中谷美紀“佇まいの美しさ”の理由「地位や名誉にしがみつかない生き方に痺れました」

意見を言えない「わきまえる文化」の中で

 「わきまえない女」の烙印を押され、悩んだことがあるという。  「私が20代の頃は、映画の現場などでは、男性監督に自分の意見を伝えることさえも憚られる空気がありました。映画の世界は男社会ですし、監督のプランが絶対です。そこに水を差すようなことはすべきではない、というような。何度か『女性の心情としてはこう思うんです』と伝えても、そんな一俳優の意見など簡単に弾かれてしまう。当時は私も未熟だったので、ただ思いの丈を伝えることしかできずに、お互いにわだかまりを抱えたまま撮影が終わる、なんていうことはいつものこと(苦笑)。あまりにどうしていいかわからず、仕事上で男性をスムーズに説得するテクニックを伝授するプライベートレッスンを受けたこともあります(笑)」 【写真】思わずため息…中谷美紀さんの凛とした美しさ  レッスン中、女性の先生から、「仕事上で男性に受け入れてもらうためには、とにかく最初に相手を褒めることが肝要です」と教わった。 「胸元で両手を合わせるジェスチャーと共に、『こんなの初めてです! 』とか『〇〇さんにしかできないですよね』と最初に相手を褒めちぎってから、さりげなく、『ただ、ここはこういうふうにしたらどうでしょうか』と自分の意見を挟み込む。あくまでにこやかに、自分が『ここはちょっと』と思うことも、『嫌い』とか『だめ』という言葉は使わず、とにかく問題だと感じていることを陽転させることが大事だということでした」  そこまでしないと、男性社会で自分の意見や感覚を通しながら生き残っていくことはできないのか、と暗澹たる気持ちになった。 好きな仕事をする上で、抱え込んでしまった厄介な“我”。“我”があるからこその自分という誇りもありつつ、どこかに「“我”がなかったらどんなにラクだろう」という思いも頭を過った。 ———- 中谷美紀(なかたに・みき) 1976年1月12日生まれ。東京都出身。主な出演作に、「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」(00/堤幸彦監督)「電車男」(05/村上正典監督)「源氏物語 千年の謎」(11/鶴橋康夫監督)「ひまわりと子犬の7日間」(13/平松恵美子監督)「清洲会議」(13/三谷幸喜監督)「乾き。」(14/中島哲也監督)「繕い裁つ人」(15/三島有紀子監督)「FOUJITA」(15/小栗康平監督)などがある。著書に『オーストリア滞在記』(幻冬舎文庫)など。Instagram:@ mikinakatanioffiziell ———-

Internet Explorer Channel Network
News Related
  • <マツコ会議>1億円オーディション「the first」を開催したsky-hiをマツコが深掘り

    © NTV マツコ・デラックスとSKY-HI 10月23日放送の「マツコ会議」(毎週土曜夜11:00-11:30、日本テレビ系)に、音楽プロデューサーのSKY-HIがリモートで登場。世界で活躍するボーイズグループを作るべく、自ら会社を立ちあげたSKY-HIをマツコが深掘りする。 SKY-HIは、自身で世界的なグループを作りたいと1億円を出資してボーイズグループオーディション「THE FIRST」を開催した。「このままだと日本から良質なダンス・ボーカルグループが生まれなくなるという危機感を感じていました」と語るSKY-HI。 企画したオーディションは、2カ月におよぶ合宿を含めた1年がかりのもので、歌やダンスの基礎能力からステージでの表現力まであらゆる能力が問われる厳しいものだった。そして、そのすべての審査をSKY-HIが1人で行った。 このオーディションを勝ち抜いたメンバーで結成したBE:FIRSTは、11月3日(水)にデビューすることが決定し、プレデビュー曲の「Shining One」のミュージックビデオは1800万回超再生におよぶ。 プロデューサーSKY-HIについて、マツコは「稀代のプロデューサーみたいな扱いだけど、最初は“こいつ、ヤバイわ”って思ってたけど、やっぱりヤバイからすごくなったのよ」と、その独創性を指摘する。 SKY-HI自身も、「僕もヤバイなと思う。でも、今までの当たり前の方がヤバくて、暗黙のルールとか慣例とか。普通に真っ当なことを真っ当にやると、結局ヤバイ人になるってことかなと思います」と分析。BE:FIRSTも登場し、マツコがメンバーの素顔に迫る。
    See Details: <マツコ会議>1億円オーディション「the first」を開催したsky-hiをマツコが深掘り
  • 杏、撮影前に「cube」本家ナタリ監督からメッセージ 感謝述べる

    映画「CUBE 一度入ったら、最後」(清水康彦監督)の初日舞台あいさつが22日、都内で行われ、主演菅田将暉(28)のほか、杏(35)、岡田将生(32)、田代輝(13)、斎藤工(40)が登壇した。 密室サスペンスの先駆けとして97年に公開され、世界中でカルト的な人気を集めた作品のリメーク。この日は、本家のヴィンチェンゾ・ナタリ監督が米国から生中継でスクリーンに登場するサプライズがあり、出演者を感激させた。 菅田が「お会いできてうれしい」と語ると、ナタリ監督も「キャストが本当に素晴らしい」「日本でのリメークにわくわくした。日本の文化を踏襲していて、素晴らしい作品」と太鼓判。「日本で映画を撮ってくれますか」(菅田)「実は日本で撮影することが僕の一番大きな夢」(ナタリ監督)「お待ちしてます」(菅田)と、すっかり意気投合した様子を見せた。 杏は、撮影前にナタリ監督からメッセージをもらったとし、「私の子どもたちがキューブの中にいる絵を描いて送ってくださった」と英語で感謝を述べた。「本当にお子さんかわいくて」とメロメロの表情の監督に「幸せです」と話した。 © 日刊スポーツ新聞社 映画「CUBE」初日で、舞台あいさつする杏(撮影・酒井清司)
    See Details: 杏、撮影前に「cube」本家ナタリ監督からメッセージ 感謝述べる
  • 清原果耶から朝ドラ「モネ」リレー、上白石萌音「心の支えでした」

    NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の清原果耶(19)から、次期「カムカムエヴリバディ」の上白石萌音(23)へ、ヒロインのバトンタッチ・セレモニーが22日、行われた。 次作はラジオ英語講座を軸に上白石、深津絵里、川栄李奈の3世代ヒロインを描くが、代表して初代の上白石がバトンを受けた。清原とは同時期に収録しており「優しい言葉をかけ合い、精がつく食べ物を贈り合ったりして、本当に心の支えでした」。大役を終える清原は「大好きで尊敬している方。バトンを渡せてうれしいです」とコメントしていた。 © 日刊スポーツ新聞社 清原果耶(右)から、朝ドラヒロインのバトンを受け取った上白石萌音
    See Details: 清原果耶から朝ドラ「モネ」リレー、上白石萌音「心の支えでした」
  • 障害者ら乗降の駅アナウンス、「あり」は22社中11社。性被害の訴えで見直す鉄道会社も

    © ハフポスト日本版 車いすユーザーなどの乗り降りを連絡する駅構内のアナウンスを悪用され、障害のある女性たちがつきまといや痴漢などに遭う被害が報告されていた問題。JR旅客6社と大手民鉄16社の計22社のうち、アナウンスをしている事業者が11社に上ることが、ハフポスト日本版の調べで分かった。(承諾を得た場合のみアナウンスする3社も含む) アナウンスは、車いすユーザーや視覚障害者らが電車に乗り降りしている最中に誤ってドアを閉めてしまう事故などを防ぐため、駅係員と乗務員が情報共有することを目的に一部の鉄道事業者で行われている。 障害者の当事者団体から、駅の放送を悪用した性暴力の被害報告を受け、国交省は7月、アナウンス以外の方法で情報伝達することを検討するよう全国の鉄道事業者に促していた。 号車番号、降車駅の放送も 22社のうち、車いす利用者などの乗り降りの駅アナウンスを行っている鉄道会社は 【JR東日本、JR西日本、東武、西武、京成、京王、小田急、東急、京急、東京メトロ、相鉄】の11社。 このうち、「◯号車に乗車ご案内中」のように、利用者が乗る号車番号を放送しているのは小田急と東京メトロの2社だった。 © ハフポスト日本版 東急は、利用者の承諾を得られた場合に限り、利用者が降車する駅名を放送している。断られた場合は、司令所を通じた伝達などで対応するという。 号車番号と降車駅は伝えず、「お客様ご案内中です」などと乗降中であることのみ放送しているのは、JR西日本、東武、西武、京成、京王(降車駅は暗号を用いて放送)、相鉄の6社。相鉄は、車いすユーザーらが乗降中であると特定されないよう、清掃などの時と同じように「係員対応中です」といった文言に近く切り替える方針。 京急は、原則アナウンスはしないが、先頭と最後尾の車両以外に乗車する場合、利用者の承諾を得た上で号車番号と降車駅名を放送する。断られた場合は、運輸司令を通して乗務員に伝えている。 JR東日本は、利用者の承諾を得た上で号車番号と降車駅をアナウンスしているが、いずれも「原則として放送しない方向で見直す」という。 駅の放送を現在行なっている鉄道会社の多くは、「アナウンスに代わる情報伝達の方法を検討中」と答えたが、いずれも具体的な時期は示さなかった。 一方、アナウンスを行っていないと答えた事業者は以下の11社だった。 【JR北海道、JR東海、JR四国、JR九州、名鉄、近鉄、南海、京阪、阪急、阪神、西鉄】 これらの鉄道会社は、駅係員と乗務員が直接口頭で連絡を取るなどの方法で障害者らの乗降を伝えているという。 © ハフポスト日本版 性被害で「電車に乗るのが怖い」 「車両ドアのところの外側を向いて立っていたら、『いたいた!手伝ってあげるよ』と言いながら後方に回り、ぴったり迫りもぞもぞされ、荒い息をされた」 「『いた!手伝ってあげようと思って走ってきたよ。◯◯駅でしょ?』と言いながらかわいそうにと繰り返し足をさすられた」 これらは、認定NPO法人「DPI日本会議」が、障害のある女性たちからヒアリングをして判明した訴えの一部だ。駅のアナウンスを悪用されて性被害に遭ったり差別的な言葉を浴びたりしたとして、同団体に相談を寄せた車いすユーザーや視覚障害者の女性はこれまでに30人以上に上るという。 事務局長の佐藤聡さんは「『お客様ご案内中です』と放送されたことで、『ここにいた』と追いかけられたケースもあります。号車番号や降車駅を言わなくても、乗り降りが分かるアナウンスをすること自体が危険だと理解してほしい」と訴える。 本人の承諾を得られない場合は放送しないという対応を取る企業もあるが、佐藤さんによると、断りにくく意に反して承諾してしまったという声もあったという。 事故防止の観点から、すぐに放送を中止することができず、「対応を検討中」としている鉄道会社は多い。佐藤さんは「駅アナウンスがストーカーや痴漢の被害につながっていることが、団体のヒアリングではっきり分かっています。被害体験から、電車に乗ることが怖くなったと話す人もいます。訴えを真剣に受け止め、できる限り早くアナウンスをやめてほしい」と呼びかけている。 (國崎万智@machiruda0702/ハフポスト日本版)
    See Details: 障害者ら乗降の駅アナウンス、「あり」は22社中11社。性被害の訴えで見直す鉄道会社も
  • ウソの110番通報の疑い、書類送検 警官から逃げる「ポリ鬼」遊び

    © 朝日新聞社 神奈川県警本部=横浜市中区  ウソの110番通報で警察の業務を妨害したとして、神奈川県警川崎署は22日、横浜市などに住む15~19歳の少年少女5人を偽計業務妨害容疑で書類送検した。駆けつけた警察官から逃げる「ポリ鬼」と称する遊びで110番通報したと説明しているという。  署によると、5人は共謀し1月17日午前0時20分ごろと同1時5分ごろ、携帯電話と公衆電話から「男の人が刃物を振り回している」などと虚偽の通報をし、川崎市内に駆けつけた署員らの業務を妨害した疑いがある。うち4人は16日午後11時55分ごろにも虚偽の通報をした疑いがある。  少年らは近くのマンションの屋上などから署員が駆けつける様子を見ていたといい「その場のノリ」「スリルを味わいたかった」と話しているという。署は付近にいた少年ら数人に事情を聴き、通報時に録音された声や、公衆電話に残った指紋などから立件した。  3回の通報で計9人の警察官が現場で対応した。署は「虚偽通報は本当の通報に対応できなくなる犯罪。絶対にしてはいけない」と話している。(小寺陽一郎)
    See Details: ウソの110番通報の疑い、書類送検 警官から逃げる「ポリ鬼」遊び
  • 「鉄のまち」働き手の支持はどこへ 立憲候補支援の労組、どう動く

    © 朝日新聞社 港に面して立つ日本製鋼所M&Eの工場(右奥)。左は日本製鉄室蘭製鉄所=2021年10月21日、北海道室蘭市  北海道苫小牧市や室蘭市などを抱える北海道9区。「鉄のまち」室蘭には日本製鉄などが立地し、苫小牧にはトヨタ自動車が「北の生産拠点」とうたう部品製造のトヨタ自動車北海道がある。衆院選では、道内有数の「ものづくり地帯」で働く人々の支持をどう取り込むかがカギになる。  22日朝、室蘭市の「日本製鋼所M&E室蘭製作所」(日鋼室蘭)の工場正門前で、立憲民主前職の山岡達丸氏(42)が、車で出勤する従業員に手を振って支持を訴えた。推薦する日鋼室蘭労組幹部も付き添った。  日鋼室蘭は原発心臓部の原子炉圧力容器の世界的メーカーとして知られ、「室蘭が止まると、世界の原発建設が止まる」といわれた。福島第一原発事故後、原発の新増設は進まず、水素エネルギーなどの新分野に挑戦している。原発政策と、その影響を受ける将来の雇用は組合員の大きな関心事だ。  原発政策を巡っては、総選挙を前に山岡氏が所属する立憲と労働組合の中央組織・連合の間で対立があった。立憲の党綱領の「原発ゼロ」に、原発関連業界の労組を抱える連合が反発。立憲の衆院選公約では「原発の新増設は認めない」としたが、「原発ゼロ」の文言は使われなかった。  山岡氏は前回衆院選で希望から立ち、その後国民民主を経て立憲へ合流した。連合は立憲を支援しているが、日鋼室蘭労組は自動的に山岡氏の推薦を決めたわけではない。労組に足しげく通い、新エネルギー関連で国会質問を重ねた山岡氏の実績を買ったといい、「立憲だからではなく、山岡氏個人を応援する」(労組幹部)という。  9月、山岡氏は日鋼室蘭労組の定期大会のあいさつで、脱炭素政策を念頭に「政治が産業を守り、技術向上への議論が必要」と訴えたが、原発には触れなかった。  道内の製造業で最大の従業員数約3400人を抱えるトヨタ自動車北海道の労働組合も、山岡氏を支援する。ただ、その支援がこれまでの衆院選と同様かは見通せない。トヨタグループの労組は複雑な事情を抱えているからだ。  自動車の電動化が進むなか、トヨタでは労使一体となってカーボンニュートラル(脱炭素、CN)対応を進めている。全トヨタ労働組合連合会が、CN関係の行政要望で自公の議員と協調する場面も出ている。道内でも従来通りの運動員を確保して立憲候補を支援するのは「難しいのでは」(関係者)との声もある。  野党共闘も労組との協調に影を落とす。道内では立憲と共産などとの野党共闘体制が選挙直前に決まり、9区では共産が候補者を取り下げて山岡氏支援に回る。ただ、共産への不信感を持つ労組もあり、山岡氏は直接労組幹部に電話をするなどして理解を得たという。  一方、山岡氏と対決する自民前職の堀井学氏(49)は、原発政策で「再稼働推進」を明確に打ち出し、支持拡大を狙っている。  22日夕、苫小牧市の選挙事務所前。堀井氏はこの日、道内入りした岸田文雄首相を迎えた演説会で、停止が続いている北海道電力泊原発の再稼働を念頭に「なぜ私が、原発の再稼働を争点にしたか。高い電気料金を続けていては企業は厳しい経営になり、撤退が起こる」と指摘。「これ以上のふるさとの人口減少、衰退は防ぎたい。福島の原発事故で再稼働はなかなか言えなかったが、必要なものは必要と訴えていくことにした」と主張した。  堀井氏はこの日の演説で半分近くの時間を原発再稼働問題に割き、電気料金引き下げが企業の利益、そして家計のメリットに直結すると強調した。  堀井氏は街頭などで、カジノを含む統合型リゾート(IR)の苫小牧市への誘致も公約に掲げ、企業を回って支援を訴えている。  9区での与野党候補の一騎打ちは初めてだ。連合北海道の幹部がいう。「共産も加わった野党共闘は、エネルギー政策、外交政策などで矛盾を抱えている。自民党に対抗する政党の大きな枠組みがどうなるのか。有権者が判断することになる」(西川祥一)
    See Details: 「鉄のまち」働き手の支持はどこへ 立憲候補支援の労組、どう動く
  • 末松文科相、公立小中を将来的に30人学級へ=科学技術人材育成へ国際連携―新閣僚インタビュー

    © 時事通信 提供 インタビューに答える末松信介文部科学相=22日、文部科学省  末松信介文部科学相は22日のインタビューで、公立小学校で段階的に実施している「35人学級」について、学習への影響や効果を検証した上で、中学校も含めて将来的に30人学級とすることが望ましいとの認識を示した。主なやりとりは次の通り。  ―公立小学校の学級人数の上限を35人に引き下げる改正義務教育標準法が成立した。文科省は公立小中学校で30人学級の実現を目指していたが、方針は継承するか。  一人一人に応じたきめ細かな指導は、小学校だけでなく中学校でも必要性は変わらない。学力や教育活動に与える影響について実証的な研究を行い、その結果を踏まえ、(現在40人が上限の)中学校でも35人学級やさらなる少人数学級を含めた望ましい指導体制の在り方を考えたい。いつの時代かは30人学級をきちんと目指すべきだ。  ―科学技術分野の人材育成の展望は。  大学でどのような人材を今後育てていくかが問題だ。特に科学技術・イノベーション分野で重要な博士後期課程の学生には経済的支援を進める。(国外への)「知の流出」が課題と言われるが、学究に国境はない。国ごとに得意な分野があることを踏まえ、(相互に)ネットワークを築いていく。  ―教員の働き方改革に関する考えや、長時間労働をめぐる対策は。  学校の事務作業を担うスクール・サポート・スタッフの配置や、部活動指導の地域人材への移行を通じ、教員の負担軽減を図る。現場が相当疲弊していることは確かで、改善に向けて努力したい。  ―大学入試改革や高等教育の在り方については。  大学入試では表現力や判断力、思考力が尊重されるべきだ。大学は研究力を強化することが極めて重要。世界トップ水準の研究・開発を支援する10兆円規模の「大学ファンド」は高等教育の目玉施策だ。来年の通常国会への関連法案提出に向け、検討を進めている。 
    See Details: 末松文科相、公立小中を将来的に30人学級へ=科学技術人材育成へ国際連携―新閣僚インタビュー
  • 9試合ぶり予選落ちの渋野日向子 課題は「全部」…そのプレーのなか見えた“光明”

    <NOBUTA GROUP マスターズGC レディース 2日目◇22日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県) ◇6571ヤード・パー72> 初日6オーバーの99位タイと出遅れた渋野日向子は、予選通過がかかった2日目のラウンドを2つ伸ばして終えた。しかしビハインドが重くのしかかり、トータル4オーバー・65位タイでカットラインに2打及ばず。7月の「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」以来となる9試合ぶりの予選落ちを喫した。 前が詰まった結果… 後続の稲見萌寧と合流!【写真】 「見ての通り情けない内容でした」。ラウンド終了後の会見では、悔しさを押し殺すように、こう2日間のプレーを振り返った。2週前の「スタンレーレディス」では1年11カ月ぶりに優勝。さらに5試合連続トップ10入りと好調を持続し兵庫県に入ったはずだったが、苦しい36ホールを味わうことになった。「ゴルフはいつもいいようにいくわけではない。こういう日は来るし仕方ない」。こうやって言うほかなかった。 バーディは1つだけで、5つのボギーに加えダブルボギーも喫した第1ラウンドについて「全体的によくなかった」と評す。そのため2日目は「どれだけスコアを戻せるか、減らせるかということを目指しながらやってはいた」とカムバックに集中。その結果、5つのバーディを積み重ねた。ただ要所でミスからボギーも3つ叩き、この日も課題について聞かれると「全部」という答えが返ってくるばかりだ。 ただ、そのプレーは決して悪いものばかりではない。初日は縦の距離感、横の幅ともにばらつきが見られたアイアンだが、2日目はピンハイにビタっとつけてバーディを奪うシーンが格段に増えた。本人は「スイングの問題で、それ(攻める・攻めない)以前の問題というミスばかり。曲がってたし、当たらなかった」とプレーに苦言を呈す。確かに左に出てバンカーに入れてしまった最終18番のセカンドなど、チャンスにつけたい位置からのショットミスがボギーにつながった。それでもギャラリーの拍手を引き出したベタピンショットも、印象に残る。 またカラーから“実質4パット”でダブルボギーを叩いた3番など、初日は32回と苦しんだパターも、2日目は26回と改善。終盤の15番、16番では、ともに10メートルはあろうかというロングパットを数十センチまで寄せ、入るのではという期待も感じさせた。本人も「昨日(初日)はロングパットを合わせ切れず、どうしたらいいか分からなかった状態。なんとかしようと悪いなりに試行錯誤して、(2日目は)合わせられた」と振り返る。 そしてドライバーに関しては、今季ワーストスコアの「78」を叩いた初日も14ホール中12ホールでフェアウェイをヒット。その率は85.7%と安定感があった。2日目も78.5%をマークし、フェアウェイで過ごす時間は今週も多かった。 2メートルのバーディパットを外した2日目の14番を、渋野は「後につながらなかった」と流れをつかみ損ねたキーホールに挙げる。そして「アイアン、ウェッジはスピンコントロールがまったくできていない。これから練習しないといけないかな」と、反省の言葉を並べた。しかし初日の全体平均ストロークが72.7500に対し、2日目は73.5648と悪化したなか、この日わずか33人だったアンダーパーを記録したのも事実だ。 今週で「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」からの連戦は7となっていた。急きょ休みとなった土日にしっかりと疲れを抜き、続く「樋口久子 三菱電機レディス」で再び上位争いをしてもなんら不思議ではない。 © Cross Planet, Inc. 2日間で姿を消すことになった渋野日向子だが… その中でも“光”はあった(撮影:鈴木祥)
    See Details: 9試合ぶり予選落ちの渋野日向子 課題は「全部」…そのプレーのなか見えた“光明”
  • 「政治とカネ」、世代交代で苦心=議席獲得へ背水の公明―広島3区、東京12区【注目区を行く】

    <NOBUTA GROUP マスターズGC レディース 2日目◇22日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県) ◇6571ヤード・パー72> 初日6オーバーの99位タイと出遅れた渋野日向子は、予選通過がかかった2日目のラウンドを2つ伸ばして終えた。しかしビハインドが重くのしかかり、トータル4オーバー・65位タイでカットラインに2打及ばず。7月の「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」以来となる9試合ぶりの予選落ちを喫した。 前が詰まった結果… 後続の稲見萌寧と合流!【写真】 「見ての通り情けない内容でした」。ラウンド終了後の会見では、悔しさを押し殺すように、こう2日間のプレーを振り返った。2週前の「スタンレーレディス」では1年11カ月ぶりに優勝。さらに5試合連続トップ10入りと好調を持続し兵庫県に入ったはずだったが、苦しい36ホールを味わうことになった。「ゴルフはいつもいいようにいくわけではない。こういう日は来るし仕方ない」。こうやって言うほかなかった。 バーディは1つだけで、5つのボギーに加えダブルボギーも喫した第1ラウンドについて「全体的によくなかった」と評す。そのため2日目は「どれだけスコアを戻せるか、減らせるかということを目指しながらやってはいた」とカムバックに集中。その結果、5つのバーディを積み重ねた。ただ要所でミスからボギーも3つ叩き、この日も課題について聞かれると「全部」という答えが返ってくるばかりだ。 ただ、そのプレーは決して悪いものばかりではない。初日は縦の距離感、横の幅ともにばらつきが見られたアイアンだが、2日目はピンハイにビタっとつけてバーディを奪うシーンが格段に増えた。本人は「スイングの問題で、それ(攻める・攻めない)以前の問題というミスばかり。曲がってたし、当たらなかった」とプレーに苦言を呈す。確かに左に出てバンカーに入れてしまった最終18番のセカンドなど、チャンスにつけたい位置からのショットミスがボギーにつながった。それでもギャラリーの拍手を引き出したベタピンショットも、印象に残る。 またカラーから“実質4パット”でダブルボギーを叩いた3番など、初日は32回と苦しんだパターも、2日目は26回と改善。終盤の15番、16番では、ともに10メートルはあろうかというロングパットを数十センチまで寄せ、入るのではという期待も感じさせた。本人も「昨日(初日)はロングパットを合わせ切れず、どうしたらいいか分からなかった状態。なんとかしようと悪いなりに試行錯誤して、(2日目は)合わせられた」と振り返る。 そしてドライバーに関しては、今季ワーストスコアの「78」を叩いた初日も14ホール中12ホールでフェアウェイをヒット。その率は85.7%と安定感があった。2日目も78.5%をマークし、フェアウェイで過ごす時間は今週も多かった。 2メートルのバーディパットを外した2日目の14番を、渋野は「後につながらなかった」と流れをつかみ損ねたキーホールに挙げる。そして「アイアン、ウェッジはスピンコントロールがまったくできていない。これから練習しないといけないかな」と、反省の言葉を並べた。しかし初日の全体平均ストロークが72.7500に対し、2日目は73.5648と悪化したなか、この日わずか33人だったアンダーパーを記録したのも事実だ。 今週で「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」からの連戦は7となっていた。急きょ休みとなった土日にしっかりと疲れを抜き、続く「樋口久子 三菱電機レディス」で再び上位争いをしてもなんら不思議ではない。 © Cross Planet, Inc. 2日間で姿を消すことになった渋野日向子だが… その中でも“光”はあった(撮影:鈴木祥)
    See Details: 「政治とカネ」、世代交代で苦心=議席獲得へ背水の公明―広島3区、東京12区【注目区を行く】
  • ソウルからヨボセヨ 韓国ロケットの悲喜

    <NOBUTA GROUP マスターズGC レディース 2日目◇22日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県) ◇6571ヤード・パー72> 初日6オーバーの99位タイと出遅れた渋野日向子は、予選通過がかかった2日目のラウンドを2つ伸ばして終えた。しかしビハインドが重くのしかかり、トータル4オーバー・65位タイでカットラインに2打及ばず。7月の「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」以来となる9試合ぶりの予選落ちを喫した。 前が詰まった結果… 後続の稲見萌寧と合流!【写真】 「見ての通り情けない内容でした」。ラウンド終了後の会見では、悔しさを押し殺すように、こう2日間のプレーを振り返った。2週前の「スタンレーレディス」では1年11カ月ぶりに優勝。さらに5試合連続トップ10入りと好調を持続し兵庫県に入ったはずだったが、苦しい36ホールを味わうことになった。「ゴルフはいつもいいようにいくわけではない。こういう日は来るし仕方ない」。こうやって言うほかなかった。 バーディは1つだけで、5つのボギーに加えダブルボギーも喫した第1ラウンドについて「全体的によくなかった」と評す。そのため2日目は「どれだけスコアを戻せるか、減らせるかということを目指しながらやってはいた」とカムバックに集中。その結果、5つのバーディを積み重ねた。ただ要所でミスからボギーも3つ叩き、この日も課題について聞かれると「全部」という答えが返ってくるばかりだ。 ただ、そのプレーは決して悪いものばかりではない。初日は縦の距離感、横の幅ともにばらつきが見られたアイアンだが、2日目はピンハイにビタっとつけてバーディを奪うシーンが格段に増えた。本人は「スイングの問題で、それ(攻める・攻めない)以前の問題というミスばかり。曲がってたし、当たらなかった」とプレーに苦言を呈す。確かに左に出てバンカーに入れてしまった最終18番のセカンドなど、チャンスにつけたい位置からのショットミスがボギーにつながった。それでもギャラリーの拍手を引き出したベタピンショットも、印象に残る。 またカラーから“実質4パット”でダブルボギーを叩いた3番など、初日は32回と苦しんだパターも、2日目は26回と改善。終盤の15番、16番では、ともに10メートルはあろうかというロングパットを数十センチまで寄せ、入るのではという期待も感じさせた。本人も「昨日(初日)はロングパットを合わせ切れず、どうしたらいいか分からなかった状態。なんとかしようと悪いなりに試行錯誤して、(2日目は)合わせられた」と振り返る。 そしてドライバーに関しては、今季ワーストスコアの「78」を叩いた初日も14ホール中12ホールでフェアウェイをヒット。その率は85.7%と安定感があった。2日目も78.5%をマークし、フェアウェイで過ごす時間は今週も多かった。 2メートルのバーディパットを外した2日目の14番を、渋野は「後につながらなかった」と流れをつかみ損ねたキーホールに挙げる。そして「アイアン、ウェッジはスピンコントロールがまったくできていない。これから練習しないといけないかな」と、反省の言葉を並べた。しかし初日の全体平均ストロークが72.7500に対し、2日目は73.5648と悪化したなか、この日わずか33人だったアンダーパーを記録したのも事実だ。 今週で「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」からの連戦は7となっていた。急きょ休みとなった土日にしっかりと疲れを抜き、続く「樋口久子 三菱電機レディス」で再び上位争いをしてもなんら不思議ではない。 © Cross Planet, Inc. 2日間で姿を消すことになった渋野日向子だが… その中でも“光”はあった(撮影:鈴木祥)
    See Details: ソウルからヨボセヨ 韓国ロケットの悲喜
  • ポステコグルー、前田大然獲得の可能性を否定も肯定もせず「プロセスは始まっているが、焦っていない」

    <NOBUTA GROUP マスターズGC レディース 2日目◇22日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県) ◇6571ヤード・パー72> 初日6オーバーの99位タイと出遅れた渋野日向子は、予選通過がかかった2日目のラウンドを2つ伸ばして終えた。しかしビハインドが重くのしかかり、トータル4オーバー・65位タイでカットラインに2打及ばず。7月の「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」以来となる9試合ぶりの予選落ちを喫した。 前が詰まった結果… 後続の稲見萌寧と合流!【写真】 「見ての通り情けない内容でした」。ラウンド終了後の会見では、悔しさを押し殺すように、こう2日間のプレーを振り返った。2週前の「スタンレーレディス」では1年11カ月ぶりに優勝。さらに5試合連続トップ10入りと好調を持続し兵庫県に入ったはずだったが、苦しい36ホールを味わうことになった。「ゴルフはいつもいいようにいくわけではない。こういう日は来るし仕方ない」。こうやって言うほかなかった。 バーディは1つだけで、5つのボギーに加えダブルボギーも喫した第1ラウンドについて「全体的によくなかった」と評す。そのため2日目は「どれだけスコアを戻せるか、減らせるかということを目指しながらやってはいた」とカムバックに集中。その結果、5つのバーディを積み重ねた。ただ要所でミスからボギーも3つ叩き、この日も課題について聞かれると「全部」という答えが返ってくるばかりだ。 ただ、そのプレーは決して悪いものばかりではない。初日は縦の距離感、横の幅ともにばらつきが見られたアイアンだが、2日目はピンハイにビタっとつけてバーディを奪うシーンが格段に増えた。本人は「スイングの問題で、それ(攻める・攻めない)以前の問題というミスばかり。曲がってたし、当たらなかった」とプレーに苦言を呈す。確かに左に出てバンカーに入れてしまった最終18番のセカンドなど、チャンスにつけたい位置からのショットミスがボギーにつながった。それでもギャラリーの拍手を引き出したベタピンショットも、印象に残る。 またカラーから“実質4パット”でダブルボギーを叩いた3番など、初日は32回と苦しんだパターも、2日目は26回と改善。終盤の15番、16番では、ともに10メートルはあろうかというロングパットを数十センチまで寄せ、入るのではという期待も感じさせた。本人も「昨日(初日)はロングパットを合わせ切れず、どうしたらいいか分からなかった状態。なんとかしようと悪いなりに試行錯誤して、(2日目は)合わせられた」と振り返る。 そしてドライバーに関しては、今季ワーストスコアの「78」を叩いた初日も14ホール中12ホールでフェアウェイをヒット。その率は85.7%と安定感があった。2日目も78.5%をマークし、フェアウェイで過ごす時間は今週も多かった。 2メートルのバーディパットを外した2日目の14番を、渋野は「後につながらなかった」と流れをつかみ損ねたキーホールに挙げる。そして「アイアン、ウェッジはスピンコントロールがまったくできていない。これから練習しないといけないかな」と、反省の言葉を並べた。しかし初日の全体平均ストロークが72.7500に対し、2日目は73.5648と悪化したなか、この日わずか33人だったアンダーパーを記録したのも事実だ。 今週で「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」からの連戦は7となっていた。急きょ休みとなった土日にしっかりと疲れを抜き、続く「樋口久子 三菱電機レディス」で再び上位争いをしてもなんら不思議ではない。 © Cross Planet, Inc. 2日間で姿を消すことになった渋野日向子だが… その中でも“光”はあった(撮影:鈴木祥)
    See Details: ポステコグルー、前田大然獲得の可能性を否定も肯定もせず「プロセスは始まっているが、焦っていない」
  • 「少しの勇気とおせっかい」マスクに"助けます"のハート印 障害者や妊婦へ意思表示

    <NOBUTA GROUP マスターズGC レディース 2日目◇22日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県) ◇6571ヤード・パー72> 初日6オーバーの99位タイと出遅れた渋野日向子は、予選通過がかかった2日目のラウンドを2つ伸ばして終えた。しかしビハインドが重くのしかかり、トータル4オーバー・65位タイでカットラインに2打及ばず。7月の「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」以来となる9試合ぶりの予選落ちを喫した。 前が詰まった結果… 後続の稲見萌寧と合流!【写真】 「見ての通り情けない内容でした」。ラウンド終了後の会見では、悔しさを押し殺すように、こう2日間のプレーを振り返った。2週前の「スタンレーレディス」では1年11カ月ぶりに優勝。さらに5試合連続トップ10入りと好調を持続し兵庫県に入ったはずだったが、苦しい36ホールを味わうことになった。「ゴルフはいつもいいようにいくわけではない。こういう日は来るし仕方ない」。こうやって言うほかなかった。 バーディは1つだけで、5つのボギーに加えダブルボギーも喫した第1ラウンドについて「全体的によくなかった」と評す。そのため2日目は「どれだけスコアを戻せるか、減らせるかということを目指しながらやってはいた」とカムバックに集中。その結果、5つのバーディを積み重ねた。ただ要所でミスからボギーも3つ叩き、この日も課題について聞かれると「全部」という答えが返ってくるばかりだ。 ただ、そのプレーは決して悪いものばかりではない。初日は縦の距離感、横の幅ともにばらつきが見られたアイアンだが、2日目はピンハイにビタっとつけてバーディを奪うシーンが格段に増えた。本人は「スイングの問題で、それ(攻める・攻めない)以前の問題というミスばかり。曲がってたし、当たらなかった」とプレーに苦言を呈す。確かに左に出てバンカーに入れてしまった最終18番のセカンドなど、チャンスにつけたい位置からのショットミスがボギーにつながった。それでもギャラリーの拍手を引き出したベタピンショットも、印象に残る。 またカラーから“実質4パット”でダブルボギーを叩いた3番など、初日は32回と苦しんだパターも、2日目は26回と改善。終盤の15番、16番では、ともに10メートルはあろうかというロングパットを数十センチまで寄せ、入るのではという期待も感じさせた。本人も「昨日(初日)はロングパットを合わせ切れず、どうしたらいいか分からなかった状態。なんとかしようと悪いなりに試行錯誤して、(2日目は)合わせられた」と振り返る。 そしてドライバーに関しては、今季ワーストスコアの「78」を叩いた初日も14ホール中12ホールでフェアウェイをヒット。その率は85.7%と安定感があった。2日目も78.5%をマークし、フェアウェイで過ごす時間は今週も多かった。 2メートルのバーディパットを外した2日目の14番を、渋野は「後につながらなかった」と流れをつかみ損ねたキーホールに挙げる。そして「アイアン、ウェッジはスピンコントロールがまったくできていない。これから練習しないといけないかな」と、反省の言葉を並べた。しかし初日の全体平均ストロークが72.7500に対し、2日目は73.5648と悪化したなか、この日わずか33人だったアンダーパーを記録したのも事実だ。 今週で「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」からの連戦は7となっていた。急きょ休みとなった土日にしっかりと疲れを抜き、続く「樋口久子 三菱電機レディス」で再び上位争いをしてもなんら不思議ではない。 © Cross Planet, Inc. 2日間で姿を消すことになった渋野日向子だが… その中でも“光”はあった(撮影:鈴木祥)
    See Details: 「少しの勇気とおせっかい」マスクに"助けます"のハート印 障害者や妊婦へ意思表示
  • 【松山弘平コラム】土曜阪神9rマカオンドールは中京巧者のイメージ コース替わり多少不安だが力上位

    <NOBUTA GROUP マスターズGC レディース 2日目◇22日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県) ◇6571ヤード・パー72> 初日6オーバーの99位タイと出遅れた渋野日向子は、予選通過がかかった2日目のラウンドを2つ伸ばして終えた。しかしビハインドが重くのしかかり、トータル4オーバー・65位タイでカットラインに2打及ばず。7月の「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」以来となる9試合ぶりの予選落ちを喫した。 前が詰まった結果… 後続の稲見萌寧と合流!【写真】 「見ての通り情けない内容でした」。ラウンド終了後の会見では、悔しさを押し殺すように、こう2日間のプレーを振り返った。2週前の「スタンレーレディス」では1年11カ月ぶりに優勝。さらに5試合連続トップ10入りと好調を持続し兵庫県に入ったはずだったが、苦しい36ホールを味わうことになった。「ゴルフはいつもいいようにいくわけではない。こういう日は来るし仕方ない」。こうやって言うほかなかった。 バーディは1つだけで、5つのボギーに加えダブルボギーも喫した第1ラウンドについて「全体的によくなかった」と評す。そのため2日目は「どれだけスコアを戻せるか、減らせるかということを目指しながらやってはいた」とカムバックに集中。その結果、5つのバーディを積み重ねた。ただ要所でミスからボギーも3つ叩き、この日も課題について聞かれると「全部」という答えが返ってくるばかりだ。 ただ、そのプレーは決して悪いものばかりではない。初日は縦の距離感、横の幅ともにばらつきが見られたアイアンだが、2日目はピンハイにビタっとつけてバーディを奪うシーンが格段に増えた。本人は「スイングの問題で、それ(攻める・攻めない)以前の問題というミスばかり。曲がってたし、当たらなかった」とプレーに苦言を呈す。確かに左に出てバンカーに入れてしまった最終18番のセカンドなど、チャンスにつけたい位置からのショットミスがボギーにつながった。それでもギャラリーの拍手を引き出したベタピンショットも、印象に残る。 またカラーから“実質4パット”でダブルボギーを叩いた3番など、初日は32回と苦しんだパターも、2日目は26回と改善。終盤の15番、16番では、ともに10メートルはあろうかというロングパットを数十センチまで寄せ、入るのではという期待も感じさせた。本人も「昨日(初日)はロングパットを合わせ切れず、どうしたらいいか分からなかった状態。なんとかしようと悪いなりに試行錯誤して、(2日目は)合わせられた」と振り返る。 そしてドライバーに関しては、今季ワーストスコアの「78」を叩いた初日も14ホール中12ホールでフェアウェイをヒット。その率は85.7%と安定感があった。2日目も78.5%をマークし、フェアウェイで過ごす時間は今週も多かった。 2メートルのバーディパットを外した2日目の14番を、渋野は「後につながらなかった」と流れをつかみ損ねたキーホールに挙げる。そして「アイアン、ウェッジはスピンコントロールがまったくできていない。これから練習しないといけないかな」と、反省の言葉を並べた。しかし初日の全体平均ストロークが72.7500に対し、2日目は73.5648と悪化したなか、この日わずか33人だったアンダーパーを記録したのも事実だ。 今週で「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」からの連戦は7となっていた。急きょ休みとなった土日にしっかりと疲れを抜き、続く「樋口久子 三菱電機レディス」で再び上位争いをしてもなんら不思議ではない。 © Cross Planet, Inc. 2日間で姿を消すことになった渋野日向子だが… その中でも“光”はあった(撮影:鈴木祥)
    See Details: 【松山弘平コラム】土曜阪神9rマカオンドールは中京巧者のイメージ コース替わり多少不安だが力上位
  • ヒコロヒー&齊藤京子、個性的な“理想の男性像”を告白!キーワードは「包容力」と「演歌」

    <NOBUTA GROUP マスターズGC レディース 2日目◇22日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県) ◇6571ヤード・パー72> 初日6オーバーの99位タイと出遅れた渋野日向子は、予選通過がかかった2日目のラウンドを2つ伸ばして終えた。しかしビハインドが重くのしかかり、トータル4オーバー・65位タイでカットラインに2打及ばず。7月の「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」以来となる9試合ぶりの予選落ちを喫した。 前が詰まった結果… 後続の稲見萌寧と合流!【写真】 「見ての通り情けない内容でした」。ラウンド終了後の会見では、悔しさを押し殺すように、こう2日間のプレーを振り返った。2週前の「スタンレーレディス」では1年11カ月ぶりに優勝。さらに5試合連続トップ10入りと好調を持続し兵庫県に入ったはずだったが、苦しい36ホールを味わうことになった。「ゴルフはいつもいいようにいくわけではない。こういう日は来るし仕方ない」。こうやって言うほかなかった。 バーディは1つだけで、5つのボギーに加えダブルボギーも喫した第1ラウンドについて「全体的によくなかった」と評す。そのため2日目は「どれだけスコアを戻せるか、減らせるかということを目指しながらやってはいた」とカムバックに集中。その結果、5つのバーディを積み重ねた。ただ要所でミスからボギーも3つ叩き、この日も課題について聞かれると「全部」という答えが返ってくるばかりだ。 ただ、そのプレーは決して悪いものばかりではない。初日は縦の距離感、横の幅ともにばらつきが見られたアイアンだが、2日目はピンハイにビタっとつけてバーディを奪うシーンが格段に増えた。本人は「スイングの問題で、それ(攻める・攻めない)以前の問題というミスばかり。曲がってたし、当たらなかった」とプレーに苦言を呈す。確かに左に出てバンカーに入れてしまった最終18番のセカンドなど、チャンスにつけたい位置からのショットミスがボギーにつながった。それでもギャラリーの拍手を引き出したベタピンショットも、印象に残る。 またカラーから“実質4パット”でダブルボギーを叩いた3番など、初日は32回と苦しんだパターも、2日目は26回と改善。終盤の15番、16番では、ともに10メートルはあろうかというロングパットを数十センチまで寄せ、入るのではという期待も感じさせた。本人も「昨日(初日)はロングパットを合わせ切れず、どうしたらいいか分からなかった状態。なんとかしようと悪いなりに試行錯誤して、(2日目は)合わせられた」と振り返る。 そしてドライバーに関しては、今季ワーストスコアの「78」を叩いた初日も14ホール中12ホールでフェアウェイをヒット。その率は85.7%と安定感があった。2日目も78.5%をマークし、フェアウェイで過ごす時間は今週も多かった。 2メートルのバーディパットを外した2日目の14番を、渋野は「後につながらなかった」と流れをつかみ損ねたキーホールに挙げる。そして「アイアン、ウェッジはスピンコントロールがまったくできていない。これから練習しないといけないかな」と、反省の言葉を並べた。しかし初日の全体平均ストロークが72.7500に対し、2日目は73.5648と悪化したなか、この日わずか33人だったアンダーパーを記録したのも事実だ。 今週で「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」からの連戦は7となっていた。急きょ休みとなった土日にしっかりと疲れを抜き、続く「樋口久子 三菱電機レディス」で再び上位争いをしてもなんら不思議ではない。 © Cross Planet, Inc. 2日間で姿を消すことになった渋野日向子だが… その中でも“光”はあった(撮影:鈴木祥)
    See Details: ヒコロヒー&齊藤京子、個性的な“理想の男性像”を告白!キーワードは「包容力」と「演歌」

OTHER NEWS

忽那汐里3年半ぶり日本でイベント出演「こういう感じだったなと懐かしい」

女優忽那汐里(28)が22日、都内で、Forbes JAPAN 30 UNDER30 2021の授賞式に出席した。日本発の「世界を変える30歳未満」30人を選出する企画。18年にハリウッドに本格進出し、グローバルな俳優活動が評価された。 日本でのイベント参加は18年5月以来、約3年半ぶりで「最後は記憶にないほど前のことで…こういう感じだったなと懐かしいような気持ちです」と笑った。 オーストラリア生まれの忽那は、06年全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し国内で活動したが、拠点を米国に移し、19年に所属事務所も退所した。現在はオーディションを受けたり、長期的な撮影に取り組むなどしている。「日々刺激的な環境で仕事をできています。海外を拠点にして本当に良かったなと思います」と充実感を漂わせた。 GENERATIONS白濱亜嵐(28)トラウデン直美(22)も登壇した © 日刊スポーツ新聞社 Forbes JAPAN 30 UNDER30 2021の受賞式に出席した忽那汐里(撮影・佐藤成) Read more »

一日の終わりに息子から大好きといわれて幸せ気分になっていると…急すぎる方向転換で大ダメージをくらう

© All About Navi, Inc. All Rights Reserved. 漫画家・ブロガーとしてご活躍中のchiiko(@gumamasan1)さん。SNS上に漫画を投稿し、人気を博しています。 今回は、一体どんなお話なのでしょうか? ボッコボコ © citrus 提供 一日の終わりにぐっちゃんが大好きと言ってくれます。 しかし、幸せな時間を過ごしていると…… © citrus 提供 幸せ気分で心躍っていたら、急に地に叩きつけられたw しかも一気に畳み掛けなくても……(笑) このほかにも、chiiko(@gumamasan1)さんは様々なイラストや漫画を描かれています。 興味のある方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか? 単行本好評発売中! © citrus 提供 出典:(@gumamasan1) Read more »

忽那汐里「こういう感じだったなと懐かしい」3年半ぶり日本でイベント出演

女優忽那汐里(28)が22日、都内で、Forbes JAPAN 30 UNDER30 2021の授賞式に出席した。日本発の「世界を変える30歳未満」30人を選出する企画。18年にハリウッドに本格進出し、グローバルな俳優活動が評価された。 日本でのイベント参加は18年5月以来、約3年半ぶりで「最後は記憶にないほど前のことで…こういう感じだったなと懐かしいような気持ちです」と笑った。 オーストラリア生まれの忽那は、06年全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し国内で活動したが、拠点を米国に移し、19年に所属事務所も退所した。現在はオーディションを受けたり、長期的な撮影に取り組むなどしている。「日々刺激的な環境で仕事をできています。海外を拠点にして本当に良かったなと思います」と充実感を漂わせた。 GENERATIONS白濱亜嵐(28)トラウデン直美(22)も登壇した © 日刊スポーツ新聞社 Forbes JAPAN 30 UNDER30 2021の受賞式に出席した忽那汐里(撮影・佐藤成) Read more »

松山英樹 大当たり首位浮上!「ファー!」ドライバー曲げても観客に当たって帰って来た

© スポーツ報知/報知新聞社 12番、バーディーを狙う松山英樹。通算8アンダー1位(カメラ・山崎 賢人) ◆米男子プロゴルフツアー ▽ZOZOチャンピオンシップ 第2日(22日、千葉・アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70)  日米通算15勝目を狙うマスターズ覇者の松山英樹(29)=LEXUS=が単独首位に浮上した。1打差2位で出て3バーディー、1ボギーの68で回り2位に1打差の通算8アンダー、国内では約5年ぶりのトップに躍り出た。12、9番でティーショットを曲げ万事休すもボールがギャラリーの傘に当たりコースに戻るなど、ピンチを回避する幸運にも恵まれた。66をマークしたキャメロン・トリンゲール(米国)が1打差の2位。  日本のエースが大観衆の“後押し”を受けた。前半の12番だ。「ファーッ!」―。ドライバーショットを右へ大きく曲げると、松山の大声がこだました。林へ一直線の打球は女性の持つオレンジ色の傘に当たって右ラフで止まった。最終9番もドライバーで左林に曲げたが、木と女性に当たって左ラフへポトリ。ともに女性、まさに“幸運の女神”の支えで林での大叩きを回避。パーセーブした。四方を取り囲んだ観客にピンチを救われ「タフな一日でしたけど、2つ伸ばせて良かった。寒くて雨の中、これだけの方が来てくれてうれしい」と感謝した。  降り続く雨に手がかじかむような寒さ。第2ラウンド(R)は、フェアウェーキープは6度のみでグリーン上も計33パットと苦しんだ。コロナ下の有観客大会では国内男女を通じて最多観客数を2日連続で更新した。「たくさん来てくれたので集中力を切らすことなく出来た」と松山。悪条件下で安定感が際立った。「グリーンに乗っているのが一番大きい」とパーオン率は88・89%で2日連続で全体1位。同組で無観客開催の東京五輪の金メダリスト・シャウフェレ(米国)、銅メダルの潘(台湾)が崩れる中、同4位だった松山が生命線のアイアンを武器に雪辱した。  国内では16年11月の日本ツアー、三井住友VISA太平洋マスターズ以来の首位浮上。2年前のこの大会は、憧れのウッズ(米国)との優勝争いの末3打差2位と惜敗した。それでも、同大会初日からコースとは相性抜群で6R連続で60台を継続中だ。「半分終わったところで、上にいるということはすごく大事なこと。残り2日間で良いプレーができるように頑張りたい」。マスターズ王者は日本男子初の日本開催米ツアー制覇で、国内のファンに恩返しする。(榎本 友一)  ◆松山の2日目終了時首位 日米14勝中で5度。日本ツアーでは8勝中4度あり、米ツアーでは6勝のうち16年秋のHSBCチャンピオンズ(中国)の1度。同大会では3位から出た2日目に65で首位に立つと、その後も68、66で回り、23アンダーで2位に7打差の圧勝となった。4月のマスターズでは2日目は71で6位も、3日目に65で回り、首位に立った。 Read more »

真鍋政義氏 バレーボール女子日本代表監督就任会見「緊急事態ということで手を挙げた」

© スポーツ報知/報知新聞社 女子日本代表の新監督に就任した真鍋政義氏  日本バレーボール協会は22日、女子日本代表の新監督に就任した真鍋政義氏(58)の会見をオンラインで行った。12年ロンドン五輪で銅メダルを獲得し、16年リオ五輪まで指揮を執った真鍋氏にとって、5年ぶりの復帰となるが「(日本代表が始動する)来春からパリ五輪予選まで1年4か月くらいしかない。もし、パリに出場できなかったら、女子バレーはマイナースポーツになってしまう。今回、緊急事態ということで手を挙げた」と、危機感を持っての監督再登板だと強調した。  東京五輪で1次リーグ敗退に終わった日本代表については「覇気がなかったように見えた。技術的にはサーブが弱かった」と指摘し、今後は詳細な分析を行うという。五輪予選には「監督、選手で4回経験したが、五輪以上にプレッシャーがかかる。オールジャパン態勢で乗り越えたい。監督としての最低条件はパリ五輪出場権獲得」と力を込めた。(久浦 真一) Read more »

冨安健洋、快勝アーセナルで好スタッツ記録!現地メディアの評価も上々「前節よりもずっと良かった」

アーセナルDF冨安健洋は、アストン・ヴィラ戦でも上々のパフォーマンスを見せた。 22日にプレミアリーグ第9節でアストン・ヴィラと対戦したアーセナル。23分にセットプレーからトーマス・パルティが先制点を奪うと、前半終了間際にピエール=エメリク・オーバメヤンが追加点。56分にはエミール・スミス=ロウが3点目を奪い、終盤に1点を失ったが、3-1で勝利を収めている。 冨安はこの日も右サイドバックで先発し、5試合連続のフル出場。攻守に安定感のあるパフォーマンスで、チームの勝利に貢献した。英メディア『Squawka Football』によると、日本代表DFはチーム最多となる8度のボールリカバリー、最多クリア(7)を記録。守備面での活躍が光っている。 また『イブニング・スタンダード』は、冨安を及第点以上となる「7」と採点。「(前節の)クリスタル・パレス戦よりもずっと良かった。守備がしっかりしていて、可能なタイミングで前へ出ることもあった」とし、パフォーマンスを称えた。『スカイスポーツ』もチーム2位タイの「7」と評価している。 今夏アーセナルに加入したばかりの冨安。ここまで6試合に出場し、9月には月間最優秀選手にも輝いている。未だ出場した試合では負け無しと、名門で確かな評価を確立した。 Read more »

教諭、同僚女性に「猛烈に声聞きたい」「行っていいか」…強い口調で指導も

© 読売新聞 茨城県庁  同僚女性にパワハラやセクハラをしたとして、茨城県教育委員会は22日、水戸市内の県立高校の男性教諭(58)を停職3か月の懲戒処分とした。  発表によると、教諭は昨年8~11月頃、年下の同僚女性に強い口調で指導を繰り返した。教諭は女性のスマートフォンに、700件以上のメッセージを送信していた。深夜や休日に送られたものもあった。  メッセージの中には、「猛烈に声が聞きたい」「そこまで行っていいか」などの内容もあった。女性は精神的苦痛から出勤できていないという。 Read more »

衆院選岡山2区 候補者に聞く 山下氏、津村氏(届け出順)

© 山陽新聞社 (左から)山下貴司氏、津村啓介氏  31日投票の衆院選で、岡山県内は全5小選挙区に自民党、立憲民主党、共産党、無所属の計15人が立候補。新型コロナウイルス対策をはじめ、地方創生や憲法改正などを巡って舌戦を繰り広げている。各選挙区の候補者に主張や政策を聞いた。 山下 貴司氏(自民・前)  ―この4年間の自公政権への評価は。  前半2年間は経済を成長させ、2018年の西日本豪雨では発生後1週間もしないうちに当時の安倍首相が倉敷市真備町に入るなど、自然災害への迅速な対応も取ってきた。新型コロナウイルス対策に当たった後半は、欧米より死者を抑えられ、ワクチン接種率も英・仏と肩を並べるほどになった。一方で、国民の不安に寄り添った発信が足りていなかった面はあり、菅政権で支持率が下がったことはしっかり受け止めないといけない。  ―岸田新政権は「成長と分配の好循環」を掲げている。  アベノミクスでは株価が上がり経済は一定程度の成長は遂げたが、働く人への分配は必ずしもできていなかった。最低賃金の引き上げや看護師、介護士の給与の底上げに取り組むとともに、規制改革で成長につなげたい。  ―党総裁選では党内の変革を訴えた。  3回生議員を中心とした「党風一新の会」の力により1回目の投票で派閥のくびきを解くことができた。党内は変わりつつある。ただ、岸田政権が派閥の力で誕生したと指摘を受けているのも事実。それを払(ふっ)拭(しょく)するため全力を尽くしていく。  ―相手候補は野党共闘で臨む。  選挙戦略的には立憲民主に共産票が乗ることになり厳しい。だが、この4年間、私の思いは確実に地元へ届いていると感じている。議席を取る取らないではなく、どうすれば日本が良くなるかという政策論争で競いたい。  横顔  元法務官僚。民主党政権下の日本に危機感を持ち、自民党の候補者公募に応じて2012年に政界入り。スローガンは「突破力」。第4次安倍改造内閣で法相として初入閣した。趣味は音楽鑑賞。2年前にギターを始め、歌手のあいみょんさんの「マリーゴールド」などを練習しているという。岡山市出身。東京大法卒。56歳。 津村 啓介氏(立民・前)  ―これまでの自公政権をどう評価するか。  長期政権でゆがみが生まれ、忖度(そんたく)の文化ができてしまった。それを象徴するのが森友・加計学園や「桜を見る会」の問題だ。自民の「1強多弱」状態が続き、緊張感のない政治が行われてきたことが原因と言える。  ―今回の衆院選の位置付けは。  政治に緊張感を取り戻さなければいけない。今年7月に亡くなった元参院議長の江田五月氏は長年、二大政党制を目指してきた。自民に代わるもう一つの中道政党をつくり、互いに切磋琢磨(せっさたくま)していくのが理想の姿。江田氏の志を継ぎ、国会を与野党が拮抗(きっこう)する状態に変え、批判だけではない建設的な議論が行われる場にしたい。  ―岡山2区は野党共闘がいち早くまとまった。  今回は衆院選で初めて本格的な共闘が組まれる歴史的な選挙だ。2区はその象徴区であり試金石となる。有権者に古い時代の共産党に対するアレルギーがあることを理解しないわけではないが、政権交代可能な政治の実現に向けて大同団結していく必要がある。  ―政策として何を掲げるか。  新型コロナウイルス禍で落ち込んだ経済の立て直しに向けた時限的な消費税の減税だ。これまでは将来世代につけを残したくないとの思いから15%までの引き上げを訴えてきた。その思いは変わらないが、減税は地域や世代、職業を問わず公平な還元ができる即効性のある対策。収束までの実施を訴えたい。  横顔  日銀勤務を経て、政治改革を志し2003年に民主党から立候補し初当選した。17年の前回は希望の党から出馬。国民民主党を経て合流新党の立民に加わった。江田五月氏を“政治家としての生みの親”とし「江田チルドレンの長男」を自称。アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のファン。津山市出身。東京大法卒。50歳。 Read more »

高専准教授に体を触られた女子学生、3月に自主退学「いまだに恐怖感じる」

© 読売新聞 福島県警察本部  福島高専(いわき市)の男性准教授が昨年、指導していた女子学生の体を触ったとして、福島県警いわき中央署が暴行容疑で准教授を書類送検したことがわかった。送検は20日付。女子学生が8月頃に同署に被害届を提出していた。  准教授を巡っては、女子学生が昨年春から夏にかけて、研究室で体を触られるなどしたと訴えていた。高専が設置した調査委員会の調査で、准教授が性的な表現が多い教材を使用したことや、正規の授業時間を超えて個別指導していたことが判明。高専は2月、アカデミック・ハラスメントと認定し訓告処分とした。准教授は勤務を続けていた。  一方、女子学生は学校を休むようになり、3月に自主退学。心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。  女子学生は「いまだに恐怖を感じながら生活している。高専に通う学生が、同様の被害に遭わないでほしい」と話した。  高専は「事実関係を確認している。検察の対応を踏まえ、対応を考える」としている。 Read more »

米仏首脳が電話会談 悪化した関係修復急ぐ

© テレビ朝日 米仏首脳が電話会談 悪化した関係修復急ぐ  アメリカのバイデン大統領はフランスのマクロン大統領と電話で会談し、悪化した関係修復に向けた今月末の首脳会談について「共通の利益と価値観をもつ分野を強化する」と強調しました。  ホワイトハウスによりますと、バイデン大統領は22日、フランスのマクロン大統領との電話会談でインド太平洋地域での連携強化に向けた取り組みなどについて協議しました。  オーストラリアの潜水艦開発計画を巡り悪化した両国の関係修復に向けて今月末にはローマで対面での首脳会談が予定されています。  この首脳会談について、ホワイトハウスは声明で「共通の利益と価値観をもつ分野を強化し、ともに課題に取り組む」と強調し、早期の関係修復を目指す考えです。 Read more »

s&p、イタリアの格付け見通しを「ポジティブ」に引き上げ

© Reuters/Chris Helgren S&P、イタリアの格付け見通しを「ポジティブ」に引き上げ [22日 ロイター] – 米格付け会社のS&Pグローバルは22日、イタリアの格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げた。成長促進に向けた政府の改革姿勢が経済を後押しすると指摘した。 S&Pは声明で「2021年と22年は投資主導で力強く回復すると予測しており、国内総生産(GDP)が予想よりも1年早く2019年の水準を上回るとみている」とした。 格付けは「BBB/A─2」を維持した。 Read more »

“朝食を抜くと太りやすい説”芸人が検証した驚きの結果

みなさんは“朝食を抜くと太る”という噂を聞いたことはありますか? 朝食を抜いた状態で昼食を食べると、血糖値が上昇して脂肪が溜まりやすくなるそう。9月22日放送の『それって!? 実際どうなの課』(日本テレビ系)では、同説の真偽を検証しています。 2食派 VS 3食派! どちらの方が太りやすい? 一般的に“1日3食が理想”と考えられているなか、2食派も一定数いる模様。2食派からの意見を見ていくと、「朝食よりも睡眠時間を優先してしまう」「単純に食事量が減るから痩せるのでは?」などの声が多数寄せられていました。   そこで同番組は“朝食を抜くと太る説”を確かめるため、双子のお笑いコンビであるザ・たっちを招集。2人には朝食あり(かずやさん)&朝食抜き(たくやさん)という食生活を3日間実施してもらい、同説の信憑性を調べています。   ちなみに出演者である博多華丸・大吉の博多華丸さんは、朝ごはんを抜いて痩せた経験があるそう。番組では「胃が小さくなって昼ごはんも少なめに食べられる」と持論を展開していました。 太る原因は「飢餓状態が長く続くから」!? 気になるのは実験の結果ですよね。2食派と3食派の食生活を3日間検証したところ、朝食ありのかずやさんは体重は0.1kgだけ増加。その一方、朝食抜きのたくやさんの場合、朝ごはんを食べていないにも関わらず体重が1kgもアップ。結果を知ったたくやさんは、「増えてんじゃねえか!」「損じゃないですか」と不満な様子でリアクションしていました。   管理栄養士の浅野まみこ先生いわく、朝食を抜いたたくやさんは飢餓状態が長く続いたので昼食を食べるときの吸収率が高くなっているそう。また血糖値が急上昇することによって、体内に“インスリン”を分泌。インスリンには脂肪を溜め込むという特徴があるため、太りやすい理由の一つとも考えられています。   浅野先生は「このまま朝食抜きを続けていくともっと太られるのではないか」とコメント。同番組の視聴者からは「あくまでも一説だけど、やはり朝食って大切なんだね…」「改めて朝ごはんの重要性を思い知った」といった声が相次いでいました。 60&70代の“朝食を毎日食べる派”は9割弱! “朝食を抜くと太る説”に注目しましたが、そもそも朝ごはんを毎日食べている人はどのくらいいるのでしょうか?   マイボイスコム株式会社は“朝食に関するインターネット調査(9回目)”を実施。同調査の結果によると、朝食を毎日食べている人は全体で73.7%でした。   世代別に見ていくと、60&70代は9割弱。50代の場合は7割強で、10~30代は各50%台という結果に。しかし男性の30代では「ほとんど食べない(2割強)」が他の世代よりも割合が高くなっています。   ちなみに前回(8回目)の調査をおこなった際、“朝食を毎日食べる派”は75.6%。7回目は77.2%なので、同社の調査でも朝食を毎日食べる派は減少傾向にあるようです。   人によって様々な食事の習慣。生活リズムや体調に合わせて朝食を食べるか食べないかを決めるのが理想的かもしれませんね。 文/牧野聡子 参照/マイボイスコム株式会社「朝食に関するアンケート調査(第9回)」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001052.000007815.html Read more »

感謝されると思いきや…嫁の予想外の態度が切ない

パパ、2人の子どもたち、そしてなぜか猫になった姑・ウメコと5人で暮らすワーキングマザーのマミ。ウメコとは時にぶつかり、時に助けられ、程よい距離感を保ちながら暮らしています。   そんなマミとその家族の、賑やかな日常の一コマをのぞいてみましょう。忙しい毎日、うまくいかないことがあっても、マミとウメコのやりとりにホッとできたり、元気をもらえたりするはずです。   驚異の存在「G」が目の前に現れ、絶叫するマミと子どもたち。ウメコとトシオがそのピンチを救ったのに、マミたちは予想外の反応で…!? 第66話 感謝されると思いきや…嫁の予想外の態度が切ない 猫姑66話_P1 猫姑66話_P2 作/ねこまき&ミューズワーク  Read more »

メルケル独首相に別れの拍手 eu首脳総立ち、最後の出席

 【ブリュッセル、ベルリン共同】ブリュッセルで開かれた22日の欧州連合(EU)首脳会議で、今回が最後の出席と見込まれるドイツのメルケル首相が別れを惜しむ各国の首脳らから総立ちの拍手を受けた。EU当局者が明らかにした。  在任約16年のメルケル氏は年内にも予想されるドイツ新政権発足に伴い、政界を引退する。EU首脳会議に100回以上参加し、欧州債務危機など数々の課題を安定した手腕でさばき「欧州の顔」として知られてきた。  EUのミシェル大統領はあいさつで、メルケル氏のいない首脳会議について「バチカンのないローマ、エッフェル塔のないパリのようなものだ」と表現した。 Read more »

大雲海にそびえる山、マグマに染まった尾根…幻想のイルミネーション

© 読売新聞 幻想的な世界が広がったイルミネーション(22日午後5時39分、三重県桑名市の「なばなの里」で)=尾賀聡撮影  三重県桑名市のテーマパーク「なばなの里」で22日夕、冬の風物詩「イルミネーション」の点灯式があり、発光ダイオード(LED)が織りなす幻想的な光の世界が広がった=写真、尾賀聡撮影=。  光のトンネル(長さ200メートル)の先にある主会場(広さ約2万6400平方メートル)には、LEDを使った高さ約30メートル、幅約155メートルの巨大なイルミネーションが設置された。  「雲海」をテーマに、大雲海にそびえる山を中心として、色とりどりの花に覆われた麓やマグマに染まった尾根、砂と風が舞う大砂丘といった自然の造形美が次々と描き出された。  23日から来年5月31日まで、午後5時頃から点灯する。 Read more »

女性教諭、生徒から告白され交際・キスも…保護者は寛大な処分求める

© 読売新聞 茨城県庁  生徒と交際していたとして、茨城県教育委員会は22日、県西地域の県立特別支援学校の女性教諭(41)を戒告の懲戒処分とした。  発表によると、教諭は担任をしていた高等部の男子生徒(16)から告白され、今年1月に交際を始めた。週末にショッピングセンターなどに行き、帰り際にキスをしたこともあった。今年7月、同校職員が2人を見かけたことがきっかけで発覚した。  教諭は生徒の保護者に交際の事実を伝え、理解を得ていたという。保護者は県教委に対し、教諭への寛大な処分を求める意見書を提出。県教委は意見書を考慮したうえで、処分内容を判断したとしている。 Read more »

山手線一部、始発から2日間運休 内回り、54万人に影響見込み

© KYODONEWS JR山手線渋谷駅の内回りホーム=22日午前  JR東日本は渋谷駅の山手線内回りホーム拡幅に伴う線路切り替え工事のため、23日始発から24日終電まで、渋谷を挟む内回りの池袋―大崎間を運休する。線路切り替え工事に伴う山手線の運転見合わせではJR東の発足後最長。計54万人に影響する見込みで、新型コロナ禍前の利用状況で推計すると86万5千人に上る。  JR東によると、工事後はホーム幅が約5メートル広くなる。さらに今後、外回りの線路切り替えとホームの再拡幅工事を予定。完了すれば、現在は二つに分かれている外回りと内回りのホームが一体化する。電車を乗り降りする人の混雑緩和や乗り換えの利便性向上につながるとしている。 Read more »

アル・サッドがアミールカップ制覇!シャビは監督キャリア2年で7つ目のタイトル獲得

アル・サッドは22日、アミールカップ決勝戦でアル・ラヤンにPK戦の末に勝利。優勝を飾っている。 カタール3大タイトルのうちの1つであるアミールカップ。今季の決勝戦のカードは、シャビ監督率いるアル・サッドとブラン監督率いるアル・ラヤン。現役時代にワールドカップ優勝経験を持つ2人の指揮官が、国内カップ戦のタイトルをかけて激突した。 それぞれサンティ・カソルラ、ハメス・ロドリゲスと両司令塔が先発した中、44分にブラヒミのPKでアル・ラヤンが先制に成功する。しかし58分、カソルラのPKでアル・サッドが追いつく展開に。試合はそのままフルタイムを迎え、勝敗の行方はPK戦に委ねられる。そして5-4でアル・サッドが制し、アミールカップ優勝を達成した。 現役時代にはバルセロナやスペイン代表で数々の栄光を築いてきたシャビ。2019年にアル・サッドの正式な指揮官に就任したが、今回のアミールカップが指導者キャリア7つ目のタイトルに。カタールの地で、監督としても大きな成功を収めている。 Read more »

トランプ氏「物まね」で有名、人気俳優持つ小道具の銃が撮影中に暴発…2人死傷

 【ロサンゼルス=渡辺晋】米西部ニューメキシコ州サンタフェ郊外で21日、映画の撮影中だった主演俳優のアレック・ボールドウィンさん(63)の銃が暴発し、撮影監督の女性(42)が死亡し、監督の男性(48)が負傷した。地元警察当局は、ボールドウィンさんから事情を聴くなどして原因や経緯を調べている。  映画は1880年代を舞台にした西部劇「ラスト」で、暴発した銃は映画の小道具として使われていた。米メディアによると、今回の事故を受け、撮影は当面中断されるという。  ボールドウィンさんは22日、ツイッターに「悲劇的な事故についてショックと悲しみで言葉もない。警察の捜査には全面的に協力している」などと投稿した。ボールドウィンさんはアカデミー賞映画「ディパーテッド」など数多くの映画やテレビに出演する人気俳優で、トランプ前大統領の物まねでも知られる。 Read more »

ヒコロヒーと齊藤京子「あざと連ドラ」を厳しくチェック

© お笑いナタリー 提供 「あざとくて何が悪いの?」に出演する(左から)ヒコロヒー、齊藤京子。(c)テレビ朝日 本日10月23日(土)放送の「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)に、ヒコロヒーが齊藤京子(日向坂46)と共にスタジオゲストとして出演する。 【この記事の画像(全4件)をもっと見る】 © お笑いナタリー 提供 (左から)ヒコロヒー、齊藤京子。(c)テレビ朝日 「キョコロヒー」(テレビ朝日系)での共演でも話題を呼んでいる2人。「あざとくて何が悪いの?」では、番組内で展開されている「あざと連ドラ」第3弾「あざとくないと恋は出来ない?」の最終回を厳しくチェックする。紺野彩夏、田村保乃(櫻坂46)、鈴木ゆうか、佐々木莉佳子(アンジュルム)が出演する「あざと連ドラ」を観たスタジオの田中みな実の“闇”が引き出されると、ヒコロヒーが「思ってたより闇深い(笑)」とコメント。また番組内ではヒコロヒーと齊藤の理想の男性像も明かされる。「包容力に弱い」というヒコロヒーの真意をオンエアで確かめてみては。 あざとくて何が悪いの? テレビ朝日系 2021年10月23日(土)21:55~22:25 <出演者> 南海キャンディーズ山里 / 田中みな実 / 弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー) ゲスト:ヒコロヒー / 齊藤京子(日向坂46) ナレーター:服部潤 小関裕太 / 三津谷葉子 / 江野沢愛美 / ... Read more »

ワインスタイン氏、spacの保有株売却 トランプ氏関連で急騰

© Reuters/Richard Brian ワインスタイン氏、SPACの保有株売却 トランプ氏関連で急騰 [22日 ロイター] – 投資家のボアズ・ワインスタイン氏は、自身が立ち上げたファンド、サバ・キャピタル・マネジメントが保有するデジタル・ワールド・アクイジションの株式を21日に売却したと述べた。トランプ前米大統領が新たに手掛けるメディアベンチャーと合併するとのニュースを受けた措置としている。 ワインスタイン氏は「サバが保有する無制限株を全て売却するのが正しいことだと思い、それを実行した。多くの投資家は価値観をいかに自身の事業に反映されるかという難題に直面しているが、私たちにとってこれは難しいものではなかった」と述べた。 規定上、投資家は特別買収目的会社(SPAC)に投資する際、合併対象を知ることは認められていない。このため、複数の投資家はトランプ氏との関連は全くの驚きと受け止められたと指摘した。 米投資家の多くは、1月6日の連邦議会議事堂襲撃事件後にトランプ氏と距離を置いている。 トランプ・メディア・アンド・テクノロジー・グループと合併対象のSPAC、デジタル・ワールド・アクイジションは新しいソーシャルメディアアプリ「TRUTH Social(トゥルース・ソーシャル)」を設立するために合併すると今週発表。ベータ版を来月立ち上げ、2022年第1・四半期から本格的に展開する計画を明らかにした。 ワインスタイン氏は当初の資本投入額や、株価が急騰した21日に得た利益について言及を避けた。自身のファンドへの投資家の反応についても言及を避けた。 ワインスタイン氏のファンドは約35億ドルを運用。同氏は過去に民主党候補者に寄付をし、昨年の大統領選ではバイデン現大統領を支援した。 妻のタリ・ファルハディアン・ワインスタイン氏は元連邦検事。マンハッタン地方検事に今年立候補し、民主党予備選で敗れた。マンハッタン地検はトランプ氏を調査している。 Read more »

自由すぎる日向坂齊藤京子&ヒコロヒーが「あざとくて何が悪いの?」出演

お笑いタレントのヒコロヒー(32)と日向坂46齊藤京子(24)が23日放送のテレビ朝日系「あざとくて何が悪いの?」(午後9時55分)に出演することが分かった。 2人は、同局系冠番組「キョコロヒー」(水曜深夜0時15分)で自由すぎる凸凹トークが話題を呼んでいる。 齊藤は今年5月に「あざとくて」のVTR企画に出演していた。ヒコロヒーと共にスタジオゲストとして登場するのは初めて。  紺野彩夏(22)、田村保乃(23)、鈴木ゆうか(25)、佐々木莉佳子(20)が番組内で熱演する「あざとくないと恋は出来ない?」の最終回を鑑賞する。あざとさに対して、辛口そうな2人が、“あざと連ドラ”のクライマックスを、厳しい目でチェックする。また、“あざと男子”についても物議をかまし、理想の男性像を明らかにする。 © 日刊スポーツ新聞社 23日放送のテレビ朝日系「あざとくて何が悪いの?」に出演するヒコロヒー(左)と齊藤京子 Read more »

阪神開催の菊花賞は脚質がポイント。穴党記者が推すのは驚きの伏兵2頭

© photo by Sankei Visual  3歳クラシックの最後の一冠となるGI菊花賞(阪神・芝3000m)が10月24日に行なわれる。  過去10年の結果を見ると、1番人気は6勝、3着2回と好成績を残しているが、多くの馬にとって未知なる3000m戦とあって、伏兵の台頭も珍しくない。3連単ではしばしば好配当が生まれている。  しかも今年は、三冠馬誕生が懸かっていた昨年とは異なり、GI皐月賞(4月18日/中山・芝2000m)を勝ったエフフォーリア、GI日本ダービー(5月30日/東京・芝2400m)を制したシャフリヤールはともに不在。それらに代わって、前哨戦のGII神戸新聞杯(9月26日/中京・芝2200m)を快勝したステラヴェローチェ(牡3歳)が人気を集めそうだが、絶対的な存在とは言えず、波乱ムードが高まっている。  さらに、今年は京都競馬場の改修工事により、阪神競馬場での開催となる。最後の直線が平坦な京都と違って、阪神では急な上り坂が最後に待っている。例年以上に過酷な条件となり、思わぬ馬の大駆けがあってもおかしくない。  そうした状況のなか、まずは阪神・芝3000mというコースの特徴について、デイリー馬三郎の吉田順一記者が解説する。 「内回りコースで施行される阪神・芝3000mは、3コーナーから動きのあるレースになることが多く、適度に上がりのかかる傾向にあります。そういった舞台にあっては、自在性と機動力の有無がポイントとなります。  実際、この条件下で行なわれるGII阪神大賞典において、過去5年の勝ち馬の4角でのポジションを見てみると、3、4、2、4、4番手。前半は中団や後方に構えていても、勝負どころでしっかりと追い上げられる脚が求められます」  そして、こうしたコースの傾向から、人気のステラヴェローチェへの信頼は揺らぐ、と吉田記者は言う。 「前哨戦を制したステラヴェローチェは、3勝中2勝が不良馬場。もちろん、良馬場で3着となったダービーは評価できますが、脚質的な幅は乏しく、機動力よりも直線で末脚を生かしたいタイプであることは否めません。  現に神戸新聞杯のレース前には、鞍上の吉田隼人騎手が『スタートを含めて教えることが多く、すべてがうまくいかないと、勝つのはどうかな……』とコメント。そのトーンは決して高くありませんでした。  結果的に道悪を味方にして3勝目を挙げましたが、それが今回のレースにもストレートに反映するかどうかは微妙なところ。当初は菊花賞への参戦自体にも慎重だっただけに、脚質のことを考えれば、余計に信頼は置きづらい印象があります」  では、どういった馬が狙い目となるのか。 「メンバー構成から見ると馬券的には、ひと叩きして状態が急上昇しているオーソクレース(牡3歳)や、馬体のバランスがグンと良化しているレッドジェネシス(牡3歳)、さらに前走のGIIセントライト記念(13着。9月20日/中山・芝2200m)ではチグハグな流れで詰まって、競馬にならなかったタイトルホルダー(牡3歳)あたりから入るのが得策のような気がしますが……」  吉田記者はそう言いつつ、ダービーからぶっつけで挑むディープモンスター(牡3歳)を穴馬候補に推奨する。 © Sportiva 提供 阪神・芝3000mという舞台が合いそうなディープモンスター 「先週までの追い切りでは、時計ほどのキレを感じず、少しモタついている印象を受けたのですが、今週の追い切りでは数字どおりの反応と瞬発力を発揮。好気合を見せて、態勢が整ったと見ていいでしょう。  長くいい脚が使えるディープインパクト産駒で、阪神の内回りコースは1勝クラスのエリカ賞(12月12日/阪神・芝2000m)で2着、リステッド競走のすみれS(2月28日/阪神・芝2200m)で1着と好相性。勝負どころで動けるタイプですし、良馬場が見込める馬場もプラスに働きそうです」  ダービーでは16着と大敗を喫したが、吉田記者は巻き返しのチャンスは十分にあるという。 「ダービーでは折り合いに不安をのぞかせましたが、そのあたりはこの中間にも騎乗している鞍上の武豊騎手がしっかりと対応してくれるはず。そのうえで、ポジションを取りつつ、馬込みで我慢できれば、この馬の機動力が生きる算段。ぶっつけ本番で完全に人気の盲点となっている今回は、配当的な妙味もありそうです」  さらにもう1頭、吉田記者はグラティアス(牡3歳)にも注目しているという。 「GIII京成杯(1月17日/中山・芝2000m)を勝って2戦2勝で勇躍クラシックに臨みましたが、皐月賞6着、ダービー8着とややワンパンチ欠く結果に終わりました。加えて、秋初戦のセントライト記念も9着と惨敗。その株価は暴落していますが、同レースでは心身のバランスが整っていなかったことが敗因でしょう。  そこから、ゆったりと走れて、集中力が高かった今週の攻め気配は上々。ここ3走よりもいい雰囲気で、成長を感じさせます。今回のメンバー構成と舞台設定なら、この馬の先行力が最大限に生きるのではないでしょうか」 ... Read more »

橋本大輝 わずか0・017点差で銀 あん馬で落下 鉄棒で完璧演技も内村超え夢散

© デイリースポーツ 男子個人総合決勝の演技終了後、握手を交わす橋本大輝(左)と中国の張博恒(代表撮影)  「体操・世界選手権」(22日、北九州市立総合体育館)  男子個人総合決勝が行われ、東京五輪王者の橋本大輝(20)=順大=は6種目合計87・964点で2位に終わり、五輪に続く金メダルはならなかった。張博恒(21)=中国=が87・981点で優勝。その差はわずか0・017点差だった。橋本は09年ロンドン大会での内村航平(20歳9カ月)を上回る20歳2カ月での日本史上最年少優勝はならなかった。  かつて内村航平が歩んできたような王道は、やはり簡単ではない。東京五輪に続く、世界大会V2を狙った橋本だったが、中国の同世代のライバル、張博恒にわずか0・017点差で敗れ、銀メダル。五輪、世界選手権で8連覇を成し遂げたキングの姿を思い「改めて航平さんの凄さを感じた」とうなずいた。  死闘だった。2種目のあん馬でともに落下したが、6種目を通してマッチレースを繰り広げた。首位の張と2位の橋本が0・350点差で迎えた最終種目の鉄棒。五輪種目別金メダルの橋本に分があるかと思われたが、張が完璧な演技で14・800点をマーク。橋本も五輪を上回る15・133点で猛追したが、わずかに届かなかった。  「あん馬の落下は集中力のなさ。ただ、つり輪からの4種目はベストの演技を出せた。悔しさは1ミリぐらい。彼(張)がリアルチャンピオンだった」-。  言い訳はしなかった。東京五輪延期に伴い、異例の形での五輪、世界選手権の同年開催。橋本にとっては逆風だった。五輪後のイベントラッシュで疲労は困憊。6種目を通した練習ができなくなるほど、調整は難航した。国際大会の経験不足を理由に五輪落選した張は、万全の状態で今大会に照準を合わせてきた。ただ、橋本は「自分の調整力のなさ」と受け入れた。  個人総合連勝は4でストップ。内村の前人未到の40連勝を超える「50連勝」を目標に掲げていたが、0からの出直しとなった。また、張という3年後の五輪連覇への難敵も誕生した。「来年から新しく頑張る理由が見つかった」。前を向く瞳に再び野心が宿る。敗北を抱きしめて、若武者は再び歩み始める。 Read more »

カシマスタジアムから脱炭素 カネカと提携、プラ食器類を植物由来に

 サッカーJ1の鹿島アントラーズFCは、大手化学メーカー「カネカ」(東京都港区)と連携協定を締結した。茨城県立カシマスタジアム(鹿嶋市神向寺)の売店で採用されているプラスチック食器類を全て、環境に配慮した同社素材の使用に切り替え、脱炭素型社会実現への貢献を目指す。  切り替えられるのは、カネカが開発した植物由来の素材「Green Planet」。プラスチック類のように製造時に原油を燃やす必要がなく、最終的に微生物に分解されるという。  カシマスタジアムでは試合日、約80の業者がビールや丼飯などを販売しているが、食器類は原油由来のプラスチックだった。  計画では、11月7日の浦和戦から、ストローとスプーンで先行。その後、他の食器類も順次、切り替えていくという。  21日に記者会見したカネカの菅原公一会長は、SDGs(持続可能な開発目標)に触れ「社会に役立つ技術を開発したと自負している。鹿島と共に普及に努めたい」と協定の意義を強調。鹿島の小泉文明社長は「Jクラブにはサポーターと共により良い社会を目指す責務がある。カシマスタジアムから脱炭素を実現する」と訴えた。【根本太一】 Read more »

“キンプリ”動画不正アップか 29歳女性を書類送検

 人気アイドルグループ「King&Prince」のライブ動画を不正にアップロードして著作権を侵害したとして、29歳の女性が書類送検されました。  東大阪市に住む放射線技師の女性は去年10月、インターネットで配信された「King&Prince」のライブ動画を不正にアップロードしてジャニーズ事務所の著作権を侵害した疑いが持たれています。  警視庁によりますと、女性はSNSで購入者を募り、ライブ動画を6つに分けて1つ400円で販売していたということです。  女性は「生活費やジャニーズグッズ購入の足しにしたかった」などと容疑を認めています。  警視庁が余罪について調べています。 Read more »

地球温暖化で海面上昇 エジプトで大規模対策

 温暖化で海面が上昇するなか、地中海沿岸にあるエジプト第2の都市で海岸の浸食を防ぐための対策工事が進んでいます。  地中海沿岸の都市でナイル川デルタに位置するアレクサンドリアは海面の上昇による影響を受けやすく、地元当局はブロックを積むなど対策を急いでいます。  AP通信によりますと、いくつものビーチで海岸の浸食による兆候があるほか、歴史的建造物であるカーイト・ベイの要塞も浸水の危機にさらされているということです。 Read more »

118億…「地方創生」は漁業の島を救ったか【選択2021衆院選】

© 西日本新聞 © 西日本新聞 選択 2021衆院選 マスク越しに言葉を交わし、漁具や食料などを船に積み込む。10月上旬、長崎県の離島、新上五島町の奈良尾港。東シナ海での巻き網漁に向け、乗組員が集まった。 日本人に交じり、インドネシア人が4人。地元漁協は2019年から、外国人技能実習生を受け入れる。倉庫を改修した寮で、インドネシアから来た10~20代の27人が暮らす。 このまま人口減が進めば40年までに全国で半分の自治体が消滅する可能性がある-。元総務相が座長を務める民間機関のリポートが列島に衝撃を与えたのは14年。その根拠となる若年女性人口(20~39歳)の予測減少率が、九州で最も高いのが新上五島町だった。 「オチャです。一口飲みましょうか」。セン・ランさん(28)が、白髪の女性に優しく声を掛ける。町内の養護老人ホーム「朝海荘」。ミャンマー人の技能実習生2人が働く。運営法人は2年前から、東南アジアで人材探しに乗り出した。町の基幹産業や介護の現場を外国人が下支えする。 「『消滅』で危機感をあおられた」。石田信明町長(67)は民間リポートが発表されたとき、町の課長だった。当時の安倍晋三政権は「地方創生」を掲げ、担当大臣を置いた。国は自治体に人口減対策の総合戦略を作らせ、具体化のために交付金を配った。 町は15年から5年間で海外観光客向けのPR動画や温泉施設建設、婚活イベントなど関連事業に約118億円を投じた。移住者が約420人増えるなど成果の一方で、町民の流出に歯止めがかからない。世界遺産の天主堂などがあることから新たな基幹産業に位置付ける観光もコロナ禍で急ブレーキがかかった。 高校を卒業すると9割は島を出る。町の人口はこの7年間で3千人減り、約1万8千人。高齢化率は7%上昇し、42・5%に達する。 地方創生が掲げた柱の一つは東京一極集中の是正。だが、15~20年の都道府県別の人口増減率をみると、増加のトップは東京で、10~15年よりも増加率はアップした。全国1719市町村の8割以上で人口が減った。 福岡県糸島市の海辺で、田島旭さん(34)がパソコンの画面越しに、東京の会社員に問い掛けた。「最近調子どうですか」 人間関係の相談に乗る「メンタルコーチ」としてフリーランスで働く。コロナの感染拡大まで、顧客が多い首都圏に住むことが絶対条件だと思っていたが、「対話」はオンライン化。「どこでも仕事できる」。自然と食が豊かで、福岡市・天神まで電車で30分。知人から評判を聞いた糸島市が浮かんだ。9月下旬、埼玉県から移り住んだ。 コロナ禍を機に生まれた「職と住」の価値観の変化。東京一極集中の人の流れは変わるのか。 まちづくり専門家の木下斉さん(39)は「若い人が魅力を感じやすい都市近郊に、より人が集まっていく可能性もある」と指摘する。 「コロナ禍移住」「都心から約1時間」…。日本全体のパイが減る中で、情報サイトでは今日も、全国各地の市区町村が「人口」を奪い合う。 (川口安子) Read more »

“アナウンサー”綾子(堀田真由)、3度目の嘘が招く恐怖!身の毛もよだつ入浴シーンも<言霊荘>

とある女性限定アパートで放った言葉が現実となり、“言霊”という人ならざる者に住人女性たちが次々と苛まれていく。西野七瀬主演でおくるテレビ朝日・ABEMA共同制作ドラマ『言霊荘』。 10月23日(土)、第3話では“言霊”の呪いがさらにエスカレートする! © tv asahi All rights reserved. “アナウンサー”綾子(堀田真由)、3度目の嘘が招く恐怖!身の毛もよだつ入浴シーンも<言霊荘> 第1話では「楽になりたい」とつぶやいた言葉が現実となり、1号室の住人・阿木紗香(三吉彩花)が謎の死を遂げ、第2話では「記憶にありません」と言い放った言葉が自らを窮地に追い込み、2号室の丸山栞(中村ゆりか)が意識不明の重体に陥る。 早くもアパートの住人2人が言霊の呪いに襲われるという衝撃の展開が続く。 ◆3度目の嘘をついたとき“言霊”の呪いが誰かを襲う “言霊”の呪いが増大するなか、コトハ(西野)は相変わらず人気のない自身のViewTubeチャンネルで言葉の大切さを配信する。 今回熱く訴えたのは、「嘘は心の麻薬」「3度目の嘘は許されない」。このコトハの言葉がまさかの現実に! © tv asahi All rights reserved. “アナウンサー”綾子(堀田真由)、3度目の嘘が招く恐怖!身の毛もよだつ入浴シーンも<言霊荘> 3号室の住人でフリーアナウンサーの小宮山綾子(堀田真由)は、報道に携わる人間として、ある事件の裏に隠された真実を報道したいと報道局長に訴える。 だが、局長は取り合ってもくれないばかりか、嘘のニュースを読むよう強要。しかも1度ならず2度までも! 罪悪感を覚える綾子だが、立場の弱さに屈し、2度目は見返りの欲望に屈して、嘘のニュースを読んでしまう。 その事実を知ったコトハは、「嘘は慎んだ方がいい」と綾子に伝えるが…。3度目の嘘をついたとき、とんでもない事態を招いてしまうことに。 さらに今回は第1話に続いて、ホラー作品の真骨頂ともいえる風呂シーンがふたたび登場。 もちろん、単なる入浴シーンではなく、そこにも身の毛もよだつ恐怖シーンが待ち受けている。 嘘が招く恐ろしい事態とは? そして今夜、“言霊”に呪われてしまうのは誰なのか? ◆第3話 あらすじ ... Read more »

守護神森、配置転換も 負けられない残り3試合、代役は経験豊富な石川か

© 西日本スポーツ 「聖域」なき戦いでミラクルを! ソフトバンクの森唯斗投手(29)がレギュラーシーズン残り3試合でクローザーから配置転換される可能性が出てきた。直近4登板で5失点と精彩を欠いており、代役には石川柊太投手(29)らが候補に浮上。CS進出には3戦全勝が条件となる中、なりふり構わぬ姿勢で5年連続日本一の望みをつなぐ。 ◇ ◇ 3月26日に開幕した2021年シーズンも残り3試合。CS進出を果たすには3戦全勝が前提という厳しい状況で、不振に陥るクローザーの森を配置転換するという大きな“メス”が入る可能性が浮上した。 22日にペイペイドームで行われた投手練習を見守った森山投手コーチは「総力戦。全部勝たないといけないから」と息巻いた。さらに、森の状態について「心配はある。現在の状態、状況を考えないといけないところもある」と険しい表情で話した。 ホーム最終戦だった21日の日本ハム戦(ペイペイドーム)では2点リードの9回に杉谷に2点適時二塁打を打たれて、リードを守れなかった。昨季は52試合に登板しわずか1敗だった右腕が、今季は9月30日の西武戦以降で3敗を喫しており、現状では本来の安定感を失っている。 今年は左肘手術で戦列を離れ、約2カ月の入院生活も経験した。森山コーチは「本当ならもっと期間が必要だったのに申し訳ない。僕らの責任」と守護神をフォローした。ただ、奇跡を起こすためには「聖域」にも踏み込むしかない。 チーム最多の15セーブを挙げる森に次ぐ6セーブの岩崎、5セーブのモイネロは、ともに戦列を離れている。代役について、森山投手コーチは「石川になるのか。7、8回に投げている投手になるのか考えます」と説明。今季は甲斐野、板東らもセーブを挙げた実績はあるが、経験豊富な石川が浮上した。 ここまで規定投球回に達している石川は、残り試合で先発として登板の予定はなく、リリーフ経験もあることから候補の一人として白羽の矢が立った。「総力戦」と位置付ける残り3試合は、3位争いのライバルとなる楽天との直接対決2連戦に加え、リーグ優勝を目指すロッテ。しびれる9回のマウンドを乗り越えれば、ポストシーズンへの扉が開く可能性が高まる。 Read more »

jr山手線の内回り池袋―大崎間が運休、24日終電まで…渋谷駅ホーム工事で

 JR渋谷駅のホーム拡幅工事に伴い、山手線の内回り池袋―大崎間が23日始発から運休している。期間は24日終電まで。この間は、東京メトロや私鉄各社が振り替え輸送を行う。内回りの運休区間以外や、外回りの大崎―池袋間も本数を減らす。 Read more »

Eu、深まる東西対立 法「優先」原則否定のポーランドへの対応議論

© 毎日新聞 提供 欧州連合(EU)の首脳会議でドイツのメルケル首相(右)らと話すポーランドのモラウィエツキ首相(左)=ベルギーのブリュッセルで2021年10月22日、AP  欧州連合(EU)は21、22の両日、ブリュッセルで首脳会議を開き、EUの法原則を否定する東欧ポーランドへの対応を議論した。西欧の主要国からは制裁を求める声が上がったが、人権問題などでEUと対立する東欧ハンガリーはポーランドに同調。双方の溝は埋まらず、EUの基本理念や原則を巡る「東西対立」が深まっている。  ポーランドの憲法裁判所は今月7日、権威主義的な政権の意向に沿う形で、同国の法律がEU法よりも優先される場合があるとの判断を示した。「EU法が加盟国の法律に優先される」とするEUの原則に反しており、欧州統合の基盤が揺らぐ事態となった。  EU高官によると、首脳会議では一部の加盟国が、EUの理念に重大な侵害があったとして、EU基本条約に基づく制裁手続きなどを求めた。しかし結論には至らず、「政治的対話」を続ける方針を確認して終わった。  会議に先立ち、オランダのルッテ首相は「(ポーランドに対し)厳しい姿勢で臨む必要がある」と発言。ベルギーのデクロー首相も「クラブの一員として利益を得たいなら、ルールは尊重しないといけない」とポーランドにくぎを刺した。また、欧州議会のサッソリ議長は声明で「EUがこれほど根本的に疑問視されたことはない」としてEUの基本原則の堅持を訴えた。  これに対し、ポーランドのモラウィエツキ首相は「(EUの行政機関である)欧州委員会や欧州司法裁判所が国家の裁量権について最終的な判断を下すことは受け入れない。我々は恐喝には屈しない」と主張した。ハンガリーのオルバン首相もポーランドを擁護し、「素晴らしい国だ。制裁の必要はない」と語った。  首脳会議を前にして、フォンデアライエン欧州委員長は19日の欧州議会で、ポーランドに対するEU基本条約に基づく制裁手続きや、「法の支配」を順守しない他の加盟国へのEU資金供給を停止する新たな制度の発動の可能性に言及した。だが、ハンガリーが反対するとみられるため、基本条約に基づく制裁を実施するのは難しい。資金供給を停止する新制度も、ポーランドやハンガリーによる異議申し立て手続きが進行中で、いつから運用できるかが不透明だ。  ポーランドの政権が進める司法改革は「司法の独立性を損ねている」として、欧州委から繰り返し提訴されている。またLGBTなど性的少数者らへの抑圧姿勢を巡っても、欧州委との対立が続く。ドゥダ政権は強気の姿勢を崩さないものの、国内では親EU派のデモが起きるなど政権批判も強まっている。  EU加盟国で起きている「東西対立」を巡っては、6月のEU首脳会議で、LGBTなどへの表現を規制する新法を成立させたハンガリーに対し、各国首脳から批判が相次いでいた。【ブリュッセル岩佐淳士】 Read more »

真砂が残り3試合で昇格 今宮の出場選手登録抹消で

© 西日本スポーツ ソフトバンクの今宮健太内野手(30)が22日、出場選手登録を抹消された。 21日の日本ハム戦に9番遊撃で先発出場。2回の守備中に二盗を試みた高浜とベース付近で交錯し、左膝付近を負傷。担架でベンチ裏に運ばれていた。 代わって、真砂勇介外野手(27)が昇格する。 Read more »

【中日】タイムリー2本の根尾昂!15個目の盗塁も決めた高松渡!竜党も来季へワクワク猛打賞競演

© 中日スポーツ 提供 根尾(左)と高松 ◇22日 DeNA4―2中日(横浜)  来季につながる敗戦だった。中日は22日、横浜スタジアムでのDeNA戦に2―4で敗れ、勝てば今季5位確定だった試合をものにできなかった。今季の対DeNA戦の負け越しも決まった。ただ、「1番・二塁」の高松渡内野手(22)、「8番・遊撃」の根尾昂内野手(21)がそろってプロ初猛打賞を記録するなど若竜が躍動。チームとしても若手主体ながら計13安打を記録するなど、負けは負けでも収穫の多い試合だった。  来季への光明となるべく根尾に高松と若竜が躍動。ともにプロ初の猛打賞を記録した。  まずは今季3度目の1番でのスタメンとなった高松。3回2死一塁で先発・ロメロから左前にポトリ。好機を拡大した。先頭で迎えた6回は初球を強振してファウルにすると、2球目を三塁前に転がす絶妙なセーフティーバント。自慢の快足で内野安打にした。さらに8回は2番手・山崎の直球をはじき返し、中前打を放った。  本人は「打撃練習と1打席目は後ろに体重が残ってしまって受ける形になっていました。それを自分で気づいて修正することができたので、結果につながったのかなと思います」と分析。8回の安打後には今季15個目の盗塁も決めた。「残り試合少ないですが、チャンスがあればどんどん狙っていきたいです。そのためには出塁しないといけないので、そこも頑張ります」。今季1軍定着をつかんだ武器を生かすためにもさらなる打力向上を誓った。  根尾は遊撃では2度目のスタメン。5回の第2打席で低めの変化球をすくう技ありの一打を放つと、7回2死一、三塁では一塁適時内野安打。さらに3点ビハインドの9回無死二塁では守護神・三嶋の150キロ直球を三遊間へはじき返し追い上げムードをつくり「なんとか抜けてくれて点が入ったのでよかったです。猛打賞もうれしいですが、タイムリーが2本あって、点に自分が絡むことができたのでよかったです」とコメントした。 Read more »

東浜が楽天退治「奇跡」呼ぶ! 長谷川魂「見習わないと」

© 西日本スポーツ ソフトバンクの東浜巨投手(31)が「奇跡」を呼び込む快投を誓った。CS進出には残り3試合の全勝が条件という厳しい状況で、23日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)に先発。先陣を託される右腕は「ここまできたらやるしかない。その一言」と言い切った。 この日はペイペイドームでの先発投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。今季の楽天戦は3試合で2敗、防御率9・00と相性は良くないが、21日の日本ハム戦でバットを置いた長谷川の心構えを受け継ぐ覚悟を示した。 「ハセさんはグラウンドに来るのも早いし、練習でも試合でもいいパフォーマンスを出すために後悔しないように準備する姿をずっと見てきたので。どういう状況になっても変わらず、準備をしていく姿勢は見習わないといけない」。先輩の思いを胸に、楽天との直接対決にぶつかる。 24日の楽天戦は笠谷、今季最終戦となる25日のロッテ戦(ZOZOマリン)には千賀が先発する予定。まずは今季4勝の右腕が突破口を開けば、次への道が開かれる。(長浜幸治) Read more »

日本の新エース橋本大輝、内村航平の偉大さ身に染みた0・017差銀

© 西日本スポーツ 体操の世界選手権(西日本新聞社など協賛)第5日は22日、北九州市立総合体育館で行われ、男子個人総合決勝で、予選を1位通過した20歳の橋本大輝(順大)は6種目合計87・964点で2位となり、今夏の東京五輪に続く金メダル獲得はならなかった。予選2位の張博恒(中国)が87・981点で初優勝し、イリヤ・コフトゥン(ウクライナ)が3位に入った。橋本は2種目目のあん馬で落下したが、つり輪で予選を上回る得点を出して立て直し、跳馬、平行棒も安定した演技をそろえた。張博恒と0・350点差の2位で迎えた最終種目の鉄棒で全体トップの15・133点をマークしたが、わずか0・017点及ばなかった。 ◇ ◇ 最後の鉄棒でトップに立つには15・150点が必要だった。東京五輪で金メダルを取った種目別決勝より高いハードルで橋本は割り切った。 「完璧にやらなければ出せない点で、演技前から負けるかなと思った。最後にやり切れたらいいとベストを出すことだけに集中した」。着地こそ両足が少し斜め前へ出たものの15・133点。0・017点差の惜敗に「悔しさは1、2(割)ぐらい。彼がリアルチャンピオンだった」と五輪には出ていなかった1歳上の張博恒をたたえた。 「世界選手権も勝ってこそ真のチャンピオン」。五輪と世界選手権での個人総合優勝となると、内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=に続いて日本人2人目の快挙だった。だが、五輪で2冠を果たした後、地元などでのセレモニーが続き、大学の大会にも出場。世界選手権に向けて6種目を通した練習が満足にできず「調整力のなさに気付いた」。 17日の本会場練習で落下した2種目目のあん馬で再び落下。フロアに体をたたきつけられると一瞬、うずくまった。「(内村)航平さんのすごさを感じた」と、どんな状況でも自分の演技を貫き、五輪と世界選手権で計8連覇した「キング」の偉大さが身に染みた。 それでも、あん馬の直後に迎えた苦手のつり輪で予選や五輪の点数を上回る13・966点を出して立て直し、満席に近い観衆の前で最後まで見せ場はつくった。 大会前に内村から「僕が成し遂げたことは次の世代、大輝がやってくれる」と託された。「ライバルがいて強くなれる。新たに頑張る理由が見つかった」。23日からの種目別決勝は4種目で進出を決めている。「今できる最大限の演技をしてお客さんに楽しんでもらえたら」。日本の新エースに立ち止まっている時間はない。(末継智章) ◆橋本大輝(はしもと・だいき)千葉・市船橋高3年の2019年に世界選手権に初出場し、団体総合で銅メダル。今年の全日本選手権、NHK杯で初優勝。19歳で迎えた東京五輪は個人総合で史上最年少王者に輝き、種目別鉄棒と合わせて2冠を達成した。団体総合では銀メダルを獲得した。順大。166センチ、57キロ。20歳。千葉県出身。 Read more »

【ヤクルト】マジック3、最短vで本拠地胴上げ再現へ23日から巨人と2連戦

© 中日スポーツ 提供 ヤクルト・高津監督  6年ぶりのリーグ制覇へマジック3。ヤクルトが2015年以来の本拠地胴上げを再現する戦いに挑む。  残り5試合。神宮球場での試合は最短Vとなる24日の巨人戦、雨天中止となった22日の広島戦の振替日のみだ。23日からは、ここ6試合負けなしで4連勝中の巨人と2連戦。その対戦で一気に決めたいところだ。  8日にマジック11を点灯させてから2週間。歓喜の瞬間が目前に迫るチームは、優勝へのプレッシャーなのか足踏みが続いている。ここ5試合、1勝3敗1分け。21日の広島戦(神宮)で1分けを挟んだ10月初の連敗を喫した。  その試合後だった。高津監督は「もう先は見えている。全力で戦うだけ」と強調。残りわずかとなったVロードで「精いっぱい、全力プレーをしてくれたら、それでいい」と言葉を継いだ。  指揮官が求めたハッスルプレーでの勝利。キーマンは若き主砲・村上だ。21日の広島戦では2安打で4打点の荒稼ぎ。ともに7試合ぶりとなるマルチ安打と打点をマークした。指揮官は復調をアピールした打線の大黒柱に「中心がしっかりすると点が取れる」とさらなる活躍に期待を込めていた。  雨で試合が流れたこの日は、神宮外苑の室内練習場でトレーニングを実施。最短Vを目指す2連戦に備えた。 Read more »

宮城1区、議席死守へ党首次々 2区、支持固めへ批判の応酬

© KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO. ■論戦攻防 宮城・選挙区ルポ(上)  超短期決戦となった衆院選(31日投開票)は中盤に入り、宮城県内6小選挙区の攻防が白熱している。自民党の候補者は政権継続による政治の安定を前面に押し出す。共闘する立憲民主党と共産党をはじめ、野党や無所属の候補者は刷新や改革を掲げて対抗する。1票の増減を巡る激闘の現場に入った。(敬称略) ■1区  初日の声量に、かつてない危機感がにじんだ。仙台市青葉区の中心街で19日あった第一声で、自民党前議員の土井亨は「批判を信頼に変える。必ず、必ず結果を出す」と絶叫した。  公示直前の党世論調査で出遅れが伝えられた。「地域に合ったきめ細かい経済政策を怠った」と安倍政権の金看板だったアベノミクスの問題点を率直に認める一方、「国柄に基づく憲法改正が国会議員の使命だ」と断言。保守層へのアピールも忘れなかった。  支援に半身だった党地方議員は「具体の条文を挙げない点は物足りない」と注文しながらも、納得した表情を見せた。  「どんな子どもにもチャンスがある社会をつくるのが政治の使命」。立憲民主党前議員の岡本章子は20日、青葉区愛子の街頭に立ち、「命、子ども、暮らしを守る」というキャッチフレーズを繰り返した。  隣に立っていたのは党代表枝野幸男。公示日に首相岸田文雄が来仙したことに触れ、「(宮城1区は)大接戦だから昨日は岸田さん、今日は私が来ている」と激戦ムードをあおった。  憲法改正は岡本も19日、JR仙台駅前の街頭演説で言及。憲法53条に基づく国会召集要求を拒否した与党を「憲法違反の首謀者に憲法改正を任せるわけにはいかない」と切り返した。  日本維新の会新人の春藤沙弥香は19日の第一声で、フードバンクなどでのボランティア経験を踏まえ「必要な人に必要な支援が届いていない」と子どもの貧困対策の強化を主張した。  陣営は比例票の上積みも狙い、23日に来県予定の松井一郎代表(大阪市長)に加え、吉村洋文副代表(大阪府知事)の応援を党本部に求めた。  無所属新人の大草芳江は市中心部で演説を重ね、科学教育の充実を訴える。 ◇宮城1区立候補者 岡本 章子 57歳 党県代表代行 立前① 春藤沙弥香 40歳 党役員    維新  土井  亨 63歳 元復興副大臣 自前④(公推) 大草 芳江 39歳 NPO理事  無新  ■2区  コロナ禍で募る政治への不満票を掘り起こせるか。  仙台市若林区のスーパー前で20日、立憲民主党元議員の鎌田さゆりは「過ちを過ちと認めざるを過ちと言う。庶民の暮らしは追い詰められている」と語気を強めた。選挙2日目に仙台入りした党代表の枝野幸男も「政治を表紙だけなく中身も変えよう」と加勢した。  1316票差で涙をのんだ2017年の前回選に続く事実上の一騎打ち。都市型選挙で無党派層も多い。  鎌田の演説はアベノミクスとアベノマスクの批判、貧困と格差が定番。枝野は「投票先をこれから決める層へのアプローチが勝敗を左右する」と見据える。  選挙カーの助手席から上半身を乗り出し、大きく腕を振る鎌田。自転車も併用し、有権者との近さを演出。おはこの空中戦を臨機応変に繰り出す。  「総理が初日に来るほどの厳しい互角の戦いだ」。JR仙台駅西口で19日、首相の岸田文雄と並んだ自民党前議員の秋葉賢也は、危機感をにじませた。  21日には党広報本部長の河野太郎も駆け付けた。宮城野区で「次はいつ閣僚の声がかかってもおかしくない」と明言。首相補佐官、厚生労働副大臣を歴任した秋葉を持ち上げた。 ... Read more »
On free-english-test.com you will find lots of free English exam practice materials to help you improve your English skills: grammar, listening, reading, writing, ielts, toeic