加賀まりこ、20歳で女優を一時休業。単身訪れたパリで学んだ“人間の一番大切なこと”

Asia's Tech News Daily

© tv asahi All rights reserved. 加賀まりこ、20歳で女優を一時休業。単身訪れたパリで学んだ“人間の一番大切なこと”

高校在学中、17歳のときに篠田正浩監督と寺山修司さんに路上でスカウトされ、1962年に『涙を、獅子のたて髪に』(篠田正浩監督)で映画デビューした加賀まりこさん。

『月曜日のユカ』(中平康監督)、『乾いた花』(篠田正浩監督)など映画をはじめ多くのテレビ・CMに出演し、小悪魔的なルックスと歯に衣着せぬ発言が話題に。

20歳のときに半年間休業してパリで過ごしたあと、劇団四季の舞台『オンディーヌ』に出演。以降、映画『泥の河』(小栗康平監督)、『花より男子』シリーズ(TBS系)、『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)など多数出演。

“カッコいい女優”として同性からも圧倒的な支持を集め、11月12日(金)には54年ぶりとなる主演映画『梅切らぬバカ』(和島香太郎監督)が公開される加賀まりこさんにインタビュー。

© tv asahi All rights reserved. 加賀まりこ、20歳で女優を一時休業。単身訪れたパリで学んだ“人間の一番大切なこと”

◆小学生のときからひとりで美容院へ

映画会社「大映」のプロデューサーを父にもち、12歳上の兄も「松竹」のプロデューサーという芸能一家で育った加賀さん。

東京・神田で生まれ、8歳からは神楽坂育ち。小さい頃からカッコいいと思ったことはすぐ実行に移さなきゃ気が済まないおませな子だったという。

-小さい頃から自立心が強かったそうですね-

「そうね。幼い頃から大人に囲まれて育ったせいかおしゃまでしたね。生意気な子どもだったと思う」

-小学生のときにオードリー・ヘプバーンの髪型に憧れてひとりで美容院に行かれたとか-

「そう。『ローマの休日』を見て、オードリーのショートカットにしようと思ったの。家の近くは芸者街だから、芸者さんがお座敷の前に髪を結いに行くような美容院だったのね。だから違うなと思って伊勢丹に行ったときにちょっとおしゃれな美容院があったから、『オードリーになるのは伊勢丹だわ』と思って行ったの。『オードリー・ヘプバーンにしてください』って」

-小さな女の子がひとりで行ってお店の人もびっくりしたのでは?-

「そんなに小さくもないでしょう? 小学校の5、6年生だから。でも、そのときに偶然隣の席にいらしたのが二代目尾上松緑さんの奥様で。私が女優になってからお目にかかったときに、『あなたとはよく伊勢丹の美容院でお目にかかったわね。小さいのにいつもひとりで美容院にいらして、このお嬢さんはしっかりしているわって思ったのよ』と言われて驚きましたけど」

小学生のときから神田神保町の古本屋街に通い、はじめて買ったのは『マルキ・ド・サド選集』(澁澤龍彦訳)だったというから驚く。

「父や姉と兄もよく本を読んでいたので感化されて私も読むようになったんだけど、小学生でお小遣いもそんなにないから神保町の古本屋さんで立ち読みをして、帰るときにページの端をこっそり折っていたの。

お店のおじさんもそれを知っていて見逃してくれていたんだと思うけど、『マルキ・ド・サド選集』のときだけはダメだった。『その本はダメ! 折り目をつけたら買いなさい』と言われて。そうそう売れる本じゃなかったのかしらね。それで次の日に貯めていた小銭をかき集めて買いに行きましたよ。小学6年生のときでしたね」

-お父さまが映画プロデューサーですしお兄さまもということですが、スカウトされたりは?-

「ないない。全然ない。全員が裏方の仕事をしている家なので出たいなんて思ったこともないし、まったく興味もなかった。子どもの頃から有名な人が家に来ているのをいっぱい見ていたけど、羨ましいとかそんな感覚はなかった」

※加賀まりこプロフィル

1943年12月11日生まれ。東京都出身。1962年、『涙を、獅子のたて髪に』(篠田正浩監督)でスクリーンデビュー。映画『月曜日のユカ』(中平康監督)、映画『美しさと哀しみと』(篠田正浩監督)、『陽炎座』(鈴木清順監督)、『麻雀放浪記』(和田誠監督)、ドラマ『澪つくし』(NHK)、『花より男子』シリーズ(TBS系)、『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)など映画・ドラマに多数出演。1981年に映画『泥の河』(小栗康平監督)でキネマ旬報助演女優賞。2011年に映画『洋菓子コアンドル』と映画『神様のカルテ』(ともに深川栄洋監督)で第24回日刊スポーツ映画大賞・助演女優賞を受賞。2021年11月12日(金)には『濡れた逢びき』(前田陽一監督)以来、54年ぶりの主演映画『梅切らぬバカ』(和島香太郎監督)の公開が控えている。

© tv asahi All rights reserved. 加賀まりこ、20歳で女優を一時休業。単身訪れたパリで学んだ“人間の一番大切なこと”

◆17歳のときに路上でスカウトされ女優に

中学時代は陸上部に所属し、2年生のときには走り幅跳びで都大会優勝も経験。高校生になると行動範囲も広がり、六本木や麻布で遊ぶことが多くなったという。

1960年、六本木・飯倉片町にあるビルの地下に「レストランキャンティ」がオープン。キャンティは当時の日本には見られなかったスタイルの店で、自立した個性をもった人々が多く集まり、各界著名人が利用する伝説のレストランとして知られることに。

「あのお店は私が17歳のときにオープンしたのよ。キャンティのオーナー夫妻の息子2人とはよくボウリング場で会っていて、『こんにちは』っていう程度の知り合いなんだけど、『今日、僕のおやじとおふくろが店を出すんだけどオープニングだから来ない?』ってみんなに声をかけていたのね。それで10人以上で行ったんじゃないかな。

まだオープニングだからそんなに有名な店になるとは思っていなかったんだけど、そこに来ている面々を見て、『私の家に来たことのある有名人とは質が違うわ』って。つまり質の違う文化人がいることがおもしろかったというか興味を引いたし、その人たちの話が聞きたいと思った」

-刺激的な方たちと出会っていろいろなことを吸収されて-

「吸収したかどうかわからないけどおもしろかった。女優の仕事をするようになってからも撮影が終わると大船の撮影所からいつも夕ご飯は我慢して、一気に帰って来てキャンティで食べて帰るという感じだったわね」

加賀さんが女優の仕事をはじめたのは高校在学中の17歳のとき。映画のヒロイン役の女優を探していた篠田正浩監督と寺山修司さんに路上でスカウトされたのがはじまりだったという。

「いつものように神楽坂を歩いていたときに、2人の男性に呼び止められて。2人は映画の脚本を書いている寺山修司さんと松竹の監督をしている篠田正浩さんだと名乗ったあと、『今度僕らが撮る映画にあなたに出て欲しいんです』って言われて。

私は映画に出る気なんてまったくなかったんだけどね。理由を聞いたら、主人公を演じるのは当時のトップアイドルでシンガー&俳優の藤木孝さんに決まっていたんだけど、その少し前に所属していた事務所をやめたことで横やりが入り、主演候補の女優さんたちがみんな降りちゃって困っているんだと言うわけ。

それで私に出てくれないかと言うんだけど、私みたいな少女に大の大人が一生懸命語っちゃうほど切羽詰まっているんだなと思って、この大人たちは信用できると思ったから、『父親に相談してお返事します』と言って。

父に話したら、『君が出てあげることで映画が撮れるんだったら、それはやってあげるべきでしょう。僕がもしその状況ならきっと同じお願いをするだろうね』ってOKが出たから出ることにしたの。それだけ。だから、『涙を、獅子のたて髪に』で我が姿をはじめて見たときに『わあ、ブス!』って思ったし、下手で歩き方も変だし、『いやだ、私。こんなの全然向いてない』って思った」

映画が公開されると、加賀さんはキュートで華やかなルックスが注目を集め、次々と映画・ドラマ・CMに出演し売れっ子アイドルに。「小悪魔」や「和製ブリジット・バルドー」と称され、歯に衣着せぬ発言で「生意気」と書かれたことも。

「権威というのが好きじゃないし、誰とでも対等にしゃべっちゃうんだよね。たとえば舞台あいさつなどのときに宣伝部の人が、『あなたのコメントを書いてきたのでこれを言ってください』って渡されても『えっ? 自分の役は自分の言葉でしゃべるからいらない』って言っちゃうところが生意気って言っちゃ生意気だし。

当時はそうやって宣伝部の言いなりにするのがいい女優さん、お行儀のいい人だったんでしょう。でも私は、『自分の役に関して説明するのにそんな必要ないわ』って思っていましたね」

-次々にいろいろな作品に出演されて、松竹と5年契約を結ばれていたそうですね-

「ビックリよね。私はサインしてないんだけどあの当時はそんなものよ。役者にサインなんてさせないで勝手に決められて、『へぇ、そうですか。じゃあ、やめられないんですか?』って聞いて、『じゃあ、ちょっとお休みをいただきます』というふうに一応そう言ったけど辞める気満々で(笑)。

17歳で仕事をはじめていたから恋愛もろくにできなかったし、次々に舞い込んでくる仕事とイメージだけでありもしないことを書かれる女性週刊誌の記事にも嫌気がさしていたから、一度人生をリセットしたいと思ったのね。

当時の私は年に何本もの映画に出演し、CMも5社ぐらいやっていたし、テレビにも出ていたから20歳そこそこで結構大金を持っていたのよね。そんなの普通じゃないでしょう? だから稼いだお金を全部使っちゃおうって思って。不動産を買おうなんて思いもつかず。でも、その使ったお金と時間はものすごく有効だったのね。それはもう金額以上に得た経験だと思います」

© tv asahi All rights reserved. 加賀まりこ、20歳で女優を一時休業。単身訪れたパリで学んだ“人間の一番大切なこと”

◆トリュフォー、ゴダール、イヴ=サンローランと…

1964年、加賀さんは20歳のときに半年先までの仕事をすべてキャンセルし、単身フランス・パリへと旅立つ。それは加賀さんにとってはじめての海外旅行だったという。

-映画『乾いた花』がカンヌ国際映画祭で上映されるタイミングだったそうですね-

「行くにはそういうのを一個もって行ったほうがいいだろうっていうだけ。そのときは日本から正式に出ていたのは、『砂の女』(勅使河原宏監督)と(石原)裕次郎さんの『太平洋ひとりぼっち』(市川崑監督)という作品。着物を着せられてパーティーには連れまわされたけどね。

『レストラン キャンティ』のオーナー・川添浩史さんが『砂の女』の宣伝プロデューサーとして渡仏中だったので、私のことを『プティ・ベベ(=ブリジット・バルドー)と呼ばれて将来を嘱望されている日本の女優』って(フランソワ)トリュフォーや(ジャン=リュック)ゴダールをはじめいろいろな人に紹介してくれて。

『乾いた花』は非公式招待作品だったけど、試写会にゴダールとかトリュフォー、(ロマン)ポランスキーが見に来てくれて、『すてきだ』と言ってご飯をごちそうしてくれたりね。私は映画祭の後もずっとパリにいるからと住所をお渡しして」

-会話は英語で?-

「そう。稚拙な英語だけど何とかね。フランス人も稚拙だから、英語は。それで、私が暮らしたおうちがファッション界ですごい力をもっているおばさんのおうちで、そのおばさんがいろんな人を私に紹介してくれたのね。

『この子はお金をもっているから安心だから』と言って、たとえばシャネルのお店とかも紹介してくれたから、それもラッキーだったわよね。その人がいろんなところに行きなさいって教えてくれるし、いろんなことを吸収するそんな年頃だよね」

-パリでの生活はどんな感じでした?-

「週に3日語学スクールに行く以外はすべて自由。カンヌで知り合ったゴダールやトリュフォーともときどき会えたし、キャンティの女主人・梶子さんが(イヴ)サン=ローランにも連絡をつけてくれていたから彼のお宅に招かれたりね。

パリで川添さんのネットワークで知り合った上流社会の人たち以外にもディスコなどで知り合った友だちがたくさんできて、毎日頭の中が爆発するくらい楽しかった。本当に自由で。

その当時の日本というのはみんなが上を向いていて、上昇志向だけがよしとされている時代で、私はすごくそれが嫌だった。昭和30年代の日本というのが。パリでできた友だちは、『僕は野菜売っているお店で働いているけど何を望むことがあるの? それでいいじゃない。仕事があって今日あなたと食事ができて僕は幸せだし、そういうことが大事だ』って。

出世するとかいうことに何の重きも置いてないのね、彼らは。そういうのがすごく楽で、何より一番よかったのは、人間の一番大切なこと、誰を好きになる、何を食べる、一番肝心なことを大事に生きるということに気づかせてくれたこと。

その頃パリで一番嫌われていたのがアラン・ドロン。なんでかと言ったら、あの人は常に上昇志向で上しか見てない。わかりやすく言うとね。当時の日本もみんなが野心満々の時代だったから、私は全然好きじゃなかった」

-パリで生活していたときには、もう日本で女優を続ける気はなかったのですか-

「そう。ファッションの買い付けとかをしようと思ってフランス語を勉強していたの。まだ商社が入ってきてブランド品として売るという時代じゃなかったからそれは結構いいアイデアだと思ったの。日本にはまだ高級オートクチュールしかなかったからね」

-ひとりでいろいろ行動するのは怖くなかったですか?-

「別に。全然。怖いとか思っていたら生きていけないじゃないって思うのよ、私はね。だから1回も考えたことがない。

パリに住んでいたときに、私が下宿していたお宅と私がよく行っていたディスコとをこの間歩いてみたのよ、70になって。そのとき、『こんなところを私はハイヒールを履いて歩いていたんだわ』って思うと、よく襲われたりしなかったなとは思う。本当にラッキーだなって。

カジノで大金勝ったときなんて、周りの人たちがやんややんやってびっくりしてさ。東洋から来た女がそんなに勝っているんだから。それで勝った大金をハンドバックに詰めてひとりで歩いて帰ったりしたときも、襲われもせずよく無事に帰れたなと思う。常にラッキーって言えばラッキーよね、今思えばよ。

でも、そのときは怖いなんて思っていないのよ。怖いなんて思ったら何にもできない。そういうふうにわたしは何でもやって来たし、自分で好奇心もてるものにはどんどん会いに行った。自分がやりたいと思ったことはすべてやって来ただけ」

何事もハッキリしていてカッコいい。パリではひそかに女優を辞めようと決めていたという加賀さんだったが、日本からかかってきた1本の電話によって舞台『オンディーヌ』に出演することに。

次回は劇団四季の舞台『オンディーヌ』への挑戦、立木義浩さんによるヌード写真集などについて紹介。(津島令子)

ヘアメイク:野村博史、福島久美子

スタイリスト:飯田聡子

ニット、パンツ/ともにKEITA MARUYAMA

ブーツ/H.A.K

Internet Explorer Channel Network
Asia's Tech News Daily
News Related
  • 森保ジャパンの代表招集「28人は多すぎ」問題 ベンチにも入れない選手がいてはプライドもモチベーションも…

    © Number Web 提供 11月16日のオマーン戦の試合後、選手たちに話をする森保一監督。この遠征には28人の選手を招集していた  数字の「28」は完全数だという。  完全数とは、その数を除く約数の和に等しくなる自然数のこと。「28」の約数である1、2、4、7、14を足せばすなわち28になる。そんな数いっぱいあるでしょと思いきや、4ケタ以内だと「6」「28」「496」「8128」の4個しかないとか。古代ギリシャの数学者ピタゴラスが名づけたとされている。 「デカルトは『完全な人間が滅多にいないように完全な数もまた稀』だと言っている。この数千年の間に見つかった完全数の数は30個にも満たないんだよ。完全数“28”は阪神タイガースのエース、江夏豊の背番号なんだ。僕の頭のなかにはね、1967年、新人の江夏が10三振を奪ってカープからプロ入り初勝利を挙げた試合だって、1973年に自らサヨナラホームランを打って延長戦のノーヒットノーランを達成した8月30日の試合だって事細かく刻み込まれているんだからね」 クリスティアーノ・ロナウドも「28」でデビュー  これは小川洋子の小説を映画化した「博士の愛した数式」(2006年公開)で、交通事故によって脳にダメージを受けたことで記憶を80分しか持続できない数学者で元大学教授の「博士」が、心を通わせる家政婦、そして「√(ルート)」と呼ぶタイガースファンのその息子に語った言葉である。  完全数「28」と江夏の完全なピッチングがシンクロして、博士の「28LOVE」が伝わってくる。神秘なる、完全なるものとの出会いに胸を躍らせるのかもしれない。  録画していたこの映画を観ながら、「28」を背負った選手たちを思い起こした。江夏、新浦壽夫、星野伸之とサウスポーの香りが漂う。サッカーだと先日、引退を発表した玉田圭司の出世番号として知られる。海外サッカーに目を移せば、あのクリスティアーノ・ロナウドもプロデビューしたスポルティング時代は「28」だった。  あれ、待てよ、と思った。 森保ジャパンになって最多の招集した人数  この映画を観る前、「28」という数字を気にしていた自分がいた。  スポーツライターの私が、完全数なるものに興味があったわけではない。うーん、何だっけ。やっとこさ、思い出すと、それはサッカー日本代表が今回のアジア最終予選・ベトナム、オマーンとのアウェー2連戦に招集した人数だった。私が記憶する限り、公式戦に向けたA代表の活動においては森保一監督の体制になって最多の数だと認識している。  基本的には試合メンバー登録数に合わせた「23」が目安になる。1ポジションに2人ずつGKにもう1人という考え方。紅白戦をやるにしてもフィールドで余剰人員が出ない。コンディションが読めない選手やどうしても自分の手元で見てみたい選手がいる場合、1、2人追加されるケースはある。つまり23人プラス1、2人というのが一般的だと言える。 森保ジャパンも従来は「23」が基本線だった  森保ジャパンも従来は「23」が基本線だった。だがコロナ禍においてはいろいろと制限や手続きもあって選手の入れ替えも難しくなり、実際、9月のオマーン、中国戦では南野拓実、板倉滉が合流後に負傷離脱し、酒井宏樹もオマーン戦後にチームを離れるという事態が起こった。そのため10月の試合では26人が招集され、今回はさらに2人多く呼ばれた形となったわけだ。  メンバーの数が多くなれば選択肢は増える。ケガによって離脱者が出ても、出場停止の選手が出ても、入れ替えはスムーズにいく。だが、チームマネジメントを考えればそう簡単な話ではない。今回ベトナム戦では5人、オマーン戦では4人(守田英正が累積警告による出場停止で、チーム事情によってポルトガルに戻る)がベンチから外れている。前田大然、旗手怜央、上田綺世の3人は2試合続けてのベンチ外になった。 招集人数はチーム全体の士気にもかかわる  東京五輪世代の選手を最終予選の雰囲気に慣れさせる意味合いもあるとは思う。だが、代表はプライドの高い選手の集まり。ベンチにも入れないとなると、多少なりともモチベーションに影響が出ないとは言い切れない。一丸にならなければならないと頭で分かっていても、だ。チーム全体の士気にもかかわるデリケートなところでもある。 「23人」にこだわっていた一人が、アルベルト・ザッケローニ監督だった。人数を決めることでより代表の誇りを持たせ、団結力を高めようとするマネジメント。紅白戦ではシャッフルするなど全員に一体感を持たせるように神経を尖らせていた。  今回、28人のメンバーのうち、試合に出なかった選手は11人に及ぶ。森保監督は試合後のフラッシュインタビューの冒頭において、起用しなかった選手、ベンチ外の選手を労っている。 出られない選手の思いをくんでいるからこその言葉 「ピッチに立った選手だけじゃなくてベンチの選手、サポートに回った選手も含めて、試合に出る、出ないに関係なく、日々それぞれがやることを、チームのためにやり続けてくれたことがピッチ上の選手たちにエネルギー、パワーを与えてくれたと思いますし、最後まで戦い抜くというところ、非常に難しい戦いでしたけど、勝利を目指して選手たちが、戦い続けてくれたことが、ゴールにつながったと思いますし、勝利につながったと思います」  出られない選手の思いをくんでいるからこその言葉ではある。選手から信頼されるのも、こういうところなのだろうと思う。また28人の招集メンバーが本意ではないという思いも伝わってくる。 ただそうは言っても「28」は多すぎる  確かに“大所帯”であれば、コロナ禍のなかでも選手の入れ替えはスムーズにいく。その意味で言えば正しいと言えるだろう。アジア最終予選では既に2敗を喫しており、もう1つの試合も落とせないスクランブル態勢であることも理解できる。ただそうは言っても「28」は多すぎる。  第一に考えなければならないのは離脱者が出るのを前提とするのではなく、離脱者を出さないようにすることだ。今回、離脱者が出なかったことは評価できるだけに、疲労度のチェックなどコンディションをきっちりと把握することを突き詰めてもらいたい。そのためにはスタッフの増員を検討してもいいだろう。攻守に高い強度を求める森保ジャパンのスタイルはコンディションこそ生命線なのだから。  日本代表メンバーの招集に限っては「28」ではなく、「23」に近づけることが望ましい。コロナ禍の難しさはあるにせよ“大所帯”はチームマネジメントを難しくするだけに、乱発してほしくはない。  たかが「数」と言うなかれ。  日本代表のプライド、価値を示すものだと私は理解している。
    See Details: 森保ジャパンの代表招集「28人は多すぎ」問題 ベンチにも入れない選手がいてはプライドもモチベーションも…
  • 松本人志 辞職の木下元都議 「立つ鳥跡を濁しまくりというか、フンだらけ」

    © スポーツニッポン新聞社 ダウンタウンの松本人志  ダウンタウンの松本人志(58)が、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こし、22日に辞職を表明した木下富美子元都議(55)についてコメントした。  「立つ鳥跡を濁しまくりというか、フンだらけでしたね」とバッサリ。辞職を表明した会見について「(会見に同席した)弁護士さんがイジメみたいな言い方した時に、いやそこは違うっていうくらい言ってほしかった。それは私の無免許運転のせいとか…。そうじゃなくて、もっと言え的な感じでいるあの感覚はすげえなって思う」と呆れ気味。  さらに「すごいなと思ったのが、ゴゴスマとかでもやってましたけど、一人ぐらいはいるんですね。辞めなくていいっていう人。空は広くない、海は深くないって言ってるような。そんな人いるんや!って」と、驚きを隠せない様子だった。
    See Details: 松本人志 辞職の木下元都議 「立つ鳥跡を濁しまくりというか、フンだらけ」
  • <明日のカムカム>安子、稔の“戦死”で泣き暮らす…!

    © ザテレビジョン 「カムカムエヴリバディ」第21回より(C)NHK 上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がヒロインを務める連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。第5週「1946-1948」第21回が11月29日(金)放送される。 同作は、昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ、安子(上白石)、安子の娘・るい(深津)、るいの娘・ひなた(川栄)、3世代の女性たちの物語。 第21回では―― 稔(松村北斗)の戦死の知らせから半月。安子(上白石萌音)は泣き暮らし、暗闇の中にいた。 すくすくと育つるいの成長だけが安子にとっての希望だった。そんな安子を勇(村上虹郎)は気にかけ続けている。 そんな中、稔に先立たれたことを受け入れられぬ美都里(YOU)は憔悴しきった様子で、安子にひどくきつく当たるようになっていた。 とうとう美都里は、安子を雉真家から追い出すよう千吉(段田安則)に持ちかける。 ――という物語が描かれる。 「カムカムエヴリバディ」とは 朝ドラ史上初の3人のヒロインによるハートフルコメディー。昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘3世代の女性の物語。ラジオで英語を聴き続けることで、夢への扉を開いていく姿を描く。脚本は大河ドラマ「平清盛」(2012年、NHK総合ほか)などを手掛けた藤本有紀によるオリジナル脚本。
    See Details: <明日のカムカム>安子、稔の“戦死”で泣き暮らす…!
  • 歌舞伎町のビル屋上で男性死亡 男と少年2人を逮捕

    © テレビ朝日 歌舞伎町のビル屋上で男性死亡 男と少年2人を逮捕 新宿・歌舞伎町のビル屋上で男性を暴行し死なせたとして男と少年2人を逮捕。
    See Details: 歌舞伎町のビル屋上で男性死亡 男と少年2人を逮捕
  • 錦鯉長谷川、東幹久、登坂淳一が「ガキ使」口パクヒットスタジオ後編に登場

    © お笑いナタリー 提供 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」ロゴ (c)日本テレビ 本日11月28日(日)に放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」で「夜の口パクヒットスタジオ」の後編が展開され、錦鯉・長谷川らが登場する。 「夜の口パクヒットスタジオ」は、参加者がスターになりきり、口パクでのパフォーマンスを披露する企画。後編には長谷川のほか、東幹久や登坂淳一も参加する。果たして彼らはどのような口パクでスタジオを盛りあげるのか。 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 日本テレビ系 2021年11月28日(日)23:25~23:55 <出演者> ダウンタウン / 月亭方正 / ココリコ / ライセンス ゲスト:原田龍二 / 浜口京子 / トム・ブラウン / アインシュタイン稲田 / 東幹久 / 登坂淳一 / 錦鯉・長谷川
    See Details: 錦鯉長谷川、東幹久、登坂淳一が「ガキ使」口パクヒットスタジオ後編に登場
  • 伊藤美誠、シングルス初のメダル獲得ならず 準々決勝で中国選手に敗れる…世界卓球

    © スポーツ報知/報知新聞社 伊藤美誠(国際卓球連盟提供) ◆卓球 世界選手権個人戦第5日▽女子シングルス準々決勝 伊藤 1(10―12、11―7 2―11、7―11、9―11)4 王芸迪(27日・米ヒューストン)  女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク3位の伊藤美誠(スターツ)は1―4で同10位の王芸迪(中国)に敗れた。  伊藤は王芸迪とは通算2勝3敗。直近の対戦では昨年11月のITTFファイナルで4―3で勝利している。第1ゲーム、10―8から10―10のジュースに持ち込んだが、不運なネットインで失点。第2ゲームは出足から思いきった長いサーブで勝負を仕掛けてペースを握り、11―7で制した。その後も変化をつけたレシーブやラリー戦での粘りを見せたが、3ゲームを連取され、ゲームカウント1―4。世界選手権で自身初となるシングルスのメダルにあと1勝届かず、8強で敗退となった。  伊藤は金銀銅メダルを獲得した東京五輪直後、新たな目標に世界選手権を設定した。「女子ダブルスとシングルスで中国人選手にまだ勝っていない。勝ち切りたいっていう目標があって出場することを決めた」。出発前には「全員と決着をつけるという強い思いで戦いたい」と、打倒・中国へ並々ならぬ決意も明かしていたが、シングルスではその思いを実現することはできなかった。ただ、早田ひな(日本生命)との女子ダブルスでは準決勝に進出。中国への雪辱の機会はまだ残されている。
    See Details: 伊藤美誠、シングルス初のメダル獲得ならず 準々決勝で中国選手に敗れる…世界卓球
  • 「次のマウンドは日本一に…」高津監督は現役時代《絶対大丈夫な守護神》だった ヤクルトvsオリ・近鉄・阪急の“日本シリーズ激闘史”

    © Number Web 提供 第6戦終了後、オリックスの選手たちと健闘を称え合った高津監督。両チーム死力を尽くした日本シリーズを象徴するエンディングだった 雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回はヤクルトと阪急・オリックス・近鉄の日本シリーズにまつわる4つの言葉です。 <名言1> ファウルだ! (上田利治/NumberWeb 2021年10月31日配信) https://number.bunshun.jp/articles/-/850448 ◇解説◇  ヤクルトとオリックス・阪急・近鉄が相まみえる日本シリーズは何かと名勝負・語り継がれるシーンが多い。昭和の時代で代表格となったのは1978年のヤクルトvs阪急だ。  70年代の阪急は黄金時代を迎えており、この年リーグ4連覇を達成。実績に優れる阪急優位とされていた。しかしシリーズが始まってみると第5戦で先に王手をかけたのはヤクルトで、第6戦の後楽園球場で阪急が3勝3敗のタイに追いつくという、2021年のシリーズ同様の大接戦となった。  事件が起こったのは、雌雄を決する後楽園球場での第7戦でのことだった。  1-0でヤクルトリードで迎えた6回裏1死の場面、ヤクルトの主砲・大杉勝男の放ったレフトポール際の打球がホームランと判定される。しかしレフトを守る蓑田浩二がファウルだと主張。そこから上田監督の猛抗議が始まると、選手をベンチに引きあげさせたり線審の交代を求め、事態の収拾に金子鋭コミッショナーがグラウンドに現れることになるなど、シリーズ史上最長となる1時間19分の中断時間となる異例の事態となった。  上田監督の抗議は実らず、大杉のホームランは認められ、なおかつ8回には大杉がこの日2本目、シリーズ4本目の本塁打を放つなど、阪急を突き放す。そのまま4-0でヤクルトが球団初の日本一を手にした。阪急と上田監督としてみれば、現代では当たり前になったビデオ判定があれば……というところだが、それが勝負の分け前となったのだ。  なおこの第7戦の平均視聴率は日本シリーズ史上最高の45.6%をたたき出したという。もしかすると、両チームが当たる日本シリーズでは何かが起こる……というきっかけを作ったのかもしれない。 野村IDに、あのイチローが「過剰反応」した <名言2> 弱点が攻められていたのかと思うと、過剰反応してしまい修正が効かなかった。 (イチロー/Number640号 2005年11月2日発売) ◇解説◇  1995年の日本シリーズ、ヤクルトvsオリックス。この時の主役は、天才打者として一躍スターダムに駆け上がったイチローだった。この年の1月に起きた阪神・淡路大震災でダメージを受けた中で「がんばろうKOBE」のスローガンのもと大躍進。ホームタウンに大きな勇気を与えるパ・リーグ制覇を成し遂げた。  この勢いに乗って日本一も――というところで立ちはだかったのは、当時円熟期を迎えつつあった、野村克也監督率いるヤクルトだった。そしてフィールド上の司令官は、12球団ナンバーワン捕手としての評価をゆるぎないものにしていた古田敦也である。  当時のヤクルトはデータ分析で圧倒的な優位性を持っていた――というのは有名な話だ。イチローの打撃についても<アソボウズ>という集団がデータ集積しており、野村ヤクルトと古田のリードに生かされていたという。「インハイ」という打者にとって誰もが嫌がるコースをメディアも使って意識させつつも、変幻自在のリードで本来の打撃をさせなかったのだ。  冒頭の言葉は後年、イチローが95年の日本シリーズについて振り返った言葉だ。歴史に名を残す名打者にも、日本シリーズという大舞台で初めて対峙する「野村ID野球」に翻弄されたのだった。  しかし、味わった苦い味を良薬にするのもイチローである。オリックスは翌96年もリーグ連覇を達成。2年連続の日本シリーズで読売ジャイアンツ相手に4勝1敗と圧倒し、オリックスとして初となる悲願の日本一を達成した。 古田敦也はどう投手を生かそうとしていたのか <名言3> どんな厳しい状況に立たされても、怯まずに向かっていく。そんなヤツじゃないとピッチャーとしては成功しない。 (古田敦也/Number534号 2001年10月18日発売) ◇解説◇ 「バッターにすれば、球種がひとつ余分にあるのとないのとでは、全然ピッチャーに対するボールの待ち方が違ってくる。武器はひとつでも多いに越したことはない」  ヤクルト黄金時代を支えた名捕手・古田。95年のイチロー攻略など強烈な印象を残した《球界の頭脳》だが、2001年、近鉄バファローズとの日本シリーズを前にして、自らが受ける投手について、このように話していたことがある。  だが、同時に「器用なヤツは魅力がない」と相反する思いも吐露する。  2001年シーズンに7勝を挙げた前田浩継を例に挙げ、「ボール、ボールときて、真ん中に真っすぐを要求する。並みのピッチャーだと、びびってこれがボールになる。ところが彼は“狙ってないから、ここなら真ん中でも大丈夫だ”という時には、ビシッと素晴らしいボールを投げてくる」と、勝負度胸を良いピッチャーの第一条件に挙げた。  その古田だが、日本シリーズで圧倒的な存在感を放った。  対戦相手はこの年55本塁打を放ったタフィ・ローズ、46本塁打132打点の中村紀洋らが並ぶ近鉄だったが、唯一敗戦した第2戦(6-9)以外は全て2失点以下である。  ローズ・中村に続く5番打者・礒部公一をシリーズ無安打と完璧に抑え込むなど「いてまえ打線」を封じ、打者としても第3戦で2安打2打点などクリーンアップの一角として機能。自身2度目の日本シリーズMVPを獲得した。  プロ野球史全体で見ても史上最高クラスの捕手であることを証明したシリーズといっても過言ではないだろう。 高津が20年前の日本シリーズで誓ったこととは <名言2> 次のマウンドは日本一になる時と決めていた。 (高津臣吾/Number535号 2001年11月1日発売) ...
    See Details: 「次のマウンドは日本一に…」高津監督は現役時代《絶対大丈夫な守護神》だった ヤクルトvsオリ・近鉄・阪急の“日本シリーズ激闘史”
  • あの 木下元都議に「自分が悪いって思わずに謝ってる一時間だと思った」 YouTube活動提案

    © スポーツニッポン新聞社 フジテレビ社屋  元アイドルユニット「ゆるめるモ!」のあのが、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こし、22日に辞職を表明した木下富美子元都議(55)についてコメントした。  辞職を表明した会見について「自分が悪いって思わずに謝ってる一時間だと思った。やんない方がよかったんじゃないかなと思った。メンタルがすごいから、もっと別のところにパワー使ったら…。YouTubeチャンネルとか」と提案した。  「いろんな木下さんがやるんですよ。だから一緒にやれば…」と言いかけたところで、共演陣が発言を理解できずに混乱。あのの今回の出演を推薦した「ロンドンブーツ1号2号」田村淳が「問題を起こした木下さんが集まって、『木下チャンネル』をやると見るよね?ってことでしょう?」と“翻訳”。MCの東野幸治は「お前、ようわかるなあ」と苦笑し、松本人志は「助かるわ」とありがたがっていた。
    See Details: あの 木下元都議に「自分が悪いって思わずに謝ってる一時間だと思った」 YouTube活動提案
  • 厚労省、長崎市の医師に謝罪 発熱外来補助金支給の遅れで

    © スポーツニッポン新聞社 フジテレビ社屋  元アイドルユニット「ゆるめるモ!」のあのが、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こし、22日に辞職を表明した木下富美子元都議(55)についてコメントした。  辞職を表明した会見について「自分が悪いって思わずに謝ってる一時間だと思った。やんない方がよかったんじゃないかなと思った。メンタルがすごいから、もっと別のところにパワー使ったら…。YouTubeチャンネルとか」と提案した。  「いろんな木下さんがやるんですよ。だから一緒にやれば…」と言いかけたところで、共演陣が発言を理解できずに混乱。あのの今回の出演を推薦した「ロンドンブーツ1号2号」田村淳が「問題を起こした木下さんが集まって、『木下チャンネル』をやると見るよね?ってことでしょう?」と“翻訳”。MCの東野幸治は「お前、ようわかるなあ」と苦笑し、松本人志は「助かるわ」とありがたがっていた。
    See Details: 厚労省、長崎市の医師に謝罪 発熱外来補助金支給の遅れで
  • 高3女子にナイフ突きつけ、空き地で体触る…男「ストレスたまっていた」

    © スポーツニッポン新聞社 フジテレビ社屋  元アイドルユニット「ゆるめるモ!」のあのが、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こし、22日に辞職を表明した木下富美子元都議(55)についてコメントした。  辞職を表明した会見について「自分が悪いって思わずに謝ってる一時間だと思った。やんない方がよかったんじゃないかなと思った。メンタルがすごいから、もっと別のところにパワー使ったら…。YouTubeチャンネルとか」と提案した。  「いろんな木下さんがやるんですよ。だから一緒にやれば…」と言いかけたところで、共演陣が発言を理解できずに混乱。あのの今回の出演を推薦した「ロンドンブーツ1号2号」田村淳が「問題を起こした木下さんが集まって、『木下チャンネル』をやると見るよね?ってことでしょう?」と“翻訳”。MCの東野幸治は「お前、ようわかるなあ」と苦笑し、松本人志は「助かるわ」とありがたがっていた。
    See Details: 高3女子にナイフ突きつけ、空き地で体触る…男「ストレスたまっていた」
  • 札幌市内に「スーパー激戦区」誕生…ターゲットは単身世帯&シニア層 客層に合わせた"独自戦略"とは

    © スポーツニッポン新聞社 フジテレビ社屋  元アイドルユニット「ゆるめるモ!」のあのが、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こし、22日に辞職を表明した木下富美子元都議(55)についてコメントした。  辞職を表明した会見について「自分が悪いって思わずに謝ってる一時間だと思った。やんない方がよかったんじゃないかなと思った。メンタルがすごいから、もっと別のところにパワー使ったら…。YouTubeチャンネルとか」と提案した。  「いろんな木下さんがやるんですよ。だから一緒にやれば…」と言いかけたところで、共演陣が発言を理解できずに混乱。あのの今回の出演を推薦した「ロンドンブーツ1号2号」田村淳が「問題を起こした木下さんが集まって、『木下チャンネル』をやると見るよね?ってことでしょう?」と“翻訳”。MCの東野幸治は「お前、ようわかるなあ」と苦笑し、松本人志は「助かるわ」とありがたがっていた。
    See Details: 札幌市内に「スーパー激戦区」誕生…ターゲットは単身世帯&シニア層 客層に合わせた"独自戦略"とは
  • 「ヤバすぎる一撃」 天才・柿谷曜一朗、“1人オーバーヘッド弾”に海外メディア仰天

    © スポーツニッポン新聞社 フジテレビ社屋  元アイドルユニット「ゆるめるモ!」のあのが、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こし、22日に辞職を表明した木下富美子元都議(55)についてコメントした。  辞職を表明した会見について「自分が悪いって思わずに謝ってる一時間だと思った。やんない方がよかったんじゃないかなと思った。メンタルがすごいから、もっと別のところにパワー使ったら…。YouTubeチャンネルとか」と提案した。  「いろんな木下さんがやるんですよ。だから一緒にやれば…」と言いかけたところで、共演陣が発言を理解できずに混乱。あのの今回の出演を推薦した「ロンドンブーツ1号2号」田村淳が「問題を起こした木下さんが集まって、『木下チャンネル』をやると見るよね?ってことでしょう?」と“翻訳”。MCの東野幸治は「お前、ようわかるなあ」と苦笑し、松本人志は「助かるわ」とありがたがっていた。
    See Details: 「ヤバすぎる一撃」 天才・柿谷曜一朗、“1人オーバーヘッド弾”に海外メディア仰天
  • ポストは満杯、いつもの電話もない…ヤクルト販売員は異変に気づいた

    © スポーツニッポン新聞社 フジテレビ社屋  元アイドルユニット「ゆるめるモ!」のあのが、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こし、22日に辞職を表明した木下富美子元都議(55)についてコメントした。  辞職を表明した会見について「自分が悪いって思わずに謝ってる一時間だと思った。やんない方がよかったんじゃないかなと思った。メンタルがすごいから、もっと別のところにパワー使ったら…。YouTubeチャンネルとか」と提案した。  「いろんな木下さんがやるんですよ。だから一緒にやれば…」と言いかけたところで、共演陣が発言を理解できずに混乱。あのの今回の出演を推薦した「ロンドンブーツ1号2号」田村淳が「問題を起こした木下さんが集まって、『木下チャンネル』をやると見るよね?ってことでしょう?」と“翻訳”。MCの東野幸治は「お前、ようわかるなあ」と苦笑し、松本人志は「助かるわ」とありがたがっていた。
    See Details: ポストは満杯、いつもの電話もない…ヤクルト販売員は異変に気づいた

OTHER NEWS

堤礼実アナも興奮した名勝負。「個人的には今年の1、2を争うベストレース」

© スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi © Sportiva 提供 堤 礼実連載:『華麗なるウマ話』第26回 スポルティーバとフジテレビの競馬中継番組『みんなのKEIBA』とのコラボ企画、堤礼実アナウンサーの連載『華麗なるウマ話』。今回は、天皇賞・秋の「3強」の激闘を振り返りつつ、ジャパンカップで引退するコントレイルへの思いも語ってもらった――。 © Sportiva 提供  これを見て、テンションが上がらない競馬ファンはいないはず!  そんな気持ちにさせるレースを、今年もまた堪能することができました。「3強」が熾烈な争いを見せた天皇賞・秋です。  昨年の三冠馬であるコントレイル、GI通算5勝の女傑グランアレグリア、そして今年の皐月賞馬であるエフフォーリア。いずれ劣らぬ実力を持った3頭の対決とあって、戦前から大きな注目を集めていました。  レースでは実際、その高まる期待を裏切らない「これぞ、名勝負!」という戦いが繰り広げられました。  このレースを見て、昨年のジャパンカップを思い出した人も多かったのではないでしょうか。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトといった3頭の三冠馬が「3強」を形成。この3頭が激闘を演じて上位を独占した一戦です。  そのレースの感動に勝るとも劣らなかったのが、今年の天皇賞・秋です。競馬は何が起こるかわからないとは言いますが、ふたを開けてみれば、1着エフフォーリア、2着コントレイル、3着グランアレグリア。 「3強」が評判どおりの強さを見せて、「やっぱりこの3頭が強かったな」とつくづく感じる結果となりました。  勝ち馬だけでなく、強い敗者がいてこその名勝負です。個人的には2021年のここまでのレースのなかで、1、2を争うベストレースのひとつだと思っています。  勝ったエフフォーリアは、ダービーの悔しさを晴らす勝利となりました。  鞍上の横山武史騎手には、さまざまな思いが募っていたのではないかと想像します。奇しくも最大のライバルと言えるコントレイルの鞍上は、ダービーで苦杯をなめさせられたシャフリヤールと同じ福永祐一騎手でしたしね。  現に最後の直線の叩き合いでは、横山武史騎手から「今度こそ、絶対に負けてたまるか」という気持ちがあふれ出ていたように感じました。メラメラと燃え上がる闘志は、画面を通じても伝わってきました。  きっとダービーでの惜敗がジョッキーとしての彼を、ひと回りも、ふた回りも成長させたのでしょう。先頭でゴール板を駆け抜けていった彼の姿が一段と大きく見えました。  私自身、ちょっと悔しいことがあると、「この経験をバネにするんだ!」と思うタイプなので、その姿を勝手に自分と重ね合わせて見ていました。  勝った瞬間に突き上げた拳。地下馬道を引き上げてくる時にうっすらと目に浮かんでいた涙。彼のいろいろな感情が表われていたような気がします。  レース後の勝利ジョッキーインタビューではもう涙を見せることもなく、堂々とひと言ひと言しっかりと受け答えしている姿も印象的でした。皐月賞を勝ったあと、「ヤッター!」と無邪気に喜びを表現していた時とは対照的で、とてもカッコよかったです。 ... Read more »

井上尚弥の挑戦者アラン・ディパエンがタイ出国

© スポーツニッポン新聞社 タイを出国したアラン・ディパエン(大橋ジム提供)  プロボクシングWBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(12月14日、両国国技館)で統一王者・井上尚弥(28=大橋)に挑戦するWBA8位、IBF5位のアラン・ディパエン(30=タイ)が28日、タイを出国した。大橋ジムの大橋秀行会長が明かした。同日中に来日する予定。  井上にとっては19年11月以来、2年1年ぶりとなる国内での試合で、WBA6度目、IBF4度目の防衛戦。当初はWBC王者のノニト・ドネア(フィリピン)、WBO王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)との統一戦を希望していたが、両者に指名試合の指令が出されたため、年内実現を断念。オファーしたWBA上位ランカーが難色を示す中、唯一、挑戦者として名乗りを上げたのがディパエンだったという。  試合は映像配信サービス「ひかりTV」「ABEMA」でペイ・パー・ビュー(PPV)方式で生配信される。 Read more »

ウーマン・オブ・ザ・イヤー、大賞にスマホゲーム開発コリーの中島瑞木さん・杏奈さん姉妹

女性のキャリアとライフスタイルを支援する月刊誌『日経WOMAN』(日経BP 東京都港区、編集長:藤川明日香)は、様々な分野で目覚ましい活躍を遂げた女性を毎年表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2022」の受賞者を決定しました。大賞はcoly(コリー)代表取締役社長の中島瑞木さん(33)、代表取締役副社長の中島杏奈さん(33)で初の姉妹受賞です。お2人を含む8組9人が受賞となりました。 ■女性向けゲームでマザーズ上場、次世代起業家も支援 大賞に選ばれた中島瑞木さん、杏奈さんは、2014年にcolyを創業し、今年2021年2月に東証マザーズ上場を果たした双子の姉妹。coly は、9割以上が男性向けであるスマホゲーム市場において、女性にターゲットを絞ったコンテンツを展開しています。女性たちの気持ちを前向きにするストーリーやキャラクターが人気を博し、発売したタイトルが次々にヒット。この5年で売り上げを約50倍に拡大させ、海外へも進出する一方で、今年8月には、女性や若手の起業家に投資して経営をサポートするチーム「MO inv.(エムオーインベストメント)」も発足させています。競争の激しいエンタメ業界で独自の成長を遂げ、その利益を次世代に還元する姿勢が、新しいタイプの起業家像を体現していると評価されました。 ■ウーマン・オブ・ザ・イヤー2022総括 コロナ禍も2年目を迎えた2021年。混沌とした時代に光が当たった女性たちに共通するのは、「人のため、より良い社会を築くために仕事をしたい」という、真摯なまでの力強いメッセージです。「人々に明日を生きる勇気を与えたり、そっと背中を押したり。ポジティブな感情を動かすコンテンツづくりを目指す」と語ったのは、ユーザーの95%が女性のエンタメ会社を双子で起業した中島瑞木さんと杏奈さん。商業主義に流れがちなゲームやネット市場で異彩を放つ2人の存在は、すがすがしいほどに正論をビジネスモデルに組み込む潔さがあります。まっとうであるがゆえに、感情を揺さぶるほどのメッセージ力を有するリーダーたちの言葉は、より良き社会をつくりたいと願う思いに満ちています。「研究者の仕事は税金に支えられているからこそ、社会に恩返しするのが使命」と語る科学者。「キャリアもスキルも筋トレと同じで、継続すれば身に付く」と話すのは、ライフイベントに翻弄されながら半導体業界を広く渡り歩いてきた部長。「数字の達成よりも、“思い”が大切」と言い切る経営者。いずれも組織に多様性を持ち、仲間と共感し伴走しながら、ビジネスで社会的課題に取り組む女性たちが目を引きました。 ■ウーマン・オブ・ザ・イヤー2022 受賞者 【大賞】 coly 代表取締役社長  中島瑞木(なかじま・みずき)さん(33)    代表取締役副社長 中島杏奈(なかじま・あんな)さん(33) 双子の姉妹で、女性向けエンタメ会社を設立。スマホゲームが大ヒット。 売り上げは5年で50倍に。海外への進出、マザーズ上場も果たす © NIKKEI STYLE coly代表取締役社長の中島瑞木さん(右)、代表取締役副社長の中島杏奈さん(左) 【プロフィル】 中島瑞木さん 1988年生まれ。東京大学教養学部卒業後、外資系証券会社に入社。学生時代から運営していたウェブメディアの経験を生かし、2014年にcolyを創業。 中島杏奈さん 1988 年生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、産業経済新聞社に入社。姉とともに創業したcolyでは、マーケティング戦略、コンテンツ戦略を統括。株式会社coly(コリー) 2014年に中島さん姉妹が設立した、女性向けエンタメコンテンツ企業。これまで、スマホゲーム「ドラッグ王子とマトリ姫」「スタンドマイヒーローズ」「魔法使いの約束」などをリリースし、いずれもヒットを記録。舞台化やグッズ販売の事業も展開。韓国、台湾、香港に進出している。 中島瑞木さん、杏奈さんは大学生時代にウェブニュース制作のアルバイトを経験した後、2人で独自のウェブメディアを運営。失敗と成功を繰り返すなかで、「コンテンツを通して、人々にあすを生きる勇気を与えたい」という思いは変わらなかった。大学卒業後はそれぞれ就職したものの、「やはりコンテンツづくりがしたい」という思いが募り、ともに1年以内で退社。市場調査をするなかで女性向けスマホゲームの魅力と可能性に気づき、ゲーム業界経験者の仲間を得て、ストーリーや世界観にこだわったコンテンツの開発を進めてきた。 大賞受賞にあたっての1つ目の評価ポイントは、「女性向けスマホゲームを中心とした新しい市場で、マザーズ上場、海外進出という圧倒的な成果を出した」こと。「ユーザーから求められる面白いコンテンツ」をつくるため、創業以来、外部資本を入れず、開発にまい進。ユーザーに勇気を与えたり、背中を押したりするストーリーやキャラクターが、絶大な支持を集め、大きなヒットを生み出した。 また、審査員の意見が一致した、もう1つの評価ポイントが、上場まもない時期であるにもかかわらず、次世代の若手・女性起業家を育てる投資・経営サポートチーム「MO inv.(エムオーインベストメント)」の活動を発足させた点。「双子の姉妹でとことん議論をして事業を育ててきたように、経営者たちの“壁打ち相手”になりたい」と、現在、10社ほどの支援先を検討している。 この成功に至るまで、一緒にものづくりをする仲間やユーザーの声に積極的に耳を傾け、一歩一歩、堅実に積み重ねてきた2人。事業への純粋な思いを大切にしながら、信頼する仲間と徹底的に対話をしながら努力を重ねる姿勢は、多くの働く女性たちの仕事への思いを刺激し、理想を実現することへの希望を与えるロールモデルになるのではないかと編集部では考えている。 ... Read more »

年末の大掃除、今からの「前準備」で楽に達成感もアップ まずは不用品を処分

© NIKKEI STYLE 今から手をつければ年末の大掃除も楽に(写真はイメージ=PIXTA) 年の瀬の限られた時間のなかで、いかに負担を少なく、しかも達成感をもって大掃除を終わらせるか。そのために重要なのは大掃除の「前準備」。できるところから取り入れてみてほしい。 ポイントの1つ目は「捨てるべきもの」を抽出し、捨てること。掃除とは汚れを掃き除くことだが、実質は不要物の処理作業と同義になっていることが多い。まずは物を除かないことには汚れに手が届かない。しかし、「ゴミを捨てる」というのは言うほど簡単な作業ではなく、適切なタイミングで正しく分別できないことが「汚部屋」や「汚屋敷」化のきっかけにもなる。 年末はゴミ収集日も不定期になりやすいので、要注意。ゴミの種類ごとに収集日を必ず確認し、住まいのある自治体の分別ルールに従い、できるだけ前倒しで「捨てるべきもの」を確実に捨てていきたい。捨てるべきかどうかを判別しがたい場合は、以下に示す場所別のチェック項目を参考にしてほしい。ゴミ捨て作業が進むだけでもかなりの「大掃除」になるはずだ。 © NIKKEI STYLE まずはキッチン。冷蔵庫や食品庫のなかに古い食材や食べ残し、賞味期限切れの瓶詰めや缶詰(捨てるときは中身と外側を別に)はないか。食器棚の欠けた食器類や中途半端な箸やカトラリー、ベタつきや臭いのある密閉容器などは思い切って処分を。欠けたりさびたり、蓋の無くなった鍋など、使うのに支障があるものも捨ててしまおう。 洗面所や浴室では、使い切れずボトルなどにカビの生えたシャンプー類や古いヘアケア用品、特殊なスプレー缶などは処分対象だ。さびたカミソリやカビたスポンジ、ヘチマなどももう使えないだろう。古い掃除用・洗濯用洗剤なども、中身が変質していることがあるので処分しよう。 居室に、インクの切れたボールペンや欠けた定規など、使い道のない文房具類はないだろうか。古雑誌やちらし、カタログ、捨て忘れた段ボールなどの紙類は古紙回収へ。適した年齢を過ぎた子供のおもちゃや絵本などは誰かにあげてもいいだろう。汚れの多いラグマットなども、思い切って捨ててしまいたい。 クローゼットなどの収納では、傷んだ下着や穴あき靴下などの衣類、古くなったバスタオルなどは思い切って処分を。傷みや汚れのあるバッグ類、サイズが合わなくなったり、臭いやシミのある衣類、臭いやカビ、破損などのある靴や傘なども処分対象だ。 こうした作業で、捨てるべきものをなくした引き出しや押し入れなどには、すぐにものを詰め込まないようにしたい。住まいに限らずどんなところも、空間があいているほうが掃除しやすいからだ。 2つ目のポイントは触りたくない汚れに放置可能な洗浄剤を何度もかけておくこと。 大掃除に関するアンケートなどでは、大掃除したい場所として、キッチンの換気扇やレンジフード、コンロなどが挙げられることが多い。しかしこれらの場所は、落としにくい油汚れが主体で、最も掃除に苦慮する場所でもある。手掛けるとなったらそれなりの覚悟が必要だ。 © NIKKEI STYLE 事前準備で、後の大掃除が楽になるのが、キッチンや洗面所、浴室などの「排水口」だ。ドロドロ、ヌメヌメした汚れに触りたくない人もいるだろうが、本格的な掃除を行う前に、洗浄剤をかける→15分ほど置く→水を流すという手間をかけておくだけでいい。事前にあの気持ち悪い汚れを減らしておけば、負担はだいぶ軽くなる。 ドロドロ、ヌメヌメの正体はおおむね、その場で繁殖したバクテリアだ。そこで、タンパク質を分解する次亜塩素酸ナトリウムを主成分とした家庭用の塩素系漂白剤スプレーや、パイプの詰まり取りジェルのような洗浄剤を適量使用するのが有効である。 注意点は、こうした塩素系漂白剤は、吹きつけた後にブラシでゴシゴシこするような掃除を想定していないことだ。飛沫が跳ねて目に入ると失明の危険もあるので、「洗浄剤をかけて、流す」という手順がラクであるうえに安全だ。この作業は回数を重ねるほど効果が大きいので、本格的な大掃除を行う日までに、数回繰り返しておくといいだろう。また、ディスポーザー付きのキッチンシンクに塩素系漂白剤を用いると腐食の原因になる。実行する前にシンクの種類を確認しよう。 ◇  ◇  ◇ ■こだわらなければ半年先でも 実は冬の最中である年末は、大掛かりな掃除に適した季節ではない。気温・水温ともに低く、冷えると固まる油汚れなどは落ちにくく、カーテンなどの大きな洗濯物は乾きにくい。合理性からいえば大掃除は暑すぎず寒すぎずの春から初夏、ないしは初秋あたりに行いたいところだ。 年末にこそ大掃除したい、しなければ年を越せないというのは心情的・慣習的側面が大きい。特にこだわりがなければ、年末の掃除は最小限にとどめ、本格的な大掃除は半年先にずらすという選択もいいだろう。 (住生活ジャーナリスト 藤原 千秋) [NIKKEI プラス1 2021年11月20日付] Read more »

新鮮イタリアチーズを国内でも 現地修業の職人が奮闘

© NIKKEI STYLE ロビオーラというチーズを使ったイタリア北部の「ランゲ(地方)のリゾット」。料理提供 マジカメンテ(東京都渋谷区) 近年、国内でチーズ工房が増えていることにお気づきだろうか。大手の乳製品製造会社ではない「独立系」のチーズ工房の数はざっと全国で320軒以上。乳製品の競争力強化を目指す国の後押しもあり、10年前に比べて倍以上に増えた。 チーズといえば、保存がききやすい加工成形済みのプロセスチーズが主流だった。ところが、最近は生乳と乳を固める凝乳酵素でつくるフレッシュなナチュラルチーズの人気が高まっている。ナチュラルチーズを手掛ける国内のチーズ工房には、本場イタリアで修業してきた職人もいる。弾力のある「モッツァレッラ」やほんのり甘い「リコッタ」などのフレッシュチーズは、基本的につくりたてが最もおいしいので、国内ですぐに食べられるのはぜいたくな体験だ。 今回は、イタリアで修業した職人たちがつくる日本産イタリアチーズをご紹介しよう。 © NIKKEI STYLE 北海道のチーズ工房「白糠酪恵舎」の外観 まずは、チーズ工房が120軒以上集中する酪農王国、北海道白糠町の「白糠酪恵舎」。創業は20年前で、日本のチーズ工房、なかでも日本産イタリアチーズの先駆けのひとつである。すでに、卸を含めて全国450店ほどの取引先がある。 代表の井ノ口和良さんがイタリアへチーズ修業に出向いたのは27年前のこと。北海道庁の職員だったこともある井ノ口さんは、「北海道が酪農王国でありながら、乳製品を食べる文化がなかったことに気づいたのです」と語る。イタリアチーズを選んだのは、「イタリアが日本と同じく火山の多い国であること、地方ごとの特色が強いことに加え、米や野菜や魚をよく食べること、日本のしょうゆのようにオリーブオイルを何にでもかけることなど、日本と食文化が似ているなと思ったからでした」 © NIKKEI STYLE モッツァレッラをつくる井ノ口さん(写真提供 白糠酪恵舎) イタリア北部と南部での修業をへて、現在はモッツァレッラ、グラナ ・パダーノ、リコッタなどのイタリアチーズとそのバリエーション約20種類を年間およそ30トンも生産する工房に成長した。ただ、モッツァレッラだけは、フィラトゥーラと呼ばれる、チーズを手早く練り上げる繊維づくりの過程がむずかしいため、いまだに井ノ口さんがみずから製造を手がける。 原料となる牛の生乳は工房から3キロ圏内にある牧場のみから運ばれる。「運搬時間を短くし、生乳の脂肪を傷めないことで、おいしいチーズができるのです」。さらに、「チーズは(単なる)商品ではなく、命をつなぐ食べ物。だから、おいしくて、安くて、栄養がなければいけない」。優しく強いミルクの本来の味が出ていて、手間がかかっていながら手ごろな値段に抑えられていることを、井ノ口さんは誇りにしている。 © NIKKEI STYLE 白糠酪恵舎のチーズの一部。左から時計回りにトーマ・シラヌカ、スカモルツァ・アフミカータ、ロビオーラ、サルーテ。ロビオーラは参考小売価格100gあたり500円台~700円台で、オンラインショップ「栄三郎商店」や「北海道フーディスト八重洲店」(東京都中央区)などで販売 ■料理人が使いたいチーズ 白糠酪恵舎のチーズは料理人に人気がある。例えばロビオーラというチーズを、料理に愛用しているのが、イタリア料理店「マジカメンテ」(東京都渋谷区)の佐藤崇行オーナーシェフ。ロビオーラは、チーズの表面に乳脂肪とタンパク質を分解する菌を植えつけ、表面を塩水で洗いながら熟成させたものという。 佐藤シェフがお店で提供しているのは、イタリア北部の「ランゲ(地方)のリゾット」。ロビオーラとヘーゼルナッツ、リンゴをリゾットに仕立てたものだ。佐藤シェフによると、ナッツの風味のあるロビオーラとヘーゼルナッツ、リンゴの相性はとてもよいと言う。 © NIKKEI STYLE ... Read more »

「日本沈没」最終回は12・12 日曜劇場10年ぶり最長タイ2時間3分sp!番組p「息もつかせぬ展開」

© スポーツニッポン新聞社 日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」最終回は12月12日、2時間3分スペシャルで放送されることが決定(C)TBS  俳優の小栗旬(38)が主演を務めるTBS日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」(日曜後9・00)の最終回(第9話)が12月12日に2時間3分スペシャル(後9・00~11・03)で放送されることが28日、分かった。同局の看板枠・日曜劇場の最終回としては、2011年1月期「冬のサクラ」最終回(3月20日)と並ぶ10年ぶり最長タイの放送分数。同局の東仲恵吾プロデューサーは「最終回は終始、展開に次ぐ展開で、息もつかせぬ内容になっているので、2時間3分の長さで見ていただいて、より満足していただけるのではないかと思っています。通常よりも長い時間で放送させていただくことはありがたく思います。最後まで是非ご期待ください」と力を込めた。  小栗が10年10月期「獣医ドリトル」以来11年ぶりに日曜劇場主演。1973年に刊行された小松左京による不朽の同名名作SF小説を原作に、当時も扱われた題材「環境問題」を2021年バージョンとして鮮明に描く。原作に大きくアレンジを加え、舞台は2023年の東京。国家の危機に瀕してなお、一筋の希望の光を見いだそうとひた走る究極の人間ドラマがオリジナルのキャラクター&ストーリーとして展開される。  1993年4月に連続ドラマ枠となって以降、日曜劇場の最長放送分数は「冬のサクラ」最終回、11年4月期「JIN―仁― 完結編」初回(4月17日)、11年10月期「南極大陸」初回(10月16日)の2時間3分。今回は3作と並び、同枠10年ぶりの69分拡大スペシャル放送となる。  第6話(11月21日)から「第二章 日本沈没篇」。今夜の第7話は、田所博士(香川照之)が連行されると同時に、国家機密として扱われていた“日本沈没”も里城副総理(石橋蓮司)主導の下、葬られようとしていた。天海(小栗)が頼みの綱としていたジェンキンス教授(モーリー・ロバートソン)も日本沈没を否定し始める。そして、ついに移民計画をめぐって世界との駆け引きが始まる中、天海らが新たに対峙するのはアメリカと中国…という展開。  残り3話。日本列島は沈没するのか。日本人総移民の“希望”が実現するのか。怒涛の終盤に注目が集まる。 Read more »

松本人志、木下元都議の会見の態度にあきれ「すげぇな」

© サンケイスポーツ 松本人志 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(58)が28日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。東京都議会で2度の辞職勧告決議を受けた木下富美子都議(55)が22日、都庁で記者会見を開き、辞職を表明したことに言及した。 木下氏は、再選後初登庁した9日には活動継続の意向を示していたが、批判一色の様相となり、2週間足らずで一転。7月の都議選で応援に入った小池百合子知事(69)からも突き放された末の退場劇だった。決断の背景として、9日に出席を予定していた公営企業委員会が他会派の反発で流会になったことを挙げ「議員として十分に仕事させてもらえない理不尽な現実に悩んだ」と“恨み節”で表現。同席した代理人の弁護士は都議会の対応を「いじめ」と非難した。 番組ではこれを取り上げ、松本は「立つ鳥跡を濁しまくり。フンだらけでしたね」とバッサリ。「弁護士さんが『これはいじめ』って言った時も、『弁護士さん、それは違う』くらい言ってほしいよね。それは私が元々とか。それをもっと言え的な、あの感覚すげぇなって思う」と、会見での木下氏の態度にあきれた様子だった。また「僕すごいなと思ったのは、(街角アンケートなどで)いろんな人に聞いたら、いるんですね一人くらい。辞めなくていいって人。そんな人いるやと思って」と驚いた。 Read more »

恵比中安本彩花「私の全てが詰まった」初写真集 見どころは「ギャップ」

アイドルグループ「私立恵比寿中学」の安本彩花(23)が28日、1st写真集「彩 aya」の発売記念リモート会見を行った。 セルフプロデュースで制作したといい「私の全てが詰まったような、この一冊見たら私のことを知ってもらえるような名刺代わりのような写真集に仕上がりました」と笑顔。見どころは「素の自分と仕事モードの自分とのギャップ」だという。 初めての写真集の出来栄えは「200点といいたいところですが…伸び代を考えて100点」と笑った。 昨秋から、悪性リンパ腫のため休養。7月に復帰を果たした。1年を振り返り「大きく、自分自身が変われた、変化の年だった。つらいこともあっけど乗り換えたおかげで、すごく強い自分になれたなって自信を持って言える年です」。 来年の抱負は「キラキラ増し増し」といい「やっぱり私は歌を歌うことが大好きなので、そのずっと『歌いたい、歌いたい』ってためていた思いを爆発するようにたくさんの人に私の歌を聞いてもらって、そんなキラキラしている自分をたくさんの人にみていただきたい。心の底からキラキラを放っていきたいなと思っています」と語った。 © 日刊スポーツ新聞社 1st写真集「彩 aya」の発売記念リモート会見を行った安本彩花 Read more »

夜中に何度もトイレに 「夜間頻尿」避けたいng習慣は?

© NIKKEI STYLE 写真はイメージ=PIXTA この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください! 【問題】夜間に1回以上トイレに起きる「夜間頻尿」。この症状に悩む人が避けたほうがいい生活習慣は、次のうちどれでしょう? (1)夕食のデザートに果物を食べる (2)水やお茶などの水分を1日に1.5リットルほどとる (3)コーヒーや緑茶、紅茶を朝に飲む 答えは次ページ ■答えと解説 正解(避けたほうがいい生活習慣)は、(1)夕食のデザートに果物を食べる です。 「ぐっすり眠れない」といった悩みや、夜間の思わぬ転倒などにもつながりかねない「夜中のトイレ」。夜間に1回以上トイレに起きる夜間頻尿の人は、40代以上で約4500万人いると言われています。 「夜間頻尿診療ガイドライン[第2版]」(日本排尿機能学会)の作成委員長を務めた、桜十字病院上級顧問の吉田正貴氏によると、夜間頻尿の主な原因は、夜間の尿の量が増える「夜間多尿」、前立腺肥大症などで膀胱(ぼうこう)にうまく尿がためられなくなる「蓄尿障害」、夜間によく眠れない「睡眠障害」の3つ。「これらの原因が重なり合って夜間頻尿を引き起こしていることが多い」と吉田氏は話します。 このうち夜間多尿は、「夜間に出る尿量が多い状態」、具体的には、1日の総尿量の33%以上が就床中に出ている状態を指します。本来なら昼間に出る分の尿が、夜に出てしまっているわけです。 夜間多尿はシニア世代の夜間頻尿の原因の大部分を占めており、その背景には、(1)加齢に伴う抗利尿ホルモン(夜間に多く分泌され、尿量を減らす役割を果たしているホルモン)の減少、(2)心臓のポンプ機能の低下(血液の循環が悪くなり、下半身に水分がたまり〔むくみ〕、夜間に尿として出てくる)、(3)高血圧や糖尿病、(4)水分のとりすぎ――などがあります。 ■水分摂取量は「1日1.5リットル」を目安に、とり方も工夫を 「日常生活の習慣が、気づかぬうちに夜間頻尿を引き起こしていることもあります。とりわけ多いのが、水分のとりすぎです」と吉田氏は話します。 「最近は、脳梗塞や心筋梗塞につながる脱水状態を予防するために、水分を1日2リットル程度飲むという人がよくいます。それくらいの水分をとっていると、尿量が増えて夜間頻尿につながるので、水分を控えていただくように指導します」(吉田氏) 適切な水分摂取量には個人差がありますが、「体重あたり20~25mL」を1日の水分摂取量の目安とする考え方があります。例えば、体重が70kgの人では1400~1750mL、60kgの人では1200~1500mLです。 吉田氏は「1日に1.5リットル程度」の水分摂取量を目安にしているといいます。これは食事以外での水分摂取量で、水だけでなくお茶や清涼飲料、アルコールなども含めた量です(ただし、汗をかく夏場やスポーツをしたときなどは、摂取量を増やしたほうがいい場合もあります)。 さらに、水分のとり方にも注意してほしいと、吉田氏はアドバイスします。夜間に作られる尿の量を減らすには、夕方以降は利尿作用のあるカフェインを含む緑茶や紅茶、コーヒーはなるべく控えましょう。「カフェインを含む飲み物は、朝や昼間に飲むようにして、夕方以降にお茶やコーヒーが飲みたいときは、カフェインを含まない麦茶やルイボスティー、カフェインレスコーヒーなどにするといいでしょう。その場合も、量は控えめにしてください」(吉田氏) ビールなどのアルコールにも利尿作用があるので、実際に飲んだ量よりも多い尿が作られます。夜間頻尿がある人は晩酌はなるべく控え、どうしても晩酌がしたい場合は、就寝の4~5時間前までを理想としてなるべく早めに済ませる、量を控えるといった工夫を心がけるといいでしょう。 盲点になりやすいのが、野菜や果物です。野菜や果物は水分を多く含んでおり、夕食時以降に野菜サラダや果物をたくさん食べると、夜間に作られる尿の量が増えて、夜間頻尿につながりやすくなります。野菜サラダや果物は、できるだけ朝や昼に多く食べるようにしましょう。 このほか、塩分の取りすぎ、運動不足も夜間頻尿の原因になります。塩分をたくさん含む加工食品や汁物、塩蔵品などの取りすぎを控え、下半身の運動を増やして血液の循環を良くすることも、夜間頻尿の改善につながります。 この記事は、「夜間頻尿を減らす『薬』『睡眠』『水分・塩分』のポイント」https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/21/042000014/043000003/(田村知子=ライター)を基に作成しました。 [日経Gooday2021年11月8日付記事を再構成] Read more »

硬くなっていく血管をケアするには? 医師がすすめる日々の食事と運動の方法

「人の老化は血管から始まる」ともいわれるように血管ケアはアンチエイジングの要。年齢を重ねることで硬くなっていく血管をケアしていくには日々の食事や運動で脂質をコントロールすることが大切です。今回は女性の血管ケアについて、日本の「性差医療」の草分け的存在である天野惠子先生にお聞きしました。前編に続いて、後編では、どのような血管ケアを行ったらよいかを具体的にご紹介します。(自分で自分の健康を守るための健康情報を発信する「セルフドクターWeb」より転載) 【一覧】控えたい油、積極的に摂りたい油はこれ! *  *  * 食事の工夫で血液中の脂を増やさない  コレステロールが高いから卵はダメ、肉もダメというのではなく、コレステロールや中性脂肪を減らしたり吸収を抑えたりする食材を使って、賢く脂質コントロールしましょう。コレステロールの7~8割は体内でつくられ、食べ物から摂取されるのは2~3割しかありません。コレステロールの生成や貯蔵は全て肝臓で行われ、肝臓は体内のコレステロールが一定になるように需要と供給のバランスを上手に調整しています。そのため、コレステロールが多く含まれる食べ物を摂っても、すぐにコレステロール値が上がるということはありません。  とはいえ、動物性脂肪を摂り過ぎればLDLコレステロールが増え、炭水化物(糖質)や脂肪、アルコールを摂り過ぎれば中性脂肪が増えるのも事実。バランスを心がけましょう。脂質コントロールのお助け食材となるのが、意外なことにある種類の油。青背魚や亜麻仁油、オリーブ油などの油は、コレステロールや中性脂肪を減らしたり、血流をよくしたりするのに一役買ってくれます。  天野先生の心配は、実は更年期よりも20代、30代の女性たち。「見ていると、40代の半ばから50代には料理をする人がたくさんいますが、若い女性たちに聞くと、家に包丁もない、コンビニで買ってきた物を食べるという人も多い。栄養の偏りも多く、あまり摂りたくない油も日常的に摂っています」と先生。これではエストロゲンが出ていても、血管や血流に危険信号が灯ってしまいます。 Read more »

吉岡里帆「大胆すぎる黒のスリットドレス姿」にファン歓喜…!

女優でモデルの吉岡里帆が自身のインスタグラムアカウントに「黒のスリットドレス姿」を公開し、大きな話題を呼んでいる。「素敵な笑顔」「So pretty」「最高」「可愛いっす」といった称賛のコメントが殺到した。 【画像】美しすぎる吉岡里帆の…! 吉岡が投稿した写真では、吉岡はピンクと白の中国風衣装で髪もピンクにしている。そして、頭からはピョコンと猫のミミのようなものがはえている。手も「ニャンニャン」のポーズをしている。さらには吉岡の周りに奇妙な格好をした人たちが立ち並ぶ……吉岡はインスタで「妖達との思い出。」と説明しているが、これは一体なんだ!? 実はこの写真、吉岡が出演していた舞台「狐晴明九尾狩」に関するもの。劇団☆新感線の41周年を記念して上演され、中島かずき作、いのうえひでのり演出による“いのうえ歌舞伎”の新作だ。中村倫也(安倍晴明役)や向井理(賀茂利風役)らと共演し、吉岡は「狐霊のタオフーリン」を演じた。 舞台は11月11日大千穐楽をむかえた。その際、吉岡は来場者にこんな感謝の言葉をインスタに綴っていた。 「観に来て下さった方々、応援して下さった方々ありがとうございました」 吉岡は「日清のどん兵衛」のCMではキャラクター「どんぎつね」も演じていることもあり、「気付いたら今年の3分の1狐役でした。笑」ともコメントした。ちなみに吉岡は狐役を演じる際は、こんなこだわりがあるのだという。 「『人間じゃないよ』といつも思いながらやっています。某きつねをずっとやっていて、すごく大事にしているんですけど、『絶対に人間の耳を見せない』。それはつねにメイクさんと話し合ってやっています」 と、作品の世界観を壊さないよう、吉岡はさまざまな配慮をしているのだ。 今年は春にドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)に、秋は舞台に出演し女優として大忙しだった吉岡。年末といえばそろそろ「どん兵衛」のCMが観られる時期だろうか。さて、来年はどんな役を吉岡は演じるのだろうか。ますます目が離せない……! FRIDAYデジタル Read more »

ハリー・ポッター20周年記念から作者のj.k.ローリングが排除されている理由

世界中で大人気となった『ハリー・ポッター』シリーズも20周年を迎え、それを記念する特別番組が2022年の元日にアメリカで放送される。しかし、そこには原作の著者J.K.ローリングの姿はなかった。なぜそんな不自然なことが起きているのだろうか。 【画像】ローリングには触れていないエマ・ワトソンのメッセージ ハリー・ポッター20周年 世界中で大ヒットし、全世界で70億ドル以上の興行収入を記録した『ハリー・ポッター』シリーズも、最初の映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の公開から20周年を迎えた。 アメリカのHBO Maxでは、その記念として、2022年1月1日に回顧的な特別番組『ハリー・ポッター20周年記念─ホグワーツに帰ろう』を放送する。 米紙「ワシントン・ポスト」によると、同番組ではキャストのインタビューや舞台裏の様子が紹介され、主人公を演じたダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、トム・フェルトンら大勢のキャストが再集結する。一方、原作の作者で自らも著名なJ.K.ローリングは、番組には登場しないという。 ローリングは物語を作り上げただけでなく、映画制作にも密に協力し、彼女がいなければハリー・ポッターは存在しなかった。にもかかわらず、彼女は番組に含まれる過去の映像に映るのみだ。ローリングの新たなインタビューすらない。 非常に不自然な状況だが、制作会社であるワーナー・ブラザースもローリング自身も、その理由について説明していない。 トランス発言で大炎上したローリング 一方、英紙「デイリー・テレグラフ」によると、ローリングがいないのは、トランスジェンダーに関する彼女の以前の発言が波紋を呼び、批判を受けていたために、彼女は外されたのだという。 2020年、ローリングは、「トランスジェンダーの人々への支援によって、女性の権利保護推進を緩めるものにしてはいけない」と主張する長文エッセイを発表した。それは、初めの夫から虐待を受け、シングルマザーとなった彼女が、自らの体験をベースにした信条を述べたものだった。 ローリングは、トランスジェンダーの権利を支持する一方、生物学的な男女という性の概念を「消去」することには反対すると述べた。 しかし、その発言はすべての人からの共感を得られたわけではなかった。トランスジェンダーの人々の権利をローリングは認めないと取られ、LGBTQコミュニティの一部からトランスフォビアと彼女は非難されてきた。最近は脅迫などを受ける事態にまで追い詰められている。 そして、『ハリー・ポッター』シリーズの主要キャストとして有名になり、キャリアを築いたラドクリフ、グリント、ワトソンの3人は、ローリングを守るどころか、明らかに彼女から距離を置く姿勢を見せた。 ラドクリフは「トランスジェンダーの女性は女性です」と発言し、ローリングとは異なる立場にあることを早くから明確にした。グリント、ワトソンも同様に、トランスジェンダーの人々に自分は理解があると表明し、ローリングと距離を取った。 ローリングは、自分はトランスフォビアではなく、「LGBTの慈善団体に長年寄付をしており、トランスの人々が迫害を受けずに生きる権利を支持している」と繰り返し述べてきたが、彼女に対する批判は止んでいない。 ローリングが番組から外されたのは、ローリングと距離を取ろうとするキャストとの関係もあったのかもしれない。 なお、ワトソンは、この20周年記念特別番組に際して自らのインスタグラムへのポストで、ファンに次のようなメッセージを述べる。「あなたがいなければ、世界の魔法は存在しません。これほど包括的で愛に満ちた世界を作ってくれてありがとう」 このポストではローリングについてはまったく触れられていないが、魔法の世界を作ったのは本来ローリングだろう。そして、このメッセージは包括的でないと批判されるローリングに対する辛辣な皮肉だと、「テレグラフ」紙は分析する。 この特別番組の日本での今後の公開は不明だが、全米で公開されれば、また話題を呼ぶだろう。 COURRiER Japon Read more »

タイ政府 「オミクロン株」の感染リスクが高いと判断 アフリカ8カ国の入国禁止を決定

 タイ政府はオミクロン株の感染リスクが高いと判断したアフリカ8カ国からの入国を禁止することを決定した。 【映像】タイ政府 アフリカ8カ国の入国禁止を発表  タイ保健省は27日、オミクロン株の感染リスクが高いとして、南アフリカなど8カ国からの入国を来月1日以降、禁止すると発表した。対象国の渡航者は、タイ入国に必要な手続きも出来なくなる。一方、すでに入国を許可されている人については、到着後に14日間の隔離が必要になるという。オミクロン株をめぐり、東南アジアでは、シンガポールも入国禁止の措置をとっている他、フィリピンでは、アフリカ7カ国からの国際便の受け入れを来月15日まで停止している。(ANNニュース) Read more »

「サンモニ」青木理氏「日本の人権問題」指摘 北京五輪語らず「足下」問い直せ

 ジャーナリストの青木理氏が28日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、日本の人権意識に疑問を投げかけた。女子テニスのダブルス元世界ランク1位の彭帥が中国共産党の最高指導部メンバーだった張高麗元副首相に性的関係を強要されたと告白した後、安否不明となっていた問題にからめて「日本の人権問題はどうなのか」と問いただした。  青木氏は「中国の人権問題は非常に深刻でね」と前置きした上で「経済的に言うと中国のない日本、中国のない世界っていうのは考えられない」と必要不可欠な存在だと指摘。「地域の平和と安定のために、日本独自の中国の向き合い方を考えなくちゃいけない」と主張した。  さらに「中国の人権も問題だけれども、足元はどうかなっていうことですよね」と日本に目を向けた。「日本の人権問題はどうなのかをガッチリ固めて中国と向き合うことが求められてる」と国内の姿勢を問いただした。  人権問題について、北京の冬季五輪に対する「外交的ボイコット」も取りざたされている。青木氏は「平和の祭典」という言葉は五輪の商業主義の前では「なぎ倒される」とし「今回の東京オリンピックは感染状況が最悪の中でやった人命軽視」と断言した。  東京五輪については「ジェンダーの問題、性的多様性の問題とかいろんな問題が吹き上がって、大批判を浴び」たと指摘。「中国の人権問題に向き合わなくちゃいけないんだけれども、われわれの足元にある人権の問題点もきちんと問い直して『オリンピックのありようってこれでいいんですか』って発信していく、問い直していく責任があるんじゃないかな」と発言。中国の人権問題への対応などは口にせず、日本の人権問題を見直すよう提言した。 Read more »

「十二回2死から泣けてきた…」ヤクルト日本一! 沖縄のキャンプ地も歓喜の雨傘

 「やったー。日本一だ!」。プロ野球ヤクルトの20年ぶりの優勝に、春季キャンプ地の浦添は喜びに包まれた。東京ヤクルトスワローズ浦添協力会が27日、浦添市勢理客の結の街で開いたパブリックビューイングには松本哲治市長や市民ら約40人が結集。勝利を祝って雨傘を揺らした。 【写真】浦添市にいた!「なんちゃってつば九郎」の正体判明  接戦が続いたオリックスとの日本シリーズ。試合開始から5時間を過ぎても、大画面の前では多くのファンが、奮闘するナインを後押しした。  1-1で迎えた延長十二回表2死二塁。代打の切り札、川端慎吾選手が勝ち越しの適時打を放つと、ファンらは「おーっ!」と総立ち。マクガフ投手が最後の打者を打ち取ると「よくやった!」と声が上がり、高津臣吾監督の胴上げに合わせ「ばんざーい」と両手を突き上げた。  2年連続リーグ最下位から、日本シリーズ制覇の快挙。県内のファンでつくる「琉球燕(つばめ)」の新垣枝里さん(39)=那覇市=は「川端さんのタイムリーすごかった。十二回2死から泣けてきた。日本一になってくれて、ありがとう」とうれし涙を拭った。松本市長は「ようやく優勝を決めてくれた。おめでとうございます。ありがとうございます」と声を張り上げた。 (写図説明)ヤクルトが20年ぶりの日本一を決め、喜びを爆発させる県内のファン=27日、浦添市産業振興センター結の街(小宮健撮影) Read more »

人気YouTuberコンビ悩み告白 脚光浴び窮屈、別仕事で集中できず…編集他人任せで「動画に関心が」

© スポーツニッポン新聞社 「パパラピーズ」じんじんの公式インスタグラム(@jinjiiindao)から  人気YouTuberコンビ「パパラピーズ」が27日深夜放送のTBS「占いメガネ」(土曜深夜1・28)に出演。YouTuberとして活動する上での悩みを吐露した。  ぽっちゃり系男子・じんじん(26)と、クールな関西弁女子・タナカガ(22)のユニット。2018年2月にYouTubeを開始し、チャンネル登録者数は175万人を越えている。  人気YouTuberへと上り詰めた2人だが、脚光を浴びるようになってから悩みも増えた。じんじんは「YouTubeでお仕事をいただくようになってから、できなくなったことが増えて、窮屈だなって。どこかで遊びたいっていう気持ちもある。もしこの仕事してなかったらできてたのになって」と告白。「おととしぐらいの活動が一番絶妙によかった。プライベートもお仕事も楽しくできていた時期」「YouTube一つでやってた時期の方がすごい楽しかったなって思ってたりしてた。YouTubeだけのこと考えてた時期が恋しくなってました。それで一回、泣きながらマネジャーに爆発させた」と話した。  タナカガも「YouTubeだけを考えていいときって、YouTubeしかないから頑張れるんですけど。逆にいろんな違うお仕事とかをいただくと、YouTubeに対してだけを集中できない」と神妙な表情を浮かべた。  出演者の占い師・斗弥氏からは「パパラビーズが復活するために必要な条件、それは楽しみ喜びのまま配信すること」とデビュー当時の情熱が今後のパパラビーズには必要と助言が。当初、企画・編集・撮影すべてを担当していたが、多忙になるにつれて簡単な編集を他人に任せるようになっていた2人。「動画一本一本自分たちが100%編集していたものが、今は誰かの手で助けていただいてて。自分達はもうYouTubeに投稿する動画に関心がなくなっちゃってて」と、じんじんは明かした。  斗弥氏は、本来のパパラピーズの形を目指すためにも、来年の活動は重要と説明。じんじんは「戻したい」と願っていた。 Read more »

駅前でお父さんたち癒やす 千葉のシンガー・ソングライターはなさん

© 毎日新聞 提供 はなさん=千葉県松戸市で2021年11月17日午後4時8分、柴田智弘撮影  千葉県の東葛地域を拠点に、明るく柔らかな歌声で地域応援歌や家族の絆を歌うシンガー・ソングライターのはなさん(60)。松戸市のJR新松戸駅前で12月4日から点灯するイルミネーションに合わせて、代表曲「お家に帰ろう」が流される。「仕事帰りに家路を急ぐ世のお父さんたちの疲れを癒やしたい」と話す。  塾講師や編集プロダクション記者を経て26歳でフリーの記者になった。結婚して東京都内から松戸市に移ったが、やがて子育てで記者業が困難に。そんな時、子どもの作文指導や国語教育を研究する「財団法人国語作文教育研究所」(東京都)の宮川俊彦所長(故人)の薫陶を受け、34歳で松戸市のJR北小金駅前で小中学生向けの作文教室を開校。その傍ら、朝日小学生新聞で作文の添削をしたり、毎日新聞に「笑う作文・日記の書き方」を寄稿したりしていた。  気晴らしにアコースティックギターを買ったのは43歳。これが転機となった。弦をはじくと解放された気分になった。そのうちに夕日を見た切なさや非日常への憧れについて詠んだ自作の詩にメロディーを付けて歌うと曲になった。「こんないい歌、自分で歌わなかったら誰にも聞いてもらえない」と、気に入った曲を柏市のレストランで弾き語りするようになり、さらに路上でも歌うようになった。お年寄りや外国人が喝采をしてくれたこと、雪の夜に若者たちが曲に合わせて踊ってくれたことは今も忘れられない。  以来、松戸、流山両市を走る流鉄の100周年を勝手に祝った「流鉄の歌」、松戸市社会福祉協議会の公式マスコットソング「まっころんの歌」など、これまでに100曲以上を手掛けた。動画配信サイトでも発信している。  体調を崩して歌えない時期もあったが、歌から離れたことはなかった。「これからも自分の歌を多くの人に伝えたい。病気と闘う人に歌で元気を届けたい」【柴田智弘】 はなさん略歴  本名東海林ふみ。1961年、横浜市生まれ。山梨県都留市の都留文科大学卒。2008年にCDデビュー。12月25日に流山市生涯学習センターでクリスマスコンサートを開き、新作を披露する。入場無料、要予約(080・3006・6732) Read more »

連合・芳野会長「立民と国民民主の合流求めていく」

連合の芳野友子会長は28日のBSテレ東番組に出演し、来年夏の参院選に向けて「立憲民主党、国民民主党、連合が協力し合って戦える関係をつくっていきたい」と述べ、「立民と国民民主の合流は今後、求めていきたい」と強調した。 立民と共産党が選挙で共闘することについては「連合の立場としてはあり得ない。そのことは言い続けていきたい」と立共共闘を牽制(けんせい)した。 30日投開票の立民代表選に関しては「代表が決まったあかつきにはしっかりとコミュニケーションをとり、連合の考え方を示して理解をいただきたいと思う」と主張した。 Read more »

英のハリポタ作者に殺害予告 人権活動家らが自宅住所さらす

© KYODONEWS J・K・ローリングさん(ゲッティ=共同)  【ロンドン共同】人気小説「ハリー・ポッター」シリーズを手掛けた英作家J・K・ローリングさんが27日までに、自宅住所をツイッターにさらされたと明らかにし、多数の殺害予告などの脅迫も受けているとツイッターで訴えた。  書き込みは22日付。心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人権活動家3人がローリングさんの自宅前で撮影した写真を、その住所が分かる形で投稿したと主張。ローリングさんは「女性が性別に基づき持っている権利について、私に主張させないようにする脅迫だ」と書いた。  地元メディアによると警察が捜査に乗り出し、活動家のアカウントは削除されたという。 Read more »

Obの館山昌平が分析。なぜヤクルトはシーズン前の下馬評を覆し、日本一を達成できたのか

© photo by Kyodo News  ヤクルトが3勝2敗で王手をかけた日本シリーズ第6戦が11月27日、ほっともっとフィールド神戸で行なわれた。オリックス・山本由伸、ヤクルト・高梨裕稔の両先発が投手戦を繰り広げるなか、5回表、ヤクルトが塩見泰隆のレフト前タイムリーで1点を先制。しかし、オリックスは直後の5回裏、福田周平のレフト前タイムリーで追いついた。その後は両者譲らぬ展開となり、均衡が破れたのは延長12回表。代打・川端慎吾のレフト前タイムリーでヤクルトが1点を勝ち越した。その裏は、延長10回2死から登板した守護神マクガフが無失点に抑え、ヤクルトが20年ぶり6度目の日本一に。勝敗を分けたポイントについて、ヤクルト時代の2015年に日本シリーズに出場した館山昌平氏に聞いた。 © Sportiva 提供 20年ぶり6度目の日本一を飾り、胴上げされるヤクルト・高津臣吾監督  オリックスとしては本拠地で大エースの山本由伸投手が先発し、「絶対に負けられない」という戦いでした。対して3勝2敗のヤクルトは、王手をかけているものの、第6戦を落とすと第7戦は相手を連勝で迎えることになるので、気持ち的には五分五分の状況だったと思います。  山本投手はさすが沢村賞に輝いただけあって、何段もギアを持っているようなピッチングでした。序盤はストレートで押して、中盤以降は要所でフォーク。6回に2つのエラーで無死1、2塁になった場面でも、「大丈夫、大丈夫」とチームメイトに声をかけるなど、本当にエースらしい佇まいでした。  あの場面を目一杯の力でいき、終盤はスライダー、カーブを多投しながら、フォークとカットボールをうまく使い、プロ入り最多となる9回141球を投げ抜きました。本当に魂がこもった、すばらしいピッチングでした。  一方、ヤクルトの高梨投手は、初回、2回と球が上ずっていました。それでも走者を出してからはフォークの制球が安定していましたし、クイックをうまく使いながら低めに集めていました。  インターネット中継ではイニング間の投球練習も流れていて、よかったのは初回だけでした。2回以降は「なんとかしなくては」という様子で、だからこそ丁寧に投げていました。  高梨投手の状態というのは、おそらく現場もわかっていたはずです。神宮と同じようにブルペンが外にある球場なので、2番手で投げることになるスアレス投手は展開を読みながら、自分の登板に向けていい準備ができたと思います。  その後は清水(昇)投手がイニングをまたいで、8、9回を抑え、田口(麗斗)投手を挟んで、延長10回2死からマクガフ投手をマウンドに送りました。  第6戦の継投は、「1点もやらないんだ」という高津(臣吾)監督の強い思いが表れていました。さすが現役時代に3年連続して日本シリーズを経験している投手だけあって、短期決戦の戦いを熟知しているなと思いました。  決勝点を挙げた川端(慎吾)選手は二死1塁で代打に送られ、5球目にパスボールで走者が2塁に進塁しました。状況が変われば配球は変わりますし、外野手も前進守備となり、1塁が空いていたので勝負を避けられる可能性もあった。いろんなことを考えながらの打席となったので、難しかったと思います。  そんななか、極限までボールを引きつけて、逆方向に打ち返すという、川端選手の技術が詰まったバッティングでした。  紙一重の戦いが続いた今年の日本シリーズは、ヤクルトが4勝2敗で日本一に輝きました。シーズン中から「ピッチャーが弱い」と言われてきましたが、日本シリーズでは全投手が「やってやるぞ。オレたちで1点でも少なく抑えよう」という姿勢が見て取れました。  2戦目で青木(宣親)選手が決勝タイムリーを放ち、チーム最年長の石川(雅規)投手が4戦目で勝利投手になった。そして6戦目では川端選手の一打が日本一を呼び込みました。今回のシリーズでは、村上(宗隆)選手、塩見選手、奥川(恭伸)投手、高橋(奎二)投手ら、若い選手が本当にすばらしい活躍を見せた一方、要所でベテラン勢がまとめてチームを鼓舞していました。  歓喜の輪の中心に石川選手と青木選手がいるのは、感慨深いものがありました。この2人がリーダーシップを発揮して、それがチームにいい影響を与えていたのは間違いありません。ただ、ベテランにリーダーシップを発揮させる環境をつくったのは、高津監督をはじめとした首脳陣だと思います。選手個々の力を最大限発揮できる雰囲気が、今年のヤクルトにはありました。  今シーズン、開幕前の予想でヤクルトの前評判は低かった。それでも高津監督は選手たちを信頼し、「絶対大丈夫」とチームをまとめて、選手たちは結果で応えた。その一戦一戦の積み重ねが自信となり、チームは着実に力をつけていった。その結果、シーズンはおろか、短期決戦も勝ち抜き、2021年はどのチームよりも強かったことを証明しました。  僕は昨シーズンから楽天の二軍投手コーチを務め、現役とは違った形でヤクルトを見ていました。石川投手や数人の選手とはLINEなどでやりとりしていますが、シーズンを通してチームが強くなっていくのを感じました。日頃からチームワークのよさがあったことは手にとるようにわかりましたし、OBとして本当にうれしく思います。20年ぶりの日本一、素直に「おめでとうございます」と言いたいですね。 Read more »

エビ中・安本彩花「つらいこともあった。乗り越えて強くなれた」、来年の抱負は「キラキラ 増し増し」

© スポーツ報知/報知新聞社 初写真集「彩 Aya」の発売リモート会見を行った私立恵比寿中学の安本彩花。写真集表紙。  女性9人組グループ「私立恵比寿中学」の安本彩花が28日、セルフプロデュースした初写真集「彩 Aya」(29日発売)の発売リモート会見を行った。  初写真集に「私の全てが詰まったような、この1冊を見たら私のことを知ってもらえるような、名刺代わりの1冊ができたなと思っています」。都内の実家で撮影する場面もあったが、「実家の素の部分も出せている。素の自分と仕事モードの時の自分と、こんなに表情が違うんだと気付けた。新たな発見があって、面白い部分。ギャップが気に入っています」と話した。  昨年10月に悪性リンパ腫のため休養。約5か月間の闘病生活を経て、4月に悪性リンパ腫の寛解を発表し、6月に復帰した。安本は「大きく自分自身が変われた、変化の年だった。すごくつらいこともあったけど、それを乗り越えたおかげで強くなれたと自信を持って言える」としみじみ。「キラキラ 増し増し」と、色紙に来年の抱負を記した。  「安本彩花としてはなかなか前に進めず、地団駄(じだんだ)を踏んでいるようなもどかしい日々だった。ただ、仕事復帰する中で『こういったことをやっていきたい』という野望がドンドンと生まれた」。気付いたのは歌うことが大好きという気持ち。「ためていた『歌いたい!』という思いを爆破させられたら。キラキラとしている自分を知っていただけるように、心の底からキラキラを放っていきたい」と目を輝かせた。 Read more »

松本人志、木下富美子元都議の辞職会見を「立つ鳥跡をにごしまくり」

© スポーツ報知/報知新聞社 松本人志  「ダウンタウン」の松本人志が28日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・午前10時)に出演した。  番組では、7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こした木下富美子元都議が辞職したことを報じた。  松本は辞職会見を見た印象を「立つ鳥跡をにごしまくりというか、フンだらけでしたね」と明かしていた。 Read more »

オミクロン株、欧州で拡大 英独伊で確認、規制強化も

© KYODONEWS 27日、ベルリンで新型コロナウイルスのワクチン接種の順番を待つ市民ら(ロイター=共同)  【ロンドン共同】南アフリカなどで確認された新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株の感染が27日、欧州で拡大した。英国、ドイツ、イタリアで新たに確認。英国はイングランドで7月にほぼ撤廃した行動規制を一部再導入し警戒を強めた。米国は国内未確認だが、27日にアフリカ南部8カ国への渡航中止勧告を出すなどし、状況を注視している。  オミクロン株は、欧州では26日に初めてベルギーで明らかになり、チェコで同株とみられる症例を確認。オランダでは26日に南アフリカから到着した航空便の乗客61人が新型コロナ検査で陽性となり、このうち一部はオミクロン株の感染者とみられている。 © KYODONEWS ドイツ中部のスキーリゾートで掲げられた感染防止を呼び掛ける看板=27日、ヴィンターベルク(AP=共同) Read more »

白くてほわほわ背中に天使の羽 アルパカの赤ちゃん誕生 名前を募集中

© Copyright(C) 2021 神戸新聞社 All Rights Reserved. 母の「ましろ」にくっつくアルパカの赤ちゃん=ヨーデルの森  60種200頭羽の動物を飼育する神崎農村公園ヨーデルの森(兵庫県神河町猪篠)でこのほど、アルパカの赤ちゃんが生まれた。飼育舎のアルパカハウスでは、体長70センチほどに育った赤ちゃんが母親のましろ(11歳)にすり寄り、愛らしい姿を見せている。  赤ちゃんは11月7日朝に生まれた。全身がほぼ白で背中に天使の羽のような茶色いまだら模様がある。生まれた直後の体重は6・2キロだったが10日で9・1キロまで増えた。父親はサンタ(4歳)。同園では5年ぶりの赤ちゃん誕生で、アルパカは計7頭になった。  17日、飼育舎から初めて屋外のアルパカ広場に出た赤ちゃんは、ましろに付いたり離れたりしながら、広場を走り回っていた。  同園は20日から赤ちゃんを公開。アルパカ広場前で名前を募集している。  同園インフォメーション横の展示場では、10月上旬に生まれたケープペンギンの赤ちゃん2羽も公開している。4歳になった父の名前が「とろろ」のため、赤ちゃんの名前は「めかぶ」と「なめこ」。いずれも性別は不明。体長5センチ、体重70グラムで生まれ、1カ月半で25センチ、1・5キロに成長した。展示場では、灰色の毛に覆われた2羽がずっと体を寄せ合い、ピーピーとかわいい声で鳴いていた。  同園TEL0790・32・2911 (吉本晃司) Read more »

新生児に2万円独自給付 財源はコロナで減額の議員旅費、大阪・高槻

 新型コロナのあおりを受けた子育て世代を支援するため、高槻市は、今年度に生まれた新生児1人につき2万円を独自給付する。事業費を含む一般会計補正予算案を30日に開会する市議会定例会に提案する。  今年4月1日~来年3月31日生まれが対象で、2500人を見込む。既に生まれている新生児がいる世帯には来年1月下旬から郵送で案内を送り、後に生まれた世帯には出生届提出の際に案内する。申請が順調に進めば、給付は2月21日ごろからになる見通し。  事業費約5100万円の財源として、コロナ禍で減額された市議の現地視察のための議員旅費の1122万円を活用する。(茶井祐輝) 朝日新聞社 Read more »

高津監督の古巣wソックスも日本一祝福 地元メディアでも記事を掲載

ヤクルトが日本一となり、高津臣吾監督(53)の古巣ホワイトソックスも祝福した。球団公式ツイッターが27日「おめでとう、シンゴ・タカツ!」のお祝いメッセージとともに、高津監督のホワイトソックス時代の画像を投稿。それに対してファンからは「フリスビーだ、懐かしい」「80キロのスローボールで打者から空振り三振を奪う姿をよく覚えている」「10歳のころにタカツのユニホームを持っていたよ」などのコメントが寄せられた。 【写真】日本一となり胴上げされるヤクルト高津監督 高津監督は、2004~05年の2年間、ホワイトソックスでプレー。同球団では90試合に登板し、7勝6敗、27セーブ、防御率3・46をマーク。「フリスビー」は、球の動きからそう呼ばれていた。 ホワイトソックスの地元シカゴのメディア「オン・タップ・スポーツ・ネット」では「元ホワイトソックスのクローザーが、21年日本シリーズを制覇した」の見出しで記事を掲載した。「ミスター・ゼロと呼ばれた彼は、短期間の所属だったものの良い思い出とともにファンの記憶に残っている。04年にメジャーでデビューすると奇跡的な活躍をし、新人王獲得争いで2位に入った」と振り返った。 Read more »

Who(世界保健機関)、コロナ変異「オミクロン株」名付けまでも「中国忖度」か

「WHO(世界保健機関)」が中国の習近平首席に忖度(そんたく)しているという主張が広がっている。 WHOは南アフリカで発見された新型コロナウイルスの新たな変異株を「オミクロン(Omicron、ギリシャ文字の15番目)」と命名した。 変異株の発見順番では「Nu(13番目のギリシャ文字)」または「Xi(14番目のギリシャ文字)」が来なければならないところ。2つ飛ばしたことになる。 偶然にも14番目のギリシャ文字は「Xi」であり、中国の最高指導者である習近平(Xi Jinping)主席の英文名字(Xi)と同じだ。WHOのテドロス事務局長は中国の影響力が増しているアフリカ・エチオピア出身であり、選挙の時から中国の影響下に置かれていると批判されてきた。 新型コロナウイルスの起源を明かす研究作業に対しても、WHOのテドロス事務局長は消極的と言われてきた。 26日、WHOは変異株(B.1.1.529)を懸念変異として定め、「オミクロン株」と命名した。13番目のギリシャ文字「Nu」は、英語表記で「新しい」を意味する「New」と混同される可能性があり、14番目のギリシャ文字「Xi」は「特定地域に烙印(らくいん)を押す作命方式を避ける」という方針が説明された。 米国のテッドクルーズ上院議員は、この疑惑に言及、「WHOが中国共産党をこのように恐れているなら、彼らが世界的災害を隠蔽しようとする時、(WHOを)信用して調査を任せることができるのか」 とツイッターに書いた。 WHOは、一部の疑惑が事実であることを匂わせた。WHOのマーガレット・ハリス広報担当者は「私たちは『烙印効果』を避けるため、地名、人名、動物などを使用しない命名規則に同意した」とニューヨークポストに説明した。 Copyrights(C)wowkorea.jp 6 Read more »

変異株命名、中国に配慮か? 「xi」=「習」で、米fox

 【ニューヨーク共同】米FOXニュースは27日、新型コロナウイルスの新たな変異株の名前「オミクロン」について、世界保健機関(WHO)が中国への配慮などから原則を曲げて決めたとの見方が出ていると伝えた。ギリシャ文字のアルファベット「クサイ」が中国の習近平国家主席の姓である「習」の英語表記「XI」と同じため飛ばされたという。 【写真】61人が陽性反応、スキポール空港の検査デスク 一部はオミクロン株か  変異株はこれまで最初の「アルファ」から12番目の「ミュー」まで確認され、順当なら「ニュー」「クサイ」と続く予定だった。対中強硬派で米共和党のコットン上院議員はツイッターで「WHOは公衆衛生より中国共産党の機嫌を気にしている」と批判した。 Read more »

「日本一のレタス王国」長野・川上村が外国人に頼りきる農業から脱却できたワケ

日本一のレタスの産地である長野県川上村は、外国人の技能実習生に依存する農業が常態化していた。農林水産省から副村長として赴任した西尾友宏さんは「ベトナムの大学と連携し、本当に農業の生産技術を学びたい農学部の学生に来てもらう形を取り入れた。その結果、ベトナムでは『川上レタス』というブランドの可能性も広がった」という――。 【写真】マルシェかわかみで販売されているハーブコーディアル  ※本稿は、西尾友宏ほか『グローカルビジネスのすすめ』(紫洲書院)の一部を再編集したものです。 ■年商4000万円のレタス村があえぐ人口減少  川上村は長野県の東の端に位置する小さな村です。長野県で唯一埼玉県の秩父の裏側に接しており、東京から直線距離だと100kmも離れていない場所にあります。標高が非常に高く、年間の平均気温も8.5℃と非常に低いため、夏場も涼しくてレタスや白菜などの高原野菜の生産が非常に盛んな地域です。  人口はわずか4000人ほどで、農家の数は500軒ほどにもかかわらず、野菜栽培で年間208億円もの年商をあげています。農家一軒あたりの平均年商が4000万円を超えているということなので、農業の分野では非常に成功している部類に入る村だと言われていました。  そもそも地方創生とは、全国の地方で人口の減少を止めるために多くの政策を考えて実行していきましょう、という施策の体系です。地方に稼げる仕事がないことから、若い人が大都市、特に東京に集中してしまいます。このローカル人材の流出を防ぐことが、地方創生の一つの大きな意義であると言えるでしょう。  その意味では、川上村は一見して特殊な状況にありました。川上村には、先にご紹介した通り、高原野菜の栽培という年商4000万円超を稼ぐことができる大きな仕事がありました。にもかかわらず、川上村の人口は着々と減少していました。  図表1は現地に赴いた際に作成した人口減少の予測グラフなのですが、これによると、何もしなければあと40年ほどで人口が半分になってしまうということが分かります。地方創生という観点から見ると、川上村も例に漏れず人口が減少しており、何らかのアクションが必要な状態だったのです。  私が赴任をして最初に行ったことは、川上村の人口減少の根底にある原因を探ることでした。人口減少のトレンドを表すいくつかのデータを見てみましょう。まず世帯増減の推移に注目すると、2009年~2013年における平均転入数が88.4人であるのに対し、転出数は140人。すべての年で転出超過になっていることが分かりました。また、合計特殊出生率の推移をみると、バブルまでは2を超えていましたが、徐々に減ってしまい、現在は長野県の平均と比べても低くなっています。  その理由は人口ピラミッドが物語っています。人口ピラミッドの女性の部分、とりわけ一般的に出産適齢期とされる20代から40代の人口が少ないことがわかりました。つまり、若い世代の女性が少ない。これは地方に典型的なことなのですが、村から出た女性が都会に移り住み、村の女性が少ない故に子どもが生まれない、という分かりやすい状況です。 Read more »

燕のキャプテン山田の闘い 「キャプテンになって良かった」ヤクルトを日本のテッペンに導いた

主将として、20年ぶりの日本一に導いた。ヤクルト・山田哲人内野手(29)が主将1年目のシーズンを終え、「キャプテンをやって良かった」と思いを吐露した。昨オフ、国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留。新たに7年契約を結び、志願して主将に就任した。山田の1年間を振り返る新連載の第1回。苦悩と達成感が交差した感情、行動の変化に迫った。(特別取材班) 高津監督の胴上げを終えると、山田は目を真っ赤にした。主将1年目のシーズンにリーグVと日本一を達成。そっと左腕のキャプテンマークに手を置いた。 「優勝もできて、日本一にもなって、キャプテンになって良かった」 昨オフ。人生を左右する大きな決断を下した。国内FA権を行使せずに残留。チーム内で自身の環境を変えようと、主将就任を志願した。ただ、もともと主将などやるようなタイプではない。友人や周囲からは「本当に自分から言ったの?」と驚かれた。 主将の肩書がつき、行動に変化が表れた。昨季より明らかに他の選手と会話する機会が増えた。特に投手陣。宿泊先の食事会場で若手投手を見つけると、隣に座って話を聞いた。試合中には、自身の感じたことを積極的に伝えた。昨季までなかった光景だ。 「投手と野手はやっぱり遠慮してしまう。でも今年は少しでもコミュニケーションを取ろうと思った。『打者はこの場面で、この球が来たら嫌だよ』とか感じたことを伝えた」 主将という立場は覚悟していた以上に重圧がのしかかった。「毎日がしんどいよ」と漏らしたこともある。シーズンの成績だけではない。今夏は東京五輪もあった。チームの主将として、日本代表として背負うものが大きかった。 「変なプレッシャーを自分にもかけていたし、期待に応えないといけない。周りの目が怖いというか変に意識していた」 ただ、下は向かなかった。思い悩んだときは、空を見上げた。「メンタルは強くないよ。強い人なんていない。空を見ると、自分がちっぽけだな、ちっちゃい人間だなって思う。こんなに広くて、世界には何十億人っているんだって。そう考えるようにした」。山田哲人も一人の人間だった。 新年。初詣の際には絵馬に『導』と記した。世界一を手始めに、リーグ制覇、日本一に導いた。「そんなに俺は頑張っていない」。どこかホッとしたような表情はいつも通りの山田だった。 Read more »

36h決着のヨハネスブルグ・オープンで全英出場3人が決定 地元vローレンスは「人生の夢が実現した」

南アフリカで開催されている欧州ツアー、DPワールドツアーの開幕戦「ヨハネスブルグ・オープン」は27日、36ホール大会へと短縮、地元南アフリカのスリストン・ローレンスが勝利した。 こちらは賞金女王決定戦!国内女子の今季最終戦をライブフォトでチェック【大会フォト】 南アフリカで発見された新型コロナ変異株の影響で54ホール競技に短縮されていたが、前日に終了できなかった第2ラウンドに引き続き最終ラウンドが予定されていた土曜日は、さらに悪天候が続き、雷と豪雨で開催コースのランドパークGCは多くのホールでプレー不可の状態。36ホールで大会は終了した。 今大会は来年の「全英オープン」の予選会も兼ねており、第1、2ラウンドで連日の「65」をマーク、トータル12アンダーとした25歳のローレンスは、この優勝で22年7月、セントアンドリュースで開催される全英オープンの出場権も獲得。4打差で2位に入ったザンダー・ロンバード(南アフリカ)、3位のアシュリー・チェスターズ(イングランド)も全英オープン出場の切符を手にした。 日本の川村昌弘はトータル3アンダーで12位タイだった。 「人生の夢が実現した。これまで僕はメジャーを戦ったことがない。それが初めてのメジャーがセントアンドリュースだなんて信じられない。ものすごく興奮している」とローレンス。 ロンバード(26歳)も「ゴルフの聖地で開催される全英オープンに出場できる、これ以上の夢はない。セントアンドリュースでは良いプレーをしたことがあるので、とても楽しみ」、32歳のチェスターズも「2015年のアマチュア選手権でセントアンドリュースでは良いプレーができた。プロとし戻れることはとてもうれしい」とR&Aと通じてコメントを発表している。(文・武川玲子=米国在住) © Cross Planet, Inc. 3人が全英出場切符を獲得(撮影:GettyImages) Read more »

張本勲氏 現在49本塁打の花巻東・佐々木麟太郎に「150本ぐらい打つかもわからんねえ」

© スポーツニッポン新聞社 張本勲氏  野球評論家の張本勲氏(81)が28日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。岩手・花巻東高の佐々木麟太郎内野手(1年)について言及した。  張本氏は、高校1年生ながら、すでに49本塁打をマークしている佐々木について「すごい選手がまた出てきましたねえ、1年生。150本ぐらい打つかもわからんねえ」と言い、「打撃は形なんですよね、1番大事なのは。人が打たせまいと投げてくるのを正確に強く打つには自分の形をしっかりとしておかないと打てないんですよ。相手は必死に投げてきますから。例えば阪神の佐藤なんかもね、欠点を見つけられて後半、全然ダメだったじゃないですか。形を変えていかなきゃダメ」と話した。 Read more »

「サンモニ」青木理氏「日本の人権問題」指摘 北京五輪語らず「足下」問い直せ

© デイリースポーツ 青木理氏  ジャーナリストの青木理氏が28日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、日本の人権意識に疑問を投げかけた。女子テニスのダブルス元世界ランク1位の彭帥が中国共産党の最高指導部メンバーだった張高麗元副首相に性的関係を強要されたと告白した後、安否不明となっていた問題にからめて「日本の人権問題はどうなのか」と問いただした。  青木氏は「中国の人権問題は非常に深刻でね」と前置きした上で「経済的に言うと中国のない日本、中国のない世界っていうのは考えられない」と必要不可欠な存在だと指摘。「地域の平和と安定のために、日本独自の中国の向き合い方を考えなくちゃいけない」と主張した。  さらに「中国の人権も問題だけれども、足元はどうかなっていうことですよね」と日本に目を向けた。「日本の人権問題はどうなのかをガッチリ固めて中国と向き合うことが求められてる」と国内の姿勢を問いただした。  人権問題について、北京の冬季五輪に対する「外交的ボイコット」も取りざたされている。青木氏は「平和の祭典」という言葉は五輪の商業主義の前では「なぎ倒される」とし「今回の東京オリンピックは感染状況が最悪の中でやった人命軽視」と断言した。  東京五輪については「ジェンダーの問題、性的多様性の問題とかいろんな問題が吹き上がって、大批判を浴び」たと指摘。「中国の人権問題に向き合わなくちゃいけないんだけれども、われわれの足元にある人権の問題点もきちんと問い直して『オリンピックのありようってこれでいいんですか』って発信していく、問い直していく責任があるんじゃないかな」と発言。中国の人権問題への対応などは口にせず、日本の人権問題を見直すよう提言した。 Read more »

あの ド天然ぶり全開 蝶ネクタイとれちゃった 松本人志ツッコミ「緩めるの早すぎひんか?」

© スポーツニッポン新聞社 ダウンタウンの松本人志  元アイドルユニット「ゆるめるモ!」のあのが、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。オープニングから独特の世界に引き込んでスタジオをあ然とさせた。  「ワイドナティーン」枠として初登場。紹介されてあいさつするもほとんど聞き取れず、MCの松本人志は「声ちっちゃいなあ…」と苦笑した。  松本は「水曜日のダウンタウンでちょっとバズったんですよ。僕自身、あのちゃんを全然わかってなくて。初めてお会いするんですけど」と言い、MCの東野幸治からも紹介があった。あのがいじっていた衣装の蝶ネクタイがとれてしまい、松本から「蝶タイ緩めるの早すぎひんか?」といきなりツッコまれた。さらにつけ方がわからず、隣の前園真聖に「やって」と甘えるド天然ぶり。芸能レポーターの長谷川まさ子氏に直してもらい、一気にスタジオの注目をかっさらった。  「水曜日のダウンタウン」では、あのが企画「『ラヴィット!』の女性ゲストを大喜利芸人軍団が遠隔操作すれば、レギュラーメンバーより笑い取れる説」に挑戦。「ラヴィット!」内でパンチの効いたコメントや回答を連発した。  後日、千原ジュニアや「野生爆弾」くっきー!、「笑い飯」西田幸治らに遠隔操作されていたことがタネ明かしされたが、ドッキリを仕掛けられたる形となった「ラヴィット!」MCの「麒麟」川島明は「俺、あのちゃんは絶対“薬”やってるわと思って。情緒不安定なんですよ。(面白い)回答は出すけど、トークはふにゃふにゃしてるし、これ絶対にやばいやつやと(思っていた)」と当時の心境を明かしていた。  大きな話題となった企画に出演後についてあのは「ボクだけすごい叩かれました…」と反響を告白。初対面の松本について「松本さんは思ったより筋肉の人。ボクの知ってる人の中で一番筋肉ある人」と独特な感想。松本は「すごいですね。長時間喋ってなんも聞こえてこない…」と苦笑するしかなかった。 Read more »

木更津市で乗用車2台が衝突 1人死亡4人負傷

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.  27日夜、千葉県木更津市の交差点で乗用車同士の衝突事故があり、男性1人が死亡、4人がけがをしました。  27日午後7時10分ごろ、木更津市請西南の交差点で、近くに住む結城陸さん(26)の運転する乗用車と、市内に住む18歳の少年が運転する乗用車が衝突しました。  少年の車には男女あわせて4人が乗っていて、病院に運ばれましたが、このうち後部座席に座っていた男性1人が死亡しました。このほか、結城さんや運転していた少年ら、あわせて4人がけがをしましたが、いずれも意識はあるということです。  現場は見通しのよい交差点で、警察は死亡した男性の身元の確認を急ぐとともに、けがをした4人の回復を待って事情を聞く方針です。(28日07:48) Read more »

家を買うのが早すぎた?「子ども部屋を見ると悲しくなる」 戸建て購入37歳共働き夫婦の後悔〈dot.〉

 晩婚化に伴い、マイホーム購入の平均年齢が上がっている。金融機関が貸してくれる時代とはいえ、ローンは早めに完済したほうがベターだ。それでも人生は予期せぬことが起こりうるもの。リアルな事例や最近の不動産事情を探った連載「それでも夫婦は東京に家を買う」。今回は、20代で計画的に購入した夫婦の事例から、戸建てを検討する際にどんなことを考慮すべきなのか。専門家に聞いた。 【一目でわかる】首都圏中古マンション1番お得な地域は? 新築との価格差で比較 *      *  * 「家を買うのが早すぎたのかもしれない……」  神奈川県で夫と2人で住んでいるAさん(37)は、10年前に家を建てたことを悔やみ始めている。  Aさんは「若い頃から将来設計をしっかり立てておきたいタイプだった」というように、25歳での結婚を機に、ファイナルシャルプランナーに収入に応じたライフプランを相談。「住宅ローンのことを考えても、家を買うなら早いに越したことはない」というアドバイスのもと、27歳で新築一戸建てを購入した。  夫婦ともに地方出身で、広々とした戸建で育ってきたことから、マンションは選択肢になかったという。カフェ風のお洒落なインテリアを実現したいとの思いから、注文住宅でそのこだわりを実現した。 「これから子どもを産んで家族も増えるはず」  広めの子ども部屋も構え、期待で胸を膨らませながらマイホームでの暮らしを満喫していた。  ところが翌年、Aさんにがんが発覚。幸い大事には至らずに済んだが、手術を経て子どもができづらい体になってしまった。気づけば、高校や大学の同級生らは出産ラッシュ。 「今、子ども部屋を見ると、何とも言えず悲しい気持ちになります」(Aさん)  戸建てへのこだわりを優先した分、交通の便は犠牲にしていた。共働きで、満員電車に揺られ、片道約1時間半かけて都心へ通う日々。駅から家まで徒歩25分と距離が遠く、家から駅までは自転車が欠かせない。退院後に長時間通勤は正直、つらかった。  昨年からのコロナ禍で「戸建てでよかった」と思い直したかというと、そうでもない。確かに、残業が多く深夜帰宅が当たり前だった日常は、コロナの影響で一変した。夫婦ともにテレワークが基本となり、出社は月1~2回。感染状況が比較的落ち着いている今もテレワーク中心であることは変わらず、以前に比べて格段に自由な時間が増えた。 Read more »

15歳ワリエワが再び歴代最高スコアを更新、gpシリーズ2連勝でファイナル進出! 松生理乃は8位【gpロシア大会】

ワリエワがSP、フリー、総合すべてで記録更新  現地時間11月27日、グランプリ(GP)シリーズ第6戦ロシア大会(ロステレコム杯)が2日目を迎え、女子フリースケーティング(FS)が行なわれた。 【動画】ワリエワ、圧巻の4回転サルコーを披露! 両手上げで高難度ジャンプを難なく着氷!  前日のショートプログラム(SP)で圧巻の演技を見せ、87・42点をマークした15歳のカミラ・ワリエワは最終滑走で登場した。  GOE(出来栄え点)3・88点が付いた冒頭の4回転サルコーを皮切りに、トリプルアクセル、両手上げの4回転+3回転トゥループ、3回転ループを着氷し、後半は4回転トゥループ+オイラー+2回転サルコー、3回転フリップ+トゥループ、3回転ルッツを降りた。流れるような演技でスピン、ステップともに最高のレベル4で揃え、185・29点を獲得。総合272・71点で優勝を決めた。  ワリエワはSPでアリョアリョーナ・コストルナヤが記録していた85・45点を上回ったうえ、FSでは自身が第2戦カナダ大会で得たFS180・89点、総合265・08点をも更新。SP、FS、総合スコアにおける国際スケート連盟(ISU)公認大会における女子シングルの歴代最高スコアの新記録を打ち立てた。  圧巻の記録に続いたのは、同じロシアの24歳、エリザベータ・トゥクタミシェワ。トリプルアクセル2本のうち1本は着氷が乱れたが、3回転ルッツ+トゥループ、3回転フリップなどのジャンプを降り、FS149・13点、総合229・23点の2位で終えた。  そして3位にはロシアの15歳、マイア・フロミフが入った。SPはジャンプのミスなどが響いて5位スタートとなったが、FSで挽回した。プログラム冒頭4回転+2回転トゥループを降り、2本目の4回転トゥループは着氷が乱れたが、3回転ループ、ダブルアクセルを成功させると、後半は3回転ルッツ+トゥループ、3回転フリップ+オイラー+3回転サルコー、3回転ルッツを降りてFS2位の成績となる154・97点を獲得。総合219・69点で表彰台に乗った。  4位はアメリカのマライア・ベル(FS140・98点/総合210・35点)、5位はルナ・ヘンドリックス(FS139・25点/総合203・69点)となった。日本から参加した松生理乃は、FS8位となる121・38点を獲得、総合184・36点、総合8位で終えている。  また、GPシリーズ6戦を終え、成績上位6名で争うGPファイナルの出場選手が決定。ワリエワのほか、イタリア・フランス大会を制したアンナ・シェルバコワ、カナダ・ロシア大会ともに2位のトゥクタミシェワ、イタリア大会2位・ロシア大会3位のマイア・フロミフ、アメリカ大会4位・NHK杯優勝の坂本花織、そしてカナダ大会3位・フランス大会2位のコストルナヤ。坂本以外はロシア勢ということになる。  GPファイナルは12月9日に大阪で開幕する。 構成●THE DIGEST編集部 Read more »

中学教員の残業、過半数が上限の45時間超 「過労死ライン」も11%、働き方改革急ぐ

 岐阜県教育委員会が調査した今年4~7月の教員の労働時間は、新型コロナウイルスの感染拡大による休校などの影響がなかった2019年度と比べて減少傾向にある。一方、残業時間が月に45時間以上の教員が中学校で半数以上いるなど、働き方改革の推進はいまだ途中だ。自動採点システムをはじめとする情報通信技術(ICT)を活用した改革の効果が期待される。  県教委は、郡上特別支援学校(郡上市)の男性講師が上司からの叱責(しっせき)などを苦に自殺し、公務災害に認定されたのを機に、17年に「教職員の働き方改革プラン」を策定。長時間勤務の解消や労務環境の改善を図っている。  今回の調査では、4~7月の4カ月間の平均で、残業時間は19年度と比べて小中学校で15~17%、高校で約40%減少した。  一方、改革プランでは残業時間を月45時間を上限としているが、45時間を上回る教員は小学校で約40%、中学校では半数を超えていた。また「過労死ライン」とされる月80時間を超えている教員が小学校と高校で約3%、中学校では11%いることも分かった。  県教委では本年度、教員の負担が重い部活動を外部コーチらに任す地域移行を継続し、ICTを活用した遠隔指導も進めている。また、県教委内に「ICT教育推進室」を新たに設置し、タブレット端末を活用した授業改善や、校務の効率化も支援している。  県教委は「着実に勤務時間は減少しているが、今後も業務内容を不断に見直し、学校や教職員を支える体制を整備していきたい」としている。 岐阜新聞社 Read more »

小惑星衝突から地球を救え 体当たりで軌道変更実験、探査機打ち上げ

 地球に衝突する小惑星から人類を守る――。まるでSF映画のような「プラネタリー・ディフェンス(地球防衛)」のための米国の探査機DART(ダート)が24日午後3時半ごろ、米カリフォルニア州から打ち上げられた。小惑星に衝突させて軌道をわずかにそらし、将来、地球にぶつかるのを防ごうという試みだ。 【写真】DART探査機が衝突するのは、直径780メートルの小惑星を回る小さな小惑星。衝突で約12時間の公転周期が変わるか確かめる=NASAなど提供  1998年の映画「アルマゲドン」は、地球にぶつかりそうな小惑星に核爆弾を埋め込んで爆発させた。  実際、地球に近づく小惑星はこれまでに約2万7千個見つかっており、深刻な被害をもたらしかねない大きさ140メートル以上の「潜在的に危険」な監視対象も約2千個ある。今のところ衝突が迫る例はないが、小惑星の軌道は木星や火星の重力で変わるほか、毎年2500個以上が新たに見つかっており、今後、衝突の危険が高いものが見つかる可能性もある。 ■アルマゲドン作戦は「被害が拡大、現実的でない」  ただ、地球防衛に詳しい宇宙航空研究開発機構(JAXA)の吉川真准教授は「爆弾やミサイルで粉々にすると、大量の破片が地球に降り注ぎかねない。被害が拡大してしまい、現実的ではない」と話す。  そこで考えられているのが、小惑星に物体をぶつけて少しずつ軌道をずらす方法だ。ピラミッドにバスをぶつけるようなものだが、地球接近の10年以上前なら、最終的に軌道を大きくずらせるかもしれない。  米航空宇宙局(NASA)などが今回打ち上げた探査機は、地球と木星の間を回る双子の小惑星を目指す。直径780メートルの小惑星を160メートルの小惑星が回っており、来秋に地球から約1千万キロに接近する。そのタイミングで、重さ約500キロの探査機を小さい方にぶつける。小惑星が崩れたりはしないが、1周約12時間の公転周期が数分短くなるとみられる。  こうした衝突によって、最終的に地球にぶつからない軌道まで動かすにはどれくらいの力が必要なのか、直前に切り離したカメラや地球上の望遠鏡で変化を詳しく調べる予定だ。計画を主導する米ジョンズ・ホプキンス大応用物理学研究所のエレナ・アダムス博士は「大惨事を防げることを示したい」と語る。 朝日新聞社 Read more »

15歳ワリエワ男子顔負け ファイナルの日本「スシにトライしたい」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、ロシア杯最終日は27日、ソチで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位のカミラ・ワリエワ(ロシア)が185・29点でフリーも1位となり、合計272・71点で、第2戦のスケートカナダに続いて優勝した。今季シニアデビューした15歳のワリエワはフリー、合計とも自らの世界最高得点を更新。今大会はSPを含め、すべて世界最高得点を塗り替えた。 【写真で見る GPファイナル出場選手】  「もし男子選手と競技するとしたら?」。演技を終えた直後の記者会見で、異例の質問が飛び出した。ワリエワは冷静に「それはしたくない」と返し、こう続けた。「筋力のある男子の方が、4回転やトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も少し簡単だろうし。男子と女子のスケートはとても違うもの。私は女子のカテゴリーがいい」  無難な答えをよそに、この日の演技内容は群を抜いていた。フリーで3本跳んだ4回転ジャンプをはじめ、技術点は男子顔負けの100点超え。ロシア伝統のバレエの基礎をベースに長い手足を生かした演技でも魅了し、表現面などを評価する演技構成点は5項目中4項目で10点満点をつけるジャッジもいた。滑るたびに世界最高得点を更新するワリエワの力は底知れない。2位のトゥクタミシェワ(ロシア)は昨季の世界選手権で2位に入ったトップ選手だが、40点以上もの大差をつけた。  一方、リンクを離れれば15歳の少女の顔に戻る。GPシリーズ上位6選手で争うファイナル(12月9~11日、大阪)に向け、日本で食べてみたいものを聞かれると、「スシにトライしたい」と即答。来日経験のある世界女王のアンナ・シェルバコワからはキャンディーをお土産にもらったことがあるといい、「それもおいしかった」と無邪気に答えた。  初のGPファイナルは新型コロナウイルス対策もあり、気ままに大阪の街を散策して思い出作りとはいかないだろうが、2週間後のリンクで、多くの日本のファンの心に残る滑りを見せることだろう。【倉沢仁志】 Read more »
On free-english-test.com you will find lots of free English exam practice materials to help you improve your English skills: grammar, listening, reading, writing, ielts, toeic