オミクロン株「重症化しにくい可能性」 米首席医療顧問 暫定的な分析示す

オミクロン株「重症化しにくい可能性」 米首席医療顧問 暫定的な分析示す
© FNNプライムオンライン

新型コロナウイルスの新たな変異ウイルス「オミクロン株」について、アメリカの首席医療顧問が「重症化しにくい可能性がある」と言及した。

アメリカのファウチ首席医療顧問は、7日の会見で、南アフリカでのオミクロン株に感染した患者の状況を分析し、「入院や酸素補給が必要な状況は少なかった」として、重症化しにくい可能性があると述べた。

一方で、このデータには、比較的若い人が多いことなどにも言及していて、「よりくわしい状況が見えるまでには、もう数週間かかるだろう」と、あくまで暫定的な分析であることを強調した。

News Related
  • “新”アマチュア資格規則で考える、アマとプロの間の存在『ノンアマチュア』

    今年からアマチュア資格規則が改定されたことにより、大きな変革期を迎えようとするアマチュアゴルフ界。ところで、ゴルファーにはアマチュアとプロのほかにもう一つのカテゴリーがあるのをご存知だろうか。“ノンアマチュア”と呼ばれるもので、実はこのカテゴリーに含まれるゴルファーが意外に多い。 ________________ トラジマスターズではノンアマチュア?の石原良純さんが優勝【写真】 ライターY 「そもそもアマチュア資格って必要なんだろうか?」 記者S 「アマチュア競技へ参加したいのであれば、絶対に必要です。いってみれば、男性であること、あるいは女性であることやハンディキャップがいくつ以下であること、クオリファイ通過者であることなどと同じ参加資格になるわけですからね」 ライターY 「仮にアマチュア競技へ参加する意志がなければ必要ないのかな?」 記者S 「必要ありません。日本ゴルフ協会(JGA)によれば、新しい規則ではアマチュア資格を持たないゴルファーをノンアマチュアと定義しています。したがって、ゴルファーはプロ、アマチュア、ノンアマチュアの3つのカテゴリーに分類されるわけです。ノンアマチュアであれば、コンペで10万円以上の賞金や賞品をもらっても何の問題もありません。極端な話、100万円もらったっていいわけです」 ライターY 「実際、一般ゴルファーがコンペで10万円以上の商品を手にすることだってあるわけだからね。そういう人はアマチュア資格がないからノンアマチュアになるわけだ」 記者S 「誤解してほしくないのは、アマチュア資格がないから悪なのではなく、アマチュア資格を失う行為をしながら、アマチュア資格規則を遵守している選手だけで戦う競技に出場することが悪なんです。身分や経歴を偽って出場するわけですから大問題になります。45歳のゴルファーが50歳といってシニア競技に出場するのと同じですよ」 ライターY 「ちなみに、一度アマチュア資格を失ってノンアマチュアになると、二度とアマチュア資格を手にすることはできないのだろうか?」 記者S 「アマチュアへの復帰申請を行えばアマチュア資格を得ることは可能です。昨年までの規則では、申請の手続きをしてから原則的に復帰するまで1年を要しましたが、今年からの規則では6カ月に変更されています」 ライターY 「アマチュア競技に出場したい人は、普段からアマチュア資格規則を破らないように気をつけろということだね」 記者S 「ただ、禁止事項を破ったからといって、その瞬間にアマチュア資格を失うわけではないそうです。JGAが違反についての調査などを行ったうえで、初めて裁定が下されますが、ルールの解釈が難しかったり、本人が関与しないところで規則違反に抵触する話が進んでいたなど、情状酌量により、資格を喪失しないケースもあります。違反者を見つけて、資格を失わせることが目的ではないんですよ。そこを誤解しないようにしたいですね」 © Cross Planet, Inc. ゴルフ界にはアマチュアでもプロでもない『ノンアマチュア』が存在する(撮影:GettyImages)
    See Details: “新”アマチュア資格規則で考える、アマとプロの間の存在『ノンアマチュア』
  • 森田剛が語るこれからの自分「とにかく楽しんでモノを作りたい、参加したい」

    © フジテレビュー!! 森田剛が、自身の今後について語った。 1月23日(日)の『ボクらの時代』は、1月28日(金)公開予定の映画「前科者」に出演している森田剛、若葉竜也、そして岸善幸監督が登場。 「誰とお話したいかなって考えたときに、今回『前科者』でお世話になってる岸さんと若葉さんっていうのは、なんか僕の中であった」と、森田たっての希望で鼎談が実現した。 © フジテレビュー!! 左から)若葉竜也、森田剛、岸善幸監督 撮影現場で「相手に気を遣わせてしまう」 撮影中は「ほとんど話せなかった」という森田と若葉は、どちらも「現場でしゃべるタイプではない」という。 若葉:2時間とか、ずっと無言の時間とかありましたよ。 森田:(笑)。 岸:ああ、そうですか。 若葉:2人とも。 岸:森田さん、もっとありますよね、たぶん。しゃべらない時間ね。 森田:あ、そうですね。意外と僕も…。 岸:初日も、(映画で共演している)有村(架純)さんが「森田さんとお会いするんですけど、まだあいさつだけで話せてないんですよ」って。 © フジテレビュー!! 森田剛 森田:そう。なんか相手に気を遣わせてしまうっていう…(若葉に)わかってます? 若葉:(笑)。そうなんですよね。僕もそうで、自覚もあるんです、しかも…。 森田:自覚、俺もある。 若葉:何か、どうしたらいいかもわからないっていうか。 森田:そうなんですよね。俺、だから、恥ずかしいんですけど、若葉さんのことを知らなかったんです。 若葉:いやいやいや、全然。 森田:撮影前に、この人がどういう人かっていう情報を入れるのは好きじゃなくて。だから、知らないまんま会えるのはすごくうれしかったんですけど。撮影の初日に会った瞬間「なんだ、この人」って思っちゃって。「すごいな」と思ったのが初日だったんですよ。 森田は、「そのままずっと話せないでいたんで、今回話せるのがすごいうれしい」と語った。 若葉竜也「森田さんは、役者のイメージのほうが強かった」 一方の若葉は「10代のときから、森田さんはずっと一方的に見てましたし、とてつもなく緊張してました」と語る。 © フジテレビュー!! 若葉竜也 森田:本当ですか? 若葉:はい。だって「森田剛」ですよ? 岸:(笑)。 若葉:もう知ってるじゃないですか。僕ら、世代ですし。「どんな人なんだろう」っていうワクワクと、不安と。見ていた自分が手の届く距離で芝居を見られる、自分の芝居を見られるっていう緊張感もありましたし…。だんだん、自分の知っていた「森田剛」という人間からかけ離れていって、すごくフラットに見られるようになった瞬間はありましたけど。 森田:ちょっと下の年の世代の人にどう思われてるかっていうのは、すごく興味がありました。しかも役者さんで、俺はどんな感じに思われてるのかなっていうか。きっと、「テレビの人」のイメージがあって。「でも、そことは俺は違うのにな」っていうのも思っていて。 若葉:あ、でも僕は役者さんのイメージのほうが強かったんです。森田さんが出演した、蜷川(幸雄)さんとかの舞台も見ていましたし、どっちかというとそっち側の印象だったんですけどね。 若葉の率直な言葉に、森田は「それはなんかうれしい。うれしいですね」と顔をほころばせていた。 V6時代は「1人じゃない。自分だけの人生じゃなかった」 また、森田、若葉それぞれが芸能の世界に入ったきっかけにも言及した。 森田:中学生だったんですけど。小学生の後半くらいから、もう飽きてたんですよね、学校に。友達もちょっと飽きちゃって。 若葉:え、友達に飽きちゃった? 森田:学校も飽きちゃって(笑)。「あ、もうこんなもんか」みたいな。「いつものやつだな」みたいな感じで、つまんねえなっていうときだったんで。で、サッカーもちょっと何か飽きてるころで、刺激が欲しかったんですよね。「じゃあ(オーディションに)行ってみよう」みたいな感じでっていうのがスタートです。 岸:(ここまで)あっという間でした? 森田:うーん、そうですね。長かったっちゃぁ、長かったですけど…長かったですかね。はい。 若葉:その世界に入ってからは飽きることはなかったんですか?「あ、こんなもんか」みたいになっちゃうとき。 森田:あ、なかったですね。なかったです。 若葉:常に新鮮だったんですか? ...
    See Details: 森田剛が語るこれからの自分「とにかく楽しんでモノを作りたい、参加したい」
  • 住宅街にサル出現、50代男性が指かまれながら格闘して捕獲…サルは衰弱死

    © 読売新聞 兵庫県警察本部  21日午前6時20分頃、兵庫県南あわじ市広田広田の住宅街で、50歳代の住民男性がサルに襲われ、指をかまれるなどけがを負った。  この男性が格闘しながらサルを捕獲。兵庫県警南あわじ署員がオリに入れ、市に引き渡した。サルは衰弱していたといい、まもなく死んだ。  市農林振興課によると、近隣では昨年11月下旬からサルが出没し、住民らが引っかかれたり、飛びつかれたりする被害の通報が5件あった。いずれも同じ若いオスとみられ、大きさなどから、今回のサルと同一個体の可能性があるという。  同課の担当者は「ここ数年、市民が襲われたという話は聞いたことがない。若いオスは群れを離れて単独行動することがある。遭遇した時は、身の安全確保を最優先してほしい」と話している。
    See Details: 住宅街にサル出現、50代男性が指かまれながら格闘して捕獲…サルは衰弱死
  • 「ペアローン」を組んだ後に夫が浮気…30代妻を悩ませた「離婚以外」の問題

     「ペアローン」を組んで住宅購入する世帯が非常に増えています。ペアローンは、一人の収入ではとても審査がおりないような価格の物件でも、夫婦二人の収入を足すことで与信枠が増えて、なんとか購入に漕ぎ着けることができます。 【写真】理想の3人家族を「崩壊」させた、「3LDK」タワマンの住環境とは  しかし中には「幸せになる為に家を買う」はずが、いつの間にか「家を買うこと」が目的化してしまい、身の丈に合わない物件を買って収拾がつかなくなったり、離婚など当初のシナリオにはなかったことが起こると、単独で住宅ローンを組んだ場合に比べて問題が複雑化してしまうことがあります。  前編ではペアローンを組んだものの、育休の延長や思わぬ病気など、当初は想定していなかった事情が生じたことで住宅ローンの返済に悩み、結果的に手放したケースを紹介しましたが、ペアローンを組む際に注意が必要なケースはそれだけではありません。後編では離婚を伴ったあるケースを見ていきましょう。 ペアローンでマンションを購入  東京在住で外資系化粧品メーカーに勤めるTさん(33歳・女性)は、30歳までには結婚し、早く子供を作りたいと、婚活アプリを活用して今のご主人と4年前に結婚しました。5歳年上のご主人は人材派遣会社勤務で、背が高く、優しく爽やかな笑顔に惹かれたそうです。年収はTさんが720万円、夫は700万円とTさんの方が高かったのですが、婚活アプリでは年収が高い女性は人気が出ないという噂を聞き年収は500万円と伝えていたそうです。  夫が元々住んでいた1LDKのマンションで新婚生活を始めましたが、夫に離婚歴があり前妻と生活していた部屋だったことが発覚してしまい、大げんかの後に、心機一転都内のマンションを購入することになりました。  ご主人は、「2人の年収を合わせれば1,000万円超えるね」と口癖のように言っており、住まいはできるだけ新築を希望していたそうです。Tさんも職場までの距離が短いことが条件で23区内を希望していました。  そして半年かけて探した物件は、都心の職場まで電車で30分、駅から徒歩8分、2LDKのマンションで7,500万円でした。  住宅ローンを組む際に、金融機関に提出する書類には年収を記載しなければならない箇所があり、Tさんの年収の方が夫の年収よりも高いことがわかってしまいます。年上でプライドの高いご主人はそれを見た時かなり動揺していたそうです。  話し合いの結果、住宅ローンの負担は夫婦で半分ずつとなり、ペアローンを組むことになりました。  結婚後すぐに子どもに恵まれ、娘さんを含めた3人の生活が始まりました。ローンの返済もあった為、産休育休期間は長くとることができず、すぐに働き始めたそうです。しかし、0歳保育は長く預かってもらうわけにもいかず時短で働かなければならなかったために、貯金が全くできない生活が続いていました。  そんな折に、夫が名古屋に転勤の辞令を言い渡されてしまいます。会社の新たな拠点開発の責任者になるということで、将来を買われての大抜擢だったそうです。  Tさんは、「子どもも小さいので仕事をやめてでも東京で一緒に住んでもらいたい」と伝えたそうですが、ご主人にとっても、昇級・栄転であることや、最大三年という期間が決まっていること、そしてやり甲斐のある仕事だったため単身赴任をすることになりました。Tさんが名古屋についていくということも考えましたが、ペアローンを組んでいることからも転職して給料を減らすのは難しいと感じたそうです。
    See Details: 「ペアローン」を組んだ後に夫が浮気…30代妻を悩ませた「離婚以外」の問題
  • 「骨折を避けられたのは幸運だ」井手口陽介への悪質タックルを元マンu戦士が糾弾!「足首を真上から踏んでいる、“壊し屋だ”」

    「井手口が大丈夫だといいのだが…」  現地時間1月22日に開催されたスコティッシュカップの4回戦で、日本人選手4人が所属するセルティックが、3部のアウラ・アスレティックと敵地で対戦。2-1で勝利し、ラウンド・オブ16へ駒を進めた。 【画像】足首が曲がるほど踏まれた井手口は転倒。元マンU戦士が非難した危険なタックル  この試合では、FW前田大然とMF井手口陽介が先発。MF旗手怜央はベンチに入ったものの出番はなく、故障中のFW古橋亨梧はメンバー外となった。  初先発で1点目に絡む活躍を見せた井手口にアクシデントが発生したのは、60分過ぎだった。ボールを競り合った際にモハメド・ニアンにタックルを受け、左の足首を思い切り踏まれたのだ。  しばらくピッチ上で治療を行なったMFは交代を余儀なくされ、足を引きずりながらピッチを去った。  スコットランドを拠点とする英国紙『Daily Record』は、マンチェスター・ユナイテッドでもプレーした元スコットランド代表MFマイケル・スチュアートが、このニアンのタックルを非難したと伝えている。  記事は「専門家は、最初はそれほど悪いチャレンジに見えなかったが、リプレーを見て気が変わった」と綴り、こう続けている。 「マイケル・スチュアートは井手口が無防備にタックルを食らったため、足の骨折を避けられたのは幸運だったと感じている」  そして、スチュアートの次のようなコメントを紹介した。 「リプレーを見ると、足首を真上から踏んでいる。これは防ぐことはできなかったと思う。こんなのは“脚の壊し屋”だ。井手口が大丈夫だといいのだが…」  スコットランドで新たな挑戦を始めたばかりの井手口が、大事に至らないことを祈るばかりだ。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    See Details: 「骨折を避けられたのは幸運だ」井手口陽介への悪質タックルを元マンu戦士が糾弾!「足首を真上から踏んでいる、“壊し屋だ”」
  • アトレティコ、後半at4分間の2ゴールでバレンシアに劇的逆転勝利!シメオネ政権史上最大の危機から浮上なるか?

    アトレティコ・マドリーは22日のラ・リーガ第22節で、本拠地ワンダ・メトロポリターノにバレンシアを迎え、3-2の勝利を果たした。 ラ・リーガでは年末に4連敗を喫するなど低調で、年明けのスペイン・スーパーカップでは準決勝でアスレティック・ビルバオに敗れ、そして先のミッドウィークのコパ・デル・レイ4回戦(ベスト16)ではレアル・ソシエダを相手にしてこちらも敗退……。シメオネ監督はアトレティコ指揮官10年目に、最大の危機を迎えている。 そうしたチームの状況・状態はこのバレンシア戦でもまざまざと表れた。というよりも、悪化の一途をたどっている。今回、ルイス・スアレス&ジョアン・フェリックスを2トップに置く4-4-2のシステムを採用したアトレティコは、3/5バックのバレンシア相手に攻撃をいとも簡単にいなされ、少ない決定機を物にされていく。 アトレティコが先制点を奪われたのは、24分のことだった。バレンシアは速攻からサイドチェンジのボールを受けたムサがペナルティーエリア左に侵入。ヴルサリコ&ヒメネスを前にしながら流れるような動きから右足でボールを叩くと、これが枠内に収まった。 反撃に出たいアトレティコだが、攻撃のアイデアを欠く状況は変わらず。そして44分、再びマリオ・エルモーソ(1失点目ではゲデスのマークを外して速攻の起点に)からバレンシアのゴールを許してしまう。背番号22が突破を許したウーゴ・ドゥロが、ラ・リーガ前半戦に続いてGKオブラクを破っている。 2点のビハインドを負ったシメオネ監督はハーフタイムにロディとの交代でアンヘル・コレアを投入。3/5バックにシステムを変更すると、さらに57分にはレマル、さらにはフェリックスを下げてクーニャ&フェリペをピッチに立たせた。時折鋭いプレーを見せ、また闘争心もあふれるJ・フェリックスの交代に、スタンドからはブーイングが飛んでいる。 J・フェリックスを下げたことに憤っていた観客だったが、63分には大歓声を送ることになった。アトレティコのゴールだ。カラスコの左CK、ゴール前中央に蹴られたボールは、フリーとなっていたクーニャの足元に落ち、ブラジル人FWがそのまま枠内に押し込んでいる。 1点を返したアトレティコは、「アトレーティ! アトレーティ!」と叫ぶメトロポリターノの観客の後押しを受けて、さらなるゴールを目指す。時間を稼ぎながらプレーするバレンシアに苦戦しながらも、アディショナルタイムに努力は報われた。まず90分、ペナルティーエリア内のルーズボールからA・コレアが同点ゴールを記録する。そして93分には、クーニャのシュートのこぼれ球からエルモーソまでネットを揺らして、わずか4分間で同点&逆転を達成! 超がつくほどの熱狂の中で、試合は終了のホイッスルが吹かれている。 ラ・リーガで2試合ぶり、公式戦で4試合ぶりの勝利を収めたアトレティコは、勝ち点を36で4位に位置。バレンシアは勝ち点29で9位につけている。
    See Details: アトレティコ、後半at4分間の2ゴールでバレンシアに劇的逆転勝利!シメオネ政権史上最大の危機から浮上なるか?
  • まさに小さな高級車!! 輸入車オーナーにも人気のノートオーラ「大ヒットの理由」

     コンパクトカーといえば、ほとんどが5ナンバーサイズが基本となっている。海外市場をにらみ、安全性と快適性の両立をねらった3ナンバーサイズモデルもあるが、国内では目立ったヒットとなっていない。 【画像ギャラリー】高級感&お得感のある『ほぼ5ナンバー』の3ナンバープレミアムコンパクト 日産 ノートオーラを見る(15枚)  しかしここにきて、売り上げを伸ばしている3ナンバーのコンパクトカーがある。日産ノートオーラだ。その魅力はどこにあるのだろうか? 文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ■ノート全体の売れ行きのほぼ半数を占めるノートオーラ  安全性や環境性能の向上により、新車の価格は15年ほど前に比べると1.2~1.3倍に高まった。かつて200万円で売られていた車種は、今は240~260万円だ。安全装備、運転支援機能、環境性能は価格差以上に向上しており、クルマはむしろ割安になったといえるが、値上げされると購入は難しくなる。  特に今の平均所得は、1990年代の中盤から後半に比べると下がっている。そのためにクルマが値上げされると、小さな車種に乗り替える必要も生じる。  そこでコンパクトカーが人気を高めた。特に2020年から2021年には、ヤリス、フィット、ソリオ、ノート、ノートオーラ、アクアなどのコンパクトカーが次々と発売されて売れ行きも好調だ。今では国内で新車として売られるクルマの約40%をコンパクトカーが占める。  この中でも特に注目されるのが、2021年8月に発表されたノートオーラだ。ノートの上級シリーズで、日本自動車販売協会連合会が公表するデータによると、登録台数はノートに含まれる。  日産でもノートオーラのみの台数は公表してはいないが、2021年11月におけるノート全体(ノートオーラを含む)の登録台数は9412台であった。販売店では「ノートオーラの売れ行きは好調で、ノート全体の50~60%を占める」としているから、2021年11月のノートオーラの売れ行きは5000台前後だろう。 ■3ナンバーサイズでも売れ行き好調のヒミツ  それにしても、なぜノートオーラが好調に購入されるのか。ノートオーラは全幅が1735mmの3ナンバー車で、価格も一番安いGが261万300円だ。今はノート、ノートオーラともにハイブリッド専用車になって価格を高めたが、コンパクトカーが260万円以上では、高価格の印象が強い。  過去を振り返ると、イストのような3ナンバーサイズのコンパクトカーは、販売を低迷させた。インプレッサスポーツやマツダ3のような3ナンバーサイズのハッチバックも、海外では主力商品になるが、国内の売れ行きは伸び悩む。  そこでノートオーラの販売状況を販売店に尋ねると「ノートオーラを最初から指名するお客様に加えて、ノートを目当てに来店しながら、検討を行ってノートオーラに上級移行する場合もある」という話が聞かれた。  この事情はノートとノートオーラを比べると分かりやすい。ノートで売れ筋になるXの価格は218万6800円だが、プロパイロット(車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなどの運転支援機能)と、LEDヘッドランプはオプション設定になる。  運転支援機能は、ヤリス、アクア、フィットといったライバル車では大半のグレードに標準装着されるが、ノートのプロパイロットは、ほかの複数の装備と併せて別途装着せねばならない。しかもこのセットオプション価格は44万2200円と高い。  LEDヘッドランプも、フィットなどライバル車の売れ筋グレードには標準装着されるが、ノートでは9万9000円のオプションだ。  これらをノートXの車両価格に加えると、合計272万8000円に達する。今は運転支援機能とLEDヘッドランプは装着されて当然の装備になりつつあるから、見積書を取って218万6800円のXが272万8000円に高まると、驚くユーザーも多いだろう。  この時に示される選択肢は2つある。ひとつは運転支援機能などを諦めて装備をシンプルに抑えることだ。価格が最も安い202万9500円のSを選び、9万9000円のLEDヘッドランプ、約25万円のディーラーオプションナビ(オリジナルナビ取付パッケージを含む)を装着する買い方なら、総額は約240万円に収まる。
    See Details: まさに小さな高級車!! 輸入車オーナーにも人気のノートオーラ「大ヒットの理由」
  • 『笑点』林家三平から桂宮治へ“メンバー電撃交代”の舞台裏で何があったのか?

     日曜夕方の国民的番組といえば、『サザエさん』と『笑点』だろう。その『笑点』で、昨年末に最年少メンバーの林家三平(51)が突然「卒業」して視聴者を驚かせたが、1月23日の放送では、それに代わる新メンバー、桂宮治(45)がお披露目される。メンバーはいったん決まるとほとんど入れ替わりがないことも同番組の特徴だけに、三平がわずか5年で交代したことについては、芸能マスコミの間でも様々な憶測が流れ、なかには「名人とうたわれた先代・三平の七光りだけで実力がなかった」といった厳しい声も出ていた。 【写真2点】5年前にはベテランメンバーに囲まれて満面の笑みだった三平だったが……。見た目もひょうきんで底抜けに明るい宮治なら大丈夫なのか?  しかし、プロの眼から見ると“電撃降板”はそこまでの驚きではなかったようだ。落語に造詣が深いコラムニストの堀井憲一郎氏はこう読み解く。 「笑点は、個々の落語家が特別おもしろい必要がある番組ではありません。むしろベテランのメンバーが一生懸命に冗談を言い合って、いつ見てもおなじみの掛け合いを繰り返しているところが長寿の秘訣です。そのかわり出演者には口数や瞬発力が求められますが、そういうタレント性に長けた落語家というのは実はそう多くはないのです。  三平さんの降板も、落語家としておもしろい、おもしろくないという点は全く関係なく、おそらくメンタル面で大変だったのだと思います。笑点でのキャラクターは、ご本人の日常や高座の姿とは必ずしも一致しない。番組でのキャラクターを確立して演じ続けなければならないから、そうした部分がしんどくなっていたんじゃないですか。三平さんをバッシングした人たちは、彼が叩きやすいから叩いていただけですよ」  落語評論家の広瀬和生氏も三平に同情的だ。 「あの番組の視聴者は決して若くないですから、なじみのない新メンバーが適応していくのは大変です。三平さんは最後まで適応できませんでしたね。先輩メンバーからあまりイジられなかったし、それならいっそ“つまらない男”というキャラにしちゃえばよかったのかもしれませんが、それもできませんでした」  良くも悪くも「変わらない」ことが特徴の笑点で、三平に代わって加入した宮治は大丈夫なのだろうか。もし二人続けて若手メンバーが早期にリタイアするようなことがあれば、番組の明るいイメージにも傷がつきかねない。そこについては堀井氏は楽観的だ。 「宮治さんなら大丈夫だと思います。人に好かれるタイプですし、場持ちがいい人です。精神的にも図太いところがあって、もし孤立するようなことがあっても心配ないでしょう。  もちろん宮治さんにとっても、どういうキャラクターで、どういうポジションを取るかが成功のカギになります。高齢の視聴者にとってもわかりやすいことが大事で、女好きとか、ギャンブル好きとか、自分勝手とか、なんでもいいから彼の明るさや賑やかさにマッチするキャラクターがついてくると安泰です。最初からコレと決めるより、出演して場数をこなしていくうちに、そういうキャラクターが定まっていくのが理想ですね」
    See Details: 『笑点』林家三平から桂宮治へ“メンバー電撃交代”の舞台裏で何があったのか?
  • 中日戦力外の三ツ間卓也が現役引退 npbで再起ならずも「スッキリしています」

     日曜夕方の国民的番組といえば、『サザエさん』と『笑点』だろう。その『笑点』で、昨年末に最年少メンバーの林家三平(51)が突然「卒業」して視聴者を驚かせたが、1月23日の放送では、それに代わる新メンバー、桂宮治(45)がお披露目される。メンバーはいったん決まるとほとんど入れ替わりがないことも同番組の特徴だけに、三平がわずか5年で交代したことについては、芸能マスコミの間でも様々な憶測が流れ、なかには「名人とうたわれた先代・三平の七光りだけで実力がなかった」といった厳しい声も出ていた。 【写真2点】5年前にはベテランメンバーに囲まれて満面の笑みだった三平だったが……。見た目もひょうきんで底抜けに明るい宮治なら大丈夫なのか?  しかし、プロの眼から見ると“電撃降板”はそこまでの驚きではなかったようだ。落語に造詣が深いコラムニストの堀井憲一郎氏はこう読み解く。 「笑点は、個々の落語家が特別おもしろい必要がある番組ではありません。むしろベテランのメンバーが一生懸命に冗談を言い合って、いつ見てもおなじみの掛け合いを繰り返しているところが長寿の秘訣です。そのかわり出演者には口数や瞬発力が求められますが、そういうタレント性に長けた落語家というのは実はそう多くはないのです。  三平さんの降板も、落語家としておもしろい、おもしろくないという点は全く関係なく、おそらくメンタル面で大変だったのだと思います。笑点でのキャラクターは、ご本人の日常や高座の姿とは必ずしも一致しない。番組でのキャラクターを確立して演じ続けなければならないから、そうした部分がしんどくなっていたんじゃないですか。三平さんをバッシングした人たちは、彼が叩きやすいから叩いていただけですよ」  落語評論家の広瀬和生氏も三平に同情的だ。 「あの番組の視聴者は決して若くないですから、なじみのない新メンバーが適応していくのは大変です。三平さんは最後まで適応できませんでしたね。先輩メンバーからあまりイジられなかったし、それならいっそ“つまらない男”というキャラにしちゃえばよかったのかもしれませんが、それもできませんでした」  良くも悪くも「変わらない」ことが特徴の笑点で、三平に代わって加入した宮治は大丈夫なのだろうか。もし二人続けて若手メンバーが早期にリタイアするようなことがあれば、番組の明るいイメージにも傷がつきかねない。そこについては堀井氏は楽観的だ。 「宮治さんなら大丈夫だと思います。人に好かれるタイプですし、場持ちがいい人です。精神的にも図太いところがあって、もし孤立するようなことがあっても心配ないでしょう。  もちろん宮治さんにとっても、どういうキャラクターで、どういうポジションを取るかが成功のカギになります。高齢の視聴者にとってもわかりやすいことが大事で、女好きとか、ギャンブル好きとか、自分勝手とか、なんでもいいから彼の明るさや賑やかさにマッチするキャラクターがついてくると安泰です。最初からコレと決めるより、出演して場数をこなしていくうちに、そういうキャラクターが定まっていくのが理想ですね」
    See Details: 中日戦力外の三ツ間卓也が現役引退 npbで再起ならずも「スッキリしています」
  • 広島市議、何を発言?傾向は? 全54人、本社サイトで分析【みんなの政治】

     日曜夕方の国民的番組といえば、『サザエさん』と『笑点』だろう。その『笑点』で、昨年末に最年少メンバーの林家三平(51)が突然「卒業」して視聴者を驚かせたが、1月23日の放送では、それに代わる新メンバー、桂宮治(45)がお披露目される。メンバーはいったん決まるとほとんど入れ替わりがないことも同番組の特徴だけに、三平がわずか5年で交代したことについては、芸能マスコミの間でも様々な憶測が流れ、なかには「名人とうたわれた先代・三平の七光りだけで実力がなかった」といった厳しい声も出ていた。 【写真2点】5年前にはベテランメンバーに囲まれて満面の笑みだった三平だったが……。見た目もひょうきんで底抜けに明るい宮治なら大丈夫なのか?  しかし、プロの眼から見ると“電撃降板”はそこまでの驚きではなかったようだ。落語に造詣が深いコラムニストの堀井憲一郎氏はこう読み解く。 「笑点は、個々の落語家が特別おもしろい必要がある番組ではありません。むしろベテランのメンバーが一生懸命に冗談を言い合って、いつ見てもおなじみの掛け合いを繰り返しているところが長寿の秘訣です。そのかわり出演者には口数や瞬発力が求められますが、そういうタレント性に長けた落語家というのは実はそう多くはないのです。  三平さんの降板も、落語家としておもしろい、おもしろくないという点は全く関係なく、おそらくメンタル面で大変だったのだと思います。笑点でのキャラクターは、ご本人の日常や高座の姿とは必ずしも一致しない。番組でのキャラクターを確立して演じ続けなければならないから、そうした部分がしんどくなっていたんじゃないですか。三平さんをバッシングした人たちは、彼が叩きやすいから叩いていただけですよ」  落語評論家の広瀬和生氏も三平に同情的だ。 「あの番組の視聴者は決して若くないですから、なじみのない新メンバーが適応していくのは大変です。三平さんは最後まで適応できませんでしたね。先輩メンバーからあまりイジられなかったし、それならいっそ“つまらない男”というキャラにしちゃえばよかったのかもしれませんが、それもできませんでした」  良くも悪くも「変わらない」ことが特徴の笑点で、三平に代わって加入した宮治は大丈夫なのだろうか。もし二人続けて若手メンバーが早期にリタイアするようなことがあれば、番組の明るいイメージにも傷がつきかねない。そこについては堀井氏は楽観的だ。 「宮治さんなら大丈夫だと思います。人に好かれるタイプですし、場持ちがいい人です。精神的にも図太いところがあって、もし孤立するようなことがあっても心配ないでしょう。  もちろん宮治さんにとっても、どういうキャラクターで、どういうポジションを取るかが成功のカギになります。高齢の視聴者にとってもわかりやすいことが大事で、女好きとか、ギャンブル好きとか、自分勝手とか、なんでもいいから彼の明るさや賑やかさにマッチするキャラクターがついてくると安泰です。最初からコレと決めるより、出演して場数をこなしていくうちに、そういうキャラクターが定まっていくのが理想ですね」
    See Details: 広島市議、何を発言?傾向は? 全54人、本社サイトで分析【みんなの政治】
  • 80代男性に「バイアグラ」模造薬60錠販売、44歳男を逮捕…「6~7年前から販売」

     日曜夕方の国民的番組といえば、『サザエさん』と『笑点』だろう。その『笑点』で、昨年末に最年少メンバーの林家三平(51)が突然「卒業」して視聴者を驚かせたが、1月23日の放送では、それに代わる新メンバー、桂宮治(45)がお披露目される。メンバーはいったん決まるとほとんど入れ替わりがないことも同番組の特徴だけに、三平がわずか5年で交代したことについては、芸能マスコミの間でも様々な憶測が流れ、なかには「名人とうたわれた先代・三平の七光りだけで実力がなかった」といった厳しい声も出ていた。 【写真2点】5年前にはベテランメンバーに囲まれて満面の笑みだった三平だったが……。見た目もひょうきんで底抜けに明るい宮治なら大丈夫なのか?  しかし、プロの眼から見ると“電撃降板”はそこまでの驚きではなかったようだ。落語に造詣が深いコラムニストの堀井憲一郎氏はこう読み解く。 「笑点は、個々の落語家が特別おもしろい必要がある番組ではありません。むしろベテランのメンバーが一生懸命に冗談を言い合って、いつ見てもおなじみの掛け合いを繰り返しているところが長寿の秘訣です。そのかわり出演者には口数や瞬発力が求められますが、そういうタレント性に長けた落語家というのは実はそう多くはないのです。  三平さんの降板も、落語家としておもしろい、おもしろくないという点は全く関係なく、おそらくメンタル面で大変だったのだと思います。笑点でのキャラクターは、ご本人の日常や高座の姿とは必ずしも一致しない。番組でのキャラクターを確立して演じ続けなければならないから、そうした部分がしんどくなっていたんじゃないですか。三平さんをバッシングした人たちは、彼が叩きやすいから叩いていただけですよ」  落語評論家の広瀬和生氏も三平に同情的だ。 「あの番組の視聴者は決して若くないですから、なじみのない新メンバーが適応していくのは大変です。三平さんは最後まで適応できませんでしたね。先輩メンバーからあまりイジられなかったし、それならいっそ“つまらない男”というキャラにしちゃえばよかったのかもしれませんが、それもできませんでした」  良くも悪くも「変わらない」ことが特徴の笑点で、三平に代わって加入した宮治は大丈夫なのだろうか。もし二人続けて若手メンバーが早期にリタイアするようなことがあれば、番組の明るいイメージにも傷がつきかねない。そこについては堀井氏は楽観的だ。 「宮治さんなら大丈夫だと思います。人に好かれるタイプですし、場持ちがいい人です。精神的にも図太いところがあって、もし孤立するようなことがあっても心配ないでしょう。  もちろん宮治さんにとっても、どういうキャラクターで、どういうポジションを取るかが成功のカギになります。高齢の視聴者にとってもわかりやすいことが大事で、女好きとか、ギャンブル好きとか、自分勝手とか、なんでもいいから彼の明るさや賑やかさにマッチするキャラクターがついてくると安泰です。最初からコレと決めるより、出演して場数をこなしていくうちに、そういうキャラクターが定まっていくのが理想ですね」
    See Details: 80代男性に「バイアグラ」模造薬60錠販売、44歳男を逮捕…「6~7年前から販売」
  • トンガ 国民8割超に被害 首都北方の島で14人けが

     日曜夕方の国民的番組といえば、『サザエさん』と『笑点』だろう。その『笑点』で、昨年末に最年少メンバーの林家三平(51)が突然「卒業」して視聴者を驚かせたが、1月23日の放送では、それに代わる新メンバー、桂宮治(45)がお披露目される。メンバーはいったん決まるとほとんど入れ替わりがないことも同番組の特徴だけに、三平がわずか5年で交代したことについては、芸能マスコミの間でも様々な憶測が流れ、なかには「名人とうたわれた先代・三平の七光りだけで実力がなかった」といった厳しい声も出ていた。 【写真2点】5年前にはベテランメンバーに囲まれて満面の笑みだった三平だったが……。見た目もひょうきんで底抜けに明るい宮治なら大丈夫なのか?  しかし、プロの眼から見ると“電撃降板”はそこまでの驚きではなかったようだ。落語に造詣が深いコラムニストの堀井憲一郎氏はこう読み解く。 「笑点は、個々の落語家が特別おもしろい必要がある番組ではありません。むしろベテランのメンバーが一生懸命に冗談を言い合って、いつ見てもおなじみの掛け合いを繰り返しているところが長寿の秘訣です。そのかわり出演者には口数や瞬発力が求められますが、そういうタレント性に長けた落語家というのは実はそう多くはないのです。  三平さんの降板も、落語家としておもしろい、おもしろくないという点は全く関係なく、おそらくメンタル面で大変だったのだと思います。笑点でのキャラクターは、ご本人の日常や高座の姿とは必ずしも一致しない。番組でのキャラクターを確立して演じ続けなければならないから、そうした部分がしんどくなっていたんじゃないですか。三平さんをバッシングした人たちは、彼が叩きやすいから叩いていただけですよ」  落語評論家の広瀬和生氏も三平に同情的だ。 「あの番組の視聴者は決して若くないですから、なじみのない新メンバーが適応していくのは大変です。三平さんは最後まで適応できませんでしたね。先輩メンバーからあまりイジられなかったし、それならいっそ“つまらない男”というキャラにしちゃえばよかったのかもしれませんが、それもできませんでした」  良くも悪くも「変わらない」ことが特徴の笑点で、三平に代わって加入した宮治は大丈夫なのだろうか。もし二人続けて若手メンバーが早期にリタイアするようなことがあれば、番組の明るいイメージにも傷がつきかねない。そこについては堀井氏は楽観的だ。 「宮治さんなら大丈夫だと思います。人に好かれるタイプですし、場持ちがいい人です。精神的にも図太いところがあって、もし孤立するようなことがあっても心配ないでしょう。  もちろん宮治さんにとっても、どういうキャラクターで、どういうポジションを取るかが成功のカギになります。高齢の視聴者にとってもわかりやすいことが大事で、女好きとか、ギャンブル好きとか、自分勝手とか、なんでもいいから彼の明るさや賑やかさにマッチするキャラクターがついてくると安泰です。最初からコレと決めるより、出演して場数をこなしていくうちに、そういうキャラクターが定まっていくのが理想ですね」
    See Details: トンガ 国民8割超に被害 首都北方の島で14人けが
  • トンガ沖噴火から1週間 飲料水の不足が深刻化 現地は今? 日本人医師が語る

     日曜夕方の国民的番組といえば、『サザエさん』と『笑点』だろう。その『笑点』で、昨年末に最年少メンバーの林家三平(51)が突然「卒業」して視聴者を驚かせたが、1月23日の放送では、それに代わる新メンバー、桂宮治(45)がお披露目される。メンバーはいったん決まるとほとんど入れ替わりがないことも同番組の特徴だけに、三平がわずか5年で交代したことについては、芸能マスコミの間でも様々な憶測が流れ、なかには「名人とうたわれた先代・三平の七光りだけで実力がなかった」といった厳しい声も出ていた。 【写真2点】5年前にはベテランメンバーに囲まれて満面の笑みだった三平だったが……。見た目もひょうきんで底抜けに明るい宮治なら大丈夫なのか?  しかし、プロの眼から見ると“電撃降板”はそこまでの驚きではなかったようだ。落語に造詣が深いコラムニストの堀井憲一郎氏はこう読み解く。 「笑点は、個々の落語家が特別おもしろい必要がある番組ではありません。むしろベテランのメンバーが一生懸命に冗談を言い合って、いつ見てもおなじみの掛け合いを繰り返しているところが長寿の秘訣です。そのかわり出演者には口数や瞬発力が求められますが、そういうタレント性に長けた落語家というのは実はそう多くはないのです。  三平さんの降板も、落語家としておもしろい、おもしろくないという点は全く関係なく、おそらくメンタル面で大変だったのだと思います。笑点でのキャラクターは、ご本人の日常や高座の姿とは必ずしも一致しない。番組でのキャラクターを確立して演じ続けなければならないから、そうした部分がしんどくなっていたんじゃないですか。三平さんをバッシングした人たちは、彼が叩きやすいから叩いていただけですよ」  落語評論家の広瀬和生氏も三平に同情的だ。 「あの番組の視聴者は決して若くないですから、なじみのない新メンバーが適応していくのは大変です。三平さんは最後まで適応できませんでしたね。先輩メンバーからあまりイジられなかったし、それならいっそ“つまらない男”というキャラにしちゃえばよかったのかもしれませんが、それもできませんでした」  良くも悪くも「変わらない」ことが特徴の笑点で、三平に代わって加入した宮治は大丈夫なのだろうか。もし二人続けて若手メンバーが早期にリタイアするようなことがあれば、番組の明るいイメージにも傷がつきかねない。そこについては堀井氏は楽観的だ。 「宮治さんなら大丈夫だと思います。人に好かれるタイプですし、場持ちがいい人です。精神的にも図太いところがあって、もし孤立するようなことがあっても心配ないでしょう。  もちろん宮治さんにとっても、どういうキャラクターで、どういうポジションを取るかが成功のカギになります。高齢の視聴者にとってもわかりやすいことが大事で、女好きとか、ギャンブル好きとか、自分勝手とか、なんでもいいから彼の明るさや賑やかさにマッチするキャラクターがついてくると安泰です。最初からコレと決めるより、出演して場数をこなしていくうちに、そういうキャラクターが定まっていくのが理想ですね」
    See Details: トンガ沖噴火から1週間 飲料水の不足が深刻化 現地は今? 日本人医師が語る
  • 笹生、後半失速7位 一時単独首位もパットが狂い70 首位と4差「まだ2日間ある」

     日曜夕方の国民的番組といえば、『サザエさん』と『笑点』だろう。その『笑点』で、昨年末に最年少メンバーの林家三平(51)が突然「卒業」して視聴者を驚かせたが、1月23日の放送では、それに代わる新メンバー、桂宮治(45)がお披露目される。メンバーはいったん決まるとほとんど入れ替わりがないことも同番組の特徴だけに、三平がわずか5年で交代したことについては、芸能マスコミの間でも様々な憶測が流れ、なかには「名人とうたわれた先代・三平の七光りだけで実力がなかった」といった厳しい声も出ていた。 【写真2点】5年前にはベテランメンバーに囲まれて満面の笑みだった三平だったが……。見た目もひょうきんで底抜けに明るい宮治なら大丈夫なのか?  しかし、プロの眼から見ると“電撃降板”はそこまでの驚きではなかったようだ。落語に造詣が深いコラムニストの堀井憲一郎氏はこう読み解く。 「笑点は、個々の落語家が特別おもしろい必要がある番組ではありません。むしろベテランのメンバーが一生懸命に冗談を言い合って、いつ見てもおなじみの掛け合いを繰り返しているところが長寿の秘訣です。そのかわり出演者には口数や瞬発力が求められますが、そういうタレント性に長けた落語家というのは実はそう多くはないのです。  三平さんの降板も、落語家としておもしろい、おもしろくないという点は全く関係なく、おそらくメンタル面で大変だったのだと思います。笑点でのキャラクターは、ご本人の日常や高座の姿とは必ずしも一致しない。番組でのキャラクターを確立して演じ続けなければならないから、そうした部分がしんどくなっていたんじゃないですか。三平さんをバッシングした人たちは、彼が叩きやすいから叩いていただけですよ」  落語評論家の広瀬和生氏も三平に同情的だ。 「あの番組の視聴者は決して若くないですから、なじみのない新メンバーが適応していくのは大変です。三平さんは最後まで適応できませんでしたね。先輩メンバーからあまりイジられなかったし、それならいっそ“つまらない男”というキャラにしちゃえばよかったのかもしれませんが、それもできませんでした」  良くも悪くも「変わらない」ことが特徴の笑点で、三平に代わって加入した宮治は大丈夫なのだろうか。もし二人続けて若手メンバーが早期にリタイアするようなことがあれば、番組の明るいイメージにも傷がつきかねない。そこについては堀井氏は楽観的だ。 「宮治さんなら大丈夫だと思います。人に好かれるタイプですし、場持ちがいい人です。精神的にも図太いところがあって、もし孤立するようなことがあっても心配ないでしょう。  もちろん宮治さんにとっても、どういうキャラクターで、どういうポジションを取るかが成功のカギになります。高齢の視聴者にとってもわかりやすいことが大事で、女好きとか、ギャンブル好きとか、自分勝手とか、なんでもいいから彼の明るさや賑やかさにマッチするキャラクターがついてくると安泰です。最初からコレと決めるより、出演して場数をこなしていくうちに、そういうキャラクターが定まっていくのが理想ですね」
    See Details: 笹生、後半失速7位 一時単独首位もパットが狂い70 首位と4差「まだ2日間ある」

OTHER NEWS

眞島秀和、新感覚グルメドラマ『#居酒屋新幹線』主演 tbs系火曜深夜放送、今作だけ許可された特別な撮影場所

© サンケイスポーツ 映像作品初使用の〝秘密兵器〟で撮影に臨む眞島。食事シーンは見ているこちらも思わず食欲がそそられる©「#居酒屋新幹線」製作委員会・MBS 俳優、眞島秀和(45)のTBS系主演ドラマ「#居酒屋新幹線」(火曜深夜0・58)が、新感覚グルメドラマとして注目を集めている。サラリーマンが出張先でご当地グルメや地酒を調達し、帰りの新幹線で堪能する物語で、新幹線内での食事シーンは実際の車両を模した空間を使用する初の試みがなされた。作品に欠かせない居酒屋メニューのグルメ探しなど、撮影の舞台裏に迫る「居酒屋新幹線秘話、開店」だ。(取材構成・八木拓郎) © サンケイスポーツ ドラマ「#居酒屋新幹線」に主演として登場する眞島秀和 ©「#居酒屋新幹線」製作委員会・MBS 眞島扮する主人公・高宮進は、損保会社で働くイケオジ。地方出張で多忙だが、仕事のシーンは一切ない。帰りの新幹線で食すご当地グルメや地酒をテークアウトするため、街の商店街やデパートを駆け巡る進の奮闘を描き、〝メイン〟は車内の座席を居酒屋に見立てた宴の場面。マイ箸、こだわりの食器、ランチョンマットなどを自前で用意し、戦利品を味わう姿は、まさに深夜の視聴者を刺激する飯テロだ。 © サンケイスポーツ 映像作品初使用の〝秘密兵器〟で撮影に臨む眞島。食事シーンは見ているこちらも思わず食欲がそそられる ©「#居酒屋新幹線」製作委員会・MBS 劇中に登場する車両は本物に見えるが、撮影は今作にのみ使用が認められた〝特別な場所〟で行われていた。ジェイアール東日本企画の協力のもと、椅子、テーブルなど実際の備品で新幹線E5系の内部を完全に模した〝動かぬ車両〟をロケ場所に設定。「居酒屋新幹線」の木之内安代プロデューサーが「撮影に使われるのは異例です」と説明するように、一般公開されておらず、映画やドラマの撮影に使用されるのは初となる。 本来なら実際の車両を貸し切って行われることもあるが、グルメドラマにとって走行時の揺れは大敵。何よりコロナ下の撮影とあって、感染予防対策もしっかりできる同所に白羽の矢が立った。現場入りした眞島も想像以上の完コピに思わず、「おぉ…」と感嘆していたという。 毎回、主人公が出張する街は、仙台、郡山など東北新幹線沿線。眞島の出身地が山形県であるということも舞台設定の後押しになったが、木之内Pは「見てくれた方が東北に足を運んで、東日本大震災の復興に役立てれば」と思いを明かした。 登場するグルメは新青森の「生姜味噌おでん」や仙台の「笹巻きえんがわずし」など知る人ぞ知る郷土料理で、「テークアウトもコロナ禍の時代とマッチしているし、『お持ち帰りグルメもこんなにおいしいものがある』と伝えるのが意義」と力を込める。 仕事を終え、帰京する進が「居酒屋新幹線、開店」とオープンを告げ、至福の表情を浮かべるように「仕事終わりの新幹線というのもポイント。自分だけのあの開放された時間はすごく贅沢なんです」と〝おひとりさま〟の真骨頂をアピール。サラリーマンである記者も、出張帰りの新幹線の移動だけは上司の小言を忘れ、ビール片手に〝自分の時間〟を満喫している。 そして、ドラマの〝立役者〟であるご当地グルメや地酒は、事前の下調べを含めてスタッフが1年以上を費やして探し当てた。眞島においしく食べてもらうため、見た目や味を損なわないように、撮影直前にスタッフが現地に新幹線で買い出しに行ったり、現地の人が現場まで届けに来てくれたりすることもある。 眞島も「本当の主役は食材やお酒。おいしいものに素直に踊らされようと思っています」とリアルな反応を心がけており、撮影には空腹で臨んでいるようだ。そんな本気の食べっぷりに木之内Pも「素晴らしいです。おいしくてもだえる演技もかわいい」とメロメロだ。進の独白中心の食事場面は、〝心の声〟となるせりふをスタッフが代読し、それに合わせて眞島が恍惚の笑顔などリアクションを取っている。 松重豊(59)主演のテレビ東京系人気シリーズ「孤独のグルメ」と比較されることも多い。木之内Pは「引き合いに出していただけるのは光栄」と感謝した。「孤独―」は第9弾まで制作され、特番も作られている。新幹線がテーマの今作も東海道、山陽など未開拓の路線は複数あり、「いろんな場所のおいしいものを紹介できれば」と続編に前向き。眞島の出張はまだまだ続く⁉ ★31日ニコ生イベに眞島が生出演 2月8日の最終回を前に、今月31日午後9時からニコニコ生放送で「ニコ生出張編」と題したオンラインイベントを実施する。眞島が生出演する1時間程度のイベントで、撮影の振り返りトークやユーザー参加型の「ご当地クイズ」などを行う。〝乗車券〟は税込み2500円で、特典付きチケットも販売予定。冒頭は無料で視聴できる。また、通販サイト「楽天市場」ではドラマ公式おつまみセットも販売されており、劇中に登場したご当地グルメを自宅で楽しむことができる。 Read more »

19歳“シゲキックス”半井重幸 トップ通過 五輪新種目ブレイクダンス全日本選手権

© デイリースポーツ キレのあるダンスで魅了したシゲキックスこと半井重幸  「ブレイクダンス・全日本選手権」(22日、渋谷ストリームホール)  24年パリ五輪新種目に決まったブレイクダンス(ブレイキン)の全日本選手権で、各種目1次リーグが行われた。23日の決勝トーナメントに進む上位4人が決定し、オープン(18歳以上)男子は前回王者の19歳、シゲキックスこと半井重幸がトップ通過。同女子は、Ayumiこと福島あゆみが1位だった。  ダンサー同士が1対1で向かい合い、音楽に合わせてアクロバティックなダンスをぶつけ合う。ヘッドスピンなど切れのある踊りでトップに立ったシゲキックスは「気持ちよく踊れた」と会心の汗を拭った。  今大会は強化選手の選考会を兼ねており、上位2人程度が世界選手権などに派遣される見込み。パリへの第一歩とあって多くのメディアが集まったが、金メダル候補のホープは「五輪に出ていい結果を出したいと目標を持っているので、このくらいで緊張している場合じゃないと(注目を)いい意味で捉えた。(五輪から)逆算で、いいステップを踏めている」と“仮想夢舞台”と位置づけボルテージを高めた。 Read more »

日米首脳会談に中国「強烈な不満を表明」

 岸田総理大臣とアメリカのバイデン大統領が日米首脳会談で中国の海洋進出や経済的な威圧に反対したことについて、中国は「強烈な不満を表明する」と反発しました。  在日中国大使館の報道官は22日、「中国に関するテーマを悪意を持って扱った」としたうえで「中国を不当に攻撃し、乱暴に内政干渉した」「強烈な不満と断固とした反対を表明する」とのコメントを発表しました。  尖閣諸島については「中国固有の領土だ」と改めて主張し、日米両政府に厳重な申し入れを行ったと強調しています。  日米首脳による21日のオンライン会談では中国問題について多くの時間が割かれ、岸田総理は「東シナ海、南シナ海での一方的な現状変更の試みや経済的威圧に反対する」ことで一致したと述べています。 Read more »

村の処分場に重機で穴掘り親族の車埋める、副議長の村議が辞職…掃除機なども投棄

 岡山県新庄村議会で副議長を務める稲田泰男村議(64)が、村の残土処分場に2台の軽乗用車などを不法投棄した問題で、同議会の磯田博基議長は20日、村役場で開かれた議員全員協議会で、稲田村議から提出された議員辞職願を同日付で許可した。  処分場は稲田村議の自宅に近く、昨年7月、重機で穴を掘って親族の車を埋め、掃除機なども投棄したという。村は稲田村議が改善措置命令を受けてすぐに撤去したため、刑事告訴はしない方針。  稲田村議は取材に「車などを置いていた場所を片付けるためで、その時はスクラップに出すという考えはなかった。村の信用を失墜させて申し訳ない」と話した。 Read more »

県警名乗る男から「ハッキングされた」、50代医師が1・4億円だまし取られる

© 読売新聞 広島県警察本部  広島県警は18日、広島県福山市の50歳代の男性医師が、トラブル解決金名目などで約1億3800万円の特殊詐欺被害に遭ったと発表した。1人当たりの被害額では、県内で過去最多という。県警は詐欺容疑で捜査している。  発表では、男性は昨年10月、「NTTファイナンス。未納料金が発生」と記された携帯電話のショートメールを受信。表示された連絡先に電話すると、同社関係者をかたる男らから未納料金の支払いを請求された。  男性はその後、携帯電話がコンピューターウイルス「ランサムウェア」の発信元になっていると告げられ、他県警を名乗る男らに「示談金を払って」「ハッキングされた。資産を安全な口座に移して」などと迫られた。男性は今月7日までに計百数十回、指定口座に入金した。  男性は同17日、男と連絡が取れなくなり、県警に相談し、被害が判明した。  県警によると、NTTファイナンスをかたる架空請求詐欺は相次いでおり、県警は「身に覚えのないお金を請求されたり、資産状況を聞かれたりしたら、警察に相談してほしい」と呼びかけている。 Read more »

東山紀之、水島新司さんの「ドカベン」は「僕らの青春」

© スポーツ報知/報知新聞社 テレビ朝日  俳優の東山紀之が23日、MCを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!」(日曜・前5時50分)にスタジオ生出演した。  番組では、「ドカベン」「野球狂の詩」「あぶさん」などで知られる漫画家・水島新司さん(享年82)が今月10日に肺炎のため死去したことを報じた。  東山は水島さんの作品を「僕らの青春です、ドカベンは」と絶賛した。さらに「パ・リーグにこういう選手がいらっしゃるっていうのはドカベンから知りました」と明かしていた。 Read more »

男性死亡、古紙を圧縮した塊の下敷き 重さ440キロ…荷下ろし作業中、トラックから落下/埼玉・川越

 22日午前9時50分ごろ、埼玉県川越市中福、木村建材リサイクルセンターで、大型トラックから廃材の荷下ろし作業をしていた会社員男性(63)が、落ちてきた廃材の下敷きになった。同僚の会社員男性が事故に気付いて119番。男性は搬送先の病院で約1時間半後に死亡が確認された。 作業員の男性死亡、コンクリート片の下敷きに 工場跡で解体中、重機使った作業を周囲で補助/埼玉・深谷  川越署によると、落下したのは古紙を圧縮した塊で、大きさは縦1・7メートル、横0・9メートル、高さ約1メートル、重さは約440キロ。男性がトラックの荷台後部の扉を開けたところ、古紙の塊1個が落下し、下敷きになったとみられるという。  同署で男性の死因と事故原因を調べている。 Read more »

Amazon、Apple製品の返品・交換を制限強化 「お客様都合」認めず

 Amazon.co.jpが、ヘルプ&カスタマーサービス「返品・交換の条件」に、2022年1月7日より「Apple製品(beats by dr. dreを含む)は、お客様都合による返品・交換を承りません」とした条件を追加している。 Amazon.co.jp:返品・交換の条件  Apple製品に関して、不良品または破損品以外の返品・交換はできなくなっている。 [MACお宝鑑定団] ITmedia NEWS Read more »

「遅延証明書があったのか」ディズニーリゾートライン、アトラクションにあらず

通勤定期も販売されている  2022年1月19日(水)午前、「東京ディズニーリゾート」とJR舞浜駅(千葉県浦安市)を結ぶディズニーリゾートラインで車両故障が発生し、一時運転見合わせとなりました。 【レアアイテム!?】ディズニーリゾートラインの遅延証明書  そのような中、利用客には「遅延証明書」が配布されました。20年間利用してきたという1人も、ディズニーリゾートラインの証明書は初めてもらったとTwitterに投稿しています。これに対しSNSでは、「ディズニーリゾートラインでも遅延証明書が発行されるのか」「アトラクションじゃないんだ」「レアアイテムだ」などの声が聞かれました。  ディズニーリゾートラインは一見、「東京ディズニーリゾート」のエリア内のみを走り、また車両の見た目もあってアトラクションのように思えなくもありません。しかしながら、京成グループの子会社「舞浜リゾートライン」が鉄道事業法にのっとり運行する、公共交通機関としてのモノレールなのです。  当然ながら、列車を自社で運行・管理し、またそれにかかる設備を保有するための免許である「第一種鉄道事業免許」を受けています。旅客の運送を事業としているため、もし列車に遅延が生じたら、それを会社として証明する遅延証明書を発行しているというわけです。ほかにも一般的な鉄道会社と同じように、定期的な安全報告書の公表、運送約款の制定などを行っています。  普段目にしやすい部分でも、乗車の際にSuicaなど全国の交通系ICカードを利用できるほか、定期乗車券として1か月、3か月、6か月の通勤定期も販売されています。 乗りものニュース編集部 Read more »

池江璃花子「復帰後一番速い」スタートで100メートル自由形v

© スポーツ報知/報知新聞社 優勝した池江璃花子はレース後にほっとした表情を見せる(カメラ・堺 恒志) ◆競泳 北島康介杯 第2日(22日、東京・辰巳国際水泳場)  東京五輪代表の池江璃花子(21)=ルネサンス=が100メートル自由形に出場し、54秒64。代表メンバー4人が決勝にそろう中、五輪後の長水路(50メートル)では初めて出場した同種目で優勝した。白血病治療による休養から復帰後、課題に掲げているスタートのリアクションタイムが「一番速いと思う」と笑顔。最終日に出場する得意の100メートルバタフライに向け、弾みをつけた。  確かに感じた成長に、池江の笑顔がはじけた。100メートル自由形で54秒64は、自身が持つ日本記録から2秒弱遅い。それでもスタート時のリアクションタイムが0秒64だったと聞くと、声が弾んだ。「たぶん、復帰後一番速い記録だと思うので、うれしいです!」。実戦復帰後、筋力の低下などから課題としていたスタート。この日は代表クラスと遜色ない反応速度をみせた。  五輪後の長水路では初めて出場した100メートル自由形。勝負でも勝った。「変に負けるかもしれないとか、そういう不安は全くなくて。長水路でしっかり優勝できたのは良かった」。スプリンターにとって生命線となるスタートは、速さを求めて日々練習を積み重ねているという。確かな成果を感じつつ、最終日は得意のバタフライに臨む。「練習も積めて自信もある。変な緊張感を持たずに、楽しんでレースをできたら」と“本職”を見据えた。(大谷 翔太) Read more »

ロシア軍のウクライナ侵攻懸念受け 米国人退避に向けた動き

 ロシア軍によるウクライナ侵攻の懸念が高まる中、ウクライナにいるアメリカ人の国外退避に向けた動きが出始めました。  CNNテレビなど複数のアメリカメディアは、在ウクライナ・アメリカ大使館が国務省に対して、一部の大使館員や大使館員の家族の国外退避を認めるよう要請したと報じました。  またFOXニュースは、国務省が▼大使館員の家族に対して24日にも退避を始めるよう命じたほか、▼ウクライナにいるアメリカ市民に対して民間機で国外退避するよう来週呼びかけを行う見通しだと報じています。  こうした中、在ウクライナ・アメリカ大使館は、アメリカの支援物資がウクライナに到着したとツイッターに投稿しました。バイデン大統領が指示した新たな支援の第一便で、この中には、ウクライナ防衛のために前線で使われる弾薬など、およそ90トン分の殺傷力のある物資も含まれるとしています。(23日06:04) Read more »

韓国ネット民が「中国は強盗だ」「何もかも嫌いだ」と“反中爆発”しているワケ

中国人は「強盗同然」だ、と  中国は韓国を文化的に歪曲し、中国文化の中に取り込もうとの動きを強めており、これに対して韓国が反発を強めている。 【写真】日本人は知らない…いま韓国で本当に起きている「ヤバすぎる現実」  中国が韓国の文化の元祖は中国にあると主張する“不条理”を取り上げたのが、中央日報の「『孫興民(ソン・フンミン)も中国人といいそうな局面……刃物を持っていない強盗同然』反中感情がさく裂=韓国」という記事である。  中国は、漬物野菜の(パオツァイ)の製造法を国際標準化機構(ISO)に登録して、キムチの元祖格に該当する食品だと主張。2020年末、中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹紙「環球時報」は「中国がキムチ産業の6件の国際基準を制定した」と報じ、キムチ論争を巻き起こしたである。  中央日報は今回、このような文化歪曲の試みが韓国のオンライン上で反中感情を広げる起爆剤になっていると報じている。  同紙がオンライン上のコメントの上位100位までを分析した結果、「孫興民も中国人でサムスンもお前たちのものか。刃物を持っていないだけで泥棒丸出し」「今は中国というだけで何もかも嫌い」など中国の文化歪曲の試みを批判するものが主流を占めたそうである。  ちなみに孫興民は欧州で活躍しているサッカーの韓国人スーパースターである。 思い出す「1936年の金メダリスト孫基禎」  これに登場する主要なコメントで孫興民氏は一見関係がないように思われるが、これを見て思い出すのは、孫基禎(ソン・キジョン)選手である。  同選手は1936年ベルリンオリンピックにおいてアジア地域出身で初めてマラソンで金メダルを獲得、大韓民国建国後は韓国の陸上チームのコーチや陸連会長を務めた人である。  しかし、当時朝鮮はまだ日本の統治下にあったため、日本代表として出場せざるを得なかった。大会直後に朝鮮の新聞「東亜日報」に日の丸が塗りつぶされた表彰式の写真が掲載され、当時の朝鮮総督府の警務局によって同紙記者が逮捕され、発刊停止処分が下された。  孫氏自身も当時から民族意識が強く、世界最高記録樹立時の表彰式で「なぜ君が代が自分にとっての国歌なのか」と涙ぐんだりしたそうである。  孫基禎選手は今でも韓国人の誇りである。いまだ日本統治下においてオリンピックで金メダルを獲得し、韓国人の意気を示した。それが日本代表として表彰台に昇らざるを得なかったのは悲劇として、90年近くたった今でも日本に対する反発として残っている。 Read more »

【フィギュア四大陸選手権】三原舞依「うれしくて…気づいたら泣いていました」全日本の悔しさを晴らす優勝に涙

© 中日スポーツ 提供 優勝した三原舞依(AP)  フィギュアスケートの四大陸選手権(エストニア・タリン)の女子で5年ぶり2度目の優勝を飾った三原舞依(22)=シスメックス=が22日のフリー終了後に公式会見に臨み、「(優勝決定直後は)本当にうれしくてうれしくて…。気づいたら泣いていました」と改めて喜びを語った。  三原は2017年大会優勝、18年大会2位、19年大会3位と四大陸選手権では好成績を残し続けてきた。今大会への準備については「4(位)にはなりたくないと思って表彰台の一番上をというふうに練習してきた」と振り返ると、「一番うれしい金メダルかなと思います」と2度目の四大陸女王の味をかみしめた。  今大会は練習でノーミスをキープしながら4位に終わった昨年12月の全日本選手権(さいたま)の悔しさを晴らすこともテーマだった。今大会も離日前の練習でノーミスを続けていたことからかえって不安を覚えたが、涙をこらえて耐えることで打ち勝ち、「日本代表として金メダルを持ち帰ることができるのは本当にうれしくて。全日本での悔しさを晴らせたかなと思います」と語った。  ただ、GOE(出来栄え点)で0・18点の減点を受けた最後のスピンのミスだけは納得がいっておらず、足の位置がいつもより少し後ろにいったと分析した上で、「帰っていっぱい練習します」とキッパリ。それでも、優勝の味は格別のようで「大きなミスなく滑りきることができて、観客のファンの皆さまのおかげだなとすごく思いました」と声援に感謝した。 Read more »

「思った以上に良いゴルフができている」笹生優花がv圏内・3打差5位で最終日へ

<ヒルトン・グランドバケーションズ トーナメント・オブ・チャンピオンズ 3日目◇22日◇レイク・ノナG&CC(米フロリダ州)◇6617ヤード・パー72> 2位タイから7位タイまで後退した2日目の鬱憤を晴らすようなプレーを見せた。笹生優花が5バーディ・1ボギーの「68」と4つ伸ばして、首位と3打差のトータル10アンダーの5位に浮上。優勝の見える位置で最終日へと向かう。 似てる?笹生とマキロイのスイングを比較【連続写真】 アウトから出た笹生は2番で3メートルを沈めてバーディを先行させると7番、9番とバーディを奪って前半だけで3つ伸ばす格好の展開。後半はボギーが先に来たが15番、16番と連続バーディを奪ってホールアウト。前後半両方でスコアを伸ばして好位置につけた。 「パターも昨日、一昨日よりは良かったのでそれがスコアにつながった」とグリーン上の復調を好プレーの要因とした笹生。前日まで課題に挙げていたパッティングが、チャンスについたところで入ってくれたことを評価した。 決勝ラウンドに入っても2人のアマチュアとともにプレーする今大会。この日は現千葉ロッテマリーンズの監督・井口資仁氏ともプレーしたA.J.ピアジンスキー、ナックルボーラーとして知られるティム・ウェイクフィールドのメジャーリーガーたちプレーした。 「一緒に回った野球選手の方も優しかったのでいろいろ会話ができた。野球の話が多かったですね」と競技は違えど話は尽きない。「AJが左バッターと聞いたので、自分は動いているボールはあんまり打てないのでそんな話を。もう一人はあんまり飛ばないんだなというイメージがあったけど、でもコントロールがすごく良かった。アスリートは何やっても上手だなんだなって思いましたね」と野球に詳しくないという笹生も興味津々だった。 いきなり今季初優勝の見える位置で迎える最終日となったが、泰然自若の20歳は変わらない。「いつも通りですね(笑)思った以上に良いゴルフができているので、良いんじゃないかなと思う。でも急ぎもしないし、ゆっくり調子を上げて行けばいいんじゃないかな」とマイペースを強調した。 © Cross Planet, Inc. 優勝の見える位置につけた!(撮影:GettyImages) Read more »

中国で「南京大虐殺の死者数は30万人」に異議唱えた教師らが拘束

「『南京大虐殺の死者数は30万人』とする中国政府の主張をもっと客観的に論じるべき」と授業中に発言した上海市の専門学校「震旦学院」の教師、宋庚一さんが昨年12月中旬、生徒から密告され除籍処分を受けた。この事件を発端にして、「宋先生の発言を支持する」と中国SNS「微博(ウェイボー)」に投稿した湖南省在住の女性教師、李田田さんが当局に拘束され、精神科病院に送り込まれたものの、年明けに釈放されていたことが分かった。  宋さんと李さんはともに、いまも当局の監視下にあり、自宅から一歩も外に出ることができない状態で、事実上の軟禁状態に陥っているという。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が匿名の人権活動家の話として報じた。  李さんは当局に取り調べを受けたあと、教師資格を失い、地方の普通職員に降格。そのショックや疲労などで、いまも精神状況が不安定な状態が続いており、憔悴しているという。  このため、「李さんが精神科病院を退院した」との情報を受けて、李さんを励まそうと5人の人権活動家が李さんが身を寄せているという李さんの祖父の住む湖南省湘西永順村を訪れたものの、村に入ったとたん、村の幹部から暴力を受け、携帯電話も奪われてしまったという。  警察はこの事件の背後に「外国勢力が暗躍している」と判断しており、李さんが外国の情報機関に「うその情報を吹き込まれて、南京事件の30万人の死者数に疑問を持った」と村人に説明しているようだ。  李さんは退院を知らせる最後の「微博」の投稿のなかで、南京事件の犠牲者が30万人に上るという中国政府の公式見解について「正確な事実に基づいて検証すべきだ。上海の宋先生が除籍処分を受けた事件で、問題があるのは密告した学生であり、除籍処分とした学校、官製メディア、そして沈黙する知識分子だ」と主張した。  李さんは最後に「社会に助けを求めたい。もし私が死んでしまえば、二つの命が失われる」と綴っており、妊娠している可能性があるという。  中国では、過去にも反政府的な言動をした人が精神科病院に送られたことがある。2018年7月、上海で習近平国家主席の写真に墨汁をかけた董瑤瓊(ドン・ヤオチョン)さんがその一例だ。  董さんは2020年1月に退院したが、「お父さん」という言葉しか発せない状態だった。同年12月には「微博」に本人とみられる動画がアップされ、「政府の監視下にある」と説明。「もうこんな生活は嫌です。死んだほうがましです。常に監視されているのはもう耐えられない」などと訴えていた。ネット上では「悲劇は繰り返される」との書き込みが出ている。 Read more »

体が妊娠モードにスイッチする「黄体期」の過ごし方|不妊で悩む女性のためのヨガとセルフケア#5

© Interspace.Co.,Ltd. 別記事で活力がピークに向かってゆく「卵胞期」の過ごし方 について触れましたが、今回は妊娠へ備える体に変化する「黄体期」の過ごし方についてご紹介します。 排卵が終わると、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、高温期に入ります。卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量も変動しますので、ホルモンの振り幅が大きくなることで身体に負担がかかり、体調にも影響が出やすくなります。 身体は妊娠モードにスイッチし、栄養だけでなく水分や老廃物もためこみやすくなって吹き出物が出たりします。 メンタル面では、ナーバスになったり、攻撃的になりますが、これは赤ちゃんを守るための本能なのかもしれませんね。 赤ちゃんを望む人、不妊治療をしている人にとっては、期待と不安で最も揺れやすい時期とも言えます。気持ちが揺さぶられるのはホルモンからの影響もあることを理解して、自分に優しく心身の負担のないように過ごしましょう。 © 【黄体期】yumepocke DESIGN カナ 【黄体期】yumepocke DESIGN カナ 【黄体期の心身への影響】 ・女性ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増加 ・体温が上昇 ・むくみやすく便秘がちになりやすい ・子宮内膜が厚くなり着床しやすい環境へ ・疲れやすい、すぐ眠くなる ・気持ちが不安定(イライラ・不安・神経質になる) 【黄体期おすすめの過ごし方】排卵後から妊娠に向けて(または次の月経) ・質の良い睡眠を心掛ける ※ホルモン分泌に直結します ・30分以内のお昼寝など休息を取る ※15時以降は夜の睡眠を妨げるので注意しましょう ・ゆったりお風呂に浸かる ※おやすみする1時間半前位に入ると睡眠導入になります ・頭皮や耳のマッサージをする ・バランスのよい食事 ※ストイックになり過ぎない健康な食生活がおすすめです ・老廃物がたまりやすいため、軽めな運動でデトックス ・神経を沈静化するためにもPCやスマホで目を酷使しない 【黄体期におすすめのヨガ】 ... Read more »

鉄のルールを守った河出奈都美アナが、日本テレビの新エース候補に名乗り!

入社3年目にもかかわらず、フル回転の活躍を見せているのが日本テレビの河出奈都美アナだ。昨年4月には『アナザースカイ』のサブMCに抜擢(ばってき)されて話題になったが、現在は報道番組『news every.』の月~水曜サブキャスターに加え、『シューイチ』『サッカー★アース』を担当。報道からスポーツ、情報までマルチに活躍しているのである。 「アイドル顔負けのルックスで男性人気を集め、しっかりとしたアナウンス能力や立ち居振る舞いで女性からも支持されている。キャラ立ちしたアナウンサーばかりが注目されていますが、彼女の強みはなんといってもバランスの良さ。往年の永井美奈子アナをほうふつとさせます」(日本テレビ局員) 河出アナは東京出身で、絵に描いたようなお嬢さま育ちだという。 「彼女の実家は4代続く会社を経営していて、『父親が出ていくときは必ず家族全員でお見送りをする』『日本舞踊を習わないといけない』などのルールがあったそうです。ちなみに中2のときに藤間流の名取になり、”藤間勘玉奈”を名乗り、国立劇場の舞台に立ったこともあるとか」(女子アナライター) また、特技はフルートで、番組やSNSでたびたび披露している。 「日本テレビには水卜(みうら)麻美アナや岩田絵里奈アナなど芸達者な女子アナが多いですが、彼女もそのひとり。タレント性も十分あります」(前出・ライター) 今年ついに大ブレイクか? Read more »

好きな和菓子ランキング 3位は「おはぎ・ぼたもち」、2位は「大福」、1位は?

 和菓子が好きな人は約8割――そんな結果が、インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)の「和菓子」に関する調査で分かった。同調査は今回で4回目。 【画像】好きな和菓子ランキングなど(全3枚)  和菓子が好きかどうか聞いたところ、「好き」と「どちらかといえば好き」を合わせて80.8%だった。女性や高年代層で高く、女性60~70代では「好き」の比率が各60%強だった。 好きな和菓子の種類は?  好きな和菓子の種類は何かの問いに、最も多かったのは「たいやき・今川焼き・人形焼」で63.6%、次いで「大福」が61.4%、「おはぎ・ぼたもち」が56.5%だった。4位以下は「カステラ」「せんべい」「どらやき」で55~56%だった。女性で比率が高い項目が多く、特に「ぎゅうひ」「桜餅、道明寺」「団子」「わらび餅」は男女差が大きかった。また60~70代では「大福」、男性10~20代では「カステラ」が1位となった。 和菓子を食べるシーンは?  和菓子を食べるシーンを聞いたところ、1位が「ふだんのおやつ」で55.2%、2位は「おみやげなどでもらった」で40.6%、「家族が買ってきた」「お茶うけ・お茶菓子として」は各30%台だった。「ふだんのおやつ」「おみやげなどでもらった」「季節行事のお祝い」「ちょっと一息つきたいとき」「自分へのごほうび」などは女性で比率が高かった。ほとんど毎日食べる人は、「ふだんのおやつ」「お茶うけ・お茶菓子として」「食後のデザート」が上位3位であった。 和菓子の購入場所は?  和菓子の購入場所を尋ねた。1位は「スーパー」で71.1%、2位は「和菓子専門店、お菓子屋」で47.3%、3位は「コンビニエンスストア」で26.8%、「みやげ物屋」「デパート」が各20%弱だった。「和菓子専門店、お菓子屋」「デパート」は女性高年代層で比率が高い結果となった。  和菓子購入者が重視する点を聞いた。1位は「味」で84.4%、2位は「価格」で57.5%、「賞味期限・消費期限」「菓子の形・デザイン・色」「分量、個数」「季節感」などは各20%台だった。 和菓子にどのようなイメージを持っている?  和菓子にどのようなイメージを持っているかの問いに、最も多かったのは「伝統的」(47.5%)で、「季節感がある」「庶民的」(共に42.7%)、「素朴」(40.6%)、「繊細」(32.4%)と続いた。女性10~30代では「素朴」、女性40~70代では「季節感がある」が1位であった。  今回の調査は、「MyVoice」のアンケートモニターを対象にインターネットで実施した。期間は21年12月1~5日、有効回答数は1万58人。 ITmedia ビジネスオンライン Read more »

子どもにも感染しやすいオミクロン、感染予防を徹底してほしいこれだけの理由

「かかっても仕方ない」と投げやりになる前に  日本でも感染拡大が続いているコロナ変異ウイルスのオミクロン。1月22日現在、1日の感染者数が過去最大の5万4581人にまで増加した。アメリカでは1月10日に約137万人の感染が報道された。この感染者数は報告されている数であって、報告されていない自宅での抗原検査などを含めるともっと多いことが推測される。 【写真】コロナ重症化でECMO装着から回復された中西圭三さんのお兄さんの姿  「アメリカでは、『今の状況が続けば、国民全員が感染する可能性がある』と口にする専門家も出てきています。がんばって感染予防をしても繰り返す感染拡大。『もういい加減にして! 』という気持ちは理解できます。経済活動を止めてしまうことにうんざりしている人もいるでしょう。私もそのひとりです。  だからこそ、社会を止めないために、また医療を止めないために、今できることはやっていきたい。ただ、今回のオミクロンは大人だけでなく、子ども世代にも感染しやすい。子どもが感染すると家族内感染は増え、社会機能にも影響が及びます。  そういった問題を軽減するためには個々の自衛=マスク、手洗い、三密を避けるという基本的な感染予防を今まで以上に意識することが大切になります。感染しやすさから『風邪みたいなんだから感染しても仕方ない』とガードを甘くしては、結局感染者数が増えて、経済にも影響が出てしまいます。  社会を動かしながら感染予防するためには、今一度、基本的な感染対策の見直しと、打てる人は1回目、2回目、3回目のワクチン接種が欠かせないと思うのです」  というのは、科学的データに基づいた新型コロナウイルスの情報配信をしている『こびナビ』メンバーで、ハーバード大学医学部アシスタントプロフェッサーで小児精神科医の内田舞医師だ。  日本も急激に感染が拡大しているオミクロン。といってもアメリカのような危機的状態にはなっていない。アメリカの予防対策の問題を現地で見ていたからこそ実感した「予防対策の意義」を内田医師が緊急寄稿してくれた。  ※内田医師の寄稿は以下よりー。 Read more »

児童ら10人感染で“臨時休校”の小学校も…新型コロナ 愛知で新規感染者3457人 4日続けて過去最多

 愛知県では22日、新たに過去最多となる3457人に新型コロナウイルスの感染が確認されました。新規感染者は4日続けて過去最多となっています。  感染が確認されたのは3457人で、内訳は名古屋市で1661人、豊橋市で193人、岡崎市で176人、豊田市で119人、一宮市で101人などとなっています。  豊田市の高齢者施設では、21日までに利用者ら11人の感染が判明し、クラスターに認定されたほか、豊田市の小学校でも児童ら10人の感染がわかり、クラスターになりました。この小学校は1月28日まで臨時休校することにしています。  22日は一宮市の高齢者施設で療養中の患者1人の死亡が公表されました。21日時点で病床使用率は23.4%、自宅療養者数1万2227人、重症者数は2人となっています。 Read more »

東海sのサイン馬券。ヒントはjr東海のcmに再登場した深津絵里さんにあった!?

ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた……。 【写真】大穴の激走も目立つ東海S。穴党記者が目をつけた2頭とは? 研究員「先週の日経新春杯では、僕が名前を挙げた馬が1、2フィニッシュ。馬連、いただきましたよ!」 所長「ふん、安い配当だったけどな」 研究員「当たるのが大事なんですよ。だいたい、所長が推していた2頭なんて、さっぱりだったんじゃないですか」 所長「うるさいわい! そんなことより、今週じゃ」 研究員「東海Sですね。正式名称は『東海テレビ杯東海ステークス』っていうんですか。なんか”東海”というワードが重要な気がします」 所長「”東海”と言えば、JR東海じゃろ。テレビCMでは深津絵里ちゃんが再び登場しておる」 研究員「33年ぶりだとか。僕はまだ生まれたばかりの頃ですから、よく知りませんけど……」 所長「おまえ、知らんのか!? CMソングは山下達郎の『クリスマス・イブ』。クリスマスシーズンに流れるCMの元祖ヒロインじゃ。今もお美しいが、当時の初々しい感じもよかったんじゃ。ワシの嫁さんはこの人しかおらん、と思ったわ。で、ワシもCMの真似をしての、終電の新幹線に乗ってだな……」 研究員「はいはい、もういいですから」 所長「なんだよ、人がせっかく甘い青春の感慨に浸っているのに……」 研究員「オッさんの痴れ事なんて、誰も興味ないですから。重要なのは”東海”絡みで浮かんだ深津絵里さんでしょ。彼女、1月11日生まれなんですね。先週の鷲見玲奈さんの入籍日でも紹介した超縁起がいい『一粒万倍の日』。となれば、1番スマッシャー、11番のオーヴェルニュは外せませんね!」 所長「1月11日と言えば、ミルコ・デムーロ騎手の誕生日でもある。同騎手騎乗の13番ブルベアイリーデも押さえたほうがいいじゃろうな」 研究員「深津絵里さんがヒントであるなら、紅一点の16番プリティーチャンスもクサいんじゃないですか。昨年も出走馬唯一の牝馬、メモリーコウが12番人気で3着に入って波乱を演出しましたし」 所長「”16番”プリティーチャンスとは、いいところに目をつけたな。実は、JR東海のかつてのCMで深津絵里ちゃんが彼氏を待っていたのは”16番”ホームなんじゃ」 研究員「おおっ! これは、決まりっすね‼」 所長「まあ、待て待て。深津絵里ちゃんが今、NHKの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』に出演中、ということも忘れちゃいかんじゃろ」 研究員「そこに何かヒントがあると?」 所長「このドラマの主題歌、『アルデバラン』というらしいな」 研究員「ん?……って、12番イッツクールの父は”アルデバラン”IIですよ!」 所長「それとな、アルデバランというのはおうし座で最も明るい恒星のことじゃ」 研究員「天体絡みですね。おっと、天体絡みの馬名を持つ馬が1頭だけいますよ、10番ゲンパチルシファー(冠名+明けの明星)!」 所長「イッツクールとゲンパチルシファーが来たら、ヤバいんじゃないか! グリーン車で豪遊といこうかの。ガハハハッ」 令和サイン馬券研究会●文 Read more »

23日 西から雨や雪の範囲が広がる 前日震度5強の九州 少しの雨でも土砂災害注意

きょう23日(日)は、西から天気下り坂。西日本は午前中から雨で、九州は本降りとなるでしょう。大きな地震があった所では、少しの雨でも土砂災害に注意が必要です。夜は関東など東日本も雨や雪となりそうです。 西から前線 日本海には低気圧が近づく きょう23日は、西日本の南に前線が延び、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みます。沖縄は雨や雷雨で、非常に激しく降る所があるでしょう。西日本は午前から雨で、中国山地などでは雪の所もありそうです。22日に最大震度5強を観測した大分県や宮崎県では地盤の緩んでいる所があるため、少しの雨でも土砂崩れなどに注意が必要です。午後は東海にも雨雲が広がり、夜は関東でも雨か雪、箱根など西部の山沿いでは雪となりそうです。峠を越える車は、冬装備を万全に行いましょう。 北日本の日本海側や北陸は低気圧の影響で、午後は所々で雪や雨。局地的に雪や風が強まるため、ふぶきによる交通障害に注意が必要です。 最高気温は九州~東海は、きのう(22日)より3℃くらい低く、10℃に届かない所が多いでしょう。寒中らしい寒さとなりそうです。暖かくしてお過ごし下さい。 24日(月) 南岸低気圧の行方は? あす24日(月)は、本州の南の前線上に低気圧が発生し、東進する見込みです。いわゆる関東などに雪をもたらす「南岸低気圧」。現時点では、低気圧は陸地から離れて通る(お辞儀型)ため、雨雲はあまり陸地にかからない予想ですが、予報が変わりやすくなっています。最新の情報をこまめに確認するようお願いします。 日本気象協会 本社 福冨 里香 Read more »

週間予報 南岸低気圧の行方は? 太平洋側の雨・雪の見通し 別の低気圧の影響も

関東など太平洋側に雪を降らせることがある「南岸低気圧」が、24日(月)にかけて本州の南を通過する予想。また、25日(火)~26日(水)は、これとは別の気圧の谷の影響で関東は雨や雪が降る可能性あり。予報がブレやすくなっていますが、現時点での雨や雪の見通しです。 23日(日)~24日(月) 南岸低気圧 きょう23日は、前線が近づく影響で西日本は雨、中国山地では雪の所もありそうです。22日に最大震度5強を観測した大分県や宮崎県では、地盤が緩んでいる所があるため、少しの雨でも土砂崩れなどに注意が必要です。午後は東海にも雨雲が広がり、夜は関東でも雨や雪、箱根など西部の山沿いでは、雪となりそうです。峠を越える車は、冬装備を万全に行いましょう。 あす24日は、この前線上に低気圧が発生し、本州の南を東進する見込みです。現時点では、低気圧は陸地から離れて通る(お辞儀型)ため、雨雲はあまり陸地にかからない予想です。関東の雨や雪は、24日未明までで、日中は晴れる見込みです。ただ、予報が変わりやすくなっています。最新の情報をこまめに確認するようお願いします。 25日(火)~26日(水) 別の気圧の谷に注意 25日は、東海沖付近に別の気圧の谷(小さい低気圧)が発生し、25日夜~26日朝にかけて関東に近づき雨雲や雪雲がかかる予想です。上空の寒気は弱まるため、東京都心など平野部では降っても雨とみていますが、気圧の谷(小さい低気圧)が予想以上に発達し寒気を引きずり込み、降水が強まり地上付近の温度が下がると雪になる可能性もあります。 難しい南岸低気圧の予想 南岸低気圧による関東の雪予想は大変難しく、低気圧の進路や発達具合い、乾燥具合い、風向き、上空の気温が0.5℃変わるだけで、ガラッと雨予想が雪予想に変わります。 一般的に、①南岸低気圧が八丈島の北を進むと、降水域は広く陸地にかかりますが、暖かい空気が入るため「雨」。②八丈島の少し南を進むと、降水域と冷たい空気で「雪」。③八丈島の南を進むと、降水域がかからず「曇り」となります。 今回は24日は③の降水域があまりかからない予想になっていますが、低気圧のコース次第で、広く雨や雪予報に変わるおそれがあります。また、25日~26日は気圧の谷(小低気圧)の影響で、雨や雪が降る可能性があるため注意が必要です。 先日1月6日は、東京で10センチの積雪を観測するなど関東で大雪となりました。この時は、南岸低気圧が近づく前に、関東の南に天気図に書かれないような小さな低気圧が発生したのも、大雪のひとつの要因となりました。 今回、上空の寒気は6日ほど強くなく、諸々条件が異なっていますが、予報が大変ブレやすくなっています。今後も最新の予報をこまめに確認するようお願いします。 日本気象協会 本社 福冨 里香 Read more »

今日23日(日)の天気 広い範囲で雨や雪 関東も午後は曇り空

天気のポイント ・西日本は雨、地震のあった地域は注意 ・関東も天気はゆっくり下り坂 ・北陸や東北は夕方以降に雪や雨 今日23日(日)は西から近づく前線の影響で、天気の崩れる所が多くなります。次第に雨や雪の範囲が広がる見込みです。東北や北陸も夜は雪や雨が降りやすくなります。 西日本は雨、地震揺れ強かった地域は注意 九州や四国を中心に朝から雨で、中国や近畿でも次第に雨が降り出します。広い範囲で傘が必要な日曜日です。中国山地や四国山地では雪になる所もあります。スリップ事故等に注意してください。 また、昨日22日(土)未明に日向灘で発生した地震によって揺れが強かった地域は地盤が崩れやすくなっているおそれがありますので、念のため土砂災害に注意してください。 関東も天気はゆっくり下り坂 関東は時間の経過とともに雲が増えてきます。午後は曇り空に変わって日差しが少なくなる見込みです。夜は遅い時間ほど雨の降る可能性があるため、早めの帰宅が安心です。 日差しが少ない分だけ昼間の気温は昨日よりも低く、少し寒く感じられます。 北陸や東北は夕方以降に雪や雨 日本海で発生する低気圧が夕方から夜にかけて近づいてきます。北陸や東北では、午前中は日差しが届いていても、夕方以降は雪や雨が降りやすくなる見込みです。 強まったり雷や突風、霰(あられ)を伴ったりするおそれがありますので、帰宅が遅くなる場合は雨具があると安心です。 ウェザーニュース Read more »

岸田流対米外交スタート=「核なき世界」、中間層重視―バイデン大統領と接点探る

© 時事通信 提供 バイデン米大統領(画面内)とのテレビ会談に臨む岸田文雄首相=21日夜、首相官邸(内閣広報室提供)  岸田文雄首相はバイデン米大統領との21日のテレビ会談で、基軸とする対米外交を本格的にスタートさせた。中国をにらんだ経済や安全保障の連携強化に加え、核軍縮や中間層重視の経済政策といった双方に親和性のあるテーマを議論。緊密な関係構築に向けてバイデン氏との個人的な接点を探った。  ◇思惑一致  会談では、外務・経済担当閣僚による「日米経済政策協議委員会」(経済版2プラス2)新設で合意した。中国への対抗策としてサプライチェーン(供給網)強化やインフラ投資などの協力を想定しており、インド太平洋地域の「新たな経済枠組み」を模索するバイデン政権と、米国の関与を望む日本側の思惑が一致した。  安保分野では、首相が防衛力の抜本強化に取り組む方針を伝えた。覇権主義的な動きを強める中国や核・ミサイル開発を着々と進める北朝鮮の動きを踏まえ、米側は日本の役割拡大を期待しており、これに応えた形だ。両首脳は「台湾海峡の平和と安定」の重要性も確認した。  首相がバイデン氏との相互信頼を重視するのは、安倍晋三元首相が当時のトランプ大統領と良好な関係を築き、国際社会で一定の存在感を示したことが念頭にあるためとみられる。中曽根康弘氏とレーガン氏、小泉純一郎氏とブッシュ(子)氏の例が示すように、米大統領との緊密な関係は政権の長期安定の必要条件という見方もできる。 © 時事通信 提供 日米首脳テレビ会談を終え、取材に応じる岸田文雄首相=21日夜、首相官邸  ◇意気投合  今回、首相は持論の「核兵器のない世界」に向けた協力を積極的に取り上げ、「バイデン氏との信頼関係に基づき、国際的な取り組みをリードしていきたい」と提起。核軍縮・不拡散を訴えたオバマ元大統領の系譜を受け継ぐバイデン氏は「支持する」と応じた。  首相は看板政策「新しい資本主義」をめぐっても一致点を見いだそうとした。「行き過ぎた資本主義の弊害を是正しなくてはいけない」。首相がこうした自説を展開すると、「ミドルクラス(中間層)のジョー」の異名を取るバイデン氏は「まさにそれをしたくて大統領になったんだ」と呼応。首相も次第に熱くなり、会談は予定の時間を20分ほどオーバーした。  ◇視界不良  両首脳は、今春にもバイデン氏が来日し、オーストラリアとインドを加えた4カ国連携の枠組み「クアッド」の首脳会議を日本で開くことで一致した。今夏、首相は長期政権への足掛かりをつかめるか勝負の場となる参院選を迎える。クアッド首脳会議が予定通り実現すれば、外交面で指導力を示す舞台になり得る。  一方で懸念材料はある。バイデン氏は内政問題でつまずき支持率が低下。11月の中間選挙は苦戦が見込まれる。「外交まで手が回らないだろう」。日本政府関係者からもこうした声が漏れる。  核軍縮に関しては、ロシアによるウクライナ侵攻の懸念が高まるといった情勢も重なり、国際社会の機運は決して高くない。「米国はそんなことに労力を割いている場合ではない」(自民党国防族)と冷めた見方も多く、首相の思惑通りに共同歩調を取っていけるか見通せない。  Read more »

子どもの感染急増 ワクチン接種の時期見極め難しい

急拡大するオミクロン株。子どもへの感染も急増しています。 1月22日、東京都で確認された10歳未満の子どもの感染者は1171人。 今月15日と比べると、およそ4.4倍になっています。 東京・港区 クリニックばんびぃに 院長「きのう37.6℃ということですよね?」 都内にある小児科クリニックでは今週になって子どもの陽性率が先週の2倍から3倍に増えているといいます。 クリニックばんびぃに 時田章史 院長 「デルタ株よりも子どもから大人にうつるというケースは少し多い印象があると思います」 子どもへの感染が急増し、心配になってクリニックに来る人も増加。検査体制はひっ迫しています。 クリニックばんびぃに 時田章史 院長 「発熱の症状があって検査をした方がいいという方に行き渡るような状況をつくっていただくことが大事だと思います」 都内在住のこちらの主婦は夫と2人の息子、2歳の娘の5人家族です。 今週、夫が新型コロナに感染したことで家庭内に広がり、娘以外の4人が陽性となりました。 都内在住40代主婦 「もうあっという間に家庭内に広がってしまうっていうのは感じました、ちょっと正直防ぎようがない…」 幸いにも4人とも軽症で自宅療養中。感染した8歳の次男は厚労省が新たに特例承認したワクチン接種の対象です。母親はどのタイミングでワクチンを接種させればいいのか見極めが難しいと話します。 都内在住40代主婦 「副反応も含めてどういうふうになるのかちょっと私自身も見当もつかないと思いましてちょっと様子を見てから決めたいかなって…」 では、どのタイミングで接種すればいいのでしょうか。専門家は… 川崎医科大学 中野貴司教授 「ワクチンの基本は体調がいいときに打った方がいいと思うんですね、日々色んなデータとか接種した効果とか副反応の成績っていうのは集積していきますから、そういった周囲の状況を見極めながらお決めいただくこともでももちろん大丈夫だと考えています」 Read more »

巨人・山崎伊&堀田 ドキドキ初1軍キャンプ 1、2軍公式戦で登板なしの秘密兵器

© デイリースポーツ 1軍キャンプスタートに喜びと決意を語った堀田  “ルーキー”が再出発だ。巨人の大卒2年目・山崎伊織投手(23)と高卒3年目の育成・堀田賢慎投手(20)が22日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行い、自身初の1軍キャンプに向けて、胸を高鳴らせた。  山崎伊はこの日、桑田1軍投手チーフコーチも視線を送る中、捕手を立たせてブルペン入り。10日後に迫るキャンプインに向けて「1年目の気持ちでアピールしていかないといけない」と息巻いた。一方の堀田も育成合同自主トレに参加。「楽しみな気持ちが強い。まずは支配下を目指す」と腕をまくった。  2人は2020年に右肘内側側副靱帯(じんたい)再建術を受けた影響で、プロ入り後の1、2軍公式戦の登板はなし。未知の大器が投手陣に新風を吹き込む。 Read more »

山中のサービスエリアで88年式のバイクを「新車」と言い張る青年と出会い…その後の出来事にちょっぴりビビる

© All About Navi, Inc. All Rights Reserved. トラックドライバー兼マンガ家として活躍している、ぞうむしプロ合同会社(@zoumushi6)さん。 トラックドライバーならではの恐怖エピソードが話題を集めています。 トラックドライバーの怪談 © All About Navi, Inc. All Rights Reserved. © All About Navi, Inc. All Rights Reserved. 寒い冬の日、山中のSAで88年式の単車に乗る少年と出会ったドライバーさん。 その後、トイレに行ったあと、周りを見てみると…… © ... Read more »

【浜中俊コラム】日曜小倉11rロッシュローブ 前々で流れに乗る競馬をした方がよさそう

© 中日スポーツ 提供 浜中俊  正月に実家に帰っていなかったので、小倉で騎乗した先週の競馬終わりに、親族の家にお邪魔して、おじいちゃんとおばあちゃんの仏壇に手を合わせてきました。今はコロナウイルスが猛威を振るっていますし、滞在時間はほんのわずか。実家にも立ち寄らず、そのまま新幹線に乗って、栗東へと戻りました。  日を追うごとにコロナウイルスに感染する方が一気に増えていますし、自分の近いところに感染のリスクが迫っていても、全くおかしくない状況。感染しないように注意するのはもちろんのこと、競馬開催に支障が出ないよう、早く収束していくことを願っています。  日曜も小倉です。11Rのロッシュローブはレースで乗るのは初めて。先週の追い切りにまたがっていて、乗りやすくて印象は良かったです。切れるというよりも、長く脚を使う感じなのかなと思ったので、前々で流れに乗る競馬をした方がよさそう。展開やメンバー次第ではチャンスがあると思います。  12Rのシーニックウェイも先週の調教でいい動き。広いコースの方がいい馬なので、小倉がどうかですが、このクラスでは力上位ですから、勝ち負けを期待しています。 Read more »

尾身氏「人流より人数」発言が波紋=政府、対応に苦慮―新型コロナ

© 時事通信 提供 新型コロナウイルス対策の基本的対処方針分科会に臨む尾身茂会長=19日、東京・永田町  政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長が、変異株「オミクロン株」対応について「人流抑制より人数制限」と発言したことが、波紋を広げている。繁華街などで人出が増えれば、感染拡大に拍車が掛かるとの懸念が拭えないからだ。2年以上に及ぶコロナ対策の転換を提起したと受け取れる発言だけに、政府は対応に苦慮している。  「オミクロン株の特徴にふさわしいめりはりのついた対策を打つ必要がある。人流抑制ではなく人数制限がキーワードだ」。尾身氏は19日、「まん延防止等重点措置」の対象拡大を了承した分科会の終了後、記者団にこう表明。「ステイホームは必要ない。渋谷駅前の交差点がいくら混んでいてもほとんど感染しない」とも指摘した。  この発言が波紋を広げるのは、オミクロン株の感染力がデルタ株の「3~4倍」(専門家)とされるにもかかわらず、行動制限を過去の感染拡大時より緩めることを容認するかのような印象を与えたからだ。  さらに、19日の分科会で了承された基本的対処方針は、重点措置を適用中の自治体で取るべき対策として、混雑した場所などへの外出自粛を明記。一方、検査で陰性と確認されたグループには5人以上の会食を認めるなど、尾身氏の発言と明らかに食い違う内容だった。  自治体には困惑が広がっており、東京都の小池百合子知事は21日の記者会見で「国と尾身氏で整合性を取ってほしい」と苦言を呈した。  分科会関係者によると、尾身氏が着目しているのは、オミクロン株の重症化率の低さのようだ。専門家の一人は「人流抑制は効果がある分、経済への打撃が大きい。オミクロン株の感染はある程度許容しようという意味だ」と解説する。  もっとも、首相官邸サイドはコロナ対策の転換に慎重だ。オミクロン株に重症化リスクがないわけではなく、後遺症も報告されている。一定の感染拡大を容認すれば世論の反発を招きかねず、官邸幹部は「政府から人流抑制しないと言えるわけがない」と漏らす。  思わぬ反響を受け、尾身氏は20日夜、全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)との電話で、「迷惑を掛けた」と沈静化に努めた。21日には他の専門家と共同で、オミクロン株には「人数制限が適している」としつつ「人流抑制を加味することもあり得る」と軌道修正する提言をまとめ、政府に提出した。  木原誠二官房副長官は同日の記者会見で、人数制限を重視する考え方を政府の対策に反映するか問われ、「対応は日進月歩だ」と述べるにとどめた。  Read more »

社会福祉法人の預金30億円流出、事実上の経営権売買後…回収不能で民事再生手続きに

© 読売新聞 (写真:読売新聞)  東京や広島など3都県で特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人で、国が認めていない経営権の売買が事実上行われたうえ、預金約30億円が流出していたことがわかった。「売買代金」は契約額で42億円に上った。流出資金の大部分は回収不能となり、社福は民事再生手続きが適用される事態に陥っている。  社会福祉法で公益性や非営利性が求められる社福は売買や資金の外部流出が認められておらず、数十億円規模の資金流出などが発覚するのは極めて異例。広島県は運営に重大な問題があったとみて特別監査を実施し、実態を調べている。  この社福は男性医師(72)が1994年に広島県福山市で設立した「サンフェニックス」。現在は3都県で約20事業所を運営している。  複数の関係者や読売新聞が入手した民事再生手続きの開始申立書によると、医師と都内の男性公認会計士(58)(昨年10月に業務廃止)は2016年3月、計42億円で経営権を移転するとの契約を締結。支払いは▽会計士側が医師側に20億円を出資する▽医療協力の対価として医師に年2億2000万円を10年間提供する――方法で行うことになった。 Read more »

一年戦争の転機『オデッサ作戦』を下支えした“ロートルタンク” “古参パイロット”が人型ではない機体に乗って見せた意地

© 創通・サンライズ 『ロートル』 制作・画像提供/量産ズキ氏 『機動戦士ガンダム』の物語のなかでも大きな出来事であった「一年戦争」。特に、序盤有利に進んでいたジオン公国軍の形勢が逆転するきっかけとなった『オデッサ作戦』は、ホワイトベース隊 VS. 黒い三連星(ドム)をはじめ、さまざまなことが起きた。そんななか、モデラーの量産ズキさん(@buzzfgump29)は、この『オデッサ作戦』を下支えしたガンタンクの活躍をイメージした作品を発表。“ロートル”(=年寄り/老人。近年は意味が飛躍し、役立たず/時代遅れといった使われ方も)とこき下ろされながら、勝利に貢献したガンダンク、古参パイロットが見せた意地とは? ■嫌いだったガンタンクを制作「『作りなさい』という啓示だと思った」 ――砂漠でのガンタンクの活躍が描かれた『ロートル』が、SNSで多くのモデラーから賞賛されました。この反響をどのように受け止めていますか? 【量産ズキ】「映画のワンシーンみたい」「このあとの展開を想像しました」などの感想をいただき、自分がイメージした情景がしっかりと伝わったことがうれしかったですね。最近はいかに場面を想像してもらえるかというテーマで、情景表現することにハマっているので。 ――そもそも、なぜガンタンクを主役にした作品を作ろうと思われたのですか? 【量産ズキ】正直なところ、子どもの頃ガンタンクには興味がなく、むしろ嫌いでした。ところが大人になって、そのリアルさや、渋さがようやく分かってきたんです。そんな時に、(以前オリコンニュースでも取材した)ジオラマ作家の荒川直人さんの『wildriver円形劇場の[ケリビア第1砲台啓示]』という作品を見ました。この作品は、『オデッサ作戦』のジオン補給ラインを封鎖するため、チュニジアのケリビアで移動砲台と化したガンタンクを描いたものだったんですが、これに大きな衝撃を受けまして。ちょうど「そういえばガンタンク作っていないな」と思っていた時で、中古屋さんに行ったらたまたま『MG ガンタンク』が売っていた。これは「作りなさい」という啓示だと思いました(笑)。 ――導かれるようにガンタンクを手にしたんですね。 【量産ズキ】そうですね。昔から主役機よりサブキャラが好きなんです。それに、劇場版では削られたマイナーなガンタンクを使って、カッコいい作品を作ろうと思いました。 ■砂漠に埋もれたトラックも、ガンダム史を感じさせる意味を持たせた ――この作品の背景にはどのような物語をイメージしたのでしょうか? 【量産ズキ】『一年戦争』の序盤、地球連邦軍は苦境に立たされますが、『オデッサ作戦』を機に形勢が逆転します。その背景には、ジオン補給ラインを断つために、ベテランパイロットがロートルマシンを操り、癖のある古参兵を連れて斥候(せっこう=地上戦で、敵情や字形などを偵察・秘密裏に監視する少人数の部隊やその行動)任務があった、という設定で制作しました。 ――派手な戦いの背景で、自軍に有利に進めるために、こうした地味な活動も行われているんですね。 【量産ズキ】そうですね。新しいモビルスーツが台頭するなか、地球では火力と極地戦での戦車の利用価値はまだまだあるはず。改修して人員輸送も兼ねてまだまだ現役、戦車乗りが「地上ではまだまだこいつが一番」と言いながら、あえて人型ではなくこの機体に乗って意地をみせ、活躍すると想像してます。 ――ガンタンクは、数々の戦いを乗り越えてきた感じが表現されていますね。 【量産ズキ】とにかく実際の戦車をイメージにして、よりリアルに砲身・機銃・コクピット・ドラム缶など作りました。古参パイロットによる飛行機によくある『ノーズアートガール』もつけてみました。操縦・狙撃において複座の実在感を出したいので、コクピットのフレームを太く、リベット打ちしました。これは、ダグラム(「太陽の牙 ダグラム」)をイメージしています。  また、ガンタンクはデカ過ぎるので、ロー&ワイドに腹部を一段抜き、戦車部は30mmくらい幅増し改造してます。手のガトリングも装填数を考えて二の腕を弾相としてベルトリンクでつなぎかなりの数を撃てるようにしました。 ――ガンタンクだけでなく、砂漠で朽ちてしまったトラックや飛び出す兵士の躍動感もいい味を出しています。 【量産ズキ】ありがとうございます。トラックは『ジオン降下作戦』当初にやられ、数ヵ月放置された結果、朽ち果てたという設定です。銃撃され、斜面から落ち、砂に突っ込んで止まった状態でドライバーはなんとか逃げて助かった、みたいなイメージです。フロントに弾痕も作ったんですが、砂に埋没させたら見えなくなりました。  場面としては高低差をつけてタンクを下からあおるように見せ、斜面をかけ下りる兵士で「動」を出して、随分前の戦闘で撃たれ放置されたトラックで「静」を表現しています。この配置がなかなか決まらず、何回か土台から作り直し、変則な縦長で後ろが高い形になりました。それぞれ縮尺が異なるので違和感ないように見せるのに苦労しました。 ――多くの人に見てもらえたことで、その苦労も報われましたね。 【量産ズキ】そうですね。この作品もそうですが、ガンプラのおかげでいろいろな人と知り合え、つながりを持つことができました。これからもこのつながりを大事に、作品を作っていきたいですね。 Read more »

核禁止条約1年…世界に1万3000発の核弾頭、国連事務総長「受け入れられない」

© 読売新聞 アントニオ・グテレス氏=ロイター  【ニューヨーク=寺口亮一】核兵器の保有や使用などを禁じる核兵器禁止条約の発効から22日で1年となるのを前に、国連のアントニオ・グテレス事務総長は21日の記者会見で、世界で約1万3000発の核弾頭が存在する現状を「受け入れられない」と述べ、核軍縮の必要性を訴えた。  グテレス氏は、核拡散防止条約(NPT)が米露英仏中の5か国以外に核保有を認めない一方、核保有国には誠実に軍縮交渉を行う義務を定めていることに触れ、「(NPTの)この原則が再び確立されることが私の願いだ」と強調した。  核兵器禁止条約が成立した背景には、核軍縮の停滞への非核保有国の不満がある。計59の国・地域が批准しており、3月に初の締約国会議が開催される予定だ。 Read more »

金谷拓実はダボ2つで28位tに後退 川村昌弘が74位t、スコット・ジェイミソンが首位

<アブダビHSBC選手権 3日目◇22日◇ヤスリンクス アブダビ(アラブ首長国連邦)◇7425ヤード・パー72> ドバイで行われている欧州開幕戦は3日目の競技が終了。首位と2打差でスタートした金谷拓実はダブルボギーを2つ叩くなど「75」と苦しみトータル2アンダーの28位タイまで後退した。 金谷拓実の「漫画を参考にした」ルーティン【比較画像】 首位はトータル11アンダーのスコット・ジェイミソン(スコットランド)。1打差の2位には2019年の「全英オープン」覇者シェーン・ローリー(アイルランド)とトーマス・ピータース(ベルギー)が続いている。 もう一人の日本勢・川村昌弘はトータル3オーバーの74位タイ。ローリー・マキロイ(北アイルランド)は5つ伸ばして金谷と並ぶ28位タイに浮上。世界ランキング2位のコリン・モリカワ(米国)はトータル1アンダーの54位タイとなっている。 © Cross Planet, Inc. 28位タイに後退した金谷拓実(撮影:GettyImages) Read more »

Koを狙って奪える石沢開が軽量級で体現するボクシングの醍醐味【山崎照朝コラム】

© 中日スポーツ 提供 日本ミニマム級王座を獲得した石沢開  軽量級で“ど迫力”の王座戴冠だった。東京・後楽園ホールで今年初のボクシング興行が行われた11日、日本ミニマム級王座決定戦で同級1位の石沢開(25)=M・T=が同級3位森且貴(21)=大橋=を8回2分50秒、右ストレートのカウンターからの連打でキャンバスに沈め、新王者に就いた。敗れた森は立ち上がれず担架でリングを降りた。  10戦9勝(8KO)1敗の強打の石沢に対し、技巧派の森は9戦全勝(2KO)。無敗の森が強打の石沢にどう挑むか―。目が離せない一戦だった。序盤は森が軽快なフットワークと速いジャブで流れをつくる。対する石沢は森のパンチに慣れるのを待って、出て追う展開。再三ロープを背負わせて流れを引き寄せた。無敗の森に力で初黒星を付け、自信につながったことだろう。  石沢は小、中学でサッカーと空手を習い、下半身が鍛えられている。攻守で姿勢が安定し、見ていて安心感がある。「日本チャンピオンという立場にふさわしい試合をこれからも続けていけたらなと思います」と謙虚。それもまたいい。まだ日本王者に就いたばかりだが、ボクシングの醍醐味(だいごみ)でもあるKOを狙って奪える。試合後に勝因を聞かれ、「最後は気持ち」と答えた。東洋、世界も強い気持ちがあってこそ。今後も注目したい。 Read more »

阪神ドラ4・前川 3000メートル走で驚異のラストスパート!野球でも「泥臭く」ごぼう抜き宣言

© スポーツニッポン新聞社 3000m走で驚異のラストスパートを見せた前川は3位でゴール(撮影・大森 寛明)  阪神ドラフト4位・前川(智弁学園)が3000メートル走で驚異のスパートを見せた。最後尾からラスト1周で仕掛けた。中川、伊藤稜の2人を抜いて、12分55秒で3位フィニッシュ。「最後は頑張れたと思う。技術はまだないんで、泥臭く粘り強く食らいついていく」の姿勢を走りで示した。  キャンプ2軍スタートが正式決定。だが、そこで納得はしていない。「1軍を目指しているわけだし、諦めてはいない。可能性を自分でつくっていく」と強い気持ちをスパートにこめた。チーム内競争でも「泥臭く」ごぼう抜きを期す。  安芸では中野に密着する構え。寮では昨年の打撃集を携帯でチェックし、質問する機会に備えている。「間の取り方とかを学ぶチャンス」と吸収に取り組む。 Read more »

「笑点」新メンバー・桂宮治、初登場に戸惑いもメンバーが大絶賛 春風亭昇太「何の違和感もない」

© スポーツ報知/報知新聞社 15日に「笑点」の初収録を行った桂宮治  日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)の新メンバーとなった落語家・桂宮治が23日放送で初登場する。  昨年末で5年7か月レギュラーを務めていた林家三平が卒業。後任が宮治が就任することが1日に発表されていた。15日に収録が行われ、宮治の加入に伴い30年ぶりの席替えも敢行。黒紋付きで出演した宮治は初収録を終え「信じられないくらい疲れました。自分が何をやっているか分からない状況でしたが、師匠方に助けられ、こういう風に若手をもり立ててくれるんだと本当に楽しい収録でした」と感謝を口にした。  司会の春風亭昇太は「司会をしていてもとてもやりやすかった。落語家同士みんなお互いに知っている人なので、何の違和感もなく溶け込めている」と評価した。  メンバーも宮治の加入を歓迎。林家木久扇は「彼はすごくおしゃべりな人で、画面をとっていかれるので用心しなくてはマークしております(笑)。三遊亭好楽も「久しぶりに大物が出てきた。素晴らしい。これからはこの人は一人でも全部引っ張っていけるような人物。すごい良かった。最高! いいメンバーが入ってきました」。  三遊亭小遊三は「元気があるから僕らにも励みになる」。三遊亭円楽は「BS笑点や若手大喜利でやってきたことが準備体操をしてきたようなものなので、これから遠泳大会になると思うけれど、泳ぎ切っていける逸材」とエールを送ると、林家たい平も「きょうが初めての収録と思えないくらいチームワークもできあがっている。何の心配も問題もなく、打てば響く宮治さんだった」と話している。  また30年ぶりとなる席替えでは(左から)司会の春風亭昇太、三遊亭小遊三、三遊亭円楽、林家たい平、林家木久扇、三遊亭好楽、桂宮治となった。 Read more »

落下の瞬間を同僚が目撃…解体中のビルの5階から誤って約10m下の地面に転落 作業員の男性が死亡

 22日午後、名古屋市西区の解体中のビルで、男性作業員(52)が誤って5階から落下し死亡する事故がありました。  午後1時40分ごろ、名古屋市西区城西3丁目の解体中のビルで「作業中の男性が落下した」と同僚男性から119番通報がありました。  落下したのは名古屋市緑区の会社員の男性(52)で、心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて約1時間40分後に死亡が確認されました。  警察によりますと、男性は同僚2人と、ビル5階部分で地面まで貫通した穴から廃材を落とす作業中に、誤って約10メートル下の地面に落下したとみられています。  一緒に作業していた同僚が落下した瞬間を目撃していて、警察は安全管理に問題が無かったかなど事故の状況を詳しく調べています。 Read more »

バレー久光 久留米で逆転勝ちも…「ご当地選手」長岡望悠は同行せず

© 西日本スポーツ バレーボールのVリーグ女子1部の久光スプリングスが後半戦の“開幕戦”を苦しみながらも勝利した。22日に福岡県久留米市の久留米アリーナで行われたPFU戦に3-2で逆転勝ちした。 息詰まる熱戦の中、東京五輪代表の石井優希がアタックで両チーム最多の25点をたたき出し、21歳の平山詩嫣ら若手も活躍。会場のファンを沸かせた一方で、元日本代表の長岡望悠の姿はなかった。酒井監督によると「膝を2度大けがしているので、良いときもあれば、そうでないときもある。練習をして(膝を)使い込んでコンディションが落ちるときもある」と説明。会場の久留米市からも近い同県みやま市出身の“ご当地選手”ながら、今回は大事を取って同行させなかったという。 2016年リオデジャネイロ五輪では日本代表のエースとして活躍した30歳。「今はトレーニングを積んで、次の(出場)機会を、と調整させている」。上位浮上、逆転優勝には不可欠なサウスポーアタッカーだけに酒井監督は体調を整えることを最優先にする考えを改めて示した。 Read more »
On free-english-test.com you will find lots of free English exam practice materials to help you improve your English skills: grammar, listening, reading, writing, ielts, toeic