片平なぎさ「第二の坂上家」建設のためショベルカーの資格取得「これならみんなの役に立てるかな」

© フジテレビュー!!

9月17日(金)19時より、フジテレビでは『坂上どうぶつ王国3時間SP』(※一部地域では放送時間・内容が異なる)が放送される。

『坂上どうぶつ王国』の記事はこちら!

今回は、坂上忍の夢であるどうぶつと暮らす家「第二の坂上家」の完成予想図を初公開!さらに、子猫の預かりボランティアに初挑戦した坂上が、ある大きな決断を下す。

「第二の坂上家」の完成予想図を初公開!2000㎡の巨大ドッグランも

坂上の夢である、どうぶつと人間がともに暮らす「第二の坂上家」の建設がいよいよ本格スタート。

© フジテレビュー!! 「第二の坂上家」建設に向けて意気込む王国ファミリーら左から)くっきー!、坂上忍、富澤たけし、髙橋海人、伊達みきお、片平なぎさ、堀田真由、森泉、ユージ

昨年、4500坪の土地を購入した坂上。「途中で投げ出すことはできない。一生の責任」と、覚悟を決めて購入した坂上だが、その広大な土地の3分の2が池。

さらに、この池がヘドロだらけの汚れた池だったことで、池の水を全部抜いて天日干しを敢行した。それから1年――。池を訪れた王国ファミリーが見たものは…。あのヘドロ池が、驚きの変化を遂げていた!

そして、構想3年「第二の坂上家」の完成予想図を初公開。2000㎡の巨大ドッグラン、そして犬と猫にやさしい「第二の坂上家」の全貌がついに明らかに。

坂上も「やっと作り始めることができるので、楽しみだな」と、気合十分。さらに、DIYの達人・森泉と、大工見習いの経験を持つユージが、「第二の坂上家」建設メンバーとして全面協力してくれることに。

片平なぎさが、ショベルカーの運転資格取得しサプライズ登場

「第二の坂上家」建設が本格始動することを受け、王国ファミリーの片平なぎさが、予想外の行動を起こしていた。

片平は、「ショベルカーの運転資格を取りに行きたい」と、番組スタッフに志願。王国ファミリーには内緒で学科講習を受け、さらに「難しい…」と悪戦苦闘しながら実技講習も受け、3トン未満の重機を扱うための資格を取得していたのだ。

© フジテレビュー!! ショベルカーを運転する片平なぎさ

「お待たせ~」と、ショベルカーを自ら運転して王国ファミリーの前にサプライズ登場した片平に、坂上も「えーー!」と驚きの声を上げる。

「私は力もないし、体力もないから、これならみんなの役に立てるかなと思って」と、「第二の坂上家」建設のために自ら汗をかいた芸歴46年の大女優・片平は笑顔を見せる。

© フジテレビュー!!

“坂上おじさん”が子猫預かりボランティアに初挑戦!そして大きな決断

坂上が子猫の預かりボランティア「預かりさん」に初挑戦、その奮闘の記録がついに完結する。

シェルターなどの施設に保護された猫を一時的に自宅で預かるボランティア「預かりさん」。一番手のかかる離乳前の子猫を預かることが多く、子猫が成長すれば保護施設に戻って新しい飼い主へ譲渡されるという。

この「預かりさん」の数が足りないという現状を知り、ボランティアを買って出た坂上。 今回は一時的に預かるということで、“坂上パパ”ではなく、“坂上おじさん”として、生後9日の4兄弟を預かり、子猫たちを譲渡できるまでに育て上げるため奮闘する。

4~5時間おきのミルクやりなど悪戦苦闘しながらも、根気よくお世話を続け、子猫たちもすくすく成長。乳歯が生え始めたところで、離乳食に挑戦することに。

そして、4匹の子猫たちの成長とともに、ついに子猫たちが施設へ戻るお別れの時が迫り…。そこで坂上が下した決断に、スタジオも驚がく!大きな決断をした坂上の思い、その覚悟とは――。

ほかにも、徳島県の“どうぶつ大家族”に密着。5人の子どもたちと両親、そして犬や猫、ヤギ、ニワトリなど22匹のどうぶつたちと自給自足の生活をしている“どうぶつ大家族”廣川家の夏の自給自足グルメとは…。

Internet Explorer Channel Network
News Related
  • 志村けんの半生描くドラマが12月放送、志村役は山田裕貴「皆さんを笑顔に」

    © お笑いナタリー 提供 ドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」で志村けん役を演じる山田裕貴。(c)フジテレビ 志村けんの半生を描くドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」(フジテレビ系)が12月に放送される。 【この記事の画像(全3件)をもっと見る】 志村役を山田裕貴が演じ、脚本・演出を福田雄一が務めるこのドラマ。コメディアンになることを決意した志村が1968年、高校卒業間際にバンドのボーヤ(付き人)としてザ・ドリフターズに携わるところから物語は始まる。そこに描かれるのは、見習い時代の修業の日々、1974年にメンバーの一員となってから1990年代までの過酷なスケジュール、人気の裏に隠された挫折と苦悩、葛藤など。毎週行われていたコントのネタ会議の様子や、徐々に築かれていくメンバーとの友情も明かされる。 さらにドラマには「8時だョ!全員集合」(TBS系)や「ドリフ大爆笑」(フジテレビ系)の懐かしい一場面も登場。山田らメンバー全員による「ドリフ大爆笑のテーマ」「ドリフのズンドコ節」、コントシーンなども注目を集めそうだ。山田は志村役を演じるにあたってコントシーンを映像で何度も繰り返し観て研究し、撮影の合間もスタッフを相手にしてコントの練習に励んでいたという。 山田裕貴 コメント © お笑いナタリー 提供 コメディアンになることを決意した志村けん(山田裕貴)が、いかりや長介の元を訪ねるワンシーン。(c)フジテレビ お話をいただいたときは、「本当に僕ですか? 僕で大丈夫ですか?」と、信じられませんでした。楽しみよりもプレッシャーのほうが大きかったです。実はコントシーンの撮影日が、31歳の誕生日でした。すごくうれしくて、もしかしたらそれは志村けんさんからのプレゼントだったのかなと思います。ドラマの中のセリフで「笑いたがっている人、笑わせましょうよ」とありますが、そういうドラマになればいいなと思っていますし、その日1日は、志村けんさんに代わって皆さんを笑顔にできるとうれしいです。 脚本・演出 福田雄一 コメント © お笑いナタリー 提供 脚本・演出の福田雄一。(c)フジテレビ この企画のお話をいただいたときはとてもうれしかったです。ただ、次の瞬間、とてつもないプレッシャーにさいなまれました。ドリフの歴史の一端を担うことができるだろうかという不安と、僕自身、志村けんさんへの思い入れがとてつもなく強かったので。何しろ、志村さんは少年時代からずっとテレビの前で見てきた大スターでしたから。 引き受けさせていただく覚悟をしたのには理由があって、「となりのシムラ」(NHK)でご一緒させていただいたときに、志村さんも会議から参加してくださり、一緒にコント作りをしながら笑いを生み出す志村さんの姿勢や笑いへのこだわりを間近で感じさせていただき、やっぱり大好きで、また一緒に作りたいという思いがあったからです。 本当に大変なプレッシャーの中でしたが、山田裕貴さんはじめ役者の皆さんが本当に頑張ってくれましたし、スタッフも本当に素晴らしかったので、いい作品が撮れていると思います。編集はこれからですので、私がプレッシャーから解放されることはありませんけれど、きっといい作品になると信じて、ぜひ、お楽しみに! 編成・安永英樹 (フジテレビ編成部)コメント 日本を代表する不世出のコメディアンはどのようにして生まれたのか? 若き日の志村けんさんはドリフと出会い、ドリフに入り、壁にぶつかって、学んで、苦労して、どうやって乗り越えてきたのか? 知っているようで知らなかった青き時代の志村けんさんの物語を皆さんに観ていただければと思います。俳優の皆さんが“完全再現”した当時のコントはものすごいエネルギーです。ぜひ体感していただければと思います。 プロデュース・井澤秀治(イザワオフィス)コメント 志村けんさんは、少年時代、普段笑顔を見せない厳格な父親が、テレビを観て、家族で笑いあった経験をきっかけにコメディアンを志しました。そして、ドリフターズの一員として、日本で一番長く、多くの人々を笑わせ、昨年亡くなった今もなお、世代を超えて家族を笑顔にし続けています。誰よりも家族を愛し、誰よりもテレビの前の家族を笑わせることに情熱をささげてきた志村けんと、師であり戦友であるドリフターズの物語を、ぜひ家族そろって笑顔でご覧ください。 志村けんとドリフの大爆笑物語 フジテレビ系 2021年12月放送予定 <出演者> 山田裕貴 ほか
    See Details: 志村けんの半生描くドラマが12月放送、志村役は山田裕貴「皆さんを笑顔に」
  • 中途半端な排気量だけどイケてる名車ぞろい! 1.3リッターエンジンのホットな車3選

    1.3リッターエンジンを搭載したホットハッチを振り返る  現在、国内で販売されているコンパクトカーは、登録車のなかでも高い人気を誇っています。軽自動車よりもパワフルで室内も広く、それでいて高い経済性が大いに魅力的な存在です。 © くるまのニュース 提供 今では貴重な1.3リッターエンジンを搭載したホットハッチたち 今では貴重な1.3リッターエンジンを搭載したホットハッチたち  このコンパクトカーで主流となっているのが、日本の自動車税の関係から1.5リッターエンジンと1リッターエンジンです。 【画像】小粒なボディはデザインも走りもグッド! 往年の「テンサン」高性能車を見る(18枚)  現行モデルのトヨタ「ヤリス」を例に挙げると、ハイブリッド車が1.5リッター、ガソリン車が1.5リッターと1リッターを設定し、まさにコンパクトカーの王道というべきラインナップとなっています。  一方で、かつては中途半端と思える1.3リッターのモデルも散見され、軽量な車体とパワーのバランスが良好なことから、ホットなモデルもありました。  そこで、1.3リッターエンジンを搭載した国内外のホットハッチを、3車種ピックアップして紹介します。 ●トヨタ「ヴィッツ RS」 © くるまのニュース 提供 シャシ性能が高いボディにローパワーなエンジンの組み合わせが秀逸な「ヴィッツ RS」(画像は欧州仕様車) シャシ性能が高いボディにローパワーなエンジンの組み合わせが秀逸な「ヴィッツ RS」(画像は欧州仕様車)  トヨタは1999年に、シャシからエンジンまですべて新開発された次世代のコンパクトカーとして、初代「ヴィッツ」を発売しました。  ボディサイズは全長3610mm×全幅1660mm×全高1500mmと、非常にコンパクトながら優れたパッケージングにより広い室内空間を実現し、優れた走行性能と経済性からコンパクトカーのベンチマークとなりました。  デビュー当初は最高出力70馬力の1リッター直列4気筒エンジン車のみで、発売から数か月後には88馬力の1.3リッターエンジン搭載車が加わり、さらに2000年にはスポーティグレードの「ヴィッツRS」が登場。1.3リッター車と最高出力110馬力の1.5リッター車が設定されました。  1.3リッターのRSは3ドアと5ドアハッチバックのボディで、エンジンこそ88馬力とスタンダードモデルと変わりありませんでしたが、足まわりには専用のショックアブソーバーと強化されたスプリング、前後スタビライザーが追加され、4輪ディスクブレーキが奢られています。  車重は920kg(3ドアMT車)と軽量で、175/65R14のタイヤとのマッチングも良好なことから、高いコーナーリングスピードを発揮しました。  その後、2005年に2代目ヴィッツが登場すると、RSは1.5リッターエンジンのみとなり、1.3リッターのRSは初代だけと希少なモデルとなりました。 ●プジョー「106 ラリー」 © くるまのニュース 提供 日本でも高い人気を誇ったフレンチホットハッチの代表作「106 ラリー」 日本でも高い人気を誇ったフレンチホットハッチの代表作「106 ラリー」  現在、日本におけるプジョーのラインナップは「208」がエントリーモデルですが、欧州ではさらにコンパクトなモデルとして「108」が存在し、トヨタ「アイゴ」、シトロエン「C1」と兄弟車となっています。  この108の前身のモデルが「106」で、1991年に発売されました。3ドアと5ドアのボディバリエーションがあり、エンジンについても豊富なラインアップを持った人気モデルで、日本でも1995年から2003年まで販売されました。  ボディサイズは初期のモデルで全長3564mm×全幅1590mm×全高1369mmと、前出の初代ヴィッツよりもさらにコンパクトです。  この106のなかでもホットなモデルとしてラインナップされていたのが「106ラリー」で、その名のとおり、ラリー参戦を前提としたモータースポーツベース車となっており、エンジンは初期が1.3リッターで後に1.6リッターへ拡大されました。  106ラリーは日本に正規輸入されませんでしたが、パワーステアリングやエアコンを装備しないといった潔さから、一部のファンから熱狂的な支持を得て、比較的安価なことから数多くの並行輸入車が上陸しています。  とくに初期にしかラインナップされなかった1.3リッターモデルは、最高出力98馬力を発揮する専用のエンジンで、車重はわずか810kgと軽量です。足まわりは専用のチューニングとされ、ホワイトに塗装されたスチール製ホイールがむしろスポーティな印象を高めていました。  106ラリーの1.3リッターモデルは「テンサンラリー」の愛称(1.6リッターは「テンロクラリー」)で親しまれ、今では貴重な存在です。 ●ホンダ「シティ」 © くるまのニュース 提供 初代からコンセプトを一新しつつ高いコーナリング性能を誇った2代目「シティ」 初代からコンセプトを一新しつつ高いコーナリング性能を誇った2代目「シティ」 ...
    See Details: 中途半端な排気量だけどイケてる名車ぞろい! 1.3リッターエンジンのホットな車3選
  • V6ラストツアー、メンバーが決めたコロナ対策に“花道を邪魔しない”とファンが結束

    © 週刊女性PRIME V6 © 週刊女性PRIME V6 「俺たち来週から音楽番組たくさん出るから、録画の容量空けておきなさいよ!」  10月10日、北海道で開催されたV6のツアー『LIVE TOUR V6 groove』で、三宅健がうれしい“予告”をし、ファンの期待が最高潮だ! 全員が“WA”になったコンサート  V6は、11月1日で解散。6人は“最後の日”に向けて、走り続けている。 「9月4日の福岡公演を皮切りに、11月1日まで全国9か所で開催。10月15日にはテレビ朝日系の『ミュージックステーション4時間スペシャル』に出演し、26日は彼らの“出世作”といえるTBS系の『学校へ行こう! 2021』の放送が控えています」(スポーツ紙記者)  今回がラストツアーとなるが、メンバーはファンを“うじゃけた顔”にはさせない。 「森田剛クンは子どもがいる席には必ず手を振って、坂本昌行クンも、ひとりひとりの顔を見て歌っていました。三宅クンは“26年間、僕たちについてきてくれてありがとう”と言ってくれましたね」(V6ファンの女性)  全員が“WAになった”コンサートだが、新型コロナウイルスの感染防止の“ルール”があって─。 「会場ではコンサートスタッフが用意した顔全体を覆うフェイスシールド『スマイルアップシールド』をつけることが義務づけられています。来場者は不織布マスクの上からシールドをつけなければなりません」(芸能プロ関係者) “有観客でもファンが安心してライブを見られるように”という配慮なのだろう。 “ファンサ”が少なくなる噂 「そのほかにも“自宅から会場までつけてきたマスクは会場で取り替える”“ライブ中は歓声や声援を発しない”など、細かくルールが設けられています。これらは、三宅さんが中心になって決めたんですよ」(同・芸能プロ関係者)  ただ、“マスクとフェイスシールドを両方つける”というルールは、守らない人も……。 「ほとんどの人は守っていますが、一部スマイルアップシールドをつけない人がいたんです。暑かったり、呼吸が苦しかったりと、なにかしら理由があるのかもしれませんが……」(レコード会社関係者)  しかし、ファンが起こした“奇跡”によって、状況が一変する。 「ネット上で、“きちんとマスクとシールドをつけるように”とファン同士が呼びかけ合ったんです。その効果はテキメンで、9月初めはライブ会場でシールドをつけない人が10人以上いましたが、最近はほぼ全員つけています。V6のファンはマナーがいいことで有名ですが、こんなふうに自発的に行動することに驚きましたよ」(同・レコード会社関係者)  劇的に改善されたのは、“6人の花道を邪魔しないように”という思いに加えて、こんな理由も。 「会場に行ったファンの間で、シールドをつけていない人がいるブロックには、6人が手を振ったり、目線を向けるといった“ファンサ”が少なくなるという噂が流れたんです。みんなが気持ちよくライブに臨みたいので、気をつけるようになったんですよ」(前出・V6ファンの女性)  26年間一緒に歩んできたからこそ、お互いを思った行動ができる─。それがV6とファンの“愛”なんだ!
    See Details: V6ラストツアー、メンバーが決めたコロナ対策に“花道を邪魔しない”とファンが結束
  • <ドクターx>米倉涼子“未知子”の壮絶な過去が明らかに!西田敏行“蛭間”と野村萬斎“蜂須賀”の対立が激化

    © テレビ朝日 未知子(米倉涼子)の過去が明らかになる 米倉涼子主演「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※第2話は夜9:00-10:04)の第2話が10月21日(木)に放送される。その放送に先駆け、予告動画と先行カットが公開された。 同ドラマは、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む大門未知子(米倉)の姿を描いたシリーズ。2年ぶりの新作となる第7弾では、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、未知子が新たな戦いへと身を投じる。 前シリーズから出演する内田有紀、遠藤憲一、勝村政信、岸部一徳、西田敏行、今田美桜らに加え、今シリーズでは未知子と対立する新キャラクターとして、野村萬斎、小籔千豊、杉田かおる、要潤、永野宗典らが出演する。 さらに、研修医役に宮本茉由、一ノ瀬颯、上川周作、そして西田が演じる蛭間の秘書役に結城モエら若手俳優たちも集結し、盛り上げる。 第2話のゲストには夏川結衣が登場。夏川は未知子にとって今シリーズ最強の敵である内科部長・蜂須賀(野村)や彼を敵視する外科分院長・蛭間(西田)の過去を知るクラブのママ・二木麻也子を演じる。 © テレビ朝日 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第2話より スーパー脳外科医が登場!…第2話のあらすじ 院長代理として内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)の独断で、「東帝大学病院」に雇われることになったフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、ワクチンも特効薬もない感染症にかかった患者を命懸けで救った末、自らも感染。 © テレビ朝日 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第2話より なんとか一命を取り留め、一刻も早く外科医として完全復帰すべく、ハードなリハビリで自分を追い込んでいた未知子だったが、努力もむなしく、一向に手術を担当させてもらなかった。そんな中、蜂須賀が怪しい動きを見せる。何を思ったか、アメリカ仕込みのスーパー脳外科医・興梠広(要潤)を「東帝大学病院」に招く。 © テレビ朝日 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第2話より 一方、今や分院に追いやられ肩身の狭い思いをしている外科分院長・蛭間重勝(西田敏行)は、気晴らしのために、外科医・加地秀樹(勝村政信)と海老名敬(遠藤憲一)を連れて銀座のクラブへ向かう。ところが楽しい時間もつかの間、蛭間は昔なじみのママ・二木麻也子(夏川結衣)が不意によろけるのを目撃。長年懇意にしてきた彼女のため、すぐさま「東帝大学病院」の特別室を空けさせ、検査入院の手配を整える。 © テレビ朝日 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第2話より まもなく入院した麻也子の元へ、蜂須賀がやって来る。蜂須賀は外科にいた15年前からの顔見知りである麻也子のため、腕の立つ興梠を担当医に任命。興梠の検査結果分析を聞いた未知子は、もっと詳しく検査すべきと主張するが、蜂須賀は耳を貸そうともしない。 © テレビ朝日 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第2話より 興梠が未知子に感じた「運命」 10月14日に放送された第1話が2021年の全民放連続ドラマの初回視聴率で第1位を獲得(2021年10月19日時点)、さらにはツイッターで「#ドクターX」がトレンド入りするなど、その人気の高さを見せつけた。 公式ホームページで見ることができる予告動画では、蜂須賀(野村萬斎)と新たな刺客として現れた“ホワイトジャック”の異名を持つ興梠(要潤)が肘タッチする姿や因縁を持つ蜂須賀と蛭間の対立が激化しているシーンなどが公開された。 また、「未知子の壮絶な過去が明かされる」という文字や興梠が未知子に「こんな所でまた会えるなんて運命を感じるな~」と告げるシーンでは、視聴者から「どんな過去があったの?」「未知子の過去はかなり壮絶そう…!」「未知子と興梠の関係って何!?」という声が上がった。 © テレビ朝日 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第2話より © テレビ朝日 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第2話より さらに、冷静に「オペ中にナンパ」とあきれたようにツッコミを入れる博美(内田有紀)の姿や華麗に新しい“御意ポーズ”を決める未知子の姿、そして晶(岸部一徳)と蛭間(西田敏行)が「パパイヤ~」「なめとんのか」という掛け合いをするシーンも公開。思わず笑ってしまうちゃめっ気のあるシーンに「面白すぎるでしょ?(笑)」「吹き出したわ」「笑いのツボをくすぐられた」と絶賛する視聴者が続出した。 © テレビ朝日 【写真を見る】自分を落ち着かせるようなしぐさをする未知子(米倉涼子) © テレビ朝日 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第2話より © テレビ朝日 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第2話より © テレビ朝日 ...
    See Details: <ドクターx>米倉涼子“未知子”の壮絶な過去が明らかに!西田敏行“蛭間”と野村萬斎“蜂須賀”の対立が激化
  • 田中みな実 主演映画試写会で肩出しドレス姿 魅了して独身卒業するつもり?

    © デイリースポーツ 髪をかき上げる田中みな実=東京・ニッショーホール(撮影・棚橋慶太)  女優の田中みな実(34)が19日、都内で行われた主演映画「ずっと独身でいるつもり?」(11月19日公開)の完成披露試写会に元乃木坂46の松村沙友理(29)らと登場した。  36歳独身の人気作家を中心に都会で生きる女性たちの孤独や闘いを描いた作品。映画初主演の田中は、肩出しのドレス姿で魅了し「映画の現場って監督に灰皿投げられたりするのかなと思ったんですけど、ほっこりする現場でした」と笑顔で振り返った。  やりがいのある仕事に恵まれながらも周囲の雑音に苦しむ役どころ。結婚観について「20代半ばには結婚を考えたこともあるんですけど、今は自分のペースでしたい人がいればすればいいと考えています」と明かした。
    See Details: 田中みな実 主演映画試写会で肩出しドレス姿 魅了して独身卒業するつもり?
  • 中国で噴出している軍事力増強の歪み、訓練事故が相次ぐ

     中台の緊張がかつてなく高まっていると報じられている。  また米中の鍔迫り合いも厳しさを加えている。その背景にはどのような情勢変化や意図があり、今後どのように進展するのであろうか?  ■ 高まる中国と米台の緊張  海上自衛隊は10月4日、10月2日と3日に日本、米国、英国、オランダ、カナダ、ニュージーランドの6か国の海軍が、「自由で開かれたインド太平洋地域」の実現に向けて、互いの作戦能力や海上での協力関係を強化するため、沖縄南西海域で合同軍事演習を行うと発表した。  さらに英国防省は5日、英海軍の空母「クイーン・エリザベス」が南シナ海において、友好国である米日豪加、ニュージーランド計5カ国の艦艇および航空機と共同で訓練を行うと発表した。  これに対し中国国慶節連休の10月1~4日、中国機の台湾ADIZ(防空識別圏)進入は計149回となった。  台湾空軍は中国機が進入すれば戦闘機を対応出撃させて警告放送をする一方、対空ミサイル防衛システムで監視に入ったと発表した。  中国は今年に入って200日間、台湾ADIZに進入している(https://gunosy.com/articles/eZxxi, accessed October 19, 2021)。  特に、米英の空母打撃群が、台湾の南方沖を経由して南シナ海を航行した10月4日はそのピークに達した。  同日、台湾国防部(国防省)は、中国の戦闘機36機、核爆弾を搭載可能なH6型爆撃機12機、その他4機が台湾南西部の防空識別圏に進入したことを受け、台湾軍機を緊急発進させて警告したと説明。  夜間にはさらに戦闘機4機が防空識別圏に入り、進入機の数は計56機になったと発表している(『AFPBB News』2021年10月5日)。 ■ 米原潜「コネティカット」の衝突事案 米中の不透明な動向  そのような緊張状態の最中、米海軍は10月7日に、10月2日午後、シーウルフ級攻撃型原潜の「コネティカット」が、「インド太平洋域の公海上」を潜水した状態において航行中、何らかの物体と衝突したと発表した。  米国メディアなどは、米政府関係者の発言を引用して、衝突した場所が南シナ海の国際海域だったとしている。  米海軍協会(USNI)のニュースサイトによれば、コネティカットの乗組員11人が負傷した。  コネティカットの原子炉などは正常に稼働しており、10月8日にグアムの米海軍基地に戻ったと報じられている(https://forbesjapan.com/articles/detail/43832, accessed October 19, 2021)。  今回のコネティカットの衝突事案は、海山か海底油田などの水中構築物に接触したのかもしれないが細部は不明である。  2021年2月に四国沖で発生した「そうりゅう」潜水艦の衝突事案と類似している点があるのかもしれない。  例えば、ソナーの死角となる潜水艦の背後から大型貨物船の曳航物などが接近し、浅海を航行中の潜水艦と接触した可能性も考えられる。
    See Details: 中国で噴出している軍事力増強の歪み、訓練事故が相次ぐ
  • 「僕が戦犯でした」「だったら首振ってくれよ、と」横浜高時代の正キャッチャーが松坂大輔に《19年間聞けずにいた》こととは

    2021年10月19日、「平成の怪物」松坂大輔が現役最後のマウンドに上がりました。数々の栄光のスタート地点となった1998年、甲子園での春夏連覇を成し遂げた横浜高校時代の盟友で正捕手、小山良男が当時を振り返った記事を再公開します(初公開:2017年5月9日、肩書などすべて当時) 【お宝写真】ニキビ顔の高校生な松坂18歳がカワイイ。Number表紙を飾った超カッコイイ写真、vsイチロー&清原のヒリヒリする対決、WBC連覇などを全部見る  なぜ「松坂」という固有名詞には「世代」という単語が続くことになったのか。今回、特集の取材に出る前にふと疑問に思った。  王貞治、江川卓、清原和博、松井秀喜……。松坂大輔より前にも甲子園に怪物はいた。だが、それはあくまで個人を指すものであり、周囲からあまりにも突出し、それだけで認知される固有名詞が独り歩きする様が怪物性をより浮き彫りにしていた。  だって、みんなと肩を組んで歩く怪物なんて、それっぽくないではないか。にも関わらず、妙にしっくりと響く「松坂世代」という言葉の正体は何なのか。それが知りたかった。  世代の中でおそらく投手としての松坂と、最も“対話”を重ねた選手は小山良男ではないだろうか。横浜高校の主将であり、正捕手だった彼は春夏連覇のフィナーレまで、言葉だけではなく白球も介して、その心情を受け止めてきた。そんな小山が19年経った今も松坂に聞きたくて、聞けないことがあるという。 松坂は、小山のリードに1回も首を振らなかった  今年4月、桜が散り始めた頃、コーチとしてノックバットを握るナゴヤ球場に彼を訪ねると、はにかみながらこう語った。 「(サインに)1回も首を振られた記憶がないんですよね……」  今なお鮮明なのは1998年夏の甲子園、死闘として語り継がれるPL学園との準々決勝だ。この試合が延長17回にも及んだ大きなポイントの1つに、横浜が1点リードで迎えた延長11回、2死二塁の場面がある。  PLの4番古畑和彦を抑えた横浜バッテリーは次打者・大西宏明の初球にカーブを選んだ。小山のサインに松坂がうなずいたわけである。だが、これをレフト前に運ばれて同点。死闘の幕を開けてしまったのだ。この時、一呼吸置こうとマウンドに足を運んだ小山は、そこで松坂にこう言われたという。 「大西にカーブはダメだって!」
    See Details: 「僕が戦犯でした」「だったら首振ってくれよ、と」横浜高時代の正キャッチャーが松坂大輔に《19年間聞けずにいた》こととは
  • 産業革命が起こす「ゼロ・インパクト」

     ここからは、テクノロジーの進化によって、過去、どのように産業が変遷してきたのか、いかにコストゼロ社会の到来が夢物語ではなく現実味を帯びたものであるか、コストゼロ社会に近づく過程で業界にどのような影響を及ぼす可能性があるかについて見ていきます。 ●エンタメ産業に押し寄せた無料化の波  インターネットの歴史は、仲介する存在を消してきた歴史です。そしてその都度、コストを下げていきました。分かりやすく、かつ、最たる影響を受けたのはエンターテインメントの四大産業といわれる音楽、映像、ゲーム、書籍の領域でしょう。  音楽の領域では、アップルが音楽プレーヤー「iPod」やメディアプレーヤー「iTunes」を世に出したことで、それまでレコード、CD、MDへと変化してきた物理的なメディアから一転して、音楽データをダウンロードして聴く習慣が広がりました。  さらに、音楽ストリーミングサービスを手がけるスウェーデンのスポティファイ・テクノロジーが、一部の機能制限や広告配信を条件に無料で音楽を聴けるプランを提供しているほか、グーグルが提供する動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」でも広告表示を条件に無料で音楽を聴けます。  では、映像の領域はどうでしょう。かつてはビデオレンタル店に足しげく通っては一作品ごとに料金を支払っていたものですが、現在では手軽にテレビやスマートフォン、タブレットなどの機器で動画を楽しめるようになりました。  加えて、音楽と同様、米ネットフリックスの「Netflix(ネットフリックス)」、アマゾン・ドット・コムの「Prime Video(プライムビデオ)」、HJホールディングスの「Hulu(フールー)」などで映像見放題のサービスが提供されています。  さらに、ヤフーグループのGYAOが提供する映像配信サービス「GYAO!」では無料で映画やアニメが楽しめるほか、サイバーエージェント、テレビ朝日の合弁企業として立ち上がったAbemaTVは、テレビ番組に加えて様々な独自動画コンテンツを無料で楽しめる「ABEMA」を提供しています。  ゲームの領域も同様です。任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントなどが提供する専用ゲーム機市場は今もなお健在ですが、スマートフォンでプレイする人口が増え、無料で楽しめるコンテンツが大幅に増えました。  書籍の領域は比較的、無料化の波が本格的に訪れていない領域のようにも見えますが、実際には大きな変化が何度も起きています。音楽や映像の世界と同様、単品で購入していた時代から月額制を取り入れるサブスクリプションの波が広がっています。  例えば、200万冊以上が読み放題になるアマゾンの定額制サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」や、楽天が提供する700誌以上の雑誌が読み放題になる「楽天マガジン」はその代表例でしょう。  そもそも、視点を変えれば情報そのものが無料でウェブページを検索して閲覧できるため、書籍市場を侵食しているともいえます。領域を限っていえば、高価な百科事典市場はグーグルの検索サービスや米ウィキメディア財団の「Wikipedia」に取って代わられました。 ●産業史で起きた3つの革命  しかし、インターネットだけがコストゼロを推し進めたわけではありません。いつの時代も、テクノロジーの進化はコストを下げ、業界地図を塗り替えてきました。少し過去にさかのぼってみましょう。  18世紀半ばから21世紀初頭にかけて起きた第1次産業革命から第3次産業革命まで、全ての産業革命に共通しているのは、必ず3つの領域で変革が起きていることです。その分野とは、モビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3つのインフラです。  まず第1次産業革命は、18世紀半ばから19世紀前半にかけて英国で起こりました。人手による作業を、石炭による蒸気機関を動力として機械化し、作業効率を大幅に上昇させることに成功します。モビリティー分野では鉄道が生まれ、輸送効率が格段に向上。通信コミュニケーション分野では印刷技術の普及によって情報の拡散が進みました。  次に第2次産業革命。エネルギー分野では石油が動力源のメインになり、ガソリンによる自動車や飛行機が輸送手段として社会に大きなインパクトを与えます。さらには通信技術の進歩により電話が発明されます。  第3次産業革命においては、注目のエネルギーとして原子力が存在感を増します。通信コミュニケーション分野ではインターネットが発明され、社会を大きく変えていきます。通信機器も携帯電話、そしてスマートフォンへと変遷し、人々の手元でインターネットを通じて様々なサービスを享受できる世界が到来しました。モビリティーに関しては、過渡期としてガソリンと電気を動力源とするハイブリッドカーが広く普及し、完全な電気自動車(EV)も徐々に広がりを見せています。  このように歴史をひもとくと、社会や産業を根幹から揺るがす産業革命においては、毎回3分野で大きな変革が起き、けん引していきます。従って、これから本格期を迎える第4次産業革命においてもこれらの領域では大きな変革が起きると予想されます。  具体的には、エネルギーは化石燃料から再生可能な自然エネルギーに取って代わられていくでしょう。通信コミュニケーション分野も、インターネットへのアクセスがパソコンやスマートフォンなど一部の機器から解放され、あらゆるハードウエアから接続可能になり、同時に多種多様なデータを取得できるようになります。  そしてモビリティー分野ではクルマがネットにつながる(Connected)、自動運転技術搭載(Autonomous)、ライドシェアやカーシェアといったシェアサービス(Shared)、電動化(Electric)、いわゆる「CASE」へと大きく変貌します。 ●限界費用ゼロ社会の到来  世界的な文明評論家のジェレミー・リフキン氏による著書『限界費用ゼロ社会』(ジェレミー・リフキン著、NHK出版)が2015年、日本で発行されました。これからの未来を考える上で、非常に示唆に富む書籍です。限界費用とは、経済学上の専門用語です。  グロービス経営大学院教授の嶋田毅氏は、「限界費用ゼロとは、どんどん上昇する追加的費用の傾きがゼロに近づくことを意味します。なぜそのようなことが起きるかというと、一番の理由はデジタル社会が進展するからです。例えば、デジタル商材は複製や保管、転送コストが、実体のある『モノ』とは全然異なります。一度作ってしまえば、それを1単位追加的に提供するコストはほぼゼロに近いというのがその意味合いです」と解説しています。  この追加コストがゼロに近いとは、収益構造上、非常に大きな影響をもたらします。追加コストが事業拡大に比例して拡大するのか、ほとんど増えないかによって、収益率は大きく変わってくるからです。  限界費用ゼロとは要するに、この追加コストの傾きが低くなり、収益性が格段に上がる社会の実現を期待させるものです。特にモビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3分野を中心に追加コストが限りなくゼロに近づく社会が到来すれば、社会や産業界に大きなインパクトを与えます。  もう少し掘り下げて説明してみましょう。  筆者はこの追加コストの傾きの違いを、2つのビジネスモデルの対比でよく説明します。その2つとは、労働集約型ビジネスモデルと収益逓増型ビジネスモデルです。  労働集約型のビジネスモデルは売り上げが増加すると、労働力を追加で投入する必要があり、追加コストもまた比例して伸びてしまいます。従って、売り上げがどんなに大きくなっても、基本的には利益率は一定です。このモデルでは売り上げをとにかく大きくし、総額としての利益額を大きくする必要があるため、売り上げのシェアが重要な指標となります。いわゆる広告代理業、旅行会社、商社、卸売業、自動車のディーラーなどの中間業者の大半はこのモデルです。  一方、収益逓増型のビジネスモデルは売り上げの伸びに対し、追加コストが比例して増加しません。例えば、ゲームやメディアなどがこの型に該当します。ゲームやメディアを立ち上げる際のコストやユーザーを獲得するコストなど、初期の投資は必要になりますが、ユーザー数が1万人でも1000万人でも、比例してかさむ追加コストはほとんどありません。損益分岐点を超えると、その後は大半が収益となります。そのため、収益率が非常に高いという特性があります。  通信キャリアやSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるクラウドサービス、コピー機や自動販売機などの設置型ビジネスは、この収益逓増型ビジネスに該当します。売り上げの増加と追加コストが比例しないということは、それだけ企業にとって収益性を格段に上げることが可能となり、利益をR&D(研究・開発)に回したり、ユーザーへ還元できたりするのです。  インフラ分野で追加コストがかからない社会になることで、様々な業種業態が大きなメリットを享受します。例えば、クラウドサービスを提供する企業の最大コストはサーバー運営にかかる電気代ですが、仮に再生エネルギーだけで賄えるようになり、この電気代がゼロに近づけば収益性は高まります。  また、数多くのEC(電子商取引)事業者にとってもその影響は計り知れないものです。送料にかかるコストは収益に直結しますが、数年前、日本では大手宅配便会社が相次いで値上げを実施しました。EC事業者の規模が大きければ大きいほどその打撃も大きいものとなりました。この宅配が将来、ドローン配送や自動運転車による配送に切り替われば、配送に関連する人件費は一気にゼロに近づきます。EC市場全体へ相当なインパクトをもたらすことは想像に難くないでしょう。  さらに通信コミュニケーション分野でもブロックチェーン技術を駆使して、資金移動コストが無料化に向かえば銀行の店舗網や人件費などのコストが大幅に削減でき、銀行の収益は大きく改善します。このようにほんの少し想像するだけでも、当該3分野のコストがゼロに近づくことは、企業や社会にとっては大きな影響があるわけです。 (この記事は、書籍『ZERO IMPACT ~あなたのビジネスが消える~』の一部を再構成したものです) 鉢嶺 登
    See Details: 産業革命が起こす「ゼロ・インパクト」
  • iPhone SEが「一括10円」で販売 上限2万円を超える値引きのカラクリとは?

     ここからは、テクノロジーの進化によって、過去、どのように産業が変遷してきたのか、いかにコストゼロ社会の到来が夢物語ではなく現実味を帯びたものであるか、コストゼロ社会に近づく過程で業界にどのような影響を及ぼす可能性があるかについて見ていきます。 ●エンタメ産業に押し寄せた無料化の波  インターネットの歴史は、仲介する存在を消してきた歴史です。そしてその都度、コストを下げていきました。分かりやすく、かつ、最たる影響を受けたのはエンターテインメントの四大産業といわれる音楽、映像、ゲーム、書籍の領域でしょう。  音楽の領域では、アップルが音楽プレーヤー「iPod」やメディアプレーヤー「iTunes」を世に出したことで、それまでレコード、CD、MDへと変化してきた物理的なメディアから一転して、音楽データをダウンロードして聴く習慣が広がりました。  さらに、音楽ストリーミングサービスを手がけるスウェーデンのスポティファイ・テクノロジーが、一部の機能制限や広告配信を条件に無料で音楽を聴けるプランを提供しているほか、グーグルが提供する動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」でも広告表示を条件に無料で音楽を聴けます。  では、映像の領域はどうでしょう。かつてはビデオレンタル店に足しげく通っては一作品ごとに料金を支払っていたものですが、現在では手軽にテレビやスマートフォン、タブレットなどの機器で動画を楽しめるようになりました。  加えて、音楽と同様、米ネットフリックスの「Netflix(ネットフリックス)」、アマゾン・ドット・コムの「Prime Video(プライムビデオ)」、HJホールディングスの「Hulu(フールー)」などで映像見放題のサービスが提供されています。  さらに、ヤフーグループのGYAOが提供する映像配信サービス「GYAO!」では無料で映画やアニメが楽しめるほか、サイバーエージェント、テレビ朝日の合弁企業として立ち上がったAbemaTVは、テレビ番組に加えて様々な独自動画コンテンツを無料で楽しめる「ABEMA」を提供しています。  ゲームの領域も同様です。任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントなどが提供する専用ゲーム機市場は今もなお健在ですが、スマートフォンでプレイする人口が増え、無料で楽しめるコンテンツが大幅に増えました。  書籍の領域は比較的、無料化の波が本格的に訪れていない領域のようにも見えますが、実際には大きな変化が何度も起きています。音楽や映像の世界と同様、単品で購入していた時代から月額制を取り入れるサブスクリプションの波が広がっています。  例えば、200万冊以上が読み放題になるアマゾンの定額制サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」や、楽天が提供する700誌以上の雑誌が読み放題になる「楽天マガジン」はその代表例でしょう。  そもそも、視点を変えれば情報そのものが無料でウェブページを検索して閲覧できるため、書籍市場を侵食しているともいえます。領域を限っていえば、高価な百科事典市場はグーグルの検索サービスや米ウィキメディア財団の「Wikipedia」に取って代わられました。 ●産業史で起きた3つの革命  しかし、インターネットだけがコストゼロを推し進めたわけではありません。いつの時代も、テクノロジーの進化はコストを下げ、業界地図を塗り替えてきました。少し過去にさかのぼってみましょう。  18世紀半ばから21世紀初頭にかけて起きた第1次産業革命から第3次産業革命まで、全ての産業革命に共通しているのは、必ず3つの領域で変革が起きていることです。その分野とは、モビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3つのインフラです。  まず第1次産業革命は、18世紀半ばから19世紀前半にかけて英国で起こりました。人手による作業を、石炭による蒸気機関を動力として機械化し、作業効率を大幅に上昇させることに成功します。モビリティー分野では鉄道が生まれ、輸送効率が格段に向上。通信コミュニケーション分野では印刷技術の普及によって情報の拡散が進みました。  次に第2次産業革命。エネルギー分野では石油が動力源のメインになり、ガソリンによる自動車や飛行機が輸送手段として社会に大きなインパクトを与えます。さらには通信技術の進歩により電話が発明されます。  第3次産業革命においては、注目のエネルギーとして原子力が存在感を増します。通信コミュニケーション分野ではインターネットが発明され、社会を大きく変えていきます。通信機器も携帯電話、そしてスマートフォンへと変遷し、人々の手元でインターネットを通じて様々なサービスを享受できる世界が到来しました。モビリティーに関しては、過渡期としてガソリンと電気を動力源とするハイブリッドカーが広く普及し、完全な電気自動車(EV)も徐々に広がりを見せています。  このように歴史をひもとくと、社会や産業を根幹から揺るがす産業革命においては、毎回3分野で大きな変革が起き、けん引していきます。従って、これから本格期を迎える第4次産業革命においてもこれらの領域では大きな変革が起きると予想されます。  具体的には、エネルギーは化石燃料から再生可能な自然エネルギーに取って代わられていくでしょう。通信コミュニケーション分野も、インターネットへのアクセスがパソコンやスマートフォンなど一部の機器から解放され、あらゆるハードウエアから接続可能になり、同時に多種多様なデータを取得できるようになります。  そしてモビリティー分野ではクルマがネットにつながる(Connected)、自動運転技術搭載(Autonomous)、ライドシェアやカーシェアといったシェアサービス(Shared)、電動化(Electric)、いわゆる「CASE」へと大きく変貌します。 ●限界費用ゼロ社会の到来  世界的な文明評論家のジェレミー・リフキン氏による著書『限界費用ゼロ社会』(ジェレミー・リフキン著、NHK出版)が2015年、日本で発行されました。これからの未来を考える上で、非常に示唆に富む書籍です。限界費用とは、経済学上の専門用語です。  グロービス経営大学院教授の嶋田毅氏は、「限界費用ゼロとは、どんどん上昇する追加的費用の傾きがゼロに近づくことを意味します。なぜそのようなことが起きるかというと、一番の理由はデジタル社会が進展するからです。例えば、デジタル商材は複製や保管、転送コストが、実体のある『モノ』とは全然異なります。一度作ってしまえば、それを1単位追加的に提供するコストはほぼゼロに近いというのがその意味合いです」と解説しています。  この追加コストがゼロに近いとは、収益構造上、非常に大きな影響をもたらします。追加コストが事業拡大に比例して拡大するのか、ほとんど増えないかによって、収益率は大きく変わってくるからです。  限界費用ゼロとは要するに、この追加コストの傾きが低くなり、収益性が格段に上がる社会の実現を期待させるものです。特にモビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3分野を中心に追加コストが限りなくゼロに近づく社会が到来すれば、社会や産業界に大きなインパクトを与えます。  もう少し掘り下げて説明してみましょう。  筆者はこの追加コストの傾きの違いを、2つのビジネスモデルの対比でよく説明します。その2つとは、労働集約型ビジネスモデルと収益逓増型ビジネスモデルです。  労働集約型のビジネスモデルは売り上げが増加すると、労働力を追加で投入する必要があり、追加コストもまた比例して伸びてしまいます。従って、売り上げがどんなに大きくなっても、基本的には利益率は一定です。このモデルでは売り上げをとにかく大きくし、総額としての利益額を大きくする必要があるため、売り上げのシェアが重要な指標となります。いわゆる広告代理業、旅行会社、商社、卸売業、自動車のディーラーなどの中間業者の大半はこのモデルです。  一方、収益逓増型のビジネスモデルは売り上げの伸びに対し、追加コストが比例して増加しません。例えば、ゲームやメディアなどがこの型に該当します。ゲームやメディアを立ち上げる際のコストやユーザーを獲得するコストなど、初期の投資は必要になりますが、ユーザー数が1万人でも1000万人でも、比例してかさむ追加コストはほとんどありません。損益分岐点を超えると、その後は大半が収益となります。そのため、収益率が非常に高いという特性があります。  通信キャリアやSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるクラウドサービス、コピー機や自動販売機などの設置型ビジネスは、この収益逓増型ビジネスに該当します。売り上げの増加と追加コストが比例しないということは、それだけ企業にとって収益性を格段に上げることが可能となり、利益をR&D(研究・開発)に回したり、ユーザーへ還元できたりするのです。  インフラ分野で追加コストがかからない社会になることで、様々な業種業態が大きなメリットを享受します。例えば、クラウドサービスを提供する企業の最大コストはサーバー運営にかかる電気代ですが、仮に再生エネルギーだけで賄えるようになり、この電気代がゼロに近づけば収益性は高まります。  また、数多くのEC(電子商取引)事業者にとってもその影響は計り知れないものです。送料にかかるコストは収益に直結しますが、数年前、日本では大手宅配便会社が相次いで値上げを実施しました。EC事業者の規模が大きければ大きいほどその打撃も大きいものとなりました。この宅配が将来、ドローン配送や自動運転車による配送に切り替われば、配送に関連する人件費は一気にゼロに近づきます。EC市場全体へ相当なインパクトをもたらすことは想像に難くないでしょう。  さらに通信コミュニケーション分野でもブロックチェーン技術を駆使して、資金移動コストが無料化に向かえば銀行の店舗網や人件費などのコストが大幅に削減でき、銀行の収益は大きく改善します。このようにほんの少し想像するだけでも、当該3分野のコストがゼロに近づくことは、企業や社会にとっては大きな影響があるわけです。 (この記事は、書籍『ZERO IMPACT ~あなたのビジネスが消える~』の一部を再構成したものです) 鉢嶺 登
    See Details: iPhone SEが「一括10円」で販売 上限2万円を超える値引きのカラクリとは?
  • 【なぜ?】マツダ新suv戦略 直列6気筒+後輪駆動で「マツダらしさ」増すワケ

     ここからは、テクノロジーの進化によって、過去、どのように産業が変遷してきたのか、いかにコストゼロ社会の到来が夢物語ではなく現実味を帯びたものであるか、コストゼロ社会に近づく過程で業界にどのような影響を及ぼす可能性があるかについて見ていきます。 ●エンタメ産業に押し寄せた無料化の波  インターネットの歴史は、仲介する存在を消してきた歴史です。そしてその都度、コストを下げていきました。分かりやすく、かつ、最たる影響を受けたのはエンターテインメントの四大産業といわれる音楽、映像、ゲーム、書籍の領域でしょう。  音楽の領域では、アップルが音楽プレーヤー「iPod」やメディアプレーヤー「iTunes」を世に出したことで、それまでレコード、CD、MDへと変化してきた物理的なメディアから一転して、音楽データをダウンロードして聴く習慣が広がりました。  さらに、音楽ストリーミングサービスを手がけるスウェーデンのスポティファイ・テクノロジーが、一部の機能制限や広告配信を条件に無料で音楽を聴けるプランを提供しているほか、グーグルが提供する動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」でも広告表示を条件に無料で音楽を聴けます。  では、映像の領域はどうでしょう。かつてはビデオレンタル店に足しげく通っては一作品ごとに料金を支払っていたものですが、現在では手軽にテレビやスマートフォン、タブレットなどの機器で動画を楽しめるようになりました。  加えて、音楽と同様、米ネットフリックスの「Netflix(ネットフリックス)」、アマゾン・ドット・コムの「Prime Video(プライムビデオ)」、HJホールディングスの「Hulu(フールー)」などで映像見放題のサービスが提供されています。  さらに、ヤフーグループのGYAOが提供する映像配信サービス「GYAO!」では無料で映画やアニメが楽しめるほか、サイバーエージェント、テレビ朝日の合弁企業として立ち上がったAbemaTVは、テレビ番組に加えて様々な独自動画コンテンツを無料で楽しめる「ABEMA」を提供しています。  ゲームの領域も同様です。任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントなどが提供する専用ゲーム機市場は今もなお健在ですが、スマートフォンでプレイする人口が増え、無料で楽しめるコンテンツが大幅に増えました。  書籍の領域は比較的、無料化の波が本格的に訪れていない領域のようにも見えますが、実際には大きな変化が何度も起きています。音楽や映像の世界と同様、単品で購入していた時代から月額制を取り入れるサブスクリプションの波が広がっています。  例えば、200万冊以上が読み放題になるアマゾンの定額制サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」や、楽天が提供する700誌以上の雑誌が読み放題になる「楽天マガジン」はその代表例でしょう。  そもそも、視点を変えれば情報そのものが無料でウェブページを検索して閲覧できるため、書籍市場を侵食しているともいえます。領域を限っていえば、高価な百科事典市場はグーグルの検索サービスや米ウィキメディア財団の「Wikipedia」に取って代わられました。 ●産業史で起きた3つの革命  しかし、インターネットだけがコストゼロを推し進めたわけではありません。いつの時代も、テクノロジーの進化はコストを下げ、業界地図を塗り替えてきました。少し過去にさかのぼってみましょう。  18世紀半ばから21世紀初頭にかけて起きた第1次産業革命から第3次産業革命まで、全ての産業革命に共通しているのは、必ず3つの領域で変革が起きていることです。その分野とは、モビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3つのインフラです。  まず第1次産業革命は、18世紀半ばから19世紀前半にかけて英国で起こりました。人手による作業を、石炭による蒸気機関を動力として機械化し、作業効率を大幅に上昇させることに成功します。モビリティー分野では鉄道が生まれ、輸送効率が格段に向上。通信コミュニケーション分野では印刷技術の普及によって情報の拡散が進みました。  次に第2次産業革命。エネルギー分野では石油が動力源のメインになり、ガソリンによる自動車や飛行機が輸送手段として社会に大きなインパクトを与えます。さらには通信技術の進歩により電話が発明されます。  第3次産業革命においては、注目のエネルギーとして原子力が存在感を増します。通信コミュニケーション分野ではインターネットが発明され、社会を大きく変えていきます。通信機器も携帯電話、そしてスマートフォンへと変遷し、人々の手元でインターネットを通じて様々なサービスを享受できる世界が到来しました。モビリティーに関しては、過渡期としてガソリンと電気を動力源とするハイブリッドカーが広く普及し、完全な電気自動車(EV)も徐々に広がりを見せています。  このように歴史をひもとくと、社会や産業を根幹から揺るがす産業革命においては、毎回3分野で大きな変革が起き、けん引していきます。従って、これから本格期を迎える第4次産業革命においてもこれらの領域では大きな変革が起きると予想されます。  具体的には、エネルギーは化石燃料から再生可能な自然エネルギーに取って代わられていくでしょう。通信コミュニケーション分野も、インターネットへのアクセスがパソコンやスマートフォンなど一部の機器から解放され、あらゆるハードウエアから接続可能になり、同時に多種多様なデータを取得できるようになります。  そしてモビリティー分野ではクルマがネットにつながる(Connected)、自動運転技術搭載(Autonomous)、ライドシェアやカーシェアといったシェアサービス(Shared)、電動化(Electric)、いわゆる「CASE」へと大きく変貌します。 ●限界費用ゼロ社会の到来  世界的な文明評論家のジェレミー・リフキン氏による著書『限界費用ゼロ社会』(ジェレミー・リフキン著、NHK出版)が2015年、日本で発行されました。これからの未来を考える上で、非常に示唆に富む書籍です。限界費用とは、経済学上の専門用語です。  グロービス経営大学院教授の嶋田毅氏は、「限界費用ゼロとは、どんどん上昇する追加的費用の傾きがゼロに近づくことを意味します。なぜそのようなことが起きるかというと、一番の理由はデジタル社会が進展するからです。例えば、デジタル商材は複製や保管、転送コストが、実体のある『モノ』とは全然異なります。一度作ってしまえば、それを1単位追加的に提供するコストはほぼゼロに近いというのがその意味合いです」と解説しています。  この追加コストがゼロに近いとは、収益構造上、非常に大きな影響をもたらします。追加コストが事業拡大に比例して拡大するのか、ほとんど増えないかによって、収益率は大きく変わってくるからです。  限界費用ゼロとは要するに、この追加コストの傾きが低くなり、収益性が格段に上がる社会の実現を期待させるものです。特にモビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3分野を中心に追加コストが限りなくゼロに近づく社会が到来すれば、社会や産業界に大きなインパクトを与えます。  もう少し掘り下げて説明してみましょう。  筆者はこの追加コストの傾きの違いを、2つのビジネスモデルの対比でよく説明します。その2つとは、労働集約型ビジネスモデルと収益逓増型ビジネスモデルです。  労働集約型のビジネスモデルは売り上げが増加すると、労働力を追加で投入する必要があり、追加コストもまた比例して伸びてしまいます。従って、売り上げがどんなに大きくなっても、基本的には利益率は一定です。このモデルでは売り上げをとにかく大きくし、総額としての利益額を大きくする必要があるため、売り上げのシェアが重要な指標となります。いわゆる広告代理業、旅行会社、商社、卸売業、自動車のディーラーなどの中間業者の大半はこのモデルです。  一方、収益逓増型のビジネスモデルは売り上げの伸びに対し、追加コストが比例して増加しません。例えば、ゲームやメディアなどがこの型に該当します。ゲームやメディアを立ち上げる際のコストやユーザーを獲得するコストなど、初期の投資は必要になりますが、ユーザー数が1万人でも1000万人でも、比例してかさむ追加コストはほとんどありません。損益分岐点を超えると、その後は大半が収益となります。そのため、収益率が非常に高いという特性があります。  通信キャリアやSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるクラウドサービス、コピー機や自動販売機などの設置型ビジネスは、この収益逓増型ビジネスに該当します。売り上げの増加と追加コストが比例しないということは、それだけ企業にとって収益性を格段に上げることが可能となり、利益をR&D(研究・開発)に回したり、ユーザーへ還元できたりするのです。  インフラ分野で追加コストがかからない社会になることで、様々な業種業態が大きなメリットを享受します。例えば、クラウドサービスを提供する企業の最大コストはサーバー運営にかかる電気代ですが、仮に再生エネルギーだけで賄えるようになり、この電気代がゼロに近づけば収益性は高まります。  また、数多くのEC(電子商取引)事業者にとってもその影響は計り知れないものです。送料にかかるコストは収益に直結しますが、数年前、日本では大手宅配便会社が相次いで値上げを実施しました。EC事業者の規模が大きければ大きいほどその打撃も大きいものとなりました。この宅配が将来、ドローン配送や自動運転車による配送に切り替われば、配送に関連する人件費は一気にゼロに近づきます。EC市場全体へ相当なインパクトをもたらすことは想像に難くないでしょう。  さらに通信コミュニケーション分野でもブロックチェーン技術を駆使して、資金移動コストが無料化に向かえば銀行の店舗網や人件費などのコストが大幅に削減でき、銀行の収益は大きく改善します。このようにほんの少し想像するだけでも、当該3分野のコストがゼロに近づくことは、企業や社会にとっては大きな影響があるわけです。 (この記事は、書籍『ZERO IMPACT ~あなたのビジネスが消える~』の一部を再構成したものです) 鉢嶺 登
    See Details: 【なぜ?】マツダ新suv戦略 直列6気筒+後輪駆動で「マツダらしさ」増すワケ
  • 【西武】松坂大輔、会見一問一答「最後に18番をつけさせてくれた球団に感謝しています」

     ここからは、テクノロジーの進化によって、過去、どのように産業が変遷してきたのか、いかにコストゼロ社会の到来が夢物語ではなく現実味を帯びたものであるか、コストゼロ社会に近づく過程で業界にどのような影響を及ぼす可能性があるかについて見ていきます。 ●エンタメ産業に押し寄せた無料化の波  インターネットの歴史は、仲介する存在を消してきた歴史です。そしてその都度、コストを下げていきました。分かりやすく、かつ、最たる影響を受けたのはエンターテインメントの四大産業といわれる音楽、映像、ゲーム、書籍の領域でしょう。  音楽の領域では、アップルが音楽プレーヤー「iPod」やメディアプレーヤー「iTunes」を世に出したことで、それまでレコード、CD、MDへと変化してきた物理的なメディアから一転して、音楽データをダウンロードして聴く習慣が広がりました。  さらに、音楽ストリーミングサービスを手がけるスウェーデンのスポティファイ・テクノロジーが、一部の機能制限や広告配信を条件に無料で音楽を聴けるプランを提供しているほか、グーグルが提供する動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」でも広告表示を条件に無料で音楽を聴けます。  では、映像の領域はどうでしょう。かつてはビデオレンタル店に足しげく通っては一作品ごとに料金を支払っていたものですが、現在では手軽にテレビやスマートフォン、タブレットなどの機器で動画を楽しめるようになりました。  加えて、音楽と同様、米ネットフリックスの「Netflix(ネットフリックス)」、アマゾン・ドット・コムの「Prime Video(プライムビデオ)」、HJホールディングスの「Hulu(フールー)」などで映像見放題のサービスが提供されています。  さらに、ヤフーグループのGYAOが提供する映像配信サービス「GYAO!」では無料で映画やアニメが楽しめるほか、サイバーエージェント、テレビ朝日の合弁企業として立ち上がったAbemaTVは、テレビ番組に加えて様々な独自動画コンテンツを無料で楽しめる「ABEMA」を提供しています。  ゲームの領域も同様です。任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントなどが提供する専用ゲーム機市場は今もなお健在ですが、スマートフォンでプレイする人口が増え、無料で楽しめるコンテンツが大幅に増えました。  書籍の領域は比較的、無料化の波が本格的に訪れていない領域のようにも見えますが、実際には大きな変化が何度も起きています。音楽や映像の世界と同様、単品で購入していた時代から月額制を取り入れるサブスクリプションの波が広がっています。  例えば、200万冊以上が読み放題になるアマゾンの定額制サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」や、楽天が提供する700誌以上の雑誌が読み放題になる「楽天マガジン」はその代表例でしょう。  そもそも、視点を変えれば情報そのものが無料でウェブページを検索して閲覧できるため、書籍市場を侵食しているともいえます。領域を限っていえば、高価な百科事典市場はグーグルの検索サービスや米ウィキメディア財団の「Wikipedia」に取って代わられました。 ●産業史で起きた3つの革命  しかし、インターネットだけがコストゼロを推し進めたわけではありません。いつの時代も、テクノロジーの進化はコストを下げ、業界地図を塗り替えてきました。少し過去にさかのぼってみましょう。  18世紀半ばから21世紀初頭にかけて起きた第1次産業革命から第3次産業革命まで、全ての産業革命に共通しているのは、必ず3つの領域で変革が起きていることです。その分野とは、モビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3つのインフラです。  まず第1次産業革命は、18世紀半ばから19世紀前半にかけて英国で起こりました。人手による作業を、石炭による蒸気機関を動力として機械化し、作業効率を大幅に上昇させることに成功します。モビリティー分野では鉄道が生まれ、輸送効率が格段に向上。通信コミュニケーション分野では印刷技術の普及によって情報の拡散が進みました。  次に第2次産業革命。エネルギー分野では石油が動力源のメインになり、ガソリンによる自動車や飛行機が輸送手段として社会に大きなインパクトを与えます。さらには通信技術の進歩により電話が発明されます。  第3次産業革命においては、注目のエネルギーとして原子力が存在感を増します。通信コミュニケーション分野ではインターネットが発明され、社会を大きく変えていきます。通信機器も携帯電話、そしてスマートフォンへと変遷し、人々の手元でインターネットを通じて様々なサービスを享受できる世界が到来しました。モビリティーに関しては、過渡期としてガソリンと電気を動力源とするハイブリッドカーが広く普及し、完全な電気自動車(EV)も徐々に広がりを見せています。  このように歴史をひもとくと、社会や産業を根幹から揺るがす産業革命においては、毎回3分野で大きな変革が起き、けん引していきます。従って、これから本格期を迎える第4次産業革命においてもこれらの領域では大きな変革が起きると予想されます。  具体的には、エネルギーは化石燃料から再生可能な自然エネルギーに取って代わられていくでしょう。通信コミュニケーション分野も、インターネットへのアクセスがパソコンやスマートフォンなど一部の機器から解放され、あらゆるハードウエアから接続可能になり、同時に多種多様なデータを取得できるようになります。  そしてモビリティー分野ではクルマがネットにつながる(Connected)、自動運転技術搭載(Autonomous)、ライドシェアやカーシェアといったシェアサービス(Shared)、電動化(Electric)、いわゆる「CASE」へと大きく変貌します。 ●限界費用ゼロ社会の到来  世界的な文明評論家のジェレミー・リフキン氏による著書『限界費用ゼロ社会』(ジェレミー・リフキン著、NHK出版)が2015年、日本で発行されました。これからの未来を考える上で、非常に示唆に富む書籍です。限界費用とは、経済学上の専門用語です。  グロービス経営大学院教授の嶋田毅氏は、「限界費用ゼロとは、どんどん上昇する追加的費用の傾きがゼロに近づくことを意味します。なぜそのようなことが起きるかというと、一番の理由はデジタル社会が進展するからです。例えば、デジタル商材は複製や保管、転送コストが、実体のある『モノ』とは全然異なります。一度作ってしまえば、それを1単位追加的に提供するコストはほぼゼロに近いというのがその意味合いです」と解説しています。  この追加コストがゼロに近いとは、収益構造上、非常に大きな影響をもたらします。追加コストが事業拡大に比例して拡大するのか、ほとんど増えないかによって、収益率は大きく変わってくるからです。  限界費用ゼロとは要するに、この追加コストの傾きが低くなり、収益性が格段に上がる社会の実現を期待させるものです。特にモビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3分野を中心に追加コストが限りなくゼロに近づく社会が到来すれば、社会や産業界に大きなインパクトを与えます。  もう少し掘り下げて説明してみましょう。  筆者はこの追加コストの傾きの違いを、2つのビジネスモデルの対比でよく説明します。その2つとは、労働集約型ビジネスモデルと収益逓増型ビジネスモデルです。  労働集約型のビジネスモデルは売り上げが増加すると、労働力を追加で投入する必要があり、追加コストもまた比例して伸びてしまいます。従って、売り上げがどんなに大きくなっても、基本的には利益率は一定です。このモデルでは売り上げをとにかく大きくし、総額としての利益額を大きくする必要があるため、売り上げのシェアが重要な指標となります。いわゆる広告代理業、旅行会社、商社、卸売業、自動車のディーラーなどの中間業者の大半はこのモデルです。  一方、収益逓増型のビジネスモデルは売り上げの伸びに対し、追加コストが比例して増加しません。例えば、ゲームやメディアなどがこの型に該当します。ゲームやメディアを立ち上げる際のコストやユーザーを獲得するコストなど、初期の投資は必要になりますが、ユーザー数が1万人でも1000万人でも、比例してかさむ追加コストはほとんどありません。損益分岐点を超えると、その後は大半が収益となります。そのため、収益率が非常に高いという特性があります。  通信キャリアやSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるクラウドサービス、コピー機や自動販売機などの設置型ビジネスは、この収益逓増型ビジネスに該当します。売り上げの増加と追加コストが比例しないということは、それだけ企業にとって収益性を格段に上げることが可能となり、利益をR&D(研究・開発)に回したり、ユーザーへ還元できたりするのです。  インフラ分野で追加コストがかからない社会になることで、様々な業種業態が大きなメリットを享受します。例えば、クラウドサービスを提供する企業の最大コストはサーバー運営にかかる電気代ですが、仮に再生エネルギーだけで賄えるようになり、この電気代がゼロに近づけば収益性は高まります。  また、数多くのEC(電子商取引)事業者にとってもその影響は計り知れないものです。送料にかかるコストは収益に直結しますが、数年前、日本では大手宅配便会社が相次いで値上げを実施しました。EC事業者の規模が大きければ大きいほどその打撃も大きいものとなりました。この宅配が将来、ドローン配送や自動運転車による配送に切り替われば、配送に関連する人件費は一気にゼロに近づきます。EC市場全体へ相当なインパクトをもたらすことは想像に難くないでしょう。  さらに通信コミュニケーション分野でもブロックチェーン技術を駆使して、資金移動コストが無料化に向かえば銀行の店舗網や人件費などのコストが大幅に削減でき、銀行の収益は大きく改善します。このようにほんの少し想像するだけでも、当該3分野のコストがゼロに近づくことは、企業や社会にとっては大きな影響があるわけです。 (この記事は、書籍『ZERO IMPACT ~あなたのビジネスが消える~』の一部を再構成したものです) 鉢嶺 登
    See Details: 【西武】松坂大輔、会見一問一答「最後に18番をつけさせてくれた球団に感謝しています」
  • 松坂「投げることが怖くなった」1球 4月末「なんの前触れもなく右打者の頭の方にボールが抜けた」

     ここからは、テクノロジーの進化によって、過去、どのように産業が変遷してきたのか、いかにコストゼロ社会の到来が夢物語ではなく現実味を帯びたものであるか、コストゼロ社会に近づく過程で業界にどのような影響を及ぼす可能性があるかについて見ていきます。 ●エンタメ産業に押し寄せた無料化の波  インターネットの歴史は、仲介する存在を消してきた歴史です。そしてその都度、コストを下げていきました。分かりやすく、かつ、最たる影響を受けたのはエンターテインメントの四大産業といわれる音楽、映像、ゲーム、書籍の領域でしょう。  音楽の領域では、アップルが音楽プレーヤー「iPod」やメディアプレーヤー「iTunes」を世に出したことで、それまでレコード、CD、MDへと変化してきた物理的なメディアから一転して、音楽データをダウンロードして聴く習慣が広がりました。  さらに、音楽ストリーミングサービスを手がけるスウェーデンのスポティファイ・テクノロジーが、一部の機能制限や広告配信を条件に無料で音楽を聴けるプランを提供しているほか、グーグルが提供する動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」でも広告表示を条件に無料で音楽を聴けます。  では、映像の領域はどうでしょう。かつてはビデオレンタル店に足しげく通っては一作品ごとに料金を支払っていたものですが、現在では手軽にテレビやスマートフォン、タブレットなどの機器で動画を楽しめるようになりました。  加えて、音楽と同様、米ネットフリックスの「Netflix(ネットフリックス)」、アマゾン・ドット・コムの「Prime Video(プライムビデオ)」、HJホールディングスの「Hulu(フールー)」などで映像見放題のサービスが提供されています。  さらに、ヤフーグループのGYAOが提供する映像配信サービス「GYAO!」では無料で映画やアニメが楽しめるほか、サイバーエージェント、テレビ朝日の合弁企業として立ち上がったAbemaTVは、テレビ番組に加えて様々な独自動画コンテンツを無料で楽しめる「ABEMA」を提供しています。  ゲームの領域も同様です。任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントなどが提供する専用ゲーム機市場は今もなお健在ですが、スマートフォンでプレイする人口が増え、無料で楽しめるコンテンツが大幅に増えました。  書籍の領域は比較的、無料化の波が本格的に訪れていない領域のようにも見えますが、実際には大きな変化が何度も起きています。音楽や映像の世界と同様、単品で購入していた時代から月額制を取り入れるサブスクリプションの波が広がっています。  例えば、200万冊以上が読み放題になるアマゾンの定額制サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」や、楽天が提供する700誌以上の雑誌が読み放題になる「楽天マガジン」はその代表例でしょう。  そもそも、視点を変えれば情報そのものが無料でウェブページを検索して閲覧できるため、書籍市場を侵食しているともいえます。領域を限っていえば、高価な百科事典市場はグーグルの検索サービスや米ウィキメディア財団の「Wikipedia」に取って代わられました。 ●産業史で起きた3つの革命  しかし、インターネットだけがコストゼロを推し進めたわけではありません。いつの時代も、テクノロジーの進化はコストを下げ、業界地図を塗り替えてきました。少し過去にさかのぼってみましょう。  18世紀半ばから21世紀初頭にかけて起きた第1次産業革命から第3次産業革命まで、全ての産業革命に共通しているのは、必ず3つの領域で変革が起きていることです。その分野とは、モビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3つのインフラです。  まず第1次産業革命は、18世紀半ばから19世紀前半にかけて英国で起こりました。人手による作業を、石炭による蒸気機関を動力として機械化し、作業効率を大幅に上昇させることに成功します。モビリティー分野では鉄道が生まれ、輸送効率が格段に向上。通信コミュニケーション分野では印刷技術の普及によって情報の拡散が進みました。  次に第2次産業革命。エネルギー分野では石油が動力源のメインになり、ガソリンによる自動車や飛行機が輸送手段として社会に大きなインパクトを与えます。さらには通信技術の進歩により電話が発明されます。  第3次産業革命においては、注目のエネルギーとして原子力が存在感を増します。通信コミュニケーション分野ではインターネットが発明され、社会を大きく変えていきます。通信機器も携帯電話、そしてスマートフォンへと変遷し、人々の手元でインターネットを通じて様々なサービスを享受できる世界が到来しました。モビリティーに関しては、過渡期としてガソリンと電気を動力源とするハイブリッドカーが広く普及し、完全な電気自動車(EV)も徐々に広がりを見せています。  このように歴史をひもとくと、社会や産業を根幹から揺るがす産業革命においては、毎回3分野で大きな変革が起き、けん引していきます。従って、これから本格期を迎える第4次産業革命においてもこれらの領域では大きな変革が起きると予想されます。  具体的には、エネルギーは化石燃料から再生可能な自然エネルギーに取って代わられていくでしょう。通信コミュニケーション分野も、インターネットへのアクセスがパソコンやスマートフォンなど一部の機器から解放され、あらゆるハードウエアから接続可能になり、同時に多種多様なデータを取得できるようになります。  そしてモビリティー分野ではクルマがネットにつながる(Connected)、自動運転技術搭載(Autonomous)、ライドシェアやカーシェアといったシェアサービス(Shared)、電動化(Electric)、いわゆる「CASE」へと大きく変貌します。 ●限界費用ゼロ社会の到来  世界的な文明評論家のジェレミー・リフキン氏による著書『限界費用ゼロ社会』(ジェレミー・リフキン著、NHK出版)が2015年、日本で発行されました。これからの未来を考える上で、非常に示唆に富む書籍です。限界費用とは、経済学上の専門用語です。  グロービス経営大学院教授の嶋田毅氏は、「限界費用ゼロとは、どんどん上昇する追加的費用の傾きがゼロに近づくことを意味します。なぜそのようなことが起きるかというと、一番の理由はデジタル社会が進展するからです。例えば、デジタル商材は複製や保管、転送コストが、実体のある『モノ』とは全然異なります。一度作ってしまえば、それを1単位追加的に提供するコストはほぼゼロに近いというのがその意味合いです」と解説しています。  この追加コストがゼロに近いとは、収益構造上、非常に大きな影響をもたらします。追加コストが事業拡大に比例して拡大するのか、ほとんど増えないかによって、収益率は大きく変わってくるからです。  限界費用ゼロとは要するに、この追加コストの傾きが低くなり、収益性が格段に上がる社会の実現を期待させるものです。特にモビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3分野を中心に追加コストが限りなくゼロに近づく社会が到来すれば、社会や産業界に大きなインパクトを与えます。  もう少し掘り下げて説明してみましょう。  筆者はこの追加コストの傾きの違いを、2つのビジネスモデルの対比でよく説明します。その2つとは、労働集約型ビジネスモデルと収益逓増型ビジネスモデルです。  労働集約型のビジネスモデルは売り上げが増加すると、労働力を追加で投入する必要があり、追加コストもまた比例して伸びてしまいます。従って、売り上げがどんなに大きくなっても、基本的には利益率は一定です。このモデルでは売り上げをとにかく大きくし、総額としての利益額を大きくする必要があるため、売り上げのシェアが重要な指標となります。いわゆる広告代理業、旅行会社、商社、卸売業、自動車のディーラーなどの中間業者の大半はこのモデルです。  一方、収益逓増型のビジネスモデルは売り上げの伸びに対し、追加コストが比例して増加しません。例えば、ゲームやメディアなどがこの型に該当します。ゲームやメディアを立ち上げる際のコストやユーザーを獲得するコストなど、初期の投資は必要になりますが、ユーザー数が1万人でも1000万人でも、比例してかさむ追加コストはほとんどありません。損益分岐点を超えると、その後は大半が収益となります。そのため、収益率が非常に高いという特性があります。  通信キャリアやSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるクラウドサービス、コピー機や自動販売機などの設置型ビジネスは、この収益逓増型ビジネスに該当します。売り上げの増加と追加コストが比例しないということは、それだけ企業にとって収益性を格段に上げることが可能となり、利益をR&D(研究・開発)に回したり、ユーザーへ還元できたりするのです。  インフラ分野で追加コストがかからない社会になることで、様々な業種業態が大きなメリットを享受します。例えば、クラウドサービスを提供する企業の最大コストはサーバー運営にかかる電気代ですが、仮に再生エネルギーだけで賄えるようになり、この電気代がゼロに近づけば収益性は高まります。  また、数多くのEC(電子商取引)事業者にとってもその影響は計り知れないものです。送料にかかるコストは収益に直結しますが、数年前、日本では大手宅配便会社が相次いで値上げを実施しました。EC事業者の規模が大きければ大きいほどその打撃も大きいものとなりました。この宅配が将来、ドローン配送や自動運転車による配送に切り替われば、配送に関連する人件費は一気にゼロに近づきます。EC市場全体へ相当なインパクトをもたらすことは想像に難くないでしょう。  さらに通信コミュニケーション分野でもブロックチェーン技術を駆使して、資金移動コストが無料化に向かえば銀行の店舗網や人件費などのコストが大幅に削減でき、銀行の収益は大きく改善します。このようにほんの少し想像するだけでも、当該3分野のコストがゼロに近づくことは、企業や社会にとっては大きな影響があるわけです。 (この記事は、書籍『ZERO IMPACT ~あなたのビジネスが消える~』の一部を再構成したものです) 鉢嶺 登
    See Details: 松坂「投げることが怖くなった」1球 4月末「なんの前触れもなく右打者の頭の方にボールが抜けた」
  • 北朝鮮が核弾道ミサイルを日本に向ける理由

     ここからは、テクノロジーの進化によって、過去、どのように産業が変遷してきたのか、いかにコストゼロ社会の到来が夢物語ではなく現実味を帯びたものであるか、コストゼロ社会に近づく過程で業界にどのような影響を及ぼす可能性があるかについて見ていきます。 ●エンタメ産業に押し寄せた無料化の波  インターネットの歴史は、仲介する存在を消してきた歴史です。そしてその都度、コストを下げていきました。分かりやすく、かつ、最たる影響を受けたのはエンターテインメントの四大産業といわれる音楽、映像、ゲーム、書籍の領域でしょう。  音楽の領域では、アップルが音楽プレーヤー「iPod」やメディアプレーヤー「iTunes」を世に出したことで、それまでレコード、CD、MDへと変化してきた物理的なメディアから一転して、音楽データをダウンロードして聴く習慣が広がりました。  さらに、音楽ストリーミングサービスを手がけるスウェーデンのスポティファイ・テクノロジーが、一部の機能制限や広告配信を条件に無料で音楽を聴けるプランを提供しているほか、グーグルが提供する動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」でも広告表示を条件に無料で音楽を聴けます。  では、映像の領域はどうでしょう。かつてはビデオレンタル店に足しげく通っては一作品ごとに料金を支払っていたものですが、現在では手軽にテレビやスマートフォン、タブレットなどの機器で動画を楽しめるようになりました。  加えて、音楽と同様、米ネットフリックスの「Netflix(ネットフリックス)」、アマゾン・ドット・コムの「Prime Video(プライムビデオ)」、HJホールディングスの「Hulu(フールー)」などで映像見放題のサービスが提供されています。  さらに、ヤフーグループのGYAOが提供する映像配信サービス「GYAO!」では無料で映画やアニメが楽しめるほか、サイバーエージェント、テレビ朝日の合弁企業として立ち上がったAbemaTVは、テレビ番組に加えて様々な独自動画コンテンツを無料で楽しめる「ABEMA」を提供しています。  ゲームの領域も同様です。任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントなどが提供する専用ゲーム機市場は今もなお健在ですが、スマートフォンでプレイする人口が増え、無料で楽しめるコンテンツが大幅に増えました。  書籍の領域は比較的、無料化の波が本格的に訪れていない領域のようにも見えますが、実際には大きな変化が何度も起きています。音楽や映像の世界と同様、単品で購入していた時代から月額制を取り入れるサブスクリプションの波が広がっています。  例えば、200万冊以上が読み放題になるアマゾンの定額制サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」や、楽天が提供する700誌以上の雑誌が読み放題になる「楽天マガジン」はその代表例でしょう。  そもそも、視点を変えれば情報そのものが無料でウェブページを検索して閲覧できるため、書籍市場を侵食しているともいえます。領域を限っていえば、高価な百科事典市場はグーグルの検索サービスや米ウィキメディア財団の「Wikipedia」に取って代わられました。 ●産業史で起きた3つの革命  しかし、インターネットだけがコストゼロを推し進めたわけではありません。いつの時代も、テクノロジーの進化はコストを下げ、業界地図を塗り替えてきました。少し過去にさかのぼってみましょう。  18世紀半ばから21世紀初頭にかけて起きた第1次産業革命から第3次産業革命まで、全ての産業革命に共通しているのは、必ず3つの領域で変革が起きていることです。その分野とは、モビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3つのインフラです。  まず第1次産業革命は、18世紀半ばから19世紀前半にかけて英国で起こりました。人手による作業を、石炭による蒸気機関を動力として機械化し、作業効率を大幅に上昇させることに成功します。モビリティー分野では鉄道が生まれ、輸送効率が格段に向上。通信コミュニケーション分野では印刷技術の普及によって情報の拡散が進みました。  次に第2次産業革命。エネルギー分野では石油が動力源のメインになり、ガソリンによる自動車や飛行機が輸送手段として社会に大きなインパクトを与えます。さらには通信技術の進歩により電話が発明されます。  第3次産業革命においては、注目のエネルギーとして原子力が存在感を増します。通信コミュニケーション分野ではインターネットが発明され、社会を大きく変えていきます。通信機器も携帯電話、そしてスマートフォンへと変遷し、人々の手元でインターネットを通じて様々なサービスを享受できる世界が到来しました。モビリティーに関しては、過渡期としてガソリンと電気を動力源とするハイブリッドカーが広く普及し、完全な電気自動車(EV)も徐々に広がりを見せています。  このように歴史をひもとくと、社会や産業を根幹から揺るがす産業革命においては、毎回3分野で大きな変革が起き、けん引していきます。従って、これから本格期を迎える第4次産業革命においてもこれらの領域では大きな変革が起きると予想されます。  具体的には、エネルギーは化石燃料から再生可能な自然エネルギーに取って代わられていくでしょう。通信コミュニケーション分野も、インターネットへのアクセスがパソコンやスマートフォンなど一部の機器から解放され、あらゆるハードウエアから接続可能になり、同時に多種多様なデータを取得できるようになります。  そしてモビリティー分野ではクルマがネットにつながる(Connected)、自動運転技術搭載(Autonomous)、ライドシェアやカーシェアといったシェアサービス(Shared)、電動化(Electric)、いわゆる「CASE」へと大きく変貌します。 ●限界費用ゼロ社会の到来  世界的な文明評論家のジェレミー・リフキン氏による著書『限界費用ゼロ社会』(ジェレミー・リフキン著、NHK出版)が2015年、日本で発行されました。これからの未来を考える上で、非常に示唆に富む書籍です。限界費用とは、経済学上の専門用語です。  グロービス経営大学院教授の嶋田毅氏は、「限界費用ゼロとは、どんどん上昇する追加的費用の傾きがゼロに近づくことを意味します。なぜそのようなことが起きるかというと、一番の理由はデジタル社会が進展するからです。例えば、デジタル商材は複製や保管、転送コストが、実体のある『モノ』とは全然異なります。一度作ってしまえば、それを1単位追加的に提供するコストはほぼゼロに近いというのがその意味合いです」と解説しています。  この追加コストがゼロに近いとは、収益構造上、非常に大きな影響をもたらします。追加コストが事業拡大に比例して拡大するのか、ほとんど増えないかによって、収益率は大きく変わってくるからです。  限界費用ゼロとは要するに、この追加コストの傾きが低くなり、収益性が格段に上がる社会の実現を期待させるものです。特にモビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3分野を中心に追加コストが限りなくゼロに近づく社会が到来すれば、社会や産業界に大きなインパクトを与えます。  もう少し掘り下げて説明してみましょう。  筆者はこの追加コストの傾きの違いを、2つのビジネスモデルの対比でよく説明します。その2つとは、労働集約型ビジネスモデルと収益逓増型ビジネスモデルです。  労働集約型のビジネスモデルは売り上げが増加すると、労働力を追加で投入する必要があり、追加コストもまた比例して伸びてしまいます。従って、売り上げがどんなに大きくなっても、基本的には利益率は一定です。このモデルでは売り上げをとにかく大きくし、総額としての利益額を大きくする必要があるため、売り上げのシェアが重要な指標となります。いわゆる広告代理業、旅行会社、商社、卸売業、自動車のディーラーなどの中間業者の大半はこのモデルです。  一方、収益逓増型のビジネスモデルは売り上げの伸びに対し、追加コストが比例して増加しません。例えば、ゲームやメディアなどがこの型に該当します。ゲームやメディアを立ち上げる際のコストやユーザーを獲得するコストなど、初期の投資は必要になりますが、ユーザー数が1万人でも1000万人でも、比例してかさむ追加コストはほとんどありません。損益分岐点を超えると、その後は大半が収益となります。そのため、収益率が非常に高いという特性があります。  通信キャリアやSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるクラウドサービス、コピー機や自動販売機などの設置型ビジネスは、この収益逓増型ビジネスに該当します。売り上げの増加と追加コストが比例しないということは、それだけ企業にとって収益性を格段に上げることが可能となり、利益をR&D(研究・開発)に回したり、ユーザーへ還元できたりするのです。  インフラ分野で追加コストがかからない社会になることで、様々な業種業態が大きなメリットを享受します。例えば、クラウドサービスを提供する企業の最大コストはサーバー運営にかかる電気代ですが、仮に再生エネルギーだけで賄えるようになり、この電気代がゼロに近づけば収益性は高まります。  また、数多くのEC(電子商取引)事業者にとってもその影響は計り知れないものです。送料にかかるコストは収益に直結しますが、数年前、日本では大手宅配便会社が相次いで値上げを実施しました。EC事業者の規模が大きければ大きいほどその打撃も大きいものとなりました。この宅配が将来、ドローン配送や自動運転車による配送に切り替われば、配送に関連する人件費は一気にゼロに近づきます。EC市場全体へ相当なインパクトをもたらすことは想像に難くないでしょう。  さらに通信コミュニケーション分野でもブロックチェーン技術を駆使して、資金移動コストが無料化に向かえば銀行の店舗網や人件費などのコストが大幅に削減でき、銀行の収益は大きく改善します。このようにほんの少し想像するだけでも、当該3分野のコストがゼロに近づくことは、企業や社会にとっては大きな影響があるわけです。 (この記事は、書籍『ZERO IMPACT ~あなたのビジネスが消える~』の一部を再構成したものです) 鉢嶺 登
    See Details: 北朝鮮が核弾道ミサイルを日本に向ける理由
  • 巨人オフの大補強に異変? 球団関係者「faより外国人、トレード中心の方向」

     ここからは、テクノロジーの進化によって、過去、どのように産業が変遷してきたのか、いかにコストゼロ社会の到来が夢物語ではなく現実味を帯びたものであるか、コストゼロ社会に近づく過程で業界にどのような影響を及ぼす可能性があるかについて見ていきます。 ●エンタメ産業に押し寄せた無料化の波  インターネットの歴史は、仲介する存在を消してきた歴史です。そしてその都度、コストを下げていきました。分かりやすく、かつ、最たる影響を受けたのはエンターテインメントの四大産業といわれる音楽、映像、ゲーム、書籍の領域でしょう。  音楽の領域では、アップルが音楽プレーヤー「iPod」やメディアプレーヤー「iTunes」を世に出したことで、それまでレコード、CD、MDへと変化してきた物理的なメディアから一転して、音楽データをダウンロードして聴く習慣が広がりました。  さらに、音楽ストリーミングサービスを手がけるスウェーデンのスポティファイ・テクノロジーが、一部の機能制限や広告配信を条件に無料で音楽を聴けるプランを提供しているほか、グーグルが提供する動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」でも広告表示を条件に無料で音楽を聴けます。  では、映像の領域はどうでしょう。かつてはビデオレンタル店に足しげく通っては一作品ごとに料金を支払っていたものですが、現在では手軽にテレビやスマートフォン、タブレットなどの機器で動画を楽しめるようになりました。  加えて、音楽と同様、米ネットフリックスの「Netflix(ネットフリックス)」、アマゾン・ドット・コムの「Prime Video(プライムビデオ)」、HJホールディングスの「Hulu(フールー)」などで映像見放題のサービスが提供されています。  さらに、ヤフーグループのGYAOが提供する映像配信サービス「GYAO!」では無料で映画やアニメが楽しめるほか、サイバーエージェント、テレビ朝日の合弁企業として立ち上がったAbemaTVは、テレビ番組に加えて様々な独自動画コンテンツを無料で楽しめる「ABEMA」を提供しています。  ゲームの領域も同様です。任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントなどが提供する専用ゲーム機市場は今もなお健在ですが、スマートフォンでプレイする人口が増え、無料で楽しめるコンテンツが大幅に増えました。  書籍の領域は比較的、無料化の波が本格的に訪れていない領域のようにも見えますが、実際には大きな変化が何度も起きています。音楽や映像の世界と同様、単品で購入していた時代から月額制を取り入れるサブスクリプションの波が広がっています。  例えば、200万冊以上が読み放題になるアマゾンの定額制サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」や、楽天が提供する700誌以上の雑誌が読み放題になる「楽天マガジン」はその代表例でしょう。  そもそも、視点を変えれば情報そのものが無料でウェブページを検索して閲覧できるため、書籍市場を侵食しているともいえます。領域を限っていえば、高価な百科事典市場はグーグルの検索サービスや米ウィキメディア財団の「Wikipedia」に取って代わられました。 ●産業史で起きた3つの革命  しかし、インターネットだけがコストゼロを推し進めたわけではありません。いつの時代も、テクノロジーの進化はコストを下げ、業界地図を塗り替えてきました。少し過去にさかのぼってみましょう。  18世紀半ばから21世紀初頭にかけて起きた第1次産業革命から第3次産業革命まで、全ての産業革命に共通しているのは、必ず3つの領域で変革が起きていることです。その分野とは、モビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3つのインフラです。  まず第1次産業革命は、18世紀半ばから19世紀前半にかけて英国で起こりました。人手による作業を、石炭による蒸気機関を動力として機械化し、作業効率を大幅に上昇させることに成功します。モビリティー分野では鉄道が生まれ、輸送効率が格段に向上。通信コミュニケーション分野では印刷技術の普及によって情報の拡散が進みました。  次に第2次産業革命。エネルギー分野では石油が動力源のメインになり、ガソリンによる自動車や飛行機が輸送手段として社会に大きなインパクトを与えます。さらには通信技術の進歩により電話が発明されます。  第3次産業革命においては、注目のエネルギーとして原子力が存在感を増します。通信コミュニケーション分野ではインターネットが発明され、社会を大きく変えていきます。通信機器も携帯電話、そしてスマートフォンへと変遷し、人々の手元でインターネットを通じて様々なサービスを享受できる世界が到来しました。モビリティーに関しては、過渡期としてガソリンと電気を動力源とするハイブリッドカーが広く普及し、完全な電気自動車(EV)も徐々に広がりを見せています。  このように歴史をひもとくと、社会や産業を根幹から揺るがす産業革命においては、毎回3分野で大きな変革が起き、けん引していきます。従って、これから本格期を迎える第4次産業革命においてもこれらの領域では大きな変革が起きると予想されます。  具体的には、エネルギーは化石燃料から再生可能な自然エネルギーに取って代わられていくでしょう。通信コミュニケーション分野も、インターネットへのアクセスがパソコンやスマートフォンなど一部の機器から解放され、あらゆるハードウエアから接続可能になり、同時に多種多様なデータを取得できるようになります。  そしてモビリティー分野ではクルマがネットにつながる(Connected)、自動運転技術搭載(Autonomous)、ライドシェアやカーシェアといったシェアサービス(Shared)、電動化(Electric)、いわゆる「CASE」へと大きく変貌します。 ●限界費用ゼロ社会の到来  世界的な文明評論家のジェレミー・リフキン氏による著書『限界費用ゼロ社会』(ジェレミー・リフキン著、NHK出版)が2015年、日本で発行されました。これからの未来を考える上で、非常に示唆に富む書籍です。限界費用とは、経済学上の専門用語です。  グロービス経営大学院教授の嶋田毅氏は、「限界費用ゼロとは、どんどん上昇する追加的費用の傾きがゼロに近づくことを意味します。なぜそのようなことが起きるかというと、一番の理由はデジタル社会が進展するからです。例えば、デジタル商材は複製や保管、転送コストが、実体のある『モノ』とは全然異なります。一度作ってしまえば、それを1単位追加的に提供するコストはほぼゼロに近いというのがその意味合いです」と解説しています。  この追加コストがゼロに近いとは、収益構造上、非常に大きな影響をもたらします。追加コストが事業拡大に比例して拡大するのか、ほとんど増えないかによって、収益率は大きく変わってくるからです。  限界費用ゼロとは要するに、この追加コストの傾きが低くなり、収益性が格段に上がる社会の実現を期待させるものです。特にモビリティー、通信コミュニケーション、エネルギーの3分野を中心に追加コストが限りなくゼロに近づく社会が到来すれば、社会や産業界に大きなインパクトを与えます。  もう少し掘り下げて説明してみましょう。  筆者はこの追加コストの傾きの違いを、2つのビジネスモデルの対比でよく説明します。その2つとは、労働集約型ビジネスモデルと収益逓増型ビジネスモデルです。  労働集約型のビジネスモデルは売り上げが増加すると、労働力を追加で投入する必要があり、追加コストもまた比例して伸びてしまいます。従って、売り上げがどんなに大きくなっても、基本的には利益率は一定です。このモデルでは売り上げをとにかく大きくし、総額としての利益額を大きくする必要があるため、売り上げのシェアが重要な指標となります。いわゆる広告代理業、旅行会社、商社、卸売業、自動車のディーラーなどの中間業者の大半はこのモデルです。  一方、収益逓増型のビジネスモデルは売り上げの伸びに対し、追加コストが比例して増加しません。例えば、ゲームやメディアなどがこの型に該当します。ゲームやメディアを立ち上げる際のコストやユーザーを獲得するコストなど、初期の投資は必要になりますが、ユーザー数が1万人でも1000万人でも、比例してかさむ追加コストはほとんどありません。損益分岐点を超えると、その後は大半が収益となります。そのため、収益率が非常に高いという特性があります。  通信キャリアやSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるクラウドサービス、コピー機や自動販売機などの設置型ビジネスは、この収益逓増型ビジネスに該当します。売り上げの増加と追加コストが比例しないということは、それだけ企業にとって収益性を格段に上げることが可能となり、利益をR&D(研究・開発)に回したり、ユーザーへ還元できたりするのです。  インフラ分野で追加コストがかからない社会になることで、様々な業種業態が大きなメリットを享受します。例えば、クラウドサービスを提供する企業の最大コストはサーバー運営にかかる電気代ですが、仮に再生エネルギーだけで賄えるようになり、この電気代がゼロに近づけば収益性は高まります。  また、数多くのEC(電子商取引)事業者にとってもその影響は計り知れないものです。送料にかかるコストは収益に直結しますが、数年前、日本では大手宅配便会社が相次いで値上げを実施しました。EC事業者の規模が大きければ大きいほどその打撃も大きいものとなりました。この宅配が将来、ドローン配送や自動運転車による配送に切り替われば、配送に関連する人件費は一気にゼロに近づきます。EC市場全体へ相当なインパクトをもたらすことは想像に難くないでしょう。  さらに通信コミュニケーション分野でもブロックチェーン技術を駆使して、資金移動コストが無料化に向かえば銀行の店舗網や人件費などのコストが大幅に削減でき、銀行の収益は大きく改善します。このようにほんの少し想像するだけでも、当該3分野のコストがゼロに近づくことは、企業や社会にとっては大きな影響があるわけです。 (この記事は、書籍『ZERO IMPACT ~あなたのビジネスが消える~』の一部を再構成したものです) 鉢嶺 登
    See Details: 巨人オフの大補強に異変? 球団関係者「faより外国人、トレード中心の方向」

OTHER NEWS

松坂大輔 涙でマウンドにありがとう「全部さらけ出して見てもらおう」痛みこらえ5球、怪物伝説完結

 ◇【西武・松坂大輔投手引退試合】パ・リーグ 西武2-6日本ハム(2021年10月19日 メットライフD)  西武の松坂大輔投手(41)が19日、引退試合となった日本ハム戦で16から変更した背番号18のユニホームに袖を通して先発。近藤健介外野手(28)に5球を投じて四球を与え、日米通算170勝の現役生活に別れを告げた。登板前の会見では家族への感謝を語る際に涙を流し、試合後もマウンドに別れを告げて涙。最後はナインの手で胴上げもされた。横浜高のエースで出場した甲子園、西武、メジャーでも活躍した「平成の怪物」の伝説が、ここに完結した。  試合後、場内を一周した松坂が誰もいないマウンドに歩を進めた。片膝をつき、右手でプレートに触れる。涙があふれた。両軍ナイン、ファンも静かに「儀式」を見守る。平成の怪物が太くて長い現役生活に別れを告げた。  「これまで投げてきたマウンドに対して“ありがとうございました”という思いを伝えさせてもらいました」  引退試合。大きな拍手に送られ先発マウンドに立った。「格好良いと思って続けてきた」という代名詞のワインドアップから近藤に投じた初球は、この日最速の118キロ直球。高めに浮きボールとなったが2球目は外角低めでストライクを取った。そこから3球連続ボールで四球。22年前、同じ日本ハム相手のプロデビュー戦で155キロを投じた男は「最後に“だからやめるんだよな”とスッキリできた」と晴れやかな表情で語り「1球のストライクは最後の最後で野球の神様が取らせてくれた」と感謝した。  右手中指の感覚がなく「投げるのが怖くなった」と引退を決断。首痛、右手のしびれと闘いながら最後の登板を目指し、前日は右肘に痛み止めの注射も打った。試合前は遠投、ブルペン投球も実施。直前の投球練習では右足で華麗にプレートの土を払った。同世代の選手、全国の野球少年がまねた所作。松坂は最後まで松坂だった。  会見では「本当は投げたくなかった。これ以上ダメな姿を見せたくない」と思い悩んだことを明かした。考えが変わったのは「最後にマウンドに立つ松坂大輔を見たい」という周囲の言葉。「全部さらけ出し見てもらおう」と心境が変化した。痛みをこらえ、ぎごちないフォームから5球を投じ「まだ投げてほしい、と言ってくれる方もいたけど、もうその声には応えられない、というのを報告できたと思う」と語った。  栄光と挫折を味わった23年間のプロ生活。07年にレッドソックスで世界一に輝くなど08年までの10年間で日米通算170勝の大半の141勝を挙げた。暗転は08年のシーズン中。足を滑らせ、とっさにポールをつかんだ際に右肩を負傷した。以降は肩をかばい「自分が追い求めるボールは投げられていなかった」と明かす。現役後半の13年で29勝。支えてくれた家族に話が及ぶと「家族なりに我慢もストレスもあったと思う」と涙を浮かべた。  変わったもの、変わらないもの。2つの生きざまを示した松坂は「野球を好きなまま終われてよかった」と言った。5歳で白球を追う楽しさに魅了された。高校時代は全球児の目標となり、プロで栄光もつかんだ。そんな男が必死にもがき、腕を振って取った最後のストライク。それもまた、伝説の一ページだ。(花里 雄太)  ◇松坂 大輔(まつざか・だいすけ)1980年(昭55)9月13日生まれ、東京都出身の41歳。横浜高では3年時に春夏連続甲子園出場。夏の甲子園決勝では59年ぶり2人目のノーヒットノーランを達成し、史上5校目の春夏連覇を達成。98年ドラフト1位で西武入団。1年目の99年に16勝で新人王を獲得し、01年まで3年連続最多勝。06年オフにポスティングシステムでレッドソックスに移籍し、08年に日本人投手最多の18勝。インディアンス、メッツを経て、15年にソフトバンクで日本球界復帰。18~19年に中日、20年から西武に復帰した。00年シドニー、04年アテネ五輪、06、09年WBC日本代表。1メートル82、92キロ。右投げ右打ち。  《12月4日に引退セレモニー》この日は試合後に引退セレモニーは行われず、松坂は場内を一周してファンに別れを告げた。12月4日のファン感謝イベント「LIONS THANKS FESTA 2021」で引退セレモニーが行われることが発表され「そこで改めてファンの方々には何か伝えられたらいいなと思っています」とコメント。同イベントはコロナ下でもあり、一部オンラインを除き来場人数に上限を設け実施される予定だ。 Read more »

《追悼》風間ルミさんが女子プロレスにもたらした自立心と“新鮮な驚き”「“3禁”ルール撤廃」「女子でも顔面キック」

© Number Web 提供 ’93年11月、伝説の髪切りマッチ。風間の死を受けて、北斗(右)はブログで「あの瞬間の顔を思い出す」と追悼  1980~’90年代、ジャパン女子プロレス、LLPWで大活躍した女子プロレスラー・風間ルミさん(本名・斉藤ルミエ)が、9月21日に亡くなった。55歳だった。  死因は不明。事件性はなく、自宅で亡くなった。8月30日には、自身の公式ツイッターで子宮内膜症の痛みを告白している。我慢強く男勝りの彼女でも、病には勝てなかった。まだまだやりたいことが一杯あったろう。若すぎる。残念。  女子では極めて珍しいシュートボクシング出身だ。’86年にジャパン女子プロレス入団。同期で柔道出身の神取忍との出世争いで頭角を現し、脚光を浴びた。ジャパン女子が解散する’92年に脱退し、同年7月に神取と新団体LLPWを設立。業界初の女社長に就任した行動派である。  筆者が初めて彼女の試合を見たのは、’92年8月のLLPW旗揚げ興行での神取とのシングル戦だった。伸びのあるドロップキックが神取にヒットした。“おぅ! 女子でも顔面にドロップキックをやっていいんだ”と、新鮮な驚きを覚えたものだ。  そして’93年11月9日、東京・駒沢体育館で行われた全日本女子との対抗戦における北斗晶との髪切りマッチは衝撃的だった。北斗に敗れ、風間は潔く丸刈りになった。その姿は、あまりにもショッキングだった。 男性、酒、タバコの“3禁”解除は、自立の表れだった  周囲の女子選手たちは、いずれも160cm台。153cmと小柄な彼女は、逆に目立った。身体能力が高く、ガッツもある。私には“ゴムまりのように弾む女”に映った。アイドルとストロングの“2つの顔”を巧みに使い分けた、特異なキャラクターとしても忘れ難い。  女子団体のトップらしく、男子レスラーとの交流もあった。三沢光晴(故人)、天龍源一郎らとお酒のテーブルを囲むことが多かったという。  当時、多くの女子団体が男性、酒、タバコを生活ルールで禁じていた。いわゆる“3禁”時代である。しかし、LLPWでは「プロの大人なのだから」と“3禁”なし。自立を促す戦う女の集団として際立っていた。  風間さんと親交のあった『週刊ゴング』元編集長の小佐野景浩氏が言うには「彼女の自慢は、社長として1回もファイトマネーの遅配がなかったことじゃないかな」。  小柄な頑張り屋さんのご冥福をお祈り申し上げます。合掌――。 Read more »

リヴァプール、グリーズマン退場のアトレティコに3-2勝利!南野拓実はベンチ入りも出場機会なし

19日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節、アトレティコ・マドリー対リヴァプールが行われ、3-2でリヴァプールの勝利に終わった。なおリヴァプールFW南野拓実はベンチ入りも出場機会がなかった。 両者の対戦は2019-20シーズンのCLベスト16以来のこと。その前シーズン、メトロポリターノでトッテナムを下してビッグイヤーを獲得していたリヴァプールは、グリーズマンが去って代わりにジョアン・フェリックスが加わるなどして、シメオネ監督が「移行期」であることを強調していたアトレティコに土をつけられた。止められないチームとされたリヴァプールを止めてしまったアトレティコは、アンフィールドの夜にマルコス・ジョレンテのアタッカーとして覚醒するなど、その移行期を実のあるものにしたのだった。 またクロップ監督はあの試合直後、アトレティコが「あれだけの選手たちを擁していながらもああプレーを見せる理由が分からない」と言い放ち、シメオネ監督が「無論、勝つためだ」と返答したことも話題に。クロップ監督は今回の一戦直前にも「敬意を払うが、しかしアトレティコは私好みのスタイルではない」と語ったが、メトロポリターノに集まった観客はチーム紹介アナウンスでそんなドイツ人指揮官の名前が呼ばれると、激しい指笛を浴びせていた。 こうしてキックオフを迎えた試合は、予想通り4-3-3のリヴァプールが攻め込み、5-3-2のアトレティコが守勢に回る展開に。リヴァプールはサイドからサイドにボールをつなぎながら、とりわけサラーのいる右サイドのポジションで数的同数の状況を生み出していく。すると8分、そのサラーが先制点を記録。クロスの流れ球を受けたエジプト代表FWが内に切れ込み、カラスコとレマルをかわしてから左足を振ると、地を這うボールが枠内左に収まった。 メトロポリターノは失点直後に「アトレーティ! アトレーティ!」と力の限り叫んでいたが、リヴァプールの勢いはその後も衰えることはなく、さらに13分に追加点を獲得。素早いタイミングで上げた右サイドからのクロスをフェリペがクリアし損ねると、そのこぼれ球からケイタがボレーシュートを叩き込んでいる。 ここまで消極的な姿勢が目立ったアトレティコだったが、2点ビハインドから攻撃に出る姿勢を見せると、20分に1点を返すことに成功する。ショートコーナーからゴールラインに沿って切り込むレマルがマイナスのクロスを送り、ペナルティーエリア手前のコケがシュート。このボールにグリーズマンが触れて、GKアリソンが守るゴールを破っている。 グリーズマンはこれがアトレティコ復帰後、メトロポリターノで初めて決めたゴール。得点直後、場内のスピーカーが「ゴールを決めたのは…?」と聞き、観客が「グリーズマン!」と返答するやり取りが3回にわたって行われ、一時はブーイングの対象となった前バルセロナFWは結果を手にすることにより再び信頼も勝ち取ったようだ。 1点差としたアトレティコはさらに34分、今度はジョアン・フェリックスがその極上の才能を披露。ライン間で縦パスを受けたポルトガル代表FWは、繊細なボールタッチのドリブル突破でケイタのプレッシングを無効化して前を向いて、ペナルティーエリア手前でスルーパス。このパスからグリーズマンこの試合2点目を決め、スコアをタイに戻している。 その後もロングボールを中心とした展開でグリーズマン&J・フェリックスの2トップが決定機を迎えていったアトレティコだが、3点目を決め切れない状況が続く。シメオネ監督はハーフタイム、本職ボランチながらセンターバックとしてプレーしていたコンドグビアとの交代で、同ポジションを本職とする負傷明けのヒメネスを投入。迎えた後半は攻守が激しく入れ替わる展開となったが52分、グリーズマンがフィルミーノに対して足裏を見せてタックルを仕掛けたとして一発退場に……。リヴァプールが数的優位に立った。 そこからはもちろんリヴァプールが主導権を握ることになったが、5-3-1で守るアトレティコも観客の後押しを受けながら堅守、さらに速攻と勝ち越しの可能性を感じさせる。そして75分を過ぎると、試合は運命の分かれ道を迎える。まずリヴァプールが、途中出場のジョッタがエルモーソに倒されたことでPKを獲得。キッカーのサラーがこの絶好機をしっかりと物にして、再び勝ち越しに成功した。その一方でルイス・スアレス、マルコス・ジョレンテ、アンヘル・コレアを投入したアトレティコは、81分のセットプレーでヒメネスが倒されてこちらもPKを指示されるものの、VAR介入の結果、モニターを確認した主審は判定を取り消している。 終盤、アトレティコは意地の攻撃を見せたものの、結局再び同点に追いつくことはかなわず。ボールをセーフティに保持するなど時間も使うリヴァプールが勝ち点3を獲得した。クロップ監督率いるチームはトッテナム相手にビッグイヤーを掲げ、翌シーズンに0-1の敗戦を喫した舞台メトロポリターノで、その主を相手についに勝利をつかんだ格好だ。 Read more »

佐々木希 家族のため働きづめで「パンク寸前」…番組打ち合わせも欠席、舞台終了翌日も早朝出勤で現場からは心配の声

「久々に帰宅。2週間ぶりのお家ご飯は、子供の好きなものだらけに」  テーブルに置かれた “お手製ハンバーグプレート” の写真に、この一文を添えて、佐々木希(33)はSNSに投稿した。 【画像あり】10月12日、駐車場に車を停めて、駅前を “街ぶら” する渡部。用事がすぐにすんだのか、10分ほどで戻った  変わらぬ人気を誇るモデル活動に加えて、佐々木は今年に入り、ドラマ『白い濁流』(NHK BSプレミアム)、映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』などに立て続けに出演。  そして、9月からは東京、大阪で1カ月以上にわたり、計37公演を上演した舞台『醉いどれ天使』にも出演するなど、女優活動を精力的におこなっている。  冒頭の投稿は大阪で迎えた『醉いどれ天使』の大千秋楽から3日後のこと。東京にある自宅への “帰宅報告” だ。愛する長男と再会し、ひと息つくのかと思いきや――。  翌日、本誌が目撃したのは都内の撮影スタジオに向かう佐々木の姿だった。自宅を出たのは朝8時過ぎと “早朝出勤” で臨んでいた。 「佐々木さんは今年6月、テレビ番組のインタビューで『いまいちばん必要なものは?』と聞かれて、迷わず『仕事』『お金』と答えていました。  その背景にあるのは、大切な長男の存在です。最近、長男の幼稚園を転園させましたが、そこは幼稚園から高校までの一貫校で、高校卒業までの学費は3000万円を超えるといわれています」(芸能記者)  夕方、丸一日の仕事を終えてスタジオから出てきた佐々木の顔には明らかな疲労の色が見えていた。こんなとき、夫・渡部建(49)に仕事があれば……。“多目的トイレ不倫騒動” から1年4カ月、復帰の目途はまったく立っていない。 「長男の送り迎えは渡部さんが積極的におこなっていますが、仕事はないし、家事をすべて担っているわけでもない。送り迎え以外の時間は家にいても落ち着かないのか、自宅付近をぶらぶらしていることが多いんです」(芸能関係者)  本誌が目撃したのも、商業施設に寄ってキャップを品定めしたり、所用を思い出したのか駅前まで歩いたり、という渡部の姿だった。番組ロケでもないところで、華麗に “街ぶら” を決められても……。  そんな夫と長男を支えるため、がむしゃらに妻は働く。  佐々木がレギュラー出演する『所JAPAN』(関西テレビ・フジテレビ系)のスタッフは「収録の休憩中も疲れている様子が見えて、僕たちも佐々木さんの多忙ぶりを心配しています」と話す。 「番組では芸能人が愛用する商品を紹介するコーナーがあって、もちろん佐々木さんにも協力してもらおうと思っていました。でも、彼女のスケジュールが忙しすぎて、打ち合わせにも来られないんです。いまはコーナー収録を泣く泣く見送っている状態です」  モデル、女優のほか、自身のアパレルブランドのプロデュースも手がけている。そして育児、家事とこなす彼女の “限界” ... Read more »

北朝鮮、潜水艦から弾道ミサイル発射と報道

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は20日、同国の国防科学院が19日に新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行ったと報じた。潜水艦から発射し、成功したとしている。 Read more »

【とっておきメモ】「かっこいいところを」松坂、長男野球チームで打撃投手

<とっておきメモ> さらば平成の怪物、ありがとう松坂。西武松坂大輔投手(41)が引退試合に臨み、最後は四球を与えて終わった。日本ハム戦に慣れ親しんだ背番号「18」で先発。横浜高の後輩・近藤に5球投じ、最速は118キロだった。右手のしびれと闘いながら懸命に腕を振り、マウンド上からファンに最後の雄姿を披露。試合前に行われた引退会見では涙も見せた。99年から始まりプロ23年間で日米通算170勝。後半はケガに苦しめられ、栄光と挫折、頂点とどん底を味わった平成の怪物は、その伝説に幕を下ろした。    ◇   ◇   ◇ 怪物の前にスーパースターが立ちはだかった。レッドソックス時代に子どもたちを小学校へ送っていったときだった。正門でNFLペイトリオッツのトム・ブレイディが立っていた。登校する児童たちとパス交換をしながら迎えていた。「彼の子どもも同じ小学校に通っていて。同じボストンを本拠地にするチームのスーパースター。僕とはレベルが違う。僕自身も興奮したよ。かっこいいよね」。松坂は正門から少し離れた場所に止めた車内に身を潜めて、羨望(せんぼう)のまなざしを向けた。 当時、長男が通っていた少年野球チームでは少しだけヒーローになれた。試合、練習の合間を縫って練習を見学に行くと「一応、野球選手なので打撃投手ぐらいはできますよ。少しはかっこいいところが見せられたかな」と子どもたちの前で腕を振った。文字通り「松坂世代」の主役を張り続け、一時代を築いた。スポーツが大好きで、野球が大好きな、怪物だから多くの人たちを魅了することができた。【為田聡史】 –【関連記事】松坂大輔「しびれで寝られない日々が」引退会見など/写真特集1 –https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110180001246.html– Read more »

総選挙で波乱必至の「3つの選挙区」とは、宮崎謙介元議員が解説

© ダイヤモンド・オンライン 提供 写真はイメージです Photo:PIXTA 激戦が予想される 注目の選挙区は  19日に公示された衆議院総選挙。戦後初となる4年の任期満了を超えての選挙となりました。安倍政権から菅政権へそして岸田政権が誕生することとなり、この自民党政権の成果と今後のビジョンを国民が信認するという選挙になります。  そんな中、野党としては打倒自民党政権ということで、野党統一候補が一本化される選挙区が220にも上るという極めて異例な状況になりました。政策的に相いれない部分があるものの、まずは自民党を倒そうということで手を組んでいる姿は、かつての民主党政権奪取時の姿をほうふつとさせます。  いずれにせよ、全てを決めるのは日本の主権者である国民なのですから、結果については10月31日の投開票を待つ他はありません。  ありがたいことに、私のところにも選挙特番のコメンテーターとしてのオファーがいくつか来たのですが、日程調整できず断念することになりました。岸田文雄首相が選挙を11月7日にしてくれていたら、念願の選挙特番にも出ることができたのに……。唯一悔やまれることです。  さて、そんな私事はさておき、今回の選挙で、私が注目する選挙区と候補者についてご紹介したいと思います。 元民主党のプリンスと 岸田派のムードメーカー  まずは静岡5区です。  特に注目すべきは、細野豪志氏(50)と吉川赳氏(39)の因縁の対決です。  細野氏といえば、かつては「民主党のプリンス」と言われ、容姿端麗で(過去に女性スキャンダルでも騒がれたことがあります)、環境相や幹事長を務めた経験もあります。  その後、東京都知事の小池百合子氏らと希望の党を立ち上げた際に、古巣の仲間を「排除」などしたため、その後に希望の党が空中分解したら行き場所を失いました。  すると驚いたことに、あの二階俊博幹事長を頼り、かつて批判しまくっていた自民党に入ろうとするというウルトラCを繰り出したのです。  結局、自民党の公認を取り付けることができないまま選挙を迎えることとなりましたが、依然、根強い人気があります。  一方で、吉川氏といえばあまり情報がちまたに出ていません。私は当選同期の彼のことをそれなりに知っているので、ここでその人物像について紹介したいと思います。  吉川氏は多くの人たちから「岸田派のムードメーカー」と言われています。いつも彼のそばには明るい空気が流れていて、今回の総裁選挙の終盤で岸田氏がお疲れモードになっていたときには彼が呼ばれて「何か岸田会長が明るくなるようなことを言ってくれ」と、周囲から「むちゃぶり」されるような明るい男なのです。  議員になる前は政治家秘書だったのですが、さらにその前は本格的に落語をやっていたこともあり、なかなか弁が立つのです。  細野氏と吉川氏は身長差が約20センチあるそうで、吉川氏は選挙演説の際、「私は細野さんに身長では負けているので、選挙ではゲタを履かせてください」と、どこか落語的な話を入れるのです。 「うまいことを言うなあ」と思っていると、今度は雰囲気を変えて政策論(医療・介護分野が専門)を展開するのですが、それが驚くほどわかりやすい。さすがだなと感心させられます。  話し手として一流であるだけでなく、周囲からの人望もあります。  過去3回の衆院選では細野氏に敗れましたが、紆余曲折(うよきょくせつ)を経て迷走し続けている細野氏が勝つか、岸田氏を陰で支えてきたムードメーカーの吉川氏が勝つか、注目したいです。 トヨタ労組の立憲切りで 注目の愛知12区  続いては、愛知12区です。ここは重徳和彦氏(50)と、青山周平氏(44)の一騎打ちになります。これまでは重徳氏が小選挙区を取っていて、青山氏が追う形としての戦いになります。  重徳氏は元々、自民党の推薦を受けて愛知県知事選挙に出馬するものの大村氏(現知事)に敗れました。その後日本維新の会から国政進出をし、今は立憲民主党に所属しています。 ... Read more »

大谷と菊池のサイン入りユニホーム、花巻市博物館で展示 22日から

© 毎日新聞 提供 ユニホームと共に大谷選手と菊池選手のサイン入りボールを上田市長(左)に手渡す花巻東高の小田島校長=岩手県花巻市花城町で  岩手県の花巻東高出身で米大リーグで活躍するエンゼルスの大谷翔平選手とマリナーズの菊池雄星選手が、オールスターゲームに出場した際にサインしたユニホームが、22日から花巻市博物館で展示される。11日、同校の小田島順造校長と流石裕之・野球部長が、貸与するため上田東一市長を訪ね、「皆さんで明るいニュースを共有しながらご覧いただければうれしい」と渡した。  今年7月に行われた大リーグ・オールスターゲームで、2人が母校のユニホームにサインを書き込み、ベンチ裏で撮影したツーショット写真が話題となった。試合後に菊池選手の関係者を通じて同校に送られたという。ユニホームの胸元には菊池選手による「花巻から世界へ」というメッセージが書かれている。  上田市長は「(ユニホームの貸与は)すごく感激している。2人の素晴らしさを、展示を通して見てもらい、花巻の人たちにも元気になってほしい」と喜んだ。小田島校長は「2人がオールスターに出場したのは感動そのもので、夢のようだ。展示を見る子供たちにはユニホームを通して夢を抱いてほしい」と話した。  花巻市博物館で11月14日まで展示される。午前8時半~午後4時半。展示にかかる入館料は無料。【松本ゆう雅】 Read more »

ミラン、敵地で良いところなくポルトに敗戦…cl3連敗で決勝t進出が厳しい状況に

チャンピオンズリーグ(CL)は19日にグループリーグ第3節が行われ、ミランは敵地でポルトと対戦した。 今季8シーズンぶりにCLの舞台へ帰ってきたミラン。いわゆる“死のグループ”となったグループBでは、リヴァプール(2-3)、アトレティコ・マドリー(1-2)と善戦しながらも連敗スタートに。逆転でのグループ突破に向け、勝利が必要なポルト戦へ望んだ。 復帰を果たしたイブラヒモヴィッチはベンチスタートとなった中、前半はホームのポルトに押し込まれる展開に。シュート11本を許し、逆にミランは1本しか放てず。それでも守備陣が奮闘し、スコアレスのまま前半を折り返す。 状況を打開したいミランは58分、バロ=トゥレ、ジルー、トモリに代えてカルル、ロマニョーリ、そしてイブラヒモヴィッチを投入。3枚替えで勝負に出る。 しかし65分、左サイドを突破されると、クロスはヒットしなかったものの高く上がったボールを拾われ、ディアスにシュートを流し込まれた。ミラン選手は直前の接触がファールだったと主張したが、ゴールは認められている。 ミランはその後も主導権を握られる苦しい展開が続き、シュートにすら持ち込めない時間が続いていく。結局最後まで反撃できず、シュート数は3対19と圧倒され、0-1で敗戦を喫した。 これでグループ3試合を終え、ミランは3連敗で勝ち点0。勝ち点3を積み上げたポルト、そしてアトレティコとの差が「4」となり、逆転での決勝トーナメント進出は厳しい状況に追い込まれている。 Read more »

47歳になったペネロペ・クルスが実践する「地中海式ダイエット」医師や栄養士が勧める理由

© Getty Images ストイックな食生活や毎日のエクササイズを自分に課しているハリウッドの女優たち。それに比べてヨーロッパ出身の女優たちは少し緩め。美を目指しつつ、お酒や食事を楽しみ人生を満喫している。 その代表ともいえるのがスペインを代表する女優ペネロペ・クルス。イギリスの新聞「デイリーミラー」に「スペイン料理が大好きなの」とコメント、体型をキープするために食事を制限することはしないと語った。「私が実践しているのは地中海式ダイエット。しっかり食べるけれど、その代わりに健康的なものを選ぶの」。 地中海式ダイエットとはその名の通り地中海周辺の国のメニューを参考にした食事法。減量よりも健康な体作りを目指しているのが特徴だそう。そのルールはシンプル。アメリカでセレブ御用達の有名病院「メイヨークリニック」はこう指導している。 まず植物性の素材、例えば果物や野菜、玄米や全粒粉、キヌアなど精製していない穀物、豆類やナッツなどを食事のメインにすること。2つめはバターをオリーブオイルやキャノーラ油などの体にいい油に置き換えること。オリーブオイルが体に良いことはよく知られているけれど、キャノーラ油もオレイン酸とビタミンEが豊富。悪玉コレステロールを減らす働きがあると言われている。3つめは味付けは塩よりもハーブやスパイスを使うこと。ハーブやスパイスの中にはバジルのように脂肪燃焼を促進したり、胡椒のように代謝をアップしたりと美容効果の高いものがたくさん。塩分の取り過ぎはむくみの原因にもなるので、それよりも体にいいハーブがおすすめ。4つめは赤身肉の摂取を減らすこと。とはいえ肉を食べてはいけないわけではなく、5つ目のルールは鶏肉や魚介類を食べること。そして6つ目は食事を家族や友達と楽しく食事をすること! 楽しい食事に欠かせないお酒も赤ワインなら(もちろん適量なら)問題ないのだそう。 栄養士のマリア・ブランズはスペインの新聞「オラ!」に地中海式ダイエットの長所をこう説明している。「最もいい点はタンパク質、炭水化物、体にいい脂質という主要な栄養素を自然の素材から摂取できること。また血管の病気や肥満、糖尿病を防ぎ、乳がんや大腸がんのリスクも減らしてくれる。何よりも体が毒素を自分で排出する動きを高めてくれる」と語っている。 ちなみにペネロペは今年47歳。この年齢層になると極端なダイエットすると体力が落ちたりやつれて見えたりすることも。また油抜きをすると肌もカサカサに。ペネロペは決して痩せすぎではなくさらに肌も髪もつやつや! この均整の取れたボディはバランスのいい食生活の成果。美しくスリムになりたい人は地中海式ダイエットをぜひ参考にしてみて。 長坂陽子 ライター&翻訳者。ハリウッド女優、シンガーからロイヤルファミリー、アメリカ政治界注目の女性政治家まで世界のセレブの動向を追う。女性をエンパワメントしてくれるセレブが特に好き。著書に「Be yourself あなたのままでいられる80の言葉」(メディアソフト)など。 Read more »

岸田首相の「新しい資本主義」がキモいとしか言えないこれだけの理由

© ダイヤモンド・オンライン 提供 「新しい資本主義実現本部事務局」の看板を持つ岸田文雄首相(中央) Photo:JIJI 岸田文雄首相が、自由民主党総裁選の選挙戦中から掲げるキャッチフレーズである「新しい資本主義」が、なんとも「気持ち悪い」。心情としては「キモい!」と叫びたいくらいだ。筆者がそう感じるさまざまな理由をお伝えしたい。(経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員 山崎 元) 岸田首相の得体が知れない思い込み 日本に「新自由主義」のレッテル貼り  いい年をした書き手(筆者自身のことだ)が、記事の文章で「キモい!」というカジュアルな言葉を使うのはいかがなものかとも思う。であるのだが、岸田文雄首相が掲げる「新しい資本主義」に対する気持ち悪さは、「気持ちが悪く思えます」といったゆっくりしたテンポではなく、「キモい!」と、最短の秒数でこの気味の悪さを伝えたい。  気持ちの悪さには複数の要因があるのだが、一番不気味なのは、「新しい資本主義」という言葉を唱えている本人が、その内容を分かっていないのではないかと思われることだ。しかも、その当の人物が、わが国の首相なのだ。国民は不安になる。  岸田氏は、新しい資本主義について、さまざまに表現してきたが、まず、言っていることが意味不明だし、次には、言っている内容がブレている。つまりは、何をしようとしているのかが分からない。しかし、やみくもに何かを変えようとしている。  岸田氏は、例えば、「新自由主義からの転換」という言葉を使った。しかし、日本はいつ新自由主義になったのか。「転換」という言葉を使うからには、彼の認識では、現状は新自由主義なのだろう。  しかし、たかだか郵政民営化くらいのプロジェクトが中途で挫折してぐずぐずになるような、利権維持と非効率性の中で漂うこの国の一体どこが新自由主義なのか。電波オークションもなければ、農地の株式会社保有さえ実現しない。  このような日本に「新自由主義」というレッテル貼りをして、意見を言ったような気分になることができる精神構造を、不気味だと思わないことは難しい。しかも、彼は左派政党の党首ではなくて、自由民主党の総裁なのだ。 「新しい資本主義実現会議」は 中身がないと断言できる根拠  岸田氏が、「新しい資本主義」について確たる具体的な内容を持っていなかったことは、「新しい資本主義実現会議」という何とも奇妙な有識者会議が、総選挙を前にした内閣府の下に設立されたことに如実に表れている。  内閣府が10月15日に発表した文書を見ると、会議の開催について、「新しい資本主義実現本部の下、『成長と分配の好循環』と『コロナ後の新しい社会の開拓』をコンセプトとした新しい資本主義を実現していくため、それに向けたビジョンを示し、その具体化を進めるため、新しい資本主義実現会議を開催する」とある。  中身が何もないので、「それに向けたビジョン」などという、この種の文章としては世にも情けない言葉を使う以外に書きようがなかったのだろう。 成長と分配の好循環を「これから検討」 それでは絶望的に中身がない  そもそも、「新しい資本主義」などという偉そうな言葉を使う以上、そのビジョンは言っている本人が明確に提示して方向性を示すべきだ。「成長と分配の好循環」にも「コロナ後の新しい社会の開拓」にも、願望はあっても中身がない。 「成長と分配の好循環」は与党も野党も望んでいることであり、「どう実現しようとするのか」を論じる以外にお互いを区別するポイントはない。それをこれから有識者会議で検討しようというのだから、岸田首相自身には絶望的なまでに中身がない。  また、今後の社会が、「コロナが起こってからの社会」であることは間違いないのだが、「新しい社会の開拓」とだけ言われても、現状の社会を否定する意味しかない。  会議に参加する有識者さんたちは、推察するに「何かお役に立てたらいい」というくらいの善意から参加されるのだろうが、会議自体が時間と手間の無駄になるだろうと予想する。有識者さんたちにとって指名を受けたことは不名誉ではないだろうから、会議自体の存在はいいとするとしよう。  それにしても(この種の会議の出席謝礼は極めて安いので、お金はそれほど無駄になってはいまい)、サラリーマンの立場から推察して何とも気の毒でならないのは、会議の事務局を務める官僚さんたちだ。このような無意味な会議の成果をどのように着地させるといいのか、想像しただけで目が回りそうになる。 財務次官の「バラマキ合戦」批判で 緊縮財政へ傾斜しないかが当面の心配  岸田氏が中身を十分把握せずに、思いつきか言葉の勢いで「新しい資本主義」という言葉を唱えたことは、まあいいとしよう。わが国の政治家にはよくあることだ。岸田氏の症状はかなり重いとは思うが、「ネクタイを締めた、しゃべる空箱」のような政治家は与野党を問わず少なくない。  気持ちが悪いのは、「新しい資本主義」を唱える岸田氏が、現状の経済政策の何を変えようとしているのかが分からないことだ。少なくとも何かを変えなければ「新しい」とは言えないのだから、彼は何かをしようとしているらしい。 ... Read more »

豊川悦司×中村倫也、刑事バディドラマ「No Activity」麻薬捜査張り込み中の騒動描く

© スポーツ報知/報知新聞社 「No Activity/本日も異状なし」に主演する豊川悦司(右)と共演の中村倫也  俳優の豊川悦司(59)が、Amazonプライムの連続ドラマ「No Activity/本日も異状なし」(12月17日配信スタート、全6話一挙放送)に主演すると20日、発表された。  同作は「シソンヌ」のじろうが脚本を務めるコメディー刑事ドラマ。映画「賭ケグルイ」シリーズ、映画「東京リベンジャーズ」の英勉監督がメガホンを執る。  出世を諦めた万年ヒラ刑事・時田(豊川)が、人たらしの新米刑事・椎名(中村倫也)とバディを組み、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす騒動を描く。  時田は敏腕刑事に見えるが、昇進とは無縁の警視庁のお荷物刑事。捜査の現場でもやる気を見せず、迷言を繰り出しながら人を煙に巻くダメ刑事だが、なぜか憎めない人間味あふれるキャラクター。  豊川は「じろうさんの脚本が面白く、セリフ一つ一つに説得力がありました。相方が中村倫也さんだったこともあり、楽しそうな企画で参加したいと思いました」と説明。「登場人物たちのユーモアあふれる掛け合いを楽しんでください」とコメントした。  椎名は自動車学校の教官から転職した異色の新人刑事。聞き上手で人たらしな一面を持つ。中村は「刑事ドラマなのに、ほぼワンシチュエーションの設定。どうしようもない会話だけで物語が進んでいく、日本では珍しい作品だと思います。この作品であれば、楽しそうなことができると思いました。時田とのちょっと変わったバディ感を楽しんでください」と話した。 Read more »

フェイスブック、労働者差別巡り和解金1425万ドルを支払いへ

© Reuters/Dado Ruvic フェイスブック、労働者差別巡り和解金1425万ドルを支払いへ [ワシントン 19日 ロイター] – 米フェイスブックは19日、労働者差別を巡り、当局と最大1425万ドルの和解金支払いで合意した。司法省と労働省の発表を同社が確認した。 米司法省は昨年12月、高度な技術を持つ労働者向けの「H1B」ビザ(査証)などを利用し、米国の労働者に対して差別的扱いをしているとして同社を訴えた。 H1Bは、ハイテク業界が優秀な外国人を米国に招くために使われるケースが一般的。ただ制度の運用が緩く、単に米国人より賃金が割安な外国人労働者を雇用する目的で利用されているとの批判が出ている。 和解案によると、フェイスブックは、応募書類の受け付けを郵送のみとしたり、米国人の応募者を選考対象から除外するなどの差別的な採用活動を行っていた。 フェイスブックは和解に基づいて475万ドルの罰金を支払うほか、雇用差別の対象となった人に対し最大950万ドルを支払う。 Read more »

ウィザーズ八村塁が練習再開も…nba3年目の今季は崖っぷち

 個人的な事情でキャンプへの合流が遅れていた米プロバスケットボールNBAワシントン・ウィザーズの八村塁(23)に、ようやく始動のめどが立った。 八村はコート内外で好調も…熱愛発覚でよぎる美人局の不安  すでに、八村はリーグの新型コロナウイルス感染防止規定をクリアし、キャンプ参加が認められ、ウェス・アンセルド・ジュニア・ヘッドコーチ(HC)によれば「まもなく個人練習に入る」という。  ウィザーズは日本時間21日、敵地トロントで渡辺雄太(27)のラプターズとの開幕戦を迎える。日本人対決が予想される開幕に間に合うかどうかは微妙。今季はアンセルドHCからスタメン起用を確約され、コンディションが回復次第、スターティング5に名を連ねるとみられるが、八村にとってNBA3年目の今季は崖っぷちのシーズンとなる。  2019年のドラフト9位で入団した八村はルーキー契約で4年目までの年俸は決まっているものの、リーグの規定で3、4年目はチームに契約選択権があるオプション。昨オフ、チームが3年目の今季のオプションを行使し、年俸521万9223ドル(約5億9700万円)で残留したが、来季は不透明だ。  八村がチームから4年目のオプションを行使され、年俸626万3188ドル(約7億2000万円)を得られるかどうかは今季のパフォーマンス次第となる。八村は昨季までの2年間でフォワードとして通算105試合に出場し、13.7得点、5.8リバウンド、1.6アシスト(いずれも1試合平均)。1年目は開幕から定位置を確保し、新人王こそ逃したものの、オールルーキーセカンド(新人の2番手)チームに選ばれた。  昨オフのウィザーズは5チームが絡むトレードで6人の選手を獲得するなど、大型補強を敢行した。前レイカーズのカイル・クーズマ(26)、モントレズ・ハレル(27)ら八村とポジションがかぶる選手もいるだけに、チーム内のライバルとの競争を制して結果を残す必要がある。  仮に今季終了後、ウィザーズから4年目の契約を破棄されればFAになるが、他チームと好条件で契約するのは厳しくなるのは必至だ。  今季の八村はがむしゃらにプレーするしかない。 Read more »

小室圭さん“鋼のメンタル”で眞子さまと結婚へ、渡米までにすべき「ToDoリスト」

 眞子さま(29)と小室圭さん(30)との結婚も、いよいよカウントダウンが始まった。 【写真】眞子さまちょっぴり羽目を外されて……ICUスキー部での“宴会写真” 小室圭さん、眞子さまと3年ぶりの再会  17日に皇族として最後となる宮中祭祀に参列された眞子さま。翌18日には3年2か月ぶりに小室さんと再会した。そして、26日には皇籍を離れられ「小室眞子さん」となる。 「婚姻届の提出など正式な日程が発表された今でも、誰もが納得して祝福しているとは言い難い状況です。  とりわけ小室さんの母・佳代さんに対する国民の関心は高く、元婚約者との借金問題以外にも、死別した夫の遺族年金の不正受給疑惑や勤務先との労災トラブルなど、さまざまな疑惑が取り沙汰されています。  小室さんは18日に秋篠宮さまご夫妻にあいさつをし、これまでの事情説明や結婚後の生活設計を報告したとみられます。しかし、ご夫妻にとっては皇室の儀式や結婚式を行わない異例の結婚に、一抹の寂しさがあるのでは」(皇室記者)  小室さんと佳代さんにまつわるさまざまな“疑惑”は、これまでも多くの国民が納得するような説明には至っていない。10月に入ってからは「結婚反対デモ」やジャーナリストによる佳代さんへの「刑事告発」にまで及んでいる。 「小室家の疑惑は何一つ解明されないのにメディアは不自然なお祝いムードの報道、一方で世論は諦めにも似た感情と宮内庁への不信感などが募り、国民に残ったのは疲弊感と何とも言えない虚しさなのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)  隔離期間を終え、眞子さまと再会した小室さんには、26日の会見までにこなさなければいけない「ToDoリスト」が残っている。 「秋篠宮さまへのあいさつ、眞子さまとの再会の後には、まず元婚約者との話し合いをどうするかが注目されます。  さらに結婚の手続きや眞子さまが渡米するにあたっての生活の準備、会見の内容の打ち合わせや眞子さまの引越しなど、一般人が結婚する以上に多岐にわたる準備が必要です。また、お世話になった方々へのあいさつ回りも本来はするべきものです」(同前)  だが、会見後、小室さんは仕事のため、眞子さまを残したまま先に渡米する予定だという。 「コロナでの隔離期間があったとはいえ、就職したばかりの新人が1か月以上も休んでいるわけにはいきませんからね。  また眞子さまの渡米も当初は11月中の予定でしたが、準備に時間がかかるため、もう少し先になる可能性が高いようです」(皇室記者)  大学時代に恋に落ちた小室さんと眞子さまが、紆余曲折を経てついに結婚する。婚約内定から4年の間、“誹謗中傷”にもたじろがず国民の批判をかわし続けた小室さんは鋼のメンタルとしか言いようがない。その強いメンタルで、眞子さまを生涯守り抜くことはできるのだろうか。 小窪誠子 Read more »

再び暴挙「許せない」 小木の漁師、全11隻の無事確認 北朝鮮ミサイル

 能登町小木のスルメイカ漁師からは19日、「北朝鮮の度重なる暴挙は許せない」と怒りの声が広がった。  石川県漁協所属の中型イカ釣り船は、しけが予想されるため、3隻が小木港に一時帰港し、8隻が操業していた島根県の隠岐の島北西付近から同港に向かっていた。県漁協小木支所は全11隻の無事を確認した。  能登半島沖の好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺で繰り返される北朝鮮のミサイル発射に小木支所の山下久弥運営委員長(66)は「イカのいる場所が限られる中、このままでは安心して自由に操業ができなくなる。国には強い態度で臨んでほしい」と話した。小木港に一時帰港した第23輪島丸の佐藤幸二船長(43)も「日本漁船を脅かす行為はやめてほしい」と語気を強めた。  日本海では、北朝鮮が9月15日と28日にミサイルを発射したほか、ロシアも10月にミサイル射撃訓練を通告していた。 Read more »

地下鉄新線「豊住線」東京メトロにもう一つの利点 利用者の利便性だけでなく運行、保守にも貢献

 豊住線という路線を聞いたことはあるだろうか。「豊住」とは有楽町線の豊洲駅の「豊」と半蔵門線の住吉駅の「住」と組み合わせたものだ。豊住線とは、豊洲と住吉を結ぶ計画路線である。厳密には路線名は決定されておらず、「有楽町支線」または「東京8号支線」とも呼ばれている。 【地図を見る】豊洲ー住吉間延伸事業の位置関係は?  計画では豊洲駅から分岐して、四ツ目通りの下を北上し、半蔵門線の住吉駅に至るルートで、両端駅とも構造自体は、延伸したトンネルが接続できるようスペースを確保している。ただ、東京メトロとしては、「副都心線を最後として、今後は新線建設を行わない方針」としており、8号線については、「整備主体となることは極めて困難」と言及している。つまり、同社が積極的に豊住線の建設を進めているわけではない。 ■江東区の考えは?   積極的に計画を推進しているのは地元の江東区などで、東京都を介して、豊住線の建設を熱望している。本年7月にとりまとめられた交通政策審議会答申第371号の話も含めて、江東区・地下鉄8号線事業推進の担当者に今後の具体的なスケジュールについて話を聞いたところ、以下のような回答があった。  「事業としては7月に出た答申や東京メトロの有価証券報告書などを見る限り、東京メトロがどんなタイミングで、具体的に事業に入っていくか? という部分だと思われます。8月に国土交通省の概算要求が公表されました。そこで8号線の補助金についても予算要求して、概算要求の中に入りました。そのため、来年度には補助金の対象となる具体的な事業(設計や環境アセスメントなど)のスケジュールが事業として進んでいくのではないかと、区としては思っています」  江東区は、区の役割として地区の街づくりを進めている。今年度、都市計画マスタープランの改定を行っており、その中で、新駅となるエリアや沿線の街づくりを都市計画マスタープランの中から検討し、次年度以降については、街づくりをより深めていくという。  さらに、「地下鉄は道路の下を通りますから、区道の下や、区の公園を一時使わせてほしいという話が今後出てきた場合は、施設管理者として鉄道事業に絡むことになると思います」ということであった。 Read more »

小沢一郎氏、現役最多18選へ異例の公示日地元入り…いつ以来か「もう忘れちゃった」

 第49回衆院選は19日公示され、小選挙区と比例代表の全465議席を争い、各党党首は全国を駆け回った。31日の投開票に向け12日間の選挙戦が始まった。  岩手3区から現職最多18回目の当選を目指す立民・小沢一郎氏(79)は、地元・奥州市の商業施設前で第一声を上げた。  自民党時代から党の重職に就き、他候補の応援で全国を飛び回ってきた小沢氏にとって、公示日を地元で迎えるのは極めて異例。事務所関係者の中には「初当選(1969年12月)の時以来じゃないかな…」という人もいるほどで、小沢氏自身も「ホントにホントに久しぶりに郷里で初日を迎えることになった。(いつ以来か)オレも覚えてないよ。もう忘れちゃった。知ってそうな誰かに聞いて」と話したほどだ。  半世紀以上にわたって「負けなし」を続けてきたが、回を重ねるごとにライバル候補に詰め寄られている。過去3度、小選挙区で破った自民党から藤原崇氏(38)が今回も立候補。かつては対立候補の惜敗率が30%前後だったのが、ここ2回は約75%にまで縮まっている。故郷での第一声の理由は危機感の表れだ。  「今回は野党にとって必ずしもいい状況ではない。私自身も今回の選挙戦が大変厳しいと認識しており、何としても皆様の力をお借りしたいという強い気持ちを持って立っております」。普段の強気な発言は影を潜め、懸命に支援を訴えていた。 ◆岩手3区(奥州市、花巻市など) 藤原  崇 38歳 自民前3 小沢 一郎 79歳 立民前17 ※敬称略、届け出順。数字は当選回数。年齢は31日の投開票日 報知新聞社 Read more »

楽天石井一久gm兼監督が来季も指揮 v逃すも1度も借金背負わず

優勝の可能性が完全に消滅した楽天は、不動の体制を貫く。石井一久GM兼監督(48)が来季も同職を務めることが19日、分かった。球団から全幅の信頼を寄せられ、昨オフに複数年で契約を結び直していた。 【写真】石井GM兼監督(中央)(2021年10月14日撮影) 監督初年度の今季はここまで開幕から1度も借金を背負うことなく、3位以上をキープしている。シーズン終盤まで優勝争いに絡み、9勝を挙げる新人の早川をはじめ、山崎剛、辰己、渡辺佳、太田、安楽、西口ら若手を勝負どころで起用。目の前の1勝を求めながら、未来へつながる経験も積ませた。 補強、トレード、ドラフトではGMとしての手腕を発揮してきた。昨オフは米ヤンキースから8年ぶりの復帰となった田中将の交渉をまとめた。7月には巨人からトレードで炭谷を獲得。11日のドラフト会議では、昌平(埼玉)・吉野を1位で単独指名。独自路線での戦略はスカウトと緻密に情報共有し、チーム状況とすり合わせ、兼任監督の優位性を生かした。18年9月のGM就任時から求める「短・中・長期的結果」を一身に背負う。 この日のオリックス戦に敗れ、優勝の可能性が消滅した。それでも“全権監督”の下、常勝軍団への礎は着々と固められている。明確に定めたビジョンに沿って、不動心で進めていく。 Read more »

自民党公認・元タレントの森下千里氏、「森高千里」で投票は無効…ネット上で出馬誤認も

 第49回衆院選は19日公示され、小選挙区と比例代表の全465議席を争い、各党党首は全国を駆け回った。宮城5区では、1996年の小選挙区制導入以降8連勝中の立憲民主党・安住淳氏(59)に自民党公認で元タレントの新人・森下千里氏(40)が挑戦する。  森下氏が出馬を表明した際、インターネット上で歌手の森高千里さんが出馬したと誤認されたことがあり、話題となった。今回、森下氏はたすきなどの名字は平仮名で表記しているが、陣営関係者は「特に意識はしていない」としている。  選挙管理委員会などによると、票の判読が難しい場合や紛らわしい票は、選管の開票管理者が立会人の意見を聞いて決める。「森高千里」と書いた場合は書き誤りとはみなされず、無効になるという。  選挙区で同姓の候補者が複数いる場合、姓だけの票は同姓候補の有効得票の割合に応じて、票を割り振る「案分票」となる。 ◆宮城5区(石巻市、東松島市など) 安住  淳 59歳 立民前8 森下 千里 40歳 自民新 ※敬称略、届け出順。数字は当選回数。年齢は31日の投開票日 報知新聞社 Read more »

コロナ飲み薬、有効性確認できず 中期治験で 米アテア

 【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業アテア・ファーマシューティカルズは19日、スイス製薬大手ロシュと共同で開発している新型コロナウイルス感染症の経口治療薬「AT―527」について、中期段階の臨床試験(治験)で期待通りの有効性を確認できなかったと発表した。  この飲み薬は中外製薬が日本での導入を目指している。  開発競争で先行する米製薬大手メルクにアテアが大きく後れを取るのは必至。アテアの株価は19日のニューヨーク株式市場で暴落し、前日終値比で一時約70%安となった。  治験では、重症化リスクが低い軽・中等症のコロナ患者らを中心に経口薬の有効性を調べたが、体内のウイルスを減少させる明確な効果は見られなかった。基礎疾患があり、重症化リスクの高い患者らには一定の効き目があったという。  アテアはこれを受け、後期治験の見直しを検討。治験の最終結果が公表されるのは、当初予定の年内から来年後半にずれ込む見通しだ。  Read more »

韓国政府、北朝鮮のslbm発射に「深い遺憾」、 「挑発」という表現は使わず

韓国政府は19日、北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と推定される短距離弾道ミサイルの発射について、「深い遺憾を表明する」と明らかにした。北朝鮮が嫌う「挑発」という表現を使わないことで、事態をおさめようという意図が読み取れる。 【写真】もっと大きな写真を見る  青瓦台(韓国大統領府)国家安全保障委員会(NSC)の常任委員会はこの日、緊急会議後「韓国政府は朝鮮半島の平和プロセスを進めるために、米中露など主要国と活発に協議している。そうした中で、北朝鮮がミサイルを発射したことについて、政府は深い遺憾を表する」と明らかにした。  統一部もNSCの発表文をそのまま伝えた後、「朝鮮半島の情勢を平和的・安定的に維持し、南北間対話と協力を通じて、朝鮮半島の完全な非核化と平和定着、南北関係の進展に向け、一貫して努力する」と述べた。  韓国政府は最近、北朝鮮が南北関係進展の先決条件として敵対政策の撤回を要求してからは、北朝鮮のミサイル発射を「挑発」と表現していない。韓国大統領府は先月28日、北朝鮮が極超音速ミサイルを発射したことについて、朝鮮半島情勢の安定が極めて緊要な時期に発射されたことについて、遺憾の意を表明したが、「挑発」とは言わなかった。  先月15日、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射した時は「情勢の安定が非常に緊要なこの時期に、北朝鮮が続けてミサイルを発射し挑発したことに、深い憂慮を表明する」とし、「挑発」と表現していた。  一部では、韓国政府が表現を変えたことについて、北朝鮮から「ダブルスタンダード」という指摘を受けたことを、意識したものと分析されている。  北朝鮮は先月24日のキム・ヨジョン(金与正)労働党副部長の談話と、同月29日のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長の最高人民会議施政演説などを通じ、対話再開のためにはまず米韓が、北朝鮮に対する「二重の尺度」をなくす必要があると主張した。韓国側は米韓合同軍事演習や各種兵器の試験発射などを行っているのに、北朝鮮のミサイル発射実験だけを「挑発」と表現するのは、「二重の尺度」だと指摘しているわけだ。  韓国政府のこのような努力にもかかわらず、南北関係は当分険しい道を歩むという見方が強い。国連安全保障理事会で、北朝鮮の今回の弾道ミサイル発射を問題視する可能性が高い。また、北朝鮮の相次ぐミサイル発射実験に対する韓国内の世論が悪化していることも、政府が身動きできる幅を狭めていると見ている。 Copyright(C) herald wowkorea.jp 104 Read more »

英で感染再拡大 死者“7か月ぶり”水準に

新型コロナウイルスのワクチンが普及し、規制を全面的に解除したイギリスで、感染が再拡大しています。1日あたりの死者は220人を超え、7か月ぶりの水準に達しました。 イギリスでは、7月に人口の大部分を占めるイングランドで規制が全面的に解除されました。その後、1日の感染者は2万人から3万人程度で推移していましたが、今月に入って増加し、19日には4万3738人と7日連続で4万人を超えました。1日の死者も223人と、2回のワクチン接種が普及する前の、今年3月上旬の水準に達しています。 BBCによりますと、ジョンソン首相は閣議の中で「厳しい冬に直面するだろう」と述べたということです。 デルタ型がさらに変異した「デルタプラス」の感染が増えていますが、専門家はわずかに感染力が強いのみで、今のところ慌てる必要がないとの見解を示しています。 Read more »

還暦迎える石橋貴明、舘ひろしと豪華対談、叱られたい願望で失礼な言動も

とんねるず石橋貴明(59)と俳優舘ひろし(71)が、23日のABEMAオリジナルシリーズ「石橋貴明プレミアム第12弾 祝・還暦!俺だってホントは叱られたいんだSP」(午後8時)で対談することが19日、発表された。 22日に還暦を迎えることで、いよいよ誰からも怒られることがなくなった石橋の「人間として成長し続けるためにもう1度怒られたい!」という願いをかなえるドッキリ企画。石橋にとって芸能界の大先輩の舘が、還暦を祝うために駆けつけて豪華対談が実現した。 長年の付き合いの思い出トークに花を咲かせるほか、石橋が舘に聞きたかったことなど、ここでしか耳にすることのできない貴重なトークが繰り広げられる。舘は「記念すべき回に呼んでいただきありがとうございます。すごく楽しかったです」と笑顔を見せた。 しかし、叱られたい石橋のために、対談を別室のモニターで監視しているおぎやはぎ小木博明(50)が、舘に叱られるようにあれこれと指示。石橋は失礼な言動を繰り返し、舘に叱られることができるのか。石橋は「人間は60歳を迎えると生まれ変わるというので、ここでしっかり怒られて心機一転生まれ変わりたいと思います。舘さんは本当に優しくて紳士で、『This isジェントルマン』なので、叱ってくれるのかな?」とコメントしている。 「スタジオ芸人企画」では南海キャンディーズ山里亮太、エイトブリッジ、きつね、次長課長河本準一、ZAZY、とにかく明るい安村、TIM、錦鯉、ぺこぱ、見取り図といった人気芸人が石橋の還暦を祝うべく集結。体を張って笑顔をプレゼントしていくが、ケーキ爆破ドッキリを仕掛けられ石橋が激怒する。 © 日刊スポーツ新聞社 ABEMA「石橋貴明プレミアム第12弾 祝・還暦!俺だってホントは叱られたいんだSP」で対談する舘ひろし(左)と石橋貴明 Read more »

旅客機が離陸失敗、炎上 米・テキサス州

アメリカ南部テキサス州で旅客機が離陸に失敗し、激しく炎上しました。乗客・乗員、合わせて21人が乗っていましたが、直前に脱出し無事でした。 テキサス州で19日、旅客機が炎上する様子をとらえた映像では、激しく炎が上がり、黒煙が空高く立ち上っています。 地元当局によりますと、この旅客機は乗客・乗員、合わせて21人を乗せてヒューストンの空港から飛び立とうとしましたが、滑走路で離陸することができず、そのまま滑走路を突っ切り、およそ150メートル先の畑で停止したということです。 その後、旅客機は炎上しましたが、乗っていた乗客・乗員は直前に脱出していました。2人が病院に搬送されましたが、いずれも命に別条はないということです。 事故の原因はわかっておらず、連邦航空局などが調査するとしています。 Read more »

水森かおりが初のj―popシングル、新宿・花園神社でヒット祈願

© スポーツニッポン新聞社 東京・新宿区の花園神社でヒット祈願を行った水森かおり  演歌歌手の水森かおり(48)が19日、新作アルバム「歌謡紀行20~鳴子峡~」と新曲「笑顔でいようね」のヒット祈願を東京・新宿の花園神社で行った。  「笑顔で…」は自身初のJ―POPシングル。「今まで応援してくださった方の反応が心配だったが“いいね”と後押ししてくれた」と笑顔を見せた。先輩の五木ひろし(73)が今年のNHK紅白歌合戦不出場を公言したことに「すごくビックリした。お見かけするだけで安心できる先輩」と話し「私自身はどうなっても悔いのない日々を過ごしていきたい」と話した。 Read more »

松坂の“投手人生”決めた小2の交通事故、骨折知ったのは30年後…元担当記者が見た“平成の怪物”

© スポーツニッポン新聞社 <西・日>初回、現役最後の登板で力投する松坂(撮影・尾崎 有希)  ◇【西武・松坂大輔投手引退試合】パ・リーグ 西武2-6日本ハム(2021年10月19日 メットライフD)  プレートに右手をついて、つぶやく姿は本当に最後なのだと胸が熱くなった。これほど松坂の吹っ切れた表情を見たのはいつ以来だろう。  17日に本人に電話をした。「苦労が投球に出ていましたね」。日本ハム・斎藤の引退登板を見た後で、そう漏らしていた。「僕も見てもらおうと思います、今の自分を」。決意の声だった。  耳を疑う事実が伝えられた。「実は膝を骨折していた。膝を検査したら、右足の皿の部分に線が見えると。亀裂が入っていると、最近知りました」。心当たりを聞くと「小学2年生の時の交通事故で右膝を痛めたこと」だという。それ以来、正座も右足での片足スクワットもできない。高校、プロで右足が痛んでも、交通事故の影響としか考えず、30年以上も精密検査をしてこなかった。  「僕は野球を始めてから、右足でプレートを強く蹴れない。だから上体でいかに投げるかを模索してきた」。そんなハンデを背負いながら、「平成の怪物」としてのキャリアの数々を築き上げてきたのか。医師からは「よく、こんな膝でやってこられましたねと言われました」と話した。  肘が痛いなら負担をかけないために。肩が痛いなら…。体の崩壊を、心と技でバランスを取ってきた。「投げ方が悪いことなんて自分が一番分かっている」と話した。だが限界だった。今は右手中指の感覚はない。ボタンを閉めるときは勘に頼る。18日には肩と肘に注射を打って、最後のマウンドに立った。オフには首と右膝も手術を予定する。  「ホームベースにボールが届かなくなるくらいまで投げたい」。レッドソックスで世界一となった米国の地で聞いたそのフレーズも今は理解できる。ファンにもう無理だよ、と伝えた5球だった。栄光と挫折…。これほどまでの振り幅で23年も現役生活を送る選手は、もう出てこない。(99年西武担当、07~12年レッドソックス担当、デジタル編集部デスク・倉橋 憲史) Read more »

衆院選2021 東京8区バチバチ 自民・石原伸晃氏陣営「一番厳しい」 立民・枝野幸男氏が決意の“初日駆けつけ” 

第49回衆院選が19日公示され、31日の投開票に向け熱戦の火ぶたが切られた。新型コロナ対策などが争点となる一方、立憲民主、共産、社民、れいわ新選組の野党4党の共闘が実を結ぶかも焦点。立民の枝野幸男代表(57)は初日から野党共闘の〝象徴〟となっている東京8区入りし、「自民党の議席を小選挙区から奪う」とぶち上げた。自民の石原伸晃元幹事長(64)は「石原ブランド」維持にかつてない危機感を抱く。 JR阿佐ヶ谷駅南口。立民新人、吉田晴美氏(49)の出陣式に枝野氏が登場した。 「直前にさまざまなことがあり、心配とご苦労をおかけした。まずはおわびとお礼を申し上げなければと駆け付けた」 謝罪から始まる異例の応援演説。しかも枝野氏は第一声を島根県で行い鳥取県を回った後、急ぎ帰京して駆けつけた。力の入れ具合は明白だ。吉田氏も「緊張と同時に、絶対負けられない戦いになった」。同区で候補者擁立を見送った共産やれいわに気遣いを見せた。 今月8日、れいわの山本太郎代表(46)が同区での出馬を表明。しかし立民サイドが反発し、山本氏が白紙撤回する一幕があった。直前に露呈した不協和音を打ち消すように、出陣式には共産の地元区議やれいわ関係者の姿もあった。 一方の石原陣営。杉並区役所前で行われた出陣式で石原氏が演説を始めようとすると、通行人の女性の大きなやじで中断する〝トラブル〟に見舞われた。石原氏はこれを逆手にとり、「先ほどの女性のように、自分の主張と相いれない者は排除するのが当たり前と思っている人が、政権だけ取ろうとやってきた」と野党共闘批判につなげた。 選対幹部は「ずっと石原さんの選挙を見てきたが、今回が一番厳しい」と漏らした。 同区には日本維新の会の笠谷圭司氏(41)も立候補。「支持組織も企業献金もない-だからこそ日本と日本人全体の利益を追求できる」を旗印に支持を訴えている。 政治評論家の有馬晴海氏は「石原氏と吉田氏が拮抗した状態。ほぼ横一線」とみる。前回2017年衆院選も両者が争い、石原氏が10選。ただ票差は約2万票で、前回は共産や希望の党の候補者もいた。 さらに同区出馬は断念した山本氏が、比例東京ブロックから出馬する影響も「間接的には大きい」(有馬氏)。比例でれいわに入れる有権者は自民よりも立民に入れる割合が高い。また維新候補と保守票を食い合う恐れもあり、元自民党幹事長はピンチだ。 ただ、野党側に勢いがあるわけでもない。有馬氏は「あとは風次第」。12日間の短期決戦で、どのような風が吹くのか。(梶川浩伸) Read more »

地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」対策が話題に

<歩行者のスマートフォンに警告が通知されるシステムも…> スマートフォン利用者のために設計された信号機を紹介した動画が、ネットユーザーを驚かせている。 ●動画を見る 韓国のTikTokユーザー@naturalkoreanが公開した動画では、ソウル市内の横断歩道で、従来の信号機に加えて地面に照明が埋め込まれているのが分かる。このLEDライトは、通常の信号と同様に横断するタイミングで緑色に変わる。 韓国は先進国の中でも交通事故による死亡率が高い国だ。 スマートフォン利用者が横断歩道で顔を上げずに交通事故を起こすことを懸念したソウル市は、2019年にこのLEDライトを一部地区に導入。 (英語圏では、スマートフォンを見ながら歩く人を揶揄する「スマホゾンビ」という呼称が定着している) ワイアード誌によると、スマートフォンによる事故を防ぐための対策はこれだけではないという。 韓国では、接近する歩行者をレーダーや赤外線カメラで検知し、交差点付近のドライバーに点滅光で注意喚起するシステムも導入されている。さらには、歩行者のスマートフォンに警告メッセージが送信されることもある。 <ネット上では評価二分> 投稿された映像はわずか1週間で約38万の「いいね!」を獲得したが、この革新的な技術に対するネットユーザーの意見は二分されているようだ。 今日にふさわしい素晴らしいアイデアだという称賛の一方で、「これほどまでテクノロジーに依存した世界になってしまったのか」と憂う声もあった。 このシステムに反対したあるユーザーは、次のようなコメントを残した。 「悲しい。なぜ人々は歩きながら四六時中スマホを覗き込んでいないといけないのか」 Read more »

横浜高時代バッテリー組んだ上地雄輔 引退の西武・松坂称賛「あいつすげぇな」

© スポーツニッポン新聞社 上地雄輔  横浜高時代に1学年下の西武・松坂とバッテリーを組んでいたタレント上地雄輔(42)が19日、インスタグラムを更新。「日米通算200勝を達成して上地さんと対談する」と目標が書かれた09年のサイン色紙を公開し「あの頃からペースが落ちても、数字が届かなくても立ち止まんなかった」と、通算170勝で引退した後輩をねぎらい「少なくとも俺の前ではよく笑ってた あいつすげぇな」と称賛した。  元PL学園のエースで松坂と甲子園で死闘を繰り広げた日本テレビの上重聡アナウンサー(41)は「会見で見せた涙は、負けず嫌いの大輔ですからやっぱり悔しい思いがあるのだと感じました」とコメントした。 Read more »

藤井3冠 郷田九段下し暫定2位、順位戦b級1組7回戦

© スポーツニッポン新聞社 2手目を指す藤井聡太3冠(日本将棋連盟提供)  将棋の藤井聡太3冠(19)=王位、叡王、棋聖=は19日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた順位戦B級1組7回戦で先手の郷田真隆九段(50)を106手で破り、通算成績を6勝1敗とした。  郷田は3勝4敗。13人が所属するB級1組は3月まで行う総当たり戦で、上位2人がA級に昇格する。前半の6回戦を終えて3位に付けていた藤井は、この日の勝利で暫定2位に浮上。「(実質は)3番手ですが、自力(昇格)の目もある。残りも昇格目指して頑張りたい」と話した。 Read more »

松坂大輔 涙でマウンドにありがとう「全部さらけ出して見てもらおう」痛みこらえ5球、怪物伝説完結

© スポーツニッポン新聞社 <西・日>引退試合を終え、マウンドに手を置く松坂(撮影・尾崎 有希)  ◇【西武・松坂大輔投手引退試合】パ・リーグ 西武2-6日本ハム(2021年10月19日 メットライフD)  西武の松坂大輔投手(41)が19日、引退試合となった日本ハム戦で16から変更した背番号18のユニホームに袖を通して先発。近藤健介外野手(28)に5球を投じて四球を与え、日米通算170勝の現役生活に別れを告げた。登板前の会見では家族への感謝を語る際に涙を流し、試合後もマウンドに別れを告げて涙。最後はナインの手で胴上げもされた。横浜高のエースで出場した甲子園、西武、メジャーでも活躍した「平成の怪物」の伝説が、ここに完結した。  試合後、場内を一周した松坂が誰もいないマウンドに歩を進めた。片膝をつき、右手でプレートに触れる。涙があふれた。両軍ナイン、ファンも静かに「儀式」を見守る。平成の怪物が太くて長い現役生活に別れを告げた。  「これまで投げてきたマウンドに対して“ありがとうございました”という思いを伝えさせてもらいました」  引退試合。大きな拍手に送られ先発マウンドに立った。「格好良いと思って続けてきた」という代名詞のワインドアップから近藤に投じた初球は、この日最速の118キロ直球。高めに浮きボールとなったが2球目は外角低めでストライクを取った。そこから3球連続ボールで四球。22年前、同じ日本ハム相手のプロデビュー戦で155キロを投じた男は「最後に“だからやめるんだよな”とスッキリできた」と晴れやかな表情で語り「1球のストライクは最後の最後で野球の神様が取らせてくれた」と感謝した。  右手中指の感覚がなく「投げるのが怖くなった」と引退を決断。首痛、右手のしびれと闘いながら最後の登板を目指し、前日は右肘に痛み止めの注射も打った。試合前は遠投、ブルペン投球も実施。直前の投球練習では右足で華麗にプレートの土を払った。同世代の選手、全国の野球少年がまねた所作。松坂は最後まで松坂だった。  会見では「本当は投げたくなかった。これ以上ダメな姿を見せたくない」と思い悩んだことを明かした。考えが変わったのは「最後にマウンドに立つ松坂大輔を見たい」という周囲の言葉。「全部さらけ出し見てもらおう」と心境が変化した。痛みをこらえ、ぎごちないフォームから5球を投じ「まだ投げてほしい、と言ってくれる方もいたけど、もうその声には応えられない、というのを報告できたと思う」と語った。  栄光と挫折を味わった23年間のプロ生活。07年にレッドソックスで世界一に輝くなど08年までの10年間で日米通算170勝の大半の141勝を挙げた。暗転は08年のシーズン中。足を滑らせ、とっさにポールをつかんだ際に右肩を負傷した。以降は肩をかばい「自分が追い求めるボールは投げられていなかった」と明かす。現役後半の13年で29勝。支えてくれた家族に話が及ぶと「家族なりに我慢もストレスもあったと思う」と涙を浮かべた。  変わったもの、変わらないもの。2つの生きざまを示した松坂は「野球を好きなまま終われてよかった」と言った。5歳で白球を追う楽しさに魅了された。高校時代は全球児の目標となり、プロで栄光もつかんだ。そんな男が必死にもがき、腕を振って取った最後のストライク。それもまた、伝説の一ページだ。(花里 雄太)  ◇松坂 大輔(まつざか・だいすけ)1980年(昭55)9月13日生まれ、東京都出身の41歳。横浜高では3年時に春夏連続甲子園出場。夏の甲子園決勝では59年ぶり2人目のノーヒットノーランを達成し、史上5校目の春夏連覇を達成。98年ドラフト1位で西武入団。1年目の99年に16勝で新人王を獲得し、01年まで3年連続最多勝。06年オフにポスティングシステムでレッドソックスに移籍し、08年に日本人投手最多の18勝。インディアンス、メッツを経て、15年にソフトバンクで日本球界復帰。18~19年に中日、20年から西武に復帰した。00年シドニー、04年アテネ五輪、06、09年WBC日本代表。1メートル82、92キロ。右投げ右打ち。  《12月4日に引退セレモニー》この日は試合後に引退セレモニーは行われず、松坂は場内を一周してファンに別れを告げた。12月4日のファン感謝イベント「LIONS THANKS FESTA 2021」で引退セレモニーが行われることが発表され「そこで改めてファンの方々には何か伝えられたらいいなと思っています」とコメント。同イベントはコロナ下でもあり、一部オンラインを除き来場人数に上限を設け実施される予定だ。 Read more »

豪雨で41人死亡 インド北部、各地で土砂崩れや洪水

© AFP インド北部のピトラガルとチャンパーワットをつなぐ幹線道路沿いに建設中だった橋が川に崩落する様子を捉えた写真(2021年10月19日撮影)。 【10月20日 AFP=時事】インド北部で18日から19日にかけ、豪雨による土砂崩れや洪水が発生し、少なくとも41人が死亡、多数が行方不明になっている。当局が明らかにした。  ヒマラヤ(Himalayan)地方に位置する北部ウッタラカンド(Uttarakhand)州当局の発表によれば、18日には土砂災害により6人が死亡。翌19日にはさらに複数の土砂崩れが発生し、35人が犠牲になった。最も被害が大きいナイニタール(Nainital)では、同日朝に7件の災害が発生し、少なくとも30人が死亡した。 © AFP インド北部ウッタラカンド州リシケシで、カンジス川の氾濫により発生した洪水の中に立つヒンズー教の神像(2021年10月19日撮影)。  インド気象庁は19日、北部で今後2日間にわたり豪雨が続くと予想し、気象警報を延長し、対象地域を拡大した。  インド北部のヒマラヤ地方は土砂災害が頻発する地域だが、専門家は異常な降雨と氷河の融解により災害発生頻度が増えていると指摘。水力発電用ダムの建設や森林破壊も災害増加の要因となっていると訴えている。 © AFP インド北部ウッタラカンド州ハリドワールで、増水したカンジス川を指さす住民(2021年10月19日撮影)。 【翻訳編集】AFPBB News © STAFF / AFP 豪雨に見舞われたインド北部ウッタラカンド州と同州ナイニタールの位置を示した図。 Read more »

ノーベル平和賞マララさん タリバンに書簡「少女に教育を」

© FNNプライムオンライン イスラム過激派に銃撃され重傷を負ったノーベル平和賞の受賞者、マララ・ユスフザイさんが、タリバンに書簡を送り、少女たちへの教育を求めた。 マララさんは17日、複数の活動家と連名でイスラム原理主義勢力「タリバン」に書簡を送った。 書簡では、日本で中学や高校にあたる中等教育学校の通学に女子生徒が排除されたことについて、「政策を破棄し、すぐにでも学校を開放するように」と訴えている。 マララさんは2012年、スクールバスで帰宅中に乗り込んできた武装勢力「パキスタン・タリバン運動」に銃撃されている。 Read more »

柏原 足かけ3年の連覇へ耳より情報、先週po解説がプラス 21日開幕マスターズgcレディース

© スポーツニッポン新聞社 練習グリーンでストレッチする柏原(撮影・井垣 忠夫)  女子ゴルフの高額賞金大会「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」(賞金総額2億円、優勝賞金3600万円)は21日から4日間競技で行われる。昨年はコロナ禍の影響で中止されたため2年ぶりの開催。19年大会を制した柏原明日架(25=富士通)は足かけ3年での連覇に意欲を示した。賞金女王を争う稲見萌寧(22=都築電気)、小祝さくら(23=ニトリ)、西村優菜(21=スターツ)も決意を語った。  アウト9ホールを回った柏原は「2年前を思い出す。ディフェンディングチャンピオンとして帰ってくることができたなと思った」と感慨深げに話した。  19年の前回大会は6打差の4位で臨んだ最終日に66をマークし逆転優勝。同年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンでのツアー初優勝からわずか1カ月後に2勝目を挙げた。  ただ、それ以降は2年間勝利から遠ざかっている。昨年は13試合中6試合で予選落ち。今年もなかなか上位に顔を出せなかった。しかし、9月以降はトップ10入り3試合と調子が上向いてきた。  先週のホステス大会・富士通レディースでは第2日を終えて6位につけた。ところが最終ラウンドは悪天候で中止。「最終日にいいプレーをしたいと思っていたし、ひそかに優勝も狙っていた」。不完全燃焼の中、急きょ依頼された3ホールのプレーオフのテレビ解説を引き受け、優勝を争った古江と勝のプレーについてコメントした。複雑な思いで放送席に座ったが、マイクを通して聞こえてくる選手とキャディーの会話が新鮮だった。  「(ショットの)球筋とか(パットの)ラインとか、その場にいる人しか聞けないことが聞けて私にはプラスだった。優勝争いする選手がどういうプレーをするか実感したし、得るものしかなかった」。優勝を争う選手たちの考え方や攻め方が貴重な情報になった。「今週に生かせたらいい」とも話した。  賞金ランク51位でシード権争いの当落線上にいるが、標的は一つ。「(シードを確実にして)安心したい気持ちもあるけど、連覇を目指せるのは私しかいない。優勝を目指したい」と力強く宣言した。 Read more »

「トミヤスは本当にいい引き立て役だ」冨安健洋を辛口のg・ネビルが絶賛! クラブ史上最高額dfが活躍できるのは「彼のおかげ」

クリスタル・パレス戦で5試合連続スタメン  現地時間10月18日に開催されたプレミアリーグ第8節で、冨安健洋が所属するアーセナルは、クラブのレジェンドであるパトリック・ヴィエラが指揮するクリスタル・パレスとホームで対戦。1‐2で迎えた後半アディショナルタイムに、FWアレクサンドル・ラカゼットが劇的な同点ゴールを奪い、何とか追いついたものの、2試合連続のドローに終った。 【動画】冨安がワンツーでお膳立て! アーセナルの先制ゴールをチェック  右SBで5試合連続の先発出場を果たした冨安は、二コラ・ペペとのワンツーを披露し、ピエール=エメリク・オーバメヤンが開始8分に決めた先制ゴールをお膳立て。珍しく簡単にボールをロストする場面もあったが、ソリッドな守備はさすがだった。  そんな日本代表DFについて、現地メディア『HITC』は「ガリー・ネビルは、22歳のおかげでアーセナルのチームメイトである5000万ポンド男(ベン・ホワイト)が良くなったと考えている」と題した記事を掲載。元イングランド代表DFのネビルが「トミヤスを称賛した」と伝えた。    辛口で知られる人気解説者は『Sky Sports』で、「トミヤスが加入した。彼はセンターバックでもプレーできるので、ホワイトにとって右サイドバックとして本当に良い引き立て役になった」と語っている。  自身も右SBの名手だったネビルは、DFとしてはクラブ史上最高額の5000万ポンド(約70億)で加入したホワイトは、冨安のおかげで引き立っていると感じているようだ。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部 Read more »

大宮v・仲田歩夢が「オシャレで綺麗」な私服ショット公開!「マスクしてても女優顔負け!」

「むちゃくちゃ素敵なお姉さま」  WEリーグの大宮アルディージャVENTUS所属のMF仲田歩夢が自身の公式インスタグラムを更新。エレガントな私服ショットを公開し、ファンの賛辞を浴びている。 【画像】仲田歩夢が公開した「オシャレで綺麗」な私服ショットをチェック!  黒のワンピースに、秋らしい茶色ブラウスのたすき掛けコーデで、両手にアイスクリームを持ったポートレートをアップロード。「おやすみなさい」と添えたこの投稿に、フォロワーからは以下のようなコメントが寄せられた。 「やば可愛い!」 「オシャレで綺麗です」 「自由の女神」 「美味しそう」 「マスクしてても女優顔負け!」 「モデルさん」 「今日もがんばれます!」 「むちゃくちゃ素敵なお姉さま」  仲田は今年1月に、INAC神戸レオネッサから現所属の大宮Vに移籍。新天地では重要戦力として攻守両面でアグレッシブなプレーを見せている。  11クラブでスタートした日本初の女子プロリーグ『WEリーグ』で、大宮Vはここまで5試合を消化し、1勝2分2敗の成績で、勝点5の10位。今後の巻き返しが期待されるなかで、技巧派レフティ仲田のさらなる奮起にも注目だ。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部 Read more »

文化放送社長、甲子園のスター2人の起用に意気込み「何らかの形でアプローチしていきたい」

文化放送が19日、定例会見を東京・浜松町の同局で。この日、西武の松坂大輔投手が引退試合を行った。長年、同局は「ライオンズナイター」で西武の試合を中継しており、齋藤清人社長は「松坂大輔さん、斎藤佑樹さん(日本ハム)に何らかの形でアプローチしていきたい」と現役を引退した甲子園のスター2人の起用に意気込んだ。 Read more »

米物価上昇、予想より長期化の公算=ボウマンfrb理事

© Reuters/Chris Wattie 米物価上昇、予想より長期化の公算=ボウマンFRB理事 [ニューヨーク 19日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)のボウマン理事は19日、供給網が目詰まりを起こしていることが物価高につながっているとし、物価上昇が継続する期間のほか、長期インフレ期待に及ぶ影響を注視することが重要になるとの考えを示した。 ボウマン理事はオンライン形式で行なったバーキン・リッチモンド地区連銀総裁との対話で「長期インフレ期待が受ける影響という文脈の中で考える必要がある」とし、「ほんの数カ月前と比べても、インフレがこれまでの予想よりも長く続く可能性がある状況にある」と述べた。 また、労働市場における供給問題に対処するにあたり、金融政策は必ずしも最適の手段ではないとの考えを示した。 Read more »

若き日の志村けんさん役 山田裕貴だヨ!ドリフ付き人時代からの半生ドラマで熱演

© デイリースポーツ 「志村けんとドリフの大爆笑物語」で志村けんさんを演じる山田裕貴  俳優・山田裕貴(31)が、12月にフジテレビ系で放送されるドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」に主演することが19日、分かった。昨年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった日本を代表するコメディアン・志村けんさんの半生を描いた物語。今最も勢いに乗る若手俳優のひとりである山田が若き日の志村さんを演じ、生前のコントも完全再現するなど熱量マックスの作品となりそうだ。  不世出のコメディアンが残した笑いの足跡は色あせることはない。物語は、高校卒業間際にコメディアンを志すことを決めた志村さんが、ザ・ドリフターズにバンドの付き人として携わるところから始まる。見習い時代の修業の日々、メンバーとなってから1990年代までの想像を絶するような過酷なスケジュールや、人気の裏に隠された挫折と苦悩、葛藤を描く。  また、毎週行われていたコントのネタ会議の様子やメンバーとの友情、ドリフの代名詞となった大人気番組「8時だョ!全員集合」(TBS系)や「ドリフ大爆笑」(フジテレビ系)の懐かしい場面も登場する。メンバー全員による「ドリフ大爆笑のテーマ」や「ドリフのズンドコ節」、数々のコントシーンにも注目だ。  大役を務める山田はオファーに「本当に僕ですか?僕で大丈夫ですか?と、信じられませんでした。楽しみよりもプレッシャーの方が大きかったです」と心境を明かした。  コントシーンは映像で何度も繰り返し見て研究したといい、撮影の合間にスタッフを相手にコントの練習に励むなど奮闘。「ドラマの中のセリフで、『笑いたがっている人、笑わせましょうよ』とありますが、そういうドラマになればいいなと。志村けんさんに変わって皆さんを笑顔にできるとうれしいです」と話した。  脚本・演出は、人気ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)などを手掛け、志村さんの冠コント番組「となりのシムラ」(NHK)の脚本にも携わった福田雄一氏が担当する。 Read more »