「保冷剤をあてるポイントが重要」熱中症対策を消防隊員に聞きました

新潟放送

6月とは思えない猛暑に見舞われた24日、新潟県内では午後4時半現在で7人が熱中症の疑いで病院に運ばれました。 命にもかかわる熱中症。もし熱中症が疑われた場合、どのように対処すればよいのでしょうか。消防に聞きました。 【写真を見る】「保冷剤をあてるポイントが重要」熱中症対策を消防隊員に聞きました 【新潟市消防局救急課 阿部慧弥消防司令補】「熱中症を疑う人を見つけたら反応を確認してください。反応がない場合や、意識があっても言動がおかしい場合はすぐに救急車を呼んでください」 教えてくれたのは、新潟市消防局の阿部慧弥さんです。 【新潟市消防局 阿部慧弥消防司令補】「救護する場合は、まずは涼しい場所に移動させてください。それから体を冷やす行動をとります」 「まず衣服を緩め、首や脇の下に保冷剤を当てます」 ポイントは保冷材を当てる場所。 大きな血管が通っている首や脇、足の付け根が効果的です。梅雨のこの時期は、気温が上がっていなくても注意が必要です。 【新潟市消防局 阿部慧弥消防司令補】「熱中症は気温だけではなく湿度なども関係してきますので、梅雨の時期に高温というところで湿度が高いと汗が蒸発しにくい特徴もありますし、のどの渇きを感じにくいという特徴がありますので、熱中症になるリスクは十分にあると考えています」 新潟市内では23日までに26人が、熱中症の疑いで病院に運ばれたということです。

新潟放送

News Related
  • 衆院「10増10減」で「国民に疑問や不安」 森山選対委員長

    引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。
    See Details: 衆院「10増10減」で「国民に疑問や不安」 森山選対委員長
  • ダリアの町に花の摘み取り園オープン 福島・塙町

    引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。
    See Details: ダリアの町に花の摘み取り園オープン 福島・塙町
  • 午後6時から岸田首相が記者会見

    引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。
    See Details: 午後6時から岸田首相が記者会見
  • 【フィギュア】羽生結弦さん、back numberの歌詞口ずさみ氷上練習 視聴者10万人超

    フィギュアスケート男子の14年ソチ、18年平昌オリンピック(五輪)2連覇王者で、7月プロ転向を表明した羽生結弦さん(27)が10日午前、仙台市内で公開練習イベント「SharePractice(練習共有)」を実施し、公式YouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」でライブ配信を開始した。 映像はウオームアップする姿から配信された。普段の試合などでは映されることがなかった場面。どのように氷上に上がるまで体を温め、備えていくのかを明かす、1時間弱の貴重な機会となった。 耳にイヤホンをつけて、関節の可動域を確認するような動作、さらに地上でジャンプも跳んだ。決して広いスペースではないリンク脇で、助走も短いながらも、きっちりとトリプルアクセル(3回転半)を降りきる姿には迫力があった。 午後0時31分にリンクイン。すでに視聴者数は10万人を突破した。直前まではワイヤレスイヤホンで音楽を聴いていたが、リンクで流すために切り替えると、聞こえてきたのはback numberの「水平線」。2曲目は「僕がいまできることを」で、歌詞を口ずさみながら、氷上練習を開始した。 羽生さんは7月19日に都内で記者会見し「取るべきものは取った」とアマチュア競技会から退き、プロに転向することを表明していた。 公開練習に臨む羽生結弦さん(撮影・江口和貴)
    See Details: 【フィギュア】羽生結弦さん、back numberの歌詞口ずさみ氷上練習 視聴者10万人超
  • 【注目馬動向】エルムS8着のアイオライトは福島民友Cが目標

    アイオライト  8月7日のエルムS・G3で8着に終わったアイオライト(牡5歳、美浦・武藤善則厩舎、父ローレルゲレイロ)は放牧に出されたあと、福島民友C(11月20日、福島・ダート1700メートル)・リステッドを目標に調整される予定となった。  武藤善則調教師はハナに立って失速した前走に「本当は番手で運びたかったけど、競馬だから仕方がない。またリステッドあたりから出直しです」と振り返った。
    See Details: 【注目馬動向】エルムS8着のアイオライトは福島民友Cが目標
  • 【甲子園】能代松陽・工藤監督「この校名で新しい歴史をつくっていきたい」 東北勢5連勝はならず

    <聖望学園・能代松陽>敗れた能代松陽ナイン(撮影・藤山 由理)  ◇第104回全国高校野球選手権第5日・1回戦 能代松陽2―8聖望学園(2022年8月10日 甲子園)  11年ぶり4度目出場の能代松陽(秋田)が13年ぶり4度目の聖望学園(埼玉)と対戦。粘りを見せたものの2―8で敗れ、11年ぶりの初戦突破はならなかった。  5回まで無安打に抑えられたが、4点を追う6回1死から連打と四球で満塁とし、斎藤舜介(2年)の中前2点適時打で2点差に。しかし、エース三浦凌輔(3年)を5回からリリーフした右腕・森岡大智(2年)が7回に3失点。打線は9回2死から連打するなど食い下がったものの、反撃は及ばなかった。  試合後、工藤明監督は「相手の打線がしぶとかったと思います」と相手を称え、2得点した6回の攻撃前には「秋田大会と同じようにつなぐ野球をしようともう1度、声をかけたら、つながって得点できました。今年のチームは田中主将を中心に本当にしぶといいいチームだったと思う」と振り返った。女子校の能代北と能代商が2013年に統合されて「能代松陽」に生まれ変わり、新校名になっての初めての甲子園で「これからこの校名で新しい歴史をつくっていきたい」と話した。  東北勢は大会初日に一関学院(岩手)が京都国際(京都)を破ったことに始まり、八戸学院光星(青森)、鶴岡東(山形)、聖光学院(福島)と4連勝中だった。13年に記録した東北勢の最多5連勝には届かなかったが、能代松陽も底力を感じさせる戦いぶりだった。
    See Details: 【甲子園】能代松陽・工藤監督「この校名で新しい歴史をつくっていきたい」 東北勢5連勝はならず
  • 3歳年上と結婚の新行市佳アナ「幸せです」 特撮好き夫婦 今後グッズは「共同で購入していこうって」

    東京・有楽町のニッポン放送  ニッポン放送の新行市佳アナウンサー(29)が10日、同局「垣花正あなたとハッピー!」(月~木曜前8・00)に生出演。結婚相手の3歳年上の会社員について語った。  お互いに特撮シリーズが好きで、大量の特撮グッズを所持。そのため、今後は「大きなフィギュアとか一家に一体でいいよねっていうモノに関しては、これからは各々で買うというよりも共同で購入していこうって」と話し合いしたと明かした。  マッチョ好きで、彼氏ができたらジムに通わせると以前から公言していた新行アナ。夫は「体型はふつう」だが、ムキムキになるポテンシャルは「秘めていると思います」。映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」に登場するバラゴンに目がソックリだといい「目がすごく大きくてクリっとしているのが似ている」と説明、「幸せですか?」との問いには「幸せです」と口にした。  新行アナは、同日放送の同局「飯田浩司のOK! Cozy up!」(月~金曜前6・00)で結婚を生発表。お相手は3歳年上の会社員で「大好きな特撮の話をしたことをきっかけに。3年ほどお付き合いをしていた方です」と話していた。
    See Details: 3歳年上と結婚の新行市佳アナ「幸せです」 特撮好き夫婦 今後グッズは「共同で購入していこうって」
  • えなこ&野田クリスタル『ONE PIECE FILM RED』コラボビジュアル登場 ウタ&シャンクスになりきり

    PEACH JOHN×『ONE PIECE FILM RED』キャンペーンビジュアルに登場した(左から)野田クリスタル、えなこ  人気コスプレイヤーのえなこと、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが、PEACH JOHNと映画『ONE PIECE FILM RED』のコラボビジュアルのモデルに起用された。  本コレクションはランジェリー4型、ルームウエア2型、ポーチ1型の全7型を展開。映画の主要キャラクターであるウタを中心にそれぞれ劇中に登場するフェスや戦闘服の衣装をイメージした、数量限定のスペシャルコラボ。メインビジュアルでえなこはウタ、野田はシャンクスになりきった。  さらに、えなこがウタのブラセット、ナミやロビンのランジェリーセットをまとったビジュアルも公開。発売は9月21日からで、本日より先行受注が開始された。
    See Details: えなこ&野田クリスタル『ONE PIECE FILM RED』コラボビジュアル登場 ウタ&シャンクスになりきり
  • Vaundy、自身初の日本武道館公演、ABEMAにて独占生配信決定「初の武道館公演、最高の時間に!」

    PEACH JOHN×『ONE PIECE FILM RED』キャンペーンビジュアルに登場した(左から)野田クリスタル、えなこ  人気コスプレイヤーのえなこと、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが、PEACH JOHNと映画『ONE PIECE FILM RED』のコラボビジュアルのモデルに起用された。  本コレクションはランジェリー4型、ルームウエア2型、ポーチ1型の全7型を展開。映画の主要キャラクターであるウタを中心にそれぞれ劇中に登場するフェスや戦闘服の衣装をイメージした、数量限定のスペシャルコラボ。メインビジュアルでえなこはウタ、野田はシャンクスになりきった。  さらに、えなこがウタのブラセット、ナミやロビンのランジェリーセットをまとったビジュアルも公開。発売は9月21日からで、本日より先行受注が開始された。
    See Details: Vaundy、自身初の日本武道館公演、ABEMAにて独占生配信決定「初の武道館公演、最高の時間に!」
  • 光の参道 夕日が一直線 宇佐神宮に続く勅使街道 大分

    PEACH JOHN×『ONE PIECE FILM RED』キャンペーンビジュアルに登場した(左から)野田クリスタル、えなこ  人気コスプレイヤーのえなこと、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが、PEACH JOHNと映画『ONE PIECE FILM RED』のコラボビジュアルのモデルに起用された。  本コレクションはランジェリー4型、ルームウエア2型、ポーチ1型の全7型を展開。映画の主要キャラクターであるウタを中心にそれぞれ劇中に登場するフェスや戦闘服の衣装をイメージした、数量限定のスペシャルコラボ。メインビジュアルでえなこはウタ、野田はシャンクスになりきった。  さらに、えなこがウタのブラセット、ナミやロビンのランジェリーセットをまとったビジュアルも公開。発売は9月21日からで、本日より先行受注が開始された。
    See Details: 光の参道 夕日が一直線 宇佐神宮に続く勅使街道 大分
  • 年金が増える? 会社員の「長期加入者の特例」って何?

    PEACH JOHN×『ONE PIECE FILM RED』キャンペーンビジュアルに登場した(左から)野田クリスタル、えなこ  人気コスプレイヤーのえなこと、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが、PEACH JOHNと映画『ONE PIECE FILM RED』のコラボビジュアルのモデルに起用された。  本コレクションはランジェリー4型、ルームウエア2型、ポーチ1型の全7型を展開。映画の主要キャラクターであるウタを中心にそれぞれ劇中に登場するフェスや戦闘服の衣装をイメージした、数量限定のスペシャルコラボ。メインビジュアルでえなこはウタ、野田はシャンクスになりきった。  さらに、えなこがウタのブラセット、ナミやロビンのランジェリーセットをまとったビジュアルも公開。発売は9月21日からで、本日より先行受注が開始された。
    See Details: 年金が増える? 会社員の「長期加入者の特例」って何?
  • 大谷翔平が25号!イチロー超えの日本人118本塁打 104年ぶり偉業達成への祝砲となるか!【MLB】

    PEACH JOHN×『ONE PIECE FILM RED』キャンペーンビジュアルに登場した(左から)野田クリスタル、えなこ  人気コスプレイヤーのえなこと、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが、PEACH JOHNと映画『ONE PIECE FILM RED』のコラボビジュアルのモデルに起用された。  本コレクションはランジェリー4型、ルームウエア2型、ポーチ1型の全7型を展開。映画の主要キャラクターであるウタを中心にそれぞれ劇中に登場するフェスや戦闘服の衣装をイメージした、数量限定のスペシャルコラボ。メインビジュアルでえなこはウタ、野田はシャンクスになりきった。  さらに、えなこがウタのブラセット、ナミやロビンのランジェリーセットをまとったビジュアルも公開。発売は9月21日からで、本日より先行受注が開始された。
    See Details: 大谷翔平が25号!イチロー超えの日本人118本塁打 104年ぶり偉業達成への祝砲となるか!【MLB】
  • 安倍氏銃撃「一生背負う」=国家公安委員長退任の二之湯氏

    PEACH JOHN×『ONE PIECE FILM RED』キャンペーンビジュアルに登場した(左から)野田クリスタル、えなこ  人気コスプレイヤーのえなこと、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが、PEACH JOHNと映画『ONE PIECE FILM RED』のコラボビジュアルのモデルに起用された。  本コレクションはランジェリー4型、ルームウエア2型、ポーチ1型の全7型を展開。映画の主要キャラクターであるウタを中心にそれぞれ劇中に登場するフェスや戦闘服の衣装をイメージした、数量限定のスペシャルコラボ。メインビジュアルでえなこはウタ、野田はシャンクスになりきった。  さらに、えなこがウタのブラセット、ナミやロビンのランジェリーセットをまとったビジュアルも公開。発売は9月21日からで、本日より先行受注が開始された。
    See Details: 安倍氏銃撃「一生背負う」=国家公安委員長退任の二之湯氏
  • ニャロメ、ブタゴリラ演じた大竹宏さん、8月1日に死去、100歳まで現役誓うも…

    PEACH JOHN×『ONE PIECE FILM RED』キャンペーンビジュアルに登場した(左から)野田クリスタル、えなこ  人気コスプレイヤーのえなこと、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが、PEACH JOHNと映画『ONE PIECE FILM RED』のコラボビジュアルのモデルに起用された。  本コレクションはランジェリー4型、ルームウエア2型、ポーチ1型の全7型を展開。映画の主要キャラクターであるウタを中心にそれぞれ劇中に登場するフェスや戦闘服の衣装をイメージした、数量限定のスペシャルコラボ。メインビジュアルでえなこはウタ、野田はシャンクスになりきった。  さらに、えなこがウタのブラセット、ナミやロビンのランジェリーセットをまとったビジュアルも公開。発売は9月21日からで、本日より先行受注が開始された。
    See Details: ニャロメ、ブタゴリラ演じた大竹宏さん、8月1日に死去、100歳まで現役誓うも…

OTHER NEWS

柴咲コウ ボーイスカウトたちの学ぶ姿勢に感服「私も子供心を忘れずに」

マムート「創業160周年記念プロジェクト記者発表会」に出席した柴咲コウ  女優の柴咲コウ(41)が10日、都内で、アウトドアブランド・マムートの「創業160周年記念プロジェクト記者発表会」に出席した。  山の魅力や環境保護の大切さをPRする同プロジェクトのアンバサダーを務める柴咲は、ボーイスカウトに所属する小学生25名と共に「山の日特別授業~氷河のある世界のために~」に参加。氷河と気候変動における関係性などについて理解を深めた。  積極的に質問をする子供たちの姿勢に柴咲は「能動的な心がスゴく素晴らしいと思うし、いろんな興味につながっていくと思う。私もすっかり大人ですけど、子供心を忘れずに自分が興味あるものをずっとずっと追い続けていきたいと思います」と感服していた。  2018年には環境省の「環境特別広報大使」に就任し、現在は東京と北海道の2拠点で活動。「非日常が自然だったり、山遊び、川遊びだったりする。私たちの生活に合わせると、今まであったものに弊害が出てくる。それをないがしろにしたら今まであったものが崩れていってしまうので、守っていくことがクリエーティブにつながるんだと思いました」と、より一層環境保全への意識を高めていた。 Read more »

快勝初戦突破の聖望学園、次は大阪桐蔭戦 2失点完投のエース岡部「持てる力をすべて出し切る」

完投勝利を収め、控えめにグラブをたたいて喜ぶ聖望学園・岡部大輝(撮影・伊藤笙子)  「全国高校野球選手権・1回戦、聖望学園8-2能代松陽」(10日、甲子園球場)  聖望学園が16安打で8得点。犠打5、盗塁4個とそつなく攻めて2003年夏の3回戦(天理)以来の甲子園勝利を挙げた。  「長打が出るチームじゃない。県大会通りです」と謙遜した岡本幹成監督。七回、3点目となる園山賢生内野手(3年)が決めたセーフティーバントには「サインです。相手のサードが後ろに守っていたので。よくやってくれました」とニンマリだった。  次は優勝候補の大阪桐蔭戦。大阪・桜宮出身の岡本監督は意気込みを聞かれ「意気込みというより、故郷のチームとやれることに感謝」と笑顔を浮かべた。一方、2失点で完投したエースの岡部大輝投手(3年)は「持てる力をすべて出し切る」と奮投を誓った。 Read more »

【速報】秋の園遊会 開催見送り 「令和」に入り一度も開催されず

【速報】秋の園遊会 開催見送り 「令和」に入り一度も開催されず 天皇皇后両陛下が主催される園遊会は、今年の秋も開催されないことが決まりました。 宮内庁によりますと、新型コロナウイルスの収束が見通せず、多くの人が不安や困難を抱える中、園遊会では全国から多くの参加者が集まり、飲食しながら近距離で会話をするため、今年の秋も開催を見送るということです。 園遊会は、両陛下が各界の功労者などおよそ2500人を招待され、毎年、春と秋に開催されてきましたが、令和になってからは、即位に関連した行事やコロナ禍により、一度も行われていません。 Read more »

建設トップランナー倶楽部代表幹事(東工大特任教授) 米田雅子さん(66) 地域の中小建設、グリーン戦略で存在感

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

米テスラ株9千億円売却 マスクCEO、目的不明

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

鈴木財務相「十分地味だった」 自身の仕事ぶりを回顧

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

昭和レトロ感が満載! 1964年製ボンネットバス「伊豆の踊子号」が復活

東海バスが所有するボンネットバス「伊豆の踊子号」が約5カ月間のリニューアル整備を終え、バスツアーにて運行を開始した。最初の東京オリンピックが開催された1964年に誕生した貴重な1台は、どんな姿で令和の日本を走るのか? レストアが完了したばかりの伊豆の踊子号に対面してきた。 ボンネットバス「伊豆の踊子号」 約60年前のクルマとは思えないほどピカピカに生まれ変わったいすゞ自動車製ボンネットバス「伊豆の踊子号」 改修後も色濃く残る当時の雰囲気 伊豆の踊子号はもともと、山間路線車としてバス人生を歩み始めた。1964年に5両導入された中の1台だ。 1969年までは山間路線車として伊豆の山中を走り回り、その後は東海バスで教習車としてのセカンドライフをスタートさせたのだが、1976年6月に天城路の観光路線バス「伊豆の踊子号」として復活。ボンネットバスブームの火つけ役であり牽引役でもあるこのクルマは、東海バスのシンボル的存在としてながく愛されてきた。 ボンネットバス「伊豆の踊子号」 ボンネットバス自体が「クラシックカー」と呼んでも差し支えのないクルマであるだけに、実際のところ、客を乗せて走行できる状態の車両は非常に少なくなっているのが現状。伊豆の踊子号も、これまでは動態保存のために必要な整備を受けてきたのだが、近年では老朽化が進み、安全運行が困難な状況が続いていたという。 そうした中でも、ファンからは「どこに行けば乗れるのか」との声が数多く寄せられていたとのこと。東海バスとしても、伊豆の踊子号を再び元気にして活躍させたいという思いは強かったという。そうした経緯から、創業105周年の記念事業の一環として実施したのが、今回のリニューアル整備だ。 レストアを担当したのは、多数の旧車再生を手がけている愛知県の新明工業。トヨタ博物館に展示してある車両のレストアを担当するなど、その技術は折り紙付きだ。 搬入された伊豆の踊子号は、サビにより外装塗装にヒビが入っていたり、車窓のサッシを外すとサビだらけになっていたりするなど、製造から約60年という年月による痛みが随所に確認されたという。 外装の修復作業では古い塗装は全て剥がし、くぼんだ部分にあらためてパテ処理を施した上でオールペイントを実施。リフレッシュで特にこだわったのが、サイドに描かれる東海バスの当時のロゴだ。この手書きロゴが醸し出す雰囲気も伊豆の踊子号のデザインの一部であり、それを消してはいけないと考え、手書き風のステッカーで再現した。 ボンネットバス「伊豆の踊子号」 手書き風ステッカーで再現した当時の東海バスのロゴ インテリアでは、「窓枠やガラスも含めて伊豆の踊子号から見える景色」だと捉えて改修を施した。窓周りは細部まで綺麗にするとともに、スムーズに窓を上げ下げできるよう機能性も重視して整備したそうだ。 ボンネットバス「伊豆の踊子号」 窓周りには構造上、どうしても隙間が存在する。それをいかに少なくするかが修復作業の課題だった。「乗っていただいた時に、少しでもキレイだなと思っていただけたら嬉しいです」(新明工業担当者) ボンネットバス「伊豆の踊子号」 車内も当時の雰囲気を再現 安全面で重要なブレーキ関連では、バキュームポンプをオーバーホールして組み付けるとともに、ブレーキ倍力装置を刷新。これは必ずしも最新のものに交換すればいいというわけではないそうだが、ブレーキの信頼性を上げることで、安全運行につなげるのが狙いなのだという。 ボンネットバス「伊豆の踊子号」 ラジエターコアを交換するなど、エンジン周りも再整備 座席に灰皿が! 昭和を感じるレトロバス 披露式の後には、修善寺周辺で約40分のドライブに出発。乗車してシートに腰掛けると、前方には懐かしの灰皿が! 最近は目にする機会がほぼ絶無の設備だが、これもレトロバスならでは光景だ。もちろん使用不可だが、当時の姿を保存する意味合いであえて残したのだろう。 ボンネットバス「伊豆の踊子号」 今では絶滅危惧種となった車内設置の灰皿 乗り心地はさすがに最新バスのように快適とはいえず、ガタガタと結構な揺れを感じたが、これも伊豆の踊子号の味だ。車内にはエアコンがないので窓を開けての走行だったが、開放感があり、旅情も感じられた。 ... Read more »

リブゴルフ組3人は米ツアーPOに出場できず、裁判所が請求棄却

リブゴルフ組3人は米ツアーPOに出場できず、裁判所が請求棄却 【AFP=時事】米連邦地方裁判所は9日、リブゴルフ・インビテーショナルシリーズに参戦した3選手が、米ツアーのプレーオフ出場を求めた請求を退けた。  マット・ジョーンズ(オーストラリア)とテーラー・グーチ(米国)、ハドソン・スワフォード(米国)の3人は、今週開幕する米ツアーのフェデックス・カッププレーオフ初戦、フェデックス・セントジュード選手権(2022 FedEx St.Jude Championship)の出場を目指し、米ツアーから科された処分の仮差し止めをカリフォルニア北部地区米連邦地裁に求めていた。  しかし判事は9日に行われた審理を経て、請求を棄却。出場禁止が維持されることになった。3人はいずれも、6月に開幕したリブゴルフ・シリーズの第1戦から参戦し、米ツアーから資格停止処分を科されていた。  リブゴルフは「テーラー・グーチとハドソン・スワフォード、マット・ジョーンズがゴルフのプレーを許されなかったことに失望している」と話し、「ゴルフ選手のプレーを禁止しても、誰の利益にもならない」と述べた。  3人はプレーオフに出場して最終戦のツアー選手権まで進出できた場合、来季のマスターズ・トーナメントと全米オープン選手権、全英オープンの出場権を獲得することになっていた。  リブゴルフ勢はグーチとスワフォード、ジョーンズを含めた11人が、反トラスト法(独占禁止法)違反で米ツアーを提訴していたが、カルロス・オルティス(メキシコ)はこの件から下りたとマネジャーが明かした。  リブゴルフ勢が自分たちは個人事業主だと主張する一方、米ツアーは、彼らはツアー会員であり、リブゴルフ・シリーズ参戦などのルール違反を犯した会員には処分を与えられると述べている。(c)AFP 【翻訳編集】AFPBB News Read more »

ナ・リーグ東地区首位のメッツが5連勝 カラスコは13勝目 2位ブレーブスは連敗を3で阻止

3回に20号2ランを放ったメッツのリンドーア(AP)  ナ・リーグ東地区首位のメッツは9日、地元ニューヨークでレッズを6―2で下し、5連勝を飾って72勝39敗。3回に3番のフランシスコ・リンドーア(28)が先制の20号2ランを放ち、先発のカルロス・カラスコ(35)は6回2/3を2失点で切り抜けて、ナ・リーグのトップに並ぶ13勝目を挙げた。  レッズは連勝のあと連敗で44勝65敗。一方、昨季のワールドシリーズ覇者でナ・リーグ東地区2位のブレーブスは適地ボストンで延長11回の末にレッドソックスを9―7で振り切って65勝46敗。連敗を3で阻止して、メッツとのゲーム差は「7」のままとなった。 Read more »

柴咲コウ、子どもたちと一緒に授業受け笑顔 氷河から出た1700年前の空気に「お久しぶりです!」

 俳優の柴咲コウ(41)が10日、都内で行われたアウトドアブランド・マムートの『マムート160周年プロジェクト「山の日特別授業~氷河のある世界のために~」』に参加した。  小学校5年生、6年生のボーイスカウト25人と一緒に氷河と気候変動についての授業を受けた。雪を知ろうクイズなどに柴咲は元気よく参加。子どもたちと一緒に授業を満喫した。  その後、立山の氷河が登場。今年の雪と、約1700年に降って氷河になった雪を比較する体験も行われた。氷河には空気が含まれ、溶けると出てくること教えられ、飯田肇先生から「それが1700年前の空気」と伝えられた柴咲は「スゴい!パチパチ言ってます。お久しぶりです!」と目を丸くした。  気候変動のバロメーターである氷河が世界中で小さくなっていることなども伝えられた。貴重な体験も含め、授業を終えた柴咲は「感慨深いものがあります」と口にしていた。 Read more »

エンゼルス・大谷翔平が6回無失点で10勝目の権利持って降板 自ら25号ソロでイチロー超え!

自ら25本塁打も放った大谷翔平(カメラ・泉 貫太) ◆米大リーグ アスレチックス―エンゼルス(9日・オークランド=オークランドコロシアム)  エンゼルス・大谷翔平投手(28)が9日(日本時間10日)、敵地・マリナーズ戦に「2番・投手」でスタメン出場。3回に打球が左脚に直撃するアクシデントがあったが、6回4安打無失点、5奪三振の好投を見せて10勝目の権利を持って降板した。4点リードの7回先頭の4打席目には自ら25号ソロも放った。  1回表は1死走者なしで打席に立って四球を選んだが、先取点にはつながらなかった。1回裏は、1死一塁で3日(同4日)に対戦した際に2ランなど2安打3打点を許したマンシーを遊併打に打ち取った。2回は先頭のブラウンに右翼フェンス直撃の当たりを浴びたが、右翼手ウォードが二塁へ好送球。一度はセーフ判定だったが、チャレンジで覆りアウトになる幸運もあり、またしても3人で片付けた。すると、3回にはフレッチャーの適時打で先取点をもらった。  1点リードの3回裏は、先頭のブライドからこの試合2つ目の三振を奪って日米通算1000奪三振に到達。2つの四球で2死一、三塁と初めて得点圏に走者を背負った。ラウレアーノの打球は大谷の左膝付近を直撃。一塁に送球してアウトにはしたが、一度はその場に立ち尽くし、足を引きずりながらゆっくりとベンチに戻った。  ヒヤリとしたが、4回のマウンドにも立った大谷。2死から四球と安打で一、二塁と走者を背負ったが、ブライドから空振り三振を奪った。さらに5回先頭の3打席目では全力疾走を見せて二塁への内野安打で出塁。すると無死一、二塁でウォードが左翼へ15号3ランを放ってリードを4点に広げた。5回も2死から走者を許すも、無失点で抑えた。6回はこの試合初めて3者凡退で抑えた。  この試合では投打で偉業のかかった試合だ。投手としては試合前の時点で9勝7敗、防御率2・83。3登板3連敗で足踏みが続く「自身初の10勝目」、「1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの2ケタ勝利&2ケタ本塁打」を狙った登板だった。さらに本塁打を放ち、日本人歴代2位のイチロー氏を抜いて単独2位に浮上した。 Read more »

羽生結弦さんに熱視線!準備の段階から9万人が視聴 生まれ故郷の仙台で公開練習 プロとしての第一歩を踏み出す

羽生結弦さん  フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌五輪を連覇し、7月19日の会見でプロ転向の意思を表明した羽生結弦さん(27)が10日、仙台市のアイスリンク仙台で、「SharePractice」と題した公開練習を開始した。  自身がスケートを始めたときから技術を磨き続けてきたアイスリンク仙台に昨季までの競技者時代と同じ白いジャージー姿で姿を見せ、リンクサイドでのウオーミングアップや陸上でのアクセルジャンプなどで準備。整氷を終えたリンクで午後0時半から練習を開始し、プロとしての第一歩を生まれ故郷で力強く踏み出した。  また、今回の公開練習は羽生さんが7日に開設した自身の公式YouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」でウオーミングアップの段階からライブ中継を実施。9日に投稿した「チャンネルのこと」という題の動画で「お時間のある方、興味のある方は、ぜひご覧いただけたらうれしいです」と話していたが、準備の段階から9万人を超えるファンが視聴した。 Read more »

ニュル最速のBMW『M4 CSL』、米西海岸の自動車イベントに出展へ

BMWは8月9日、『M4 CSL』を8月18日、米国カリフォルニア州で行われる「モントレー・カー・ウィーク2022」に出展すると発表した。初の一般公開となり、8月21日にはヒルクライムイベントにも出走する予定だ。 ◆3.0リットル直6ツインターボはプラス40hpの550hpに強化 ニュル最速のBMW『M4 CSL』、米西海岸の自動車イベントに出展へ 「CSL」とは、「Coupe(またはCompetition) Sport Lightweigh」の略。BMW Mの2ドアクーペの頂点に位置するモデルだ。CSLが用意されたのは、2004年の『M3 CSLクーペ』が最後だった。M4 CSLは、およそ20年ぶりのCSL復活となる。M4 CSLは、新型『M4クーペ』をベースに、軽量化を図るなどしたさらなる高性能モデルで、世界限定1000台を生産する計画だ。 直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、ターボのブースト圧を1.7バールから2.1バールに引き上げるなどのチューニングを受けた。この結果、最大出力は新型M4クーペのコンペティションに対して、40hpプラスの550hp/6250rpmに高められた。最大トルクは66.3kgmに据え置かれたが、2750~5950rpmのより幅広い領域で引き出される設定とした。 トランスミッションは「ドライブロジック」を搭載した8速「Mステップトロニック」を組み合わせる。動力性能は、0~100km/h加速が0.2秒短縮され、3.7秒に。最高速は、290km/hから307km/hに引き上げられている。また、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムは、7分20秒2。BMWの市販モデルとしては、最速になるという。 ◆後席を取り外すなどして合計175kgの軽量化 M4 CSLでは、レーシングカーのノウハウを生かして、軽量化に取り組んだ。後席を取り外して2シーター化することで、21kg軽量化。「Mカーボンフルバケットシート」は、新型M4クーペの「コンペティション」に装着されている標準シートと比較して、24kg軽い。 Mカーボンセラミックブレーキや専用アルミホイールなど、シャシーの変更によりマイナス21kg。遮音材を減らし、軽量の断熱材を使用することでマイナス15kg。ベース車両のCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製ルーフに加えて、ボンネットやトランクリッド、センターコンソールにもCFRPを使用してマイナス11kgとした。 さらに、チタン製サイレンサーでマイナス4kg。キドニーグリル、テールライト、フロアマット、オートエアコンなどの細部の変更により、マイナス4kgの軽量化を図った。トータルで軽量化は175kgに及び、車両重量は1625kgに抑えられた。 ◆外装にカーボン製の専用パーツを装着 ボディは、標準で専用の「フローズン・ブルックリン・グレイメタリック」で塗装される。このボディカラーは、剥き出しのカーボンファイバーと赤いアクセントにより、さらなるスポーツ性を表現した。アルピンホワイトソリッドとサファイアブラックメタリックのボディカラーも選択できる。 カーボンファイバー製パーツは、ボンネットの2つのエアスクープなどに使用された。ボディカラーと異なるカーボンファイバーの素材色が、赤いアクセントで強調されている。さらに、赤いアクセントが、CFRP製ルーフの2つのフィン、サイドシル、黒いエンブレム、フロントバンパーのCFRP製スプリッターとエアカーテンインサートにも添えられている。 オプションで、「BMWレーザーライト」ヘッドライトが選択できる。ドアロックを解除した時のウェルカムモードと、ヘッドライトをオンにした時に、BMWレーザーライトは黄色で点灯し、GTレーシングカーを連想させる仕上げとした今後のBMWに順次採用される技術が、先行装備されている。そのひとつが、最新のLEDテールランプだ。ガラスカバーには複雑な光の糸が織り込まれており、レーザー技術を使用して照らされる。これにより、夜間に遠くからでも認識できる特徴的な光が形成されるという。 Read more »

【スーパーGT】またしてもトラブルに見舞われた38号車ZENT。石浦宏明「スロットルがバチンと閉じる感触が」

#38 ZENT CERUMO GR Supra  富士スピードウェイで行なわれたスーパーGT第4戦、38号車ZENT CERUMO GR Supraはリタイアに終わった。開幕戦で4位に入った38号車だが、2戦続けてトラブルに泣く形となった。  38号車は第3戦鈴鹿の公式練習中に燃料系トラブルに見舞われると、2基目のエンジンに交換して決勝に臨んだ。しかし、決勝ではその2基目エンジンにトラブルが発生してしまいリタイア。第4戦富士に向けてはレギュレーションで認められていない3基目を投入せざるを得なくなってしまい、決勝中にエンジン交換とシャシー交換による10秒のペナルティストップを受けることとなった。 Read Also:連日のトラブルに泣いた38号車CERUMO。次戦はペナルティ濃厚も“オートポリスの再現”目指し前を向く  そんな逆境の中でも、38号車は予選で4番手を獲得。決勝では序盤にペナルティストップを消化したため後方に下がったが、そこからは好ペースで追い上げを見せていた。  しかし、立川祐路から石浦宏明にドライバーチェンジしたレース中盤、またしても38号車をトラブルが襲う。電気制御系に異常が発生し、スロットルが反応しなくなったという。  石浦は、第2戦富士でメインストレート上をスロー走行したマシンが絡んだ事故が発生したことを思い出し、咄嗟にホワイトラインをカットしながらピットロードへ駆け込み、マシンを止めた。 「序盤の立川選手のスティントでは、トップグループと同じペースで走ってくれていましたし、最後尾に追いつける状況だったので、自分も良いペースで抜いていきたいと思っていました」  石浦はチームのプレスリリースの中で、レースをそう振り返る。 「アウトラップからすぐに前に追いつけましたし、ライバルたちよりも速いペースをみせることができました。前を行く#64 Modulo NSX-GTに追いつくことができたのですが、その瞬間にスロットルがバチンと閉じる感触があって。他チームの迷惑になってもいけないのですぐに避け、その後チェックのためにコースに戻りましたが、レースを終えることになってしまいました」  今季6台参戦しているGR Supra勢の中でも最下位のランキング13番手に甘んじている38号車のふたり。速さは確認できているだけに、石浦は次戦なんとか結果を残したいと語った。 「あのまま走っていればポイントを獲れた感触はありましたし、ファンの皆さんからも追い上げを期待する声がありました。残念ながらまたもトラブルに見舞われてしまい、自分たちの悔しさもありますが、言い訳できないくらいレースを落としてしまっています。応援してくださっている皆さんやスポンサーの皆さんに申し訳ない気持ちです。クルマの速さはあるので、次戦取り戻したいです」 Follow @MotorsportJPRead Also:37号車KeePerはなぜ24号車リアライズを逆転できたのか? 第2スティントが勝利の鍵に|スーパーGT第4戦富士4号車グッドスマイル、首位走行中にまさかのパンク。富士戦は“千載一遇”のチャンスだった?山内英輝が語る、11号車GAINERとの白熱バトルの裏側【スーパーGT第4戦富士:GT300優勝記者会見】GT500最年少ペアが初優勝。宮田莉朋「勝ってふたりで誕生日パーティをしようと言っていた」【スーパーGT第4戦:優勝記者会見】「2023年FIA国際スポーツカレンダー登録」の申請一覧発表。F1日本GPは10月上旬、国内レースは今年とほぼ同じ日程か Read more »

大谷が10勝目の権利持ち降板

 【オークランド共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が9日、オークランドでのアスレチックス戦で6回無失点で、10勝目の権利を持って降板した。勝利投手となればベーブ・ルース以来の「2桁勝利、2桁本塁打」達成となる。 Read more »

大谷翔平がイチロー超え日本歴代単独2位118本塁打 104年ぶり偉業目前に最高の自援護

大谷翔平(提供・共同通信社)  「アスレチックス-エンゼルス」(9日、オークランド)  エンゼルスの大谷翔平投手(28)が「2番・投手」で出場し、七回の打席で5戦ぶり25号。メジャー通算118本塁打とし、イチローを抜いて日本選手歴代単独2位に浮上した。最多は松井秀喜の175本。  前日は休養のため44試合ぶりの欠場。4日の同カードで1試合2本塁打を放ち、通算117本塁打とした後は4試合で16打数2安打だった大谷のバットが火を噴いた。  2打数1安打で迎えた五回の第4打席。ワンボールから左腕セルマンのスライダーをとらえると飛距離115メートルの打球が右翼席を超えた。  リードを5点に広げ、自身初の10勝目、1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」の偉業に向けて力投する自身を援護した。 Read more »

ちょっと古いベンツ、月間最走行距離の最短記録を更新!【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #135】

ちょっと古いベンツ、月間最走行距離の最短記録を更新!【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #135】 雑誌『エンジン』に掲載された編集部の長期リポートの44号車、メルセデス・ベンツ300TE(1992年型)の過去13年間分の記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。今回は走行距離が30万5060kmの2020年7・8月号のリポートです。コロナ禍は始まったばかり、この頃はガソリン価格がこんなに上がるなんて思ってもいなかった! 【写真3点】ちょっと古いベンツ、月間最走行距離の最短記録を更新!【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #135】の詳細画像をチェック ついに発令された緊急事態宣言 今月の走行距離は360km。最短記録を更新した。長い整備から帰ってきて、さあ再スタートだ! という出鼻をくじく緊急事態宣言である。通勤さえも間引く状況が続いており、距離が伸びない。とはいえ、通勤で44号車を使えるのは三密を避ける上でもありがたい。ひとりで運転しているときにマスクを外せるのが、本当に嬉しい。ちょっと古いクルマにとってありがたいのは、道が空いていること。急用があって首都高速を利用したら、これまでに経験がないほど空いていた。ゆったりと44号車でクルーズするのは最高に気持ちいい。また、ガソリンも安い。馴染みのガソリン・スタンド(東京・港区)のハイオクは135円だった。今年初の夏日にエアコンを起動したら温風しか出てこなかった。ガスの補填をしなければならないようだ。 文=荒井寿彦(ENGINE編集部) ■44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992) Mercedes-Benz 300TE(1992) 購入価格 168万円 導入時期 2008年9月 走行距離 30万5060km(ENGINE2020年7・8月号) Read more »

7月防御率0・00西武水上由伸が月間MVP初受賞 自分へのご褒美とは?

セ、パ両リーグは10日、7月の月間MVPを発表し、パ・リーグ投手部門で西武の水上由伸投手(24)が初受賞した。会見で「取れるとは思っていなかったので、すごくうれしい」と喜びを表現した育成出身の2年目右腕は、自分へのご褒美を問われ「そんなに物欲はないので…ちょっと(ゲームの)プロスピに課金するぐらい」と照れ笑いした。 水上は7月に11試合登板し、10回3分の2を投げて無失点。防御率0・00の完璧な内容で2勝1セーブ、7ホールドをマークした。「今年はコンディション(の調整)に重点を置いてやっているので、その結果が今うまく結びついているのかな」と笑顔。特に同8、9日の楽天戦での連勝を取り上げ「(楽天生命パーク宮城では)昨年結構点を取られていたイメージがあったので、苦手な球場で抑えられているのは良かった」と振り返った。 平良、増田とともに「勝利の方程式」の一角を担い、7月にはオールスターにも初出場。どんな状況でも動じない強心臓ぶりが持ち味で「内角にしっかり投げられることが武器。シュートやスライダーがほとんどなので、森さんや柘植さんがうまくリードしてくれる」と感謝も忘れない。 8月6日のロッテ戦で代打レアードに逆転2ランを浴び、6月18日オリックス戦以来、登板19試合ぶりに失点。チームも敗れたが「果てしなく飛ばされたので、抑えます」と引きずる様子はない。元守護神の豊田コーチからは「おまえ好きにやれ、と野放しにされています」と笑い飛ばす24歳は「本当に優勝したいので、少しでも力になれれば」とスパートを誓った。 Read more »

おぎやはぎ矢作兼、発熱で「ポップUP!」欠席 相方・小木「こんな仕事してないで矢作の横にいてあげたい」

お笑いコンビ、おぎやはぎの小木博明(左)と矢作兼 お笑いコンビ、おぎやはぎの矢作兼(50)が10日、水曜パーソナリティーを務めるフジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)を発熱のため欠席した。 番組オープニングでMCを務める同局の佐野瑞樹アナウンサー(50)が「パーソナリティーの矢作さんですけれども、昨日、発熱があったため、今日は大事を取ってお休みということになります」と欠席を伝えた。「小木さんお一人でってことになります」と話題を振ると、相方の小木博明(50)は「そうですね。本当はこんな仕事してないで矢作の横にいてあげたいですよね」と“コンビ愛”を強調してスタジオの笑いを誘った。 さらに佐野アナが「今すぐにでも駆けつけたい?」と問いかけると、「駆けつけたい」としつつも「でもこの分はギャラでいただきたいですよね」としっかりとアピールした。 Read more »

西武・水上が月間MVP初受賞 7月11試合で防御率0・00「本当に優勝したい」

7月月間MVPを受賞しガッツポーズする水上(撮影・久冨木 修)  セ・パ両リーグは10日、7月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表。パの投手部門で育成出身の西武・水上由伸投手(24)が初受賞した。「獲れるとは思っていなかったので、凄くうれしい。コンディションに今年は重点を置いてやっている。その結果が今うまく結びついているのかなと感じます」と喜んだ。  20年育成ドラフト5位で入団した2年目右腕。今季は守護神の増田につなぐ勝ち継投でセットアッパーを務める。7月は11試合に登板して防御率0・00。2勝、7ホールドで、増田の新型コロナ陽性による離脱中は代役も務めてプロ初セーブも挙げた。  6月から8月まで18試合連続無失点も記録して、自身初の球宴にも出場した。首位を走るチームの原動力となっていて「理想としてはしっかり3人で終えること。無駄なランナーを出さないところだけは意識したい。本当に優勝したい。少しでも力になれればと思って頑張ります」と意気込んだ。 Read more »

ヤクルト・村上が7月の月間MVP 6月に続き2カ月連続「すごくよかった」

7月度の「大樹生命月間MVP賞」に選出されたヤクルトの村上(球団提供)  7月度の「大樹生命月間MVP賞」が10日、発表され、セ・リーグの打者部門にはヤクルトの村上宗隆内野手が選出された。6月度に続き、2カ月続けての選出となった。  村上は7月度は20試合に出場し、打率・318を記録。8本塁打、17打点と主砲として苦しいチームを鼓舞し続けた。  村上は「すごく光栄なことですし、2カ月連続でこういういい成績を残せたというのも、すごくよかった」とまずは喜びを言葉にした。それでも7月は、今季ワーストの6連敗を喫するなど、7勝13敗。チームにとって苦しい1カ月だった。  野手では山田、塩見、青木ら主力組が、新型コロナウイルスの陽性判定を受け、一斉に離脱。高津監督も不在の中で戦う期間が続く中で、村上は「中心に僕がいるってところは自覚していますし、なんとかチームを勝たせられるような打撃をして、その中心としてチームを引っ張っていけたら」と自らの強い言葉で奮い立たせていた。  今だからこそ、「本当に7月はすごく自分の中でもいろいろな感情を持ちましたし、我慢しながら、1試合1試合集中してできたかなと思います」と胸中を明かし、現在4連敗中の8月についても「すごくいい月にしたい。残りの試合数も少なくなってきて、またさらに優勝っていうところが目に見え出すので、そこにとらわれすぎずに、しっかりやるべきことをやっていきたいなと思います」と足元を見つめた。 Read more »

トヨタ最高級SUV「センチュリークロス」登場!? 「カッコイイ!」「売れる!」「セダン以外はありえない!」と空想画に論争大勃発!?

どのメーカー・クルマもSUV化する時代に賛否?「カッコイイ」「売れそう」の一方で…  日本を代表するトヨタのショーファードリブンカー「センチュリー」。    そんなセンチュリーを、クルマのバーチャルチューナーであるTheo throttle氏はSUV仕様に変えた「センチュリークロス」のレンダリングを投稿しました。  このレンダリング対するさまざまな意見がSNSを中心に集まっています。 その存在に賛否! 「カッコイイ!」「売れる!」「セダン以外はありえない!」センチュリーをSUV化した「センチュリークロス」のレンダリング(photo:Theo throttle) その存在に賛否! 「カッコイイ!」「売れる!」「セダン以外はありえない!」センチュリーをSUV化した「センチュリークロス」のレンダリング(photo:Theo throttle) 【画像】あったらトヨタ最高級SUV?「センチュリークロス」の画像を見る(44枚)  Theo throttle氏は、トヨタ「カムリ」の次期型やホンダ「シティハッチバック」のタイプR仕様、トヨタ「ノア」顔の「プロボックス」など現実にはまだ存在しないような、あらゆる「もしかしたら」なクルマのレンダリングを作成し自身のSNSにアップしています。  そんなTheo throttle氏が想像を膨らませ、SUV仕様にしたのは3代目センチュリー。  センチュリーは初代モデルが1967年に登場し、以来50年にわたり「日本を代表するショーファーカー」として、各界のエグゼクティブに愛用されてきた高級セダン。3代目は2018年6月に、21年ぶりのモデルチェンジをおこない登場したモデルです。  センチュリークロスの外装は、「神威(かむい)」と名付けられたエターナルブラックに塗られ、フロント・サイド・リア下部のメッキパーツやグリルなどは大型化。車高が上げられ、ホイールもインチアップされています。またルーフにはメッキ塗装されたルーフレールが装備され、まさにSUVといったデザインになっています。  このクルマについてSNSなどではさまざまな意見が集まっています。  SUVスタイルのデザインについては「カッコイイ!」「すっきりしいて落ち着いていて重厚感もあって、大人の車という感じで良い」「セダンよりずっといい!」など称賛する声が多数みられます。  また「超高級SUVは一定の市場があるので売れそう」「3000万円くらいで世界販売すれば一定数売れるのでは」など、本当に発売すれば需要が見込めそうといった意見もあります。  海外の超高級車メーカーが生み出したSUVのベントレー「ベンテイガ」やロールスロイス「カリナン」を引き合いに出し、「対抗馬になる」や「SUV化がいろいろなところでおこなわれているからアリ」といった、世間のSUV化になぞらえて、センチュリークロスが成立し得ることを訴える姿勢も見られます。  一方でその荘厳すぎる雰囲気から「霊柩車みたい…」と嘆く声も一定数みられます。  もともと直線的なデザインのセンチュリーが2BOX化すると「箱」感が増すうえ、黒いボディカラーと相まって霊柩車を想起させてしまったようです。現実にセンチュリーをベースに後部のルーフを延長し、霊柩車用に改装したモデルも存在することも、少なからず影響があるかもしれません。  このほか「何でもSUVにすれば売れるというのが気に入らない」「『最上級の方向け』である限り、セダンでなければならない」など、SUV化に対する反対意見も見られます。 ※ ※ ※  センチュリークロスに対するさまざまな意見がありましたが、中には「アメリカ大統領専用車『the beast』に対抗して防弾仕様にするべき」といった、現実にセンチュリークロスが開発されることを期待するコメントも見られました。  Theo ... Read more »

メルセデスベンツの大型電動SUV、受注開始

メルセデスベンツは8月9日、新型EV『EQS SUV』(Mercedes-Benz EQS SUV)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、11万0658ユーロ(約1530万円)と発表されている。 ◆3列シートで最大7名が乗車可能 メルセデスベンツの大型電動SUV、受注開始 メルセデスベンツの最上位SUV『GLS』のEV版に位置付けられる。『Sクラス』のEV版の『EQS』とともに、EVブランドの「メルセデスEQ」のフラッグシップモデルとなる。 EQS SUVは、メルセデスベンツSクラスの車格を備えたフルサイズ電動SUVだ。室内は3列シートで、最大7名が乗車できる。ボディサイズは全長5125mm、全幅1959mm、全高1718mm。全高はセダンのEQSよりも、およそ200mm高い。3210mmのホイールベースは、EQSと同数値だ。 EVパワートレインのモーターは、グレードに応じて最大出力が360hp~544hpまで。1回の充電での航続は、最大で660km(WLTPサイクル)を可能にしている。バッテリーの充電は、出力22kWのチャージャーで約10時間。出力200kWの急速チャージャーを利用すれば、250kmの航続に必要なバッテリー容量を、およそ15分で充電できる。 ◆544hpツインモーター搭載 欧州での発売当初、「EQS 450 +」と「EQS 450 4MATIC」、「EQS 580 4MATIC」の3グレードが設定される。2WD(後輪駆動)のEQS 450 +は、リアアクスルに電動パワートレインの「eATS」を搭載する。4WDの「4MATIC」となるEQS 450 4MATIC とEQS 580 4MATICでは、フロントアクスルにもeATSがレイアウトされ、ツインモーター仕様となる。 EQS 450 +の場合、モーターは最大出力360hp、最大トルク57.9kgmを発生する。EQS 450 4MATIC ... Read more »

柴咲コウ ボーイスカウトから刺激、「子供心なくさず、興味あるもの追いかけ続けたい」

都内で行われたマムートの160周年記念プロジェクト「山の日特別授業~氷河のある世界のために~」に出席した柴咲コウ  女優の柴咲コウが10日、都内で行われた総合マウンテンブランド・マムートの160周年記念プロジェクト「山の日特別授業~氷河のある世界のために~」に出席した。  ブランドアンバサダーの柴咲は「なぜ氷河が必要か、大人の私たちも分かっていない。皆さんと学べたら」。小学4~6年生のボーイスカウト23人と共に、氷河期の気候変動や、同ブランドが取り組む取り組む環境保全活動を学んだ。  千数百年前の空気の入った立山連峰の氷河の氷を触り、耳を近づけて空気が飛び出る音を聞いた。柴咲は「千何百年ぶりのこんにちわですね、空気が。不思議です。感慨深いものがありますね」と話した。  約1時間の特別授業を振り返り、「自分で見て触れて、という体験が伴うと忘れないし、どうして重要かを覚えていられる。貴重な体験をさせていただきました」と感謝。「氷河が溶けてなくなったら、2度と戻らない。千何百年前の空気を含んだ氷河は1回溶けたら、ない。全く同じものは作れない。時間をかけて作り上げていった自然がいかに偉大か、(それを)守ることが大切かを感じました」と話した。  未来を担う子供たちに向けて「楽しそうだな、ワクワクするなと、能動的に自ら学んで見ようという心が素晴らしい。ワクワクが自然環境への興味がわけば、学びに繫がっていく。その心をなくさずに、いろいろなことに挑戦してほしい」とエール。「私も大人ですけど、子供心をなくさずに、興味のあるもの追いかけ続けていきたい」と刺激を得ていた。 Read more »

定番ニーブレイス“POD K4”にニューカラー

オフロードバイクの世界にどっぷりハマると欲しくなるのがヒザ関節のプロテクター、ニーブレイス。各社から値段、グレード、デザイン様々なモデルが出ている中で、事実上定番ともいえる商品がこのPOD K4 2.0ではないでしょうか。理由は10万円を切る手頃なお値段のミドルグレード商品でありながらも、PODシリーズのハイエンドモデルと同等のプロテクション性能を備えているところ。これまでK4 2.0にはグラフィックモデルと、ホワイトがラインナップされてきましたが、このたびブラックが追加発売。 画像1: 定番ニーブレイス“POD K4”にニューカラー POD K4 2.0 商品名: POD K4 2.0 左右セット カラー: ブラック 価格: ¥91,300(¥83,000) 品番: K4020-459 サイズ: XS/S ・ M/L ・ XL/2XL 商品名: POD K4 ... Read more »

聖望学園が小技&足絡めて8得点快勝 19年ぶりの夏の聖地星

7回、スクイズを成功させ雄たけびを上げる聖望学園・園山賢生(撮影・高部洋祐)  「全国高校野球選手権・1回戦、聖望学園8-2能代松陽」(10日、甲子園球場)  13年ぶり4回目の出場となった聖望学園が小刻みに得点を重ね、快勝で初戦を突破した。19年ぶりの夏の甲子園白星となった。  二回2死二塁から荒江が左前適時打を放ち先制。三、四回も送りバントで走者を進め、上石、園山の適時打などで着々と加点した。2点差に迫られた七回には盗塁やバント安打など小技を絡めて3点を追加し、ダメ押しした。  能代松陽は五回までノーヒットに抑えられていたが、連打と死球で1死満塁として4番斎藤が中前2点適時打。なおも一、三塁の好機だったが、走塁ミスで逃したのが痛恨だった。 Read more »

スミスに新ツアーLIV招待参戦報道 男子ゴルフ世界2位

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

大谷が勝ち投手の権利 104年ぶり偉業達成目前 25号で日本選手2位の118本塁打

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影) 海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。 建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。 海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。 たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。 Read more »

カブスの鈴木3打数1安打1打点 ナショナルズ戦

ナショナルズ戦の6回、右前打で出塁し、後続の安打で三塁へ走るカブスの一走鈴木=シカゴ(ゲッティ=共同)  ▽カブス―ナショナルズ(8日・シカゴ)  カブスの鈴木は「4番・右翼」でフル出場し、3打数1安打1打点、1得点だった。内容は右飛、空振り三振、右前打、右犠飛(打点1)で打率は2割4分5厘。チームは6―3で勝った。(共同) Read more »

Google、Appleに「RCS」採用を求めるキャンペーン#GetTheMessageを開始

Google、Appleに「RCS」採用を求めるキャンペーン#GetTheMessageを開始  米Googleは8月9日(現地時間)、米Appleが「メッセージ」で「RCS(Rich Communication Service)」を採用しないことを非難するショート動画をAndroidの公式Twitterアカウントで投稿した。  現在、iOSの「メッセージ」のグループチャットにAndroid端末から参加することは可能だが、共有される動画や画像は解像度が低くなり、入力インジケーターが表示されないなど、さまざまな制限がある。グループチャットでAndroidからの参加者のフキダシが他の参加者の青と違う緑で表示されることで差別も起きている。  この動画および新たに開設したWebサイトでは、AppleにRCSの採用を勧めている。「Appleはメッセージに前時代的なSMSとMMSを使っているが、他のほとんどのスマートフォン(Android端末のこと)はRCSを採用している。RCSはiMessageに可能なことはすべて可能なのだから、AppleはSMSからRCSに移行できるはずだ。そうしたからといってiPhone同士のやり取りには何の影響もない」と動画で訴えている。  Appleは今秋に新OS「iOS 16」をリリースする計画だが、このOSでRCSを採用する可能性は低そうだ。直近のiOS 16のパブリックβのメッセージのグループチャットはSMSをサポートしている。 Read more »

大谷が日本人大リーガー2位の通算118号

 【オークランド共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が9日、オークランドでのアスレチックス戦の七回に25号ソロを放って、メジャー通算118号となり、日本人大リーガーでイチローを抜いて単独2位となった。 Read more »

アンミカ「ポップUP!」出演中に突然お腹がプックリ「事件です!」

アンミカ  モデルのアンミカが9日、インスタグラムを更新。この日出演したフジテレビ系「ポップUP!」で、ラストに不自然にお腹が膨らんでいた理由を明かした。  アンミカは「ポップUP!」で白い半袖ニットにハイウエストのデニムパンツという、カジュアルな姿で出演していたが、番組ラストの曜日対抗ゲームの時に、なぜかお腹がプックリ膨らんでいた。  これについてアンミカはインスタグラムで「事件です!」と投稿。「お腹出てるの?丸いものが…あ。。。」とつぶやき「究極のなで肩なので、肩パッド入れていたら、片方が取れていつのまにかお腹に…」と、肩パッドが外れてしまい、お腹まで落ちてきてしまっていたと説明。「以後気をつけまーす」と反省していた。 Read more »

【明日11日のちむどんどん】第89話 房子、ついに三郎&多江夫妻と対面!暢子&和彦の披露宴に勢揃い

連続テレビ小説「ちむどんどん」第89話。フォンターナにて。優子(仲間由紀恵・左)と暢子(黒島結菜)(C)NHK  女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は11日、第89話が放送される。  暢子(黒島)は、フォンターナで重子に懐かしい料理を振る舞い、やっと和彦(宮沢氷魚)との結婚に賛成してもらうことができた。それから半年後、フォンターナで暢子と和彦の披露宴が行われることになる。重子に加え、房子(原田美枝子)などフォンターナのスタッフ、優子(仲間由紀恵)ほかやんばるの面々、そして鶴見の三郎(片岡鶴太郎)たちがいよいよ一堂に会することに…。  房子が“因縁”の三郎&多江(長野里美)と対面する場面写真も公開された。  朝ドラ通算106作目。映画「パッチギ!」「フラガール」などで知られ、14年後期「マッサン」を担当した羽原大介氏がオリジナル脚本を手掛ける。タイトルは沖縄のことばで「チム(肝=心胸・心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。今年、本土復帰50年を迎えた沖縄を舞台に、沖縄料理に夢をかけるヒロイン・比嘉暢子(のぶこ)ら個性豊かな4きょうだいの、本土復帰からの歩みを描く。  主題歌は沖縄出身の歌手・三浦大知(34)が初担当。自身が作詞し、音楽プロデューサーのUTA(ユウタ、年齢非公表)と共同で作曲した「燦燦(さんさん)」を書き下ろした。語りは、沖縄出身のジョン・カビラ(62)が務める。 Read more »

岸田改造内閣、入閣見込みの3人が旧統一教会側と「接点」

首相官邸に入る岸田文雄首相=2022年8月10日午前8時22分、首相官邸、上田幸一撮影  岸田文雄首相が10日に発足させる改造内閣で、入閣が固まっている少なくとも3人の議員に、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」側との接点が確認された。政治資金収支報告書や朝日新聞の取材などで明らかになった。  安倍晋三内閣で2度務めた厚生労働相に起用される見通しの加藤勝信氏は、代表を務める自民党支部が2014年3月と16年3月、教団の友好団体「世界平和女性連合」に「会費」名目で1万5千円ずつ、計3万円を支出していた。  総務相として初入閣する見込みの寺田稔氏は18年10月、資金管理団体が教団の友好団体「国際勝共連合」に会費2万円を支出。10日午前に取材に応じた寺田氏は「(旧統一教会関連だという)認識がなかった。今後、付き合うことがないようにする」としている。  経済再生担当相に留任する予定の山際大志郎氏は、資金管理団体が13年3月、教団の友好団体「平和大使協議会」に会費1万円を支出していた。事務所は「適正に処理している。10日午後からの会見で説明する」としている。 Read more »

柴咲コウ、1700年前の空気の音に「お久しぶりです!」子供たちと氷河の成り立ちを学び驚く

女優柴咲コウ(41)が10日、都内で、アウトドアブランド、マムートの160周年記念プロジェクト「山の日特別授業-氷河のある世界のために-」に参加した。 柴咲は、ボーイスカウトの子供たちと一緒に氷河の成り立ちなどを学んだり、クイズに参加。立山の氷河の氷に含まれた1700年ほど前の空気の音を聞くと「パチパチ聞こえます! お久しぶりです! 感慨深いものがあります」と驚いていた。 授業を終え、柴咲は「体験が伴うと忘れない。前のめりに自然環境のことを学べる機会をつくってくださって、貴重な機会でした」などと話した。 ボーイスカウトの子供たちには「どうしてボーイスカウトをやってみようと思ったの?」などと質問、「楽しそうだな、やってみよう、という心はすばらしい。ワクワクが興味につながっていくとどんどん学んでいける。私も子供心を忘れず、興味のあることを追いかけ続けていきたいと思います」とした。 マムート160周年記念「山の日特別授業-氷河のある世界のために-」に出席した柴咲コウ Read more »

嘱託犬育成 大橋さんに警察協力章 岡山県警伝達、感謝状贈る

檜垣本部長から協力章を伝達される大橋さん(左)  容疑者追跡や行方不明者の捜索で活躍する嘱託犬活動に長年貢献したとして、岡山県警は10日、元県警察嘱託犬協会副会長の団体職員大橋堅一さん(74)=倉敷市=に、警察庁長官から贈られる「警察協力章」を伝達した。  大橋さんは1993年から県警の嘱託犬指導者。警察の要請で165回出動し、嘱託犬の育成に尽力した。2006年から同協会監査役、08年から15年まで副会長を務め、現在も現役で活動する。  県警本部で檜垣重臣本部長が協力章を伝達、服部恭一郎県公安委員長が感謝状を贈った。大橋さんは「今後も健康に気を付け、行方不明者の発見などに貢献したい」と話した。  同章は1962年に制定され、県内受章者は大橋さんで36人目。 Read more »

原発攻撃に懸念広がる=チェルノブイリ級惨事も―ウクライナ

ウクライナ南東部ドニプロペトロウシク州ニコポリから対岸に見えるザポロジエ原発=4月27日(AFP時事)  【ワシントン時事】ウクライナ南東部にある欧州最大規模のザポロジエ原発に砲撃が相次いでいることをめぐり、チェルノブイリ原発事故級の惨事につながる懸念が強まっている。ウクライナのゼレンスキー大統領は8日夜の国民向け演説で「チェルノブイリ原発事故は1基の原子炉の爆発だった。ザポロジエ原発には6基ある」と警鐘を鳴らした。  グテレス国連事務総長は8日の記者会見で「原発への攻撃は自殺行為だ」と懸念を表明し、国際調査団の受け入れを呼び掛けた。ウクライナとロシアは互いに攻撃の責任をめぐって非難合戦を続けている。  ウクライナのシュミハリ首相はツイッターで「ロシアの砲撃は核テロと呼ばざるを得ない。大惨事を防ぐため、世界が今こそ団結しなければならない」と批判。国営原子力企業エネルゴアトムのコティン総裁は原発周辺地域の非武装地帯化を提案した。  これに対し、ロシアのペスコフ大統領報道官はウクライナ軍による攻撃だと主張。さらに「欧州全域に破滅的な結果をもたらす非常に危険な行為」と非難した。  一方、ウクライナの東部などでは激しい戦闘が続いた。ロイター通信によると、東部ドネツク州のキリレンコ知事は現地のテレビで「この地域の状況は緊迫している。前線全域で砲撃が絶えない」と語った。北東部ハリコフ州ではウクライナ軍が反撃に出ているもようだ。  米国防総省は8日、ロシアによる2月24日のウクライナ侵攻開始以降、ロシア軍の死傷者が7万~8万人規模に上るとの推計を明らかにした。カール国防次官(政策担当)は「ロシア軍がプーチン大統領の開戦時の目標を何一つ達成できていないことを考えると、特筆すべきことだ」との見方を示した。ただ、ウクライナ軍にも大きな損失が出ているとし、「第2次世界大戦以来、欧州で最も激しい通常兵器による軍事衝突だ」と述べた。  Read more »

子供が騎手を務めるレースも 盛況のポニー輓馬「ホースマン目指す子供出てくれたら」【村本浩平コラム】

日高町門別で開催された第2回日高ポニー輓馬大会 ◇馬産地ライター村本浩平の「馬産地インサイ道」  第2回日高ポニー輓馬(ばんば)大会が7日、北海道日高町門別の草輓馬特設会場で開催された。この日はポニーと総称される馬の中でも、体高120センチまでを参加基準とした60頭が北海道内から集まった。  全道で最も新しい草輓馬大会として、昨年から開催された日高ポニー輓馬大会。今年は草輓馬ファンのみならず、日高管内や札幌方面からも、多くの来場者があった。その中には家族連れの姿も見られたが、大会では昨年に引き続き、子供が騎手を務めるエキシビションレースも行われた。  大会の実行委員長を務めるクローバーファームの福島一治代表は「子供たちが馬と触れ合う機会を設けたいと始めたレースですが、今年は昨年を上回る申し込みがありました」と話す。中にはまったく馬に接したことがない子供の姿も。それでも初めてソリに乗ったとは思えないような、見事な手綱さばきで、2つの障害コースを駆け上がると、ゴールまで人馬一体となった走りを見せていた。  「自分も子供の頃に馬と接してきた経験が、現在の仕事につながっています。子供たちにとってサラブレッドといった大きな馬は、威圧感も覚えるかもしれませんが、ポニーなら同じ目線で触れ合えます。この経験を通して、ホースマンを目指す子供たちが出てきてくれたらうれしいですね」と福島代表は話す。  愛くるしい姿からは想像できないほどのスピード感あふれるレースは、一見の価値がある。来年の大会も8月を予定しているが、馬産地見学の一つとして、子供たちと一緒に足を運んでいただきたい。 Read more »

茶舗がつくる河越抹茶のかき氷とふわふわのバターどら焼き。川越「亀屋十吉」へ

美しい蔵造りの建物が並ぶレトロな城下町、川越。由緒あるお寺の参道にある老舗の和菓子店で、河越抹茶の茶舗が営むのが「亀屋十吉」です。こちらでは7~9月に地元産の茶葉を使った「河越抹茶かき氷」などこだわりの氷が登場。それ以外の季節は、抹茶とともに名物のふわふわ・もちもちのバターどら焼きが楽しめます。川越らしいお茶と甘味の世界へ、小さな旅を楽しんでみませんか。 ことりっぷ 西武新宿線の本川越駅から徒歩で15分。春日局ゆかりのお寺として知られる川越大師 喜多院の北参道にたつのがこちら。風情ある建物は、川越藩御用達の長い歴史をもつ和菓子舗「亀屋」のもの。毎年1月は「亀屋 妙喜庵」として和菓子専門店に、それ以外の11か月間は河越抹茶を手がける地元の茶舗「十吉」が参加して和のカフェを営んでいます。 ことりっぷ こちらで話題なのが7~9月限定のかき氷。なかでも「河越抹茶かき氷」は特産の抹茶をたっぷりと使った川越の茶舗ならではのひと品。ふわふわの氷のトップにはホイップクリームと抹茶、その下には自家製の濃厚な抹茶シロップ、練乳よりさらりとしたみるくシロップを合わせています。中には北海道産の小豆でつくる手づくりの粒餡と白玉も。最後のひとさじまで河越抹茶三昧が楽しめますよ。 ことりっぷ かき氷メニューは河越抹茶を含めて常時3~4種類。和菓子店らしい一品なら「黒蜜きな粉餅かき氷」も外せません。こちらはトップに香ばしいきな粉と濃厚な黒蜜。その下は白玉と自家製の粒餡を合わせています。ボリュームたっぷりですが、和菓子が好きな人ならぺろりといけてしまうかも。 ことりっぷ 「濃厚いちごみるくかき氷」は、トップと中に凍らせたイチゴがざくざくと入っている甘酸っぱいかき氷。果実味とつぶつぶ感が特徴の真っ赤なシロップは、旬の時期にイチゴをそのまま潰してつくる自家製ソース。非加熱のためイチゴ本来のビタミンや酵素から元気がもらえそうですね。氷の間にからめたみるくシロップ、トップのコクのあるホイップクリームもバランスよくとけあう一品です。 ことりっぷ もうひとつの名物がバターどら焼き。独特のふわふわ・もちもち食感の秘密は製菓用小麦粉・宝笠ともち粉を独自にブレンドし、店内でひとつずつこんがりと焼き上げることにあります。ここに北海道産バターでつくる自家製バタークリームと、皮の薄い上質な北海道小豆の粒餡をたっぷりサンド。プレーンのほか、サツマイモ、河越抹茶、イチゴ、ラムバターの5種類がそろっています。 ことりっぷ バターどら焼きは食べ歩きに好評とのことですが、河越抹茶といっしょに店内でいただくのもよさそうです。河越抹茶とは、旧川越藩領内で栽培される茶葉を狭山の工房で加工するもの。埼玉県西部は大規模な茶産地としては北限に位置していて、厳しい気候からまろやかな甘みと深いコクが生まれ、キレのある苦みも特徴になっています。丁寧に点ててくれる抹茶をぜひ。 ことりっぷ 店内ではオリジナルのお茶ブランド「have a GOOD TEA」の商品も販売。ラテのシリーズでは河越抹茶と河越ほうじ茶に加え、宇治抹茶と八女抹茶をラインナップ。国産紅茶のシリーズでは、川越さつまいも紅茶、いちご紅茶、白桃紅茶など日本の野菜や果実のフレーバーティーに出会えます。 伝統の和菓子店で楽しむ茶舗の味。川越ならではのお茶と甘味の出会いをゆったりと楽しんでみてはいかがでしょうか。 ことりっぷ Read more »

引退ではなく「進化」。セリーナ・ウィリアムズが私たちに教えてくれること

引退ではなく「進化」。セリーナ・ウィリアムズが私たちに教えてくれること セリーナ・ウィリアムズ選手(2022年8月8日にカナダで撮影) 人生の全てを捧げてきたキャリアに終止符を打つ決断をするのは、決して簡単なことではない。 たとえセリーナ・ウィリアムズ選手のようなテニス界のスーパースターであっても、次に進むタイミングを見極めるのは難しい。特に彼女は姉のヴィーナス選手と共に、スポーツ界に革命を起こしてきた張本人であり、決断の重みは測り知れない。 グランドスラム優勝23回を誇るセリーナ・ウィリアムズさんは、8月9日に公開されたVogueに寄稿したエッセイの中で、2022年のUSオープンの後「自分にとって重要な他のこと」に専念するため、精神的に準備してきたことを明かした。 「私は、引退という言葉が好きではありません。現代的な言葉に感じられないのです」と述べ、「これから私がやろうとしていることに最も相応しい言葉は、おそらく進化でしょう。テニスから離れ、自分にとって大切な他のことのために進化していきます」と続けた。 そして、数年前にベンチャーキャピタル企業のSerena Venturesを起業していたこと、そして家族をさらに増やしたいことを明かした。 ウィリアムズさんのエッセイは、キャリア上の大きな選択をする際に直面する厳しい真実を明らかにした。こうした決断は、一夜で決まることではなく、進退を繰り返したり、矛盾した感情を抱いても構わない、と教えてくれる。 彼女のような輝かしいキャリアを持っていなくても、誰もがキャリアのある時点でこのような岐路に立ち、前に進む決断をしなくてはならない。 今回のウィリアムズさんの決断プロセスから、私たちも学べることは多そうだ。 引退ではなく「進化」という捉え方 臨床心理士のタニシャ・レンジャー氏は、ウィリアムズさんが自身の引退を表現するのに「進化」という言葉を使ったことを称賛する。「引退」という言葉は、どこかネガティブで終わりを感じさせるからだ。 「引退ではなく進化と表現したのは、この決断を『これで終わりでここからは下り坂』と見るか、『この終わりは新たな始まりで、これから私は成長し、進化し、変化していく』と見るかの違いです」とレンジャー氏は述べる。 心理療法士のキャサリン・ペレス氏は、「マインドを引退から進化へと転換できるのは、彼女のアスリートとしての能力や勇気、強さの証です」と述べた。 また「進化」と捉えることで、ウィリアムズさんは1つのキャリアを終え新たなキャリアを始める際に、前の仕事で培ったスキルや経験は次でも活かせると示唆している。 スポーツ心理学者のシアン・ベイロック氏は、ウィリアムズさんのエッセイから、彼女の忠実さやハードワークは、母親やベンチャーキャピタルの仕事でも生かされるだろう、と読み解く。キャリアを引退することは「自分のアイデンティティを全て失うのではなく、大切にしている価値観を違うことに向けることです」と述べた。 キャリアの大きな決断の難しさは、男女によって違う エッセイの中でウィリアムズさんは、NFLのスター選手で引退を撤回したトム・ブレイディ選手を例に出し、もし男性だったら自身が望む他の目標を達成するために引退しないだろう、と述べた。 「本当は、テニスと家庭のどちらかを選ぶなんてしたくないんです。平等じゃないですよね。もし私が男性だったら、妻が家族を増やすための肉体労働をしている間、私はプレーして勝利していて、このエッセイを書く必要だってないんだから。もっとトム・ブレイディのようになれたかもしれない」と家庭とキャリアの両方を持ちたいと願う女性が、過度な負担を強いられていると指摘した。 実際、働く女性は家庭を築くための肉体的・精神的労働に大きく消耗されることが多い。シンクタンク「アメリカン・プログレス」の分析によると、新型コロナの影響による学校閉鎖などのため、働けなくなったと答えたミレニアル世代の母親は父親より3倍も多かった。 ベイロック氏は、「家庭とキャリアのバランスという点で、女性は男性が直面しないような決断を迫られることがよくあります。子どもの世話や親の介護など、家の中での認知的労働の大半は女性が行う傾向があることは研究上明らかです」と述べ、ウィリアムズさんがエッセイの中で男女間の不平等に言及したことを評価した。 自分にとって大切なものを終わらせることに複雑な感情を抱くのは普通。その感情を溜め込まないで 引退について、他のテニス界のアスリートが安堵を感じてきたのに対し、ウィリアムズさんは心の準備が完全にできているわけではないことを綴っている。 「想像を絶するほど辛いことです。この岐路に立たされているのが嫌です。もっと簡単だったら良いのに、そうではありません。でも、終わってほしくない、という気持ちの反面、次が楽しみでもあるんです」 レンジャー氏は、ウィリアムズさんの葛藤はこういった岐路に直面する多くの人々の心情を語っていると話す。 「人生の優先順位が変わる時、何をすべきか分かっていても、それが好きとは限りません。人生の大きな転換期には、さまざまな葛藤を感じていいのです」と述べた。 ウィリアムズさんは、大きなキャリアチェンジの過程での心情をエッセイで明かすことで、そのプロセスで感じる悲しみや感謝の気持ちは普通のことなんだと私たちに教えてくれた。 「セリーナのように、私たちも自分や自分の人生を『進化』として捉えることができるのです。新しい生き方、考え方、感じ方を探求する新しい自分へ、進化する権利があるのです」 エッセイでウィリアムズさんは、「今後時が経つにつれて、私をテニスよりも大きな存在だと人々に思ってほしい。セリーナはこういう人で、ああいう人で、それに加えて、素晴らしいテニス選手で、グランドスラムも優勝してきたんだよ、とね」と今後への思いを綴った。 ... Read more »
11 Money Tips If You’re Not Earning Well Enough to Build a Travel Fund7 Fantastic Hotels For A California Summer ExperienceThe Houseboat Getaway Near Ottawa Perfect for the Whole Family22 Amazing Outdoor Adventures I Loved In New Zealand5 Fantastic Stops On A Missouri Road Trip From St. Louis To St. JosephFolks Are Flocking To New Mexico For A High Flying Milestone This October15 Best Things to Do in New CarrolltonSurprising Shark Discovery Found Thousands Of Miles From Its HomeWhat You Need To Know About Road Closures At This National ParkThird-Culture Kid Blues: My Experience as an Indonesian Who Grew Up in MalaysiaA Guide to Ukay-Ukay Shopping in and Near Metro Manila7 Historic French Brasseries You Must Visit In Paris7 Amazing Outdoor Activities To Experience In Big Sky, Montana In The SummerTop 8 Questions To Ask Before Moving To Costa RicaEverything You Need To Know About Visiting Qatar¡Felices fiestas! A guide to Spain’s best annual events17 Amazing Things To Do In Beautiful Austin, TexasFancy Feast Isn’t Just For Felines, Where You Can Dine On Cat-Inspired Cuisine Why October Is The Best Time To See Elk In This StateBorobudur Temple – The World’s Largest Buddhist TempleMantigue Island: Camiguin’s Little Jewel | LakwatseroThe Wave of Utah and Arizona: Where “Amazing” is Understatement | LakwatseroMonad ShoalHow to Get to Luna ApayaoTales From Sadanga: The Trek to Fowa-as Falls | LakwatseroAbout BatadHow to Commute to 21 Kilometers Coffee and Back#13 Himalayan Mountain Range (Nepal)NATAS Travel Fair 2022: Best Travel and Tour Package Deals!Batanes: Sweet Rendezvous With My Playground | LakwatseroNaked IslandThe GreeneryBalabac Sojourn: Immersion in Bugsuk Island | Lakwatsero1. Chocolate HillsHow To Get to BulalacaoSurprises in Naujan | LakwatseroNatnat BeachScuba Diving in Mantigue Island: Revisiting Underwater HomeLubang: En Route to Big Surprises | LakwatseroAbout Cuyo1. Fortune Island (Nasugbu, Batangas)Climbing Mount MitsutogeWaterfalls of Mount Romelo: Buruwisan, Batya-Batya & MoreSurigao: Scuba Diving in Mabua | LakwatseroRooms and RatesBud Bongao: The Revered Mountain of Tawi-Tawi | LakwatseroHow to Get to CoronGoing In and Out of PokharaVisita Iglesia in Manila: Nine Churches to VisitA Day Trip to Seven Falls of Lake Sebu | LakwatseroBataan: Dunsulan Falls, Ambon-Ambon Falls & Limutan FallsHow to Get to MoalboalHow to Get to Kansalakan Enchanted RiverDetour to Mainland Sablayan | LakwatseroWaterfalls in Real, Quezon: Cawayan, Balagba & Noknok FallsRuwanwelisaya StupaSan GabrielColibra Island: Dasol’s Island Hideaway | LakwatseroHow to Get to Malamawi IslandHow to Get to Maosonon IslandBalabac Sojourn: Bugsuk Island Stole My Heart | LakwatseroAttractions in Igorot Stone KingdomNacpan & Calitang: The Twin Beaches of El Nido | LakwatseroCalinawan CaveClimbing Mount Fuji: Frequently Asked Questions1. Tropical Four SeasonsMasasa Beach Travel RequirementsPacsafe Toursafe Wheeled Duffel: The Ultimate Urban Adventure Buddy | LakwatseroHow to Get to Mount KitadakeKiltepan View Deck (Sagada, Mountain Province)A Solo DIY Trek to Kawah Ijen of Indonesia | LakwatseroFirst Time in NAIA Terminal 1: Seriously, It’s Not As Bad As You Think! | LakwatseroHow to Get to Mount Cayabu and MaynobaTagbilat Falls: The Curtain Falls of Zamboanga SibugayHow to get to Quitinday Falls and Underground RiverPaoay Church: UNESCO World Heritage Site in Ilocos NorteThe Island in FocusBicycle Diary: Kaybiang Tunnel Loop | LakwatseroSelf Guided 6D/5N Annapurna Base Camp TrekA Weekend of Ultimate Adventure in Baler | LakwatseroHow to Get to Camotes IslandsHail to Hulugan FallsIloilo: Where to Indulge in the City of LoveIntroducing SibaltanHow to Get to Kabutongan FallsHow to Get to Calinawan CaveAbout CaramoanHow to Get to Cabagnow Cave PoolFive Hours in Jakarta: A Walk in the Old Batavia (And Misadventures in Jakarta) | LakwatseroRacuh a Payaman (Marlboro Hills)Machu Picchu HouseAbout LubangHow to Get to Nagpatong Rock by Public Transport:A Glimpse of Manila Metropolitan Theater | LakwatseroAbout LunaAbout Capul IslandAlalum Falls: Shared Majesty of Sumilao and Impasug-ongSnake IslandZunsibarPico de Loro Frequently Asked Questions (FAQs)Tulay na Bato Falls48 Hours in Brisbane: A Quick Guide & ItineraryAbout BiriTales of a True Wanderer: The Joys and Pains of Solo Travel | LakwatseroWelcome to Surigao del SurMt. Palay-Palay  National ParkAbout PagudpudFive Levels of Aguinid FallsIntroducing San Pascual, MasbateMount Manmanoc ItineraryAdventures in Fortune Island of Nasugbu | LakwatseroNext Level Mobile Photography with Sony Xperia XZ1 | LakwatseroScuba Diving in Siargao: Discovering the Underwater Treasures of Daku Island | LakwatseroAbout Davao CityHow to Get to AndaJanuary: Cebu & IloiloHow to Get to Mines View ParkKamay ni Hesus: Pilgrimage Site in Lucban | LakwatseroPoon Hill: Three Days of Himalayan AdventureCalvary Hill Cemetery of SagadaHow to Get to TambobongMilford SoundTen Things To Do in Sagada: Bucket List for NewbiesDahoyhoy FallsPilot for a Day: The Ultra Light Aircraft Experience | LakwatseroReal Coffee and Tea Cafe of Boracay | LakwatseroGhorepani Poon Hill TrekAbout Maniwaya IslandHow to Get to Binanga FallsPalo Alto Falls of Baras, Rizal | LakwatseroExplore Moscow: Best Things to Do in the City | LakwatseroStairway to HeavenMount Guiting-Guiting Overnight Trek Complete ItineraryCape Melville LighthouseLa Cathedral Café: Restaurant with a View in IntramurosKapurpurawan Rock Formation: White and BeautifulDay Hike ItineraryThe Sandbox at AlvieraHow to go to Mararison IslandA Weekend of Adventures in South Cebu and DumagueteCalayan Island: A Virtual Diary of Our Epic Journey | LakwatseroFaro de Isla Jintotolo (Jintotolo Island Lighthouse)Low’s PeakAbout Taal VolcanoHow to Get to Mag-aso Falls of BoholSamar: Biri Rock Formations Up Close | LakwatseroBonbon BeachIntroducing Jomalig IslandAbout Cotabato CityAbout TabukLeyte Landing Memorial: A Memorial for a Fulfilled Promise | LakwatseroSilyang Bato, Mount MaramiPanimahawa Ridge and Cedar Falls Day Hike ItineraryFun in the World’s Best IslandSample Albay ItinerariesMagpupungko Beach and Tidal Pools6 Tips for Living in the Philippines | LakwatseroDaraga Church: The Nuestra Señora dela Porteria ChurchTulgao Rice TerracesCape Melville Lighthouse (Faro del Cabo Melville)Canyoneering to Kawasan FallsLake FewaLong Weekend: Five-Day Suggested Itineraries in Luzon | LakwatseroAbout CaponesThe Wichcraft Café of Zamboanga City | LakwatseroHow to Get to GuiuanAll-Female FloorHow to Get to Neri’s VilleDiotay’s EateryShort but Sweet Melaka Getaway | LakwatseroHow to Get to Tinuy-An FallsOslob: The Lost Grandeur of Tumalog Falls | LakwatseroIlocos ItineraryDitumabo Falls: The Mother Falls of San Luis, Aurora!Biking in Kalinga: Trek and Bike to TabukParadise Garden: A Haven for Sea TurtlesSiargao: Magpupungko Beach and Tidal Pools | LakwatseroAbout Bucas GrandeCoral GardenSagadaA Walk in Sangay Siapo Island Before it is Gone? | LakwatseroAmbaguio-Akiki ItineraryCorregidor Island Lighthouse (Faro dela Isla de Corregidor)Faro de Punta de Malabrigo (Malabrigo Point Lighthouse)About CulionNaidi Hill LighthouseBoquete IslandHow to Commute to Temple of LeahCatanduanes: The Heritage Church of Bato | Lakwatsero1. White Water Rafting or KayakingMount Fuji Overnight Climb ItinerarySip & Gogh Paint Studio: Unleash Your Inner Van Gogh | LakwatseroBatanes ItineraryHow to Get to Quitinday HillsAbout Callao CaveDiscover LakawonBiking to Taal: A Fun Ride to Batangas’ Heritage TownAntique Blooming: The Rafflesia of San RemigioMalasimbo Lights and Dance FestivalBacolod ItineraryPoon HillAttractions in Mirador Heritage and Eco ParkHulhumale Public BeachRomblon Island: Bonbon Beach, Tiamban Beach & MoreAdventure in Sabah: White Water Rafting in Padas River | LakwatseroHow to Get to Hinakpan Mystical HillsWelcome to Lake SebuAbout CasiguranAbout BuscalanHow to Go to Kalanggaman IslandFaro de Cabo Bojeador (Cape Bojeador Lighthouse)Backpacking Maldives: Budget Itinerary, Expenses & TipsHow to Get ThereOffbeat Bohol Itinerary: 3D/2N of AdventuresHow to Get to Tawi-TawiAlona BeachPangilatan Falls: The Forgotten Gem of Tapaz, CapizWorld War I: SMS Cormoran II3D/2N Taiwan Itinerary: Taipei – Yehliu – ShiffenLaos for Backpackers: Getting There on a BudgetBasic RequirementsHow to Get to Antong FallsCathedral CaveHow to Go to Gubat, SorsogonAbout SadangaHow to Get to Bugui Point LighthouseHow to Get to Cabra Island LighthouseCebu Itinerary: Three-Day Adventures in the SouthAbout AndaLuna: A Day in the Show Window of Apayao | LakwatseroMargues Blue LagoonFinding Palaui’s Cape Engaño Lighthouse | LakwatseroHow to Get to Mantayupan Falls of Barili, CebuHow to Get to MaligcongLinapacan Islands: Between Paradise | LakwatseroKLIA to KLCCHow to Get to JomaligBanaug ShoalEspadang Bato – Payaran Falls Day Hike Itinerary10 Remarkable Philippine Destinations for Solo TravelMiagao Church: A UNESCO World Heritage Site in IloiloAbout Carbin ReefAbout Parola IslandCabra WreckageCobra Falls: Ozamiz City’s Best Kept SecretBasco: The Chapel on the Hill of Tukon | LakwatseroBack in Kathmandu’s Lovely Mess | LakwatseroHimalayan Adventure: Kathmandu to Pokhara Overland | LakwatseroItineraryChinatown Vancouver (Stop #23)Situbo Falls: Tampilisan's Awesome SurpriseHow to Get to Inambakan FallsTuasan Falls: Another Camiguin’s Charmer | LakwatseroHow to Get to Lake SebuMarinduque Loop: Biking in the Heart of the Philippines1. Batanes: A Piece of HeavenMe Gusta Sunzibar Tacloban! | LakwatseroHitachi Seaside Park: Quick Guide from Tokyo and NaritaBeautiful Islands and BeachesSunzibarTrekking NotesSnapshot: In Love with Batulao | LakwatseroPalaui IslandHow to Get to Mount PinatuboBicycle Diary: The Ride to Infanta | LakwatseroSwimHow to Get to Osmeña PeakDaranak Falls of Tanay Rizal | LakwatseroHow to Get to Stobosa Hillside Homes ArtworkSurf or Learn to SurfDIY Solo and Self-Guided Trek to Annapurna Base CampBatanes by Bike: North Batan Tour | LakwatseroThe BeachSta. Cruz Grande IslandBasilica de San Martin de ToursBaguio Budget Stay: Upstairs Bed & Bath | LakwatseroBiking in Batanes: Batan Island Loop | LakwatseroCandaba Bird SanctuaryCape EngañoAbout HungduanIligan Tourism Triangle: Mimbalut, Tinago & Maria CristinaAbout Jose PanganibanCadapdapan Rice TerracesHow to Get to Casaroro FallsKiltepan: Sagada’s Best Sunrise | LakwatseroBeguet: Colorado Falls of Tuba | LakwatseroFollow the Call of the Great Outdoors: Go Out & Get More | LakwatseroSanga-Sanga ReefMasbate City: Where to Eat in the City | LakwatseroAbout Carabao IslandRain Vortex at the Jewel of ChangiPacsafe Venturesafe 65L GII Travel PackIrakoWhere to Stay in CarmenHow to Get to Tangadan FallsHow to Get to Samal IslandEverest Base Camp Trek: Into the Dream ZoneTop Things To Do in Gangwon-do: Korea’s Adventure ProvinceJomalig: The Golden Sand of Salibungot Beach | Lakwatsero1. Tubbataha Reefs (Cagayancillo, Palawan)IitineraryAbout Anini-yNacpan BeachAbout Legazpi CityHow to Get to Shifen FallsScuba Diving in Pearl Island of Guiuan, Eastern SamarHow to Get to Nagtabon BeachSiargao Travel RequirementsHow to Go to TanayHow to Get to Garin FarmDay 1: Paoay and San Nicolas (Ilocos Norte)Nueva Vizcaya Weekend ItineraryHow to Climb Mount HamiguitanHow to Get to Santa Cruz IslandMount TalamitamHow to Get to Sambawan IslandBacuit Grill12 Places to Satisfy Your Affogato Cravings in the MetroLion’s RockVictoria HarbourCoronPicture Perfect: The White Island of Camiguin | LakwatseroPanglao: Alona’s Allure | LakwatseroSecrets of the Lakeside: The Waterfalls of Laurel & TalisayMiyaru FaruMemorial Temple of Lord BaoHotel Siesta ShibuyaHow to Get to Tinago FallsSimunul Island: The Birthplace of Islam in the Philippines | LakwatseroBalabac: Onuk Island, Pink Beach & Melville LighthouseBike Diary: Bike and Trek to Buscalan (Mount Polis – Bontoc – Buscalan) | LakwatseroTagaytay (Cavite)Yearend Adventure with Pacsafe Venturesafe 25L GII | LakwatseroFavorite Beach: Punta Sebaring of Bugsuk Island, BalabacWelcome to Apo Reef & Pandan Island!The Ruins of A FamosaHow to Get to Canyoneering SitePacsafe Ultimatesafe Z28, My Newest Ultimate Travel Buddy | LakwatseroPulangbato Falls: The Red Waterfalls of ValenciaLocationSpider House: Boracay’s Chill Corner | LakwatseroThe 10,000 Roses Café of Cordova, Cebu’s Newest CrazeHow to Get to Asik-Asik FallsHow to Get to Dao FallsWelcome to Concepcion1. First Single-Aisle Aircraft to Fly Non-Stop from the Philippines to AustraliaHow to Get to Casino PeakMaadhoo Finolhu (Picnic Island)Cagbalete Travel RequirementsNacpan and Calitang BeachesThe RockiesBalabacPagbilao: Iringan, Malicboy, Bahay-Pagi & Katapang FallsPetronas Twin TowerSta. Fe, Bantayan IslandEverest Base Camp Trek Primer: Frequently Asked QuestionsTaraw Cliff: See the Best View of El Nido | LakwatseroHow to Get to Elephant MountainAbout MandalaySpelunking Rate in Capisaan CavesScuba Diving in Romblon: Blue Hole and Gorda WallHow to Get to Imugan FallsHow to Get to Awao Falls?About SipalayComiran Island: The Pink Beach of Balabac, Palawan | LakwatseroBagan! Oh Bagan! | LakwatseroBuntot Palos Falls, Laguna’s Hidden Grandeur | LakwatseroSandugan WallMagtutuka RocksKoh Dac MaiPresenting Calayan IslandAbout Dumaguete CityOffbeat Cebu: Ten Amazing Waterfalls of the SouthHow to Get to Merloquet FallsMount Masaraga ItineraryBudget Stay in Boracay: W Hostel Boracay | LakwatseroRetail Therapy? Here Are 18 Best Places To Go Shopping in Seoul!10 Essential Tips for Exploring Tokyo on a Budget6 Reasons This Quaint Nova Scotia Town Is The Perfect Weekend Getaway From Maine10 Bantayan Island Resorts, Hotels, and Rentals for Your Tropical EscapeThe Incredible European Bike Tour That Takes You Through Three Countries In A Single Morning9 Foods You Must Experience In Alaska And Where To Find Them8 Things You Should Do Every Time You Walk Into A Hotel Room According To A Flight AttendantRetirement Diaries: Jan Suggests Staying Active But Not Too ActiveI’ve Only Paid For One Flight To Europe In 12 Years, Here’s HowI Worked At EPCOT, These Are My 10 Favorite Delicious Treats To Try At The Food And Wine FestivalFor The First Time, It’s A Family Affair In The Cockpit Of This AirlineAfter Nearly 70 Years, This Popular Train Route Returns On The East CoastThis Week’s Full Moon Is The Last Of Its Kind This Year, Here’s WhyWhy A Popular National Park Attraction Is Now Off Limits And Could Cost You ThousandsFarmers’ Almanac Predicts Cold, Snowy Winter For Most Of U.S., Here’s Where It Will Be Mild And DryPort Klang Day Trip: 10 Hours in Port Klang & Kuala Lumpur11 Extreme Things to Do in Queenstown New Zealand — The Adventure Capital of the WorldMuseum Of Ice Cream Singapore – 14 Playful IG-worthy Exhibitions, Unlimited Ice Cream, and the Largest Sprinkle Pool EverBurias Island: Your DIY Island Hopping in MasbateEl Nido Tour A: Breathtaking Lagoons7D Hong Kong Itinerary — Exploring Beyond the Food And Shopping Paradise17 Exciting Things to Do in Perth — Not For the Faint-Hearted19 Unique Travel Experiences You Can Buy That Make You RicherUlleungdo (울릉도): Misadventures at the secret island in KoreaTokyo Famous Food Guide: 7 things you can’t leave Tokyo without trying5D Lake Toba & Medan Itinerary — Caldera views and Gastronomic Adventures10D Germany Itinerary under S$1.1k — Gems in Munich, Düsseldorf, Cologne, Dortmund, Frankfurt9 Exciting Day Trips from San Francisco to Escape The City — From Skydiving to Exploring Coastal TownsKota Bharu Guide: Gateway to the Beautiful Perhentian Islands and a Lesser-known MalaysiaInterview with Alvin Ng on Travel Photography3D2N Koh Samui Itinerary — The Luxurious Adventure Getaway You NeedUltimate Singapore Food Guide — 54 Local-Approved Things to Eat in Singapore30D Backpacking in Japan Itinerary: 12 Cities Under S$3.1k for the Adventurous with the JR Pass — Sapporo, Tokyo, Osaka, Kyoto & KyushuHow I managed to convince myself and everyone else I could travel solo for a yearVisit the New Singapore Garden Oasis Tucked Away in a 51-Storey Skyscraper6 attractions in Busan you shouldn’t missBook a Staycation and Earn 50% AgodaCash Rebate For Your Next Holiday — Agoda 2.2 Flash SaleAll you need to know about WWOOFing in New ZealandOne-Week Bali Itinerary — The Lesser Known Side Most Tourists MissThe Only Guide You’ll Need To Nightlife in Phuket: Top 11 Places to Check Out for an Epic NightPhoto Guide to 15 of the Most Photogenic Places in Europe – France, Italy, Germany, Slovenia, Czech Republic, Hungary Edition7D Budget Tokyo & Mount Fuji Itinerary For S$1.3k Including AccommodationWhy you should skip Boracay and vist Palawan instead10 Taobao Travel Essentials Recommended by Frequent Travellers for Your Next Trip13 Reasons Why a Cruise Getaway is the Best Vacation Anyone can have7 different ways to experience the cultural activities in Yogyakarta10 Best Adventurous Things To Do In Bali Other Than ChillingThe Best Multi-currency Travel Card For Travellers — YouTrip vs Revolut vs InstaReM vs TransferWise ReviewYunnan Nature Bucket List For Outdoor Lovers — Best Spots in Kunming, Lijiang, Dali & Shangri-laWhy This Is My Favorite Hotel Credit Card, And Tips For Scoring The Most BenefitsSurviving the Wilderness at Sub-Zero Temperatures — Travel to Mongolia with TTI ExperiencesHow to Fall in Love In & With Tokyo2D1N Matsumoto Japan Itinerary — The Hidden Gem 3.5 Hours From TokyoSydney Food Trail Guide – 10 Must try things to eat in SydneyAn upgrade on your airline – Emirates Economy Class ReviewWhere to Stay In Taipei — 11 Gorgeous Hostels & Hotels at Prime Locations from S$14/nightA Rockstar Experience — Hard Rock Hotel Pattaya ReviewThe Ultimate Sapporo City Guide: 18 Things To Do-See-Eat In The Gateway To HokkaidoUltimate Bali Accommodation Guide — Value for Money Hostels to Affordably Luxurious VillasGuide to Climbing Mount Fuji — Everything You Need To Know About Climbing Japan’s Highest Mountain9 Ways to Satisfy Your Wandermust Without Breaking Your Wallet11 Instagram-Worthy Places in Singapore That Are FreeHakone Guide — The Day Trip You Need in Your Tokyo ItineraryFirst Timer’s Guide to India — Everything You Need to Travel India Like a ProWhere to Eat in Hanoi — 31 Local-Approved Places to Eat in Vietnam’s Charming Capital21 Most Rewarding Hikes Around the World — From Stunning Glaciers to Active VolcanoesTokyo Capsule Hotels — 11 Surprisingly Luxurious Places to Stay in Tokyo for Under S$707-Day Cambodia Itinerary Under S$600 — An Epic Journey of History, Adventure and TranquilityMorocco Photo Guide: 15 Insta-worthy Locations That’ll Change Your Mind About Africa40 Lesser-Known Things to Do in Australia Highly Recommended by Locals, Travellers and Celebrities3D2N Blue Mountains Itinerary: The Perfect Getaway Just 90-Minutes From SydneyHow to pack light and smart10 Essential Apps for Travelling in ChinaConquering Fears 1,463 Miles Away — TTI Bootcamp in PhilippinesWhere to Stay in Shanghai — Centrally-located Hostels, Hotels and Apartments Under S$53/pax15 Cheap Things to Do in Seoul for Under S$12Standing between India and Pakistan; the Wagah Border Experience10 Cheap and Affordable Hostels in Singapore Under S$30Where to Stay in Seoul — 14 Aesthetic Yet Affordable Accommodations In Rising Hipster Districts5D4N Japan Itinerary — A First Timer’s Experience in Niigata and the Remote Sado IslandWhat to Do in Cebu, Philippines — 10 Epic Experiences That Are Surprisingly AffordableTravellers in Quarantine — 12 Satisfying Things to Do Before Your Next AdventureTop 11 Outdoor Activities in Singapore — Places to Hike, Picnic and Get Closer to Nature13 Tips to Travel in Japan Over Peak Seasons — Cherry Blossoms, Autumn Foliage, Golden Week8-Day Japan Itinerary: 9 Cities in Kansai for Under S$900Swimming With Whale Sharks in Oslob — IG Worthy Photos at What Expense?5 Christmas Gift Ideas for Friends Who Love TravellingThe Complete Phillip Island Guide: The Day Trip From Melbourne You Can’t MissByron Bay Guide: 25 Things to Do in NSW’s Ultimate Hipster ParadiseWestern Australia’s Best Photo Spots — Hidden Gems In Perth, Rottnest Island, and Kalbarri for your Instagram9-Day Australia Road Trip Itinerary Around The Best Of NSW — Sydney, Blue Mountains and BeyondDream Cruise’s Thailand Seacation — What to Expect on This Cruise to Nowhere13 Reasons Why Byron Bay Should Be on Every NSW Itinerary5 Places to Visit in Bali Other Than the Beach10-Day Japan Itinerary — Tokyo to Osaka With The JR Pass for $1.1k5 Animal Cafes in Osaka not to be missedBarcelona in three courses15 Unique Experiences in Shikoku — The Laidback Island of Japan Undiscovered By Most TouristsHiking Chestnut Nature Park — Bicycle Pump Tracks and Rare Bird SightingsThe Best Day Trips From Tokyo For Food, Arts & Culture — Northward Golden Route9 Things to Do in Singapore That Are Perfectly Ok to Do Alone48-Hour Dubai Itinerary — The Best Stopover For Thrill SeekersThis New Lifestyle Card is Changing the Way We Travel — MCO Card6-Day Kyushu Itinerary — Chasing Autumn in a Quieter Side of Japan (Fukuoka, Kagoshima, Beppu)6D5N Nagano Itinerary — The Romantic Getaway 3 Hours from Tokyo (Kamikochi, Norikura and Matsumoto)Phuket Travel Guide: Making the Most of Your Day Trip in 11 Hours12 Unique Restaurants in Singapore Even Non-Foodies Will Find ImpressiveUSA Road Trip: 11-Day San Francisco to Los Angeles Itinerary Under S$1.8k3D2N Pattaya Itinerary — An Unexpected Adventure 2hrs from BangkokThe Ultimate Bali Food Guide: 21 Things To Eat in Seminyak, Ubud and Nusa DuaBukit Brown Cemetery — Everything You Need to Know Before Visiting This Old Singapore GraveyardWhy I Chose Travel Writing As My Retirement CareerBa Na Hills Guide — 10 Things To Do In Vietnam’s Breathtaking Hidden PlaygroundSingapoRediscovers Vouchers Ultimate Guide — maximise your S$100 incl. Pro-tips and FAQsIs Travelling Solo Scary? Not For This Singaporean Deaf Traveller — MairahThe Singaporean girl who rode on a Vespa from Singapore to Georgia (Ft. The Wandering Wasp)12 Top Eats in Hong Kong — A (very) Honest Food Review8 ways to see Hangzhou and Nanjing like a localLife after The Travel InternAir Taxi Flights in Singapore by 2024?Hiking in Switzerland — Stunning Hikes That Aren’t on Most Tourist’s ItinerariesThe Ultimate Phuket Guide — 27 Fun Things to Do for an Adventure-Packed Holiday10 Ways to Travel Budget on a Gap Year5-Day Singapore Itinerary — Best Things to Do For First Timers