広島原爆の日 平和記念式典の警備強化 安倍元首相銃撃受け

広島原爆の日 平和記念式典の警備強化 安倍元首相銃撃受け

初導入された金属探知機の検査を受ける平和記念式典の参加者たち=広島市中区の平和記念公園で2022年8月6日午前6時47分、滝川大貴撮影

 今回の平和記念式典は、安倍晋三元首相が死亡した7月の銃撃事件以降、国内外の要人が多数集まる初めての国内での大規模行事となった。事件を受け、主催者の広島市は警備態勢を見直し、参列者に対して金属探知機による入場検査を実施するなど厳戒態勢で臨んだ。

 市は広島県警とも協力し、会場一帯の警備に当たる市職員を2021年の約700人から大幅に増員した。15年から参列者に対して始めた手荷物検査に加え、今回、ハンディータイプの金属探知機による検査を初導入。入り口2カ所で担当者が参列者に探知機を当てる様子が見られた。

 また、市は当初、参列者席を、新型コロナウイルス対策で規模を縮小した20、21両年の約4倍となる約3550席用意した。しかし、5日までに約300人から参列辞退の連絡があった。大半はコロナ感染拡大の「第7波」を受けた欠席とみられる。【中村清雅】

News Related
  • 佐々木朗希17日オリックス戦先発登板「勝てるように。強い球を投げれるように」意気込み【ロッテ】

    ロッテ佐々木朗希  ロッテの佐々木朗希投手が17日のオリックス戦(ほっともっとフィールド神戸)に先発登板する。日本野球機構から予告先発投手として16日に発表された。  「チームが勝てるように。強い球を投げれるように頑張ります」と球団を通じてコメントした。西日本の球場で投げるのは5月20日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)以来となる。  今季7勝目を狙うが、球宴明けの後半戦は右手中指のまめをつぶして3週間以上も戦列を離れた影響もあり、先発2試合とも黒星を喫し、6月22日の西武戦(ZOZOマリン)を最後に白星から遠ざかっている。  それでもオリックス戦は今季3戦3勝で、4月10日にはZOZOマリンでの試合で史上16人目の完全試合を達成している。井口監督は「対誰、対どことかいうよりは、朗希のピッチングをしないと勝てないだろうと思う」と本来の投球が戻ることを願った。
    See Details: 佐々木朗希17日オリックス戦先発登板「勝てるように。強い球を投げれるように」意気込み【ロッテ】
  • クリミアでまた爆発、負傷者も=ロシアの弾薬施設で火災

    ロシア軍黒海艦隊の本部=7月31日、クリミア半島セバストポリ(AFP時事)  【ベルリン時事】タス通信によると、ロシア国防省は16日、ロシアが併合したウクライナ南部クリミア半島の弾薬貯蔵施設で同日に火災と弾薬の爆発があったと発表した。「クリミア共和国」首長のアクショノフ氏は2人が負傷し、約2000人が避難したと通信アプリで説明した。  国防省によれば、火災と爆発が起きたのはクリミア半島北部の施設。死傷者に関し「深刻な」事態になっていないとも主張した。クリミアでは9日にもロシア軍基地で爆発が起きている。爆発の原因は不明だが、ウクライナの特殊部隊が関与したとの観測も出ている。 
    See Details: クリミアでまた爆発、負傷者も=ロシアの弾薬施設で火災
  • 夏の甲子園8強出そろう 夏V経験2校 近畿、東北勢2校 関東勢は2年連続無念

    国学院栃木に勝利し、駆け出す村上慶(左から3人目)ら九州学院ナイン(撮影・北村雅宏)  「全国高校野球選手権・3回戦」(16日、甲子園球場)  3回戦4試合が行われ、ベスト8が出そろった。  顔ぶれは仙台育英(宮城)、高松商(香川)、愛工大名電(愛知)、近江(滋賀)、下関国際(山口)、九州学院(熊本)、聖光学院(福島)、大阪桐蔭(大阪)。  昨年は近畿勢が5校を占めたが、今年はセンバツ優勝の大阪桐蔭と同準優勝の近江の2校だけ。東北勢2校、東海勢1校、四国勢1校、中国勢1校、九州勢1校となった。  この日、関東勢は国学院栃木と二松学舎大付が敗れ、2年連続で8強入りなしとなった。  夏の甲子園で優勝経験があるのは大阪桐蔭、高松商の2校。センバツVの経験がある愛工大名電は初の夏制覇を目指す。  18日に行われる準々決勝の組み合わせは以下の通り。  愛工大名電−仙台育英  高松商−近江  下関国際−大阪桐蔭  聖光学院−九州学院
    See Details: 夏の甲子園8強出そろう 夏V経験2校 近畿、東北勢2校 関東勢は2年連続無念
  • A.B.C―Z河合 ゴゴスマ代役MCがネットで絶賛! キムタクものまね締めに「お見事」「さすがです」

    A.B.C-Z  A.B.C―Zの河合郁人(34)が16日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GO GO!smile~」(月~金曜後1・55)に生出演。“夏季休暇中”のフリーアナウンサー・石井亮次(45)に代わってMCを務め、ネット上で絶賛された。  河合は番組冒頭「今日から石井さんは夏休みのため『A.B.C―Z河合郁人』がMCの代打です。よろしくお願いします」とあいさつ。番組メインMCの石井亮次アナが“夏季休暇”となったことを報告し、今週一週間(19日まで)番組MCを務めることになったと伝えた。  無事に代役をそつなくこなすと、番組最後には「めちゃくちゃ緊張しましたけど、皆さん(鈴木紗理奈ら番組出演者)のおかげで何とかやり切りました」とコメント。TBS系「Nスタ」(月~金曜後3・49)との引継ぎクロストークでは得意の木村拓哉モノマネでスタジオを沸かした。  これにネット上では「石井さん夏休み代打MCめっちゃ落ち着いてて安心してみていました」「立派なMCさんで安心してゆったり見てました、明日からも大役頑張って」「普通に考えて石井さんの代役をこなせてるのスゴっ!!」「河合さん緊張してたとお話されてましたが、そんな感じは見受けられずとても堂々とされていたと思いました」「笑顔もいっぱいみれて火曜日楽しいゴゴスマでした」と絶賛の嵐。  特に「最後にちゃんと拓哉さんを入れてくるの、さすが」「『世界でひとつだけの花ですね』って言ったあとにキムタクネタぶっ込むのさすがです(笑)」「世界最大の花からの、世界に一つだけの花からの、プルルルーハァ!無理ありすぎるけどいいシメでした」「お花の話題で『世界に一つだけの花ですね』ってコメントからのプルルルーハァ!!お見事でした」と最後に披露した木村拓哉モノマネについての反響が大きかった。
    See Details: A.B.C―Z河合 ゴゴスマ代役MCがネットで絶賛! キムタクものまね締めに「お見事」「さすがです」
  • Tokyo confirms 23,511 daily COVID-19 cases, 22 new deaths

    The Tokyo metropolitan government building in the capital’s Shinjuku Ward (Asahi Shimbun file photo) Tokyo reported 23,511 new COVID-19 cases on Aug. 16, down 5,604 from the same day a week ago, and 22 deaths among patients in their 50s to 90s. The daily average of new cases over the ...
    See Details: Tokyo confirms 23,511 daily COVID-19 cases, 22 new deaths
  • 【日本ハム】パ打率1位の松本剛が「2番DH」で1軍復帰 新庄ビッグボスは慎重な姿勢崩さず

    <日本ハム-楽天>◇16ж—Ґв—‡жњ­е№Њгѓ‰гѓјгѓ 打率1位に立つ日本ハム松本剛外野手(29)が、「2番DH」で1軍復帰を果たした。第1打席は空振り三振だった。 7月19日に左膝蓋(しつがい)骨下極骨折で離脱。実戦復帰まで約4週間の見通しだったが、14日のイースタン・リーグDeNA戦で復帰を果たした。この日、1軍再昇格。新庄剛志監督(50)と談笑する姿があった。現在、打率3割5分5厘でリーグトップ。新庄監督は「ポイントはフォアボールを増やすことと、バントと。打率下げたくないですからね~。イメージ的には鎌ケ谷でシートバッティングをしているイメージ。打つ、ヒットゾーンに飛ぶ、走る。打った瞬間に走ろうとすると、やっぱ足…セーフにならなきゃっていう気持ちが脳に行くから、足から離れてしまうと、その時にまだ(骨が)ひっついてないと思うんだよな~」と慎重な姿勢を崩さなかった。 日本ハム対楽天 試合前、グータッチを交わす新庄監督(左)と松本剛(撮影・佐藤翔太)
    See Details: 【日本ハム】パ打率1位の松本剛が「2番DH」で1軍復帰 新庄ビッグボスは慎重な姿勢崩さず
  • 【甲子園】大阪桐蔭が二松学舎大付下し4年ぶり8強 背番号「1」川原嗣貴が初戦に続く完封

    <全国高校野球選手権:二松学舎大付0-4大阪桐蔭>◇16日◇3回戦 大阪桐蔭が川原嗣貴(しき)投手(3年)の好投と打線の援護で二松学舎大付(東東京)に快勝し、甲子園で春夏連覇した18年以来の夏8強に進んだ。 初回、先頭の伊藤櫂人内野手(3年)の二塁打から1死一、三塁の好機をつくり、丸山一喜内野手(3年)と海老根優大外野手(3年)の連続適時打で2点を先制。2回は松尾汐恩(しおん)捕手(3年)の犠飛で、3点目を追加した。4回には相手の暴投で4点目を奪い、リードを広げた。 1回戦・旭川大高(北北海道)戦以来の先発となった川原は、緩急を使った投球で相手打線に連打を許さず。守備陣も堅守で川原を支え、2回戦・聖望学園(埼玉)戦に続く完封勝利を飾った。 18日の準々決勝で下関国際(山口)と対戦する。 二松学舎大付対大阪桐蔭 5回表二松学舎大付無死、川原は押切をを右飛に仕留め打球を指さす(撮影・上山淳一)
    See Details: 【甲子園】大阪桐蔭が二松学舎大付下し4年ぶり8強 背番号「1」川原嗣貴が初戦に続く完封
  • 野手で「上位候補は2人」か 夏の甲子園で評価を上げた“ドラフト候補”は誰だ

    高松商・浅野翔吾  熱戦が続いている夏の甲子園だが、8月13日の大会第8日に全出場校が登場したこともあって、スカウト陣の視察はひと段落したことになる。昨年の風間球打(明桜→ソフトバンク1位)のような目玉は不在と言える大会だったが、投手で最高の評価を得た選手と言えばやはり山田陽翔(近江)になるだろう。  1回戦では冨田遼弥(鳴門)との好投手対決を制して8回を13奪三振、四死球0、2失点(自責点は1)と好投。続く2回戦の鶴岡東戦では3回に2本のホームランを浴びて一時は逆転を許したものの、中盤以降は立ち直り、12奪三振で3失点完投と見事なピッチングを見せた。ストレートの最速はどちらの試合も自己最速に迫る148キロをマーク。中盤以降も球威が落ちることなく、アベレージのスピードも十分で、さらに真上から腕が振れるため上背以上にボールの角度が感じられる。  そしてストレート以上に素晴らしかったのが変化球だ。ツーシーム、カットボール、スプリットとスピードがあって打者の手元で変化するボールを見事に操ることができており、多くの三振を奪えるのはこの変化球の質と精度が高いことが大きな要因となっている。上背の無さを指摘する声もあるが、これだけスピードがあって変化球のレベルも高く、さらに大舞台でも十分な結果を残しているとなれば2位以内の上位指名で消える可能性は高いだろう。  山田に比べると完成度は落ちるものの、スケールの大きさを見せたのが武元一輝(智弁和歌山)、川原嗣貴(大阪桐蔭)、田中晴也(日本文理)の3人だ。武元は初戦で国学院栃木に敗れたものの、最速148キロをマークしており、恵まれた体格から投げ込むストレートは威力十分。少し肘の位置が低いため上背の割に角度はないが、球持ちが長く、打者の手元でも勢いが落ちなかった。川原は初戦の旭川大高戦でツーランを浴びるなど3失点と少し苦しんだが、それでも試合をしっかり作って見せた。まだ細身だが188cmの長身から投げ下ろすボールは角度があり、コントロールも安定している。田中は新潟大会でできた右手のまめの影響で本来の力を発揮することはできなかったが、それでも最速148キロをマークし、潜在能力の高さは見せた。昨年と比べて制球力が上がった点も成長である。  他の投手では日高暖己(富島)、猪俣駿太(明秀日立)、有馬伽久(愛工大名電)、宮原明弥(海星)、生盛亜勇太(興南)、別所孝亮(大阪桐蔭)、森本哲星(市立船橋)、森下瑠大(京都国際)なども素材の良さが目立った。日高、森本、森下はプロ志望とのことで、最後までリストに残す球団も出てくるだろう。  野手で上位候補になりそうなのが浅野翔吾(高松商・外野手)と松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)の2人だ。浅野は初戦の佐久長聖戦で2打席連続ホームランを放ち、そのパワーを十分に見せつけた。特に1本目は逆風の中で右中間の最深部まで運んだものであり、高校生ではなかなか見ることのできない打球だった。少し守備で緩慢な動きがあったのは気になるものの、俊足と強肩も兼ね備えており、またその運動能力の高さを生かして内野への転向も視野に入れて指名を検討する球団も出てきそうだ。  一方の松尾も1回戦で3安打を放つと、続く2回戦の聖望学園戦で2打席連続ホームランを含む4安打5打点と大活躍。浅野と比べると細身だが、体の回転の鋭さ、リストの強さは圧倒的なものがあり、打球を飛ばすコツを知っているように見える。さらに守備面でも2.00秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球で度々1.7秒台をマーク。これはプロでもトップクラスの数字である。キャッチング、ブロッキングなども秋、春から着実に成長している印象だ。少し選手としてのタイプは違うが、大阪桐蔭からは森友哉(西武)以来となる捕手の1位指名も期待できるだろう。  この2人に続く存在となりそうなのが戸井零士(天理・遊撃手)、前田一輝(鳴門・外野手)、黒田義信(九州国際大付・外野手)の3人だ。戸井は1回戦で左右に打ち分けて3安打をマーク。2回戦では相手のファインプレーに阻まれて1安打に終わったものの、度々鋭い当たりを放った。守備も堅実で、打てるショートとして評価が高い。  前田は190cmの大型外野手。1回戦で山田の148キロをとらえてタイムリースリーベースを放ち、さすがのパワーを見せた。力任せではなく、バランスの良いスイングも長所。また投手としても軽々140キロを超えるスピードをマークしており、強肩も魅力だ。黒田はスピードが魅力の外野手。2試合で1安打に終わり、打撃ではアピールができなかったが、セーフティバントでの一塁到達で3.7秒台をマークするなどその脚力は素晴らしいのがあった。まだ細身だけに、しっかり鍛えれば長打力もついてくるだろう。  他の野手では山浅龍之介(聖光学院・捕手)、片野優羽(市立船橋・捕手)、渡部海(智弁和歌山・捕手)、野田海人(九州国際大付・捕手)など捕手に好素材が多かった。特に春からの成長ぶりを見せたのが山浅だ。捕球から送球の動きが速く、コントロールも素晴らしいものがある。またバッティングも長打力がアップし、度々外野の後方へ大きい当たりを放った。プロ志望なら指名の可能性は高いだろう。  大会前は目玉不在というのがもっぱらの評判だったが、それでも山田、松尾、浅野など注目された選手が圧倒的なパフォーマンスを見せており、全体的にも楽しみな選手が多い大会だったという印象だ。10月のドラフト会議でも、ここから多くの選手が指名されることも期待できそうだ。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。
    See Details: 野手で「上位候補は2人」か 夏の甲子園で評価を上げた“ドラフト候補”は誰だ
  • 37歳の田中教仁 日本人世界戦勝ちなしのタイで2度目の世界挑戦

    高松商・浅野翔吾  熱戦が続いている夏の甲子園だが、8月13日の大会第8日に全出場校が登場したこともあって、スカウト陣の視察はひと段落したことになる。昨年の風間球打(明桜→ソフトバンク1位)のような目玉は不在と言える大会だったが、投手で最高の評価を得た選手と言えばやはり山田陽翔(近江)になるだろう。  1回戦では冨田遼弥(鳴門)との好投手対決を制して8回を13奪三振、四死球0、2失点(自責点は1)と好投。続く2回戦の鶴岡東戦では3回に2本のホームランを浴びて一時は逆転を許したものの、中盤以降は立ち直り、12奪三振で3失点完投と見事なピッチングを見せた。ストレートの最速はどちらの試合も自己最速に迫る148キロをマーク。中盤以降も球威が落ちることなく、アベレージのスピードも十分で、さらに真上から腕が振れるため上背以上にボールの角度が感じられる。  そしてストレート以上に素晴らしかったのが変化球だ。ツーシーム、カットボール、スプリットとスピードがあって打者の手元で変化するボールを見事に操ることができており、多くの三振を奪えるのはこの変化球の質と精度が高いことが大きな要因となっている。上背の無さを指摘する声もあるが、これだけスピードがあって変化球のレベルも高く、さらに大舞台でも十分な結果を残しているとなれば2位以内の上位指名で消える可能性は高いだろう。  山田に比べると完成度は落ちるものの、スケールの大きさを見せたのが武元一輝(智弁和歌山)、川原嗣貴(大阪桐蔭)、田中晴也(日本文理)の3人だ。武元は初戦で国学院栃木に敗れたものの、最速148キロをマークしており、恵まれた体格から投げ込むストレートは威力十分。少し肘の位置が低いため上背の割に角度はないが、球持ちが長く、打者の手元でも勢いが落ちなかった。川原は初戦の旭川大高戦でツーランを浴びるなど3失点と少し苦しんだが、それでも試合をしっかり作って見せた。まだ細身だが188cmの長身から投げ下ろすボールは角度があり、コントロールも安定している。田中は新潟大会でできた右手のまめの影響で本来の力を発揮することはできなかったが、それでも最速148キロをマークし、潜在能力の高さは見せた。昨年と比べて制球力が上がった点も成長である。  他の投手では日高暖己(富島)、猪俣駿太(明秀日立)、有馬伽久(愛工大名電)、宮原明弥(海星)、生盛亜勇太(興南)、別所孝亮(大阪桐蔭)、森本哲星(市立船橋)、森下瑠大(京都国際)なども素材の良さが目立った。日高、森本、森下はプロ志望とのことで、最後までリストに残す球団も出てくるだろう。  野手で上位候補になりそうなのが浅野翔吾(高松商・外野手)と松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)の2人だ。浅野は初戦の佐久長聖戦で2打席連続ホームランを放ち、そのパワーを十分に見せつけた。特に1本目は逆風の中で右中間の最深部まで運んだものであり、高校生ではなかなか見ることのできない打球だった。少し守備で緩慢な動きがあったのは気になるものの、俊足と強肩も兼ね備えており、またその運動能力の高さを生かして内野への転向も視野に入れて指名を検討する球団も出てきそうだ。  一方の松尾も1回戦で3安打を放つと、続く2回戦の聖望学園戦で2打席連続ホームランを含む4安打5打点と大活躍。浅野と比べると細身だが、体の回転の鋭さ、リストの強さは圧倒的なものがあり、打球を飛ばすコツを知っているように見える。さらに守備面でも2.00秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球で度々1.7秒台をマーク。これはプロでもトップクラスの数字である。キャッチング、ブロッキングなども秋、春から着実に成長している印象だ。少し選手としてのタイプは違うが、大阪桐蔭からは森友哉(西武)以来となる捕手の1位指名も期待できるだろう。  この2人に続く存在となりそうなのが戸井零士(天理・遊撃手)、前田一輝(鳴門・外野手)、黒田義信(九州国際大付・外野手)の3人だ。戸井は1回戦で左右に打ち分けて3安打をマーク。2回戦では相手のファインプレーに阻まれて1安打に終わったものの、度々鋭い当たりを放った。守備も堅実で、打てるショートとして評価が高い。  前田は190cmの大型外野手。1回戦で山田の148キロをとらえてタイムリースリーベースを放ち、さすがのパワーを見せた。力任せではなく、バランスの良いスイングも長所。また投手としても軽々140キロを超えるスピードをマークしており、強肩も魅力だ。黒田はスピードが魅力の外野手。2試合で1安打に終わり、打撃ではアピールができなかったが、セーフティバントでの一塁到達で3.7秒台をマークするなどその脚力は素晴らしいのがあった。まだ細身だけに、しっかり鍛えれば長打力もついてくるだろう。  他の野手では山浅龍之介(聖光学院・捕手)、片野優羽(市立船橋・捕手)、渡部海(智弁和歌山・捕手)、野田海人(九州国際大付・捕手)など捕手に好素材が多かった。特に春からの成長ぶりを見せたのが山浅だ。捕球から送球の動きが速く、コントロールも素晴らしいものがある。またバッティングも長打力がアップし、度々外野の後方へ大きい当たりを放った。プロ志望なら指名の可能性は高いだろう。  大会前は目玉不在というのがもっぱらの評判だったが、それでも山田、松尾、浅野など注目された選手が圧倒的なパフォーマンスを見せており、全体的にも楽しみな選手が多い大会だったという印象だ。10月のドラフト会議でも、ここから多くの選手が指名されることも期待できそうだ。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。
    See Details: 37歳の田中教仁 日本人世界戦勝ちなしのタイで2度目の世界挑戦
  • 道路冠水...北日本で記録的大雨 このあと東日本でも警戒

    高松商・浅野翔吾  熱戦が続いている夏の甲子園だが、8月13日の大会第8日に全出場校が登場したこともあって、スカウト陣の視察はひと段落したことになる。昨年の風間球打(明桜→ソフトバンク1位)のような目玉は不在と言える大会だったが、投手で最高の評価を得た選手と言えばやはり山田陽翔(近江)になるだろう。  1回戦では冨田遼弥(鳴門)との好投手対決を制して8回を13奪三振、四死球0、2失点(自責点は1)と好投。続く2回戦の鶴岡東戦では3回に2本のホームランを浴びて一時は逆転を許したものの、中盤以降は立ち直り、12奪三振で3失点完投と見事なピッチングを見せた。ストレートの最速はどちらの試合も自己最速に迫る148キロをマーク。中盤以降も球威が落ちることなく、アベレージのスピードも十分で、さらに真上から腕が振れるため上背以上にボールの角度が感じられる。  そしてストレート以上に素晴らしかったのが変化球だ。ツーシーム、カットボール、スプリットとスピードがあって打者の手元で変化するボールを見事に操ることができており、多くの三振を奪えるのはこの変化球の質と精度が高いことが大きな要因となっている。上背の無さを指摘する声もあるが、これだけスピードがあって変化球のレベルも高く、さらに大舞台でも十分な結果を残しているとなれば2位以内の上位指名で消える可能性は高いだろう。  山田に比べると完成度は落ちるものの、スケールの大きさを見せたのが武元一輝(智弁和歌山)、川原嗣貴(大阪桐蔭)、田中晴也(日本文理)の3人だ。武元は初戦で国学院栃木に敗れたものの、最速148キロをマークしており、恵まれた体格から投げ込むストレートは威力十分。少し肘の位置が低いため上背の割に角度はないが、球持ちが長く、打者の手元でも勢いが落ちなかった。川原は初戦の旭川大高戦でツーランを浴びるなど3失点と少し苦しんだが、それでも試合をしっかり作って見せた。まだ細身だが188cmの長身から投げ下ろすボールは角度があり、コントロールも安定している。田中は新潟大会でできた右手のまめの影響で本来の力を発揮することはできなかったが、それでも最速148キロをマークし、潜在能力の高さは見せた。昨年と比べて制球力が上がった点も成長である。  他の投手では日高暖己(富島)、猪俣駿太(明秀日立)、有馬伽久(愛工大名電)、宮原明弥(海星)、生盛亜勇太(興南)、別所孝亮(大阪桐蔭)、森本哲星(市立船橋)、森下瑠大(京都国際)なども素材の良さが目立った。日高、森本、森下はプロ志望とのことで、最後までリストに残す球団も出てくるだろう。  野手で上位候補になりそうなのが浅野翔吾(高松商・外野手)と松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)の2人だ。浅野は初戦の佐久長聖戦で2打席連続ホームランを放ち、そのパワーを十分に見せつけた。特に1本目は逆風の中で右中間の最深部まで運んだものであり、高校生ではなかなか見ることのできない打球だった。少し守備で緩慢な動きがあったのは気になるものの、俊足と強肩も兼ね備えており、またその運動能力の高さを生かして内野への転向も視野に入れて指名を検討する球団も出てきそうだ。  一方の松尾も1回戦で3安打を放つと、続く2回戦の聖望学園戦で2打席連続ホームランを含む4安打5打点と大活躍。浅野と比べると細身だが、体の回転の鋭さ、リストの強さは圧倒的なものがあり、打球を飛ばすコツを知っているように見える。さらに守備面でも2.00秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球で度々1.7秒台をマーク。これはプロでもトップクラスの数字である。キャッチング、ブロッキングなども秋、春から着実に成長している印象だ。少し選手としてのタイプは違うが、大阪桐蔭からは森友哉(西武)以来となる捕手の1位指名も期待できるだろう。  この2人に続く存在となりそうなのが戸井零士(天理・遊撃手)、前田一輝(鳴門・外野手)、黒田義信(九州国際大付・外野手)の3人だ。戸井は1回戦で左右に打ち分けて3安打をマーク。2回戦では相手のファインプレーに阻まれて1安打に終わったものの、度々鋭い当たりを放った。守備も堅実で、打てるショートとして評価が高い。  前田は190cmの大型外野手。1回戦で山田の148キロをとらえてタイムリースリーベースを放ち、さすがのパワーを見せた。力任せではなく、バランスの良いスイングも長所。また投手としても軽々140キロを超えるスピードをマークしており、強肩も魅力だ。黒田はスピードが魅力の外野手。2試合で1安打に終わり、打撃ではアピールができなかったが、セーフティバントでの一塁到達で3.7秒台をマークするなどその脚力は素晴らしいのがあった。まだ細身だけに、しっかり鍛えれば長打力もついてくるだろう。  他の野手では山浅龍之介(聖光学院・捕手)、片野優羽(市立船橋・捕手)、渡部海(智弁和歌山・捕手)、野田海人(九州国際大付・捕手)など捕手に好素材が多かった。特に春からの成長ぶりを見せたのが山浅だ。捕球から送球の動きが速く、コントロールも素晴らしいものがある。またバッティングも長打力がアップし、度々外野の後方へ大きい当たりを放った。プロ志望なら指名の可能性は高いだろう。  大会前は目玉不在というのがもっぱらの評判だったが、それでも山田、松尾、浅野など注目された選手が圧倒的なパフォーマンスを見せており、全体的にも楽しみな選手が多い大会だったという印象だ。10月のドラフト会議でも、ここから多くの選手が指名されることも期待できそうだ。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。
    See Details: 道路冠水...北日本で記録的大雨 このあと東日本でも警戒
  • ふぉ~ゆ~の辰巳雄大が新型コロナ陽性

    高松商・浅野翔吾  熱戦が続いている夏の甲子園だが、8月13日の大会第8日に全出場校が登場したこともあって、スカウト陣の視察はひと段落したことになる。昨年の風間球打(明桜→ソフトバンク1位)のような目玉は不在と言える大会だったが、投手で最高の評価を得た選手と言えばやはり山田陽翔(近江)になるだろう。  1回戦では冨田遼弥(鳴門)との好投手対決を制して8回を13奪三振、四死球0、2失点(自責点は1)と好投。続く2回戦の鶴岡東戦では3回に2本のホームランを浴びて一時は逆転を許したものの、中盤以降は立ち直り、12奪三振で3失点完投と見事なピッチングを見せた。ストレートの最速はどちらの試合も自己最速に迫る148キロをマーク。中盤以降も球威が落ちることなく、アベレージのスピードも十分で、さらに真上から腕が振れるため上背以上にボールの角度が感じられる。  そしてストレート以上に素晴らしかったのが変化球だ。ツーシーム、カットボール、スプリットとスピードがあって打者の手元で変化するボールを見事に操ることができており、多くの三振を奪えるのはこの変化球の質と精度が高いことが大きな要因となっている。上背の無さを指摘する声もあるが、これだけスピードがあって変化球のレベルも高く、さらに大舞台でも十分な結果を残しているとなれば2位以内の上位指名で消える可能性は高いだろう。  山田に比べると完成度は落ちるものの、スケールの大きさを見せたのが武元一輝(智弁和歌山)、川原嗣貴(大阪桐蔭)、田中晴也(日本文理)の3人だ。武元は初戦で国学院栃木に敗れたものの、最速148キロをマークしており、恵まれた体格から投げ込むストレートは威力十分。少し肘の位置が低いため上背の割に角度はないが、球持ちが長く、打者の手元でも勢いが落ちなかった。川原は初戦の旭川大高戦でツーランを浴びるなど3失点と少し苦しんだが、それでも試合をしっかり作って見せた。まだ細身だが188cmの長身から投げ下ろすボールは角度があり、コントロールも安定している。田中は新潟大会でできた右手のまめの影響で本来の力を発揮することはできなかったが、それでも最速148キロをマークし、潜在能力の高さは見せた。昨年と比べて制球力が上がった点も成長である。  他の投手では日高暖己(富島)、猪俣駿太(明秀日立)、有馬伽久(愛工大名電)、宮原明弥(海星)、生盛亜勇太(興南)、別所孝亮(大阪桐蔭)、森本哲星(市立船橋)、森下瑠大(京都国際)なども素材の良さが目立った。日高、森本、森下はプロ志望とのことで、最後までリストに残す球団も出てくるだろう。  野手で上位候補になりそうなのが浅野翔吾(高松商・外野手)と松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)の2人だ。浅野は初戦の佐久長聖戦で2打席連続ホームランを放ち、そのパワーを十分に見せつけた。特に1本目は逆風の中で右中間の最深部まで運んだものであり、高校生ではなかなか見ることのできない打球だった。少し守備で緩慢な動きがあったのは気になるものの、俊足と強肩も兼ね備えており、またその運動能力の高さを生かして内野への転向も視野に入れて指名を検討する球団も出てきそうだ。  一方の松尾も1回戦で3安打を放つと、続く2回戦の聖望学園戦で2打席連続ホームランを含む4安打5打点と大活躍。浅野と比べると細身だが、体の回転の鋭さ、リストの強さは圧倒的なものがあり、打球を飛ばすコツを知っているように見える。さらに守備面でも2.00秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球で度々1.7秒台をマーク。これはプロでもトップクラスの数字である。キャッチング、ブロッキングなども秋、春から着実に成長している印象だ。少し選手としてのタイプは違うが、大阪桐蔭からは森友哉(西武)以来となる捕手の1位指名も期待できるだろう。  この2人に続く存在となりそうなのが戸井零士(天理・遊撃手)、前田一輝(鳴門・外野手)、黒田義信(九州国際大付・外野手)の3人だ。戸井は1回戦で左右に打ち分けて3安打をマーク。2回戦では相手のファインプレーに阻まれて1安打に終わったものの、度々鋭い当たりを放った。守備も堅実で、打てるショートとして評価が高い。  前田は190cmの大型外野手。1回戦で山田の148キロをとらえてタイムリースリーベースを放ち、さすがのパワーを見せた。力任せではなく、バランスの良いスイングも長所。また投手としても軽々140キロを超えるスピードをマークしており、強肩も魅力だ。黒田はスピードが魅力の外野手。2試合で1安打に終わり、打撃ではアピールができなかったが、セーフティバントでの一塁到達で3.7秒台をマークするなどその脚力は素晴らしいのがあった。まだ細身だけに、しっかり鍛えれば長打力もついてくるだろう。  他の野手では山浅龍之介(聖光学院・捕手)、片野優羽(市立船橋・捕手)、渡部海(智弁和歌山・捕手)、野田海人(九州国際大付・捕手)など捕手に好素材が多かった。特に春からの成長ぶりを見せたのが山浅だ。捕球から送球の動きが速く、コントロールも素晴らしいものがある。またバッティングも長打力がアップし、度々外野の後方へ大きい当たりを放った。プロ志望なら指名の可能性は高いだろう。  大会前は目玉不在というのがもっぱらの評判だったが、それでも山田、松尾、浅野など注目された選手が圧倒的なパフォーマンスを見せており、全体的にも楽しみな選手が多い大会だったという印象だ。10月のドラフト会議でも、ここから多くの選手が指名されることも期待できそうだ。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。
    See Details: ふぉ~ゆ~の辰巳雄大が新型コロナ陽性
  • 【速報】ホテル送迎バス衝突 9人搬送 伊豆の伊東駅前で

    高松商・浅野翔吾  熱戦が続いている夏の甲子園だが、8月13日の大会第8日に全出場校が登場したこともあって、スカウト陣の視察はひと段落したことになる。昨年の風間球打(明桜→ソフトバンク1位)のような目玉は不在と言える大会だったが、投手で最高の評価を得た選手と言えばやはり山田陽翔(近江)になるだろう。  1回戦では冨田遼弥(鳴門)との好投手対決を制して8回を13奪三振、四死球0、2失点(自責点は1)と好投。続く2回戦の鶴岡東戦では3回に2本のホームランを浴びて一時は逆転を許したものの、中盤以降は立ち直り、12奪三振で3失点完投と見事なピッチングを見せた。ストレートの最速はどちらの試合も自己最速に迫る148キロをマーク。中盤以降も球威が落ちることなく、アベレージのスピードも十分で、さらに真上から腕が振れるため上背以上にボールの角度が感じられる。  そしてストレート以上に素晴らしかったのが変化球だ。ツーシーム、カットボール、スプリットとスピードがあって打者の手元で変化するボールを見事に操ることができており、多くの三振を奪えるのはこの変化球の質と精度が高いことが大きな要因となっている。上背の無さを指摘する声もあるが、これだけスピードがあって変化球のレベルも高く、さらに大舞台でも十分な結果を残しているとなれば2位以内の上位指名で消える可能性は高いだろう。  山田に比べると完成度は落ちるものの、スケールの大きさを見せたのが武元一輝(智弁和歌山)、川原嗣貴(大阪桐蔭)、田中晴也(日本文理)の3人だ。武元は初戦で国学院栃木に敗れたものの、最速148キロをマークしており、恵まれた体格から投げ込むストレートは威力十分。少し肘の位置が低いため上背の割に角度はないが、球持ちが長く、打者の手元でも勢いが落ちなかった。川原は初戦の旭川大高戦でツーランを浴びるなど3失点と少し苦しんだが、それでも試合をしっかり作って見せた。まだ細身だが188cmの長身から投げ下ろすボールは角度があり、コントロールも安定している。田中は新潟大会でできた右手のまめの影響で本来の力を発揮することはできなかったが、それでも最速148キロをマークし、潜在能力の高さは見せた。昨年と比べて制球力が上がった点も成長である。  他の投手では日高暖己(富島)、猪俣駿太(明秀日立)、有馬伽久(愛工大名電)、宮原明弥(海星)、生盛亜勇太(興南)、別所孝亮(大阪桐蔭)、森本哲星(市立船橋)、森下瑠大(京都国際)なども素材の良さが目立った。日高、森本、森下はプロ志望とのことで、最後までリストに残す球団も出てくるだろう。  野手で上位候補になりそうなのが浅野翔吾(高松商・外野手)と松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)の2人だ。浅野は初戦の佐久長聖戦で2打席連続ホームランを放ち、そのパワーを十分に見せつけた。特に1本目は逆風の中で右中間の最深部まで運んだものであり、高校生ではなかなか見ることのできない打球だった。少し守備で緩慢な動きがあったのは気になるものの、俊足と強肩も兼ね備えており、またその運動能力の高さを生かして内野への転向も視野に入れて指名を検討する球団も出てきそうだ。  一方の松尾も1回戦で3安打を放つと、続く2回戦の聖望学園戦で2打席連続ホームランを含む4安打5打点と大活躍。浅野と比べると細身だが、体の回転の鋭さ、リストの強さは圧倒的なものがあり、打球を飛ばすコツを知っているように見える。さらに守備面でも2.00秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球で度々1.7秒台をマーク。これはプロでもトップクラスの数字である。キャッチング、ブロッキングなども秋、春から着実に成長している印象だ。少し選手としてのタイプは違うが、大阪桐蔭からは森友哉(西武)以来となる捕手の1位指名も期待できるだろう。  この2人に続く存在となりそうなのが戸井零士(天理・遊撃手)、前田一輝(鳴門・外野手)、黒田義信(九州国際大付・外野手)の3人だ。戸井は1回戦で左右に打ち分けて3安打をマーク。2回戦では相手のファインプレーに阻まれて1安打に終わったものの、度々鋭い当たりを放った。守備も堅実で、打てるショートとして評価が高い。  前田は190cmの大型外野手。1回戦で山田の148キロをとらえてタイムリースリーベースを放ち、さすがのパワーを見せた。力任せではなく、バランスの良いスイングも長所。また投手としても軽々140キロを超えるスピードをマークしており、強肩も魅力だ。黒田はスピードが魅力の外野手。2試合で1安打に終わり、打撃ではアピールができなかったが、セーフティバントでの一塁到達で3.7秒台をマークするなどその脚力は素晴らしいのがあった。まだ細身だけに、しっかり鍛えれば長打力もついてくるだろう。  他の野手では山浅龍之介(聖光学院・捕手)、片野優羽(市立船橋・捕手)、渡部海(智弁和歌山・捕手)、野田海人(九州国際大付・捕手)など捕手に好素材が多かった。特に春からの成長ぶりを見せたのが山浅だ。捕球から送球の動きが速く、コントロールも素晴らしいものがある。またバッティングも長打力がアップし、度々外野の後方へ大きい当たりを放った。プロ志望なら指名の可能性は高いだろう。  大会前は目玉不在というのがもっぱらの評判だったが、それでも山田、松尾、浅野など注目された選手が圧倒的なパフォーマンスを見せており、全体的にも楽しみな選手が多い大会だったという印象だ。10月のドラフト会議でも、ここから多くの選手が指名されることも期待できそうだ。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。
    See Details: 【速報】ホテル送迎バス衝突 9人搬送 伊豆の伊東駅前で
  • 病床“余裕”も搬送困難の理由は「スタッフ不足」 “出勤停止”と“高齢感染者”

    高松商・浅野翔吾  熱戦が続いている夏の甲子園だが、8月13日の大会第8日に全出場校が登場したこともあって、スカウト陣の視察はひと段落したことになる。昨年の風間球打(明桜→ソフトバンク1位)のような目玉は不在と言える大会だったが、投手で最高の評価を得た選手と言えばやはり山田陽翔(近江)になるだろう。  1回戦では冨田遼弥(鳴門)との好投手対決を制して8回を13奪三振、四死球0、2失点(自責点は1)と好投。続く2回戦の鶴岡東戦では3回に2本のホームランを浴びて一時は逆転を許したものの、中盤以降は立ち直り、12奪三振で3失点完投と見事なピッチングを見せた。ストレートの最速はどちらの試合も自己最速に迫る148キロをマーク。中盤以降も球威が落ちることなく、アベレージのスピードも十分で、さらに真上から腕が振れるため上背以上にボールの角度が感じられる。  そしてストレート以上に素晴らしかったのが変化球だ。ツーシーム、カットボール、スプリットとスピードがあって打者の手元で変化するボールを見事に操ることができており、多くの三振を奪えるのはこの変化球の質と精度が高いことが大きな要因となっている。上背の無さを指摘する声もあるが、これだけスピードがあって変化球のレベルも高く、さらに大舞台でも十分な結果を残しているとなれば2位以内の上位指名で消える可能性は高いだろう。  山田に比べると完成度は落ちるものの、スケールの大きさを見せたのが武元一輝(智弁和歌山)、川原嗣貴(大阪桐蔭)、田中晴也(日本文理)の3人だ。武元は初戦で国学院栃木に敗れたものの、最速148キロをマークしており、恵まれた体格から投げ込むストレートは威力十分。少し肘の位置が低いため上背の割に角度はないが、球持ちが長く、打者の手元でも勢いが落ちなかった。川原は初戦の旭川大高戦でツーランを浴びるなど3失点と少し苦しんだが、それでも試合をしっかり作って見せた。まだ細身だが188cmの長身から投げ下ろすボールは角度があり、コントロールも安定している。田中は新潟大会でできた右手のまめの影響で本来の力を発揮することはできなかったが、それでも最速148キロをマークし、潜在能力の高さは見せた。昨年と比べて制球力が上がった点も成長である。  他の投手では日高暖己(富島)、猪俣駿太(明秀日立)、有馬伽久(愛工大名電)、宮原明弥(海星)、生盛亜勇太(興南)、別所孝亮(大阪桐蔭)、森本哲星(市立船橋)、森下瑠大(京都国際)なども素材の良さが目立った。日高、森本、森下はプロ志望とのことで、最後までリストに残す球団も出てくるだろう。  野手で上位候補になりそうなのが浅野翔吾(高松商・外野手)と松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)の2人だ。浅野は初戦の佐久長聖戦で2打席連続ホームランを放ち、そのパワーを十分に見せつけた。特に1本目は逆風の中で右中間の最深部まで運んだものであり、高校生ではなかなか見ることのできない打球だった。少し守備で緩慢な動きがあったのは気になるものの、俊足と強肩も兼ね備えており、またその運動能力の高さを生かして内野への転向も視野に入れて指名を検討する球団も出てきそうだ。  一方の松尾も1回戦で3安打を放つと、続く2回戦の聖望学園戦で2打席連続ホームランを含む4安打5打点と大活躍。浅野と比べると細身だが、体の回転の鋭さ、リストの強さは圧倒的なものがあり、打球を飛ばすコツを知っているように見える。さらに守備面でも2.00秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球で度々1.7秒台をマーク。これはプロでもトップクラスの数字である。キャッチング、ブロッキングなども秋、春から着実に成長している印象だ。少し選手としてのタイプは違うが、大阪桐蔭からは森友哉(西武)以来となる捕手の1位指名も期待できるだろう。  この2人に続く存在となりそうなのが戸井零士(天理・遊撃手)、前田一輝(鳴門・外野手)、黒田義信(九州国際大付・外野手)の3人だ。戸井は1回戦で左右に打ち分けて3安打をマーク。2回戦では相手のファインプレーに阻まれて1安打に終わったものの、度々鋭い当たりを放った。守備も堅実で、打てるショートとして評価が高い。  前田は190cmの大型外野手。1回戦で山田の148キロをとらえてタイムリースリーベースを放ち、さすがのパワーを見せた。力任せではなく、バランスの良いスイングも長所。また投手としても軽々140キロを超えるスピードをマークしており、強肩も魅力だ。黒田はスピードが魅力の外野手。2試合で1安打に終わり、打撃ではアピールができなかったが、セーフティバントでの一塁到達で3.7秒台をマークするなどその脚力は素晴らしいのがあった。まだ細身だけに、しっかり鍛えれば長打力もついてくるだろう。  他の野手では山浅龍之介(聖光学院・捕手)、片野優羽(市立船橋・捕手)、渡部海(智弁和歌山・捕手)、野田海人(九州国際大付・捕手)など捕手に好素材が多かった。特に春からの成長ぶりを見せたのが山浅だ。捕球から送球の動きが速く、コントロールも素晴らしいものがある。またバッティングも長打力がアップし、度々外野の後方へ大きい当たりを放った。プロ志望なら指名の可能性は高いだろう。  大会前は目玉不在というのがもっぱらの評判だったが、それでも山田、松尾、浅野など注目された選手が圧倒的なパフォーマンスを見せており、全体的にも楽しみな選手が多い大会だったという印象だ。10月のドラフト会議でも、ここから多くの選手が指名されることも期待できそうだ。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。
    See Details: 病床“余裕”も搬送困難の理由は「スタッフ不足」 “出勤停止”と“高齢感染者”
  • 日本ハム・近藤が先制5号ソロ 楽天・則本の150キロを左翼席へ 好調持続アピール

    高松商・浅野翔吾  熱戦が続いている夏の甲子園だが、8月13日の大会第8日に全出場校が登場したこともあって、スカウト陣の視察はひと段落したことになる。昨年の風間球打(明桜→ソフトバンク1位)のような目玉は不在と言える大会だったが、投手で最高の評価を得た選手と言えばやはり山田陽翔(近江)になるだろう。  1回戦では冨田遼弥(鳴門)との好投手対決を制して8回を13奪三振、四死球0、2失点(自責点は1)と好投。続く2回戦の鶴岡東戦では3回に2本のホームランを浴びて一時は逆転を許したものの、中盤以降は立ち直り、12奪三振で3失点完投と見事なピッチングを見せた。ストレートの最速はどちらの試合も自己最速に迫る148キロをマーク。中盤以降も球威が落ちることなく、アベレージのスピードも十分で、さらに真上から腕が振れるため上背以上にボールの角度が感じられる。  そしてストレート以上に素晴らしかったのが変化球だ。ツーシーム、カットボール、スプリットとスピードがあって打者の手元で変化するボールを見事に操ることができており、多くの三振を奪えるのはこの変化球の質と精度が高いことが大きな要因となっている。上背の無さを指摘する声もあるが、これだけスピードがあって変化球のレベルも高く、さらに大舞台でも十分な結果を残しているとなれば2位以内の上位指名で消える可能性は高いだろう。  山田に比べると完成度は落ちるものの、スケールの大きさを見せたのが武元一輝(智弁和歌山)、川原嗣貴(大阪桐蔭)、田中晴也(日本文理)の3人だ。武元は初戦で国学院栃木に敗れたものの、最速148キロをマークしており、恵まれた体格から投げ込むストレートは威力十分。少し肘の位置が低いため上背の割に角度はないが、球持ちが長く、打者の手元でも勢いが落ちなかった。川原は初戦の旭川大高戦でツーランを浴びるなど3失点と少し苦しんだが、それでも試合をしっかり作って見せた。まだ細身だが188cmの長身から投げ下ろすボールは角度があり、コントロールも安定している。田中は新潟大会でできた右手のまめの影響で本来の力を発揮することはできなかったが、それでも最速148キロをマークし、潜在能力の高さは見せた。昨年と比べて制球力が上がった点も成長である。  他の投手では日高暖己(富島)、猪俣駿太(明秀日立)、有馬伽久(愛工大名電)、宮原明弥(海星)、生盛亜勇太(興南)、別所孝亮(大阪桐蔭)、森本哲星(市立船橋)、森下瑠大(京都国際)なども素材の良さが目立った。日高、森本、森下はプロ志望とのことで、最後までリストに残す球団も出てくるだろう。  野手で上位候補になりそうなのが浅野翔吾(高松商・外野手)と松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)の2人だ。浅野は初戦の佐久長聖戦で2打席連続ホームランを放ち、そのパワーを十分に見せつけた。特に1本目は逆風の中で右中間の最深部まで運んだものであり、高校生ではなかなか見ることのできない打球だった。少し守備で緩慢な動きがあったのは気になるものの、俊足と強肩も兼ね備えており、またその運動能力の高さを生かして内野への転向も視野に入れて指名を検討する球団も出てきそうだ。  一方の松尾も1回戦で3安打を放つと、続く2回戦の聖望学園戦で2打席連続ホームランを含む4安打5打点と大活躍。浅野と比べると細身だが、体の回転の鋭さ、リストの強さは圧倒的なものがあり、打球を飛ばすコツを知っているように見える。さらに守備面でも2.00秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球で度々1.7秒台をマーク。これはプロでもトップクラスの数字である。キャッチング、ブロッキングなども秋、春から着実に成長している印象だ。少し選手としてのタイプは違うが、大阪桐蔭からは森友哉(西武)以来となる捕手の1位指名も期待できるだろう。  この2人に続く存在となりそうなのが戸井零士(天理・遊撃手)、前田一輝(鳴門・外野手)、黒田義信(九州国際大付・外野手)の3人だ。戸井は1回戦で左右に打ち分けて3安打をマーク。2回戦では相手のファインプレーに阻まれて1安打に終わったものの、度々鋭い当たりを放った。守備も堅実で、打てるショートとして評価が高い。  前田は190cmの大型外野手。1回戦で山田の148キロをとらえてタイムリースリーベースを放ち、さすがのパワーを見せた。力任せではなく、バランスの良いスイングも長所。また投手としても軽々140キロを超えるスピードをマークしており、強肩も魅力だ。黒田はスピードが魅力の外野手。2試合で1安打に終わり、打撃ではアピールができなかったが、セーフティバントでの一塁到達で3.7秒台をマークするなどその脚力は素晴らしいのがあった。まだ細身だけに、しっかり鍛えれば長打力もついてくるだろう。  他の野手では山浅龍之介(聖光学院・捕手)、片野優羽(市立船橋・捕手)、渡部海(智弁和歌山・捕手)、野田海人(九州国際大付・捕手)など捕手に好素材が多かった。特に春からの成長ぶりを見せたのが山浅だ。捕球から送球の動きが速く、コントロールも素晴らしいものがある。またバッティングも長打力がアップし、度々外野の後方へ大きい当たりを放った。プロ志望なら指名の可能性は高いだろう。  大会前は目玉不在というのがもっぱらの評判だったが、それでも山田、松尾、浅野など注目された選手が圧倒的なパフォーマンスを見せており、全体的にも楽しみな選手が多い大会だったという印象だ。10月のドラフト会議でも、ここから多くの選手が指名されることも期待できそうだ。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。
    See Details: 日本ハム・近藤が先制5号ソロ 楽天・則本の150キロを左翼席へ 好調持続アピール

OTHER NEWS

吉井萌萌花が2年連続V 高校総体の競泳女子200メートル自由形

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

都会で需要増も 納骨堂は「迷惑施設」なのか

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

満床で感染死、発表を訂正 神奈川県「医師の判断」

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

大阪桐蔭、聖光学院など8強 全国高校野球選手権第11日

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

大阪桐蔭の川原が6安打完封 大阪桐蔭4-0二松学舎大付

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

星野剛士氏、選挙支援や祝電 接点の副大臣・政務官23人

 星野剛士内閣府副大臣が、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係者から選挙で電話かけなどの支援を受けたり、教団関連の集会に祝電を送ったりしていたことが16日、事務所への取材で分かった。第2次岸田改造内閣で、教団と接点が判明した副大臣と政務官は計23人となった。  星野氏の事務所によると、昨年10月の衆院選期間中、教団と関係があるボランティアに電話かけを手伝ってもらった。また、教団関連団体の集会に祝電を送ったり、2014年の集会に秘書が代理出席したりしたという。  星野氏は「申し訳なく思う。今後、一切関係を持たない」とのコメントを出した。 Read more »

解熱剤、コロナで不足深刻 一部で出荷調整

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

相続税対策の生前贈与の注意点 夫から妻の口座へ大金を一気に移すのはNG

相続税対策の生前贈与には落とし穴も(写真:イメージマート)  どんな人でも、亡くなったときには必ず「相続」が発生する。わかっているのに、まだ早いから、面倒だから、難しいから……といって先送りにしたがために、後悔する人は少なくない。 【一覧表】合法的に贈与税がかからない方法11のポイント  相続税対策には、生前のうちにしかできないこともある。ベリーベスト法律事務所の弁護士・的場理依さんが言う。 「例えば、収益不動産を購入しておいたり、保険に加入したり、資産管理会社を設立するなどして、相続対策をしている人は多い」  中でも、年間110万円までが非課税になる暦年贈与は、相続人以外にも有効なため、多くの人が活用している。プレ定年専門ファイナンシャルプランナーの三原由紀さんが言う。 「2023年3月までは、子供や孫への教育資金の一括贈与が1人あたり1500万円までが非課税です。また、結婚・子育て資金も1人につき1000万円(結婚資金は300万円)までなら非課税になります」  年間110万円の非課税枠は、今年の税制改正によって、近いうちになくなる可能性があるといわれている。そのため、該当する人がいる場合は、ぜひ有効活用すべきだ。相続実務士で夢相続代表の曽根恵子さんが言う。 「ただし、一度贈与したものは、老後になって“やっぱり返して”と言うことは当然ながらできません。期間限定とはいえ、贈与するかどうかの判断は慎重に」  また、子供名義の口座を勝手につくって振り込んだり、夫の収入を妻の口座で管理したりするのは「税逃れ」と見なされ、後から相続税が課せられる場合もある。 「夫から妻へは、大金を一気にまとめて口座に移すと、贈与扱いになります。生活費として認められるのは1か月あたり50万~60万円ほどなので、その範囲に収まるよう、小分けにしておきましょう」(曽根さん)  何より、暦年贈与するなら毎年必ず契約を結ぶことが大切だ。 「“毎年100万円ずつ、10年間贈与します”とまとめたものではなく、1年ごとに“今年、100万円贈与します”といった内容の契約書を交わしてください。それが面倒なら、信託銀行などで暦年贈与サポート信託を締結する方法もある。例えば三井住友信託銀行なら、毎年決まった額を指定の口座から口座へ、手数料無料で贈与することができます」(三原さん)  生前贈与の落とし穴にはまらないよう、賢く節税したい。 ※女性セブン2022年8月18・25日号 Read more »

【DeNA】浜口遥大が引退表明した憧れ左腕・内海哲也の系譜継ぐ「引き継いでいければ」

DeNA浜口遥大投手が憧れの左腕の系譜を継ぐ。 西武内海が今季限りの現役引退を表明したことを受けて「直接関わりはないですけど、お手本にすることも多かった。(内海が巨人時代に背負った)26番を選んだきっかけでもありました。僕が内海さんに憧れたように、誰かが僕を見て参考にするかもしれない。そういうのを野球界全体で引き継いでいければ」と、先発する17日巨人戦(横浜)を前に気持ちを新たにした。 DeNA対巨人 試合前練習でキャッチボールするDeNA浜口(撮影・江口和貴) Read more »

お金で失敗したくない人にオススメな資産運用方法って?

「これからは資産運用の時代だ!」なんて話をよく聞きますが、具体的にどう資産運用すればよいか分からないですよね。そんなあなたのために、超「保守的」な資産運用術をご紹介しましょう。 「これからは資産運用の時代だ!」なんて話をよく聞きますが、具体的にどう資産運用すればよいか分からないですよね。それに、詐欺被害のニュースや、怪しい勧誘も多いので、ヘタなことはやりたくないのでは? 今回は、そんなあなたのために、超「保守的」な資産運用術をご紹介しましょう。その名も「カウチポテトポートフォリオ」です。 カウチポテトポートフォリオとは? カウチポテトポートフォリオ(Couch Potato Portfolio)とは、米国のコラムニストであるスコット・バーンズ氏が提唱している資産運用法です。 カウチポテト(Couch Potato)とは、「ソファ(カウチ)に寝転んで(ジャガイモのように)長時間を過ごす人」のことを指します。平たくいえば、怠け者のことですね。カウチポテトポートフォリオは、そんな怠け者な方のために作られた、安全性の高い運用法です。 カウチポテトポートフォリオでは、資産の半分を株式の投資信託に充てて、残りの半分を国債の投資信託に充てます。このとき、それぞれの投資信託は、日本のものだけでなく、全世界に資産を分散するタイプのものを買うとよいでしょう。 この運用法はシンプルなので、管理の手間がかかりません。筆者個人の見解としては、このポートフォリオこそ、世界で最も安全だと考えています。なぜ、安全なのか? その理由を、これからご説明しましょう。 なぜ、カウチポテトポートフォリオは安全なのか? こんなことを言うと驚かれるかもしれませんが、カウチポテトポートフォリオは、全財産を銀行預金として預けておくよりも安全だと思います。なぜなら、好景気が来ても不景気が来ても、どちらの場合でもうまくいくようにできているからです。 たとえば、あなたが100万円の資産を持っているとします。このうち半分を株、もう半分を国債として持っているとしましょう。 株は、景気がよくなると、値段が上がって得をします。だから、株をたくさん持っていると、あなたの資産は「好景気が来ると増えやすく」なります。 しかし、2008年のリーマン・ショックのような不景気が起きると、値段が下がります。ですから、株だけを持っていると、不景気に弱くなります。 一方、国債は景気がよくなっても、値段が上がらないので得をしません。むしろ、株を買っておいたほうが、お金が増えたはずなので、損をしてしまいます。アベノミクスのような好景気は、じっと貯金していた人が大損した時期だといえるでしょう(損をしたことに、気がついてさえいない方が多いのが驚きですが)。 その代わりに不景気では、「株を持っていたら損するハズのところを、損をせずにすむ」ことになります(少しこじつけっぽく聞こえるかもしれませんが)。そう考えると、不景気では、国債を買っておいたほうが得ということになります。 つまり、「好景気では株を持っていると得」「不景気では国債を持っていると得」ということです。そして、その両方を半分半分に持っておくことで、「どっちに転んでも大丈夫になる」ということですね。 株を持っているだけではダメだし、国債(または預金)を持っておくだけでもダメ。両方を組み合わせることではじめて、安全なポートフォリオを作れるということですね。 カウチポテトポートフォリオは、失敗したくない人にオススメ! 知の巨人、ナシーム・ニコラス・タレブ氏は、「将来のことは、誰にも予想できない」という旨の発言を、著書の中で繰り返し述べています。「将来が好景気になるか、不景気になるかは分からない」ことを考えると、どちらが来てもよいように準備できる、カウチポテトポートフォリオこそ手堅いと思います。 カウチポテトポートフォリオ。名前はあまり格好よくありませんが、覚えておいて損はないテクニックだと思います。ぼく自身も一部で取り入れている手法です。手堅くお金を増やしたい方は、実践してみてはいかがでしょうか。 参考文献:お金で失敗したくない人にオススメな資産運用方法とは(https://allabout.co.jp/gm/gc/476811/) 文:中原 良太(個人投資家・トレーダー) 18歳に株を始め、25歳でYahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞。主に株式投資とマネー(お金)についての情報をSNSやYouTube、メルマガなどで発信。IQ上位2%のMENSA会員。 Read more »

国学院栃木、4投手の継投実らず完封負け

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

台湾「威嚇受け入れず」 駐米代表ら制裁に強く反発

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

国学院栃木のデータ班、「分析生きた」チームに貢献

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

南軍旗はなぜ「黒人差別の象徴」になったのか?

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

成田空港、輸出入額が過去最高に コロナで航空輸送の需要高まる

成田空港=中村宰和撮影  成田空港の1~6月の輸出額は前年同期比25・7%増の7兆6579億円、輸入額は同21・9%増の9兆2897億円だった。いずれも3半期連続の増加となり、2021年7~12月を上回って過去最高額を更新した。また、輸出額、輸入額ともに全国の空港と港の中で1位だった。  東京税関のまとめで判明した。新型コロナウイルス感染症の影響で海上輸送が停滞し、航空輸送の需要が高まっていることに加え、高単価の半導体製造装置や医薬品などの取扱量が大きく伸びたことが輸出入額の増加につながった。  主な輸出品は半導体等製造装置が前年同期比29・6%増の7289億円、科学光学機器が同20・1%増の4111億円。輸入品は医薬品が同28・6%増の1兆5112億円、通信機が同12・7%増の1兆1916億円となっている。  輸出額を地域別にみると、米国や欧州連合(EU)、東南アジア諸国連合(ASEAN)がいずれも同3割以上増えたのに対し、中国の伸び率は同13・9%増にとどまった。中国が新型コロナを厳格に封じ込める「ゼロコロナ政策」を採用し、ロックダウン(都市封鎖)に踏み切った影響があったとみられる。【中村宰和】 Read more »

【全国の天気】北日本で続く雨 今夜も大雨警戒

きょうの「全国の天気」はこちら、「北日本で続く雨 今夜も大雨警戒」です。 Read more »

【中日スタメン】柳裕也、広島・森下との今季初『明大対決』制し8勝目なるか

中日・柳と立浪監督 ◇16日 広島―中日(マツダ)  両チームのスターティングメンバーが発表された。中日の先発は柳裕也投手。相手先発の明大の3学年後輩・森下とは今季初の投げ合い。明大対決を制し、今季8勝目を目指す。打線はペドロ・レビーラ内野手が4試合ぶりに「6番・左翼」でスタメン出場する。 【中日】 1番・右・岡林 2番・中・後藤 3番・三・阿部 4番・一・ビシエド 5番・捕・木下 6番・左・レビーラ 7番・遊・三ツ俣 8番・二・石垣 9番・投・柳 【広島】 1番・右・堂林 2番・二・羽月 3番・中・秋山 пј”з•Єгѓ»дёЂгѓ»гѓћг‚Їгѓ–гѓ«гѓјгѓ 5番・左・西川 6番・三・坂倉 7番・捕・会沢 8番・遊・矢野 9番・投・森下 Read more »

なにわ男子・大西流星がサスペンス「この子は邪悪」で映画単独初出演「『ウサギが出てくるコメディー』とウソを…」

映画「この子は邪悪」の一場面の南沙良と大西流星(C)2022「この子は邪悪」製作委員会  女優の南沙良とアイドルグループ「なにわ男子」の大西流星が16日、大阪市内で映画「この子は邪悪」(監督・片岡翔、9月1日公開)のPR会見に出席した。  交通事故で両親、妹が重症や傷を負ったヒロイン・花(南)が、やがて家族内に異変を感じていくサスペンス。大西演じる少年・純は母の奇病を探るうちに幼なじみの花と再会し、花の父で心理療法士の司朗(玉木宏)とも出会うが…。  2018年度の報知映画賞新人賞に輝き、ドラマ「ドラゴン桜」(21年)やNHK大河「鎌倉殿の13人」にも出演し、多彩に活躍する南は「こういうジャンルは初めてで、チャレンジ。今回も精いっぱい頑張ったので伝わればいいな」。撮影は昨年夏。苦労した点には「部屋の中の暑さ。空間が密閉されていたので大変でした」と振り返った。  大西は単独での映画出演は初めて。「普段のアイドルの自分とは違うキャラクターで、ファンの方にも反応をいただけるので演じがいがあった。この映画を見ている間だけは『大西流星』を忘れてもらえれば」と自信を見せた。  サイコホラー、ネタバレの要素も多い作品とあって、南は周囲には「そこまでホラー、ホラーはしていません。謎ときサスペンスですよ」と説明していているとか。自身が周囲に異変を感じた経験については「母に霊感があって、たまに『ここにいる』って言うんです。すごく怖い。『落ち武者が歩いていたよ』とか。母が怪しい。私には(霊は)取りついていないです」と苦笑いした。  大西は「『怖いんやろ? 見に行けるかな』と聞かれますが、怖いからと見らてもらえないのは寂しいので『ウサギが出てくるコメディー』とウソをついています」と笑わせ、「(なにわ男子の)メンバーはみんな、怖いのがダメそう。最年長の丈くん(藤原丈一郎)も。一緒に見に行って、ヒヤッとしているところを間近で見たい」と話していた。 Read more »

東海オンエア・てつや 峯岸みなみへの“愛溢れる”ツイッターのいいね欄が話題に…ネット「ほっこりした」

結婚を発表した峯岸みなみと東海オンエアのリーダー・てつや  元AKB48でタレントの峯岸みなみ(29)と人気YouTuberグループ「東海オンエア」ノリーダー・てつや(年齢非公開)が結婚を発表した。  てつやは交際前から峯岸のファンだったことを公言しており、2014年6月には自身のツイッターで「僕、大きくなったらAKBを卒業して恋愛解禁した峯岸みなみと付き合うんだ。そしたら、坊主になる原因になったお泊まり疑惑の本当の相手は僕でしたってちゃんと世間に告白するんだ。叩かれてもいいんだ。僕らは幸せだから って妄想するだけで幸せになれるんだからアイドルってすごいよね」と宣言。有言実行し、「2022年8月12日、“高校1年生の頃テレビ越しに一目惚れした方改め“峯岸みなみ”さんと、なんと結婚いたしました。夢物語のようなご報告ですが、決して妄想ではございません」と喜びいっぱいに報告した。  結婚発表を受け、ネット上ではてつやのツイッターアカウントのいいね欄が話題となった。いいね欄は、今年の2月から直近にかけて峯岸に関連したツイートへのいいねで埋め尽くされており、ネット上では「ほんまに大好きなんやなっていうのいいね欄見てわかるのおもろいな」「いいね欄が峯岸みなみちゃんだらけなのも、愛なのよ、、、」「てつやって最高」「てつやの好きなとこはTwitterのいいね欄が妻で埋まってるとこ」「いいね欄が彼女で溢れてる彼氏って可愛いよね」「いいね欄妻ばっかりでコレコレコレ~!」「本当に好きなの分かる」「みぃちゃん大好きやん」「いいね欄峯岸みなみばっかで推せる」「愛されてるなあほんと!」「いいね欄ほっこりしたわ」「可愛くて仕方ないんやね」「ゾッコンだよね」「愛感じるたまらん」などの声があがっていた。  結婚発表後のツイッターでは「#推しと結婚」「#てつや結婚」「#峯岸みなみ」「#てっちゃん」「#東海オンエア」がトレンド上位を独占するなど、人気の高さをうかがわせていた。 Read more »

ふぉ~ゆ~辰巳雄大、新型コロナに感染 定期的なPCR検査で陽性を確認

ふぉ~ゆ~・辰巳雄大が新型コロナウイルスに感染  人気グループ・ふぉ~ゆ~の辰巳雄大が新型コロナウイルスに感染したことを16日、所属するジャニーズ事務所が公式サイトで発表した。  サイトでは「弊社所属タレント辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)が新型コロナウイルスに感染していることを確認いたしましたのでご報告申し上げます」とし、「定期的に実施しておりますPCR検査の結果、本日、陽性であることが確認されました。今後につきましては、一定期間、療養及び経過観察いたします」と伝えた。  その上で「この度は、皆様にご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます」と理解を求めた。 Read more »

おばたのお兄さん、大手ゲーム会社に勤める言いなり社員役

「火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』」(TBS系)の本日8月16日(火)と来週8月23日(火)放送回(第7話、第8話)に、おばたのお兄さんがゲスト出演する。 【この記事の画像(全2件)をもっと見る】 「火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』」組写真 (c)TBS 教育系アプリを手掛ける会社「ドリームポニー」の若き女性CEO・成川佐奈を主演の永野芽郁が演じている「ユニコーンに乗って」。このドラマには、ドリームポニーと対立する大手ゲーム会社「ゲームアカデミア」も登場している。おばたが演じるのは、ゲームアカデミアCEOの永瀬(松尾貴史)の言いなりとなっている社員・横山拳司役だ。俳優としても精力的に活動しているおばたの演技に注目してみては。 火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」 TBS系 毎週火曜22:00~22:57 Read more »

KAT-TUN亀梨和也、新型コロナの療養終了 あす17日に活動再開

亀梨和也が新型コロナウイルスから回復  人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が、新型コロナウイルスの療養期間を終え、あす17日から活動を再開すると、ジャニーズ事務所が公式サイトで発表した。  サイトでは「弊社所属タレント亀梨和也(KAT-TUN)の活動再開につきましてご報告申し上げます」とし、「8月6日にPCR検査を実施した結果、新型コロナウイルスに感染していることを確認いたしました。そのため、一時活動を休止しておりましたが、陽性者に定められた療養期間を順調に経過したことから、明日8月17日より活動を再開いたします」と伝えた。  また「改めまして、この度は皆様にご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。弊社といたしましても、引き続き感染予防対策を行い、安全の確保に努めてまいります」とつづった。 Read more »

ウクライナでの核兵器使用、必要ない=ロシア国防相

ウクライナでの核兵器使用、必要ない=ロシア国防相 [モスクワ 16日 ロイター] – ロシアのショイグ国防相は16日、モスクワで開催された国際安全保障会議で演説し、ロシアはウクライナで核兵器を使用する必要はないと表明した。 ウクライナの軍事行動は米英によって計画されていると指摘。北大西洋条約機構(NATO)は中東欧での部隊配備を「数倍」に増やしているとも述べた。 新戦略兵器削減条約(新START)について、条約延長のための交渉は「双方向」であり、状況は「容易ではない」との見解を示した。 Read more »

医療費の還付金名目、240万円詐欺被害 西宮の80歳男性

兵庫県警西宮署=西宮市津田町  16日午前、兵庫県西宮市内の男性(80)が「医療費の還付金名目で現金約240万円をだまし取られた」と県警西宮署に届け出た。同署が電子計算機使用詐欺容疑で調べている。  同署によると、15日午前10時ごろ、市役所の福祉課を名乗る男から男性宅に「累積医療費の申請がまだです」「サポートコールセンターから電話があります」と電話があった。男性は指示されるまま、市内の金融機関でATMを操作し、三つの口座から計約240万円を振り込んだという。  16日、複数の口座で操作したことを男性が不審に感じ、同署に相談した。 Read more »

【男性諸君は要注意】自分でも気が付かないうちにやってしまっているかも!? アウトの線引きが難しい「ミルハラ」とは?

【男性諸君は要注意】自分でも気が付かないうちにやってしまっているかも!? アウトの線引きが難しい「ミルハラ」とは? 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏(53)が8月8日、朝の情報バラエティ番組『めざまし8』(フジテレビ系)に出演。近ごろの若い女子がヘソ出しファッションほか、露出度高めの服装で歩いていることに対して、 「見られたいから(肌を)出しているわけではないのか?」 ……と、質問したところ、 「全然違う!」 ……と、とあるヤングガールから鬼却下されてしまうという一幕があった。 この日、実際に街で「ミル(見る)ハラ」をよく受ける……らしい、ギャルモデルの『あおちゃんぺ』なるややこしい名前の女子がリモートで番組に出演し、橋下氏が投じた “素朴な疑問” に、 「そう思われる方は多いけど、ファッションは自分が可愛いと思うこと、好きなこと、今なら暑いからというのも単純にある」 「人に見られたいとかじゃなく、自分のためにやってること。こういう服を着ているから見ていいというのは、全然違う話!」 ……と、ピシャリ!  「(僕のような)こういう考えは昭和なんですね」 ……と、橋下氏は苦笑い混じりのコメントでお茶を濁すしかなかった……ってな感じの経緯(いきさつ)であった。 さて。なんでもかんでもケツに「〜ハラ」をつけては些細な言動を罪悪扱いしてしまう、ある種の「無菌室」チックな昨今の閉塞的風潮のなかでもこの「ミルハラ」ってヤツは、もっとも “是非の線引き” が曖昧かつ困難である、じつにデリケイトな「ハラスメント」の一つなのではなかろうか。 ピチピチと弾けんばかりの健康的な肢体を持つ女性が、ヘソを見せたり胸の谷間や太ももや肩や肩甲骨をさらけ出したり……と、高い露出率のファッションで街を歩いていたら、男性としてつい “そこ” に目が行ってしまうのは、もはや「本能」に近い “習性” である。私なんぞは、仮に露出率は低くても顔がタイプな女性やピタピタのスパッツやTシャツで “シルエット” を強調している女性とすれ違っただけでも、もう露骨なほどにその部位(あるいは全体像)を、許されるかぎり “ガン見” してしまう。 もちろん、盗撮したり尾行したり……と、ほぼ犯罪行為にまで至るような真似は絶対にしない。しかし、たとえば、電車の正面に座っているそういう女性に目が釘付けになっていたとすれば、ときにキッと睨み返されたり、さりげなく露出部を手で覆われたり、席を変わられたりすることは……稀にあったりする。「許されるかぎり」の度を越してしまったということだ。なるべく相手に気づかれないよう “チラ見” で済ませる努力はしているつもりなんだが……(苦笑)? ... Read more »

【甲子園】大阪桐蔭・伊藤 1試合3本の二塁打は大会記録に並ぶ

<大阪桐蔭・二松学舎大付>4回1死、大阪桐蔭・伊藤は左中間二塁打を放つ(撮影・北條 貴史)  ◇第104回全国高校野球選手権大会・3回戦 大阪桐蔭ー二松学舎大付(2022年8月16日 甲子園)  大阪桐蔭の伊藤櫂人(3年)が大会記録に並ぶ1試合3本の二塁打を放った。  初回、先頭で左中間方向へ二塁打を放ち、4番・丸山一喜(3年)の先制打につなげると、4回も左中間へ二塁打を放ち暴投の間に生還。6回も先頭で二塁打を放ち、3安打すべて二塁打とリードオフマンとしての仕事を果たした。 Read more »

【オリックス】広沢が新型コロナ感染

オリックス広沢伸哉  オリックスは16日、育成選手の広沢伸哉内野手(23)が新型コロナウイルス感染の陽性と判定されたと発表した。15日夜に発熱の症状があり、16日にPCR検査を受検して判明した。同選手はチームから離れて隔離療養している。  広沢は今季ウエスタン・リーグで34試合に出場し、31打数4安打の打率1割2分9厘、0本塁打、2打点。 Read more »

英食品価格、8月は11.6%上昇 08年以降で最高=調査

英食品価格、8月は11.6%上昇 08年以降で最高=調査 [ロンドン 16日 ロイター] – 市場調査会社カンターによると、8月の英国の食品価格上昇率は11.6%と、スーパーマーケットの価格調査を2008年に開始して以降、最高となった。 年間の食費が533ポンド(642ドル)増えた計算になる。 食費を減らすため、プライベートブランド(PB)を利用する顧客が増えており、PBの売上高は7.3%増加した。 バター、牛乳、鶏肉が特に値上がりしている。 7月と8月の熱波を受けて、ミネラルウォーターとソフトドリンクの販売が過去4週間でそれぞれ23%、10%増えた。 Read more »

日本の人気漫画の主人公まねた浴衣姿でコスプレ撮影、中国当局「騒ぎを起こした」と女性連行

 【上海=吉永亜希子】中国東部の江蘇省蘇州市で、浴衣姿で写真撮影をしていた中国人女性が、人をそそのかして秩序を乱す「騒動挑発」容疑で警察当局に連行されたとする動画が出回り、議論を呼んでいる。16日、香港紙・明報(電子版)が報じた。  報道によると、女性は今月10日、日本食レストランなどがある繁華街で、日本の人気漫画の主人公をまねた浴衣姿でコスプレ撮影をしていたところ、「騒ぎを起こした」として連行された。約5時間拘束され、浴衣も没収されたという。  インターネット上には「和服がダメなら、洋服は何の罪になるんだ」と女性を擁護する書き込みが目立つ一方、「公共の場での和服着用は規制しなければ」と当局を支持する意見もある。 Read more »

中村倫也、松坂桃李、菅田将暉ら登場の夏祭り配信企画 芸能事務所トップコートが発表

中村倫也、松坂桃李、菅田将暉らが所属する、大手芸能事務所のトップコートは16日、運営する有料会員サイト「TopCoat Land」で、配信企画「TopCoat夏祭り2022~Yes!We Camp!~」を開催すると発表した。20日午後7時からの生配信に先駆け、メイキングスチールを公開した。 メインの配信イベントは、中村、松坂、菅田の3人がそれぞれチームリーダーとなり、真夏のキャンプ場で後輩らと繰り広げる料理対決。3人がそろって「TopCoat Land」の収録に参加するのは初めて。キャンプに参加できなかった佐々木希、杏、清野菜名は、手作りのドレッシングを、趣里は料理に使用する夏野菜を育て、堀田茜は、キャンプファイアの薪を準備。それぞれの力作が現場に持ち込まれた。 また、ダンサーTAKAHIROと杉野遥亮は、初コンビでDIYに挑戦。萩原利久と豊田裕大が夏祭りのMCに初挑戦するほか、ナレーションは木村佳乃が担当する。 トップコートの配信イベントに参加した(左から)菅田将暉、中村倫也、松坂桃李 Read more »

「大きくなったら峯岸みなみと付き合う」東海オンエア・てつやさん、8年前の妄想をかなえて結婚したことが話題に

「大きくなったら峯岸みなみと付き合う」東海オンエア・てつやさん、8年前の妄想をかなえて結婚したことが話題に 「東海オンエア」てつやさん(左)と元AKB48の峯岸みなみさん 6人組の人気YouTuberグループ「東海オンエア」のリーダー、てつやさんが8月16日、結婚報告をしました。お相手は元AKB48の峯岸みなみさん。 これに合わせて、てつやさんが2014年6月にツイートした「僕、大きくなったらAKBを卒業して恋愛解禁した峯岸みなみと付き合うんだ」という言葉が話題です。8年越しの夢を叶えたことに「妄想が現実になるまで努力したてつや、カッコよすぎる」などと反響が広がっています。 ■「夢物語のようなご報告ですが、決して妄想ではございません」 てつやさんは16日、峯岸さんとの結婚をTwitterで報告。投稿では、オレンジ色のスーツとドレス姿のツーショットをシェアしました。 その中で、峯岸さんについて「高校1年生の頃にテレビ越しに一目惚れした」と振り返り、「夢物語のようなご報告ですが、決して妄想ではございません」とつづっていました。 ■出会いは2019年のメンバーの写真展がきっかけか てつやさんは2013年から「東海オンエア」としての活動を始めていました。2019年8月に峯岸さんとのツーショットを投稿。2人の出会いは、メンバーの写真展がきっかけだったそうです。 ■動画で結婚報告。「遠く離れた僕にも数多くの特別ですてきな思い出」 2人の交際は2021年の9月に『文春オンライン』で報道され、てつやさん自身もYouTube個人チャンネルでも交際を認めました。 そして2022年8月16日に『2022.08.12〜』というタイトルでてつやさんが個人チャンネルを更新。ある写真館を舞台にした動画の中で、峯岸さんとの結婚を報告しました。 動画内でてつやさんは「昔からたくさんのファンの方々に支えられながら輝き続けてきた彼女は、会ったこともない遠く離れた僕にも数多くの特別で素敵な思い出を与えてくれました。そのお返しに一生分の最高の思い出を2人で残していこうと思います」と手書きの文字でつづりました。 峯岸さんも「全く違う道を歩んできた私達ですが、日ごろから応援してくださる皆様のおかげで今日という日を迎えられたことに心より感謝しています」とつづっています。 2人はそれぞれのTwitterでも結婚を報告しており、多くの祝福コメントが寄せられました。 中には「8年前のてつや この頃はまさか推しメンと結婚出来るなんて1ミリも思ってなかったろうな」「てつや、妄想が現実に」と、8年前の妄想を叶えたてつやさんに驚きの声も寄せられています。 Read more »

元AKBの峯岸みなみさん、東海オンエアのてつやさんと結婚

峯岸みなみさん=川崎市川崎区の川崎警察署で2022年6月9日午後1時2分、鈴木悟撮影  元AKB48のメンバーでタレントの峯岸みなみさん(29)が16日、自身のツイッター上で、6人組の人気ユーチューバー「東海オンエア」のリーダー、てつやさん(28)と結婚したと発表した。  峯岸さんはツイッターで、「てつやさんは、ネガティブな私をいつも近くで励まし、前を向かせてくれる存在」「彼に出会ってから毎日朝起きるのが楽しみになり、そんな日々を重ねていくうちにこれからもずっと一緒にいたいと思うようになりました」などとつづった。  峯岸さんは2005年から昨年までAKB48のメンバーとして活躍。昨年、週刊誌がてつやさんとの交際を報じていた。【吉井理記】 Read more »

南沙良 霊感ある母は落ち武者を目撃!「何度かおはらいに」と告白

主演の南沙良(c)2022「この子は邪悪」製作委員会  女優の南沙良(20)が16日、大阪市内で、自身が主演を務める映画「この子は邪悪」(9月1日公開)のスポーツ紙による囲み取材を、共演のなにわ男子・大西流星(21)とともに行った。  交通事故に遭い、心身に大きな傷を負った家族の謎に迫るサスペンススリラー。南は家族に違和感を覚える長女を、大西は幼なじみ役を演じている。  南は身近にいる怪しい人として母を挙げた。「霊感があって、たまに言うんです。『ここ、いる!』とか。すごく怖いんですよ。本当なのか、怪しいですね」と半信半疑ながらも「地元を歩いていたら、『落ち武者がさっき歩いていたよ』と言ったりするので」と驚きを隠せない様子。  母から霊感は受け継いでおらず、「(母によると)私には取りついていないみたいですが、怖くなって何度かおはらいに行きました」と明かした。 Read more »

比嘉愛未の山ガール姿に「癒された」声続々 「脚きれいすぎ」「美しい」

比嘉愛未  女優・比嘉愛未(36)が16日、インスタグラムを更新。トレッキングをしたことを写真、動画で伝えた。  秩父の三峰山にある三峯神社を訪れたそうで、「氣がすごく良くて心も身体も満たされました トレッキングはまりそう」と絶景を見下ろす後ろ姿の写真などとともに投稿。ストーリーズ(24時間で消える投稿)では細い山道を歩く動画などもアップした。  レギンスに短パンを合わせ、長袖に帽子という“山ガール”姿で、フォロワーからは「スタイル抜群、脚がきれいすぎます 景色も癒されます」「山ガールでしたか〜」「後ろ姿も美しい!」「癒される愛未さんに癒されました」などの声が届いている。 Read more »

巨人・阿部コーチ「思い出すのは09年日本一」 元同僚・内海を労う「年下でしたが尊敬してました」

09年の日本シリーズを制し、巨人祝勝会で内海(左)からビールをかけられる阿部  西武は16日、内海哲也投手(40)が今季限りで現役を引退すると発表した。これを受け、かつてバッテリーを組んでいた巨人・阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチ(43)が球団を通じて盟友にメッセージを送った。  阿部コーチは内海の引退発表を受け「僕と同じ19年間ですね。本当によくやった!と思います」とまずは労いの言葉。「初めて1軍に上がってきた時には、こんな偉大な投手になるとは想像もしていませんでした」と振り返った。  続けて「思い出すのは、2009年にエースとして日本一になった姿と2012年に一緒にバッテリー賞を獲得したことです」と思い出を語り、「自分がキャプテンだった時は、投手陣は内海に任せられたので本当に助けてもらいました」と当時の思いを吐露。「年下でしたが、努力家で抜群のリーダーシップを備えている内海を尊敬していました」と4学年下に当たる内海の人間性に敬意を表した上で「いい思い出をたくさん作ってくれてありがとう。19年間お疲れ様でした」と改めて感謝と労いのメッセージを送っていた。 Read more »

【速報】救急搬送困難6747件 3週連続で過去最多更新 総務省消防庁

先週の救急搬送困難6747件。3週連続で過去最多更新。総務省消防庁。 Read more »

パ首位攻防3連戦 西武は9番に若林起用 栗山が先発外れる ソフトバンク戦スタメン発表

パ首位攻防3連戦 西武は9番に若林起用 栗山が先発外れる ソフトバンク戦スタメン発表 ◆西武-ソフトバンク(16日、ベルーナドーム) 先発投手は西武が高橋、ソフトバンクが石川。試合開始は午後6時。 【ソフトバンク】 1(三)周東 2(遊)今宮 3(中)牧原大 4(右)柳田 5(指)デスパイネ 6(一)中村晃 7(左)柳町 8(捕)甲斐 9(二)三森 【西武】 1(二)外崎 2(遊)源田 3(捕)森 4(指)山川 5(三)中村 6(右)愛斗 7(一)呉 8(中)オグレディ 9(左)若林 Read more »

【中日】溝脇が新型コロナ療養終えて練習再開「一日でも早く試合に復帰できるように頑張ります」

ナゴヤ球場で練習を再開した溝脇  8月5日に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、隔離療養していた中日の溝脇隼人内野手が16日、ナゴヤ球場で練習を再開した。球場内をランニングするなどして調整し、「早く状態を上げて、一日でも早く試合に復帰できるように頑張ります」とコメントした。  溝脇は今季、自己最多の62試合に出場して打率2割6分4厘、6打点。 Read more »

【阪神】不振極める佐藤輝明が6番降格、ロハスが来日2年目で初4番/ヤクルト戦スタメン

<ヤクルト-阪神>◇16日◇神宮 阪神佐藤輝明内野手(23)が4番から6番に降格した。6番起用は今季初。チーム最多の92試合4番を任されていた。8月は13試合で打率1割3厘(39打数4安打)、0本塁打、5打点と不振を極めている。 代わって4番にはメル・ロハス・ジュニア外野手(32)が来日2年目で初めて起用された。3番には糸原健斗内野手(29)、5番にはアデルリン・ロドリゲス内野手(30)が入った。 スタメンは以下の通り。 【阪神】 <1>(中)島田 <2>(二)山本 <3>(三)糸原 <4>(左)ロハス <5>(一)ロドリゲス <6>(右)佐藤輝 <7>(遊)木浪 <8>(捕)梅野 <9>(投)青柳 【ヤクルト】 <1>(左)青木 <2>(二)元山 <3>(右)サンタナ <4>(三)村上 <5>(一)宮本 <6>(捕)中村 <7>(中)丸山和 <8>(遊)長岡 <9>(投)高梨 ヤクルト対阪神 グラウンドに姿を見せた(左から)大山、北條は佐藤輝(右から2人目)らナインとあいさつする(撮影・加藤哉) Read more »

菓子工房で4度目のクマ被害 ドーナツ粉など荒らされ「工房やめる…近所迷惑だから」

 岩手県宮古市の菓子工房にクマは侵入しました。  冷蔵庫は開けられ、様々な物が散乱しています。  12日、工房を営む泡渕さんが被害に気付きました。  菓子工房へのクマの侵入。実は、今回だけではありませんでした。  菓子工房を営む泡渕福治さん(77):「4回目だな。9日から(クマが)来ているんだよ」  今回が4度目の被害だったのです。  今月9日、10日と立て続けに工房を荒らされます。  宮古市は10日に菓子工房の近くに罠と監視カメラを設置。すると…。  11日朝に罠に入ったクマを発見。工房の中では、米粉の袋が破られていたと言います。そして…。  菓子工房を営む泡渕福治さん:「12日の朝行ったら、また(クマに)冷蔵庫をやられたわけだ。その晩に(クマが)ひっかかったの。(合わせて)2頭捕ったわけだ」  この工房では、去年もクマの被害を受けたと言います。2年連続の被害に、工房の主人は苦渋の決断をします。  菓子工房を営む泡渕福治さん:「工房をやめますって決断しました。近くにいっぱい子どもたちもいるし、近所迷惑だからね」  再びの被害に備え、罠などの設置は続けるということです。 Read more »
21 Hotels With Huge Luxurious Bathtubs In Singapore For You To Soak Your Worries Away15 Best Things to Do in Fall RiverStaycation Singapore: 51 Hotels In Singapore To Enjoy Your Staycation33 FUN Things to do in Antigua, GuatemalaBacolod Tourist Spots: 10 Things to Do for Foodies & History Buffs10 Best Cafes in Sydney for Coffee, Brunch, and Vegan Food15 BEST Restaurants in Sayulita, Mexico10 Hotels with Halal Breakfast, Buffets and Restaurants in Singapore21 Best Things to do in Acapulco, MexicoI Tried Hang Gliding At Age 55, Here’s Why I Think You’ll Love ItHow To Spend 3 Perfect Days In Switzerland’s Jungfrau RegionHow To Spend A Perfect Weekend In South Bend, IndianaThe One Thing We Are Trying Before We Retire Abroad7 Things To Do In Charming Edgerton, WisconsinBirds of Iceland: An Introductory GuideViking Debuts New Ship In Southeast Asia Specially Designed To Sail The Mekong River15 Best Things to Do in SomervilleNew National Parks Series Debuts On Nat Geo This Month And You May Recognize The Narrator’s Famous VoiceDigital Nomads Can Apply for a 10-Year Visa to Thailand From Sep 20228 Unique Mooncakes in Singapore 2022 to Celebrate Mid-Autumn Festival10 Family-Friendly Destinations for Your 2022 Year-End Trips57 Top Things To Do In Singapore - Attractions, Interesting Places To Visit & Fun Things To DoTop 35 Must-Visit Historical Places & Landmarks in the Philippines15 Best Things to Do in Framingham10 Things You Should Never Do in Hawaii15 Things to Do in Jeju for a Different Kind of Island GetawayMy 7 Favorite Wineries In California To Sip ChardonnayMy 5 Favorite Luxurious Experiences At Scottsdale’s Top ResortsThe Perfect 3-Day Visit To Beautiful Évora, Portugal7 Reasons To Explore Stunning Peggy’s Cove, Nova ScotiaRetirement Diaries: Diane Says Start Your Planning EarlyWhy I Love These 5 Campsites In France More Than Any HotelWe Have 21 Airline And Hotel Credit Cards, Here’s What We Love About Each OneThe 15 Most Beautiful Places To See Fall Foliage In 2022Top 15 Best Things to Do in Stockton, CaliforniaAnne Frank Museum Releases Videos Detailing Last Six Months Of Her LifeFarmers’ Almanac Predicts Unseasonably Cold Winter For Canada, Urges One Region To HibernateThis Is The Only Country On Earth That Sits Entirely Above 3,280 Feet, And You Can Ski There Right NowHow To Start A Freelancing Business From Scratch10 Things You Should Know Before Quitting Your Job To TravelBournda National Park: South Coast NSW’s Best Kept SecretThe Best Multi-Day Hiking Trips in CanadaFrom Bunbury to Margaret River, Here’s What Not To MissWhere To Find The Best Free Camping in TasmaniaAustralian Bushfires: Here’s What You Can Do To HelpOur AmazingCo Mystery Picnic in Queensland’s Atherton TablelandsHow To Plan A Sedona Girls Weekend Trip25 Of The Best Things To Do In Port Douglas, AustraliaPlatia Ammos Beach in Kefalonia (+ the Perilous Hike Down in Flip Flops!)From Corporate Stooge to Professional Travel BloggerWhy Choose Full Time RV Living Over Van Life?7 Handy Camping Hacks For Your Next Wilderness TripThe Best Spots For Eyre Peninsula Camping in South AustraliaGold Coast Hot Air Ballooning: A Bucket List Experience You Didn’t Know You NeededFitzroy Island or Green Island: Which is Better?A Zhangjiajie Hiking Adventure In The Avatar MountainsThings To Do On An Eyre Peninsula Road TripThings To Do On The Esperance To Perth DriveBunyeroo Gorge & Brachina Gorge: A Flinders Ranges Scenic Drive You CAN’T Miss!Duke of Orleans Bay: My 35th Birthday Adventure!Things To Do In Mount Gambier & Limestone Coast, South AustraliaHow This Woman Quit Her Job To Travel Europe Full-Time in a Motorhome10 Things I Wish I Knew Before Buying A CaravanCelebrating Boxing Day on a Captain Cook Sydney Harbour Cruise5 Adventurous Weekend Road Trips From DenverHow To Land Scuba Diving Instructor Jobs Around The WorldWhy You Don’t Need A Work And Travel Program Like Remote Year To Become A Digital NomadHow To Tell Your Parents You’re Quitting Your Job To TravelPerth to Esperance: The Ultimate Road Trip ItinerarySpeed Hiking: What It Is & What Gear You Need For ItWhat To Do When Sh*t Hits The Fan On Your Trip3 Days in Melbourne: A Melbourne 3 Day ItinerarySapphire Coast NSW: From Whales to Red RocksEssential Hiking Gear for Beginners: 5 Items You Absolutely Need For Your First HikeWhy This Grad Student Decided To Move Abroad Instead Of Getting A JobThe Best Fleurieu Peninsula BeachesNakie: The Best Traveler Hammock (That’s Also Eco-Friendly!)The Best Beaches in Kefalonia (+ Other Must-Dos)The Best Things To Do In Sydney Harbour7 Things To Know Before Your Overnight Or Day Trip To Rottnest IslandLawn Hill National Park: A Hidden Gem in Outback QueenslandBradleys Head to Chowder Bay Walk + Balmoral | Sydney Harbour WalkOrmiston Gorge: A Beach in Outback Australia!What To Do in Paris For 4 Days: A 4 Day Paris ItineraryOutdoorsy Things To Do In Noosa, An Aussie Adventure ParadiseWhy Quitting Your Job To Travel Isn’t As Scary As It SeemsThings To Do In Crete: A Crete Road Trip Itinerary15 Little Things You Can Do To Save Money For TravelKu-ring-gai Chase National Park: Sydney’s Hidden GemThings To Do In Esperance: The Best Walks, Campsites, & Beaches In Esperance, Western AustraliaVisiting Meteora: Clifftop Monasteries With A View In GreeceThe 15 Best Day Trips From CairnsHighlights Of A Great Ocean Road TripThe Best Boho Picnic Rugs For Outdoor AdventuresRenting Camera Gear For Travel: Save Money, Save MemoriesThe Best Sydney Weekend GetawaysCar Next Door Review: Using Car Sharing in AustraliaWhat the FAQ is Van Life? Everything You Want To Know About Full Time Van LivingThe Best Hikes In The Blue MountainsA Sydney Harbour Scenic Flight With Sydney SeaplanesThis Couple Quit Their Jobs & Sold Everything To Travel Europe Full-TimeThat Time ALL THE SIGNS Told Me To Buy Tony Robbins TicketsHow Much Money Do You Need To Save Before You Quit Your Job To Travel?15 Best Things to Do in Malden8 Unique Ways To Spend A Few Hours In The South Of France7 Authentic Aboriginal Experiences In Australia’s Northern Territory10 Best Hiking Trails In Flagstaff According To The Locals21 FUN Cancun Day Trips that you’ll love!The Unique Culinary Tour Not To Miss In Jerusalem18 BEST Things to do in Valparaíso, Chile7 New And Unique Things To Do On The Las Vegas StripPalwa Ride and More Adventures at Santabucks Eco-Adventure ParkClear Testing New Curb-To-Gate Premium Service At This Popular AirportCollette Unveils New Montana Cruise Tour Featuring Stops In Two Popular National ParksTop 15 Best Things to Do in Riverside, California8 Reasons To Visit Italy This FallI Booked A Trip To France This Summer For $5.60 Using Points, Here’s What I LearnedThe Exhilarating Experience Not To Miss In Canada’s Jasper National ParkI Tried Glamping At An Australian Crocodile Safari Camp And It Was Incredible16 Scenic Stops Along The Beautiful Cape Cod Rail TrailWorrowing Jervis Bay: A Winter Getaway From SydneyBest Beaches in Crete: The 10 Crete Beaches You Must VisitThe 20 Best Beaches in Western AustraliaWhat I Wish I Knew Before Moving From USA To Australia30 Things To Do in Albany, Western Australia & South Coast WAHiking Sydney: The 15 Best Hikes in Sydney, AustraliaThe Best Hikes in Grand Staircase Escalante National MonumentNew UAE Passport: How to Get Your New Emirati Passport?NATAS 2022 Singapore Travel Fair: What to Expect7 of the best things to do in Phuket on a budget15 Best Things to Do in WalthamU.S. Begins Testing Online Passport Renewals, How You Can ParticipateTop 7 Must-See Attractions At The Newly Renovated Air And Space MuseumFAA Considers Increasing The Size Of Airline Seats, But It Has Nothing To Do With ComfortEat Your McDonald’s Before You Get On The Plane15 Best Things to Do in HaverhillYosemite Reopens Its Beautiful Mariposa Grove To Visitors8 Signs You Need for a Salary Raise & How to Talk to Your Boss About ItMy 7 Favorite Restaurants In Beautiful Dripping Springs, Texas13 Tips For Hiking Jenny Lake In Grand Teton National Park 14 Budget-Friendly Ways To Entertain Your Elementary-Aged Grandkids According To A Retired TeacherTop 15 Best Things to Do in Huntington, New York12 Reasons This Lesser-Known Malta Town Will Transport You To 1950s Italy15 Best Things to Do in RevereParts Of This National Park Closed Because Of A BearSeveral Caribbean Islands Dealing With Record Amounts Of Seaweed, The Problems It’s Causing For Tourists And Residents7 of the best things to do in Hoi An on a budgetLOOK: Philippine Tarsier Spotted in Tacloban City for the First Time EverA Guide to the Best Staycation Hotels in Manila6 Fabulous Reasons To Take A Side Trip To Croatia When You’re Visiting Italy7 Reasons You Should Visit Canada’s Beautiful Georgian Bay6 Reasons To Explore Concord, California On Your Next Visit To San Francisco9 Key Tips For Hiking To Gorgeous Ta-Taki Falls In Okinawa, JapanTop 15 Best Things to Do in Islip, New YorkHawaii County Follows Maui’s Lead, Decides To Ban These Types Of SunscreensUnique Sign In New Mexico Had Highway Drivers Doing Double-Takes15 Best Things to Do in AberdeenIt Now Costs $250 To See A Real-Life Dragon, Here’s WhyHeavy Rains Cause Extremely Rare 1,000-Year Event In Death Valley15 Best Things to Do in Havre de Grace15 Best Things to Do in Elkton11 Best Beaches in Vietnam You Must Know About11 Money Tips If You’re Not Earning Well Enough to Build a Travel Fund7 Fantastic Hotels For A California Summer ExperienceThe Houseboat Getaway Near Ottawa Perfect for the Whole Family22 Amazing Outdoor Adventures I Loved In New Zealand5 Fantastic Stops On A Missouri Road Trip From St. Louis To St. JosephFolks Are Flocking To New Mexico For A High Flying Milestone This October15 Best Things to Do in New CarrolltonSurprising Shark Discovery Found Thousands Of Miles From Its HomeWhat You Need To Know About Road Closures At This National ParkThird-Culture Kid Blues: My Experience as an Indonesian Who Grew Up in MalaysiaA Guide to Ukay-Ukay Shopping in and Near Metro Manila7 Historic French Brasseries You Must Visit In Paris7 Amazing Outdoor Activities To Experience In Big Sky, Montana In The SummerTop 8 Questions To Ask Before Moving To Costa RicaEverything You Need To Know About Visiting Qatar¡Felices fiestas! A guide to Spain’s best annual events17 Amazing Things To Do In Beautiful Austin, TexasFancy Feast Isn’t Just For Felines, Where You Can Dine On Cat-Inspired Cuisine Why October Is The Best Time To See Elk In This StateBorobudur Temple – The World’s Largest Buddhist TempleMantigue Island: Camiguin’s Little Jewel | LakwatseroThe Wave of Utah and Arizona: Where “Amazing” is Understatement | LakwatseroMonad ShoalHow to Get to Luna ApayaoTales From Sadanga: The Trek to Fowa-as Falls | LakwatseroAbout BatadHow to Commute to 21 Kilometers Coffee and Back#13 Himalayan Mountain Range (Nepal)NATAS Travel Fair 2022: Best Travel and Tour Package Deals!Batanes: Sweet Rendezvous With My Playground | LakwatseroNaked IslandThe GreeneryBalabac Sojourn: Immersion in Bugsuk Island | Lakwatsero1. Chocolate HillsHow To Get to BulalacaoSurprises in Naujan | LakwatseroNatnat BeachScuba Diving in Mantigue Island: Revisiting Underwater HomeLubang: En Route to Big Surprises | LakwatseroAbout Cuyo1. Fortune Island (Nasugbu, Batangas)Climbing Mount MitsutogeWaterfalls of Mount Romelo: Buruwisan, Batya-Batya & MoreSurigao: Scuba Diving in Mabua | LakwatseroRooms and RatesBud Bongao: The Revered Mountain of Tawi-Tawi | LakwatseroHow to Get to CoronGoing In and Out of PokharaVisita Iglesia in Manila: Nine Churches to VisitA Day Trip to Seven Falls of Lake Sebu | LakwatseroBataan: Dunsulan Falls, Ambon-Ambon Falls & Limutan FallsHow to Get to MoalboalHow to Get to Kansalakan Enchanted RiverDetour to Mainland Sablayan | LakwatseroWaterfalls in Real, Quezon: Cawayan, Balagba & Noknok FallsRuwanwelisaya StupaSan GabrielColibra Island: Dasol’s Island Hideaway | LakwatseroHow to Get to Malamawi IslandHow to Get to Maosonon IslandBalabac Sojourn: Bugsuk Island Stole My Heart | LakwatseroAttractions in Igorot Stone KingdomNacpan & Calitang: The Twin Beaches of El Nido | LakwatseroCalinawan CaveClimbing Mount Fuji: Frequently Asked Questions1. Tropical Four SeasonsMasasa Beach Travel RequirementsPacsafe Toursafe Wheeled Duffel: The Ultimate Urban Adventure Buddy | LakwatseroHow to Get to Mount KitadakeKiltepan View Deck (Sagada, Mountain Province)A Solo DIY Trek to Kawah Ijen of Indonesia | LakwatseroFirst Time in NAIA Terminal 1: Seriously, It’s Not As Bad As You Think! | LakwatseroHow to Get to Mount Cayabu and MaynobaTagbilat Falls: The Curtain Falls of Zamboanga SibugayHow to get to Quitinday Falls and Underground RiverPaoay Church: UNESCO World Heritage Site in Ilocos NorteThe Island in FocusBicycle Diary: Kaybiang Tunnel Loop | LakwatseroSelf Guided 6D/5N Annapurna Base Camp TrekA Weekend of Ultimate Adventure in Baler | LakwatseroHow to Get to Camotes IslandsHail to Hulugan FallsIloilo: Where to Indulge in the City of LoveIntroducing SibaltanHow to Get to Kabutongan FallsHow to Get to Calinawan CaveAbout CaramoanHow to Get to Cabagnow Cave PoolFive Hours in Jakarta: A Walk in the Old Batavia (And Misadventures in Jakarta) | LakwatseroRacuh a Payaman (Marlboro Hills)Machu Picchu HouseAbout LubangHow to Get to Nagpatong Rock by Public Transport:A Glimpse of Manila Metropolitan Theater | LakwatseroAbout LunaAbout Capul IslandAlalum Falls: Shared Majesty of Sumilao and Impasug-ongSnake IslandZunsibarPico de Loro Frequently Asked Questions (FAQs)Tulay na Bato Falls48 Hours in Brisbane: A Quick Guide & ItineraryAbout BiriTales of a True Wanderer: The Joys and Pains of Solo Travel | LakwatseroWelcome to Surigao del SurMt. Palay-Palay  National ParkAbout PagudpudFive Levels of Aguinid FallsIntroducing San Pascual, MasbateMount Manmanoc ItineraryAdventures in Fortune Island of Nasugbu | LakwatseroNext Level Mobile Photography with Sony Xperia XZ1 | LakwatseroScuba Diving in Siargao: Discovering the Underwater Treasures of Daku Island | LakwatseroAbout Davao CityHow to Get to AndaJanuary: Cebu & IloiloHow to Get to Mines View ParkKamay ni Hesus: Pilgrimage Site in Lucban | LakwatseroPoon Hill: Three Days of Himalayan AdventureCalvary Hill Cemetery of SagadaHow to Get to TambobongMilford SoundTen Things To Do in Sagada: Bucket List for NewbiesDahoyhoy FallsPilot for a Day: The Ultra Light Aircraft Experience | LakwatseroReal Coffee and Tea Cafe of Boracay | LakwatseroGhorepani Poon Hill TrekAbout Maniwaya IslandHow to Get to Binanga FallsPalo Alto Falls of Baras, Rizal | LakwatseroExplore Moscow: Best Things to Do in the City | LakwatseroStairway to HeavenMount Guiting-Guiting Overnight Trek Complete ItineraryCape Melville LighthouseLa Cathedral Café: Restaurant with a View in IntramurosKapurpurawan Rock Formation: White and BeautifulDay Hike ItineraryThe Sandbox at AlvieraHow to go to Mararison IslandA Weekend of Adventures in South Cebu and DumagueteCalayan Island: A Virtual Diary of Our Epic Journey | LakwatseroFaro de Isla Jintotolo (Jintotolo Island Lighthouse)Low’s PeakAbout Taal VolcanoHow to Get to Mag-aso Falls of BoholSamar: Biri Rock Formations Up Close | LakwatseroBonbon BeachIntroducing Jomalig IslandAbout Cotabato CityAbout TabukLeyte Landing Memorial: A Memorial for a Fulfilled Promise | LakwatseroSilyang Bato, Mount MaramiPanimahawa Ridge and Cedar Falls Day Hike ItineraryFun in the World’s Best IslandSample Albay ItinerariesMagpupungko Beach and Tidal Pools6 Tips for Living in the Philippines | LakwatseroDaraga Church: The Nuestra Señora dela Porteria ChurchTulgao Rice TerracesCape Melville Lighthouse (Faro del Cabo Melville)Canyoneering to Kawasan FallsLake FewaLong Weekend: Five-Day Suggested Itineraries in Luzon | LakwatseroAbout CaponesThe Wichcraft Café of Zamboanga City | LakwatseroHow to Get to GuiuanAll-Female FloorHow to Get to Neri’s VilleDiotay’s EateryShort but Sweet Melaka Getaway | LakwatseroHow to Get to Tinuy-An FallsOslob: The Lost Grandeur of Tumalog Falls | LakwatseroIlocos ItineraryDitumabo Falls: The Mother Falls of San Luis, Aurora!Biking in Kalinga: Trek and Bike to TabukParadise Garden: A Haven for Sea TurtlesSiargao: Magpupungko Beach and Tidal Pools | LakwatseroAbout Bucas GrandeCoral GardenSagadaA Walk in Sangay Siapo Island Before it is Gone? | LakwatseroAmbaguio-Akiki ItineraryCorregidor Island Lighthouse (Faro dela Isla de Corregidor)Faro de Punta de Malabrigo (Malabrigo Point Lighthouse)About CulionNaidi Hill LighthouseBoquete IslandHow to Commute to Temple of LeahCatanduanes: The Heritage Church of Bato | Lakwatsero1. White Water Rafting or KayakingMount Fuji Overnight Climb ItinerarySip & Gogh Paint Studio: Unleash Your Inner Van Gogh | LakwatseroBatanes ItineraryHow to Get to Quitinday HillsAbout Callao CaveDiscover LakawonBiking to Taal: A Fun Ride to Batangas’ Heritage TownAntique Blooming: The Rafflesia of San RemigioMalasimbo Lights and Dance FestivalBacolod ItineraryPoon HillAttractions in Mirador Heritage and Eco ParkHulhumale Public BeachRomblon Island: Bonbon Beach, Tiamban Beach & MoreAdventure in Sabah: White Water Rafting in Padas River | LakwatseroHow to Get to Hinakpan Mystical HillsWelcome to Lake SebuAbout CasiguranAbout BuscalanHow to Go to Kalanggaman IslandFaro de Cabo Bojeador (Cape Bojeador Lighthouse)Backpacking Maldives: Budget Itinerary, Expenses & TipsHow to Get ThereOffbeat Bohol Itinerary: 3D/2N of AdventuresHow to Get to Tawi-TawiAlona BeachPangilatan Falls: The Forgotten Gem of Tapaz, CapizWorld War I: SMS Cormoran II3D/2N Taiwan Itinerary: Taipei – Yehliu – ShiffenLaos for Backpackers: Getting There on a BudgetBasic RequirementsHow to Get to Antong FallsCathedral CaveHow to Go to Gubat, SorsogonAbout SadangaHow to Get to Bugui Point LighthouseHow to Get to Cabra Island LighthouseCebu Itinerary: Three-Day Adventures in the SouthAbout AndaLuna: A Day in the Show Window of Apayao | LakwatseroMargues Blue LagoonFinding Palaui’s Cape Engaño Lighthouse | LakwatseroHow to Get to Mantayupan Falls of Barili, CebuHow to Get to MaligcongLinapacan Islands: Between Paradise | LakwatseroKLIA to KLCCHow to Get to JomaligBanaug ShoalEspadang Bato – Payaran Falls Day Hike Itinerary10 Remarkable Philippine Destinations for Solo TravelMiagao Church: A UNESCO World Heritage Site in IloiloAbout Carbin ReefAbout Parola IslandCabra WreckageCobra Falls: Ozamiz City’s Best Kept SecretBasco: The Chapel on the Hill of Tukon | LakwatseroBack in Kathmandu’s Lovely Mess | LakwatseroHimalayan Adventure: Kathmandu to Pokhara Overland | LakwatseroItineraryChinatown Vancouver (Stop #23)Situbo Falls: Tampilisan's Awesome SurpriseHow to Get to Inambakan FallsTuasan Falls: Another Camiguin’s Charmer | LakwatseroHow to Get to Lake SebuMarinduque Loop: Biking in the Heart of the Philippines1. Batanes: A Piece of HeavenMe Gusta Sunzibar Tacloban! | LakwatseroHitachi Seaside Park: Quick Guide from Tokyo and NaritaBeautiful Islands and BeachesSunzibarTrekking NotesSnapshot: In Love with Batulao | LakwatseroPalaui IslandHow to Get to Mount PinatuboBicycle Diary: The Ride to Infanta | LakwatseroSwimHow to Get to Osmeña PeakDaranak Falls of Tanay Rizal | LakwatseroHow to Get to Stobosa Hillside Homes ArtworkSurf or Learn to SurfDIY Solo and Self-Guided Trek to Annapurna Base CampBatanes by Bike: North Batan Tour | LakwatseroThe BeachSta. Cruz Grande IslandBasilica de San Martin de ToursBaguio Budget Stay: Upstairs Bed & Bath | LakwatseroBiking in Batanes: Batan Island Loop | LakwatseroCandaba Bird SanctuaryCape EngañoAbout HungduanIligan Tourism Triangle: Mimbalut, Tinago & Maria CristinaAbout Jose PanganibanCadapdapan Rice TerracesHow to Get to Casaroro FallsKiltepan: Sagada’s Best Sunrise | LakwatseroBeguet: Colorado Falls of Tuba | LakwatseroFollow the Call of the Great Outdoors: Go Out & Get More | LakwatseroSanga-Sanga ReefMasbate City: Where to Eat in the City | LakwatseroAbout Carabao IslandRain Vortex at the Jewel of ChangiPacsafe Venturesafe 65L GII Travel PackIrakoWhere to Stay in CarmenHow to Get to Tangadan FallsHow to Get to Samal IslandEverest Base Camp Trek: Into the Dream ZoneTop Things To Do in Gangwon-do: Korea’s Adventure ProvinceJomalig: The Golden Sand of Salibungot Beach | Lakwatsero1. Tubbataha Reefs (Cagayancillo, Palawan)IitineraryAbout Anini-yNacpan BeachAbout Legazpi CityHow to Get to Shifen FallsScuba Diving in Pearl Island of Guiuan, Eastern SamarHow to Get to Nagtabon BeachSiargao Travel RequirementsHow to Go to TanayHow to Get to Garin FarmDay 1: Paoay and San Nicolas (Ilocos Norte)Nueva Vizcaya Weekend ItineraryHow to Climb Mount HamiguitanHow to Get to Santa Cruz IslandMount TalamitamHow to Get to Sambawan IslandBacuit Grill12 Places to Satisfy Your Affogato Cravings in the MetroLion’s RockVictoria HarbourCoronPicture Perfect: The White Island of Camiguin | LakwatseroPanglao: Alona’s Allure | LakwatseroSecrets of the Lakeside: The Waterfalls of Laurel & TalisayMiyaru FaruMemorial Temple of Lord BaoHotel Siesta ShibuyaHow to Get to Tinago FallsSimunul Island: The Birthplace of Islam in the Philippines | LakwatseroBalabac: Onuk Island, Pink Beach & Melville LighthouseBike Diary: Bike and Trek to Buscalan (Mount Polis – Bontoc – Buscalan) | LakwatseroTagaytay (Cavite)Yearend Adventure with Pacsafe Venturesafe 25L GII | LakwatseroFavorite Beach: Punta Sebaring of Bugsuk Island, BalabacWelcome to Apo Reef & Pandan Island!The Ruins of A FamosaHow to Get to Canyoneering SitePacsafe Ultimatesafe Z28, My Newest Ultimate Travel Buddy | Lakwatsero