How to Fix OBS Studio's "An Unspecified Error Occurred While Recording" Error on Windows 11

How to Fix OBS Studio’s “An Unspecified Error Occurred While Recording” Error on Windows 11

OBS Studio is a great program to record and stream online. However, some users can’t utilize OBS Studio because of a recording error that occurs when they try to record their screens. Instead of recording, OBS Studio throws up this message: “An unspecified error occurred while recording.”

The error usually appears when an important DLL file is missing, or there’s corruption in the OBS Studio installation directory. As such, if you also see the same error, then try the below solutions to eliminate the problem for good.

1. Restart OBS Studio

Whether you’re seeing a black screen or getting the “An unspecified error occurred while recording” error, the best way to fix any OBS Studio issue is to restart it. Restarting OBS Studio will clear the system resources and kill any temporary bugs or glitches that might be causing the error.

To restart OBS Studio, open the Task Manager (see how to open the Task Manager), right-click on OBS Studio, and choose End Task. Then, search for OBS Studio in the Start Menu and choose Open from the right pane.

2. Temporarily Disable Your Graphics Driver

The error is likely to occur if there’s corruption in the GPU log file that is used by the OBS Studio. To remove the corruption, you’ll have to disable the graphics driver before launching the OBS Studio. Doing this will force the program to create a new GPU log.

Here’s what you need to do:

  1. Open the Power User Menu by pressing the Win + X hotkey and choose Device Manager from the context menu.
  2. In the Device Manager, double-click on the Display adapters node to expand it.
  3. Right-click on the dedicated graphics driver and choose Disable device.
  4. Click Yes to the prompt that appears.

Your screen might flicker after disabling the dedicated graphics driver. But worry not; it’ll become normal after the generic driver is started.

Now, launch the OBS Studio and open your project. Then, open the Device Manager again > access the Display adapters node > right-click on the dedicated graphics driver and choose Enable device.

That’s it! Return to OBS Studio and check if you are able to record.

3. Allow OBS Studio Through Your Firewall

OBS Studio might fail to record and throw the error at hand if it’s blocked under Windows Firewall. To fix this, you’ll have to whitelist OBS Studio from the Windows Firewall blocked app list. Here’s how to do that:

  1. Press the Win key to open the Start Menu.
  2. Type Windows Firewall in the search bar and press Enter.
  3. Choose Allow an app or feature through Windows Defender Firewall option from the left sidebar.
  4. Click the Change settings button.
  5. Click on Allow another app and then choose Browse from the Add an app prompt.
  6. Navigate to the location where you have installed the OBS Studio.
  7. Select the obs-ffmpeg-mux executable file and click Open.
  8. Click Add.
  9. Check both the Private and Public boxes for obs-ffmpeg-mux and click OK to save the settings.

Restart your computer and check if the problem continues.

4. Fix the Missing DLL Files

Dynamic Link Libraries, aka DLL files, are special implementations of system libraries that contain various functions and variables that programs use when needed. If an important DLL file required by OBS Studio goes missing, you will see the “An unspecified error occurred while recording” error.

To fix that, you will have to re-acquire the required DLL file. Here’s how:

  1. Navigate to the place where you have installed the OBS Studio.
  2. Double-click on the obs-ffmpeg-mux file, and note down which of the following DLL file is missing.

    avcodec-57.dll

    avformat-57.dll

    avutil-55.dll

    swresample-2.dll

  3. Follow our guide on how to fix DLL files missing on Windows to repair the missing file.

Restart your computer and check for the issue.

5. Edit the OBS-Ffmpeg-Mux Installation Folder

If you’re still facing the issue even after downloading the missing DLL file, then it indicates that OBS Studio is unable to find the required DLL. The solution, in this case, is to edit the Path environment so that OBS Studio finds the required DLL files.

You can do that by following the below instructions:

  1. Press the Win + I key to open the Settings app.
  2. In the System tab, choose the About option in the left pane.
  3. Click the Advanced system settings option.
  4. Click the Environment Variables button.
  5. Select Path under the System Variables section, and click the Edit button.
  6. Paste the following path in the Variable value text box and click OK. C:Program Files (x86)obs-studiobin32bit;

That’s it! Now, start recording in OBS Studio and check if the problem persists.

6. Check for Corrupted or Missing Files

Sometimes, OBS Studio might fail to record due to corruption in its installation folder. The problem can also occur if an important file is missing.

In either case, you can use the “Check File Integrity” feature to scan the OBS installation for corruption and redownload broken/ missing files. Here’s how to use that feature:

  1. Launch OBS Studio, click the Help option at the top, and choose the Check File Integrity option from the context menu.
  2. Click Yes to confirm your selection.

OBS Studio will compare the available files with those on its server and download any missing or broken files.

While you’re at the OBS Studio home screen, check for and download any available updates. To do that, click Help and choose Check for Updates.

7. Reinstall OBS Studio

If you’re still getting the error message, you’re left with no option other than reinstalling OBS Studio. To do that, first uninstall OBS Studio from Windows.

Then, visit the OBS Studio official website, and download and install the latest version on your computer.

Enjoy Seamless Recording With OBS Studio

OBS Studio makes it a cakewalk to record anything and upload it online. However, due to corruption in its installation folder or missing DLL files, it might throw the “An unspecified error occurred while recording” error. Fortunately, you can quickly get rid of this error by applying the above fixes.

News Related
  • Former Wall Street Worker Shares How To Predict Layoffs In Your Company So You Can Start Your Job Search Early

    TikToker sharing her method of learning about layoffs There is perhaps no greater blindside than losing your job. So wouldn’t it be a huge relief to know how to predict layoffs at your job? Well, it turns out you can — and it’s been right underneath our noses the entire time. ...
    See Details: Former Wall Street Worker Shares How To Predict Layoffs In Your Company So You Can Start Your Job Search Early
  • Expert advice on how to tell the difference between dry skin and eczema

    Is it dry skin or eczema? Dry skin and mild cases of eczema can resemble one another, so how can you tell them apart? Dr Phelan said: “Dry skin on our legs and hands can be very common and may require a simple emollient (moisturiser) to resolve it.” Yet, after ...
    See Details: Expert advice on how to tell the difference between dry skin and eczema
  • Cowboys vs Titans kickoff time, team lists, how to watch and streaming options for NRL Round 4

    Cowboys vs Titans kickoff time, team lists, how to watch and streaming options for NRL Round 4 North Queensland will be looking to bounce back from a disappointing performance in the previous round against the Warriors when they host the Titans at Queensland Country Bank Stadium. Gold Coast are fresh ...
    See Details: Cowboys vs Titans kickoff time, team lists, how to watch and streaming options for NRL Round 4
  • Button on NASCAR learning curve: "I forgot how to start the car"

    Button, 43, is driving the No. 15 Rick Ware Racing Ford Mustang with support from Stewart-Haas Racing. In the only 50-minute practice session this weekend, he ran 13 total laps and went 28th quickest out of 39 entries. He was 1.770s off pace-setter Tyler Reddick, but ahead of fellow F1 ...
    See Details: Button on NASCAR learning curve: "I forgot how to start the car"
  • Laptop Buyer's Guide: How to choose the right one

    , March 25 — With all the options out there, buying a laptop may feel like a daunting task. There are several top brands producing standard laptops, and several reputed brands are offering various options under a similar budget range. There are also huge options considering the latest features, specifications ...
    See Details: Laptop Buyer's Guide: How to choose the right one
  • How to Watch ‘Yellowjackets’ Season 2 — Streaming Now and on TV This Sunday

    How to Watch ‘Yellowjackets’ Season 2 — Streaming Now and on TV This Sunday After a relatively quiet few months dominated by “The Last of Us,” the prestige TV landscape is about to get very, very crowded. With Emmy eligibility deadlines looming on the horizon, cable networks and streaming services ...
    See Details: How to Watch ‘Yellowjackets’ Season 2 — Streaming Now and on TV This Sunday
  • How to watch Great Expectations online: Release date and time

    A Charles Dickens novel comes to life when you watch Great Expectations online. The limited series comes from creator Steven Knight (Peaky Blinders) and stars drama queen Olivia Colman in the iconic role of Miss Havisham. Great Expectations is a coming-of-age story and a damning critique of the class system. ...
    See Details: How to watch Great Expectations online: Release date and time
  • ダウンサスvs車高調!コスパとカスタマイズ自由度の大きな違いを知る~カスタムHOW TO~

    サスペンションチューニングの初歩でもあるダウンサスだが、近年再び見直されている。純正サスペンションの良さを活かしつつ、車高を下げてかっこよさを獲得できる。 ◆スプリングだけを交換するのがダウンサス 車高を下げてカスタムするとき、その方法は大まかに2種類。ひとつは車高調に交換すること。スプリングもダンパーもゴッソリと交換することで、理想的な車高にできるし、それに合わせた減衰力を持つダンパーにすることもできる。多くの場合は減衰力も調整できて、ハンドリングや車高を詰めていくにはピッタリのパーツだ。 対するダウンサスは純正サスペンションをバラして、スプリングだけを交換する方式。ダンパーはノーマルのままなので減衰力調整機構はないことがほとんど。スプリング交換なので車高を調整できるわけでもなく、スプリングに合わせた車高になる。多くの場合はダウンサスというだけあって、少し車高が下がるように設計されている。 価格は数万円から高くても10万円以下。取付工賃は3万~5万円ほど。一旦、純正サスペンションをバラしてスプリングを交換し、スプリングコンプレッサーで縮めながら装着する手間が掛かるので意外と工賃は高い。車高調は10万円以下もあるが、20万円前後の商品が多く、こちらも取り付け工賃はアライメント調整が必須なので万5~6万円ほど。ざっくりいうと10万円以下のダウンサスと、20万円近い車高調といったところだ。 価格では圧倒的なメリットがダウンサスにあるが、これまでダウンサスというと「とりあえず車高を下げたい“だけ”の人にオススメの商品」といったイメージが多かったのも事実。実際、とりあえず車高が下がるだけでハンドリングは二の次。乗り心地はかなりハードになる商品もあった。 だが、最新のダウンサスはちょっと違う。スプリングの巻き方や材質、長さなど細かく調整することで車高が下がってストロークが下がりつつも、バネレートが高すぎずしなやかさを確保するものが増えている。さらに底付きから不快感を生む原因になるバンプラバーは純正品をカットして使うことが多いが、TANABEのようにわざわざ専用のショートバンプラバーをセットにしている場合もあるのだ。トヨタのGR 86の開発ドライバーとしても知られる佐々木雅弘選手は自身のブランドでダウンサスを開発。GR 86に組み込むことでサーキット走行も楽しめるようにセッティングし、実際筑波サーキットでは1分3秒台という車高調にも引けを取らないタイムをマークしている。走れるダウンサスが増えているのだ。 ◆純正サスペンションを使う信頼感は高い とはいえ、車高調にしたほうが自由度は圧倒的に高い。ダウンサスでは装着後に車高を変えたりもできないし、減衰力の調整もできない。その代わりに純正サスペンションという信頼性の高さがある。 車高調は少なからずトラブルが起きることがある。多いのは緩みから来る異音で、シートリングが緩んでコトコト音がしたりする。ほかにも内部パーツの摩耗で異音がすることもある。末永く使うには数万kmごとのオーバーホールの望ましく、長く使うと消耗パーツのダメージがひどくなる。ときにはシリンダー自体が摩耗してしまい、結局新品に交換するようなコストが掛かってしまうこともある。 その点ダウンサスでは純正サスペンションを使うのでタフで長く使える。純正サスペンションは10万kmくらいでも問題ないことがほとんど。多少ダンパーがやれているフィーリングになることはあるが、オイルが漏れたり異音が発生することは極めて少ない。そこにダウンサスを組み合わせているので、長い寿命が期待できるのだ。そういった点からやや車高を下げて見た目を引き締めたり、少し足まわりを締めてハンドリングをシャープにしたいというならダウンサスもアリ。とくに年間走行距離が長い人や、1台のクルマを長く乗る人にはオススメできるものなのだ。
    See Details: ダウンサスvs車高調!コスパとカスタマイズ自由度の大きな違いを知る~カスタムHOW TO~
  • How to make restaurant quality steaks at home with a sous vide machine... and another secret tool

    サスペンションチューニングの初歩でもあるダウンサスだが、近年再び見直されている。純正サスペンションの良さを活かしつつ、車高を下げてかっこよさを獲得できる。 ◆スプリングだけを交換するのがダウンサス 車高を下げてカスタムするとき、その方法は大まかに2種類。ひとつは車高調に交換すること。スプリングもダンパーもゴッソリと交換することで、理想的な車高にできるし、それに合わせた減衰力を持つダンパーにすることもできる。多くの場合は減衰力も調整できて、ハンドリングや車高を詰めていくにはピッタリのパーツだ。 対するダウンサスは純正サスペンションをバラして、スプリングだけを交換する方式。ダンパーはノーマルのままなので減衰力調整機構はないことがほとんど。スプリング交換なので車高を調整できるわけでもなく、スプリングに合わせた車高になる。多くの場合はダウンサスというだけあって、少し車高が下がるように設計されている。 価格は数万円から高くても10万円以下。取付工賃は3万~5万円ほど。一旦、純正サスペンションをバラしてスプリングを交換し、スプリングコンプレッサーで縮めながら装着する手間が掛かるので意外と工賃は高い。車高調は10万円以下もあるが、20万円前後の商品が多く、こちらも取り付け工賃はアライメント調整が必須なので万5~6万円ほど。ざっくりいうと10万円以下のダウンサスと、20万円近い車高調といったところだ。 価格では圧倒的なメリットがダウンサスにあるが、これまでダウンサスというと「とりあえず車高を下げたい“だけ”の人にオススメの商品」といったイメージが多かったのも事実。実際、とりあえず車高が下がるだけでハンドリングは二の次。乗り心地はかなりハードになる商品もあった。 だが、最新のダウンサスはちょっと違う。スプリングの巻き方や材質、長さなど細かく調整することで車高が下がってストロークが下がりつつも、バネレートが高すぎずしなやかさを確保するものが増えている。さらに底付きから不快感を生む原因になるバンプラバーは純正品をカットして使うことが多いが、TANABEのようにわざわざ専用のショートバンプラバーをセットにしている場合もあるのだ。トヨタのGR 86の開発ドライバーとしても知られる佐々木雅弘選手は自身のブランドでダウンサスを開発。GR 86に組み込むことでサーキット走行も楽しめるようにセッティングし、実際筑波サーキットでは1分3秒台という車高調にも引けを取らないタイムをマークしている。走れるダウンサスが増えているのだ。 ◆純正サスペンションを使う信頼感は高い とはいえ、車高調にしたほうが自由度は圧倒的に高い。ダウンサスでは装着後に車高を変えたりもできないし、減衰力の調整もできない。その代わりに純正サスペンションという信頼性の高さがある。 車高調は少なからずトラブルが起きることがある。多いのは緩みから来る異音で、シートリングが緩んでコトコト音がしたりする。ほかにも内部パーツの摩耗で異音がすることもある。末永く使うには数万kmごとのオーバーホールの望ましく、長く使うと消耗パーツのダメージがひどくなる。ときにはシリンダー自体が摩耗してしまい、結局新品に交換するようなコストが掛かってしまうこともある。 その点ダウンサスでは純正サスペンションを使うのでタフで長く使える。純正サスペンションは10万kmくらいでも問題ないことがほとんど。多少ダンパーがやれているフィーリングになることはあるが、オイルが漏れたり異音が発生することは極めて少ない。そこにダウンサスを組み合わせているので、長い寿命が期待できるのだ。そういった点からやや車高を下げて見た目を引き締めたり、少し足まわりを締めてハンドリングをシャープにしたいというならダウンサスもアリ。とくに年間走行距離が長い人や、1台のクルマを長く乗る人にはオススメできるものなのだ。
    See Details: How to make restaurant quality steaks at home with a sous vide machine... and another secret tool
  • China’s property crisis: Evergrande, Shimao and other fallen tycoons rush for lifelines to fix US$232 billion debt headache

    サスペンションチューニングの初歩でもあるダウンサスだが、近年再び見直されている。純正サスペンションの良さを活かしつつ、車高を下げてかっこよさを獲得できる。 ◆スプリングだけを交換するのがダウンサス 車高を下げてカスタムするとき、その方法は大まかに2種類。ひとつは車高調に交換すること。スプリングもダンパーもゴッソリと交換することで、理想的な車高にできるし、それに合わせた減衰力を持つダンパーにすることもできる。多くの場合は減衰力も調整できて、ハンドリングや車高を詰めていくにはピッタリのパーツだ。 対するダウンサスは純正サスペンションをバラして、スプリングだけを交換する方式。ダンパーはノーマルのままなので減衰力調整機構はないことがほとんど。スプリング交換なので車高を調整できるわけでもなく、スプリングに合わせた車高になる。多くの場合はダウンサスというだけあって、少し車高が下がるように設計されている。 価格は数万円から高くても10万円以下。取付工賃は3万~5万円ほど。一旦、純正サスペンションをバラしてスプリングを交換し、スプリングコンプレッサーで縮めながら装着する手間が掛かるので意外と工賃は高い。車高調は10万円以下もあるが、20万円前後の商品が多く、こちらも取り付け工賃はアライメント調整が必須なので万5~6万円ほど。ざっくりいうと10万円以下のダウンサスと、20万円近い車高調といったところだ。 価格では圧倒的なメリットがダウンサスにあるが、これまでダウンサスというと「とりあえず車高を下げたい“だけ”の人にオススメの商品」といったイメージが多かったのも事実。実際、とりあえず車高が下がるだけでハンドリングは二の次。乗り心地はかなりハードになる商品もあった。 だが、最新のダウンサスはちょっと違う。スプリングの巻き方や材質、長さなど細かく調整することで車高が下がってストロークが下がりつつも、バネレートが高すぎずしなやかさを確保するものが増えている。さらに底付きから不快感を生む原因になるバンプラバーは純正品をカットして使うことが多いが、TANABEのようにわざわざ専用のショートバンプラバーをセットにしている場合もあるのだ。トヨタのGR 86の開発ドライバーとしても知られる佐々木雅弘選手は自身のブランドでダウンサスを開発。GR 86に組み込むことでサーキット走行も楽しめるようにセッティングし、実際筑波サーキットでは1分3秒台という車高調にも引けを取らないタイムをマークしている。走れるダウンサスが増えているのだ。 ◆純正サスペンションを使う信頼感は高い とはいえ、車高調にしたほうが自由度は圧倒的に高い。ダウンサスでは装着後に車高を変えたりもできないし、減衰力の調整もできない。その代わりに純正サスペンションという信頼性の高さがある。 車高調は少なからずトラブルが起きることがある。多いのは緩みから来る異音で、シートリングが緩んでコトコト音がしたりする。ほかにも内部パーツの摩耗で異音がすることもある。末永く使うには数万kmごとのオーバーホールの望ましく、長く使うと消耗パーツのダメージがひどくなる。ときにはシリンダー自体が摩耗してしまい、結局新品に交換するようなコストが掛かってしまうこともある。 その点ダウンサスでは純正サスペンションを使うのでタフで長く使える。純正サスペンションは10万kmくらいでも問題ないことがほとんど。多少ダンパーがやれているフィーリングになることはあるが、オイルが漏れたり異音が発生することは極めて少ない。そこにダウンサスを組み合わせているので、長い寿命が期待できるのだ。そういった点からやや車高を下げて見た目を引き締めたり、少し足まわりを締めてハンドリングをシャープにしたいというならダウンサスもアリ。とくに年間走行距離が長い人や、1台のクルマを長く乗る人にはオススメできるものなのだ。
    See Details: China’s property crisis: Evergrande, Shimao and other fallen tycoons rush for lifelines to fix US$232 billion debt headache
  • How to convert credit card dues into EMIs to avoid paying up to 36% interest rates on credit cards

    サスペンションチューニングの初歩でもあるダウンサスだが、近年再び見直されている。純正サスペンションの良さを活かしつつ、車高を下げてかっこよさを獲得できる。 ◆スプリングだけを交換するのがダウンサス 車高を下げてカスタムするとき、その方法は大まかに2種類。ひとつは車高調に交換すること。スプリングもダンパーもゴッソリと交換することで、理想的な車高にできるし、それに合わせた減衰力を持つダンパーにすることもできる。多くの場合は減衰力も調整できて、ハンドリングや車高を詰めていくにはピッタリのパーツだ。 対するダウンサスは純正サスペンションをバラして、スプリングだけを交換する方式。ダンパーはノーマルのままなので減衰力調整機構はないことがほとんど。スプリング交換なので車高を調整できるわけでもなく、スプリングに合わせた車高になる。多くの場合はダウンサスというだけあって、少し車高が下がるように設計されている。 価格は数万円から高くても10万円以下。取付工賃は3万~5万円ほど。一旦、純正サスペンションをバラしてスプリングを交換し、スプリングコンプレッサーで縮めながら装着する手間が掛かるので意外と工賃は高い。車高調は10万円以下もあるが、20万円前後の商品が多く、こちらも取り付け工賃はアライメント調整が必須なので万5~6万円ほど。ざっくりいうと10万円以下のダウンサスと、20万円近い車高調といったところだ。 価格では圧倒的なメリットがダウンサスにあるが、これまでダウンサスというと「とりあえず車高を下げたい“だけ”の人にオススメの商品」といったイメージが多かったのも事実。実際、とりあえず車高が下がるだけでハンドリングは二の次。乗り心地はかなりハードになる商品もあった。 だが、最新のダウンサスはちょっと違う。スプリングの巻き方や材質、長さなど細かく調整することで車高が下がってストロークが下がりつつも、バネレートが高すぎずしなやかさを確保するものが増えている。さらに底付きから不快感を生む原因になるバンプラバーは純正品をカットして使うことが多いが、TANABEのようにわざわざ専用のショートバンプラバーをセットにしている場合もあるのだ。トヨタのGR 86の開発ドライバーとしても知られる佐々木雅弘選手は自身のブランドでダウンサスを開発。GR 86に組み込むことでサーキット走行も楽しめるようにセッティングし、実際筑波サーキットでは1分3秒台という車高調にも引けを取らないタイムをマークしている。走れるダウンサスが増えているのだ。 ◆純正サスペンションを使う信頼感は高い とはいえ、車高調にしたほうが自由度は圧倒的に高い。ダウンサスでは装着後に車高を変えたりもできないし、減衰力の調整もできない。その代わりに純正サスペンションという信頼性の高さがある。 車高調は少なからずトラブルが起きることがある。多いのは緩みから来る異音で、シートリングが緩んでコトコト音がしたりする。ほかにも内部パーツの摩耗で異音がすることもある。末永く使うには数万kmごとのオーバーホールの望ましく、長く使うと消耗パーツのダメージがひどくなる。ときにはシリンダー自体が摩耗してしまい、結局新品に交換するようなコストが掛かってしまうこともある。 その点ダウンサスでは純正サスペンションを使うのでタフで長く使える。純正サスペンションは10万kmくらいでも問題ないことがほとんど。多少ダンパーがやれているフィーリングになることはあるが、オイルが漏れたり異音が発生することは極めて少ない。そこにダウンサスを組み合わせているので、長い寿命が期待できるのだ。そういった点からやや車高を下げて見た目を引き締めたり、少し足まわりを締めてハンドリングをシャープにしたいというならダウンサスもアリ。とくに年間走行距離が長い人や、1台のクルマを長く乗る人にはオススメできるものなのだ。
    See Details: How to convert credit card dues into EMIs to avoid paying up to 36% interest rates on credit cards
  • How to watch 'Succession': The Emmy-winning series returns for its final season on March 26

    サスペンションチューニングの初歩でもあるダウンサスだが、近年再び見直されている。純正サスペンションの良さを活かしつつ、車高を下げてかっこよさを獲得できる。 ◆スプリングだけを交換するのがダウンサス 車高を下げてカスタムするとき、その方法は大まかに2種類。ひとつは車高調に交換すること。スプリングもダンパーもゴッソリと交換することで、理想的な車高にできるし、それに合わせた減衰力を持つダンパーにすることもできる。多くの場合は減衰力も調整できて、ハンドリングや車高を詰めていくにはピッタリのパーツだ。 対するダウンサスは純正サスペンションをバラして、スプリングだけを交換する方式。ダンパーはノーマルのままなので減衰力調整機構はないことがほとんど。スプリング交換なので車高を調整できるわけでもなく、スプリングに合わせた車高になる。多くの場合はダウンサスというだけあって、少し車高が下がるように設計されている。 価格は数万円から高くても10万円以下。取付工賃は3万~5万円ほど。一旦、純正サスペンションをバラしてスプリングを交換し、スプリングコンプレッサーで縮めながら装着する手間が掛かるので意外と工賃は高い。車高調は10万円以下もあるが、20万円前後の商品が多く、こちらも取り付け工賃はアライメント調整が必須なので万5~6万円ほど。ざっくりいうと10万円以下のダウンサスと、20万円近い車高調といったところだ。 価格では圧倒的なメリットがダウンサスにあるが、これまでダウンサスというと「とりあえず車高を下げたい“だけ”の人にオススメの商品」といったイメージが多かったのも事実。実際、とりあえず車高が下がるだけでハンドリングは二の次。乗り心地はかなりハードになる商品もあった。 だが、最新のダウンサスはちょっと違う。スプリングの巻き方や材質、長さなど細かく調整することで車高が下がってストロークが下がりつつも、バネレートが高すぎずしなやかさを確保するものが増えている。さらに底付きから不快感を生む原因になるバンプラバーは純正品をカットして使うことが多いが、TANABEのようにわざわざ専用のショートバンプラバーをセットにしている場合もあるのだ。トヨタのGR 86の開発ドライバーとしても知られる佐々木雅弘選手は自身のブランドでダウンサスを開発。GR 86に組み込むことでサーキット走行も楽しめるようにセッティングし、実際筑波サーキットでは1分3秒台という車高調にも引けを取らないタイムをマークしている。走れるダウンサスが増えているのだ。 ◆純正サスペンションを使う信頼感は高い とはいえ、車高調にしたほうが自由度は圧倒的に高い。ダウンサスでは装着後に車高を変えたりもできないし、減衰力の調整もできない。その代わりに純正サスペンションという信頼性の高さがある。 車高調は少なからずトラブルが起きることがある。多いのは緩みから来る異音で、シートリングが緩んでコトコト音がしたりする。ほかにも内部パーツの摩耗で異音がすることもある。末永く使うには数万kmごとのオーバーホールの望ましく、長く使うと消耗パーツのダメージがひどくなる。ときにはシリンダー自体が摩耗してしまい、結局新品に交換するようなコストが掛かってしまうこともある。 その点ダウンサスでは純正サスペンションを使うのでタフで長く使える。純正サスペンションは10万kmくらいでも問題ないことがほとんど。多少ダンパーがやれているフィーリングになることはあるが、オイルが漏れたり異音が発生することは極めて少ない。そこにダウンサスを組み合わせているので、長い寿命が期待できるのだ。そういった点からやや車高を下げて見た目を引き締めたり、少し足まわりを締めてハンドリングをシャープにしたいというならダウンサスもアリ。とくに年間走行距離が長い人や、1台のクルマを長く乗る人にはオススメできるものなのだ。
    See Details: How to watch 'Succession': The Emmy-winning series returns for its final season on March 26
  • How to make restaurant quality steaks at home with a sous vide machine... and another a secret tool

    サスペンションチューニングの初歩でもあるダウンサスだが、近年再び見直されている。純正サスペンションの良さを活かしつつ、車高を下げてかっこよさを獲得できる。 ◆スプリングだけを交換するのがダウンサス 車高を下げてカスタムするとき、その方法は大まかに2種類。ひとつは車高調に交換すること。スプリングもダンパーもゴッソリと交換することで、理想的な車高にできるし、それに合わせた減衰力を持つダンパーにすることもできる。多くの場合は減衰力も調整できて、ハンドリングや車高を詰めていくにはピッタリのパーツだ。 対するダウンサスは純正サスペンションをバラして、スプリングだけを交換する方式。ダンパーはノーマルのままなので減衰力調整機構はないことがほとんど。スプリング交換なので車高を調整できるわけでもなく、スプリングに合わせた車高になる。多くの場合はダウンサスというだけあって、少し車高が下がるように設計されている。 価格は数万円から高くても10万円以下。取付工賃は3万~5万円ほど。一旦、純正サスペンションをバラしてスプリングを交換し、スプリングコンプレッサーで縮めながら装着する手間が掛かるので意外と工賃は高い。車高調は10万円以下もあるが、20万円前後の商品が多く、こちらも取り付け工賃はアライメント調整が必須なので万5~6万円ほど。ざっくりいうと10万円以下のダウンサスと、20万円近い車高調といったところだ。 価格では圧倒的なメリットがダウンサスにあるが、これまでダウンサスというと「とりあえず車高を下げたい“だけ”の人にオススメの商品」といったイメージが多かったのも事実。実際、とりあえず車高が下がるだけでハンドリングは二の次。乗り心地はかなりハードになる商品もあった。 だが、最新のダウンサスはちょっと違う。スプリングの巻き方や材質、長さなど細かく調整することで車高が下がってストロークが下がりつつも、バネレートが高すぎずしなやかさを確保するものが増えている。さらに底付きから不快感を生む原因になるバンプラバーは純正品をカットして使うことが多いが、TANABEのようにわざわざ専用のショートバンプラバーをセットにしている場合もあるのだ。トヨタのGR 86の開発ドライバーとしても知られる佐々木雅弘選手は自身のブランドでダウンサスを開発。GR 86に組み込むことでサーキット走行も楽しめるようにセッティングし、実際筑波サーキットでは1分3秒台という車高調にも引けを取らないタイムをマークしている。走れるダウンサスが増えているのだ。 ◆純正サスペンションを使う信頼感は高い とはいえ、車高調にしたほうが自由度は圧倒的に高い。ダウンサスでは装着後に車高を変えたりもできないし、減衰力の調整もできない。その代わりに純正サスペンションという信頼性の高さがある。 車高調は少なからずトラブルが起きることがある。多いのは緩みから来る異音で、シートリングが緩んでコトコト音がしたりする。ほかにも内部パーツの摩耗で異音がすることもある。末永く使うには数万kmごとのオーバーホールの望ましく、長く使うと消耗パーツのダメージがひどくなる。ときにはシリンダー自体が摩耗してしまい、結局新品に交換するようなコストが掛かってしまうこともある。 その点ダウンサスでは純正サスペンションを使うのでタフで長く使える。純正サスペンションは10万kmくらいでも問題ないことがほとんど。多少ダンパーがやれているフィーリングになることはあるが、オイルが漏れたり異音が発生することは極めて少ない。そこにダウンサスを組み合わせているので、長い寿命が期待できるのだ。そういった点からやや車高を下げて見た目を引き締めたり、少し足まわりを締めてハンドリングをシャープにしたいというならダウンサスもアリ。とくに年間走行距離が長い人や、1台のクルマを長く乗る人にはオススメできるものなのだ。
    See Details: How to make restaurant quality steaks at home with a sous vide machine... and another a secret tool
  • How to watch 'John Wick: Chapter 4': When does the new Keanu Reeves action movie start streaming?

    サスペンションチューニングの初歩でもあるダウンサスだが、近年再び見直されている。純正サスペンションの良さを活かしつつ、車高を下げてかっこよさを獲得できる。 ◆スプリングだけを交換するのがダウンサス 車高を下げてカスタムするとき、その方法は大まかに2種類。ひとつは車高調に交換すること。スプリングもダンパーもゴッソリと交換することで、理想的な車高にできるし、それに合わせた減衰力を持つダンパーにすることもできる。多くの場合は減衰力も調整できて、ハンドリングや車高を詰めていくにはピッタリのパーツだ。 対するダウンサスは純正サスペンションをバラして、スプリングだけを交換する方式。ダンパーはノーマルのままなので減衰力調整機構はないことがほとんど。スプリング交換なので車高を調整できるわけでもなく、スプリングに合わせた車高になる。多くの場合はダウンサスというだけあって、少し車高が下がるように設計されている。 価格は数万円から高くても10万円以下。取付工賃は3万~5万円ほど。一旦、純正サスペンションをバラしてスプリングを交換し、スプリングコンプレッサーで縮めながら装着する手間が掛かるので意外と工賃は高い。車高調は10万円以下もあるが、20万円前後の商品が多く、こちらも取り付け工賃はアライメント調整が必須なので万5~6万円ほど。ざっくりいうと10万円以下のダウンサスと、20万円近い車高調といったところだ。 価格では圧倒的なメリットがダウンサスにあるが、これまでダウンサスというと「とりあえず車高を下げたい“だけ”の人にオススメの商品」といったイメージが多かったのも事実。実際、とりあえず車高が下がるだけでハンドリングは二の次。乗り心地はかなりハードになる商品もあった。 だが、最新のダウンサスはちょっと違う。スプリングの巻き方や材質、長さなど細かく調整することで車高が下がってストロークが下がりつつも、バネレートが高すぎずしなやかさを確保するものが増えている。さらに底付きから不快感を生む原因になるバンプラバーは純正品をカットして使うことが多いが、TANABEのようにわざわざ専用のショートバンプラバーをセットにしている場合もあるのだ。トヨタのGR 86の開発ドライバーとしても知られる佐々木雅弘選手は自身のブランドでダウンサスを開発。GR 86に組み込むことでサーキット走行も楽しめるようにセッティングし、実際筑波サーキットでは1分3秒台という車高調にも引けを取らないタイムをマークしている。走れるダウンサスが増えているのだ。 ◆純正サスペンションを使う信頼感は高い とはいえ、車高調にしたほうが自由度は圧倒的に高い。ダウンサスでは装着後に車高を変えたりもできないし、減衰力の調整もできない。その代わりに純正サスペンションという信頼性の高さがある。 車高調は少なからずトラブルが起きることがある。多いのは緩みから来る異音で、シートリングが緩んでコトコト音がしたりする。ほかにも内部パーツの摩耗で異音がすることもある。末永く使うには数万kmごとのオーバーホールの望ましく、長く使うと消耗パーツのダメージがひどくなる。ときにはシリンダー自体が摩耗してしまい、結局新品に交換するようなコストが掛かってしまうこともある。 その点ダウンサスでは純正サスペンションを使うのでタフで長く使える。純正サスペンションは10万kmくらいでも問題ないことがほとんど。多少ダンパーがやれているフィーリングになることはあるが、オイルが漏れたり異音が発生することは極めて少ない。そこにダウンサスを組み合わせているので、長い寿命が期待できるのだ。そういった点からやや車高を下げて見た目を引き締めたり、少し足まわりを締めてハンドリングをシャープにしたいというならダウンサスもアリ。とくに年間走行距離が長い人や、1台のクルマを長く乗る人にはオススメできるものなのだ。
    See Details: How to watch 'John Wick: Chapter 4': When does the new Keanu Reeves action movie start streaming?

OTHER NEWS

How to Tell If Food Has Gone Bad—and What Expiration Dates Actually Mean, According to Food Scientists

RightOne / GETTY IMAGES TABLE OF CONTENTS On This Page What Food Expiration Dates Mean How to Know if Food Is Spoiled Is It Safe to Eat Spoiled Food? How ... Read more »

Queen's Brian May Says Adam Lambert Teaches Him and Roger Taylor 'How to Stay Young' Ahead of New Tour

The rockers will embark on The Rhapsody Tour, their first North American tour since 2019, in October Bojan Hohnjec/Miracle Productions LLP Don’t stop them now — especially not when they’re ... Read more »

If You're Over 40, Fix These 4 Workout Mistakes

JUST HIT THE big 4-0 and worried about your workout longevity? There’s less reason to fret than you might think. You’re not out of your prime—and you still have plenty ... Read more »

How to make a ‘gentleman’s agreement’ work for you

A “gentleman’s agreement” is one of those feel-good traditions we like to hold dear, but it is worth remembering that such deals do not hold water. Verbal arrangements between two ... Read more »

From illness to death – how to have the uncomfortable conversations many couples avoid

Dr. Tim Beanland, Head of Knowledge at Alzheimer’s Society said that “some of the more important conversations we need to have with our partners are also the most challenging” ( ... Read more »

Jeremy Scott reveals his favourite Moschino collection, how to succeed in the fashion world and why he created cyberpunk dresses for Hyundai

This week, the fashion world was shocked to read headlines announcing Jeremy Scott’s departure from the Italian luxury brand Moschino. Over the past decade, the Los Angeles-based designer has put ... Read more »

Surviving Toxic Coworkers: How to Stay Sane and Productive in a Challenging Workplace

Surviving Toxic Coworkers: How to Stay Sane and Productive in a Challenging Workplace Most of your colleagues are great. They chat, make coffee, and help you through your working day. ... Read more »

How to tell these Trump photos are fake

Former US President Trump posted this AI-generated image of himself, but a closer look shows he is missing fingers Fake images created by artificial intelligence (AI) tools depicting Donald Trump ... Read more »

Yellowjackets Is A Masterclass In How To Use Music On TV (And Here's What Other Shows Get Wrong)

Static Media “Yellowjackets,” which is finally returning for its sophomore season, made a ton of successful choices during Season 1. First and foremost, its casting is eerily good. The teenage ... Read more »

How to Turn $50,000 Savings Into a Generous Nest Egg in 2 Decades

A golden egg in a nest A nest egg refers to an amount one would have upon retirement, and the fund comprises accumulated savings plus a growth component, which is ... Read more »

What to know about 2023 Bassmaster Classic: How to watch, live stream info, leaderboard

The big fish of the sports industry this weekend is the 2023 Bassmaster Classic. No, it’s not an EDM DJ competition. It’s all about who can catch the biggest fish. ... Read more »

Tuchel fix bis 2025 – so erklärt Bayern den Nagelsmann-Rausschmiss

Thomas Tuchel löst Julian Nagelsmann als Coach des FC Bayern ab. Dies bestätigt der deutsche Rekordmeister am Freitagabend – samt Begründung. Der FC Bayern hat das Langzeitprojekt Julian Nagelsmann jäh ... Read more »

Yoga Tips: Why is Meditation Important And How to be Regular With it, Expert Answers!

Yoga Tips Why is Meditation Important And How to be Regular With it, Expert Answers! Yoga tips for meditation: Meditation helps you feel emotionally balanced and regulates your nervous system ... Read more »

How to protect your skin from the harmful effects of UV rays and prevent premature aging

How to protect your skin from the harmful effects of UV rays and prevent premature aging With the increasing heat, sunscreen has become a necessity. If you ever step out ... Read more »

How to turn off emergency alerts: Where to change alert settings on iPhone or Android, and when the UK test is

The UK Government has launched a mobile phone emergency alert service that will notify people about potential life-threatening disasters. The first test of this service will be run in April. ... Read more »

How to deal with garbage in your neighbourhood

When Jackie Nassozi bought a house in Kisasi, she was excited. However, this excitement became short-lived because of a perennial and increasing urban problem called garbage disposal. Before moving to ... Read more »

Scientist Reveals How to Escape Our Simulation

Much like Neo in The Matrix, one computer scientist explores how humanity could hack its way out of its own simulation. For two decades, scientists have seriously considered whether we’re ... Read more »

This nasty phishing attack allows hackers to steal your Gmail emails using a Chrome extension — how to check if you have it

null According to a joint cybersecurity advisory from teams in Germany and South Korea, a new phishing attack threatens to steal users’ Gmail emails without any chance of them realizing ... Read more »

It’s Travel Time! Here’s How To Save Money Planning Your Next Trip

plan budget holiday Is everyone in your contact list going off to travel? Did you start to notice that your Instagram feed is full of perfectly captured candid pictures in ... Read more »

How to save Twitter videos: Step-by-step guide to download viral videos for offline viewing

Twitter doesn’t provide a built-in save button to download videos on its platform. While that’s a bummer, it’s not entirely impossible to download videos from Twitter. Sometimes the most interesting ... Read more »

Lollapalooza 2023: How to get tickets to the Chicago music festival

Billie Eilish and Kendrick Lamar Lollapalooza has unveiled its 2023 lineup, teasing some big acts. Headlining this year’s Chicago music festival are Billie Eilish, Kendrick Lamar, Red Hot Chili Peppers, ... Read more »

World Water Day: Expert tips on how to do your part for the planet

David Hannah remembers a childhood spent exploring the outdoors, paddling in streams, playing in the rain, climbing trees and going to the beach. But it was when he moved from ... Read more »

‘Everyone is basically at risk’: How to avoid falling victim to financial fraud

‘Everyone is basically at risk’: How to avoid falling victim to financial fraud Alejandra Laria Aleaga was thrilled to see a job offer pop into her inbox in October 2021. ... Read more »

Microsoft Bing launches Image Creator tool using OpenAI's DALL-E model; here's how to use it for free

Microsoft Bing launches Image Creator tool using OpenAI’s DALL-E model; here’s how to use it for free Microsoft search engine Bing has integrated another OpenAI product with its platform. This ... Read more »

Nothing to launch Ear (2) earbuds today: How to watch the livestream, what to expect

Nothing is all set to launch its first second-generation product, that is, the Nothing Ear (2) today. These earbuds are the successor to the Nothing Ear (1) truly wireless earbuds ... Read more »

Dubai World Cup 2023: Prize money, race card and how to watch in UAE

The Dubai World Cup is one of the most highly anticipated events on the UAE sporting calendar and around the racing world. Meydan Racecourse is expected to be packed to ... Read more »

Windows 11 users hit with annoying security warning bug — how to fix it now

null Some Windows 11 users are reporting that Windows Security is showing a “Local Security authority protection is off. Your device may be vulnerable” warning even if the feature is ... Read more »

Nothing Ear (2) India launch today: How to watch livestream, expected price and specs

Nothing Ear (2) India launch today: How to watch livestream, expected price and specs Nothing is set to launch new TWS earbuds, dubbed Ear (2). As the name suggests, the ... Read more »

Is Your Money Safe in Your Bank? How to Check If Your Account Is FDIC Insured

FDIC insurance protects your deposits in case of a bank failure. It covers up to $250,000 per depositor, per insured bank, for each account ownership category. But how do you ... Read more »

Central Bank of India Recruitment 2023: New vacancies announced for 5000 posts, know how to apply, stipend

Central Bank of India Recruitment 2023: New vacancies announced for 5000 posts, know how to apply, stipend Central Bank of India Recruitment 2023: Central Bank of India is inviting applications for ... Read more »
Kênh kiến thức kỹ năng, phát triển bản thân, hướng nghiệp, blog nhân sự