4630万円誤入金、容疑者側「『ホワイトナイト』に借りて完済」

 山口県阿武町が4630万円を誤入金した問題で、町が住民の田口翔容疑者(24)=電子計算機使用詐欺容疑で再逮捕=に返還を求めた訴訟をめぐり、田口容疑者の代理人弁護士は28日、「町に対して、誤入金全額の返済が完了した」と発表した。町が正式に回収していない約340万円について、山口地方法務局萩支局に弁済供託し、27日付で受理されたため、と説明している。 【写真】山口県の阿武町役場  供託した約340万円については「(田口容疑者の)親族や知人ではなく、東京のほうの『ホワイトナイト』から正式に借り入れた」と話している。  この訴訟で町は、4630万円に町側の弁護士費用など約500万円を加えた、約5116万円の支払いを田口容疑者に求めている。代理人弁護士によると、田口容疑者はこのうち誤入金分の請求を受け入れる「認諾」をしており、残る約500万円についても支払うとして、町側に和解の提案をしているという。  一方、こうした田口容疑者側の動きとは別に、町側は20日、法的手続きで回収を完了した約4299万円に加えて残りの約340万円についても「確保した」と会見で明らかにしていた。町は取材に対して28日、「正式に何も聞いておらず、コメントできない」と話した。(大藤道矢、太田原奈都乃)

朝日新聞社

News Related
  • ノーノー食らわせた相手に食らった10年目ワースト7失点 東浜「試合壊した」

    ノーノー食らわせた相手に食らった10年目ワースト7失点 東浜「試合壊した」 ◆西武8-5ソフトバンク(18日、ベルーナドーム) 2位のソフトバンクが首位西武との敵地3連戦に負け越し、再び2・5ゲーム差に広げられた。前半戦は「レオキラー」だった東浜巨投手(32)が、10年目で自己ワーストとなる1試合7失点。初回にオグレディに3ランを浴びるなど自己ワーストタイの1イニング5失点で逆転され、その後も小刻みに追加点を奪われた。これで2カード連続の負け越し。本拠地福岡に戻っての日本ハム3連戦で巻き返すしかない。 ◇ ◇ 「レオキラー」にとって悪夢の初回だった。1イニング5失点は自己ワーストタイ。「試合開始早々に試合を壊してしまった。チームに申し訳ない」。初回に限ればプロ初登板だった2013年4月11日のオリックス戦以来の屈辱。右腕はうなだれるしかなかった。 2点を先制してもらった直後の初回だ。外崎、源田の連続長短打から森の二ゴロの間に1点を返され、呉念庭には同点犠飛を許した。さらに四球を挟み、オグレディに低めの145キロ直球を右翼席に運ばれた。勝ち越し3ランは今季西武戦での初被弾だった。 前半戦は西武戦に4度先発して、圧巻の対戦防御率0・33をマーク。5月11日の対戦ではノーヒットノーランも達成した右腕はその後も失点を重ねた。2回にも源田の適時打で1点を失い、4回は先頭のオグレディへの四球から乱れて、外崎に右犠飛を許した。 自己ワーストの1試合7失点で喫した6敗目。今季はここまで初回はわずか2失点と抜群の立ち上がりを見せてきただけに、藤本監督も「初回の5点は痛いというか、重たい。点を取った後は3人で抑える。野球の流れを考えてもらわないと」と苦言を呈した。 1勝1敗で迎えた直接対決の第3戦。試合前の藤本監督は「きょう(18日)の試合だけは全員を使ってでも勝ちにいく」と意気込んでいたが、後半戦初めて西武戦に臨んだ東浜が沈んでの逆転負け。2カード連続で負け越し、首位と2位の差は再び2・5ゲームに広がった。 19日は所沢から福岡に戻っての移動ゲーム。ここまで7勝10敗1分けと苦手にしている最下位日本ハムを迎え撃つ。「また明日から3連戦があるんでね。そこでなんとかね」と藤本監督。残り38試合となったレギュラーシーズン。酷暑の中、一戦必勝の日々が続く。(長浜幸治)
    See Details: ノーノー食らわせた相手に食らった10年目ワースト7失点 東浜「試合壊した」
  • デスパ8月イ~ネ 足首痛こらえる心意気もイ~ネ、首位攻防戦負け越しソフトバンクの光明

    デスパ8月イ~ネ 足首痛こらえる心意気もイ~ネ、首位攻防戦負け越しソフトバンクの光明 ◆西武8-5ソフトバンク(18日、ベルーナドーム) 頼れる助っ人が好調だ。1点を先制した直後の初回。なおも2死二塁でデスパイネが、西武松本の145キロ直球を引っ張り左前適時打にした。5点を追う6回1死一、二塁では「何とかしようという気持ちで打席に立った」と、松本の内角直球に詰まりながらも、中前へ運ぶ適時打をマーク。8回にも右前打を放ち、5日楽天戦に続く今季2度目の猛打賞と、痛い敗戦の中で気を吐いた。 月間打率1割7分8厘と低迷した7月から一転し、8月は57打数20安打で3割5分1厘。今月の15試合で無安打は2試合しかない。藤本監督は「打撃の状態は上り調子じゃないかな。絶好調とは言わないけど」とさらなる爆発を期待しつつも、目覚めた大砲を頼もしげに見つめた。 キューバが生んだ「夏男」だ。8月は2018年に3割4分9厘、翌19年にも3割7分5厘と高い月間打率をマーク。ロッテ時代の16年には月間9本塁打を放つなど、調子が上がる月だ。かつて「8月に調子がいいのはたまたまだよ」と断りながらも「調子が上がってきた時期を大事にしないといけない」と心がけていた。 首位攻防戦に合わせて再び訪れた好調期。「首位ライオンズに(3連戦で)勝ち越しができるようにチームの力になっていきたい」という思いは今回は結実しなかったが、助っ人の打撃状態が上向きなことは敗戦の中での明るい材料だ。 16日の試合では足首を気にするしぐさを見せ、トレーナーに見てもらう場面もあった。過去には膝や腰を痛めて離脱するなど、満身創痍(そうい)の36歳。藤本監督は「足首が痛いのを辛抱してやってくれていますよ」と敬意を込める。腰痛で4日に離脱したグラシアルがファームで急ピッチで調整を進めるが、復帰は最短でも来週になる見通し。盟友の帰りを待つ頼れる助っ人がホークス打線を支え続ける。(末継智章)
    See Details: デスパ8月イ~ネ 足首痛こらえる心意気もイ~ネ、首位攻防戦負け越しソフトバンクの光明
  • 「調べ官」が初めて明かす「少年A」 聴取1カ月、供述「うそか、本当か」 神戸連続児童殺傷事件

    神戸連続児童殺傷事件の現場の一つ、通称タンク山にある「チョコレート階段」=神戸市須磨区(撮影・吉田敦史)  1997年に神戸市須磨区で小学生5人が次々と襲われた連続児童殺傷事件で、逮捕当時中学3年生だった「少年A」を神戸地検の主任検事として取り調べた男性(69)が、神戸新聞の取材に応じた。25年前、「14歳の凶行」は社会に衝撃を与え、Aが事件に至った胸の内は、「心の闇」と表現された。元検事は、Aを30日近く聴取した。しかし、「動機には今も分からない部分がある」と語った。  連続児童殺傷事件は、住宅街で3カ月半の間に起きた三つの事件からなる。  最初は97年2月10日、女児2人がショックレスハンマーで頭を殴られた。次に3月16日、山下彩花ちゃん=当時(10)=が金づちで頭を殴られた後に死亡し、直後に9歳だった女児が刃物で刺されて重傷を負った。さらに5月24日、土師淳君=当時(11)=が絞殺され、3日後に損壊された遺体が発見された。  6月28日、兵庫県警は少年Aを容疑者として逮捕する。元検事は、神戸地検での同事件の責任者で、Aの「調べ官」だった。  地検は、Aを家庭裁判所に送る際に異例の会見を開き、事件の構図を説明した。Aが事件に至った起点として、彼の理解者だったという祖母の急逝を指摘。「祖母の死をきっかけに『死』に強い関心を持つようになった」と説いた。元検事は取材に「Aが事件前に小動物を殺していく時期と、祖母が亡くなった時期がぴたりと一致した」と振り返り、本人も無自覚だった動機とみなした理由に挙げた。  一方で「Aの供述がうそか、本当かの見極めはあえてしなかった」と打ち明ける。少年法は、罪を犯した少年の立ち直りを重視する。元検事は「『更生』を考える資料として、客観的な証拠と明らかに食い違ってさえいなければ、調書に残した」と述べた。  その上で、14歳だからこその制約として、「一連の事件を調べるには(容疑者を拘束する)勾留期間に限りがあった」と指摘。「彼が自分の犯行当時の心情を本当に理解して話したかは分からない」と総括した。神戸家裁は少年審判で、Aの医療少年院送致を決める。検察が導いた「死への関心がエスカレートしていった」という「動機」は、事実上退けられた。  事件から四半世紀がたち、退官した元検事は現在、関西で弁護士をしている。少年Aは40歳になった。Aは自身の手記出版を契機に、被害者の遺族と接点がなくなった。「なぜ」、あの事件は起こったのか。今も不明な点が残っている。 (霍見真一郎) 【神戸連続児童殺傷事件】 神戸市須磨区の住宅街で1997年2~5月、小学生5人が次々と襲われ、2人が殺害された事件。6月に殺人容疑で逮捕された中学3年の「少年A」は14歳で、当時は刑罰の対象年齢未満だった。事件を機に、少年法の厳罰化が求められ、2001年の法改正につながった。00年に乗客が殺傷された西鉄バスジャック事件で逮捕された少年=当時(17)=は「神戸の事件に影響を受けた」と話すなど、同世代にも影響を与え、「心の闇」は時代を映すキーワードとされた。兵庫県では心の教育を見直そうと、98年から中学2年での体験学習「トライやる・ウィーク」が始まった。犯罪被害者の支援に目が向けられる契機にもなり、08年施行の改正少年法は、重大事件の被害者や遺族に少年審判の傍聴を認めた。
    See Details: 「調べ官」が初めて明かす「少年A」 聴取1カ月、供述「うそか、本当か」 神戸連続児童殺傷事件
  • 185センチ・狩野舞子さん、スリットスカートのスタイル抜群ショットに「「モデル業も開始?」「美しい」

    狩野舞子さんのインスタグラム(@kanochan715)より  2012年ロンドン五輪バレーボール女子銅メダリストの狩野舞子さん(34)が18日に自身のインスタグラムを更新。インタビュー時の写真を多数公開した。  「大丸・松坂屋コスメの情報メディア&オンラインストア @depaco_official さんにインタビュー記事を載せていただいています」とつづり、網目の緑のシャツにスリットの入ったスカートにブーツ姿を披露。185センチの身長も手伝い、モデル顔負けのショットとなった。  この投稿に、「モデル業も開始かな?更なる飛躍を!」「なんかマジモー!?」「カレンダーに出来るやん」「モデルみたいで、美しいですよ」「本当に素敵ですね…」「お肌ツヤんつやん」「状態良いなーーー!」との声が寄せられた。
    See Details: 185センチ・狩野舞子さん、スリットスカートのスタイル抜群ショットに「「モデル業も開始?」「美しい」
  • テレ朝堂真理子アナ、ランドセル背負う姿を披露「そうとう足を踏ん張らないとよろけてしまう」

    テレビ朝日の堂真理子アナウンサー(40)が18日、インスタグラムを更新。 ランドセルを背負った姿を披露し、フォロワーから「似合ってて可愛い」「違和感なし」といったコメントが相次いだ。 堂アナは、木曜キャスターを務めるABEMAの情報番組「ABEMA Morning」の配信で、「子供の視点」になって考える体験型の展示会を取材。その中で、大人のサイズに置きかえたランドセルを紹介し、実際に背負って体感した重さをリポート。「これは重い!そうとう足を踏ん張らないとよろけてしまうぐらですね」と伝えた。重いランドセルによって小学生の多くが不調を抱える「ランドセル症候群」が問題となっているが、小学生の子どもを持つ堂アナは「帰ったら子どもたちに『毎日、頑張ってるね』って言わないと……」とため息まじりで語っていた。 インスタグラムでも、「供達が毎日背負っているランドセル、大人が背負うとすると、重さは18.9kg!!本当に重かったです」と振り返り、“大人ランドセル”を背負った写真をアップ。その姿にフォロワーから「違和感なし、素敵な小学生」「わー!小学生でもイケるかも!?」「ランドセル似合ってて可愛いね」といった声が寄せられた。 赤いランドセルを背負うテレ朝堂真理子アナ
    See Details: テレ朝堂真理子アナ、ランドセル背負う姿を披露「そうとう足を踏ん張らないとよろけてしまう」
  • 誕生日プレゼントは氷、抱えて転がして遊ぶ「彩浜」

    虹をかたどった氷を触って遊ぶ彩浜=アドベンチャーワールド提供  和歌山県白浜町のテーマパーク「アドベンチャーワールド(AW)」で飼育されている雌のジャイアントパンダ「彩浜(サイヒン)」が14日、4歳の誕生日を迎え、お祝いの氷が贈られた。  屋内運動場に敷いた人工雪の上に、名前にちなんで彩り豊かな虹、年齢の「4」、四つのボールをそれぞれかたどった氷が置かれた。彩浜は虹を抱えたり、ボールを転がしたりして遊んでいた。  彩浜は、2018年に父親の永明(エイメイ)と母親の良浜(ラウヒン)の間に、わずか体重75グラムで生まれた。初めは母乳を自分で飲めなかったが、けがや病気もなくすくすくと成長し、今では体重も90キロを超えた。AWは「これからも健康で元気に過ごしてほしい」としている。
    See Details: 誕生日プレゼントは氷、抱えて転がして遊ぶ「彩浜」
  • 日本株、懐疑のなか上がり続ける株式市場…最後の大波がくる「踏み上げ狙い10銘柄」を全実名紹介!

    8月に入っても日米株の上昇が止まりません。7月に強いリバウンドを実現し、「もう十分上がったよね?そろそろ終わりそうだね」という相場観が広がった先の一段高…。最近の株価の理由になっているのは“インフレのピークアウト期待”だそうです。 7月CPI(消費者物価指数)、PPI(生産者物価指数)などインフレ指標が市場想定を下ブレたことで、「FRBの利上げも年内で終わるだろう」という楽観的な解釈が広がり、米国の株価は上がっていると解説されています。実際、株価も上がっているわけですし「そんなものなのかな」と思うしかないわけですが…景気の減速は変わらない中で続く謎の“株だけラリー”を素直に喜べない、そんな投資家が増えているのも事実です。 「半値戻し」を果たしたS&P500 気付けば高くなった…そんな印象の強い最近の株だけラリー。米主要指数のS&P500は、8月12日(終値4280ポイント)時点で「半値戻し」(1月に付けた高値4818ポイント→6月に付けた安値3636ポイントの下げ幅の半分を取り返した)を果たして います。 今年に入り、インフレ懸念、FRBによる利上げ加速懸念、そして景気減速懸念…何度も急落を起こし、明らかにおかしくなっていた米国株。値動きが荒くなり、不安定となった米国株に対して不安を覚える投資家が増加。その投資家心理を示す指標としてよく知られるVIX指数(恐怖指数とも呼ばれます)は、平常時を大きく上回る「30」を上回る局面が“ほぼ月1ペース“で発生していました。 それだけに、「しばらく待っていれば、また急落が起きるだろう」「VIX指数30超えの警戒場面が来るまで待とう」そんなスタンスの投資家が多かったようです。それが、6月中旬からここまで、丸2カ月パニック安が発生せず…それどころか、VIX指数は平穏を示す「20」を下回ったのです。安く株を買うチャンスが無かった(=予想外にリバウンドが長期化した)という誤算もあり、乗り遅れた投資家は多いと想像されます。 上昇相場に乗り遅れたならまだしも、この株高で逆に損失を拡大させた投資家層が多いのも実情です。この表は、CFTC(米商品先物取引委員会)が毎週公表している投機筋(ヘッジファンドのことです)の先物建玉から、売買量の最も多いEminiS&P500先物の建玉を棒グラフ化したものです。 売り建玉と買い建玉の残高を差引すると、8月9日時点で24万4261枚の売り越しで、これだけの売り越し幅は2020年6月以来のこと。短期のヘッジファンド勢が「なんで米株上がるんだ?」で、先物をものすごい勢いで売り向かっていたようです。理屈でいえば、その考えは賢明なのかもしれません。ですが…「勝てば官軍、負ければ賊軍」と言います。この賢明かもしれない判断で作ったポジションは現状“ヤラレ(含み損)“、そこで起きるのは“ロスカット”です。売りポジションのロスカットは「買い戻し」になりますので、下がると判断してポジションを作ったヘッジファンドの敗戦処理が株価押し上げ要因になっているーーこんな展開を「踏み上げ相場」と表現します。 しばらく(すでに起きていますが)この敗戦処理が主流になるとすれば、「需給がものすごい良好」ということでユーフォリアが作られる可能性はあります。踏み上げ相場は、ファンダメンタルズなど関係の無い理由で展開されます。「なんで上がるんだ?」の状態を維持しながら、どこまで上値を伸ばせるか?これが当面の焦点になりそうです。 東京株式市場でも… 米国と同じことが、東京株式市場でも「日経平均株価」を舞台に展開されています。事前情報で「8月の日本株は月間ベースで弱いジンクスがある」とか、7月のグロース株の逆襲相場を受け「もう十分に上がったんじゃないか」という相場観とか、急な円高加速とか…「そろそろ下がりそう」という意識付けだけ広がって始まった8月相場。その状態で、8月も日経平均は堅調に上値を切り上げ、日経平均版の恐怖指数である日経平均VIも低下を続けます。 日本にも「日経平均がまた急落してくれたら、そのときは買いたい」と考え、下げを待っている個人投資家が大量にいます。狙っている個別株を安いところで仕込みたい、日経平均レバレッジETF(1570)をリバウンド狙いで買いたい…だったはずが、こちらも米国株同様、丸2カ月も押し目買いチャンスが訪れなかったという誤算。 業を煮やした日本の個人投資家の多くがとったのは…織田信長的「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」な投資行動。待っても下がってこないなら、急落に期待してショートポジションを作ってやろう、でした。 株の下落に賭ける方法は色々ありますが、個人投資家の間で最もポピュラーな方法は、日経平均の変動率のマイナス2倍動く「日経平均ダブルインバースETF(1357)」を買うということ。 短期売買を前提とする個人投資家は、資金効率の高い信用取引でこの手のブルベア ETFを売買する傾向があります。このダブルインバースETFの信用買い残が8月5日時点で1億6024万株と過去最高に膨張しています。日経平均株価が2万7000円を超えた辺りから増え始め、2万8000円タッチで増加は加速。持ち株は下がって欲しくないけど、「日経平均は下がってくれ!」という怨念が込められています。 ダブルインバースETFは、買った金額の2倍相当の「日経平均先物売り」という商品設計になっています。個人投資家の日経平均ショートが積み上がっている…これが信用残を通じて可視化されます。結果、「これを持っていて苦しい個人投資家が日本には多いんだな」と周知されてしまいます。そこで短期のヘッジファンド勢が考えることは、「このポジションを追い込んで、ロスカットを誘発させてやろう」になります。 こちらについては、8月12日付けレポートで一部米系証券でも指摘されていました。今の対立構図は「海外CTAの買い VS 日本の個人投資家の売り」であると。日経平均の上昇で損失が拡大することに恐怖が広がり、日経平均が訳わからず上がるほど、このETFの手仕舞い売り(日経平均先物売りの反対)になるため、「日経平均先物買い」が湧いてくる…これが日本で現在進行中の日経平均を舞台にした「踏み上げ相場」です。 これが真実に近いとすれば、こちらもファンダメンタルズとはかけ離れた上げ相場という話になります。 “今の日経平均的な”個別株 日米で積み上がった株価の下落を期待したポジション。その整理が、買い戻しを通じて株価を太らせる…これもマーケットの世界ではよくあること。決算発表も一巡し、個別の材料も乏しくなるなかで、個別株でも売りポジション(空売り)の多い銘柄の踏み上げを狙い、最後のあだ花的な上げを取りたいと考える向きは増えそうです。 今回は、高値圏にいながら売り残の多い“今の日経平均的な”個別株をスクリーニング で抽出してみました。 東証プライムに上場する1838銘柄の中で、信用倍率が1倍未満(買い残より売り残のほうが多い)なのは379銘柄(全体の約2割)。その中で、年初来の高値圏(高値比の乖離率が-2%未満)にあり、普段の出来高に対して信用売り残が多過ぎる順に並べています。 高値圏に位置しているため、空売りポジションを持っている投資家のほぼ全員が含み損。あと少しで年初来高値更新になると、さらなる上昇への恐怖感からロスカット(=買い戻し)を急ぎ、その力で上値を切り上げる…「踏み上げ相場」狙いの切り口としても、今回のスクリーニング条件、ぜひ参考にしてみてください!
    See Details: 日本株、懐疑のなか上がり続ける株式市場…最後の大波がくる「踏み上げ狙い10銘柄」を全実名紹介!
  • 【DeNA】佐野恵太が同点弾&V弾!球団記録を更新するハマスタ14連勝

    8回無死、佐野が勝ち越しソロ本塁打を放つ(カメラ・小林 泰斗) ◆JERAセ・リーグ DeNA4―3巨人(18日・横浜)  キャプテン・佐野の2本のアーチでDeNAが球団記録を更新するハマスタ14連勝をマーク。巨人を相手に2年ぶりの同一カード3連勝を飾った。  頼りになる背番号7が流れを呼び込む一発と、試合を決める一撃を放った。1点ビハインドの4回に戸郷から右中間席へ15号同点ソロ。再び追い付いて迎えた8回には16号決勝アーチを満員のファンが待つ右翼席へ叩き込み、戸郷をKOした。「好投手なので1球で捉えようと準備を。2本目は打った瞬間。チームの勢いに自分も乗ることができた」とヤクルト・村上と打率トップ争いを繰り広げる中での2発に声を弾ませた。  「ここという時に打ってくれますから。見事、素晴らしい。本当に何回も言いますけど頼りになるキャプテン」と三浦監督も賛辞を並べた。首位ヤクルトが敗れたためゲーム差は再び6。お立ち台で「逆転優勝の準備は?」と聞かれ「はい、できています!」と即答。燕を捕まえるまで主将が先頭を走り続ける。(宮田 和紀)
    See Details: 【DeNA】佐野恵太が同点弾&V弾!球団記録を更新するハマスタ14連勝
  • 高橋容疑者、AOKI選定を仲介か…格安スポンサー料提示・組織委には「内定」と伝達

    8回無死、佐野が勝ち越しソロ本塁打を放つ(カメラ・小林 泰斗) ◆JERAセ・リーグ DeNA4―3巨人(18日・横浜)  キャプテン・佐野の2本のアーチでDeNAが球団記録を更新するハマスタ14連勝をマーク。巨人を相手に2年ぶりの同一カード3連勝を飾った。  頼りになる背番号7が流れを呼び込む一発と、試合を決める一撃を放った。1点ビハインドの4回に戸郷から右中間席へ15号同点ソロ。再び追い付いて迎えた8回には16号決勝アーチを満員のファンが待つ右翼席へ叩き込み、戸郷をKOした。「好投手なので1球で捉えようと準備を。2本目は打った瞬間。チームの勢いに自分も乗ることができた」とヤクルト・村上と打率トップ争いを繰り広げる中での2発に声を弾ませた。  「ここという時に打ってくれますから。見事、素晴らしい。本当に何回も言いますけど頼りになるキャプテン」と三浦監督も賛辞を並べた。首位ヤクルトが敗れたためゲーム差は再び6。お立ち台で「逆転優勝の準備は?」と聞かれ「はい、できています!」と即答。燕を捕まえるまで主将が先頭を走り続ける。(宮田 和紀)
    See Details: 高橋容疑者、AOKI選定を仲介か…格安スポンサー料提示・組織委には「内定」と伝達
  • 里見香奈女流五冠、黒星スタート…プロ棋士編入試験残り4戦3勝ノルマ「次局以降もしっかり準備して臨む」

    8回無死、佐野が勝ち越しソロ本塁打を放つ(カメラ・小林 泰斗) ◆JERAセ・リーグ DeNA4―3巨人(18日・横浜)  キャプテン・佐野の2本のアーチでDeNAが球団記録を更新するハマスタ14連勝をマーク。巨人を相手に2年ぶりの同一カード3連勝を飾った。  頼りになる背番号7が流れを呼び込む一発と、試合を決める一撃を放った。1点ビハインドの4回に戸郷から右中間席へ15号同点ソロ。再び追い付いて迎えた8回には16号決勝アーチを満員のファンが待つ右翼席へ叩き込み、戸郷をKOした。「好投手なので1球で捉えようと準備を。2本目は打った瞬間。チームの勢いに自分も乗ることができた」とヤクルト・村上と打率トップ争いを繰り広げる中での2発に声を弾ませた。  「ここという時に打ってくれますから。見事、素晴らしい。本当に何回も言いますけど頼りになるキャプテン」と三浦監督も賛辞を並べた。首位ヤクルトが敗れたためゲーム差は再び6。お立ち台で「逆転優勝の準備は?」と聞かれ「はい、できています!」と即答。燕を捕まえるまで主将が先頭を走り続ける。(宮田 和紀)
    See Details: 里見香奈女流五冠、黒星スタート…プロ棋士編入試験残り4戦3勝ノルマ「次局以降もしっかり準備して臨む」
  • 美人すぎる市議藤川優里さん37歳がバレンタイン婚 相手は同年代の弁護士 「真摯に謙虚にものごとに臨んでいく」

    8回無死、佐野が勝ち越しソロ本塁打を放つ(カメラ・小林 泰斗) ◆JERAセ・リーグ DeNA4―3巨人(18日・横浜)  キャプテン・佐野の2本のアーチでDeNAが球団記録を更新するハマスタ14連勝をマーク。巨人を相手に2年ぶりの同一カード3連勝を飾った。  頼りになる背番号7が流れを呼び込む一発と、試合を決める一撃を放った。1点ビハインドの4回に戸郷から右中間席へ15号同点ソロ。再び追い付いて迎えた8回には16号決勝アーチを満員のファンが待つ右翼席へ叩き込み、戸郷をKOした。「好投手なので1球で捉えようと準備を。2本目は打った瞬間。チームの勢いに自分も乗ることができた」とヤクルト・村上と打率トップ争いを繰り広げる中での2発に声を弾ませた。  「ここという時に打ってくれますから。見事、素晴らしい。本当に何回も言いますけど頼りになるキャプテン」と三浦監督も賛辞を並べた。首位ヤクルトが敗れたためゲーム差は再び6。お立ち台で「逆転優勝の準備は?」と聞かれ「はい、できています!」と即答。燕を捕まえるまで主将が先頭を走り続ける。(宮田 和紀)
    See Details: 美人すぎる市議藤川優里さん37歳がバレンタイン婚 相手は同年代の弁護士 「真摯に謙虚にものごとに臨んでいく」
  • <速報>プレーオフ第2戦が開幕! 松山英樹は39位タイ、キーガン・ブラットリーが首位快走

    8回無死、佐野が勝ち越しソロ本塁打を放つ(カメラ・小林 泰斗) ◆JERAセ・リーグ DeNA4―3巨人(18日・横浜)  キャプテン・佐野の2本のアーチでDeNAが球団記録を更新するハマスタ14連勝をマーク。巨人を相手に2年ぶりの同一カード3連勝を飾った。  頼りになる背番号7が流れを呼び込む一発と、試合を決める一撃を放った。1点ビハインドの4回に戸郷から右中間席へ15号同点ソロ。再び追い付いて迎えた8回には16号決勝アーチを満員のファンが待つ右翼席へ叩き込み、戸郷をKOした。「好投手なので1球で捉えようと準備を。2本目は打った瞬間。チームの勢いに自分も乗ることができた」とヤクルト・村上と打率トップ争いを繰り広げる中での2発に声を弾ませた。  「ここという時に打ってくれますから。見事、素晴らしい。本当に何回も言いますけど頼りになるキャプテン」と三浦監督も賛辞を並べた。首位ヤクルトが敗れたためゲーム差は再び6。お立ち台で「逆転優勝の準備は?」と聞かれ「はい、できています!」と即答。燕を捕まえるまで主将が先頭を走り続ける。(宮田 和紀)
    See Details: <速報>プレーオフ第2戦が開幕! 松山英樹は39位タイ、キーガン・ブラットリーが首位快走
  • Gloves created to increase hand strength without any training

    8回無死、佐野が勝ち越しソロ本塁打を放つ(カメラ・小林 泰斗) ◆JERAセ・リーグ DeNA4―3巨人(18日・横浜)  キャプテン・佐野の2本のアーチでDeNAが球団記録を更新するハマスタ14連勝をマーク。巨人を相手に2年ぶりの同一カード3連勝を飾った。  頼りになる背番号7が流れを呼び込む一発と、試合を決める一撃を放った。1点ビハインドの4回に戸郷から右中間席へ15号同点ソロ。再び追い付いて迎えた8回には16号決勝アーチを満員のファンが待つ右翼席へ叩き込み、戸郷をKOした。「好投手なので1球で捉えようと準備を。2本目は打った瞬間。チームの勢いに自分も乗ることができた」とヤクルト・村上と打率トップ争いを繰り広げる中での2発に声を弾ませた。  「ここという時に打ってくれますから。見事、素晴らしい。本当に何回も言いますけど頼りになるキャプテン」と三浦監督も賛辞を並べた。首位ヤクルトが敗れたためゲーム差は再び6。お立ち台で「逆転優勝の準備は?」と聞かれ「はい、できています!」と即答。燕を捕まえるまで主将が先頭を走り続ける。(宮田 和紀)
    See Details: Gloves created to increase hand strength without any training
  • 北九州・京築地区で新たに3317人感染 新型コロナ

    8回無死、佐野が勝ち越しソロ本塁打を放つ(カメラ・小林 泰斗) ◆JERAセ・リーグ DeNA4―3巨人(18日・横浜)  キャプテン・佐野の2本のアーチでDeNAが球団記録を更新するハマスタ14連勝をマーク。巨人を相手に2年ぶりの同一カード3連勝を飾った。  頼りになる背番号7が流れを呼び込む一発と、試合を決める一撃を放った。1点ビハインドの4回に戸郷から右中間席へ15号同点ソロ。再び追い付いて迎えた8回には16号決勝アーチを満員のファンが待つ右翼席へ叩き込み、戸郷をKOした。「好投手なので1球で捉えようと準備を。2本目は打った瞬間。チームの勢いに自分も乗ることができた」とヤクルト・村上と打率トップ争いを繰り広げる中での2発に声を弾ませた。  「ここという時に打ってくれますから。見事、素晴らしい。本当に何回も言いますけど頼りになるキャプテン」と三浦監督も賛辞を並べた。首位ヤクルトが敗れたためゲーム差は再び6。お立ち台で「逆転優勝の準備は?」と聞かれ「はい、できています!」と即答。燕を捕まえるまで主将が先頭を走り続ける。(宮田 和紀)
    See Details: 北九州・京築地区で新たに3317人感染 新型コロナ

OTHER NEWS

【巨人】DeNAから2年ぶり3タテ 戸郷翔征が6回坂本ポランコお見合い直後同点押し出し 8回決勝被弾

8回無死、佐野(後方)に勝ち越しのソロ本塁打を浴びた戸郷(カメラ・小林 泰斗) ◆JERAセ・リーグ DeNA4―3巨人(18日・横浜)  巨人が2試合連続で逆転負けし、DeNAを相手に2年ぶりとなる同一カード3連戦3連敗を喫した。先発の戸郷翔征投手(22)は2点リードの6回に守備の乱れなどでピンチを背負うと、牧の適時二塁打と押し出し四球で同点。8回に佐野恵太外野手(27)にこの日2本目となる16号勝ち越しソロを浴び、7回0/3を4失点で6敗目となった。打線では岡本和真内野手(26)が「好調のバロメーター」とも言える右方向への二塁打を含む2安打。チームは、4位で並ばれた阪神と19日から3連戦(東京D)に臨む。  高く、痛烈にはじき返された打球を、戸郷はぼう然と見上げた。同点の8回無死、佐野にこの日2本目となるアーチを右翼席上段にたたき込まれた。決勝点を献上し、ここで無念の降板となった。原監督は左右の手を互いに上下させながら「今回はこうなりながら相手が上回ったというところ。競った状態で勝たないとね」と接戦を落とし、悔しさをあらわに。今季4度目の同一カード3連敗を喫した。  今季、戸郷はチームで唯一、開幕からローテを守り抜き、すでに自身初の2ケタ勝利となる10勝をマークするなど投手陣の大黒柱として働いている。いよいよ次期エースとしての道のりを歩む中で、この日は新たな“試練”を与えられた。  6回無死一塁、左翼線際へフラッと上がった飛球を遊撃手・坂本と左翼手・ポランコの連係ミスで捕球できず安打となった。記録に残らない“ミス”で無死一、二塁と危機は広がった。1死一、三塁から牧に左中間二塁打を浴びた。1ボール2ストライクからのスライダーだが、外角ボールゾーンに構えた大城のミットよりわずかに中に入った分だけ拾われた。宮崎の申告敬遠で塁を埋めた後、ソトに押し出し四球を与えて同点としてしまった。同点で踏ん張った意地はさすがだが、詰めの甘さも生まれたことも事実だ。  これ以上求めるのも酷であることは承知だが、味方のミスをカバーしてこそのエースというもの。だからこそ、戸郷が試合後「点を取ってもらいながらも粘り切れませんでした」と責任を負った姿は立派だった。今はもう戸郷が投げる試合は粘っただけでよしとせず、勝ちきらなければいけない。桑田投手チーフコーチが「ジャイアンツがここにいるのは彼のおかげ。投手陣は彼が引っ張ってきてくれて、今があると思っている」と認めるように、さらなる高みに手が届く段階に来ているのだから。  打線も8月に入って序盤に点を奪い、主導権を握った戦いもできつつあるが、追い上げられ、追いつかれ、という展開の中で沈黙してしまう傾向も強い。この日も相手が継投策に出た6回以降は1安打のみ。この3連戦ではDeNAの中継ぎ投手陣から1点も奪えなかった。一つの出塁、一つの進塁打で重圧をかけ続ける攻撃をしていきたい。(西村 茂展) Read more »

ドラレコに衝突、大破の瞬間…信号機の支柱なぎ倒し、荷台のパネル部分が吹っ飛ぶ 北海道滝川市

ドラレコに衝突、大破の瞬間…信号機の支柱なぎ倒し、荷台のパネル部分が吹っ飛ぶ 北海道滝川市 18日朝、北海道滝川市の国道で、トラックが信号機の支柱に衝突し、なぎ倒しました。事故の瞬間を、信号待ちしていた車のドライブレコーダーがとらえていました。 トラックが前方を横切った直後、もの凄い衝撃音と共に、トラックの荷台のパネル部分が吹っ飛びました。 事故があったのは、滝川市江部乙町(えべおつちょう)東13丁目の国道12号線です。 18日午前7時半まえ、旭川市方面から札幌市方面に走っていたトラックが道路わきの信号機の支柱に衝突しました。 信号機の支柱はなぎ倒され、トラックの荷台のパネル部分も大破しましたが、運転手にけがはありませんでした。 警察が原因を調べていますが、この事故の影響で、現場は約40分、片側交互通行となりました。 Read more »

中国の台湾への圧力、誤算につながる恐れ=米国務次官補

中国、台湾への圧力継続へ=米国務次官補 [台北/北京 18日 ロイター] – クリテンブリンク米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は17日、台湾を威圧し弱体化させようとする中国の試みは、誤算につながる恐れがあるとの見解を示した。中国が台湾に対する圧力を継続すると見込んでいるとも述べた。 ペロシ下院議長の台湾訪問は米国の「一つの中国」政策と合致し、前例があるにもかかわらず、「中国はこれを言い訳に使って台湾への圧力を激化させる動きに出て、現状変更を試みた。この結果、台湾海峡一帯と周辺地域の平和と安定が脅かされた」と電話会見で語った。 「こうした行動は中国による台湾への圧力強化戦略の一環で、今後数週間から数カ月にわたって展開されると思われる」と述べ、台湾を威嚇、威圧し、力を弱めることが目的との見方を示した。 米国の台湾政策は一貫して変わらず、米政府は台湾の正式な独立は支持していないと言明した。 「われわれの政策に変化はないが、変わったのは北京の威圧が増したことだ」と指摘。「中国の言動は(情勢を)非常に不安定化させている。誤算につながる危険性があり、台湾海峡の平和と安定を脅かす」との認識を示した。 米国はあらゆる対話の機会を捉えて中国に危機をあおらず、挑発しないようを伝えてきたと話した。 さらに、中国政府と対話する用意が引き続きあると述べる一方で、米軍は今後も定期的に台湾海峡を航行すると表明した。 「われわれは中国の妨害にもかかわらず、平和と安定を守るために冷静かつ断固とした措置を取り続ける。従来の政策に沿って台湾を支援していく。責任を持って着実に断固として行動する」と強調した。 Read more »

安田美沙子、タンクトップ×ショーパンのオールブラックコーデ披露で「全てがカッコよすぎです」

安田美沙子のインスタグラム(@yasuda_misako)より  タレントの安田美沙子が18日に自身のインスタグラムを更新し、最新ショットを公開した。  この日、タンクトップにショートパンツをあわせた、オールブラックコーデを披露した安田。髪型もオールバックにし、クールな表情を見せた。  この投稿にフォロワーからは、「めちゃめちゃ綺麗ですね」「全てがカッコよすぎです」「感無量です」「映画みたいで、強さでてますね」などの声が寄せられている。 Read more »

紙でヤシの葉をDIYするための10のステップ

ステップ8 : 底辺を合わせる 葉っぱの形が正しいかどうか確認するために、紙の両端を手で合わせます。そうすると、写真のようなヤシの葉ができあがります。万が一、デザインに満足できない場合は、ネットで手に入るヤシの葉のテンプレートを参考にするとよいでしょう。 ステップ4.1 -: こんな感じになります。 アコーディオン式に折ると、写真のような形になります。このデザインは、ヤシの葉にきれいな構造を与えるのに役立ちます。 ステップ10 : 完成 茎を取り付け、ガラス瓶や花瓶に入れて、部屋の隅に置くと、このようになります。この葉っぱをインテリアの一部にする面白い方法は、インターネットで検索することもできます。例えば、部屋の空いている壁やバルコニーのどこかに、これらの葉をテープで貼り付けて、空間全体の印象を変えることができます。 最近、ニュートラルカラーやナチュラルな配色の需要が非常に高まっています。そんな中、今人気を集めているのが、紙製のヤシの葉を作ることで飾る方法です。紙を使ったヤシの葉のクラフトは、とても簡単で手早くできます。茶色の紙で作ると、乾燥したヤシの葉のように見えるので、家のどの部分にも簡単にマッチします。本物の葉とは異なり、これらの紙製の作品は、その微細な構造を失うことはありませんし、完全に長い期間のためにその頑丈さを保持します。これらのヤシの葉と一緒に、あなたはあなたの家のインテリアに活発なヒントを追加するために、別のカラフルな紙の花を作成するためのいくつかのアイデアを模索するためにインターネットを使用することができます。それはあなたのポケットに穴を燃やすことなく、いくつかの特別な機会にあなたの家を飾ることになると実際には、紙の花はまた、装飾の目的のために使用することができます。 こちらのDIYデコレーションのアイデアにも挑戦してみましょう *マクラメチェアの作り方 | 35ステップ *DIYで作るストリングライト | 14ステップ! ステップ9 : 工作用ダボを取り付ける 最後に、ヤシの葉を完成させるために、2枚の紙の間にクラフトダボを挟み、茎を作ります。このステップを踏むと、葉をガラスの花瓶などに入れて、家のインテリアとして飾ることも簡単にできます。同様に、複数のヤシの葉を作れば、DIYのヤシの木ができ、家のさまざまな場所を飾ることができます。 ステップ8. 1 : 底の部分をテープで固定する 下の部分をつなげたとき、どのように見えるかがわかったら、いよいよテープで固定します。紙の底の少し上に、片方の端ともう片方の端をきれいなテープで固定するわけです。 ステップ7 ... Read more »

【甲子園】下関国際、最強・大阪桐蔭を食って初4強 三重殺で流れ呼び「歓声を力に」賀谷勇斗が逆転V打

大阪桐蔭を破って4強入りを決め、大喜びで駆け出す下関国際ナイン(カメラ・豊田 秀一) ◆第104回全国高校野球選手権大会第12日 ▽準々決勝 下関国際5―4大阪桐蔭(18日・甲子園)  下関国際(山口)が、史上初の3度目の春夏連覇を目指した大阪桐蔭を倒す大金星を挙げた。1点を追う9回1死二、三塁で、4番・賀谷勇斗一塁手(3年)が中前へ逆転の2点適時打。6回途中に遊撃からリリーフに回った仲井慎(3年)が、最速147キロの直球を軸に強力打線を封じ込んだ。同校は、3度目の出場で春夏通じて初の4強入り。20日の準決勝は、春準Vの近江(滋賀)と対戦する。  勝利の瞬間、仲井はマウンドで軽く跳びはねると、三塁ベンチから飛び出してくる仲間へ右の拳を大きく突き出した。整列の前に抱き合う選手の姿もあった。全員が3年生。「入学してから、トップである大阪桐蔭さんを倒すにはどうすればいいのか、と常に考えてきました」と坂原秀尚監督(45)は言った。団結した18人が、最後の夏に思いを現実にしてみせた。  接戦に持ち込み、ワンチャンスをものにする。指揮官のゲームプランが、9回にドラマを生んだ。1死二、三塁で打席に入った賀谷が外角直球をたたきつけると、打球は大きくバウンドして投手の頭を越えて中前へ。5回の守りでフライを落球して1点を献上した賀谷は「仲間が『最後に大事なところで絶対に回すから』と言ってくれていたので、どういう形でも1点を返すという気持ちでした」と振り返った。  試合の流れを変えたのは、6回に勝ち越しを許し、なお2死満塁の場面で登板した仲井だった。「自信がある」という146キロの直球で大阪桐蔭の4番・丸山一喜から三振を奪うと、スタンドは大きくどよめいた。7回には無死一、二塁のピンチを招いたが、次打者の送りバントが投前への小飛球に。捕球した仲井から遊撃手、一塁手へと転送され、バントエンドランのサインでスタートを切っていた2人の走者を相次いでアウトにした。指揮官が「監督をやっていて初めて」と驚くトリプルプレーを完成させると、甲子園の空気は大物食いへの期待に変わっていった。  地元・大阪桐蔭が追い詰められているにもかかわらず、大きな手拍子を受けて逆転打を放った賀谷は「一球一球に大きな歓声が上がり、力になったと思います」と感謝した。「選手は真摯(しんし)に野球に取り組んできた。本当に良かったです」と坂原監督は目を潤ませた。野球の神様と甲子園のファンを味方につけた下関国際が、鮮やかなジャイアントキリングを成し遂げた。(浜木 俊介)  ◆三重殺 下関国際が大阪桐蔭戦の7回に記録。13年1回戦の愛工大名電(対聖光学院)以来、9度目。  ◆春夏連覇挑戦校の8強敗退 96年の鹿児島実以来、4度目。  ◆力投・古賀の父「よく粘った」  三塁側アルプスが喜びに包まれた。下関国際が絶対王者の大阪桐蔭を逆転で撃破。先発で5回2/3を4失点(自責3)と力投した古賀康誠の父・貴司さん(52)は「負けず嫌いでね。絶対に抑えてやるぞ、という気持ちでマウンドに上がったんじゃないかな」と誇らしげだった。  部員75人全員で寮生活を送る。康誠も15歳で福岡県内の自宅を出た。「初回に点を取られましたけど、よく粘ったと思います」。今や最速147キロのプロ注目左腕。聖地甲子園で歓喜する自慢の息子を見て、父の胸は熱くなった。(中野 雄太) Read more »

櫻坂46・小林由依、雨に濡れた髪…横顔が美しい神秘的カット公開

櫻坂46・小林由依、雨に濡れた髪…横顔が美しい神秘的カット公開  櫻坂46・小林由依の2nd写真集『タイトル未定』(講談社with事業部)から新たな先行カットが公開された。  公開されたのは、屋久島らしい緑の中で佇む端正な横顔を披露したカット。飛行機も欠航になるほどの大雨だったロケ初日に撮影したもので、直前まで雨が降っていたため、緑が艶やかに光り、神秘的な1枚になった。  すっと通った鼻筋からキュッと細い顎まで、美しい横顔の黄金比と言われるEライン(エステティックライン)を見事に体現する小林。うっすら透けた白シャツに透明感のある肌が映え、しっとり濡れた黒髪とのコントラストからは麗しさが感じられる。  この後、川でのロケで白シャツを脱いだ際には、撮影隊も息をのむような美しい鍛え上げられたボディを披露した小林。「いいものを作りたいから」と自ら冷たい水の中に寝そべり、ハッとするようなショットを収めることができたという。  小林由依2nd写真集『タイトル未定』は講談社with事業部より10月4日発売。価格は2200円(税込)。 Read more »

坂口杏里、作家・家田荘子との金銭トラブル発覚「ギャラ振り込んだのに音信不通」

坂口杏里、作家・家田荘子との金銭トラブル発覚「ギャラ振り込んだのに音信不通」 坂口杏里(2014年) 作家で高野山真言宗僧侶の家田荘子氏が、8月17日公開の自身のYouTubeチャンネルで、元タレントの坂口杏里との金銭トラブルを語った。 家田氏は坂口に対談の申し込みをしたが、「連絡取れなくなってしまいまして」と告白。坂口とは2月からインスタグラムのDMを通じて連絡を取っていたが、ギャラの前払いのリクエストがあったため、5月12日に振り込んだという。 だが、そこから連絡が取れなくなった。7月20日に坂口から取材の候補日の返答があり、前払いしたことなどを伝えたが、また音信不通となった。 家田氏サイドは、連絡内容のスクリーンショットや振込の明細まで一部モザイク入りで公開。その上で「お返事いただけないので致し方なく、こうやってYouTubeを通じてラブコールをしております。坂口杏里さん、ぜひ連絡をください」と依頼。 さらに「(坂口の)近くにいらっしゃる方で見てくださいましたら『家田がとても会いたがっている』『対談させてもらいたがっている』ということを伝えていただけないでしょうか?」と訴えた。 そのうえで、「もしかしたら私たちと同じような経験をされて困っていらっしゃる方がいるかもしれない」と呼びかけていた。 家田氏について、坂口は8月18日、インスタのストーリーズで「家田さんとは、どちらの方でしょうか? もし良ければ関係者様 dmいただきたいです」と返答している。 家田氏と坂口の関係に、SNSではさまざまな意見が書き込まれた。 《どこまで他人に迷惑かけて、お母様の築いてきたものに泥ぶっかけるのか》 《家田荘子さんは、極妻を執筆するのに、直談判して泊まり込みで、執筆活動をしたと本で読みました。凄い作家魂を持った方です。 いつも情報ありがとうございます》 「坂口さんは、6月に結婚したバー店長の進一さんとの関係について8月15日、自身のストーリーズで『離婚は成立しました』と報告しました。 ところが、進一さんは8月18日、自身のストーリーズで『妻は “離婚が成立しました” と公表しておりますが、書類関係の提出は終えていません。なので厳密に言うと離婚していない状態です』と説明。現在は『お互いに頭を冷やす為に距離を置いて生活しています』と別居中だそうです」(芸能ライター) 坂口の周りにはトラブルが渦巻いているが、解決できるのだろうか。 Read more »

草なぎ剛が語る「少年時代」と「両親との思い出」、憧れていた“先輩グループ”とは

草なぎ剛 撮影/廣瀬靖士 「僕もリアルタイムの少年期が’80年代で、夏休みはよく母ちゃんの実家の四国に行っていたんです。朝から隣の町にカブトムシを捕りに行ったり、釣りをしに行ったりとか、その帰りに雷雨にあって命からがら戻ってきたり(笑)。映画を見ているといろんなことが思い出されて、自分の子ども時代を見ているような感覚になりましたね」  草なぎ剛が『ミッドナイトスワン』以来、約2年ぶりの映画出演。幼いころの夢を叶えて小説家になった主人公・久田孝明の大人時代を演じている。物語は’80年代の長崎を舞台に、イルカを見るために冒険に出る子ども時代の久田(番家一路)と友達の竹本(原田琥之佑)のひと夏を描いた青春ムービー。まさに同世代で懐かしい世界観と語る草なぎに、子ども時代の思い出を語ってもらった。 「映画でも出てくるんですけど、キン消し(キン肉マン消しゴム)は僕も集めていました。キン肉マンとかロビンマスク、ウルフマンが欲しいんですけど、いつもキン骨マンが出てくるんですよ(笑)。何回ガチャガチャやってもそればかりで、もっとほかのキャラクターも入れてくれって思っていましたね。  あと、ファミコンとかのテレビゲームも僕の子どものころに発売されて夢中になっていましたし、そういったものが僕のいまの基盤になっていて、とても懐かしいですね」 子ども時代の夢がいまの職業に  子どものころに、憧れているアイドルもいた。 「小学校のころから少年隊は好きで、僕も歌ったり踊ったりしたいなと憧れてこの世界に入りました。いまでもYouTubeとかで当時の映像を見ると、子どものころと変わらずワクワクしますね。それこそ演じた久ちゃんじゃないですけど、子ども時代の夢がいまの職業になっているというのは最高ですよ。もうラッキーですし、グッドグッドです(笑)」  少年2人の青春物語であり、愛情深い久田の両親との家族の日常を描いた本作。草なぎ自身は、子ども時代の両親との思い出をこう話してくれた。 「父ちゃんと母ちゃんはとても温かかったですね。食べるのが好きだったので、よく焼きうどんとか野菜炒めを一緒に作って、みんなで食卓を囲んであれこれしゃべっていたのを覚えています。  この作品では、子どものころの思い出の味として鯖缶が出てくるんですが、僕としてはみそ汁ですね。豆腐とわかめとか、なめこ汁が大好きだったんですよ。みそ汁さえあればOKみたいな感じだったので、いまでも食べたいなって思います」  小さいころから食べるのが好きだったと語るが、いま夢中になっているのがコレ。 「いまギター熱が上がっていて、新しい曲を作っているんですけど、全然できないんです。曲がまったく降りてこなくて才能ないのかな(笑)。斉藤和義さんが好きで、この前YouTubeで『歌うたいのバラッド』を見たんですが、素晴らしくてああいうふうに弾きたいなって。あの曲は10年前くらいからカバーしようと練習しているんですが、いまでもマスターできないんです(笑)。もっと練習して、いつかみなさんに披露できたらいいなって思います」 最近ハマってます! 「最近フィルムカメラを始めて、露出とかシャッタースピードを自分で決めながら撮るのを楽しんでます。きっかけは、『拾われた男』ってドラマで共演した仲野太賀くんがやっていて、その影響で始めました。太賀くんはロケ中に僕のこと撮ってくれて、写真集にしてくれたんです。風景とかをよく撮っていて、ブレたりもするんですけどそれもまたいいんですよ。インスタにあげたりもしているので、ぜひ見てください(笑)」 『サバカン SABAKAN』 8月19日(金)より全国ロードショー 出演:番家一路 原田琥之佑 尾野真千子 竹原ピストル 草なぎ剛 配給:キノフィルムズ (C)2022 SABAKAN Film Partners ヘアメイク/荒川英亮 スタイリスト/黒澤彰乃 Read more »

すかいらーくGの「超都心のガストは値上げ」「不採算店100店舗閉鎖」は正解か?

Photo:Diamond すかいらーくグループが 「100店舗閉鎖」と「超都心値上げ」を発表  すかいらーくグループは8月12日の第2四半期決算発表の場で、ファミレスチェーンの「ガスト」と「ステーキガスト」を中心に不採算店約100店舗を順次閉鎖すると発表しました。  さらに、「ガスト」では7月にすでに平均5%の値上げを行いましたが、10月からは山手線圏内の店舗を中心に「超都心価格」を設定し新たな値上げをするとのことです。  コロナ禍で苦しんだ外食産業では今、原油高、食料品価格の高騰、円安などアフターコロナのコスト上昇が経営を苦しめています。消費者からは「値上げは勘弁して」という正直な声もあがっています。今回の「ガスト」の戦略は正解なのでしょうか?  まずは、すかいらーくグループの置かれた経営状況から確認してみましょう。 「売り上げ」に注目すると、同グループ全体では2019年12月期に3754億円だったものが、コロナ禍で2021年12月期には2646億円まで減少しました。コロナ前と比較すると、ほぼ3割の売り上げが消失したのです。  一方で、「利益」はどうでしょう。コロナ禍が始まった2020年12月期の営業利益は、大幅な赤字に落ち込みました。しかし、2021年12月期は182億円の黒字を上げます。これはコロナ前のほぼ9割の水準です。  つまり、「売り上げが3割減っても利益は1割しか減っていないところまで持ち直した」というのが6カ月前(2021年12月期)の決算発表です。その背景には、グループ全体で相当の企業努力があったことが読み取れます。  そして、問題は今年に入って起きた値上げラッシュです。いよいよアフターコロナで景気回復かという期待感で始まった2022年は、その期待に反してロシアのウクライナ侵攻、上海ロックダウン、急激な円安という形で日本企業にとっては次々とコスト上昇要因が重なりました。ガソリン価格からパンやカップ麺の価格まで、日用品の値上げが続いたことで消費者の財布のひももまた一段固くなってしまいました。  そこで8月12日の中間決算で発表されたのが、冒頭の店舗閉鎖と値上げだったのです。  企業戦略のプロとしての視点で状況を分析しますと、今回ガストが行う対策は企業戦略としては間違っていない、むしろ王道といっていい正しい戦略だと思います。  一方で、消費者は今回の値上げで離れていくかもしれないというリスクは存在します。中でもガストとダイレクトに競合するサイゼリヤが「値上げをしない宣言」をしているのは気がかりな点です。詳しく説明していきましょう。 値上げを避けたい企業が取るべき 3つの対応策がある  そもそも、経営において絶対的に重要なのは「最終的に利益を出すこと」です。そうでなければ株主も銀行も企業にお金を出してはくれません。  今回、すべての日本企業が置かれた状況は急激なコスト上昇です。その状況下で利益を出すためには論理的には値上げをするのが正しいわけです。言い換えれば、2022年の企業経営は、いかにうまく値上げができるかどうかで命運が分かれます。  ちなみに「コストが上昇しても値上げをしない」場合にも、企業努力という名の3つの対応策があります。以下の3つです。 (1)売り上げを大幅に増やす (2)生産性を大幅に上げる (3)賃金をなるべく減らす  ガストの場合、そもそも売り上げが減少する環境下で、過去2年できる限り生産性を上げて「売り上げ減でも利益は微減」を達成してきました。(1)(2)に関しては最大限の努力をしてきたのです。  そして、(3)に関しては正反対の行動をとっています。国の最低賃金の賃上げを受け入れるだけではなく、過去2年分の給与計算を見直して従業員に還元することまで踏み切っているのです。  いったいどのように従業員に還元したのか、具体的に確認しましょう。  まず、すかいらーくグループではそれまで賃金計算は、5分区切りで行っていました。5分未満の労働時間では給料が発生しなかったわけです。これを新たに1分区切りで、より正確に行うことに変更しました。  その際に過去2年間にさかのぼって同じルールで給与計算をし直して支給することを決めたというものです。値上げラッシュで生活が苦しくなってきた従業員にとっては助かる話だと思います。  さて、ガストの場合は(1)〜(3)の企業努力をすでに行っており、「値上げをしない」という選択肢が取れない状況です。そのため、やるべきことは「いかにうまく値上げをするか?」という一点に尽きます。 「全国一律の値上げ」ではなく 「店舗閉鎖と超都心店値上げ」を選んだ理由 ... Read more »

竹内涼真&横浜流星 会社員限定試写会で観客とトーク 竹内「毎年変わっていく」

そろって客席に手を振る竹内涼真(左)と横浜流星(撮影・高石航平)  俳優の竹内涼真(29)と横浜流星(25)が18日、都内で行われたW主演映画「アキラとあきら」(26日公開)の会社員限定試写会に出席。会社を舞台にした作品にちなみ、社会人1〜10年目の観客とトークを楽しんだ。  社会人として日々奮闘する観客と交流した竹内は「来年でデビューから10年。振り返ると1年目とでは考え方も違うし、毎年変わっていく。精神的にも人としても大きくなったと思う」と役者としての成長を明かした。  観客からの質問にも対応。悩んだ時の対処法を問われた横浜は「好きな仕事をやらせてもらっているのはぜいたくで、悩んでいる暇はない。人生一度きりしかないので、そう考えていると悩んでいる暇もない」とポジティブに回答していた。 Read more »

神戸 横浜撃破でベスト8進出 運動量と推進力重視の戦術でイニエスタは出場せず

<ACL 神戸・横浜>前半、ゴールを決め喜ぶ神戸・飯野(左から2人目)(撮影・西海健太郎)  ◇ACL東地区決勝トーナメント1回戦 神戸3―2横浜(2022年8月18日 埼玉)  東地区の決勝トーナメントが開幕し、J1勢同士の顔合わせとなった1回戦で、現在リーグ16位の神戸が首位の横浜を3―2で破り、2大会ぶり2度目の8強進出を決めた。前半7分にDF飯野七聖(ななせい、25)のゴールで先制。同31分にMF佐々木大樹(22)のPKで勝ち越し、後半も加点して突き放した。20日に組み合わせが決まる準々決勝は22日、準決勝は25日に実施。西地区と争う決勝は来年2月19、26日にホームアンドアウェー方式で行われる。  指揮官の用兵が勝利をたぐり寄せる一因になった。J1首位との激闘を制し、2大会ぶり2度目のベスト8進出。吉田監督は「非常にタフなゲームに勝利できてうれしく思う。選手は前に行く姿勢は忘れずに最後まで戦ってくれた」と笑みを浮かべた。  13日のリーグ札幌戦をコンディション不良で欠場した元スペイン代表MFイニエスタは戦列復帰したものの、出番なし。18年7月の加入後、ベンチ入りして出場機会がなかったのは19年3月のルヴァン杯・名古屋戦以来、2度目となった。指揮官は「ケガの影響は多少はあるけど試合には出られる状態だった。試合展開で出場がなかった」と説明し、チームとしての戦術を90分間完遂した。  イニエスタが入ればポゼッション率が高まり、チャンスは増える。その一方で、守備強度や縦へのスピードは落ちる。この日はポゼッションを捨て、運動量や推進力などを重視した。その狙い通り、前半7分には素早いショートカウンターから飯野が先制点。同32分と後半35分も飯野のプレスバックとセカンドボール回収が得点につながった。全得点を演出した飯野は「札幌戦から良い形で、今回もプレスをかけていこうという話になった」と胸を張った。  ただし、吉田監督は「まだ(イニエスタは)足の状態などで練習もそこまでできていない。今後はチャンスがあるし、もっと関われる」とも口にした。22日には準々決勝。イニエスタ不在時の戦い方も確立したチームの勢いは、止まらない。(飯間 健) Read more »

浦和、埼玉スタジアム&声出し応援は敵なし 優勝した年は本拠で負けなし 19日ACL決勝T初戦迎える

ロドリゲス監督(中央)が見守る前でウォーミングアップする浦和イレブン  浦和は18日、ACL決勝トーナメント(T)1回戦のJDT(マレーシア)戦に向け、さいたま市内で前日練習を行った。試合会場の本拠・埼玉スタジアムでは、過去2度優勝した際は、2007年に4勝2分け、17年は7戦全勝と無類の強さを誇る。コロナ禍ながら観客の「声出し応援」が認められるホームのアドバンテージを生かし、3度目のアジア制覇へ“吉兆”の白星を狙う。  激しい雨の中、浦和が前日練習を行った大原サッカー場にサポーターの熱い思いが記された横断幕が掲げられた。「アジアの制覇は通過点 本気で世界を獲りに行こう」。今季の登録メンバーで唯一、17年のACL制覇を経験したGK西川は会見で「レッズのサポーターと一緒に戦える喜びを感じながら、全員で勝ちを目指してベストを尽くしたい」と言葉に力を込めた。  決勝Tはホーム&アウェーの2回戦制で行われてきたが、コロナ禍で大会方式が変更され、20年から一発勝負に(22年度決勝は2回戦制)。今回は日本で集中開催され、会場は浦和の本拠、埼玉スタジアムが選ばれた。準決勝まで7日間で3戦と過密日程の中、慣れ親しんだ練習場やスタジアムのピッチ、移動など環境面で断然有利。リカルド・ロドリゲス監督(48)は「このスタジアムでプレーできるアドバンテージをピッチで示したい」と大歓迎した。  浦和は過去6度出場し、ホームでハンパない強さを見せてきた。12戦無敗で初優勝した07年は本拠で4勝2分け。17年は決勝Tの1回戦から決勝まで、敵地開催の第1戦は2分け2敗と苦戦したが、第2戦のホーム4戦で白星を挙げ、1次リーグ(L)を含め7戦全勝で制覇した。今回はコロナ禍ながら、声出しエリアでの声援も可能。西川は「リーグ戦とは別のチャント(応援歌)やビジュアル(人文字)、いろんなことで僕たちを後押ししてくれる。ピッチに立つ選手は自信を持ってプレーすることが大事」と強調した。  公式戦2戦9得点、無失点で2連勝中。同2戦3発のMF伊藤ら攻撃陣は絶好調だ。JDTは4月にホーム・マレーシアの大声援下での1次Lで川崎、蔚山と強豪を退けて首位突破した難敵だが、指揮官は「今季で非常にいい時を迎えている。最高のパフォーマンスをしたい」。今度は浦和がホームの利を生かし、17年以来のアジア制覇へ突き進む。(星野 浩司)  ◆浦和のACL優勝  ▽2007年 1次Lから12戦無敗で初制覇した。ホームでは準決勝第2戦で城南(韓国)をPK戦の末に破り、決勝第2戦はセパハン(イラン)を永井、阿部の得点で2―0快勝。大会全5勝のうち本拠で4勝を挙げる強さを見せた。  ▽2017年 史上初のホーム全勝優勝(1次Lから7戦7勝)を飾った。決勝T1回戦で済州(韓国)、準々決勝で川崎とアウェーの第1戦で敗れながら本拠の第2戦で逆転し、突破。ホームの決勝第2戦アルヒラル(サウジアラビア)戦はラファエル・シルバの決勝点で1―0勝利した。 Read more »

タイキシャトル追悼行事実施 20日は3場とも11Rが追悼競走に

1998年のマイルCSを制したタイキシャトル  JRAは18日、国内外のG1で5勝を挙げ、17日に死んだタイキシャトルの追悼関連行事を以下の通り実施すると発表した。  (1)20日の新潟・小倉・札幌の11Rを「タイキシャトル追悼競走」して実施。  (2)20日〜9月4日の間、全国の競馬場および競馬博物館(東京競馬場内)に献花台・記帳台を設置(全国ウインズでは記帳台のみ)。  (3)全国の競馬場・ウインズで特集ビデオを適宜放映。  詳細はJRAホームページで。 Read more »

日本ハム・大海「10勝の壁がでかい」 2試合続けて終盤に勝ち越し許し降板

<日・楽>8回、ベンチで悔しがる伊藤(撮影・高橋茂夫)  ◇パ・リーグ 日本ハム1―2楽天(2022年8月18日 札幌D)  日本ハム・伊藤が2試合続けて接戦の中で10勝目を逃した。味方が1―1に追いついた直後の8回、1死から鈴木大、浅村に連続四球。浅村への最終球で二塁へ走った鈴木大に対する宇佐見の悪送球で一、三塁とピンチが広がり、島内に決勝の中犠飛を打たれた。  9回に勝ち越されて交代した前回9日の西武戦は味方の逆転サヨナラ勝ちでまだ救いがあったが、今度はチームは勝てず、自身にも8敗目がついた。球団では88年西崎幸広以来、34年ぶりの入団から2年連続2桁勝利はまたお預けになった。  「点を取られたら負けるという、簡単な答えが出ている。10勝の壁がでかいなって思いました。改めて」  犠飛のところで交代を告げられ、マウンドにしゃがみこんだ。ベンチに戻る時には握っていたボールをグラウンドに叩きつけた。「しのいで(ベンチに)帰れば裏の攻撃もある中で、先発投手としては屈辱的なマウンドの降り方なので」。7回2/3で4安打2失点(自責1)。数字の上ではまぎれもない好投だったが、ぎりぎりを攻めた結果の四球が命取りとなり「本当に悔しいなあ」と口にした。 Read more »

櫻坂46小林由依、濡れた髪に“黄金比の横顔”際立つ美麗カット公開 白シャツから透明肌も

 アイドルグループ・櫻坂46の小林由依(22)の2nd写真集(タイトル未定・10月4日発売/講談社with事業部)から、しっとりと雨に濡れた髪に“黄金比の横顔”が際立つ先行カットが公開された。  このカットは、ロケ地となった屋久島らしい緑の中で佇む端正な横顔を披露。飛行機も欠航になるほどの大雨だったロケ初日に撮影したもので、直前まで雨が降っていたので緑が艶やかに光り、神秘的な一枚になっている。  すっと通った鼻筋からキュッと細いあごまで、美しい横顔の黄金比と言われるEライン(エステティックライン)を見事に体現。うっすら透けた白シャツに透明感のある肌が映え、しっとり濡れた黒髪とのコントラストからは麗しさが感じられる。  この後、川でのロケで白シャツを脱いだ際には、撮影隊も息をのむような美しい鍛え上げられたボディがあらわに。「いいものを作りたいから」と自ら冷たい水の中に寝そべり、ハッとするような素晴らしいショットを収めることに成功した。  また、本写真集の公式Twitterではオリジナル企画「47都道府県方言チャレンジ」を実施中。日本地図のパズルからひとつ都道府県のピースを選び、その県の方言でメッセージを送る企画で、照れながらも「好いちょる(島根)」や「うちのこと、好きになりよったんちゃう?(兵庫県)」と話す“方言女子・ゆいぽん”にファンが悶絶している。公式Twitterでは小林に言ってもらいたい方言を募集中。  本写真集は屋久島と横浜でロケを敢行。雄大な屋久島の大自然の中、子どものように無邪気に思いっきり笑う姿は、小林も「こんなに大きく口を開けて笑っているのはレアです」というほど自然体を映し出した写真集となっている。横浜ではもしも小林が彼女だったら…という妄想が止まらない「きれいなお姉さんとのデート」を思わせるシーンが満載。さらに大人になった今だから着こなせる繊細なランジェリーや水着姿で、磨き上げられた丸みとくびれの“女神の砂時計ボディ”を披露している。 Read more »

「今回の戦争でかなりロシア人の友人を失った」安全保障研究者の小泉悠が直面した、大国・ロシアが持つ“違う世界観”

「あの邪悪なナチスを我々は倒した」プーチンが国民統合に利用した、ロシア人の“重たい記憶” から続く  東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠氏。ロシアによるウクライナ侵略からしばらくの間、テレビを始めとするメディアで見ない日はなかったといっても過言ではない、ロシア軍を専門とする安全保障研究者だ。  ウクライナ侵略に踏み切ったプーチン政権に対して厳しい目を向ける氏ではあるが、自身の経験をもとに、市井のロシア人の生活から、国家観、社会を紹介する『 ロシア点描 』(PHP研究所)を上梓するなど、軍事以外の面での理解の必要性も訴えている。  ここでは、今回のウクライナ侵略に対する自身の見解や、研究者としての心境について伺った。(全3回の3回目/ #1 、 #2 を読む) 小泉悠さん ©平松市聖/文藝春秋 ◆◆◆ この戦争は「ハイブリッド戦争」ではない ――話を戦争に戻します。今回の戦争は多様な主体や手段を用いるハイブリッド戦争であるか否か、識者の間でも分かれていますが、どう思われますか? 小泉悠さん(以下、小泉)​ ハイブリッド戦争をどう定義するかですけど、2000年代半ばまでにアメリカ海兵隊で議論されてまとまったのが、基本概念だと思うんです。あれって、戦争の勝敗が戦場で決まらない戦いをハイブリッド戦争としているんですよね。  例えば戦闘でこっちは圧勝してるけど、敵の情報戦で「先に撃ったのはあいつらだ」とか、「民間人を大量殺傷している」となった場合、国内世論や国際世論的に戦争が続けられず、戦略目標を達成できないまま戦争を停止せざるを得なくなることを、アメリカやイスラエルのような民主主義国家は何回も経験してきたわけです。  そして、「敵はそういうことを意図的に使い始めている」というのがハイブリッド戦争の核心で、戦闘で負けても情報戦で勝てばいいとか、情報戦で勝つためにインターネットを駆使するとか、テロや犯罪的な方法を使うとか、いろんな手段が考えられるわけです。  だからハイブリッド戦争では、いろんな手段や主体が投入されるけど、それは結果です。本質は軍事的に優勢な相手と戦うために、戦場の外側のいろんな領域でいろんな手段を使うことがハイブリッド戦争の本質と思うんです。単に多様な手段や主体が関与しているだけでは、ハイブリッド戦争と言わないし、多くの戦史家が言ってるように、その基準だと歴史上のあらゆる戦争がハイブリッド戦争になるので、そういう定義はあまり意味がないと思います。 戦争が欧州に戻ってきた 小泉 今回の戦争でロシアは戦場の外で勝敗を決しようとしているのではなく、古典的な兵力と火力を集中させて、戦場で勝負をつけようとしているように見えます。むしろ、こんな古典的な戦争まだあるんだと、びっくりしています。  ウクライナの参謀本部の発表だと、今は戦線が畳んである部分も全部伸ばすと2500キロ、うち1000キロで激しい戦闘が行われている。投入されている兵力は、おそらく敵味方合わせると130万ぐらい。20世紀半ばでこういう戦争は終わったと思っていたけど、また始まっちゃったんですよ。  この前、NATOが戦略概念(NATOの行動指針)を改訂しましたけど、情勢認識パートは、「戦争が欧州に戻ってきた」という言葉から始まってます。だから、もう本当に我々が歴史の教科書の中だけだと思っていた古典的な大規模国家間戦争が21世紀に、しかも一番安定していると思われていた、欧州で始まったことに私は驚きました。 昨年10月に抱いたロシアへの不審 ――去年の10月にツイッターで、CNA(アメリカのシンクタンク)のコフマンの分析を引きつつ、国境にロシア軍が集中している事を不審に思われてましたね。ワシントンポストが衛星情報からロシア軍の集結を報じるより少し早かったと思いますが。こうした情報はどう集め、判断されてましたか? 小泉 コフマンはアメリカきってのロシア軍専門家で僕も会ったことがあるので、信頼できることは分かってて、コフマンがあそこまで懸念を示すのはやばいのかなと単純に思ったのと、地上からの映像ですね。TikTokにアップされた動画を見ると、動いている兵力の規模がちょっと普通じゃないなと。  自分で書いたメルマガのバックナンバーを見返すと、ワシントンポストの記事が出る確かちょっと前に、ウクライナ危ないんじゃないかみたいな記事を書いてるんですよ。もちろん、「わかりませんけど」という前提ですけど、あの時には僕はなんか変なことしているなという感じを持っていたと思います。  もう一つは、メドヴェージェフ前大統領です。プーチンがその前の7月に「ウクライナとロシアは一体だ」って論文を書いて、そんな民族主義丸出しのウクライナを見下した話をよく大統領府のサイトに掲載するもんだと思ったんですけど、10月にはメドヴェージェフがコメルサント紙にものすごく汚い言葉でウクライナを脅しつける文章を書いて、「元大統領が言うか」と本当に異常だと思ってました。  ラヴロフ外相も同じ10月に第二次ミンスク合意を履行させるように圧力かけてくれっていう書簡をドイツ、フランスの外相に送っていますが、返事がないとか言って、その内容をいきなり公表しちゃったんですよね。外交プロトコル上ありえないし、12月にはNATOとアメリカに対してNATO不拡大要求と、これも公開で出すんです。なんかもう、ロシアの行動がタガが外れているというか、外向的なレトリックもおかしくなってるなと。 2人の自分の間で揺れ動く判断 ... Read more »

「飛び地の茂庭、除外を」 宮城県、太陽光発電計画で意見書

宮城県村田町  仙台市太白区茂庭地区に太陽光パネルを1枚、約11キロ離れた村田町菅生地区に8万枚以上を設置して電線で結ぶ大規模太陽光発電所(メガソーラー)の計画を巡り、宮城県は18日、茂庭地区を計画から外すよう求める意見書をホームページで公表した。  異例の飛び地での発電は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に認定された時の高い売電価格を維持しようと計画されていた。茂庭地区が計画から除外された場合、売電価格は約3分の1に減るという。  意見書は環境影響評価(アセスメント)に基づく手続きの一環。事業者には5日付、経済産業相には16日付で提出された。「パネル1枚分の発電量は、本事業の発電量にほとんど寄与しない」と明言。電線敷設工事で環境負荷が増加するとして、茂庭地区の除外を要請した。  飛び地のメガソーラー計画を巡っては、仙台市の環境影響評価審査会の議論で、委員が「合法的かもしれないが、いびつな印象を受ける」などと指摘。市は7月26日、環境への影響を回避、低減できない場合は白紙撤回も含め、事業計画の見直しを行うよう求める意見書を県に提出していた。  村田町が6月30日、県に出した意見書も、予定地の設定について「説明不足で根拠が曖昧だ」と疑問視。1986年8月の土砂崩れで死者が発生した事実に触れ、土砂流出や地滑りを懸念した。  計画は茂庭地区にパネル1枚、菅生地区に8万3160枚の太陽光パネルを敷き、電線でつないで一つの発電所とみなす。出力は5万4886キロワットの見込み。2025年度に着工、28年度以降の稼働を予定する。  FITによる茂庭地区での事業認定は14年。市の条例で大規模な開発ができないことがその後分かり、高い売電価格を維持するため、飛び地の計画に変更された。 Read more »

日本ハム・清宮 スタメン復帰し三塁でフル出場 新庄監督「19日も」

<日・楽>9回、一ゴロに倒れた清宮(撮影・高橋茂夫)  ◇パ・リーグ 日本ハム1―2楽天(2022年8月18日 札幌D)  左肩を痛めていた日本ハム・清宮が11日西武戦以来のスタメン復帰で「1番・三塁」で起用された。1四球を選んだが4打数無安打で、9回は最後の打者になった。  途中出場した前日17日に続く三塁守備では、9イニングで守備機会がなかった。新庄監督は「送球もいいし、サードの動きの方が合うんじゃないか。(三塁が定位置の)野村君も何?と思うだろうし」と説明し、「明日(19日のソフトバンク戦)もサードで」と続けた。 Read more »

「球見やすい」マツダで中日ビシエド快打!連敗ストップの主役に 立浪監督の教えもかみくだいて“消化”

1回表1死一、二塁、ビシエドが左翼フェンス直撃の2点二塁打を放つ ◇18日 広島1-6中日(マツダ)  中日のダヤン・ビシエド内野手(33)が18日の広島戦(マツダ)の初回、適時二塁打で20イニング連続ゼロ行進に終止符を打ち、先制点をたたき出した。先発の松葉貴大投手(32)も6イニング1失点の好投。中日は投打がかみ合い、6―1と快勝した。    ◇   ◇  得意の敵地で、ようやく4番の仕事を果たしたビシエドが、連敗ストップの主役になった。初回1死一、二塁、広島の先発・野村の内角球をジャストミート。ライナー性の打球が左翼フェンスのラバー上部に直撃し、滞空時間の長いクッションボールとなって、岡林と阿部を楽々ホームインさせる先制&決勝の2点適時二塁打で、右拳を突き上げた。  チーム25イニングぶりのタイムリーで、このカード2試合の計20イニング続いたゼロ行進にピリオド。「打てない時もあって悔しい思いもしていますけど、少なくともヒットが出ているのはいいこと。センター中心を心掛けています」。先制すれば5連勝で、勝率7割5分。必勝パターンに持ち込み、ご機嫌だった。  今季、打率4割超えで「照明の関係かボールが見やすい」というマツダスタジアムで、再着火だ。7月29~31日の後半戦開幕カードでは、29日の1試合3本塁打を含む7安打8打点の大暴れしていた。  ところが8月に入って一変した。打率こそ2割8分台をキープし続けるも、長打はまさかのゼロ。打点はたったの2で複数打点はなし。求められるのは試合の流れを変え、白星を一気に手繰り寄せる長打。分かっているから、もどかしい日々が続いた。  意識してきたのは、立浪監督自らも「ちょっとずつボールが呼び込めるように、衝突しないようにやっている」と身ぶりを交えて指導するフォーム固め。ビシエドなりに「(体重を)少し後ろに残すのはやっています」と教えをかみくだき、好転の一打につなげた。 Read more »

かつての “半端ない” 輝きを取り戻しつつある神戸・大迫勇也 このまま存在感示せば欧州遠征メンバー入りの可能性も

攻め上がる神戸・大迫(中) ◇コラム「大塚浩雄のC級蹴球講座」  半端ない大迫がよみがえりつつある。18日に埼玉スタジアムで行われたACL決勝トーナメント1回戦、神戸―横浜M戦はスピーディーでスリリングなゲーム展開の末、3―2で神戸が競り勝った。J1では16位に低迷している神戸だが、J1首位の横浜Mに快勝。ACL準々決勝進出の原動力となったのは大迫勇也だ。  抜群のポジショニングで、ターゲットマンとして攻撃のポイントとなった。前線の大迫にボールが収まるから、支配率で横浜Mに劣りながらも神戸はいい形でフィニッシュまで持ち込んだ。攻撃の厚みを増すための、前線での“間”の作り方は、大迫ならではのものだ。  前半15分には左からのクロスを相手ゴール前できっちりとコントロールして山口に落とすと、山口はダイレクトでミドルシュート。ボールはクロスバーをたたいたが、見事な攻撃だった。  さらに前半21分、酒井が左サイドを駆け上がり、クロス。これを大迫が頭で落とし、山口がダイレクトでボレーシュート。GK高丘のビッグセーブに阻まれたが、大迫のヘディングは絶妙で、まさに決定的なシーンだった。  そして後半28分、山川の縦パスに対し、大迫は絶妙のターンから中央の佐々木にダイレクトでクロス。佐々木の放ったシュートが相手DFの手に当たり、PKを獲得した。  攻撃だけではない。守備でも体を張り続け、前半19分には浮き球のルーズボールに対し、頭から飛び込んだ。相手のスパイクが頭を直撃し、反則となったが、勇気あるプレーだった。  そして献身的なチェイシング。前線で相手ボールを追いかけ、コースを限定。相手の攻撃を遅らせるなど、守備でも大きな役割を果たした。押し込まれる時間が続いた後半15分、佐々木とともに2トップセットで交代したが、前半の貯金が最後まで効いた。  敗れた横浜M・マスカット監督は「前半、自分たちらしさを出せずにああいう形で点を取られた」と悔しがったが、前半の内容が、勝敗の行方を大きく左右したことは間違いない。  大迫は13日のJ1第25節アウェー札幌戦で先発し、復帰後最長の78分間プレー。2―0の勝利に貢献した。16日には日本代表の森保一監督が大迫のプレーについて「コンディションは上がってきている。候補に入れて考えたい」と9月の欧州遠征メンバーに加える可能性を示唆した。  昨年夏にブレーメンから神戸に移籍し、日本に戻ってきて以来、ケガとコンディション不良に悩まされてきた。今年2月を最後に日本代表からも遠ざかり、6月のAマッチ4試合、7月のE―1選手権と招集されなかった。残されたチャンスは9月の欧州遠征で戦う米国戦とエクアドル戦の2試合。それまでにリーグ戦やACLで試合に出続けて、実績を残さなければならない。  リーグ戦再開後の8月6日から3試合連続で先発し、2試合連続で存在感を示した。大迫がW杯ロシア大会の輝きを取り戻せば、日本代表にとって大きな戦力になることは間違いない。いまの日本代表にとって欠かせないのがポストプレーで攻撃の“間”を作れる高くて強いターゲットマン。苦しみ続けた半端ない男が、ようやくかつての輝きを取り戻してきた。  ◆大塚浩雄 東京中日スポーツ編集委員。ドーハの悲劇、94年W杯米国大会、98年W杯フランス大会を現地取材。その後はデスクワークをこなしながら日本代表を追い続け、ついには原稿のネタ作りのため?指導者C級ライセンス取得。40数年前、高校サッカー選手権ベスト16(1回戦突破)。 Read more »

FANTASTICS澤本夏輝&堀夏喜&八木勇征『CanCam』登場で「チーム筋トレ」結成 ハグカットも誕生

『CanCam』10月号に登場するFANTASTICS from EXILE TRIBE(左から)澤本夏輝、八木勇征、堀夏喜  ダンス&ボーカルグループ・FANTASTICS from EXILE TRIBEの澤本夏輝、堀夏喜、八木勇征が23日発売のファッション誌『CanCam』10月号(小学館)に登場する。先日公開した夏にピッタリの新曲「Summer Bike」のムードに載せてカラフルでポップな写真とインタビューを届ける。  インタビューでは、“ケミ”トークがさく裂。「もしこの3人にユニット名を付けるとしたら何にしますか」と問われると、3人は共通点を探し始めた。八木が「みんな、トレーニングをしているよね」と切り出すと堀が「チーム“筋トレ”」と名付けた。その後も「最近どこを鍛えているの?」と筋トレトークで大盛り上がり、リアルに仲の良い雰囲気を撮るため、自由に会話している様子を撮影していたところ最後は「夏輝くん大好き~」と3人で体をぎゅっと寄せ合うかわいいハグカットも誕生した。  ソロインタビューでは、「Summer Bike」にちなんだ“夏”と“恋”に関する質問をはじめ、Q&Aで掘り下げた。「PLAYFUL」がテーマだった今回の撮影では、それぞれ小道具を持ったソロカットも見どころとなっている。澤本は、フーセンガムと一緒に撮影したが、ガムが膨らみづらく、撮影は苦戦。奇跡的に撮れたかっこいい1枚を掲載する。  通常版の表紙は、俳優の中条あやみ、タレントの生見愛瑠、乃木坂46の山下美月の『CanCam』専属モデルを務める各ジャンルの売れっ子豪華3ショット。同時発売の特別版の表紙はSexy Zoneの菊池風磨とSixTONESの田中樹が飾る。 Read more »

車内に2児放置死、母親を保護責任者遺棄致死の疑いで追送検

神奈川県警察本部  神奈川県厚木市で7月、車内に放置された幼いきょうだいが救急搬送後に死亡した事件で、厚木署は18日、母親の長沢麗奈(れいな)容疑者(21)(厚木市長谷)を、長女の姫梛(ひな)ちゃん(2)に対する保護責任者遺棄致死の疑いで、横浜地検小田原支部に追送検した。  厚木署幹部によると、長沢容疑者は7月29日、市内の駐車場に止めた車の中に姫梛ちゃんを放置し、熱中症で死亡させた疑い。  長沢容疑者は、長男の煌翔(こうが)ちゃん(1)に対する保護責任者遺棄容疑で今月2日に逮捕された。捜査関係者によると、地検小田原支部が同致死容疑に切り替えて調べている。 Read more »

神戸、横浜Mを3―2で撃破…初出場で4強入りした2020年度大会に続くACLベスト8

後半35分、チーム3点目のゴールを決める神戸・小田(左は横浜M・畠中=カメラ・宮崎 亮太) ◆アジア・チャンピオンズリーグ ▽決勝トーナメント1回戦 神戸3―2横浜FM(18日、埼玉スタジアム)  3年ぶりの日本勢対決は神戸が3―2で横浜FMに競り勝ち、初出場で4強入りした2020年度大会に続くベスト8進出を決めた。前半7分、今夏に加入したMF飯野七聖(25)の移籍後初ゴールで先制すると、1―1の同31分にMF佐々木大樹(22)がPKを決めて追加点。後半35分にFW小田裕太郎(21)の得点でダメ押しし、リーグ戦ではJ2降格圏をさまようタレント軍団がJ1首位を相手に“下克上”を果たした。準々決勝は再抽選の後、22日に行われる。  低迷するリーグ戦からは見違えるような激しい戦いぶりで、神戸が8強入りを決めた。「我々はチャレンジャー。結果を恐れずぶつかった結果がうまくいった」。接戦を制した吉田孝行監督(45)は安どの表情を浮かべた。  立役者は2トップの一角で先発したプロ5年目の佐々木だ。1―1で迎えた前半28分、FW大迫からのグラウンダーのクロスに左足でシュート。相手選手のブロックに阻まれたが、VARによりハンドと判定された。「蹴らしてくれる、という感じだったんで」と自らPKのキッカーを志願し、同31分に右足で冷静にゴール右へと決めると跳び上がって喜びを爆発させた。  ACLには苦い思い出がある。2年前の蔚山(韓国)との準決勝。途中出場した佐々木は1―1の後半30分、こぼれ球を押し込みネットを揺らした。値千金の決勝弾かと思われたが、得点につながるカウンターに入る前に味方にファウルがあったとVARで判定され、ゴールは取り消しに。チームは延長後半に勝ち越され悲願のアジア制覇には届かなかった。「リベンジ、という思いで試合に臨んだ」と佐々木。VARに翻弄(ほんろう)されてヒーローになりそこねた22歳が、今度はVARで得たチャンスをきっちりモノにした。  元スペイン代表MFイニエスタは負傷の影響で出場せず。司令塔を欠いたチームは泥臭くハードワークを続けたことで流れを引き寄せた。調子を上げてきた大迫へのロングボールからサイド攻撃を繰り返し、守備では前線からしつこくプレス。2―1の後半35分に敵陣でボールを奪い、右からのクロスを途中出場の小田が決勝点を決めた。  「チーム全員が攻守にハードワークできたことが勝利につながった」と元日本代表MF山口。理想のパスサッカーから「現実路線」に切り替え活路を得たチームにとって、J1首位の相手から得た勝利は大きな意味を持つはずだ。(種村 亮) Read more »

ドライブレコーダーがとらえた事故の瞬間…国道の信号機がばらばらに トラックも荷台が大破 北海道滝川市

ドライブレコーダーがとらえた事故の瞬間…国道の信号機がばらばらに トラックも荷台が大破 北海道滝川市 18日朝、北海道滝川市で、トラックが信号機の柱に衝突した事故。 その瞬間を、ドライブレコーダーがとらえていました。 目撃者によりますと、トラックが走行する車線の信号が赤に変わる直前だったとみられています。 トラックが衝突した柱は根元から倒れ、信号機はばらばらになって地面に散乱しました。 衝突したトラックも、荷台のパネル部分が大破しています。 18日午前7時半まえ、滝川市江部乙町東13丁目の国道12号線で、旭川方面から札幌方面に走っていたトラックが道路脇の信号機の柱に衝突、信号機は大破しました。 トラックの運転手に、けがはありませんでした。 現場では信号機の復旧作業が終わり、警察で事故の原因を調べています。 8月18日(木)「今日ドキッ!」6時台 Read more »

なぜ、フロンターレはコロナ禍でも大イベントを仕掛けるのか? ”J最強の企画屋”が明かす超攻撃的な戦略「重いバーベルを上げ続けないと…」

アイディア豊富な企画やイベントを次々に仕掛けて、集客にもつなげている川崎フロンターレ  客足がなかなか戻らない――。  スポーツの取材をしていると、関係者たちからそんな溜息がよく聞こえてくる。コロナ禍はスポーツ界を長らく直撃し、現在もオミクロン株の猛威にさらされるなか、入場規制が緩和されてからもスタジアム、アリーナ、ホールなどスポーツ会場がビフォーコロナのときのように、満杯にはなっていかないという現実に直面している。  コロナ罹患を懸念して行けない人もいれば、声出し応援が解禁されてからと思っている人もいるだろう。オンラインで盛り上がる新たな観戦方法を楽しむ人だっているはずだ。その背景には様々な事情がある。  とはいえ、ファンの数自体が減っているわけではないから、などと指をくわえてただただ“帰還”を待っているわけにもいかない。スポーツ会場にファンを戻すためのアクションを起こしていく必要がある。  そんななか試合日のエンタメに力を入れてきた川崎フロンターレが、クラブ創設26(フロ)周年とあってこの夏、ホーム試合のイベントで果敢に攻めている。  6月18日の北海道コンサドーレ札幌戦では北海道テレビ放送の人気番組だった「水曜どうでしょう」とのタイアップ企画が評判を呼んでチケット完売。8月7日の横浜F・マリノス戦では「かわさき水まつり」を開催し、3つのテーマランドを用意するなどしてこちらも完売した。続いて6日後、13日の京都サンガ戦では「ボーイズビーアンビシャス」と題して格闘技を主なテーマに、プロレスラーの大仁田厚が試合前に電流爆破マッチを開催し、那須川天心が始球式を実施する予定だったが、こちらは台風8号の影響によってイベント自体中止となった(試合も延期に)。 なぜ、コロナ禍で大イベントを仕掛けるのか?  なぜフロンターレはアフターコロナに至っていない状況ながら、このように大きなイベントをバンバン仕掛けていくのか。“J最強の企画屋”と呼ばれるタウンコミュニケーション事業部の天野春果部長にインタビューした。 ――F・マリノス戦はシーズンを占う大一番でもありましたが、「かわさき水まつり」の反響もあってチケットは完売しました。「かわさき水まつりランド」「FINLANDランド」「ふろん太海ランド」と3つのテーマランドを用意する大規模なイベントになりましたね。 「これまで川崎市民とサポーターの日常にフロンターレが非日常空間を生み出すべく活動してきましたけど、コロナ禍によってみなさんの日常からフロンターレが失われてしまっているところもあると感じています。ホームゲームイベントは年に約20回程度しかない市民、サポーターとの大切な接点なので、コロナ対策は取りながらもそれを理由にボリューム感を小さくしたくないというのが自分たちの考え方。むしろコロナ禍でもこうやって工夫すればコロナ以前よりパワーアップできるんだぞと示すため質量ともに増した『かわさき水まつり』の開催を意識しました」 ――フィンランド大使館商務部協力の「FINLANDランド」には、サウナファンの関心を引くテントサウナ体験ブースなどもありました。 「フィンランド文化でもあり現在日本でも人気だからという側面もありますが、狙いとしては川崎の銭湯利用促進のため10年以上行なっている『いっしょにおフロんた~れ』を今まで用いていない手法でさらに盛り上げるには、銭湯に併設されていることが多いサウナの認知度をもっとあげていこう、と」 ――地域貢献もセットでなければならない、というのがフロンターレ流ですね。 「そうです。それとなぜフィンランドなのかと言えば、サウナという特徴だけをもった国ではなく、国連が発表する『世界幸福度ランキング1位』の国であると共に、世界有数のサスティナブルな国としても有名。SDGsにおいても見習うことがたくさんあります。我々フロンターレはSDGs活動に今までもこれからも力を入れて取り組んでいくので、フィンランドの窓口となるフィンランド大使館とは良好な関係を築き、多分野で連動していくことがフロンターレや川崎市の発展に繋がると考えています。試合時のイベントはホームゲームの集客に繋がる話題性のある面白いコンテンツに仕立てつつ、フロンターレの明るい未来を生み出すだろう企業、団体をイベントに絡め時間を共有することで関係値を高めています。イベントをハブにしてフロンターレの幅やネットワークを広げていくというのが大切なんです」 「水曜どうでしょう」コラボ企画ではチケット完売! ――ハブにして幅を広げる。たとえば6月の札幌戦は「水曜どうでしょう」とのコラボ企画もあってチケット完売になりました。コンサドーレオフィシャルサポーターの鈴井貴之さんを始球式に登場させるなど、かなり斬新でした。 「あのイベントはクラブスタッフの井川が企画立案実行まで仕切りました。『水曜どうでしょう』とのタイアップだから、スタジアムに足を運んでみようかって考えたファン、サポーターもいたと思うんですよ。フロンターレ側だけじゃなく、コンサドーレさん側も。普段なかなかスタジアムでサッカーを観ないっていう『水曜どうでしょう』ファンにも集客アプローチできた企画なんじゃないかと感じますね」 ――まだコロナ禍にあるなかで、なぜこうバンバンと大きなイベントを続けて打つのか、あらためてその理由を教えてください。 「急激に(観客動員が)グッと上向くことを期待しているというわけでは実はありません。とはいえ、選手たちがリーグ3連覇を目指してピッチで戦っているのに、事業スタッフがコロナ禍を理由に戦わないという訳にはいかない。コロナ禍だから今やっても仕方ないっていう考え方だと、我々の力も落ちてしまうと思うんですよ。ここはウエイトトレーニングにちょっと似ていて、重いバーベルを挙げ続けなければ力は衰えていく。コロナ禍が終わったから、じゃあバーベルを上げようかってなっても急には上がりませんから。コロナ禍の重みもあるから大変ですよ。それでも今、歯を食いしばって上げることがやっぱり大事」 ――天野さんはじめ“事業部隊”は、多少無理してでも大きなイベントを打つことにこだわってきた、と。 「それによって、みんなの力が確実についています。フィンランド関係は僕が動いていますが、ファン感謝デーや水曜どうでしょうの企画立案に僕はノータッチ。担当するスタッフにすべて任せています。スタッフは妥協せずバーベルをしっかり上げてますから。『水曜どうでしょう』だって、フィンランドだって、やることで実績が生まれるし、ネットワークが広がって、次のアイデアや次のつながりが出てくる。アフターコロナになったら、もっといろんなことがやれると思っています」 コロナ禍を言い訳にはしたくない ――コロナ禍においてはいろんな模索もあったのではないでしょうか。 「フロンターレの特徴としてクラブを身近に感じてもらうため、コロナ前までは、地域、サポーターとのソーシャルディスタンスを取らない、触れ合うイベントをずっとやってきたわけですから、コロナ禍でソーシャルディスタンスを保ちながらもフロンターレらしさを感じられる仕掛けって何かなって結構考えさせられました。でもそんななかでも導いた方法のひとつが音楽。音楽はソーシャルディスタンスを保ちながら人の心に響くエンタメですから。昨年『坂本九生誕80周年記念事業』を展開したのもこの発想から。11月3日の浦和レッズ戦で『坂本九ランド』を開催して、ハーフタイムには九さんファミリーによる『心の瞳』を披露してもらいました。『心の瞳』って試合に勝った時でも負けた時でも不思議と聞いた人の心に寄り添うことのできる曲だなと前々から感じていたので、80周年記念事業は昨年で終了しましたが今も試合が終わったスタジアムにこの曲を流すようにしています。今季コラボしている純烈の皆さんやGENERATIONSのようにコロナがあったことで今まであまり意識していなかった音楽というコンテンツを一つの武器として手に入れた感覚があります。  コロナ禍は大変ですけど、やっぱり言い訳にはしたくないですよね。ワンステップ高いところに行くためのハードル。そう思ってみんなやるようにしています。川崎市のなかにもまだまだフロンターレの試合を生で観たことがないという方も多い。僕らの事業って『サッカー興行』ではなく『サッカーを中心としたスタジアム内外興行』ですから、水曜どうでしょう然り電流爆破然り、色々なフックをつくってそのための仕掛けをバンバンやっていければいい。これからのフロンターレを楽しみにしてほしいなって思いますね」 フロンターレらしさとは?  コロナ禍にありながらもフロンターレのイベント自体もスケールアップしている。  少し前のフロンターレはスタジアムイベントのほとんどを天野が企画立案していたが、今はそうではない。というのも天野は一時期、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に出向してクラブを離れ、その間、残ったスタッフたちが「フロンターレらしさ」を踏襲しながら斬新な企画をアップデートさせてきた。コロナ禍においても重いバーベルを上げ、大きなイベントを成功させている。“チーム”としての強みが出てくるのは、これからでもある。  コロナに負けるな――。みんなで踏ん張って、歯を食いしばって――。 ... Read more »

氷川きよし、超ミニの生美脚&脇見せポーズ!ブラック統一の私服コーデを披露

氷川きよしのインスタグラム(@hikawa_kiyoshi_official)より  歌手の氷川きよしが18日に自身のインスタグラムを更新し、超ミニのショートパンツでスラリした太ももからの生足美脚を披露した。  氷川は15日から地元の福岡・博多座で座長公演をスタートさせた。この日は「本日も博多座へご来場ありがとうございました」と来場したファンへ感謝の気持ちを示し、「悲しい時も切ない時も毎朝選ぶ服でモチベーションup!自分の性格が演歌の様なロックな人だと思う今日この頃」と続けた。  そしてブラックで統一した私服コーデを披露。シャツから脇見せのポーズを決め、ショーパンからは色白の美脚をのぞかせた。 Read more »

【阪神】佐藤輝明ダメ押し2点打「良い形で追加点」連敗8でストップ

7回2死満塁、2点適時打を放った佐藤輝明(カメラ・頓所美代子) ◆JERAセ・リーグ ヤクルト2―10阪神(18日・神宮)  4番に復帰した阪神・佐藤輝明内野手がダメ押しの2点打を放ち、チームの連敗を8でストップさせた。3点リードの7回2死満塁、今野の127キロフォークを右前へ。「良い形で追加点を取ることができてよかった」と7日以来の勝利を喜んだ。  16日に75試合ぶりに4番から外れ、6番降格。しかし、2安打を放つと、17日には61打席ぶりの17号2ラン。3試合ぶりに4番の座を取り戻した。「しっかり自分のスイングを心がけた」と主砲が意地を見せた打線は、14安打で7月13日の巨人戦(甲子園)以来の2ケタ得点を奪った。  頼れるリードオフマンも帰ってきた。新型コロナに感染した中野が「1番・遊撃」で復帰。3回に先制点につながる二盗を決め、7回2死一塁では右前に復帰初安打。8回には右中間へ適時二塁打を放ち「落ち着いて普段通りできた。迷惑かけた分、貢献するのは当たり前」と2安打1打点、1盗塁で勝利に導いた。  横浜滞在中の9日に陽性判定を受け、そのまま関東で隔離。16日には神宮での試合前練習に参加したが、関西に戻り、17日は甲子園室内で実戦練習を行った。当初は19日の復帰を予定していたが、前夜の井上ヘッドコーチからの「チームの状態を変えてくれ」との電話で緊急合流し、自身の離脱とともに始まった連敗を復帰戦で止めた。  19日の巨人戦(東京D)では同じく新型コロナに感染した大山が復帰し、スタメン起用される予定。まだ首位ヤクルトとは11ゲーム差あるが、「まだ上を目指せる位置にいる」と矢野監督。一丸で再出発する。(森脇 瑠香) Read more »

女子ゴルフ柏原明日架が「姉さん」と呼ぶ先輩と交流 ファン注目「姉さんも素敵です」

柏原明日架【写真:Getty Images】 イベントで国内ツアー16勝の先輩と交流 女子ゴルフの柏原明日架(富士通)が、「姉さん」と呼ぶ先輩ゴルファーと交流したことを報告した。キャロウェイと契約する2人が、イベントでコースを訪れた模様。ファンからは「めっちゃ素敵」「いい緑、いい笑顔!」などとコメントが書き込まれている。 柏原がともにコースを訪れたのは、国内ツアー16勝の実績を誇る上田桃子だった。九州出身の2人は、ともにキャロウェイとクラブ契約を結んでいる。 青空とコースを背景に、花柄のトップス姿の柏原は上田の隣に並んでニッコリ。アイアンを共に手に取ってポーズを決めた。イベントで交流したようで、実際の写真をツイッターに公開した柏原は「#上田桃子姉さんと #お上手スピン」などと文面に記した。 これにファンからは「綺麗×美人」「めっちゃ素敵です」「いい天気、いい緑、いい笑顔!」「姉さんも素敵です」「超いいね」などとコメントが書き込まれていた。 THE ANSWER編集部 Read more »

野口啓代さん、楢崎智亜と挙式!純白ウェディングドレス披露「綺麗すぎる」「美男美女」など祝福殺到

野口啓代さんのインスタグラム(@noguchi_akiyo)より  東京五輪のスポーツクライミングで銅メダルを獲得した、プロフリークライマーの野口啓代(あきよ)さんが18日に自身のインスタグラムを更新し、東京五輪スポーツクライミング男子複合で4位入賞の楢崎智亜と挙式を行ったことを報告。純白のウェディングドレス姿を公開した。  野口さんは「この度、8月10日に親族のみで挙式を執り行いました事をこの場を借りて報告させて頂きます」と報告し、「今後とも夫婦共々よろしくお願いいたします 楢崎智亜・啓代」とメッセージを寄せた。そして純白のドレスに身を包み、夫と寄り添う笑顔がこぼれる幸せいっぱいの夫婦ショットを掲載。2枚目にはウェディングドレス姿の全身ショットもアップした。  この投稿には「おめでとうございます」と祝福の声が殺到し、「素敵な写真」「綺麗すぎる」「凄く素敵です」「美男美女。お似合いです。末長くお幸せに」などのコメントが届けられている。  野口さんは引退後の2021年12月25日のクリスマスに楢崎との結婚を発表した。 Read more »

原油価格高騰の要因は政策当局者と議員にあり=OPEC事務局長

原油価格高騰の要因は政策当局者と議員にあり=OPEC事務局長 [ロンドン 18日 ロイター] – 石油輸出国機構(OPEC)のハイサム・アルガイス事務局長は18日、エネルギー価格の高騰はOPECのせいではなく、政策当局者と議員および石油・ガス部門への投資不足が要因と述べた。 ロイターとのオンラインでのインタビューで、非難されるのはOPECではなく、政策当局者や議員だと指摘。「なぜならOPECおよび産油国は石油・ガスへの投資を何度も求めてきたからだ」と主張した。 その上で「われわれは世界が永遠に化石燃料で生きていくとは言っていない。ただ、化石燃料に投資するつもりはないと言うことは、一晩でA地点からB地点に移動しなければならないということだ」と語った。 OPECは世界が十分な石油を確保するために存在するが、「投資の重要性に賛同するものがいなければ、(石油の確保が)非常に困難で難しくなる」と言及。「投資家、金融機関、政策当局者もこの問題を世界的に、かつ真剣に受け止め、将来の計画に取り入れて欲しい」とした。 原油価格が3月以降に急落し、北海ブレント先物が6カ月ぶりの安値を付けたことについては、景気減速などに対する「多くの懸念や憶測、不安」が主因とした一方、「現物市場では状況がかなり異なっており、需要はなお旺盛だ。年内の需要に関してはまだ非常に強気で楽観的にみている」とした。 2023年の見通しについては「需要の伸び鈍化が見込まれるが、過去に見られたほど悪化しない」とし、「比較的楽観的だ」とした。 Read more »

きょう19日 広く晴れるが 九州と沖縄は局地的に雨雲発生 北海道東部は昼前まで雨

きょう19日 広く晴れるが 九州と沖縄は局地的に雨雲発生 北海道東部は昼前まで雨 きょう19日(金)は多くの所で晴れる見込み。ただ、九州は所々で雨雲や雷雲が湧き、沖縄もにわか雨の可能性。北海道の東部は昼前まで雨。 ●前線は南へ 本州付近は高気圧に覆われる きのう18日まで広い範囲に雨を降らせた前線は、南へ離れていきます。 きょう19日は、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。 一方、北海道の東には低気圧。この影響を受ける北海道の東部は、天気の回復が遅くなりそうです。また、沖縄や九州は湿った空気が流れ込みやすく、局地的に雨雲が湧くでしょう。 ●多くの所で青空に 【各地の天気】 ●北海道:南西部と北部は大体晴れるでしょう。一方、東部は、午前9時頃まで広く雨で、昼前にかけても雨の残る所がありそうです。降り方は落ち着いてきますが、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があり、しばらくは土砂災害に警戒が必要です。 ●東北・北陸:朝のうちは、東北北部を中心に雨の所もあるでしょう。天気は回復し、日中は青空が広がる見込みです。 ●関東甲信・東海・近畿・中国・四国:おおむね晴れるでしょう。多少雲のかかることはあっても、天気の崩れはなく、洗濯物を干したまま、お出かけできそうです。 ●九州:こちらも晴れ間はあるでしょう。ただ、午前、午後ともに所々で雨雲が湧きますので、空模様の急な変化にお気を付けください。南部では、局地的に雷を伴って雨脚が強まりそうです。 ●沖縄:強い日差しが照り付けますが、先島諸島では午前中、本島地方では昼前後から、にわか雨の所があるでしょう。 なお、あす20日は前線に伴う雨雲が再び日本付近を通過し、21日にかけても曇りや雨の所が多くなるでしょう。きょう晴れるエリアでは、日差しを有効に使うと良さそうです。 Read more »

平野紫耀「クロサギ」でTBSドラマ初主演!完全版として新たにドラマ化

平野紫耀「クロサギ」でTBSドラマ初主演!完全版として新たにドラマ化  平野紫耀(King & Prince)が、10月期の金曜ドラマ枠(TBS系、毎週金曜よる10時)にて放送される「クロサギ」で主演を務めることが明らかになった。  本作は、詐欺によって家族を失った主人公が、詐欺師を騙す詐欺師=クロサギとなって、真の敵を探し出し打倒していく姿を描く物語。原作は2003年から2013年まで「週刊ヤングサンデー」「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載された漫画「クロサギ」シリーズ(黒丸・夏原武)で、連載中の2006年にはTBSにて山下智久主演で連続ドラマ化、2008年には映画化もされた。  今作では、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に、いわば完全版として新たにドラマ化。2022年の現代を舞台に、現在の日本でリアルに起こっている詐欺にクロサギが喰らいつくことになる。原作完結前の前ドラマシリーズでは描かれなかった、主人公・黒崎vs家族を奪った最大の宿敵の直接対決も見どころとなる。  主人公の黒崎高志郎(くろさき・こうしろう)を演じる平野は、今作がTBSドラマ初主演。平野のTBSドラマへの出演は2018年の火曜ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」以来、約4年ぶりとなる。映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』シリーズなど、これまでとは雰囲気を変えて孤独なダークヒーローという新境地に挑む。  発表に際して平野は「オファーをいただいたときは、うれしいと同時にびっくりしました。恐らく世間の皆さまが知っている僕のイメージは“騙される”側だと思うので(笑)、“詐欺師を騙す詐欺師”という役をやらせていただけることは、とても光栄です。このドラマでは、『クロサギ』として本気で騙しにいきたいと思っています!」と意気込みを語っている。  その平野が演じる黒崎は、15歳のときに詐欺被害に遭った父が起こした事件をきっかけに家族を失い、詐欺師への復讐を決意。黒崎がターゲットとするのは、父を陥れた詐欺師と同じ、人を騙して金銭を奪うプロの詐欺師「シロサギ」。過去の経験から法律は人を守ってくれないと考える黒崎は、その怒りを原動力にいつかは父を騙した詐欺師の御木本にたどり着くべく、「この世のシロサギを全部喰ってやる」と心に決めている。  表向きは自らが住んでいるアパートの大家をしており、黒猫の「クロ」を飼っている彼は一見人当たりの良いごく普通の青年で、誰にでも分け隔てなく接する飄々とした黒崎。過去の出来事から誰も信じない、誰のことも頼らない孤独な人生を送っている。そんな一匹狼の黒崎が、さまざまな人間との出会いの中で自らの過去と向き合い、葛藤しながら変容していく姿が描かれる。(編集部・大内啓輔) コメント全文 ・平野紫耀(主演) オファーをいただいたときは、うれしいと同時にびっくりしました。恐らく世間の皆さまが知っている僕のイメージは“騙される”側だと思うので(笑)、“詐欺師を騙す詐欺師”という役をやらせていただけることは、とても光栄です。このドラマでは、「クロサギ」として本気で騙しにいきたいと思っています! 頭が切れて1人で飄々と生きる黒崎は、純粋にかっこいいなと思います。もちろん人を騙すこと以外ですが、何事もスマートにこなす人間力や強さには憧れる部分もあります。ただ黒崎の気持ちになって台本を読んでいると、彼が抱える痛みもどんどん伝わってくるんですよね。「クロサギ」として強い部分を持っている中でも、壮絶な過去を背負った黒崎の繊細さや柔らかさというのは忘れずに演じていきたいです。この作品では今までの僕のイメージを一気に払拭して、新たな一面をお見せ出来たらと思っています。 「クロサギ」という作品の魅力、そして僕が感じているドキドキやワクワクが見てくださる皆さまにも伝わるように、楽しみながら精一杯演じさせていただきます。ぜひ楽しみにしていてください。 ・黒丸(原作者) 漫画連載が完結して約10年、まさか再映像化のお話をいただくとは。今この時代に、新たにドラマ化する意味を見出してくださったスタッフの皆様、またとても難しい、おそらく大変なプレッシャーなのでは……と想像する役どころを引き受けてくださった俳優陣の皆様には、本当に感謝しかありません。 長い連載期間を共にのたうち回りながら過ごし、完結と共に旅立ちを見送った黒崎と、また会える日が来るとは思いもしませんでした。放送を心から楽しみにしています。 ・夏原武(原作者、原案) 新でも続でもなく、いわば「もうひとつのクロサギ」。制作スタッフから、この言葉を聞いた時に思ったのは「クロサギは本当に幸せな作品だな」という思いでした。同時に、現代においても詐欺は一向に減らず、悪質極まりないマルチやカルトが横行していることを考えるに、このドラマ化はとても意義深いものでもあります。スタッフ・キャストの皆様には「面倒臭い」作品かとは思いますが、格別に楽しめるエンターテインメントに育て上げてくださること、確信しております。 ・武田梓(プロデューサー) 誰もが、色んな顔を持っていることが当たり前の時代です。本当の自分が何なのか、分からない人もいると思います。主人公の黒崎も、このドラマに出てくるたくさんの人たちも、自分が自分として生きていくために懸命に闘っていきます。 詐欺は、今や最も身近な犯罪の一つです。誰もが簡単に被害者にも加害者にもなってしまう今の社会では、不幸や不運に引きずり込まれる人は後を絶ちません。黒崎は大きな孤独や「クロサギ」にならざるを得なかった悲しみを抱えながらも、そんな現実を笑顔で飛び越えて生きています。平野紫耀さんが本来持つ明るさと多くの人を惹きつける力で、複雑な心を持つ黒崎の在り方を、魅力的に演じていただけると信じております。原作の素晴らしいキャラクター、そして演じる平野紫耀さん、双方が持つ圧倒的な「主人公力」で、クロサギがこの世界をどのように羽ばたいていくのか──ご期待いただけますと幸いです。 勿論「クロサギ」という作品の魅力の真髄である、詐欺師への騙し返しや、数々の強敵との闘い、そして黒崎が直面する切ないラブストーリーも……様々な要素でワクワクドキドキしていただけるとうれしいです。皆様に、とにかく楽しみながらご覧いただけるよう精一杯頑張ってまいります。 Read more »

大泉洋、憧れの潮田玲子が着ぐるみで登場に「1度でいいから普通の潮田さんに会いたい」

大泉洋(49)が18日、都内で、Amazonのオリジナル番組「ザ・マスクド・シンガー」シーズン2(木曜午後8時配信)のPRイベントに参加した。 マスクで正体を隠した有名人が歌やダンスなどのパフォーマンスに挑む音楽バラエティー。大泉はMCを担当している。「昔からのファン」と公言する潮田玲子がキャラクターの着ぐるみで登場すると「1度でいいから普通の潮田さんに会いたい」と何度も熱望した。小林幸子、水野美紀、山田優、関口メンディーも登壇。番組は25日に最終回配信をする。 「ザ・マスクド・シンガー」シーズン2のイベントを行った大泉洋 Read more »

FRB当局者、利上げの必要性で一致 ペースは見解分かれる

FRB当局者、利上げの必要性で一致 ペースは見解分かれる [18日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)当局者から18日、インフレ抑制に向け利上げを継続する必要があるとの発言が相次いだ。ただ、利上げペースについては見解は一致していない。 セントルイス地区連銀のブラード総裁は米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%ポイントの利上げ実施に賛成することに傾いていると表明。「政策金利をインフレに大きな下向き圧力をかける水準にするために、迅速に対応し続ける必要がある」とし、「来年まで利上げを引き延ばしたい理由は理解できない」と語った。 その上で、現在2.25─2.50%としている政策金利を年末までに3.75─4.00%に引き上げたいと述べた。 サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は、短期借入コストを年末までに3%強、来年にこれをやや上回る水準にするために、9月に0.50%ポイント、もしくは0.75%ポイントの利上げを行うことが「合理的」になると指摘。同時に、インフレ、雇用、その他の経済指標次第とし、世界経済の減速が米経済に逆風となっているため「行き過ぎた政策にならないよう、それを考慮しなければならない」とした。 両総裁の発言からFRB内で利上げペースを巡る見解の相違があることがうかがえるが、両総裁は共に金利を一定水準まで引き上げた後にFRBが直ちに利下げに転じることはないとの見方を表明。ブラード氏は、市場の利下げ観測は「明らかにい時期尚早」としたほか、デイリー氏は「利上げの後に金利を据え置く」戦略を支持すると述べた。 このほか、カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は、今後の利上げペースやターミナルレート(利上げの最終地点)を巡り、依然討議の余地があるとの見解を表明。「利上げの最終地点を知るには、(インフレの)数値が低下していることを十分に確信する必要がある」と述べた。 また、ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は、リセッション(景気後退)を引き起こす可能性があるとしても、FRBは「非常に」高いインフレを「緊急に」低下させる必要があるという見解を示した。 Read more »

岡田結実、「メンヘラ最高」グラデーションカラーのニューへア披露で「別人みたい」「激カワです」

岡田結実のインスタグラム(@okada_yui_official)より  女優でタレントの岡田結実が18日に自身のインスタグラムを更新し、最新ショットを公開した。  10月からスタートする、BSテレ東系「最果てから、徒歩5分」(土曜・後9時)で主人公・幸田すももを務める岡田。「ドラマ『最果てから、徒歩5分』 幸田すももの髪色を岡田のできる限りで日々近づけているんだけども 見た目のメンヘラ度が心に追いついてきた」とつづり、髪の毛の根本が茶色で毛先がピンクのグラデーションへアを披露。「メンヘラ最高」と投稿を締めくくった。  この投稿にフォロワーからは、「なんか雰囲気違うけどいい感じで似合ってるしバリ可愛いか」「振り回されたーい」「別人みたい」「激カワです」などの声が寄せられている。 Read more »

【MLB】年俸50億円のエ軍三塁手は「最悪の投資」 米メディア選出「もらいすぎベスト9」

エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:ロイター】 レンドンとの契約は2026年まで…大谷翔平との新契約にも影響 日本とは契約の規模が桁違いのメジャーリーグでは、年俸に見合わない選手が“不良債権”と扱われるケースも多い。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」では、今季の「もらいすぎベストナイン」を選出。三塁手部門ではエンゼルスの大谷翔平投手のチームメート、アンソニー・レンドン内野手が選出された。 記事はレンドンについて「最悪の投資利益率だ」としている。今季年俸は3660万ドル(約49億5000万円)ながら、WAR(勝利寄与度)はわずか0.9にすぎない。 レンドンは2020年にFAでエンゼルス入りした。ナショナルズで過ごした直前の3シーズンでは「少なくとも打率.300、長打率.530、OPS.900が見込めた」と記事は指摘している。2017年から2019年の間、出塁率、打率、打点、二塁打の平均値が234人のうちトップ10入りしており、その当時29歳で比較的若かった。当時は巨額契約にふさわしい存在で、記事も「エンゼルスが彼を球界で最も高い年俸の選手の一人にしたことは、それほど驚くことではなかった」としている。 ただレンドンはエンゼルス入り後、2020年が52試合、昨季も58試合に出場したにすぎない。今季も45試合で打率.228を残したところで右手首の故障のため離脱。手術を受けシーズン中の復帰は難しい状況だ。記事は「エンゼルスは、マイク・トラウトのような活躍を願って彼に高額の年俸を支払っている」一方で、結果が全く見合っていないと指摘する。 さらに問題なのは、レンドンの契約が2026年まで残ることだ。大谷翔平との新契約においても足かせになりかねない。記事は「彼にスーパースターのような金額を支払わなければならないので、彼が健康になって、問題が解決することを願っている。もし彼の契約が理由で、エンゼルスがショウヘイ・オオタニと長期契約を結ばないことになるとしたら、それは大変なことだ」と結ばれている。 鈴木誠也にポジションを譲った男も「今季はどん底に落ちた」 同じように、この記事が最も投資利益率の低い遊撃手として挙げているのが、ディディ・グレゴリアス(フィリーズ)だ。年俸は1530万ドル(約20億7000万円)、WARは-0.6で、平均的な選手にも劣る数値だ。 記事は「昨シーズン前にフィラデルフィアがディディ・グレゴリアスに与えた2年2800万ドル(約37億9000万円)の契約が、最近の野球史で最悪の短期契約の1つであることは間違いない」とすら述べている。新型コロナウイルスの影響で短縮シーズンとなった2020年には60試合で打率.284、10本塁打を残したものの、昨季は103試合で打率.209、13本塁打。今季は63試合で同.210、1本に終わるとついに8月4日、フィリーズから放出されている。 また、中堅手部門で名前が挙がったのは、鈴木誠也外野手に右翼のポジションを譲ったジェイソン・ヘイワード外野手(カブス)だ。年俸は2450万ドル(約33億1500万円)、WARはこちらも-0.7にすぎない。今季は6月30日に右膝の炎症で負傷者リスト入りしており、ジェド・ホイヤーGMは「来年はチームの一員として彼がチームにいることはないと思う」と語り、今季終了後に自由契約とするとを明かしたという。 ヘイワードは2015年オフに8年総額1億8400万ドルの契約を結んでカブス入り。2016年と2017年にはゴールドグラブ賞を獲得したもの、昨季は104試合で打率.214。今季も右膝の怪我で離脱し、48試合の出場で打率.204、1本塁打10打点にとどまっている。記事はこの転落を「彼はいつも不調だったが、今年はどん底に落ちた」としている。(Full-Count編集部) Read more »

中居正広50歳になっても〝らしさ〟貫く ジャニー喜多川さん墓参りで「貧乏旅行」

50歳になった中居正広(東スポWeb) 元SMAPでタレントの中居正広が18日の誕生日で50歳を迎えた。華々しく活躍した元国民的アイドルもついに五十路だが、庶民的な性格は相変わらず。育ての親・故ジャニー喜多川さん(享年87)の墓参りでも〝貧乏旅行〟だったという。ジャニーズ退所後、個人事務所の社長となり、50代も突き進んでいいく――。 中居は倹約家で知られ、貯金額はバラエティー番組でたびたびイジられ、その額は数十億円とされる。2020年3月にジャニーズを退所後、個人事務所で活動してもそれは変わらない。ジャニーさんの墓参りも〝らしさ〟をのぞかせた。 今年の「父の日」だった6月19日に〝芸能界の父〟と慕ったジャニーさんの墓参りをしたと、7月のニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」で告白。「一人旅に行ってきました、2泊3日」「ジャニーさんのお墓参り」などと説明した。 ジャニーさんの墓は、故人とゆかりのあった和歌山・伊都郡の高野山(こうやさん)にある。コロナ禍などもあって中居はなかなか行けなかったが、ジャニーさんの死後、初めて墓前に手を合わせることができた。 墓参りも中居らしかった。 「東京―大阪間の飛行機はスターフライヤーのエコノミークラス。電車を乗り継ぎ、格安レンタカーで高野山に行きました。宿泊先は格安ビジネスホテル、食事はラーメンなど炭水化物ばかり。大学生の貧乏旅行のようで市井に溶け込み、大阪や和歌山の人たちは中居さんだと気づかなかったそうです」(芸能プロ関係者) 仕事面では7月に急性虫垂炎で入院を経験。MCを務める予定だったTBS系大型音楽番組「音楽の日」を欠席せざるを得なかった。 「中居さんはマイペースに見えるけど、仕事に対しては熱心。『音楽の日』で穴を開けたことを非常に申し訳なく思っていた」(芸能プロ関係者) 個人事務所ではスタッフから「シャチョー」と呼ばれている。前出関係者は「ついに迎えた50代。スタッフたちを養っていくためにも変わらず突っ走っていくようです」と話す。 中居の奮闘に天国のジャニーさんも目を細めているに違いない。 Read more »

西武・外崎 東北魂で天敵・東浜打ち!甲子園での東北勢の躍進で火が付いた

 ◇パ・リーグ 西武8―5ソフトバンク(2022年8月18日 ベルーナD)  東北6県、心は一つ――。2安打1打点に2得点で勝利に貢献した西武・外崎は試合後、夏の甲子園大会の話題で自ら聞き返した。  「(第4試合で)聖光学院は勝ったんですか?」。自身は青森出身で、同じ東北地方の2校が4強入り。「東北っていうだけで応援したくなる。勝って上位に残っていたら“お、頑張れ、頑張れ”って心の中で思いますね」。快進撃に力をもらい、自身も1番打者として輝きを放った。  「1打席目は難しい。初球からどんどんいくか、見ていくか…」。2点を先制されて迎えた初回。相手は天敵・東浜だった。今季の対戦防御率0・33。5月11日にはノーヒットノーランも食らった。27回2/3で1点しか奪っていない右腕に1番としてどう対処するか。わずかな迷い。そこで平石打撃コーチに「点差に関係なく、どんどん行っていいぞ!」と声を掛けられた。「積極的にいこう」。腹は決まった。左中間への二塁打。この回の5点奪取の口火となった。  「イメージは良くなかったけど対策は頭の中で整理できていた」。東浜攻略のカギは好球必打を貫きつつ、低めの変化球はきっちり見極めること。外崎は2回無死一塁でも左中間二塁打。4回1死一、三塁では右犠飛も放った。2位との直接対決3連戦に勝ち越してゲーム差は再び2・5。難敵に9安打を浴びせての勝利に「自信になる」と胸を張った。  真夏の熱き戦い。それは高校球児もプロも変わらない。「(東北勢の初優勝へ)ぜひ、頑張ってほしいですね」。願いは優勝旗の初の白河の関越え。そして東北魂を胸に、自らは3年ぶりのリーグVへチームをけん引する。(鈴木 勝巳)  ▼西武・辻監督(初回の先頭・外崎の二塁打に)やっぱり1番打者の役割は大きい。チームに「いける」という気持ちにさせる大きな安打だった。 Read more »

日テレ・菅谷大介アナ「アナウンサーとしての新しい使命」「経験を伝えたい」すい臓がん闘病を自ら公表

すい臓がんを公表した日本テレビの菅谷大介アナウンサー  日本テレビの菅谷大介アナウンサー(50)が18日、すい臓がんで闘病していることを18日、自身のSNSや同局のニュースサイトで公表した。今年1月に判明し、4月に腹腔鏡手術を受けたという。スポーツ報知のオンライン取材に菅谷アナは「アナウンサーとしての新しい使命。経験したことを伝えたい」と前向きに発信をしていくことを決意。現在は術後化学療法を受けながらアナウンス部の業務を続けており「公表したことでひとつの個性ができた」と語った。  画面越しに姿を見せた菅谷アナの表情には、気力がみなぎっていた。この日、自身のインスタグラムを開設し、同局のニュースサイトでも闘病を公表。「自分の経験をアナウンサーとして伝えたいというのが原点。すい臓がんはネガティブな印象が強いですが、適切な処置をしてもらえれば社会復帰して頑張れる。同じような道を経験する人の参考になるのではと思いました」と前向きに語った。  昨年11月、人間ドックで「すい管拡張」を指摘されて今年1月4日に再検査したところ、同11日にすい臓がんが判明。手術が受けられる範囲だった。診断を受けた直後、病院の入り口でアナウンス部長に電話で病状の報告とともに「いつか公表したいです」と意思を伝えた。「僕のアナウンサーとしての新しい使命だ、という思いを抱きました」  アナウンス部の仲間には1月末の部会で病名を伝え、闘病中は励ましのメッセージや、寄せ書きされたユニホームに支えられた。3か月の抗がん剤治療を経て、4月に腹腔鏡手術。「(手術直後は)立ち上がるのもつらかったですが『これが現状で、ここからスタートなんだ』と思えた」。現在は術後の抗がん剤治療を続けながら3週間おきに通院。すでに職場復帰しており、アナウンス部の管理職として社員のマネジメント業務や、バラエティー番組の出演なども行っている。  今後はインスタグラムで治療の経過をつづるとともに、報道局などと連携を取りながら現代のがん医療に迫る取材や、術前、術後の不安や経験談をシェアするような試みも考えている。「仕事も家族と過ごす時間も無駄にしたくないと考えるようになりました」と濃密な毎日を生きようと思うようになったという菅谷アナは「がんを公表したことで、一つの個性が生まれた。この個性を生かして発信していきたいですし、検査や検診を受けようと思っていただく動機付けになったら」と言葉に力を込めた。  ◆菅谷 大介(すがや・だいすけ)1971年11月、千葉・佐倉市出身。50歳。国際基督教大学大学院修了後の97年、日本テレビに入社。「news every.サタデー」などの報道番組キャスターや、箱根駅伝、ゴルフ、プロレスなどのスポーツ実況で活躍。18年の平昌五輪では女子パシュートの金メダルを伝えた。現在はアナウンス部の担当部次長。 Read more »
17 Fabulous Things To Do In Scenic Denver, ColoradoScoot’s Pokémon-themed Pikachu Jet flies Tokyo and Seoul from Sep 20228 Beautiful Parks and Gardens in Sapporo9 Amazing Restaurants To Experience In Doha, Qatar 15 Best SUBIC TOURIST SPOTS (Zambales)Colorado’s New Mountaintop Coaster Not For The Faint Of HeartAmerican Queen’s Longest Sailing Explores Two Iconic U.S. RiversGamers8 Event in Saudi Arabia: Join the World’s Biggest Global Gaming & Esports Festival Now5 Tips From a Homebody on How to Enjoy Travelling & Being Outdoors10 Local Walpole restaurants & businesses you should visitBest eSIM for Travelling to the United States in 202210 Must-Try Restaurants in Genting HighlandsHow This Filipino Ballerina Got Accepted Into the Bavaria Ballet Academy in Germany9 Amazing Things To Do In Historic Lancaster, California25 FUN Things to do in Fremantle, WA7 Amazing Experiences Not To Miss In QatarHow To Spend A Luxurious Weekend On Gorgeous Lake Oconee, Georgia7 Places To Experience Jewish History In ParisTraveler Favorite Buc-ee’s Opening First Location In The MidwestBean-Hungry Black Bears Close Campground In Big Bend National Park15 Best Things to Do in Taunton18 Exciting Things to Do in Busan For an Extra Great Trip15 Best Things to Do in Weymouth15 Best Things to Do in New BedfordFrom Seminyak to Ubud: 15 Must-Visit Spots in BaliWhere to Shop in Japan: Tokyo, Osaka, and Kyoto EditionDunkin’ Spanish Latte Now Available — Here’s Where You Can Order One10 Experiences in Sabah That Will Make You Fall in Love With The Land Below The Wind4 Smartest Ways to Save Money When Visiting Sydney6 Student Hacks That Will Save You Big Money on Fun Things Around SydneyHow to Explore Bali - 1 Week Itinerary in the Tropical Paradise6 Clever Hacks to Make Your Trip In Melbourne Easier (and Cheaper)7 Thrifty Tips to Help You Travel in Singapore On a Budget21 FUN Things to do in Ushuaia, Argentina9 Amazing Experiences For Food Lovers In Northern France11 Fantastic Experiences With Your Grandchildren In Santa Rosa5 Best Tips to Book Cheap FlightsMy 5 Favorite Unexpected Perks Of Slow TravelClimbers Of This Popular Path In France Now Required To Pay Rescue DepositThis Airline First To Test Deplaning Passengers Through Three Doors25 Fun Things To Do In Singapore At Night: Mini Golf, Skyline Luge and MoreThings To Do Weekend Singapore August 2022: Singapore Night Festival, Subway Museum & More!33 Things To Do In Singapore With Kids This School HolidaysNew Events In Singapore 2022: Singapore Night Festival, A Minions Perspective Experience, Cinewav Movies in the Sky & More!30 Top Kids Activities To Do With Your Family For A Fun WeekendSurvey Shows Singaporeans Want to Travel to Japan The Most21 Hotels With Huge Luxurious Bathtubs In Singapore For You To Soak Your Worries Away15 Best Things to Do in Fall RiverStaycation Singapore: 51 Hotels In Singapore To Enjoy Your Staycation33 FUN Things to do in Antigua, GuatemalaBacolod Tourist Spots: 10 Things to Do for Foodies & History Buffs10 Best Cafes in Sydney for Coffee, Brunch, and Vegan Food15 BEST Restaurants in Sayulita, Mexico10 Hotels with Halal Breakfast, Buffets and Restaurants in Singapore21 Best Things to do in Acapulco, MexicoI Tried Hang Gliding At Age 55, Here’s Why I Think You’ll Love ItHow To Spend 3 Perfect Days In Switzerland’s Jungfrau RegionHow To Spend A Perfect Weekend In South Bend, IndianaThe One Thing We Are Trying Before We Retire Abroad7 Things To Do In Charming Edgerton, WisconsinBirds of Iceland: An Introductory GuideViking Debuts New Ship In Southeast Asia Specially Designed To Sail The Mekong River15 Best Things to Do in SomervilleNew National Parks Series Debuts On Nat Geo This Month And You May Recognize The Narrator’s Famous VoiceDigital Nomads Can Apply for a 10-Year Visa to Thailand From Sep 20228 Unique Mooncakes in Singapore 2022 to Celebrate Mid-Autumn Festival10 Family-Friendly Destinations for Your 2022 Year-End Trips57 Top Things To Do In Singapore - Attractions, Interesting Places To Visit & Fun Things To DoTop 35 Must-Visit Historical Places & Landmarks in the Philippines15 Best Things to Do in Framingham10 Things You Should Never Do in Hawaii15 Things to Do in Jeju for a Different Kind of Island GetawayMy 7 Favorite Wineries In California To Sip ChardonnayMy 5 Favorite Luxurious Experiences At Scottsdale’s Top ResortsThe Perfect 3-Day Visit To Beautiful Évora, Portugal7 Reasons To Explore Stunning Peggy’s Cove, Nova ScotiaRetirement Diaries: Diane Says Start Your Planning EarlyWhy I Love These 5 Campsites In France More Than Any HotelWe Have 21 Airline And Hotel Credit Cards, Here’s What We Love About Each OneThe 15 Most Beautiful Places To See Fall Foliage In 2022Top 15 Best Things to Do in Stockton, CaliforniaAnne Frank Museum Releases Videos Detailing Last Six Months Of Her LifeFarmers’ Almanac Predicts Unseasonably Cold Winter For Canada, Urges One Region To HibernateThis Is The Only Country On Earth That Sits Entirely Above 3,280 Feet, And You Can Ski There Right NowHow To Start A Freelancing Business From Scratch10 Things You Should Know Before Quitting Your Job To TravelBournda National Park: South Coast NSW’s Best Kept SecretThe Best Multi-Day Hiking Trips in CanadaFrom Bunbury to Margaret River, Here’s What Not To MissWhere To Find The Best Free Camping in TasmaniaAustralian Bushfires: Here’s What You Can Do To HelpOur AmazingCo Mystery Picnic in Queensland’s Atherton TablelandsHow To Plan A Sedona Girls Weekend Trip25 Of The Best Things To Do In Port Douglas, AustraliaPlatia Ammos Beach in Kefalonia (+ the Perilous Hike Down in Flip Flops!)From Corporate Stooge to Professional Travel BloggerWhy Choose Full Time RV Living Over Van Life?7 Handy Camping Hacks For Your Next Wilderness TripThe Best Spots For Eyre Peninsula Camping in South AustraliaGold Coast Hot Air Ballooning: A Bucket List Experience You Didn’t Know You NeededFitzroy Island or Green Island: Which is Better?A Zhangjiajie Hiking Adventure In The Avatar MountainsThings To Do On An Eyre Peninsula Road TripThings To Do On The Esperance To Perth DriveBunyeroo Gorge & Brachina Gorge: A Flinders Ranges Scenic Drive You CAN’T Miss!Duke of Orleans Bay: My 35th Birthday Adventure!Things To Do In Mount Gambier & Limestone Coast, South AustraliaHow This Woman Quit Her Job To Travel Europe Full-Time in a Motorhome10 Things I Wish I Knew Before Buying A CaravanCelebrating Boxing Day on a Captain Cook Sydney Harbour Cruise5 Adventurous Weekend Road Trips From DenverHow To Land Scuba Diving Instructor Jobs Around The WorldWhy You Don’t Need A Work And Travel Program Like Remote Year To Become A Digital NomadHow To Tell Your Parents You’re Quitting Your Job To TravelPerth to Esperance: The Ultimate Road Trip ItinerarySpeed Hiking: What It Is & What Gear You Need For ItWhat To Do When Sh*t Hits The Fan On Your Trip3 Days in Melbourne: A Melbourne 3 Day ItinerarySapphire Coast NSW: From Whales to Red RocksEssential Hiking Gear for Beginners: 5 Items You Absolutely Need For Your First HikeWhy This Grad Student Decided To Move Abroad Instead Of Getting A JobThe Best Fleurieu Peninsula BeachesNakie: The Best Traveler Hammock (That’s Also Eco-Friendly!)The Best Beaches in Kefalonia (+ Other Must-Dos)The Best Things To Do In Sydney Harbour7 Things To Know Before Your Overnight Or Day Trip To Rottnest IslandLawn Hill National Park: A Hidden Gem in Outback QueenslandBradleys Head to Chowder Bay Walk + Balmoral | Sydney Harbour WalkOrmiston Gorge: A Beach in Outback Australia!What To Do in Paris For 4 Days: A 4 Day Paris ItineraryOutdoorsy Things To Do In Noosa, An Aussie Adventure ParadiseWhy Quitting Your Job To Travel Isn’t As Scary As It SeemsThings To Do In Crete: A Crete Road Trip Itinerary15 Little Things You Can Do To Save Money For TravelKu-ring-gai Chase National Park: Sydney’s Hidden GemThings To Do In Esperance: The Best Walks, Campsites, & Beaches In Esperance, Western AustraliaVisiting Meteora: Clifftop Monasteries With A View In GreeceThe 15 Best Day Trips From CairnsHighlights Of A Great Ocean Road TripThe Best Boho Picnic Rugs For Outdoor AdventuresRenting Camera Gear For Travel: Save Money, Save MemoriesThe Best Sydney Weekend GetawaysCar Next Door Review: Using Car Sharing in AustraliaWhat the FAQ is Van Life? Everything You Want To Know About Full Time Van LivingThe Best Hikes In The Blue MountainsA Sydney Harbour Scenic Flight With Sydney SeaplanesThis Couple Quit Their Jobs & Sold Everything To Travel Europe Full-TimeThat Time ALL THE SIGNS Told Me To Buy Tony Robbins TicketsHow Much Money Do You Need To Save Before You Quit Your Job To Travel?15 Best Things to Do in Malden8 Unique Ways To Spend A Few Hours In The South Of France7 Authentic Aboriginal Experiences In Australia’s Northern Territory10 Best Hiking Trails In Flagstaff According To The Locals21 FUN Cancun Day Trips that you’ll love!The Unique Culinary Tour Not To Miss In Jerusalem18 BEST Things to do in Valparaíso, Chile7 New And Unique Things To Do On The Las Vegas StripPalwa Ride and More Adventures at Santabucks Eco-Adventure ParkClear Testing New Curb-To-Gate Premium Service At This Popular AirportCollette Unveils New Montana Cruise Tour Featuring Stops In Two Popular National ParksTop 15 Best Things to Do in Riverside, California8 Reasons To Visit Italy This FallI Booked A Trip To France This Summer For $5.60 Using Points, Here’s What I LearnedThe Exhilarating Experience Not To Miss In Canada’s Jasper National ParkI Tried Glamping At An Australian Crocodile Safari Camp And It Was Incredible16 Scenic Stops Along The Beautiful Cape Cod Rail TrailWorrowing Jervis Bay: A Winter Getaway From SydneyBest Beaches in Crete: The 10 Crete Beaches You Must VisitThe 20 Best Beaches in Western AustraliaWhat I Wish I Knew Before Moving From USA To Australia30 Things To Do in Albany, Western Australia & South Coast WAHiking Sydney: The 15 Best Hikes in Sydney, AustraliaThe Best Hikes in Grand Staircase Escalante National MonumentNew UAE Passport: How to Get Your New Emirati Passport?NATAS 2022 Singapore Travel Fair: What to Expect7 of the best things to do in Phuket on a budget15 Best Things to Do in WalthamU.S. Begins Testing Online Passport Renewals, How You Can ParticipateTop 7 Must-See Attractions At The Newly Renovated Air And Space MuseumFAA Considers Increasing The Size Of Airline Seats, But It Has Nothing To Do With ComfortEat Your McDonald’s Before You Get On The Plane15 Best Things to Do in HaverhillYosemite Reopens Its Beautiful Mariposa Grove To Visitors8 Signs You Need for a Salary Raise & How to Talk to Your Boss About ItMy 7 Favorite Restaurants In Beautiful Dripping Springs, Texas13 Tips For Hiking Jenny Lake In Grand Teton National Park 14 Budget-Friendly Ways To Entertain Your Elementary-Aged Grandkids According To A Retired TeacherTop 15 Best Things to Do in Huntington, New York12 Reasons This Lesser-Known Malta Town Will Transport You To 1950s Italy15 Best Things to Do in RevereParts Of This National Park Closed Because Of A BearSeveral Caribbean Islands Dealing With Record Amounts Of Seaweed, The Problems It’s Causing For Tourists And Residents7 of the best things to do in Hoi An on a budgetLOOK: Philippine Tarsier Spotted in Tacloban City for the First Time EverA Guide to the Best Staycation Hotels in Manila6 Fabulous Reasons To Take A Side Trip To Croatia When You’re Visiting Italy7 Reasons You Should Visit Canada’s Beautiful Georgian Bay6 Reasons To Explore Concord, California On Your Next Visit To San Francisco9 Key Tips For Hiking To Gorgeous Ta-Taki Falls In Okinawa, JapanTop 15 Best Things to Do in Islip, New YorkHawaii County Follows Maui’s Lead, Decides To Ban These Types Of SunscreensUnique Sign In New Mexico Had Highway Drivers Doing Double-Takes15 Best Things to Do in AberdeenIt Now Costs $250 To See A Real-Life Dragon, Here’s WhyHeavy Rains Cause Extremely Rare 1,000-Year Event In Death Valley15 Best Things to Do in Havre de Grace15 Best Things to Do in Elkton11 Best Beaches in Vietnam You Must Know About11 Money Tips If You’re Not Earning Well Enough to Build a Travel Fund7 Fantastic Hotels For A California Summer ExperienceThe Houseboat Getaway Near Ottawa Perfect for the Whole Family22 Amazing Outdoor Adventures I Loved In New Zealand5 Fantastic Stops On A Missouri Road Trip From St. Louis To St. JosephFolks Are Flocking To New Mexico For A High Flying Milestone This October15 Best Things to Do in New CarrolltonSurprising Shark Discovery Found Thousands Of Miles From Its HomeWhat You Need To Know About Road Closures At This National ParkThird-Culture Kid Blues: My Experience as an Indonesian Who Grew Up in MalaysiaA Guide to Ukay-Ukay Shopping in and Near Metro Manila7 Historic French Brasseries You Must Visit In Paris7 Amazing Outdoor Activities To Experience In Big Sky, Montana In The SummerTop 8 Questions To Ask Before Moving To Costa RicaEverything You Need To Know About Visiting Qatar¡Felices fiestas! A guide to Spain’s best annual events17 Amazing Things To Do In Beautiful Austin, TexasFancy Feast Isn’t Just For Felines, Where You Can Dine On Cat-Inspired Cuisine Why October Is The Best Time To See Elk In This StateBorobudur Temple – The World’s Largest Buddhist TempleMantigue Island: Camiguin’s Little Jewel | LakwatseroThe Wave of Utah and Arizona: Where “Amazing” is Understatement | LakwatseroMonad ShoalHow to Get to Luna ApayaoTales From Sadanga: The Trek to Fowa-as Falls | LakwatseroAbout BatadHow to Commute to 21 Kilometers Coffee and Back#13 Himalayan Mountain Range (Nepal)NATAS Travel Fair 2022: Best Travel and Tour Package Deals!Batanes: Sweet Rendezvous With My Playground | LakwatseroNaked IslandThe GreeneryBalabac Sojourn: Immersion in Bugsuk Island | Lakwatsero1. Chocolate HillsHow To Get to BulalacaoSurprises in Naujan | LakwatseroNatnat BeachScuba Diving in Mantigue Island: Revisiting Underwater HomeLubang: En Route to Big Surprises | LakwatseroAbout Cuyo1. Fortune Island (Nasugbu, Batangas)Climbing Mount MitsutogeWaterfalls of Mount Romelo: Buruwisan, Batya-Batya & MoreSurigao: Scuba Diving in Mabua | LakwatseroRooms and RatesBud Bongao: The Revered Mountain of Tawi-Tawi | LakwatseroHow to Get to CoronGoing In and Out of PokharaVisita Iglesia in Manila: Nine Churches to VisitA Day Trip to Seven Falls of Lake Sebu | LakwatseroBataan: Dunsulan Falls, Ambon-Ambon Falls & Limutan FallsHow to Get to MoalboalHow to Get to Kansalakan Enchanted RiverDetour to Mainland Sablayan | LakwatseroWaterfalls in Real, Quezon: Cawayan, Balagba & Noknok FallsRuwanwelisaya StupaSan GabrielColibra Island: Dasol’s Island Hideaway | LakwatseroHow to Get to Malamawi IslandHow to Get to Maosonon IslandBalabac Sojourn: Bugsuk Island Stole My Heart | LakwatseroAttractions in Igorot Stone KingdomNacpan & Calitang: The Twin Beaches of El Nido | LakwatseroCalinawan CaveClimbing Mount Fuji: Frequently Asked Questions1. Tropical Four SeasonsMasasa Beach Travel RequirementsPacsafe Toursafe Wheeled Duffel: The Ultimate Urban Adventure Buddy | LakwatseroHow to Get to Mount KitadakeKiltepan View Deck (Sagada, Mountain Province)A Solo DIY Trek to Kawah Ijen of Indonesia | LakwatseroFirst Time in NAIA Terminal 1: Seriously, It’s Not As Bad As You Think! | LakwatseroHow to Get to Mount Cayabu and MaynobaTagbilat Falls: The Curtain Falls of Zamboanga SibugayHow to get to Quitinday Falls and Underground RiverPaoay Church: UNESCO World Heritage Site in Ilocos NorteThe Island in FocusBicycle Diary: Kaybiang Tunnel Loop | LakwatseroSelf Guided 6D/5N Annapurna Base Camp TrekA Weekend of Ultimate Adventure in Baler | LakwatseroHow to Get to Camotes IslandsHail to Hulugan FallsIloilo: Where to Indulge in the City of LoveIntroducing SibaltanHow to Get to Kabutongan FallsHow to Get to Calinawan CaveAbout CaramoanHow to Get to Cabagnow Cave PoolFive Hours in Jakarta: A Walk in the Old Batavia (And Misadventures in Jakarta) | LakwatseroRacuh a Payaman (Marlboro Hills)Machu Picchu HouseAbout LubangHow to Get to Nagpatong Rock by Public Transport:A Glimpse of Manila Metropolitan Theater | LakwatseroAbout LunaAbout Capul IslandAlalum Falls: Shared Majesty of Sumilao and Impasug-ongSnake IslandZunsibarPico de Loro Frequently Asked Questions (FAQs)Tulay na Bato Falls48 Hours in Brisbane: A Quick Guide & ItineraryAbout BiriTales of a True Wanderer: The Joys and Pains of Solo Travel | LakwatseroWelcome to Surigao del SurMt. Palay-Palay  National ParkAbout PagudpudFive Levels of Aguinid FallsIntroducing San Pascual, MasbateMount Manmanoc ItineraryAdventures in Fortune Island of Nasugbu | LakwatseroNext Level Mobile Photography with Sony Xperia XZ1 | LakwatseroScuba Diving in Siargao: Discovering the Underwater Treasures of Daku Island | LakwatseroAbout Davao CityHow to Get to AndaJanuary: Cebu & IloiloHow to Get to Mines View ParkKamay ni Hesus: Pilgrimage Site in Lucban | LakwatseroPoon Hill: Three Days of Himalayan AdventureCalvary Hill Cemetery of SagadaHow to Get to TambobongMilford SoundTen Things To Do in Sagada: Bucket List for NewbiesDahoyhoy FallsPilot for a Day: The Ultra Light Aircraft Experience | LakwatseroReal Coffee and Tea Cafe of Boracay | LakwatseroGhorepani Poon Hill TrekAbout Maniwaya IslandHow to Get to Binanga FallsPalo Alto Falls of Baras, Rizal | LakwatseroExplore Moscow: Best Things to Do in the City | LakwatseroStairway to HeavenMount Guiting-Guiting Overnight Trek Complete ItineraryCape Melville LighthouseLa Cathedral Café: Restaurant with a View in IntramurosKapurpurawan Rock Formation: White and BeautifulDay Hike ItineraryThe Sandbox at AlvieraHow to go to Mararison IslandA Weekend of Adventures in South Cebu and DumagueteCalayan Island: A Virtual Diary of Our Epic Journey | LakwatseroFaro de Isla Jintotolo (Jintotolo Island Lighthouse)Low’s PeakAbout Taal VolcanoHow to Get to Mag-aso Falls of BoholSamar: Biri Rock Formations Up Close | LakwatseroBonbon BeachIntroducing Jomalig IslandAbout Cotabato CityAbout TabukLeyte Landing Memorial: A Memorial for a Fulfilled Promise | LakwatseroSilyang Bato, Mount MaramiPanimahawa Ridge and Cedar Falls Day Hike ItineraryFun in the World’s Best IslandSample Albay ItinerariesMagpupungko Beach and Tidal Pools6 Tips for Living in the Philippines | LakwatseroDaraga Church: The Nuestra Señora dela Porteria ChurchTulgao Rice TerracesCape Melville Lighthouse (Faro del Cabo Melville)Canyoneering to Kawasan FallsLake FewaLong Weekend: Five-Day Suggested Itineraries in Luzon | LakwatseroAbout CaponesThe Wichcraft Café of Zamboanga City | LakwatseroHow to Get to GuiuanAll-Female FloorHow to Get to Neri’s VilleDiotay’s EateryShort but Sweet Melaka Getaway | LakwatseroHow to Get to Tinuy-An FallsOslob: The Lost Grandeur of Tumalog Falls | LakwatseroIlocos ItineraryDitumabo Falls: The Mother Falls of San Luis, Aurora!Biking in Kalinga: Trek and Bike to TabukParadise Garden: A Haven for Sea TurtlesSiargao: Magpupungko Beach and Tidal Pools | LakwatseroAbout Bucas GrandeCoral GardenSagadaA Walk in Sangay Siapo Island Before it is Gone? | LakwatseroAmbaguio-Akiki ItineraryCorregidor Island Lighthouse (Faro dela Isla de Corregidor)Faro de Punta de Malabrigo (Malabrigo Point Lighthouse)About CulionNaidi Hill LighthouseBoquete IslandHow to Commute to Temple of LeahCatanduanes: The Heritage Church of Bato | Lakwatsero1. White Water Rafting or KayakingMount Fuji Overnight Climb ItinerarySip & Gogh Paint Studio: Unleash Your Inner Van Gogh | LakwatseroBatanes ItineraryHow to Get to Quitinday HillsAbout Callao CaveDiscover LakawonBiking to Taal: A Fun Ride to Batangas’ Heritage TownAntique Blooming: The Rafflesia of San RemigioMalasimbo Lights and Dance FestivalBacolod ItineraryPoon HillAttractions in Mirador Heritage and Eco ParkHulhumale Public BeachRomblon Island: Bonbon Beach, Tiamban Beach & MoreAdventure in Sabah: White Water Rafting in Padas River | LakwatseroHow to Get to Hinakpan Mystical HillsWelcome to Lake SebuAbout CasiguranAbout BuscalanHow to Go to Kalanggaman IslandFaro de Cabo Bojeador (Cape Bojeador Lighthouse)Backpacking Maldives: Budget Itinerary, Expenses & TipsHow to Get ThereOffbeat Bohol Itinerary: 3D/2N of AdventuresHow to Get to Tawi-TawiAlona BeachPangilatan Falls: The Forgotten Gem of Tapaz, CapizWorld War I: SMS Cormoran II3D/2N Taiwan Itinerary: Taipei – Yehliu – ShiffenLaos for Backpackers: Getting There on a BudgetBasic RequirementsHow to Get to Antong FallsCathedral CaveHow to Go to Gubat, SorsogonAbout SadangaHow to Get to Bugui Point LighthouseHow to Get to Cabra Island LighthouseCebu Itinerary: Three-Day Adventures in the SouthAbout AndaLuna: A Day in the Show Window of Apayao | LakwatseroMargues Blue LagoonFinding Palaui’s Cape Engaño Lighthouse | LakwatseroHow to Get to Mantayupan Falls of Barili, CebuHow to Get to MaligcongLinapacan Islands: Between Paradise | LakwatseroKLIA to KLCCHow to Get to JomaligBanaug ShoalEspadang Bato – Payaran Falls Day Hike Itinerary10 Remarkable Philippine Destinations for Solo TravelMiagao Church: A UNESCO World Heritage Site in IloiloAbout Carbin ReefAbout Parola IslandCabra WreckageCobra Falls: Ozamiz City’s Best Kept SecretBasco: The Chapel on the Hill of Tukon | LakwatseroBack in Kathmandu’s Lovely Mess | LakwatseroHimalayan Adventure: Kathmandu to Pokhara Overland | LakwatseroItineraryChinatown Vancouver (Stop #23)Situbo Falls: Tampilisan's Awesome SurpriseHow to Get to Inambakan FallsTuasan Falls: Another Camiguin’s Charmer | LakwatseroHow to Get to Lake SebuMarinduque Loop: Biking in the Heart of the Philippines1. Batanes: A Piece of HeavenMe Gusta Sunzibar Tacloban! | LakwatseroHitachi Seaside Park: Quick Guide from Tokyo and NaritaBeautiful Islands and BeachesSunzibarTrekking NotesSnapshot: In Love with Batulao | LakwatseroPalaui IslandHow to Get to Mount PinatuboBicycle Diary: The Ride to Infanta | LakwatseroSwimHow to Get to Osmeña PeakDaranak Falls of Tanay Rizal | LakwatseroHow to Get to Stobosa Hillside Homes ArtworkSurf or Learn to SurfDIY Solo and Self-Guided Trek to Annapurna Base CampBatanes by Bike: North Batan Tour | LakwatseroThe BeachSta. Cruz Grande IslandBasilica de San Martin de ToursBaguio Budget Stay: Upstairs Bed & Bath | LakwatseroBiking in Batanes: Batan Island Loop | LakwatseroCandaba Bird SanctuaryCape EngañoAbout HungduanIligan Tourism Triangle: Mimbalut, Tinago & Maria CristinaAbout Jose PanganibanCadapdapan Rice TerracesHow to Get to Casaroro FallsKiltepan: Sagada’s Best Sunrise | LakwatseroBeguet: Colorado Falls of Tuba | LakwatseroFollow the Call of the Great Outdoors: Go Out & Get More | LakwatseroSanga-Sanga ReefMasbate City: Where to Eat in the City | LakwatseroAbout Carabao IslandRain Vortex at the Jewel of ChangiPacsafe Venturesafe 65L GII Travel Pack