仕上がりとなっていますが、その中からとくに気になったポイントをいくつかピックアップしてみました。 やはりゼンハイザー。「何より音質。とにかく音質」なこだわり 現時点では実物に触れているわけではないので、ゼンハイザー担当者の声や配布資料から仕上がりを推察することしかできないのですが、すさまじい熱量を感じることができました。 今回の進化ポイントは、まず「ゼンハイザーの類まれなるオーディオ技術で開発した42mmトランスデューサー」。振動板に新素材を用いることで、耐久性を強化しているとのこと。 さらに「アングルバッフル技術」。バッフルの角度を調整した新デザインによって、よりダイレクトにサウンドが耳に届くようになり、スピーカーで聴いている感覚に近くなっているそうです。 そして、アップデートした「Bluetooth用のクアルコムのチップ」と、「DACとANCの役割を担うチップ」の2つのチップを搭載することで、音質が大幅に向上。コーデックも最新の高品位「aptX Adaptive」に対応。ハイレゾ音質での再生ができるようになりました。 何より音質に定評あるゼンハイザー、そして「MOMENTUM」シリーズですから、この辺は期待が高まるばかりです。 マジで?「ノイキャンONで、最大60時間再生」のバッテリーライフ 今回の発表で一番驚かされたのが、バッテリー性能。 「最大60時間再生」という事前情報からバッテリーライフには期待していましたが、なんとこれ、アクティブノイズキャンセリングをオンにした状態での話だったんです。 5分の充電で最大4時間再生できる充電の速さも考慮すれば、気分的には「無限に動作させ続けられるのでは?」ってくらいの勢いですよ。 そしてノイズキャンセリング自体の性能も、8つのマイクを搭載したことで前モデルよりも強化されているとのこと。これは実機を使うのが楽しみです。 よりクラシックでシンプルな新デザイン そして最後はデザインです。 「MOMENTUM 4 Wireless」は、歴代モデルで受け継がれてきた”レコーディングスタジオ機器”あるいは”放送局”っぽいデザイン(個人の主観です)を刷新し、ヘッドバンドにファブリック地を採用したことで、まるでモダニズム家具のようなクラシックかつシンプルな仕上がり(やはり個人の主観です)に。 カラバリもホワイトとブラックの2色展開で、両者ともヘッドバンドの素材感を活かした色がアクセントになっています。お好みのファッションと合わせて選ぶことができるのは嬉しいところであり、大きな迷いどころになりそうですね。 そして、イヤーパッドのフィット感も向上。装着時にヘッドホン本体と頭の設置面を増やすことで、頭全体にかかる圧力を軽減できるように設計しているそう。 ... Read more »

ゼンハイザーのワイヤレスヘッドホン最上位「MOMENTUM 4 Wireless」発表

 Sonova Consumer Hearing Japanは8月9日、ゼンハイザーブランドのヘッドホン「MOMENTUM 4 Wireless」を発表した。6月に発売を告知していた製品。価格はオープンプライスで、店頭での販売価格は5万5000円前後になる見込み。 MOMENTUM 4 Wirelessのホワイトモデル MOMENTUM 4 Wirelessのブラックモデル  ワイヤレスヘッドホンの最上位機種。定評ある音質の良さに加え、アダプティブノイズキャンセリング機能の搭載、快適な装着感が得られる新デザイン、最長60時間と長い連続再生時間などをアピールしている。 イヤーカップは水平に稼働し、フラットにできる  直径42mmのドライバーは真横ではなく角度を付けて取り付け、自然な音場再現ができるようにしている。レザーライクなイヤーパッドは装着しやすさに配慮。密閉性を高めることでノイズキャンセル性能の向上に貢献するという。本体も軽量化。ボイスピックアップマイクの性能が向上し通話やボイスアシスタント機能が利用しやすくなったとする。 全てを、再構築  従来機種「MOMENTUM Wireless 3」の発売からほぼ3年が経過。「一度聴いたら、もう戻れない」をキャッチフレーズに、あらゆる部分で進化したという。  42mmドライバーはアイルランドの自社工場で製造。振動板は新素材(非公表)にし、高音質化と信頼性の両面を強化した。上述した「アングルバッフル技術」を用いて、スピーカー再生のようにやや前方から音が聴こえるようにしている。高域が届きやすくなり、自然で壮大な音場が得られるほか、制振性も高めているという。 斜めにドライバーを取り付けるアングルバッフル技術  Bluetooth SoCとは別に、DACとANCを担当するチップを追加している。高音質に加え、省電力性にも配慮した設計だ。  音質傾向は、ナチュラルでバランスが取れたものになっている。定位もしっかりしており、ボーカルが聴きやすく、低域は引き締まっている。解像感が高くクリア、かつ上品な傾向でどんなジャンルの曲にも合う音だと自信を見せる。 MEMSマイクを8基搭載、ノイズ低減も通話も進化  マイクは合計8基搭載。現行モデルは5~6個だったが、通話品質やANC性能を高めるために増やしている。MEMSマイクの採用もゼンハイザーとしては初。従来のコンデンサー型マイク(ECM)に比べてヘッドホン自体から出るノイズを低減する効果が得られ、ノイズカット性能が高められるという。 通話用マイクとNC用のマイクは独立させている  通話型マイクは下向き、ANC用マイクはハウジングの外側と内側にそれぞれ配置している。ANC性能を上げるため、角やエッジがなく風の影響を受けにくいマイク位置も検討。切り音の自動補正機能も持つ。チップ性能が向上しより複雑な処理ができるようになったほか、周囲の騒音に応じてANCの適応量を調整するアダプティブノイズキャンセリング機能も持っている。風NC効果は高く、圧迫感も少なくない自然な効果で、音楽再生に重要な高い静寂が得られる。  高性能で聴きやすい外音取り込み機能も利用できる。アダプティブノイズキャンセリング機能はアプリでオン/オフが切り替えられ、オフにすると手動でANC/Transparencyの強さを調整できる。なお、ANC機能自体はオフにできず常に動作する仕様だという。 オートで最適な結果が得られるが、マニュアル調整でNCの効き具合を弱めたり、外音を聞こえやすくしたりもできる。  ノイズキャンセルと通話それぞれの特性に合ったマイクを独立して用意しているのも特徴。通話に特化したマイクは2つから4つに増加。ビームフォーミングと独自アルゴリズムで騒音や風切り音を抑えながら、的確な声の収音ができるという。発表会では、単体マイクと2×2マイクアレイの比較音声を聴いたが、周囲のノイズがかなり下がり、声がクリアになることを確認できた。ワイドレンジで音質自体も高そうだ。 ... Read more »

天皇を「陛下」という呼び方、昔は違っていた?皇室記者が調べた「意外な難問」

2019年5月、即位後初の宮中祭祀となる「期日奉告の儀」に臨まれる天皇陛下。剣と璽(じ)を侍従が携え随行した=皇居・宮中三殿の賢所(宮内庁提供)  「天皇陛下」という呼び方は、私たちの間で定着している。皇后、上皇、上皇后にも「陛下」が使われる一方、それ以外の皇族の敬称は「殿下」だ。これは皇室典範で決められた規定であり、私たち国民の耳にもなじんでいるだろう。本人たちに呼びかける二人称としても「陛下」と「殿下」が使われている。  一方で、歴史小説やドラマなどでは天皇を「帝」とか「天子さま」とか「お上(おかみ)」などと呼んでいる場面があり、以前から疑問に思っていた。古来、天皇は二人称、あるいは三人称としては何と呼ばれていたのか。日本史の専門家らに尋ねた。(共同通信=大木賢一)  ▽秀吉は「関白殿下」  まず、「陛下」という言葉の由来から整理してみる。「陛」は階段のこと。陛下も殿下も、そもそもは「宮殿や御殿の下」という同じ意味であり、近臣が階下でへりくだることから「高貴な人」を尊称する言葉になったと言われている。  「殿下」という呼び方は、歴史小説や映画、ドラマでなじみがある。豊臣秀吉の例があるからだ。秀吉が朝廷から関白に任ぜられた後、周囲の者に「関白殿下」と呼ばれるのを耳にしたことがある人は多いだろう。「殿下」は古くからあった言葉のように思える。 大宮神社で見つかった等身大の豊臣秀吉坐像=大阪市  試しに日本大百科全書を引いてみると、殿下は「皇族の敬称に用いられ、平安時代からは摂政・関白の敬称に用いられている」と書かれている。また、時代が下ると将軍のことを殿下と呼ぶこともあったようだ。  一方で「陛下」はどうか。なんとなく洋風で、明治維新の後に始まったかのような印象もあるが、京都産業大の久禮旦雄准教授(日本法制史)によると、実は陛下も殿下も奈良時代に成立した法律「養老律令」に、既に記述があるという。  養老律令では「陛下」について「陛下 上表に称する所」と書かれている。久禮氏は「臣下が天皇に何か申し上げる書類で用いる言葉ということです」と解説してくれた。  陛下はほかの文書にも登場する。「古事記」の序文では、太安万侶が元明天皇(在位707―715年)を「皇帝陛下」と書いているほか、聖武天皇(在位724―749年)が「先帝陛下」と表現されたり、平安時代の文書で醍醐天皇(在位897―930年)が陛下とされたりした例があるという。  「陛下」の起源は意外に古いことが分かった。ただ、律令の規定では、「陛下」は行政文書上の呼称となっている。久禮氏は「二人称として天皇のことを『陛下』と呼んでいたかどうかは分からない」と話す。  ▽分からない「天皇への呼びかけ」 「即位後朝見の儀」でお言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま=2019年5月1日、宮殿・松の間  「天皇の二人称は何だったのか」。この素朴な疑問は、意外な難問のようだ。歴史ドラマの時代考証を経験したことのある専門家に聞いて回ったが、軒並み「分からない」という反応だった。それどころか、この疑問に答えるのは「難しい」という。  その理由を、国際日本文化研究センターの今谷明名誉教授(日本中世史)に説明してもらった。今谷氏は、室町幕府8代将軍足利義政の妻・日野富子の生涯を描いた1994年のNHK大河ドラマ「花の乱」で時代考証を手がけている。  「天皇の呼称などということを研究している人は、最近ではまずいないと思うし、そもそも御簾の奥にいる天皇と直接話をできる者は、歴史上極めて限られていた。何と呼びかけていたかは、文書として記録に残ることもなく、分かるのは三人称としての天皇の呼称だけだ」  ドラマの一場面では、御簾の外にいる近臣がひそひそと天皇に言葉を取り次ぐさまを見かけるが、公的なことで天皇と会話できるのは「蔵人頭(くろうどのとう)」、私的なことでは女官のトップである「勾当内侍(こうとうのないし)」らに限られたという。今谷氏は「二人称としては『お上』『上さま(うえさま)』などと呼ばれた時代が長かったのではないか」と想像している。  ▽「院さま」「御所さま」「禁裏さま」   雄略天皇とみられる「獲加多支鹵大王」の文字が残る稲荷山古墳で出土した鉄剣(埼玉県立さきたま史跡の博物館提供)  次に、三人称としては天皇は何と呼ばれたのか。埼玉県の稲荷山古墳から出土した鉄剣の銘文には、5世紀後半の雄略天皇を指すとみられる「獲加多支鹵(ワカタケル)大王」の記述がある。天皇は「おおきみ」あるいは「だいおう」と呼ばれていたようだ。  「国史大事典」によると、「天皇」の称号が成立したのは7世紀とみられ、法隆寺金堂釈迦三尊像の銘に用例があるが、当時は「すめらみこと」と読んでいたとみられる。現在のような「てんのう」という読み方がいつ始まったかは、不明だという。  今谷氏によると、「天皇」の呼び名は10世紀には一度消え、村上天皇(在位946―967年)以降は「院さま」と称されていたことが、公家の日記から分かる。学校の教科書では「院」は「上皇」や「法皇」を指すと習ったが、天皇を示すこともあったという。  今谷氏の専門である室町時代になると、天皇は「御所さま」、さらに時代が下って江戸時代には「禁裏さま」と称されることがあった。いずれも「天皇の居場所」が転じて天皇そのものを指す言葉になったとみられる。もっとも「御所さま」は室町将軍を指すことも多かった。  ▽「天子さま」と「帝」  幕末物の歴史ドラマでよく耳にする「天子」や「帝」はどうか。これらはいずれも、古代中国で皇帝などを指す言葉として始まった。  日本の天皇を表す言葉としては隋書倭国伝に「日いずる所の天子」とあるのが有名。「国史大事典」などによると、天子はもともと「天命により天に代わって天下を治める者」の意味があり、日本書紀にも用例があるという。  また、東京堂出版の「皇室辞典」の記述によると、江戸時代になって民衆が天子に敬語をつけて天子さまと呼ぶようになった。   ... Read more »

白ショーパンのしっぽフリフリは「かわいすぎ」 乃木坂“きつねダンス”が170万再生

「きつねダンス」を披露した乃木坂46・金川紗耶さん【画像:パーソル パ・リーグTV】 乃木坂46の金川紗耶さんがフル装備で“きつねダンス” 現役アイドルが「きつねダンス」に参戦した姿にファンが話題騒然だ。白いショートパンツからのぞくしっぽをフリフリさせる動画には「華がありすぎる」「踊る姿かわいすぎる」「スタイル神だし笑顔が輝いてるし天才じゃん」とコメントが集まり、公開からわずか4日で170万再生を突破した。 4日に札幌ドームで行われたソフトバンク戦に姿を見せたのは、アイドルグループ「乃木坂46」の金川紗耶さんだ。札幌出身の金川さんにとってはまさに“凱旋”といえる大舞台。試合前にはファーストピッチのマウンドに上がり、イニング間にはお待ちかねの「きつねダンス」に参戦。背番号「46」のユニホームに白いショートパンツ姿でグラウンドに飛び出すと、きつねの耳としっぽも備えたフル装備で腕やしっぽを「フリフリ」。愛くるしいダンスを披露した。 試合を配信した「パーソル パ・リーグTV」は公式YouTubeチャンネルにこの動画を公開すると、ファンからのコメントが殺到。「スタイル良くて笑顔が素敵」「笑顔の作り方とか表情がプロ」「桁が違うわ……輝きといい、もう最高すぎる」と賛辞の連続となっていた。(Full-Count編集部) Read more »
A Guide to Ukay-Ukay Shopping in and Near Metro Manila7 Historic French Brasseries You Must Visit In Paris7 Amazing Outdoor Activities To Experience In Big Sky, Montana In The SummerTop 8 Questions To Ask Before Moving To Costa RicaEverything You Need To Know About Visiting Qatar¡Felices fiestas! A guide to Spain’s best annual events17 Amazing Things To Do In Beautiful Austin, TexasFancy Feast Isn’t Just For Felines, Where You Can Dine On Cat-Inspired Cuisine Why October Is The Best Time To See Elk In This StateBorobudur Temple – The World’s Largest Buddhist TempleMantigue Island: Camiguin’s Little Jewel | LakwatseroThe Wave of Utah and Arizona: Where “Amazing” is Understatement | LakwatseroMonad ShoalHow to Get to Luna ApayaoTales From Sadanga: The Trek to Fowa-as Falls | LakwatseroAbout BatadHow to Commute to 21 Kilometers Coffee and Back#13 Himalayan Mountain Range (Nepal)NATAS Travel Fair 2022: Best Travel and Tour Package Deals!Batanes: Sweet Rendezvous With My Playground | LakwatseroNaked IslandThe GreeneryBalabac Sojourn: Immersion in Bugsuk Island | Lakwatsero1. Chocolate HillsHow To Get to BulalacaoSurprises in Naujan | LakwatseroNatnat BeachScuba Diving in Mantigue Island: Revisiting Underwater HomeLubang: En Route to Big Surprises | LakwatseroAbout Cuyo1. Fortune Island (Nasugbu, Batangas)Climbing Mount MitsutogeWaterfalls of Mount Romelo: Buruwisan, Batya-Batya & MoreSurigao: Scuba Diving in Mabua | LakwatseroRooms and RatesBud Bongao: The Revered Mountain of Tawi-Tawi | LakwatseroHow to Get to CoronGoing In and Out of PokharaVisita Iglesia in Manila: Nine Churches to VisitA Day Trip to Seven Falls of Lake Sebu | LakwatseroBataan: Dunsulan Falls, Ambon-Ambon Falls & Limutan FallsHow to Get to MoalboalHow to Get to Kansalakan Enchanted RiverDetour to Mainland Sablayan | LakwatseroWaterfalls in Real, Quezon: Cawayan, Balagba & Noknok FallsRuwanwelisaya StupaSan GabrielColibra Island: Dasol’s Island Hideaway | LakwatseroHow to Get to Malamawi IslandHow to Get to Maosonon IslandBalabac Sojourn: Bugsuk Island Stole My Heart | LakwatseroAttractions in Igorot Stone KingdomNacpan & Calitang: The Twin Beaches of El Nido | LakwatseroCalinawan CaveClimbing Mount Fuji: Frequently Asked Questions1. Tropical Four SeasonsMasasa Beach Travel RequirementsPacsafe Toursafe Wheeled Duffel: The Ultimate Urban Adventure Buddy | LakwatseroHow to Get to Mount KitadakeKiltepan View Deck (Sagada, Mountain Province)A Solo DIY Trek to Kawah Ijen of Indonesia | LakwatseroFirst Time in NAIA Terminal 1: Seriously, It’s Not As Bad As You Think! | LakwatseroHow to Get to Mount Cayabu and MaynobaTagbilat Falls: The Curtain Falls of Zamboanga SibugayHow to get to Quitinday Falls and Underground RiverPaoay Church: UNESCO World Heritage Site in Ilocos NorteThe Island in FocusBicycle Diary: Kaybiang Tunnel Loop | LakwatseroSelf Guided 6D/5N Annapurna Base Camp TrekA Weekend of Ultimate Adventure in Baler | LakwatseroHow to Get to Camotes IslandsHail to Hulugan FallsIloilo: Where to Indulge in the City of LoveIntroducing SibaltanHow to Get to Kabutongan FallsHow to Get to Calinawan CaveAbout CaramoanHow to Get to Cabagnow Cave PoolFive Hours in Jakarta: A Walk in the Old Batavia (And Misadventures in Jakarta) | LakwatseroRacuh a Payaman (Marlboro Hills)Machu Picchu HouseAbout LubangHow to Get to Nagpatong Rock by Public Transport:A Glimpse of Manila Metropolitan Theater | LakwatseroAbout LunaAbout Capul IslandAlalum Falls: Shared Majesty of Sumilao and Impasug-ongSnake IslandZunsibarPico de Loro Frequently Asked Questions (FAQs)Tulay na Bato Falls48 Hours in Brisbane: A Quick Guide & ItineraryAbout BiriTales of a True Wanderer: The Joys and Pains of Solo Travel | LakwatseroWelcome to Surigao del SurMt. Palay-Palay  National ParkAbout PagudpudFive Levels of Aguinid FallsIntroducing San Pascual, MasbateMount Manmanoc ItineraryAdventures in Fortune Island of Nasugbu | LakwatseroNext Level Mobile Photography with Sony Xperia XZ1 | LakwatseroScuba Diving in Siargao: Discovering the Underwater Treasures of Daku Island | LakwatseroAbout Davao CityHow to Get to AndaJanuary: Cebu & IloiloHow to Get to Mines View ParkKamay ni Hesus: Pilgrimage Site in Lucban | LakwatseroPoon Hill: Three Days of Himalayan AdventureCalvary Hill Cemetery of SagadaHow to Get to TambobongMilford SoundTen Things To Do in Sagada: Bucket List for NewbiesDahoyhoy FallsPilot for a Day: The Ultra Light Aircraft Experience | LakwatseroReal Coffee and Tea Cafe of Boracay | LakwatseroGhorepani Poon Hill TrekAbout Maniwaya IslandHow to Get to Binanga FallsPalo Alto Falls of Baras, Rizal | LakwatseroExplore Moscow: Best Things to Do in the City | LakwatseroStairway to HeavenMount Guiting-Guiting Overnight Trek Complete ItineraryCape Melville LighthouseLa Cathedral Café: Restaurant with a View in IntramurosKapurpurawan Rock Formation: White and BeautifulDay Hike ItineraryThe Sandbox at AlvieraHow to go to Mararison IslandA Weekend of Adventures in South Cebu and DumagueteCalayan Island: A Virtual Diary of Our Epic Journey | LakwatseroFaro de Isla Jintotolo (Jintotolo Island Lighthouse)Low’s PeakAbout Taal VolcanoHow to Get to Mag-aso Falls of BoholSamar: Biri Rock Formations Up Close | LakwatseroBonbon BeachIntroducing Jomalig IslandAbout Cotabato CityAbout TabukLeyte Landing Memorial: A Memorial for a Fulfilled Promise | LakwatseroSilyang Bato, Mount MaramiPanimahawa Ridge and Cedar Falls Day Hike ItineraryFun in the World’s Best IslandSample Albay ItinerariesMagpupungko Beach and Tidal Pools6 Tips for Living in the Philippines | LakwatseroDaraga Church: The Nuestra Señora dela Porteria ChurchTulgao Rice TerracesCape Melville Lighthouse (Faro del Cabo Melville)Canyoneering to Kawasan FallsLake FewaLong Weekend: Five-Day Suggested Itineraries in Luzon | LakwatseroAbout CaponesThe Wichcraft Café of Zamboanga City | LakwatseroHow to Get to GuiuanAll-Female FloorHow to Get to Neri’s VilleDiotay’s EateryShort but Sweet Melaka Getaway | LakwatseroHow to Get to Tinuy-An FallsOslob: The Lost Grandeur of Tumalog Falls | LakwatseroIlocos ItineraryDitumabo Falls: The Mother Falls of San Luis, Aurora!Biking in Kalinga: Trek and Bike to TabukParadise Garden: A Haven for Sea TurtlesSiargao: Magpupungko Beach and Tidal Pools | LakwatseroAbout Bucas GrandeCoral GardenSagadaA Walk in Sangay Siapo Island Before it is Gone? | LakwatseroAmbaguio-Akiki ItineraryCorregidor Island Lighthouse (Faro dela Isla de Corregidor)Faro de Punta de Malabrigo (Malabrigo Point Lighthouse)About CulionNaidi Hill LighthouseBoquete IslandHow to Commute to Temple of LeahCatanduanes: The Heritage Church of Bato | Lakwatsero1. White Water Rafting or KayakingMount Fuji Overnight Climb ItinerarySip & Gogh Paint Studio: Unleash Your Inner Van Gogh | LakwatseroBatanes ItineraryHow to Get to Quitinday HillsAbout Callao CaveDiscover LakawonBiking to Taal: A Fun Ride to Batangas’ Heritage TownAntique Blooming: The Rafflesia of San RemigioMalasimbo Lights and Dance FestivalBacolod ItineraryPoon HillAttractions in Mirador Heritage and Eco ParkHulhumale Public BeachRomblon Island: Bonbon Beach, Tiamban Beach & MoreAdventure in Sabah: White Water Rafting in Padas River | LakwatseroHow to Get to Hinakpan Mystical HillsWelcome to Lake SebuAbout CasiguranAbout BuscalanHow to Go to Kalanggaman IslandFaro de Cabo Bojeador (Cape Bojeador Lighthouse)Backpacking Maldives: Budget Itinerary, Expenses & TipsHow to Get ThereOffbeat Bohol Itinerary: 3D/2N of AdventuresHow to Get to Tawi-TawiAlona BeachPangilatan Falls: The Forgotten Gem of Tapaz, CapizWorld War I: SMS Cormoran II3D/2N Taiwan Itinerary: Taipei – Yehliu – ShiffenLaos for Backpackers: Getting There on a BudgetBasic RequirementsHow to Get to Antong FallsCathedral CaveHow to Go to Gubat, SorsogonAbout SadangaHow to Get to Bugui Point LighthouseHow to Get to Cabra Island LighthouseCebu Itinerary: Three-Day Adventures in the SouthAbout AndaLuna: A Day in the Show Window of Apayao | LakwatseroMargues Blue LagoonFinding Palaui’s Cape Engaño Lighthouse | LakwatseroHow to Get to Mantayupan Falls of Barili, CebuHow to Get to MaligcongLinapacan Islands: Between Paradise | LakwatseroKLIA to KLCCHow to Get to JomaligBanaug ShoalEspadang Bato – Payaran Falls Day Hike Itinerary10 Remarkable Philippine Destinations for Solo TravelMiagao Church: A UNESCO World Heritage Site in IloiloAbout Carbin ReefAbout Parola IslandCabra WreckageCobra Falls: Ozamiz City’s Best Kept SecretBasco: The Chapel on the Hill of Tukon | LakwatseroBack in Kathmandu’s Lovely Mess | LakwatseroHimalayan Adventure: Kathmandu to Pokhara Overland | LakwatseroItineraryChinatown Vancouver (Stop #23)Situbo Falls: Tampilisan's Awesome SurpriseHow to Get to Inambakan FallsTuasan Falls: Another Camiguin’s Charmer | LakwatseroHow to Get to Lake SebuMarinduque Loop: Biking in the Heart of the Philippines1. Batanes: A Piece of HeavenMe Gusta Sunzibar Tacloban! | LakwatseroHitachi Seaside Park: Quick Guide from Tokyo and NaritaBeautiful Islands and BeachesSunzibarTrekking NotesSnapshot: In Love with Batulao | LakwatseroPalaui IslandHow to Get to Mount PinatuboBicycle Diary: The Ride to Infanta | LakwatseroSwimHow to Get to Osmeña PeakDaranak Falls of Tanay Rizal | LakwatseroHow to Get to Stobosa Hillside Homes ArtworkSurf or Learn to SurfDIY Solo and Self-Guided Trek to Annapurna Base CampBatanes by Bike: North Batan Tour | LakwatseroThe BeachSta. Cruz Grande IslandBasilica de San Martin de ToursBaguio Budget Stay: Upstairs Bed & Bath | LakwatseroBiking in Batanes: Batan Island Loop | LakwatseroCandaba Bird SanctuaryCape EngañoAbout HungduanIligan Tourism Triangle: Mimbalut, Tinago & Maria CristinaAbout Jose PanganibanCadapdapan Rice TerracesHow to Get to Casaroro FallsKiltepan: Sagada’s Best Sunrise | LakwatseroBeguet: Colorado Falls of Tuba | LakwatseroFollow the Call of the Great Outdoors: Go Out & Get More | LakwatseroSanga-Sanga ReefMasbate City: Where to Eat in the City | LakwatseroAbout Carabao IslandRain Vortex at the Jewel of ChangiPacsafe Venturesafe 65L GII Travel PackIrakoWhere to Stay in CarmenHow to Get to Tangadan FallsHow to Get to Samal IslandEverest Base Camp Trek: Into the Dream ZoneTop Things To Do in Gangwon-do: Korea’s Adventure ProvinceJomalig: The Golden Sand of Salibungot Beach | Lakwatsero1. Tubbataha Reefs (Cagayancillo, Palawan)IitineraryAbout Anini-yNacpan BeachAbout Legazpi CityHow to Get to Shifen FallsScuba Diving in Pearl Island of Guiuan, Eastern SamarHow to Get to Nagtabon BeachSiargao Travel RequirementsHow to Go to TanayHow to Get to Garin FarmDay 1: Paoay and San Nicolas (Ilocos Norte)Nueva Vizcaya Weekend ItineraryHow to Climb Mount HamiguitanHow to Get to Santa Cruz IslandMount TalamitamHow to Get to Sambawan IslandBacuit Grill12 Places to Satisfy Your Affogato Cravings in the MetroLion’s RockVictoria HarbourCoronPicture Perfect: The White Island of Camiguin | LakwatseroPanglao: Alona’s Allure | LakwatseroSecrets of the Lakeside: The Waterfalls of Laurel & TalisayMiyaru FaruMemorial Temple of Lord BaoHotel Siesta ShibuyaHow to Get to Tinago FallsSimunul Island: The Birthplace of Islam in the Philippines | LakwatseroBalabac: Onuk Island, Pink Beach & Melville LighthouseBike Diary: Bike and Trek to Buscalan (Mount Polis – Bontoc – Buscalan) | LakwatseroTagaytay (Cavite)Yearend Adventure with Pacsafe Venturesafe 25L GII | LakwatseroFavorite Beach: Punta Sebaring of Bugsuk Island, BalabacWelcome to Apo Reef & Pandan Island!The Ruins of A FamosaHow to Get to Canyoneering SitePacsafe Ultimatesafe Z28, My Newest Ultimate Travel Buddy | LakwatseroPulangbato Falls: The Red Waterfalls of ValenciaLocationSpider House: Boracay’s Chill Corner | LakwatseroThe 10,000 Roses Café of Cordova, Cebu’s Newest CrazeHow to Get to Asik-Asik FallsHow to Get to Dao FallsWelcome to Concepcion1. First Single-Aisle Aircraft to Fly Non-Stop from the Philippines to AustraliaHow to Get to Casino PeakMaadhoo Finolhu (Picnic Island)Cagbalete Travel RequirementsNacpan and Calitang BeachesThe RockiesBalabacPagbilao: Iringan, Malicboy, Bahay-Pagi & Katapang FallsPetronas Twin TowerSta. Fe, Bantayan IslandEverest Base Camp Trek Primer: Frequently Asked QuestionsTaraw Cliff: See the Best View of El Nido | LakwatseroHow to Get to Elephant MountainAbout MandalaySpelunking Rate in Capisaan CavesScuba Diving in Romblon: Blue Hole and Gorda WallHow to Get to Imugan FallsHow to Get to Awao Falls?About SipalayComiran Island: The Pink Beach of Balabac, Palawan | LakwatseroBagan! Oh Bagan! | LakwatseroBuntot Palos Falls, Laguna’s Hidden Grandeur | LakwatseroSandugan WallMagtutuka RocksKoh Dac MaiPresenting Calayan IslandAbout Dumaguete CityOffbeat Cebu: Ten Amazing Waterfalls of the SouthHow to Get to Merloquet FallsMount Masaraga ItineraryBudget Stay in Boracay: W Hostel Boracay | LakwatseroRetail Therapy? Here Are 18 Best Places To Go Shopping in Seoul!10 Essential Tips for Exploring Tokyo on a Budget6 Reasons This Quaint Nova Scotia Town Is The Perfect Weekend Getaway From Maine10 Bantayan Island Resorts, Hotels, and Rentals for Your Tropical EscapeThe Incredible European Bike Tour That Takes You Through Three Countries In A Single Morning9 Foods You Must Experience In Alaska And Where To Find Them8 Things You Should Do Every Time You Walk Into A Hotel Room According To A Flight AttendantRetirement Diaries: Jan Suggests Staying Active But Not Too ActiveI’ve Only Paid For One Flight To Europe In 12 Years, Here’s HowI Worked At EPCOT, These Are My 10 Favorite Delicious Treats To Try At The Food And Wine FestivalFor The First Time, It’s A Family Affair In The Cockpit Of This AirlineAfter Nearly 70 Years, This Popular Train Route Returns On The East CoastThis Week’s Full Moon Is The Last Of Its Kind This Year, Here’s WhyWhy A Popular National Park Attraction Is Now Off Limits And Could Cost You ThousandsFarmers’ Almanac Predicts Cold, Snowy Winter For Most Of U.S., Here’s Where It Will Be Mild And DryPort Klang Day Trip: 10 Hours in Port Klang & Kuala Lumpur11 Extreme Things to Do in Queenstown New Zealand — The Adventure Capital of the WorldMuseum Of Ice Cream Singapore – 14 Playful IG-worthy Exhibitions, Unlimited Ice Cream, and the Largest Sprinkle Pool EverBurias Island: Your DIY Island Hopping in MasbateEl Nido Tour A: Breathtaking Lagoons7D Hong Kong Itinerary — Exploring Beyond the Food And Shopping Paradise17 Exciting Things to Do in Perth — Not For the Faint-Hearted19 Unique Travel Experiences You Can Buy That Make You RicherUlleungdo (울릉도): Misadventures at the secret island in KoreaTokyo Famous Food Guide: 7 things you can’t leave Tokyo without trying5D Lake Toba & Medan Itinerary — Caldera views and Gastronomic Adventures10D Germany Itinerary under S$1.1k — Gems in Munich, Düsseldorf, Cologne, Dortmund, Frankfurt9 Exciting Day Trips from San Francisco to Escape The City — From Skydiving to Exploring Coastal TownsKota Bharu Guide: Gateway to the Beautiful Perhentian Islands and a Lesser-known MalaysiaInterview with Alvin Ng on Travel Photography3D2N Koh Samui Itinerary — The Luxurious Adventure Getaway You NeedUltimate Singapore Food Guide — 54 Local-Approved Things to Eat in Singapore30D Backpacking in Japan Itinerary: 12 Cities Under S$3.1k for the Adventurous with the JR Pass — Sapporo, Tokyo, Osaka, Kyoto & KyushuHow I managed to convince myself and everyone else I could travel solo for a yearVisit the New Singapore Garden Oasis Tucked Away in a 51-Storey Skyscraper6 attractions in Busan you shouldn’t missBook a Staycation and Earn 50% AgodaCash Rebate For Your Next Holiday — Agoda 2.2 Flash SaleAll you need to know about WWOOFing in New ZealandOne-Week Bali Itinerary — The Lesser Known Side Most Tourists MissThe Only Guide You’ll Need To Nightlife in Phuket: Top 11 Places to Check Out for an Epic NightPhoto Guide to 15 of the Most Photogenic Places in Europe – France, Italy, Germany, Slovenia, Czech Republic, Hungary Edition7D Budget Tokyo & Mount Fuji Itinerary For S$1.3k Including AccommodationWhy you should skip Boracay and vist Palawan instead10 Taobao Travel Essentials Recommended by Frequent Travellers for Your Next Trip13 Reasons Why a Cruise Getaway is the Best Vacation Anyone can have7 different ways to experience the cultural activities in Yogyakarta10 Best Adventurous Things To Do In Bali Other Than ChillingThe Best Multi-currency Travel Card For Travellers — YouTrip vs Revolut vs InstaReM vs TransferWise ReviewYunnan Nature Bucket List For Outdoor Lovers — Best Spots in Kunming, Lijiang, Dali & Shangri-laWhy This Is My Favorite Hotel Credit Card, And Tips For Scoring The Most BenefitsSurviving the Wilderness at Sub-Zero Temperatures — Travel to Mongolia with TTI ExperiencesHow to Fall in Love In & With Tokyo2D1N Matsumoto Japan Itinerary — The Hidden Gem 3.5 Hours From TokyoSydney Food Trail Guide – 10 Must try things to eat in SydneyAn upgrade on your airline – Emirates Economy Class ReviewWhere to Stay In Taipei — 11 Gorgeous Hostels & Hotels at Prime Locations from S$14/nightA Rockstar Experience — Hard Rock Hotel Pattaya ReviewThe Ultimate Sapporo City Guide: 18 Things To Do-See-Eat In The Gateway To HokkaidoUltimate Bali Accommodation Guide — Value for Money Hostels to Affordably Luxurious VillasGuide to Climbing Mount Fuji — Everything You Need To Know About Climbing Japan’s Highest Mountain9 Ways to Satisfy Your Wandermust Without Breaking Your Wallet11 Instagram-Worthy Places in Singapore That Are FreeHakone Guide — The Day Trip You Need in Your Tokyo ItineraryFirst Timer’s Guide to India — Everything You Need to Travel India Like a ProWhere to Eat in Hanoi — 31 Local-Approved Places to Eat in Vietnam’s Charming Capital21 Most Rewarding Hikes Around the World — From Stunning Glaciers to Active VolcanoesTokyo Capsule Hotels — 11 Surprisingly Luxurious Places to Stay in Tokyo for Under S$707-Day Cambodia Itinerary Under S$600 — An Epic Journey of History, Adventure and TranquilityMorocco Photo Guide: 15 Insta-worthy Locations That’ll Change Your Mind About Africa40 Lesser-Known Things to Do in Australia Highly Recommended by Locals, Travellers and Celebrities3D2N Blue Mountains Itinerary: The Perfect Getaway Just 90-Minutes From SydneyHow to pack light and smart10 Essential Apps for Travelling in ChinaConquering Fears 1,463 Miles Away — TTI Bootcamp in PhilippinesWhere to Stay in Shanghai — Centrally-located Hostels, Hotels and Apartments Under S$53/pax15 Cheap Things to Do in Seoul for Under S$12Standing between India and Pakistan; the Wagah Border Experience10 Cheap and Affordable Hostels in Singapore Under S$30Where to Stay in Seoul — 14 Aesthetic Yet Affordable Accommodations In Rising Hipster Districts5D4N Japan Itinerary — A First Timer’s Experience in Niigata and the Remote Sado IslandWhat to Do in Cebu, Philippines — 10 Epic Experiences That Are Surprisingly AffordableTravellers in Quarantine — 12 Satisfying Things to Do Before Your Next AdventureTop 11 Outdoor Activities in Singapore — Places to Hike, Picnic and Get Closer to Nature13 Tips to Travel in Japan Over Peak Seasons — Cherry Blossoms, Autumn Foliage, Golden Week8-Day Japan Itinerary: 9 Cities in Kansai for Under S$900Swimming With Whale Sharks in Oslob — IG Worthy Photos at What Expense?5 Christmas Gift Ideas for Friends Who Love TravellingThe Complete Phillip Island Guide: The Day Trip From Melbourne You Can’t MissByron Bay Guide: 25 Things to Do in NSW’s Ultimate Hipster ParadiseWestern Australia’s Best Photo Spots — Hidden Gems In Perth, Rottnest Island, and Kalbarri for your Instagram9-Day Australia Road Trip Itinerary Around The Best Of NSW — Sydney, Blue Mountains and BeyondDream Cruise’s Thailand Seacation — What to Expect on This Cruise to Nowhere13 Reasons Why Byron Bay Should Be on Every NSW Itinerary5 Places to Visit in Bali Other Than the Beach10-Day Japan Itinerary — Tokyo to Osaka With The JR Pass for $1.1k5 Animal Cafes in Osaka not to be missedBarcelona in three courses15 Unique Experiences in Shikoku — The Laidback Island of Japan Undiscovered By Most TouristsHiking Chestnut Nature Park — Bicycle Pump Tracks and Rare Bird SightingsThe Best Day Trips From Tokyo For Food, Arts & Culture — Northward Golden Route9 Things to Do in Singapore That Are Perfectly Ok to Do Alone48-Hour Dubai Itinerary — The Best Stopover For Thrill SeekersThis New Lifestyle Card is Changing the Way We Travel — MCO Card6-Day Kyushu Itinerary — Chasing Autumn in a Quieter Side of Japan (Fukuoka, Kagoshima, Beppu)6D5N Nagano Itinerary — The Romantic Getaway 3 Hours from Tokyo (Kamikochi, Norikura and Matsumoto)Phuket Travel Guide: Making the Most of Your Day Trip in 11 Hours12 Unique Restaurants in Singapore Even Non-Foodies Will Find ImpressiveUSA Road Trip: 11-Day San Francisco to Los Angeles Itinerary Under S$1.8k3D2N Pattaya Itinerary — An Unexpected Adventure 2hrs from BangkokThe Ultimate Bali Food Guide: 21 Things To Eat in Seminyak, Ubud and Nusa DuaBukit Brown Cemetery — Everything You Need to Know Before Visiting This Old Singapore GraveyardWhy I Chose Travel Writing As My Retirement CareerBa Na Hills Guide — 10 Things To Do In Vietnam’s Breathtaking Hidden PlaygroundSingapoRediscovers Vouchers Ultimate Guide — maximise your S$100 incl. Pro-tips and FAQsIs Travelling Solo Scary? Not For This Singaporean Deaf Traveller — MairahThe Singaporean girl who rode on a Vespa from Singapore to Georgia (Ft. The Wandering Wasp)12 Top Eats in Hong Kong — A (very) Honest Food Review8 ways to see Hangzhou and Nanjing like a localLife after The Travel InternAir Taxi Flights in Singapore by 2024?Hiking in Switzerland — Stunning Hikes That Aren’t on Most Tourist’s ItinerariesThe Ultimate Phuket Guide — 27 Fun Things to Do for an Adventure-Packed Holiday10 Ways to Travel Budget on a Gap Year5-Day Singapore Itinerary — Best Things to Do For First Timers9 Practical Benefits of Solo Travelling That Have Nothing To Do With “Finding Yourself”Penang: The Ultimate Guide To The Most Iconic Georgetown Street Art25 Unique Things To Do In Taiwan Besides Visiting Night MarketsWhy Qatar Is More Than Just a Transit DestinationCultures Explained: South Korea — Are What We See in K-dramas Real or Reel?15 Magical Things To Do In Iceland — A First Timer’s Guide15 Best Snacks Around The World and Where to Satisfy Your CravingsNew kid on the block — Bed One Block Hostel Review13 Iconic K-drama Filming Locations to Add to Your Korea ItineraryWestern Australia Instagram Hotspots: 10 Out-Of-This-World Places That Can Only Be Found Here