G7首脳会議が開幕、インフレ対応で連携確認-対ロ制裁強化も協議

(ブルームバーグ): 主要7カ国首脳会議(G7サミット)が26日、ドイツ南部エルマウで開幕した。G7首脳は会議冒頭、インフレ高進やリセッション(景気後退)の脅威への対応で各国がどう連携するかについて意見を交わした。ウクライナ侵攻を巡るロシアへの圧力をいかに継続するかも議論した。

共同通信が政府関係者の話として伝えたところによると、岸田文雄首相は「国民生活を物価高騰から守るための結束を強めていかなければならない」と発言。「経済安全保障の分野でも同志国間の連携を強化することが不可欠だ」と強調した。為替相場については「市場の急激な変動に十分注意が必要だ」と述べた。

会議は28日までの日程で、議長国ドイツのショルツ首相は気候変動問題やインフラ、投資に関する議論も主導するとみられる。

G7首脳は3日間の協議で、ロシア産原油の価格上限設定についても話し合う見通し。英国、米国、日本、カナダの4カ国はロシアからの新たな金輸入の禁止も発表する計画。英国は同措置について、ロシアのプーチン大統領による軍への資金供給能力に「大きな影響」を与えるとしている。

ショルツ首相によれば、G7首脳は現在のエネルギー危機とインフレ高進について詳細な議論を行い、それらが懸念材料であるとの共通認識の上、経済へのリスクに「協調して」取り組む決意で意見が一致したという。

原題:

G-7 Latest: Leaders Address Soaring Inflation, Recession Threat(抜粋)

(c)2022 Bloomberg L.P.

Bloomberg News

News Related
  • 知床の海岸で人骨や衣類発見 沈没した遊覧船乗客の可能性も

    引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。
    See Details: 知床の海岸で人骨や衣類発見 沈没した遊覧船乗客の可能性も
  • 大阪桐蔭が本領発揮 25安打19得点で夏40勝

    引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。
    See Details: 大阪桐蔭が本領発揮 25安打19得点で夏40勝
  • 【小倉記念】去勢手術明け8カ月ぶりで10番人気のヒンドゥタイムズ、直線伸びて2着

    ヒンドゥタイムズ ◇14日 第58回小倉記念(G3・小倉・芝2000メートル)  去勢手術明けで8カ月ぶりだった10番人気のヒンドゥタイムズが4コーナー9番手から伸びて、ジェラルディーナをゴール前で鼻差捉えて2着を確保した。騎乗したホーは「追い切りで感触はつかめていました。道中は折り合っていましたが、早く動かないといけないところで動けませんでした。2000メートルという距離は合っていると思います」と振り返った。先週のレパードSから、2週連続の重賞制覇はならなかったが、香港の名手の存在感は日増しに高まってきている。
    See Details: 【小倉記念】去勢手術明け8カ月ぶりで10番人気のヒンドゥタイムズ、直線伸びて2着
  • ガンバの新マスコット、名前は「モフレム」…ミャクミャク様と「友達に」

    記者会見で報道陣の質問に答えるガンバ大阪の新マスコット「モフレム」=14日、大阪府吹田市(北川信行撮影) サッカーJ1のガンバ大阪が募集していた新マスコットキャラクターの名前が「MOFLEM(モフレム)」に決まり、14日の清水エスパルス戦の試合前に、会場のパナソニックスタジアム吹田(大阪府吹田市)でお披露目された。 モフレムはモフモフした外形と炎を意味する英語のフレーム(flame)を合わせた造語。約9千件の応募の中から選ばれた。 同スタジアムで記者会見に臨んだモフレムは通訳を介し、身ぶり手ぶりをまじえて自己紹介し「とてもいい名前で気に入っています。たくさんの応募があり、驚いています」と感想。「ファン、サポーターを笑顔にし、スポーツ界ナンバーワンのマスコットを目指して頑張ります」と意気込みを語った。 2025年大阪・関西万博の公式キャラクターで、人気を集めている「ミャクミャク」についても「ぜひ会ってみたいし、友達になりたい」とコラボレーションに意欲を示した。 モフレムはクラブとファン、サポーターの情熱から生まれた設定で、明るくピュアで好奇心旺盛な情熱家。お兄さん格のガンバボーイとともに、チーム、クラブを盛り上げていくという。
    See Details: ガンバの新マスコット、名前は「モフレム」…ミャクミャク様と「友達に」
  • 近畿2府4県で3万3382人感染、30人死亡

    引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。
    See Details: 近畿2府4県で3万3382人感染、30人死亡
  • 熱海土石流、市と県提訴は9月にずれ込み 「多くの被災者に参加を」

    引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。
    See Details: 熱海土石流、市と県提訴は9月にずれ込み 「多くの被災者に参加を」
  • 【甲子園】大阪桐蔭が圧勝 2発含む25安打で19点 2安打完封リレー 16強出揃う

    <全国高校野球選手権:大阪桐蔭19-0聖望学園>◇14日◇2回戦 春夏連覇を目指す大阪桐蔭が聖望学園(埼玉)に先発全員の25安打で19点を奪い圧勝。4年ぶりの16強入りを果たした。甲子園は智弁和歌山を抜く単独9位の71勝目。夏は40勝(単独9位)に到達した。全国大会は昨年秋の明治神宮大会からセンバツ、今夏と10連勝となった。 1回から打線が得点を重ねた。6回まで毎回得点で15得点。7回こそ無得点に終わったが8回には3番松尾松尾汐恩捕手(3年)のソロ本塁打などで2点を追加。9回にも松尾の2打席連続本塁打などで2点を追加した。 大阪桐蔭はこれで今春センバツ準々決勝から甲子園で5試合連続の本塁打。松尾は甲子園で5本目の本塁打。 守っては今大会初登板の2年生左腕、前田悠伍投手が5回を1安打無失点。6、7回は小林丈太投手(3年)が無安打無失点、8回は青柳佳佑投手(3年)が無安打無失点。9回は別所孝亮投手(3年)が1安打無失点。4人の継投で2安打完封した。 甲子園はこれで16強が出そろった。 <甲子園通算勝利ランキング> (1)中京大中京(愛知)136勝 (2)龍谷大平安(京都)103勝 (3)PL学園(大阪) 96勝 (4)県岐阜商(岐阜) 87勝 (5)松山商(愛媛)80勝 (6)天理(奈良) 79勝 (7)東邦(愛知) 75勝 (8)広陵(広島) 73勝 (9)大阪桐蔭(大阪) 71勝 (10)智弁和歌山(和歌山)70勝 <3回戦組み合わせ> 【15日】 ▽第1試合:明秀日立(茨城)-仙台育英(宮城) ▽第2試合:高松商(香川)-九州国際大付(福岡) ▽第3試合:明豊(大分)-愛工大名電 ▽第4試合:近江(滋賀)-海星(長崎) 【16日】 ▽第1試合:下関国際(山口)-浜田(島根) ▽第2試合:九州学院(熊本)-国学院栃木 ▽第3試合:敦賀気比(福井)-聖光学院(福島) ▽第4試合:二松学舎大付(東東京)-大阪桐蔭 大阪桐蔭対聖望学園 8回表大阪桐蔭無死、左越え本塁打を放つ松尾(撮影・野上伸悟)
    See Details: 【甲子園】大阪桐蔭が圧勝 2発含む25安打で19点 2安打完封リレー 16強出揃う
  • マツコ テレビを見ていて面白い!と思うトップレベルな女優「もうちょっとバラエティーに出てほしい」

    マツコ・デラックス  タレントのマツコ・デラックス(49)が13日放送の日本テレビ「マツコ会議」(土曜後11・00)に出演。女優でタレントのMEGUMI(40)を絶賛した。  マツコはリモートでゲスト出演したMEGUMIについて「YOUちゃんがいけ好かないお婆ちゃんになってくるんですよ、年齢的には。次にこの人がいけ好かないババア枠を伝承するわけよ」と指摘すると、MEGUMIも「まあまあ、そうですね。いただく役はだいたい育児放棄、ビッチ、鬼の上司みたいな。だいたい三本柱でやらせてもらってますので」とニヤリ。  マツコは「バラエティーに出ているMEGUMIちゃんを見ていて、あれって完全に素?」と素朴な疑問を投げかけると、MEGUMIは「あれが素だったら、病気的ですよね」とあっけらかん。それでも、マツコは「素ではあると思うのよ、嘘ではない。誇張してたり、楽しく見せてくれているんだろうけど。私ね、テレビ見ていて、面白いって思うトップレベルなのがMEGUMIちゃんなのよね」と絶賛。MEGUMIが「いやだ、うれしい!本当にですか!」と大喜びする中、マツコは「もうちょっとMEGUMIちゃんにバラエティーにでてほしいなって。一視聴者としてすごい思っている」。MEGUMIも「球は投げ続けてましたよね、ずっと。誰も見てないけど、球は投げていた感じですよね」と話した。  マツコは「降谷くんとMEGUMIちゃんが結婚するって聞いた時は、うん、スゴイ!って思ったよね。うん、ハード!っていう。ちょっとうれしい組み合わせではあった。そういうファンタジーも含めて面白い人よね」と、MEGUMIと、夫で「Dragon Ash」の降谷建志との結婚について私見。「日本の女の生き様としていろいろな人たちが新しい側面を見せてくれてるけど、その1人よね。女子で欲情しないはずの私がちょっとしっとりしてくる。そういう分かりやすいものって大事。あんまり日本人って不得手としている、いつまで経ってもカワイイ!みたいな。こんなハードめにいろいろ見せてくれる人自体がそんなに日本にはいないから。こういう人にもっと頑張ってほしいなって思う」と主張した。  これに、MEGUMIも「全部の仕事を女性に活を入れるメッセージを込めてやっているんです。目標を掲げてバーンって努力していくのが大好きなので、それを日本人ってあまり美徳としない。女の人がしゃしゃり出る、やりたいことがある!っていうと、“はい、はーはー”みたいなリアクション。それをガンガンやって、エロで美容も好きで、経営もやっていて、みたいなそういう存在って、“よくないですか、こういう人もいて”って、常日頃、思ってやっているんですよ」とした。  その話を受けて、マツコは「全部取りに行って、取れちゃう姿を見せられるのって爽快じゃない?エロスって強いのよ。エロスで番を張れるって。それで面白いっていう。スゴイって思っている人が少ないから、余計に言いますけど、“おもしろ”があるか否かはデカいんですよ。実は面白いっていうところって、女性も求めてない人もいる。男の人も“おもしろ”を女性に求めている人は少ないと思う。それは同性からしても異性からしても重要なポイントではないように見えるんだけど、MEGUMIちゃんが他の似て非なるものたちと、何が決定的に違うのか!っていったら、そこなんですよ!」とそのスゴさを熱弁した。
    See Details: マツコ テレビを見ていて面白い!と思うトップレベルな女優「もうちょっとバラエティーに出てほしい」
  • シーズン7はメルセデス&バンドーンのダブルタイトルで幕。優勝モルタラ|フォーミュラE最終戦ソウルePrix決勝

    マツコ・デラックス  タレントのマツコ・デラックス(49)が13日放送の日本テレビ「マツコ会議」(土曜後11・00)に出演。女優でタレントのMEGUMI(40)を絶賛した。  マツコはリモートでゲスト出演したMEGUMIについて「YOUちゃんがいけ好かないお婆ちゃんになってくるんですよ、年齢的には。次にこの人がいけ好かないババア枠を伝承するわけよ」と指摘すると、MEGUMIも「まあまあ、そうですね。いただく役はだいたい育児放棄、ビッチ、鬼の上司みたいな。だいたい三本柱でやらせてもらってますので」とニヤリ。  マツコは「バラエティーに出ているMEGUMIちゃんを見ていて、あれって完全に素?」と素朴な疑問を投げかけると、MEGUMIは「あれが素だったら、病気的ですよね」とあっけらかん。それでも、マツコは「素ではあると思うのよ、嘘ではない。誇張してたり、楽しく見せてくれているんだろうけど。私ね、テレビ見ていて、面白いって思うトップレベルなのがMEGUMIちゃんなのよね」と絶賛。MEGUMIが「いやだ、うれしい!本当にですか!」と大喜びする中、マツコは「もうちょっとMEGUMIちゃんにバラエティーにでてほしいなって。一視聴者としてすごい思っている」。MEGUMIも「球は投げ続けてましたよね、ずっと。誰も見てないけど、球は投げていた感じですよね」と話した。  マツコは「降谷くんとMEGUMIちゃんが結婚するって聞いた時は、うん、スゴイ!って思ったよね。うん、ハード!っていう。ちょっとうれしい組み合わせではあった。そういうファンタジーも含めて面白い人よね」と、MEGUMIと、夫で「Dragon Ash」の降谷建志との結婚について私見。「日本の女の生き様としていろいろな人たちが新しい側面を見せてくれてるけど、その1人よね。女子で欲情しないはずの私がちょっとしっとりしてくる。そういう分かりやすいものって大事。あんまり日本人って不得手としている、いつまで経ってもカワイイ!みたいな。こんなハードめにいろいろ見せてくれる人自体がそんなに日本にはいないから。こういう人にもっと頑張ってほしいなって思う」と主張した。  これに、MEGUMIも「全部の仕事を女性に活を入れるメッセージを込めてやっているんです。目標を掲げてバーンって努力していくのが大好きなので、それを日本人ってあまり美徳としない。女の人がしゃしゃり出る、やりたいことがある!っていうと、“はい、はーはー”みたいなリアクション。それをガンガンやって、エロで美容も好きで、経営もやっていて、みたいなそういう存在って、“よくないですか、こういう人もいて”って、常日頃、思ってやっているんですよ」とした。  その話を受けて、マツコは「全部取りに行って、取れちゃう姿を見せられるのって爽快じゃない?エロスって強いのよ。エロスで番を張れるって。それで面白いっていう。スゴイって思っている人が少ないから、余計に言いますけど、“おもしろ”があるか否かはデカいんですよ。実は面白いっていうところって、女性も求めてない人もいる。男の人も“おもしろ”を女性に求めている人は少ないと思う。それは同性からしても異性からしても重要なポイントではないように見えるんだけど、MEGUMIちゃんが他の似て非なるものたちと、何が決定的に違うのか!っていったら、そこなんですよ!」とそのスゴさを熱弁した。
    See Details: シーズン7はメルセデス&バンドーンのダブルタイトルで幕。優勝モルタラ|フォーミュラE最終戦ソウルePrix決勝
  • マツコ 人気女優が作成する具体的すぎる事業計画書に感嘆「私に一番欠けてたことかも」

    マツコ・デラックス  タレントのマツコ・デラックス(49)が13日放送の日本テレビ「マツコ会議」(土曜後11・00)に出演。女優でタレントのMEGUMI(40)を絶賛した。  マツコはリモートでゲスト出演したMEGUMIについて「YOUちゃんがいけ好かないお婆ちゃんになってくるんですよ、年齢的には。次にこの人がいけ好かないババア枠を伝承するわけよ」と指摘すると、MEGUMIも「まあまあ、そうですね。いただく役はだいたい育児放棄、ビッチ、鬼の上司みたいな。だいたい三本柱でやらせてもらってますので」とニヤリ。  マツコは「バラエティーに出ているMEGUMIちゃんを見ていて、あれって完全に素?」と素朴な疑問を投げかけると、MEGUMIは「あれが素だったら、病気的ですよね」とあっけらかん。それでも、マツコは「素ではあると思うのよ、嘘ではない。誇張してたり、楽しく見せてくれているんだろうけど。私ね、テレビ見ていて、面白いって思うトップレベルなのがMEGUMIちゃんなのよね」と絶賛。MEGUMIが「いやだ、うれしい!本当にですか!」と大喜びする中、マツコは「もうちょっとMEGUMIちゃんにバラエティーにでてほしいなって。一視聴者としてすごい思っている」。MEGUMIも「球は投げ続けてましたよね、ずっと。誰も見てないけど、球は投げていた感じですよね」と話した。  マツコは「降谷くんとMEGUMIちゃんが結婚するって聞いた時は、うん、スゴイ!って思ったよね。うん、ハード!っていう。ちょっとうれしい組み合わせではあった。そういうファンタジーも含めて面白い人よね」と、MEGUMIと、夫で「Dragon Ash」の降谷建志との結婚について私見。「日本の女の生き様としていろいろな人たちが新しい側面を見せてくれてるけど、その1人よね。女子で欲情しないはずの私がちょっとしっとりしてくる。そういう分かりやすいものって大事。あんまり日本人って不得手としている、いつまで経ってもカワイイ!みたいな。こんなハードめにいろいろ見せてくれる人自体がそんなに日本にはいないから。こういう人にもっと頑張ってほしいなって思う」と主張した。  これに、MEGUMIも「全部の仕事を女性に活を入れるメッセージを込めてやっているんです。目標を掲げてバーンって努力していくのが大好きなので、それを日本人ってあまり美徳としない。女の人がしゃしゃり出る、やりたいことがある!っていうと、“はい、はーはー”みたいなリアクション。それをガンガンやって、エロで美容も好きで、経営もやっていて、みたいなそういう存在って、“よくないですか、こういう人もいて”って、常日頃、思ってやっているんですよ」とした。  その話を受けて、マツコは「全部取りに行って、取れちゃう姿を見せられるのって爽快じゃない?エロスって強いのよ。エロスで番を張れるって。それで面白いっていう。スゴイって思っている人が少ないから、余計に言いますけど、“おもしろ”があるか否かはデカいんですよ。実は面白いっていうところって、女性も求めてない人もいる。男の人も“おもしろ”を女性に求めている人は少ないと思う。それは同性からしても異性からしても重要なポイントではないように見えるんだけど、MEGUMIちゃんが他の似て非なるものたちと、何が決定的に違うのか!っていったら、そこなんですよ!」とそのスゴさを熱弁した。
    See Details: マツコ 人気女優が作成する具体的すぎる事業計画書に感嘆「私に一番欠けてたことかも」
  • 北日本、北陸で大雨の恐れ 台風8号は日本の東へ

    マツコ・デラックス  タレントのマツコ・デラックス(49)が13日放送の日本テレビ「マツコ会議」(土曜後11・00)に出演。女優でタレントのMEGUMI(40)を絶賛した。  マツコはリモートでゲスト出演したMEGUMIについて「YOUちゃんがいけ好かないお婆ちゃんになってくるんですよ、年齢的には。次にこの人がいけ好かないババア枠を伝承するわけよ」と指摘すると、MEGUMIも「まあまあ、そうですね。いただく役はだいたい育児放棄、ビッチ、鬼の上司みたいな。だいたい三本柱でやらせてもらってますので」とニヤリ。  マツコは「バラエティーに出ているMEGUMIちゃんを見ていて、あれって完全に素?」と素朴な疑問を投げかけると、MEGUMIは「あれが素だったら、病気的ですよね」とあっけらかん。それでも、マツコは「素ではあると思うのよ、嘘ではない。誇張してたり、楽しく見せてくれているんだろうけど。私ね、テレビ見ていて、面白いって思うトップレベルなのがMEGUMIちゃんなのよね」と絶賛。MEGUMIが「いやだ、うれしい!本当にですか!」と大喜びする中、マツコは「もうちょっとMEGUMIちゃんにバラエティーにでてほしいなって。一視聴者としてすごい思っている」。MEGUMIも「球は投げ続けてましたよね、ずっと。誰も見てないけど、球は投げていた感じですよね」と話した。  マツコは「降谷くんとMEGUMIちゃんが結婚するって聞いた時は、うん、スゴイ!って思ったよね。うん、ハード!っていう。ちょっとうれしい組み合わせではあった。そういうファンタジーも含めて面白い人よね」と、MEGUMIと、夫で「Dragon Ash」の降谷建志との結婚について私見。「日本の女の生き様としていろいろな人たちが新しい側面を見せてくれてるけど、その1人よね。女子で欲情しないはずの私がちょっとしっとりしてくる。そういう分かりやすいものって大事。あんまり日本人って不得手としている、いつまで経ってもカワイイ!みたいな。こんなハードめにいろいろ見せてくれる人自体がそんなに日本にはいないから。こういう人にもっと頑張ってほしいなって思う」と主張した。  これに、MEGUMIも「全部の仕事を女性に活を入れるメッセージを込めてやっているんです。目標を掲げてバーンって努力していくのが大好きなので、それを日本人ってあまり美徳としない。女の人がしゃしゃり出る、やりたいことがある!っていうと、“はい、はーはー”みたいなリアクション。それをガンガンやって、エロで美容も好きで、経営もやっていて、みたいなそういう存在って、“よくないですか、こういう人もいて”って、常日頃、思ってやっているんですよ」とした。  その話を受けて、マツコは「全部取りに行って、取れちゃう姿を見せられるのって爽快じゃない?エロスって強いのよ。エロスで番を張れるって。それで面白いっていう。スゴイって思っている人が少ないから、余計に言いますけど、“おもしろ”があるか否かはデカいんですよ。実は面白いっていうところって、女性も求めてない人もいる。男の人も“おもしろ”を女性に求めている人は少ないと思う。それは同性からしても異性からしても重要なポイントではないように見えるんだけど、MEGUMIちゃんが他の似て非なるものたちと、何が決定的に違うのか!っていったら、そこなんですよ!」とそのスゴさを熱弁した。
    See Details: 北日本、北陸で大雨の恐れ 台風8号は日本の東へ
  • 「不登校議員・ガーシーVS居眠り議員・音喜多駿」突然共演 18日生配信 箕輪氏が告知

    マツコ・デラックス  タレントのマツコ・デラックス(49)が13日放送の日本テレビ「マツコ会議」(土曜後11・00)に出演。女優でタレントのMEGUMI(40)を絶賛した。  マツコはリモートでゲスト出演したMEGUMIについて「YOUちゃんがいけ好かないお婆ちゃんになってくるんですよ、年齢的には。次にこの人がいけ好かないババア枠を伝承するわけよ」と指摘すると、MEGUMIも「まあまあ、そうですね。いただく役はだいたい育児放棄、ビッチ、鬼の上司みたいな。だいたい三本柱でやらせてもらってますので」とニヤリ。  マツコは「バラエティーに出ているMEGUMIちゃんを見ていて、あれって完全に素?」と素朴な疑問を投げかけると、MEGUMIは「あれが素だったら、病気的ですよね」とあっけらかん。それでも、マツコは「素ではあると思うのよ、嘘ではない。誇張してたり、楽しく見せてくれているんだろうけど。私ね、テレビ見ていて、面白いって思うトップレベルなのがMEGUMIちゃんなのよね」と絶賛。MEGUMIが「いやだ、うれしい!本当にですか!」と大喜びする中、マツコは「もうちょっとMEGUMIちゃんにバラエティーにでてほしいなって。一視聴者としてすごい思っている」。MEGUMIも「球は投げ続けてましたよね、ずっと。誰も見てないけど、球は投げていた感じですよね」と話した。  マツコは「降谷くんとMEGUMIちゃんが結婚するって聞いた時は、うん、スゴイ!って思ったよね。うん、ハード!っていう。ちょっとうれしい組み合わせではあった。そういうファンタジーも含めて面白い人よね」と、MEGUMIと、夫で「Dragon Ash」の降谷建志との結婚について私見。「日本の女の生き様としていろいろな人たちが新しい側面を見せてくれてるけど、その1人よね。女子で欲情しないはずの私がちょっとしっとりしてくる。そういう分かりやすいものって大事。あんまり日本人って不得手としている、いつまで経ってもカワイイ!みたいな。こんなハードめにいろいろ見せてくれる人自体がそんなに日本にはいないから。こういう人にもっと頑張ってほしいなって思う」と主張した。  これに、MEGUMIも「全部の仕事を女性に活を入れるメッセージを込めてやっているんです。目標を掲げてバーンって努力していくのが大好きなので、それを日本人ってあまり美徳としない。女の人がしゃしゃり出る、やりたいことがある!っていうと、“はい、はーはー”みたいなリアクション。それをガンガンやって、エロで美容も好きで、経営もやっていて、みたいなそういう存在って、“よくないですか、こういう人もいて”って、常日頃、思ってやっているんですよ」とした。  その話を受けて、マツコは「全部取りに行って、取れちゃう姿を見せられるのって爽快じゃない?エロスって強いのよ。エロスで番を張れるって。それで面白いっていう。スゴイって思っている人が少ないから、余計に言いますけど、“おもしろ”があるか否かはデカいんですよ。実は面白いっていうところって、女性も求めてない人もいる。男の人も“おもしろ”を女性に求めている人は少ないと思う。それは同性からしても異性からしても重要なポイントではないように見えるんだけど、MEGUMIちゃんが他の似て非なるものたちと、何が決定的に違うのか!っていったら、そこなんですよ!」とそのスゴさを熱弁した。
    See Details: 「不登校議員・ガーシーVS居眠り議員・音喜多駿」突然共演 18日生配信 箕輪氏が告知
  • 田中みな実、同期のTBS江藤愛アナと共演熱望「新人の頃に一緒に番組をやって以来、共演ないですからね」

    マツコ・デラックス  タレントのマツコ・デラックス(49)が13日放送の日本テレビ「マツコ会議」(土曜後11・00)に出演。女優でタレントのMEGUMI(40)を絶賛した。  マツコはリモートでゲスト出演したMEGUMIについて「YOUちゃんがいけ好かないお婆ちゃんになってくるんですよ、年齢的には。次にこの人がいけ好かないババア枠を伝承するわけよ」と指摘すると、MEGUMIも「まあまあ、そうですね。いただく役はだいたい育児放棄、ビッチ、鬼の上司みたいな。だいたい三本柱でやらせてもらってますので」とニヤリ。  マツコは「バラエティーに出ているMEGUMIちゃんを見ていて、あれって完全に素?」と素朴な疑問を投げかけると、MEGUMIは「あれが素だったら、病気的ですよね」とあっけらかん。それでも、マツコは「素ではあると思うのよ、嘘ではない。誇張してたり、楽しく見せてくれているんだろうけど。私ね、テレビ見ていて、面白いって思うトップレベルなのがMEGUMIちゃんなのよね」と絶賛。MEGUMIが「いやだ、うれしい!本当にですか!」と大喜びする中、マツコは「もうちょっとMEGUMIちゃんにバラエティーにでてほしいなって。一視聴者としてすごい思っている」。MEGUMIも「球は投げ続けてましたよね、ずっと。誰も見てないけど、球は投げていた感じですよね」と話した。  マツコは「降谷くんとMEGUMIちゃんが結婚するって聞いた時は、うん、スゴイ!って思ったよね。うん、ハード!っていう。ちょっとうれしい組み合わせではあった。そういうファンタジーも含めて面白い人よね」と、MEGUMIと、夫で「Dragon Ash」の降谷建志との結婚について私見。「日本の女の生き様としていろいろな人たちが新しい側面を見せてくれてるけど、その1人よね。女子で欲情しないはずの私がちょっとしっとりしてくる。そういう分かりやすいものって大事。あんまり日本人って不得手としている、いつまで経ってもカワイイ!みたいな。こんなハードめにいろいろ見せてくれる人自体がそんなに日本にはいないから。こういう人にもっと頑張ってほしいなって思う」と主張した。  これに、MEGUMIも「全部の仕事を女性に活を入れるメッセージを込めてやっているんです。目標を掲げてバーンって努力していくのが大好きなので、それを日本人ってあまり美徳としない。女の人がしゃしゃり出る、やりたいことがある!っていうと、“はい、はーはー”みたいなリアクション。それをガンガンやって、エロで美容も好きで、経営もやっていて、みたいなそういう存在って、“よくないですか、こういう人もいて”って、常日頃、思ってやっているんですよ」とした。  その話を受けて、マツコは「全部取りに行って、取れちゃう姿を見せられるのって爽快じゃない?エロスって強いのよ。エロスで番を張れるって。それで面白いっていう。スゴイって思っている人が少ないから、余計に言いますけど、“おもしろ”があるか否かはデカいんですよ。実は面白いっていうところって、女性も求めてない人もいる。男の人も“おもしろ”を女性に求めている人は少ないと思う。それは同性からしても異性からしても重要なポイントではないように見えるんだけど、MEGUMIちゃんが他の似て非なるものたちと、何が決定的に違うのか!っていったら、そこなんですよ!」とそのスゴさを熱弁した。
    See Details: 田中みな実、同期のTBS江藤愛アナと共演熱望「新人の頃に一緒に番組をやって以来、共演ないですからね」
  • 【MLB】メッツ・デグロム、復帰3戦目は10K無失点 同僚も「GOAT(史上最高)なんだよ」と畏敬の念

    マツコ・デラックス  タレントのマツコ・デラックス(49)が13日放送の日本テレビ「マツコ会議」(土曜後11・00)に出演。女優でタレントのMEGUMI(40)を絶賛した。  マツコはリモートでゲスト出演したMEGUMIについて「YOUちゃんがいけ好かないお婆ちゃんになってくるんですよ、年齢的には。次にこの人がいけ好かないババア枠を伝承するわけよ」と指摘すると、MEGUMIも「まあまあ、そうですね。いただく役はだいたい育児放棄、ビッチ、鬼の上司みたいな。だいたい三本柱でやらせてもらってますので」とニヤリ。  マツコは「バラエティーに出ているMEGUMIちゃんを見ていて、あれって完全に素?」と素朴な疑問を投げかけると、MEGUMIは「あれが素だったら、病気的ですよね」とあっけらかん。それでも、マツコは「素ではあると思うのよ、嘘ではない。誇張してたり、楽しく見せてくれているんだろうけど。私ね、テレビ見ていて、面白いって思うトップレベルなのがMEGUMIちゃんなのよね」と絶賛。MEGUMIが「いやだ、うれしい!本当にですか!」と大喜びする中、マツコは「もうちょっとMEGUMIちゃんにバラエティーにでてほしいなって。一視聴者としてすごい思っている」。MEGUMIも「球は投げ続けてましたよね、ずっと。誰も見てないけど、球は投げていた感じですよね」と話した。  マツコは「降谷くんとMEGUMIちゃんが結婚するって聞いた時は、うん、スゴイ!って思ったよね。うん、ハード!っていう。ちょっとうれしい組み合わせではあった。そういうファンタジーも含めて面白い人よね」と、MEGUMIと、夫で「Dragon Ash」の降谷建志との結婚について私見。「日本の女の生き様としていろいろな人たちが新しい側面を見せてくれてるけど、その1人よね。女子で欲情しないはずの私がちょっとしっとりしてくる。そういう分かりやすいものって大事。あんまり日本人って不得手としている、いつまで経ってもカワイイ!みたいな。こんなハードめにいろいろ見せてくれる人自体がそんなに日本にはいないから。こういう人にもっと頑張ってほしいなって思う」と主張した。  これに、MEGUMIも「全部の仕事を女性に活を入れるメッセージを込めてやっているんです。目標を掲げてバーンって努力していくのが大好きなので、それを日本人ってあまり美徳としない。女の人がしゃしゃり出る、やりたいことがある!っていうと、“はい、はーはー”みたいなリアクション。それをガンガンやって、エロで美容も好きで、経営もやっていて、みたいなそういう存在って、“よくないですか、こういう人もいて”って、常日頃、思ってやっているんですよ」とした。  その話を受けて、マツコは「全部取りに行って、取れちゃう姿を見せられるのって爽快じゃない?エロスって強いのよ。エロスで番を張れるって。それで面白いっていう。スゴイって思っている人が少ないから、余計に言いますけど、“おもしろ”があるか否かはデカいんですよ。実は面白いっていうところって、女性も求めてない人もいる。男の人も“おもしろ”を女性に求めている人は少ないと思う。それは同性からしても異性からしても重要なポイントではないように見えるんだけど、MEGUMIちゃんが他の似て非なるものたちと、何が決定的に違うのか!っていったら、そこなんですよ!」とそのスゴさを熱弁した。
    See Details: 【MLB】メッツ・デグロム、復帰3戦目は10K無失点 同僚も「GOAT(史上最高)なんだよ」と畏敬の念

OTHER NEWS

【日本ハム】万波中正がプロ初犠打 新庄ビッグボスは笑顔で拍手

日本ハム・万波中正 ◆パ・リーグ ロッテ―日本ハム(14日・ZOZOマリン)  日本ハム・万波中正外野手が「7番・右翼」で出場し、プロ初犠打を記録した。  1―1の2回無死一塁。小島の初球をセーフティーバントで捕前へ転がし、一走・古川裕を二塁へ進めた。新庄ビッグボスも笑顔で拍手を送っていた。 Read more »

台風8号 直撃から一夜 静岡で土砂崩れや住宅浸水

台風8号 直撃から一夜 静岡で土砂崩れや住宅浸水 お盆休みを直撃した台風8号は太平洋を北上している。 台風が13日に上陸した静岡県の伊豆地方は、14日朝も局地的に激しい雨が降り、土砂崩れや住宅の浸水などの被害が出ている。 静岡・松崎町では14日朝、住宅の裏の斜面が崩れ、住宅に土砂が流れ込んだ。 空き家とみられ、けがをした人はいないという。 また、住宅地を流れる川があふれ、少なくとも31棟で浸水被害があり、住民などが土砂の撤去作業などに追われている。 民宿の経営者「(水は)階段の3段目くらい。15分くらいの間にバーッと。どうするのかまだ見通しがつかないね。この3日間くらいのお客さんは断るしかないなと思って」 また、農業用ハウス15棟が倒壊した静岡市駿河区では14日朝、気象庁が調査し竜巻の可能性が高いと判断した。 これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあり、静岡県は土砂災害に警戒するよう呼びかけている。 Read more »

テレ朝・三谷紬アナ、W杯のユニフォームをスマートに着こなす「最高に格好良く着こなしてる」

三谷紬アナのインスタグラム(@mitani_tsumugi)より  テレビ朝日の三谷紬アナウンサーが14日までに自身のインスタグラムを更新。  サッカーワールドカップのユニフォームを着た三谷アナは「FIFA ワールドカップ カタール 2022まで あと100日を切ったということで‼ 今日は六本木ヒルズアリーナで イベントが行われました」と報告。  そして「社内の楽屋エリアでスタンバイしていると #カラッペ くんと#カララ くんに遭遇」と綴り、サッカー日本代表のマスコットキャラクターと共にスリーショットを披露した。  三谷アナは「兄弟に挟まれるという貴重な経験ができて 嬉しすぎました‼」「もう3ヶ月ちょっとでワールドカップ開幕ですよ… 楽しみすぎて…指折り数えています」とワールドカップに大きな期待を寄せていることを明かし締めくくった。  ユニフォームをサラリと着こなす三谷アナにファンからは「ユニフォームも最高に格好良く着こなしてる」「紬ちゃん可愛い」「日本代表を盛り上げていきましょう」「開幕が待ち遠しいですね」といったコメントが寄せられた。 Read more »

GENERATIONS・小森隼 コロナ以降、大阪で久々に電車利用「ど真ん中で空気を吸ってやりました」

トークイベントに出演した(左から)小森隼、ぺえ、小原ブラス(カメラ・筒井政也)  「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の小森隼が14日、グランフロント大阪うめきた広場で開催されたイベント「True Colors CARAVAN in Osaka」のトークショーに出演した。  パーソナリティを務めるJFN系列のラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(月~木曜・後10時)内で昨年12月にスタートした、年齢・性別・障がいなどの“違い”に着目したコーナー「SOCIAL LOCKS!」の課外授業。番組通り「こもり校長」として、ぺえ教頭とともに登壇した。三重出身の小森は「大阪には学生の頃によく来ていて、この広場も知っていた。ワクワクしています」と野外でのステージに笑顔を見せた。  トークショーではコラムニストの小原ブラス、知的障がいを持つメンバーもいる神戸の即興音楽集団「音遊びの会」をゲストに招き、トークを繰り広げた。小森は「即興で何かを作る、予定調和じゃないのを演者が楽しめる舞台って素晴らしい」とパフォーマーとして共鳴した。  ダイバーシティ(多様性)の時代に伝えたいメッセージの発表コーナーで、小森は「ドキドキする。」と黒板に書き込んだ。「電車とかバスに乗るのが好きでしたが、コロナ下で感染対策を考えて乗らなくなったんです。でも、きょうは大阪にJRに乗ってきた。すごく久々でドキドキした。つり革は触っていいのか、とか。コロナ下で自分が知らないだけなんですが、知らないことを知ろうとする瞬間、ドキドキする。人と会う時も同じ」と力説。久しぶりの電車内では「座らずに、ど真ん中で空気を吸ってやりました」と大げさに深呼吸をするポージングで笑わせた。 Read more »

今田耕司 半沢直樹ブームに乗って?銀行株に投資もまさかの出向「銀行おれへんやんけ?」

今田耕司  お笑いタレント今田耕司(56)が、13日配信のABEMA「News Bar橋下」(土曜後9・00)にゲスト出演し、過去の投資経験について明かした。  番組ではお笑いコンビ「TKO」木本武宏の巨額投資トラブルの行方についてトーク。「サバンナ」高橋茂雄から「今田さんはもうけ話みたいなのは?」と問われると、今田は「株とかはありますよ」と答えた。  後輩の落語家・月亭八光を窓口に、株を購入したという。「俺は八光証券と呼んでるけど(笑い)。“今田さん、もうすぐ半沢(直樹)、始まります。銀行が上がりますよ”、“確かにな”って」。今田によると、銀行を舞台にした人気ドラマ「半沢直樹」が13年に放送された際、銀行株が上がったという。一昨年には新シリーズが放送。「“もうすぐ2やがな。買いや!”って銀行(の株を)買うた」。ところが、新シリーズで半沢の活躍の舞台は、銀行ではなく、出向先の航空会社。今田は「半沢が出向で航空会社に行ってた。“銀行おれへんやんけ?”って」と嘆きつつも、「でも最後はトントンくらいで」と、損はしなかったという。  今田は投資についての考えも明かした。「投資とはいえ、株やけど、最悪なくなることはあるんやろな、というのは常に頭に入れている」と話し、「“おい、八光!”とはならへん」と、あくまでも余裕のある範囲内で行う気構えだという。 Read more »

66歳・大地真央、12歳年下夫との“夫婦2ショット”に反響「仲良しで素敵」「いくつになってもお綺麗」

大地真央  俳優の大地真央(66)が、14日までに自身のインスタグラムを更新。夫でインテリアデザイナーの森田恭通氏(54)との夫婦2ショットを公開した。  大地は「昨日8月12日に、10日後の『8月22日入籍記念日』お祝いをしました」と報告。仲睦まじくテーブルを囲む夫・森田氏との2ショットを添え「明日からドラマの撮影が再開します 大好きなコラーゲンを補給して… また頑張ります~~~」とつづり、美味しそうな中華料理を紹介した。  ファンからは「おめでとうございます お二人共素敵」「素敵なご夫婦、いつまでもお幸せに」「仲良しで素敵です」「入籍記念、おめでとうございます。素晴らしいご縁を立派に形にされていて尊敬します!いつまでもお幸せに!」「いくつになってもお綺麗」などの声が寄せられている。 Read more »

山本舞香が新型コロナ感染「喉の違和感と微熱の症状」

山本舞香  俳優の山本舞香(24)が、新型コロナウイルスに感染した。14日に所属事務所が報告した。  サイトでは「8月13日に喉の違和感と微熱の症状があらわれたため、PCR検査を実施した結果、陽性であることが確認されました」とし「 今後は保健所と専門家の皆様の指示に従い回復に向けて慎重に対応してまいります」と伝えた。  続けて「弊社グループは引き続き、行政機関の指導のもと、所属者および社員、関係各位の皆様への感染防止を最優先に、新型コロナウイルス感染予防・拡大防止の処置を実施してまいります」と記し「関係者の皆様、ファンの皆様には、多大なる御心配と御迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます」とコメントしている。 Read more »

知床で骨発見と通報、観光船事故の不明者か

 北海道警によると14日、羅臼町の漁師から、知床半島の海岸で頭部の骨や衣類などを発見したとの通報があった。4月に起きた観光船沈没事故で行方が分からなくなっている乗客の可能性もあるとみて確認を急ぐ。 Read more »

藤田菜七子が今年5勝目 ヨール騎乗「この馬のリズムで走れたのが良かったです」【中央競馬】

笑顔で握手する藤田菜七子騎手 ◇14日 新潟12R・3歳以上1勝クラス(芝1400メートル)  藤田菜七子騎手(24)=美浦・根本=は1番人気のヨールに騎乗して逃げ切り勝ちを収めた。藤田は「直前に雨が降ったのが、この馬には良かった。ゲートもしっかり出て、無理せず先手を取れて、この馬のリズムで走れたのが良かったです。追ってからの反応も良くてしっかり走ってくれました」と喜んだ。同騎手は今年JRA5勝目で、同通算144勝目となった。 Read more »

【楽天】土屋アンナが背番号3のユニホームで3バン始球式 「BOAT RACEナイター」開催

<楽天-西武>◇14日◇楽天生命パーク ボートレースのCMに出演しているタレント土屋アンナ(38)が、始球式を行った。背番号3の「EAGLES EARTH GREEN」のユニホームを着て登場。セットポジションから3バウンドで捕手炭谷のミットに収まった。 試合前にはボートレースブース体験や、トークショーも開催し、球場を盛り上げた。この日は一般財団法人BOATRACE振興会冠協賛デー「BOAT RACEナイター」。今年のボートレースイメージキャラクターを務めている。 楽天対西武 始球式を行いド派手にガッツポーズする土屋アンナ(撮影・垰建太) Read more »

柳田悠岐の左肩に異変 守備で痛めて途中交代

柳田悠岐の左肩に異変 守備で痛めて途中交代 ◆ソフトバンク2-10オリックス(14日、ペイペイドーム) ソフトバンクの柳田が左肩に異変を訴えて6回の守備から交代した。 4回、福田の右越え2点二塁打に懸命にグラブを伸ばしたが、取り切れなかった。その際に痛めたという。 左肩は4月に痛めた箇所で、約3週間、離脱した経験がある。藤本監督は「ライトオーバー(の安打)でフェンスに行った時に痛めた感じ。明後日(16日)から大丈夫と言っている」と説明した。 Read more »

【巨人】4月以来の3カード連続の勝ち越し 丸佳浩が勝ち越し2点適時二塁打 クロール初勝利

пјње·Ёдєє3пјЌ2еєѓеі¶пјћв—‡14ж—Ґв—‡жќ±дє¬гѓ‰гѓјгѓ 巨人が4月以来となる3カード連続の勝ち越しを決めた。 4回無死一塁、4番中田翔内野手の15号2ランで2点を先制。先発シューメーカーが5回無失点で降板し逃げ切りを図ったが、7回に2番手井上が2死二、三塁から広島菊池涼に同点の2点適時打を浴びた。 だが、巨人打線が粘りを見せた。同点の8回1死三塁、3番丸佳浩外野手が左翼に勝ち越しの2点適時打を放った。 4番手クロールが来日初勝利を飾った。 巨人対広島 8回裏巨人1死三塁、勝ち越しの適時二塁打を放つ丸(撮影・たえ見朱実) Read more »

JR、ローカル線の存廃議論加速 国鉄民営化以来の構造改革

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

ラシュディ氏襲撃「暴力でなく、多様な意見を」 日本ペンクラブ会長が談話

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

ライチョウ22羽、野生復帰 全国初、中央アルプス駒ケ岳で放鳥

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

MLB/ Ohtani, Ward HR, Angels rally past Twins 5-3 in 11 innings

Los Angeles Angels designated hitter Shohei Ohtani, right, hits a pop fly for an out to Minnesota Twins third baseman Gio Urshela as Twins catcher Gary Sanchez, center, and home ... Read more »

藤田菜七子騎手、新潟12Rのヨールで今年5勝目

ヨールを1着に導いた菜七子(左)は関係者と握手  藤田菜七子騎手=美浦・根本康広厩舎=が8月14日の新潟12R・3歳上1勝クラス(芝1400メートル=18頭立て)で騎乗したヨール(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎所属、父ロードカナロア)を逃げ切り勝ちに導き、自身今年5勝目を挙げた。JRAでは通算144勝目となった。勝ちタイムは1分21秒3(稍重)。  スタートダッシュを決めてハナに。終始同型に絡まれながらも先頭を守り、直線に入るとスピードアップ。2着に2馬身半差つけて快勝した。  菜七子は「直前に雨が降ったのは、この馬にとって良かったかもしれません。無理せず先手が取れましたし、直線で追い出してからの反応もしっかりしていました」とコメントした。 Read more »

汐宮あまね「45歳以上の男性しか範囲に入ってない」 “23歳年上の夫”プロ雀士・阿部孝則とのなれ初め

阿部孝則公式ツイッター(@19thTheKamoku)から  プロ雀士の阿部孝則(54)と妻でプロ雀士、声優の汐宮あまね(31)が14日、テレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」(日曜後0・55)に出演。なれ初めについて語った。  3年前に、阿部が副代表を務める競技麻雀のプロ団体「RMU」に、汐宮が所属したことが出会いのきっかけとなった。汐宮は年上の男性が好きだといい、「小学生くらいの時から、45歳以上の男性しか範囲に入っていない」と告白。「19歳の時に62歳の方とお付き合いしたことがあって…。本当に大好きで」と続けた。  ある時、汐宮は45歳以上の男性しか出られない麻雀大会を主催したという。理由については「自分の目の肥やしのためだけに、おじさんを集めたいと思って…」と明かし、「その大会を開いたらパパ(阿部)が優勝したんです」と回顧。「その打ち上げの帰りに、駅で打ち上げのメンバーと別れた時に、たまたまホームが2人だけ一緒だったんですよ。そこで階段を一緒に上るじゃないですか?その時にパパから、“みんなが見えない間だけ、階段で手を繋いでも良い?”みたいな」と急接近するきっかけとなった出来事を思い返した。  大胆な誘いをした理由について、阿部は「その日は、僕が優勝したので主役かなと思って…。それくらいは許されるかなという風に思っちゃった」と照れ笑い。汐宮は「それ言われて、ちょっとキュンってなっちゃって、手を繋いじゃいました。年季が入った手であったか~いってなって、そこから2人で意識し始めて…」と幸せそうに振り返っていた。  2人は、今年6月に連名の直筆文とともに結婚したことを報告している。 Read more »

大阪府で新たに1万4546人コロナ感染、1週間前より3763人減

大阪・ミナミの道頓堀周辺  大阪府は14日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1万4546人確認されたと発表した。前週の同じ曜日から3763人減った。死者は14人だった。 Read more »

【フィギュア】住吉りをん、SP7位から3位表彰台 4回転トーループは転倒「悔しい」

住吉りをん  ◇フィギュアスケート・げんさんサマーカップ最終日(2022年8月14日 滋賀県立アイスアリーナ)  女子フリーが行われ、SP7位の住吉りをん(オリエンタルバイオ・明大)は全体2位の121・04点、合計176・29点で3位に滑り込んだ。  新曲「Enchantress」を演じ、冒頭に4回転トーループにアタック。転倒となり「もう少し良いものができたので悔しい。6分間練習で良い感触だったが、少し弱気に入ってしまった」と振り返った。  先輩の樋口新葉(明大)がトリプルアクセルに挑み続けて北京五輪で成功したことを引き合いに「今、結果を残すよりも、今後、大きな試合でも降りられるようになる長期の目標として今から入れている」と改めて覚悟を語った。 Read more »

GENERATIONS・小森「ドキドキしていってほしい」 大阪でトークステージ

トークステージに登場した小森隼  GENERATIONS・小森隼(27)が14日、大阪市内で行われた「True Colors CARAVAN in OSAKA」に登場した。  パフォーマンスを通じて、障害・性・世代など、個性豊かなアーティストが観客と一緒に楽しむイベント。  小森自身がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」の課外授業として実施されたトークステージに、タレントのぺえ(30)、小原ブラス(30)、スペシャルパフォーマー「音遊びの会」と参加した。  場所は大阪駅近くの広場。三重県出身の小森は「学生の頃から、この広場は知っていましたし、ここでしゃべれると思うと、ワクワクしています」とトーク前からテンションは上昇。  観客に向けてメッセージを送る黒板には「ドキドキする。」とつづった。その意図について「知らないことを知ろうとするとドキドキする。それと同じで、この人が何々だから、障害者だから、健常者だから、とかじゃなくて、人と出会うときはドキドキする。この感覚をネガティブに捉えずに、どんどんドキドキしていってほしい」と説明した。 Read more »

千葉県の熊谷知事がコロナ感染…朝に38度の発熱、テレワークで公務継続

千葉県の熊谷俊人知事  千葉県は14日、熊谷俊人知事が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同日朝に38度の発熱があり、医療機関を受診して陽性が判明した。  症状は軽症で、23日まで自宅療養する。テレワークで公務にあたるため、職務代理者は置かない。熊谷知事は「県政運営に支障が出ないよう、連絡体制をしっかりとりながら、公務にあたって参ります」とコメントを出した。 Read more »

【MLB】“現役最強右腕”デグロム、復帰3戦目でメジャー記録を連発 通算201試合で1失点以下は99度目!

メッツ・デグロム(AP) ◇13日(日本時間14日)大リーグ メッツ1―0フィリーズ(ニューヨーク)  メッツの“現役最強右腕”ジェイコブ・デグロム投手(34)は、フィリーズ戦で復帰3試合目の先発。6回を2安打無失点、10奪三振で2勝目(0敗)をマークし、チームが1回裏に1点を挙げて1―0で逃げ切る“スミ1”勝利の主役となった。  大リーグ公式サイトによれば、これで「ホーム登板22試合連続で自責2以下」はメジャー記録。また、これで復帰3試合は打者56人に対し、28奪三振、許した走者は7人。米データ専門スタッツ社によれば「3試合(最低打者55人と対戦)で対戦した打者の半分以上から三振を奪い、許した走者の4倍以上の奪三振」は、1901年以降の大リーグで史上初だった。  また、メジャー通算201試合の先発で、1失点以下がほぼ半分の99度目(49・3%)。地元AM局WFANのホフマン・ホストは「それなのに、デグロム自身の勝利確率は40%(実際は通算78勝で39%)。登板試合でチームが勝つ確率は58%だが、1失点以下が99試合を考えれば、これは低過ぎる」とツイートした。  デグロムは2018、19年にサイ・ヤング賞。18年はマウンドが現行の高さになった1968年以降で3番目に低い防御率1・70をマークした。19年は255奪三振、コロナ禍でシーズン60試合に短縮された20年は104奪三振で、ともに奪三振王。昨季は右前腕の張りと右肘の炎症でシーズン後半を棒に振り、今季も「右肩のストレス反応」のため、自身の今季開幕が391日ぶりの今月2日までずれ込んだ。(写真はAP) Read more »

「ご先祖を速くお迎え」ホンダが野菜で作った“本気の精霊馬”に衝撃走る。チョイスの理由が心温まる

「ご先祖を速くお迎え」ホンダが野菜で作った“本気の精霊馬”に衝撃走る。チョイスの理由が心温まる ホンダの「スーパーカブ110」と「シビック」 お盆にお供えする風習がある「精霊馬(しょうりょううま)」。ナスで作られた牛と、キュウリの馬が飾られるのを目にしたことがある人も多いかもしれません。 お盆を迎えるのに合わせ、自動車メーカー大手の本田技研工業(ホンダ)が公式Twitterでお手製の精霊馬の写真を投稿。そのクオリティーの高さに衝撃が広がっています。 ホンダは8月13日の投稿で、 <今日は #迎え盆 。「#精霊馬」を作ってみました!> と報告。ナスとキュウリで作った、オリジナルの精霊馬をお披露目しました。 精霊馬といえば、ナス牛とキュウリ馬が一般的。でもホンダの精霊馬は一味違い、自社商品の乗用車「シビック」とオートバイ「スーパーカブ」がモチーフになっています。 輪切りにしたナスとキュウリをタイヤに見立てたり、サイドミラーやヘッドライトが完備されていたり…細部にまでこだわりを感じられる出来栄えです。 チョイスの理由は… なぜこの2種を選んだのでしょうか? ツイートでは、 <行きはご先祖様を速くお迎えできるよう、爽快な走りの #CIVIC を 帰りはのんびりと景色を楽しめるように、寄り道しても給油の心配が少ない #スーパーカブ をチョイス> と、その理由を明かしています。 お盆に帰ってくるご先祖たちへの細やかな配慮があったようです。 本気度が高すぎるホンダ特製の精霊馬に対し、SNS上では「センスに拍手」「さすがモータースポーツの職人」「ご先祖様から喜ばれそう」などのコメントが続々と寄せられています。「カブだけどナス…」と突っ込む声もありました。 行きはキュウリ馬、帰りはナス牛 ウェザーニュースによると、キュウリ馬とナス牛は通常、位牌や供物を置く盆棚に供えられるといいます。 「キュウリ馬」は、お盆に先祖の霊があの世から家に帰るときに乗って来られるよう、苧殻(おがら)などをキュウリに刺して馬に見立てて作ります。 同様に、ナスに脚をつけて牛に見立てた「ナス牛」は、お盆が終わって先祖の霊があの世に戻る時に乗るとされています。 行きが馬、帰りが牛とされるのは、先祖の霊に「早く来てください」「帰りはゆっくりとお戻りください」という願いを込めたから、とも言われています。行きにシビック、帰りにスーパーカブとしたホンダの配慮も、この考えに重なるところがあるようです。 Read more »

大阪府で1万4546人感染確認 前週日曜から3700人減

大阪府庁周辺=大阪市中央区で、本社ヘリから加古信志撮影  大阪府は14日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1万4546人確認されたと発表した。前週の日曜(1万8309人)から3763人減った。新たに確認された死者は14人だった。【玉木達也】 Read more »

張本智和が完勝V「何としても優勝したかった」吉村真晴は“白旗”「張本強すぎた」

吉村真晴(手前)にストレート勝ちし、優勝した張本智和  「卓球・Tリーグ・ノジマカップ」(14日、トッケイセキュリティ平塚総合体育館)  パリ五輪代表選考ポイント対象大会として行われた。男子決勝は、東京五輪代表の張本智和(19)=IMG=が、リオデジャネイロ五輪代表の吉村真晴(29)=愛知ダイハツ=を4-0のストレートで下して優勝。3月の「ライオンカップ・トップ32」に続いて、選考対象大会で2戦連続優勝を飾った。  完勝で優勝を決めた張本は、コート上インタビューで「(今年から)琉球アスティーダに移籍して初戦で、何としても優勝したかったのでうれしいです」と汗を拭った。「パリ五輪の選考も兼ねているので、(優勝した)3月の選考会を思い出して、向かっていく気持ちで戦いました」と胸を張った。  今大会勝負強さを見せていた吉村だったが、決勝では日本のエースから1ゲームも奪えなかった。「決勝はもっといい試合をしたかったが、張本が強すぎて手も足も出ませんでした」と、苦笑いしながら勝者をたたえた。 Read more »

青山和弘氏 第2次岸田改造内閣は「専守防衛内閣」 高市氏、河野氏入閣は「囲い込んだということ」

岸田首相(AP)  ジャーナリストの青山和弘氏(54)が14日、ABEMA「ABEMA的ニュースショー」(日曜正午)に生出演。第2次岸田改造内閣の印象を語った。  MCの千原ジュニアから総裁選を戦った高市早苗氏、河野太郎氏が加わった第2次岸田改造内閣について問われた青山氏は「(岸田首相は)野に放っておくとですね、反主流派として自分に反対ののろしを上げられると厄介なので、特に高市さん、政調会長には置いておけなかったですね、茂木幹事長と全然ダメで。なので党内から閣内に横滑りさせて、あんまり重たくない、例えば防衛大臣だっていいわけなんですけど、そういうとこには置かないで経済安全保障担当大臣っていう大きな省庁が下にない、部下のいないところの大臣」と説明。「という意味では河野さんもおんなじなんですね、デジタル大臣って、デジタル庁っていうのがありますけども、大きな省庁のトップじゃないので、そういうところに要は囲い込んだということです」と続けた。  千原ジュニアが「そういう思惑だということを2人はもちろん分かってはるんですか」と尋ねると、青山氏は「分ってると思います」と断言。「分かってると思いますけど、せっかく閣僚の一角になったんだから、やってやろうじゃないかみたいな感じになって、河野さんはさっそく霊感商法の検討委員会を消費者庁に立ち上げるって言いましたけれども、これ全く岸田さんと相談してないんですよ。岸田内閣にとっては決して悪い事じゃないと思うんですけど、河野さんも何かやってやろうという事で腕ぐるぐる回してる」と語った。  「言うこと聞かずに記者会見も当日やらなかったりとか。まあ河野さんはこういう人なので、ある意味岸田さんはそこには一種爆弾を抱えた所であるかもしれませんね」と断言。内閣の印象を問われると、「完全に守りに徹した内閣、名前を付けるとするとあるラジオでも言ったんですけど、専守防衛内閣ということで」と表現した。  「要はホップステップジャンプで総裁選のあと衆院選があって参院選、選挙で負けると総理大臣辞めなきゃいけないかもしんないから、これを乗り越えて。乗り越えるとしばらく選挙ないので“乗り越えたらやりたいことできるぞ”って周りにずっと言ってたんですね、岸田さん。ようやく乗り越えた先は泥沼に着地しちゃって、安倍さんが亡くなったことと統一教会問題が噴出してとにかく守りに走ったという結果だと思いますね」と強調した。 Read more »

【中日スタメン】大野奨が5月12日以来のスタメンマスク 橋本はプロ初先発

キャッチボールする橋本 ◇14日 中日―阪神(京セラドーム大阪)  両チームのスターティングメンバーが発表された。中日は大野奨が5月12日のヤクルト戦(神宮)以来のスタメンマスク。プロ初先発の橋本はプロ初勝利を目指す。 【中日】 1番・右・岡林 2番・中・後藤 3番・三・阿部 4番・一・ビシエド 5番・左・平田 6番・捕・大野奨 7番・二・石垣 8番・遊・土田 9番・投・橋本 【阪神】 1番・中・島田 2番・遊・山本 3番・左・ロハス・ジュニア 4番・三・佐藤輝 5番・一・ロドリゲス 6番・二・糸原 7番・右・井上 8番・捕・梅野 9番・投・ガンケル Read more »

巨3―2広 丸が八回に勝ち越し二塁打

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

「スターリン時代と変わらない」 77年前のシベリア連行とウクライナ重ねる元抑留者

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

New economy minister eyes restarts of more nuclear reactors

New minister of economy, trade and industry Yasutoshi Nishimura during an interview on Aug. 12 (Shiki Iwasawa) Newly appointed economy minister Yasutoshi Nishimura pledged to push for restarts of more ... Read more »

栗東って読めますか? 滋賀県にある“ナゾの競馬駅”「JR栗東駅」には何がある?「53年前、滋賀の寒村に競馬トレセンが出来た深い事情」

栗東トレセンでエアグルーヴに乗る武豊(1998年撮影)。栗東といえばトレセンが思い浮かぶが、JR栗東駅には何があるのだろうか?  中央競馬の馬たちは東西にそれぞれひとつずつあるトレーニング・センター(トレセン)に暮らしている。実際にはトレセンの外で調教を積んで、レースが近づいたときだけ戻ってくる、などということも当たり前になっているが、「競走馬はどこに住んでいるの?」という質問にとりあえず答えるとすれば、「トレセンだよ」と答えておけば充分だと思う。  さて、そこで問題はこのトレセン、どこにあるのかという点だ。東は茨城県稲敷郡美浦村、霞ヶ浦のほとりの美浦トレーニング・センター。西は滋賀県栗東市、琵琶湖のほとり……というには少し離れた山の中にある栗東トレーニング・センターである。読み方はそれぞれ「みほ」「りっとう」。競馬ファンには改めて言うまでもないほどおなじみだろうが、実は難読地名だ。  とりあえず今回、美浦は置いておいて、栗東とはどんなところなのだろう。そう考えて地図を見ていたら、東海道本線(JR琵琶湖線)に「栗東」という駅があるではないか。駅前にトレセンがあるわけではないだろうとは思いつつ、栗東という町がどんな町なのか、栗東駅を訪れることにした。 JR栗東駅には何がある?  栗東駅へは東海道新幹線を京都駅で降りてJR琵琶湖線に乗り換えて25分ほど。みんな大好き新快速は停まらないのがちょっと残念だが、それでも京都から30分足らずだからずいぶん近い。  さて、栗東駅はどんな駅なのか……というと、過去10年で8頭ものダービー馬を輩出している天下の栗東トレセンのある町なのに、ずいぶんと小さな駅だった。  新快速が停まらないことからも想像できることだが、狭いホームの対面式で橋上の改札口には駅員がいない。どうやら時間帯によっては“無人駅”になるようだ。最近こういう駅が増えているとはいえ、天下の栗東トレセンの町の玄関口が……と思うとすこし寂しい。  橋上駅舎から出入り口は東と西へ。古い航空写真を見ると、駅の周囲はほんの数十年前までほとんどまったくの田園地帯だったようだ。とりわけ駅の東口側が顕著で、市街地どころかまとまった集落のようなものもない一面の田んぼ。 じつは栗東駅の開業から約30年しか経っていない  西側も似たようなものだったが、中山道という大動脈が通っていたおかげでちょっとした集落があった。宿場町ではなかったが、701年創建と伝わる大宝神社が中山道沿いにあって、その門前町としてそれなりの賑わいがあったようだ。  なんでそんな小さな門前町がある程度の田園地帯に駅が、と思って調べたところ、そもそも栗東駅が開業したのは1991年のこと。つまりたったの30年ほど前のことで、この駅の歴史はずいぶんと浅い。お隣には草津駅という立派な駅があり、そちらは東海道線が開業したときからの駅だから、田んぼの中にわざわざ駅を設けるまでもないと思われたのだろう。  そんなかつての田園地帯の中の栗東駅も、いまでは周辺はすっかり市街地である。もともとこの一帯は大宝村という村で、西口の目の前には大宝小学校。大宝神社に向かって旧中山道を歩いて行くと、「綣」と書いて“へそ”と読むという、いかにも由緒のありそうな交差点もあった。マジメに解説すると、機織り機に装着する麻糸を巻いた糸玉のことを“綣”といい、古代この地域では麻織物が盛んに作られていたことに由来するのだとか。古い神社がある町には、やっぱりそれなりに歴史がある。 人口4万5000人→7万人に増加  対して東口。こちらは西口とはまったく違う圧倒的な“ニュータウン”。異様に立派な駅前広場の向こうには滋賀県民にはおなじみのスーパーマーケット・平和堂がどーんと鎮座し、それを取り囲むように背の高いマンションが並んでいる。とりわけ広場の南側から東に向かってまっすぐ延びている大通り沿いは、頑丈そうなマンションがいくつも連なる。  こういった東口の駅前風景は、栗東駅が開業したことによる激変の結実だ。開業直後の1992年度には3500人に満たなかった1日に乗車人員も、いまでは1万2000人前後にまで増えた。栗東市の人口も1990年には約4万5000人だったところ、いまでは約7万人。栗東駅開業のパワーはいかばかり。なんだかんだで、鉄道の存在感は大きいものがある。 田中角栄「栗東町はかつて工場ひとつない寒村だった」  ただ、栗東の町がこれだけ成長した背景を単に栗東駅だけに求めることはできない。むしろ栗東という町は、鉄道ではなく高速道路によって大きく姿を変えた町というほうが正しいのだ。  1963年、現在の栗東市域に名神高速道路が通り、栗東インターチェンジ(IC)が設けられた。名神は日本で初めての高速道路だから、そのICに恵まれたことは栗東の町にとってそうとうに大きなインパクトのあるできごとだっただろう。  事実、栗東ICを降りるとすぐに広がっていた田園地帯はあっという間に開発のターゲットになった。瞬く間に中小の工場が建ち並ぶようになり、いまも積水化学や日清食品、リチウムエナジージャパンなどの工場がICのすぐ近くに建っている。栗東駅前の姿はすっかり京都のベッドタウンだが、実際の栗東の本質は“工業都市”なのだ。  かの田中角栄は『日本列島改造論』の中でこう書いている。「滋賀県の栗東町はかつて工場ひとつない寒村だった。それが名神高速道路ができ、ICが設けられるとともに、二百数十社の工場が進出し、新興工業地区へと一変した」。栗東の町は、まさに戦後日本の成長の象徴のような町だったのだ。 53年前、なぜ栗東にトレセンができたのか?  そんな栗東に、中央競馬のトレーニング・センターが開場したのは1969年のこと。それまでは各競馬場に隣接する厩舎で馬たちは暮らしていたが、手狭になってきたので郊外に新たなトレーニングセンターを設けてそこに馬たち(と人)を集約しようということになった。名神高速道路が通った1963年頃から栗東町が誘致に乗り出し、1964年にトレセン開設が決まったという。  トレセンが栗東にできた大きな理由は、やはりなんといっても名神高速道路。栗東トレセンからは中京競馬場・京都競馬場・阪神競馬場の各競馬場へと馬たちが遠征せねばならない。そのためには高速道路のICが近くにあるという点は、あまりにも大きなメリットだった。  トレセンがあるのは栗東市の南の山の中。駅から徒歩で……はとても行けるような場所ではないのでだいたいの関係者はクルマで向かう。それでもむりやり最寄り駅を見いだそうとすれば、それは栗東駅ではなく手原駅というJR草津線の駅になる。  手原駅はすぐ南に栗東ICがあり、さらに栗東市役所もほど近い。1922年開業と歴史もあり、いわば古くからの栗東の中心の駅というわけだ。旧東海道に沿っていたこともあって、栗東はこの手原駅の近くにあった古い市街地ばかりで、他はまったくの田園地帯から構成されていた。  それが、名神高速道路が通っていくつもの工場が建ち並び、栗東トレーニング・センターもやってきた。それでも東海道線が通っているあたりは変わらず田園地帯のままだった。そこに1991年、栗東駅が開業し、一気に駅の周辺が開けていって背丈の高いマンションも生えてきて、すっかりベッドタウンとしての顔も持つようになった、というわけだ。 でも…栗東駅前にあった“馬の町”を感じさせるもの  ちなみに、栗東市内には東海道新幹線も通っている。ちょうどJR草津線と交差する付近に南びわ湖駅という新駅を設けようという計画がかつてあった。計画というより、実際に2012年の開業を目指して2006年に着工までしている。地元の栗東市や滋賀県などがおカネを出してつくる新駅だ。しかし、着工の直後に“もったいない”でおなじみ(なつかしいですね)の嘉田由紀子が滋賀県知事に当選。新駅凍結を公約に掲げていたこともあって、紆余曲折を経て南びわ湖駅は泡と消えた。駅前広場に予定されていた一帯は、いまは日清食品の工場になっている。  そんな歴史もありながら、高速道路と東海道線の新駅のおかげで存在感を増してきた栗東の町。栗東駅はその名前からいかにも栗東の玄関口だと思わせるし、駅前広場はその一端をのぞかせる。栗東といえば誰もが思い浮かべるお馬さんの像も、ところどころに置かれている。隅っこには、なぜか後ろ足で立ち上がっているお馬も。この馬、芦毛だったらゴールドシップそのものですね……などと思ったりもするのだが、それ以外には栗東駅に“馬の町”を想起させるものはほとんどない。 ... Read more »

週間占い・獅子座「やるだけやったら休むこと」

週間占い・獅子座「やるだけやったら休むこと」 獅子座・女性の運勢 最近パートナー(もしくは親友、仕事上の相棒などの大事な相手)と衝突が多かったのなら、それについて改めて向き合い、一度決着をつけるイメージのとき。おそらく今は仕事も非常に忙しく、同時にあなたの実力が発揮されている状態でしょう。獅子座はそれに対し理解とサポートを求めていますが、相手は「別の事情でその余裕がない」か、「獅子座が仕事にのめりこむことに対し否定的」なのです。ただそれにも背景があるので、今は考え方の違いをそのまま受け入れる必要があります。現実的なサポートは別の方向からも得られるはず。ストレスの強い時期ですが思いつめすぎないで。楽しむときは楽しみ、楽観性を大事に。 獅子座・男性の運勢 パートナーもしくはそれに準ずる近しい大事な相手との衝突が起こりそうなとき。現在仕事に熱心に取り組まなくてはならない状況にいる獅子座は、相手に自分を支えてくれることを求めがちです。が、相手はそれができない状態にあるか、獅子座の仕事ぶりについて好意的ではないのでは。根柢のあるのは価値観の差で、時間をかけて理解し必要であれば埋める必要があります。まずはこの理解が大事。能力を発揮できる時期ですが、のめり込みすぎには気を付けて。やるだけやったら休むこと。また楽しむことも重要です。遊びも日常に取り入れてね。 Read more »

【酢にんじん編】サラダの幅が広がる!野菜をおいしく長持ちさせるひと技保存。

撮影・青木和義 文・板倉みきこ さっとあえたり酢に漬けたり、買ってきた野菜にひと技加えるだけで、美味しく長持ちする。日々のサラダ生活がぐっと豊かに。料理研究家・島本美由紀さんのレシピをご紹介。 野菜は長持ち、栄養素を無駄なく摂れてサラダの幅も広がるひと技保存。 酢にんじん 【酢にんじん編】サラダの幅が広がる!野菜をおいしく長持ちさせるひと技保存。 にんじんは橙色の色素成分に皮膚や粘膜の健康に寄与し、抗酸化作用も期待できる栄養素β-カロテンが含まれているが、特に皮部分に凝縮。皮ごと千切りして酢漬けにすれば、皮の硬さも気にならず食べやすい。 【材料(作りやすい分量)】 にんじん 2本 塩 小さじ1/2 A[酢 200ml、はちみつ 大さじ1] 【作り方】 1.にんじんは皮ごと千切りにし、塩をまぶして手で軽くもみ、10分置いて水気を絞る。 2.保存容器に1とAを入れ、冷蔵庫で30分以上置く。  ↓ 酢にんじんのソムタム 味わい深いエスニックな一品がくせになる。 【材料(作りやすい分量)】 酢にんじん(具)150g ミニトマト 4個 パクチー(ざく切り)適量 ピーナッツ 大さじ1 A[酢にんじん(汁)大さじ2、ナンプラー 小さじ2、砂糖 小さじ1、赤唐辛子(小口切り)1/2本] ... Read more »

プロ野球スカウト「ドラフト1位重複も十分ある」現地で聞いた浅野翔吾(高松商)の評価「牧(DeNA)タイプだけど、足は浅野のほうが速い」

佐久長聖戦の7回表、2打席連続の本塁打を放ち、ガッツポーズの高松商・浅野翔吾。一気に注目が集まったが、プロ野球スカウトの評価は?  高松商・浅野翔吾中堅手(3年・170cm86kg・右投両打)の2打席連続本塁打。  甲子園初戦の佐久長聖戦。その兆候は、その前の2度の打席から、すでに見えていた。  最初の打席。カウント2ー2からの外角いっぱいの速球と、その直後のショートバウンドのスライダーに、まったく頭が動かない。  目からいちばん遠いコースに投じられた誘い球に体を引っ張られず、目の位置を変えずに、しっかり見極めて、四球にした。  第2打席、高々と打ち上げた三塁フライの「高さ」が、高校生じゃない。  ちょっと秋めいてきた感じの澄んだ青空に、一瞬溶け込んでから落下してきたその飛球の滞空時間が6秒96。  6秒超えたらプロ級といわれる滞空時間。二松学舎大付高時代の鈴木誠也(カブス)の内野フライもセカンド、ショートが2人とも見失うほどの高さだったが、それでも6秒前半がせいぜいだった。 浅野の「選球眼」に驚いた  だから3打席目、浅野のライナー性の打球が、右中間最深部に吸い込まれるように見えなくなった時も、「ホームラン」という結果には、それほど驚かなかった。驚いたのは、その内容のほうだ。  第1打席と同様に、追い込まれてからの外いっぱいとスライダーのショートバウンドを、微動だにせず見極めたあとのフルカウント、6球目。真ん中外寄りのボールを、ホームベースの上、比較的近いポイントで捉えたように見えた。  浅野のセンターから右中間方向への打球は、すごく伸びる。体に近い場所に「パワーポイント」を作り、そこからグイッと押し込んでいく力感がすばらしい。  驚いたのは、「選球眼」だ。ストライクとボールを見極めるのも選球眼だが、打つべきボールを見つけ出すのも選球眼。その両方がすばらしい。  この打席、浅野に投じられた「6球」のうち、打ってヒットになるボールは6球目のただ1球。彼はその「ただの1球」を甲子園のホームからいちばん遠い右中間最深部に放り込んでみせた。 岡本和真(巨人)の高校時代を思い出した  そして、圧巻は第4打席だった。  やはり、カウント2ー2から真ん中内角よりのスライダー系を、レフトスタンドぎりぎりにライナーで持っていった。  普通の高校生なら、左方向へのファールがやっとぐらいの難しいコースを、とっさに両腕をたたみ込み、バットヘッドを返し過ぎないようにしてレフト方向へ運んだ「ワザあり!」の一発だった。  4球目までは、やはり、打ってもヒットにならないボールに見向きもせず、5球目を待ち構えたように振り抜いた。  ガッツは人一倍のはず。それでも、決して燃え過ぎずに、打ちたいボールが来るまで悠然と待てるメンタリティは高校生じゃない。  さらに、死球を挟んだ6打席目。  高めのボール球を2つ選んで、「勝負を避けたか?」と思った瞬間、3球目のファーストストライクを、ライナーでレフト線に飛ばして、二塁打にした。  この打席、浅野本人は、「センター返し」のイメージで打席に立っていたのではないか。それが、ちょっとポイントが前になった分、打球方向が左に寄った……そうでなければ、引っ張った打球が、ポールの下までまったく切れずにまっすぐ伸びていくわけがない。  レフト方向への本塁打のあとで、センター返しの猛ライナー……智弁学園当時の岡本和真選手(現・巨人)が、そんなバッティングをしていた。引っ張ったホームランのあとで、体の開きが早くならないように、バッティングの「濁り」をクリーニングするような、素直なセンター返し。  浅野の6打席目には、同じような頭の芯の冷えた打ちっぷりを感じた。 プロ野球スカウトは「ドラフト1位重複も十分ある」 「去年の夏は、深い角度で打ち上げて、バックスクリーンの横でしたよね。今年はライナー性で2本か……。どんなふうにでも打てるよね。タイプとしては、中距離ヒッターのスリーベースヒッターでしょうね。昔だったら、中日で1番を打っていた彦野(利勝・外野手)さんかな。今ならどうだろ……小型の牧(秀悟・DeNA)かもしれないけど、足は浅野のほうがずっと速いね」  そう話してくれたこのスカウトは、「ショート、できないかな……」と未知の魅力を重ねてくれた。 「能力はわかってます。今日のピッチャーだったら、あのぐらい打ちますよ。浅野の場合は、ホームラン2本がすごいんじゃなくて、地元でやってる練習試合と同じことを、この甲子園のひのき舞台で、当たり前みたいにやってのけてしまう勝負度胸ですよ。私たち、そういうとこしか見てないです、夏の甲子園では」  自信を持って推せる1位候補が極めて少ない今年のドラフトなら、走れて守れる野手だけに「1位重複も十分あり得る」と、そのスカウトは解説してくれた。 ... Read more »

「日本の利益に影響しない」台湾周辺での大規模軍事演習に中国大使

「日本の利益に影響しない」台湾周辺での大規模軍事演習に中国大使  中国の孔鉉佑駐日大使は台湾周辺での大規模な軍事演習について「日本の利益に影響するものではない」と指摘し、関係悪化を望まない姿勢を示しました。  8月4日から続いた中国軍の大規模演習では、日本のEEZ(排他的経済水域)に弾道ミサイル5発が着弾しました。  また、中国軍の少将が演習エリアの一部は「沖縄に近い」と指摘し、日本も対象との認識を明らかにしていました。  孔大使は12日の談話でアメリカのペロシ下院議長の台湾訪問を批判したうえで、演習は中国の主権と領土を守るためで「日本とは関係がなく、日本の利益に影響するものではない」と主張しました。  9月の日中国交正常化50周年に向けて関係の安定化を図る狙いがありそうです。  一方で「日本は両国関係に前向きなことをすべき」と釘を刺しています。 Read more »

GENERATIONS・小森隼 インスタのフォロワー減少に「助けて下さい」笑い誘う

トークセッションし、観客に手を振る(左から)「GENERATIONS」の小森隼、ぺえ  男性7人組「GENERATIONS」の小森隼(27)が14日、大阪・うめきた広場で行われたイベント「トゥルーカラーズキャラバン」でトークセッションに参加した。  自身がメインパソナリティーをつとめるTOKYO FMラジオ「SCHOOL OF LOCK!」の課外授業というスタイルで進行。デビュー前の学生時代、会場から見える「ヨドバシカメラ」には「よく来ていた」といい、「こんなところでイベントに出演できるなんて!」と、オープンスペースで炎天下ながら大勢いる観客に感激。しかし「インスタやってるんですけど、フォロワーが8万人ぐらい減った。こないだも1000人ぐらい減って…。このままいくならインスタ辞めます!助けて下さい」と訴え笑いを誘った。  さらに、コロナ禍で電車に乗るのを避けていたが、この日は久々に乗車。「つり革とか、エスカレーターの手すりとか“触っていいのかな?”ってドキドキした。(席に)座らずど真ん中で思いっきり空気吸ってやりました」と笑った。 Read more »

高校生イチローは“練習しない天才”? 同級生が語る真相「一朗にとって名電も甲子園も通過点」「日経新聞読んでた」「2本は予告付き本塁打」

愛工大名電時代の鈴木一朗は投手として活躍するとともに、のちの「イチロー」で見せた天才的バッティングセンスを発揮していた 現役生活を通じて野球を突き詰めたイチローだが、プロ直前の高校時代はどんな選手だったのだろう。旧友たちの証言で、“意外な実像”がいま明らかに! Number1049号(2022年4月14日発売)より『[愛工大名電チームメイトは見た!]高校生・鈴木一朗の“真相”』を特別に無料全文掲載します。 「今年もちゃんと自主トレやっとけよ」  愛工大名電高時代の同級生で、甲子園にも出場した高田広秀は、イチローにそう言われている。彼はイチローの草野球チームで高校時代と同じ三塁を守る選手なのだ。 「イチローの練習って無茶苦茶スパルタなんです。草野球なんだから、楽しくやるよって言ってたんだけどな、最初は」  ところが、昨年12月になってイチローが突然「日が迫ってるからしっかりやれ」と言い出した。打撃投手やノッカーを務めるのは、本気モードのイチロー自身だ。  高田たちが練習場で歩いていただけで、「ダッシュだ!」とどやされる。イチローがノックする打球を下がって捕ったら「前へ出ろ、前へ!」。打球を身体で止めると「そうそう、それだ!」。時には「野球をナメるな!」と厳しい活も入れられる。 「もう、怖い、怖い。イチローに散々しごかれたおかげで足がパンパン。当日は強力なロキソニン飲んで試合に出ました」 投手イチローとバッテリーを組んだ捕手が覚えている練習  イチローは現役時代、人一倍練習で汗を流し、自らを限界まで追い込んでいた。草野球でも妥協を許さぬ姿勢は変わらない。高校時代、投手のイチローとバッテリーを組んだ同級生の捕手・畑憲作が言う。 「僕らの高校時代、1980~’90年代の“名電野球”です。昔は毎日そういう練習をやっとりました。いつも必死でがむしゃらに、ユニホームをドロドロにしてね」  その中で最もユニホームを汚していたのが「イチロー」になる前の鈴木一朗だった、と誰もが思うだろう。が、意外なことに、畑も高田も口をそろえて首を振った。 「いや、一朗のユニホームだけは、ずっと真っ白でした。高校時代の彼は、とにかく誰よりも練習をしなかったんですから」  当時の呼び名は「イチロー」とはアクセントの異なる名古屋弁での「一朗」。上級生がいる1、2年生までは全体練習に参加していたが、夕食後の自主練習はしたことがない。3年生では全体練習すらまともにやらず、姿を消していた。高田が言う。 「僕らが泥だらけになっているころ、最後のメニューのベースランニングに、一朗がまたやってくるんですよ。猛スピードで20周走ったら、寮に帰って一番風呂や」  練習していない間、一朗は何をしていたのか。高田が本人に聞いたら、「トレーニングルームで昼寝したり、寮で新聞や雑誌を読んだり」という答えが返ってきた。 「一朗が読んでいたのは日経新聞。それも株式欄を熱心に見てましたね。初めて株を買ったのは中学のころだそうです。一朗は野球じゃなく、勉強の特待で名電に入ったくらいで、頭も僕らよりよかったから」 一朗が陰で練習していたところなんて……  一朗がプロで功成り名を遂げると、名電時代は陰で秘かに猛練習をしていたという伝説が広まった。練習試合のために名電の寮に泊まった他校の選手が、夜に打ち込みをしている一朗の姿に驚いたという逸話もある。が、一朗と3年間寮生活をともにし、二段ベッドで一朗の下で寝起きしていた畑は、そうした噂をきっぱりと否定した。 「一朗が陰で練習していたところなんて、僕は一度も見たことがありません」  他校の選手が夜中に目撃したのは、一朗と同じ左打ちで体型も似ていた主将の深谷篤だったらしい。そうした中、一度中村豪監督が怒り出し、一朗にも自主練習をするよう命じたことがあった。高田が語る。 「そうしたら一朗は、スリッパ履いて室内練習場に現れたんですよ。『ちょっと打たせてくれるか』って言って打撃マシンの前に立つと、左じゃなく右で、すごい打球をガーン! ガーン! ガーン! 滅茶苦茶打って、さっさと帰っちゃいました」  卒業するまでそんな態度が許されていたのは、一朗が最初からそれほど別格の存在だったからこそだ。入学する前、父・宣之とともに「プロに行ける選手になりたいんです」と中村監督に明言。「名電のセレクションで初めて会った中3の夏から、次元の違う存在でした」と高田は言う。  170cm、55kgと当時は見るからに華奢だった。捕手の畑は「こんなにガリガリで野球をやっていけるのかと感じた」ほどである。が、一朗の投げる球を初めて受けた途端、高田と同様、畑の印象も一変した。 「ミットを構えたところにピシーッ、ピシーッと正確に来るんです。彼と一緒なら俺も甲子園に行かせてもらえると思った」 プロを見据えていた一朗が、練習をしなかった理由  高田や畑が体力作りのトレーニングから始めた1年生のころ、一朗はひとり上級生に混じって練習試合に出場していた。ときには先輩やコーチに手を上げられたこともある。その場に居合わせた高田は、一朗の目つきに思わずゾッとしたという。 「先輩やコーチにやられてもやり返すわけにはいかないから、ひたすら我慢するしかない。その間、一朗はものすごく怖い目をして相手を睨んでるんです。そりゃもう、ちょっとヤバイくらいの目つきでした」  そんな一朗は、食事面でも自分の嗜好に徹底的にこだわった。 ... Read more »

ロシア軍基地爆発 英国防省「航空能力著しく低下」(8月14日)

爆発後の8月10日に撮影されたロシア軍のサキ航空基地=米マクサー・テクノロジーズ撮影・ロイター  ウクライナ南部クリミア半島にあり、ロシアの黒海艦隊の航空部隊が拠点とする航空基地で起きた爆発事故について、英国防省は、基地は現在でも使用できる状態にあるとの見方を示しつつ、「黒海艦隊の航空能力は著しく低下した」と指摘した。ウクライナ情勢を巡る日本時間14日までの動きや報道をまとめた。【デジタル報道センター】 ロシア軍基地爆発 イギリス「少なくとも8機が損傷」  ウクライナ南部クリミア半島のロシア軍航空基地で9日に起きた爆発について、英国防省は12日、露軍の軍用機少なくとも8機が破壊されたとの分析を発表した。露国防省は弾薬の爆発事故だったと説明しているが、ウクライナ側による攻撃だったとの見方も取り沙汰されている。【関連記事】クリミアのロシア軍基地爆発 イギリス「少なくとも8機が損傷」 戦死ロシア兵 少数民族の地域出身者突出  ウクライナに侵攻したロシア軍の中で、死亡した兵士の出身地はイスラム教徒やモンゴル系など少数民族が住む地域が特に多いことが分かった。ロシアの独立系メディア「メディアゾナ」が12日、英BBC放送と合同で実施した調査結果を発表した。【関連記事】戦死ロシア兵「少数民族の地域出身者が突出」 英BBCなど集計 Read more »

巨人が借金完済に王手!4カ月ぶり3カード連続勝ち越し 中田先制2ラン、追いつかれるも丸が決めた!

<巨・広>8回、勝ち越し適時二塁打を放ち、ガッツポーズする丸(撮影・河野 光希)  ◇セ・リーグ 巨人3―2広島(2022年8月14日 東京D)  巨人は広島に競り勝ち、4月以来4カ月ぶりとなる3カード連続勝ち越し。一時は7までふくらんだ借金を1に減らし、勝率5割復帰に王手をかけた。  2―2で迎えた8回。先頭の吉川が4番手左腕・ターリーから中前打を放って出塁すると、原監督は代走に増田大を起用。増田大が二盗を決めた後、重信の犠打で1死三塁とチャンスを広げた。  ここで打席に入った丸は左翼手の頭上を越える適時二塁打を放ち、3―2と勝ち越し。9回は新人守護神・大勢が2者連続三振を奪うなど3人でピシャリと抑え、両リーグ単独トップに返り咲く今季28セーブ目を挙げて逃げ切った。  巨人は4回、中田が今季初登板となった相手先発右腕・大道から弾丸ライナーで左翼スタンドに飛び込む15号2ランを放って先制。50日ぶりとなる来日5勝目を目指した先発右腕・シューメーカーは走者を出しながらもバックの好守にも助けられて5回5安打無失点で勝利投手の権利を持って降板した。  2番手左腕・井上がイニングまたぎとなった7回、菊池涼に2点適時二塁打を許して同点とされ、シューメーカーの50日ぶり白星は消滅したが、4番手として8回の1イニングを無失点に抑えた新助っ人左腕・クロールが来日初勝利を挙げている。 Read more »
How To Start A Freelancing Business From Scratch10 Things You Should Know Before Quitting Your Job To TravelBournda National Park: South Coast NSW’s Best Kept SecretThe Best Multi-Day Hiking Trips in CanadaFrom Bunbury to Margaret River, Here’s What Not To MissWhere To Find The Best Free Camping in TasmaniaAustralian Bushfires: Here’s What You Can Do To HelpOur AmazingCo Mystery Picnic in Queensland’s Atherton TablelandsHow To Plan A Sedona Girls Weekend Trip25 Of The Best Things To Do In Port Douglas, AustraliaPlatia Ammos Beach in Kefalonia (+ the Perilous Hike Down in Flip Flops!)From Corporate Stooge to Professional Travel BloggerWhy Choose Full Time RV Living Over Van Life?7 Handy Camping Hacks For Your Next Wilderness TripThe Best Spots For Eyre Peninsula Camping in South AustraliaGold Coast Hot Air Ballooning: A Bucket List Experience You Didn’t Know You NeededFitzroy Island or Green Island: Which is Better?A Zhangjiajie Hiking Adventure In The Avatar MountainsThings To Do On An Eyre Peninsula Road TripThings To Do On The Esperance To Perth DriveBunyeroo Gorge & Brachina Gorge: A Flinders Ranges Scenic Drive You CAN’T Miss!Duke of Orleans Bay: My 35th Birthday Adventure!Things To Do In Mount Gambier & Limestone Coast, South AustraliaHow This Woman Quit Her Job To Travel Europe Full-Time in a Motorhome10 Things I Wish I Knew Before Buying A CaravanCelebrating Boxing Day on a Captain Cook Sydney Harbour Cruise5 Adventurous Weekend Road Trips From DenverHow To Land Scuba Diving Instructor Jobs Around The WorldWhy You Don’t Need A Work And Travel Program Like Remote Year To Become A Digital NomadHow To Tell Your Parents You’re Quitting Your Job To TravelPerth to Esperance: The Ultimate Road Trip ItinerarySpeed Hiking: What It Is & What Gear You Need For ItWhat To Do When Sh*t Hits The Fan On Your Trip3 Days in Melbourne: A Melbourne 3 Day ItinerarySapphire Coast NSW: From Whales to Red RocksEssential Hiking Gear for Beginners: 5 Items You Absolutely Need For Your First HikeWhy This Grad Student Decided To Move Abroad Instead Of Getting A JobThe Best Fleurieu Peninsula BeachesNakie: The Best Traveler Hammock (That’s Also Eco-Friendly!)The Best Beaches in Kefalonia (+ Other Must-Dos)The Best Things To Do In Sydney Harbour7 Things To Know Before Your Overnight Or Day Trip To Rottnest IslandLawn Hill National Park: A Hidden Gem in Outback QueenslandBradleys Head to Chowder Bay Walk + Balmoral | Sydney Harbour WalkOrmiston Gorge: A Beach in Outback Australia!What To Do in Paris For 4 Days: A 4 Day Paris ItineraryOutdoorsy Things To Do In Noosa, An Aussie Adventure ParadiseWhy Quitting Your Job To Travel Isn’t As Scary As It SeemsThings To Do In Crete: A Crete Road Trip Itinerary15 Little Things You Can Do To Save Money For TravelKu-ring-gai Chase National Park: Sydney’s Hidden GemThings To Do In Esperance: The Best Walks, Campsites, & Beaches In Esperance, Western AustraliaVisiting Meteora: Clifftop Monasteries With A View In GreeceThe 15 Best Day Trips From CairnsHighlights Of A Great Ocean Road TripThe Best Boho Picnic Rugs For Outdoor AdventuresRenting Camera Gear For Travel: Save Money, Save MemoriesThe Best Sydney Weekend GetawaysCar Next Door Review: Using Car Sharing in AustraliaWhat the FAQ is Van Life? Everything You Want To Know About Full Time Van LivingThe Best Hikes In The Blue MountainsA Sydney Harbour Scenic Flight With Sydney SeaplanesThis Couple Quit Their Jobs & Sold Everything To Travel Europe Full-TimeThat Time ALL THE SIGNS Told Me To Buy Tony Robbins TicketsHow Much Money Do You Need To Save Before You Quit Your Job To Travel?15 Best Things to Do in Malden8 Unique Ways To Spend A Few Hours In The South Of France7 Authentic Aboriginal Experiences In Australia’s Northern Territory10 Best Hiking Trails In Flagstaff According To The Locals21 FUN Cancun Day Trips that you’ll love!The Unique Culinary Tour Not To Miss In Jerusalem18 BEST Things to do in Valparaíso, Chile7 New And Unique Things To Do On The Las Vegas StripPalwa Ride and More Adventures at Santabucks Eco-Adventure ParkClear Testing New Curb-To-Gate Premium Service At This Popular AirportCollette Unveils New Montana Cruise Tour Featuring Stops In Two Popular National ParksTop 15 Best Things to Do in Riverside, California8 Reasons To Visit Italy This FallI Booked A Trip To France This Summer For $5.60 Using Points, Here’s What I LearnedThe Exhilarating Experience Not To Miss In Canada’s Jasper National ParkI Tried Glamping At An Australian Crocodile Safari Camp And It Was Incredible16 Scenic Stops Along The Beautiful Cape Cod Rail TrailWorrowing Jervis Bay: A Winter Getaway From SydneyBest Beaches in Crete: The 10 Crete Beaches You Must VisitThe 20 Best Beaches in Western AustraliaWhat I Wish I Knew Before Moving From USA To Australia30 Things To Do in Albany, Western Australia & South Coast WAHiking Sydney: The 15 Best Hikes in Sydney, AustraliaThe Best Hikes in Grand Staircase Escalante National MonumentNew UAE Passport: How to Get Your New Emirati Passport?NATAS 2022 Singapore Travel Fair: What to Expect7 of the best things to do in Phuket on a budget15 Best Things to Do in WalthamU.S. Begins Testing Online Passport Renewals, How You Can ParticipateTop 7 Must-See Attractions At The Newly Renovated Air And Space MuseumFAA Considers Increasing The Size Of Airline Seats, But It Has Nothing To Do With ComfortEat Your McDonald’s Before You Get On The Plane15 Best Things to Do in HaverhillYosemite Reopens Its Beautiful Mariposa Grove To Visitors8 Signs You Need for a Salary Raise & How to Talk to Your Boss About ItMy 7 Favorite Restaurants In Beautiful Dripping Springs, Texas13 Tips For Hiking Jenny Lake In Grand Teton National Park 14 Budget-Friendly Ways To Entertain Your Elementary-Aged Grandkids According To A Retired TeacherTop 15 Best Things to Do in Huntington, New York12 Reasons This Lesser-Known Malta Town Will Transport You To 1950s Italy15 Best Things to Do in RevereParts Of This National Park Closed Because Of A BearSeveral Caribbean Islands Dealing With Record Amounts Of Seaweed, The Problems It’s Causing For Tourists And Residents7 of the best things to do in Hoi An on a budgetLOOK: Philippine Tarsier Spotted in Tacloban City for the First Time EverA Guide to the Best Staycation Hotels in Manila6 Fabulous Reasons To Take A Side Trip To Croatia When You’re Visiting Italy7 Reasons You Should Visit Canada’s Beautiful Georgian Bay6 Reasons To Explore Concord, California On Your Next Visit To San Francisco9 Key Tips For Hiking To Gorgeous Ta-Taki Falls In Okinawa, JapanTop 15 Best Things to Do in Islip, New YorkHawaii County Follows Maui’s Lead, Decides To Ban These Types Of SunscreensUnique Sign In New Mexico Had Highway Drivers Doing Double-Takes15 Best Things to Do in AberdeenIt Now Costs $250 To See A Real-Life Dragon, Here’s WhyHeavy Rains Cause Extremely Rare 1,000-Year Event In Death Valley15 Best Things to Do in Havre de Grace15 Best Things to Do in Elkton11 Best Beaches in Vietnam You Must Know About11 Money Tips If You’re Not Earning Well Enough to Build a Travel Fund7 Fantastic Hotels For A California Summer ExperienceThe Houseboat Getaway Near Ottawa Perfect for the Whole Family22 Amazing Outdoor Adventures I Loved In New Zealand5 Fantastic Stops On A Missouri Road Trip From St. Louis To St. JosephFolks Are Flocking To New Mexico For A High Flying Milestone This October15 Best Things to Do in New CarrolltonSurprising Shark Discovery Found Thousands Of Miles From Its HomeWhat You Need To Know About Road Closures At This National ParkThird-Culture Kid Blues: My Experience as an Indonesian Who Grew Up in MalaysiaA Guide to Ukay-Ukay Shopping in and Near Metro Manila7 Historic French Brasseries You Must Visit In Paris7 Amazing Outdoor Activities To Experience In Big Sky, Montana In The SummerTop 8 Questions To Ask Before Moving To Costa RicaEverything You Need To Know About Visiting Qatar¡Felices fiestas! A guide to Spain’s best annual events17 Amazing Things To Do In Beautiful Austin, TexasFancy Feast Isn’t Just For Felines, Where You Can Dine On Cat-Inspired Cuisine Why October Is The Best Time To See Elk In This StateBorobudur Temple – The World’s Largest Buddhist TempleMantigue Island: Camiguin’s Little Jewel | LakwatseroThe Wave of Utah and Arizona: Where “Amazing” is Understatement | LakwatseroMonad ShoalHow to Get to Luna ApayaoTales From Sadanga: The Trek to Fowa-as Falls | LakwatseroAbout BatadHow to Commute to 21 Kilometers Coffee and Back#13 Himalayan Mountain Range (Nepal)NATAS Travel Fair 2022: Best Travel and Tour Package Deals!Batanes: Sweet Rendezvous With My Playground | LakwatseroNaked IslandThe GreeneryBalabac Sojourn: Immersion in Bugsuk Island | Lakwatsero1. Chocolate HillsHow To Get to BulalacaoSurprises in Naujan | LakwatseroNatnat BeachScuba Diving in Mantigue Island: Revisiting Underwater HomeLubang: En Route to Big Surprises | LakwatseroAbout Cuyo1. Fortune Island (Nasugbu, Batangas)Climbing Mount MitsutogeWaterfalls of Mount Romelo: Buruwisan, Batya-Batya & MoreSurigao: Scuba Diving in Mabua | LakwatseroRooms and RatesBud Bongao: The Revered Mountain of Tawi-Tawi | LakwatseroHow to Get to CoronGoing In and Out of PokharaVisita Iglesia in Manila: Nine Churches to VisitA Day Trip to Seven Falls of Lake Sebu | LakwatseroBataan: Dunsulan Falls, Ambon-Ambon Falls & Limutan FallsHow to Get to MoalboalHow to Get to Kansalakan Enchanted RiverDetour to Mainland Sablayan | LakwatseroWaterfalls in Real, Quezon: Cawayan, Balagba & Noknok FallsRuwanwelisaya StupaSan GabrielColibra Island: Dasol’s Island Hideaway | LakwatseroHow to Get to Malamawi IslandHow to Get to Maosonon IslandBalabac Sojourn: Bugsuk Island Stole My Heart | LakwatseroAttractions in Igorot Stone KingdomNacpan & Calitang: The Twin Beaches of El Nido | LakwatseroCalinawan CaveClimbing Mount Fuji: Frequently Asked Questions1. Tropical Four SeasonsMasasa Beach Travel RequirementsPacsafe Toursafe Wheeled Duffel: The Ultimate Urban Adventure Buddy | LakwatseroHow to Get to Mount KitadakeKiltepan View Deck (Sagada, Mountain Province)A Solo DIY Trek to Kawah Ijen of Indonesia | LakwatseroFirst Time in NAIA Terminal 1: Seriously, It’s Not As Bad As You Think! | LakwatseroHow to Get to Mount Cayabu and MaynobaTagbilat Falls: The Curtain Falls of Zamboanga SibugayHow to get to Quitinday Falls and Underground RiverPaoay Church: UNESCO World Heritage Site in Ilocos NorteThe Island in FocusBicycle Diary: Kaybiang Tunnel Loop | LakwatseroSelf Guided 6D/5N Annapurna Base Camp TrekA Weekend of Ultimate Adventure in Baler | LakwatseroHow to Get to Camotes IslandsHail to Hulugan FallsIloilo: Where to Indulge in the City of LoveIntroducing SibaltanHow to Get to Kabutongan FallsHow to Get to Calinawan CaveAbout CaramoanHow to Get to Cabagnow Cave PoolFive Hours in Jakarta: A Walk in the Old Batavia (And Misadventures in Jakarta) | LakwatseroRacuh a Payaman (Marlboro Hills)Machu Picchu HouseAbout LubangHow to Get to Nagpatong Rock by Public Transport:A Glimpse of Manila Metropolitan Theater | LakwatseroAbout LunaAbout Capul IslandAlalum Falls: Shared Majesty of Sumilao and Impasug-ongSnake IslandZunsibarPico de Loro Frequently Asked Questions (FAQs)Tulay na Bato Falls48 Hours in Brisbane: A Quick Guide & ItineraryAbout BiriTales of a True Wanderer: The Joys and Pains of Solo Travel | LakwatseroWelcome to Surigao del SurMt. Palay-Palay  National ParkAbout PagudpudFive Levels of Aguinid FallsIntroducing San Pascual, MasbateMount Manmanoc ItineraryAdventures in Fortune Island of Nasugbu | LakwatseroNext Level Mobile Photography with Sony Xperia XZ1 | LakwatseroScuba Diving in Siargao: Discovering the Underwater Treasures of Daku Island | LakwatseroAbout Davao CityHow to Get to AndaJanuary: Cebu & IloiloHow to Get to Mines View ParkKamay ni Hesus: Pilgrimage Site in Lucban | LakwatseroPoon Hill: Three Days of Himalayan AdventureCalvary Hill Cemetery of SagadaHow to Get to TambobongMilford SoundTen Things To Do in Sagada: Bucket List for NewbiesDahoyhoy FallsPilot for a Day: The Ultra Light Aircraft Experience | LakwatseroReal Coffee and Tea Cafe of Boracay | LakwatseroGhorepani Poon Hill TrekAbout Maniwaya IslandHow to Get to Binanga FallsPalo Alto Falls of Baras, Rizal | LakwatseroExplore Moscow: Best Things to Do in the City | LakwatseroStairway to HeavenMount Guiting-Guiting Overnight Trek Complete ItineraryCape Melville LighthouseLa Cathedral Café: Restaurant with a View in IntramurosKapurpurawan Rock Formation: White and BeautifulDay Hike ItineraryThe Sandbox at AlvieraHow to go to Mararison IslandA Weekend of Adventures in South Cebu and DumagueteCalayan Island: A Virtual Diary of Our Epic Journey | LakwatseroFaro de Isla Jintotolo (Jintotolo Island Lighthouse)Low’s PeakAbout Taal VolcanoHow to Get to Mag-aso Falls of BoholSamar: Biri Rock Formations Up Close | LakwatseroBonbon BeachIntroducing Jomalig IslandAbout Cotabato CityAbout TabukLeyte Landing Memorial: A Memorial for a Fulfilled Promise | LakwatseroSilyang Bato, Mount MaramiPanimahawa Ridge and Cedar Falls Day Hike ItineraryFun in the World’s Best IslandSample Albay ItinerariesMagpupungko Beach and Tidal Pools6 Tips for Living in the Philippines | LakwatseroDaraga Church: The Nuestra Señora dela Porteria ChurchTulgao Rice TerracesCape Melville Lighthouse (Faro del Cabo Melville)Canyoneering to Kawasan FallsLake FewaLong Weekend: Five-Day Suggested Itineraries in Luzon | LakwatseroAbout CaponesThe Wichcraft Café of Zamboanga City | LakwatseroHow to Get to GuiuanAll-Female FloorHow to Get to Neri’s VilleDiotay’s EateryShort but Sweet Melaka Getaway | LakwatseroHow to Get to Tinuy-An FallsOslob: The Lost Grandeur of Tumalog Falls | LakwatseroIlocos ItineraryDitumabo Falls: The Mother Falls of San Luis, Aurora!Biking in Kalinga: Trek and Bike to TabukParadise Garden: A Haven for Sea TurtlesSiargao: Magpupungko Beach and Tidal Pools | LakwatseroAbout Bucas GrandeCoral GardenSagadaA Walk in Sangay Siapo Island Before it is Gone? | LakwatseroAmbaguio-Akiki ItineraryCorregidor Island Lighthouse (Faro dela Isla de Corregidor)Faro de Punta de Malabrigo (Malabrigo Point Lighthouse)About CulionNaidi Hill LighthouseBoquete IslandHow to Commute to Temple of LeahCatanduanes: The Heritage Church of Bato | Lakwatsero1. White Water Rafting or KayakingMount Fuji Overnight Climb ItinerarySip & Gogh Paint Studio: Unleash Your Inner Van Gogh | LakwatseroBatanes ItineraryHow to Get to Quitinday HillsAbout Callao CaveDiscover LakawonBiking to Taal: A Fun Ride to Batangas’ Heritage TownAntique Blooming: The Rafflesia of San RemigioMalasimbo Lights and Dance FestivalBacolod ItineraryPoon HillAttractions in Mirador Heritage and Eco ParkHulhumale Public BeachRomblon Island: Bonbon Beach, Tiamban Beach & MoreAdventure in Sabah: White Water Rafting in Padas River | LakwatseroHow to Get to Hinakpan Mystical HillsWelcome to Lake SebuAbout CasiguranAbout BuscalanHow to Go to Kalanggaman IslandFaro de Cabo Bojeador (Cape Bojeador Lighthouse)Backpacking Maldives: Budget Itinerary, Expenses & TipsHow to Get ThereOffbeat Bohol Itinerary: 3D/2N of AdventuresHow to Get to Tawi-TawiAlona BeachPangilatan Falls: The Forgotten Gem of Tapaz, CapizWorld War I: SMS Cormoran II3D/2N Taiwan Itinerary: Taipei – Yehliu – ShiffenLaos for Backpackers: Getting There on a BudgetBasic RequirementsHow to Get to Antong FallsCathedral CaveHow to Go to Gubat, SorsogonAbout SadangaHow to Get to Bugui Point LighthouseHow to Get to Cabra Island LighthouseCebu Itinerary: Three-Day Adventures in the SouthAbout AndaLuna: A Day in the Show Window of Apayao | LakwatseroMargues Blue LagoonFinding Palaui’s Cape Engaño Lighthouse | LakwatseroHow to Get to Mantayupan Falls of Barili, CebuHow to Get to MaligcongLinapacan Islands: Between Paradise | LakwatseroKLIA to KLCCHow to Get to JomaligBanaug ShoalEspadang Bato – Payaran Falls Day Hike Itinerary10 Remarkable Philippine Destinations for Solo TravelMiagao Church: A UNESCO World Heritage Site in IloiloAbout Carbin ReefAbout Parola IslandCabra WreckageCobra Falls: Ozamiz City’s Best Kept SecretBasco: The Chapel on the Hill of Tukon | LakwatseroBack in Kathmandu’s Lovely Mess | LakwatseroHimalayan Adventure: Kathmandu to Pokhara Overland | LakwatseroItineraryChinatown Vancouver (Stop #23)Situbo Falls: Tampilisan's Awesome SurpriseHow to Get to Inambakan FallsTuasan Falls: Another Camiguin’s Charmer | LakwatseroHow to Get to Lake SebuMarinduque Loop: Biking in the Heart of the Philippines1. Batanes: A Piece of HeavenMe Gusta Sunzibar Tacloban! | LakwatseroHitachi Seaside Park: Quick Guide from Tokyo and NaritaBeautiful Islands and BeachesSunzibarTrekking NotesSnapshot: In Love with Batulao | LakwatseroPalaui IslandHow to Get to Mount PinatuboBicycle Diary: The Ride to Infanta | LakwatseroSwimHow to Get to Osmeña PeakDaranak Falls of Tanay Rizal | LakwatseroHow to Get to Stobosa Hillside Homes ArtworkSurf or Learn to SurfDIY Solo and Self-Guided Trek to Annapurna Base CampBatanes by Bike: North Batan Tour | LakwatseroThe BeachSta. Cruz Grande IslandBasilica de San Martin de ToursBaguio Budget Stay: Upstairs Bed & Bath | LakwatseroBiking in Batanes: Batan Island Loop | LakwatseroCandaba Bird SanctuaryCape EngañoAbout HungduanIligan Tourism Triangle: Mimbalut, Tinago & Maria CristinaAbout Jose PanganibanCadapdapan Rice TerracesHow to Get to Casaroro FallsKiltepan: Sagada’s Best Sunrise | LakwatseroBeguet: Colorado Falls of Tuba | LakwatseroFollow the Call of the Great Outdoors: Go Out & Get More | LakwatseroSanga-Sanga ReefMasbate City: Where to Eat in the City | LakwatseroAbout Carabao IslandRain Vortex at the Jewel of ChangiPacsafe Venturesafe 65L GII Travel PackIrakoWhere to Stay in CarmenHow to Get to Tangadan FallsHow to Get to Samal IslandEverest Base Camp Trek: Into the Dream ZoneTop Things To Do in Gangwon-do: Korea’s Adventure ProvinceJomalig: The Golden Sand of Salibungot Beach | Lakwatsero1. Tubbataha Reefs (Cagayancillo, Palawan)IitineraryAbout Anini-yNacpan BeachAbout Legazpi CityHow to Get to Shifen FallsScuba Diving in Pearl Island of Guiuan, Eastern SamarHow to Get to Nagtabon BeachSiargao Travel RequirementsHow to Go to TanayHow to Get to Garin FarmDay 1: Paoay and San Nicolas (Ilocos Norte)Nueva Vizcaya Weekend ItineraryHow to Climb Mount HamiguitanHow to Get to Santa Cruz IslandMount TalamitamHow to Get to Sambawan IslandBacuit Grill12 Places to Satisfy Your Affogato Cravings in the MetroLion’s RockVictoria HarbourCoronPicture Perfect: The White Island of Camiguin | LakwatseroPanglao: Alona’s Allure | LakwatseroSecrets of the Lakeside: The Waterfalls of Laurel & TalisayMiyaru FaruMemorial Temple of Lord BaoHotel Siesta ShibuyaHow to Get to Tinago FallsSimunul Island: The Birthplace of Islam in the Philippines | LakwatseroBalabac: Onuk Island, Pink Beach & Melville LighthouseBike Diary: Bike and Trek to Buscalan (Mount Polis – Bontoc – Buscalan) | LakwatseroTagaytay (Cavite)Yearend Adventure with Pacsafe Venturesafe 25L GII | LakwatseroFavorite Beach: Punta Sebaring of Bugsuk Island, BalabacWelcome to Apo Reef & Pandan Island!The Ruins of A FamosaHow to Get to Canyoneering SitePacsafe Ultimatesafe Z28, My Newest Ultimate Travel Buddy | LakwatseroPulangbato Falls: The Red Waterfalls of ValenciaLocationSpider House: Boracay’s Chill Corner | LakwatseroThe 10,000 Roses Café of Cordova, Cebu’s Newest CrazeHow to Get to Asik-Asik FallsHow to Get to Dao FallsWelcome to Concepcion1. First Single-Aisle Aircraft to Fly Non-Stop from the Philippines to AustraliaHow to Get to Casino PeakMaadhoo Finolhu (Picnic Island)Cagbalete Travel RequirementsNacpan and Calitang BeachesThe RockiesBalabacPagbilao: Iringan, Malicboy, Bahay-Pagi & Katapang FallsPetronas Twin TowerSta. Fe, Bantayan IslandEverest Base Camp Trek Primer: Frequently Asked QuestionsTaraw Cliff: See the Best View of El Nido | LakwatseroHow to Get to Elephant MountainAbout MandalaySpelunking Rate in Capisaan CavesScuba Diving in Romblon: Blue Hole and Gorda WallHow to Get to Imugan FallsHow to Get to Awao Falls?About SipalayComiran Island: The Pink Beach of Balabac, Palawan | LakwatseroBagan! Oh Bagan! | LakwatseroBuntot Palos Falls, Laguna’s Hidden Grandeur | LakwatseroSandugan WallMagtutuka RocksKoh Dac MaiPresenting Calayan IslandAbout Dumaguete CityOffbeat Cebu: Ten Amazing Waterfalls of the SouthHow to Get to Merloquet FallsMount Masaraga ItineraryBudget Stay in Boracay: W Hostel Boracay | Lakwatsero