Galaxy Fold 3 VS Galaxy Fold 4, What Are Their Main Difference?

As anticipated by many, Samsung has finally released their latest foldable smartphones. At the unpacked even, Samsung introduced the Galaxy Fold 4 as a successor to the Fold 3, Galaxy Flip 4 as a successor to the Flip 3,Galaxy Watch series and Galaxy buds 2 pro. But for the purpose of this article, we will focus on the Fold 4 and it’s predecessor, the Fold 3.

Samsung’s foldable phones have seen substantial growth since its inception in 2019. Looking at today’s foldable smartphones and comparing to the first edition makes the first edition look like an experimental product. Don’t get me wrong on this one, I am not trying to disrespect the Fold one. What I mean is that, if you hold the Fold 1 in your left hand and the Fold 4 in your right hand, you will understand me well.

Galaxy Fold 3 VS Galaxy Fold 4, What Are Their Main Difference?

The Beginning Of Samsung Galaxy Fold

There has been an enormous development since 2019 and I think that is how Samsung grows. There is always massive changes in their new product.  The Fold one had a little 4.6-inch outer screen with those bezels which were big enough to fit another screen. That deep folding line in the middle and the ugly notch at the top right conner of the inner display. Don’t also forget that you needed extra strength to fold the device.

At the time of writing this article, the Fold one was four years old. For that matter, Samsung just announced the fourth edition which is the Fold 4. Let us now follow the path to the Fold 4 a bit. After the Fold one, came the fold 2. This edition came with a lot of differences in design, looks and specs. It really looked more matured and futuristic compared to its predecessor.

Galaxy Fold 3 VS Galaxy Fold 4, What Are Their Main Difference?

The Screen Revolution

The 4.6 inch front display was upgraded to a larger 6.23-inch display. The inner foldable display was also increase from 7.3-inch to 7.6. The best part of the inner display is that, the top-right conner notch was replaced with a punch-hole camera cutout. The inner display also came rocking a 120Hz refresh rate display. This display was also protected by Gorilla Glass Victus which made it twice as strong as the inner screen on the Fold one.

Then came 2021, a year in which we welcomed the Galaxy Fold 3. The 3rd edition of the Galaxy Fold also came with its own distinctive design to separate itself from the rest. The main highlights of the design changes were the rear camera bump design which was trimmed to look smaller than that of the Fold 2. Another thing was the inner display’s front facing camera which was made invincible this time around. Samsung actually placed the front camera under the inner display. It was a nice innovation from Samsung even though the quality of that camera technology was not very usable as many would like to.

Galaxy Fold 3 VS Galaxy Fold 4, What Are Their Main Difference?

The Galaxy Fold 4 Era

Now we are in 2022 and the usual launch even happened. Samsung announced the Galaxy Fold 4 together with other consumer electronics on the 10th of August 2022. For the first time since the launch of the Fold one, it is very hard to tell the main differences between a new foldable and its predecessor. I see a lot of comments on social media pages and blogs where people are asking for the difference between the Fold 4 and the Fold 3. I understand them because I personally had to hold both devices to actually point out the main differences.


We have gathered the main differences between the Fold 3 and the Fold 4 right from the hardware perspective to the software. First of all the Fold 4 looks more polished than the Fold 3 when you look at the device from the aluminum edges. The edges have also been straightened out unlike the round looking edges on the previous one. Turning back the device, one thing we could clearly see is that, the camera lenses on the Fold 4 look larger than that of the Fold 3. The camera bump has also been enlarged and Thickened a bit more than the Fold 3.

Another notable change you could see is the size of the device itself. When unfolded, the Fold 3 measures 158.2 x 128.1 x 6.4 mm but when folded the measurement is 158.2 x 67.1 x 14.4-16 mm. When you unfold the Galaxy Fold 4, it measures about 155.1 x 130.1 x 6.3 mm  but when you fold it, it measures about 155.1 x 67.1 x 14.2-15.8 mm. Taking this measurements into consideration, we can conclude that the new Galaxy Fold 4 is slightly smaller than the Fold 3. Apart from the slightly smaller size of the Fold 4, the 3rd edition is also slightly heavier than the Fold 4. The Fold 3 has a weight of 271g but the Fold 4 weighs 263g.

Galaxy Fold 3 VS Galaxy Fold 4, What Are Their Main Difference?

A Little Explanation For Screen To Body Ratio In The Galaxy Fold 3 And Fold 4

When it comes to the screen department, both devices came with the same screen sizes. Neither of the outer nor the inner screens saw any substantial changes in size on both devices. What changed is the screen to body ratio. The Fold 3 has a screen to body ratio of 88.8% with the Fold 4 having a screen to body ratio of 90.9%. Now this should be a bit confusing because if they both have the same screen sizes why then difference in screen to body ratio?

Let me explain. Screen to body ratio is calculated by how much screen is covering the whole body of the device. For example you have one device measuring about 10-inches but it has a screen of about 5-inches. Another device also has the same dimension of 10-inches but the screen measures at 7-inches. In this case, the second device will have a higher screen to body ratio than the second one. This is because it covers more surface area on the 10-inch device than the first one. I guess this scenario should give you a firm understanding of why the Fold 4 has a higher screen to body ratio than the Fold 3.

What Are The Differences In Specs For The Galaxy Fold 3 And Fold 4

Let us now turn our attention to the internals of these two foldable devices. The Fold 3 came powered with Qualcomm’s 5nm Snapdragon 888 5G while the Fold 4 came powered with the latest Snapdragon 8+ Gen 1 4nm. To enhance the graphics, the Fold 4 houses in Adreno 670 GPU rather than the Adreno 660 that came with the Fold 3.

Another notable change in the spec sheet is in the camera departments. Even though they both have similar triple camera arrangements, they differ in terms of Megapixels. The Fold 3 comes with 12MP main sensor while the Fold 4 comes with a 50MP main sensor. The Telephoto lens however downgraded in the Fold 4. It featured a 10MP sensor instead of the 12MP Telephoto lens in the Fold 3. However, the 10MP sensor on the Fold 4 is capable of 3x zoom whereas the 12MP on the Fold 3 is only capable of 3x zoom.

The ultrawide lens however did not see anything new from the Fold 3. Both devices feature a 12MP  ultrawide sensors. The same thing goes for the front camera as there is nothing new to talk about. Both phones come with 4MP under display camera in the foldable inner screen and 10MP camera sensor in the outer front display.

Galaxy Fold 3 VS Galaxy Fold 4, What Are Their Main Difference?

The inner screens and outer screens on both devices come with similar specs as well. 6.2-inch outer front displays, 7.6-inch inner foldable displays on both smartphones. But the Fold 4 comes with a higher resolution of 1812 x 2176 pixels as compared to the 1768 x 2208 pixels on the Fold 3. The Fold 4 also features the new Gorilla Glass Victus Plus protection on the foldable display as compared to the Gorilla Glass Victus on the Fold 3.

Fold 3 And Fold 4 Battery And Charging

They both house-in 4400mAh batteries which support 25W charging technology. But Samsung has made some tweaks to make the Fold 4 charge 30% faster than the Fold 3. According to Samsung, the 25W on the Fold 4 can charge up to 50% within 30 minutes. The wireless charging department has also seen an upgrade from the Fold 3. 15W wireless charging on the Fold 4 as compared to the 11W on its predecessor.

The software division also comes with some upgrades. The Samsung Galaxy Fold 4 becomes the first ever smartphone to debut Android 12L. This version of Android software was purposely made for Large display Android devices such as Tablets. Thanks to the Galaxy Fold 4, the Android 12L made its way onto the market.

Yes they both look very similar to each other but there are major differences between both of them. And the upgrades Samsung brought in the Fold 4 are very noticeable and makes a lot of sense as well. If I had the Fold 3, I would definitely love to upgrade to the Fold 4.

News Related
  • NSW treasurer eases farmers’ fears over ‘fake meat’ investment

    New South Wales Treasurer Matt Kean has denied a recent investment in a Sydney “fake meat” factory signals a threat to farmers or the nation’s livestock industry. Speaking to Ben Fordham on radio station 2GB on Tuesday morning, Mr Kean confirmed the state government had recently invested in Vow Foods, ...
    See Details: NSW treasurer eases farmers’ fears over ‘fake meat’ investment
  • Best smartphones under RM600 – Oct 2022 Edition

    At SoyaCincau, we love flagship smartphones as much as the next person. It’s really fun being on the bleeding edge of phone technology, whether it’s blazing fast performance, professional-grade cameras or even folding screens. But we also know that top-of-the-line phones are ridiculously expensive, and in this faltering economy, spending ...
    See Details: Best smartphones under RM600 – Oct 2022 Edition
  • Suda51 Says No More Heroes Could Get A Fourth Game

    Travis could come back if there was enough demand from fans, the creator said.
    See Details: Suda51 Says No More Heroes Could Get A Fourth Game
  • The airasia Super App now lets users book tickets for buses, trains and ferries

    airasia Super App today announced an expansion to its booking capability as the platform now allows users to book tickets for buses, trains and ferries seamlessly via its latest offering, airasia transport. Already one of the top players in the OTA (online travel agent) space with flights from over 700 ...
    See Details: The airasia Super App now lets users book tickets for buses, trains and ferries
  • Cair Mulai Oktober Ini, Begini 2 Cara Cek Penerima Bansos PKH Tahap 4

    Link cek penerima bansos PKH tahap 4. KOMPAS.com – Pencairan Bantuan sosial Program Keluarga Harapan untuk 2022 (Bansos PKH 2022) sejauh ini telah diselenggarakan hingga tahap yang ke-3. Lantas, kapan bansos PKH tahap 4 cair? Untuk pencairan bansos PKH tahap 4, rencananya dimulai pada awal Oktober ini hingga Desember mendatang, ...
    See Details: Cair Mulai Oktober Ini, Begini 2 Cara Cek Penerima Bansos PKH Tahap 4
  • Melbourne COVID quarantine hub to close

    Victoria's purpose-built quarantine facility will close as Australia's COVID-19 pandemic response continues to wind down. The $200 million quarantine facility at Mickleham in Melbourne's outer north will shut next week after opening in February and housing 2168 residents. The facility was operated by the Victorian government but built and paid ...
    See Details: Melbourne COVID quarantine hub to close
  • Samsung Electronics to triple advanced chip production by 2027, sees robust demand

    ETtech Samsung began mass producing chips with 3-nanometre technology in June. The company was in talks with potential customers for 3-nanometre collaboration, including Qualcomm , Tesla and Advanced Micro Devices Samsung Electronics’ chip contract manufacturing business said on Tuesday it plans to more than triple its advanced chips production capacity ...
    See Details: Samsung Electronics to triple advanced chip production by 2027, sees robust demand
  • これが折りたたみスマホの完成形! 「Galaxy Z Fold4」国内版レビュー

    Galaxy Z Fold4(SCG16)  開くと小型タブレット、閉じるとスマートフォンになる横折り式の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold4」が日本でも発売になった。販売キャリアはドコモとauだ。今回はau版(SCG16)で折りたたみスマートフォンの使い勝手を中心に試してみた。 スリムなスマホがタブレットに変形する  サムスンの横折り式スマートフォンはこれで4機種目となる。Galaxy Z Fold4は2022年8月にニューヨークでグローバル発表された最新モデルでもある。前モデルの「Galaxy Z Fold3 5G」と比べるとディスプレーの形状やカメラスペックに進化があり、さらにOSもAndroid 12Lを採用することで使い勝手が向上している。これまでの折りたたみスマートフォンの「ここがもう少し使いやすくなってくれればいいのに」と感じていた部分が改良されており、一部のマニア向けの製品ではなく、多くの消費者向けのGalaxyシリーズフラッグシップモデルという製品に進化したと感じられる。 横折り式モデルとして完成度は非常に高い  Galaxy Z Fold4は閉じたときの大きさが約155×約67×約14.2mm(最厚部約15.8mm)、カバーディスプレーサイズは6.2型(2316×904ドット、約23:1)。前モデルと比較すると横幅は変わらないが高さは約3.1mm、厚みは約0.2mm小さくなった。ディスプレーの解像度も前モデルは2268×832ドット(約25:9)と縦にワイドだったが、Galaxy Z Fold4は横の解像度が高まったこともあり、閉じた状態の表示は一般的なスマートフォンにより近づいた。  背面を見るとカメラは3つ。メインカメラは5000万画素となり、前モデルの1200万画素より高解像度になり、性能としてはGalaxy S22相当になった。超広角1200万画素は変わらないが、望遠は1000万画素光学3倍となり、前モデルの1200万画素光学2倍より望遠性能が伸びた。Galaxy S22同様に夜間撮影性能も高められている。 Galaxy Z Fold4を閉じた状態  ディスプレーを開くと7.6型(2176×1812ドット)となる。前モデルは同サイズで2208×1768ドットであり、より正方形に近づいた。開いた状態のサイズは約155×130×6.3mm(最厚部約9 .1mm)。前モデル比で高さ3.1mm減、幅2mm増、厚みは0.1mm減。ディスプレー解像度同様に、本体の大きさも開くとより正方形に近くなった。なお重量は263gで前モデルより8g軽量化されている。 Galaxy Z Fold4を開いた状態  側面を見ると、まず折りたたみの需要なパーツのヒンジ部分を覆うカバーにはGalaxyのロゴが入っている。Galaxy Z Fold4が若干サイズダウンできたのはヒンジ部分の構造を大きく変えたからだという。外側からは見えないが、内部には大きな改良が加えられているのだ。 ヒンジ部分には「Galaxy」のロゴが入る。海外モデルはここが「Samsung」になっている  本体上部と下部は閉じたときに隙間ができる。このため本体の厚みに1.6mmの差が出るのだ。隙間なく閉じれる方がいいようにも思えるが、万が一何か異物を挟んで閉じてしまった時、隙間側に「逃げ」の空間が用意されていると考えることもできる。実際に使っていくとこの隙間は特に気になるものではない。 閉じた状態で上部と下部を見ると隙間があることがわかる  本体を開いて横から見ると薄さが際立つ。なおヒンジはしっかりと本体左右を固定するので、片側を持つことでヒンジがぐらつくこともない。 開いた状態で側面から見る マルチウィンドウも便利なAndroid 12L  Galaxy Z Fold4のOSはAndroid 12Lを搭載している。ディスプレーを開くと下部にアプリケーションのショートカットアイコンが並んでいるのが特徴だ。Galaxy Zシリーズはこれまでの機種でも最大3つのアプリを分割画面で同時に開くことができた。Android 12Lを搭載したことで、複数のアプリの起動が便利になったのだ。 Android 12Lでは下部にアプリのアイコンが並ぶ  起動中のアプリに加え、もう1つのアプリを分割で開きたいときは、下部に配置されているアプリから希望するアプリ、または一番左をタップしてアプリ一覧を表示、それぞれアプリのアイコンをディスプレーの右、左、上、下、好きな場所にドラッグする。すると2つのアプリが分割表示される。 ...
    See Details: これが折りたたみスマホの完成形! 「Galaxy Z Fold4」国内版レビュー
  • Rockdale. Sydney: 70 firefighters battle massive blaze

    Galaxy Z Fold4(SCG16)  開くと小型タブレット、閉じるとスマートフォンになる横折り式の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold4」が日本でも発売になった。販売キャリアはドコモとauだ。今回はau版(SCG16)で折りたたみスマートフォンの使い勝手を中心に試してみた。 スリムなスマホがタブレットに変形する  サムスンの横折り式スマートフォンはこれで4機種目となる。Galaxy Z Fold4は2022年8月にニューヨークでグローバル発表された最新モデルでもある。前モデルの「Galaxy Z Fold3 5G」と比べるとディスプレーの形状やカメラスペックに進化があり、さらにOSもAndroid 12Lを採用することで使い勝手が向上している。これまでの折りたたみスマートフォンの「ここがもう少し使いやすくなってくれればいいのに」と感じていた部分が改良されており、一部のマニア向けの製品ではなく、多くの消費者向けのGalaxyシリーズフラッグシップモデルという製品に進化したと感じられる。 横折り式モデルとして完成度は非常に高い  Galaxy Z Fold4は閉じたときの大きさが約155×約67×約14.2mm(最厚部約15.8mm)、カバーディスプレーサイズは6.2型(2316×904ドット、約23:1)。前モデルと比較すると横幅は変わらないが高さは約3.1mm、厚みは約0.2mm小さくなった。ディスプレーの解像度も前モデルは2268×832ドット(約25:9)と縦にワイドだったが、Galaxy Z Fold4は横の解像度が高まったこともあり、閉じた状態の表示は一般的なスマートフォンにより近づいた。  背面を見るとカメラは3つ。メインカメラは5000万画素となり、前モデルの1200万画素より高解像度になり、性能としてはGalaxy S22相当になった。超広角1200万画素は変わらないが、望遠は1000万画素光学3倍となり、前モデルの1200万画素光学2倍より望遠性能が伸びた。Galaxy S22同様に夜間撮影性能も高められている。 Galaxy Z Fold4を閉じた状態  ディスプレーを開くと7.6型(2176×1812ドット)となる。前モデルは同サイズで2208×1768ドットであり、より正方形に近づいた。開いた状態のサイズは約155×130×6.3mm(最厚部約9 .1mm)。前モデル比で高さ3.1mm減、幅2mm増、厚みは0.1mm減。ディスプレー解像度同様に、本体の大きさも開くとより正方形に近くなった。なお重量は263gで前モデルより8g軽量化されている。 Galaxy Z Fold4を開いた状態  側面を見ると、まず折りたたみの需要なパーツのヒンジ部分を覆うカバーにはGalaxyのロゴが入っている。Galaxy Z Fold4が若干サイズダウンできたのはヒンジ部分の構造を大きく変えたからだという。外側からは見えないが、内部には大きな改良が加えられているのだ。 ヒンジ部分には「Galaxy」のロゴが入る。海外モデルはここが「Samsung」になっている  本体上部と下部は閉じたときに隙間ができる。このため本体の厚みに1.6mmの差が出るのだ。隙間なく閉じれる方がいいようにも思えるが、万が一何か異物を挟んで閉じてしまった時、隙間側に「逃げ」の空間が用意されていると考えることもできる。実際に使っていくとこの隙間は特に気になるものではない。 閉じた状態で上部と下部を見ると隙間があることがわかる  本体を開いて横から見ると薄さが際立つ。なおヒンジはしっかりと本体左右を固定するので、片側を持つことでヒンジがぐらつくこともない。 開いた状態で側面から見る マルチウィンドウも便利なAndroid 12L  Galaxy Z Fold4のOSはAndroid 12Lを搭載している。ディスプレーを開くと下部にアプリケーションのショートカットアイコンが並んでいるのが特徴だ。Galaxy Zシリーズはこれまでの機種でも最大3つのアプリを分割画面で同時に開くことができた。Android 12Lを搭載したことで、複数のアプリの起動が便利になったのだ。 Android 12Lでは下部にアプリのアイコンが並ぶ  起動中のアプリに加え、もう1つのアプリを分割で開きたいときは、下部に配置されているアプリから希望するアプリ、または一番左をタップしてアプリ一覧を表示、それぞれアプリのアイコンをディスプレーの右、左、上、下、好きな場所にドラッグする。すると2つのアプリが分割表示される。 ...
    See Details: Rockdale. Sydney: 70 firefighters battle massive blaze
  • Twitter Begins Rollout of Edit Button — Is It Available in the US?

    Galaxy Z Fold4(SCG16)  開くと小型タブレット、閉じるとスマートフォンになる横折り式の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold4」が日本でも発売になった。販売キャリアはドコモとauだ。今回はau版(SCG16)で折りたたみスマートフォンの使い勝手を中心に試してみた。 スリムなスマホがタブレットに変形する  サムスンの横折り式スマートフォンはこれで4機種目となる。Galaxy Z Fold4は2022年8月にニューヨークでグローバル発表された最新モデルでもある。前モデルの「Galaxy Z Fold3 5G」と比べるとディスプレーの形状やカメラスペックに進化があり、さらにOSもAndroid 12Lを採用することで使い勝手が向上している。これまでの折りたたみスマートフォンの「ここがもう少し使いやすくなってくれればいいのに」と感じていた部分が改良されており、一部のマニア向けの製品ではなく、多くの消費者向けのGalaxyシリーズフラッグシップモデルという製品に進化したと感じられる。 横折り式モデルとして完成度は非常に高い  Galaxy Z Fold4は閉じたときの大きさが約155×約67×約14.2mm(最厚部約15.8mm)、カバーディスプレーサイズは6.2型(2316×904ドット、約23:1)。前モデルと比較すると横幅は変わらないが高さは約3.1mm、厚みは約0.2mm小さくなった。ディスプレーの解像度も前モデルは2268×832ドット(約25:9)と縦にワイドだったが、Galaxy Z Fold4は横の解像度が高まったこともあり、閉じた状態の表示は一般的なスマートフォンにより近づいた。  背面を見るとカメラは3つ。メインカメラは5000万画素となり、前モデルの1200万画素より高解像度になり、性能としてはGalaxy S22相当になった。超広角1200万画素は変わらないが、望遠は1000万画素光学3倍となり、前モデルの1200万画素光学2倍より望遠性能が伸びた。Galaxy S22同様に夜間撮影性能も高められている。 Galaxy Z Fold4を閉じた状態  ディスプレーを開くと7.6型(2176×1812ドット)となる。前モデルは同サイズで2208×1768ドットであり、より正方形に近づいた。開いた状態のサイズは約155×130×6.3mm(最厚部約9 .1mm)。前モデル比で高さ3.1mm減、幅2mm増、厚みは0.1mm減。ディスプレー解像度同様に、本体の大きさも開くとより正方形に近くなった。なお重量は263gで前モデルより8g軽量化されている。 Galaxy Z Fold4を開いた状態  側面を見ると、まず折りたたみの需要なパーツのヒンジ部分を覆うカバーにはGalaxyのロゴが入っている。Galaxy Z Fold4が若干サイズダウンできたのはヒンジ部分の構造を大きく変えたからだという。外側からは見えないが、内部には大きな改良が加えられているのだ。 ヒンジ部分には「Galaxy」のロゴが入る。海外モデルはここが「Samsung」になっている  本体上部と下部は閉じたときに隙間ができる。このため本体の厚みに1.6mmの差が出るのだ。隙間なく閉じれる方がいいようにも思えるが、万が一何か異物を挟んで閉じてしまった時、隙間側に「逃げ」の空間が用意されていると考えることもできる。実際に使っていくとこの隙間は特に気になるものではない。 閉じた状態で上部と下部を見ると隙間があることがわかる  本体を開いて横から見ると薄さが際立つ。なおヒンジはしっかりと本体左右を固定するので、片側を持つことでヒンジがぐらつくこともない。 開いた状態で側面から見る マルチウィンドウも便利なAndroid 12L  Galaxy Z Fold4のOSはAndroid 12Lを搭載している。ディスプレーを開くと下部にアプリケーションのショートカットアイコンが並んでいるのが特徴だ。Galaxy Zシリーズはこれまでの機種でも最大3つのアプリを分割画面で同時に開くことができた。Android 12Lを搭載したことで、複数のアプリの起動が便利になったのだ。 Android 12Lでは下部にアプリのアイコンが並ぶ  起動中のアプリに加え、もう1つのアプリを分割で開きたいときは、下部に配置されているアプリから希望するアプリ、または一番左をタップしてアプリ一覧を表示、それぞれアプリのアイコンをディスプレーの右、左、上、下、好きな場所にドラッグする。すると2つのアプリが分割表示される。 ...
    See Details: Twitter Begins Rollout of Edit Button — Is It Available in the US?
  • Birthday boy slammed by neighbor in ruthless letter

    Galaxy Z Fold4(SCG16)  開くと小型タブレット、閉じるとスマートフォンになる横折り式の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold4」が日本でも発売になった。販売キャリアはドコモとauだ。今回はau版(SCG16)で折りたたみスマートフォンの使い勝手を中心に試してみた。 スリムなスマホがタブレットに変形する  サムスンの横折り式スマートフォンはこれで4機種目となる。Galaxy Z Fold4は2022年8月にニューヨークでグローバル発表された最新モデルでもある。前モデルの「Galaxy Z Fold3 5G」と比べるとディスプレーの形状やカメラスペックに進化があり、さらにOSもAndroid 12Lを採用することで使い勝手が向上している。これまでの折りたたみスマートフォンの「ここがもう少し使いやすくなってくれればいいのに」と感じていた部分が改良されており、一部のマニア向けの製品ではなく、多くの消費者向けのGalaxyシリーズフラッグシップモデルという製品に進化したと感じられる。 横折り式モデルとして完成度は非常に高い  Galaxy Z Fold4は閉じたときの大きさが約155×約67×約14.2mm(最厚部約15.8mm)、カバーディスプレーサイズは6.2型(2316×904ドット、約23:1)。前モデルと比較すると横幅は変わらないが高さは約3.1mm、厚みは約0.2mm小さくなった。ディスプレーの解像度も前モデルは2268×832ドット(約25:9)と縦にワイドだったが、Galaxy Z Fold4は横の解像度が高まったこともあり、閉じた状態の表示は一般的なスマートフォンにより近づいた。  背面を見るとカメラは3つ。メインカメラは5000万画素となり、前モデルの1200万画素より高解像度になり、性能としてはGalaxy S22相当になった。超広角1200万画素は変わらないが、望遠は1000万画素光学3倍となり、前モデルの1200万画素光学2倍より望遠性能が伸びた。Galaxy S22同様に夜間撮影性能も高められている。 Galaxy Z Fold4を閉じた状態  ディスプレーを開くと7.6型(2176×1812ドット)となる。前モデルは同サイズで2208×1768ドットであり、より正方形に近づいた。開いた状態のサイズは約155×130×6.3mm(最厚部約9 .1mm)。前モデル比で高さ3.1mm減、幅2mm増、厚みは0.1mm減。ディスプレー解像度同様に、本体の大きさも開くとより正方形に近くなった。なお重量は263gで前モデルより8g軽量化されている。 Galaxy Z Fold4を開いた状態  側面を見ると、まず折りたたみの需要なパーツのヒンジ部分を覆うカバーにはGalaxyのロゴが入っている。Galaxy Z Fold4が若干サイズダウンできたのはヒンジ部分の構造を大きく変えたからだという。外側からは見えないが、内部には大きな改良が加えられているのだ。 ヒンジ部分には「Galaxy」のロゴが入る。海外モデルはここが「Samsung」になっている  本体上部と下部は閉じたときに隙間ができる。このため本体の厚みに1.6mmの差が出るのだ。隙間なく閉じれる方がいいようにも思えるが、万が一何か異物を挟んで閉じてしまった時、隙間側に「逃げ」の空間が用意されていると考えることもできる。実際に使っていくとこの隙間は特に気になるものではない。 閉じた状態で上部と下部を見ると隙間があることがわかる  本体を開いて横から見ると薄さが際立つ。なおヒンジはしっかりと本体左右を固定するので、片側を持つことでヒンジがぐらつくこともない。 開いた状態で側面から見る マルチウィンドウも便利なAndroid 12L  Galaxy Z Fold4のOSはAndroid 12Lを搭載している。ディスプレーを開くと下部にアプリケーションのショートカットアイコンが並んでいるのが特徴だ。Galaxy Zシリーズはこれまでの機種でも最大3つのアプリを分割画面で同時に開くことができた。Android 12Lを搭載したことで、複数のアプリの起動が便利になったのだ。 Android 12Lでは下部にアプリのアイコンが並ぶ  起動中のアプリに加え、もう1つのアプリを分割で開きたいときは、下部に配置されているアプリから希望するアプリ、または一番左をタップしてアプリ一覧を表示、それぞれアプリのアイコンをディスプレーの右、左、上、下、好きな場所にドラッグする。すると2つのアプリが分割表示される。 ...
    See Details: Birthday boy slammed by neighbor in ruthless letter
  • Big question looms over Reserve Bank of Australia’s interest rate hike

    Galaxy Z Fold4(SCG16)  開くと小型タブレット、閉じるとスマートフォンになる横折り式の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold4」が日本でも発売になった。販売キャリアはドコモとauだ。今回はau版(SCG16)で折りたたみスマートフォンの使い勝手を中心に試してみた。 スリムなスマホがタブレットに変形する  サムスンの横折り式スマートフォンはこれで4機種目となる。Galaxy Z Fold4は2022年8月にニューヨークでグローバル発表された最新モデルでもある。前モデルの「Galaxy Z Fold3 5G」と比べるとディスプレーの形状やカメラスペックに進化があり、さらにOSもAndroid 12Lを採用することで使い勝手が向上している。これまでの折りたたみスマートフォンの「ここがもう少し使いやすくなってくれればいいのに」と感じていた部分が改良されており、一部のマニア向けの製品ではなく、多くの消費者向けのGalaxyシリーズフラッグシップモデルという製品に進化したと感じられる。 横折り式モデルとして完成度は非常に高い  Galaxy Z Fold4は閉じたときの大きさが約155×約67×約14.2mm(最厚部約15.8mm)、カバーディスプレーサイズは6.2型(2316×904ドット、約23:1)。前モデルと比較すると横幅は変わらないが高さは約3.1mm、厚みは約0.2mm小さくなった。ディスプレーの解像度も前モデルは2268×832ドット(約25:9)と縦にワイドだったが、Galaxy Z Fold4は横の解像度が高まったこともあり、閉じた状態の表示は一般的なスマートフォンにより近づいた。  背面を見るとカメラは3つ。メインカメラは5000万画素となり、前モデルの1200万画素より高解像度になり、性能としてはGalaxy S22相当になった。超広角1200万画素は変わらないが、望遠は1000万画素光学3倍となり、前モデルの1200万画素光学2倍より望遠性能が伸びた。Galaxy S22同様に夜間撮影性能も高められている。 Galaxy Z Fold4を閉じた状態  ディスプレーを開くと7.6型(2176×1812ドット)となる。前モデルは同サイズで2208×1768ドットであり、より正方形に近づいた。開いた状態のサイズは約155×130×6.3mm(最厚部約9 .1mm)。前モデル比で高さ3.1mm減、幅2mm増、厚みは0.1mm減。ディスプレー解像度同様に、本体の大きさも開くとより正方形に近くなった。なお重量は263gで前モデルより8g軽量化されている。 Galaxy Z Fold4を開いた状態  側面を見ると、まず折りたたみの需要なパーツのヒンジ部分を覆うカバーにはGalaxyのロゴが入っている。Galaxy Z Fold4が若干サイズダウンできたのはヒンジ部分の構造を大きく変えたからだという。外側からは見えないが、内部には大きな改良が加えられているのだ。 ヒンジ部分には「Galaxy」のロゴが入る。海外モデルはここが「Samsung」になっている  本体上部と下部は閉じたときに隙間ができる。このため本体の厚みに1.6mmの差が出るのだ。隙間なく閉じれる方がいいようにも思えるが、万が一何か異物を挟んで閉じてしまった時、隙間側に「逃げ」の空間が用意されていると考えることもできる。実際に使っていくとこの隙間は特に気になるものではない。 閉じた状態で上部と下部を見ると隙間があることがわかる  本体を開いて横から見ると薄さが際立つ。なおヒンジはしっかりと本体左右を固定するので、片側を持つことでヒンジがぐらつくこともない。 開いた状態で側面から見る マルチウィンドウも便利なAndroid 12L  Galaxy Z Fold4のOSはAndroid 12Lを搭載している。ディスプレーを開くと下部にアプリケーションのショートカットアイコンが並んでいるのが特徴だ。Galaxy Zシリーズはこれまでの機種でも最大3つのアプリを分割画面で同時に開くことができた。Android 12Lを搭載したことで、複数のアプリの起動が便利になったのだ。 Android 12Lでは下部にアプリのアイコンが並ぶ  起動中のアプリに加え、もう1つのアプリを分割で開きたいときは、下部に配置されているアプリから希望するアプリ、または一番左をタップしてアプリ一覧を表示、それぞれアプリのアイコンをディスプレーの右、左、上、下、好きな場所にドラッグする。すると2つのアプリが分割表示される。 ...
    See Details: Big question looms over Reserve Bank of Australia’s interest rate hike
  • 2023 Alfa Romeo Tonale Australian price and specs

    Galaxy Z Fold4(SCG16)  開くと小型タブレット、閉じるとスマートフォンになる横折り式の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold4」が日本でも発売になった。販売キャリアはドコモとauだ。今回はau版(SCG16)で折りたたみスマートフォンの使い勝手を中心に試してみた。 スリムなスマホがタブレットに変形する  サムスンの横折り式スマートフォンはこれで4機種目となる。Galaxy Z Fold4は2022年8月にニューヨークでグローバル発表された最新モデルでもある。前モデルの「Galaxy Z Fold3 5G」と比べるとディスプレーの形状やカメラスペックに進化があり、さらにOSもAndroid 12Lを採用することで使い勝手が向上している。これまでの折りたたみスマートフォンの「ここがもう少し使いやすくなってくれればいいのに」と感じていた部分が改良されており、一部のマニア向けの製品ではなく、多くの消費者向けのGalaxyシリーズフラッグシップモデルという製品に進化したと感じられる。 横折り式モデルとして完成度は非常に高い  Galaxy Z Fold4は閉じたときの大きさが約155×約67×約14.2mm(最厚部約15.8mm)、カバーディスプレーサイズは6.2型(2316×904ドット、約23:1)。前モデルと比較すると横幅は変わらないが高さは約3.1mm、厚みは約0.2mm小さくなった。ディスプレーの解像度も前モデルは2268×832ドット(約25:9)と縦にワイドだったが、Galaxy Z Fold4は横の解像度が高まったこともあり、閉じた状態の表示は一般的なスマートフォンにより近づいた。  背面を見るとカメラは3つ。メインカメラは5000万画素となり、前モデルの1200万画素より高解像度になり、性能としてはGalaxy S22相当になった。超広角1200万画素は変わらないが、望遠は1000万画素光学3倍となり、前モデルの1200万画素光学2倍より望遠性能が伸びた。Galaxy S22同様に夜間撮影性能も高められている。 Galaxy Z Fold4を閉じた状態  ディスプレーを開くと7.6型(2176×1812ドット)となる。前モデルは同サイズで2208×1768ドットであり、より正方形に近づいた。開いた状態のサイズは約155×130×6.3mm(最厚部約9 .1mm)。前モデル比で高さ3.1mm減、幅2mm増、厚みは0.1mm減。ディスプレー解像度同様に、本体の大きさも開くとより正方形に近くなった。なお重量は263gで前モデルより8g軽量化されている。 Galaxy Z Fold4を開いた状態  側面を見ると、まず折りたたみの需要なパーツのヒンジ部分を覆うカバーにはGalaxyのロゴが入っている。Galaxy Z Fold4が若干サイズダウンできたのはヒンジ部分の構造を大きく変えたからだという。外側からは見えないが、内部には大きな改良が加えられているのだ。 ヒンジ部分には「Galaxy」のロゴが入る。海外モデルはここが「Samsung」になっている  本体上部と下部は閉じたときに隙間ができる。このため本体の厚みに1.6mmの差が出るのだ。隙間なく閉じれる方がいいようにも思えるが、万が一何か異物を挟んで閉じてしまった時、隙間側に「逃げ」の空間が用意されていると考えることもできる。実際に使っていくとこの隙間は特に気になるものではない。 閉じた状態で上部と下部を見ると隙間があることがわかる  本体を開いて横から見ると薄さが際立つ。なおヒンジはしっかりと本体左右を固定するので、片側を持つことでヒンジがぐらつくこともない。 開いた状態で側面から見る マルチウィンドウも便利なAndroid 12L  Galaxy Z Fold4のOSはAndroid 12Lを搭載している。ディスプレーを開くと下部にアプリケーションのショートカットアイコンが並んでいるのが特徴だ。Galaxy Zシリーズはこれまでの機種でも最大3つのアプリを分割画面で同時に開くことができた。Android 12Lを搭載したことで、複数のアプリの起動が便利になったのだ。 Android 12Lでは下部にアプリのアイコンが並ぶ  起動中のアプリに加え、もう1つのアプリを分割で開きたいときは、下部に配置されているアプリから希望するアプリ、または一番左をタップしてアプリ一覧を表示、それぞれアプリのアイコンをディスプレーの右、左、上、下、好きな場所にドラッグする。すると2つのアプリが分割表示される。 ...
    See Details: 2023 Alfa Romeo Tonale Australian price and specs
  • Body in chipper kept Roser 'up at night'

    Galaxy Z Fold4(SCG16)  開くと小型タブレット、閉じるとスマートフォンになる横折り式の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold4」が日本でも発売になった。販売キャリアはドコモとauだ。今回はau版(SCG16)で折りたたみスマートフォンの使い勝手を中心に試してみた。 スリムなスマホがタブレットに変形する  サムスンの横折り式スマートフォンはこれで4機種目となる。Galaxy Z Fold4は2022年8月にニューヨークでグローバル発表された最新モデルでもある。前モデルの「Galaxy Z Fold3 5G」と比べるとディスプレーの形状やカメラスペックに進化があり、さらにOSもAndroid 12Lを採用することで使い勝手が向上している。これまでの折りたたみスマートフォンの「ここがもう少し使いやすくなってくれればいいのに」と感じていた部分が改良されており、一部のマニア向けの製品ではなく、多くの消費者向けのGalaxyシリーズフラッグシップモデルという製品に進化したと感じられる。 横折り式モデルとして完成度は非常に高い  Galaxy Z Fold4は閉じたときの大きさが約155×約67×約14.2mm(最厚部約15.8mm)、カバーディスプレーサイズは6.2型(2316×904ドット、約23:1)。前モデルと比較すると横幅は変わらないが高さは約3.1mm、厚みは約0.2mm小さくなった。ディスプレーの解像度も前モデルは2268×832ドット(約25:9)と縦にワイドだったが、Galaxy Z Fold4は横の解像度が高まったこともあり、閉じた状態の表示は一般的なスマートフォンにより近づいた。  背面を見るとカメラは3つ。メインカメラは5000万画素となり、前モデルの1200万画素より高解像度になり、性能としてはGalaxy S22相当になった。超広角1200万画素は変わらないが、望遠は1000万画素光学3倍となり、前モデルの1200万画素光学2倍より望遠性能が伸びた。Galaxy S22同様に夜間撮影性能も高められている。 Galaxy Z Fold4を閉じた状態  ディスプレーを開くと7.6型(2176×1812ドット)となる。前モデルは同サイズで2208×1768ドットであり、より正方形に近づいた。開いた状態のサイズは約155×130×6.3mm(最厚部約9 .1mm)。前モデル比で高さ3.1mm減、幅2mm増、厚みは0.1mm減。ディスプレー解像度同様に、本体の大きさも開くとより正方形に近くなった。なお重量は263gで前モデルより8g軽量化されている。 Galaxy Z Fold4を開いた状態  側面を見ると、まず折りたたみの需要なパーツのヒンジ部分を覆うカバーにはGalaxyのロゴが入っている。Galaxy Z Fold4が若干サイズダウンできたのはヒンジ部分の構造を大きく変えたからだという。外側からは見えないが、内部には大きな改良が加えられているのだ。 ヒンジ部分には「Galaxy」のロゴが入る。海外モデルはここが「Samsung」になっている  本体上部と下部は閉じたときに隙間ができる。このため本体の厚みに1.6mmの差が出るのだ。隙間なく閉じれる方がいいようにも思えるが、万が一何か異物を挟んで閉じてしまった時、隙間側に「逃げ」の空間が用意されていると考えることもできる。実際に使っていくとこの隙間は特に気になるものではない。 閉じた状態で上部と下部を見ると隙間があることがわかる  本体を開いて横から見ると薄さが際立つ。なおヒンジはしっかりと本体左右を固定するので、片側を持つことでヒンジがぐらつくこともない。 開いた状態で側面から見る マルチウィンドウも便利なAndroid 12L  Galaxy Z Fold4のOSはAndroid 12Lを搭載している。ディスプレーを開くと下部にアプリケーションのショートカットアイコンが並んでいるのが特徴だ。Galaxy Zシリーズはこれまでの機種でも最大3つのアプリを分割画面で同時に開くことができた。Android 12Lを搭載したことで、複数のアプリの起動が便利になったのだ。 Android 12Lでは下部にアプリのアイコンが並ぶ  起動中のアプリに加え、もう1つのアプリを分割で開きたいときは、下部に配置されているアプリから希望するアプリ、または一番左をタップしてアプリ一覧を表示、それぞれアプリのアイコンをディスプレーの右、左、上、下、好きな場所にドラッグする。すると2つのアプリが分割表示される。 ...
    See Details: Body in chipper kept Roser 'up at night'

OTHER NEWS

AFL 2022: Fremantle to trade Griffin Logue and Darcy Tucker to North Melbourne for draft pick haul

North Melbourne’s AFL assistance package has helped land the Kangaroos their first two trade targets. Fremantle will send out-of-contract swingman Griffin Logue, Darcy Tucker and a future third-round selection to ... Read more »

Haiti police fire tear gas at protesters

Police in Haiti have fired tear gas at thousands of protesters marching in the streets of the capital, Port-au-Prince, against Prime Minister Ariel Henry's government and its handling of crippling ... Read more »

Inglewood fire: Former Hells Angels clubhouse in Inglewood Lane goes up in flames

Police are investigating a suspicious blaze at the former Hells Angels clubhouse in Inglewood. Firefighters were called to the scene on Inglewood Lane around 4.11am on Tuesday to find the ... Read more »

Redmi Note 11 SE and Redmi Watch 2 Lite Combo at Rs 13,999 is a Deal You Can Consider

As part of this combo deal, buyers can save Rs 4,499 with about a 25% discount. Read more »

JioBook Budget Laptop with Snapdragon 665 Processor, 2GB LPDDR4x RAM Launched in India: Price, Specifications

The JioBook laptop is expected to go on sale ahead of the festive season. Read more »

New TerraMaster NASs, the F2-223 and F4-223, add TRAID for SOHO and SMB users

TerraMaster’s new NASs, the F2-223 and F4-223, are two and four-bay storage arrays that include TerraMaster RAID (TRAID), and the latest TOS 5. Both are powered by an Intel Celeron ... Read more »

Pokémon GO In-Game Prices Increasing In Select Regions This Month

Pikmin Bloom will also be impacted Read more »

Spider-Man Supreme Is Coming To Marvel Contest Of Champions

The new Spider-Man variant will face off against villain Spot in Contest of Champions' new event quest Arachnophobia. Read more »

DARPA developed a brain-zapping prosthesis that improves memory by 50%

Memory loss is a terrible thing. With so many brain injuries and diseases able to cause significant loss of memory, scientists have spent a long time looking for ways to ... Read more »

Star couple Curtis Scott, Tay-Leigha Clark fought over ‘graphic’ Snapchats: court

NRL star Curtis Scott has admitted to having heated arguments with former partner Tay-Leigha Clark, but says he was never physically abusive to her. Sydney’s Downing Centre District Court heard ... Read more »

Vic mum accused of killing her baby boy

A Melbourne mother has faced court accused of killing her baby boy. Alyssa Nguyen, also known as Bao Tram Anh Nguyen, is charged with infanticide over the death of her ... Read more »

Tennis star Nick Kyrgios to fight assault charge on mental health grounds

Nick Kyrgios will appear in court on Feb. 3 for the first time since he was charged in July. AP Wimbledon runner-up Nick Kyrgios will apply to have an assault ... Read more »

Four alleged looters charged in Florida following Hurricane Ian

As Floridians begin to rebuild their communities, residents around Florida have made it clear they will protect what property they have left following the aftermath of Hurricane Ian. Getty Images ... Read more »

Indonesia's Bioma raises pre-seed funding co-led by East Ventures and Init-6

Bioma, an Indonesia-based product-as-a-service startup that enables consumers to rent various types of physical assets, announced Tuesday the completion of an undisclosed amount of pre-seed funding round co-led by East ... Read more »

Animoca Brands and Coincheck strengthen strategic partnershipcollaboration

Hong Kong-based blockchain gaming firm Animoca Brands Corporation Limited and Japan-based cryptocurrency exchange and non-fungible token marketplace Coincheck, Inc. have agreed to further strengthen their collaboration and promote a strategic ... Read more »

YouTube is Now Asking Users to Upgrade to Premium to Watch 4K Videos

YouTube may now require users to avail Premium subscription to make 4K streaming exclusive on the platform. The world’s biggest video streaming platform is apparently looking into putting up a ... Read more »

Nintendo Introduces The Cast Of Bayonetta 3

Meet the devious divas and one bad kitty Read more »

Reno 9 series tipped to pack the older Snapdragon 778G SoC

Details about the Oppo Reno 9 series’ chipset have surfaced online before the official launch, courtesy of a reliable tipster. Oppo brought its Reno 8 series smartphones into the Indian market ... Read more »

Tesla builds Dojo supercomputer with in-house chips

While Tesla’s full self-driving features have yet to overcome some technical hurdles and regulatory restrictions, its AI team has demonstrated impressive work at Tesla’s AI Day 2022. The annual event ... Read more »

Netflix Gamertags Have Arrived, Here’s How You Can Nab Yours

In a bid to provide a more personalised mobile games experience, Netflix is letting users create/change their Gamertag (in-game names) across all its mobile games. The feature is now live ... Read more »

Debbie Collier murder: Who is trucker mentioned in 911 call?

Debbie Collier was involved in an accident with a truck driver that pleaded for her not to involve the cops due to them being out on parole. Facebook/Tammy Doty More ... Read more »

Digi Postpaid Infinite plans are back, free iPad from Postpaid Family Unlimited plan and many more

In another round of Juara Internet Untuk Semua by Digi, this new campaign is available for all new and current Digi customers to enjoy exciting offers. From free devices to ... Read more »

Galaxy A11 gets Android 12, its last major software update

Samsung has released the Android 12 update to the Galaxy A11. This affordable smartphone was launched in early 2020 with Android 10 on board. And it seems like the Android ... Read more »

Reserve Bank of Australia hikes cash rate by 0.25, adding thousands to mortage payments

Australian homeowners have been hit with another knock to their repayment efforts with the Reserve Bank of Australia announcing a fresh interest rate hike. The shift is a 0.25 per ... Read more »

Five on trial accused of Tas sword murder

The murder of a young Tasmanian man with a sword was an act of revenge in a dispute sparked by a social media message being sent to the wrong person, ... Read more »

Dungeon Merchant lets you run your own fantasy RPG shop, coming to Android on October 31st

Monster Shop Games has announced the upcoming launch of Dungeon Merchant, the solo developer’s pixel-art title on mobile that lets you run your own fantasy RPG shop. The game tasks ... Read more »

42 new titles hit Netflix over the weekend – here are 10 you need to watch

With the first weekend of the month now behind us, and the fourth quarter now officially underway, the Netflix content library has just gotten a little larger via the debut ... Read more »

Month's worth of rain headed for NSW

Severe weather posing a risk of flash and riverine flooding is forecast for much of western NSW as emergency responders prepare for more rescues in the final days of school ... Read more »

Kristina Keneally’s cop son charged by NSW police watchdog over alleged fake evidence

The son of former senator Kristina Keneally has been charged over allegations that he fabricated evidence during his duties as a police officer that led to a man’s wrongful imprisonment. ... Read more »

Native PS5 Version of Sci-Fi RPG The Outer Worlds Rated for Release

A native PS5 version of Obsidian’s excellent sci-fi RPG The Outer Worlds has been rated by the Taiwanese ratings board, suggesting that an updated version of the game could be ... Read more »

GM is Pausing Hummer EV Production This November! But Why?

General Motors (GM) is pausing GMC’s Hummer electric vehicle (EV) production for a couple of weeks starting next month or in November. The giant automaker confirmed the production halt and ... Read more »

PUBG Announces Collaboration with Dead by Daylight for Halloween

As the Halloween season approaches, PUBG announces its newest collaboration with Behavior’s Interactive Dead by Daylight, as reported by TechRaptor. The crossover will be coming later this month. (Photo : ... Read more »

Meta's New AI System Can Generate Video Clips From Text Prompts With Creepy, Surreal, Impressive Results

Meta has introduced its latest artificial intelligence (AI) system that can generate videos using only text prompts. The tech company announced on Thursday, September 29; the Make-A-Video AI is trained with ... Read more »

Samsung Galaxy A54 Tipped to Come With a 50MP Camera Setup

The Samsung Galaxy A53 features a 64MP primary camera. Read more »

Porsche Macan review

Overview What is it? The Macan is the most popular Porsche in the UK. It’s an SUV with a desirable badge, how could it not be a success? The thing ... Read more »

The Best Electric SUVs You Can Buy in 2022

Get the body style and capability you want without the poor fuel economy. Read more »

Vivo V25e Resmi Meluncur di Indonesia, Ini Spek dan Harganya

Vivo V25e. Foto: Vivo Vivo akhirnya resmi meluncurkan smartphone baru V25e hari ini, Senin (3/10), di pasar Indonesia. Handphone (HP) Android ini datang setelah dua saudaranya, V25 dan V25 Pro, ... Read more »

6 Tiktok Influencers Reveal Their Holy Grail Perfume That's Worth the Hype

Fragrance plays a big element to your outfit. Apart from giving you a confidence boost, a scent can evoke memories and feelings, giving more depth to your look. Of course, ... Read more »
Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network