悩ましい読書感想文 好奇心を刺激する9冊

悩ましい読書感想文 好奇心を刺激する9冊

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影)

海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。

建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。

海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。

たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。

News Related
  • 斎藤佑樹さん、高校球児へ「その夢はきっと叶うよとは、僕は言いません」と直筆の手紙。「言葉の重みがすごい」と反響

    斎藤佑樹さん、高校球児へ「その夢はきっと叶うよとは、僕は言いません」と直筆の手紙。「言葉の重みがすごい」と反響 斎藤佑樹さん 元プロ野球選手で、株式会社斎藤佑樹の代表取締役・斎藤佑樹さんが高校球児に宛てて書いた直筆の手紙が、インターネット上で大きな話題になっている。手紙は日本郵便の「夏のお手紙キャンペーン」の一環として、6日から公式サイトなどで公開された。 手紙は「この夏にすべてをかける君へ」対し、こうつづられている。 「その夢は、きっと叶うよ。とは、僕は言いません。勝負はわからないから。おなじ夢を持った人たちのぶつかりあいだから。ただ、今のまっすぐな君のまま、どうかこの夏のマウンドに立ち続けてください」 「これから先、グラウンドでもグラウンド以外でも、君をいろんな出来事が待ち受けています。僕のように、不安だらけの時期を過ごし、挫折を味わうこともあるかもしれません。それでもなんとか前を向くために必要なもの。それは、記憶だと思います。過去の栄光、だなんて言われることもあるけれど。最後まで闘い抜いた記憶は、未来を生きる大きな力になります」 斎藤さんは早稲田実業のエースを務め「ハンカチ王子」として注目を集め、2006年の夏の甲子園を制した。その後、大学やプロで苦闘。インターネット上では「泣いた」「言葉の重みがすごい」「きれいな字」といったコメントが寄せられた。 ◆ 手紙全文は以下の通り。 この夏にすべてをかける君へ 暑い日が続きますが、体調など崩していないでしょうか。体格も投げかたも似ている、そして夢が叶うことを1ミリも疑っていない君と出会ったときから、僕はずっと、16年前の自分を重ねていました。 その夢は、きっと叶うよ。とは、僕は言いません。 勝負はわからないから。おなじ夢を持った人たちのぶつかりあいだから。 ただ、今のまっすぐな君のまま、どうかこの夏のマウンドに立ち続けてください。これから先、グラウンドでもグラウンド以外でも、君をいろんな出来事が待ち受けています。僕のように、不安だらけの時期を過ごし、挫折を味わうこともあるかもしれません。それでもなんとか前を向くために必要なもの。それは、記憶だと思います。過去の栄光、だなんて言われることもあるけれど。 最後まで闘い抜いた記憶は、未来を生きる大きな力になります。 なんて、大舞台がすぐそこだってときに、先の話なんてされたくないか。 この夏、いちばん速い球を投げるのは、君じゃない。 いちばん熱い球を投げるのが、いちばん強い球を投げるのが、なんだかいちばん凄い球を投げるのが、君であってほしいと思っています。今から君の過ごす夏が、君を一生奮い立たせる夏になりますように。 よし、 頑張れ。 2022夏 斎藤佑樹
    See Details: 斎藤佑樹さん、高校球児へ「その夢はきっと叶うよとは、僕は言いません」と直筆の手紙。「言葉の重みがすごい」と反響
  • 稲村亜美 “美脚際立つ”ミニスカゴルフウエア姿披露に「スタイル良すぎ」「吸い込まれそう!」の声

    稲村亜美公式インスタグラム(@inamura_ami)から  タレントの稲村亜美(26)が11日に自身のインスタグラムを更新。ミニスカゴルフウエア姿を披露し反響を呼んでいる。  「#PEARLYGATESテレビ朝日 動画、はじめてみましたで着用しました。夏らしくていいですね!!」とつづり、美脚際立つミニスカゴルフウエア姿を披露。黄色のポロシャツに水色のミニスカートを合わせたさわやかなコーディネートとなっている。  フォロワーからは「可愛いくて魅力的です」「夏らしくていいですね」「素敵」「よくお似合いです」「美脚ですね」「あし、なっが!」「吸い込まれそう!」「スタイル良すぎ」「スタイル抜群でかっこいい」などのコメントが寄せられていた。
    See Details: 稲村亜美 “美脚際立つ”ミニスカゴルフウエア姿披露に「スタイル良すぎ」「吸い込まれそう!」の声
  • 【日本ハム】首位西武との3連戦で2度目のサヨナラ勝ち!延長10回に清水優心が左前打!

    新庄監督 ◇11日 日本ハム3x―2西武(延長10回サヨナラ、札幌ドーム)  日本ハムが今カード3連戦初戦に続き、首位西武にサヨナラ勝ちし、3連戦を2勝1分で終えた。同点の10回、2死一、二塁で清水優心捕手が左前にサヨナラ適時打を放った。清水は今季初打点。プロ初先発の鈴木健矢投手は7回途中2失点と好投した。  9日は近藤の逆転サヨナラ3ランで日本ハムが激勝。10日は延長12回の末に引き分けだった。
    See Details: 【日本ハム】首位西武との3連戦で2度目のサヨナラ勝ち!延長10回に清水優心が左前打!
  • 何も伝わっていなかった…空気が読めない夫のひと言で痛感した心の距離

    幸せな日々が続くと思っていた新婚生活。いざ始まってみると家事分担、家族計画、上辺の会話で喧嘩もできない──分かり合えないことだらけ。私だって働いてキャリアを積みたいのに…このまま彼の人生の一部で終わっていいの? 一人で暮らしたい。夫婦ってなに? そんな悩みに共感できる、作者が実際に経験したやりなおし夫婦の軌跡を綴ります。 職場の人たちに惜しまれながら退職し傷心のみちこの隣で、なんと引っ越しを喜んでいるたつや。普段は温厚なみちこもこれにはイラッとしてしまいます。 彼の背景として人生が終わるのか…考えるほど未来が見えなくなっていくのでした。 作/ふるり
    See Details: 何も伝わっていなかった…空気が読めない夫のひと言で痛感した心の距離
  • NISMOフェスティバル、12月4日に富士で開催

    日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)は、ファン感謝イベント「NISMOフェスティバル 2022」を12月4日に富士スピードウェイで開催すると発表した。 NISMOフェスティバルは、日産/NISMOのファン感謝イベントとして1997年にスタート。以来、22回の開催を重ねてきたが、2020年と2021年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、開催を見送ってきた。今回、日産とNMCは、開催を期待する多くのファンの声に応えるため、新型コロナウイルスの感染拡大防止に最大限留意しながら、3年ぶりに通算23回目のNISMOフェスティバルを開催することを決定した。 今年は、これまでのNISMOフェスティバルの歴史を振り返るコンテンツや、新旧『フェアレディZ』のレースカーを中心としたコンテンツの準備を進めている。さらに来場できないファンにも気軽にNISMOフェスティバルを楽しんでもらうため、オンラインで参加できるコンテンツも企画する予定だ。 イベントの詳細はNISMOフェスティバル公式サイトで随時アナウンスしていく。また、チケット販売の詳細は今秋公開予定。
    See Details: NISMOフェスティバル、12月4日に富士で開催
  • 本気で取り組める対面レッスンを求めて京都から夜行バスで通う<トライストーン・アクティングラボ受講生インタビュー・上出彩朱実>

    『トライストーン・アクティングラボ』上出彩朱実(撮影/厚地健太郎)  小栗旬、田中圭、綾野剛、坂口健太郎、間宮祥太朗、木村文乃など、実力派俳優が多数所属するトライストーン・エンタテイメント直営の俳優養成/演技研究所『トライストーン・アクティングラボ(TSAL)』。ここで学ぶ受講生たちは、様々な境遇を経て、本物の俳優を目指し、本気で芝居を学ぶために集った、熱い心を持った俳優・女優たち。オーディション情報サイト「デビュー」は受講生にインタビュー。彼らがTSALと出会ったきっかけ、そして彼らの芝居にかける想いについて聞いた。〈取材・文/児玉澄子 撮影/厚地健太郎〉   TSALは小栗旬、田中圭、綾野剛、坂口健太郎、間宮祥太朗。木村文乃らトライストーン・エンタテイメント マネージメント部が運営する俳優養成/演技研究所。現場で培ったノウハウと、本格的な講師の指導により、俳優としてのオリジナリティと魅力を光らせるレベルの高いレッスンを、初心者から経験者までに提供している。  TSALからは、映画やドラマで活躍中の前原 滉、東野絢香らが続々とトライストーン・エンタテイメントの所属俳優となっている。代表はトライストーン・エンタテイメントと同じく、数々の大作を手がけてきた映画プロデューサー・山本又一朗氏。TSAL在籍中から映画、テレビドラマ、舞台、CMなどに出演するチャンスを設けている。 ■トライストーン・アクティングラボ受講生インタビュー・上出彩朱実 「レッスンで失敗しながら少しずつ自分の殻を破っていこうとしています」 ──昨年10月にTSALに入所。それまでの経歴を教えてください。 「物心ついた頃から役者への漠然とした夢はありましたが、親に言い出せずあきらめかけていました。動き出したのは大学に入ってから。社会に出る前に一度は挑戦したくてある養成所に入所しました。ところがコロナ禍のため講義はすべてオンライン。2ヵ月ほど受けましたが手応えを感じられず、どうせやるなら本気で取り組みたいと対面のレッスンを探して見つけたのがTSALでした」 ──数ある養成所の中でTSALに決めた理由は? 「TSALの受講生インタビューの『毎回がオーディション』という言葉が決め手になりました。実際、レッスンでは毎回のように新しい台本が用意され、次のレッスンまでに読み込み、披露し、評価をいただくというオーディションさながらのことが行われます。私は頭が固いほうなので、最初は伸び伸びと芝居する人や奇抜な世界観を表現する人に圧倒させられてばかりでした。ただ講師の方も『ここはオーディションや現場とは違って失敗するだ』とおっしゃっているので、私も失敗しても少しずつ自分の殻を破っていこうとしているところです」 ──入所5ヵ月でJCBカードのCMに出演。TSALの学びは現場でどのように生きましたか? 「メインの方のように大きく写るわけではないですし、ただ歩いて動作をするだけですが、それでも映像に収まる以上は意味がある。その意味を考えて動くというTSALで教わったことをそのまま素直にできたのではないかなと思います。初めての現場で緊張しましたが、そのピリッとした空気感も心地よかったですね。オーディションで仕事をつかんだことも自信になりました。ただおこがましいですが、自分も早くメイン側に行きたいという気持ちも強くなりました」 ──TSALは京都から通っているそうですが、地元在住のまま役者を目指すことをどう感じていますか? 「毎週、夜行バスで7~8時間かけて通っています。バスの中ではだいたい寝ているので、そんなに大変さは感じません。またレッスンが終わって帰りのバスまでの時間、映画や舞台を観たりと有意義に過ごせますし、思い切って通うことを決めてよかったなと思っています」 うえであずみ●2001年5月29日生まれ、京都府出身。身長162cm。特技は棒高跳び、バトントワリング。趣味はダイビング、岩盤浴。JCBカード「タッチ決済」CMに出演。目標は「作品の世界に溶け込みながら見る人に伝わる芝居をすること」
    See Details: 本気で取り組める対面レッスンを求めて京都から夜行バスで通う<トライストーン・アクティングラボ受講生インタビュー・上出彩朱実>
  • 元オセロの中島知子が新型コロナ感染「2日間は死ぬほどきつかったです」

    中島知子 お笑いコンビ、元オセロの中島知子(50)が11日にブログを更新。新型コロナウイルスに感染したことを報告した。 中島は「新型コロナ 陽性」と題してブログをエントリー。感染を報告し、「現在医療機関の指示に従い療養中です」と明かした。続けて、「この期間にお仕事させていただく予定だった関係者の方々にはご迷惑をおかけすることになり、申し訳ございませんでした」と謝罪。現在は「一番きつい峠は越えた気がします」とし、「私は多分軽症の部類だと思いますが、それでも2日間は死ぬほどきつかったです」と振り返った。
    See Details: 元オセロの中島知子が新型コロナ感染「2日間は死ぬほどきつかったです」
  • 国内のコロナ感染者、累計で1500万人超に…読売集計

    新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)  国内の新型コロナウイルスの累計感染者は11日、読売新聞の集計で1500万人を超えた。
    See Details: 国内のコロナ感染者、累計で1500万人超に…読売集計
  • トランプ氏、証言拒否=一族企業の不正疑惑―NY

    新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)  国内の新型コロナウイルスの累計感染者は11日、読売新聞の集計で1500万人を超えた。
    See Details: トランプ氏、証言拒否=一族企業の不正疑惑―NY
  • 町田啓太“宙”も佐藤寛太“荒井”も…メンバー号泣に視聴者もらい泣き「グッときた」<テッパチ!第一部最終回>

    新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)  国内の新型コロナウイルスの累計感染者は11日、読売新聞の集計で1500万人を超えた。
    See Details: 町田啓太“宙”も佐藤寛太“荒井”も…メンバー号泣に視聴者もらい泣き「グッときた」<テッパチ!第一部最終回>
  • 【甲子園】昨夏号泣の明徳義塾・吉村優聖歩「やりきった」初戦敗退も涙なく仲間の背中さする側に

    新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)  国内の新型コロナウイルスの累計感染者は11日、読売新聞の集計で1500万人を超えた。
    See Details: 【甲子園】昨夏号泣の明徳義塾・吉村優聖歩「やりきった」初戦敗退も涙なく仲間の背中さする側に
  • ガーシー氏「喧嘩売るんやったら顔合わせてやろうや」に、ひろゆき氏が反応「ビビりのおっさんは口だけでしょ」

    新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)  国内の新型コロナウイルスの累計感染者は11日、読売新聞の集計で1500万人を超えた。
    See Details: ガーシー氏「喧嘩売るんやったら顔合わせてやろうや」に、ひろゆき氏が反応「ビビりのおっさんは口だけでしょ」
  • バスケ女子強化試合 日本がラトビアに83―54で快勝 渡嘉敷がチーム最多15得点

    新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)  国内の新型コロナウイルスの累計感染者は11日、読売新聞の集計で1500万人を超えた。
    See Details: バスケ女子強化試合 日本がラトビアに83―54で快勝 渡嘉敷がチーム最多15得点
  • 【巨人】中田翔、大阪桐蔭の後輩・根尾昂と初対戦 149キロのストレートを捉えるもセンターフライに倒れる

    新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)  国内の新型コロナウイルスの累計感染者は11日、読売新聞の集計で1500万人を超えた。
    See Details: 【巨人】中田翔、大阪桐蔭の後輩・根尾昂と初対戦 149キロのストレートを捉えるもセンターフライに倒れる

OTHER NEWS

アイルランド・ラグビー、トランス選手の女子試合出場を禁止

アイルランド・ラグビー、トランス選手の女子試合出場を禁止 【AFP=時事】アイルランドラグビー協会は10日、ワールドラグビーのガイドラインに従い、トランスジェンダーの選手が女子の試合に出場することを禁止すると発表した。  今季から、女子の試合では出生時に女性として登録された選手のみがコンタクトラグビーでのプレーを許可されることになる。  ワールドラグビーのガイドラインによると、トランスジェンダーの選手が女子の試合から排除される理由として、「思春期と青年期にテストステロンによって与えられる体格、威力、パワーを生み出す利点と、その結果生じる選手たちのリスク」が挙げられている。  イングランドのラグビー協会とラグビーフットボールリーグは先月、安全上の理由からトランスジェンダーの選手が女子の試合に出場することを禁止した。  IRFUは「最新の研究論文で、出生時に男性として性別が決定された人と、女性として性別が決定された人との間には身体的な違いがあることが証明されており、男性の思春期がもたらす体力、持久力、体格の利点は非常に大きく、テストステロンを抑制した後もこれが維持される」と発表文の中で述べた。 「IRFUはこの問題が関係する人やより広範囲のLGBT+(性的少数者)コミュニティーにとってデリケートで困難な領域であることを強く認識しており、影響が及んだ人たちと協力し続け、確実に競技に関わり続けられるように支援する」  今回のルール変更の影響を受けるのは2人の登録選手のみで、IRFUはその両者に連絡し、競技活動を続けられるよう非接触でのプレーや審判員、指導者といった代替案を提示しているという。(c)AFP 【翻訳編集】AFPBB News Read more »

【中日】根尾昂がイニングまたぎで好投!1イニング3分の1をピシャリ 大阪桐蔭の先輩・中田翔も中飛に仕留める

7回表1死、中田(後方)を中飛に仕留めた根尾 ◇11日 中日―巨人(バンテリンドームナゴヤ)  中日の根尾昂投手が6回途中に2番手として登板。イニングをまたいで7回もマウンドに上がり、1イニング3分の1を完璧に抑えた。  6回2死二塁の場面で先発の松葉に代わって登場。北村をカウント2―2から151キロの直球で空振り三振に仕留めた。  7回もマウンドに上がり、先頭の丸はファウルで粘られながらも12球目、150キロの直球で左飛。大阪桐蔭の先輩・中田も直球で中飛に抑え、最後はウォーカーを132キロのスライダーで捕ゴロに仕留めた。  根尾は3日のヤクルト戦(神宮)以来の登板でしっかりと役割を果たした。この日の最速は153キロだった。 Read more »

【中日】木下拓哉が2試合連続の適時打 満塁の場面で今季初安打も後続が倒れ1点どまり

2試合連続適時打を放った木下 ◇11日 中日-巨人(バンテリンドームナゴヤ)  中日の木下拓哉捕手が5点を追う6回、2試合連続となる適時打を放って1点を返した。  5回まで1安打に抑えられていた巨人の先発・山崎伊から先頭の大島が右前打、岡林が投手強襲の内野安打を放った。さらに阿部が四球を選んで無死満塁として、ビシエドは浅い右飛に倒れたが、木下が追い込まれながら転がして三塁への適時内野安打。最初は一塁アウトの判定も、立浪監督のリクエストにより覆った。  木下は満塁の場面で、今季初安打。なおも1死満塁だったが、後続のレビーラ、代打福田がともに一邪飛に倒れて1点どまりだった。 Read more »

稲村亜美「夏らしくていいですね!!」 “超ミニ丈”ゴルフウェアに反響「あし、なっが!」

稲村亜美  タレントの稲村亜美が11日、自身のインスタグラムを更新し、“超ミニ丈”のゴルフウェア姿を公開した。  稲村は「テレビ朝日 動画、はじめてみましたで着用しました 夏らしくていいですね!!」とつづり、美脚があらわになったショットを披露した。  この投稿を見た人からは「スタイル抜群でかっこいいね」「美脚ですね素敵です」「あし、なっが!」「スタイル良すぎ」「かわいくて魅力的です」などと反響が寄せられている。 Read more »

東京都内で新たに3万1247人コロナ感染、6日連続で1週間前を下回る

東京都上空(読売ヘリから)  東京都は11日、新型コロナウイルスの感染者を都内で新たに3万1247人確認したと発表した。前週の同じ曜日から4092人減り、6日連続で1週間前を下回った。 Read more »

中日・根尾が打者4人をパーフェクト 大阪桐蔭の先輩、中田には全球直球で中飛 中7日登板で好救援

<中・巨>イニングまたぎも無失点に抑え、ベンチ前で手を叩く根尾(撮影・椎名 航)  ◇セ・リーグ 中日-巨人(2022年8月11日 バンテリンD)  中日の根尾が5点劣勢の6回2死二塁から松葉に代わって登板した。3日のヤクルト戦(神宮)以来、中7日での登板となった根尾は、北村を151キロの内角直球で空振り三振に仕留めてピンチを脱出した。   7回もマウンドに上がり、先頭の丸を12球粘られた末に左飛。大阪桐蔭の先輩・中田には全球直球勝負で中飛、ウォーカーはスライダーで捕ゴロに打ち取り、打者4人をパーフェクトに抑えた。直球の最速は153キロをマークした。  前回登板ではサンタナにプロ入り初本塁打を浴びるなど2回を投げ3点を失ったが、この日はイニングまたぎできっちりと役目を果たした。 Read more »

「AIアナ」がテレビを変える NHKが一部ニュースに

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

オ6―1楽 オリックスが3位浮上

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

北日本、大雨の恐れ継続 前線が停滞、土砂災害に警戒

 北日本は停滞する前線の影響で、大気の状態が不安定になり、大雨の恐れが継続する。気象庁は今後1週間程度、東北の日本海側を中心に警報級の雨となる可能性があるとして、警戒を呼びかけている。これまでの記録的な大雨で地盤が緩み、土砂災害の危険性が高く、低い土地の浸水や河川の増水・氾濫が起きる可能性もある。  気象庁によると、前線は、中国大陸から日本海を経て北日本にかかっており、停滞を続けるとみられる。前線には暖かく湿った空気が入り、東北では大気が非常に不安定になっている。前線の活動は14日ごろ一時弱まるが、15日ごろから再び活発になる予想だ。 Read more »

全英帰り勝みなみロストバゲージ災難 預けた荷物すべてが積まれず、1つは未着 クラブはセーフ

女子ゴルフの勝みなみ(24=明治安田生命)が、時差ぼけ、ロストバゲージ未遂など、ドタバタの末にNEC軽井沢72に強行日程で臨む。 開幕前日の11日、会場の長野・軽井沢72GCで行われたプロアマ戦に参加。その後の会見で、予選落ちに終わったメジャーのAIG全英女子オープンから帰国後、この日までの慌ただしい様子を明かした。 今大会開幕3日前の9日朝に帰国し、会場入りした10日に9ホール、この日は18ホールを回った。それだけでも忙しいが、帰国に際して、飛行機に預けていた荷物4つが全て乗っていた便には積まれていなかった。自身のスーツケース2つと渡英に同行した母のスーツケース1つ、残る1つはクラブ一式が入ったキャディーバッグだった。このうち3つは1日遅れで届いたといい、スーツケース2つは今大会の宿泊先に、クラブは会場のゴルフ場に送ってもらい、この日のプロアマ戦は本来のクラブで回ることができて事なきを得たという。 気になる、いまだ見つかっていないスーツケースの1つは「母のものです。母は『着る服がない』って言っていました」と、とりあえず勝がツアーで戦う上では、大きな問題はない様子だ。 2週間前の楽天スーパー・レディースは、4日間ボギーなしで今季初優勝を飾った。それだけに、AIG全英女子オープンの予選は「悔しいですね。これまでに行った海外の試合よりも調子は良かったので」と、思うようなプレーができなかったことに唇をかんだ。 特に「あそこまで強いのは経験したことがなかった」と、強風に苦しめられた。だが第2ラウンドの残り5ホールから「思い切り打とう」と、吹っ切れた途端、風を切り裂いて好ショットを連発した。「最後の5ホールですごくいいプレーができた。感覚を取り戻してきた。またノーボギーで回るのは簡単ではないけど、バーディーを狙っていきたい」と、意気込んでいる。 さらに、米ツアー挑戦を以前から目標に掲げているだけに「向こうに行かないと経験できないことがある。向こうに行ってチャレンジしたい」と、米ツアーへの思いも強くしていた。 水分補給する勝(撮影・河田真司) Read more »

中嶋勝彦、マサ北宮を破り「N―1」3連覇へ好発進…「俺にしかノアに届けられないものがある」…8・11横浜

中嶋勝彦 ◆プロレスリング・ノア「N―1 VICTORY 2022」(11日、横浜武道館)  プロレスリング・ノアは11日、横浜武道館で真夏の最強決定戦「N―1 VICTORY 2022」開幕戦を行った。  4回目を迎える今年の「N―1」は、全16選手が出場する。A、B各ブロックに8選手ずつ分かれ、リーグ戦で激突。各ブロックの勝ち点1位が9月3日のエディオンアリーナ大阪第1競技場で優勝決定戦に臨む。  開幕戦では昨年覇者で2連覇中の中嶋勝彦がマサ北宮と対戦。試合はヴァーティカルスパイクで中嶋が北宮を破り、3連覇へ白星スタートを切った。  バックステージで中嶋は「初戦、マサ北宮。アイツとはいろいろあるよ、あったよ。だけど俺の大事なN―1であいつにつまづくわけにはいかないんだ」と明かし「俺にしかできないものがあるんだ。俺にしかノアに届けられないものがあるんだ。これからも俺から目を離すな」と3連覇を約束していた。 Read more »

母の元に霊媒師送り詐欺画策、女を逮捕 ブラジル

母の元に霊媒師送り詐欺画策、女を逮捕 ブラジル 【AFP=時事】ブラジル当局は10日、82歳の母親の元に自称霊媒師を送り込み莫大(ばくだい)な財産をだまし取ろうと企てたとして、女を逮捕した。警察が明らかにした。母親に疑われた後は、絵画や宝石などを盗んだという。  報道によると、逮捕されたのは2015年に亡くなった有名なブラジル・アートコレクター、ジャン・ボギーシ氏の娘。被害に遭った母親は、夫のコレクションを相続していた。  警察はAFPに対し、リオデジャネイロ在住の女には、母親から7億2000万レアル(約190億円)相当の絵画や宝石、現金をだまし取ったり、盗んだりした容疑が掛けられていると説明した。  現地メディアによると、女には5人の共犯者がおり、うち3人は逮捕された。盗まれた16枚の絵画には、ブラジル美術界の巨匠タルシラ・ド・アマラルとエミリアーノ・ディ・カバルカンティの作品も含まれていた。  ニュースサイトG1は、母親は娘が病気になったと信じ込まされ、「霊的療法」を行うヒーリング能力がある霊媒師を雇うよう説得されたと報じている。  母親は2020年1~2月で約97万ドル(約1億3000万円)を支払ったが、その後、疑うようになり、支払いをやめた。「霊媒師」と仲間は母親を脅して暴力を振るい、1年近く自宅に監禁。その間に絵画や宝石を盗み出したとされる。  盗まれた絵の1枚が、容疑者1人のベッドの下から見つかった。  他の作品は画商に売却された。有力紙フォリャ・ジ・サンパウロに、ブエノスアイレス・ラテンアメリカ美術館が語ったところによると、少なくとも2枚は同美術館を創立したアルゼンチン人実業家、エドゥアルド・コンスタンティーニ氏の手に渡っていた。(c)AFP 【翻訳編集】AFPBB News Read more »

【中日】6試合ぶり登板の根尾昂、大阪桐蔭高の先輩・中田翔を中飛に打ち取り1回1/3無失点

2番手で力投する根尾昂(カメラ・相川 和寛)  ◆JERAセ・リーグ 中日―巨人(11日・バンテリンドーム)  中日・根尾昂投手が6試合ぶりに中継ぎ登板し、1回1/3を完全投球で好リリーフをみせた。  5点ビハインドとなった6回2死二塁で2番手として登場。北村を空振り三振に斬ってピンチを切り抜けると、7回は丸を中飛、大阪桐蔭高の先輩・中田を中飛、ウォーカーを捕ゴロと巨人の中軸を完璧に抑え込んだ。  根尾は、3日のヤクルト戦(神宮)でサンタナにプロ初被弾するなど、2回3失点(自責2)して以来の登板。この日の最速は153キロだった。 Read more »

東国原英夫氏 旧統一教会会見に「発言時間とかルールを守らないこと自体に不信感を持ちますね」

東国原英夫  前宮崎県知事でタレントの東国原英夫(64)が11日、TBS系「ゴゴズマ~GO GO!smile~」(月~金曜後1・55)に生出演。前日に開かれた日本外国特派員協会で行われた世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の会見について語った。  番組では、会見で田中富広会長が3度の制止を振り切り47分間にわたり話し続け、質疑応答時間が予定より短縮される展開となったことが紹介された。東国原は「(同教会が安倍晋三元首相死去後に開いた会見の)1回目も2回目も体質的に変わっていないなあという印象」と話した。  「発言時間とかルールを守らないこと自体に不信感を持ちますね。宗教法人の内容というよりも記者会見のあり方、やり方ですね。こういう体質なんだな、と何となく印象を持ちましたね」と指摘。「自分らを正当化する正論を出すのはいいんですけど。言質を取られないといった計算に基づいた体質…壁があるような感じを私は受けました」と語った。 Read more »

70代、月5万円の年金暮らし。おしゃれはユニクロや無印良品も楽しみながら

月5万円の収入でやりくりする年金暮らし。食費や日用品、光熱費などの生活費だけでいっぱいで、自分のおしゃれにお金をかける余裕なんてどこにもなさそう…。そんななかでも、自分なりの楽しみ方を工夫しているつわものが。70代のひとり暮らしを満喫しているブロガー・紫苑さんに話を聞いてみました。 おしゃれは手持ちのものを工夫してお金をかけずに楽しむ 70代の暮らしを楽しむ紫苑さん 紫苑さんの1か月の支出リスト<表> 現在71歳、月の収入は国民年金の5万円という紫苑さん。30代で離婚後、子ども2人を育ててきましたが、子どもたちの独立を機に購入した中古の一戸建てにひとりで暮らします。 紫苑さんの1か月の支出リスト 1か月を5万円でやりくりするために試行錯誤を繰り返し、今では節約を楽しむゆとりも生まれたそう。そんな紫苑さんのおしゃれを楽しむ工夫を紹介します。 ●50代で買い集めた着物を洋服にリメイク 51歳で患った乳がんで片方の乳房を切除。胸の形が目立たないからと、当時たくさん買った着物は、ワンピースやコート、スカートに。 「もともと好きな色や柄なので、普段着としてまた着られるのがうれしい!」 ●シンプルな服は自分好みに変えて一点物に ファストファッションも世界で1つのアイテムに ユニクロのシンプルなワンピースは衿に刺し子刺繍を。 「自分らしさをプラスすれば着こなしが楽しくなります」 ストライプのシャツは同系色の布を縫いたして、サッと羽織れるロング丈に。 ●ホホバオイル数滴で美肌をキープ 乾燥が気になるところは無印良品のホホバオイルでケア。 「以前は高級ブランドでそろえていたこともありましたが(笑)。生活習慣を変えたおかげか、高いものを使わなくても肌の調子はバッチリ! ●黒のマスカラで部分白髪染め 生え際などの白髪が気になる部分は、黒のマスカラでケア。ヘアカラーはほとんどしなくなったそう。 「捨てようと思っていた古いマスカラですが、液が減って少量ずつ出るのが、かえって便利」 いくつになっても、収入が減っても、いつまでもおしゃれを楽しむ気持ちは持ち続けたいですよね。お金をかけなくても自分磨きや自分らしさを楽しむ紫苑さんのアイデア、ぜひ参考にしてみてください。 Read more »

那珂川で女性流され…行方不明 栃木・大田原市

11日午後、栃木県大田原市の那珂川で女性が川に流され現在も行方不明になっていて、消防と警察が捜索しています。 消防などによりますと、11日午後2時半ごろ、栃木県の大田原市の那珂川で「38歳の女性が川に流された」と目撃者から110番通報がありました。 事故がおきたのは、「黒羽観光やな」付近で流された30代の女性はいまも行方がわかっておらず、消防と警察が捜索しています。 女性が流された場所は川幅が20メートルから30メートルほどで水深は腰より深いところもあるということです。 関東地方では、11日の午前中に埼玉県で16歳の少女が溺れて意識不明になるなど水難事故が相次いでいます。 Read more »

テレビ東京、フィギュア「名場面総選挙」で謝罪 投票方式巡り「不快な思い」「配慮が至らなかった」

テレビ東京  テレビ東京がフィギュアスケートの投票企画「Japan Open 名場面総選挙」のに投票方式について、選択肢を10シーンのみに限定したことで「ファンの皆様への思いが至らず、不快な思いをさせてしまいました」と、「テレビ東京 フィギュアスケート」公式ツイッターで謝罪した。  公式ツイッターでは「このたびの投票企画『Japan Open 名場面総選挙』の実施に伴い、10シーンのみを投票の選択肢としたことに対して様々な意見を頂きました」と投票方式について多くの意見が寄せられたといい、「数多くのスケーターを応援する様々なファンの方々がいらっしゃるにもかかわらず、選択肢を限定したことはファンの皆様への思いが至らず、不快な思いをさせてしまいました。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。「また、これまでの大会に出場された選手や関係者の皆様にも配慮が至らなかったことに対し、深くお詫び申し上げます」と続けた。  これらを受け「これまでのJapan Openのすべての大会に出場された選手全員を対象として投票を行う形式に変更いたします」と投票方式を変更するとした。  すでに投票されたものについては「そのまま投票扱いとさせていただきます」とし、「改めて、皆様の『心に残るJapan Openの名場面』を奮ってご投票下さい」とした。  現在、投票ページは「投票再開までいましばらくお待ちください」と準備中となっている。 Read more »

佐藤勝利が新型コロナ感染、横浜アリーナ公演はメンバー3人で開催

ジャニーズ事務所  Sexy Zone・佐藤勝利が、新型コロナウイルスに感染したことが11日、分かった。ジャニーズ事務所が公式企業サイトで発表した。  同サイトによると、佐藤は10日に発熱の症状がみられたため、PCR検査を実施した結果、陽性が判明。他メンバーについても同じくPCR検査を行ったが、全員陰性が確認された。  グループは現在、アリーナツアー中で、この日は横浜アリーナでコンサートが行われている。昼公演は検査結果は判明していなかったものの、体調不良により欠席し、佐藤以外のメンバー3人がステージに立った。この日の夜公演以降も、同様に3人で実施していくことになり、公式企業サイトは「本日8月11日に続いて明日以降も佐藤を除くメンバー3名で開催させていただきます」と説明した。 Read more »

【巨人】投手なのに打率3割7分5厘の山崎伊織が6回4安打1失点 適時二塁打&快投の二刀流

6回を終えて大城卓三(右)とグータッチを交わす山崎伊織(カメラ・相川 和寛) ◆JERAセ・リーグ 中日―巨人(11日・バンテリンドーム)  巨人の山崎伊織投手が先発し、6回99球を投げ、4安打1失点だった。  1点リードで迎えた初回は、1番・大島、2番・岡林を二ゴロ。3番・阿部を遊ゴロとテンポ良く3人で片付けた。2、3回は走者を背負いながらも、無失点。4回はレビーラを130キロスライダーで空振り三振に抑えるなど、3者凡退に抑え、グラブをたたいた。  5回の攻撃、先頭で迎えた打席では中日の先発・松葉の134キロカットボールを捉え、右前安打をマーク。今試合まで投手ながら打率3割8厘を誇る打力も見せつけた。5回も打たせて取る投球で3者凡退。  すると、6回にまたしてもバットで魅せる。2死一、二塁から中日の先発・松葉の127キロカットボールを捉え、打球は左翼手の頭を越えた。走者2人が生還する適時二塁打を放ち、二塁ベース上で笑顔でガッツポーズを掲げた。  6回には先頭・大島に右翼線を破る安打、続く岡林の打球を右足に当て、治療のため、一度ベンチに下がり、迎えた無死一、二塁で3番・阿部に四球を許し、満塁のピンチをつくった。それでも4番・ビシエドを右飛。5番・木下の三塁への適時内野安打で1点を失ったが、レビーラのファウルフライを一塁手・中田がフィールドシートに突っ込みながらジャンピングキャッチ。最後は代打・福田を一邪飛に打ち取り、最少失点で切り抜けた。  山崎伊は、今季はここまで13試合に登板して、3勝3敗。防御率は3・41。前回登板の4日、阪神戦(東京D)では、自己最長の8回を投げて、3安打無失点、無四死球と圧巻の投球で3勝目をマークしており、「前回のようにテンポ良く、長いイニングを投げられるように頑張ります」と意気込んでいた。この日の3打数2安打で打率は投手としては驚異の3割7分5厘に急上昇した。 Read more »

81歳を迎えた"元祖カリスマ主婦"マーサ・スチュワート、健康と美を維持する食事ルール

レシピを考案したり番組を撮影する中で試食をすることも多いのに、太らないのはなぜ? と不思議がる声もフォロワーからは浮上している。その質問に答えてマーサが自身のホームページで日頃の食生活を明かしている。心がけているのは「普段の食事は野菜をメインにする」こと。レシピ開発でお肉料理やスイーツを食べる分、それ以外の食事で野菜を多めに摂取しているという。朝食の定番メニューはグリーンジュース。ほうれん草などの葉物野菜にりんご、パイナップル、パパイヤなどのフルーツを入れているそう。お気に入りは食物繊維が豊富なセロリをメインにきゅうり、パセリ、オレンジ、それに生姜を少し加えたもの。マーサ曰く「どんな野菜や果物でもいいけれど、栄養素をフルに摂取するためにできるだけ皮ごと入れること」。 また仕事のないときはサラダだけで過ごす日を作ることもあるそう。葉物野菜だけではすぐにお腹が空いてしまうのでお米、もしくは豆類をのせて食べ応えのあるものにするのがポイント。また油をとり過ぎてしまわないようにドレッシングも手作り。マーサの定番は米酢にディジョンマスタード、塩胡椒と砂糖、エクストラバージンオリーブオイルを加えたもの。これを密封できるボトルに入れてよく振れば出来上がり! ボトルのまま冷蔵庫に入れれば3日はもつそう。マスタードには代謝を促進する効果があるとも言われているので、脂肪が燃えやすい体を作るのにもぴったり。ディジョンマスタードを選ぶときには油や添加物などが使われていないものがおすすめ。 今から25年前、当時56歳のマーサ・スチュワート。 photo by Getty Images このサラダにツナやサーモンなどの魚をプラス、ディナーのメインディッシュにしていることもあるというマーサ。散歩や乗馬が大好きでエクササイズも欠かさないそう。元気に動ける80歳、90歳を目指すためにもぜひ参考にしてみたい。 出典:This Is the First Thing Martha Stewart Does Every Single Morning for Better Health 長坂陽子 ライター&翻訳者。ハリウッド女優、シンガーからロイヤルファミリー、アメリカ政治界注目の女性政治家まで世界のセレブの動向を追う。女性をエンパワメントしてくれるセレブが特に好き。著書に「Be yourself あなたのままでいられる80の言葉」(メディアソフト)など。 Read more »

東京、新たに3万1247人感染 新型コロナ

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

13日に熊谷花火大会 今年は10カ所で打ち上げ 埼玉

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

最北無人駅の稚内・抜海駅、来年度も一転存続

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

【日本ハム】プロ初先発鈴木健矢7回途中2失点「のらりくらりでいいよ」ビッグボスの助言で好投

<日本ハム-西武>◇11ж—Ґв—‡жњ­е№Њгѓ‰гѓјгѓ BIGBOSS采配でプロ初先発した日本ハム鈴木健矢投手(24)が、7回途中8安打2失点でマウンドを降りた。 立ち上がりに2連続長打で先制点を許した。その後は打者のタイミングをずらして的を絞らせなかった。1点リードの7回1死一、三塁のピンチを招いて降板。三塁側ベンチ前では新庄剛志監督(50)に出迎えられた。 「毎回ランナーを出して流れが悪い中でも、今川さんがホームランを打ってくれたので7回は投げ切りたかったです。次回は、しっかり投げ切れるようにしたいです」と話した。 2軍での調整は最長2イニング。JX-ENEOS(現ENEOS)での18年以来の先発マウンドとなった。3年目の今季から新庄剛志監督(50)の助言で横手→下手投げに転向も、サイドスローも交えた「変則二刀流」として、新たなプロ野球人生を切り開こうとしている。 新庄監督は「この先、どういう成長するかを見たいと言ったら(鈴木が)『えっ。6回、無理です!』って言うから。『じゃあ、のらりくらりでいいよ』って。気がついたらね、5回くらいまでいってくれたら。まあ、でも何とか長いイニングを投げてもらう。10点以内に抑えてもらったら」と話していた。 日本ハム対西武 日本ハム先発の鈴木(撮影・佐藤翔太) Read more »

朝倉海“大炎上”した騒動について言及 期待を裏切ったことは謝罪も「本当にすごく大事な発表でした」

朝倉海  格闘家の朝倉海(28=トライフォース赤坂)が11日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「大炎上した件について僕が今思ってることを伝えます」というタイトルで動画を投稿し、騒動について言及した。  ことの発端は、朝倉が自身のSNSで「『格闘家、朝倉海』大切なお知らせ』」という触れ込みで、動画の告知をしていたこと。ケガで「RIZIN.36」の参加できなかった朝倉の今後に注目が集まっていたことから、「UFCと契約が決まったのでは」「アメリカに移住するのかも」と言った声が上がっていた。  そして5日、朝倉は「公式アプリがスタートするということで、告知させていただきました」と発表。ツイッターでも「僕の挑戦に関わってもらうことで、皆さんが一歩踏み出す勇気が持てるように。ライブ配信や参加型コミュニティ、オフ会などで皆さんとたくさん交流したいです。無料でも楽しめます ご参加お待ちしてます!」と宣伝していたが、一部から「期待外れ」「勿体ぶる意味は?」という批判があった。  11日に投稿した動画で、朝倉は「僕らとしては、告知の方法が良くなかったなと。『格闘家』としての僕を応援してくれる方が多いと思うので、客観視が出来ていなかった」と、言及する。  一方で、オンラインコミュニティに関しては「チームのみんなと前々から考えていて。“どうやったらファンの方が喜んでくれるのか”を話し合って、ファンの方と一緒に作り上げていて。僕らにとっては、本当にすごく大事な発表でした。それでも、格闘技だけを期待しているファンの方が多くて、自分らとしては理解できていなかったという反省があります」と、釈明した。  「一番大事なのは、僕が格闘家として強くなって活躍することだと思います。わざわざ自分では言いたくないですけど、動画に見せないところでは、死ぬほど練習してるんで。復帰したら、みなさんの期待に応えるような試合をするので、応援の方をよろしくお願いします」といい、「今回はファンの期待を裏切ってしまい、すみませんでした」と、頭を下げた。 Read more »

蒼井優、第一子を出産 山里亮太は感謝&決意明かす「とにかく頑張ります」

蒼井優、第一子を出産 山里亮太は感謝&決意明かす「とにかく頑張ります」 蒼井優さんが第一子を出産したことを、夫の山里亮太さんが報告しました。 山里さんは、8月11日未明の自身のラジオ番組で蒼井さんの出産を報告。その後、自身のTwitterを更新し、「皆さま! あたたかい言葉の数々ありがとうございます!」とユーザーや周囲の人々への感謝と「とにかく頑張ります!」と父親としての決意を綴りました。 蒼井さんと山里さんは、2019年6月に結婚。今年2月には、2人連名で妊娠の報告をしていました。 蒼井優、第一子妊娠を発表!「出産は夏頃を予定しております」 Read more »

【巨人】中田翔、守備でもチームを救うビッグプレー 第91代4番が攻守で奮闘

6回1死満塁、レビーラの一邪飛を好捕する中田翔(カメラ・小林 泰斗) ◆JERAセ・リーグ 中日―巨人(11日・バンテリンドーム)   巨人の中田翔内野手が、守備でもビッグプレーをみせた。  6回。4点差差に迫られ、なおも1死満塁。レビーラの放った打球は一塁ファウルゾーンの防球ネット付近へ打ち上がったが、中田は臆することなく打球に飛び込み、最後はネットに体をぶつけながら捕球。続く京田の一邪飛も処理し、中田の好守備に支えられ、先発・山崎はこの回無死満塁のピンチを背負ったが、最少失点で切り抜けた。 Read more »

日テレ・滝菜月アナ 「ヒルナンデス!」での浴衣姿披露に「似合ってる~」「チョー可愛い」の声

日本テレビ・滝菜月アナウンサー公式インスタグラム(@taki_natsuki)より  日本テレビ・滝菜月アナウンサー(29)が11日、自身のインスタグラムを更新。浴衣姿を披露した。  「今日のヒルナンデスは全員浴衣 色んなデザインや着こなしがあってとっても素敵でした」と記すと、淡い緑と黄色の涼し気な浴衣姿の上半身ショットと、全身ショットをアップ。「皆でオンエア前に沢山写真を撮ったのに自分のカメラで撮り忘れました。汗 皆さんの投稿を待ちます」ともつづった。  滝アナの浴衣姿にフォロワーからは「滝ちゃん、似合ってる~ かわいい」「チョー可愛い」「とてもお似合いです」「お仕事お疲れ様でした」といった反響が寄せられている。 Read more »

ロッテ・種市篤暉―ソフトバンク・レイ…スタメン発表

先発のロッテ・種市とソフトバンク・レイ ◆パ・リーグ ロッテ―ソフトバンク(11日・ZOZOマリン)  【ソフトバンク】  1(中)周東、2(遊)今宮、3(二)牧原大、4(右)柳田、5(指)デスパイネ、6(一)中村晃、7(左)柳町、8(三)川瀬、9(捕)甲斐、▽投=レイ  【ロッテ】  1(左)荻野、2(中)高部、3(二)中村奨、4(右)マーティン、5(一)佐藤都、6(指)レアード、7(三)安田、8(遊)茶谷、9(捕)松川、▽投=種市 Read more »

長崎県のコロナ感染者3398人、過去最多を更新

長崎県庁  長崎県は11日、新型コロナウイルスの新規感染者を3398人と発表した。10日の3370人を超えて過去最多となった。 Read more »

ロシア軍補給路の橋遮断 ウクライナ、南部で反撃

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

中国新車販売2カ月連続プラス 7月は約30%増

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

【阪神】先発才木浩人に代わり中継ぎ及川雅貴が登録抹消、この日は1軍に同行して練習

<DeNA-阪神>◇11日◇横浜 この日先発する阪神才木浩人投手(23)が1軍登録された。前回7月30日のヤクルト戦後、1日に出場選手登録を抹消されていた。 才木に代わり、中継ぎの及川雅貴投手(21)が登録を外れた。今季初めて1軍登録された4日の巨人戦で救援し、1回1失点。登板はこの1試合のみだった。この日は1軍に同行して練習した。 DeNA対阪神 ウオームアップ中、坂本(手前)と何かを見つめる才木(撮影・浅見桂子) Read more »

中島知子が新型コロナ感染報告「きつい峠は越えた気がします」「2日間は死ぬほどきつかった」

元オセロ中島知子(50)が11日、ブログを更新。新型コロナウイルスに感染したことを報告した。 「新型コロナウィルスに罹患しました。現在医療機関の指示に従い療養中です」とコロナ感染を報告し、「この期間にお仕事させていただく予定だった関係者の方々にはご迷惑をおかけすることになり、申し訳ございませんでした」と仕事関係者に謝罪した。 「一番きつい峠は越えた気がしますし、私は多分軽症の部類だと思いますが、それでも2日間は死ぬほどきつかったです」と症状を明かす中島。「当面の間、ブログもお休みさせていただきます」とブログも一時休止することを発表した。 中島知子(2014年撮影) Read more »

バレーボール東レとラグビー静岡ブルーレヴズが小学生体験教室 高橋健太郎「貴重な時間」

バレーボール男子の東レとラグビーの静岡ブルーレヴズはこのほど、三島市と協力し、同市内で体験教室を開いた。 両チームの合同開催は初めて。県内在住の小学1~6年生、72人が参加した。日本代表MB高橋健太郎(27)ら東レの現役選手6人が、バレーボールを指導。ブルーレヴズ育成チームのスタッフ3人が、ラグビーを教えた。高橋は「スポーツの楽しさを伝える活動は貴重な時間」と、教室の意義を語った。 バレーボールでは、レシーブやトス練習の後、プロ選手のアタックに対して、児童がレシーブを体験。ラグビーのパスやタックルも学び、ボールを追った。参加した藤沢月花(つきか)さん(富士今泉小5年)は「楽しかった。プロ選手の高さとパワーには驚きました」と振り返った。三島市の夏休み子供イベントの一環で行われ、プロチームの参加で会場は盛り上がった。【山口昌久】 体験会を終え、記念撮影に納まる児童たち Read more »

南アフリカの遺体、国際手配男か DNA型確認、警視庁

 2003年に東京都奥多摩町で元飲食店員古川信也さん=当時(26)=の切断遺体が見つかった事件で、警視庁は、南アフリカで発見された松井知行容疑者=殺人容疑で国際手配=とみられる遺体のDNA型鑑定を現地当局の協力を得て実施し、本人とみて矛盾はないと確認したことが11日、捜査関係者への取材で分かった。  主犯格とみられる松井容疑者が逃亡先の南アで自殺したとの情報があり、警視庁は今年7月、捜査員を派遣。親族のDNA型との照合を現地当局に依頼していた。日本でも再鑑定して本人と確認できれば、容疑者死亡のまま書類送検する方針。 Read more »

廃線か存続か、赤字ローカル線の協議本格化 利用促進へ取り組み速める自治体の胸中

JR香住駅に到着した浜坂行きの最終列車。乗客はまばらだった=同駅  JR西日本が4月に管内のローカル線の収支状況を公表したことを受け、兵庫県但馬地域でも県や沿線自治体、利用者団体、JR西などによる協議が始まった。人口減やマイカー利用に加え、新型コロナウイルス禍などで鉄道会社の経営は厳しく、ほかのJR各社も収支などを公表、地元との議論を呼びかけている。(小日向務、長谷部崇、末吉佳希) ■県が協議会を設置  JR西は県内関連で、山陰、播但、姫新、加古川の4路線6線区の赤字額を公表。これを受けて県は6月、「JRローカル線 維持・利用促進検討協議会」を開いた。出席したJR西の幹部は「一時的な利用促進がゴールではない。将来を先取りする地域交通網を整備し、地域のまちづくりでどのように位置づけていくのかが問われている」と訴えた。  県や沿線自治体は、日常生活や災害時の迂回(うかい)路、観光面などの観点から「廃線論」をけん制。路線の維持を前提に山陰線余部橋りょうの架け替えで事業費約30億円のうち、兵庫、鳥取両県が24億円を負担した協力実績をアピールした。県はその後、同協議会の下部組織として各線区のワーキングチーム(WT)を設け、具体策の協議が始まった。 ■利用促進策が加速  WTの発足前から、但馬の各市町は利用促進への動きを加速させている。朝来市は7月、山陰、播但線などの通勤定期代の助成を始めた。定期券更新の端境期とあって申請は少ないが、長期的に取り組む構え。8月9日の市公共交通会議では、大学生への通学支援、播但線の特急利用への助成を検討していることも明らかにした。  鉄路の利用を促すため、2人以上の乗車で往復運賃の半額助成を4月に始めた香美町。年間約300人分の予算を計上したところ、7月末までに194人が利用した。想定の倍近いペースで、9月に150万円を追加する予定だ。  新温泉町は、浜坂駅を発着点とする2~10人の往復利用に片道分の乗車券を7月30日と8月7、20日に配布。ただ、実施済みの2日間の利用は計57人にとどまり、担当者は「コロナ流行の『第7波』で思ったより少なく、期間の延長も視野に入れている。今後、口コミで増えれば」と願う。 ■目安は輸送密度千人?  一方、国土交通省の有識者検討会は7月末、地方鉄道の再構築に関する提言をまとめた。1キロあたりの1日平均乗客数を示す「輸送密度」が千人未満などを目安に、国が協議会を設け、鉄道事業者、地元自治体と鉄道存続策やバス転換などを協議するという。今後、この協議会が但馬にも設置される可能性がある。  但馬関連では、山陰線の2線区が目安を下回る。新温泉町企画課の職員は「協議の対象に当てはまる路線として、緊張感を抱いている」と身構える。中でも城崎温泉-浜坂の輸送密度は目安の7割に満たない。香美町の担当者は「地元住民だけでなく、観光客に対するJRの利用促進も相当頑張らなければ届かない数字」と話す。  有識者検討会は提言で、県庁所在地を結ぶ特急列車の運行区間や、代替輸送道路がない区間は当面、協議会の対象から除外することも打ち出した。  2線区の自治体では「特急はまかぜが走ることを逆算的に考えると、廃線は考えにくい」との見方もあるが、鉄道利用者の急増は見込みにくい状況。提言を受け、国がどのように制度化するのか、にも注目が集まっている。 Read more »

中国の夏祭りが「反日感情」で続々中止に…その裏事情とは

Photo:PIXTA この夏、中国各地で予定されていた「夏祭り」のイベントがネット上で猛批判を受け、相次いで中止に追い込まれるという異例の事態が起きている。毎年夏から秋にかけて日中関係の敏感な日が続くが、背景には何があるのだろうか。(ジャーナリスト 中島 恵) 中国で「夏祭り」イベントが 相次いで中止となった事情 「これは日本による文化の侵略だ!」「なぜ南京大虐殺が起きたこの都市(南京市)で、わざわざ日本関連のイベントを行うというのか?許せない!」  7月上旬、中国のSNS上は突如、このようなコメントで大荒れとなった。きっかけは、南京市の寺に旧日本軍の軍人の名が書かれた位牌(いはい)が祭られていたと判明したこと。詳細な経緯は不明だが、ある中国人女性が祭ったとされる位牌の写真がSNSで拡散され、寺に批判が殺到した。  しかし、問題はこれだけで終わらなかった。南京市で7月17日に実施されることになっていたイベントが中止となったのだ。中止理由は「天候のため」と発表されたが、この問題が影響していることは明らかだった。イベントの内容は若者を中心にアニメのコスプレなどを行うもので、日本とは関係のないものだが、名称が「夏日祭」となっており、日本を連想させるものだったからだ。  この一件を皮切りに、江西省新余市、雲南省大理市、広西チワン族自治区桂林市など全国各地で開催予定だった「夏日祭」は全て中止に追い込まれた。中止を発表した主催者の文書には、「一般のアニメイベントであり愛国的な内容だが、中止とした。私たちは歴史を胸に刻み、国の恥を忘れてはならない」と書かれているものもあった。  単なる夏祭りのイベントが相次いで中止になるというのは不可解な話だが、背景には一体何があるのだろうか。  思い起こすのはちょうど1年前の2021年8月。大連にオープンした「盛唐・小京都」プロジェクトが突然営業中止に追い込まれたことだ。  約1000億円もの資金を投じ、唐と京都の街並みを再現するという日中企業の共同プロジェクトであり、観光客が見込めると期待されていたものだった。しかし開業直後、「ここでは日本の商品しか販売できない」というデマが広がったことをきっかけに、SNS上で「これは日本の文化侵略だ」「侵略された歴史を忘れたのか」という批判が殺到。営業休止となった(後に再開した)。  当時、大連在住の中国人は、「毎年夏から秋にかけて、日中に関係する敏感な日が続き、中国には反日的な空気が漂うというのは恒例のこと」と話した。その上で、ここ1~2年は何らかの出来事をきっかけに、SNSで“炎上”するケースも増えていたと指摘。 「このとき(盛唐・小京都の営業中止)も9月18日(満州事変の発端となった柳条湖事件が起きた日)という日中間の敏感な日が近づいていて、若者を中心にナショナリズムが非常に高まる時期と重なったことが影響していると思います。  さらに2021年は中国共産党100周年も重なり、政府は国威発揚につながる報道で国民をあおってきました。そのこともあり、SNS上に過激な言葉が飛び交った。それが行き過ぎて、当局としても収拾がつかなくなってしまったのではないでしょうか」(大連在住の中国人) 若者を中心に高まる ナショナリズムの気運  今回の南京の一件に関しても、根底には昨年と同様の背景があるのでは、とこの中国人は分析する。 「イベントの開催予定日(7月17日)は1937年、蒋介石と周恩来が廬山(江西省九江市)で会談し、抗日決戦で合意した日であるということがSNSで広まり、それがナショナリズムに火をつけたようです。『わざわざこんな日に日本を想起させる夏祭りを開催するというのは何事か。国辱の歴史を忘れたのか』といったコメントがSNS上にあふれていましたので。主催者は慌ててイベントを中止し、火消しに走ったのだと思います」(同上)  イベントの主催者は中国人であり、「夏日祭」という日本の「夏祭り」から連想した名称を付けたのも中国人自身だ。  私は2020年8月、『中国での日本風「夏祭り」が驚くほど本格的で、大人気となっている理由』という記事を書いた。そのときは、2014年頃から始まった訪日旅行ブームにより、中国人が日本の伝統的な夏祭りの存在を知り、中国にも取り入れたというほほ笑ましいエピソードを紹介した。それからわずか2年の間に、このような形で日本の夏祭りが批判にさらされる対象になるとは想像もできなかった。  この一件は日本には何ら関係のないことであり、日本人が聞いたらびっくりするような話だが、中国メディアの報道によれば、「夏日祭の開催予定地(全国の20都市、21カ所)を地図上でつなぎ合わせると、日本列島の形になる。これは偶然か?何かの陰謀ではないのか?」といった書き込みまで表れた。夏祭りイベントの最初の開催場所が南京であったことも、よけいに「反日的な雰囲気」に拍車をかけ、問題を大きくしたようだ。  こうしたことからも分かる通り、中国ではここ数年、特に若者を中心にナショナリズムが異常なまでの高まりを見せている。顕著に表れたのは2021年夏に行われた東京五輪だった。卓球の試合で、日本ペアが中国ペアを破って勝ったときや、日本の体操の選手が中国人選手に勝って金メダルを獲得したときにも、中国のSNS上には日本をののしるコメントが大量に書き込まれた。  むろん、五輪などのスポーツイベントではナショナリズムに火がつきやすいという傾向はどの国にもあるのかもしれないが、ある在日中国人によれば、昨今の中国ではそれがどんどん激しくなっているという。 「若者の暴走」に 中国政府も戦々恐々?  思い起こすのは、7月に安倍元首相が銃撃されて亡くなったときのこと。中国のSNS上に「祝逝去」「祝賀」などのコメントがあふれただけでなく、中国メディアの在日中国人女性記者が中国のSNSで激しいバッシングにさらされ、自殺を図ったという事件もあった。この女性記者が安倍元首相についてレポートする際、涙声になり、安倍氏をたたえるようなコメントを発したからだといわれている。  こうした問題は日中間だけにとどまらず、時には国際問題にまで発展している。7月下旬、「ディオール」(DIOR)の2022年のコレクションで発表されたスカートが、中国の伝統的な衣装であるマミアンスカートに酷似していると中国のSNSで問題視された。しかも、それだけでなく、フランスに住む中国人留学生がパリの「ディオール」のショップに集結し抗議活動を行った。  近年、中国では、米中対立に関して世論を煽る国内報道の影響などもあり、経済発展した自国に過剰な自信を持つ若者が多く、自国文化を見直す傾向も強まっている。さらに、それが高じて「自国文化への冒涜(ぼうとく)は決して許さない」といった風潮も広がっている。  北京に住む中国のメディアの関係者はいう。 ... Read more »

【中日】先発の松葉貴大、巨人打線につかまり6回途中5失点KO

4回表2死一、二塁、大城に中前適時打を許す松葉 ◇11日 中日―巨人(バンテリンドームナゴヤ)  中日先発の松葉貴大投手は5イニング3分の2を7安打5失点で降板。今季5勝目とはならなかった。  初回に2死三塁から4番・中田にフルウントから変化球をはじき返され、打球は二塁・京田が伸ばしたグラブの下を抜ける中前適時打となり、先制を許した。  2、3回は三者凡退に抑えるも、4回に2つの四球で2死一、二塁のピンチを招き、大城に中前適時打を許し、1点を追加された。さらに6回には2死一、二塁から先発・山崎伊に左越え適時二塁打、続く吉川にも右翼線への適時二塁打を浴び、この回計3失点。ここで2番手の根尾に交代した。  ▽中日・松葉「自分らしい投球ができず、悪い流れを作ってしまいました。同じミスをしないように次は頑張ります」 Read more »

【速報】新型コロナ 国内の累計感染者1500万人を超える この1カ月で500万人増

日本国内の新型コロナウイルスの感染者数の累計が、さきほど、1500万人を上回ったことが、FNNのまとめで分かった。累計感染者数は、先月14日に1000万人を突破したばかりで、このおよそ1カ月で500万人も増えたことになる。 新型コロナウイルスは、2019年12月に、中国・武漢市で初めて感染者の報告があった。そして、日本国内で、最初の感染例が確認されたのは、翌2020年1月15日だった。 国内の感染者数の累計が100万人に達したのは2021年8月6日で、200万人を超えたのは今年1月20日だった。それから、感染力が強いオミクロン株が広がり、「第6波」を迎え、猛烈なスピードで感染拡大が進んだ。 2月3日に300万人、2月15日に400万人、2月28日に500万人、3月18日に600万人、4月9日に700万人に達した。その後、「第6波」は収まったものの、7月に入り、感染が再拡大。「第7波」を迎えた7月14日に、累計感染者数が1000万人を超えたばかりだった。 Read more »
LOOK: Philippine Tarsier Spotted in Tacloban City for the First Time EverA Guide to the Best Staycation Hotels in Manila6 Fabulous Reasons To Take A Side Trip To Croatia When You’re Visiting Italy7 Reasons You Should Visit Canada’s Beautiful Georgian Bay6 Reasons To Explore Concord, California On Your Next Visit To San Francisco9 Key Tips For Hiking To Gorgeous Ta-Taki Falls In Okinawa, JapanTop 15 Best Things to Do in Islip, New YorkHawaii County Follows Maui’s Lead, Decides To Ban These Types Of SunscreensUnique Sign In New Mexico Had Highway Drivers Doing Double-Takes15 Best Things to Do in AberdeenIt Now Costs $250 To See A Real-Life Dragon, Here’s WhyHeavy Rains Cause Extremely Rare 1,000-Year Event In Death Valley15 Best Things to Do in Havre de Grace15 Best Things to Do in Elkton11 Best Beaches in Vietnam You Must Know About11 Money Tips If You’re Not Earning Well Enough to Build a Travel Fund7 Fantastic Hotels For A California Summer ExperienceThe Houseboat Getaway Near Ottawa Perfect for the Whole Family22 Amazing Outdoor Adventures I Loved In New Zealand5 Fantastic Stops On A Missouri Road Trip From St. Louis To St. JosephFolks Are Flocking To New Mexico For A High Flying Milestone This October15 Best Things to Do in New CarrolltonSurprising Shark Discovery Found Thousands Of Miles From Its HomeWhat You Need To Know About Road Closures At This National ParkThird-Culture Kid Blues: My Experience as an Indonesian Who Grew Up in MalaysiaA Guide to Ukay-Ukay Shopping in and Near Metro Manila7 Historic French Brasseries You Must Visit In Paris7 Amazing Outdoor Activities To Experience In Big Sky, Montana In The SummerTop 8 Questions To Ask Before Moving To Costa RicaEverything You Need To Know About Visiting Qatar¡Felices fiestas! A guide to Spain’s best annual events17 Amazing Things To Do In Beautiful Austin, TexasFancy Feast Isn’t Just For Felines, Where You Can Dine On Cat-Inspired Cuisine Why October Is The Best Time To See Elk In This StateBorobudur Temple – The World’s Largest Buddhist TempleMantigue Island: Camiguin’s Little Jewel | LakwatseroThe Wave of Utah and Arizona: Where “Amazing” is Understatement | LakwatseroMonad ShoalHow to Get to Luna ApayaoTales From Sadanga: The Trek to Fowa-as Falls | LakwatseroAbout BatadHow to Commute to 21 Kilometers Coffee and Back#13 Himalayan Mountain Range (Nepal)NATAS Travel Fair 2022: Best Travel and Tour Package Deals!Batanes: Sweet Rendezvous With My Playground | LakwatseroNaked IslandThe GreeneryBalabac Sojourn: Immersion in Bugsuk Island | Lakwatsero1. Chocolate HillsHow To Get to BulalacaoSurprises in Naujan | LakwatseroNatnat BeachScuba Diving in Mantigue Island: Revisiting Underwater HomeLubang: En Route to Big Surprises | LakwatseroAbout Cuyo1. Fortune Island (Nasugbu, Batangas)Climbing Mount MitsutogeWaterfalls of Mount Romelo: Buruwisan, Batya-Batya & MoreSurigao: Scuba Diving in Mabua | LakwatseroRooms and RatesBud Bongao: The Revered Mountain of Tawi-Tawi | LakwatseroHow to Get to CoronGoing In and Out of PokharaVisita Iglesia in Manila: Nine Churches to VisitA Day Trip to Seven Falls of Lake Sebu | LakwatseroBataan: Dunsulan Falls, Ambon-Ambon Falls & Limutan FallsHow to Get to MoalboalHow to Get to Kansalakan Enchanted RiverDetour to Mainland Sablayan | LakwatseroWaterfalls in Real, Quezon: Cawayan, Balagba & Noknok FallsRuwanwelisaya StupaSan GabrielColibra Island: Dasol’s Island Hideaway | LakwatseroHow to Get to Malamawi IslandHow to Get to Maosonon IslandBalabac Sojourn: Bugsuk Island Stole My Heart | LakwatseroAttractions in Igorot Stone KingdomNacpan & Calitang: The Twin Beaches of El Nido | LakwatseroCalinawan CaveClimbing Mount Fuji: Frequently Asked Questions1. Tropical Four SeasonsMasasa Beach Travel RequirementsPacsafe Toursafe Wheeled Duffel: The Ultimate Urban Adventure Buddy | LakwatseroHow to Get to Mount KitadakeKiltepan View Deck (Sagada, Mountain Province)A Solo DIY Trek to Kawah Ijen of Indonesia | LakwatseroFirst Time in NAIA Terminal 1: Seriously, It’s Not As Bad As You Think! | LakwatseroHow to Get to Mount Cayabu and MaynobaTagbilat Falls: The Curtain Falls of Zamboanga SibugayHow to get to Quitinday Falls and Underground RiverPaoay Church: UNESCO World Heritage Site in Ilocos NorteThe Island in FocusBicycle Diary: Kaybiang Tunnel Loop | LakwatseroSelf Guided 6D/5N Annapurna Base Camp TrekA Weekend of Ultimate Adventure in Baler | LakwatseroHow to Get to Camotes IslandsHail to Hulugan FallsIloilo: Where to Indulge in the City of LoveIntroducing SibaltanHow to Get to Kabutongan FallsHow to Get to Calinawan CaveAbout CaramoanHow to Get to Cabagnow Cave PoolFive Hours in Jakarta: A Walk in the Old Batavia (And Misadventures in Jakarta) | LakwatseroRacuh a Payaman (Marlboro Hills)Machu Picchu HouseAbout LubangHow to Get to Nagpatong Rock by Public Transport:A Glimpse of Manila Metropolitan Theater | LakwatseroAbout LunaAbout Capul IslandAlalum Falls: Shared Majesty of Sumilao and Impasug-ongSnake IslandZunsibarPico de Loro Frequently Asked Questions (FAQs)Tulay na Bato Falls48 Hours in Brisbane: A Quick Guide & ItineraryAbout BiriTales of a True Wanderer: The Joys and Pains of Solo Travel | LakwatseroWelcome to Surigao del SurMt. Palay-Palay  National ParkAbout PagudpudFive Levels of Aguinid FallsIntroducing San Pascual, MasbateMount Manmanoc ItineraryAdventures in Fortune Island of Nasugbu | LakwatseroNext Level Mobile Photography with Sony Xperia XZ1 | LakwatseroScuba Diving in Siargao: Discovering the Underwater Treasures of Daku Island | LakwatseroAbout Davao CityHow to Get to AndaJanuary: Cebu & IloiloHow to Get to Mines View ParkKamay ni Hesus: Pilgrimage Site in Lucban | LakwatseroPoon Hill: Three Days of Himalayan AdventureCalvary Hill Cemetery of SagadaHow to Get to TambobongMilford SoundTen Things To Do in Sagada: Bucket List for NewbiesDahoyhoy FallsPilot for a Day: The Ultra Light Aircraft Experience | LakwatseroReal Coffee and Tea Cafe of Boracay | LakwatseroGhorepani Poon Hill TrekAbout Maniwaya IslandHow to Get to Binanga FallsPalo Alto Falls of Baras, Rizal | LakwatseroExplore Moscow: Best Things to Do in the City | LakwatseroStairway to HeavenMount Guiting-Guiting Overnight Trek Complete ItineraryCape Melville LighthouseLa Cathedral Café: Restaurant with a View in IntramurosKapurpurawan Rock Formation: White and BeautifulDay Hike ItineraryThe Sandbox at AlvieraHow to go to Mararison IslandA Weekend of Adventures in South Cebu and DumagueteCalayan Island: A Virtual Diary of Our Epic Journey | LakwatseroFaro de Isla Jintotolo (Jintotolo Island Lighthouse)Low’s PeakAbout Taal VolcanoHow to Get to Mag-aso Falls of BoholSamar: Biri Rock Formations Up Close | LakwatseroBonbon BeachIntroducing Jomalig IslandAbout Cotabato CityAbout TabukLeyte Landing Memorial: A Memorial for a Fulfilled Promise | LakwatseroSilyang Bato, Mount MaramiPanimahawa Ridge and Cedar Falls Day Hike ItineraryFun in the World’s Best IslandSample Albay ItinerariesMagpupungko Beach and Tidal Pools6 Tips for Living in the Philippines | LakwatseroDaraga Church: The Nuestra Señora dela Porteria ChurchTulgao Rice TerracesCape Melville Lighthouse (Faro del Cabo Melville)Canyoneering to Kawasan FallsLake FewaLong Weekend: Five-Day Suggested Itineraries in Luzon | LakwatseroAbout CaponesThe Wichcraft Café of Zamboanga City | LakwatseroHow to Get to GuiuanAll-Female FloorHow to Get to Neri’s VilleDiotay’s EateryShort but Sweet Melaka Getaway | LakwatseroHow to Get to Tinuy-An FallsOslob: The Lost Grandeur of Tumalog Falls | LakwatseroIlocos ItineraryDitumabo Falls: The Mother Falls of San Luis, Aurora!Biking in Kalinga: Trek and Bike to TabukParadise Garden: A Haven for Sea TurtlesSiargao: Magpupungko Beach and Tidal Pools | LakwatseroAbout Bucas GrandeCoral GardenSagadaA Walk in Sangay Siapo Island Before it is Gone? | LakwatseroAmbaguio-Akiki ItineraryCorregidor Island Lighthouse (Faro dela Isla de Corregidor)Faro de Punta de Malabrigo (Malabrigo Point Lighthouse)About CulionNaidi Hill LighthouseBoquete IslandHow to Commute to Temple of LeahCatanduanes: The Heritage Church of Bato | Lakwatsero1. White Water Rafting or KayakingMount Fuji Overnight Climb ItinerarySip & Gogh Paint Studio: Unleash Your Inner Van Gogh | LakwatseroBatanes ItineraryHow to Get to Quitinday HillsAbout Callao CaveDiscover LakawonBiking to Taal: A Fun Ride to Batangas’ Heritage TownAntique Blooming: The Rafflesia of San RemigioMalasimbo Lights and Dance FestivalBacolod ItineraryPoon HillAttractions in Mirador Heritage and Eco ParkHulhumale Public BeachRomblon Island: Bonbon Beach, Tiamban Beach & MoreAdventure in Sabah: White Water Rafting in Padas River | LakwatseroHow to Get to Hinakpan Mystical HillsWelcome to Lake SebuAbout CasiguranAbout BuscalanHow to Go to Kalanggaman IslandFaro de Cabo Bojeador (Cape Bojeador Lighthouse)Backpacking Maldives: Budget Itinerary, Expenses & TipsHow to Get ThereOffbeat Bohol Itinerary: 3D/2N of AdventuresHow to Get to Tawi-TawiAlona BeachPangilatan Falls: The Forgotten Gem of Tapaz, CapizWorld War I: SMS Cormoran II3D/2N Taiwan Itinerary: Taipei – Yehliu – ShiffenLaos for Backpackers: Getting There on a BudgetBasic RequirementsHow to Get to Antong FallsCathedral CaveHow to Go to Gubat, SorsogonAbout SadangaHow to Get to Bugui Point LighthouseHow to Get to Cabra Island LighthouseCebu Itinerary: Three-Day Adventures in the SouthAbout AndaLuna: A Day in the Show Window of Apayao | LakwatseroMargues Blue LagoonFinding Palaui’s Cape Engaño Lighthouse | LakwatseroHow to Get to Mantayupan Falls of Barili, CebuHow to Get to MaligcongLinapacan Islands: Between Paradise | LakwatseroKLIA to KLCCHow to Get to JomaligBanaug ShoalEspadang Bato – Payaran Falls Day Hike Itinerary10 Remarkable Philippine Destinations for Solo TravelMiagao Church: A UNESCO World Heritage Site in IloiloAbout Carbin ReefAbout Parola IslandCabra WreckageCobra Falls: Ozamiz City’s Best Kept SecretBasco: The Chapel on the Hill of Tukon | LakwatseroBack in Kathmandu’s Lovely Mess | LakwatseroHimalayan Adventure: Kathmandu to Pokhara Overland | LakwatseroItineraryChinatown Vancouver (Stop #23)Situbo Falls: Tampilisan's Awesome SurpriseHow to Get to Inambakan FallsTuasan Falls: Another Camiguin’s Charmer | LakwatseroHow to Get to Lake SebuMarinduque Loop: Biking in the Heart of the Philippines1. Batanes: A Piece of HeavenMe Gusta Sunzibar Tacloban! | LakwatseroHitachi Seaside Park: Quick Guide from Tokyo and NaritaBeautiful Islands and BeachesSunzibarTrekking NotesSnapshot: In Love with Batulao | LakwatseroPalaui IslandHow to Get to Mount PinatuboBicycle Diary: The Ride to Infanta | LakwatseroSwimHow to Get to Osmeña PeakDaranak Falls of Tanay Rizal | LakwatseroHow to Get to Stobosa Hillside Homes ArtworkSurf or Learn to SurfDIY Solo and Self-Guided Trek to Annapurna Base CampBatanes by Bike: North Batan Tour | LakwatseroThe BeachSta. Cruz Grande IslandBasilica de San Martin de ToursBaguio Budget Stay: Upstairs Bed & Bath | LakwatseroBiking in Batanes: Batan Island Loop | LakwatseroCandaba Bird SanctuaryCape EngañoAbout HungduanIligan Tourism Triangle: Mimbalut, Tinago & Maria CristinaAbout Jose PanganibanCadapdapan Rice TerracesHow to Get to Casaroro FallsKiltepan: Sagada’s Best Sunrise | LakwatseroBeguet: Colorado Falls of Tuba | LakwatseroFollow the Call of the Great Outdoors: Go Out & Get More | LakwatseroSanga-Sanga ReefMasbate City: Where to Eat in the City | LakwatseroAbout Carabao IslandRain Vortex at the Jewel of ChangiPacsafe Venturesafe 65L GII Travel PackIrakoWhere to Stay in CarmenHow to Get to Tangadan FallsHow to Get to Samal IslandEverest Base Camp Trek: Into the Dream ZoneTop Things To Do in Gangwon-do: Korea’s Adventure ProvinceJomalig: The Golden Sand of Salibungot Beach | Lakwatsero1. Tubbataha Reefs (Cagayancillo, Palawan)IitineraryAbout Anini-yNacpan BeachAbout Legazpi CityHow to Get to Shifen FallsScuba Diving in Pearl Island of Guiuan, Eastern SamarHow to Get to Nagtabon BeachSiargao Travel RequirementsHow to Go to TanayHow to Get to Garin FarmDay 1: Paoay and San Nicolas (Ilocos Norte)Nueva Vizcaya Weekend ItineraryHow to Climb Mount HamiguitanHow to Get to Santa Cruz IslandMount TalamitamHow to Get to Sambawan IslandBacuit Grill12 Places to Satisfy Your Affogato Cravings in the MetroLion’s RockVictoria HarbourCoronPicture Perfect: The White Island of Camiguin | LakwatseroPanglao: Alona’s Allure | LakwatseroSecrets of the Lakeside: The Waterfalls of Laurel & TalisayMiyaru FaruMemorial Temple of Lord BaoHotel Siesta ShibuyaHow to Get to Tinago FallsSimunul Island: The Birthplace of Islam in the Philippines | LakwatseroBalabac: Onuk Island, Pink Beach & Melville LighthouseBike Diary: Bike and Trek to Buscalan (Mount Polis – Bontoc – Buscalan) | LakwatseroTagaytay (Cavite)Yearend Adventure with Pacsafe Venturesafe 25L GII | LakwatseroFavorite Beach: Punta Sebaring of Bugsuk Island, BalabacWelcome to Apo Reef & Pandan Island!The Ruins of A FamosaHow to Get to Canyoneering SitePacsafe Ultimatesafe Z28, My Newest Ultimate Travel Buddy | LakwatseroPulangbato Falls: The Red Waterfalls of ValenciaLocationSpider House: Boracay’s Chill Corner | LakwatseroThe 10,000 Roses Café of Cordova, Cebu’s Newest CrazeHow to Get to Asik-Asik FallsHow to Get to Dao FallsWelcome to Concepcion1. First Single-Aisle Aircraft to Fly Non-Stop from the Philippines to AustraliaHow to Get to Casino PeakMaadhoo Finolhu (Picnic Island)Cagbalete Travel RequirementsNacpan and Calitang BeachesThe RockiesBalabacPagbilao: Iringan, Malicboy, Bahay-Pagi & Katapang FallsPetronas Twin TowerSta. Fe, Bantayan IslandEverest Base Camp Trek Primer: Frequently Asked QuestionsTaraw Cliff: See the Best View of El Nido | LakwatseroHow to Get to Elephant MountainAbout MandalaySpelunking Rate in Capisaan CavesScuba Diving in Romblon: Blue Hole and Gorda WallHow to Get to Imugan FallsHow to Get to Awao Falls?About SipalayComiran Island: The Pink Beach of Balabac, Palawan | LakwatseroBagan! Oh Bagan! | LakwatseroBuntot Palos Falls, Laguna’s Hidden Grandeur | LakwatseroSandugan WallMagtutuka RocksKoh Dac MaiPresenting Calayan IslandAbout Dumaguete CityOffbeat Cebu: Ten Amazing Waterfalls of the SouthHow to Get to Merloquet FallsMount Masaraga ItineraryBudget Stay in Boracay: W Hostel Boracay | LakwatseroRetail Therapy? Here Are 18 Best Places To Go Shopping in Seoul!10 Essential Tips for Exploring Tokyo on a Budget6 Reasons This Quaint Nova Scotia Town Is The Perfect Weekend Getaway From Maine10 Bantayan Island Resorts, Hotels, and Rentals for Your Tropical EscapeThe Incredible European Bike Tour That Takes You Through Three Countries In A Single Morning9 Foods You Must Experience In Alaska And Where To Find Them8 Things You Should Do Every Time You Walk Into A Hotel Room According To A Flight AttendantRetirement Diaries: Jan Suggests Staying Active But Not Too ActiveI’ve Only Paid For One Flight To Europe In 12 Years, Here’s HowI Worked At EPCOT, These Are My 10 Favorite Delicious Treats To Try At The Food And Wine FestivalFor The First Time, It’s A Family Affair In The Cockpit Of This AirlineAfter Nearly 70 Years, This Popular Train Route Returns On The East CoastThis Week’s Full Moon Is The Last Of Its Kind This Year, Here’s WhyWhy A Popular National Park Attraction Is Now Off Limits And Could Cost You ThousandsFarmers’ Almanac Predicts Cold, Snowy Winter For Most Of U.S., Here’s Where It Will Be Mild And DryPort Klang Day Trip: 10 Hours in Port Klang & Kuala Lumpur11 Extreme Things to Do in Queenstown New Zealand — The Adventure Capital of the WorldMuseum Of Ice Cream Singapore – 14 Playful IG-worthy Exhibitions, Unlimited Ice Cream, and the Largest Sprinkle Pool EverBurias Island: Your DIY Island Hopping in MasbateEl Nido Tour A: Breathtaking Lagoons7D Hong Kong Itinerary — Exploring Beyond the Food And Shopping Paradise17 Exciting Things to Do in Perth — Not For the Faint-Hearted19 Unique Travel Experiences You Can Buy That Make You RicherUlleungdo (울릉도): Misadventures at the secret island in KoreaTokyo Famous Food Guide: 7 things you can’t leave Tokyo without trying5D Lake Toba & Medan Itinerary — Caldera views and Gastronomic Adventures10D Germany Itinerary under S$1.1k — Gems in Munich, Düsseldorf, Cologne, Dortmund, Frankfurt9 Exciting Day Trips from San Francisco to Escape The City — From Skydiving to Exploring Coastal TownsKota Bharu Guide: Gateway to the Beautiful Perhentian Islands and a Lesser-known MalaysiaInterview with Alvin Ng on Travel Photography3D2N Koh Samui Itinerary — The Luxurious Adventure Getaway You NeedUltimate Singapore Food Guide — 54 Local-Approved Things to Eat in Singapore30D Backpacking in Japan Itinerary: 12 Cities Under S$3.1k for the Adventurous with the JR Pass — Sapporo, Tokyo, Osaka, Kyoto & KyushuHow I managed to convince myself and everyone else I could travel solo for a yearVisit the New Singapore Garden Oasis Tucked Away in a 51-Storey Skyscraper6 attractions in Busan you shouldn’t missBook a Staycation and Earn 50% AgodaCash Rebate For Your Next Holiday — Agoda 2.2 Flash SaleAll you need to know about WWOOFing in New ZealandOne-Week Bali Itinerary — The Lesser Known Side Most Tourists MissThe Only Guide You’ll Need To Nightlife in Phuket: Top 11 Places to Check Out for an Epic NightPhoto Guide to 15 of the Most Photogenic Places in Europe – France, Italy, Germany, Slovenia, Czech Republic, Hungary Edition7D Budget Tokyo & Mount Fuji Itinerary For S$1.3k Including AccommodationWhy you should skip Boracay and vist Palawan instead10 Taobao Travel Essentials Recommended by Frequent Travellers for Your Next Trip13 Reasons Why a Cruise Getaway is the Best Vacation Anyone can have7 different ways to experience the cultural activities in Yogyakarta10 Best Adventurous Things To Do In Bali Other Than ChillingThe Best Multi-currency Travel Card For Travellers — YouTrip vs Revolut vs InstaReM vs TransferWise ReviewYunnan Nature Bucket List For Outdoor Lovers — Best Spots in Kunming, Lijiang, Dali & Shangri-laWhy This Is My Favorite Hotel Credit Card, And Tips For Scoring The Most BenefitsSurviving the Wilderness at Sub-Zero Temperatures — Travel to Mongolia with TTI ExperiencesHow to Fall in Love In & With Tokyo2D1N Matsumoto Japan Itinerary — The Hidden Gem 3.5 Hours From TokyoSydney Food Trail Guide – 10 Must try things to eat in SydneyAn upgrade on your airline – Emirates Economy Class ReviewWhere to Stay In Taipei — 11 Gorgeous Hostels & Hotels at Prime Locations from S$14/nightA Rockstar Experience — Hard Rock Hotel Pattaya ReviewThe Ultimate Sapporo City Guide: 18 Things To Do-See-Eat In The Gateway To HokkaidoUltimate Bali Accommodation Guide — Value for Money Hostels to Affordably Luxurious VillasGuide to Climbing Mount Fuji — Everything You Need To Know About Climbing Japan’s Highest Mountain9 Ways to Satisfy Your Wandermust Without Breaking Your Wallet11 Instagram-Worthy Places in Singapore That Are FreeHakone Guide — The Day Trip You Need in Your Tokyo ItineraryFirst Timer’s Guide to India — Everything You Need to Travel India Like a ProWhere to Eat in Hanoi — 31 Local-Approved Places to Eat in Vietnam’s Charming Capital21 Most Rewarding Hikes Around the World — From Stunning Glaciers to Active VolcanoesTokyo Capsule Hotels — 11 Surprisingly Luxurious Places to Stay in Tokyo for Under S$707-Day Cambodia Itinerary Under S$600 — An Epic Journey of History, Adventure and TranquilityMorocco Photo Guide: 15 Insta-worthy Locations That’ll Change Your Mind About Africa40 Lesser-Known Things to Do in Australia Highly Recommended by Locals, Travellers and Celebrities3D2N Blue Mountains Itinerary: The Perfect Getaway Just 90-Minutes From SydneyHow to pack light and smart10 Essential Apps for Travelling in ChinaConquering Fears 1,463 Miles Away — TTI Bootcamp in PhilippinesWhere to Stay in Shanghai — Centrally-located Hostels, Hotels and Apartments Under S$53/pax15 Cheap Things to Do in Seoul for Under S$12Standing between India and Pakistan; the Wagah Border Experience10 Cheap and Affordable Hostels in Singapore Under S$30Where to Stay in Seoul — 14 Aesthetic Yet Affordable Accommodations In Rising Hipster Districts5D4N Japan Itinerary — A First Timer’s Experience in Niigata and the Remote Sado IslandWhat to Do in Cebu, Philippines — 10 Epic Experiences That Are Surprisingly AffordableTravellers in Quarantine — 12 Satisfying Things to Do Before Your Next AdventureTop 11 Outdoor Activities in Singapore — Places to Hike, Picnic and Get Closer to Nature13 Tips to Travel in Japan Over Peak Seasons — Cherry Blossoms, Autumn Foliage, Golden Week8-Day Japan Itinerary: 9 Cities in Kansai for Under S$900Swimming With Whale Sharks in Oslob — IG Worthy Photos at What Expense?5 Christmas Gift Ideas for Friends Who Love TravellingThe Complete Phillip Island Guide: The Day Trip From Melbourne You Can’t MissByron Bay Guide: 25 Things to Do in NSW’s Ultimate Hipster ParadiseWestern Australia’s Best Photo Spots — Hidden Gems In Perth, Rottnest Island, and Kalbarri for your Instagram9-Day Australia Road Trip Itinerary Around The Best Of NSW — Sydney, Blue Mountains and BeyondDream Cruise’s Thailand Seacation — What to Expect on This Cruise to Nowhere13 Reasons Why Byron Bay Should Be on Every NSW Itinerary5 Places to Visit in Bali Other Than the Beach10-Day Japan Itinerary — Tokyo to Osaka With The JR Pass for $1.1k5 Animal Cafes in Osaka not to be missedBarcelona in three courses15 Unique Experiences in Shikoku — The Laidback Island of Japan Undiscovered By Most TouristsHiking Chestnut Nature Park — Bicycle Pump Tracks and Rare Bird SightingsThe Best Day Trips From Tokyo For Food, Arts & Culture — Northward Golden Route9 Things to Do in Singapore That Are Perfectly Ok to Do Alone48-Hour Dubai Itinerary — The Best Stopover For Thrill SeekersThis New Lifestyle Card is Changing the Way We Travel — MCO Card6-Day Kyushu Itinerary — Chasing Autumn in a Quieter Side of Japan (Fukuoka, Kagoshima, Beppu)6D5N Nagano Itinerary — The Romantic Getaway 3 Hours from Tokyo (Kamikochi, Norikura and Matsumoto)Phuket Travel Guide: Making the Most of Your Day Trip in 11 Hours12 Unique Restaurants in Singapore Even Non-Foodies Will Find ImpressiveUSA Road Trip: 11-Day San Francisco to Los Angeles Itinerary Under S$1.8k3D2N Pattaya Itinerary — An Unexpected Adventure 2hrs from Bangkok