手越祐也はもうYouTubeをやめた?気になるウワサに本気回答「マイナス意見に耳を傾けるより」

手越祐也はもうyoutubeをやめた?気になるウワサに本気回答「マイナス意見に耳を傾けるより」

手越祐也

 元NEWSでミュージシャン・手越祐也(35)が24日に自身のYouTubeチャンネルを更新。「【追及】みんなが気になってるあの噂を本人に聞いてみた#3」というタイトルで動画を投稿し、自身の思いを赤裸々に語った。

 20年6月23日、退所後の記者会見をYouTubeチャンネルで生配信した手越。そこで最大同時接続数は132万人を記録し、現在でも日本記録1位を誇っている。その後も、モーニングルーティンや、愛車公開など、ユーチューバー“らしい”動画で人気を集めていたが、最近ではチャンネル登録者も減少傾向にあり、動画の投稿頻度も下がっている。

 そこでスタッフから「YouTubeをやらない理由は?」と問われると、手越は「始めたときは一人で、YouTubeしかなくて。そこで俺の活動を見てもらったり、素の手越祐也をお店することしかできなくて。でも21年の7月7日に“この音楽ならもう一度やっていける”っていうチームが出来上がって。何を一番大事にしてるかっていうと、やっぱりステージであり音楽なんです」と、真剣な表情で答える。

 「生半可な気持ちではできないし、またYouTubeに100%全振りできなくなるのはわかっていて。今は音楽で食べていくってことを考えたときに、再生回数を狙ったことはできなくて。音楽活動を一切見てない人からは“最近やってねぇな”って言われるけど、そんなマイナス意見に耳を傾けるよりは、それでも応援してくれる人を大事にしていきたい」と、前を向いていた。

News Related
  • 渡辺徹さん 敗血症で死去 61歳 先月20日に入院 回復叶わず 妻は榊原郁恵

    渡辺徹  俳優の渡辺徹さんが11月28日に敗血症で亡くなっていたことが2日、分かった。61歳。所属する文学座が発表した。葬儀は家族葬で執り行う。  発表された文書によると、渡辺さんは11月20日に発熱し、腹痛などの症状が出たため、都内病院を受診。細菌性胃腸炎と診断され、入院となった。その後、敗血症と診断され、加療するも、回復がかなわなかったという。  渡辺さんは80年に文学座附属演劇研究所に入所。81年、テレビドラマ「太陽にほえろ!」のラガー刑事役でデビュー。82年にはグリコのCMで歌った「約束」が大ヒット。一躍アイドルスターとなる。  85年、文学座座員に。98年、NHK大河ドラマ「徳川慶喜」で西郷隆盛を熱演。明るい人柄でバラエティー番組でも人気者に。また、舞台出演も多数ある。  妻の榊原郁恵とは1984年にドラマ「風の中のあいつ」で共演し、87年10月に結婚。俳優の長男・渡辺裕太(33)ら息子2人がいる。  今年10月6日には、舞台「今度は愛妻家」の公開稽古に参加。激やせした姿だった。ゲイバーのママ役を演じるにあたり、体重をピーク時の130キロから、73キロまで大減量したことを明かし、「元トップアイドルとしてアドバイス。決して太らないように。体形だけは」とユーモアたっぷりの自虐を交え、笑わせていた。
    See Details: 渡辺徹さん 敗血症で死去 61歳 先月20日に入院 回復叶わず 妻は榊原郁恵
  • 『ベストアーティスト2022』トップバッターはKing & Prince「ichiban」 NiziU、Da-iCEが続くダンスメドレーからスタート

    『ベストアーティスト2022』トップバッターはKing & Prince「ichiban」 NiziU、Da-iCEが続くダンスメドレーからスタート 明日12月3日放送の『ベストアーティスト2022』(日本テレビ系)が、King & Prince「ichiban」のパフォーマンスからスタートする。 番組は、SNSで話題になったダンス曲のメドレー「再生回数億ごえ!ダンスメドレー」から開幕。King & Prince「ichiban」、NiziU「CLAP CLAP」、Da-iCE「スターマイン」が披露される。 なお、タイムテーブルは番組公式Twitterにて公開されている。(リアルサウンド編集部)
    See Details: 『ベストアーティスト2022』トップバッターはKing & Prince「ichiban」 NiziU、Da-iCEが続くダンスメドレーからスタート
  • “おもしろ”に挑んだ松田元太!トーク中に寝たり&泣いたり

    さんが、「おもしろいね」と言ってもらうため奮闘しました。 12月2日(金)、『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ)が放送されました。 MCは、松本人志さん、千鳥(大悟さん、ノブさん)。 ゲストには、板野友美さん、春日俊彰(オードリー)さん、松田元太(Travis Japan)さん、ミッツ・マングローブさんが登場しました。 松田元太 松本人志から「おもろないなぁ」と言われガックリ 冒頭、松田さんが以前『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で松本さんと共演した際、収録中に「おまえ、めちゃくちゃ話つまんねぇな」と言われたと明かして、みな大ウケ。 松田さんは「『なるべく関わらないように生きていきたいな』と思っていた」そうですが、「(今日は)呼んでいただいたので。楽しみながら…」とコメント。 大悟さんから「『今日おもしろいね』って言っていただけたらね」と言われ、「はい!」と意気込みました。 そんな松田さんですが、この日は逆に“かかり”すぎてしまったようで…。 松田元太 ノブさんが「変なこだわり持っている人いますか?」と問いかると、それぞれが願掛けなどのこだわりを語るなか…。 松田:コンサートで、2回上手(かみて)にファンサービスしに行ったら、やっぱ下手(しもて)も2回行かないと、みたいな。 ノブ:ああー。 松田:同じ分だけ行きたいなっていうのはあります。 ミッツ:そうね、平等にね。 ノブ:やってるんだ。 松田:はい。 松本:うーん、おもろないなぁ…。 松本人志 一同:あはははは! 松田:こわいっすよぉ!(と言って、ガックリ) お酒をゴクっと飲んだ松田さんに、大悟さんは「おもろなり始めやんな!まだな。今のは、おもろなかったけど!」と声をかけました。 周囲からは「いい話でした」(板野)、「ファンは喜んでる!」(ミッツ)、「オープニングで『おもろないな』って振っていたのに、今の話できたって相当すごい」(大悟)と、フォローの声が続々。 松田さんは、なんともいえない表情で打ちひしがれました。 松田のエピソードに「がんばりすぎやねん!」(松本) また、春日さんからの「子どものころに好きだったお弁当のおかずは?」という問いかけに、「ミートボール」(春日)、「イカフライ」(ノブ)、「ミートソーススパゲティ」(ミッツ)と答えがあがり盛り上がるなか、松田さんは…。 春日俊彰 松田:僕は「唐揚げおにぎり」でした。 大悟:唐揚げが中に入ってるの? 松田:唐揚げがまるまる1個、中に入っていて。 春日:へぇ。 松本:(唐揚げとおにぎり)別々っていう選択肢はなかったの? 松田:(松本さんの目をまっすぐ見つめて)どうなんですかねー? 一同:あはははは! ノブ:聞いてきた(笑)。 松本:聞いたのに、聞いてきた! 大悟:わかんないもんな! ノブ:お母さんじゃないから。 松本:でもそれ、(おにぎり)1個がバンって入ってるの? 松田:毎回10個…。 一同:10個!?(と、声がそろう) 大悟:お弁当箱どうなるの? 松田:段ボールみたいな…。 大悟:段ボール!? 松本:(立ち上がって)うそつけぇ!もうええねん!もうええねん!がんばりすぎやねん! ノブ:「おもしろい」って言われたいからやん! ノブ 松本:おもしろを入れすぎてんねん!そんなわけないやないかぁ! ...
    See Details: “おもしろ”に挑んだ松田元太!トーク中に寝たり&泣いたり
  • 21歳のバレリーナが義足で踊り続ける理由「骨肉腫と診断されれば絶望的になる。でも」伝えたい思い

    21歳のバレリーナが義足で踊り続ける理由「骨肉腫と診断されれば絶望的になる。でも」伝えたい思い 21歳のバレリーナ、カーラ・スクルビス。3歳の頃からバレエを習い始め、大学ではダンスを専攻。今は国内を飛び回り子どもたちにバレエを教えている。そう聞くと世界中にたくさんいるバレエの先生の1人のように思える彼女が、今大きな注目を集めている。それは彼女が義足のバレリーナだから。 膝に感じた”温かい塊”の正体 2019年10月、大学1年のとき彼女は左脚の膝に鋭い痛みを感じ目を覚ました。バレリーナにとって脚は命。救急病院に行ったが原因は見つからず、彼女はそのままその学期を終えた。その後も違和感が続いたことから12月にカーラはクリスマス休暇を使って整形外科に行った。膝に何か「温かい塊」があるのを感じたが彼女は血栓だと思っていたという。 しかしレントゲン写真を撮った結果、その塊は腫瘍であることが判明。2020年1月に骨肉腫、つまり骨のガンであると診断された。骨肉腫はガンの中ではまれな事例と言われているが10代の思春期で発生しやすい病気であると言われている。カーラは診断を受けたときのことを雑誌『ピープル』にこう振り返る。「13歳のときに突然父が亡くなり、それを受け入れなくてはいけなかった。ガンもそれと同じだった。私をうちのめす予想外の出来事だった。心の準備ができていたわけではなかったけれど全力で立ち向かっていかなくてはならなかった」。 彼女は化学療法を始めるが、しばらくしてから左脚を切断する手術を受けることを決断する。「化学療法はつらかった。もちろん切断は私の人生を一変させるものだったけれど、ただ腫瘍を取り除きたかった。これ以上化学療法を続けたくなかった」。2020年4月に膝の上で脚を切断する手術を受けた。 入院中、彼女は小児骨肉腫と闘う子どもたちや家族をサポートする非営利団体「MIBエージェント」の存在を知る。この団体の支援で脚を失ったショックを克服していった彼女は新たな目標を見出す。1つは骨肉腫だと診断されたばかりの子どもをサポートし、治療法の発見に向けて研究を支援することだが、もう1つは脚を失っても夢を持ち続けることができるということを自分の身体を見せることで知ってもらうこと。この骨肉腫という領域を超える大きな目標のために、彼女は今義足を隠さず子どもたちの前に立ちダンスを教えている。 カーラは同誌にこう語る。「私はまた踊れるようになると信じ、絶対に諦めなかった。私は子どもの頃とても背が高くて他の子どもたちから好かれなかった。バレエはみんなからいい反応を得るための手段だった。同時に誰からなんと言われようと自分の身体を美しく感じられる空間でもあった」。脚を失った今も、自分を受け入れる場所であることに変わりはないとカーラは語る。「他の21歳と同じようには見えないけれど自分の身体を美しく見せることはできる。他の子がするようなこともできる。”自分の望むことを恐れずにやる”。バレエは私にとってそういう気持ちを示すもの」と話す。 今はMIBエージェントの若手メンバーによる諮問委員会のプレジデントとして活躍しつつ、医療環境にある子どもや家族に心理的、社会的な支援を提供するチャイルド・ライフ・スペシャリストになるための勉強をしているそう。「骨肉腫と診断されれば絶望的になる。でもそのせいで夢を終わらせる必要がないんだということを他の子どもや若者たちに私の姿で示していきたい」とカーラ。義足で踊る彼女の姿を紹介した同誌の記事には「あなたの強さに憧れる」「揺らがない決意を尊敬する」というコメントが寄せられている。 出典:21-Year-Old Dance Major Continues Ballet Following Bone Cancer, Leg Amputation: ‘I Never Gave Up’ 長坂陽子 ライター&翻訳者。ハリウッド女優、シンガーからロイヤルファミリー、アメリカ政治界注目の女性政治家まで世界のセレブの動向を追う。女性をエンパワメントしてくれるセレブが特に好き。著書に「Be yourself あなたのままでいられる80の言葉」(メディアソフト)など。
    See Details: 21歳のバレリーナが義足で踊り続ける理由「骨肉腫と診断されれば絶望的になる。でも」伝えたい思い
  • “必殺仕事人”東山紀之『探偵!ナイトスクープ』に“顧問”で初登場決定 松本人志局長としらふで初共演

    『探偵!ナイトスクープ』に出演する(左から)松本人志、東山紀之  俳優の東山紀之が、来年1月6日放送予定のABCテレビ『探偵!ナイトスクープ』(毎週金曜 後11:17 ※関西ローカル)に初登場し、“顧問”を務めることがわかった。  2023年は痛快エンターテインメント時代劇“必殺シリーズ”50周年。東山にとっては、自身が主演を引き継いだ07年以来、15周年の節目となる。そこで、同局・テレビ朝日系で1月8日放送のスペシャルドラマ『必殺仕事人』(後9:00)を1人でも多くの人に楽しんでもらおうと、“仕事人”東山が動いた。  やって来たのは、関西が誇る人気長寿番組『探偵!ナイトスクープ』の探偵局。松本人志局長に紹介され、顧問を務めた。知らされていなかった観覧席からは、声にならない歓喜が聞こえ、拍手がやまず。松本局長が「きょうは、『必殺仕事人』のプロモーションで来られたんですよね?」と向けると、東山顧問は「いえいえ。ギタ・タローさんの代役で、探偵さんたちのご活躍を見に来ました」と真顔で返した。  「どんな番組かご存知ですか?」と聞かれると、東山顧問は「人を探したりとか…」とざっくりと答えるなど、どこまでがジョークかわからないひょうひょうとした口ぶり。松本局長の共演は今回が2度目で、前回はお酒を飲みながらの番組だったとかで、「しらふで会うのはきょうが初めてですよね」と言いながら、“しらふの松本局長”に並んだ。  1つめの依頼「内藤剛志に恋する小学6年生」には、VTRにいきなり内藤剛志本人が現れて、驚きながらも微笑ましく見ていた東山顧問。次の「うがいができない妹」という依頼では、担当した澤部佑探偵がVTR 前に「東山さん、うがいできますか?」と尋ねると、「できるよ!」と食い気味に返して観客の笑いを誘った。VTRが終わったあとは、「教えるのって難しいですね。ご苦労しましたよね」と澤部探偵の仕事ぶりをねぎらっていた。  番組の最後は、もちろん『必殺仕事人』のPR。“仕事人”東山は「内藤さんは番宣もなくサッとVTRに出られているのに、ここで僕が、いいんでしょうか?」と恐縮しつつも、「今回の“必殺”は、シリーズ50周年にふさわしい見ごたえある内容になっています。“衝撃的な結末”を用意していますので、ぜひご覧ください!」と新作の魅力を伝え、任務を完了させた。  TVerとGYAO!で見逃し配信が予定される。 ■東山紀之 『探偵!ナイトスクープ』出演後の感想  伝統ある番組に出させていただいて、大変光栄です。今日の依頼の中では「うがい」が印象的でしたね。教えるって難しいなと思って、目が覚めたというか。こういう依頼を取り上げるところが、番組の人気の秘密なんだろうなと思いました。松本さんとは2度目の共演ですが、1回目の共演のときは松本さんも浜田(雅功)さんもベロベロだったんです。しらふだったのは僕だけだったので、きょうはお互いにしらふでよかったです(笑)。  次はぜひ、探偵で出させていただきたいですね。大阪の街に出て、依頼を解決してみたいです。僕がもし、依頼主になるなら「京都でお世話になったスタッフ、どこに行ったかな?」みたいな、懐かしい人を探してもらうのもありかなと。そのときは、(間)寛平師匠にお願いしたいですね。きょうはいらっしゃいませんでしたが、久しぶりにお会いしたいですし。  僕に殺されたい人がいたら、“ナイトスクープ”を通して、ご依頼にお応えするのもおもしろいかもしれないですね。京都の撮影所まで来てもらって、きちんと本格的に監督も照明も“必殺”のスタッフでやって。そのときは、バッサリ斬らせていただきます(笑)。  『必殺仕事人』も50周年。内藤(剛志)さんが小学生に慕われていたように、次の世代に『必殺仕事人』が広がっていくといいなと思います。
    See Details: “必殺仕事人”東山紀之『探偵!ナイトスクープ』に“顧問”で初登場決定 松本人志局長としらふで初共演
  • 「日本戦の敗北がすべてだった…」ドイツ代表FWがGS敗退の要因を問われて即答「立ち直れない」【W杯】

    「日本戦の敗北がすべてだった…」ドイツ代表FWがGS敗退の要因を問われて即答「立ち直れない」【W杯】 日本代表が大国スペインを相手に歴史的勝利を挙げた一方で、優勝候補の一角を担ったドイツ代表のグループステージ敗退も、驚きをもって世界中のメディアで報じられている。 現地木曜日、カタールワールドカップ第3戦でドイツはコスタリカと対戦。ベスト16進出に向けて勝利しか許されない状況下で、激しい撃ち合いを4-2で制した。しかし、勝点4でスペインと並んだものの得失点差で後塵を拝し、グループ3位が確定。過去4度の優勝を誇る大国が、2大会連続でのグループステージ敗退という屈辱を味わった。 試合後、ミックスゾーンで取材に応じたのが、ドイツ代表のFWニクラス・フュルクルクだ。第2戦のスペイン戦で値千金の同点ゴールを決めた29歳は、「現実に打ちひしがれている。あまりにも厳しい結果に立ち直れない」とコメント。そして早期敗退の要因を問われると、次のように答えた。 「ドイツが予選を突破できなかったのは、このコスタリカ戦とは関係ないよ。すべてはあの初戦の日本戦だ。あの敗北がすべてだった。僕たちはたくさんの問題を抱えてしまって、後半に2ゴールを奪われ、取り返しのつかない結果を招いたんだ。あまりにも決定的なゲームになってしまった……」 ブレーメンのエースストライカーは「本当に痛々しい結果だ。感情を表現するのが難しいよ。この現実を受け入れるのには、かなりかなり長い時間が必要だと思う」と言葉を振り絞り、肩を落とした。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    See Details: 「日本戦の敗北がすべてだった…」ドイツ代表FWがGS敗退の要因を問われて即答「立ち直れない」【W杯】
  • ホープツーリズム×ワーケーション 福島県、復興加速へ被災地で実証事業

    いこいの村なみえで業務に取り組む神戸製鋼所の社員  福島県は1日から3日までの3日間、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被災地で、複合災害の教訓を学ぶ「ホープツーリズム」と、休暇先で仕事をする「ワーケーション」を組み合わせた実証事業に取り組んでいる。  神戸製鋼所(本社・東京都)の社員6人が訪れている。初日は浪江町の福島いこいの村なみえで業務に取り組み、設備や環境を確認した。原子力・復興プロジェクト部の知久大輔営業室長は「環境が整い、ワーケーションとして利用できると感じた。被災地の現状も知ることができた」と話した。  2、3の両日はいわき市を巡り、テレワークを体験するほか、いわきマリンタワーなどを見学する。  実証事業は今年度3度目。県外の企業を対象に被災地でワーケーションを体験するとともに、地域の魅力や現状も感じてもらうことで、観光需要の拡大や復興の加速化につなげる。
    See Details: ホープツーリズム×ワーケーション 福島県、復興加速へ被災地で実証事業
  • 岡田武史氏 日本の快進撃に感慨深げ「ドイツ、スペインに勝つなんてね、本当に夢のような話」

    元日本代表監督の岡田武史氏  元サッカー日本代表監督の岡田武史氏(66)が2日、テレビ朝日系「報道ステーション」にサッカーFIFAワールドカップ(W杯)が開かれているカタール・ドーハから生出演した。  岡田氏は1日(日本時間2日午前4時キックオフ)に行われた1次リーグE組の最終戦、日本―スペインを中継したフジテレビでゲスト解説を務めたが、日本が逆転勝ちを収めた結果に「ドイツ、スペインに勝つなんてね、僕らの世代からすると本当に夢のような話でね。本当に満足しましたよ。昨日は結果だけで十分です」と感慨深げな表情を見せた。  現在の日本代表について「海外へ行って、みんな対等に試合をやる。メンタル的に負い目を持っていない。ドイツ代表よりバイエルン・ミュンヘンの方が強いです。選手がそういうことを言えるくらい大きいですよね。堂々と戦ってくれているな、という気がします」と、海外でプレーをしている選手が増えたことが好成績の要因の一つとした。  また「不思議なもんで、勝っていくと、どんどん一体感が生まれてくるんですよ。そしてお互いの信頼関係が強まってくる。このチームが苦しい中を一緒に乗り越えてきたという信頼感があるので、次も行けると思いますね」と語った。  岡田監督は10年W杯南アフリカ大会で決勝トーナメントに進み、パラグアイにPK戦の末敗れた時を振り返り「相手の監督が抱きついてきて、泣いて“サンキューサンキュー”って言われて、このやろうと思ったんだけど…でも、彼らも何回もチャレンジして初めてあの時、ベスト16の壁を破ったんですよね。そうか、俺たち数回ここに来ただけで、すぐ行けると思っちゃいけないんだと。国として何回も経験を積んだ上で行く。でももう3回経験したんで、そろそろ行ってもいいんじゃないかと。神様も許してくれると思っています」と語った。
    See Details: 岡田武史氏 日本の快進撃に感慨深げ「ドイツ、スペインに勝つなんてね、本当に夢のような話」
  • ノボグラーツ氏、ビットコイン5年以内に50万ドルとの予想撤回

    元日本代表監督の岡田武史氏  元サッカー日本代表監督の岡田武史氏(66)が2日、テレビ朝日系「報道ステーション」にサッカーFIFAワールドカップ(W杯)が開かれているカタール・ドーハから生出演した。  岡田氏は1日(日本時間2日午前4時キックオフ)に行われた1次リーグE組の最終戦、日本―スペインを中継したフジテレビでゲスト解説を務めたが、日本が逆転勝ちを収めた結果に「ドイツ、スペインに勝つなんてね、僕らの世代からすると本当に夢のような話でね。本当に満足しましたよ。昨日は結果だけで十分です」と感慨深げな表情を見せた。  現在の日本代表について「海外へ行って、みんな対等に試合をやる。メンタル的に負い目を持っていない。ドイツ代表よりバイエルン・ミュンヘンの方が強いです。選手がそういうことを言えるくらい大きいですよね。堂々と戦ってくれているな、という気がします」と、海外でプレーをしている選手が増えたことが好成績の要因の一つとした。  また「不思議なもんで、勝っていくと、どんどん一体感が生まれてくるんですよ。そしてお互いの信頼関係が強まってくる。このチームが苦しい中を一緒に乗り越えてきたという信頼感があるので、次も行けると思いますね」と語った。  岡田監督は10年W杯南アフリカ大会で決勝トーナメントに進み、パラグアイにPK戦の末敗れた時を振り返り「相手の監督が抱きついてきて、泣いて“サンキューサンキュー”って言われて、このやろうと思ったんだけど…でも、彼らも何回もチャレンジして初めてあの時、ベスト16の壁を破ったんですよね。そうか、俺たち数回ここに来ただけで、すぐ行けると思っちゃいけないんだと。国として何回も経験を積んだ上で行く。でももう3回経験したんで、そろそろ行ってもいいんじゃないかと。神様も許してくれると思っています」と語った。
    See Details: ノボグラーツ氏、ビットコイン5年以内に50万ドルとの予想撤回
  • ブラックロック、パウエル氏発言受けた株高に懐疑的

    元日本代表監督の岡田武史氏  元サッカー日本代表監督の岡田武史氏(66)が2日、テレビ朝日系「報道ステーション」にサッカーFIFAワールドカップ(W杯)が開かれているカタール・ドーハから生出演した。  岡田氏は1日(日本時間2日午前4時キックオフ)に行われた1次リーグE組の最終戦、日本―スペインを中継したフジテレビでゲスト解説を務めたが、日本が逆転勝ちを収めた結果に「ドイツ、スペインに勝つなんてね、僕らの世代からすると本当に夢のような話でね。本当に満足しましたよ。昨日は結果だけで十分です」と感慨深げな表情を見せた。  現在の日本代表について「海外へ行って、みんな対等に試合をやる。メンタル的に負い目を持っていない。ドイツ代表よりバイエルン・ミュンヘンの方が強いです。選手がそういうことを言えるくらい大きいですよね。堂々と戦ってくれているな、という気がします」と、海外でプレーをしている選手が増えたことが好成績の要因の一つとした。  また「不思議なもんで、勝っていくと、どんどん一体感が生まれてくるんですよ。そしてお互いの信頼関係が強まってくる。このチームが苦しい中を一緒に乗り越えてきたという信頼感があるので、次も行けると思いますね」と語った。  岡田監督は10年W杯南アフリカ大会で決勝トーナメントに進み、パラグアイにPK戦の末敗れた時を振り返り「相手の監督が抱きついてきて、泣いて“サンキューサンキュー”って言われて、このやろうと思ったんだけど…でも、彼らも何回もチャレンジして初めてあの時、ベスト16の壁を破ったんですよね。そうか、俺たち数回ここに来ただけで、すぐ行けると思っちゃいけないんだと。国として何回も経験を積んだ上で行く。でももう3回経験したんで、そろそろ行ってもいいんじゃないかと。神様も許してくれると思っています」と語った。
    See Details: ブラックロック、パウエル氏発言受けた株高に懐疑的
  • 【ワークマン】オーバーサイズプルオーバー(1280円)┃カラーが豊富で冬のトップスにおすすめ

    元日本代表監督の岡田武史氏  元サッカー日本代表監督の岡田武史氏(66)が2日、テレビ朝日系「報道ステーション」にサッカーFIFAワールドカップ(W杯)が開かれているカタール・ドーハから生出演した。  岡田氏は1日(日本時間2日午前4時キックオフ)に行われた1次リーグE組の最終戦、日本―スペインを中継したフジテレビでゲスト解説を務めたが、日本が逆転勝ちを収めた結果に「ドイツ、スペインに勝つなんてね、僕らの世代からすると本当に夢のような話でね。本当に満足しましたよ。昨日は結果だけで十分です」と感慨深げな表情を見せた。  現在の日本代表について「海外へ行って、みんな対等に試合をやる。メンタル的に負い目を持っていない。ドイツ代表よりバイエルン・ミュンヘンの方が強いです。選手がそういうことを言えるくらい大きいですよね。堂々と戦ってくれているな、という気がします」と、海外でプレーをしている選手が増えたことが好成績の要因の一つとした。  また「不思議なもんで、勝っていくと、どんどん一体感が生まれてくるんですよ。そしてお互いの信頼関係が強まってくる。このチームが苦しい中を一緒に乗り越えてきたという信頼感があるので、次も行けると思いますね」と語った。  岡田監督は10年W杯南アフリカ大会で決勝トーナメントに進み、パラグアイにPK戦の末敗れた時を振り返り「相手の監督が抱きついてきて、泣いて“サンキューサンキュー”って言われて、このやろうと思ったんだけど…でも、彼らも何回もチャレンジして初めてあの時、ベスト16の壁を破ったんですよね。そうか、俺たち数回ここに来ただけで、すぐ行けると思っちゃいけないんだと。国として何回も経験を積んだ上で行く。でももう3回経験したんで、そろそろ行ってもいいんじゃないかと。神様も許してくれると思っています」と語った。
    See Details: 【ワークマン】オーバーサイズプルオーバー(1280円)┃カラーが豊富で冬のトップスにおすすめ
  • 暖かすぎた11月から、いきなりの真冬

    元日本代表監督の岡田武史氏  元サッカー日本代表監督の岡田武史氏(66)が2日、テレビ朝日系「報道ステーション」にサッカーFIFAワールドカップ(W杯)が開かれているカタール・ドーハから生出演した。  岡田氏は1日(日本時間2日午前4時キックオフ)に行われた1次リーグE組の最終戦、日本―スペインを中継したフジテレビでゲスト解説を務めたが、日本が逆転勝ちを収めた結果に「ドイツ、スペインに勝つなんてね、僕らの世代からすると本当に夢のような話でね。本当に満足しましたよ。昨日は結果だけで十分です」と感慨深げな表情を見せた。  現在の日本代表について「海外へ行って、みんな対等に試合をやる。メンタル的に負い目を持っていない。ドイツ代表よりバイエルン・ミュンヘンの方が強いです。選手がそういうことを言えるくらい大きいですよね。堂々と戦ってくれているな、という気がします」と、海外でプレーをしている選手が増えたことが好成績の要因の一つとした。  また「不思議なもんで、勝っていくと、どんどん一体感が生まれてくるんですよ。そしてお互いの信頼関係が強まってくる。このチームが苦しい中を一緒に乗り越えてきたという信頼感があるので、次も行けると思いますね」と語った。  岡田監督は10年W杯南アフリカ大会で決勝トーナメントに進み、パラグアイにPK戦の末敗れた時を振り返り「相手の監督が抱きついてきて、泣いて“サンキューサンキュー”って言われて、このやろうと思ったんだけど…でも、彼らも何回もチャレンジして初めてあの時、ベスト16の壁を破ったんですよね。そうか、俺たち数回ここに来ただけで、すぐ行けると思っちゃいけないんだと。国として何回も経験を積んだ上で行く。でももう3回経験したんで、そろそろ行ってもいいんじゃないかと。神様も許してくれると思っています」と語った。
    See Details: 暖かすぎた11月から、いきなりの真冬
  • 日産 ノート e-POWER NISMO S が走行不能でリコール…ヒューズ劣化

    元日本代表監督の岡田武史氏  元サッカー日本代表監督の岡田武史氏(66)が2日、テレビ朝日系「報道ステーション」にサッカーFIFAワールドカップ(W杯)が開かれているカタール・ドーハから生出演した。  岡田氏は1日(日本時間2日午前4時キックオフ)に行われた1次リーグE組の最終戦、日本―スペインを中継したフジテレビでゲスト解説を務めたが、日本が逆転勝ちを収めた結果に「ドイツ、スペインに勝つなんてね、僕らの世代からすると本当に夢のような話でね。本当に満足しましたよ。昨日は結果だけで十分です」と感慨深げな表情を見せた。  現在の日本代表について「海外へ行って、みんな対等に試合をやる。メンタル的に負い目を持っていない。ドイツ代表よりバイエルン・ミュンヘンの方が強いです。選手がそういうことを言えるくらい大きいですよね。堂々と戦ってくれているな、という気がします」と、海外でプレーをしている選手が増えたことが好成績の要因の一つとした。  また「不思議なもんで、勝っていくと、どんどん一体感が生まれてくるんですよ。そしてお互いの信頼関係が強まってくる。このチームが苦しい中を一緒に乗り越えてきたという信頼感があるので、次も行けると思いますね」と語った。  岡田監督は10年W杯南アフリカ大会で決勝トーナメントに進み、パラグアイにPK戦の末敗れた時を振り返り「相手の監督が抱きついてきて、泣いて“サンキューサンキュー”って言われて、このやろうと思ったんだけど…でも、彼らも何回もチャレンジして初めてあの時、ベスト16の壁を破ったんですよね。そうか、俺たち数回ここに来ただけで、すぐ行けると思っちゃいけないんだと。国として何回も経験を積んだ上で行く。でももう3回経験したんで、そろそろ行ってもいいんじゃないかと。神様も許してくれると思っています」と語った。
    See Details: 日産 ノート e-POWER NISMO S が走行不能でリコール…ヒューズ劣化
  • 【近畿の天気】土曜朝は今季一番の冷え込み…ただ日中は気温上昇 日曜は傘の出番あり

    元日本代表監督の岡田武史氏  元サッカー日本代表監督の岡田武史氏(66)が2日、テレビ朝日系「報道ステーション」にサッカーFIFAワールドカップ(W杯)が開かれているカタール・ドーハから生出演した。  岡田氏は1日(日本時間2日午前4時キックオフ)に行われた1次リーグE組の最終戦、日本―スペインを中継したフジテレビでゲスト解説を務めたが、日本が逆転勝ちを収めた結果に「ドイツ、スペインに勝つなんてね、僕らの世代からすると本当に夢のような話でね。本当に満足しましたよ。昨日は結果だけで十分です」と感慨深げな表情を見せた。  現在の日本代表について「海外へ行って、みんな対等に試合をやる。メンタル的に負い目を持っていない。ドイツ代表よりバイエルン・ミュンヘンの方が強いです。選手がそういうことを言えるくらい大きいですよね。堂々と戦ってくれているな、という気がします」と、海外でプレーをしている選手が増えたことが好成績の要因の一つとした。  また「不思議なもんで、勝っていくと、どんどん一体感が生まれてくるんですよ。そしてお互いの信頼関係が強まってくる。このチームが苦しい中を一緒に乗り越えてきたという信頼感があるので、次も行けると思いますね」と語った。  岡田監督は10年W杯南アフリカ大会で決勝トーナメントに進み、パラグアイにPK戦の末敗れた時を振り返り「相手の監督が抱きついてきて、泣いて“サンキューサンキュー”って言われて、このやろうと思ったんだけど…でも、彼らも何回もチャレンジして初めてあの時、ベスト16の壁を破ったんですよね。そうか、俺たち数回ここに来ただけで、すぐ行けると思っちゃいけないんだと。国として何回も経験を積んだ上で行く。でももう3回経験したんで、そろそろ行ってもいいんじゃないかと。神様も許してくれると思っています」と語った。
    See Details: 【近畿の天気】土曜朝は今季一番の冷え込み…ただ日中は気温上昇 日曜は傘の出番あり

OTHER NEWS

「アジアの誇り」森保ジャパンがカタール移民労働者にも勇気と感動を与える!「いつか日本みたいに」【W杯】

「アジアの誇り」森保ジャパンがカタール移民労働者にも勇気と感動を与える!「いつか日本みたいに」【W杯】 [カタールW杯グループステージ第3戦]日本代表 пј’-пј‘ スペイン代表/現地時間12жњ€пј‘ж—ҐпјЏгѓЏгѓЄгѓ•г‚Ўе›Ѕйљ›г‚№г‚їг‚ёг‚ўгѓ 日本代表がスペイン代表を破った後の選手取材を終え、スタジアムからメディアセンターに向かって歩いている途中だった。「ジャパーン!ウィーン!」と大きな声が聞こえてきた。 ハリファ国際スタジアムで案内係をしているマレーシア人の男性だった。彼はサッカーが大好きなそうで、むしろ僕よりも興奮している様子だった。 「凄いぞ日本! ドイツ戦もこのスタジアムだっただろ? あの時も俺はここで働いていたんだ。最高だよ。マレーシアはW杯に出たこともないんだ。羨ましいよ」 僕が「ありがとう。俺たちはアジアの仲間さ」と言うと、彼は「そうだな! カタールにいるたくさんのマレーシア人、そしてアジア人もみんな日本を応援している。日本はアジアの誇りだ」とニッコリ笑って握手をしてくれた。 直後の宿泊ホテルでも似たようなことがあった。いつも部屋を掃除してくれるバングラディッシュ人清掃員の青年は、部屋に入るなり「日本がまた勝ったね!」とお祝いしてくれた。彼もまたサッカーが大好きだ。 「君たちが泊まってくれているし、ホテルのみんなで日本を応援しているんだ。バングラディッシュのサッカーはまだ弱いけど、いつか日本みたいなってほしいな」 日本だってアジア予選を突破できない時代が長く続いていた。バングラディッシュだってその気になれば不可能はない。僕が「いつかW杯で日本とバングラディッシュの試合が見たいね」と言うと、彼は「見たい!」と目をキラキラさせていた。 カタールは移民国家で、総人口の約77%が外国からの出稼ぎ労働者。W杯取材でドーハ入りして約3週間が経過したが、ホテルやスタジアムはもちろん、ご飯を食べに行っても、スーパーに買い物に行っても、メトロやタクシーに乗っても、出会うのはほとんどが移民労働者だ。しかもそれこそマレーシアやバングラディッシュ、インド、ネパール、フィリピン、ヨルダン、バーレーンなどアジア系が多い。 そんなカタールで働く多くのアジア人労働者たちにも、森保ジャパンは感動と勇気を与えているのだ。 取材・文●白鳥大知(サッカーダイジェスト特派) Read more »

【速報】「“自公国”連立検討」報道 各党首が一斉に否定

【速報】「“自公国”連立検討」報道 各党首が一斉に否定 自民党、公明党の連立政権に国民民主党が加わることが検討されているとの一部報道について、岸田総理は「私は全く知りませんし、私自身考えてはおりません」と否定しました。 岸田総理 「どこからそういった情報が出たのかは知りませんが、私は全く知りませんし、私自身考えてはおりません」 岸田総理はこのように述べ、国民民主党が自民、公明の連立に加わることが検討されているとの一部報道を否定しました。 また、公明党の山口代表も「全く聞いたこともないし、我が党幹部からもそういう話を聞いたという報告もない」と否定しました。 一方、国民民主党の玉木代表はさきほど緊急会見を開き、「報道されたような事実はない」と否定し、「野党の立場で是は是、非は非ということでやっていく」と強調しました。 Read more »

リゼロ:ドレス姿のレムのフィギュア Bfull FOTS JAPANオリジナルデザイン 透明感も

「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムのフィギュア「Re:ゼロから始める異世界生活『レム』ドレスver. 1/6スケール 塗装済み完成品フィギュア」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会   MF文庫J(KADOKAWA)のライトノベルが原作のテレビアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」のレムのフィギュア「Re:ゼロから始める異世界生活『レム』ドレスver. 1/6スケール 塗装済み完成品フィギュア」(Bfull FOTS JAPAN)が2023年5月に発売される。価格は2万4200円。  Bfull FOTS JAPANオリジナルデザインのドレス姿のレムを立体化。クリアパーツによって、薄地の布の重なり、透明感を表現した。レムの髪色に合わせた淡いブルーのドレスは、細かな花柄をアクセントとしてちりばめ、ふわりと揺れ動く裾の軽やかさを繊細に造形した。6分の1スケール、全高約22.5センチ。  ショッピングサイト「Bfullオンラインショップ」などで販売される。 Read more »

米女子ツアー最終予選会 61位の西村優菜「満足いくようなショットが打てず、残念です」

<米女子ゴルフ:最終予選会(Qシリーズ)>◇第1ラウンド(第1週第1日)◇1日(日本時間2日)◇米アラバマ州モービル・マグノリアグローブ◇クロッシングズコース(6664ヤード、パー72)、フォールズコース(6643ヤード、パー71) 米女子ツアーの来季出場権を懸けた最終予選会が開幕し、 西村優菜(22)はフォールズコース(FC)を回り、2バーディー、3ボギーの1オーバー、72で61位につけている。 最終予選会には100人が出場。第1週の4ラウンドを終えて、70位タイまでが第2週に進む。第2週で45位タイまでに入れば来季の出場権を得る。順位が高い選手ほど、出場可能な試合数が増えることになる。   ◇   ◇   ◇ 西村は「スタートからいい緊張感はあった。いい雰囲気で入れたと思いますが、ちょっと苦しい1日でした」と振り返った。 2番パー3で約1・5メートルのパットを沈めてバーディー先行。3番パー4ではアプローチミスで第3打がグリーンに届かず、この日初ボギー。6番パー3では3パットでボギー。7番パー4も連続ボギーとした。苦しい前半だったが、後半最初の10番パー5は約4メートルを沈めてバーディーも、笑顔はなかった。 「今日は何一つ思うような、満足いくようなショットが打てず、残念です」と唇をかみしめた。「下がぬかるんでいる影響もあってパー4で1回しかアイアンが持てず、スプーンで打っても届かないホールもあった」と明かした。 第2ラウンドはもう1つのコースを回る。「パッティングのフィーリングはすごくいい。ショットを修正して、もうちょっとバーディーチャンスにつけられたら」と意気込んだ。 西村優菜(2022年11月11日撮影) Read more »

ウクライナ南部のロシア軍塹壕は弱点に、攻撃阻止には短すぎる

ウクライナ南部のロシア軍塹壕は弱点に、攻撃阻止には短すぎる ウクライナ軍の旅団がウクライナ南部でロシア軍を川幅のあるドニプロ川の向こうに後退させてヘルソン市を解放し、ロシア軍の9カ月にわたる攻勢をそいでから3週間が経った。 南部での戦闘はそれ以来、沈静化している。だがその平穏は来るべき深刻化を示している。ロシア軍は塹壕を掘っている。そしてウクライナ側はロシア軍の新たな防衛線の弱点を探っている。 その弱点はすでに明らかだ。米ワシントンD.C.に拠点を置くシンクタンクの戦争研究所はウクライナ南部におけるロシア軍の防衛に関する詳細な研究の中で、「ヘルソン州東部のロシアの野戦要塞は道路に沿ったドライブの防御に最適化されたもので、遮るものがない野原での包囲に対して非常に脆弱だ」と指摘している。 ドニプロ川左岸のヘルソン州東部では塹壕と戦車トラップが続々と出現している。しかし要塞の長さは不十分で、途中で途切れている。ドニプロ川から南下し、ロシア軍に占領されたクリミア半島に向かう幹線道路をまたいでいるに過ぎない。これは、南方で消耗しているロシアの野戦軍にとって不吉な兆候だ。 ウクライナ軍の機械化部隊はすでに荒地の横断に精通している。そうやって9月からヘルソン北部に進軍した。確かにウクライナは現在寒く、地面はぬかるんでいて平原を横断しながらの行軍には理想的な状況ではない。しかし、今後数週間で気温は下がり、地面は固まる。ウクライナ軍がドニプロ川を渡ったら、再び野原を通らない可能性はないとは言い切れない。 戦術的には、ウクライナ軍は荒れ地を進むことでロシアが最も守りを固めている陣地を迂回することができるかもしれない。作戦上も、ウクライナ軍はロシアの密集した要塞を回避するチャンスがある。 戦争研究所のアナリストが衛星画像を調べたところ、ドニプロ川河口の左岸からカーブを描いて突き出ている砂地のキンバーン半島の東端に、ロシア軍の新しい土塁がたくさんあることを発見した。 これらの土塁は理にかなっている。ウクライナ軍の奇襲隊は少なくとも2週間前からキンバーン半島にいたようだ。ウクライナ軍がドニプロ川の左岸に陣取ろうとキンバーン半島から東に移動を試みた場合、ロシア軍の新しい要塞が邪魔になる可能性がある。 しかし、キンバーン半島とは反対側のザポリージャ州との州境のロシア軍の要塞はかなり薄い。アナリストらは以前からザポリージャ州でのウクライナ軍の攻勢を予想していた。ウクライナ軍が右旋回し、ドニプロ左岸のロシア軍第一陣の背後に回るかもしれないというものだ。 ヘルソン州のザポリージャ側に大規模な防御がないのは、ロシア軍の作戦立案者たちがこの軸線に沿ってウクライナ軍が攻撃するリスクを軽視していることを示しているのかもしれない。もちろん、ロシア側が機動的な防衛を計画している可能性もある。砦から砦へと後退し、ウクライナ軍のすぐ前にとどまり、1マイル(約1.6キロ)進むごとに死傷者が出る。この移動しながらの防衛に聞き覚えがあるとすれば、それはウクライナ軍がこれまで何度もロシア軍の攻撃を破ってきた方法だからだ。 「ロシア軍は、ヘルソン州東部における長期的な防衛のための条件を整えている」と戦争研究所は指摘する。しかし長期にわたって防衛しても、ドニプロ川左岸に「強固なウクライナ軍の拠点」が少なくとも1つは作られるかもしれない。 つまり、ウクライナ軍が最初の攻撃で大きく前進できなかったとしても、拠点まで後退し、態勢を整えて再び挑む可能性がある。ドニプロ川南のロシア軍の配置は、クレムリンの期待を物語っている。この大規模な戦争にとって初となる冬が始まり、ロシア軍司令官は守勢を維持するつもりだ。そして、陣地と引き換えに時間を稼ぐつもりなのかもしれない。 わからないのは、ロシアが稼いだその時間で何を狙っているかだ。ロシア軍は、第2弾となる数十万人規模の強制動員を計画している可能性がある。「ウクライナ軍がこの(南部)地域の防衛線を突破するのに数カ月かかるとロシア軍が予想しているなら、ウクライナの反攻を阻止し、場合によっては事態を逆転させるのに間に合うよう、追加の動員部隊や部分的に訓練を受けた徴集兵を向かわせると考えるのが合理的かもしれない」と戦争研究所は説明した。 しかしこの予想は、将来の徴集兵が現在の徴集兵よりも優秀という大きな前提に依拠する。 ロシア政府が9月に徴集した30万人はたいした訓練も受けずに戦線に投入され、ウクライナ軍が同月から自国の広大な地域を解放するのを妨げなかった。12月か1月にウクライナ軍がドニプロ川を越えて攻勢をかけるとして、同じように準備不足の徴集兵がさらに数十万人いて違いを生み出せるだろうか。 (forbes.com 原文) Read more »

パパ活報道の吉川議員 説明ないまま会期末…それでも「冬のボーナス」は314万円の上級国民生活

(写真:アフロ) 今年6月9日、「週刊ポスト」が報じたパパ活疑惑によって一躍“時の人”となった元自民党の吉川赳議員(40)。記事によると18歳の女子大生Xさんと一緒に高級焼肉店で飲酒した後、「学生だよね? 俺、18歳に興味あるわ」などといって4万円を渡し、1時間半ほどホテルで共に過ごしたという。 「週刊ポスト」の取材に対して吉川議員は疑惑を否定したものの、報道の翌日、「迷惑をかけた」との理由で当時所属していた自民党を離党。以降、国会にも姿を現さず“雲隠れ状態”となった。会見を開いて疑惑について説明することも議員辞職することもなかったため、世論からは非難が殺到。また6月末には期末手当、いわゆる“夏の議員ボーナス”として約286万円が支給されたため火に油を注ぐ事態となった。 その後7月15日に、吉川議員はパパ活疑惑報道に対して自身のブログで5200字にわたって反論した。いっぽう8月3日、臨時国会に出席した際には、記者団からパパ活疑惑について質問を受けたものの「ブログに書いてある通り」といって説明を拒否。すると8月11日、「NEWSポストセブン」でXさんの“反論記事”が公開されるなど事態は泥沼化している。 そんななか9月28日、吉川議員は1人会派『次代を考える会』の結成を衆院事務局に届け出た。会派を立ち上げると、立法事務費の交付対象となる。 「立法事務費は会派を構成する議員1人あたり毎月65万円、年間780万円が支給されます。また、使途公開の必要がありません。ただ、交付するかどうかは衆院議院運営委員会が決めることです。9月28日の議運委理事会では、次代を考える会に対して交付が検討されたものの、ひとまず“継続協議”となりました」(全国紙記者) パパ活疑惑について自身の口で説明することもないまま会派を立ち上げた吉川議員。そのため異論が噴出し、Twitterでは《まず説明責任果たしてキチンと国民の信を得てからやってくださいよ》《説明責任を果たしてもしないのに、使途報告が不要なお金を税金からせしめるって》と改めて疑惑に対して説明を求める声が相次いでいた。 そして12月、国会の会期末が近づいており、吉川議員には“冬のボーナス”が支給される予定だ。そこで本誌は、衆議院に「吉川議員には期末手当がいくら支給されるのか」と問い合わせると、広報課の担当者はこう明かした。 「個別の議員に対する支給額はお伝えしていないのですが、衆議院議員を通常通り続けた方には、ほかの衆議院議員の方と同様の金額が支給されます。議員一般の値段ですと、314万2802円です。支給日は12月10日になります」 夏の分と合わせると、1年で600万円ものボーナスを受け取ることになる吉川議員。疑惑を説明しなくても続く“上級国民生活”に世論は納得するだろうか? Read more »

円が対ドルで1%超える上昇、一時133円63銭-米雇用統計控え円買い

1,000 yen banknotes at a store in Hakone, Kanagawa Prefecture, Japan, on Tuesday, Nov. 22, 2022. The world’s central banks must keep raising interest rates to fight soaring and pervasive ... Read more »

米メディアも日本の勝利たたえる「日本の夢のシナリオが実現した」「日本が大会に衝撃を与える」

試合に勝利し、喜び合う日本イレブン=ハリファ国際競技場(撮影・蔵賢斗) サッカー・ワールドカップ(W杯)1次リーグE組(1日、日本-スペイン、ドーハ)7大会連続7度目の出場となる国際連盟(FIFA)ランキング24位の日本は、同7位のスペインとハリファ国際競技場で対戦した。 日本は0-1の1点ビハインドで前半を折り返したが、後半3分にFW堂安が、同6分に田中が立て続けにゴールを奪い、逆転に成功。2-1で11月23日のドイツ戦に続き、優勝経験国から2つ目の金星を挙げた。 米FOXサッカーが「日本の夢のシナリオが実現し、スペインを破り、ドイツがコスタリカを破り、グループ1位通過への道を切り開いた」と報じ、ニューヨークタイムズも「日本が大会に衝撃を与える」と伝えるなど、米国でも日本のジャイアントキリングが大きな話題となっている。米SNSのファンは「野球の国のサッカー代表が大仕事をした。日本のファンは『オオタニがサッカー選手だったら』とか妄想するのかな?」とコメントを寄せた。 日本がスペインに勝利し渋谷駅前で喜びを爆発させる日本人サポーター=2日午前、東京都渋谷区(岩崎叶汰撮影) 試合に勝利し、記念写真におさまる(左から)板倉滉、堂安律、冨安健洋=ハリファ国際競技場(撮影・蔵賢斗) Read more »

【ワークマン】イージスダウンがバイクにおすすめ!マニア絶賛の冬の防水防寒アウター

ワークマンの「イージスダウンジャケット」がイチオシ! 画像出典:YouTube/ムースチャンネルさん(https://www.youtube.com/watch?v=dwd4M-mn1xU) 今回はバイク好きなムースチャンネルさんが、ワークマンの「イージスダウンジャケット」を紹介してくれました。天然ダウンが75%も使われているので暖かく軽量なのに、税込み5800円というコスパの良さで見た目もかっこいいんだそう。 価格:5800円(税込) カラー:オリーブ 1.真冬のツーリングや外作業・アウトドアに! 画像出典:YouTube/ムースチャンネルさん(https://www.youtube.com/watch?v=dwd4M-mn1xU) おしゃれ・高機能・低価格と三拍子そろった最強のワークマン「イージスダウンジャケット」です。とても暖かく機能性抜群で、外仕事をする方や冬のツーリングにもぴったりです。背面の裾は長めのサイクルカットになっているので、前傾姿勢でも背中が出ない作りになっているのもライダーには嬉しいポイントですね。 2.天然ダウン使用なのに5800円という驚愕のお値段! 画像出典:YouTube/ムースチャンネルさん(https://www.youtube.com/watch?v=dwd4M-mn1xU) 天然の中綿ダウンを75%使用しているので軽量なのに暖かく、保温性があり熱を逃がしにくい構造になっています。さらに耐水圧20000mm・透湿度5000gとレインウェア並みのハイスペックさで雨や水にも強いですよ。このスペックで税込み5800円はワークマンならではと言えますね。 3.見た目もかっこよく高見え! 画像出典:YouTube/ムースチャンネルさん(https://www.youtube.com/watch?v=dwd4M-mn1xU) シルエットや見た目も非常にかっこよく、表地の素材感も安っぽさがなく高見えします。機能性だけでなく見た目もしっかりこだわっているのがいいですね。買って損なしのワークマン「イージスダウンジャケット」、ぜひチェックしてみてください。 【ズバ暖】ワークマンから発売されるダウンジャケットがとんでもない性能を秘めています DATA ワークマン┃イージスダウンジャケット Read more »

渡辺徹さん、敗血症で死去 俳優、61歳

俳優の渡辺徹さん=東京都新宿区(寺河内美奈撮影) テレビドラマ「太陽にほえろ!」などで活躍した俳優の渡辺徹(わたなべ・とおる)さんが11月28日、敗血症のため死去した。61歳。所属している文学座が12月2日、発表した。葬儀は家族葬で執り行い、後日、「お別れの会」を開く予定。喪主は長男で俳優の裕太(ゆうた)氏。 茨城県出身。昭和55年、文学座付属演劇研究所本科に入所。56年、日本テレビ系ドラマ「太陽にほえろ!」のラガー刑事役でデビュー。歌手としても57年、「約束」が大ヒットした。映画やドラマに多数出演し、明るいキャラクターが人気で、バラエティー番組などでもマルチタレントとして活躍した。妻でタレントの榊原郁恵さんとはおしどり夫婦として知られた。 Read more »

お笑いコンビ「サンジェルマン」が年内で解散 あとむ「お互い続けるのでお互い売れます!!」

 お笑いコンビ「サンジェルマン」が解散することを2日、あとむ(29)が自身のツイッターで発表した。  あとむは「僕たち、サンジェルマンは年内で解散する事になりました!」と解散することを発表した。  東京NSC20期生で出会った、えいながチョコレートかずひろと2014年にと結成し、キングオブコントでは2021、2022年に準々決勝に進出しており「8年間、何度つまづいても芸人の皆さん、社員さん、スタッフさん、そして応援して下さった皆様のおかげで頑張れました!本当にありがとうございました!」と感謝した。  今後については「お互い続けるのでお互い売れます!!えいなが、本当にありがとう!!」と伝えた。 Read more »

中居正広 4度目の休養宣言で年内の活動終了…繰り返す“静養延長”に募るファンの不安

中居正広 4度目の休養宣言で年内の活動終了…繰り返す“静養延長”に募るファンの不安 《先日、およそ1カ月の休養と発表してから今日に至りますが、体力、筋力の回復を図るコンディションまで整いませんでした。そのため、各番組のスタッフや関係者とも連携を取り、2022年内の活動は終了し、静養に専念させていただくことになりましたので、ここにご報告申し上げます》 12月2日、公式サイトを通じて年内の休養を発表したのは中居正広(50)。11月4日に体調不良のため1カ月休養することを発表していたが、仕事を再開できる状態にまでは至らなかったようだ。 体調の詳細については差し控えた中居だが、冒頭のコメントに続けて近況をこう報告している。 《気力に関しては、以前より数倍上がっています!天気の良い日は太陽も浴びています。 お買い物のため、少しずつですが、外出もしております。夜更かしだってしております! 一歩ずつ、日によっては一足ずつ半足ずつですが、進んでおります。一歩…。少し止まることもあります》 さかのぼること今年7月14日、急性虫垂炎のため入院し生放送番組を欠席した中居。その4日後には退院を報告したが、以後も休養を繰り返し今回で4度目となった。 「10月上旬に『キャスターな会』(テレビ朝日系)を2週にわたって欠席し、他のレギュラー番組も体調不良を理由に休みました。3週間ぶりに『キャスターな会』に復帰した中居さんは、自らの体調について『ビンビンの、ボーボーです』と笑いを誘う一幕も。 その5日後の20日には『速報ドラフト会議2022 THE運命の1日』(TBS系)で生放送に臨みましたが、一部では入院先の病院から出向いて出演したとも報じられました。元気に振る舞っていた中居さんですが、SNSではファンから《痩せたなぁ…》と心配の声が上がっていたのです」(テレビ局関係者) 17年にも肝炎で入院したこともあった中居だが、高いプロ意識を持って第一線で活躍し続けている。 「多数のレギュラー番組を抱える中居さんは、台本やゲストの情報をすべて頭に入れて収録に臨むなどストイックな人。加えて、スタッフや周囲を心配させてしまうことも“プロ失格”と考えています。30年以上にわたる芸能生活で、中居さんが長期休暇をとったことはありませんでした。今回の休養でも、番組スタッフや共演者らに迷惑をかけてしまうことを懸念しているそうです」(芸能関係者) 11月の報告から1カ月。静養を延長した中居に、SNSでは心配の声が広がっている。 《中居くん… やっぱり体調がおもわしくないのかな… ゆっくり休んでほしいな》 《中居くん心配だー 期限決めずにゆっくり休めたらいいのにね でもそうゆうわけにもいかないのかな》 《中居くん年内休養かぁ? 最初「1ヶ月」今回「年内」… 期限を決めずにきちんと治してから戻ってくればいいと思うよ!》 いまはただ、中居が静養に集中できることを願うばかりだ。 Read more »

黒柳徹子 地球最後の日にやりたいこと&100歳の夢「将来の夢だったんです」

黒柳徹子  女優の黒柳徹子(89)が、2日放送の日本テレビ系「芸能人監督グランプリ」(後7・00)にVTR出演し、思い描く人生最後の日について語った。  芸能人が監督となって本気でドキュメンタリーを撮る番組で、黒柳の撮影を担当したのは滝沢カレン。“カレン・タキザワ”の名で黒柳の半生に迫った。  来年で90歳。避けては通れない老いと向き合っている。「やっぱりね、考えたくないけど、だんだん年取ってくればね、歩いてたって転ぶかもしれないし、仲のいい友達がいなくなっていくとか、寂しい思いをするとか。思っていたよりも、年を取っていくというのはこういうことかな?ってちょっと今、思っています」と実感を素直に明かした。  滝沢からのインタビューでは、「徹子さんは自分の最後のページはどんなページにしたいか?もし今日で地球が終わるとしたら」と尋ねられた。すると黒柳は「やっぱり動物園のパンダの係でもいいと思います。一緒に過ごしたい」と回答。パンダ好きの黒柳らしい、かわいらしさあふれる答えだった。  ささやかな夢も語った。かつて専属女優として所属したNHKで、定時に時計と時報が表示されていた時を回想し、「昔、NHKってね、“タン、タン、タン、ターン”って時計が映ったんです」と説明。「カメラの前に座って、100(歳)になったらね、“タン、タン、タン、ターン”でお辞儀してね。そうするとみんなが“今日も生きてる”って思う。それで毎日テレビ出て、お辞儀して。それが将来の夢だったんです。時報おばあさん」と笑顔で明かした。 Read more »

慶大水泳部が無期限活動自粛…酔った部員が飲食店でコップを割るなど器物破損

慶大水泳部が無期限活動自粛…酔った部員が飲食店でコップを割るなど器物破損  慶大水泳部の競泳部門が、部員によるトラブルで無期限の活動自粛となっていることが2日、分かった。  大学によると、10月31日の午後、同校日吉キャンパス内の飲食店で、酒に酔った部員がコップを割るなどの器物破損行為に及んだ。その後大学関係者が建物の外にいた当該部員を見つけ身分証の提示を求めたが、これに応じず。同関係者は警察に連絡し、部員は事情聴取を受けたという。  同大広報室は「本学の学生が社会をお騒がせしていることに対しお詫びいたします」とコメントした。 Read more »

男性にありがち「ヨガのダウンドッグが苦手…」を解決!意識すれば男性でもできるようになる裏ワザ

ダウンドッグとは? ダウンドッグ(またはダウンフェイシングドッグ)/日本語名「下向きの犬のポーズ」は、ヨガレッスンでよく登場するおなじみのポーズ。両手両足で体を支え、犬がお尻を上にしてグーンと伸びをしているような姿勢でホールドします。見た目はシンプルですが、実は体への意識が必要になるとても奥が深いポーズなのです。 イラストAC 男性に多いダウンドッグのお悩み ヨガ男子の皆さん!ダウンドッグを行う時に、こんなお悩みはありませんか? 手が滑る ダウンドッグでキープしているとき手がズルズルと前にすべっていく……。これはマットの材質の問題だけではなく、手の汗の場合があります。一般的に女性よりも男性の方が体格がよく筋肉量が多いため、汗をかきやすい傾向にあります。手が滑るとぐっと床を押せず、背骨がピンと伸びず台形のような形のダウンドッグになってしまいます。 肩まわりが詰まる 肩まわりがギュッと詰まってなんだか息苦しい……。それは手の幅や肩の筋肉が関係してきます。よく「両手は肩幅に」と言われると思いますが、三角筋がしっかり発達している男性だと、肩と首の距離が近くなり詰まったように感じることがあります。また、肩が内回し(内旋)になることも肩が詰まって感じられる原因になります。 かかとが床に着かない ダウンドッグでかかとが床につかない場合、アキレス腱やもも裏が硬いせいかな……?と思う人も多いでしょう。実はそれだけが原因ではありません。頭から骨盤を引き離し、骨盤をしっかり後ろに引く意識がないと、重心が前にかかりかかとが浮いた状態になってしまいます。まずは重心を足の方に移すことがポイントです。 【男性にありがちなNGポーズ】 photo by Kanako Noguchi 男性必見!ダウンドッグのお悩みをまとめて解決する裏ワザ 道具いらずでお悩みを解消できる裏ワザをご紹介します。順を追って取り組めば少しずつポーズが変わっていくと思います。 1.よつんばいからお尻を持ち上げ、膝を曲げたままマットの縁を外から握る。 膝を突っ張るのはNG/深く曲げて行う photo by Kanako Noguchi 2.マットを横に引っ張りながら前に押す。手をマット幅に開くことで肩が詰まるのを防げる。 肩まわりにスペースが生まれる photo by Kanako Noguchi ... Read more »

黒柳徹子 “大親友”野際陽子さんとの別れに永遠の後悔「何だろうと思っても分からないでしょう?」

黒柳徹子  女優の黒柳徹子(89)が、2日放送の日本テレビ系「芸能人監督グランプリ」(後7・00)にVTR出演し、大親友だった女優・野際陽子さんとの別れを振り返った。  芸能人が監督となって本気でドキュメンタリーを撮る番組で、黒柳の撮影を担当したのは滝沢カレン。“カレン・タキザワ”の名で黒柳の半生に迫った。  インタビューの中で滝沢は、「絵本で言うと、これからのページはどんなふうにしていきたいですか?」と、独特な表現で尋ねた。すると黒柳は「これからは難しいと思います」と素直に回答。「やっぱりね、考えたくないけど、だんだん年取ってくればね、歩いてたって転ぶかもしれないし、仲のいい友達がいなくなっていくとか、寂しい思いをするとか。思っていたよりも、年を取っていくというのはこういうことかな?ってちょっと今、思っています」と、老いや時代の流れに向き合う心境を打ち明けた。  中でも野際さんとの別れは大きな出来事だったという。「あの方、NHKで同期生なのね」。黒柳はNHK放送劇団の専属女優として、野際さんはNHKのアナウンサーとして入局した。「そのころから仲良かったから。60年以上、仲良かったから。野際さんみたいな人がいてくれれば、いろんな話をして、ご飯を一緒に食べたり。たまにしか会わなくても、“あれからどうした?”って話がすぐ通じるみたいなね」。心が通じ合う親友との別れを悲しんだ。  野際さんは17年に死去。81歳だった。黒柳にとっては、大きな後悔があるという。「彼女が私に、“お墓まで持っていこうと思ったけど、あなたにだけは話しておこうと思うことがある”って言ったの。うんって言って、すぐ聞けば良かったんだけど、とうとう最後まで聞かないうちに野際さんが亡くなっちゃったでしょう?」。野際さんの思いに応えられず、永遠の別れになってしまった。「その後で聞いておけばよかった。何だったんだろうって。いくら何だろうと思っても分からないでしょう?お嬢さんに聞いてみたけど、そりゃあね、分からなかった」と悔やんでいた。 Read more »

新井恵理那アナ「気もそぞろにメイク完了!」スペイン戦前半メークしながらのエールが届いた

フリーアナウンサーの新井恵理那(32)が2日、自身のインスタグラムを更新。メークしながらサッカーワールドカップ(W杯)の日本-スペイン戦で日本へエールを送った。 この日、試合中に総合司会を務めるテレビ朝日系「グッド!モーニング」が放送スタートとなる中、放送開始直前に「気もそぞろにメイク完了!」とし、「一失点で終えた前半。後半もスペインの厳しい攻撃を守りながら、もっともっと攻めてほしいですね! がんばれニッポーン!」とし「グッド!な朝になりますように☆」つづった。 この投稿に「お肌ツルツルですね」「かわいすぎるんですけど」「シワすら無い。ピッチピッチのピーク」などのコメントが寄せられている。 新井恵理那アナのインスタグラムより Read more »

「GRカローラ」抽選販売に 半導体不足が響き、500台

トヨタ自動車の「GRカローラ」の5人乗りモデル「RZ」  トヨタ自動車は2日、新型スポーツカー「GRカローラ」の抽選販売の申し込み受け付けを国内向けに始めた。5人乗りモデル「RZ」は一般販売を当初予定したが、コロナ禍や半導体不足が響き、まずは500台の抽選販売にした。生産状況をみて追加販売を検討する。希望小売価格は525万円。  もともと台数限定としていた2人乗りモデル「モリゾウエディション」は715万円で、70台の抽選販売とする。  5人乗りの抽選受け付けはオンラインで19日まで。2人乗りは全国にあるトヨタのスポーツカーブランド「GR」の店舗で18日まで受け付ける。いずれも納車は来年春から順次実施する予定。 Read more »

【徹底分析】「森保は日本をさらなる高みへと引き上げる」…欧州での“日本評”を覆すチームをスペイン大手紙副編集長が紐解く

日本代表は1日、カタール・ワールドカップのグループE最終節でスペイン代表と対戦。ボールを圧倒的に握られながら前半のうちに失点し、難しい展開を強いられたが、後半に途中出場の堂安律と田中碧がネットを揺らして逆転に成功。2-1で勝利を収めている。 この結果を予想する人は多くなかっただろう。コスタリカに敗れ、ドイツ、スペインとワールドカップ優勝経験国相手に2度逆転劇を収めた。これは同一大会におけるアジア史上初の快挙だ。このような形でのグループE首位通過は、世界中で衝撃を持って伝えられている。 これまで日本代表を4年以上前から追いかけ続けているスペイン大手紙『as』の副編集長であるハビ・シジェス氏は、今大会の日本代表は「ヨーロッパでの表面的な日本評を覆そうとしている」チームであると表現する。そしてその立役者は、これまでも彼が評価し続けてきた森保一監督であると――。彼が見たスペイン代表戦、そしてラウンド16で対戦するクロアチア代表戦で必要なことは、どのようなものなのだろうか。 文=ハビ・シジェス/スペイン紙『as』副編集長 翻訳=江間慎一郎 ■森保監督の手腕 フットボールは何にも増してよく分からない事象である。日本は唯一勝ち点3を計算できたコスタリカに敗れ、しかしドイツ、スペインに勝利して(どちらも逆転で)、“死のグループ”を首位で突破した。彼らは今大会の語りぐさとなるチームだ。そのゲームプランは日本人選手の本質とは対局に位置する、あまりに守備的なもの(そして時おり戦術的でもある)であるが、森保一はもう疑問視される監督ではなくなった。彼は日本を、さらなる高みにまで引き上げる可能性すら手にしている。 スペインがあまりに消極的で、表面的なパス回しだけに終始したこと含めて、日本の勝利には多くの要因があった。森保は1-5-4-1のシステムを採用。センターバックがスペインのインサイドハーフにプレスを仕掛ける形を取りつつ、スペインの圧倒的なボール保持は気に留めなかった。ただ、本当にそれで良かったのかは議論の余地がある。スペインは中盤の単純な数的優位によって試合を物にしようとしていた。 前半、日本は守田英正の背後を取るガビにうまく対応できず、DFとMFのライン間に位置するダニ・オルモとアルバロ・モラタへのパスも塞げなかった。センターバックたちは自由に前へ出ていき、守田と田中碧の背後はあまりに無防備となっている。だがスペインはそのスペースを突き、深みを取ろうとはしていなかった。というのも彼らのほぼ全員が、ボールを足元にほしがっていたのだ。唯一ガビだけがウィングバックとセンターバックの間を突いていたが、実際、そのアグレッシブかつ効果的な動きがモラタのゴールにつながった。フットボールにおいてゴールライン近くまで進行するアクションは、相手のDFラインを後退させて混乱を引き起こし、それによりマークのズレなどが生じる。それこそがスペインの得点場面で起こっていたことだった。 前半の日本からはほとんどニュースが届かず。ただ彼らはスペインのビルドアップでミスを誘い、ゴールを狙っていた。これは森保の見事なプランである。彼は守備ブロックこそ低く設定しながらも、スペインのビルドアップでは前からプレスを仕掛けて圧迫しろと命じていた。スペインがリスクを冒してGKウナイ・シモンからパスをつないでいくことを理解していたためである。日本は後ろを向いてボールを受け取ようとするセルヒオ・ブスケツ、圧が加えられている状況でのボール処理を苦手とするシモンに全力で迫って、そこから活路を見出そうとしていた。とはいえ、日本のプレーは新たな逆転劇を予感させるほどでもなかった。前半は対戦相手にほぼ脅かされることのなかったスペインの“正しくも不十分な”パフォーマンスが何より強調されている。 ■堂安律と三笘薫の投入 mitoma japan ハーフタイム後、日本が堂安律と三笘薫を入れたことで、試合の流れは一気に変わった。彼らは日本のベストプレーヤー2人だ。ミスを恐れることなく、あらゆるアクションで生粋のファイターであることを感じさせてくれる。どちらもレギュラーにふさわしく、森保が起用するタイミングはズレているように感じるが、途中出場でも価値があることは間違いない。 堂安と三笘がハンドルを握った日本はすべてが大胆になり、スペインを包囲して屈服させた。まず48分、7人で仕掛けたプレスから堂安律が同点弾を記録すると、51分にはロングフィードを起点としたセカンドボールでマークが甘くなったところを突いて田中碧が逆転弾を決めている。この逆転劇はフットボール的というよりも、情熱的な攻撃から実現されたもの。要は堂安&三笘が先導した、「気持ち」による勢いである。 森保はリードを得た後、再び後方でブロックを形成させている。日本の5バックはピッチの横幅を覆い、中盤の選手たちは横にも背後にもスペースを与えず、また途中出場の浅野拓磨はサイドからもう一方のサイドまで駆け抜けてスペインのパスコースを狭めた。片やルイス・エンリケは、日本の堂安と三笘のようにスペインで最も火がついていたモラタとガビをピッチから下げている。それ以降に日本が感じた恐怖は、終盤のダニ・オルモの決定機のみにとどまり、そこではGK権田修一が頼もしい姿を見せた。 ■覆し続ける「日本評」 japan-spain-doan-mitoma-tanaka 森保は自チームの守りについて大きな手応えを感じているに違いない。スペイン戦でもドイツ戦でも、日本のゲームプランのベースは同じだった。それは、ポゼッションを忘れて自陣に引いてタイミングを待ち、守備から攻撃のトランジションの爆発力、前線の大胆不敵な男たちに賭けるというもの。彼らは“アンチフットボール”と形容されるリスクすら孕んだそのプランでポジティブな結果を収め、欧州における“思いやり”ある、表面的な日本評を覆そうとしている。 日本は欧州で「足元の技術を中心とした才能が揃っている代表チーム」であり、特定のコンテクストでは危険な存在になり得ると紹介されてきた。一方で、そのポテンシャルを遺憾なく発揮するためには、競争心が欠けているとも――。しかし今回のワールドカップで、彼らの受け止められ方は明確に変化している。少なくとも、過小評価する対戦相手はもういないだろう。 ベスト16のクロアチア戦、日本はコスタリカ戦のような誤った一歩を踏んではならない。森保はおそらく、ここまでの成功体験から1-5-4-1を再び使用し、後方での守備ブロック形成及び、リスタート時のハイプレスからゴールを狙うだろう。そのプランは、クロアチアとの相性も悪くないと言えば、まあ悪くない。彼らもまたボールを欲するチームなのだから。ただしクロアチアは前傾姿勢になり過ぎるドイツやスペインよりは用心深い。さらに先のことを言えば、ベスト8で対戦する可能性があるブラジルも、唯一無二の攻撃的なポテンシャルがありながら、その戦い方はリアリスティックで、手堅い。 つまるところ、日本がこれから臨む挑戦は、ここまでとまったく同じものにはならない。だが森保には一つのゲームプランがあり、そこから大きく離れることがなければうまくやれるはずだ。どれだけ素晴らしい、称賛すべき“自分らしさ”があろうとも、結局、最後に正しさを証明するのは結果である。日本はもうすでに、他国にポテンシャルを褒められるのではなく、手にしている結果から本当の危機感を覚えさせるチームだ。何か足りないものがあるとすれば、堂安か三笘を初っ端から起用することか……いや、ここまでの結果からすれば、もしかしたらその指摘も正しくはないのかもしれない。 Read more »

草なぎ剛 新しい地図で再出発後の不安と心境の変化「健康であれば何とかなるんじゃ」

俳優の草なぎ剛  俳優・草なぎ剛(48)が、2日放送の日本テレビ系「芸能人監督グランプリ」(後7・00)にVTR出演し、再出発後の率直な心境を口にした。  芸能人が監督となって本気でドキュメンタリーを撮る番組で、草なぎの撮影をお笑いタレントの東野幸治が担当。香取慎吾との二人舞台「burst!~危険なふたり~」の稽古現場に密着した。  ジャニーズ事務所に入るきっかけは「少年隊」だったという。「少年隊に憧れたんですよ。東山(紀之)さんに憧れて。とにかく少年隊に会いたかったんですよ、僕は。会いたかったんです。親とかに言って」。13歳で事務所入りし、しばらくして東山をスタジオで遠巻きに見ることで、夢は実現した。一方で、そのころには光GENJIがアイドル界を席巻しており、草なぎの気持ちは変化していったという。「その時には光GENJIさんとかもいて。(東山に)会えるのも目的としていたんですけど、自分ももっとテレビとかに出て踊りたいみたいな気持ちに変わってましたね」と振り返った。  1988年にSMAPが結成され、91年にCDデビュー。国民的アイドルとして長年、活動してきたが、16年にグループを解散して事務所を退所。「新しい地図」として香取、稲垣吾郎と再出発した。  東野から「この年齢になってきて、5年後、10年後とか考えているのか?流れるような感じでやっていきたいのかな?とか」と問われると、草なぎは「あんまり先のことを考えなくなった」と率直に返答。「新しい環境になって、新しい地図を広げたくらいから、先もどうなるのかな?って。グループもなくなっちゃったし…」と、SMAP解散後に抱えた不安を吐露した。  一方で、「その時にとりあえず目の前に仕事があればいいかなみたいな感じで。それに集中している方が、いろんな不安とか先のことを考えなくていいなってなった」と、心境に変化が生じたという。さらにその思いは「健康であれば何とかなるんじゃないかな?みたいな」と、泰然自若な方向へと向かっていったことを明かした。 Read more »

日本もスペインもハラハラの2分半…VARが明らかにした三笘薫のクロスの「事実」

スペイン戦の後半、決勝ゴールのアシストをする三笘(上)。ボールはほんのわずか、エンドラインにかかっているように見える(AP)  サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で日本がスペイン戦の51分、田中の勝ち越し点の直前、三笘がクロスを上げようとしたボールはゴールラインを割っていなかった、という判定が国内外で話題だ。  レフェリー経験者としては「割っていないな(=インプレー)」という感覚を持っていたが、やはりビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)が入った。今回は、ゴール枠内でラインを越えたかどうかではないので、ボール全体がゴールに入ったかどうかを機械で判断するゴールライン・テクノロジーの判定対象外だ。  競技規則では、ボールはグラウンド上、または「空中で」ゴールラインを「完全に」越えたときにアウトオブプレーになる。ラインはピッチ内に含まれるので、ボールのどこかの部分が少しでもラインにかかっていたらプレーは続けられる。  ボールは球体。接地面はピッチ外だが、中継映像では空中で一番外側の部分が12センチ幅のゴールラインの外側に接していたと見える。VARは様々な角度からのカメラ映像などで何度も「事実」をチェックしたのだろう。この間、約2分半、日本もさることながら、スペインもハラハラしていたようだった。スペインのブスケツがレフェリーにアプローチしていたし、森保監督と第4の審判員とのコミュニケーションも興味深い。  次は、クロアチア戦。前回大会準優勝チームで、相手にとって不足なし。目標のベスト8を実現してくれるに違いない。(松崎康弘・元日本サッカー協会審判委員長) Read more »

三遊亭円楽さんお別れ会に伊集院光や瀬古利彦氏ら600人 祭壇には10枚の座布団

三遊亭円楽お別れの会で、座布団10枚と笑点カラーの花が献花に使われた祭壇  9月30日に死去した落語家の三遊亭円楽さん(享年72)のお別れの会が2日、都内のホテルで開かれ、日本テレビ系演芸番組「笑点」の出演者や友人、仕事関係者らゆかりの約600人が出席した。  「笑点」の円楽さんのイメージカラーだった紫色の花と10枚の座布団を模した祭壇には、昨年8月の国立演芸場での高座と笑みをみせる写真が飾られた。所属事務所の意向で、生前の円楽さんが好きだった寄席のにぎやかな雰囲気を会場に再現。林家たい平(57)が司会を務めた。  祭壇横のステージではゆかりの仲間が出ばやし、めくりとともに登場。「笑点」メンバーのほか、かつての弟子だった伊集院光(55)や、瀬古利彦氏(66)、小泉進次郎衆院議員(41)らの姿もあった。長男の会一太郎(35)は「『大好きだよ』と言える父だった。父ちゃんありがとう」と天国に語りかけていた。 Read more »

「それでも産む選択をしたんだから。お望み通りなんじゃない?」友人の一言で絶縁した女性

「それでも産む選択をしたんだから。お望み通りなんじゃない?」友人の一言で絶縁した女性 画像イメージ 結婚や出産によって生活が大きく変化する女性は、友人との付き合い方も変わってしまうことが少なくない。子育て中だという30代前半の女性(群馬県/サービス・販売・外食/年収100万円未満)は、友人から受けた心無い言動に絶縁を決意したことを打ち明けた。(文:永本かおり) キャリコネニュースでは「友人と絶縁したことある人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/LQ1RHMHG 毎回約束の時間より2時間~4時間は遅れてくる友人 「中学生の頃からの付き合いの友人と絶縁しました」と綴る女性。当時、「その友人より先に結婚し、子どもも生まれ実家に帰省する度に約束し、(友人と)会っていた」と振り返る。しかし、その友人は 「毎回約束の時間より2時間~4時間は遅れて来る」 というとんでもない遅刻癖のある人だった。2~4時間は待っている方もすごいが、それでも待てたのはまだ一人だった頃だろう。 「子どもが生まれる前はそれでも許していたのですが、子どもが生まれると、子どものミルクの時間に合わせて約束をしていたので遅れてくることに段々腹が立ってしまいました」 と語る女性。子ども中心の生活のなかで、徐々に複雑な感情になっていたようだ。 「極めつけは、育児どう?と聞かれて『昨日夜泣きが酷かったー』とポロッと言ったら『それでも産む選択をしたんだから。お望み通りなんじゃない?』 と、何故かキレられ……」 複雑な感情を抱いていたのは女性だけではなかったようで、友人はいきなり苛立ちをあらわにしてきたのだ。冷たい友人の態度に、女性は傷ついたことだろう。 「私も何を言い返すこともなく 連絡も取らなくなり、あんなに仲良かったのに今では連絡先すら知らないです」 と友情の儚さを嘆くように綴っていた。 Read more »

【迷路】何秒でゴールまでたどり着ける?(第13問)

【迷路】何秒でゴールまでたどり着ける?(第13問) SNSで盛り上がった選りすぐりのネタを紹介するcitrus。 今回は話題の情報から少し離れてひと休み。頭の体操でリフレッシュしましょう! 出題するのは迷路の問題です。 ■気になる解答は… こちらの順路が正解でした! 何秒でゴールまでたどりつけましたか? では皆さん、また次回の問題でお会いしましょう! Read more »

「また6人で行きたいね」5人での旅行だったのに…【背筋が凍る!ホラー・人コワ体験談 Vol.104】

イラストレーターあん子さんがお届けする、ホラー・人コワ体験談。 怖いのは幽霊だけじゃない? 本当に怖いのは人間だったりして…! あるホテルでおきた不思議な話 後編 5人での家族旅行。 夕飯を食べている時、全員分あるはずなのに甥っ子がイスを持ってきたのです。 他にも、座らないのに椅子を2つ並べて海を見ていたりと、不思議な行動は続きます。 最終日も誰もいない場所へ向かって手を振る甥っ子。 気にしていなかったのですが、帰宅して数日後、甥っ子が話し出したこととは……? 「また6人で行きたいね」5人での旅行だったのに…【背筋が凍る!ホラー・人コワ体験談 Vol.104】 また「6人」で旅行したいね、と言い出す甥っ子。 なんと、甥っ子はホテルに着いた時に女の子がいたと言うのです!! そして、ホテルにいる間はずっと一緒にいたと話しだしました。 甥っ子の不可解な行動の謎が解けたと共に、甥っ子の気遣いに感謝した女性なのでした。 「背筋が凍る!ホラー・人コワ体験談」は毎日更新中! (あん子) Read more »

まるで糸クズ。ハッブルが捉えた大マゼラン雲の超新星残骸

まるで糸クズ。ハッブルが捉えた大マゼラン雲の超新星残骸 【▲ 大マゼラン雲の超新星残骸「DEM L 190」(Credit: ESA/Hubble & NASA, S. Kulkarni, Y. Chu)】 こちらは「かじき座」の方向約16万光年先にある超新星残骸「DEM L 190」です。DEM L 190は天の川銀河の伴銀河(衛星銀河)のひとつ「大マゼラン雲」(大マゼラン銀河)にあります。フィラメント状や薄い層状のガスが入り組んだ、複雑な構造をしていることがわかります。 超新星残骸とは、太陽の8倍以上重い大質量星による超新星爆発が起こった後に観測される天体のこと。超新星爆発にともなって発生した衝撃波が周囲へ広がり、ガスを加熱することで可視光線やX線といった電磁波が放射されています。欧州宇宙機関(ESA)によると、DEM L 190は大マゼラン雲で最も明るい超新星残骸だといいます。 この画像は「ハッブル」宇宙望遠鏡に1993年から2009年まで搭載されていた「広域惑星カメラ2(WFPC2)」を使って取得された画像をもとに作成されました。ハッブル宇宙望遠鏡によるDEM L 190の観測データは、超新星残骸と星間物質の相互作用や、DEM L 190に潜む軟ガンマ線リピーター(※)を特定する研究に役立てられたといいます。WFPC2で取得されたDEM L 190の画像は19年前の2003年7月にも公開されていますが、今回の画像には追加のデータと改良された画像処理技術が用いられたとのことです。 ※…ガンマ線やX線のバースト放出を不規則に繰り返す中性子星(マグネター) 冒頭の画像はハッブル宇宙望遠鏡の今週の一枚として、ESAから2022年11月28日付で公開されています。 関連:ほ座にある壮大な超新星残骸の姿、あなたは何に見える? ... Read more »

絶対フタが閉まらない「巨大から揚げ弁当」&2kg1000円「爆弾おにぎり」大人気!“デカ盛り弁当売り場”をのぞき見!

絶対フタが閉まらない「巨大から揚げ弁当」&2kg1000円「爆弾おにぎり」大人気!“デカ盛り弁当売り場”をのぞき見! でかくて安い!デカ盛り弁当がいま大人気!“デカすぎ弁当”どう食べる?誰が何のために“デカ盛り弁当”を買うのか?そのワケをのぞき見します! 【写真を見る】絶対フタが閉まらない「巨大から揚げ弁当」&2kg1000円「爆弾おにぎり」大人気!“デカ盛り弁当売り場”をのぞき見! ■安いのにボリューム満点 デカ盛りから揚げを買うワケ 大人気のデカ盛り弁当。みなさん何を買って、どう食べているのでしょうか? 埼玉県三郷市のバス停の前にある「キッチンBUS STOP」。カリカリ食感に仕上げた竜田風のから揚げが大人気。安いのにボリューム満点で、フタが閉まらないのが特徴です。大きさは通常の2.5倍。 BUS STOP 中村巧社長 「(大きいと)中がジューシーに仕上がるので、揚げ方はちょっと難しい」 デカ盛りから揚げを、お客さんはなぜ買い、どう食べているのか?早速、「のぞき見!」開始。 子どもを抱いてやって来た30代の男性は、Sサイズのから揚げ弁当を注文。Sサイズでも、巨大なから揚げが4個も乗って、やっぱりフタが閉まらない。「マイクロバス盛り弁当(Sサイズ)860円」です。 この日は妻がお出かけしたことで、お父さんと子どもはお留守番。育児に追われ、作る暇もないため、食事1回でお腹いっぱいになれる巨大から揚げにしたといいます。 30代 「作り立てなので、パリパリしてて美味しいですね。中身もジューシーですね」 都内から来た4人家族は… 「今日は『大型バス盛り弁当(LLサイズ)』。ラグビーの試合があるので、栄養付けて頑張ります」 出てきたのは、超特大、巨大から揚げが9個も乗った総重量1.5キロ、「大型バス盛り弁当(LLサイズ)1820円」。これを家族4人でシェアすることで、一人当たりの昼食代は455円に。お腹いっぱいになった効果もあったからでしょうか、お兄ちゃんはラグビーの大会で名誉ある賞を受賞したといいます。 このように、家族でシェアして節約するのが、みなさんの巨大から揚げ店「BUS STOP」の活用法になっているようです。 こちらの女性は、ちょっぴり変わり種のお弁当を買っていました。 30代 「私はロコモコ風唐揚げ丼ですね」 巨大から揚げに目玉焼きやマヨネーズなどでアレンジした「ロコモコ風唐揚げ丼 700円」や、「お好み焼き風唐揚げ丼 700円」、「唐揚げカレー 700円」などの変わり種も大人気。 中でも、インパクト抜群の変わり種が、「丸鶏唐揚げ弁当 ... Read more »

「NISA」を定期預金と比較し解説 今さら聞けない基本知識

「NISAをください」 数年前ですが、私のいる銀行窓口にいらっしゃった初老の女性がこうおっしゃいました。 「知識のない高齢者などいいカモ」などとは考える余裕もなく、びっくりしてお話をうかがうと、友人からNISAを進められ欲しくなったので、よくわからないけれど銀行にきたとのことでした。(銀行に「売っている」と思ったそうです) 投資の初心者ということもあり、基本的な説明をして、ご家族とも相談してうえでゆっくり検討されるようお話しし、その日はお帰りいただきました。 これは私の経験談です。 「NISA」を 定期預金と 比較し解説 金利上昇が話題にのぼる現在、投資を始めようという人も多いと思います。 そこで今回は、NISAとは何かなど今さら聞けない基礎知識を銀行員が解説します。 説明をわかりやすくするために定期預金と比較しながら進めていきます。 NISAとは 一般的に、貯蓄や投資で得た利益(もうけ)には税金がかかります。 たとえば預貯金なら利息に対して20.315%の利子税が課税されます。 例)預金利息が1万円なら税金は2,031円(1万円×20.315%) 税率は所得税15%、地方税5%と、復興特別所得税(*)が0.315%です。 (*復興特別所得税:東日本大震災復興の財源確保のため2037年末まで納付) いっぽう投資信託などの金融商品で得た利益にも税金がかかるのですが、この税金が非課税になるのがNISAです。 NISA(ニーサ、少額投資非課税制度)は平成26年1月から導入された税制優遇制度で、導入への参考としたイギリスの個人貯蓄口座:ISA(Individual Savings Account)から「日本版のISA」としてNISA(Nippon Individual Savings Account)という呼称になりました。 NISAにも種類がある NISAにもいくつか種類があります。 <NISAの種類> NISA(一般NISA) つみたてNISA ジュニアNISA ... Read more »

ジャイアントパンダ国家公園にユキヒョウ出現 四川省

ジャイアントパンダ国家公園にユキヒョウ出現 四川省 ジャイアントパンダ国家公園汶川エリアで赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(資料写真、汶川=新華社配信)  【新華社成都12月2日】中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州にあるジャイアントパンダ国家公園の汶川エリアでこのほど、赤外線カメラ2台の撮影映像の中からユキヒョウの姿が見つかった。同公園の汶川管理総ステーションが発表した。職員が回収したカメラのデータを整理していた際に発見したという。 ジャイアントパンダ国家公園にユキヒョウ出現 四川省 ジャイアントパンダ国家公園汶川エリアで赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(資料写真、汶川=新華社配信)  3本の映像のうち2本は大きな岩と茂みを背景に活動する姿、もう1本は雪の中でカメラに接近する様子を捉えていた。 ジャイアントパンダ国家公園にユキヒョウ出現 四川省 ジャイアントパンダ国家公園汶川エリアで赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(資料写真、汶川=新華社配信)  絶滅危惧種のユキヒョウが確認されたことは、同エリアの生態環境が良好で、多くの生物種を育み、食物連鎖が成立していることを示している。(記者/余里) Read more »

荒川怜郁が4位でツアー切符 女子大生プロ「やっと終わった。今はゆっくりしたい」/国内女子

国内女子ゴルフ・ファイナルQT最終日(2日、岡山・JFE瀬戸内海GC=6442ヤード、パー72)14人が出場した11月の最終プロテスト合格組では、中部学院大3年の荒川怜郁(れいか、21)が4位で最上位だった。若林舞衣子(34)=ヨネックス=は72にまとめて通算11アンダーで初日からの首位を守り、来季ツアー前半戦の出場権を得た。 4日間ともアンダーパーで回った荒川が4位でツアー切符を手にした。地元・沖縄での開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」はアマチュアながら10位と健闘。「そのときから来年のダイキンはプロとして出たいと思っていた。夢がかなってすごくうれしい」。8月のプロテスト1次予選から緊張の連続。「やっと終わった。もう休まなくていいと思うくらい、今はゆっくりしたい」と笑顔で話した。 Read more »

ウクライナ支援の再考を要請 ロシア大統領、ドイツ首相に

ドイツのショルツ首相  ロシアのプーチン大統領は2日、ドイツのショルツ首相と電話会談し、ウクライナ情勢について協議した。ロシア大統領府によるとプーチン氏は、米欧が軍事支援を続けていることでウクライナが停戦交渉を拒否し、民間人を巻き込む戦闘が激化していると主張し、対ウクライナ支援の見直しを求めた。会談はドイツの要請で行われた。  プーチン氏は、ロシアが併合したウクライナ南部クリミア半島とロシア本土をつなぐクリミア橋や、ロシアの民間インフラへの挑発行為があり、ロシア軍がウクライナへのミサイル攻撃を余儀なくされていると主張。全土のエネルギー施設への攻撃を正当化した。 Read more »

高校野球のタイブレーク開始、延長13回から10回に 障害予防図る

第101回全国選手権大会3回戦で、延長14回タイブレークの末、星稜(石川)に敗れた智弁和歌山の選手ら=2019年8月  日本高校野球連盟は2日、理事会を開き、試合の早期決着を図るタイブレーク制について、選手の障害予防などを図るため、開始イニングをこれまでの十三回から十回に変更することを決めた。  高校野球特別規則を改正し、2023年度から適用する。  3月18日に開幕する第95回選抜大会、来夏の第105回全国選手権大会のほか、全国選手権の地方大会や春秋の都道府県大会などでもタイブレークの開始イニングを早める。  点が入りやすい状況から攻撃を始めるタイブレーク制は、高校野球では18年春の選抜大会からほぼすべての公式戦に導入された。  21年春からは春夏の甲子園大会の決勝や夏の地方大会決勝にも導入された。  これまでは、延長十二回までに決着がつかない場合、十三回から無死一、二塁の状態(打順は前の回からの継続)で攻撃を開始していた。  今後は九回までに決着しなかった場合、すぐにタイブレークを実施することになる。  タイブレーク制は投手の肩、ひじへの負担軽減など選手の健康管理の面に配慮して導入が進んだ。  開始イニングを早めることで、延長のイニング数が減ることが見込まれる。  理事会後に会見した日本高野連の小倉好正事務局長は「投球数制限、健康管理の問題、暑さ対策というところも加味しながら、数年前から各都道府県高野連と議論を重ねてきた。最終的に、各地区の代表が集まる話し合いで、ほぼ全員に賛同していただいた」と話した。  2018年の導入以降、選抜大会でタイブレークまでもつれたのは、21年の第93回大会1回戦の常総学院(茨城)―敦賀気比(福井)が最初で、延長十三回に常総学院が4点を奪って9―5で勝った。  第90回大会は延長が6試合、第91回大会は延長が4試合あったが、いずれも十二回までに決着した。  第93回は延長が7試合、第94回は延長7試合のうち3試合がタイブレークにもつれ、木更津総合(千葉)は1、2回戦と2試合連続でタイブレークを戦った。  全国選手権大会では、18年の第100回で2試合(延長試合は4)、第101回で1試合(同7)がタイブレークまでもつれた。  第103、第104回はいずれも延長が2試合あったが、タイブレークはなかった(第92回選抜と第102回全国選手権はコロナ禍で中止)。  また、この日の理事会では、野球の持続的な発展をめざす取り組み「高校野球200年構想」の一環で、小中学生向けの肩ひじ検診やけが予防の講座などをセットにした新規事業を行うことも決めた。  23年度はいくつかの都道府県連盟でモデルケースとして実施するという。  ほかに、U18(18歳以下)日本代表について、チームづくりに早めに取りかかれるよう、来年の4月上旬に強化合宿を行うことや、オフシーズンを終えての練習試合解禁日を、これまでの3月8日から3月の第1土曜日(23年は3月4日)とすることも決まった。  ■夏の全国選手権大会での主な延長試合とタイブレーク制導入の経緯 1958年(第40回)延長は18回で打ち切り、再試合を設定    69年(第51回)三沢―松山商が決勝初の引き分け再試合に    98年(第80回)横浜―PL学園が延長17回で決着 2000年(第82回)延長は15回打ち切りとし、再試合に    06年(第88回)決勝の早稲田実―駒大苫小牧が引き分け再試合に    14年     タイブレーク制導入の議論を本格的に開始    15年     春季大会などで試験的にタイブレーク制を実施    17年     全47都道府県高野連に、タイブレーク制についてアンケートを実施    18年     ほぼすべての公式戦で延長十三回からタイブレーク制導入    21年     決勝にもタイブレーク制を導入 ... Read more »

スペイン紙は「歴史上最もバカげたパフォーマンスのひとつ」と日本相手の敗戦に厳しい指摘

試合後、歓喜する日本イレブン(カメラ・宮崎 亮太) ◆カタールW杯▽1次リーグE組 日本2―1スペイン(2日・ハリファ国際競技場)  スペイン日刊紙「エル・ムンド」の電子版は、「スペインは2位になり、ラウンド16でモロッコと対戦する」と見出しで速報。スペインが日本に敗れながらギリギリ2位通過で1次リーグを突破したが、決勝トーナメントには悲観的な見方を示した。  同紙は「歴史上最もバカげたパフォーマンスのひとつ」と指摘し「見事なスタートを切ったワールドカップの1次リーグで、敗退する寸前まで追い込まれた」と伝えた。決勝トーナメント1回戦でモロッコと対戦する山に入った。「(スペインは)楽な方に行くが、今までのことを考えると、このチームではどちらが良いのかわからないだろう。彼(エンリケ監督)が野望として掲げた7試合を戦うことは可能だが、火曜日の試合が彼の最後になることも十分にあり得る」と厳しい見解だった。 Read more »

中国・抗議相次ぐなか“規制緩和”の動き…『ゼロコロナ政策』見直しか

厳しいコロナ対策が取られていた中国・広東省の広州市で先月30日、突然、感染リスクが高い地域以外の街の封鎖が解除されました。 PCR検査についても、医療従事者や省の外に出る人以外は受けなくていいとの通知も出されました。突然の封鎖解除に市民は、大喜びです。しかし、つい先日まで街は抗議の声であふれていました。 北京でも封鎖されていた地域の制限が解除されました。この地域でも先月26日、住民の抗議活動が起きていました。 政策の転換なのでしょうか。コロナ政策担当の孫春蘭副首相は、感染症の専門家との会合でマスクを外し、ゼロコロナ政策には触れませんでした。 孫春蘭副首相:「国民の健康意識は大幅に改善されました。予防と制御政策を積極的に最適化して改善します」 抗議活動が相次ぐなかでの制限緩和。国民の不満を解消する狙いがあるとみられています。 Read more »

賀喜遥香、“乃木坂46好き”をアピールできないファンの悩みに共感「気持ちをどこに吐けばいいのかって…」

賀喜遥香、“乃木坂46好き”をアピールできないファンの悩みに共感「気持ちをどこに吐けばいいのかって…」 12月1日放送のTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』内の『乃木坂LOCKS!』に、乃木坂46の賀喜遥香が出演。“乃木坂46の話を周囲にできない”と語るリスナーの悩みに寄り添った。 番組では今回、“乃木坂46のファンになったのに、『もし興味がなかったらどうしよう』と考えてしまって周囲に話すことができず、話題を誰とも共有できない”というリスナーからの悩みに対し、賀喜が「分かります、この気持ちめちゃめちゃ分かります」と答える場面があった。 続けて賀喜は「私もハマってることとか、好きなこととか、同じ趣味の子がいたら全然話せるけど、周りにそういう話せる子がいないってなると、気持ちをどこに吐けばいいのかっていうか」と自身についても切り出しつつ、「『めっちゃいいんだよ!ここが良くてさ、ここが好きでさぁ』みたいなのを話した時に、『あ、え、そうなんだー』みたいな反応されたらどうしよう、とか思うと話しかけられない」と説明。 さらに、「めちゃめちゃ分かる。でもね、語りたいんだよねー!分かるなぁ」と共感の声を上げていた。 Read more »

「大変なことを…」なぜ?勤務先で教え子の女子高生盗撮…「熱心」と評判の高校教師の男(36)を逮捕

「大変なことを…」なぜ?勤務先で教え子の女子高生盗撮…「熱心」と評判の高校教師の男(36)を逮捕 一体なぜ?勤務先の高校で盗撮したのか? 【画像】勤務先での盗撮容疑で逮捕された高校教師 容疑者の男は「大変なことをしてしまった」と言って警察に自首してきた。 逮捕された滝口大介容疑者(36)の職業は高校教師。11月29日、勤務している高校の女子トイレに忍び込み、小型カメラを仕掛け盗撮した疑いが持たれている。 高校によると、滝口容疑者は3年生のクラスの副担任を務め、国語を担当。勤務態度は一生懸命で熱心だったという。 犯行の動機は何だったのだろうか? 滝口容疑者は調べに対し「仕事によるストレスやプレッシャーを発散するためだった」 「これまで何回かやったことがある」などと話していて、警察が余罪についても調べている。 (イット! 12月2日放送より) Read more »

「日本代表が勝てば勝つほど売れる」関連グッズ…経済効果163億円との試算も

日本代表のレプリカユニホームが並ぶ売り場(2日、東京都千代田区の「スーパースポーツゼビオ 東京御茶ノ水本店」で)  サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で日本代表が決勝トーナメント進出を決め、関連商戦の追い風となっている。一部スポーツ用品店では日本代表のレプリカユニホームが通常時の10倍も売れる活況ぶり。日本代表16強入りによる国内の経済効果は163億円との試算もある。  日本代表が優勝候補のスペイン代表に勝利した直後の2日、東京都千代田区のスポーツ用品店「スーパースポーツゼビオ 東京御茶ノ水本店」の店頭には、日本代表のユニホームを購入する人が次々と訪れた。家族4人分を購入した千葉市の会社役員、前田瑞貴さん(40)は「スペイン戦の勝利に感動して買いに来た」と笑顔を見せた。  スポーツ用品店「アルペン トーキョー」(東京・新宿)では2日午前中だけでレプリカユニホームが50枚以上売れた。前日までの午前中の販売枚数に比べ約10倍という。担当者も「日本代表が勝てば勝つほど関連グッズが売れる」と喜ぶ。  飲食にも波及している。W杯限定ラベル商品を販売する日本コカ・コーラは「W杯効果で11月の出荷数が大幅に増えた」(同社担当者)。日本ピザハットでは、日本代表のW杯初戦と2戦目でいずれも売り上げが前年同日比約1・7倍だった。日本時間6日午前0時キックオフのクロアチア戦では「通常の2倍の注文を想定する」(広報)。  第一生命経済研究所の永浜利広首席エコノミストの試算では、W杯に伴う国内の経済効果は現時点で、サッカー関連で111億円、飲食料品などで52億円に上る。前回ロシア大会(215億円)には及ばないが、8強入りなら効果はさらに膨らむという。 Read more »

飛距離を精度でカバーできず… 西村優菜は米挑戦の一歩目に 「2点ですね」

<LPGA Qシリーズ(前半) 初日◇1日◇RTJマグノリア・グローブGC(米アラバマ州)> プロになる前からの憧れの舞台、米ツアーに挑戦するため「Qシリーズ」に出場を決めた西村優菜。だが、その初日は2バーディ・3ボギーの1オーバー・61位タイとやや出遅れ。それ以上にプレーに納得ができず、「きょうは2点ですね」と苦笑いとともに辛口評価を下した。 西村優菜の第一ラウンドをプレーバック!【WOWOW動画】 出だしは完全に西村のペースだった。1番では2打目をバンカーに入れたがしっかり“寄せワン”でパーをセーブすると、2番パー3で2.5メートルにつけてバーディを先行。日本で何度も見た強者のゴルフを展開する。 だが、3番でアプローチをミスしてボギーとすると6番、7番と連続ボギー。10番で1つ戻したが、その後もパッティングはカップに嫌われ続けてパープレーに戻せず、18ホールが過ぎ去った。 苦しんだのはフェアウェイの軟らかさ。「まだぬかるんでいて影響がありました。パー4で1度しかアイアンを持てませんでした。3番ウッドで届かないホールもあって。それでもいいショットを打っていければよかったのですが、何一つ満足のいくようなショットが打てませんでした」と持ち味の精度で飛距離をカバーできず。パッティングは「思った通りには打てていて転がりも良かった」と内容は悪くなかったが、あと一筋が遠かった。 特に流れを悪くしてしまったのが6番のボギー。「7番、8番と3番ウッドでも届かないタフなホールなので、その前にボギーを打ってしまったのはきつかったですね」と、流れをつかみ損ねた要素を嘆く。 それだけにまずはショットの修正が急務。ホールアウト後には練習場ですぐさま動画を撮影してスイングをチェックするなど修正をかけた。まだまだ初日が終わっただけ。状態が戻ってくれば、十分にここから巻き返しは可能だ。(文・秋田義和) 西村優菜、初日はショットに苦戦…(撮影:ALBA) Read more »

補正予算成立、首相「電気料金や子育て対策を1日も早く国民に届ける」

報道陣の質問に答える岸田首相(2日午後、首相官邸で)=青木瞭撮影  岸田首相は2日夜、物価高対策の財源の裏付けとなる2022年度第2次補正予算の成立を受け、「電気料金の引き下げ、子ども・子育て対策などの取り組みを1日も早く国民に届け、実感してもらえるよう政府として全力を尽くしていく」と述べた。首相官邸で記者団の取材に答えた。  補正予算は2日夜、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決され、成立した。一般会計の歳出総額は28兆9222億円となる。 Read more »

中居正広さん、年内静養を発表 「コンディション整いませんでした」

中居正広さん=東京都港区で2020年2月、長谷川直亮撮影  タレントの中居正広さん(50)が休養のため年内の芸能活動を休止すると、所属事務所が2日に発表した。中居さんは11月4日から体調不良のため休養に入っていたが、復帰の時期を延ばすことになった。  中居さんは所属事務所のホームページを通じて、「先日、およそ1カ月の休養と発表してから今日に至りますが、体力、筋力の回復を図るコンディションまで整いませんでした。年内の活動は終了し、静養に専念させていただくことになりました」などとコメントを出した。  中居さんのコメント全文は以下の通り。  今後の活動について。まず、誠に勝手ながら、こちらからの一方的なご報告となりますことをお詫(わ)び申し上げます。  先日、およそ1カ月の休養と発表してから今日に至りますが、体力、筋力の回復を図るコンディションまで整いませんでした。そのため、各番組のスタッフや関係者とも連携を取り、2022年内の活動は終了し、静養に専念させていただくことになりましたので、ここにご報告申し上げます。  また、体調に関しての細かい詳細は慎みたいと思っております。  気力に関しては、以前より数倍上がっています!天気の良い日は太陽も浴びています。  お買い物のため、少しずつですが、外出もしております。夜更かしだってしております!  一歩ずつ、日によっては一足ずつ半足ずつですが、進んでおります。  一歩…。少し止まることもあります。  本来ならここで一曲と、いきたいところですが、喉の調子が30年以上改善がみられないため、遠慮させていただきます。  長々とすみません。各メディアの皆様、どこを切り取っていただいても構いません。  慎重に…お願いいたします。  新しい年が始まるころには活動を再開できるよう、年内は静養いたします。  何卒(なにとぞ)ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 Read more »
Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network