大谷、惜しい45号 推定136メートル大ファウル 中継局実況は絶叫「そのまま!」

© デイリースポーツ 大谷翔平(提供・共同通信社)

 「ホワイトソックス3-9エンゼルス」(16日、シカゴ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が「3番・指名打者」で出場し、4打数2安打1死球。9戦ぶり、今季35度目のマルチ安打で打率を・256とした。注目の本塁打王争いは5戦連続不発で、3戦連発45号でトップのゲレロ(ブルージェイズ)に並んだペレス(ロイヤルズ)と1本差のまま。チームは2連勝。

 打順組み換えで5月16日のレッドソックス戦以来、4カ月ぶりに3番で起用された大谷。初回の打席は右腕ロペスから一塁線へのゴロ打球が一塁ベースに当たる幸運な内野安打を放って3戦ぶりに「H」を記録した。

 2点リードの三回2死の場面は空振り三振。ツーボールから156キロ速球を空振りし、ボール一つを挟んで内寄り156キロをファウル。最後はフルカウントから真ん中156キロにバットは空を切った。

 五回は先頭で2番手左腕フライから二塁内野安打。カウント1-1から外角カットボールをバットの先で捉え、一、二塁間深くに飛んだ打球で一塁を駆け抜けた。

 その打席では惜しい打球もあった。初球、内角高めの直球を振り抜き、右翼ポール際へ大ファウルを放った。ここまで4戦不発でトップのゲレロとペレスを1本差で追っている。大きな放物線を描いた打球にエンゼルスの中継局実況は「そのまま、そのまま、フェアゾーンで45号だ。きわどいファウルボールでした」と祈るように絶叫。推定飛距離を445フィート(約136メートル)とし、大谷の打球を手にした観客の映像を見ながら「あの観客はお土産のファウルボールが飛んでくるなんて考えもしなかったのではないでしょうか」と言って、解説者を笑わせていた。

 七回の打席は4番手右腕ルイーズに空振り三振。カウント1-2から外角のボール球になる138キロカーブを捉えることはできなかった。

 6点リードの九回2死の打席は6番手右腕ライトから死球を受けた。初球をファウルにした後、2球連続で体に近いボール。4球目の145キロ直球が右ふくらはぎ付近を直撃した。2日前の同カードではホワイトソックス6点リードの九回にホワイトソックスの主砲アブレイユがエンゼルス投手から左腕に死球を受けた“伏線”があったことから、審判団は危険球と見なし、同投手を警告なしの一発退場。抗議に出たラルーサ監督もい暴言で退場処分となった。

 大谷はうつむいて痛みに耐える仕草を見せたが、一塁へ歩き、プレーを継続。塁上では敵軍一塁手と談笑する場面もあった。

Internet Explorer Channel Network
News Related
  • 材料たったの3つ。イギリス生まれの冷たいデザート「レモンポセット」【旅するレシピ】

    © ハフポスト日本版 セネガルの煮込み料理「プレヤッサ」を紹介した前回に続き、今回もレモンを使ったレシピです。イギリスに古くから伝わるお菓子「レモンポセット」の作り方を紹介します。 シェイクスピアのお話にもたびたび登場するこの伝統菓子は、さっぱりとした味わいなのに生クリームが濃厚で、ムースやプリンのようなとろんとした食感の冷たいデザートです。 このレシピを知ったのはいまから5年ほど前、私が経営するワインバーのお客様に「何かデザートがあったら嬉しいな、あなたの作るデザートが食べてみたい」と言われたことがきっかけです。 実を言うと、私はあまり洋菓子を作りません。餡子は大好きなので自分でよく炊くのだけど、洋菓子はどうも苦手で…。お菓子作りって少し難しいイメージがありませんか? 分量や温度をレシピ通りに寸分違わずきっちりと量らないといけない気がして、ざっくり派の私にはちょっとハードルが高く思えて。 とはいえ、食後にデザートが食べたいお客様の気持ちもよく分かるし、「さてどうしようかな…」と思っていた矢先に出合ったのがこのレモンポセットでした。私のようなめんどくさがり屋でもコレならやれるかも、と思ったんです。 なぜなら材料はたったの3つ。そして実際に作ってみると、予想通りでまあ簡単。ざっくり派の私のためにあるようなシンプルレシピでした。 あともう一つ良いところは、上にのせるもので表情が変わるところです。このデザートは、お茶にもお酒にも合わせられるのが魅力なんです。 © ハフポスト日本版 一番のおすすめは、カカオニブ。カカオニブとは、ローストしたカカオ豆の外皮を取って4〜5mmくらいの粒にしたもので、お砂糖を加える前のチョコレートといえばわかりやすいでしょうか。甘くはないけれど、カカオの香りとともにほんのり酸味も感じられるスーパーフードです。 その苦味と酸味とパリパリとした食感がレモンポセットとの相性ピッタリ。コーヒー紅茶はもちろんですが、赤ワインやウイスキーともよく合います。続く二番目のおすすめは、餡子(写真)です。こちらも緑茶はもちろん、赤ワインにも合います。 © ハフポスト日本版 ほかにはオレンジやブルーベリーなどのフレッシュフルーツや、ジャムをのせてもよし。ぜひお気に入りのトッピングを見つけて楽しんでみてください。 では、作り方を紹介しますね。材料にロスを出さず、しかも覚えやすい分量にしていますので、必ず大さじをご用意くださいませ。 <用意するものと、あると便利な道具> ⚫️材料:レモンポセット(直径60mmの容器6個分) ・生クリーム(脂肪分35%、1パック200mlのもの) 2パック(※1) ・レモン 1個、またはレモン果汁 大さじ3 ・砂糖 大さじ3 ※1…脂肪分が高いものを使うと、より固めのものが出来上がります。 ⚫️あると便利な道具 ・ミルクパン(テフロン加工だと洗いやすいです) ・細めのゴムベラ(かき混ぜるのも、鍋肌の液体をとるのにも便利) ・大さじ <つくり方> 1. 鍋に生クリームと砂糖を入れ、ゴムベラで軽くかき混ぜながら弱火でしばらく温める。 2. 砂糖が溶けて生クリームの表面がふつふつと沸騰してきたら、鍋の中にレモン果汁を加える。 3. ゴムベラで全体をよくかき混ぜたら火を止める。 4. 器に3を流し入れたら、粗熱を取るために10分ほど常温で放置する。 5. 器にラップをして冷蔵庫で冷やす。3時間〜ひと晩ほど冷やせば出来上がり、冷蔵庫で保存すれば3日は日持ちします。(※2) ※2…温度差でラップに水滴が付きますが、水滴をつけたくない場合は、4の時間を長めにしてできるだけ常温に冷ましてからラップをするようにしましょう。 © ハフポスト日本版 (文:さんさん 祐子 編集:毛谷村真木/ハフポスト日本版)

    See Details: 材料たったの3つ。イギリス生まれの冷たいデザート「レモンポセット」【旅するレシピ】

  • アフガンのモスク爆発、「イスラム国」が犯行声明…死者47人に

    © 読売新聞 アフガニスタン南部カンダハルで、爆発があったモスクの内部(15日)=AP  【テヘラン=水野翔太】アフガニスタン南部カンダハル市のモスク(イスラム教礼拝所)で15日に起きた自爆テロとみられる爆発について、AP通信は、死者が47人に上り、70人がけがをしていると伝えた。ロイター通信によると、イスラム過激派組織「イスラム国」が15日、系列のアマク通信を通じて犯行声明を出した。  モスクにはイスラム教シーア派の住民約3000人が、金曜礼拝のため集まっていた。シーア派はスンニ派の「イスラム国」から異端視されている。  アフガンを実効支配するイスラム主義勢力タリバンのザビフラ・ムジャヒド報道官は15日、ツイッターに「民間人を狙った大犯罪だ」と投稿し、摘発に全力を挙げていると強調した。  カンダハルはタリバンの本拠地として知られる。タリバンがアフガンの実権を握ってから2か月がたつが、治安が十分に保たれていない状態が続いている。

    See Details: アフガンのモスク爆発、「イスラム国」が犯行声明…死者47人に

  • 平均年金「16万円」だが…“消えた所得倍増”で悲惨さ増す今、老人ホームの請求額に日本人撃沈

    「所得倍増」をめぐり、世間が揺れています。私たちの所得、そして年金はどうなるのか。厚生労働省『2019年国民生活基礎調査』などをもとに見ていきます。 【関連記事】年金「月28万円」の両親…老人ホームの請求額に息子は絶句【介護のプロが解説】 「所得倍増」含有する意味合いにズレがあった? 「文字通りの『所得倍増』というものを指し示しているものではない」 昨日の山際経済再生担当大臣の発言を受け、世間は騒然となりました。Twitterでは「所得倍増」がトレンド入り、Yahoo!ニュースも主要トップに同話題を掲載するなど、混沌の様相を見せています。 厚生労働省『2019年国民生活基礎調査』より所得分布を見ると、「200~300万円未満」が13.6%、「300~400万円未満」が12.8%、「100~200万円未満」が12.6%と、所得300万円未満の世帯が最も多くなっています。中央値は437万円。 「全世帯」の平均所得金額は552万3000円であり、平均額以下の割合は61.1%と過半数を超えています。平均値が倍増……なら、1000万円を超えることになります。 自身の所得を顧みて、改めて夢物語と感じてしまう人もいるかもしれません。特に現役を引退した高齢者の方にとっては、現在の月の所得といえば年金が主たるものになるわけですから、余計に現実を「直視しすぎて落胆する」事態に陥りかねないでしょう。 厚生労働省『令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』によると、80~84歳の高齢者が受け取っている平均年金額は、厚生年金が月16万575円、国民年金が月5万6572円。85~89歳では、厚生年金が月16万3489円、国民年金が5万5175円です。 日本の年金は3階建てですから、サラリーマンとして勤め上げた方の場合、おおよそ21万円ほどの年金を受け取る計算になります。ローンを完済した持ち家に住んでいれば、この収入は安定した生活をもたらすかもしれません。しかし、現実はそうはいかないものです。 老人ホームが広く知られるようになった今、ゆくゆくの入居を考えている人も少なくないでしょう。では、実際のところいくらかかるのか?

    See Details: 平均年金「16万円」だが…“消えた所得倍増”で悲惨さ増す今、老人ホームの請求額に日本人撃沈

  • 知韓派・河村建夫議員、今月末に政界引退

     日本の政権与党・自民党の代表的な知韓派の1人とされる河村建夫(78)元官房長官が政界を引退することがわかった。読売新聞など日本の主要メディアは15日、「河村建夫元官房長官が今月末の衆議院議員選挙への出馬を断念し、引退する意向を固めた」と一斉に報じた。  日本メディアの報道によると、自民党本部は今月31日に予定されている衆議院選挙山口3区で河村氏を公認しない方針を前日本人に伝えた。河村氏は山口3区で衆議院議員を10期務め、今回の選挙でも「現職優先」の原則を前面に出し出馬に意欲を示していた。  しかし自民党は岸田首相と同じ派閥の宏池会に所属する林芳正・元文部科学大臣(60)の公認を決めたため、河村氏は出馬を断念し引退する意向を固めたという。自らの地元後援会にも「党の方針に従う」との考えをすでに伝えたようだ。自民党は河村氏が地盤を相続させようとした長男の建一氏(45)の比例代表擁立を検討している。  河村氏は日韓議員連盟の幹事長を務めるなど日本の政界では代表的な知韓派議員として知られ、両国関係が困難な状況にある時もメディアの前で韓日交流や友好増進の拡大などを訴えてきた。日本で開催される韓国関連の主要な行事には必ず出席し、日本にいる韓国の政財界関係者らと友好な関係を築いた。韓国を複数回直接訪問し、知日派の政治家などと韓日関係の懸案について積極的に意見を交換してきた。昨年10月にも来韓し、韓国側の与野党代表と強制徴用問題の解決策について意見交換したという。そのため河村氏の引退をめぐって韓国側では「硬直した両国関係を仲裁できる重要なパイプが一つなくなった」との懸念も出ている。

    See Details: 知韓派・河村建夫議員、今月末に政界引退

  • 道路脇で「カチカチ…」する人は日給3万円? 廃止傾向の交通量調査員は何してる?

    交通量調査員の廃止の理由とは?  街中で、道路脇に設置した椅子に座って、カウンターで人やクルマの流れを調査する人を見かけることがあります。    これは、交通量調査と呼ばれるものですが、国土交通省は2021年の秋から人手による調査を廃止することを発表しました。 【画像】めったに見れない!高速料金所の中はどうなってる?(20枚)  国として大々的におこなわれているのは、「道路交通センサス」と呼ばれる全国道路・街路交通情勢調査です。  この調査は5年おきに、道路の計画や建設、維持修繕そのほか管理の基礎資料を得ることを目的におこなわれています。  道路交通センサスには、「自動車起終点調査(OD調査)」と「一般交通量調査」の2種類の調査があります。  一般交通量調査はさらに3種類に分類されており、車線数や車道幅員、交差点などの設置状況を調査する「道路状況調査」、特定の区間での交通量を調査する「交通量調査」、道路を走行するクルマの平均速度を調査する「旅行速度調査」が存在。  街中で見かけるのは、一般交通量調査のうちの「交通量調査」であることが一般的です。  道路交通センサスでの調査は、2020年に実施が予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で1年遅れの2021年秋に調査がおこなわれました。  その一方で、国土交通省は2021年秋から人手による調査員を廃止することを公表していますが、これにはどういった理由があるのでしょうか。  国土交通省の道路企画課の担当者は以下のように話します。 「今後は技術の進展や効率化をしていく必要があり、技術の活用としてAI観測を導入することになりました。  機械を用いて観測をおこなうことで、5年に1度ではなく常時カウントもできるようになるのは利点かと思います」  すでに今秋から人手観測を廃止し、CCTVカメラを導入したAI観測がおこなわれています。  国土交通省が発表している「CCTVカメラ(AI解析)の精度に関する報告」の資料では、常設されている通過するクルマの台数を数えるシステムであるトラフィックカウンターと比較した際にも、車種区分の細分化や二輪車・歩行者への対応といった高度化の可能性が検討されています。  一方で、今後の課題について前出の担当者は「昼間に比べて、夜や天候が悪い際はカメラの精度が悪くなってしまうので、今後精度向上についての取り組みを検討していく予定です」と話しています。  今後、CCTVカメラの精度向上の取り組みがなされることで、よりAI観測による交通量調査の普及が拡大していくといえます。

    See Details: 道路脇で「カチカチ…」する人は日給3万円? 廃止傾向の交通量調査員は何してる?

  • 宇宙が迎えるのは「気が滅入るような結末」──科学者が予測する「熱的死」とは

    理論宇宙物理学者のケイティ・マックは、宇宙が最後を迎える5つのシナリオを提示している。そのなかで最も可能性が高いのが「熱的死」だという。それは、いったいどのようなものなのか。わかりやすい説明で人気を集める若手科学者が解説する。 【画像】悲しすぎる宇宙の最後 ケイティ・マックは、新著『宇宙の終わりに何が起こるのか』で、至難の業ともいえる2つのことを成し遂げている。 1つ目。宇宙の終わりについて、読んでいて気が滅入ったりしない、颯爽とした文章で解説していること。 そして2つ目。宇宙論、弦理論、さらに量子力学の概念を取り上げ、わかりやすく紹介したこと。 ここまで率直に語ることのできる才能は、40万人を超えるマックのツイッターのフォロワーにとって馴染み深いものかもしれない。ノースカロライナ州立大学で助教授を務める40歳の宇宙論研究者は、いまや人気ナンバーワンの科学の語り部の一人となったのだ。 宇宙は「熱的死」で最期を迎える ──どうして「宇宙の終わり」について書こうと思ったのでしょう? 「宇宙の始まり」に関する本はたくさんありますよね。私もそういう本を何冊も読んでいるし、「私たちがどこからきたのか」という問いには興味をかき立てられます。ところが、「宇宙の終わり」をテーマとする本はほとんどありません。 それで、宇宙の始まりとは「反対側の端」を探ってみたくなったのです。それに「物理的な存在の最終的な破壊」について研究するのは素晴らしいと思うんです。 ──『宇宙の終わりに何が起こるのか』では、その「宇宙の終わり」について、5つのシナリオを紹介しています。そのうち最も可能性が高いのは「熱的死」だ、ということです。熱的死ではどんな結果になるのでしょう? 熱的死というのは──ある意味、最も気が滅入るような終わり方です。実際この話をすると、聞いている人たちが本当に悲しくなるのがわかるんですよ。 私たちの暮らすこの宇宙は膨張しています。それは「銀河や銀河団などの大規模な構造どうしのあいだの空間が、どんどん広がる」かたちで進んでいるのです。 そして1000億年ぐらい経つと、ほかの銀河は全部、私たちの銀河系から途方もなく遠く離れてしまい、さらに、ものすごいスピードでぐんぐん遠ざかっていく、という状況になります。それらの銀河を見ることはもはやできなくなってしまうでしょう。 これが第一段階です。さらに時間が経つと、宇宙はますます空虚になっていきます。そして最後には、この冷たく暗い、空っぽな宇宙のなかに我々がぽつんと存在して、周囲にはごくわずかな背景放射──つまり「宇宙の廃“熱”」しかない状態になってしまうでしょう。 ですから、「“熱”的死」と呼ばれるんです。ほとんどすべてが崩壊してしまって、残っているのは、この無秩序な放射だけ。そしてそれは、宇宙のすべてのプロセスの廃熱にほかならないのです。 ──なるほど、それは気が滅入りますね。 本当に。講演会で熱的死について話さなければならないとき、最前列の人が頭を抱えたり、世界に対するすべての希望を失くしたような顔をしたりするのを見てきました。 子供向けのポッドキャストで話したことが何度かあります。あるとき、熱的死について説明していたら、ポッドキャストのホストに遮られ「これは子供にふさわしい話題とは思えません」と言われてしまって……。私は「えっ、そんな!」って、戸惑ってしまいました。

    See Details: 宇宙が迎えるのは「気が滅入るような結末」──科学者が予測する「熱的死」とは

  • 「DV被害者だった私が、夫に包丁を向けた瞬間」~女たちの事件簿Vol.2~

    過剰な愛情表現によって人生を壊されかけた女性の話 大切な人からの愛情表現は本来かけがえのないものである。 しかし、愛情過剰により引き起されるのがモラハラ、そしてドメスティックバイオレンス(DV)だ。そんな普通ではない愛情表現に、人生を壊されかけた女性がいる。 「私、トロフィーワイフなの」という女の素顔とは? ~女たちの事件簿Vol.1~ 現在45歳の祐子。実年齢よりも上に見えるのは、やはり長きにわたる精神的、身体的な苦しみが歴史の一部として顏に刻み込まれているからなのだろうか。 祐子の苦しみ。それは、長年にわたる元夫からの言葉の暴力と身体的な暴力、ドメスティックバイオレンス(DV)によるものだった。 夫の変化に気づき始めたのは結婚して二年が経った頃。自分の価値観以外は認めないという、自己中心的な発言や振る舞いからだった。そして、その行動は息子が生まれてから、一層酷くなっていくのだった。 決め台詞は「お前のため」 子供が生まれてからも、家事、育児には積極的に参加してくれていた夫。真面目な性格で、物事を自分の思うように進めたいという気持ちが人一倍強いタイプ。 家はキレイじゃなくてはダメ! スケジュール通りに物事が進まないとダメ! そして、ダメだしの後に必ず言うセリフが「何もできないお前のために、俺が家事の正しいやり方を教えてあげているんだぞ!感謝しろよ」だった。 いわゆる『モラハラ』だ。しかし、祐子はこの時の心境を「何もできない私に親身になって本気で色々なことを教えてくれている。そんな風に感じていました」と語る。 まさに洗脳だ。   息子が生まれ、生活が子ども中心になるにつれ、自分の思い通りにできないことがどんどん増えていく毎日。妻は息子にかかりっきりで、自分の相手はしてくれない。そんな日々に夫は苛立ちを募らせ、怒りを爆発させるようになっていった。 なかなか眠らない息子に苛立ち、「いつまでやってるんだ! 寝かせつけられないお前が悪い!」と罵声を浴びせる夫。祐子は「お願いだから」とつぶやきながら、必死に泣きじゃくる息子をあやした。次第に、いびつな愛で形作られた夫の刃は息子にも向けられるようになっていった……。そして祐子は徐々に気づき始めたのだ。彼の狂気に満ちた愛情に。

    See Details: 「DV被害者だった私が、夫に包丁を向けた瞬間」~女たちの事件簿Vol.2~

  • 巨人ドラ2の投球数に心配の声 「投手酷使」は減った?近年のデータで浮かぶ“新たな傾向”

    © AERA dot. 提供 ロッテの佐々木朗希(c)朝日新聞社  10月11日にプロ野球のドラフト会議が行われたが、指名された選手の1人がにわかに話題となっている。巨人から2位指名を受けた山田龍聖(JR東日本)だ。  ドラフト当日は都市対抗の東京都第3代表決定戦が行われており、3番手で登板した山田は9回1/3を投げて10奪三振の好投を見せたものの延長18回に決勝点を与えて敗戦。そして翌日の第4代表決定戦でも8回から5番手で登板し、3イニングのロングリリーフをこなしたのだ。山田の活躍もあってチームは都市対抗の出場権を獲得したが、2日間で投じた投球数は合わせて197球。この結果に巨人ファンからは山田の酷使を心配する声が上がった。  社会人野球にとって都市対抗野球は最大の目標であり、出場権をかけた予選ではエース格の選手が連投することも珍しくない。また、プロのように多くの試合を投げ続けているわけではないだけに、この2試合だけで酷使と批判するのは早計だが、プロ野球では見られない起用に普段社会人野球に触れることのないファンには驚きだったようだ。逆にそれだけファンの間でも投手起用には敏感になっているということだが、では果たしてプロ野球の投手起用は近年どのように変化しているのだろうか。  まず2010年以降200イニング以上登板した投手と、その年最もイニング数を投げた投手を調べてみたところ以下のような結果となった(所属は当時)。 2010年:6人 前田健太(広島):215回2/3 2011年:7人 ダルビッシュ有(日本ハム):232回 2012年:2人 前田健太(広島):206回1/3 2013年:2人 金子千尋(オリックス):223回1/3 2014年:2人 メッセンジャー(阪神):208回1/3 2015年:2人 大野雄大(中日):207回1/3 2016年:0人 則本昂大(楽天):195回 2017年:0人 マイコラス(巨人):188回 2018年:1人 菅野智之(巨人):202回 2019年:0人 千賀滉大(ソフトバンク):180回1/3 2020年:0人 大野雄大(中日):148回2/3  昨年極端に少ないのはコロナ禍で試合数が少なかった影響だが、それを差し引いても明らかに減少傾向なのがよく分かる。今年も両リーグトップの山本由伸(オリックス)が10月14日終了時点で178回2/3となっており、日程的なことを考えても200イニング達成は現実的ではない。  投手として最高の名誉と言われる沢村賞は先発完投型の投手を対象としており、7項目ある基準には200イニング以上登板、10完投以上というものがあるが、2010年以降でこの2つを満たすことができた受賞者は2011年の田中将大(楽天・226回1/3・14完投)と、2018年の菅野智之(巨人・202回・10完投)の2人だけである。2019年には沢村賞の該当者なしとなっており、基準の変更も議題に挙がっているが、先発投手がフル回転する時代ではなくなっていることは明らかと言えるだろう。  以前と比べて変化が見られるのはエースクラスの投手だけではない。ルーキー、若手に対しても慎重な起用法が目立つようになっている。今年は伊藤大海(日本ハム)、早川隆久(楽天)、伊藤将司(阪神)などルーキーが目立つが、伊藤大海と早川は大学卒、伊藤将司は社会人からのプロ入りであり、アマチュア時代の経験も豊富な投手たちである。  高校卒では2年目の宮城大弥(オリックス)が多く起用されているが、それでも優勝争いをしている10月に疲労を考慮して一度登録抹消して調整期間を設けている。宮城と同期の奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の2人にいたっては、かなりこまめに登録抹消して状態を見ながら起用していることがよく分かる。高校卒業時点での完成度や体力、プロ野球のレベルの上昇などを考えると単純に比較することはできないが、今年引退を表明した松坂大輔(西武)や田中将大(楽天)、藤浪晋太郎(阪神)などが1年目、2年目からフル回転していたことを考えると、若手投手を守ろうという姿勢は強くなっているように感じる。  佐々木が高校3年夏の岩手大会決勝で登板回避した時には大きな議論となり、更に昨年一軍に帯同しながらもなかなか実戦登板しない首脳陣の方針に過保護ではないかという意見も多かったが、10月14日のオリックスとの天王山でのピッチングを見て、その方針は間違っていなかったと感じたファンも多かったはずだ。前述したように体力面や成長時期には個人差があり、誰でも慎重に起用すれば良いというものではないが、長く活躍するためにどうすべきかということに目が向き始めたのは野球界全体でもプラスではないだろうか。より長い期間、高いパフォーマンスを発揮する選手が更に増えることを望みたい。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員

    See Details: 巨人ドラ2の投球数に心配の声 「投手酷使」は減った?近年のデータで浮かぶ“新たな傾向”

  • 独立リーグからプロ入り「1%の狭き門」挑んだ ダルも注目した逸材・植田拓と155キロ左腕・石森大誠

    © AERA dot. 提供 ロッテの佐々木朗希(c)朝日新聞社  10月11日にプロ野球のドラフト会議が行われたが、指名された選手の1人がにわかに話題となっている。巨人から2位指名を受けた山田龍聖(JR東日本)だ。  ドラフト当日は都市対抗の東京都第3代表決定戦が行われており、3番手で登板した山田は9回1/3を投げて10奪三振の好投を見せたものの延長18回に決勝点を与えて敗戦。そして翌日の第4代表決定戦でも8回から5番手で登板し、3イニングのロングリリーフをこなしたのだ。山田の活躍もあってチームは都市対抗の出場権を獲得したが、2日間で投じた投球数は合わせて197球。この結果に巨人ファンからは山田の酷使を心配する声が上がった。  社会人野球にとって都市対抗野球は最大の目標であり、出場権をかけた予選ではエース格の選手が連投することも珍しくない。また、プロのように多くの試合を投げ続けているわけではないだけに、この2試合だけで酷使と批判するのは早計だが、プロ野球では見られない起用に普段社会人野球に触れることのないファンには驚きだったようだ。逆にそれだけファンの間でも投手起用には敏感になっているということだが、では果たしてプロ野球の投手起用は近年どのように変化しているのだろうか。  まず2010年以降200イニング以上登板した投手と、その年最もイニング数を投げた投手を調べてみたところ以下のような結果となった(所属は当時)。 2010年:6人 前田健太(広島):215回2/3 2011年:7人 ダルビッシュ有(日本ハム):232回 2012年:2人 前田健太(広島):206回1/3 2013年:2人 金子千尋(オリックス):223回1/3 2014年:2人 メッセンジャー(阪神):208回1/3 2015年:2人 大野雄大(中日):207回1/3 2016年:0人 則本昂大(楽天):195回 2017年:0人 マイコラス(巨人):188回 2018年:1人 菅野智之(巨人):202回 2019年:0人 千賀滉大(ソフトバンク):180回1/3 2020年:0人 大野雄大(中日):148回2/3  昨年極端に少ないのはコロナ禍で試合数が少なかった影響だが、それを差し引いても明らかに減少傾向なのがよく分かる。今年も両リーグトップの山本由伸(オリックス)が10月14日終了時点で178回2/3となっており、日程的なことを考えても200イニング達成は現実的ではない。  投手として最高の名誉と言われる沢村賞は先発完投型の投手を対象としており、7項目ある基準には200イニング以上登板、10完投以上というものがあるが、2010年以降でこの2つを満たすことができた受賞者は2011年の田中将大(楽天・226回1/3・14完投)と、2018年の菅野智之(巨人・202回・10完投)の2人だけである。2019年には沢村賞の該当者なしとなっており、基準の変更も議題に挙がっているが、先発投手がフル回転する時代ではなくなっていることは明らかと言えるだろう。  以前と比べて変化が見られるのはエースクラスの投手だけではない。ルーキー、若手に対しても慎重な起用法が目立つようになっている。今年は伊藤大海(日本ハム)、早川隆久(楽天)、伊藤将司(阪神)などルーキーが目立つが、伊藤大海と早川は大学卒、伊藤将司は社会人からのプロ入りであり、アマチュア時代の経験も豊富な投手たちである。  高校卒では2年目の宮城大弥(オリックス)が多く起用されているが、それでも優勝争いをしている10月に疲労を考慮して一度登録抹消して調整期間を設けている。宮城と同期の奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の2人にいたっては、かなりこまめに登録抹消して状態を見ながら起用していることがよく分かる。高校卒業時点での完成度や体力、プロ野球のレベルの上昇などを考えると単純に比較することはできないが、今年引退を表明した松坂大輔(西武)や田中将大(楽天)、藤浪晋太郎(阪神)などが1年目、2年目からフル回転していたことを考えると、若手投手を守ろうという姿勢は強くなっているように感じる。  佐々木が高校3年夏の岩手大会決勝で登板回避した時には大きな議論となり、更に昨年一軍に帯同しながらもなかなか実戦登板しない首脳陣の方針に過保護ではないかという意見も多かったが、10月14日のオリックスとの天王山でのピッチングを見て、その方針は間違っていなかったと感じたファンも多かったはずだ。前述したように体力面や成長時期には個人差があり、誰でも慎重に起用すれば良いというものではないが、長く活躍するためにどうすべきかということに目が向き始めたのは野球界全体でもプラスではないだろうか。より長い期間、高いパフォーマンスを発揮する選手が更に増えることを望みたい。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員

    See Details: 独立リーグからプロ入り「1%の狭き門」挑んだ ダルも注目した逸材・植田拓と155キロ左腕・石森大誠

  • さいとう・たかをさんが永眠 膵臓がんは尾道方式ならステージ0でも発見【Dr.中川 がんサバイバーの知恵】

    © AERA dot. 提供 ロッテの佐々木朗希(c)朝日新聞社  10月11日にプロ野球のドラフト会議が行われたが、指名された選手の1人がにわかに話題となっている。巨人から2位指名を受けた山田龍聖(JR東日本)だ。  ドラフト当日は都市対抗の東京都第3代表決定戦が行われており、3番手で登板した山田は9回1/3を投げて10奪三振の好投を見せたものの延長18回に決勝点を与えて敗戦。そして翌日の第4代表決定戦でも8回から5番手で登板し、3イニングのロングリリーフをこなしたのだ。山田の活躍もあってチームは都市対抗の出場権を獲得したが、2日間で投じた投球数は合わせて197球。この結果に巨人ファンからは山田の酷使を心配する声が上がった。  社会人野球にとって都市対抗野球は最大の目標であり、出場権をかけた予選ではエース格の選手が連投することも珍しくない。また、プロのように多くの試合を投げ続けているわけではないだけに、この2試合だけで酷使と批判するのは早計だが、プロ野球では見られない起用に普段社会人野球に触れることのないファンには驚きだったようだ。逆にそれだけファンの間でも投手起用には敏感になっているということだが、では果たしてプロ野球の投手起用は近年どのように変化しているのだろうか。  まず2010年以降200イニング以上登板した投手と、その年最もイニング数を投げた投手を調べてみたところ以下のような結果となった(所属は当時)。 2010年:6人 前田健太(広島):215回2/3 2011年:7人 ダルビッシュ有(日本ハム):232回 2012年:2人 前田健太(広島):206回1/3 2013年:2人 金子千尋(オリックス):223回1/3 2014年:2人 メッセンジャー(阪神):208回1/3 2015年:2人 大野雄大(中日):207回1/3 2016年:0人 則本昂大(楽天):195回 2017年:0人 マイコラス(巨人):188回 2018年:1人 菅野智之(巨人):202回 2019年:0人 千賀滉大(ソフトバンク):180回1/3 2020年:0人 大野雄大(中日):148回2/3  昨年極端に少ないのはコロナ禍で試合数が少なかった影響だが、それを差し引いても明らかに減少傾向なのがよく分かる。今年も両リーグトップの山本由伸(オリックス)が10月14日終了時点で178回2/3となっており、日程的なことを考えても200イニング達成は現実的ではない。  投手として最高の名誉と言われる沢村賞は先発完投型の投手を対象としており、7項目ある基準には200イニング以上登板、10完投以上というものがあるが、2010年以降でこの2つを満たすことができた受賞者は2011年の田中将大(楽天・226回1/3・14完投)と、2018年の菅野智之(巨人・202回・10完投)の2人だけである。2019年には沢村賞の該当者なしとなっており、基準の変更も議題に挙がっているが、先発投手がフル回転する時代ではなくなっていることは明らかと言えるだろう。  以前と比べて変化が見られるのはエースクラスの投手だけではない。ルーキー、若手に対しても慎重な起用法が目立つようになっている。今年は伊藤大海(日本ハム)、早川隆久(楽天)、伊藤将司(阪神)などルーキーが目立つが、伊藤大海と早川は大学卒、伊藤将司は社会人からのプロ入りであり、アマチュア時代の経験も豊富な投手たちである。  高校卒では2年目の宮城大弥(オリックス)が多く起用されているが、それでも優勝争いをしている10月に疲労を考慮して一度登録抹消して調整期間を設けている。宮城と同期の奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の2人にいたっては、かなりこまめに登録抹消して状態を見ながら起用していることがよく分かる。高校卒業時点での完成度や体力、プロ野球のレベルの上昇などを考えると単純に比較することはできないが、今年引退を表明した松坂大輔(西武)や田中将大(楽天)、藤浪晋太郎(阪神)などが1年目、2年目からフル回転していたことを考えると、若手投手を守ろうという姿勢は強くなっているように感じる。  佐々木が高校3年夏の岩手大会決勝で登板回避した時には大きな議論となり、更に昨年一軍に帯同しながらもなかなか実戦登板しない首脳陣の方針に過保護ではないかという意見も多かったが、10月14日のオリックスとの天王山でのピッチングを見て、その方針は間違っていなかったと感じたファンも多かったはずだ。前述したように体力面や成長時期には個人差があり、誰でも慎重に起用すれば良いというものではないが、長く活躍するためにどうすべきかということに目が向き始めたのは野球界全体でもプラスではないだろうか。より長い期間、高いパフォーマンスを発揮する選手が更に増えることを望みたい。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員

    See Details: さいとう・たかをさんが永眠 膵臓がんは尾道方式ならステージ0でも発見【Dr.中川 がんサバイバーの知恵】

  • コロナ禍は一段落したが…「隠れ疲労」を見逃してはいけない

    © AERA dot. 提供 ロッテの佐々木朗希(c)朝日新聞社  10月11日にプロ野球のドラフト会議が行われたが、指名された選手の1人がにわかに話題となっている。巨人から2位指名を受けた山田龍聖(JR東日本)だ。  ドラフト当日は都市対抗の東京都第3代表決定戦が行われており、3番手で登板した山田は9回1/3を投げて10奪三振の好投を見せたものの延長18回に決勝点を与えて敗戦。そして翌日の第4代表決定戦でも8回から5番手で登板し、3イニングのロングリリーフをこなしたのだ。山田の活躍もあってチームは都市対抗の出場権を獲得したが、2日間で投じた投球数は合わせて197球。この結果に巨人ファンからは山田の酷使を心配する声が上がった。  社会人野球にとって都市対抗野球は最大の目標であり、出場権をかけた予選ではエース格の選手が連投することも珍しくない。また、プロのように多くの試合を投げ続けているわけではないだけに、この2試合だけで酷使と批判するのは早計だが、プロ野球では見られない起用に普段社会人野球に触れることのないファンには驚きだったようだ。逆にそれだけファンの間でも投手起用には敏感になっているということだが、では果たしてプロ野球の投手起用は近年どのように変化しているのだろうか。  まず2010年以降200イニング以上登板した投手と、その年最もイニング数を投げた投手を調べてみたところ以下のような結果となった(所属は当時)。 2010年:6人 前田健太(広島):215回2/3 2011年:7人 ダルビッシュ有(日本ハム):232回 2012年:2人 前田健太(広島):206回1/3 2013年:2人 金子千尋(オリックス):223回1/3 2014年:2人 メッセンジャー(阪神):208回1/3 2015年:2人 大野雄大(中日):207回1/3 2016年:0人 則本昂大(楽天):195回 2017年:0人 マイコラス(巨人):188回 2018年:1人 菅野智之(巨人):202回 2019年:0人 千賀滉大(ソフトバンク):180回1/3 2020年:0人 大野雄大(中日):148回2/3  昨年極端に少ないのはコロナ禍で試合数が少なかった影響だが、それを差し引いても明らかに減少傾向なのがよく分かる。今年も両リーグトップの山本由伸(オリックス)が10月14日終了時点で178回2/3となっており、日程的なことを考えても200イニング達成は現実的ではない。  投手として最高の名誉と言われる沢村賞は先発完投型の投手を対象としており、7項目ある基準には200イニング以上登板、10完投以上というものがあるが、2010年以降でこの2つを満たすことができた受賞者は2011年の田中将大(楽天・226回1/3・14完投)と、2018年の菅野智之(巨人・202回・10完投)の2人だけである。2019年には沢村賞の該当者なしとなっており、基準の変更も議題に挙がっているが、先発投手がフル回転する時代ではなくなっていることは明らかと言えるだろう。  以前と比べて変化が見られるのはエースクラスの投手だけではない。ルーキー、若手に対しても慎重な起用法が目立つようになっている。今年は伊藤大海(日本ハム)、早川隆久(楽天)、伊藤将司(阪神)などルーキーが目立つが、伊藤大海と早川は大学卒、伊藤将司は社会人からのプロ入りであり、アマチュア時代の経験も豊富な投手たちである。  高校卒では2年目の宮城大弥(オリックス)が多く起用されているが、それでも優勝争いをしている10月に疲労を考慮して一度登録抹消して調整期間を設けている。宮城と同期の奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の2人にいたっては、かなりこまめに登録抹消して状態を見ながら起用していることがよく分かる。高校卒業時点での完成度や体力、プロ野球のレベルの上昇などを考えると単純に比較することはできないが、今年引退を表明した松坂大輔(西武)や田中将大(楽天)、藤浪晋太郎(阪神)などが1年目、2年目からフル回転していたことを考えると、若手投手を守ろうという姿勢は強くなっているように感じる。  佐々木が高校3年夏の岩手大会決勝で登板回避した時には大きな議論となり、更に昨年一軍に帯同しながらもなかなか実戦登板しない首脳陣の方針に過保護ではないかという意見も多かったが、10月14日のオリックスとの天王山でのピッチングを見て、その方針は間違っていなかったと感じたファンも多かったはずだ。前述したように体力面や成長時期には個人差があり、誰でも慎重に起用すれば良いというものではないが、長く活躍するためにどうすべきかということに目が向き始めたのは野球界全体でもプラスではないだろうか。より長い期間、高いパフォーマンスを発揮する選手が更に増えることを望みたい。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員

    See Details: コロナ禍は一段落したが…「隠れ疲労」を見逃してはいけない

  • 文大統領「強制徴用、外交解決の摸索が望ましい」 岸田首相「韓国が適切な対応を」

    © AERA dot. 提供 ロッテの佐々木朗希(c)朝日新聞社  10月11日にプロ野球のドラフト会議が行われたが、指名された選手の1人がにわかに話題となっている。巨人から2位指名を受けた山田龍聖(JR東日本)だ。  ドラフト当日は都市対抗の東京都第3代表決定戦が行われており、3番手で登板した山田は9回1/3を投げて10奪三振の好投を見せたものの延長18回に決勝点を与えて敗戦。そして翌日の第4代表決定戦でも8回から5番手で登板し、3イニングのロングリリーフをこなしたのだ。山田の活躍もあってチームは都市対抗の出場権を獲得したが、2日間で投じた投球数は合わせて197球。この結果に巨人ファンからは山田の酷使を心配する声が上がった。  社会人野球にとって都市対抗野球は最大の目標であり、出場権をかけた予選ではエース格の選手が連投することも珍しくない。また、プロのように多くの試合を投げ続けているわけではないだけに、この2試合だけで酷使と批判するのは早計だが、プロ野球では見られない起用に普段社会人野球に触れることのないファンには驚きだったようだ。逆にそれだけファンの間でも投手起用には敏感になっているということだが、では果たしてプロ野球の投手起用は近年どのように変化しているのだろうか。  まず2010年以降200イニング以上登板した投手と、その年最もイニング数を投げた投手を調べてみたところ以下のような結果となった(所属は当時)。 2010年:6人 前田健太(広島):215回2/3 2011年:7人 ダルビッシュ有(日本ハム):232回 2012年:2人 前田健太(広島):206回1/3 2013年:2人 金子千尋(オリックス):223回1/3 2014年:2人 メッセンジャー(阪神):208回1/3 2015年:2人 大野雄大(中日):207回1/3 2016年:0人 則本昂大(楽天):195回 2017年:0人 マイコラス(巨人):188回 2018年:1人 菅野智之(巨人):202回 2019年:0人 千賀滉大(ソフトバンク):180回1/3 2020年:0人 大野雄大(中日):148回2/3  昨年極端に少ないのはコロナ禍で試合数が少なかった影響だが、それを差し引いても明らかに減少傾向なのがよく分かる。今年も両リーグトップの山本由伸(オリックス)が10月14日終了時点で178回2/3となっており、日程的なことを考えても200イニング達成は現実的ではない。  投手として最高の名誉と言われる沢村賞は先発完投型の投手を対象としており、7項目ある基準には200イニング以上登板、10完投以上というものがあるが、2010年以降でこの2つを満たすことができた受賞者は2011年の田中将大(楽天・226回1/3・14完投)と、2018年の菅野智之(巨人・202回・10完投)の2人だけである。2019年には沢村賞の該当者なしとなっており、基準の変更も議題に挙がっているが、先発投手がフル回転する時代ではなくなっていることは明らかと言えるだろう。  以前と比べて変化が見られるのはエースクラスの投手だけではない。ルーキー、若手に対しても慎重な起用法が目立つようになっている。今年は伊藤大海(日本ハム)、早川隆久(楽天)、伊藤将司(阪神)などルーキーが目立つが、伊藤大海と早川は大学卒、伊藤将司は社会人からのプロ入りであり、アマチュア時代の経験も豊富な投手たちである。  高校卒では2年目の宮城大弥(オリックス)が多く起用されているが、それでも優勝争いをしている10月に疲労を考慮して一度登録抹消して調整期間を設けている。宮城と同期の奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の2人にいたっては、かなりこまめに登録抹消して状態を見ながら起用していることがよく分かる。高校卒業時点での完成度や体力、プロ野球のレベルの上昇などを考えると単純に比較することはできないが、今年引退を表明した松坂大輔(西武)や田中将大(楽天)、藤浪晋太郎(阪神)などが1年目、2年目からフル回転していたことを考えると、若手投手を守ろうという姿勢は強くなっているように感じる。  佐々木が高校3年夏の岩手大会決勝で登板回避した時には大きな議論となり、更に昨年一軍に帯同しながらもなかなか実戦登板しない首脳陣の方針に過保護ではないかという意見も多かったが、10月14日のオリックスとの天王山でのピッチングを見て、その方針は間違っていなかったと感じたファンも多かったはずだ。前述したように体力面や成長時期には個人差があり、誰でも慎重に起用すれば良いというものではないが、長く活躍するためにどうすべきかということに目が向き始めたのは野球界全体でもプラスではないだろうか。より長い期間、高いパフォーマンスを発揮する選手が更に増えることを望みたい。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員

    See Details: 文大統領「強制徴用、外交解決の摸索が望ましい」 岸田首相「韓国が適切な対応を」

  • 塚本高史 「ケンカ、最強…」関連ワード並び不満も 松本人志「だって言ったんだもん、本人が」

    © AERA dot. 提供 ロッテの佐々木朗希(c)朝日新聞社  10月11日にプロ野球のドラフト会議が行われたが、指名された選手の1人がにわかに話題となっている。巨人から2位指名を受けた山田龍聖(JR東日本)だ。  ドラフト当日は都市対抗の東京都第3代表決定戦が行われており、3番手で登板した山田は9回1/3を投げて10奪三振の好投を見せたものの延長18回に決勝点を与えて敗戦。そして翌日の第4代表決定戦でも8回から5番手で登板し、3イニングのロングリリーフをこなしたのだ。山田の活躍もあってチームは都市対抗の出場権を獲得したが、2日間で投じた投球数は合わせて197球。この結果に巨人ファンからは山田の酷使を心配する声が上がった。  社会人野球にとって都市対抗野球は最大の目標であり、出場権をかけた予選ではエース格の選手が連投することも珍しくない。また、プロのように多くの試合を投げ続けているわけではないだけに、この2試合だけで酷使と批判するのは早計だが、プロ野球では見られない起用に普段社会人野球に触れることのないファンには驚きだったようだ。逆にそれだけファンの間でも投手起用には敏感になっているということだが、では果たしてプロ野球の投手起用は近年どのように変化しているのだろうか。  まず2010年以降200イニング以上登板した投手と、その年最もイニング数を投げた投手を調べてみたところ以下のような結果となった(所属は当時)。 2010年:6人 前田健太(広島):215回2/3 2011年:7人 ダルビッシュ有(日本ハム):232回 2012年:2人 前田健太(広島):206回1/3 2013年:2人 金子千尋(オリックス):223回1/3 2014年:2人 メッセンジャー(阪神):208回1/3 2015年:2人 大野雄大(中日):207回1/3 2016年:0人 則本昂大(楽天):195回 2017年:0人 マイコラス(巨人):188回 2018年:1人 菅野智之(巨人):202回 2019年:0人 千賀滉大(ソフトバンク):180回1/3 2020年:0人 大野雄大(中日):148回2/3  昨年極端に少ないのはコロナ禍で試合数が少なかった影響だが、それを差し引いても明らかに減少傾向なのがよく分かる。今年も両リーグトップの山本由伸(オリックス)が10月14日終了時点で178回2/3となっており、日程的なことを考えても200イニング達成は現実的ではない。  投手として最高の名誉と言われる沢村賞は先発完投型の投手を対象としており、7項目ある基準には200イニング以上登板、10完投以上というものがあるが、2010年以降でこの2つを満たすことができた受賞者は2011年の田中将大(楽天・226回1/3・14完投)と、2018年の菅野智之(巨人・202回・10完投)の2人だけである。2019年には沢村賞の該当者なしとなっており、基準の変更も議題に挙がっているが、先発投手がフル回転する時代ではなくなっていることは明らかと言えるだろう。  以前と比べて変化が見られるのはエースクラスの投手だけではない。ルーキー、若手に対しても慎重な起用法が目立つようになっている。今年は伊藤大海(日本ハム)、早川隆久(楽天)、伊藤将司(阪神)などルーキーが目立つが、伊藤大海と早川は大学卒、伊藤将司は社会人からのプロ入りであり、アマチュア時代の経験も豊富な投手たちである。  高校卒では2年目の宮城大弥(オリックス)が多く起用されているが、それでも優勝争いをしている10月に疲労を考慮して一度登録抹消して調整期間を設けている。宮城と同期の奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の2人にいたっては、かなりこまめに登録抹消して状態を見ながら起用していることがよく分かる。高校卒業時点での完成度や体力、プロ野球のレベルの上昇などを考えると単純に比較することはできないが、今年引退を表明した松坂大輔(西武)や田中将大(楽天)、藤浪晋太郎(阪神)などが1年目、2年目からフル回転していたことを考えると、若手投手を守ろうという姿勢は強くなっているように感じる。  佐々木が高校3年夏の岩手大会決勝で登板回避した時には大きな議論となり、更に昨年一軍に帯同しながらもなかなか実戦登板しない首脳陣の方針に過保護ではないかという意見も多かったが、10月14日のオリックスとの天王山でのピッチングを見て、その方針は間違っていなかったと感じたファンも多かったはずだ。前述したように体力面や成長時期には個人差があり、誰でも慎重に起用すれば良いというものではないが、長く活躍するためにどうすべきかということに目が向き始めたのは野球界全体でもプラスではないだろうか。より長い期間、高いパフォーマンスを発揮する選手が更に増えることを望みたい。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員

    See Details: 塚本高史 「ケンカ、最強…」関連ワード並び不満も 松本人志「だって言ったんだもん、本人が」

  • 衆院選、コロナ療養中でも郵便で投票可能 保健所と連携、書類を送付

    © AERA dot. 提供 ロッテの佐々木朗希(c)朝日新聞社  10月11日にプロ野球のドラフト会議が行われたが、指名された選手の1人がにわかに話題となっている。巨人から2位指名を受けた山田龍聖(JR東日本)だ。  ドラフト当日は都市対抗の東京都第3代表決定戦が行われており、3番手で登板した山田は9回1/3を投げて10奪三振の好投を見せたものの延長18回に決勝点を与えて敗戦。そして翌日の第4代表決定戦でも8回から5番手で登板し、3イニングのロングリリーフをこなしたのだ。山田の活躍もあってチームは都市対抗の出場権を獲得したが、2日間で投じた投球数は合わせて197球。この結果に巨人ファンからは山田の酷使を心配する声が上がった。  社会人野球にとって都市対抗野球は最大の目標であり、出場権をかけた予選ではエース格の選手が連投することも珍しくない。また、プロのように多くの試合を投げ続けているわけではないだけに、この2試合だけで酷使と批判するのは早計だが、プロ野球では見られない起用に普段社会人野球に触れることのないファンには驚きだったようだ。逆にそれだけファンの間でも投手起用には敏感になっているということだが、では果たしてプロ野球の投手起用は近年どのように変化しているのだろうか。  まず2010年以降200イニング以上登板した投手と、その年最もイニング数を投げた投手を調べてみたところ以下のような結果となった(所属は当時)。 2010年:6人 前田健太(広島):215回2/3 2011年:7人 ダルビッシュ有(日本ハム):232回 2012年:2人 前田健太(広島):206回1/3 2013年:2人 金子千尋(オリックス):223回1/3 2014年:2人 メッセンジャー(阪神):208回1/3 2015年:2人 大野雄大(中日):207回1/3 2016年:0人 則本昂大(楽天):195回 2017年:0人 マイコラス(巨人):188回 2018年:1人 菅野智之(巨人):202回 2019年:0人 千賀滉大(ソフトバンク):180回1/3 2020年:0人 大野雄大(中日):148回2/3  昨年極端に少ないのはコロナ禍で試合数が少なかった影響だが、それを差し引いても明らかに減少傾向なのがよく分かる。今年も両リーグトップの山本由伸(オリックス)が10月14日終了時点で178回2/3となっており、日程的なことを考えても200イニング達成は現実的ではない。  投手として最高の名誉と言われる沢村賞は先発完投型の投手を対象としており、7項目ある基準には200イニング以上登板、10完投以上というものがあるが、2010年以降でこの2つを満たすことができた受賞者は2011年の田中将大(楽天・226回1/3・14完投)と、2018年の菅野智之(巨人・202回・10完投)の2人だけである。2019年には沢村賞の該当者なしとなっており、基準の変更も議題に挙がっているが、先発投手がフル回転する時代ではなくなっていることは明らかと言えるだろう。  以前と比べて変化が見られるのはエースクラスの投手だけではない。ルーキー、若手に対しても慎重な起用法が目立つようになっている。今年は伊藤大海(日本ハム)、早川隆久(楽天)、伊藤将司(阪神)などルーキーが目立つが、伊藤大海と早川は大学卒、伊藤将司は社会人からのプロ入りであり、アマチュア時代の経験も豊富な投手たちである。  高校卒では2年目の宮城大弥(オリックス)が多く起用されているが、それでも優勝争いをしている10月に疲労を考慮して一度登録抹消して調整期間を設けている。宮城と同期の奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の2人にいたっては、かなりこまめに登録抹消して状態を見ながら起用していることがよく分かる。高校卒業時点での完成度や体力、プロ野球のレベルの上昇などを考えると単純に比較することはできないが、今年引退を表明した松坂大輔(西武)や田中将大(楽天)、藤浪晋太郎(阪神)などが1年目、2年目からフル回転していたことを考えると、若手投手を守ろうという姿勢は強くなっているように感じる。  佐々木が高校3年夏の岩手大会決勝で登板回避した時には大きな議論となり、更に昨年一軍に帯同しながらもなかなか実戦登板しない首脳陣の方針に過保護ではないかという意見も多かったが、10月14日のオリックスとの天王山でのピッチングを見て、その方針は間違っていなかったと感じたファンも多かったはずだ。前述したように体力面や成長時期には個人差があり、誰でも慎重に起用すれば良いというものではないが、長く活躍するためにどうすべきかということに目が向き始めたのは野球界全体でもプラスではないだろうか。より長い期間、高いパフォーマンスを発揮する選手が更に増えることを望みたい。(文・西尾典文) ●プロフィール 西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員

    See Details: 衆院選、コロナ療養中でも郵便で投票可能 保健所と連携、書類を送付

OTHER NEWS

岸田首相が岩手入り=就任後初の被災地視察

岸田文雄首相は16日午前、東日本大震災の復興状況を確認するため、岩手県を訪れた。大船渡市の魚市場で漁業者らと車座対話を実施。現場の声に耳を傾け、復興政策や経済対策に反映させたい考えだ。首相の被災地視察は就任後初めて。 Read more »

全方位ch 「いないいないばあっ!」25周年とチョーさん

2歳の息子がいるので、NHK・Eテレの番組をよく見る。息子のお気に入りは「いないいないばあっ!」。0~2歳児向けで、歌やダンス、寸劇などたっぷり詰まった15分。今年で放送25周年の長寿番組だ。 メインキャラクターは「いつも元気なワンワンでーす」が決まり文句の緑と白の犬の「ワンワン」。ほかにも、頭にマラカスがついた「うーたん」、女の子の「はるちゃん」らがレギュラーで登場する。キャラクターがたくさんいて、歌や体操のほか、着替えや歯磨きなど教育的な内容もある。月曜から金曜まで、午前8時10分から放送中だ。 番組の見どころは何といってもワンワンだ。軽快な動きと人間くさいしぐさが子供だけでなく、大人も魅了される。時折、大人にしか分からないような小ネタをはさんでくることも。 そしてワンワンは多芸だ。両手(両前脚?)を使って「パクパクさん」「パクこさん」を演じる。仲良し夫婦の設定だが、おっとりしたパクパクさんがマイペースのパクこさんにいいように扱われてしまう。笑いあり、ほっこりもする。 放送が始まったのは平成8年。これだけ支持されてきたのは、番組の構成も大きいが、ワンワンの存在も貢献している。演じているのは、「チョー」さんだ。当時教育テレビと呼ばれたEテレで昭和59年から平成4年まで放送された小学3年生向けの人気番組「たんけんぼくのまち」のチョーさんだ。当時、小学生だった方は視聴したことがあるのでは。オープニングの曲は今でも覚えている。 自転車に乗って町へ繰り出し、元気いっぱいのチョーさんが町で働いている人や地域を調べ、手書きのイラスト地図にまとめて発表する、という番組だった。地図が非常に分かりやすく描かれていたのが印象的だった。元気よくダジャレ好きで器用なワンワンとチョーさんのキャラは重なる。 チョーさんはすでに還暦を迎えているという。なのに、キレのいいダンスは驚きであり、尊敬する。こんなふうに年をとらなければ。まだまだ息子と一緒に楽しませてほしい。(幸) Read more »

風変わりな9連ポスターで「無敗の男」を包囲 衆院茨城7区の異変

© 毎日新聞 提供 自民党の永岡桂子氏と衆院茨城7区の首長8人が並んだポスター=茨城県境町長井戸で2021年10月10日、小林杏花撮影  事実上の選挙戦が始まった衆院選。茨城7区では風変わりなポスターが注目を集めている。9人の男女が写る「9連ポスター」。自民党前職の永岡桂子氏(67)を中心に、選挙区内全8首長が勢ぞろいした。かつて首相候補とも目された立憲民主党前職、中村喜四郎元建設相(72)の陣営からはため息が漏れる。いったい何が起こっているのか。  永岡氏の陣営によると、ポスターは今年3月下旬から茨城県南西部の結城市や境町などで約1500枚、自民党広報板に張ったという。演説会を告知する政党活動ポスターで、市町長は弁士の扱い。中村氏の陣営幹部は「『中村はひとりぼっちだよ』とアピールしている。こんなことは今まで無かった」と嘆息する。  選挙に強い中村氏は「無敗の男」の異名を取り、通算14回の当選を誇る。1994年にゼネコン汚職事件で逮捕され、自民を離党してからも無所属で当選を重ねた。その秘訣(ひけつ)は徹底した「どぶ板選挙」にある。2003年に最高裁で実刑判決が確定し、04年に仮釈放されると「昼間は支持者回りを300軒、夜は集会場で後援会の役員会」(関係者)のおわび行脚を展開。05年の選挙で復活を遂げた。  対する永岡氏は初出馬した05年以来、5回連続で比例代表の復活当選に甘んじてきた。だが今回は選挙区内の首長全員を取り込み、中村氏を支援する県議会会派の切り崩しにも成功。4人中3人が自民会派に転じ、最後に残った中村氏の元秘書も永岡氏の支援を表明した。さらに中村氏が立憲から出馬することで、前回まで3回続けて中村氏に推薦を出した公明党も永岡氏の推薦に回った。  「包囲されたとかは、よくある話だ」。中村氏は9月下旬、報道陣に強気の姿勢をアピールした。だが選対幹部は「立憲入りに反発する支持者も少なくなく、厳しい戦いになる」と不安を隠さない。  永岡氏に近い県議は9連ポスターについて「『首長が全て自民に変わった。これが今の構図』と伝える内容。最初は『なんだこりゃ』という人が多かったが、理解してもらっていると思う」と説明する。  長く保守系無所属だった中村氏は近年、野党共闘を後押しする立場に転じた。立憲入りはその延長線上にある。だがそうした選択がプラスになるとは限らない。「家族単位ほどの小さな支援者グループをたくさん作る。個人個人のつながりだから切り崩せない」(陣営古参幹部)という支持者に、9連ポスターはどう映ったか。答えはもうすぐ明らかになる。  茨城7区ではこのほか、参院議員秘書で日本維新の会新人の水梨伸晃氏(42)も立候補を予定している。【小林杏花、安味伸一】 衆院茨城7区・予想される顔ぶれ(50音順) 永岡桂子  67 元副文科相 中村喜四郎 72 元建設相 水梨伸晃  42 参院議員秘書 Read more »

コロナによる受診や手術控えは心臓に何をもたらしているのか【心臓手術の名医が語るコロナ禍の治療最前線】

© 日刊ゲンダイ ヘルスケア ニューハート・ワタナベ国際病院総長の渡辺剛氏(提供写真) 【心臓手術の名医が語るコロナ禍の治療最前線】#1 新型コロナの日本人初感染が確認されたのが2020年1月28日。奈良県在住の60代の観光バス運転手だった。それから1年9カ月余りが経過したが、10月5日現在の国内感染者は累計170万5778人、死亡者1万7754人と当初は想像もできなかった惨事となっている。感染を免れた人を含めて多くの日本人が巣籠りを強いられているが、長期の巣籠りで気になるのは加齢で弱っていく中高年の体調だ。中でも世界で類を見ないスピードで超高齢社会に突入した日本では、高齢者の心臓への影響が心配だ。そこで、ニューハート・ワタナベ国際病院総長の渡辺剛氏に話を聞いた。 「新型コロナで心臓の持病を持つ患者さんやその予備軍の方たちが、新型コロナが不安で受診控えしていることをとても心配しています。心臓を専門に診る医師は東京などの大都市圏に集中しています。県境をまたぐ移動の中止や回避の勧告は患者さんの受診控えにつながり、病状が悪化するからです。急性の心筋梗塞、大動脈解離、大動脈瘤破裂といった、自覚があり、緊急を要する心臓や血管の病気は医療機関にかかるでしょうが、安定狭心症と弁膜症、不整脈といった心臓病は自宅でじっとしていれば自覚できません。患者さんは半年どころか、1年半も検診や治療の機会を失っているわけで、病状が進んでいる可能性が高い。緊急事態宣言等が全面解除されたいまは、ぜひ心臓や血管の検査をしていただきたいのです」 実際、3カ月ごとに診ていた患者が新型コロナによる受診控えで半年、1年来院せず、受診したときにはかなり進行していた例が散見されたという。 「僧帽弁閉鎖不全症等で経過を見ていた患者さんは半年で心房細動など不整脈が慢性化し、弁逆流も高度になっていました。早く手術をしていれば不整脈は予防できたのにと悔やまれました」 心臓は4つの部屋に分かれていて、全身から戻ってきた炭酸ガスを多く含んだ静脈血は右心房、右心室を通じて肺に運ばれる。そこで炭酸ガスを新鮮な酸素と交換し、左心房から左心室へと流れていく。そして、酸素をたっぷり含んだ血液は左心室の強い収縮力により大動脈を介して全身に運ばれる。このとき、血液が逆流しないように各部屋の出口には心臓弁があり、タイミングよく開閉することで血液の流れをスムーズにしている。この弁が正常に機能しなくなる状態が弁膜症だ。 「僧帽弁は、左心房と左心室の間にある弁です。弁膜症のひとつである僧帽弁閉鎖不全症は、僧帽弁逆流症とも呼ばれ、僧帽弁がうまく閉じなくなることで心臓が収縮するたびに左心室から左心房へと血液が逆流し、心臓に余計な圧がかかったり、肺に血液がたまったりする病気です。強い息切れや呼吸困難、疲れやすさ、不整脈、動悸などの自覚症状が出る場合もありますが、血液の逆流が軽度の場合は自覚症状がなく、その間に症状が進行することがあるのです」 僧帽弁閉鎖不全症を放っておくと、心房細動を起こす場合がある。心房の筋肉がけいれんしたように細かくふるえ、脈が不規則となる病気で、この病気を発症すると心臓の中で血液が滞留してしまい、血栓(血の塊)ができやすくなる。それが血流に乗って脳まで運ばれ、脳の血管に詰まる脳梗塞を起こすことがある。また、心房細動になると脈拍が毎分120~150回に跳ね上がることがあり、心臓が耐えきれなくなって心不全を起こす場合もある。 実は、こうした例は日本に限った話でなく全世界で起きているという。全米胸部外科学会の報告によると、2020年の全米での心臓血管外科手術件数は2019年の数に比べ53%減ったという。これにより、心臓の手術を待っている患者が多数死亡した可能性がある。実際、米国では平年よりも多くの人が亡くなる「超過死亡」が昨年30万人以上に上り、その中には少なからぬ数の心臓病患者が含まれているとみられている。 「米国は世界一新型コロナ死が多い。そのことから、多くの病院がコロナ患者を最優先して治療しています。特に呼吸不全に対しては人工心肺などが必要であり、そこに人工心肺士や心臓外科の医師が動員された結果、一部の心臓病の手術は不要不急の手術とされているようです」 渡辺総長は知る人ぞ知る心臓外科の名手。ドイツ留学中の31歳のとき、心臓移植のチーフレジデントとして日本人最年少の心臓移植執刀医となった。1993年に人工心肺を用いない、心臓を動かしたままのバイパス手術(心拍動下冠動脈バイパス手術=ОPCAB)を成功。1999年には世界初の完全内視鏡下の冠動脈バイパス手術を行った。41歳で国立金沢大学医学部の心肺・総合外科の教授に就任。心臓アウェイク手術(自発呼吸下心拍動下冠動脈バイパス術)、外科手術用ロボットのダビンチを使った心臓手術など、国内初の手術を次々に成功させている。その渡辺総長でも、症状が進んだ心臓病は手の施しようもないケースもあるという。 「心臓病は発見が遅れるほど打つ手が少なくなってきます。ですから新型コロナが収まっているいまこそ、心臓を診ることが大切なのです」 (渡辺剛/心臓血管外科医) Read more »

松山英樹は28位t k・ミッチェルが2日間18アンダーで首位

<ザ・CJカップ@サミット 2日目◇15日◇ザ・サミットC(米ネバダ州)◇7431ヤード・パー72> 米国男子ツアーの「ザ・CJカップ@サミット」は2日目のプレーが終了した。日本勢で一人出場中の松山英樹は5バーディ・3ボギーの「70」で回り、トータル8アンダーの28位タイで週末に向かう。 松山英樹のドライバースイングをコマ送りで トータル18アンダーの首位にキース・ミッチェル(米国)。トータル13アンダーの2位タイにアダム・スコット(オーストラリア)、キム・ソンヒョン(韓国)、ジョーダン・スピース、ハリー・ヒッグス(ともに米国)がつける。 トータル12アンダーの6位タイにリッキー・ファウラー(米国)とタイレル・ハットン(イングランド)。初日「61」をマークして首位に立ったロバート・ストレブ(米国)は2日目をイーブンパーとし、トータル11アンダーの8位タイにとどまった。 コリン・モリカワ(米国)はトータル7アンダーの35位タイ。ザンダー・シャウフェレ(米国)はトータル6アンダーの46位タイ。ダスティン・ジョンソン(米国)はトータル4アンダーの55位タイとなっている。 © Cross Planet, Inc. 松山英樹は2つ伸ばして週末へ(撮影:GettyImages) Read more »

「脅迫だ」除名迫られ涙の出馬断念 自民、分裂回避も残る火種

《衆院福岡5区》  衆院福岡5区の自民分裂問題は、新人の栗原渉氏(56)の出馬断念で急転直下の決着を迎えた。党執行部は前職の原田義昭氏(77)を公認した一方で、無所属での出馬も辞さない構えの栗原氏には除名を迫って矛を収めさせた。1年以上も続いた分裂騒動で両陣営には大きな溝が生まれており、候補者を一本化した野党との対決に暗雲もよぎる。 【次回公認で「決着」】  「言葉にはなかなか表せない…」。党本部で記者団に出馬断念の思いを問われた栗原氏は、涙を浮かべて声を絞り出した。  5区では県議や市議の約9割が栗原氏を支持し、県農政連など有力な支援団体の推薦も広がっていた。「次の次の衆院選で公認」を条件に撤退を迫る遠藤利明選対委員長に対し、栗原氏は「支援者の皆さんを裏切れない。無所属でも出る」と食い下がった。  当初は党の決定を記した同意書への署名を固辞したが、関係者によると、署名しなければ、「除名」を通告されたという。栗原氏の支援者は「除名なら一生、党に戻れない。当選しても地元のために働けない」とおもんぱかった。  分裂は回避されたものの、強引な幕引きに栗原氏の支援者は反発を強める。ある県議は「こんなことでは自民党は人を育てることができない」と落胆。支援者は「これだけ応援する人がいるのに降ろさせるのはまるで脅迫だ」と憤った。  原田氏は公認決定後、記者団に「自民党一本でしっかり結果を出すことが大切だ」と語ったが、挙党態勢を築けるか不透明だ。昨年9月に栗原氏が出馬の意向を示してから始まった分裂騒動は混迷を深め、栗原氏側が党員に配布した文書を巡り、原田氏が刑事告訴する騒動にも発展。栗原氏の陣営幹部は「いまさら原田さんをやれない」と突き放した。  自民の一本化で、5区は与野党の一騎打ちとなる見通し。同区に出馬予定の立民新人の堤かなめ氏(60)は「分裂騒動は自民党の旧態依然とした権力闘争の象徴。古い政治を打破するために頑張る」と気を引き締めていた。(西田昌矢、下村ゆかり、川口安子) Read more »

「ブドウ栽培適さない」高知で県産ワイン完成 日本酒王国に新風

© 毎日新聞 提供 開店から2分で売り切れた「TOSA ヌーボー」を手にする人=高知市の「とさのさと アグリコレット」で、2021年10月3日午前9時58分、井上大作撮影  ブドウ栽培が適さないとされる高知県で、地元のブドウにこだわったワインが誕生した。挑戦したのは、創業137年の「井上石灰工業」(南国市)。石灰を用いた商品を開発・販売してきたが、10年前にワイン向けのブドウを初めて県内に植えた。ワイナリーを子会社として設立し、ブドウ畑を広げ、自前の醸造所まで造り、完全県産のワイン「TOSA」を完成させた。一般販売は来春を見込むが、土佐の日(10月3日)に合わせ、今年収穫されたブドウを使った新酒「ヌーボー」が披露された。  龍馬のイメージそのままの日本酒王国で、ワインは県民にとって少し縁遠い存在だ。そんな“常識”は崩された。3日朝、ヌーボーを販売する高知市内の産直施設には長蛇の列ができた。開店すると、棚に並べられた70本は2分で完売。「えー!」「もうないの?」との声が上がる。完全県産のヌーボーは、南国市稲生産のブドウで仕込んだ赤。一部の酒店など600本の限定販売だ。  高知でのワイン作りには高い壁があった。最大の敵は高温多雨。ワイン用のブドウ栽培に適当な条件は、生育中の雨量1000ミリ以下、1日の気温差10度とされる。しかし国内有数のワイン醸造地・山梨と比べると、高知の年間降水量は約3倍も多く、寒暖差も小さい。事業として成り立ちにくく、四国という地域で見てもワイナリーは数えるほどしかない。  石灰会社の挑戦が始まった。主力製品の一つは、果樹向けの農薬。フランスで手作りされてきた農薬を工業製品化した。国内外に販路を広げる中、6代目社長の井上孝志さん(53)は「自分でブドウを栽培してみたら」と専門家にアドバイスされた。山梨から技術顧問を招き、高知の気候に合ったブドウ作りを始める。雨対策としては、ビニール製の屋根をブドウの上にかぶせた。  ブドウ畑は県内5市町に約2ヘクタールまで広がり、今季は8トン収穫できるように。今年2月には高知空港近くの山中に醸造所が完成し、高知で取れたブドウを高知で醸造する体制が整った。醸造所は動物園に隣接し、販売だけでなく、観光拠点として見学や試飲スペースも整備する。ゴムや樹脂関連商品、食品、農薬といった商品群からの更なる拡大だが、井上社長は楽しそうに語る。「工業製品と違い、ワインは飲んだお客さんから直接感想を聞ける。『頑張れよ』といった声はとにかくうれしい。高知のブドウを使って高知で造らなければ意味がない。地元で愛されるワインを造りたいのです」  5年前に設立した子会社「井上ワイナリー」(香南市)を率いるのは、営業部長という肩書の梶原英正さん(43)。親会社の営業で国内外を飛び回っていたが、社長肝いりのプロジェクトに“巻き込まれた”。事業化計画から醸造所の用地選定、ありとあらゆる交渉に、マスコミ対応まですべてを任されている。実は30歳で転職してきた元広告マン。休日返上の働きぶりに、「大変は大変、まさかワイナリーを会社が始めるなんて思ってもいませんでした。でも事業化を任せてもらえるなんて、そうできない経験。まあ、考え込んでしまう性格でもないので大丈夫です」と軽やかだ。製造責任者は、高知大農学部で学んだ20代後半の男性社員。山梨での修業を経て、今季初めて本格的な醸造に臨んだ。インターネット販売を担当するのは若手の女性社員。主にこの3人でワイン事業を担う。  「高知でワインなんて無理」と言われれば言われるほど、地元産にこだわり、周囲に夢を語った社長。それに応えた社員たち。客も同じだろう。土佐の人は宴会好きで、地元愛も格段に強い。「おらんく(我が家)のワイン」と聞いて、いてもたってもいられなくなったようだ。会社にとって億単位の投資回収には長い期間が掛かり、本当の勝負は始まったばかり。それでも挑戦なきところに成長はない。ヌーボーを口に含むと、みずみずしいブドウの香りが広がった。土佐に新風を巻き起こす、まさにフレッシュな味わいだ。【井上大作】 Read more »

声優・成海瑠奈、体調不良で当面の間活動休止

© ORICON NEWS 提供 成海瑠奈が体調不良で当面の間活動休止  人気ゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ』の三峰結華役などで知られる声優の成海瑠奈が体調不良により、当面の間芸能活動を休止すると15日、所属事務所の公式サイトで発表された。  公式サイトでは「弊社所属の成海瑠奈ですが、体調不良により、当面の間芸能活動を休止させていただくこととなりました」と報告。「ファンの皆さまならびに関係者の皆さまにおかれましては、多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしますこと、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。  成海について、所属事務所は7日、公式ツイッターを更新し「成海瑠奈ですが、明日21時~出演予定でした生配信『成海瑠奈魔王城』は体調不良のため出演を見合わせとさせていただくことになりました。楽しみにしてくださっていたファンの皆様、誠に申し訳ございません」と伝えていた。 Read more »

大学通算わずか2試合登板 東北福祉大・大竹風雅を5位指名したソフトバンクが思い描く「将来図」

© 西日本スポーツ ソフトバンクにドラフト5位指名を受けた大竹風雅投手(22)と育成4位の三浦瑞樹投手(22)=ともに東北福祉大、育成2位の川村友斗外野手(22)=仙台大=の3選手が15日、それぞれの大学で福山龍太郎アマスカウトチーフ、作山和英アマスカウトチーフ補佐から指名あいさつを受けた。 最速150キロ右腕の大竹風は真新しいホークスの帽子をかぶり、「ソフトバンクの帽子が似合うような、信頼される投手になりたい」と意気込んだ。大学での公式戦登板は2試合に1イニングずつのみ。育成4位左腕の三浦やオリックスに1位指名された椋木蓮らが主戦として活躍しており、昨秋に右肘のクリーニング手術を受けた影響もあった。 だが、故障が癒えた春のオープン戦では自己最速の150キロをマーク。落差のあるフォークとのコンビネーションで三振を量産した。 福山チーフは「潜在能力は高い。スピードボールと落差のあるフォーク。広島の森下(暢仁)投手のようなイメージ」と評価。福島・光南高時代は内野手兼2番手投手で甲子園出場もないが、当時から担当の作山チーフ補佐は追い続けてきた。 育成契約ながら、アマでの実績では三浦が大竹風より上だ。盛岡大付高3年時に春、夏と連続で甲子園8強入りを果たした。最速147キロの直球に多彩な変化球を操る。大学では1年時からリーグ戦に登板し、仙台六大学リーグ戦通算26試合で10勝0敗。全国大会も経験している。「大竹(風)より先に1軍に上がれるように頑張りたい」と、プロでも切磋琢磨(せっさたくま)を続ける。(伊藤瀬里加) Read more »

阪神逆転vへ、大山が17日広島戦でスタメン復帰か「少しでも戦力に」

主将の存在なくして逆転Vなし! 阪神大山悠輔内野手(26)が17日広島戦(甲子園)でスタメン復帰する可能性が高くなった。 死球が影響した背中の張りで3試合連続欠場中。矢野燿大監督(52)は「先は分からない」とした上で、ゲームがない2日間を経ての次戦に向けて「いけるんじゃないか」と示唆した。首位ヤクルトを2・5ゲーム差で追って残り8試合。逆転Vへ、4番主将の強行出場がラストスパートへの号砲となる。    ◇   ◇   ◇ 激動の覇権争いも、残すはわずか8試合。主将に、4番に命運を託したくなるのはある意味、必然の流れなのかもしれない。 背中の張りで3戦連続欠場中の大山について、矢野監督は次戦17日広島戦でのスタメン復帰を示唆した。 「また2日空くんで。その間でいけるんじゃないかと思っている。これは今の時点での話なんで先は分からないけど、オレの中でもそう思っている」 15、16日はゲームがない。この2日間で状態が上向けば、GOサインが出る可能性は高そうだ。 想定外の負傷に見舞われたのは7日DeNA戦だった。右腕ロメロの150キロツーシームを左脇腹に受け、苦悶(くもん)の表情で倒れ込んだ。翌8日からの首位ヤクルトとの3連戦は強行出場していたとみられる。 12日巨人戦の練習中に強い張りを抱え、この日と13日の同戦はベンチ入りメンバーからも外れた。それでも前日14日には2日ぶりにフリー打撃、三塁守備を再開してベンチ入り。痛みが完全に消え去ることはないだろうが、たとえ満身創痍(そうい)の状態でもグラウンドに立たせたい存在に違いない。 大山が欠場した敵地巨人3連戦、チームは総力戦で2勝1分けをもぎ取った。主将は14日の練習前、「キリンビール ビッグボード賞」の表彰式に出席した際に「体のことは答えることができないですけど」と前置きした上で熱い感情を言葉に変えていた。 「本当に残り試合も少ないですし、チーム一丸となって頑張っていかないといけない。その中で少しでも戦力になれるようにしっかり頑張りたい」 10月は打率3割7分1厘、4本塁打、8打点。出場11試合連続安打中と好調をキープしている。泣いても笑っても、残り8試合。主将が再び先頭に立ち、1球1球に全身全霊を注ぐ。【佐井陽介】 © 日刊スポーツ新聞社 阪神大山(2021年10月1日撮影) Read more »

仏・ワクチン接種なしで コロナpcr検査が有料 自己負担は日本円で3000~6000円

© FNNプライムオンライン フランスで、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けていない人の検査代が有料になり、反発の声が高まっている。 フランスでは、ワクチン接種を受けていない人がPCR検査などを受ける場合、15日からは、医師の処方箋がなければ、日本円でおよそ3,000円から6,000円の検査代を全額自己負担することになった。 飲食店や長距離列車などを利用する際には、接種証明や陰性証明などの提示が義務付けられていて、これまで検査代は健康保険でまかなわれていた。 ワクチン未接種の女性「無料でないので、検査はあきらめた。外食もしない」 今回の措置は、ワクチン接種を促す狙いがあるが、接種を受けられない人や希望しない人たちからは反発の声が高まっている。 Read more »

京口紘人の対抗王者ソトが前日計量パス v4戦でゴンサレスと激突

 プロボクシングのWBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦の前日計量が15日(日本時間16日)、米カリフォルニア州フレズノで行われ、王者エルウィン・ソト(24=メキシコ)は107.8ポンド(約48.89キロ)、指名挑戦者で同級1位ジョナサン・ゴンサレス(30=プエルトリコ)はリミットの108ポンド(約48.98キロ)でパスした。  ソトは5月に高山勝成(38=寝屋川石田)に9回TKO勝ちして3度目の防衛に成功。今回は4度目の防衛戦となる。ゴンサレスは19年8月にWBO世界フライ級王者だった田中恒成(26=畑中)に7回TKOで敗れたが、その後、1階級下のライトフライ級で2連勝し、今回が2度目の世界挑戦となる。計量を終えた2人は恒例のフェースオフでは約5センチの至近距離で13秒間にらみ合い、闘志を高めた。  興行は英プロモート大手マッチルーム社主催で、メインは世界4階級制覇王者マイキー・ガルシア(33=米国)とサンドロ・マルティン(28=スペイン)の145ポンド(約65.77キロ)契約12回戦。ガルシアは143.6ポンド(約65.13キロ)、マルティンは144ポンド(約65.3173キロ)でパスした。  当初、WBA世界ライトフライ級正規王者エステバン・ベルムデス(26=メキシコ)と同級2位ジェシー・ロドリゲス(21=米国)のタイトルマッチもアナウンスされていたが、ベルムデスがビザの問題で米国への入国が間に合わず、ロドリゲスは110ポンド(約49.89キロ)契約10回戦でホセ・アレハンドロ・ブルゴス(26=メキシコ)と対戦することになった。  WBAはベルムデスとスーパー王者・京口紘人(27=ワタナベ)に対戦指令を出している。マッチルーム社と契約する京口は、WBO王者ソトとの統一戦を希望しているが、まずはベルムデス戦を優先することになりそうだ。 Read more »

アフガンテロ、死者47人に is声明、シーア派標的か

© KYODONEWS 15日、アフガニスタン南部カンダハルのイスラム教シーア派モスクで起きた爆発の現場(ゲッティ=共同)  【イスラマバード共同】アフガニスタン南部カンダハルのイスラム教シーア派のモスク(礼拝所)で起きた爆発で、AP通信は15日、イスラム主義組織タリバン暫定政権の州当局者の話として死者が47人、負傷者が70人となったと報じた。テロとみられ、過激派組織「イスラム国」(IS)系勢力「ISホラサン州」は戦闘員2人が自爆したとする犯行声明を出した。  シーア派はアフガンの少数派で、スンニ派のISは敵対するタリバンへの攻撃も続けている。タリバンの治安維持能力が疑問視されている。 Read more »

岸田政権「悪い円安」に対応せず…このままでは不況下の物価高騰が庶民の懐を直撃

 9月下旬以降「円」が急落している。この3週間で約4円も下落。足元は2年9カ月ぶりの水準の113円台まで進行している。 海外メディアの“岸田評”「前任者と変わらない」とパッとせず…政治姿勢にもビミョーなまなざし  ところが、13日の参院代表質問で円安進行の原因と影響、為替安定策について問われた岸田首相は、「為替動向についてはコメントは控える」と、ほとんど反応しなかった。しかし、この「円安」が、不況下に物価が高騰する「悪い円安」なのは明らかだ。  金融ジャーナリストの森岡英樹氏が言う。 「急速に円安が進んでいるのは米国の長期金利が上昇しているからです。過度な物価高に対応するため、米国は金融引き締めを早め、政策金利を段階的に上げていくのは間違いありません。金利が上がれば、当然、ドルが買われ、円が安くなる。さらなる円安が進行すれば、輸入物価は高騰し、値上げラッシュが予想されます。景気が低迷する中の“悪い円安”と言えます」  日銀が12日に発表した9月の輸入物価指数は、すでに前年同月比31.3%も上昇している。  問題は岸田首相が機動的に円安に対応できるのかだ。円安の進行を止める有効策は利上げだ。ニュージーランドは今月、7年ぶりの利上げを実施。韓国も8月、2年10カ月ぶりに利上げし、さらに11月の追加利上げを検討している。 ■輸出、インバウンド依存のツケ 「アベノミクス以来、日本政府と日銀は円安誘導によって、輸出とインバウンドを推進してきました。円高には警戒を示し、事実上の“介入”もしてきた。ところが、日本政府は、円安への対応はやったことがない。岸田首相も“円安介入”との発想はすぐには頭に浮かばないのではないか。実際、他国とは異なり、日本で利上げ議論はほとんど聞こえてこない。対応を誤れば、この先、大幅な物価高に見舞われ、国民が悲鳴を上げる事態になりかねません」(森岡英樹氏)  岸田首相が欠席したG20は13日、「物価安定のための行動」で一致して閉幕した。日本だけ周回遅れになるんじゃないか。 Read more »

香川真司にjリーグ複数クラブが興味…本人も日本復帰を真剣に検討か

 PAOKテッサロニキに所属する元日本代表MF香川真司に今冬のJリーグ復帰の可能性が浮上している。ギリシャ『ノバ・スポーツ』が報じた。 【写真】“美しすぎる恋人”の極小ビキニ  昨年10月にサラゴサを退団した香川は無所属の期間を経て、今年1月に1年半契約でPAOKに加入。2シーズン目の今季はリーグ開幕戦こそ先発出場したものの、それ以降は外国人枠の問題もあり、ベンチ外が続いている。  同メディアによると、今冬の移籍市場で日本の複数クラブが32歳MFを獲得ターゲットにすると言われており、本人もPAOKでラズバン・ルチェスク監督の構想外となっている現状を受け、Jリーグ復帰を真剣に考えているようだ。  ルチェスク監督はバスコ・ダ・ガマ(ブラジル2部)に期限付き移籍中のブラジル人FWレオ・ジャバの復帰を希望しており、そうなればチーム内のEU圏外選手は8人となる見込み。さらに指揮官は今冬の移籍市場で攻撃的MFの獲得を求めているとも伝えられ、香川の移籍がますます加速することになりそうだ。 Read more »

「衝撃だった」神戸fwボージャンは日本に来て何に驚いたのか?「海外の選手も…」

「インテンシティはすごく高い」  今夏にヴィッセル神戸に加入したボージャン・クルキッチが、『DAZN』の番組「Jリーグプレビューショー」で日本サッカーの印象を語った。 【動画】シュート技術の高さを発揮! ボージャンが決めた待望のJ初ゴール  バルセロナのカンテラ(下部組織)時代は“天才”と持てはやされ、17歳でトップデビューを飾ったボージャン。しかし、バルサでは伸び悩み、その後はイタリア、オランダ、イングランド、ドイツ、カナダ(米国)を渡り歩いた。    そして、31歳にして日本にやって来た元スペイン代表FWは、Jリーグのレベルに驚かされたという。「特に衝撃を受けたのは…」と切り出し、次のように語っている。 「ボールを持ったときのプレッシングや試合のリズムがとても速く、インテンシティもすごく高い」  さらに、「競い合いのあるリーグなので、海外から来た選手も楽しんでいると思う」と続けている。  10月2日に行なわれたJ1リーグ第31節の浦和戦(5‐1)では、途中出場で待望のJ初ゴールを奪ったボージャン。徐々に日本のサッカーにもフィットしてきており、重要なシーズンに終盤に向けて、そのパフォーマンスにますます注目が集まる。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部 Read more »

【図解】is、モスク爆発で犯行声明=金曜礼拝狙いテロ相次ぐ―アフガン南部

 ロイター通信によると、アフガニスタン南部カンダハルのイスラム教シーア派モスク(礼拝所)を狙った自爆テロとみられる爆発で、過激派組織「イスラム国」(IS)が15日、系列のアマク通信を通じ、犯行を主張する声明を出した。 Read more »

【視点】尖閣上陸 地元の熱意に意義がある

Read more »

米渡航者のワクチン義務は11月8日から 米・英・中国製の6種はok

【ワシントン=大内清】バイデン米政権は15日、米国に渡航する外国人に対し、新型コロナウイルスのワクチン接種完了を義務付ける措置を11月8日から開始すると発表した。空路と陸路の両方で適用され、ワクチン接種が完了していれば入国後の隔離は必要ないとしている。 対象となるワクチンは、米国で認められている▽ファイザー製▽モデルナ製▽ジョンソン&ジョンソン製の3種に、世界保健機関(WHO)が緊急使用を承認している▽英アストラゼネカ製▽中国医薬集団(シノファーム)製▽科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製を加えた計6種。渡航者は接種証明のほか、渡航3日前までのウイルス検査で陰性だったことを証明する書類の提示が求められる。 これら以外のワクチンを接種している人の入国条件について、米疾病対策センター(CDC)は具体的に明らかにしていない。 米国はトランプ前政権下の昨年、新型コロナの感染拡大を受け、欧州域内での出入国管理を撤廃した「シェンゲン協定」加盟国や中国、インド、ブラジル、南アフリカ、英国などを14日以内に訪れたことがある外国人の入国を制限。商談などのための往来や観光客の激減で打撃を受けた経済界から、見直しを求める声が上がっていた。 Read more »

「血に飢えた吸血鬼」とされる男、脱走後にリンチ受け死亡 ケニア

© SIMON MAINA / AFP ケニアの首都ナイロビで、マステン・ミリモ・ワンジャラ容疑者による子ども殺害事件を報じる日刊紙スタンダード(左)とデーリー・ネーション(右)を手にする男性(2021年7月15日撮影)。 【10月16日 AFP=時事】ケニアで少なくとも10人の子どもを殺害した疑いで逮捕された後に警察署から脱走した「血に飢えた吸血鬼」とされる男が15日、村人たちにリンチ(私刑)を受けて死亡した。当局が明らかにした。  マステン・ミリモ・ワンジャラ(Masten Milimo Wanjala)容疑者(20)は7月14日、子ども2人の失踪事件に関与した疑いで逮捕された。その後、5年間に少なくとも10人の子どもを殺害したと認めた。捜査当局によると、殺害前に被害者の血管から血を吸うこともあったとされる。 © SIMON MAINA / AFP ケニアの首都ナイロビで、マステン・ミリモ・ワンジャラ容疑者による子ども殺害事件を報じる日刊紙デーリー・ネーションを読む男性(2021年7月15日撮影)。  容疑者は13日に首都ナイロビの裁判所に出廷予定だったが、朝の点呼の際にいなくなっていた。  容疑者は15日、脱走した警察署から400キロ以上離れたブンゴマ(Bungoma)にある自宅で近隣の子どもたちに見つかり、村人に捕らえられた。  地域の行政官のボンフェイス・ヌディエマ(Bonface Ndiema)氏は、「彼は地元出身なので、子どもたちが見分けることができた。情報が広まると住民たちが彼を追いかけ始めた」と説明。「最終的に近所の家に逃げ込んだが、連れ出されてリンチを受けた」と述べた。 © SIMON MAINA / AFP ケニアの首都ナイロビで、マステン・ミリモ・ワンジャラ容疑者による子ども殺害事件を報じる日刊紙デーリー・ネーションを読む男性(2021年7月15日撮影)。  警察はAFPに対し、リンチされた男の身元を特定するため科学捜査を開始したと明らかにし、「現時点で確かなのは、逃走していたマステン・ワンジャラ容疑者だと地元住民が言っている男が、ブンゴマでリンチを受けて死亡したということだ」と述べた。 【翻訳編集】AFPBB News Read more »

“アニマルウェルフェア”で飼育される豚から命のサイクルを実感する「有難豚プロジェクト」

© FNNプライムオンライン 宮城県の養豚家・高橋希望さんは、東日本大震災の津波から生還した豚に「有難豚(ありがとん)」と名付け、その子孫約100頭を育てている。 【画像】学生たちが見守る母豚「はーとん」が13匹の子豚を出産 高橋さんが取り組む、豚に与えるストレスを最小限にする養豚法「アニマルウェルフェア」や大学生の有志によるプロジェクトを追った。 津波で流された豚たちの使命 「東日本大震災の時に、うちの農場が津波で全部流されているんですが、流された豚が戻ってきたんです。豚を豚らしく、のびのび健康的に育てたいなっていう思いが高まって、『アニマルウェルフェア』の飼育方法に出会いました」と高橋さんは語る。 日本の一般的な養豚法では、豚はおりから出ることがなく、ストレスで目が充血したり、ケンカで傷ができることもあった。 人間が家畜に与える苦痛や不快感を最小限に抑え、健康的な生活ができるようにする飼育方法「アニマルウェルフェア(動物福祉)」をヨーロッパで学んだ高橋さんは、豚を家族単位で飼い、屋内外でたくさん遊ばせている。 豚を家族単位で飼えば、ケンカをして傷つけ合うことも少なく、高橋さん手作りのおもちゃでみんな仲良く遊んでいる。 エサは酒かすや地元特産の乾麺などを混ぜた特製ブレンド。急激に太ることもなく、病気も減った。 仙台から見学に来たシェフたちは、ゆっくり大切に育てられた「有難豚」が臭みもなく、優しい味わいであることを食べて実感する。 日仏食堂「ラトリエ・ドゥ・ヴィーブル」のシェフ・吉田勝信さんは「すごく愛情がこもっているので、その思いを自分たちの料理で伝えていかなければならない」と話した。 高橋さんは「“いただきます”の本当の意味や裏側にあるその動物たちの命や人間の責任を発信するのが、津波で助かったうちの豚の役割だと思っています」と語った。 “命をいただく”意味を学ぶ 慶應義塾大学商学部の有志が参加する「有難豚プロジェクト」は、高橋さんから一匹の子豚を買い取って、半年間の成長を見守り、肉になった後の試食・販売までを行う活動をしている。 そのメンバーで商学部4年生の八代瑠菜さんは「中高生ぐらいの時に生き物をいただくことに少し抵抗を持ったことがありました。豚にも感情があったりするのを知ったことで、スーパーのお肉とかしか見ていなかった豚が全然違うものとして見えてきた」と活動を通して“食肉”に対する考えが変わったことを明かす。 プロジェクトのメンバーは子豚を「はーとん」と名付け、成長を記録。 しかし、コロナ禍で卸先がなくなったため、はーとんを母豚にして出産を見守ることに。そして、はーとんが13匹の子豚を出産するところまで見届けた。 学生たちは「命のつながりを感じました」と貴重な体験ができたと話す。 今年はこの子豚の中から一匹を選んで、お肉になるまでを見届けていくという。 八代さんは「ずっと見守ってきた豚を食べるってなった時には、『ありがたい』『幸せだな』って気持ちになる。いろいろな視点から『アニマルウェルフェア』の是非を、もっと深く考えていって欲しいと思います」と語った。 SDGs SDGsとは、2015年9月の国連サミットで、全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。 Read more »

尼崎女性刺殺事件 殺害された女性は28歳病院事務員

© 産経新聞 女性が刺された現場付近を調べる兵庫県警の捜査員=15日午後10時8分、同県尼崎市(沢野貴信撮影) 兵庫県尼崎市のマンション敷地内で女性が刺され、死亡した事件で、兵庫県警は16日、女性の身元について、このマンションに住む病院事務員、森本彩加(さやか)さん(28)と発表した。 県警は同日、殺人事件として尼崎南署に捜査本部を設置。事件後、犯人とみられる男がスクータータイプの黒のバイクで逃走する様子が付近の防犯カメラに写っており、行方を追っている。 県警によると、事件は15日午後8時過ぎ、同市昭和通の駐輪場付近で発生。森本さんは刃物で背中を複数カ所刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。現場は国道2号沿いで、目撃した宅配業者の男性が「20~30代くらいの男が人を刺している」と119番した。 Read more »

SuchmosのHSUさん、32歳で死去。突然の訃報に悲しみの声広がる

© ハフポスト日本版 6人組の人気バンドSuchmosは10月15日、ベーシストのHSU(スー)さんが亡くなったことを発表した。32歳だった。突然の訃報に、悲しみの声が広がっている。 バンドは公式サイト上で、「Suchmosのベーシスト、HSUこと小杉隼太が永眠いたしました」と報告。「突然の悲報に接し、メンバー、スタッフ共に、未だ現実を受け止めきれない状況で、 戸惑い悲しんでおります」とつづっている。 葬儀は遺族の意向で近親者のみで執り行われたといい、「皆様におかれましても静かにHSUを見送っていただけますよう、お願い申し上げます」と呼びかけている。死因は明らかにしていない。 《Suchmosのメンバー。右がHSUさん》 2019年に腫瘍の摘出手術 HSUさんは神奈川県出身。2013年1月に結成され、2016年リリースの『STAY TUNE』で大ブレイクしたバンド・Suchmosのベーシストとして活動した。バンドは今年2月から活動を一時休止している。 2019年に体調不良が原因で入院。精密検査で腫瘍が見つかり、同年6月に摘出手術を受けた。復帰後の同年9月にはバンドがデビュー当時から目標に掲げていた神奈川・横浜スタジアムでのライブを成功させた。 「会いたいよ」 追悼の声 突然の訃報を受け、ネット上ではHSUさんの死を悼む声が相次いでいる。 ロックバンド・OKAMOTO’Sのメンバーでベーシストのハマ・オカモトさんはTwitterを更新し、「隼太ありがとう! 会いたいよ! そんなに早くはそっちにいかないけど、笑える土産話持って行くよ!」とつづった。 ▼公式サイトのお知らせ全文 Suchmos を応援してくださっている皆様に謹んでご報告いたします。 Suchmos のベーシスト、HSU こと小杉隼太が永眠いたしました。 バンドは現在活動休止中ですが、HSU は様々なアーティストをベーシストとしてサポートし、 また自身のプロジェクトを立ち上げ、楽曲の制作活動を前向きに取り組んでいました。 そんな中での突然の悲報に接し、メンバー、スタッフ共に、未だ現実を受け止めきれない状況で、 戸惑い悲しんでおります。 尚、葬儀はご遺族の意向により近親者のみにて執り行われました。 皆様におかれましても静かに ... Read more »

1回接種タイプのj&j製ワクチン、米fda諮問委が追加接種認める勧告

© 読売新聞 J&Jのコロナウイルスワクチン(AP)  【ワシントン=船越翔】米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は15日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の1回接種タイプの新型コロナウイルスワクチンについて、追加接種を認める勧告を出した。FDAが近く承認の可否を決定する。  諮問委は、18歳以上で、1回目の接種から2か月以上が経過した人を追加接種の対象とした。米疾病対策センター(CDC)によると、米国内では約1500万人がJ&J製の接種を完了している。  J&Jの臨床試験結果では、追加接種によって中程度以上の症状を防ぐ有効性が75%に上ったという。 Read more »

“内縁の夫”の腹を刺す 殺人未遂で女逮捕

殺人未遂の疑いで43歳の女が逮捕されました。 前田安和容疑者は15日夜、神奈川県川崎市の自宅で内縁の夫とみられる大竹隆さんの腹を刃物のようなもので刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。 前田容疑者は調べに対し、殺意はなかったと容疑を一部否認しているということです。 Read more »

霊長類研元教授、論文4本捏造=実験事実確認できず―京大

© 時事通信 提供 京都大本部構内の時計台=京都市  京都大は15日、霊長類研究所(愛知県犬山市)の正高信男元教授が2019年までに発表した4本の論文で不正があったと発表した。いずれも実験を実施した事実が確認できず、捏造(ねつぞう)と認定。正高氏には論文の撤回を勧告し、処分を検討するという。  京大によると、不正があった論文は14~19年に発表された4本。18、19歳の若者に大麻から抽出した成分「カンナビジオール」を投与する実験の結果などが記されていた。いずれも共著者はいなかった。  記載通りの研究が行われていたのか疑わしいとの通報があり、20年6月に調査を開始。正高氏は聞き取り調査や資料の提出に応じておらず、調査結果も通知したが、回答はなかったという。  正高氏は昨年3月に定年退職した。報道機関に対し、「データを霊長研に置いて去っている。調査結果は知らされていない」とのコメントを発表した。  Read more »

小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

 秋篠宮家長女・眞子さま(29)と小室圭さん(30)が今月26日に入籍する。婚約内定報道から4年、小室さんの母親の借金問題など一連の騒動で、「なぜ事前に調査しなかったのか」といった「宮内庁」への責任や存在意義を問う声は多い。国民の税金で賄われる国家公務員だから当然だが、財務省や厚労省などと違って、いまひとつ実態が分からない。どんな人たちが働いているのか――。 【画像】眞子さま射止めた小室圭さんも「海の王子」 歴代42人の“出世度”は?   ◇  ◇  ◇ ■職員にはどうしたらなれるのか?  宮内庁職員は1073人。定員数は、宮内庁長官、侍従長、上皇侍従長、皇嗣職大夫など特別職が70人。その他、皇族に仕えたり、事務方を担う一般職が1010人となっている。  職員(一般職)になるためには、人事院採用で主に国家公務員一般職試験(大卒程度試験・高卒者試験)に合格し、宮内庁訪問をして内定を受けるのが正式ルートだ。  大卒の場合、2019年は行政職7人、技術職0人、20年は行政職5人、技術職2人、21年は行政職5人、技術職2人が採用されている。  一方で、特別職は他省庁からの天下りだ。 ■長官、次長の重要ポストは旧内務省から出向 「伝統的に旧内務省出身者が、長官や次長など重要ポストに就いています。例外もありますが、警察庁、厚労省、国土交通省、総務省の4つの省庁で回すのが伝統になっています。例えば警察庁が入っているのは、パレードの警備や皇族の周辺の身辺調査を担うなど実務ともリンクしているのでしょう」(宮内庁記者)  現在の西村泰彦長官は警察庁出身。警視総監、内閣危機管理監を経て、16年に宮内庁次長、19年から現職だ。山本信一郎前長官は元総務官僚であった。 「本省の出世ピラミッドから外れたり、ポストがない官僚の一時出向先に充てられることが多い。出向期間2~3年を上に逆らわずに大過なく過ごせればよいと考える人がほとんどで、皇室への敬愛や使命感、熱意をもって働いている人は少ないでしょう」(公務員問題に詳しいジャーナリストの若林亜紀氏) Read more »

立憲民主党・中村喜四郎氏に聞く「選挙は格闘技」敵地に入り込まなければ自民の牙城は崩せない

【10.31衆院選 野党「戦いの方程式」】#4  コロナ禍で行き詰まった首相が2代続けて政権をブン投げ、新首相は国会審議を拒んですぐさま解散・総選挙に打って出た。「無敗の男」と呼ばれ、野党共闘に汗をかく中村喜四郎氏は、この急展開を「自殺行為」だと断じる。 匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前 「自民党の焦りを感じさせる段取りです。国会を閉じ続けたままフルスペックの総裁選をやり、組閣したら一気に解散。それも、当初の想定より1週間も前倒しで、投開票までの日程は戦後最短です。早く選挙をやらないと不都合なことが起きると慌てているのは間違いないんじゃないですか」 「与野党伯仲」を目指す中村氏は、知事選などを足掛かりに野党結集を深化させてきた。同時に、立憲の若手議員らを連れて自民に近い企業や団体をアポなし訪問し、支持拡大につなげる選挙手法を伝授。門前払いに戸惑う若手を「警戒されているから冷たい反応なんだ」と励まし、千葉、静岡の両知事選や菅前首相のお膝元の横浜市長選での野党系候補勝利に結びつけた。 ■4年間で132選挙区を行脚 「衆参に知事選を含め、4年間で19都道府県、132選挙区を歩いてきました。『中村喜四郎? フンッ』という人もいれば、『おーっ』という人もいて反応が千差万別で面白い。千葉県知事選や横浜市長選では立憲の衆院議員や候補者らと10日間歩きました。『中村が来たら断れ』と指示が回っていて、いると聞いていた社長がいなくなっていたり。もっとも、余裕しゃくしゃくで迎えられるのが一番困る。相手方が反応し、ある面では怖がっているのはいいことなんです」  着実に流れを手繰り寄せているように見えるものの、立憲の政党支持率は低空飛行だ。 「今の人は世論調査だとかを当てにしているけれど、私はあんまり興味ない。国民の声を聞き分け、視線を見分ける。そういう肌感覚がプロの政治家にとって一番大切な能力で、選挙で磨くもの。野党はなぜ自民党の牙城を崩せないのか。相手の陣地に入り込んで行かないからです。自民党支持者と一口に言っても、みなが心酔しているわけじゃない。そこを攻めないから道が開けない。蹴っ飛ばされても、塩をまかれても、少し話を聞いてみようかと言ってもらえるまで粘らないと」  野党ならではの“体質”にも厳しい。 「選挙は格闘技なんですよ。ふわっと戦い出て、ムードを変えて地上戦で勝つなんて考えでは基本のキがなってない。人間の生きざまが出るのが選挙。シタタカにあきらめずに戦い、活路を見いだすのが選挙。それを少しでも感じてもらえればと思って(若手と)歩いているんですが、これは昔の自民党のやり方なんです。野党も人間関係を大切にしないと。労働組合、あるいは風を頼りにする日和見的グループに国民は期待しない。そういうことを自覚しなきゃいけない」 Read more »

無観客なのがもったいない! “たまたま”ナショナルオープンばりの組み合わせが実現【きょうの注目組】

<富士通レディース 2日目◇16日◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6679ヤード・パー72> 初日のスコアで組み合わせが決まる3日間大会の2日目に、“超・超注目組”が形成された。それが午前10時に1番ティからスタートする5アンダー・5位タイの3人、渋野日向子、稲見萌寧、原英莉花の第14組だ。 シブコがカメラ目線でニッコリ【写真】 大会初日は主催者の意向なども汲みながら組み合わせが決められるため、人気選手が一緒の組で回ることも多い。実際、今年の「日本女子オープン」予選ラウンド2日間では、この3人が同組でプレー。多くのギャラリーを引き連れて36ホールを回った。富士通レディースが無観客開催なのがもったいないと感じてしまうほど、今をときめく組み合わせだ。 3人とも上々の滑り出しによって実現しただけに、全員で伸ばす展開にも期待がかかる。2週連続優勝を目指す渋野は、「チャンスについたところで、しっかり決められるように。ショットを安定させたいので、練習して気持ち悪さのないゴルフをしたい」と2日目への意気込みを語った。また千葉にある自宅から通う稲見も「2週間前くらいの調子が悪かった時よりはよくなっている」と上向きをアピールする。ドライバーを替えたという原も「きょうみたいに自分の思ったショットをしっかり打って伸ばしたい」と、当然ながら本人たちも上位を意識してプレーする。 午前10時20分スタートの最終組も、9アンダーで首位の勝みなみと、7アンダー・2位タイの西村優菜、古江彩佳とつわものが集まった。3人合わせてメジャー2勝を含む今季9勝とあって、こちらもバチバチのラウンドになりそうだ。バーディ合戦が予想されるなか、最終日はどのような注目組が出現することになるだろうか? © Cross Planet, Inc. 日本女子オープンでは多くのギャラリーの注目を集めた(撮影:岩本芳弘) Read more »

ドイツ 社会民主党・緑の党・自由民主党の3党連立、本格協議へ

© 毎日新聞 提供 社会民主党、緑の党、自由民主党の党首との記者会見を終えた後のショルツ氏=ベルリンで2021年10月15日、AP  9月のドイツ連邦議会(下院)総選挙で第1党となった中道左派・社会民主党と、第3党の環境政党・緑の党、第4党の中道・自由民主党は15日、本格的な連立交渉に入ることで合意したと発表した。社民党のショルツ財務相が次期首相の座に大きく近づいた。  3党は同日、予備協議の結果を共同文書にまとめ「私たちは野心的で受け入れ可能な連立協定を締結できると確信している」と発表した。各党の党内手続きを経て、来週にも本格的な協議に入る見込み。3党は年内にも交渉をまとめたいとの考えだ。  文書には、現在2038年までを目指す「脱石炭」を加速させると明記し、緑の党が求める30年までの前倒しを「理想的」だとした。  政府の借り入れを制限する「債務ブレーキ」のルールについては、緑の党が見直しを求めていたが「憲法で定められた債務ブレーキの枠内で、将来必要な投資を確保する」とし、自民党の主張通り維持する方向性を示した。  社民党が選挙戦で打ち出した最低賃金の時給12ユーロ(1590円)への引き上げも実施する。  メルケル首相のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は下野する見通しが強まっている。【ベルリン念佛明奈】 Read more »

気づかないうちに進行し、大病につながる「脂質異常症」 予防のポイント

新型コロナウイルス感染症では、命に関わる病気として「肺炎」と並び「血栓症」に警鐘が鳴らされています。 血栓症は、血のかたまりが血管に詰まり、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすものです。そのリスクを高めるのが生活習慣病のひとつ「脂質異常症」。 「コロナ禍で外出は控えるけれど、美味しいものを食べたい」と思うのも無理はありません。しかし“美味しいもの”には脂質を含むものが多く、外出控えのコロナ太りも気になります。健康診断も延期になるなど、隠れた脂質異常症に注意が必要です。 血管内に脂肪を蓄積し、静かに進行する脂質異常症 脂質異常症は、血液中の脂質(脂肪)が多くなる病気です。悪玉「L D Lコレステロール」の多過ぎ、「トリグリセライド(中性脂肪)」の多過ぎ、善玉「H D Lコレステロール」は少な過ぎる、というアンバランスな状態です。 初期には自覚症状はありません。放置していると、気がつかないうちに血管の内側に余分な脂肪がこびりつき、ドロドロの粥状のかたまり“プラーク”ができます。すると血管は硬く弾力がなくなる“動脈硬化”という状態になり、もろく、切れたり詰まったりしやすくなすのです。 さらに、プラークが破れると、そこに血のかたまり“血栓”ができます。血栓が、詰まりやすくなった血管をふさぐと血流が止まり、その先の組織や臓器は死んでしまいます。脳の血管が詰まれば脳梗塞、心臓の血管が詰まれば心筋梗塞が起こります。 健康診断で血中脂質検査の結果が「要指導」や「要治療」になっていたら、脂質の状態に異変がある可能性があります。早めに医療機関を受診することをお勧めします。 予防・改善のポイントは“食事”と“生活習慣” 脂質異常症の予防や改善の目標は、余分な脂肪でドロドロになった血液を脂質検査の基準内におさめ、血液がスムーズに流れるようにすることです。下記の食事や生活習慣のポイントをおさえて、改善を図りましょう。 【食事のポイント】 ・ゆっくり食べて腹八分目 ・バランス良く、主食も適量食べる ・夕食はカロリー控えめ、夜食は食べない ・動物性脂肪は控えめ(肉類の脂身、バターなど) ・青魚は多め(サバ、イワシ、サンマなど) ・植物性タンパク質をたっぷり(大豆、大豆製品など) ・食物繊維をたっぷり(野菜類、根菜類、キノコ類、豆類、海藻類など) ・ビタミン類が多い緑黄色野菜を毎日食べる(ニンジン、カボチャ、トマト、ピーマンなど) ・コレステロールが多い食品は食べ過ぎない(鶏卵、イクラなどの魚卵、ウナギなど) ・酒類を飲み過ぎない(1日にビールなら大瓶1本、日本酒なら1合、ワインならグラス2杯まで) ・週に1日は飲酒しない休肝日を作る 【生活習慣のポイント】 ・禁煙する ・ストレスをためない ・睡眠を十分とる ... Read more »

“いけにえ”に出された娘の最後の望みが予想外すぎる かわいそうな話からの急展開漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」

 かわいそうないけにえの娘が、与えられた猶予で思わぬことを望む漫画が「新鮮で笑ってしまった」と話題です。ハッピーエンド……? 【漫画を読む】いけにえの娘が望むものとは?  八つ頭のヤマタノオロチっぽい怪物に対して、里がいけにえとして献上したのは、薄汚れて痩せこけた娘。みなし児の彼女は、里で奴隷同然に働かされて、殴られたり食事を抜かれたりする日々を過ごし、最終的にいけにえに選ばれたのでした。  すると、怪物も「可哀想…」「悲しくなってきちゃった」「食べるのはちょっと…待たない?」と同情し、彼女に少しばかりの猶予を与えることに。そしていけにえに「何かしたい事はあるか?」と尋ねてみると……。  涙を隠すように顔を手で覆っていた娘は、はっきりと「里を滅ぼしたい」とひと言。さらに「里を焼き払って水攻めにして、逃げ惑う人々を見て高笑いしたい」と望みを語った彼女は、怪物を従えるようにして気持ちいいほどの復讐を果たし、末永く幸せに暮らしたのでした。めでたし、めでたし(?)。何かに目覚めた娘の豪快な笑顔よ!  作者のかっくさんが「好きなタイプのヒロイン(古代編)」として漫画を公開すると、Twitterで「受けたものは返すヒロイン、良いです…」と好きの声を集め、「彼女にとってすてきなオチににっこりしましたw」や「首同士で相談するオロチがかわいい」といった声も上がっています。  漫画は、かっくさん自身が好きなヒロインのタイプを描いたシリーズの7作目で、これまでの作品はpixivにてまとめ読みができます。他にも多くの創作漫画を発表しており、単行本の『乙女の群像 みやこかっく作品集』(KADOKAWA)などが発売中です。 作品提供:かっく(@cak221)さん ねとらぼ Read more »

維新に投票したら格差は解消する? 松井さんに若者政策を聞いてみた あくまで野党の立場にこだわる理由

大阪で教育無償化を実現し、国政でもその存在感を示してきた日本維新の会。衆議院議員選挙を前に「日本大改革プラン」を発表し、政府が国民に一定額の現金を毎月無条件で支給する「ベーシックインカム(BI、最低所得保障)」の導入を掲げるなど格差解消を目指すとしています。そもそも日本維新の会とはどんな政党なのか、若者政策としてはどんなことを考えているのか、松井一郎(まつい・いちろう)代表にYouTubeたかまつななチャンネルで聞きました。 【写真】選挙ポスターの「しきたり」 まず拭く、四隅に画びょう、心込めて…普段は見られない現場 日本維新の会の理念は既得権益の打破 ――まず、日本維新の会がいま一番大事にしている理念はなんですか? これから日本は超高齢化社会に入っていくので、社会保障を含めて持続可能な日本を作っていきたいということ。それと、一部の人たちに既得権という形で優遇・厚遇され過ぎているところがあるので、すべての納税者が納得できるような税金の使い方に変えていきたいということです。 ――維新は今までの政党と何が違うんでしょうか? まず既得権益打破です。日本の中で一番優遇・厚遇されているのは政治家なんですよ。特に国会議員。日本で領収書のいらない経費をもらえているのは国会議員だけです。これが月100万円の文書通信交通滞在費。1人あたり年間1200万円。領収書がなかったら、これはもうお小遣いやからね。これが税金で支給されると。そういう形で一番優遇・厚遇されている人たちが日本の税金の使い方を決めていく。 だからそういう状況にメスを入れていこうとすれば、まず議員の身分を変えないと。我々は、大阪維新の会というグループからスタートしているけど、徹底的に議員の身分についてはメスを入れてきました。例えば、いま普通の公務員で、大学を出て役所に就職する。そこで40年働いてだいたい大阪市で2500万から3000万ぐらい。 ところが、選挙で選ばれて知事や市長になると、1期4年で4300万くらいもらうわけ。退職金ももらえる。だから納税者が当たり前と思うような形に政治家の身分も変えていくというのが、我々の考え方です。僕も知事を2期やって、いま市長ですけど、報酬は4割カットで、退職金はなしです。 ――疑問に思うのが、政治家の数や給料を減らすことは政治がよくなることに本当につながるのかということです。政治家になるのもリスクじゃないですか。供託金を含めて選挙にはお金もかかるし、今の職を投げ打って政治家になるのは大変なことだと思います。あまりに議員さんの給料が低いと政治家に憧れがなくなり、なり手がいなくなったりしないですか? それを実際に実行してきているのが我々の政党。大阪維新の会で全国で初めて2011年に議員の優遇・厚遇にメスを入れることをスタートしたんですね。 大阪府議会議員の給料は3割カット、議員定数は2割カット。その結果、給料は日本の都道府県議会の中で一番少ないけど、それでも1000万あるの。いま日本の国民の雇用者所得の平均は550万円ぐらいかな。十分生活はできるでしょと。 定数についても、昔は政治家が地域の声を聞いて行政に伝えることが一つの役割だったけど、いま、政治家の数が多少減っても、情報伝達の技術、テクノロジーが進化する中で、皆さんの声は十分聞こえます。昭和の時代の数はもう必要ありませんね。 Read more »

淡路市が地域新電力事業「国の規制緩和不可欠」 各党、再生エネ拡大を訴え

© Copyright(C) 2021 神戸新聞社 All Rights Reserved. 淡路市役所に隣接して広がる市の太陽光発電施設=淡路市生穂新島  19日公示の衆院選では、脱炭素社会の実現に向け、太陽光や風力などの再生可能エネルギー(再エネ)の拡大を各党が訴えている。菅前政権は「2050年の温室効果ガス排出量の実質ゼロ」を宣言したが、電力の安定供給など課題は多く、兵庫県内でも模索が続く。(石沢菜々子)  大阪湾を望む淡路島東部の淡路市役所。隣接する約1・9ヘクタールに市の太陽光発電所が広がる。  11年前に完成し、市役所など3施設に電力を供給する。この施設をはじめ、市内で発電された電力を地元の企業や住民に安く提供する「電力の地産地消」を目指そうと、同市は今年1月、県内の自治体では初めて地域新電力事業に乗り出した。  市の第三セクターが民間企業と連携し、来春からは一般家庭への販売も予定する。市は今後、電力の固定価格買い取り制度が終了した民間太陽光発電所の買い取りも進める方針だ。担当者は「地域内での発電量の割合を上げるには、耕作放棄地への太陽光パネルの設置許可など国の規制緩和が欠かせない」と指摘する。      ■  淡路島の3市は11年に国の「あわじ環境未来島特区」に指定され、先駆的な取り組みを進めてきた。温暖で雨が少ない気候は太陽光発電に向いている。民間の大規模太陽光発電所建設が相次ぎ、当初は8%だった再エネによる島内の電力自給率の割合は、20年度に35・6%まで上昇している。  淡路島での取り組みがけん引し、県全体でも太陽光を中心に再エネによる発電量は伸びている。県は30年度の目標を、国の温室効果ガス「実質ゼロ」方針に合わせて20年度の1・7倍に上方修正した。県内の年間消費電力量の約22%に当たる数字だ。  県の担当者は「再エネの導入を広げるだけでなく、淡路市のような地産地消の取り組みをいかに広げるかが課題だ」と指摘する。  ただ、太陽光発電所計画を巡っては景観悪化や土砂災害の懸念などから、各地で住民らによる反対運動が起きている。太陽光発電を規制する条例を定める自治体も相次いでおり、環境や防災面での配慮も必要になる。      ■  政府は改定中の「エネルギー基本計画」で、電源構成に占める再エネの割合を、30年度に19年度実績の約2倍となる36~38%まで増やす方針。だが経済界には、電力の安定供給などの観点から、原子力推進を求める声も根強い。  自民党は、衆院選の公約で2兆円基金や投資促進税制など「あらゆる政策を総動員する」と明記。公明党も2兆円基金を活用した技術開発などを掲げる。  立憲民主党は、政府の目標より早い脱炭素社会の実現を掲げる。共産も再エネを「30年に50%」と主張し、維新は電力自由化の推進や再エネの導入促進など「エネルギー源の多様化」を強調するが、各党とも具体的な道筋は見えにくいままだ。 Read more »

キンタロー。 第2子妊娠を発表 妊娠8カ月で年内に出産予定「この奇跡を心より感謝」

© スポーツニッポン新聞社 キンタロー。  お笑いタレントのキンタロー。(39)が第2子を妊娠していることが16日、分かった。所属の松竹芸能の公式サイトで発表された。現在、妊娠8カ月で年内に出産予定という。  サイトでは「この度、弊社所属タレントのキンタロー。が、第二子を妊娠していることをご報告させていただきます。現在、妊娠8ヶ月目に入り、体調も安定しております」とした。  キンタロー。は自身のブログでも発表。「皆さまにはご報告がございます」とし、「コロナ禍という時期と自分自身のかなりの心配性という性格の事もあり報告のタイミングをどうしようかと悩んでいたのですが。このタイミングで公表をさせていただこうという事になりました」と説明し、そのうえで「私、キンタロー。ただ今お腹の中に新たな命を授かりました。この奇跡を心より感謝しております」と家族写真とともに報告。  「すでに安定期は迎えておりまして予定日は年内でございます」とし、「コロナ禍という事もあり妊活、不妊治療開始には色々と悩みましたが 愛するちびキンちゃんにいつかは兄弟がいると言う環境を作ってあげたい思いが強く、妊娠をするには治療が必要な環境であり 私自身の年齢の事も考えて夫婦で決めました。そして沢山の方々のサポートのお陰もありまして授かる事が出来ました。まだまだ不安は尽きませんがブログにて御報告させて頂きました」と記した。  キンタロー。は15年12月にテレビ制作会社勤務の3歳年上の男性と結婚。昨年1月に第1子となる女児を出産している。 Read more »

ハマ・オカモト「嫉妬を通り越し尊敬できる人」サチモス小杉隼太さん追悼

ベーシストのハマ・オカモト(30)が16日までにSNSを更新し、32歳で亡くなったロックバンドSuchmos(サチモス)のベース、HSUこと小杉隼太さんを追悼するメッセージを送った。 オカモトはインスタグラムで「“どうせ金持ちの道楽だろ、と思ってたけど、お前は違う。ごめんな。お前はかっこいいよ”初めてちゃんと話した日に、真っ直ぐそう言ってくれました」と、小杉さんとの会話を回想。「そんな風に、包み隠さず言ってくれた人なんか、後にも先にも隼太だけだよ。本当に嬉しかった。嫉妬を通り越して、尊敬できる人なんか、そういないんだよ。俺らこんな性格だから。知ってるでしょう。ついこの間、バカみたいに褒め合ったけど、まだ足りないよ」と訃報を悲しみ、「大好きだよ。それはみんなそう思ってる。またね。ありがとう」とメッセージを送った。 オカモトはツイッターでも「隼太ありがとう!会いたいよ!そんなに早くはそっちにいかないけど、笑える土産話持って行くよ!しばらく、愚痴を言う相手がいなくて困っちゃうなぁ。大好きだよ!」とつづった。 © 日刊スポーツ新聞社 ハマ・オカモト(2021年3月撮影) Read more »

ミラン、ベルギー代表mfサレマーカーズと2026年まで契約延長…2020年冬に加入

ミランは15日、ベルギー代表MFアレクシス・サレマーカーズが2026年まで契約を延長したことを発表した。 サレマーカーズは2020年1月にアンデルレヒトからミランに加入。これまで公式戦64試合に出場し、4ゴール10アシストを記録する。昨季はチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献し、ベルギー代表にも選出されるなど大きな成長を遂げていた。 現行契約は2024年までとなっていたため、2年の延長に。契約延長に至ったサレマーカーズは「ミランで成長できたことを嬉しく思う」とコメントしている。 サレマーカーズは今シーズン、公式戦9試合に出場。2アシストを記録している。 Read more »

ウソ泣きを覚えた1歳息子、あまりに長く泣くのでママが確認すると…… まさかの“ウソすぎる”行動に思わずツッコんでしまう

 ウソ泣きを覚えた男の子。いつまで泣いてるの? と思ったら……驚きの展開を描いた漫画がInstagramに投稿されています。 【画像】漫画を読む  作者のnao(n5555on)さんは、4歳の女の子と、もうすぐ2歳になる男の子のママ。2人の成長をイラストや漫画にしてInstagramで公開しています。今回は、最近ウソ泣きを覚えた息子くんのお話です。  最近成長が著しく、ウソ泣きすることを覚えた息子くん。エーンエーンといって、手を目元にもっていき、涙をおさえるフリをしていますが、よく見るとお口が笑っており、すぐにウソであることがわかってしまいます。  ある日のこと。パパが帰宅しドアの隙間から顔をのぞかせ「ただいまー」と声をかけました。息子くんは嬉しさのあまり「キャァー」と声をあげて喜ぶのですが、なんとパパはそのまま部屋には入らず、「風呂入ってくる!」とドアを閉めてしまったのです。  がっかりしてしまった息子くん。これは自分の気持ちを伝えねば、と思ったのでしょうか。最近覚えた必殺技ウソ泣きを披露します。片付けをしているママに向かって、悲しいアピールする息子くん。でもママは息子くんのウソをお見通しで「すぐ戻ってくるよー」と軽く声をかけるだけです。息子君は、更にアピールをしようと、スススッっとママの背後に近寄り、ウソ泣きを続けます。  あまりに続くウソ泣きに、ママが息子くんの方を振り向いて確認すると……。そこには、「えーん、えーん、えーん」と言いながら、鼻をほじる息子くんの姿がありました。ウソ泣きといえど、あまりの「ウソ」っぷりに、ママさんは「鼻ほじっとんかい」とツッコミを避けられなかったようです。   こちらの漫画には「可愛すぎる……!」というコメントの他、「うちもそうですー」と同じ体験をしているママさんから共感のコメントが寄せられています。子どもの「ママ構って攻撃」にはあらゆるバージョンがありそうですが、ウソ泣きは共通する必殺技なのかもしれませんね。  naoさんは、この他にもInstagramで育児漫画を公開中です。 画像提供:naoさん ねとらぼ Read more »

眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

 小室圭さん(30)は18日秋篠宮邸を訪れ、秋篠宮ご夫妻に挨拶し、秋篠宮家長女・眞子さま(29)と3年2カ月ぶりに再会される。結婚記者会見は、入籍日当日の26日、都内のホテルで行われることとなった。婚約内定後、小室さんの母・佳代さんの金銭トラブル発覚をきっかけに、延期になっていた結婚がおよそ4年越しで実現する。 眞子さま射止めた小室圭さんも「海の王子」 歴代42人の“出世度”は?  その間、小室さんによる金銭トラブルへの釈明も行われたが、祝福ムードが醸成されることはなかった。バッシングを受けたのは小室さん母子だけではなく、眞子さまご自身が「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」であることを公表される事態に。眞子さまは果たして、国民の声を無視してわがままを通したことになるのか。  ある皇室ジャーナリストはこう話す。 「皇族であっても結婚は誰かに強制されるものでもなければ、多くの人から反対されたからといって止めるべきものでもありません。昨年、秋篠宮さまがお誕生日の際に『結婚は認める』とお話しされた時点で、お2人の結婚が実現することは決まっていました。一時金の辞退、儀式なしという異例の事態になりましたが、これは反対意見への、秋篠宮さまと眞子さまが出した精一杯の対応だったのではないでしょうか」 ■家柄よりも本人の意思を尊重  26日の記者会見を民間施設で実施するのも、けじめを求められた秋篠宮さまたってのご要望だという。 「ネット上などでは、この結婚に対して破談を望む声が今もって少なくありません。仮に、眞子さまが今回の結婚を諦められた場合、これだけの騒動になったため、次にお相手を見つけることが困難であるのは明らかです。結婚は家同士のつながり、ましてや相手は皇族であるため、小室さんの母、佳代さんの金銭トラブルが私的な問題ではすまないという声、一定数の拒絶反応があるのも理解できますが、もはやそうした意見は古いのかもしれません。かつて、皇族の結婚相手は家柄が重視されましたが、眞子さまが家同士のつながりよりも本人たちの意思を尊重したことに、時代の変化を感じます」(女性週刊誌記者)  今回の騒動で、皇族の生活、結婚などが税金から成り立つことへの批判の声も聞かれるが、たまたま皇族としてお生まれになった眞子さまにはこの30年間、一般人が享受している自由な生活が送れなかったことを忘れてはならない。結婚後は、皇族としての庇護を受けず一般人として生活される。結婚生活がうまくいこうといくまいと、自ら選ばれた結婚である。そっと見守りたい。 Read more »