「頭の悪い人」が絶対に理解してくれない話

「頭の悪い人」が絶対に理解してくれない話

ひろゆき氏(撮影:榊智朗)

SNSの総フォロワー数は300万人を超え、YouTube動画の月間再生数は3億回を超えるなど、現在、日本中で大ブレイク中のひろゆき氏。

彼の最新刊『99%はバイアス』では、「ブレイクの秘訣」を明かし、「どうすれば影響力を持てるのか?」「口のうまい人がトクする世の中で、どう生きるべきか?」などをマジメに語った。

この記事では、ひろゆき氏にさらに気になる質問をぶつけてみた。(構成:種岡 健)

「頭の悪い人」の特徴とは何か?

 人は、「思い込み(バイアス)」でできています。

 そんなバイアスから、簡単に外に出る訓練があります。

 それは、「見たくない」と思うものを「見る」ということです。

「あなたの嫌いな人の『いいところ』はどこですか?」

「あなたの好きな人の『悪いところ』はどこですか?」

 この質問をすると、それを考えることすら苦痛に思う人がいます。

「この人のすべてが丸ごと大好き。だから、悪いところは1ミリもありません」

 こういうことを言い出す人は、かなり「頭の悪い人」です。

 自分で自分をダマそうとしていることに気づけていないのです。

「思い込み」から抜け出す方法

 あなたは、「ディベート」ができるでしょうか。

 ディベートとは、対立する2つの意見のどちらかを選び、2つのチームで意見を言い合うゲームです。

 たとえば、「浮気をしてもいいか、浮気をしてはいけないか」という2つの考えがあるとする。おそらく、あなたにも個人的な考えがあるでしょう。

 ディベートのいいところは、「自分が思っていないほうの考えも、いったん受け入れて演じないといけない」ということです。

 僕は、個人的には「浮気しないほうがいい」と思っています。

 しかし、ディベートの場で「浮気してもいい」側のチームに選ばれたら、僕は普通に「浮気することのメリット」を考えます。

 これがすなわち、「相手の立場になって物事を考えてみる」ということの本質です。

 思い込み(バイアス)から逃れられない人は、「反対意見に立って、いったん演じてみる」ということができないのです。

「浮気なんてダメだ。メリットのことなんて考えられない!」と固執してしまうのは、バイアスに弱いことを認めてしまっていることになります。

「否定されること」に慣れよう

 バイアスにまみれている人は、「意見を否定された」ということを「自分が否定された」と勘違いします。

 反対意見を言われただけで、その人を丸ごと嫌いになってしまうのです。

 そうではなく、自分の意見を反対されたり、自分の価値観と異なる人が現れたときに、逆に興味や関心を持てるかどうかが大事です。

 思考停止して「この人は嫌いだ」と思わないかどうか。そういうことから始めてみるといいでしょう。

 冒頭でも述べたように、私たちは「思い込み」でできていいます。

 そうであれば、その前提を知った上で、思い込みから逃れるには、どうすればいいのか。それを考えるようにしましょう。

「バイアス」の詳しい取り除き方は、『99%はバイアス』という本に書きましたので、ぜひチェックしてみてください。

ひろゆき

本名:西村博之

1976年、神奈川県生まれ。東京都に移り、中央大学へと進学。在学中に、アメリカ・アーカンソー州に留学。1999年、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。2005年、株式会社ニワンゴの取締役管理人に就任し、「ニコニコ動画」を開始。2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。2019年、「ペンギン村」をリリース。主な著書に、シリーズ50万部を突破した『99%はバイアス』『1%の努力』(ダイヤモンド社)がある。

News Related
  • 社員や家族等参加…パチンコ店運営企業が海水浴シーズン終わった海岸で清掃活動「少しでも綺麗に」

    社員や家族等参加…パチンコ店運営企業が海水浴シーズン終わった海岸で清掃活動「少しでも綺麗に」 地域に貢献しようと北陸でアミューズメント施設を運営する企業が、石川県白山市の海岸で25日朝、清掃活動を行いました。 活動を行ったのは、石川県と富山県で11のパチンコ店を運営する「DSGグループ」で、海水浴シーズンが終わったこの時期、地域貢献の一環で毎年清掃を行っています。 25日は、白山市の徳光海岸に社員とその家族など約50人が集まり、海岸に残されたゴミを拾い集めました。 DSGグループ 松尾茂伸課長: 「少しでも石川県を綺麗にしようと清掃活動を行っています。スタッフと交流しながら清掃ができるという最高の時間を過ごせています」 DSGグループではこうした清掃活動などで地域に貢献したいとしています。
    See Details: 社員や家族等参加…パチンコ店運営企業が海水浴シーズン終わった海岸で清掃活動「少しでも綺麗に」
  • 懸賞は1702本=大相撲秋場所

    大相撲秋場所は25日に千秋楽を迎え、懸賞総数は1702本に達し、新型コロナウイルスの感染が広がった2020年春場所以降では最多となった。1日当たりの最多は千秋楽の161本。
    See Details: 懸賞は1702本=大相撲秋場所
  • 冨士眞奈美、大山のぶ代が紹介した“謎のおじさま”について語る「大変なことになっていたのかも」

    20歳くらいのころの冨士眞奈美さん  女優・冨士眞奈美(84)が語る、古今東西つれづれ話。「おじさま」と親しみを込めて呼んでいた男性について述懐する。 ◆ ◆ ◆  昔、私たちの間で「おじさま」と呼んでいたすてきな年上の男性がいた。 顔に刀傷のあった「おじさま」 「おじさま」と知り合うきっかけは、“ペコ”こと大山のぶ代だった。ペコは、俳優座養成所の3期先輩で、一緒に住み、遊んでいた。ペコは腰まである長い髪をひとつにまとめ、いつも黒い服を着ていて、とてもスタイリッシュだった。また、スマートボールが大好き。  彼女は後年、テレビゲーム(『アルカノイド』など)が得意だと紹介されていたけど、若いころからゲーム好きだったのよ。スタンダールが好きな私は、何が面白いのか、まったく理解できなかったけど(笑)。  ある日、彼女と銀座に出かけると、おじさまを紹介してくれた。「おじさま、おじさま」と親しそうに呼んでいたけど、当のペコもおじさまの素性はよくわかっていなかったらしい。  おじさまは、昼、夜と日に何度も服装を変える、おしゃれで伊達な人だった。当時、俳優座養成所の男の子たちは、おしゃれとは程遠い、私と同じように地方出身の子ばかりだったから、そのおじさまの雰囲気に、私もペコもうっとりするばかりだった。  おじさまの実際の職業はわからなかった。ただ、ボクシングの興行に携わっていたようで、フィリピンだかインドネシアにコネクションがあると話してくれた。あるとき、寂しさを漂わせる笑顔で、ちょっと別荘に行ってくると言って、しばらく帰ってこなかったこともあった。  おじさまの頬には、刀傷があった。でも、ヘンリー・フォンダのようにハンサムで、その傷ですら魅力を演出する付加価値に思えた。日比谷の一等地に事務所を構えていたことからも、ただ者ではないことだけはわかった。  おじさまの話を、「元祖和製プレスリー」とも呼ばれた小坂一也さんにすると、「ああ、あの人か」なんて当然のように知っていた。小坂さんだけじゃない、芸能界ではかなり知られた存在だった。  私は一時期ボクシング観戦にはまっていて、会場でおじさまと顔を合わせることもあった。おじさまと、ボクシングジムの会長さんと一緒に飲んだりしたことも。ナイトクラブで流れる曲に合わせて踊るおじさまは、映画の登場人物のようだった。  父が亡くなり、私はNHKの専属を辞めてフリーに。家族を養うために仕事を増やしたこともあり、格段に忙しくなった。ボクシングを見に行く機会も減り、おじさまとの交流もなくなっていった。  おじさまは、とても硬派だけど優しい紳士だった。2度目だという結婚をして、子どもが生まれたときはとても喜んでいた。グラマーな奥様はお忙しかったんだろう。嵐の日に、坊やの子守をなぜか私たちがしたことがあった。  ただ者なわけがない。だけど、まったく普通に接してくれる。ハンサムなのに、顔に刀傷がある。世間一般からは推し量ることのできない雰囲気は、まるでフィルムノワールの世界から飛び出してきたかのよう。  誰もが戦争を経験してきた時代は、死と隣り合わせの日々を送ってきた人たちも大勢いたから、今のコワモテの人たちより凄みがあったような気がする。テレビ局にシベリア帰りのディレクターがいた時代だから。  ペコは一体、どこでおじさまと知り合ったんだろう。今の彼女にはもう確認はできない。  思えば、NHKの専属だった私が、おじさまと親しくしていたことが世間に知られたら、当時だって大変なことになっていたのかも。でも、令和の時代にはあんなすてきな紳士はいない。  最後に会ったのは、1970年代中ごろだったと思う。後楽園ホールでボクシングの試合を見ていたら、「相変わらずきれいだね」と声をかけてきてくれた。おじさまは、1人青年を連れていた。その青年が私たちが嵐の日に子守をした坊やだったことは、後で知った。 PROFILE●冨士眞奈美(ふじ・まなみ)静岡県生まれ。県立三島北高校卒。1956年NHKテレビドラマ『この瞳』で主演デビュー。1957年にはNHKの専属第1号に。俳優座付属養成所卒。俳人、作家としても知られ、句集をはじめ著書多数。
    See Details: 冨士眞奈美、大山のぶ代が紹介した“謎のおじさま”について語る「大変なことになっていたのかも」
  • 【高校野球 神奈川秋季大会】慶応が日大藤沢下し、決勝進出 関東大会への切符獲得

    関東大会出場を決め、喜ぶ慶応ナイン=サーティーフォー保土ケ谷(立石 祐志写す) ◆慶応7―6日大藤沢  神奈川県高校野球秋季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)は25日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝が行われた。第1試合は慶応が7―6で日大藤沢を下して決勝進出を果たし、5年ぶり12度目となる秋季関東大会(10月22日から埼玉県)の出場権を獲得した。  慶応は三回、福井直睦(2年)の3点本塁打で先制。五回に延末藍太(同)が2点二塁打を放ち、八回には丸田湊斗(同)のタイムリーなどでリードを広げた。  地区予選を含めて準々決勝まで7試合12本塁打をマークしてきた長打力を大一番でも発揮。犠打やエンドランも絡める多彩な攻撃を展開した。  先発した小宅雅己(1年)は伸びのある直球とスライダーを軸に7回2失点と好投。八回からエース松井喜一(2年)が救援した。  慶応は27日に同球場で行われる決勝(試合開始午後1時)で、横浜創学館―横浜の勝者と対戦する。
    See Details: 【高校野球 神奈川秋季大会】慶応が日大藤沢下し、決勝進出 関東大会への切符獲得
  • 小学生が自慢の英語力を披露 英語暗唱コンテスト 岡山の名産品を紹介【岡山・岡山市】

    小学生が岡山の名産品を英語で暗唱するコンテストが9月25日、岡山市で行われました。 このコンテストは朝日塾中等教育学校が企画したもので、全国から集まった小学5・6年生、39人が参加しました。暗唱するのはフルーツやきびだんご、ジーンズなど岡山の名産品を紹介する約150字の英文で、子どもたちは表情や手の動きを使ってまるで会場の人たちに話しかけるように堂々と発表し、審査員を驚かせていました。 (参加した子どもは…) 「みんなも英語をやってみたいと感じてもらえたら」 「人前で発表することは緊張するけど、相手にどう伝わるかを考えることが楽しかった」 朝日塾中等教育学校では、将来役立つ英語力を身に着けるだけでなく、楽しさを見つけてほしいとしています。
    See Details: 小学生が自慢の英語力を披露 英語暗唱コンテスト 岡山の名産品を紹介【岡山・岡山市】
  • 【RIZIN】メイウェザーが試合後に〝大独演会〟 対戦相手の名前を口にしない大物ぶり

    【RIZIN】メイウェザーが試合後に〝大独演会〟 対戦相手の名前を口にしない大物ぶり 格闘技イベント「超(スーパー)RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)のエキシビションマッチで、朝倉未来(30)に2ラウンド(R)でTKO勝利を収めたフロイド・メイウェザー(45=米国)だが、試合後の会見は、〝大独演会〟となり大物ぶりを見せつけた。 未来のボクサーとしてのに資質については「彼が昔からボクシングを始めていたら、いいところまでいった。今日も楽しんでいるそぶりを見せていたし。もっと早くやっていればある程度は、いったね」と認めた。 さらに「俺は経験から対戦相手と向き合っているだけで、試合中にデータを集めることができる」と貫禄たっぷりに言い「今回の試合では常にプレッシャーをかけて、相手の反応を見た。相手は非常に大きく力強いパンチを出してきたが、どんなファイターでも1Rはとても強い。2Rあたりから彼の呼吸が乱れていたんだ。でも彼が遊んだ態度だったので、『そういう態度なのか』と試合を続けた」と詳細に解説してみせた。 また、今後のエキシビションマッチについて問われると「今、集中しているのは、11月13日にコカ・コーラ・アリーナ(UAE・ドバイ)で、すごい人気があるユーチューブのスターとやること。その後は日本、ハワイ、サウジアラビア、アフリカ、いろんなところでやる。とにかく俺のチーム(TMT)には毎日オファーの電話が鳴りやまないんだ」と説明した。 ただ、メイウェザーは大会前、米ニュースサイト「TMZスポーツ」の取材に「ある男と…えっと…あー、デジ、そんな名前でいいか、確かめたいけど。デジだっけ? 俺らはドバイでエキシビションをやる予定なんだ」と、適当な感じで答えていた。 18日に来日して以来、「アサクラミクル」の名前はほとんど口に出さず、この日も次の対戦相手「Deji(デジ)」の名を言わなかった。自分が格上なことを示すためあえて口に出さないのか、それとも本当に名前を覚えていないのか? メイウェザーの発言は、すべて〝ビッグショット(大物)〟ぶりを際立たせていた。
    See Details: 【RIZIN】メイウェザーが試合後に〝大独演会〟 対戦相手の名前を口にしない大物ぶり
  • 花束投げ捨て騒動〝元アウトローのカリスマ〟瓜田純士も断罪「理解不能な暴挙。恥を知れ」

    瓜田純士  朝倉未来がスペシャルアドバイザーを務める1分間最強を決める格闘技大会「Breaking Down」で活躍する格闘家で、〝元アウトローのカリスマ〟と呼ばれる瓜田純士が25日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、この日、さいたまスーパーアリーナで開催された「超RIZIN/RIZIN.38」での花束投げ捨て騒動に怒りを滲ませた。  「【聞け!ごぼうの党奥野】花束の件ふざけるな!」と題した動画で当初は「さっきまでPPVでみてたんですが、もちろんメイウェザーと未来の戦いは素晴らしかった。メイウェザーに当てることは難しいと言われている中で、未来がメイウェザーに終始圧を掛けて、メイウェザー結構ビビってたんじゃないの?当たったらヤバイと思っていたと思う」と、試合の感想を冷静に語っていたが、途中から花束の件に。「まったく理解不能な暴挙、まったく理解不能なはしたない、卑しく、恥ずかしい、下劣な行動」と首をふり「非常にショッキングな映像。すごい悲しくなっちゃった。政治的な意図なのか、差別的な何かなのか」と「お前、つまんねぇことやってんじゃねえよ、この野郎。お前の日じゃねぇんだよ。朝倉未来とメイウェザーの試合でお前関係ねえだろ。てめえの政治的なパフォーマンスだったりやってんじゃねえよ。恥ずかしいんだよ、この野郎。今すぐメイウェザーに謝ってこい。未来にも謝れ。国民にも謝れ。同じ日本人として恥ずかしい。日本の恥さらし。恥を知れ」と、断罪した。紳士的な対応をしたメイウェザーに「同じ日本人として申し訳ない。日本を嫌いにならないでください」と、呼びかけた。  元ボクシング5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(45)=米国=と、総合格闘家の朝倉未来(30)=トライフォース赤坂=とのボクシングルールに準じたエキシビジョンマッチ。デジタルチケットを420万円で購入した「ごぼうの党」奥野卓志氏が、メイウェザーの花束贈呈役を務めたが、メイウェザーの目の前で花束を手渡さずにリングに投げ捨てるという行動に出た。
    See Details: 花束投げ捨て騒動〝元アウトローのカリスマ〟瓜田純士も断罪「理解不能な暴挙。恥を知れ」
  • 外交で共存図る=防衛力増強は不可避―宮本雄二元駐中国大使・日中国交正常50周年

    元駐中国大使の宮本雄二氏  29日の国交正常化50周年の節目を控え、日中間では沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題など安全保障面で緊張が続いている。日中関係に長年携わった宮本雄二元駐中国大使はインタビューで、中国の軍拡に対応して日本が防衛力を増強する一方、共存関係を模索する総合的な外交努力の強化が必要だと訴えた。  ―日中は安全保障をめぐり緊張している。  競争的側面がますます強くなって、共存の側面が弱くなっている。しっかり危機管理をして、新たな段階に入る努力をしなければならない。国民同士の交流、相互理解を常に強化する努力をしないといけない。国民同士の関係は未来永劫(えいごう)続く。自分は正しい、相手が間違っているという立場に互いに立つ限り、戦争しか解決方法はない。  ―中国のナショナリズムが高まり、習近平体制は強国路線を取っている。  米国は台湾問題で譲歩する雰囲気にはない。米国と正面から戦ったら中国は負けるが、それでも譲歩できないのが台湾問題だ。このままでは習氏は厳しい選択を迫られる。米中衝突の危険性は高まっている。(米軍基地がある)日本は中国からすれば中立国ではあり得ない。台湾問題は人ごとではない。  ―日本政府はどう対応するべきか。  包括的な対応策を持つべきだ。中国が軍事力の増強を続ける限り、防衛力の増強は不可避だ。軍事専門家のロジックは、最悪のシナリオを考え、相手を過大評価しがちだ。相手も同様だから、軍拡競争はどちらかが打ち負かされるまで続く。そのサイクルに東アジアは入っている。この競争のプロセスは危険に満ちている。危機管理に全力を注ぐべきだ。  戦争ではない形で対立を終わらせるのが、政治と外交の仕事だ。隣の大国同士の日中は、共存する以外の道はない。日中共同声明と日中平和友好条約が追求する平和、友好、協力こそが共存を可能とする。この共通目標を再確認するべきだ。協力を拡大して共存を図るべきだ。その手だては十分にある。  中国は試行錯誤を続けている。習氏が言う(中華民族の偉大な復興という)「中国の夢」は、世代が変われば中身も変わる。「中国はこうなる。だからこう対抗するべきだ」といった決め打ちはやめた方がいい。 
    See Details: 外交で共存図る=防衛力増強は不可避―宮本雄二元駐中国大使・日中国交正常50周年
  • クルマ作りの人材育成のためスーパー耐久に参戦するHonda従業員チーム「Honda R&D Challenge」

    元駐中国大使の宮本雄二氏  29日の国交正常化50周年の節目を控え、日中間では沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題など安全保障面で緊張が続いている。日中関係に長年携わった宮本雄二元駐中国大使はインタビューで、中国の軍拡に対応して日本が防衛力を増強する一方、共存関係を模索する総合的な外交努力の強化が必要だと訴えた。  ―日中は安全保障をめぐり緊張している。  競争的側面がますます強くなって、共存の側面が弱くなっている。しっかり危機管理をして、新たな段階に入る努力をしなければならない。国民同士の交流、相互理解を常に強化する努力をしないといけない。国民同士の関係は未来永劫(えいごう)続く。自分は正しい、相手が間違っているという立場に互いに立つ限り、戦争しか解決方法はない。  ―中国のナショナリズムが高まり、習近平体制は強国路線を取っている。  米国は台湾問題で譲歩する雰囲気にはない。米国と正面から戦ったら中国は負けるが、それでも譲歩できないのが台湾問題だ。このままでは習氏は厳しい選択を迫られる。米中衝突の危険性は高まっている。(米軍基地がある)日本は中国からすれば中立国ではあり得ない。台湾問題は人ごとではない。  ―日本政府はどう対応するべきか。  包括的な対応策を持つべきだ。中国が軍事力の増強を続ける限り、防衛力の増強は不可避だ。軍事専門家のロジックは、最悪のシナリオを考え、相手を過大評価しがちだ。相手も同様だから、軍拡競争はどちらかが打ち負かされるまで続く。そのサイクルに東アジアは入っている。この競争のプロセスは危険に満ちている。危機管理に全力を注ぐべきだ。  戦争ではない形で対立を終わらせるのが、政治と外交の仕事だ。隣の大国同士の日中は、共存する以外の道はない。日中共同声明と日中平和友好条約が追求する平和、友好、協力こそが共存を可能とする。この共通目標を再確認するべきだ。協力を拡大して共存を図るべきだ。その手だては十分にある。  中国は試行錯誤を続けている。習氏が言う(中華民族の偉大な復興という)「中国の夢」は、世代が変われば中身も変わる。「中国はこうなる。だからこう対抗するべきだ」といった決め打ちはやめた方がいい。 
    See Details: クルマ作りの人材育成のためスーパー耐久に参戦するHonda従業員チーム「Honda R&D Challenge」
  • 佐藤健の理想の恋とは?「コントロールできない方がいい」

    元駐中国大使の宮本雄二氏  29日の国交正常化50周年の節目を控え、日中間では沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題など安全保障面で緊張が続いている。日中関係に長年携わった宮本雄二元駐中国大使はインタビューで、中国の軍拡に対応して日本が防衛力を増強する一方、共存関係を模索する総合的な外交努力の強化が必要だと訴えた。  ―日中は安全保障をめぐり緊張している。  競争的側面がますます強くなって、共存の側面が弱くなっている。しっかり危機管理をして、新たな段階に入る努力をしなければならない。国民同士の交流、相互理解を常に強化する努力をしないといけない。国民同士の関係は未来永劫(えいごう)続く。自分は正しい、相手が間違っているという立場に互いに立つ限り、戦争しか解決方法はない。  ―中国のナショナリズムが高まり、習近平体制は強国路線を取っている。  米国は台湾問題で譲歩する雰囲気にはない。米国と正面から戦ったら中国は負けるが、それでも譲歩できないのが台湾問題だ。このままでは習氏は厳しい選択を迫られる。米中衝突の危険性は高まっている。(米軍基地がある)日本は中国からすれば中立国ではあり得ない。台湾問題は人ごとではない。  ―日本政府はどう対応するべきか。  包括的な対応策を持つべきだ。中国が軍事力の増強を続ける限り、防衛力の増強は不可避だ。軍事専門家のロジックは、最悪のシナリオを考え、相手を過大評価しがちだ。相手も同様だから、軍拡競争はどちらかが打ち負かされるまで続く。そのサイクルに東アジアは入っている。この競争のプロセスは危険に満ちている。危機管理に全力を注ぐべきだ。  戦争ではない形で対立を終わらせるのが、政治と外交の仕事だ。隣の大国同士の日中は、共存する以外の道はない。日中共同声明と日中平和友好条約が追求する平和、友好、協力こそが共存を可能とする。この共通目標を再確認するべきだ。協力を拡大して共存を図るべきだ。その手だては十分にある。  中国は試行錯誤を続けている。習氏が言う(中華民族の偉大な復興という)「中国の夢」は、世代が変われば中身も変わる。「中国はこうなる。だからこう対抗するべきだ」といった決め打ちはやめた方がいい。 
    See Details: 佐藤健の理想の恋とは?「コントロールできない方がいい」
  • 皇治が「ごぼうの党」代表・メイウェザーへの非礼を謝罪 「日本人としてホンマに申し訳ない」

    元駐中国大使の宮本雄二氏  29日の国交正常化50周年の節目を控え、日中間では沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題など安全保障面で緊張が続いている。日中関係に長年携わった宮本雄二元駐中国大使はインタビューで、中国の軍拡に対応して日本が防衛力を増強する一方、共存関係を模索する総合的な外交努力の強化が必要だと訴えた。  ―日中は安全保障をめぐり緊張している。  競争的側面がますます強くなって、共存の側面が弱くなっている。しっかり危機管理をして、新たな段階に入る努力をしなければならない。国民同士の交流、相互理解を常に強化する努力をしないといけない。国民同士の関係は未来永劫(えいごう)続く。自分は正しい、相手が間違っているという立場に互いに立つ限り、戦争しか解決方法はない。  ―中国のナショナリズムが高まり、習近平体制は強国路線を取っている。  米国は台湾問題で譲歩する雰囲気にはない。米国と正面から戦ったら中国は負けるが、それでも譲歩できないのが台湾問題だ。このままでは習氏は厳しい選択を迫られる。米中衝突の危険性は高まっている。(米軍基地がある)日本は中国からすれば中立国ではあり得ない。台湾問題は人ごとではない。  ―日本政府はどう対応するべきか。  包括的な対応策を持つべきだ。中国が軍事力の増強を続ける限り、防衛力の増強は不可避だ。軍事専門家のロジックは、最悪のシナリオを考え、相手を過大評価しがちだ。相手も同様だから、軍拡競争はどちらかが打ち負かされるまで続く。そのサイクルに東アジアは入っている。この競争のプロセスは危険に満ちている。危機管理に全力を注ぐべきだ。  戦争ではない形で対立を終わらせるのが、政治と外交の仕事だ。隣の大国同士の日中は、共存する以外の道はない。日中共同声明と日中平和友好条約が追求する平和、友好、協力こそが共存を可能とする。この共通目標を再確認するべきだ。協力を拡大して共存を図るべきだ。その手だては十分にある。  中国は試行錯誤を続けている。習氏が言う(中華民族の偉大な復興という)「中国の夢」は、世代が変われば中身も変わる。「中国はこうなる。だからこう対抗するべきだ」といった決め打ちはやめた方がいい。 
    See Details: 皇治が「ごぼうの党」代表・メイウェザーへの非礼を謝罪 「日本人としてホンマに申し訳ない」
  • 花束捨て シバター酷評「お前が日本の恥さらし マジ不要」オチなし批判 花拾うメイウェザー「格好良い」

    元駐中国大使の宮本雄二氏  29日の国交正常化50周年の節目を控え、日中間では沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題など安全保障面で緊張が続いている。日中関係に長年携わった宮本雄二元駐中国大使はインタビューで、中国の軍拡に対応して日本が防衛力を増強する一方、共存関係を模索する総合的な外交努力の強化が必要だと訴えた。  ―日中は安全保障をめぐり緊張している。  競争的側面がますます強くなって、共存の側面が弱くなっている。しっかり危機管理をして、新たな段階に入る努力をしなければならない。国民同士の交流、相互理解を常に強化する努力をしないといけない。国民同士の関係は未来永劫(えいごう)続く。自分は正しい、相手が間違っているという立場に互いに立つ限り、戦争しか解決方法はない。  ―中国のナショナリズムが高まり、習近平体制は強国路線を取っている。  米国は台湾問題で譲歩する雰囲気にはない。米国と正面から戦ったら中国は負けるが、それでも譲歩できないのが台湾問題だ。このままでは習氏は厳しい選択を迫られる。米中衝突の危険性は高まっている。(米軍基地がある)日本は中国からすれば中立国ではあり得ない。台湾問題は人ごとではない。  ―日本政府はどう対応するべきか。  包括的な対応策を持つべきだ。中国が軍事力の増強を続ける限り、防衛力の増強は不可避だ。軍事専門家のロジックは、最悪のシナリオを考え、相手を過大評価しがちだ。相手も同様だから、軍拡競争はどちらかが打ち負かされるまで続く。そのサイクルに東アジアは入っている。この競争のプロセスは危険に満ちている。危機管理に全力を注ぐべきだ。  戦争ではない形で対立を終わらせるのが、政治と外交の仕事だ。隣の大国同士の日中は、共存する以外の道はない。日中共同声明と日中平和友好条約が追求する平和、友好、協力こそが共存を可能とする。この共通目標を再確認するべきだ。協力を拡大して共存を図るべきだ。その手だては十分にある。  中国は試行錯誤を続けている。習氏が言う(中華民族の偉大な復興という)「中国の夢」は、世代が変われば中身も変わる。「中国はこうなる。だからこう対抗するべきだ」といった決め打ちはやめた方がいい。 
    See Details: 花束捨て シバター酷評「お前が日本の恥さらし マジ不要」オチなし批判 花拾うメイウェザー「格好良い」
  • 高安「弱いから負けた。修業が足りない」 秋場所、初優勝ならず

    元駐中国大使の宮本雄二氏  29日の国交正常化50周年の節目を控え、日中間では沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題など安全保障面で緊張が続いている。日中関係に長年携わった宮本雄二元駐中国大使はインタビューで、中国の軍拡に対応して日本が防衛力を増強する一方、共存関係を模索する総合的な外交努力の強化が必要だと訴えた。  ―日中は安全保障をめぐり緊張している。  競争的側面がますます強くなって、共存の側面が弱くなっている。しっかり危機管理をして、新たな段階に入る努力をしなければならない。国民同士の交流、相互理解を常に強化する努力をしないといけない。国民同士の関係は未来永劫(えいごう)続く。自分は正しい、相手が間違っているという立場に互いに立つ限り、戦争しか解決方法はない。  ―中国のナショナリズムが高まり、習近平体制は強国路線を取っている。  米国は台湾問題で譲歩する雰囲気にはない。米国と正面から戦ったら中国は負けるが、それでも譲歩できないのが台湾問題だ。このままでは習氏は厳しい選択を迫られる。米中衝突の危険性は高まっている。(米軍基地がある)日本は中国からすれば中立国ではあり得ない。台湾問題は人ごとではない。  ―日本政府はどう対応するべきか。  包括的な対応策を持つべきだ。中国が軍事力の増強を続ける限り、防衛力の増強は不可避だ。軍事専門家のロジックは、最悪のシナリオを考え、相手を過大評価しがちだ。相手も同様だから、軍拡競争はどちらかが打ち負かされるまで続く。そのサイクルに東アジアは入っている。この競争のプロセスは危険に満ちている。危機管理に全力を注ぐべきだ。  戦争ではない形で対立を終わらせるのが、政治と外交の仕事だ。隣の大国同士の日中は、共存する以外の道はない。日中共同声明と日中平和友好条約が追求する平和、友好、協力こそが共存を可能とする。この共通目標を再確認するべきだ。協力を拡大して共存を図るべきだ。その手だては十分にある。  中国は試行錯誤を続けている。習氏が言う(中華民族の偉大な復興という)「中国の夢」は、世代が変われば中身も変わる。「中国はこうなる。だからこう対抗するべきだ」といった決め打ちはやめた方がいい。 
    See Details: 高安「弱いから負けた。修業が足りない」 秋場所、初優勝ならず
  • また新たな台風発生へ マリアナ育ちは発達しやすいので注意 小笠原諸島あすから影響

    元駐中国大使の宮本雄二氏  29日の国交正常化50周年の節目を控え、日中間では沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題など安全保障面で緊張が続いている。日中関係に長年携わった宮本雄二元駐中国大使はインタビューで、中国の軍拡に対応して日本が防衛力を増強する一方、共存関係を模索する総合的な外交努力の強化が必要だと訴えた。  ―日中は安全保障をめぐり緊張している。  競争的側面がますます強くなって、共存の側面が弱くなっている。しっかり危機管理をして、新たな段階に入る努力をしなければならない。国民同士の交流、相互理解を常に強化する努力をしないといけない。国民同士の関係は未来永劫(えいごう)続く。自分は正しい、相手が間違っているという立場に互いに立つ限り、戦争しか解決方法はない。  ―中国のナショナリズムが高まり、習近平体制は強国路線を取っている。  米国は台湾問題で譲歩する雰囲気にはない。米国と正面から戦ったら中国は負けるが、それでも譲歩できないのが台湾問題だ。このままでは習氏は厳しい選択を迫られる。米中衝突の危険性は高まっている。(米軍基地がある)日本は中国からすれば中立国ではあり得ない。台湾問題は人ごとではない。  ―日本政府はどう対応するべきか。  包括的な対応策を持つべきだ。中国が軍事力の増強を続ける限り、防衛力の増強は不可避だ。軍事専門家のロジックは、最悪のシナリオを考え、相手を過大評価しがちだ。相手も同様だから、軍拡競争はどちらかが打ち負かされるまで続く。そのサイクルに東アジアは入っている。この競争のプロセスは危険に満ちている。危機管理に全力を注ぐべきだ。  戦争ではない形で対立を終わらせるのが、政治と外交の仕事だ。隣の大国同士の日中は、共存する以外の道はない。日中共同声明と日中平和友好条約が追求する平和、友好、協力こそが共存を可能とする。この共通目標を再確認するべきだ。協力を拡大して共存を図るべきだ。その手だては十分にある。  中国は試行錯誤を続けている。習氏が言う(中華民族の偉大な復興という)「中国の夢」は、世代が変われば中身も変わる。「中国はこうなる。だからこう対抗するべきだ」といった決め打ちはやめた方がいい。 
    See Details: また新たな台風発生へ マリアナ育ちは発達しやすいので注意 小笠原諸島あすから影響

OTHER NEWS

潮田玲子さん、狩野舞子さんが〝きつね耳〟スタイルでノーバン始球式

潮田玲子さん、狩野舞子さんが〝きつね耳〟スタイルでノーバン始球式 バトミントン元日本代表の潮田玲子さん(38)とバレーボール元日本代表の狩野舞子さん(34)が25日の日本ハム対楽天戦(札幌ドーム)で始球式を行った。 今大人気のきつねダンスの音楽に合わせ、きつね耳カチューシャと潮田さんの名前にちなんだ背番号(0と15)付きユニホームで登場した2人は共に豪快なフォームでノーバン投球を披露。来場した大勢のファンから拍手喝采を浴びた。 投球後、取材に応じた潮田さんは「ちょっと下目(低め)にいってしまいました。悔しい」と苦笑い。すでに始球式経験のある狩野さんはこの日マウンド横からの投球だったこともあり「全然マウンドより投げやすかった」と満面の笑みを浮かべ感想を語った。 2人はこの日、ファイターズ基金を活用した新たな活動として女性アスリート向けセミナーを札幌ドームで開催。今回はその一環での始球式だったが札幌ドーム来場は共に初だっただけに潮田さんは「来たことがなかったが、貴重な時間を頂けたのはすごくうれしい」。狩野さんも「新庄さんが天井から出てきたシーンがいまだに忘れられない。現地で観戦したことはないんですけど、すごいエンタメ性にあふれているチームだなと思う」と日本ハムの印象を話していた。 Read more »

衛星測位システム「北斗」、応用数が増加

衛星測位システム「北斗」の模型。(2020年9月18日撮影、福州=新華社記者/林善伝)  【新華社鄭州9月25日】中国の衛星測位システム「北斗」の応用が力強く発展している。重点業界向けと個人消費向けがいずれも安定した増加傾向を示し、特に個人向けサービスは需要が継続的に喚起され、応用が急増し、普及が進んでいる。河南省鄭州市でこのほど開かれた「中国北斗応用大会兼中国衛星航法・測位サービス第11回年次総会」で明らかになった。  グローバル衛星測位システム「北斗3号」の運用開始から2年余りが経過し、交通運輸や公共安全、災害救助・減災、農林畜産漁業、都市管理などの産業分野での応用が深化し、電力・水利・通信インフラの建設でも利用が進んでおり、大規模化され発展する良好な局面が形成され、各産業を全面的にサポートし顕著な効果を収めている。中国衛星導航定位協会が発表した「2022中国衛星航法・測位サービス産業発展白書」によると、21年における中国の衛星航法・測位サービス産業の生産額は4690億元(1元=約20円)で、比較的速い増加傾向を維持した。  同協会の于賢成(う・けんせい)会長は、中国衛星航法・測位サービス産業が今年上半期(1~6月)、コロナの影響を克服して好調に推移したと説明。関連企業の売上高と収益力はますます向上し、産業チェーンの各部門がバランスのとれた発展を維持し、川上の基本デバイス、川中の端末とシステムインテグレーション、川下の運用サービスなど各部門の生産額は、いずれもある程度増加したと述べた。  同協会北斗時空技術研究院が中国の重点産業・重点地域での北斗応用発展状況を長期にわたり追跡・分析した結果によると、今年上半期、北斗システムの産業向け応用規模は拡大を続け、個人消費の増大が北斗対応端末の出荷増を支えた。個人消費向けの応用端末の規模は1億4千万台に迫り、うち北斗対応スマートフォンの出荷台数は1億3千万台を超えた。  中国科学技術協会の党組メンバーで書記処書記の張桂華(ちょう・けいか)氏は、北斗技術のイノベーションを支える研究を絶えず強化し、北斗応用のコア技術や共通技術の開発を続け、イノベーションを加速させ、資源配分の最適化を図るよう指摘。技術のボトルネックを打破し、産学研の連携を強化し、チップ・端末・サービス・規格が一体化した独自発展の実現に努め、国の安全保障や経済・社会発展に北斗がさらに貢献できるよう取り組むと述べた。 Read more »

日産がド迫力グリル採用「新型セダン」発売! 存在感あるスポーティな「アルティマ」を米国で約368万円から

めちゃスポーティセダン新型「アルティマ」米国登場!  日産の米国法人(米国日産)は、2022年9月22日に新型「アルティマ(2023年モデル)」を発売しました。    新しくなったフロントフェイスを採用する同市場のフラッグシップセダンとなる新型アルティマとはどのようなモデルなのでしょうか。 超カッコいい! 新型「アルティマ(2023年モデル)」を米国日産が発売! スポーティな新フェイスが採用された! 超カッコいい! 新型「アルティマ(2023年モデル)」を米国日産が発売! スポーティな新フェイスが採用された!  アルティマは、日産が米国などで展開するフラッグシップセダンで、現行モデルは2018年に発表されました。 【画像】こりゃカッコいい! 速そうな新型「アルティマ」 実車の写真を見る!(31枚)  今回、2023年モデルではフロントフェイスのスタイリングを一新。  さらに、標準安全装備や搭載技術を拡充や、新デザインのアルミホイールと新しい2色のボディカラーが採用されました。  フロントフェイスは、これまでも採用されていた日産車共通のフロントフェイスとなる「Vモーショングリル」を独特のスポーティなデザインに刷新するとともに、ブランドロゴのデザインを変更したものを採用しています。  さらにLEDヘッドライト(デイタイムランニングライトにターンシグナルを内蔵)を標準装備することで、存在感のある引き締まった印象を与えました。  またSRグレードでは「ブラッククローム」仕上げの専用グリルを採用し、ほかグレードとの差別化を図っています。  ボディカラーでは、グレイスカイ・パールとガーネット・パール・メタリックという新色を追加し、足元を飾るアルミホイルはSVグレードに17インチ、SR/SL/SR VC-Turboグレードにはデザインの異なる19インチアルミホイールを設定しました。  インテリアでは、インパネの質感変更やゼログラビティシート(本革シート/運転席8ウェイパワーシート)など、利便性とコネクティビティを高める機能を搭載。  SRグレードでは、デュアルステッチを施したアファブリックを採用するなど高級感を高めています。  また、7インチのアドバンスト・ドライブ・アシストディスプレイに加えて、新型アルティマでは12.3インチHDカラーディスプレイ(マルチタッチコントロール付き)、日産ドア・ツー・ドア ナビゲーションシステム、Wi-Fiホットスポットを新たに追加しました。  さらに運転支援や安全機能では、最新の「プロパイロットアシスト」や「セーフティシールド360」などが採用されています。  搭載されるエンジンは、最高出力248馬力を発生する2リッターVCターボと、最高出力188馬力を発揮する2.5リッターという2種類のエンジンにエクストロニックトランスミッションを組み合わせており、SRグレードのみパドルシフトを装備。  さらに運動性能の向上としてステアリングは、デュアルピニオン電動パワーステアリングを採用することで、低速域では操舵力を抑え、高速域では操舵力を高めるなどのチューニングが施されました。  足回りは、進化した前後独立サスペンションとモノチューブリアショックを採用し、ハーシュネスに影響を与えずに優れた車両応答性を実現。SRグレードではサスペンションとシャシに独自のチューニングを施し、よりスポーティなハンドリングと乗り心地を体感出来ます。 ※ ※ ※ ... Read more »

花束投げ捨て シバター酷評「お前が日本の恥さらし マジ不要」花拾うメイウェザー「格好良い」

シバター  YouTuberで格闘家のシバターが25日、YouTubeに「朝倉未来vsメイウェザー見て感動した」と題した動画を投稿。同日に行われた「超RIZIN/RIZIN.38」の、フロイド・メイウェザー(45)と朝倉未来(30)の試合を独特トークで語った。  その中で「そして、この試合でもうひとつ言えることといえば、ごぼう?なんだお前?お前はいろいろはきちがえている。いろいろと勘違いしている」と、デジタルチケットを420万円で購入してメイウェザーへの花束贈呈役を務めた政治団体「ごぼうの党」の奧野卓志代表が、メイウェザーの目の前で花束をリングに投げ捨て、炎上している件をとりあげた。  「全世界が見る配信ですよ。日本の恥を、お前がさらしたんだ」「ごぼう、マジお前要らなかった」「パフォーマンス意味不明。マジ意味分かんない」とオチなしで、切り捨てた。  「花を拾ったメイウェザーは格好良かった。悪いのはお花じゃない。ああいうムーブをして、僕的には好感度あがった」と語った。 Read more »

TRF・SAM 長寿のために大切なことは「「社会との繋がり」「人と会って話す」

TRFのSAM  5人組ダンス&ボーカルグループ「TRF」のSAM(60)が24日放送の日本テレビ「マツコ会議」(土曜後11・00)に出演。「長寿のための生活習慣」について話した。  「ジェロントロジー」という、加齢学の修士号を取得したSAMは「100歳以上の長寿の人がたくさんいる地域をブルーゾーンっていうんですけど、ブルーゾーンの人たちの生活習慣っていうのが長寿のヒントがたくさん隠されている」とコメント。  続けて、長寿のための生活習慣について「まず適度な運動。目的意識、これ生きがいとかですよね。あとは適度な赤ワイン。ポリフェノールなんですよ」とした上で、「人との繋がり、植物性食品。そこに家族を大事にするとか地域との繋がりみたいなのがくる」と説明した。  さらに、「社会との繋がりがすごく大事で、やっぱり定年退職していきなり会社っていう組織から一人になるわけじゃないですか。そうすると実は友達いなかったなみたいな人がたくさんいるみたいなんで」と話し、「どんどん脳がやられてくわけですよね、会話が少なくなって外に出なくなって。そういう人は外に接点を作っていく。人と会って話すってすごく大事なんですよ」と語った。 Read more »

岱海生態緊急給水プロジェクトが完成 内モンゴル自治区

岱海生態緊急給水プロジェクトが完成 内モンゴル自治区 20日、岱海生態緊急給水プロジェクトの送水ルート。(ウランチャブ=新華社配信)  【新華社フフホト9月25日】中国内モンゴル自治区にある三大淡水湖の一つ、岱海(たいかい)に黄河の水を引き込む「岱海生態緊急給水プロジェクト」が20日、完成した。 岱海生態緊急給水プロジェクトが完成 内モンゴル自治区 20日、黄河から岱海に引き込まれた水。(ウランチャブ=新華社配信)  岱海は同自治区ウランチャブ市凉城県に位置し、「中国湿地保護行動計画」の対象に指定されている。気候変動や人為的要因の影響で、湖面面積が1950年代の200平方キロから現在は50平方キロにまで急速に縮小し、水質悪化などの問題も発生している。 岱海生態緊急給水プロジェクトが完成 内モンゴル自治区 20日、完成した「岱海生態緊急給水プロジェクト」。(ウランチャブ=新華社配信)  同自治区は2016年、岱海の整備事業を全面的に開始。工業用取水の禁止や耕地の「水改旱(水田を畑にする)」などの対策を講じ、岱海の水資源を効果的に保護している。  「岱海生態緊急給水プロジェクト」は20年11月16日に着工。総送水距離は134.24キロ、年間取水量は4466万立方メートルに上る。  岱海の湖面面積は現在、50平方キロで安定しており、水質悪化は抑えられている。16年と比較して、流域内の植生被覆率は2ポイント上がり、渡り鳥の種類は23種増加した。(記者/哈麗娜) Read more »

小学校の創立100周年を前に校庭に人文字 鹿児島

小学校の創立100周年を前に校庭に人文字 鹿児島 鹿児島県内各地で運動会が開かれる中、伊佐市の小学校では地域住民も協力して人文字づくりに挑戦しました。 25日、鹿児島県伊佐市の大口東小学校で開かれた運動会。 児童たちがエールを贈ったりリレーに汗を流したりとスポーツの秋を満喫しました。 そんな中、児童たちが挑戦したのは人文字づくりです。 2024年、大口東小学校が創立100周年を迎えることから記念行事を盛り上げようと企画されたもので、全校児童70人に加えて地域住民など総勢200人で人文字を作ります。 高所作業車からのぞいてみると、校庭には数字の「100」が描かれていました。 地域総出で作ったこの人文字は、横断幕など様々な100周年記念事業に使われるということです。 Read more »

男子マラソンで世界新 キプチョゲが2時間1分9秒 自身の世界記録を30秒も更新

キプチョゲは世界新をマークした(ロイター)  ベルリン・マラソンは25日、ベルリンで行われ、男子で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、世界新記録となる2時間1分9秒で4年ぶり、4度目の優勝。序盤からハイペースでレースを進めると、中盤からは独走状態。自身が18年大会で出した記録を30秒も更新した。  今年3月に行われた東京マラソンでは2時間2分40秒と驚異の走りを披露し続けるキプチョゲは、今年11月で38歳になる。 Read more »

隈研吾さんがウナギ加工場を設計、境町に7か所目の作品…干し芋カフェもあります

新施設について説明する隈氏(左)と橋本町長(22日、境町で)  新国立競技場などを手がけた世界的な建築家、隈研吾氏が設計したウナギの加工出荷施設が、茨城県境町に建設される。隈氏が設計した施設は町内7か所目。29日に着工し、来年3月の完成を目指す。また、隈氏の地方での活動拠点として国内3番目となる設計事務所「境町サテライト」も22日、町内にオープンした。  建設されるのは「境町地域産業研究開発拠点施設(仮称)」。鉄骨2階、延べ床面積約1080平方メートルで、白を基調とした外観に、ウナギをイメージした緩やかなウェーブのひさしを付ける。宮崎市の養殖会社が育てた国産ウナギを加工して焼き上げ、真空パックにして出荷する。ふるさと納税の返礼品にもする考えで、将来はこの施設で稚魚の養殖から焼き上げまで一貫して行いたいとしている。  境町は利根川と接し、かつてはウナギやフナが名産品だった。「河岸の町」として発展した文化を再考し、ウナギをもう一度名産品にしようと、隈氏に施設の設計を依頼した。総事業費は約3億7250万円で、63%は国の地方創生拠点整備交付金と地方交付税を充てる。  22日に境町サテライトで行われた記者発表には、隈氏も滞在先の仏パリからリモートで参加。隈氏は「これまでの『工場』とちょっと違うものができればと思い、工場の機能性を維持しながら、温かくてやさしい感じにした」と説明した。  境町に開設した設計事務所については、「町の若者が何を望んでいるのかを聞いたりする交流の場としたい」と話した。  町内には、ギャラリーや干し芋販売カフェなど、隈氏が手がけた六つの施設があり、橋本正裕町長は「隈氏が設計した施設を見たいと町を訪れる人が増え、各施設を回って楽しんでもらっている。町づくりの新しい拠点の一つになる」と期待した。 Read more »

本仮屋ユイカ 台風で停止の新幹線を「階段に座って1時間半待った」大阪で足止め食らう

写真集「私。」(ワニブックス刊)の発売記念イベントに出席した本仮屋ユイカ  女優の本仮屋ユイカ(35)が25日、都内で写真集「私。」(ワニブックス刊)の発売記念イベントを行った。  23日に大阪で写真集イベントを行った本仮屋は、台風15号の影響で足止めを食らったエピソードを披露した。「超絶晴れ女なので、イベントは絶対に決行されるだろうと。大阪は全然降ってなくて『やっぱり持ってるね~』とか言ったら、帰り新幹線全部止まって帰れない。何が晴れ女だと」と苦笑い。新幹線を待つため、本仮屋自ら「階段に座って1時間半待って。新幹線乗って30分待っても動かなくて、これは無理だと思った」と回想。その日はホテルに宿泊し、翌日に飛行機で帰宅したと明かした。  2年半ぶり6冊目の同作は、6月に鹿児島・奄美大島で撮影。デビュー25周年のメモリアル写真集の出来栄えに「最高です!」と声を弾ませた。撮影には妹でフリーアナウンサーの本仮屋リイナ(31)も同行。表紙撮影中に熱中症を心配した、妹・リイナがジュースを準備してくれていたといい、「『ユイちゃんこれ飲みな』って、私に差し出してくれた時には全部飲み干してて。そういうたくましい所も大好きだなと」と寛容な〝姉の顔〟を見せた。 Read more »

カナダ・トルドー首相の国葬キャンセルでG7全滅…「恥の上塗り」と岸田首相への批判巻き起こる

カナダ・トルドー首相の国葬キャンセルでG7全滅…「恥の上塗り」と岸田首相への批判巻き起こる 国葬キャンセルを発表したカナダのトルドー首相(写真:AP/アフロ) 9月24日、カナダのトルドー首相は、27日の安倍晋三元首相の国葬への参列をキャンセルした。ハリケーン「フィオナ」による洪水被害の復旧を優先するという。現地報道では、首相自身も求められれば現地に赴くつもりだとし、日本行きは「もちろんない」と語っている。 これで、G7から大統領・首相級の出席者はゼロになった。安倍元首相と同時期に在任していたイギリスのメイ元首相やフランスのサルコジ元大統領は参列するが、アメリカのトランプ前大統領やオバマ元大統領は参加しないことが明らかになっている。 トルドー首相のキャンセルが報じられると、SNSでは岸田首相への批判が吹き荒れた。 《もう、笑うしかない。カナダのトルドー首相も欠席。岸田、恥の上塗り》 《軽佻浮薄な考えで失策続きの岸田政権。各国からも軽んじられているということでしょう》 《カナダ トルドー首相 ハリケーン被害対策の為 安倍晋三国葬儀欠席。 岸田文雄総理大臣 台風被害の中、国連総会に出席》 「現在、日本に国葬に関する規定はありませんが、岸田首相は、『内閣府設置法』と『閣議決定』が根拠だと説明しています。 朝日新聞(2022年7月23日)によると、これは内閣法制局の『政府単独による国の儀式としてなら、閣議決定を根拠に国葬も可能だ』との判断に基づいたものです。 一方、衆院法制局は、国葬に対し『国会が関与することが求められている』と、国会を通すべきだとしています。 国葬に関する法的根拠の議論はさておき、岸田首相が強行したと捉えられるのは致し方ないところでしょう。首相の拙速な判断が、結果的にさまざまな批判を呼び起こしたのは間違いありません」(政治ジャーナリスト) FNNが9月17・18日におこなった世論調査で、「反対」が約6割を占めた国葬。中途半端に「聞く力」を使ったため、岸田首相は自ら墓穴を掘ってしまったようだ。 Read more »

うつ病と診断されたら障害年金をもらえるの?

年金にまつわる疑問に、専門家が回答します。今回は、うつ病と診断されたら障害年金がもらえるのかどうかです。 年金にまつわる疑問に、専門家が回答します。病気やケガで障害を負ったときにもらえるのが「障害年金」です。今回は、うつ病と診断されたら障害年金がもらえるのかどうかについてです。 Q:うつ病と診断された場合は、障害年金をもらえるのでしょうか? 「会社員としてテレワークをしていますが、気持ちがふさぐ毎日が続いており、近いうちに心療内科に行きたいと思います。一人暮らしなので、働かないと生活ができなくなってしまいます。うつ病と診断された場合は、障害年金をもらえるのでしょうか?」(東京都・30代・会社員) A:「うつ病」で長期に休職した場合は、健康保険の「傷病手当金」の請求をしましょう 病気療養のため会社を休んだ場合、最長で1年半、傷病手当金が支給されますので、うつ病で休職することになった場合は、総務部などを通して、加入している健康保険に「傷病手当金」の申請をしてみましょう。傷病手当金の支給金額の目安とは、支給開始日前12カ月間の平均標準報酬月額の3分の2となります。 もし、傷病手当金の期間が終わっても回復しなかった場合は、障害年金(障害基礎年金・障害厚生年金)の受給を考えることになります。障害年金(障害基礎年金・障害厚生年金)は初診日から原則、1年半後の障害認定日以降にならないと請求することができません。 会社員でいる間に通院し、うつ病と診断され、労働に制限がある状態なら障害厚生年金3級や障害手当金をもらえる可能性はあるでしょう。また、随時介護が必要で、労働ができないような状態なら、障害基礎年金・障害厚生年金2級以上になる可能性もあるでしょう。 そもそも精神障害では医師の診断書をもとに現在の症状、療養状況、生活環境、就労状況、その他日常生活の状態等を参考に等級(1、2、3級、障害手当金)が決まります。 障害年金を受けられる精神障害には「統合失調症型障害及び妄想性障害」「気分(感情)障害」「知的障害」「発達障害」等があり、「うつ病」は、症状の著明な時期と症状の消失する時期を繰り返す「気分(感情)障害」に当たると思われます。 日本年金機構による精神障害等級判定基準(平成28年9月)によれば、うつ病(気分障害)は、適切な治療を受けても長期間うつ症状が持続して、在宅療養でも家族等から常時介護を受けていると1、2級が検討されるとのことです。 発病後、継続雇用されている場合も仕事内容や周囲からの援助の有無、精神障害による遅刻早退など出勤状況が加味されます。日常生活能力も特定の項目に偏りがあるなど、大きな支障が生じていないか考慮することとされています。障害年金の相談は、うつ病の初診日から約1年ぐらいたったタイミングで、年金事務所に事前相談するといいでしょう。 文:拝野 洋子(ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士) 銀行員、税理士事務所勤務などを経て自営業に。晩婚で結婚・出産・育児した経験から、日々安心して暮らすためのお金の知識の重要性を実感し、メディア等で情報発信を行う。現在は年金事務所にて、年金相談員も担当している。 Read more »

【神戸新聞杯】秋初戦プラダリアは7着 池添謙一騎手「まだ緩さがありました。状態が上がってくれないと」

池添謙一騎乗のプラダリアは8着 ◆第70回神戸新聞杯・G2(9月25日、中京競馬場・芝2200メートル、良馬場)  今年も中京競馬場での開催となった菊花賞(10月23日、阪神)のトライアル競走(3着まで優先出走権)は、3歳馬17頭によって争われた。  鮫島克駿騎手が手綱を執った5番人気のジャスティンパレス(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父ディープインパクト)が好位追走から抜け出して優勝。重賞初制覇を果たした。勝ち時計は2分11秒1。  2着には直線で内をさばいて差してきた12番人気のヤマニンゼスト(武豊騎手)がゴール前で浮上。外を追い込んだ3着のボルドグフーシュ(吉田隼人騎手)までが菊花賞の優先出走権を手にした。2戦無敗で臨んだ1番人気のパラレルヴィジョン(クリストフ・ルメール騎手)は7着。日本ダービー5着以来だった2番人気のプラダリア(池添謙一騎手)は8着に終わった。  池添謙一騎手(プラダリア=8着)「返し馬の感触に、まだ緩さがありました。春に青葉賞、日本ダービーと向かって行く頃に比べると物足りなかったです。外めの枠だったので内に入って勝ち馬の後ろにつけられたんですが、鋭く返ってくる反応がなく、直線はじりじりという感じでした。使って良くなる馬だと思うので、状態が上がってくれないと困ります」 Read more »

浅田舞、姉妹ショットで真央さんの誕生日祝う「アイ・ハブ・ザ・ベストシスター・インザワールド!」

浅田舞のインスタグラム(@asadamai717)より  元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞が25日、インスタグラムを更新し、この日、32歳の誕生日を迎えた妹の真央さんを祝福した。  姉妹が笑顔でほほを寄せるモノクロの2ショットを投稿し、英語で「アイ・ハブ・ザ・ベストシスター・インザワールド!!!」「ビッグ・ラブ」「氷上の女神」「ハッピー・バースデー」と妹をお祝いした。  この投稿には「浅田姉妹最高ですね」「舞ちゃんにとっても、お姉さんになられた記念の日ですね」などお祝いの声が寄せられている。 Read more »

6歳時の性的虐待をオープンにした英人気歌手 被害者のトラウマを心配

6歳時の性的虐待をオープンにした英人気歌手 被害者のトラウマを心配 英国出身のバンド、マムフォード&サンズのフロントマンとして知られる、マーカス・マムフォードは、ソロデビューアルバムを発表する前にトラウマ専門家にチェックしてもらったそうだ。6歳の時に性的虐待を受けていたことを新作アルバム『セルフ・タイトルド』の中でオープンにしているマーカスは、同じような体験をした人のトラウマを再度引き起こしてしまうのではないかと警戒していたという。 またマーカスは、自分自身の葛藤と恥を自身の仕事を通して向き合ったことはトラウマを乗り越えるのに役に立ったと感じており、アルバムのリリースに躊躇はないという。 ガーディアン紙でマーカスは次のように語った。 「トラウマ的なものを掲げて人々にトラウマを引き起こしたくはなかったんだ」 「自身のトラウマを克服する過程で自然なことであったし助けになった。昔は恥に飲み込まれてしまっていたから」 「自分の仕事やアイデンティティを考えると、そのことについての曲を書くことは、トラウマを克服するうえでの自然な流れだった」 「こんな公にできない私的な瞬間について出来るだけ多くの人の目にさらすよう宣伝するなんて狂っているけど、それには魔法が含まれていて、機会を与えることで人々と繋がることが出来るんだ」 一方でマーカスは、この曲を引っさげてツアーをすることでトラウマとなった体験がまた蘇ってしまうことは心配していないという。 「これは、その全体的な過程の一部なんだ」 「カンニバルを演奏しても何も蘇ってこないよ。自分からアプローチしなければならないと感じたし、このレコードについて語らないわけにはいけないように感じている」 「『僕の痛みを見て』というんじゃないんだ。これは自由についてのアルバムなんだ」 またマーカスは、マムフォード サンズが最後に行った2019年のツアーの後期にはアルコール依存と暴食に走り、隠れている感情と向き合うためにトラウマセラピーを受けていたことも明かす。 「ツアーでいつも移動中だと、責任をとらないことへの言い訳をするために、何とでも自分を納得させることが出来るんだ」 「『今は一人だから自分の部屋で何杯か飲める』とか、『アイスクリームを部屋で何パイントも食べてもいいんだ。だって孤独や恥とかを抑えようとしているんだから』みたいにね」「周囲の人に『お前、問題が何なのか解明しないといけない』って言われたけど、彼らは問題が何なのか知らなかったし、自分も分かっていなかった」 (BANG Media International/よろず~ニュース) Read more »

ハマグリ1200皿限定販売 和太鼓や琉球太鼓で会場盛り上げる 三重・四日市市

ハマグリ1200皿限定販売 和太鼓や琉球太鼓で会場盛り上げる  三重・四日市市 三重県四日市市では25日、地域活性化と住民同士の交流を図るイベントが行われました。 四日市市楠福祉会館と楠町商工会が、協力して毎年行っているものです。 新型コロナウイルスの影響で、規模を縮小して3年ぶりに開催されました。和太鼓や琉球太鼓などのパフォーマンスが次々と披露され、迫力ある音色と演舞が会場を盛り上げました。 また、パトカーなど普段触れる機会の少ない特殊車両が集まり、子どもたちは運転席に座って記念撮影などを楽しんていました。 さらに、三重県の名物であるハマグリが1200皿限定で販売され、訪れた人たちは焼きたてのハマグリを求めて列をなしていました。 Read more »

ジェラルディーナが快勝 母ジェンティルドンナの子が初めて重賞制覇【オールカマー】

好位から抜け出し、オールカマーを制したジェラルディーナ ◇25日 第68回オールカマー(G2・中山・芝2200メートル)  先行勢の後ろを進んだ単勝5番人気のジェラルディーナが直線抜け出して重賞初勝利を挙げた。横山武史騎手(23)=美浦・鈴木伸=は同レース2年連続2勝目、斉藤崇史調教師(40)=栗東=は初勝利。2着は6番人気のロバートソンキー、3着は7番人気のウインキートスだった。1番人気のデアリングタクトは6着に敗れた。      ◇  牝馬三冠を含む7冠馬の娘が待望のタイトルをゲットした。ジェンティルドンナの3番子ジェラルディーナが母をほうふつとさせる骨太な末脚で中山の急坂を突き抜けていく。7度目の重賞挑戦でついに重賞初制覇を飾り、母に産駒初の重賞勝利をプレゼントした。  後方待機策が続いた近走から一変、この日は6番手を確保。2枠を生かしインでじっくり脚をためた。勝負どころで1番人気のデアリングタクトが大外を回ったのとは対照的にイン狙い。直線は内ラチ沿いの狭いところを割って、2着ロバートソンキーに1馬身半差をつけてゴールした。  鞍上の横山武は左手を突き上げて歓喜のガッツポーズ。初コンビだったが事前のリサーチを生かし切った。「前走で乗っていた祐一さん(福永)とも話して、馬の癖や特徴を生かして、この枠でどういう競馬がいいか考えて理想的なポジションで競馬ができた。最後は自分が思った以上にいい伸びでした」。自身は3月にチューリップ賞を勝って以来、今年の重賞2勝目。春、夏と重賞で足踏みが続いてきただけに「たくさんいい馬に乗せてもらっている中で、自分では良い結果が出せてなくて。うれしく思います」とすっきりした表情を見せた。  斉藤崇師は「最近前めのポジションが取れなかったんで、思い切って(スタートから前へ)出してくれて、いつもより前めの位置が取れたのが良かったですね」と鞍上の積極的なレース運びをたたえると「どこかでタイトルをと思っていたので勝てて良かったです」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。次走は今後の様子を見極めてから選択されるが、陣営はエリザベス女王杯(G1・11月13日・阪神・芝2200メートル)を視野に入れている。次はG1のタイトルへ。いずれにしても偉大な母へ近づく一歩を踏み出したのは間違いない。 Read more »

【新型コロナ】横浜で90代男性死亡、1350人感染

横浜市役所  新型コロナウイルス感染症を巡り、横浜市は25日、新たに90代の男性の死亡と、10歳未満~100歳以上の男女1350人の感染が確認されたと発表した。中等症4人、軽症1346人。感染経路は全員が調査中としている。  市によると、90代男性は基礎疾患があり、8月13日に陽性が判明。同19日に市内の病院に入院したが、同30日にコロナにより死亡した。  感染者は年代別でみると、30代が217人で最多。40代206人、20代193人、50代176人、10代173人、10歳未満137人、70代84人、60代83人、80代57人、90代22人、100歳以上2人だった。 Read more »

潮田玲子氏、狩野舞子氏が日本ハム―楽天でファーストピッチセレモニー きつねダンスも披露

<日・楽>ファーストピッチを務めたバドミントン元日本代表・潮田玲子さん(左)とバレーボール元日本代表・狩野舞子さん(右)(撮影・高橋茂夫)  バドミントン元日本代表・潮田玲子氏、バレーボール元日本代表・狩野舞子氏が25日、札幌ドームで行われた日本ハム―楽天戦でファーストピッチセレモニーを務めた。  話題のきつねダンスをしながらグラウンドに登場した2人だったが、潮田氏は「元アスリートとして一発ビシッとストライクを取りたい」。狩野氏も「一発本番なので一発で決められるように頑張りたい」と投球前には元アスリートらしく真剣モードに。ともにノーバウンド投球を披露し、潮田氏は「ちょっと下目にいって悔しかった」と話し、狩野氏は「楽しかった。緊張しました」と振り返った。  潮田氏が背番号「0」、狩野氏が「15」のユニホームを身につけたが、その意味は「0(レ)い(イ)5(5)」と2人で「レイコ」となるように遊び心も見せた。  日本ハムの印象について潮田氏は「(札幌ドームに)来たことがなかったので、最後に来られて貴重な時間をいただけて凄くうれしい」。狩野氏は「新庄さんが天井から降りてきたシーンがいまだに忘れられない」と話した。  一般社団法人「Woman’s ways」でそれぞれ代表と理事を務める潮田氏と狩野氏は、試合前に「女性アスリートに学ぶスポーツとの向き合い方」セミナーを開催。潮田氏は「自分たちが現役の時は、月経によってパフォーマンスが低下して体の波が必ずあるんですけど、我慢が当たり前だった。もっと正しい知識を身につけてストレスなく続ける環境があれば、日本のスポーツ界にもいい影響を与えることができると思います。私たちが経験できなかったからこそ、立ち上げてできたらいいよね、ということがきっかけだった。意義のある活動として定着できたら」と説明した。 Read more »

「特別な対応はしなくても良いです」両陛下の“人柄”が見えた 女王国葬「バス移動・護衛なし」でも悠然と 英王室との深い親交も

「特別な対応はしなくても良いです」両陛下の“人柄”が見えた 女王国葬「バス移動・護衛なし」でも悠然と 英王室との深い親交も エリザベス女王の国葬に参列し即位後初めての外国訪問を終えられた天皇皇后両陛下。異例ずくめの「悲しみの旅」に同行取材すると、見えてきたのは陛下の穏やかなお人柄と、皇室とイギリス王室の深い絆でした。 【画像】両陛下の女王国葬参列、日本の皇室と英王室との深い親交を画像で振り返る。 「特別な対応はしなくても良いです」 国葬当日のロンドンは、世界中から集まったVIPを円滑に送迎するため、街の至る所が通行止めとなり、厳しい交通規制が実施されていました。こうした交通規制の中、VIPは護衛付きの乗り合いバスで葬儀会場のウエストミンスター寺院へ向かうことになっていました。 葬儀前日にバス乗り場のチェルシー王立病院を見に行ってみると、病院の敷地内にはすでに大型バスが何台も並び、警備が集まりピリピリとした空気に包まれていました。 ここで思い出されたのは、2019年に皇居で行われた即位礼正殿の儀の日のことです。儀式を終えた各国のVIPが一斉に車で皇居を後にするため、予定よりも時間がかかり、延々と車列が続いていた光景を思い出しました。 今回イギリスは、約500人もの参列者が1台ずつ車で発着するのに要する時間をカットし、バスに乗り合うことで交通量もセーブし、時間内にVIPを送迎するという作戦をとっていたのです。 「両陛下がバスに乗車?」と意外に思う人も多かったようですが、側近によると、陛下は当初から「必要以上に現地に負担をかけないように」「特別な対応はしなくても良いです」との考えを示されていたそうです。 さらに、バルセロナ五輪やオランダの即位式の際にも他の国の参加者と共にバスで移動した経験があり、「今回だけじゃないんです」と穏やかに話されたそうです。安全上の懸念から、アメリカやイスラエルなどはバスを利用しませんでしたが、両陛下はオランダやブータンの国王夫妻などと同じバスで、旧交を温めながら会場に向かわれました。 イギリス側を信頼し特別な対応を求めない悠然とした姿勢は、陛下のお人柄を表していると感じました。 配車の紙を受け取り護衛無しで行動 バス移動に加え、今回異例だったのは、会場に側近が付き添うことができず、皇宮警察の護衛官もバスに乗る段階で別行動となったことです。 両陛下は、病院の受付でバスの番号が書かれた紙を受け取ると、指定されたバスにお二人だけで乗り込み、そこから行事を終えてバス乗り場に戻るまでは、側近も護衛も付かずに行動されたのでした。 一般の生活では、病院や銀行などで番号が書かれた整理券を受け取りますが、両陛下にとっては紙を受け取ることも、護衛無しに行動することも日本国内ではまずありません。新鮮で非日常だったのではないかと思います。 イギリス側の特別な配慮 皇室とイギリス王室には、大正時代に昭和天皇が訪英して以来、150年もの親交があり、今回の訪問にはイギリス側から両陛下への様々な配慮がありました。まずはプロトコールです。 両陛下の会場入りはかなり最後の方で、逆に会場からの退出は早いタイミングでした。同行した側近は「プロトコールは高かった」と話していました。 また、即位礼の際の日本でも、世界中から集まるVIPを乗せる車が足りない事態に陥りましたが、今回のイギリスも状況は同じで、両陛下の車の確保に苦労していた日本側に対し、イギリス側から防弾仕様のレンジローバーが提供されました。 さらに、皇后さまの体調を考慮し、会場では廊下側の席次が割り当てられ、行事の間に体調に変化があった場合に休める場所も用意されていたそうです。長旅の疲れや体調の波を抱える皇后さまにとっては、心強い配慮だったと思われます。側近は「やはり皇室とイギリス王室との関係は本当に特別ですね」としみじみ振り返っていました。 女王からの配慮 イギリス側からの特別な配慮で思い出されるのは、2012年に行われたエリザベス女王の在位60年を祝う昼食会です。上皇さまは心臓バイパス手術を終え、懸命なリハビリによって訪英を実現されました。 美智子さまと共にウィンザー城を訪れた上皇さまを、女王は本当にうれしそうな笑顔で出迎え、女王の側近達も口々に「お元気にいらしていただいてこんなにうれしいことはない」と喜んでいたそうです。 そして、昼食会では、上皇さまは女王夫妻の座るメインテーブルで、女王のすぐ隣という最高位の席次に案内されました。60年前の戴冠式と、即位60年の祝賀行事の両方に出席しているのは、上皇さまとベルギー国王のお二方だけで、心を通わせながら同じ時代を生きてきた上皇さまへの敬意と感謝が感じられました。 陛下と女王との絆 上皇さまは、女王への深い信頼のもと、将来天皇となる長男の陛下を大学時代、イギリス留学に送り出されました。 陛下は留学中、女王と家族の一員のように親しく過ごし、即位後最初の外国訪問として女王から直々に招待を受けられていました。コロナ禍で叶わぬまま、葬儀への参列という「悲しみの旅」に形を変えましたが、今回のイギリス訪問で、陛下はこれまでの感謝の気持ちを込めて、女王の棺に最期のお別れの挨拶をし、チャールズ新国王の手を取って上皇ご夫妻の弔意も直接伝えられました。 70年間の家族ぐるみの交流によって結ばれた皇室とイギリス王室との揺るぎない絆と特別な重みを改めて実感する4日間の同行取材でした。 (フジテレビ社会部・宮内庁担当 宮崎千歳) Read more »

乃木坂46アンダーライブ大阪最終公演がdTVで生配信決定!

『乃木坂46 30thSGアンダーライブ』  乃木坂46の『乃木坂46 30thSGアンダーライブ』が9月27日の東京公演からスタートする。このほど10月5日の最終公演がdTVで生配信されることが決定した。  同ライブは、乃木坂46の30枚目シングル『好きというのはロックだぜ!』に収録されているアンダー楽曲「Under’s Love」の歌唱メンバーによって開催。センターを務めるのはすでに卒業を発表している和田まあや。彼女にとって“アンダーキャプテン”として最後のアンダーライブとなる。  最終日は大阪・オリックス劇場で開催。また生配信で見られない人のために、10月8日にはリピート配信も実施する。チケットは10月8日19時まで販売。価格は3500円(税込)。 Read more »

「SPY×FAMILY」アーニャ 脱着可能なフーディをまとったドールに

「SPY×FAMILY」アーニャ 脱着可能なフーディをまとったドールに バンダイは、新フォーマットのコレクタブルドール「HOODIEFiGU(フーディフィギュ)」から、アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」の登場キャラクター「アーニャ・フォージャー」のドール「HOODIEFiGU SPY×FAMILY」全2種の予約を、2022年10月14日23時まで、バンダイナムコグループの通販サイト「プレミアムバンダイ」で受け付けている。発送は23年1月の予定。 「東京リベンジャーズ」の7キャラも予約受付 フィギュアとぬいぐるみのハイブリッドというのが最大の特徴の同シリーズ第1弾。顔とボディ部分が硬いフィギュアテイストで、髪や洋服などのパーツは布など柔らかい素材を採用し、フードの脱着ができる。また自立も可能で、首はボールジョイントによりかしげさせたり回したりでき、かわいくポージングさせて飾れる。 首に蝶ネクタイをあしらった「ボンドフーディ」、アーニャが大事にしているぬいぐるみ「キメラさん」デザインの「キメラフーディ」全2種を用意する。いずれもフーディを脱がせるとイーデン校の制服姿になっている。 また、アニメ「東京リベンジャーズ」のキャラクターたちをラインアップした「HOODIEFiGU 東京リベンジャーズ」も同期間に予約受付を行う。 「佐野万次郎」「花垣武道」「龍宮寺堅」「松野千冬」「場地圭介」「三ツ谷隆」「羽宮一虎」全7種で、いずれもアニマルモチーフのフーディをまとっており、脱がせると作中の衣装姿になる。 いずれも価格は3080円(税込)。 Read more »

エリザベス女王の墓碑、黒い大理石にガーター勲章の紋章など刻印…29日から一般公開

英王室が公開したエリザベス女王の墓碑(Royal Collection Trust/The Dean and Canons of Windsor提供)=ロイター  【ロンドン=尾関航也】英王室は24日、今月8日に96歳で死去したエリザベス女王の墓碑の写真を公開した。女王が埋葬されたウィンザー城内の国王ジョージ6世記念礼拝堂の中にあり、29日から一般の見学者に公開される。  墓碑は黒い長方形の大理石で、礼拝堂の床にはめ込まれている。両親や昨年死去した夫のフィリップ殿下の名、英国最高位ガーター勲章の紋章とともに「ELIZABETH2 1926―2022」の刻印が施されている。女王本人の意向が反映されたという。  女王のひつぎの埋葬は19日の国葬後、近親者により非公開で行われていた。 Read more »

元プロ野球選手・武田一浩に高島早百合がレッスンすると……ドライバーが低スピンのドローになった! 何を教わった?

ゴルフ好きの元プロ野球投手の武田一浩のベストスコアは『68』、現在のアベレージスコアは『81』という腕前。これまでトラックマンなどの弾道測定器で計測をしたことがないという武田に対し、プロゴルファー・高島早百合が初の測定。その結果から弱点を見つけ出しレッスンをする。 元プロ野球選手・武田一浩に高島早百合がレッスンすると……ドライバーが低スピンのドローになった! 何を教わった? 高島:武田さん、現在のゴルフの悩みはありますか。 武田:悩みは無いんですけど、これまでゴルフは一度も人から教えてもらったことがないんですよ。だから弱点があったらむしろそれを教えて欲しいんですね。 高島:わかりました。じゃあまずトラックマンでドライバーショットを測定して、その結果を踏まえつつ弱点を探してみたいと思います。 元プロ野球選手・武田一浩に高島早百合がレッスンすると……ドライバーが低スピンのドローになった! 何を教わった? ――武田がドライバーで人生初というトラックマンの測定を行った結果を見て、高島が弱点を発見した。高島:弾道はやや右に出たストレート系の弾道で、ミート率は1.51でこれは凄くいいんですよね。ただ、スピン量が3100rpmなんです。 武田:野球なら、3100回転のボールを投げれば打たれないんですけれどね。 高島:え、どういうことですか? 武田:ストレートボールで2700回転の球を投げるピッチャーってそんなにいないんですよ。変化球で2900回転くらいですからね。それでいくと3100回転ということは、一級品のスライダーが投げられということです。 高島:へぇ~、そうなんですか。回転数が多いと球が曲がるというのはゴルフでも同じなので、ドライバーショットも回転数はあまり多くないほうがいいんですよ。 武田:ドライバーのスピン量はどれくらいが理想なんですか。 高島:2000~2500rpmくらいです。 武田:スピンを減らすにはどうやったらいいんですか。 高島:ではもう1球打ってみてください。 ――2球目の弾道は真っすぐに出てからやや左に曲がるドロー系の弾道だった。 武田:これは好きな球です。 高島:今のはスピン量は2200rpmですから、少ないですね。 武田:スピンが常時、これくらいならいいってことですよね。そうするにはどうしたらいいんですか。 武田一浩のトップからインパクトまでのスウィング。ややアウトサイドインの軌道でクラブが下りてくる 高島:武田さんは、スウィング的には少しアウトからクラブが下りてきているのが特徴です。その時にフェースが開くと、1球目のようにスピン量が増えたスライス系の球になるし、フェースが閉じていれば2球目みたいなドローになるんですね。 武田:なるほど。 高島:ただ今のドローはストレートに出て左に飛んでいるので、自分で上手くつかまったな、という球が打てた時に、思ったよりも左に飛ぶことが多いんじゃないですか。 武田:よく知ってますね。 高島:やっぱりそうですか(笑)。これを、右から出て左に戻ってくる安定したドローを打つためには、もう少しダウンスウィングでインサイドからクラブを入れてこないといけないですね。 ――トラックマンで武田の弱点が軌道がアウトサイドから入ってきていることが判明したことで、今後の課題はクラブをインサイドから入れてきて、安定したドローを打てるようにすることに設定。ここから高島のレッスンがスタートする。最初のポイントはフェースを閉じる動きである。 高島:武田さんは、バックスウィングでクラブを上げていく時に右ひじが空いちゃうんですよ。それで右サイドが詰まったような上がり方になっていて、その詰まった腕がダウンスウィングで伸びながら下りてくるんですよね。それに体の回転が加わるとクラブがアウトサイドから下りてきているんです。 武田:ああ、なるほど。では、それはどうしたらいいんですか。 高島:原因はトップで手が近くなることですだから、それを体から離して上げればいいわけですよ。そして、遠くへ上げた時に、クラブフェースは閉じて上げる、そうすると右ひじが締まってきますから、インサイドからクラブを下ろしてこれます。 レッスン前のクラブの上がり方(左)とレッスン後の正しいクラブの上がり方(右)。右ひじが締まり、左手の甲が手のひら側に折れるようになった。(撮影/野村知也) ... Read more »

【ロッテ】小島和哉がリーグワーストタイ11敗 2試合連続完封負けに井口監督「1発で3点、3点っていかれると…

4回2死一、二塁、小島和哉は左越え3ランを甲斐拓也(右)に許す ◆パ・リーグ ソフトバンク10―0ロッテ(25日・ペイペイドーム)  先発の小島が甲斐に3ランを浴びるなど4回6安打5失点で降板。打線は計7安打無得点と今季3度目となる2試合連続の完封負けを喫した。  小島は3回に三森の適時打で先制を許すと、2点ビハインドの4回には2死一、二塁から甲斐に痛恨の3ランを浴び4回6安打5失点で降板。2番手で登板した八木、3番手の坂本もそれぞれ本塁打を浴びるなど流れを止められず、リーグワーストタイの11敗目を喫した。一方の打線は、四球と安打で得点圏のチャンスを作るも10残塁と後続が倒れ得点ならず。  2試合連続の完封負けに井口監督は「千賀は長打が出る投手ではないので、そこをどうつないでいくかというところだけ。ああやって先に2点取られて、そのあと8失点。(甲斐、中村晃の)1発で3点、3点っていかれるとなかなかゲーム的にもきつくなってくる」と悔やんだ。    チームは2連敗で借金は3。再びCSがかすんできたが、26日は佐々木朗が先発。「今シーズンおそらく最後の登板になると思うので。本人の2ケタ(勝利)もかかってますし、どのくらい投げれるかなと。チームもこういう状態なのでしっかりと連敗を止めて欲しい」と右腕の好投を期待した。 Read more »

指名手配の職員を札幌市内で逮捕 東京に移送へ 老人ホーム入所者殺害

写真提供:警視庁 東京・北区の特別養護老人ホームで入所者の高齢女性を殺害したとして指名手配されていた施設職員の男が、25日午後3時すぎ、北海道・札幌市内で逮捕されました。 逮捕された東京・北区の「浮間こひつじ園」の職員・菊池隆容疑者は、今月15日から16日にかけて、入所者の山野辺陽子さんに暴行を加えるなどし、殺害した疑いが持たれています。 警視庁は菊池容疑者を指名手配して行方を追っていましたが、25日午後3時すぎ、北海道・札幌市内で菊池容疑者を逮捕したということです。 捜査関係者への取材で、菊池容疑者は今月16日、都内から岩手県を経由し、翌日17日には北海道の新函館北斗駅に新幹線で移動していて、同じ日の正午前に函館駅で札幌駅までの特急券を購入する姿が防犯カメラに映っていたことがわかっていました。 警視庁は菊池容疑者の身柄を東京に移送し、本格的な調べを進める方針です。 Read more »

大人の秋冬おしゃれはやっぱり【パタゴニア】!週間ランキング、レトロXは何位?

【パタゴニア・大人の秋アイテム】読者人気ランキング!1週間で1番注目を集めたのは? 画像出典:YouTube/AOIさん(https://www.youtube.com/watch?v=kJO3DyQ1pfw) みんなの「買って良かった!」をシェアするレコメンドサイト「イチオシ」の人気記事を紹介します。今回注目したのは、定番から新商品も発売されているパタゴニアの「大人の秋アイテム」。その中から、読者に人気の高かったベスト3を紹介します。 ※このランキングは、2022年9月7日~9月14日までの期間のセッション数(GoogleAnalyticsより)を元に作成しています。 3位:「オーガニックコットン・ボレー・ショーツ」 画像出典:YouTube/神太郎さん(https://www.youtube.com/watch?v=OhLSXc4H1bA) 3位にランクインしたのは「オーガニックコットン・ボレー・ショーツ」です。天然インディゴの絶妙な色味と風合いが、初秋にぴったりなまさに大人メンズのためのショーツなんだとか。イチオシしてくれたのはパタゴニア通の神太郎さん。デニムっぽさがありつつ伸縮性があってはきやすく、大人っぽい丈感なんだそう。 ・価格:12100円(税込)  ・イチオシポイント:1つ1つが手織りになっていて、天然インディゴの色味と風合いが抜群! 大人っぽいミドル丈と伸縮性もあってはきやすい。インディゴをいかしてトップスはシンプルなものを選ぶのが大人メンズのかっこよさの秘訣。 2位:「トレントシェル・3L・ジャケット」 画像出典:YouTube/Penguin Denimさん(https://www.youtube.com/watch?v=aZWyOr3OY68) 2位にランクインしたのは「トレントシェル・3L・ジャケット」。抜群の防水性と透湿性を誇り、高機能でありながら気張らずかっこいいジャケットなんだとか。イチオシしてくれたのは大人のアウトドアファッションに詳しいPenguin Denimさん。登山着やレインウェアとしてはもちろん、すっきりシルエットで街着にもぴったりなんだそう。 ・価格:24200円(税込)  ・イチオシポイント:ゴアテックスにも引けをとらない、パタゴニア独自開発のH2NOという技術が使われて抜群の透湿防水性を誇る。ドローコードでサイズ調整もでき、丈夫な生地で登山やアウトドアに最適。すっきりシルエットなので街着でもかっこいい! 1位:「クラシック・レトロX・ベスト」 画像出典:YouTube/AOIさん(https://www.youtube.com/watch?v=kJO3DyQ1pfw) そして週間1位に輝いたのは「クラシック・レトロX・ベスト」です。フリースなのに防風素材入りで風を通さず、保温性もばっちりなんだとか。イチオシしてくれたのはメンズファッションに詳しいAOIさん。インナーを工夫すれば意外と真冬でも使えて、秋から長いシーズン活躍するんだそう。 ・価格:22000円(税込)  ・イチオシポイント:2022年新色は3カラー! 中は防風素材入りなのでフリースでも風を通さず、素材感も相まって保温性もばっちり。ベストなので腕や肩回りも動かしやすく使い回ししやすい。初秋から春先まで長く着られるのも魅力! DATA パタゴニア┃オーガニックコットン・ボレー・ショーツ パタゴニア┃トレントシェル・3L・ジャケット パタゴニア┃クラシック・レトロX・ベスト Read more »

高齢者がサポカーに試乗 交通安全学ぶ 香川

高齢者がサポカーに試乗 交通安全学ぶ 香川 高松市の高松競輪場西側駐車場で25日、「交通安全フェアたかまつ」が開かれ、大勢の人でにぎわいました。 新型コロナの影響で3年ぶりの開催。香川県で交通事故で亡くなる高齢者の割合が高いことを受け、今年は初めて高齢者を対象にした安全運転教室や、安全運転をサポートする「サポカー」の同乗体験が行われました。 サポカーを体験した男性は「直前でも時速20km以下だったら当たらずに止まるから」と安全性を実感していました。 パトカーや白バイを展示しているコーナーは子どもたちに大人気で、嬉しそうに記念写真を撮ってもらっていました。 Read more »

【ヤクルト】村上宗隆、第2打席は1死二、三塁で申告敬遠 スタンドからはブーイング

<ヤクルト-DeNA>◇24日◇神宮 ヤクルト村上宗隆内野手(22)は第2打席で申告敬遠され、スタンドからはブーイングが起きた。 2-0の3回1死一、二塁で第2打席を迎えた。DeNA大貫の初球が暴投となり、走者がそれぞれ進塁。二、三塁となり一塁が空いたことで、DeNAベンチは村上を歩かせた。 村上は、日本選手最多となるシーズン56号本塁打に王手をかけている。ヤクルトファンで埋まったスタンドからブーイングが起きた。 3回裏ヤクルト1死二、三塁、申告敬遠で一塁へ進む村上。投手大貫(撮影・鈴木みどり) Read more »

【巨人】自力CSまた消えた 2年連続シーズン負け越し、エース菅野智之で最下位中日に痛恨連敗

пјњдё­ж—Ґ7пјЌ1е·Ёдєєпјћв—‡25ж—Ґв—‡гѓђгѓігѓ†гѓЄгѓігѓ‰гѓјгѓ CS進出を目指す3位巨人が、最下位中日に痛すぎる2連敗を喫した。残り2試合で67勝71敗3分けとなり、2年連続でのシーズン負け越しが決定。自力でのCS進出の可能性が、再び消滅した。 ■好相性のマウンドで、命運を託されたエースが… 必勝を託されて2試合連続の中5日で先発した菅野智之投手(32)が、中日打線につかまった。本来の球威がなく、2回には2死から下位打線に3連打を浴びて1失点。3回にも追加点を許すと、5回1死三塁で阿部に中前適時打で3失点目を喫して降板。通算10勝1敗で最後の黒星は14年7月25日、この試合前まで7連勝中と好相性だったバンテリンドームで4回1/3を69球、8安打4失点。2年ぶりの2ケタ勝利を逃し、7敗目を喫し「大事な試合で自分の役割が果たせなくて申し訳ないです」と語った。 ■打線もたたみかけられずに絶好機を逃す 6回、絶好のチャンスを作った。先頭の代打増田陸内野手(22)が中前打で出塁。1死後から3連打で1点を返して中日大野雄を降板させた。だが、続く岡本和真内野手(26)とグレゴリー・ポランコ外野手(31)が凡退。1死満塁で1点も奪えなかったのが響いた。 ■残り2試合、3位争いは大混戦の様相 順位は3位のままだが、試合のなかった4位阪神と広島とは0・5差に縮まった。巨人は両チームよりも試合数が1試合少なく、自力CS進出の可能性が再消滅。残すは10月1日からのDeNA2連戦(横浜)のみとなった。 中日対巨人 5回裏中日1死一塁、マウンドを降りベンチから試合を見つめる巨人先発の菅野(撮影・森本幸一) Read more »

自民党奈良県連 新会長に高市経済安全保障担当大臣

 前の会長の辞任に伴う自民党奈良県連の会長選挙が25日行われ、高市早苗経済安全保障担当大臣が新たな会長に就任することが決まりました。 自民党奈良県連 新会長に高市経済安全保障担当大臣  自民党奈良県連会長選挙には、前の会長の奥野信亮衆議院議員と高市早苗経済安全保障担当大臣の2人が立候補していました。しかし、25日に奈良市内で開かれた総務会で奥野さんが立候補を取り下げたため、高市さんが新しい会長に就任することが決まりました。高市さんは会見で、「自民党員が力を合わせて政策を実現する県連にしたい」と抱負を述べ、来年春に行われる統一地方選挙に向けては次のように意気込みを語りました。 「県議、市町村議の一体感を醸成し、力を合わせて取り組む体制作りに県連として応援していきたいと思っています」 Read more »

感謝の「10円カレー」、日比谷公園「松本楼」できょう提供…先着1500人対象

2013年の10円カレーの日の様子(日比谷松本楼提供)  日比谷公園内にあるレストラン「日比谷松本楼」(東京都千代田区)で25日、「10円カレー」が提供される。1973年から始まった恒例のチャリティーイベント。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となる。  先着1500人対象で、通常1100円のビーフカレーが10円から味わえ、支払額がそのまま寄付金となる。これまでに約11万人が参加し、約2900万円を寄付した。今回の売上金は、同店の寄付と合わせてNPO法人「全国こども食堂支援センター・むすびえ」(新宿区)に届ける。コロナ禍で影響を受けた子どもたちを支援したいという。  同店は1903年、日比谷公園の開園とともに営業を始めた。71年11月に、沖縄返還協定に抗議するデモ隊の放火に遭い、焼失。全国から励ましの手紙が寄せられ、2年後の73年9月25日に再建した。以来、感謝の意味で年1回行っている。  25日午前11時から。小坂文乃社長(54)は「昔ながらのカレーを食べて、寄付もできる。楽しみながら、助け合いの輪が広がれば」と声を弾ませた。 Read more »

故エリザベス女王 墓標を公開 両親・夫とともに...

故エリザベス女王 墓標を公開 両親・夫とともに… イギリス王室は24日、9月8日に死去し、ロンドン郊外のウィンザー城にある礼拝堂に埋葬された、エリザベス女王の墓標の写真を初めて公開した。 黒の大理石でできた墓標には、両親のジョージ6世夫妻、2021年に死去した夫・フィリップ殿下とともに、エリザベス女王の名前と生没年が刻まれている。 Read more »

大谷翔平は「ジーターのようだ」メジャー通算3053安打、伝説の「安打製造機」ロッド・カルーさんが称賛

ツインズとエンゼルスのOBで、メジャー通算3053安打を放ったロッド・カルー氏(阿部太郎撮影)  メジャー通算3053安打を放ち、7度の首位打者に輝いたレジェンド、ロッド・カルーさん(76)が24日、米ミネアポリスでのツインズ―エンゼルス戦の試合前に取材に応じ、エンゼルスの大谷翔平を、名選手だった元ヤンキースのデレク・ジーターさんの現役時代とダブらせながら称賛した。  「彼が投打でプレーしている姿を見るのが大好き。足も速い。常に全力を出す姿は、デレク・ジーターやマイク・トラウトのようだ」  カルーさんはツインズとエンゼルスの両チームでプレーし、首位打者7度、15年連続打率3割を残した伝説の「安打製造機」。背番号「29」は、選手としてエンゼルス史上初の永久欠番となった。パナマ出身で、イチローさんに破られるまでは非米国出身選手のメジャー最多安打を保持していた。  イチローさんを「素晴らしい友」と語るカルーさんはベンチで待ち構えた日本メディアを見て、「君たちが何を聞きたいか分かるよ」とニヤリ。自身がMVPに輝いた1977年の話も振り返りながら、「MVPのカギはメディアが握っているね」と語った。  自身の意見については「論争をつくり出したくないからね」としながらも「大谷がやっていることを(他の誰かが)するのは難しい。一方でジャッジも三冠王の可能性がある。どちらがMVPでもいい」と語った。 Read more »

湖南省益陽市で稲刈りシーズン続く

湖南省益陽市で稲刈りシーズン続く 21日、益陽市南県武聖宮鎮同豊村でコンバインを運転する農家の人。(長沙=新華社記者/周勉)  【新華社長沙9月25日】中国湖南省益陽市南県武聖宮鎮の千ムー(約67ヘクタール)に上る田んぼでは、中稲(なかて)が収穫期を迎えている。同県は洞庭湖地区有数の穀物生産地で、今年の稲の作付面積は約80万ムー(約5万3千ヘクタール)となっている。 湖南省益陽市で稲刈りシーズン続く 21日、益陽市南県武聖宮鎮同豊村で、稲もみを車に積み込む農家の人。(長沙=新華社記者/周勉) 湖南省益陽市で稲刈りシーズン続く 21日、益陽市南県武聖宮鎮同豊村で稲刈りをするコンバイン。(小型無人機から、長沙=新華社記者/陳思汗) 湖南省益陽市で稲刈りシーズン続く 21日、益陽市南県武聖宮鎮同豊村で稲刈りをするコンバイン。(小型無人機から、長沙=新華社記者/陳思汗) Read more »

メイウェザーへの花束投げ捨て事件にネットが憤怒|超RIZIN反応集

メイウェザーへの花束投げ捨て事件にネットが憤怒|超RIZIN反応集 9月25日、さいたまスーパーアリーナで行われた『超RIZIN』でフロイド・メイウェザー(米国)が朝倉未来を2回TKOでくだした。多くの著名人も反応を示したが、オークションで高額NFTチケットを購入した、「ごぼうの党」党首を務める人物がメイウェザーに贈呈するはずの花束を投げ捨てたことに対し、怒りの声が殺到。ネット上が炎上し、RIZIN榊原信行SEOが謝罪する事態となった。 関連記事 メイウェザーの強さと朝倉未来の健闘を祝う声 世界の並み居る猛者たちを倒してきた50戦無敗のボクシングレジェンドであるメイウェザーに負けたものの、その天才を本気にさせる、いい当たりを何度か決めていた朝倉未来。その健闘ぶりをみて、日本人トップYouTuberのHIAKAKINさんは「マジで強かった」、俳優の川﨑麻世さんは「メイウェザーを本気にさせた」と称えた。アマレス五輪銀メダリストでMMAファイターの太田忍は、メイウェザーの実力に「恐れ入った」とつぶやいた。 朝倉未来 vsメイウェザー 朝倉くん、マジで強かった。 ボクシング初めてでこれはすごいよ。#RIZIN #朝倉未来 #メイウェザー — HIKAKIN😎ヒカキン 【YouTuber】 (@hikakin) September 25, 2022 いやー!未来も凄かった。 メイウェザーを本気にさせた。#メイウェザー#朝倉未来#RIZIN39 #rizin pic.twitter.com/dz7VbR6dMm — 川﨑麻世 MAYO KAWASAKI (@kawasakimayokun) September 25, 2022 ... Read more »

ある映画プロデューサーの死│望月衣塑子インタビュー 追悼・河村光庸(前篇)

『新聞記者』『かぞくのくに』『息もできない』 2022年6月11日、反骨の映画プロデューサー、河村光庸(かわむら・みつのぶ)が心不全のため72歳で急逝した。その代表作、映画『新聞記者』(2019 藤井道人監督)に原案を提供し、映画『i―新聞記者ドキュメント』(2019 森達也監督)に出演、Netflixのドラマ『新聞記者』(2022 藤井道人監督)でも新聞記者のモデルとされた東京新聞社会部記者、望月衣塑子に河村光庸の人と仕事について聞いた。 望月 河村さんに初めて会ったのは、私が2017年10月に『新聞記者』(角川新書)という本を出して、その翌月ぐらいかな。「映画化したいんだ」という話を河村さんからいただいたのが出会いでした。『新聞記者』は、7年を超えた安倍長期政権下で森友学園問題、加計学園問題、伊藤詩織さんの性暴力被害などがあり、それらの事件に迫りつつ政権を真っ向から批判した本でしたから、映画化は正直難しいだろうと思いましたね。ですから、そのときは「お話は嬉しいですが、お気持ちだけいただきます」みたいな感じだったんです。 数ヵ月にわたって脚本家の方と河村さんからインタビューを受けましたが、それから半年くらい連絡がなかったんですが、その間、河村さんは脚本にこだわり抜き、脚本家を7人変えて、ストーリーを練りに練っていたと聞きました。「ようやくできた」ということで呼ばれると、監督の藤井道人さんと詩森ろばさん、高石明彦さんの共同脚本ができていました。一読して、高い政治意識とエンタメ性が共存した良い脚本だと思いましたね。 撮影/高橋定敬 河村光庸は1949年生まれ。同世代の表現者があらかた表舞台に出尽くしたあと、「全共闘世代の最終走」として映画界に忽然と現れた。50代で国際映画祭にて25以上もの賞に輝く鮮烈な韓国映画『息もできない』(2010 ヤン・イクチョン主演・監督)を配給、60代で北朝鮮と日本に隔てられた在日コリアン二世の家族の再会を描き国内の映画賞を独占した『かぞくのくに』(2014 ヤン・ヨンヒ監督)を製作するなど、遅咲きだった。河村は映画に携わるまでいったい何をしていたのだろうか? 望月 河村さんは慶應義塾大学在学中、折からの全共闘運動の只中で学生運動をやっていて、その後、沖縄に飛ぶんです。沖縄に「星の砂」(原生動物である有孔虫の殻)ってあるじゃないですか。私が小さい頃、よくお土産屋さんで見かけましたが、あれを西表島や竹富島の海岸で見つけて、「これは商売になるぞ」とひらめいて、小瓶に詰めて商品化したそうです。河村さんはそれで財を成したと言っていました。「沖縄の星の砂で起業してできた会社だから、会社名は『スターサンズ』だ」と。 「ウーパールーパー」をブームにした男 望月 沖縄に行ったのは、太平洋戦争で本土の犠牲になり、戦後は米軍支配下で苦しみ続けた地域だから、そこで生きる人たちの痛みに思い入れがあったのかもしれません。けれど、そのころの沖縄は返還前ですから、本土の人間が商売をやるというのは並大抵じゃなかったんじゃないでしょうか。 全共闘運動で逮捕されて就職できなかった人たちのなかには、左翼的な正しさにこだわり続け、社会や環境の改善に関わる仕事に就くケースも多かったと聞きますが、河村さんは20代から会社を興したり潰したりを繰り返し、食べていくために様々なことをやったようです。 映画の配給を手がける前には、「星の砂」をはじめ、アメリカからTシャツを輸入したり、エアロビスタジオやヨガスタジオも経営していたし、「エリマキトカゲ」とともに珍獣としてもてはやされた「ウーパールーパー」(メキシコの湖沼に生息するサンショウウオの一種)を日本でブームにしたのも河村さん。 彼は人懐っこい性格で、すぐに他人の懐に飛びこむ人だったので、たちまち人脈を拡げ、幅広くいろんなことをやってきたみたいです。「これはゼニになる」と思うと、ばっーと商売の方へ行くところが周りの全共闘世代とはちょっと違っていて、良く言えばしたたか、悪く言えばいかがわしい(笑)。 「左翼的な正義を振りかざしても世の中はついてこない」という河村さんなりの醒めた時代認識もあったのかな。だから河村さんは、高い問題意識を持ちながら、左翼的な教条主義には陥らず、つねに観客のことを考え、映画をエンターテインメントとして作り続けた異色の全共闘世代の映画人でした。 河村氏と望月氏 69歳のとき、河村は真っ向から政治に斬り込んだ『新聞記者』を撮る。安倍政権を批判するこの作品は長らく配給会社が決まらず、テレビ局各社は官邸に「忖度」して、この映画の情報を取り上げなかった。 望月 本来、芸術や文化というものは権力に歯向かっていくべきものですよね。 古くは、今井正や山本薩夫や大島渚や熊井啓など、名だたる映画監督が映画で時々の政権に警鐘を鳴らしてきましたが、近年は森達也や井上淳一や足立正生など少数の例外を除いて、誰も政権を批判せず、官邸に「忖度」する映画やテレビばかりが撮られている。「桜を見る会」に象徴されるように、芸能や文化が政治に組み敷かれるようになってしまいました。 私たちジャーナリストも、政府の情報はすべて官邸主導で流され、記者たちは官房長官に物が言えなくなり、あろうことか、テレビ局を始めとするメディアの一部は完全に政権側に付いた。 そうしたメディアの体たらくに河村さんは憤り、同時にこういうときこそ映画で異議申し立てをしなくてはならないという思いに駆られたんでしょう。異議申し立てを、清く正しい思想を抱く左翼映画人ではなく、山師のようなところもある河村さんがやったところが、面白い。 口癖は「オレ、行くよ」 河村はどんな困難に遭おうと「オレ、行くよ」と笑顔で言った。それが彼の口癖だった。河村はけっしてへこたれなかったが、この映画に出演依頼された俳優やスタッフの多くは引き受けることをためらった。 望月 河村さんは藤井道人監督の『光と血』(2017)など過去の作品を観て、社会的弱者が追いこまれる立場を多面的な視点で描いていることに共感して、藤井さんに『新聞記者』の監督を打診しました。けれど、藤井さんはオファーを2回断ったそうです。「自分は新聞を読んだことがない」「これを受けたら仕事がなくなるかも知れない」と思ったからだそうです。 そんなときに河村さんは藤井さんにこう諭したと言います。「君はそうやって否定してるけど、君が撮り続けている映画は、いずれ現代の社会や政治の問題に向き合わざるをえない。いま拒んでも、いつかは向き合わなきゃいけなくなるんだよ」と。 その言葉が腑に落ちて、藤井さんは3回目のオファーでやっと監督を受ける覚悟を決めたそうです。でも、藤井さんはキルト作家のお母さんにLINEをして、「もしかしてこれをやっちゃうと、その後の仕事が来なくなるかもしれない。もしそうなったら、またしばらく食べさせてもらうかもしれない」ということを伝えたら、お母さんは「望月さんはお母さんも大好きよ。頑張りなさい」とおっしゃって、藤井さんは踏ん切りがついたと聞きました。 主人公の新聞記者(吉岡エリカ)役は、日本の女優さんも何人か候補がいたそうですが、河村さんが最終的に、韓国で演技力の高さを評価されているシム・ウンギョンさんに決めたんです。撮影の前は徴用工問題で日韓関係が通常以上に悪化している時期でしたが、シムさんは日本語も覚えて、難しい役を演じ切りましたね。日本アカデミーの授賞式で大粒の涙を流しているシムさんを見て、私ももらい泣きしてしまいました。 ... Read more »

フリーアナ枡田絵理奈さんの「広島愛」 東京から移住8年、充実の子育てライフ

 フリーアナウンサーとして活躍する枡田絵理奈さん(36)は広島市在住。広島東洋カープの堂林翔太選手との結婚を機に、8年前に移住しました。全く縁のなかった土地にすっかりなじみ、3人の子育てに奮闘しながらの広島暮らしに「感動」しているそう。どこがそんなにいいの? 枡田さんに「広島愛」の理由を尋ねました。  ―TBSアナウンサーという多くの人が憧れる仕事を辞めて、地方に拠点を移すことに戸惑いはなかったのですか。  東京にも、キー局の女子アナという肩書にも不思議と未練はありませんでした。入社して8年間、朝や昼の帯番組などの仕事に恵まれました。興味があったスポーツ報道でも、五輪やサッカーW杯という大舞台の中継に携われたことで目標がかなったな、全力で駆け抜けたなという達成感があったんです。  夫と出会って「次はこの人を支える仕事をしたい」という気持ちが自然と湧きました。アナウンサーから野球選手の妻に「転職」したみたいな感覚ですね。  夫との交際中から広島にはちょくちょく遊びに来ていて、住みやすそうと感じていました。ほどよく都会で自然も多い。横浜出身の私は東京と横浜の生活しか知らなかったから、首都圏を離れて暮らすのも楽しみだったんです。  ―実際、生活してみてどうですか。  感動したのは、とにかく食べ物がおいしいこと。海の幸も山の幸も。朝採れ野菜だってすぐ手に入る。しかもお手頃。わが家はみんなよく食べるので助かります。広島市内のディスカウントスーパーにもよく行きます。いろんなものが安くてつい買い過ぎちゃう。テンション上がりまくりです。  TBS時代は本社がある赤坂の近くに住んでいて、いつも「高いなー」と思いながら食材を買っていました。量も少ないし、鮮度もイマイチ。それに、東京で暮らした当時は私も背伸びしたり、「よろい」をまとったりしていたけど、広島では肩の力を抜けるから心地いいんです。穏やかな街の雰囲気や人の温かさに包まれているからでしょうね。皆さんフレンドリーでおおらか。「よろい」は東京に置いてきました。  ―知り合いもたくさん増えたそうですね。  ご近所や公園、産婦人科の母親学級で仲良くなったママ友たちです。知人がいない土地だからこそ、勇気を出して自分から「友達になってください」と話し掛けるようにしていて、皆さんも受け入れてくれる。広島の人は一度心を開いてくれたら、親しくなりやすい気がします。  ママ友とは助け合いながら一緒に子育てをしている感じです。調味料のストックがなくなったり、食材の買い忘れがあったりして慌てたときも「おしょうゆ貸して」「天ぷら粉持ってる?」と気軽にお願いできる。6歳、4歳、2歳の子がいると、また買い物に行くのも大変なので本当に助かります。  以前、私が体調を崩した時も、おかずを差し入れてくれました。自転車で土瓶蒸しを届けてくれた方や、子どもが好きなミートソースや煮込みハンバーグを用意してくれる方もいて、一気に食卓が豪華になって。涙が出るほどありがたかった。「みんなの優しさ便」と勝手に呼んでいます。  夫が活躍した翌日は、中国新聞の記事の写真をメールで送ってくれる友人も多いんですよ。釣った魚を届けてくれる方もいて、いつもは台所に立たない夫も魚のうろこを取ってくれる。 鈴木誠也選手が大リーグに行く前までは家族ぐるみの付き合いをしていて、白ご飯が足りなくなった時に妻の畠山愛理ちゃんに分けてもらったこともあります。私がうっかり屋なので、皆さんの親切に甘えさせてもらっています。  ―買い物先でも交流が生まれているとか。  対面販売のお店が大好きなんです。会話しているだけでも楽しいし、レシピに困った時は「こうやって食べたらおいしいよ」とアドバイスをくれます。  お肉屋さんに行くと「堂林、昨日はいいヒットだったね」と声を掛けてくれたり、「もっとパワーつけんさい!」とおまけしてくれたり。カープファンが多いのもあると思うのですが、周囲の方が見守ってくれていると感じます。いい意味でおせっかいというか距離感の近さがいいですよね。 枡田絵理奈さん Read more »

久しぶりに本が読みたくなる書評 『回想十年 新書版』(吉田茂 著・毎日ワンズ)

久しぶりに本が読みたくなる書評 『回想十年 新書版』(吉田茂 著・毎日ワンズ) 9月27日は安倍晋三元首相の国葬の実施日である。 【画像】吉田茂元首相の国葬(1967年) 岸田首相が国葬の実施を表明した当初は、銃撃事件の衝撃がまだ生々しく残っていたためか、それほど強い反対も出なかったように見えた。だが衝撃が薄れるとともに、山上容疑者の暗殺動機となった旧統一教会と安倍氏との接点、さらに多くの自民党議員との関係が明らかになるにつれ、国葬反対の声は日を追うごとに増大、国論を二分する状態に陥り、岸田政権の支持率にも影響を与えるようになった。 式典そのものは粛々と執り行われるだろうし、そうあるべきで、野党の対応に眉を顰める人も多いだろう。だがその一方で、評者はなんとなく岸田首相の国葬表明に拙速を感じてしまうのである。もう少し時間をおいて、旧統一教会と自民党の関連を見極めれば、おそらく国葬という言葉は出てこなかっただろう。拙速なるがゆえに、一方で旧統一教会の対応に追われ、そんな中で旧統一教会との関係のあった安倍氏の国葬を執り行うというチグハグなことになってしまうのである。正直なところ、国葬決定によって清和研(安倍派)を懐柔し、政権運営に資しそうという考えが、岸田総理の頭の中に全くなかったとは言えないだろう。ハト派の岸田首相(宏池会)とタカ派の清和研(安倍派)とは政策的にしっくりこないところがあるのである。 また、安倍氏が国葬にふさわしい政治家だったかも、すぐに答えは出ないだろう。あるいは歴史家の領分かもしれない。 しかしあえて言えば、確かに安倍氏は首相在任期間7年8カ月で歴代トップだが、例えば歴代3位にしてノーベル平和賞受賞者の佐藤栄作氏や、皇族以外で戦後2人目となる大勲位菊花大綬章を生前に受章した中曽根康弘氏、あるいは奇しくも安倍氏と同じ参議院選挙で、過酷な応援演説がたたって選挙期間中に病院に運ばれ、現職総理のまま帰らぬ人となった大平正芳氏はいずれも国葬ではない。ワンランク下がる「国民葬」ならこれほどまで揉めることはなかっただろう。「国民葬」も国費が使われるが、そうなれば佐藤栄作氏以来となる。今回決定した国葬となれば、戦後初めて生前に大勲位菊花大綬章を受けた吉田茂氏以来のことである。 そこで今回の書評は、その吉田氏の回想録『回想十年 新書版』(吉田茂 著・毎日ワンズ)を取り上げようと思う。 この毎日ワンズという出版社はなかなか個性的な出版社で、以前この書評で紹介した『明治維新の研究』(津田左右吉 著)もこの出版社であった。いずれも復刻版だが、日本の近現代史にかかわる重要な書籍を軽便な装丁で出版してくれるので、とてもありがたい存在だ。 「浪々の身の上」の吉田氏 さて、吉田氏は首相就任当時、かなり国民的人気が高かったようだ。 それは外交官出身の吉田氏が、その英米流自由主義の立場から、戦前には日米開戦回避に動き、また戦中は和平に向けて様々な工作を行っていたからである。当然、東条英機大将率いる軍部は吉田氏に目を光らせた。実際に敗戦色が濃厚になった昭和20年4月に、憲兵隊は吉田氏を連行、拘束した。そして40日後に不起訴となり釈放される。 不起訴になったのは旧知の阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣の意向が強く働いたようだ。この人は終戦時に「一死以て大罪を謝し奉る」という遺書を残し、現職の陸軍大臣のまま割腹自殺を遂げた。これは『日本のいちばん長い日 決定版』(半藤一利 著・文春文庫)のクライマックスの一つとなっている。一身に敗戦の罪を背負うことによって陸軍のクーデター、暴発が抑えられたのである。 さて、一方の吉田氏は拘束中、空襲にあって都内各所を憲兵の案内で逃げ回ったりして大変な目に遭ったらしい。戦後になってそういった事実が公にされ、空襲、あるいは軍部の憲兵隊監視体制に嫌気がさしていた国民は、権力中枢内で、ひそかに開戦回避や終戦工作に動いていた吉田に拍手喝采し、その内閣を強く支持したのだろう。 また吉田氏はこうも書いている。 (以下引用) 「私は昭和十四年三月、駐英大使を最後に外務省を退き、終戦後の東久邇(ひがしくに)内閣の外務大臣に就任するまでの約六年半の間はまったく浪々の身の上で、他人から見れば、いわゆる悠々自適の境涯にいたわけである」 (以上引用) つまり、政府の役職についていなかったために、却って自由に動ける環境にあったのだろう。しかし開戦回避工作はうまくいかなかった。また和平工作にも失敗した。 (以下引用) 「私はそれまで密かに、『近衛公(評者注:近衛文麿元首相)をスイスに派遣し、和平工作を進めてみればどうか』と、私だけで考えていたのだが、木戸侯爵(評注:木戸幸一内府…内大臣 天皇を輔弼する職)の意向を伝え聞いて、私の案もあながち実現性がないでもないと、若干自信をもつことができた」 (以上引用) ... Read more »

【中日】岡林勇希、ついに安打数トップの阪神・近本光司&中野拓夢の153安打に並ぶ 初タイトルへ猛進

5回、岡林勇希が左前安打を放つ(カメラ・相川 和寛)  ◆JERAセ・リーグ 中日―巨人(25日・バンテリンD)  中日・岡林勇希外野手が菅野から5回までに2安打を放ち、シーズン153安打とした。今季48度目のマルチ安打でリーグトップの阪神・近本&中野に並んだ。  高卒3年目の今季、右翼のレギュラーに定着。初の規定打席もクリアした若竜が初タイトルへ猛進している。 Read more »
Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network