OnePlus Nord Watch with an AMOLED Display Launched in India

OnePlus Nord Watch with an AMOLED Display Launched in India
OnePlus has finally introduced the Nord Watch in India it has been talking about lately. This is the first watch as part of the Nord lineup and the company’s second. It comes at an affordable price and brings in features like an AMOLED display, IP68 rating, and more. Have a look at the details.

OnePlus Nord Watch: Specs and Features

The Nord Watch has a square dial with a metallic build and sports a 1.78-inch display. The display supports a 60Hz refresh rate, 500 nits of brightness, and a screen resolution of 368×448 pixels. The watch comes with hypoallergic silicon straps and over 100 watch faces to try out.

OnePlus Nord Watch with an AMOLED Display Launched in India

The smartwatch supports 105 sports modes, including cycling, yoga, cricket, and more. You will be able to take the health data measurements too. It comes with the now-usual set of health features like a 24-hour heart rate sensor, a SpO2 monitor, a sleep tracker, and a stress monitor. Plus, women can keep track of their periods.

You can track all your health data like steps, calories, and more too. This can also be done via the N Health app. There’s support for message/call notifications, music/camera controls, and Bluetooth version 5.2.

Additionally, the Nord Watch has a 230mAh battery on board, which is claimed to last up to 10 days on a single charge and up to 30 days on standby. It is compatible with both Android and iOS.

Price and Availability

The OnePlus Nord Watch is priced at Rs 4,999 and competes with the Realme Watch 3 Pro, the Dizo Watch R Talk, the Noise ColorFit Ultra 2 Buzz, and more in India. It will be available for purchase, starting October 4 via the company’s website. People can get Rs 500 off on Axis Bank cards and the EMI option.

The smartwatch comes in Midnight Black and Deep Blue colors.

News Related
  • Thomson 4K QLED TV review: Better than your average affordable LED TVs

    Thomson 4K QLED TV review: Better than your average affordable LED TVs If you are planning to buy a new smart TV, chances are that you will stumble upon several QLED TVs in the Rs 40,000 range. While many customers are familiar with traditional LED or high-end OLED panels, QLED ...
    See Details: Thomson 4K QLED TV review: Better than your average affordable LED TVs
  • SMS-Nachrichten werden 30 Jahre alt

    SMS-Nachrichten werden 30 Jahre alt Der Short Message Service (SMS) kennt wie so viele technische Innovationen viele Väter. Wer zuerst auf die bahnbrechende Idee kam, ungenutzte Kapazitäten im Mobilfunknetz für das Senden und Empfangen von Kurznachrichten zu verwenden, bleibt unter Historikern umstritten. Das erste tragfähige Konzept – da sind sich ...
    See Details: SMS-Nachrichten werden 30 Jahre alt
  • Harga HP iPhone Turun Harga, Kini Jadi Hanya Rp 4 Jutaan Saja, Yuk Simak Daftarnya Berikut

    TRIBUNMANADO.CO.ID – iPhone menjadi salah satu HP yang paling banyak diminati akhir-akhir ini. Pasalnya, dengan tiap adanya keluaran baru, banyak juga HP iPhone sebelumnya yang mengalami penurunan Harga HP. Bahkkan kini, Harga HP iPhone bisa Tribunners dapatkan hanya dengan harga Rp 4 jutaan saja. Walaupun usianya sudah lawas, namun pemburu ...
    See Details: Harga HP iPhone Turun Harga, Kini Jadi Hanya Rp 4 Jutaan Saja, Yuk Simak Daftarnya Berikut
  • Alchemy Stars Hosts Thanksgiving Event

    Level Infinite has just released a brand-new Thanksgiving-themed event for the popular mobile role-playing game, Alchemy Stars. The newest fall update includes new content in the form of a limited-time Thanksgiving event, featuring new characters, and a ton of goodies for players to earn and gather. There’s Plenty to be Thankful for in ...
    See Details: Alchemy Stars Hosts Thanksgiving Event
  • 4 Bike Thieves Nabbed With Firearm

    The suspects: Umar Sanusi (28), Saviour Sunday (23), Edeh Samuel (18) and Ede Monday (23), were arrested on Sunday at South Ibie in Etsako West LGA. The command’s spokesperson, Chidi Nwanbuzor, said the suspects were arrested with a locally made pistol, 10 assorted Android phones and a motorcycle with registration ...
    See Details: 4 Bike Thieves Nabbed With Firearm
  • FACT CHECK: Did Elon Musk Vow To Buy Snapchat?

    Snapchat is a multimedia app that can be used on smartphones running Android or iOS. It allows one to send pictures or videos, named ‘Snaps,’ to friends. These Snaps vanish after they’ve been viewed. The platform also offers a function, similar to instant messaging services like WhatsApp. Claim The tweet ...
    See Details: FACT CHECK: Did Elon Musk Vow To Buy Snapchat?
  • Simak Spesifikasi Redmi Pad yang Hadir dengan Harga Rp 3,5 Juta

    TRIBUN-MEDAN.com – Sub-brand�Xiaomi, Redmi akhirnya meluncurkan�tablet�pertamanya di Indonesia, yaitu�Redmi Pad. Redmi Pad membawa sejumlah keunggulan di antaranya layar LCD 10,61 inci beresolusi 2K (2.000 x 1.200 piksel) dengan angka�refresh rate�cukup tinggi (90 Hz) untuk ukuran tablet kelas menengah (mid-range). Layar tersebut juga didukung tingkat kecerahan layar 400 nits, serta kerapatan ...
    See Details: Simak Spesifikasi Redmi Pad yang Hadir dengan Harga Rp 3,5 Juta
  • ダイハツ・ロッキーのSUBARU版が「レックス」の車名を冠して市場デビュー

    (写真=CAR and DRIVER) この記事は2022年11月13日に「CAR and DRIVER」で公開された「ダイハツ・ロッキーのSUBARU版が「レックス」の車名を冠して市場デビュー」を一部編集し、転載したものです。 ■SUBARUレックスの車名がブランド初の小型SUVとして復活。ベース車はダイハツ・ロッキーのガソリンエンジンモデル。グレード展開は上級仕様のZと標準モデルのGで構成 SUBARUは2022年11月11日、ブランド初の小型SUVとなる新型レックス(REX)を発表した。 車種展開は以下の通り。 G:182万円 Z:217万1,100円 かつてのレックスは、SUBARUへの改称前の富士重工業が1972年から1992年にかけて、3世代に渡って生産・販売した主力の軽自動車で、約30年ぶりに復活したレックスは、ダイハツからOEM供給を受ける、ロッキーのガソリンエンジンモデルをベースとした小型SUVに切り替わる。 エクステリアはSUBARUの六連星エンブレムをフロントグリルに、REXの車名ロゴをリアゲートに配備する以外は、基本的にベース車を踏襲。厚みのあるロアボディとコンパクトなアッパーキャビンを組み合わせたアクティブなスタイリングを基調に、大型グリルからサイドへと流れる強い立体感とエッジのきいたバンパーコーナーやシャープな造形のLEDヘッドランプによって存在感を高めたフロントマスク、張り出したフェンダーと大径タイヤによって力強くラギッドなデザインとしたサイドビュー、バンパーコーナーをエッジのきいた造形としたうえでサイドまで張り出したLEDコンビネーションランプをゲートガーニッシュでつなぐことでワイド感を表現したリアセクションなどを採用する。 ボディカラーはシャイニングホワイトパール/スムースグレーマイカメタリック/ブラックマイカメタリック/ファイアークォーツレッドメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/マスタードイエローマイカメタリック/ナチュラルベージュマイカメタリックという7色のモノトーンのほか、Zグレードにブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック×スムースグレーマイカメタリックという2タイプの2トーンをラインアップした。 内装についても、ステアリングパッドに六連星エンブレムを配する以外は、基本的にベース車と共通。後席の頭上空間や座面形状を工夫することでゆとりを持たせ、かつ優れた前後方視界を確保したキャビン空間や、デジタルスピードメーターと7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせたアクティブマルチインフォメーションメーター、Apple CarPlay/Android Autoに対応可能な9インチのディスプレイオーディオ、荷室の高さ調整が可能なカーゴボードと大型サブトランクを備えたラゲッジルームなどを採用する。 また、前席に加えて後席にもUSBソケットを配備。さらに、Zグレードには電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を標準で組み込んだ。シート表皮は前席に赤パイピングを配したフルファブリックを張り、Zグレードには運転席/助手席シートヒーターや助手席シートアンダートレイ、ソフトレザー調ドアアームレストおよびセンターコンソールボックスを装備している。 パワートレインに関しては、高タンブルストレートポートやデュアルポート+低ペネトレーション噴霧を導入して燃焼効率を高めたうえで、暖気性能を向上させる2系統冷却システムを採用したWA-VE型1,196cc直列3気筒DOHC12Vエンジンを搭載。最高出力は87ps/6,000rpm、最大トルクは11.5kg・m/4,500rpmを発生する。 トランスミッションにはスプリットギヤを用いた7速シーケンシャルシフト付きのCVTを組み合わせ、駆動レイアウトは2WD(FF)で構成。燃費性能はクラストップレベルのWLTCモード20.7km/リットルを実現した。 先進安全運転支援機能については、衝突被害軽減ブレーキをはじめとする最新のスマートアシストを装備。左右後方の死角に車両が接近した際にドアミラー鏡面のLEDインジケーターが点灯してドライバーに注意を促すBSM(ブラインドスポットモニター)や、後方を車両が横切った際にドアミラー鏡面のLEDインジケーター点灯や警報音で注意喚起を行うRCTA(リアクロストラフィックアラート)、停車保持機能を備えた全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)などを設定している。 Writer:大貫直次郎 (提供:CAR and DRIVER)
    See Details: ダイハツ・ロッキーのSUBARU版が「レックス」の車名を冠して市場デビュー
  • Top free ad blocking software on computers and laptops

    (写真=CAR and DRIVER) この記事は2022年11月13日に「CAR and DRIVER」で公開された「ダイハツ・ロッキーのSUBARU版が「レックス」の車名を冠して市場デビュー」を一部編集し、転載したものです。 ■SUBARUレックスの車名がブランド初の小型SUVとして復活。ベース車はダイハツ・ロッキーのガソリンエンジンモデル。グレード展開は上級仕様のZと標準モデルのGで構成 SUBARUは2022年11月11日、ブランド初の小型SUVとなる新型レックス(REX)を発表した。 車種展開は以下の通り。 G:182万円 Z:217万1,100円 かつてのレックスは、SUBARUへの改称前の富士重工業が1972年から1992年にかけて、3世代に渡って生産・販売した主力の軽自動車で、約30年ぶりに復活したレックスは、ダイハツからOEM供給を受ける、ロッキーのガソリンエンジンモデルをベースとした小型SUVに切り替わる。 エクステリアはSUBARUの六連星エンブレムをフロントグリルに、REXの車名ロゴをリアゲートに配備する以外は、基本的にベース車を踏襲。厚みのあるロアボディとコンパクトなアッパーキャビンを組み合わせたアクティブなスタイリングを基調に、大型グリルからサイドへと流れる強い立体感とエッジのきいたバンパーコーナーやシャープな造形のLEDヘッドランプによって存在感を高めたフロントマスク、張り出したフェンダーと大径タイヤによって力強くラギッドなデザインとしたサイドビュー、バンパーコーナーをエッジのきいた造形としたうえでサイドまで張り出したLEDコンビネーションランプをゲートガーニッシュでつなぐことでワイド感を表現したリアセクションなどを採用する。 ボディカラーはシャイニングホワイトパール/スムースグレーマイカメタリック/ブラックマイカメタリック/ファイアークォーツレッドメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/マスタードイエローマイカメタリック/ナチュラルベージュマイカメタリックという7色のモノトーンのほか、Zグレードにブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック×スムースグレーマイカメタリックという2タイプの2トーンをラインアップした。 内装についても、ステアリングパッドに六連星エンブレムを配する以外は、基本的にベース車と共通。後席の頭上空間や座面形状を工夫することでゆとりを持たせ、かつ優れた前後方視界を確保したキャビン空間や、デジタルスピードメーターと7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせたアクティブマルチインフォメーションメーター、Apple CarPlay/Android Autoに対応可能な9インチのディスプレイオーディオ、荷室の高さ調整が可能なカーゴボードと大型サブトランクを備えたラゲッジルームなどを採用する。 また、前席に加えて後席にもUSBソケットを配備。さらに、Zグレードには電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を標準で組み込んだ。シート表皮は前席に赤パイピングを配したフルファブリックを張り、Zグレードには運転席/助手席シートヒーターや助手席シートアンダートレイ、ソフトレザー調ドアアームレストおよびセンターコンソールボックスを装備している。 パワートレインに関しては、高タンブルストレートポートやデュアルポート+低ペネトレーション噴霧を導入して燃焼効率を高めたうえで、暖気性能を向上させる2系統冷却システムを採用したWA-VE型1,196cc直列3気筒DOHC12Vエンジンを搭載。最高出力は87ps/6,000rpm、最大トルクは11.5kg・m/4,500rpmを発生する。 トランスミッションにはスプリットギヤを用いた7速シーケンシャルシフト付きのCVTを組み合わせ、駆動レイアウトは2WD(FF)で構成。燃費性能はクラストップレベルのWLTCモード20.7km/リットルを実現した。 先進安全運転支援機能については、衝突被害軽減ブレーキをはじめとする最新のスマートアシストを装備。左右後方の死角に車両が接近した際にドアミラー鏡面のLEDインジケーターが点灯してドライバーに注意を促すBSM(ブラインドスポットモニター)や、後方を車両が横切った際にドアミラー鏡面のLEDインジケーター点灯や警報音で注意喚起を行うRCTA(リアクロストラフィックアラート)、停車保持機能を備えた全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)などを設定している。 Writer:大貫直次郎 (提供:CAR and DRIVER)
    See Details: Top free ad blocking software on computers and laptops
  • Top 3 Best Ways to Record Your Gameplay

    (写真=CAR and DRIVER) この記事は2022年11月13日に「CAR and DRIVER」で公開された「ダイハツ・ロッキーのSUBARU版が「レックス」の車名を冠して市場デビュー」を一部編集し、転載したものです。 ■SUBARUレックスの車名がブランド初の小型SUVとして復活。ベース車はダイハツ・ロッキーのガソリンエンジンモデル。グレード展開は上級仕様のZと標準モデルのGで構成 SUBARUは2022年11月11日、ブランド初の小型SUVとなる新型レックス(REX)を発表した。 車種展開は以下の通り。 G:182万円 Z:217万1,100円 かつてのレックスは、SUBARUへの改称前の富士重工業が1972年から1992年にかけて、3世代に渡って生産・販売した主力の軽自動車で、約30年ぶりに復活したレックスは、ダイハツからOEM供給を受ける、ロッキーのガソリンエンジンモデルをベースとした小型SUVに切り替わる。 エクステリアはSUBARUの六連星エンブレムをフロントグリルに、REXの車名ロゴをリアゲートに配備する以外は、基本的にベース車を踏襲。厚みのあるロアボディとコンパクトなアッパーキャビンを組み合わせたアクティブなスタイリングを基調に、大型グリルからサイドへと流れる強い立体感とエッジのきいたバンパーコーナーやシャープな造形のLEDヘッドランプによって存在感を高めたフロントマスク、張り出したフェンダーと大径タイヤによって力強くラギッドなデザインとしたサイドビュー、バンパーコーナーをエッジのきいた造形としたうえでサイドまで張り出したLEDコンビネーションランプをゲートガーニッシュでつなぐことでワイド感を表現したリアセクションなどを採用する。 ボディカラーはシャイニングホワイトパール/スムースグレーマイカメタリック/ブラックマイカメタリック/ファイアークォーツレッドメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/マスタードイエローマイカメタリック/ナチュラルベージュマイカメタリックという7色のモノトーンのほか、Zグレードにブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック×スムースグレーマイカメタリックという2タイプの2トーンをラインアップした。 内装についても、ステアリングパッドに六連星エンブレムを配する以外は、基本的にベース車と共通。後席の頭上空間や座面形状を工夫することでゆとりを持たせ、かつ優れた前後方視界を確保したキャビン空間や、デジタルスピードメーターと7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせたアクティブマルチインフォメーションメーター、Apple CarPlay/Android Autoに対応可能な9インチのディスプレイオーディオ、荷室の高さ調整が可能なカーゴボードと大型サブトランクを備えたラゲッジルームなどを採用する。 また、前席に加えて後席にもUSBソケットを配備。さらに、Zグレードには電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を標準で組み込んだ。シート表皮は前席に赤パイピングを配したフルファブリックを張り、Zグレードには運転席/助手席シートヒーターや助手席シートアンダートレイ、ソフトレザー調ドアアームレストおよびセンターコンソールボックスを装備している。 パワートレインに関しては、高タンブルストレートポートやデュアルポート+低ペネトレーション噴霧を導入して燃焼効率を高めたうえで、暖気性能を向上させる2系統冷却システムを採用したWA-VE型1,196cc直列3気筒DOHC12Vエンジンを搭載。最高出力は87ps/6,000rpm、最大トルクは11.5kg・m/4,500rpmを発生する。 トランスミッションにはスプリットギヤを用いた7速シーケンシャルシフト付きのCVTを組み合わせ、駆動レイアウトは2WD(FF)で構成。燃費性能はクラストップレベルのWLTCモード20.7km/リットルを実現した。 先進安全運転支援機能については、衝突被害軽減ブレーキをはじめとする最新のスマートアシストを装備。左右後方の死角に車両が接近した際にドアミラー鏡面のLEDインジケーターが点灯してドライバーに注意を促すBSM(ブラインドスポットモニター)や、後方を車両が横切った際にドアミラー鏡面のLEDインジケーター点灯や警報音で注意喚起を行うRCTA(リアクロストラフィックアラート)、停車保持機能を備えた全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)などを設定している。 Writer:大貫直次郎 (提供:CAR and DRIVER)
    See Details: Top 3 Best Ways to Record Your Gameplay
  • 【Amazonブラックフライデー】シャープやレグザの液晶テレビが最大24%OFF。高画質でネット動画にも対応

    (写真=CAR and DRIVER) この記事は2022年11月13日に「CAR and DRIVER」で公開された「ダイハツ・ロッキーのSUBARU版が「レックス」の車名を冠して市場デビュー」を一部編集し、転載したものです。 ■SUBARUレックスの車名がブランド初の小型SUVとして復活。ベース車はダイハツ・ロッキーのガソリンエンジンモデル。グレード展開は上級仕様のZと標準モデルのGで構成 SUBARUは2022年11月11日、ブランド初の小型SUVとなる新型レックス(REX)を発表した。 車種展開は以下の通り。 G:182万円 Z:217万1,100円 かつてのレックスは、SUBARUへの改称前の富士重工業が1972年から1992年にかけて、3世代に渡って生産・販売した主力の軽自動車で、約30年ぶりに復活したレックスは、ダイハツからOEM供給を受ける、ロッキーのガソリンエンジンモデルをベースとした小型SUVに切り替わる。 エクステリアはSUBARUの六連星エンブレムをフロントグリルに、REXの車名ロゴをリアゲートに配備する以外は、基本的にベース車を踏襲。厚みのあるロアボディとコンパクトなアッパーキャビンを組み合わせたアクティブなスタイリングを基調に、大型グリルからサイドへと流れる強い立体感とエッジのきいたバンパーコーナーやシャープな造形のLEDヘッドランプによって存在感を高めたフロントマスク、張り出したフェンダーと大径タイヤによって力強くラギッドなデザインとしたサイドビュー、バンパーコーナーをエッジのきいた造形としたうえでサイドまで張り出したLEDコンビネーションランプをゲートガーニッシュでつなぐことでワイド感を表現したリアセクションなどを採用する。 ボディカラーはシャイニングホワイトパール/スムースグレーマイカメタリック/ブラックマイカメタリック/ファイアークォーツレッドメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/マスタードイエローマイカメタリック/ナチュラルベージュマイカメタリックという7色のモノトーンのほか、Zグレードにブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック×スムースグレーマイカメタリックという2タイプの2トーンをラインアップした。 内装についても、ステアリングパッドに六連星エンブレムを配する以外は、基本的にベース車と共通。後席の頭上空間や座面形状を工夫することでゆとりを持たせ、かつ優れた前後方視界を確保したキャビン空間や、デジタルスピードメーターと7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせたアクティブマルチインフォメーションメーター、Apple CarPlay/Android Autoに対応可能な9インチのディスプレイオーディオ、荷室の高さ調整が可能なカーゴボードと大型サブトランクを備えたラゲッジルームなどを採用する。 また、前席に加えて後席にもUSBソケットを配備。さらに、Zグレードには電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を標準で組み込んだ。シート表皮は前席に赤パイピングを配したフルファブリックを張り、Zグレードには運転席/助手席シートヒーターや助手席シートアンダートレイ、ソフトレザー調ドアアームレストおよびセンターコンソールボックスを装備している。 パワートレインに関しては、高タンブルストレートポートやデュアルポート+低ペネトレーション噴霧を導入して燃焼効率を高めたうえで、暖気性能を向上させる2系統冷却システムを採用したWA-VE型1,196cc直列3気筒DOHC12Vエンジンを搭載。最高出力は87ps/6,000rpm、最大トルクは11.5kg・m/4,500rpmを発生する。 トランスミッションにはスプリットギヤを用いた7速シーケンシャルシフト付きのCVTを組み合わせ、駆動レイアウトは2WD(FF)で構成。燃費性能はクラストップレベルのWLTCモード20.7km/リットルを実現した。 先進安全運転支援機能については、衝突被害軽減ブレーキをはじめとする最新のスマートアシストを装備。左右後方の死角に車両が接近した際にドアミラー鏡面のLEDインジケーターが点灯してドライバーに注意を促すBSM(ブラインドスポットモニター)や、後方を車両が横切った際にドアミラー鏡面のLEDインジケーター点灯や警報音で注意喚起を行うRCTA(リアクロストラフィックアラート)、停車保持機能を備えた全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)などを設定している。 Writer:大貫直次郎 (提供:CAR and DRIVER)
    See Details: 【Amazonブラックフライデー】シャープやレグザの液晶テレビが最大24%OFF。高画質でネット動画にも対応
  • Where is Steam Screenshot Folder Located

    (写真=CAR and DRIVER) この記事は2022年11月13日に「CAR and DRIVER」で公開された「ダイハツ・ロッキーのSUBARU版が「レックス」の車名を冠して市場デビュー」を一部編集し、転載したものです。 ■SUBARUレックスの車名がブランド初の小型SUVとして復活。ベース車はダイハツ・ロッキーのガソリンエンジンモデル。グレード展開は上級仕様のZと標準モデルのGで構成 SUBARUは2022年11月11日、ブランド初の小型SUVとなる新型レックス(REX)を発表した。 車種展開は以下の通り。 G:182万円 Z:217万1,100円 かつてのレックスは、SUBARUへの改称前の富士重工業が1972年から1992年にかけて、3世代に渡って生産・販売した主力の軽自動車で、約30年ぶりに復活したレックスは、ダイハツからOEM供給を受ける、ロッキーのガソリンエンジンモデルをベースとした小型SUVに切り替わる。 エクステリアはSUBARUの六連星エンブレムをフロントグリルに、REXの車名ロゴをリアゲートに配備する以外は、基本的にベース車を踏襲。厚みのあるロアボディとコンパクトなアッパーキャビンを組み合わせたアクティブなスタイリングを基調に、大型グリルからサイドへと流れる強い立体感とエッジのきいたバンパーコーナーやシャープな造形のLEDヘッドランプによって存在感を高めたフロントマスク、張り出したフェンダーと大径タイヤによって力強くラギッドなデザインとしたサイドビュー、バンパーコーナーをエッジのきいた造形としたうえでサイドまで張り出したLEDコンビネーションランプをゲートガーニッシュでつなぐことでワイド感を表現したリアセクションなどを採用する。 ボディカラーはシャイニングホワイトパール/スムースグレーマイカメタリック/ブラックマイカメタリック/ファイアークォーツレッドメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/マスタードイエローマイカメタリック/ナチュラルベージュマイカメタリックという7色のモノトーンのほか、Zグレードにブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック×スムースグレーマイカメタリックという2タイプの2トーンをラインアップした。 内装についても、ステアリングパッドに六連星エンブレムを配する以外は、基本的にベース車と共通。後席の頭上空間や座面形状を工夫することでゆとりを持たせ、かつ優れた前後方視界を確保したキャビン空間や、デジタルスピードメーターと7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせたアクティブマルチインフォメーションメーター、Apple CarPlay/Android Autoに対応可能な9インチのディスプレイオーディオ、荷室の高さ調整が可能なカーゴボードと大型サブトランクを備えたラゲッジルームなどを採用する。 また、前席に加えて後席にもUSBソケットを配備。さらに、Zグレードには電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を標準で組み込んだ。シート表皮は前席に赤パイピングを配したフルファブリックを張り、Zグレードには運転席/助手席シートヒーターや助手席シートアンダートレイ、ソフトレザー調ドアアームレストおよびセンターコンソールボックスを装備している。 パワートレインに関しては、高タンブルストレートポートやデュアルポート+低ペネトレーション噴霧を導入して燃焼効率を高めたうえで、暖気性能を向上させる2系統冷却システムを採用したWA-VE型1,196cc直列3気筒DOHC12Vエンジンを搭載。最高出力は87ps/6,000rpm、最大トルクは11.5kg・m/4,500rpmを発生する。 トランスミッションにはスプリットギヤを用いた7速シーケンシャルシフト付きのCVTを組み合わせ、駆動レイアウトは2WD(FF)で構成。燃費性能はクラストップレベルのWLTCモード20.7km/リットルを実現した。 先進安全運転支援機能については、衝突被害軽減ブレーキをはじめとする最新のスマートアシストを装備。左右後方の死角に車両が接近した際にドアミラー鏡面のLEDインジケーターが点灯してドライバーに注意を促すBSM(ブラインドスポットモニター)や、後方を車両が横切った際にドアミラー鏡面のLEDインジケーター点灯や警報音で注意喚起を行うRCTA(リアクロストラフィックアラート)、停車保持機能を備えた全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)などを設定している。 Writer:大貫直次郎 (提供:CAR and DRIVER)
    See Details: Where is Steam Screenshot Folder Located
  • How to Set Static IP Address in Windows

    (写真=CAR and DRIVER) この記事は2022年11月13日に「CAR and DRIVER」で公開された「ダイハツ・ロッキーのSUBARU版が「レックス」の車名を冠して市場デビュー」を一部編集し、転載したものです。 ■SUBARUレックスの車名がブランド初の小型SUVとして復活。ベース車はダイハツ・ロッキーのガソリンエンジンモデル。グレード展開は上級仕様のZと標準モデルのGで構成 SUBARUは2022年11月11日、ブランド初の小型SUVとなる新型レックス(REX)を発表した。 車種展開は以下の通り。 G:182万円 Z:217万1,100円 かつてのレックスは、SUBARUへの改称前の富士重工業が1972年から1992年にかけて、3世代に渡って生産・販売した主力の軽自動車で、約30年ぶりに復活したレックスは、ダイハツからOEM供給を受ける、ロッキーのガソリンエンジンモデルをベースとした小型SUVに切り替わる。 エクステリアはSUBARUの六連星エンブレムをフロントグリルに、REXの車名ロゴをリアゲートに配備する以外は、基本的にベース車を踏襲。厚みのあるロアボディとコンパクトなアッパーキャビンを組み合わせたアクティブなスタイリングを基調に、大型グリルからサイドへと流れる強い立体感とエッジのきいたバンパーコーナーやシャープな造形のLEDヘッドランプによって存在感を高めたフロントマスク、張り出したフェンダーと大径タイヤによって力強くラギッドなデザインとしたサイドビュー、バンパーコーナーをエッジのきいた造形としたうえでサイドまで張り出したLEDコンビネーションランプをゲートガーニッシュでつなぐことでワイド感を表現したリアセクションなどを採用する。 ボディカラーはシャイニングホワイトパール/スムースグレーマイカメタリック/ブラックマイカメタリック/ファイアークォーツレッドメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/マスタードイエローマイカメタリック/ナチュラルベージュマイカメタリックという7色のモノトーンのほか、Zグレードにブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック×スムースグレーマイカメタリックという2タイプの2トーンをラインアップした。 内装についても、ステアリングパッドに六連星エンブレムを配する以外は、基本的にベース車と共通。後席の頭上空間や座面形状を工夫することでゆとりを持たせ、かつ優れた前後方視界を確保したキャビン空間や、デジタルスピードメーターと7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせたアクティブマルチインフォメーションメーター、Apple CarPlay/Android Autoに対応可能な9インチのディスプレイオーディオ、荷室の高さ調整が可能なカーゴボードと大型サブトランクを備えたラゲッジルームなどを採用する。 また、前席に加えて後席にもUSBソケットを配備。さらに、Zグレードには電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を標準で組み込んだ。シート表皮は前席に赤パイピングを配したフルファブリックを張り、Zグレードには運転席/助手席シートヒーターや助手席シートアンダートレイ、ソフトレザー調ドアアームレストおよびセンターコンソールボックスを装備している。 パワートレインに関しては、高タンブルストレートポートやデュアルポート+低ペネトレーション噴霧を導入して燃焼効率を高めたうえで、暖気性能を向上させる2系統冷却システムを採用したWA-VE型1,196cc直列3気筒DOHC12Vエンジンを搭載。最高出力は87ps/6,000rpm、最大トルクは11.5kg・m/4,500rpmを発生する。 トランスミッションにはスプリットギヤを用いた7速シーケンシャルシフト付きのCVTを組み合わせ、駆動レイアウトは2WD(FF)で構成。燃費性能はクラストップレベルのWLTCモード20.7km/リットルを実現した。 先進安全運転支援機能については、衝突被害軽減ブレーキをはじめとする最新のスマートアシストを装備。左右後方の死角に車両が接近した際にドアミラー鏡面のLEDインジケーターが点灯してドライバーに注意を促すBSM(ブラインドスポットモニター)や、後方を車両が横切った際にドアミラー鏡面のLEDインジケーター点灯や警報音で注意喚起を行うRCTA(リアクロストラフィックアラート)、停車保持機能を備えた全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)などを設定している。 Writer:大貫直次郎 (提供:CAR and DRIVER)
    See Details: How to Set Static IP Address in Windows
  • Microsoft Store Blocked in Windows 11? Here’s How to Fix it

    (写真=CAR and DRIVER) この記事は2022年11月13日に「CAR and DRIVER」で公開された「ダイハツ・ロッキーのSUBARU版が「レックス」の車名を冠して市場デビュー」を一部編集し、転載したものです。 ■SUBARUレックスの車名がブランド初の小型SUVとして復活。ベース車はダイハツ・ロッキーのガソリンエンジンモデル。グレード展開は上級仕様のZと標準モデルのGで構成 SUBARUは2022年11月11日、ブランド初の小型SUVとなる新型レックス(REX)を発表した。 車種展開は以下の通り。 G:182万円 Z:217万1,100円 かつてのレックスは、SUBARUへの改称前の富士重工業が1972年から1992年にかけて、3世代に渡って生産・販売した主力の軽自動車で、約30年ぶりに復活したレックスは、ダイハツからOEM供給を受ける、ロッキーのガソリンエンジンモデルをベースとした小型SUVに切り替わる。 エクステリアはSUBARUの六連星エンブレムをフロントグリルに、REXの車名ロゴをリアゲートに配備する以外は、基本的にベース車を踏襲。厚みのあるロアボディとコンパクトなアッパーキャビンを組み合わせたアクティブなスタイリングを基調に、大型グリルからサイドへと流れる強い立体感とエッジのきいたバンパーコーナーやシャープな造形のLEDヘッドランプによって存在感を高めたフロントマスク、張り出したフェンダーと大径タイヤによって力強くラギッドなデザインとしたサイドビュー、バンパーコーナーをエッジのきいた造形としたうえでサイドまで張り出したLEDコンビネーションランプをゲートガーニッシュでつなぐことでワイド感を表現したリアセクションなどを採用する。 ボディカラーはシャイニングホワイトパール/スムースグレーマイカメタリック/ブラックマイカメタリック/ファイアークォーツレッドメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/マスタードイエローマイカメタリック/ナチュラルベージュマイカメタリックという7色のモノトーンのほか、Zグレードにブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック×スムースグレーマイカメタリックという2タイプの2トーンをラインアップした。 内装についても、ステアリングパッドに六連星エンブレムを配する以外は、基本的にベース車と共通。後席の頭上空間や座面形状を工夫することでゆとりを持たせ、かつ優れた前後方視界を確保したキャビン空間や、デジタルスピードメーターと7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせたアクティブマルチインフォメーションメーター、Apple CarPlay/Android Autoに対応可能な9インチのディスプレイオーディオ、荷室の高さ調整が可能なカーゴボードと大型サブトランクを備えたラゲッジルームなどを採用する。 また、前席に加えて後席にもUSBソケットを配備。さらに、Zグレードには電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を標準で組み込んだ。シート表皮は前席に赤パイピングを配したフルファブリックを張り、Zグレードには運転席/助手席シートヒーターや助手席シートアンダートレイ、ソフトレザー調ドアアームレストおよびセンターコンソールボックスを装備している。 パワートレインに関しては、高タンブルストレートポートやデュアルポート+低ペネトレーション噴霧を導入して燃焼効率を高めたうえで、暖気性能を向上させる2系統冷却システムを採用したWA-VE型1,196cc直列3気筒DOHC12Vエンジンを搭載。最高出力は87ps/6,000rpm、最大トルクは11.5kg・m/4,500rpmを発生する。 トランスミッションにはスプリットギヤを用いた7速シーケンシャルシフト付きのCVTを組み合わせ、駆動レイアウトは2WD(FF)で構成。燃費性能はクラストップレベルのWLTCモード20.7km/リットルを実現した。 先進安全運転支援機能については、衝突被害軽減ブレーキをはじめとする最新のスマートアシストを装備。左右後方の死角に車両が接近した際にドアミラー鏡面のLEDインジケーターが点灯してドライバーに注意を促すBSM(ブラインドスポットモニター)や、後方を車両が横切った際にドアミラー鏡面のLEDインジケーター点灯や警報音で注意喚起を行うRCTA(リアクロストラフィックアラート)、停車保持機能を備えた全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)などを設定している。 Writer:大貫直次郎 (提供:CAR and DRIVER)
    See Details: Microsoft Store Blocked in Windows 11? Here’s How to Fix it

OTHER NEWS

How to Fix Err Proxy Connection Failed Error

The “err_proxy_connection_failed” error on a web browser indicates a proxy setting that is not configured correctly. So, if you are a proxy user, you should know the exact proxy configuration ... Read more »

10 Ways to Fix a Chromecast That Keeps Buffering

Buffering can be infuriating to deal with while streaming videos on Chromecast, especially when it occurs frequently. Buffering is when a video is pre-loaded from the internet in parts, which ... Read more »

How to Take Scrolling Screenshot in Windows

Scrolling screenshots are an efficient way to capture information that exceeds your screen view. This way, you can avoid the hassle of taking multiple screenshots. While Windows doesn’t currently offer ... Read more »

Fix: Google Chrome Screen Shifts to the Right or Left

You may encounter a screen-shifting bug while using Google Chrome. Sometimes, while hitting the save button from the print menu, the windows can resize and jump to the left or ... Read more »

5 Ways To Stop Pop-Ups On Windows 11

Pop-ups are primarily used as an information center, providing users with notifications and promotional offers. However, these pop-ups can be a major distraction while using our computers or browsing the ... Read more »

One or More Network Protocols Are Missing on This Computer (11 Possible Fixes)

If you encountered the “One or More Network Protocols Are Missing on This Computer” error after running the Windows Network Diagnostics, you’re at the right place! Basically, network protocols are ... Read more »

How To Restart a PC on Windows 11

Restart is a system process that power cycles your device and reboots it. Users may need to restart their device to perform system updates, refresh processes, carry out driver updates, ... Read more »

2023 Toyota Innova Hycross First Look Review | Exterior, Interior, Powertrain And Launch Details

November 2022: Team V3Cars gives you a detailed walkaround of the upcoming Toyota Innova Hycross exterior & interior. Additionally, we also share its, features, specifications, launch timeline and expected prices. ... Read more »

Twitter CEO Elon Musk Shares Internal Data Highlighting Growth and Upcoming Features

Twitter has been in the news for the most part of the year. Following billionaire Elon Musk’s takeover, the microblogging site is witnessing a major revamp to pursue a profitable ... Read more »

New Maruti EECO Updated Interiors Detailed – First Look Walkaround

Maruti Versa (Eeco’s Spiritual predecessor) couldn’t do well in sales, but Eeco clearly seems to have been having a dream run in terms of sales numbers New Maruti EECO 2022 ... Read more »

Les 10 vraies offres du Black Friday chez Amazon, Darty, Cdiscount, Fnac et Boulanger

On a passé la journée à éplucher toutes les offres du Black Friday. Si l’on devait seulement en sélectionner 10, les voici ! Les dates du Black Friday sont assez ... Read more »

How to Enable and Use Game Bar on Windows

Because XBOX and Windows are owned by the same company, Microsoft, some XBOX features have been incorporated into Windows. One such feature is the XBOX Game Bar. Game Bar allows ... Read more »

Cara Sadap WhatsApp Pakai Nomor WA untuk Cek Semua Aktivitas Pasangan, Lakukan Secara Diam-diam

TRIBUNKALTIM.CO – Tutorial cara sadap WhatsApp sedang banyak dicari oleh warganet. Selain itu banyak juga yang menanyakan apakah sadap WhatsApp, pasti berhasil. Cara sadap WhatsApp terbaru pakai nomer ponsel yang ... Read more »

Google Chrome Sound Not Working? Here’s How to Fix It

When you have sound issues on Chrome, it most likely means either the sound isn’t coming from a particular Chrome tab or it’s disabled all over the Chrome app. In ... Read more »

How to Delete Files on iCloud

The free plan on iCloud only gives you 5 GB of storage, which is usually not enough to store all your data. You can upgrade the iCloud storage with a ... Read more »

How to Get Kodi on Windows?

Kodi is a popular open-source media hub for streaming videos, podcasts, and many more. It is available on various platforms like PC, mobile, gaming consoles, etc. If you are getting ... Read more »

Nationale Sicherheit in Gefahr: USA verbannen Huawei-Geräte vom Markt

Die US-Regierung verbietet den Verkauf und Import von Kommunikationsgeräten der chinesischen Smartphonehersteller und Netzwerkausrüster Huawei und ZTE. Sie stellten ein inakzeptables Risiko für die nationale Sicherheit dar, teilte die US-Telekommunikationsaufsicht ... Read more »

THIS Samsung phone will be powered with satellite connectivity feature same as iPhone 14; Check details here

THIS Samsung phone will be powered with satellite connectivity feature same as iPhone 14; Check details here New Delhi: The Samsung Galaxy S23 series is anticipated to launch in 2023. The ... Read more »

2023 MG Astor Facelift, ZS EV Patent Leaks – Creta, Seltos Rival

Looking at MG ZS EV Facelift patent images, it is likely that the petrol version, Astor will get similar updates 2023 MG Astor Facelift, ZS EV Patent Leaks Even though ... Read more »

Royal Enfield 650cc Himalayan Launch Confirmed Via Leaked Document

New 650 ADV being developed by Royal Enfield could get a new name instead of being branded under the Himalayan nameplate Modified Royal Enfield 650cc Himalayan One of the factors ... Read more »

Twitter’da üç renkli tik dönemi

Twitter’da üç renkli tik dönemi 2 Aralık’tan itibaren yeni bir “Twitter Blue” (Mavi Twitter) doğrulama hizmetinin uygulanacağını duyuran Musk, üç renkli tik döneminin başlayacağını söyledi. Bu yeni uygulamaya göre şirket ... Read more »

Redmi K60 series to support up to 120W fast charging

Over the past few days, many Xiaomi phones have passed the Chinese 3C quality certification. A few days ago, a Xiaomi phone with model number 22122RK93C hit the 3C database. This ... Read more »

Dev ekranlar açıldı yıldızlar sahne aldı

Her yerde kullanılabilen projektörler, TV ekranından büyük görüntü sunabilmeleri ile maçların ve ev eğlencesinin gözdesi oluyor. Dev ekrana yansıtılan maçlarla Dünya Kupası’nın coşkusu adeta stadyumdaymış gibi evde yaşanabiliyor. Katar’da düzenlenen ... Read more »

Können Sie mit der sprachlichen Axt umgehen?

Ein neuer Dudenband versammelt ältere und jüngere Redensarten rund ums Handwerk. Kann Ihnen da jemand am Zeug flicken? «Der Holzfäller» von Ferdinand Hodler lässt die Axt im Walde sausen. Den ... Read more »

Musk stworzy własny smartfon? Nie wstrzymujcie oddechu

elonphone Wielbiciele i fani Elona Muska od lat dopytują go o to, czy nie chciałby stworzyć swoją własną markę smartfonów. Teraz jednak po raz pierwszy Elon przyznał, że jest jedna ... Read more »

Elon Musk Plans to Launch Alternative Phone if Apple, Google Boot Twitter off Their App Stores

Tesla CEO and Twitter boss Elon Musk says he will make an alternative phone if Apple and Google boot Twitter from their app stores. Many people want him to go ... Read more »

5 Aplikasi Sadap WhatsApp untuk Tahu Pasangan Selingkuh

Aplikasi chat WhatsApp kini sudah menjadi semakin umum digunakan untuk saling berbagi pesan, mulai dari urusan pribadi, pekerjaan, dan lainnya. Tapi nggak jarang juga, lho, aplikasi WhatsApp ini digunakan untuk ... Read more »

Microsoft Flight Simulator Airbus A300 Cargo Announced; P-40 Warhawk Gets Release & Pricing Details

Today third-party developers shared news about add-ons for Microsoft Flight Simulator, including both aircraft and scenery. We start with Cockspur, which completed the external model of the Hawker 800XP business ... Read more »

ソニー「Xperia 5 IV」は人を選ぶがハマる人には手放せなくなる名機

ハイエンドの性能そのままに コンパクトで持ちやすいXperia 5シリーズ最新モデル  コンパクトサイズながら、ハイエンドのプロセッサーを搭載したソニーのフラッグシップモデル「Xperia 5 IV」。そのドコモ版「Xperia 5 IV SO-54C」の評価機を借りてレポートをお届けする。 ドコモ版「Xperia 5 IV SO-54C」  ディスプレーサイズは約6.1型(1080×2520ドット)の有機ELパネルを採用。アスペクト比はソニー製スマートフォンではもうおなじみとなっている21:9で、シネスコサイズの動画を視聴したり、画面分割で2つの作業を同時に行なうのに向いている。 画面分割をしやすいアスペクト比  ディスプレーの性能は基本的には前モデルと同じだが、「リアルタイムHDRドライブ」を搭載し、白飛びを抑えた色再現が可能となっており、メリハリのあるコントラストのはっきりした映像表示が可能。また輝度もアップしているのがポイント。Xperiaシリーズは輝度が低く、明るい屋外だと画面がみえにくいという欠点があったが、今モデルはかなり解消されている。  本体サイズは約67×156×8.2mmと最近のハイエンドスマートフォンとしてはコンパクト。重量も約172gと軽量で、片手でも使いやすいサイズだ。 片手でしっかりとホールドして操作しやすいサイズ  全体的なデザインは従来モデルから変更はないものの、側面はフラットな仕上がりとなった。そのためゴツゴツとした印象ではあるものの、縁の部分は角を落としてあるので、グリップしにくいわけではない。 側面はフラットなデザイン  また側面はメタルフレームだが、本体背面のガラスと同じようにマット調のフロスト加工仕上げになっている。そのため指紋が付きにくいので、ケースなしで使いたいユーザーにはうれしいポイントだ。 本体背面  ちなみに評価機として届いたのは、ドコモインラインショップ限定カラーのブルー。ドコモではそのほかパープルもドコモインラインショップ限定カラーとなっており、店頭販売のブラック、エクリュホワイト、グリーンとあわせて5色展開。au版はブラック、エクリュホワイト、グリーンの3色、ソフトバンクと楽天モバイルはブラックとエクリュホワイトの2色展開となっている。  ボタン類は本体右側面に配置されており、上から音量ボタン、指紋認証センサー一体型の電源ボタン、シャッターボタンとなっている。前モデルまであったGoogleアシスタントキーは廃止されており、標準設定では電源ボタン長押しで対応。電源オフは、Android 12以降のほかのスマートフォンと同じように、電源と音量のアップボタンを同時に押して呼び出す仕様になった。 本体右側面 音量ボタン(左)と電源ボタン(右) シャッターボタン 本体左側面 本体底面 ... Read more »

Realme 10 Pro+ 5G India price teased, how much will it cost?

The Realme 10 Pro+ 5G smartphone’s India price has been tipped by the brand’s top executive ahead of an official unveiling. The next generation of number series phones from Realme ... Read more »

Si Apple y Google eliminan Twitter, Elon Musk dice que hará su propio teléfono

Elon Musk, dueño de Twitter. Elon Musk se ha convertido en un personaje polémico a nivel mundial, no solo porque es el nuevo dueño de la plataforma digital y social ... Read more »

Redmi K60 series key specifications tipped ahead of launch

The Redmi K60 series smartphones’ key specifications have surfaced online before launch, courtesy of a noted leaker. Xiaomi is prepping to launch new smartphones under the K60 series in China. ... Read more »

Fall Guys Gets Street Fighter Costumes: Ryu, Cammy, & Akuma

Today Epic Games and Mediatonic released new costumes and goodies in the Fall Guys Store. For those who love the Street Fighter series, costumes portraying Ryu, Akuma, and Cammy are ... Read more »

USA verbannen Geräte der Marke Huawei vom Markt

USA verbannen Geräte der Marke Huawei vom Markt Die US-Regierung verbietet den Verkauf und Import von Kommunikationsgeräten der chinesischen Smartphonehersteller und Netzwerkausrüster Huawei und ZTE. Sie stellten ein inakzeptables Risiko ... Read more »

New Overwatch 2 Hero Ramattra Brings Forth His Justice in Gameplay Trailer

Today Blizzard Entertainment revealed the first look at the gameplay of the next hero that will be added to Overwatch 2. Ramattra is a tank and he’s also the leader ... Read more »

The Humans Review

A holiday get-together filled with existential dread. Read more »

Scientists discover astonishing treasures from 150-year-old mystery shipwreck in China

Scientists discover astonishing treasures from 150-year-old mystery shipwreck in China Archaeologists in China have restored a 150-year-old sunken ship from the Yangtze river’s bottom, Asia’s longest body of water, and ... Read more »

Twitter DMs to support encryption, voice messages and video calls

Elon Musk has been in a role when it comes to changing Twitter. Since the takeover, he has been applying drastic changes to the company. The world’s richest man fired ... Read more »

How to Change WhatsApp Notification Tone

WhatsApp provides the option to recieve New Message Alerts in variety of Notification Sounds. You can find below the steps to Change WhatsApp Notification Tone on iPhone and Android Phone. ... Read more »

2022 Mazda CX-30 G20 Pure review: A good first car?

8.0/10Score Score breakdown 8.0 Safety, value and features 8.0 Comfort and space 7.5 Engine and gearbox 8.5 Ride and handling 8.0 Technology Things we like Expansive standard equipment Feels as ... Read more »
Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network